ウェブログ・ココログ関連

2017年11月19日 (日)

箕面滝道 滝迄は通行止め 親父の目的地は「西江寺」そして紅葉

Img_7948

Img_7949

Img_7950

Img_7951

Img_7953

箕面滝道はもうすぐ見事な紅葉が見頃になる。この写真はその滝道の上。西江寺の経済。このお寺が滝道しか歩かない観光客は殆ど知らない。しかしこのお寺さんは「役行者ゆかりのお寺」但し伝承。信じるか信じないかは人それぞれ?

それ以前の問題かも?しかしそんな時代は現在も面々と受け継がれている。知らないだけ?そんな生き方をしている?これだけの美しい紅葉がタダで見れる?タダでも見る気は無い?そんな罰当たりも居る?人の生き方は様々でも何時迄も続く事は無い?その程度の事も知らないのだろう。

Img_7955

Img_7960

Img_7963

役行者が「歓喜天」と対談したと言われている岩がある。役行者はスーパーマン。大阪南部で人々を煽動したとして伊豆大島に流されたと言われているがそれもウソかマコトか分からない。ただ間違いない事は終焉の場所はこの箕面の山とも言われている。

その墓がある。親父はそこ迄行っているが関西人でもそんな人は多くない。ただそんな事は何の自慢にもならない。確かに。罰当たりの生き方は本人が自覚しなければ何も分からない?あった事も無かった事にすれば何も咎(とが)められる事は無い。そんな無様な生き方でもつべこべ言わせない?

Img_7964

Img_7967

Img_7968

Img_7970

Img_7971

Img_7973

山頭火の句碑が残されている。初め来た時には読めなかった。山頭火がこの句会に呼ばれたのは放浪の詩人と言われてある程度有名人になっていた頃の俳句?しかし親父の知識では何とも女々しい。ただ自由奔放の生き方の中に歴史に残る素晴らしい句がある。

「分け入っても分け入って青い山」。この石碑に彫られている句は山頭火が乞食坊主の姿でこのお寺に立ち寄った時に書き残したもの?「みんな洋服で、私一人が法被(はっぴ)で、雪がふるふる」心も体もボコボコに寒かった様子が窺える。それでも感謝の気持は切らしていない?

Img_7974

Img_7977

Img_7978

Img_7979

Img_7983

Img_7988

Img_7989

ここは府道。これから多くの車は紅葉見物に走り抜ける。ハイキングコースはこの先再び山の中を抜ける。この道を初めて歩いた時は何処に抜けるか分からなかった。あれから何度も歩いた道をこれから歩く。

Img_7993

Img_7994

Img_7995

Img_7996

Img_7998

Img_7999

杜は暗かったけれど今は明るくなっている。しかしそれは問題が解消した訳ではない。問題は何も解消してはいない。それなのにどうして?それはこの先を歩いてみれば良く分かる。大事な松の木が朽ち果てても杜は再生している。

そんな当たり前の事を見失っていたのかもしれない。その事はこの杜を歩いてみれば良く分かる。何も偉そうに語る事は何も無い。それでもその事を笑いながら語れる事はないに違いない。その為の絶対的条件はしっかり歩ける事。それが出来ている間は誰にも口出しは出来ない?

Img_8000

Img_8001

Img_8002

Img_8003

いずれこの道も荒れ果てる?大丈夫?人が歩いている限り道は消える事は無い。人の行き来が絶えると道も絶える。日本全国の山道もどんどん消えて行く。年寄りは言う迄もなく若者達もこんな道は歩かなくなる。この道を案内した娘も年を重ねると歩く事も出来無くなるのだろう?

歳を重ねると言う事はそう言う事?違うだろう?いずれその事を思い知らされる。ただその時にこの国の生き残りの人達はどんな生き方が出来るのだろう?余計なお世話です。この先もゆっくり歩いたので息切れは無い。健康食品の宣伝効果は抜群?儲かってしょうがない?本当の健康法は(五穀絶ち)木喰健康法お教えしましょう。アホこけ。

Img_8004

Img_8006

Img_8008

Img_8010

Img_8011

山は都会で暮らしている人には分からない新陳代謝を繰り返している。ここはまだ大阪北部の住宅地の上だが、この奥は深い尾根に続く道。その近くの道が車道として切り開かれている。しかしその杜でも厳しい現実がある。そんな道に足を踏み入れる人は限られている。その程度の生き方しか出来ていない。

Img_8012

Img_8013

Img_8014

Img_8015

Img_8017

Img_8018

Img_8020

Img_8024

短い杜を抜ける。この先は宿泊と食事が出来る施設の駐車場を抜ける。このマップも何の役にも立たない?エリアが広過ぎて肝心の所要時間が良く分からない。しかし親父は何度も歩いているので何の問題も無い。ガイドが出来る。

この街の観光施設案内のガイドは居るが御世話になった事は一度も無い。団体で事前の申し込みが必要。個人は対応出来ない?親父の様な人は居ない。やりますか?やめときます。どうして?面倒?相手を選ぶ?それはアカンワ。街の観光協会?何の役にも立たない?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日は快晴 紅葉狩り日和 役行者様に合えるかな?アホ

Img_7936

Img_7925

Img_7927

Img_7935

昨日の紅葉台の紅葉観賞もこれで終り。見納め。来週になると一気に風で吹き飛ばされる?しかし今年はまだ北風小僧の吹き出しは無い。今月初めの台風直撃?では久しく経験した事の無い風が吹き荒れて山の木々がなぎ倒されたが、しばらくは静かな秋が続く?のかな。

Img_7933

Img_7939

Img_7940

満ち足りた気分で坂道を帰っているとこの鉄のフタでスッテンコロリン。見事な転け方をする。足の踵が片足だけでなく両足前に。尻餅を付く。それも中途半端でなくお尻の後は背中迄。ただその瞬間。両手で受け身の体勢を取っていた。

転け方が悪いと足首の捻挫?尾てい骨強打?ただでは済まない一瞬の出来事。首から下げていたカメラもレンズの外が地面に触れただけ。何事も無くそれでも見事な転け方に立ち上がりながらお尻の汚れを叩きながら前後を気にしながら苦笑していた。

以前下りカーブで足を滑らしたがその時は片足だけだったが、それでもしばらく足の痛みを感じていた。雨上がりの鉄板の上は網状になっていても滑る。これから寒くなる。車でも例外では無い。心して掛かれ。それにしても見事な転け方。見事な受け身。我ながら感心していた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

政治家の嘘 放送局の嘘 経済界の嘘 ?滑って転んで受け身を知れ?

