ウェブログ・ココログ関連

2017年9月22日 (金)

糖尿病予備軍?言われて久しいな。と言う事は?

Img_3415

ここは阪神競馬場。秋競馬が始まっているがお呼びで無い?今度の日曜日は菊花賞トライアルレースの神戸新聞杯が行われる。真剣に予想紙を見ながら勝ち馬投票券を手にしていた事はそんなに昔の話ではない。今はどうなの?そんなドブに捨てる様なオバカな行ないは卒業している?

Img_3417

Img_3418

Img_3421

地政学リスクが高まる?なんのこっちゃ?北朝鮮リスク?北朝鮮が水爆実験を太平洋上で行う?出来る訳が無いだろう?やって見ろ?北朝鮮の国土は壊滅する?誰が?挑発を煽るアメリカしかいない?アメリカの大統領だけでなく日本の総理大臣迄北朝鮮を軍事的、経済的に封じ込める?その抜け穴を塞ぐ事が出来無い事も多くの人達は知らない?

Img_3422

Img_3423

Img_3424

Img_3425

久し振りに歩いて北中山のハイキングコース。この道を歩くのは3回目。初めて歩いた時は中山の従走路を歩いた時だったので、この辺りを歩いた時は疲れて心細い想いをしていた。何気ない道に見えるが右は数メートル切れ落ちて谷になっている。

ガイドが居ればなんて事はないが1人で歩いた初めての時は必死の思いで歩いていた。懐かしい。昨日はこの辺り勝手知りたる道だった。ところが久し振りの道はそんなに甘くはなかった。山道の1キロは平地の3キロ?その事を思い知る。

一人で歩いていると足を挫くとその時点で誰も助けてくれない?挫いたのか?そんなヘマは絶対にしない。1人で歩くとこんな山でもそのリスクを背負っている。その事を考えながら注意していた。オーバーな?でない事を知らないだけ。

糖尿病診断と同じだな。徐々に効いて来るダメージ。その事が分かればまだ歩けると言う事だろう?そのうち間違いなく歩けなくなる。どれ位のお弁当箱かな?お弁当箱におにぎりおにぎり一杯詰めてどれだけ歩けるのかな?その事が問われている。

Img_3426

Img_3427

Img_3428

Img_3430

Img_3431

初めてこの看板を見たのは5年前の夏?あの時はこの看板を見て一安心をしていた。それでも山道の下り。ここは深い谷底で辺りが暗くなっている。今日は登りだが奥の院迄1キロ強。しかしこの時点で諦める。この時五時近く。流石にこの先でズルするしかない?

Img_3432

Img_3433

Img_3435

この谷も意外に深い。もう少し歩かないと登り切る事は出来ない。多くの人は知らないがこの先に林道がある。この立派な林道はその役割を既に終っているが、林道とこの山の管理者はそうは言わない。そんな事は全く知らない。ボーイズビアンビシャス?高齢者、糖尿病予備軍の面々がこの道で腰を降ろす事は無い?

Img_3438

Img_3439

Img_3440

Img_3441

治山治水。この山の木材価値は失われても環境林としての価値は高まっている。最近高齢者の生き方を問う人も少ないが、多くの人が勘違いしている?健康食品を口にして体調が悪くなれば医師の診断を受け応急処置をする?親父の年代では整形外科と接骨院が社交場?アホやろー。アホです。長生きをしても成すべき事を知らない?