Img_7855

Img_7856

Img_7858

最近遠出をしなくなったのはその必要が無くなったから?わざわざ遠くにで掛けなくても素晴らしい秋が見れる?それとも単純にお出掛けの時間が遅くなったから。朝、起きるのが10時過ぎ。遅い時には11時を過ぎる。その替わり?夜は遅い。休むのは3時前。いくら何でもそんな生活をしていると朝早くは起きられない。そのうちくたばるに違いない。

Img_7859

Img_7860

Img_7861

Img_7862

近くでこれだけの景色が眺められればわざわざ出掛ける事も無い?ところがそれは違う。どんな所にも素晴らしい景色があり人の生き方がある。それを知らないだけ。テレビを見ていると多くの旅番組があるが人気落ちの芸能人がどんなに見所を紹介してくれても面白くない?

暇つぶしには丁度良くても何の足し?にもならない。屁のカッパ?有りもしない?見えもしない?しかしこの言葉の意味はカッパとな全く関係ない。木っ端がカッパに変わる?木っ端と言われても分からない。木の端くれ。木の葉っぱ。今は台所もガス?電化?

昔は台所で薪(たきぎ)を燃して火力を手にしていた。人類の始まり。その火を起こす時に使われた一瞬の燃え易い葉っぱ。木っ端。最近はそんな輩でも選挙で選ばれるとデカイ顔をする。東大から役所には入ればエリート官僚?地方の知事に天下れば地方の権力者?

地方は何処も深刻な過疎を迎えても?今面白い学習をしている。地方の温泉街の活性化。地域創生は多くの人が尤もらしく語るけれどその成功体験は本当に少ない。ところが例外もある。全く知らなかった現実。色々教えてもらうとその成功体験は涙ぐましい努力をした結果?

その成功体験をお役所では全く語れない?彼等が出来る事はお金をばらまく事。その費用対効果すらも全く問題にされない?財政再建?地方の活力?多くの活性化対策?その成功体験は何処でも誰でも活用出来るがその現実は非常に厳しい。そんな報道が全く無いのはどうしてだろう?

その事を知らなかった。今、その成功体験を優しく語れる人はどれ位居るのか?その事が分かれば地域の活性化は誰でも何処でも出来る?そんん事はネエだろう?かもしれない。知らないと言う事はそう言う事?それが分かればこれ程楽しい事は無い?偉そうに言う親父もまだその魔法の玉手箱は手にしていない。アホ。

Img_7863

Img_7864

Img_7865

Img_7866

城跡公園の見事な紅葉?と言いたい所だがこれはカメラの化粧?画像処理がされている。親父がしているのでは無い。カメラの設定。女性の素顔は晒せないと当たり前の様な顔をして口にしていた歯医者。9月に喧嘩をしてその後担当医を変えたがその治療も済んでいる。一度も痛くはなかったが歯の噛み合わせは変わっている。それでも仕方が無いと思っている。景色も同じ様なもんかもしれない。

Img_7867

Img_7870

Img_7871

信じられない事に電車の中で化粧する女性が居るが、その殆どが自分がしている恥ずかしさを自覚していない?それは化粧で見事に顔が変わるから?そう錯覚している?錯覚させているオバカな男性が居る。素肌の体を見せた時、後悔しても後の祭り。

そんな男と女が尤もらしい愛を囁く?そんな人間関係は卒業して久しい。むげねえのう?全然。親父もそのうち枯れる?のかな?もう一花咲かせる?一穴だろう?バレたか?無理だな。と思う。バカタレ。

Img_7875

Img_7876

Img_7878

Img_7879

Img_7880

表彰状と金一封は無くても美しさは輝いている。男社会。女社会。男女参画。何だかんだ言われてもロクな人材も育てられない?親父如きにガタガタ言われる事は無い?高齢化対策?少子化対策?無様な大企業は好景気を叩き出せても国は史上最大の債務を抱えている。

そんな事もどうでも良い。いずれこの借金は棒引きされる?そうとでも考えている?そんな政府が支持される。「あんなやつら」とは二階さん。誰の事?ジジイの出幕もそろそろ終わりですか?賢く過疎の街で隠居生活?

そろそろ考えなはれ?余計なお世話です。ですね。そろそろ呂律が廻らなくなる?小列?違う。呂律(ろれつ)です。しっかり歩きなはれ。余計なお世話。確かに。安倍一強と言われても森友、加計の問題はこれからも無かった事には出来ない。

大阪豊中の森友建設の小学校は何時迄無様な姿を晒すのだろう。知らん。更地にすると息巻いた国のお役人。今は担当が替わりそんな事は総理でも答えられない?国有地払い下げを受けた当事者は夫婦は留置場。裁判は何時行われるのか検察の発表は無い。人権侵害の追求も全く無い。

Img_7883

Img_7884

Img_7889

Img_7882

ここは山麓の公園入り口。少し歩けば綺麗な「緑のガーデン」しかし今日の目的地は手前の(紅葉台)この紅葉も既に見頃を迎えていた。それでも今年の紅葉は中途半端。期待した素晴らしい紅葉の絨毯は見る事は出来なかった。空飛ぶ絨毯は見れなくてもこれで今年の紅葉は見納め?トンデモありません。これからが始まりです。

Img_7895

Img_7896

Img_7897

Img_7898

流石にここは知る人ぞ知る紅葉の名所。入れ替わり立ち替わり?カメラを首に下げた御同輩がやって来る。ただ阿吽の呼吸をする人は居なかった。そんな時は親父は先ず声を掛けない。相手も大体その辺は心得ている。会話が成立しない条件は目線を合わせない。

そうすると大体相手も理解出来る。綺麗な写真は撮れ無かったがその原因もわかる。太陽光線が雲で遮られると綺麗な写真は撮れない?それもレンズでカバー出来る?それは高収入でないと無理だな。明るい望遠レンズを手にするには「働き方改革」が必要?ブログ有料にしますか?いい加減にしなさい。

Img_7900

Img_7901

Img_7904

Img_7907

Img_7909

Img_7913

それでもこの程度で上等。明日はもっとすばらしい西江寺の写真が撮れる?それも天気次第。天気が良いと本当に被写体が輝いて見える。輝きの無い写真は見ても人の心を突き動かす事は出来ない。政治も日本経済も良くなると言われて多くの人がそう信じている?

そうならなくてもそれなりの生活は出来る。これ程に有難い事は無い?そうでっしゃろか?そうでは無い気がする。それは親父の見方が暗いから?そうでは無い事を証明する?もうそんな元気も体力も経済力も無い?そげん事は無かろう?

その事はもうすぐ分かる。その資料を手にする。ドンドコからの脱出。それは多くの偶然も重ならないといけない。その秘策は自分で手にするしか無い。可能性はあるのだろうか?今の処。0だな?0?0とは可能性?それとも実現性?当然可能性です。嗚呼。

Img_7903

Img_7904_2

Img_7911

Img_7923

Img_7921

Img_7924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満願寺の紅葉は終っていた アベノミクスも終り (あんな連中)二階発言

Img_7740

Img_7741

Img_7742

Img_7743

期待していた満願寺の紅葉は盛りを過ぎていた。このお寺さんにも何度も来ているが住職と親しく話をした事は無い。このお寺さんの宗派は「真言宗高野山派」多くの教えを説いているが看板倒れ?詳しい教えは何も聞いていない。

お寺さんは多くの墓地で経営的に安定している?親父はここから東に延びるハイキングコースが何よりの楽しみ。イヤホーンでズービンメーターさん指揮の「第九」合唱付を聴きながら景色を楽しんでいた。このコースは歩いて見ると本当に楽しい。

4キロ足らずの自然豊かな道?ゴルフ場の傍を歩くとオバカな看板を眼にする事が出来る?ゴルフ場のハイカーへの警告看板は今だに取り外されていない。この道は私道。勝手に歩くな?アホです。今時こんなゴルフ場ありまんのか?あるんです。

「あんな連中」自民党の幹事長の言葉が重なって来る?そんな事を口にする人は居ない?バカだろう。そんな政党が支持される?訳が無い。信じられないジジババ達と支持者はこれからその事を思い知らされる?そんなオバカな事を考えながら素晴らしい「第九」を聞いていた。

Img_7744

Img_7745

Img_7746

Img_7747

Img_7748

Img_7752

Img_7754

紅葉の盛りの時は葉っぱに勢いがある時?良きにつけ悪しきにつけ期待した美しさは失われていた。これからはこの素晴らしい葉っぱを風に任せるだけ?その時が本当は一番美しいのかもしれない。そして人の世の哀れを感じさせる?

この寺は多田源氏の菩提寺。ここには何とも哀しい(美女丸伝説)が残されている。現在では簡単に人の命も奪えるが、この話は人の生き方とは何かを問うている。それでも武士の忠義は否定される。人の命はそれ程に重い。そんな事は最近は全く語られる事は無い。それ程に現在人は人の事はどうでも良い?そんな事は無いだろう?あるのかもしれない。

Img_7753

Img_7755

Img_7756

Img_7759

空海が伝えた(真言密教)の教え。その本当の意味を知る人は少ない。多くの人が手を合わせる仏像も人々の願いも所詮自分だけの事?そんな事は空海は何も教えていない?違うのだろうか?多くの人々の安寧(あんねい)(心が安らかで平穏無事)そんな事はどうでも良いのだろう?

何たる無様な政権与党の奢り。経済界。労働界も同じかい。こんな幹事長に対抗も出来ない?今に見てろ。空海は笑っていた?ドサクサに紛れて選挙をして圧勝したら何でも出来る?その程度に考えているのだろう?

大阪でも森友の事件も忘れ去られようとしている。しかし自民党幹事長。あなたは和歌山選挙区から当選している。その説明責任がこれから問われる事も関係無いと思っているのだろう。国有地払い下げの一方の当事者は留置場。

その反対側の関係者はその責任を全く問われない?疑惑その物が無いのだから?そうとぼけられている?そんな事は誰も知らない。国会で説明も出来ない政治とお金の問題。大阪だけの話では無い。世の仲良くある事。(あんな連中)疑惑は相手にもならない?そうかな?アンタも耄碌(もうろく)こんな漢字は知らないのだろう。

Img_7770

Img_7771

Img_7773

Img_7774

このお堂の中で弘法大師(空海)に頭を垂れた事がある。暗闇の中で何も言葉を聞き取る事は出来なかったが、清々しい気持になった事を思い出す。昨日は横目で見ただけだった。このお堂の前に納経所があるが詰めている人は僧侶では無い。

人の生き方。考え方。疑問や悩みに答える事は出来ない。その程度の人で無いとアルバイトとして雇う事は出来ないお寺に事情。最近の若者達が宗教の教えに関心を示さずに新興宗教に耳を傾ける事も良く分かる。お寺さんで親しく心を開いて話を聞いて貰える?そんな余裕は無いのだろう?

Img_7775

Img_7776

Img_7777

Img_7778

Img_7779

Img_7780

これも以前このブログに貼付けた看板。「歩行者通行注意」宝塚警察署オカシイだろう?そうは思わない?私有地の道路に警察が看板を出す?警察は何をしているの?この道が私有地であっても歩行者が通行している事は分かっているからこんな間抜けな看板を出している?