Img_3442

Img_3444

Img_3445

Img_3446

ここから奥の院迄そう遠くない。それでもここから広い林道を右に進み奥の院参道を右に下る。この道は立派な林道も至る所で道が荒れている。林道の整備を森林管理事務所に聞いた時、心配する事は無いと言われた事を思い出す。何の為に作られた林道?そんな事も問われる事は無い?
Img_3448

Img_3449

Img_3450

Img_3455

Img_3457

当然この林道は一般車両は走れない。関係工事車両も4WD。歩くには行き先が分かっているので不安は何も無い。ところが久し振りに歩く道は遠かった。目的の奥の院参道に中々行き当たらない。それでも飲み物もお弁当も懐中電灯も抜かりは無い。

Img_3460

Img_3462

Img_3463

どんなつもりか知らないが部分的に舗装されている。本当にこれで管理されていると言えるのだろうか?そんな事もどうでも良い?林道の管理と言われてもこの道は木材の積み出しは無い。国有林の伐採作業の為でもなくどんな管理が出来ると胸が張れるのだろう。

Img_3464

Img_3465

Img_3466

Img_3468

これがこの林道の現実。次大雨が降れば間違いなく崩れる。?その時はこの道を歩く事が出来ない?そうならないとこの道が補習される事は無い。中山の自然、休養林。この懐の深さは多くの人は知らない。もっとこの山を歩けば多くの事が語れるに違いない?それが自分の健康に繋げればこれ程の喜びは無い。

Img_3470

Img_3471

Img_3472

この道は歩くだけでも足が疲れる。親父の靴は登山靴でない街中でも歩けるウオーキングシューズ。それでも安物ではないのでこれ位の道なら歩ける。それでもこれでこの林道が管理されているとは言えないだろう?雨が降ると小石は流されるけれど左にはその対策の側溝もある。それが埋まっても放ったらかし。これではアカンやろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

糖尿病1000万 嘘をつけ 人間の体は意識で大きく変わる?

Img_3372

Img_3373

Img_3374

人通りが全く無い。今日はこの商店街の定休日。定休日でなくてもこのお寺さんの参拝者は多くない。それが正月3日間は全く様相が異なる。この通りは一方通行。お参りをする人は左の一山越えた道を迂回しなければならない。日本人の全くクレージーな神頼み仏だのみ。

誰が何と言ってもこれだけは笑うしかない。ところがそれが当たり前。マスコミや多くの人が尤もらしい事を言っても馬鹿にされるだけ?その理由が本当に良く分かる。親父ですらこのお寺さんが真言三宝宗とは知らなかった。真言三宝宗?何のこっちゃ?それでも初詣は決まり?

Img_3376

Img_3377

Img_3378

ここから境内。御祓(みそぎ)汚れを払う?どういう事。汚れ多き人は自覚出来ない?そんな事も学校では教える事は無い。家ではどうなのだろう?男の威厳が無くなり女の力が強くなる?そんな言い方だけでセクハラと喚き立てる。

女のセクハラは無い?バカだろう?バカ?あんたがね。当然の様に掛り付けの女医に言われる。バカタレ。二度とあんたの治療は受けない。そんな時代も関係ない?そうは行かない事も理解出来ない?嘘だろう?本当です。何も困らない。そんな生き方をしている。ザマー見ろ。

Img_3381

Img_3384

Img_3387 

Img_3389

Img_3390

これからハイキングコースに入る。振り返ると宝塚の高層マンションがそびえ立っている。このマンションでどんな人がどんな生活をしているのだろう?世の中何だかんだ言われてもそんな事も関係ない?この豊かな生活を満喫している?

ところが実際は違う。そんな事も何も知らない。宝塚市は兵庫県。信じられない事に財政的には豊かでない?以前はこの街は高級住宅地であり宝塚歌劇、ファミリーランド遊園地の観光地だった。今はどんな街づくりをしているのだろう?そんな事は殆どニュースにもならない。

Img_3391

Img_3392

Img_3393

Img_3394

ここは初めて歩いた時、山から降りて来てようやく出口が見えてホッとしていた下り坂。今日はその道を登っている。この道も何度も歩いている道で勝手知りたる道。この坂を登ると気持の良い山道が待っている。

Img_3395

Img_3397

Img_3398

Img_3399

Img_3401

Img_3402

Img_3403

Img_3406

空を見上げると完全に季節は変わっている。変わら無いのはオバカな人の生き方?むつかしい事は分からない?人の事はどうでも良い?自分の事を考える事も出来ないで人の事をとやかく言う事は無い?確かに。

Img_3404

Img_3405

Img_3407

まだ若木の松が枯れている。ここは国有林になっているが長い間お寺の所有林?だった。この山道は多くのハイカーが行き交うが行政の管理は行き届かない?全てを行政や国にその管理を丸投げには出来ないが、何処かの誰かがその旗振り位できないのだろうか?その活動は知らない。

Img_3409

Img_3410

Img_3411

Img_3412

Img_3414

Img_3416

近くのこんなハイキングコースがある事を関西人だけでなく宝塚の住民も知らない。この道を歩ける人がどれだけ居るのだろう?どんなに尤もらしい面をしてもこれからの高齢者はこんな道は歩けない。それでも長生きは出来る。

人の御世話になりながら勝手な生き方が出来る?そんな訳は無い。その程度の事も教えられない?教わる気持も無い?糖尿病の患者が1000万を越える?嘘だろう。親父も医者に冷淡にあしらわれる。もう少し痩せないと合併症を引き起こす。

そう言われて始めた減量作戦。体重は減らないがこれ位の山道は何なく歩ける。これでメタボが解消すればいよいよ仙人?それは無理だな。それでもアドバイダーには成れる?それも無理だな?あんたの知識が主観的?確かに。

劇場型だな?見ていろ。来月の今頃その幕は切って落とされる?勝手に落とすな?これは予言です。間違いないのでしょうか?それは何とも言えるけれど証明も根拠もなにも無い。いい加減にしなさい。チャルトンへストン。アメリカの映画俳優。知らないだろう。

「十戒」モーゼ役は彼の全ての演技力を充分に発揮したと言われている。彼の晩年はアルツハイマー病だったと言われているが、愛妻家だった彼は最後迄その優しさを失う事は無かったと語り継がれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節は変わる アンタの暮らし向きはどうだ?何も変わらない?

Img_3223

Img_3226

Img_3227

9月も下旬。あと10日で10月を迎える。10月は親父の誕生月。今年はどんな誕生日を迎えるのだろうか?長い間一人で寂しい誕生日を迎えて来たが今年は違う?それとも信じた国のあり方も人々の暮らし向きも何も変わらないのだろうか?そうだとしても淡々と生きて行く?そんな無様さを晒すのだろうか?その時はいよいよ山に籠るだけ?そんな山はまだ見つからない。

Img_3230

Img_3237

Img_3234

これが一昨日見た景色。対岸の河川敷くのグラウンドは左に大きく整備されている。その利用状況は大した事はないが子供達の野球とサッカーだけでなく社会人の草野球、球技の場としても活用されている?

Img_3232

Img_3234_2

Img_3235

Img_3237_2

コラ。同じ写真を使い廻すな?それには理由がある?この写真を見ると親父の問題提起が良く分かる?意味が分からない?そんな事はどうでも良い?でしょう?その程度の事?その程度の河川管理?違うでしょう?知らないと言う事はこう言う事?

意味が分からない?それでもこの無様な姿は何時迄も続かない?何が無様なの?これだけのグラウンドを整備しても大水が流れ下れば使い物にならなくなる。それでも仕方が無い?アホンダラ。よく見て語れ。これが国土交通省の河川管理。本堤防があるから川の中の堆積土砂、覆い繁る草木は全く問題ない。嘘をつけ。ここも数年以内に整備をする?

Img_3256

Img_3257

Img_3251

こんな無様な光景が何で放置されるの?それは対岸の本堤防を見れば良く分かる。同じ物がこちら側にもある。この立派な堤防が整備され皮肉にも河川内のこの堆積土砂は放置され草木が生い茂る。信じられない事にこの景色は一朝一夕には実現していない。

それだけ大水の心配は無い。ただ災害は忘れた頃にやって来る。忘れなくても知らなくてもそんな事は関係ない。アンタの暮らしも同じ事かもしれない。確かに。知らないと言う事はそう言う事。神仏を信じなくても信じたとしてもそんな時には何のお助けにもならない。その事を知らないだけだろう?