だったとしても歩行者でなく歩行者の皆さんでしょう。通行注意ではなく車に注意だろう?その程度の事もゴルフ場に警告も出来ないのだろう?そんな事を言うのは親父だけ?歩くバカは殆ど居ない。この道で車に撥ねられても警察は一切関知しない?そんな事が出来る訳が無い。

Img_7781

Img_7782

Img_7783

前から掲げられている間抜けな看板。その証拠はこのゴルフ場でプレヤーの姿を見るのは稀。親父が歩く時間には練習生の姿も無い?ゴルフをしない人には分からないがOB杭が大きくフェアウェイに張り出している。右下にボールが落ちたら拾い上げて2打罰?セコいゴルフ場だね。当然こんなゴルフ場は大手の傘下には入らないと経営は成り立たない。何処かの国と同じだね。(親父如きに言われたくない)確かに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

今日は満願寺から多田神社。でもその前に昨日の続き。

Img_7583

Img_7584

Img_7586

Img_7587

急な山道も全く苦にならない期待通りの絶景。息を吞む。ただこの景色を誰にも邪魔されないで独り占め出来るのは何と言う幸せ。この山の管理を任された植木職人「弥吉」さんの心の叫びが聞こえて来る。色んな事があって色んな不愉快な思いをしてもここに来ればそんな事は全て吹き飛ぶ?そんな事も全く感じる事はなかった。

Img_7594

Img_7601

Img_7602

Img_7603

Img_7604

これだけの素晴らしい櫻守の結晶も時の流れと共に老い朽ちて行く。今はこの杜はボランティアの人のお陰で維持管理されているが、行政の支援は限られているので民間の援助が必要になる。その基金を立ち上げないといけないが如何んせん、力と情報の発信が足りない。

ボランテイアが活動出来る力は本当に小さい。偉そうな事を言っている親父でも何も活動はしていない。いずれこの道も老い朽ちる。この坂を登り切ると立派な休憩所があるがそこの先客も昨日は居なかった。それでもこの景色は何も変わらない。秋が終ると一時の静寂の冬が始まる。

Img_7605

Img_7606

Img_7607

Img_7608

Img_7609

親父さん。ボヤキは結構。予告編の紅葉。見せて下さい。焦るな。もう少し素晴らしい桜の大木を見て行こう。ただしこの大木もいずれ老い朽ちる。その事も関係無い。かもしれない。しかし明日は☂模様。その後は寒くなる。今年の冬は寒い。心して掛かれ。今年はパンツ一丁は無理かな?

Img_7612

Img_7613

Img_7614

Img_7615

Img_7617

Img_7616

ハイ。笹部新太郎演習林のうんちくはここ迄。ここからは久々の大見得?どうかな?

Img_7618

Img_7619

Img_7620

この道は「弥吉」さんが若い時からガンで亡くなる迄、戦争で召集された一時期を除いて(正確に言えば戦争に負けて運良く復員出来た一時期を除いて)歩いた道。除いての言葉が重なったのは戦争末期の召集のえげつなさ。

兵隊検査では失格の結果。そんな人も掻き集められた。そして惨めな敗戦。戦争に負けた兵隊は国民に歓迎される事は無かった。奥さんと幼い子供を育てる事は成り振りを構う余裕等なかった。現在、そんな歴史を語れる人は居ない。そんな政策が支持される。何たる国民だろう?

北朝鮮に対峙する?北朝鮮は日本にミサイルを撃ち込む事は出来ない。何故ならその時点でアメリカから国土を叩き潰される。それが北朝鮮とアメリカの国力の違い。戦前の帝国陸海軍(当時空軍は無い)の参謀本部と現在の政府指導者を批判も出来ない放送関係者。

最近、親父の予想は大外れ。それでも全く気にしていない。予想専門の人でも簡単に予想は外す。それでも開き直るつもりは全くありません。予言者の道はそう簡単ではありません。そう考えると楽観的に生きる事が出来る。アホ。

Img_7623

Img_7631

Img_7632

Img_7634

Img_7639

紅葉の見頃はまだ先の様で終りの所もあり飽きる事も無く、足を進めていました。この先で休み所。先客はいなくて親父も椅子に声を掛ける事も無かった。汗をかいていなかったからかもしれない。この先、大峰山に続く道を歩いた事があるが、道が細くなり引き返した事を思い出す。

その道を歩くにはも少し早く来ないといけない。その尾根の先にはバス停もあるが健脚の人はその先の中山山頂を目指す。そのコースは半日掛かり?午前中に来ないと走破は難しい。何時の日か歩けるのかな?それとも夢、幻で終るのかな?

希望は捨てていない?サミュエルソンの言葉を思い出す。(希望ある限り若く失望と共に老い朽ちる)ならば大丈夫?甘いな?青春とは人生のある期間を言うのでは無い。心の様相を言うのだ。そう言われても肉体の衰えは如何ともし難い?それを乗り越えるには仙人にならないといけない?確かに?(アホやのう)

Img_7643

Img_7647

Img_7648

Img_7650

Img_7655

Img_7651

Img_7657

道は整備されているが足元に注意をしないと足が滑る。ここで足を捻挫すると厄介?この時間になると誰も登って来ない。この下に弥吉夫婦が新婚の時に過ごしたと言われている小屋がある。この小屋の廻りは以前は下からも登って来れたが、今は道が荒れて通行禁止になっている。

Img_7658

Img_7661

Img_7665

Img_7668

ここは現在は関係者しか立ち入れない。この小屋の前の広場にベンチがある。そこで弁当を広げる。4時を過ぎていたので余りゆっくりは出来ないが弥吉夫婦が過ごした若い時は最高の景色だったに違いない。若いと言う事はそう言う事。

どんなに人里離れても静かな森の中は若い二人にとって最高の場所だったに違いない。人気のない場所で一人で弁当を食いながら勝手な事を考えていた。早く腰を上げないと秋の日暮れは早い。この右側に谷が流れている。その道がこの小屋に上がる道。今は通行禁止。その道を通る。

Img_7669

Img_7682

Img_7684

Img_7693

本当は関係者以外は通れない。親父は例外?嘘をつけ。この先を知らないと通れない。足場は良くないが弥吉さんはこの道が生活の道だった。この道はこの先に谷がありその谷が崩落の危機にある。いずれ本当に通れなくなる?

Img_7697

Img_7699

Img_7700

Img_7702

Img_7706

ガイドが居てもこの道は通行禁止。怪我をしたら帰れなくなる。それが分かっていてもこの道は通ってはいけない。振り返りながらその事を言い聞かせていた。しかしこの親父平気でその程度の事が守れない。そうでないと一人では山は歩けない。全てが自己責任。怪我をしたらその事を思い知る?ここではそれも許されない。

Img_7705

Img_7707

Img_7710

Img_7713

Img_7714

Img_7718

Img_7719

Img_7724

Img_7734

Img_7735

Img_7738

暗くなる前に山を下りて来る。正解。ただこの山道は険しい登りが続く。夏の暑い時に汗をかきながら登った事を思い出す。あの時、登りの道端の石を落としたら下迄落ちていた。勝手知りたる笹部新太郎演習林もこれから寒くなる。赤松の樹は枯れても素晴らしい探索の道は残る。春になる迄来る事は無い。反対の西宮名塩への道は歩くに違いない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから総理の所信表明演説 政治不信 株価操作?そんな事は全く関係ない?そうかな?地獄の釜が開くよ?

Img_7574

Img_7576

Img_7577

久し振りのご対面。桜の園は静かでひっそりとしていた。素晴らしい紅葉シーズンでも人の気配は全くなかった。この素晴らしい紅葉を毎年愛でながらこの山で桜の管理を任されていた(弥吉)さんは何を見て何を感じていたのだろう?

事実は小説より奇なりと言われるが水上勉の(桜守)の文庫本はその事を教えてくれる。もう一度その本を読んでも本当の姿は見えて来ないに違いない。タダ、全く知らなかったこの山主だった笹部新太郎の様な生き方は現在人には出来ない。桜の花の本当の美しさはここに在るとは殆どの人が知らない。人の生き方も同じに違いない。

Img_7578

Img_7579

Img_7580

Img_7581

Img_7582

この山は広い。初めて一番外の道を歩いた時には右端で谷川の中で道を探す。大きな標識が無くて一瞬途方に暮れる。それでも道が分からなければ引き返すしかない。そう思った時、尾根を登る右下の道を見つける。

最近、自殺願望のやり切れないニュースを目にするがどうしてこんな道もある事を探さないのだろう?ネットで簡単にオバカな誘惑に誘い込まれる?何たる無様な生き方。そして死に方。アパートの前の道路でもオバカな車が急ブレーキ、急発進、エンジンの空ぶかしをする。

その程度の生き方しかどうして出来ないのだろうか?いずれその事を思い知る?それも出来ない?やり切れない人の生き方?総理大臣の所信表明?そんな物は夢、幻である事をどうして思い知る事が出来ないのだろう?

維新の我選挙区比例復活の議員は総理の責任は追求出来なくても、野党与党の有力政治家を誹謗中傷。そしてその国会発言をオバカにも訂正。何たる無様な国会質問だろう。この議員が指示される理由は唯一つ。単純明快?

確かに野党の国会質問の甘さは眼に余る。その程度の批判も出来ない。それともそれが常識?親父の株価予想も外れる?そうかな?まだまだそうは言い切れない。(あほやのう)どっちが?どっちも?(コラCMをパクるな)?今年の冬は寒い?覚悟しなはれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

JR武田尾 福知山線廃線敷き 桜の園 (笹部新太郎演習林)

Img_7494

Img_7495

Img_7496

Img_7497

Img_7498

Img_7499

関西人でも阪急の全ての路線を知らない。親父が半世紀以上前に大阪に来て初めて利用した阪急宝塚線。その路線を今でも利用している。その関西を代表する路線もその殆どが高架になり、快適な移動が出来るが最近はその自慢の種も薄れている?

Img_7501

Img_7502

Img_7503

Img_7504

Img_7505

Img_7506

Img_7507

久々の武田尾。この素晴らしい駅を関西人の多くは知らない。それはこの駅を通過する新線が原因?この新線が出来る迄は福知山線は武庫川渓谷を走っていた。宝塚から間もなく武庫川の渓谷を走る蒸気機関車は正にその存在感は大きかったに違いない。

現在は最短距離をトンネルが貫通して駅はトンネルの中。ホームは川の上に張り出している。駅は無人駅。駅前は武庫川が流れその上は急な山が迫っている。この山のハイキングコースは宝塚側にはバス通りしか無い。

西宮側は山を大きく迂回して下流側から登る。この道は健脚向き。何時でも案内します。ガイドが居ないと1人で歩くとしんどい?その実感は歩いて見ると良く分かる。その結果歩ける人と歩けない人の格差が大きくなっている。世の中の豊かさの格差と同じ?その傾向は増々大きくなる?

Img_7509

Img_7510

Img_7515

この尾根は西宮側、武田尾の駅を降りて下流に歩くと右側に見えて来る。この谷を直登するハイキングルートは無い。左の尾根が下がっている所迄、山裾を大きく迂回しないといけない。その道はガレバの中に在る山道。

大雨が降ると道は崩れて通り抜けは出来無くなる。この道は西宮市が管理しているが?何しろハイキングコース。歩くのは自己責任。ガイドが居ないと安全は保証出来ない?まさか?本当です。当然歩く人も殆ど居ない?親父はその道を初めて歩いた時、哭いていました。happy01

Img_7513

Img_7512

Img_7511

西宮市民の水道管。こんな山の左の奥にダムがある。そのダム湖畔の道は歩いていないがこの左にそのハイキングルートは無い。この左の山も急にせり上がっているが道を探せば山道は残っているのかもしれない。しかしこちらは宝塚の行政が管理している。市役所に行ってもそんなルートを知る人は居ない。そんな時代になっている。

Img_7520

Img_7521

Img_7522

Img_7524

川を隔てた正面の山を見ながら喜んでいると旧武田尾の駅前が近づいて来る。ここには今でも立派な橋が掛かっているが突き当たりは右にしかいけない。ただし車だけ。歩行者は川沿いに歩く事が出来るがその道も川の増水で崩れ落ちてその先は冒険者でないと歩けない。

行政はそんな道の整備は全く考えもしない?そのくせこの左は立派な堤防かさ上げ工事をしている。典型的な無駄な公共事業。阪神県民局の責任者は当然この工事の意味を高らかに説明をしている。そんな事はここに来てみないと分から無い?