Img_3277

Img_3287

Img_3280

対岸の六甲の山並みが夕日を浴びている。1000年前の人達が見た初秋の夕暮れ。当然その時はこの素晴らしい堤防を作る技術は無く、現在の素晴らしい?生活も無かった。ただ当時からこの地域は水と穏やかな気候に恵まれ豊かな生活は営まれていた。1000年後の人達はどんな想いでこの景色を眺めるのだろう?それは誰にも分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

10400円で1400円のお買物。おつり無し。そんなアホな。

Img_3311

Img_3312

Img_3313

Img_3314

レジで万札を千円札と勘違い?そんな事あんのか?面白い事に人間の思い込みは恐ろしい。万札を千円札と勘違いする事はお店のレジ担当ではあり得ない事。ところがよく確認していても間違いは起こりうる。それがヒューマンエラー。その対策は難しくない。

レジの会計が済む迄はお札は機械に収納しない。レジの前で立てて置き清算が済んで収納する。そうするとおつりが自動的に清算出来ない?そうならない様に最新式のレジはお札の金額を読み取り(万札か5000円札か1000円札か)おつりが出る。

この機械なら例えレジ担当が間違えてもおつりは間違える事は無い?そんなレジが設置されていなければおつりの清算が済む迄紙幣は見える所にたてて居ないといけない。当たり前だろう。それがポカよけ。間違いが許されないお金の(おつり)の間違いは許されない。

その間違いを起きる。しかもその対応にもたつく。これは決定的なミス。親父にレジの責任者は無視されてお店の責任者が頭を下げる。しかし本当に恥をかかされたのは親父自身。最低のお買物でした。

ゆるキャラグランプリ?(池田市公認)ふくまるくん?目指せ日本一。何のこっちゃ?さっぱり分からない。御当地キャラクターの売り込み。熊本の「くまもん」彦根の「ひこにゃん」は知っているけど池田は「ふくまる」?なんのこっちゃ?

池田の名前の売り込み?因に大分は「めじろん」佐伯は何なのかな?その程度の事で地域起こし?アホとチャウか?アホです。アホでも名前が売れれば文句は無い?だろうか?地域起こしとはその程度の事?遊び感覚も大事と言う事かも?

全国ニュースもその程度に聞けば上等かも?経済ニュースでも尤もらしい解説?来月の28日には新しい国会議員が決まる。万歳三唱でメデタシめでたし?そうは行かない事を予想は出来ない?アホな国民です。今日は予定変更で地元の商工会議所に行きました。

このゆるキャラの話は出なかったので又、出掛けなければ行けない?行かないな?どうして?それ程アホでは無い。嘘をつけ。アホその物の生き方をしているくせに。これからはその生き方が変わる?後1月もすればその証明が出来るに違いない?

Img_3315

Img_3316

Img_3318

Img_3317

この街にも立派な会社が少なく無い。それでも多くの人は知らない。60周年を迎えるそのお祝いの花輪も音羽の息子が出している。このお店は親父の散歩コース。関係ないブライダル衣装。これからこれだけの衣装を準備してどれだけの人が永遠の愛を誓うのだろう?アンタは関係ない。確かに。

Img_3319

Img_3320

Img_3322

何気なく見ていた散歩道の花。深紅の鮮やかさは無いは茎の根元を見ると僅かなアスファルトの隙間から飛び出している。親父の小さい頃見た華やかさはないがこの逞しい生命力。何かを見せつけられている。これからは高齢者で歩けない人が多くなる。親父もいずれ時間の問題。しかしその時にどう生きるか?その事は誰もが問われている。

Img_3323

Img_3324

Img_3325

Img_3326

Img_3327

Img_3328

Img_3329

この道も綺麗に舗装されているが一方通行ではない。この狭い道で車が行き違うには上の少し広い所で、降りて来る車が待機しないといけないがそんな気配りが出来る運転手は殆ど居ない。いずれ事故が起きると警察の規制が始まる?