Img_7525

Img_7526

Img_7527

Img_7529

ここには立派な駐車場が出来ているがいずれもこの上の集落の通勤用。この地域に僅かな住宅地がありこの堤防かさ上げ工事で移転していた人達はここに戻って来る?そんな工事計画は関係者以外には全く知らされていない。

見事な紅葉もぼやけている。カメラの腕?御心配なく。明日は見事な(笹部新太郎演習林)の紅葉をお見せ出来る。一部は親父のカメラでないと見れない景色をゲットしている。お楽しみ?このボケた紅葉はその予告編?違うだろう?こんな所にお金を使うのなら他の使い道があるだろう?その程度の事も分からない?知らないと言う事はそう言う事?そんな事もどうでも良い?今に見てろ。そう言われていた。まさか。

Img_7531

Img_7533

Img_7538

Img_7539

ハイ。今日はここ迄。かた(漢字変換が出来ない間抜けなMac)が痛い。完全な運動不足。解消法は意外にもラジオ体操?太極拳?ゴルフのスイング(腕を交差させ軽く振る)イエイエそんな大層な事をしなくても。両腕を前に突き出して水平に広げ思いっきり振り下ろすだけ。その程度で本当に楽になる。それでも駄目なら休憩だな。この先は見事な景色?予告編をちょこっとお見せします。

Img_7541

Img_7543

Img_7544

Img_7547

Img_7548

Img_7550

Img_7553

Img_7555

Img_7556

Img_7557

Img_7560

こんなもんでどうだ?大した事は無い。仕方が無い。もう少しお見せしますか?ホントは実際に歩かないとこの景色は見れない。

Img_7663

Img_7630

Img_7640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何時迄も何処迄も何も変わらない「紅白」見ません。

Img_7382

Img_7389

Img_7458

忙しかった現役時代?日中(昼間)目にするのは会社の食堂のお昼のニュースとその当時でもオバカなバラエティー番組(笑っていいとも)だった。その司会者が今では天下の?公共放送の旅番組の司会者。その番組がお笑いでないのも何とも皮肉。

Img_7460

Img_7462

Img_7463

誰も居ないガーデニングのモデル?の庭もぶどうの実が放置されている。この景色が何を意味するのか?そんな事は全く知る由もない?そしてこれから寒くなる。暇つぶしにテレビを見るのは報道とスポ−ツ番組だけ。それでもこんなニュースは全く無い。

こんな景色は報道の価値も無い?どうかな?何時迄もオバカな放送を見る貧乏人は変わらない?テレビ局の社会的責任は問われて久しい?それでも関係無い?物が売れないと言う事はどういう事か?これだけ景気が良くなってもデフレ社会は続く?

その事が理解出来ないのはアメリカ中央銀行総裁だけでなく日銀の総裁でも同じだと思わない?難しい?関係無い?黒田総裁は公約を5回も先延ばしにしても物価目標は達成出来ない。それでもその金融緩和の政策の見直しも出来ない?

そんな金融緩和のお陰でアベノミクス(安倍政権の間抜けな経済政策)は成功?案ずる事は無い。これからその間違いを証明しなければいけない?大阪の地域政党も東京の都民ファーストもトランプアメリカ大統領のアメリカファーストの政策も見直しでは済まない?

そんな状況証拠も報道出来ない公共放送?その証明をしても無視されるに違いない?そんなテレビは見放される。見るのは暇つぶしのジジババだけ?それとも貧しい生活しか出来ない若者と親父と女性達?仕事をしない、仕事を引退すると言う事はそう言う事?違うだろう?そんな生き方をしないといけない?

Img_7466

Img_7467

Img_7468

Img_7469

市が市民の緑に親しむ為に造った?造られたセンタ−。ところがこの場所も知る人は限られている。市民だけでなく誰にでも解放されているこの館内も足を踏み入れる事は殆ど無い。この館内では定期的に色んな展示がされているが敷居が高い?どうして?勝手にそう思い込んでいる?

Img_7470

Img_7471

Img_7475

館内では展示物の入れ替え作業を行って居たが、館内に足を踏み入れても誰も声を掛ける事は無い。横目で見られるだけ。ただよく考えて見るとこの館内の運営は市が業務委託をしている公社が管理しているだけ?何の遠慮も気遣いも要らない。

それなのに何だこの雰囲気。親父はトイレしか利用しないがその場所も表示が分かり難い。市役所の担当部署に聞いて見ると様子は変わるのかな?そんな意地悪な市民は誰も居ない?それ位の事は簡単に変えられる?その証明してやりますか?(嫌なおじさん)そう思う。

Img_7473

Img_7474

Img_7476

Img_7477

株価がおかしな動きをしている。異常な値上がりと値下がり。こんな動きをしても規制が掛からない?そんな理由が何処にも見当たらない?金融緩和で企業の利益が久々の活況?それでも肝心な消費が盛り上がりに欠ける?それも当然だろう?その程度の事も無視される?そんな政策を続けても政府の経済政策は支持される?アホと違う?違いません。

Img_7478

Img_7479

Img_7480

株価の値動きの荒さを監視する国の機関を殆どが知らない。荒い株価の値動きは当然監視されている?ホンマかいな?個人が不当に株価操作の買い方、売り方をすれば当然チェックされる。場合によってはその商いが株価指操作として逮捕される。それが投資目的であっても許されない。

ところが最近の荒い株価の動き。それは株価操作と判断されないと許される?その判断の違いは何処にあるの?そんな事は全く公表されない?報道もされない?本日の午前中の株価上昇は182円。それが終値ではマイナスになる?そんな事は無い?ではそれは午後三時になれば分かる。そんなオバカな動きが続いても規制は無い?

Img_7484

Img_7485

Img_7486

Img_7490

Img_7491

Img_7493

今日はこれから武田尾「笹部新太郎演習林」桜の大木を見に行きます。笹部新太郎とその管理を任された管理人の(桜の園)その歴史は人の生き方を教えてくれる?この国の無様な軍国主義の社会は最近の若者は全く知らない。

若者だけでな国の形を変えると豪語していたローカル政党維新の国会議員でもその事を教えてはくれない?京大から中央官庁に進んで何を歴史に学んだのだろうか?軍国主義、その戦争責任はアメリカに叩き潰されてもすり寄る事しか出来ないのだろう?国の為に死んで行った若者達は今どんな思いでこの国の姿を眺めているのだろう?そんな事もどうでも良いのだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

テレビもつまらない?ネットもつまらない?今年の紅葉もつまらない?それならこれはどうだ?

Img_7382

Img_7383

Img_7384

Img_7385

近くの公園の桜の紅葉はその殆どが落ちている。これからは寒い北風が吹き始める?そうなると師走。慌ただしくなる。その一歩手前?一歩どころか2歩三歩?ゆったりとした時間が流れていた。ただこの時間でも厳しい人の生き方は問われている。そんな事も全く関係ない?そうは行かない事も誰も教えてくれない?とぼけた生き方しか出来ない?

Img_7387

Img_7388

Img_7391

今日は穏やかな天気だったが明日はも少し寒い。そして段々冬の足音が聞こえて来る。近年暖かい冬が続いているが今年は少し様子が違う?その事は近くの公園や山麓の紅葉を見れば良く分かる。今年の紅葉は葉っぱが焼けている?

葉っぱが焼けるとはどういう事?それだけ夏の暑さが厳しかったと言う事だろう?今年は京都奈良の紅葉の名所に足を運び計画はないが、そんな紅葉中継も見たいとも思わない。見る気持もない?今年の年の瀬はそんな寂しい季節になる?それでも生き方を変えればそれはそれで良いのかもしれない。

Img_7392

Img_7394

Img_7395

桜の花の満開の時は短いが紅葉の秋の見事な落ち葉を愛でる人は少ない。落ち葉が綺麗な葉っぱは見事の紅葉しても一気に落ちて来る事は無い。不思議と☂風に叩かれてもしぶとい。それはタイミングを見計らっているに違いない。その時も近い。その後は梢の先でカラスがねぐらを探すだけ?

Img_7397

Img_7398

Img_7399

この坂は体調を見定める絶好の坂。今日は快調と意気込んでいたが胸が軽くない。締め付けられる不快感はないが重い?大きく息を吸い込んでゆっくり口を窄めて(すぼめて)息を吐き出せば息苦しくなる事は無い。元気そうに見えても不整脈の体質は何も変わっては居ない?

親父の様にメタボで不整脈でも何でも無くてもお試しあれ。深呼吸の効果は誰も知っているが息をゆっくりと吐き出す事が出来る人は多くはない?どうしてだろう?山麓の近くに呼吸器科の内科が出来たが、これからの高齢者は呼吸器と心臓で難儀をする人が間違いなく増える。お試しあれ。これを繰り返すと精神的にもリラックス出来る。(中々出来ないけれど)

Img_7400

Img_7402

Img_7404

近くで若いカメラマンがモデルに注文を付けながら撮影をしている。声が聞こえるがその声が空々しい?人に聞こえている事が分からない?そんな事はどうでも良い?いい写真が撮れればそれで上等?文句があるか?アホンダラ。この紅葉ではロクな写真も取れない事が分からない?

Img_7405

Img_7406

Img_7407

その証明がこれ。ここは違う場所。親父お気に入りの場所。ただまだ季節が早い?見頃になるのは来週始め?それでも今年はそれでも例年より早い。昨年見れなかった能勢山中の人里離れた紅葉もそろそろお呼びかも?今週末から忙しくなる?アホ。

Img_7408

Img_7409

Img_7415

近くの石垣の上から飼い猫に声を掛けられるが、カメラを向けると歩き出す。その後を追い掛けながらシャッターチャンスを窺っていると女性の靴音がして来る。レンズの方向を変えながら声を掛けると買い主ではなかった。

Img_7416

Img_7417

Img_7418

Img_7419

これだけの秋も街中では中々見られない。政治の世界でも経済の事でも先の見通しどころか足元さえでも良く見えない。そんな社会を平然と当たり前の顔をしながら尤もらしく生きている。その事が分かればこの国のこれからのあり方が良く分かる?

それが明言出来ればそれだけでも飯が食える?そんな大ソレタ考えもしていない?ただその無責任は発言は笑えるかも知れない。日本政府やアメリカトランプ大統領が大見得を切っても北朝鮮の核とミサイル放棄は実現出来ない。

何故なら中国がそんな協力が出来ない。北朝鮮が存在するから中国の安全が保てる?日本が果たして入る役割も同じ事。アメリカの軍事圧力を背景に北朝鮮に対峙出来る。それが北朝鮮も分かっているからアメリカを挑発する。

最終的には日本、韓国、諸外国がどんなに口を揃えて北朝鮮の核開発を止めさせようとしても出来ない。ならばアメリカは北朝鮮に軍事攻撃を行う?それも出来ない。それが出来るのは北朝鮮の反撃が出来ない攻撃が出来た時。

日本や韓国がどんなに防衛ミサイルを手にしても、全てを打ち落とす事は出来ない。その程度の事も分からないオバカも居るけれど。反対にその事は北朝鮮指導者だけでなくトランプ大統領にも利用されている。中国は強か(したたか)な国。

日本とアメリカを手のひらに乗せながら世界の大国を目指している。ただ今の侭では資本主義の大国とは経済的にも軍事的にもその力の差は比べ物にならない。その事が現在の悲劇かもしれない。東南アジア諸国の利益は米ソ中日の利益に留まらない。

その事が問題の解決を複雑にしているのだろう?本当に哀しい事だけど外交問題が国益で振回されている。拉致問題の解決方法は時間が掛かり過ぎて日本の外務省だけではどうしょうも無い?アメリカの大統領が協力してくれる。力を貸してくれる?そんな事が無い事ぐらい分からない?本当に何たる無様な問題解決の方法だろう。その責任者は安倍総理では無いのか?

Img_7422

Img_7424

Img_7425

この山桜もこれからは大きな枝が枯れて行く?その原因は栄養が足りない?それとも背丈が伸び過ぎ?いずれも如何ともし難い?それでも上に上に伸びるしかない?その生命力を支えているのは細い新しい枝。幸いにここは崖が強風から守って呉れている。ただ間違いなくその寿命は迫っている?

Img_7426

Img_7428

Img_7429

先日来たばかりの親父の憩いの場所。ここで腰を下ろして飲み物とおにぎりと大好きな卵焼きを口にする。そんなささやかな楽しみがしばらくは続く?お金を使わないで適当な運動とストレス開放が出来る。何たる贅沢だろう?紅葉の最盛期は来週の初め。その時迄楽しみが続く。

Img_7430

Img_7433

Img_7436

地上波のテレビ、衛星放送を見ていても本当につまらない。つまらなければ見なければ良い?そう言われて確かにそうだと思いパソコンでネットの情報を見るとこれ又、つまらない。ありふれた自己主張?自己満足?自己完結の情報ばかり。

この情報も興味本位?管理者の問題意識も最悪?そんな事も全く問題ではない?何故ならタダだから?正確に言えばネット情報量もタダではないがタダに等しい。そんな情報をいくら提供してもそんな事は自己満足?