Img_3331

Img_3333_2

Img_3334

右に病院と介護施設がある。いずれ御世話になる?何とかそうならない様に歩かなければならない。この坂を登るのもこれからは涼しい季節がやって来る。それでも自転車で登り切る体力は既に無い。そのうち間違いなく歩いても登れなくなる。そうならない様に足腰を鍛えないと行けない?もう無理だな?そんな事は無い。生きている限りその問い掛けは続く?

Img_3335

Img_3337

Img_3339

Img_3341

今日は水曜日。先客はいない。休憩所の腰掛けに腰を降ろして(関西限定)のほうじ茶を飲む。京番茶入り。不味い。京都福寿園国産茶葉100%。サントリー。これ駄目だな。手にして来た巻寿司も駄目。シャリ(お米と酢の旨味が全く無い)1本298では駄目ですか?二度と買わない。ダイエーさん。お客の評価を舐めとるな。

Img_3342

Img_3343

Img_3344

久し振りにハモニカを取り出して吹き鳴らす。六甲降ろしもメロデーが時々狂う。今日は甲子園で巨人と最終戦。おさむい試合。それでも客はメガホンを投げる事も無い。阪神もこのままだと広島には勝てない。選手の勢いが違う。勝負の世界は本当に厳しい。六甲おろしが吹き荒れる時は無くなってしまいました。

Img_3347

Img_3353

Img_3351

Img_3355

この錦木の葉っぱが深紅に染まる時も近い。今年の秋はどんな色を見せてくれるのだろう?政治不信と言われてもそれも一時の事?あれ程に自民党政治を口汚く攻撃した何処かの政党?それが自民党と共に連立与党?古い政治をぶっ壊すと息巻いた地域政党も、野党は批判しても自民党にはすり寄る?

何とも無様な政界に日蓮さんはくさびを打ち込む事は出来ない?空海(弘法大師)が批判した宗教界の体たらく?それは今でも変わらない?どんな面をしてこの無様な世の中を見ているのだろう?空海は高野山奥の院で今でも生きている。

何たる戯け(タワケ)を抜かしているのだろう?それとも政治の事は関係ない?真言密教の教えとはそう言う物では無い事を教えてはくれないのだろうか?法然上人は比叡山延暦寺の修行のあり方を批判して下山したと言われている。

それだけの智恵は親鸞、蓮如と引き継がれても現在人にはその教えは伝えられていない。宗教が理屈でない事を教えたのは誰なのだろう?今上(今住んでいる世界)の生き方は誰が変えてくれるのだろう?それは自分自身だと言う事を思い知るしかないのかもしれない。戯け。

Img_3354

Img_3357

Img_3359

Img_3368

Img_3369

Img_3370



| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権支持回復?景気回復基調?このフェイクニュース?

Img_3150

Img_3151

Img_3152

Img_3153

先日の台風直撃は心配された洪水にはならず、2年前?に完成したこの堰も大きな被害を受ける事は無かった。受けている?そう感じられる無様な工事?これは工事完成後何度かの大水が流れ下った時に川底がえぐれた結果。

本当の大水は対岸の白いコンクリートの高さを超える。そんな洪水が流れ下ればこの無様な堰はひとたまりも無い?河川管理者はそんな事は言わない。この堰の改修にどれだけの予算を使い、どれだけの河川管理が出来るのか?そんな事は誰も知らない。

そんな事もどうでも良い?オバカな国民です。偉そうに言うな?それはアナタがこの現実を知らないから?そしてそんな現実は日本各地で見る事が出来る?それでもそんな河川管理を支持する?そんな事は誰も分からない?現状は殆ど知らない。

Img_3154

Img_3155

Img_3156

Img_3157

Img_3159
ここは堰の下。何故か川の中にこれだけの中州?が取り残されている?それだけでは無い。この左はもっと広い中州がある。この場所はいずれ洪水対策で取り除かれる?その時は想定外の洪水が流れ下った時?そんな時は50年近く無い?そんな事も殆どが知らない。

Img_3160

Img_3161

Img_3162

Img_3166

Img_3169

Img_3172

Img_3175

子供でも分かる事が無視されている。こんな無様さが許されるのは批判が無いから。批判があってもこの場所が川の中でも許される?その判断が誰に任されているのだろう?予算の範囲内で最大限の洪水対策を行っている?これでか?知らないと言う事はこう言う事?

Img_3177

Img_3168

Img_3169_2

親父のこの写真を見るまでもなく来年度の予算でこの河川内堆積土砂はパワーシャベルで取り除かれて対岸左に素晴らしい運動公園は、洪水時の冠水は皆無になる?そんな事は無いだろう?何故なら想定外の事迄は河川管理者(国土交通省猪名川河川管理事務所)は考えていない。

Img_3178

Img_3179

Img_3176
Img_3193

Img_3185

この河川内の草を刈って大きな木を切って下流から(上流堰の近くから)堆積土砂を取り除く工事はいずれ行われる?ただしその時期は数年後?数十年後?次世代になってから?その事を見定めるだけで本当の河川管理者に成れる?そんな人は一人もいない。どうでも良い事だから?それは違うだろう。

Img_3194

Img_3195

Img_3197

Img_3198

Img_3199

Img_3201

この先草が生い茂り進めない。右は猪名川河川中。これだけの大木が生い茂るのはこの長い期間こんな河川管理が看過されたと言う事。中央に河川敷きの堤防があるが本堤防は左にあるので全く問題は無い?アホか?これは完全な河川管理の怠慢以外の何物でもない。

Img_3202

Img_3203

Img_3205

Img_3208

これが本堤防から降りて来る道?と言う事はこれだけ長い間堤防の草も刈られていない?これだけ立派な堤防も管理されなければ脆くなる?そんな心配は全く無い。だからこんな管理で充分。役人の面が見えて来る。

Img_3214

Img_3216

Img_3217

Img_3220
この先で引き返す。これだけ歩けば充分?ではない。もっと歩かないといけないが気力を無くす。これだけの無様な河川管理を見せつけられるとこの先を歩く気にはならない?それは言い訳。どんな状況を目の当たりにしてもそれもすべてが学習。

そんな事を考えてもしょうがないと言われてもこれが親父の健康法に違いない?アホか。帰りの堤防の上でオバカな桜の管理と賢い子供との会話を楽しむ。子供はママに甘えて泣き叫んでいたが親父の声を掛けられてママの手を握り締めて黙々と歩く。

歳を聞くと2歳。ママのお腹の中には弟か妹が出番を待っていた。彼等がこの景色を見る頃には親父達は何処の空の下でどんな面をしているのだろうか?棺桶に入れば全てが終り?そうは思わないけれど。次世代がどんな生き方が出来るか分からないが、せめて感謝される生き方をしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

株価は上がる?上がれば下がる。政治も経済も仁義無き戦い?

Img_3096

Img_3097

Img_3098

Img_3099

広島カープが2年続けてセントラルリーグ優勝。その原因は無様な読売ジャイアンツの戦い。親父は小さい頃から巨人ファンだった。この年になっても廻りはトラキチばかりでもそれは昨年迄変わらなかった。その親父も流石にこの無様な読売ジャイアンツは愛想を尽かす?

Img_3100

Img_3101

Img_3103

広々とした河川敷きのグラウンド。この対岸の街で野球少年坂本は育っている。今年はチームが不振の中で選手会長として頑張っていたが、所詮野球小僧?お尻を振回すだけでは広島には勝てない。巨人の無様さはチームの指導者と球団経営者にあると言われて久しい。

来シーズンも同じ監督?東京ドームの熱烈なファン達はそれで文句は無いの?情け無い。来年の事は断言出来ないが広島の天下は続くのかい?トラキチも怒っている?阪神も巨人と同じ道を歩んでいる。掛布を首?違うだろう。監督と球団経営者を首にしろ。(コラ)