そんな事を考えていたら広島県福山市?では地域活性化のアドバァイザーを副業で募集する?何だこの軽さ?地域の活性化はその程度でも市長は務まる?それもわざわざ東京迄出向いて?そんな情報を尤もらしく垂れ流す経済ニュース。アホだろう?アホです。

地方創生とか地域活性化とか言われても何処もうまく行っていない?そんな事は誰も知らない?加計学園の経済特区は総理のご意向が無ければ実施は出来なかった?そんな事は無いと言い切る根拠も全く無い。大体そんな話は全く無かった?

その説明も何度されても状況証拠は限りなくクロに近い灰色?そんな事もどうでも良い。その程度の事だろう?親父もアンタも全く知らない農業特区の兵庫県養父市の取り組み。華々しく宣伝された現状はこれがこの国の農業改革?

そんな政策を小泉新次郎は全く知らない?そんな政策が支持される?マスゴミの報道は本当にひどい?そんな新聞社でも「死ね」と批判される。維新と言う政党はそれ程にオバカと言う批判をされても我が選挙区比例区当選の代議士は発言を訂正も出来ない。そんな事もどうでも良い?

Img_7440

Img_7420

Img_7450

そんな事を考えながら親父の故郷別府温泉のプロモーションビデオを見ていると怒りがこみ上げて来る。どんなに地元の良さを宣伝されても行きたいとは思わない。何故だろう?肝心な(満足度)とその(対価)が何も語られていない。

それが感じ取れないと宣伝効果にならない事を市長は知らない?県庁の職員は知らない?その事を誰も教えてくれない?その間違いを証明出来る資料をもうすぐ送って貰える。誰から?何処から?それは自分で納得してからでないと教えられない。

親父は故郷を誰よりも思っている。ただその故郷は自慢出来ない。その事がなんとも「はげらしい」(はがゆい)。モデルケースは身じかにある?その身近の成功体験をどうして徹底的に分析しないのだろう?その原因もはっきりしている?

そんな面倒な事をしなくても独自な取り組みが必要?その程度の能書きを言えば仕事が出来る。そんな仕事の評価はどうでも良い。中央官庁に右に倣え(ならえ)。地方活性化?地方創生?バカだろう?地方の優秀な人材はこれからも大学進学で何も変わらない。

残る人材で何が出来るの?その証拠は地方のトップはその殆どがエリート官僚。彼等に出来る事は中央省庁との太いパイプだけ?そんな物で地方は何も活性化しない。その具体的例を知らないといけない?無理だな?どうして?そんな事を考えるオバカは居ない。

Img_7441

Img_7444

Img_7452

Img_7455

Img_7454

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

驕れるもの久しからず 小池旋風も打ち止め?それでも自民は不滅?

Img_7379

午前中降っていた雨がやっと上がる。選挙も済んで国会論議も活発?明日から議論が始まる?ところがそんな事に殆ど関係無い?小池旋風も吹き止んで自民党と公明党の高笑いが続く?そして支持者の生活も安定する?

そんな事を信じているのは地方のジジババと公明党支持者だけ?と思いきや大阪では維新の勢いがまだ続く?あろう事か我が選挙区の比例復活の維新の代議士。朝日新聞の社説批判。その言葉が(朝日新聞死ね)何たる無様な言葉。

こんな政治家が何時迄のさばるの?古い政治を壊すと言う事はこう言う事?違うと思うけど。大阪の維新の支持者もそろそろ賞味期限切れ?しっかりしなはれ。親父は立憲民主党。反自民。ここで自分の立ち位置を明確にしてこの国のあるべき姿を語らなければいけない。(アホ)

これ迄多くの人から言われ続けて来た言葉。それではこの国は成り立たない。その言葉が間違いである事をこれから証明しなければならない。これ迄言われ続けていた言葉。自主。独立。平和。民主主義。数の力。多くの当たり前に叩き付けられていた言葉を一つ一つ跳ね返さないといけない。

そうでないと地方は言う迄もなく中核都市、大都市も悲惨な結果を招く。その証明をしないといけない。そのシグナルの点滅が金融危機です。大銀行もリストラ(再構築)をしないといけない時代。そんな時代が到来しても自分達の生活は安定?そんなバカな事は無い。

地方の人の気配が全くしない生活は都市でも例外ではなくなる。信じられない。これだけの多くの人達が一瞬にして消える。その一瞬が50年だとしたら?それは説得力のある言葉に違いない。その程度の事も理解出来ない?ならば思い知らされるに違いない?

Img_7380

初めて故郷大分別府のプロモーションビデオを見る。市長を先頭に大勢の人が別府温泉を宣伝している。そして多くの人がこのネットにアクセスしている。しかし県庁の多くの人と話をしてもその情熱の自己満足?を痛感する。

その根拠は関西人のどれだけが大分に旅をして別府に泊まり、喜んで関西に戻っているのだろう?その具体的な数値を知らない。仮にその数値を知ったとしても所詮大分と関西の繋がりはその程度。大分を知らないで人生を終える人も少なく無いに違いない?

♨県大分。その言葉を聞いた時親父は故郷をバカにしていた。何を今更?関西で温泉地と言えば白浜、有馬、赤穂?少し小金があれば北陸山中、芦原、東尋坊?お金が無くても温泉だけでは近場でも行かない。その程度の事を大分県人は知らない。

そう思いながら別府の女将のプロモーションビデオを見て居た。何もそんな事をしなくても国内で元気を取り戻している温泉は少なく無い。それは何処?ただでは教えられない。これからそんな商売始めますか?

地域創生、地域活性化、農業再生その他。飯の種は無限大. 熱海に行きますか?アホ。熱海の夜は本当に変わったのかな?知らないくせに。バレたか?それでも熱海の街は変わったとテレビで見た気がする。

観光案内は申し込めば出来るのかな?観光客。宿泊者の数は何処かで纏めているのかな?街の賑わいは実際に足を踏み入れればすぐ分かる。熱海市観光課。明日聞いてみよう。アホやのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