Img_3107

Img_3108

Img_3104

Img_3109

Img_3110

足がカックンとする?膝が滑らかに曲がらない?そんな筈は無いと何度も思ったが間違いない。その原因も分かる。土地の上を歩いていない。アスファルトの上ばかり歩いていると体重の衝撃を受け止めている膝関節がストライキを起こしている。「親父さん、いい加減にして下さい」

Img_3112

Img_3114

Img_3116

Img_3117

Img_3118

Img_3119

河川敷きのグラウンドもこの近くに来ると地面に足が沈む。オーバーに聞こえるがここは河川敷き。右に猪名川が流れているが大雨が流れ下ればこの上を濁流が洗う。先日の台風の被害は無かったが安心は出来ない。

この街に住んでもうすぐ20年。素晴らしい環境だと思う。しかしその環境を維持、発展させる事は容易では無い?そんな事はどうでも良い?そうはいかないだろう?その為に何を為すべきか?その事が問われている。そんな生き方を踏みにじられている。

既成政党とはその程度?一方で政治に関心が無い人も少なく無い。そんな人達に易しく政治を語れる人は出て来ない?親父もそんな能力も無い。その代わり多くの事を知る事が出来た。その知識を発信しなさい?そんな考えは無用です。

アナタが風を起こして下さい。その風がつむじ風と日本の各地で巻き起これば強ち(あながち)無意味ではないかもしれない?甘いな?かもな。全国の山間僻地で暮らしている人だけでなく、東京も大阪も日本各地の中核都市部でもその事は例題では無い?

それでも選挙で景気は良くなる?もうそんな時代でない事を本当に来月思い知るのだろうか?それでもそう信じている。このままの政治と経済が続けば親父は仙人にならないといけない。それは無理だろう?メタボな仙人は居ない?それも嘘です。

ダルマさんが転んだ。そんな時代がやって来る?この遊びは親父達が小さい頃には無かった。どんな遊びをしていたのだろう?ダルマが転んでも布袋さんは転ばない?恵比寿大国も笑いが止らない?それは一部の権力者だけ?そうもイカンだろう?それはアンタの個人的な見解?かも。

Img_3120

Img_3125

Img_3126

大水が流れ下って数年が経つ。あの時はスーパー堤防と河川敷きのグランドの境迄冠水した。当然この見事な草原も水没。この左のグランドの砂でボコボコになる。その対策は無し?信じられない河川管理。この場所を管理している国土交通省河川事務所の見解はとぼけている?ここはグラウンドではありません?河川敷きです。大水が出れば当然冠水します?アホンダラ。

Img_3104_2

Img_3123

Img_3128

Img_3127

この草はなんで刈らないの?この堆積土砂をパワーシャベルでなんで取り除かないの?その理由は明確です。日本全国深刻な洪水が起きないとそんな事はしない?深刻な水害が発生する事は無いから?その程度の事でこの自然環境は保たれている?アホでしょう?彼等はそれで飯が食える。

Img_3131

Img_3133

Img_3134

Img_3135

Img_3136

ここはこの地域一番下流の河川敷きグランド。以前は立派に整備されていたが今は荒れ放題。(写真では良く分からない?)このグランドで走り廻っていた少年野球の子供達は何処に行ってしまったのだろう?こんな一番低い場所で走り廻る事は無くなったのだろう?この先、グラウンドは草刈りもされていない。

Img_3137

Img_3139

Img_3141

この先に1億近いお金を掛けて整備した堰が在る。この堰も河川管理者は堰とは呼ばない?ところがこの河川施設も立派な昔からの農業用水取水の堰。今でこそ米作りはこの地域では役目を終えているが昔は厳しい水争いがあった。現在人はそんな事は殆ど知らない?

Img_3140

Img_3142

Img_3143

Img_3146

一見これが整備された堰とは誰も思わない。ところがこの堰はコンクリートの多くなボックスが敷き詰められている。先日の台風で水位は少し上がっているがいつもはその無様な姿?を見る事が出来る。何でこんなお粗末な堰を造ったのか?良く分からない?

Img_3148


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事人内閣?何もしなくてもその言葉で支持率が上がる?嘘でしょう?本当です。?

Img_3076

Img_3077

Img_3078

競馬の予想はレースが終われば事前の予想がいかにアテにならないか良く分かる。政治屋さんの仕事も同じ?この総理大臣。国民の信を問うと言いながら実は自分達の政治のやり方を説明も出来ない?その程度の事もどうでも良い高齢者、働き盛りの人、若者達。自分達の生活には直接関係ない?何も知らなければそんな事が言える?

Img_3081

Img_3084

Img_3086

Img_3085

ここは川の中。台風の大雨も一時的で濁流が流れ下る事が無かったので何も問題は無かった。50年どころか100年個の河川管理は変わらない?ところがそうでは無い事を殆どの人が知らない。この堰が作られる迄はここは関西有数の水泳場だった。堰も無ければこの中州も問題は無かったのだろう?

Img_3088

Img_3089

Img_3091

対岸の竹やぶの堤防も半世紀以上何も変わらない。この堤防を管理している土木事務所の担当官にその話を聞いた時、この竹やぶは天然の堤防と聞いた事がある。この向うに国道が走っている。その道が整備をされてのは何時の事?そんな事は誰も知らない。

Img_3092

Img_3093

Img_3094

能勢電で引き返す。電車の中は子供達で何故か満員?連休最終日で親と秋の一日を楽しんだのかな。この吊り下げポスターの「黒川」地区は能勢電終点から3キロ近く歩かないといけない。一度行ってみたいがこの先を歩くと12キロは覚悟しないといけない。その踏ん切りが付かない。(アホ)

今年の秋は少し気合いを入れて歩きますか?高齢者の多くが歩けない。歩く事は何よりの健康法でもそれだけの脚力と気力が無いと口先で終る。これからの生き方は偉そうな事を言う事は何も無い。10キロを何とか歩ける脚力?そんな歩き方をしないといけない。出来るかな?

本当に高齢者は言う迄もなく多くの人が惨めな生き方をしないといけない?仕事人内閣の改造をしてこの内閣はどんな仕事をしたの?それでも支持率は上がる?嘘をつけ。政治に関心が無い?どうでも良い?そんな人が多くなっている?それも違うだろう?

その実態をどうして報道する事が出来ないのだろう?そんなテレビは電気紙芝居?来月は誕生月。久々に声高らかに笑える時が来る?そんな生き方をしないといけない。久々に首筋の肌を見て愕然とする。

ジジイじゃねえか。あの若き頃の肌艶どうしたの?そう言われても如何ともし難い?お風呂で高級石鹸でこすっても駄目かな?駄目です。ミツカン酢「たっぷりたまねぎ」で人生変えましょう。阿呆やな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

台風一過 関西は大過無し?故郷佐伯は大変だな?

Img_3016

Img_3017

Img_3018

Img_3019

Img_3020

Img_3021

Img_3022

Img_3024

心配された猪名川の増水も大過無し。正面の堤防の上の道が未舗装。その舗装工事が今行われている。その意味が分からなかったが未舗装だと雨水がしみ込んで堤防が弱くなるとか?尤もらしい事を言いながら工事の予算を獲得する。そんな河川管理が批判されない?今に天罰を喰らうに違いない。

Img_3025

Img_3031

Img_3033

3年前の大雨。その時の洪水で破壊された河川施設。河川管理者はこの施設を川の流れが川底を掘り下げない為の床固めと表現しているが、そう言われる程ここは急流では無い。仮にそうだとしてもこの無様なコンクリートブロッグを並べる事は無いだろう。

それがこの有様。しかも放置している。対岸の堤防は整備されている。その堤防の上を舗装して強化する?この無様なコッックリートブロッグは放置して?アホだろう?アホです。今年の台風の大雨の大した事は無かった。安堵している?アホンダラ。災害は忘れた頃にやって来る。

Img_3034

Img_3035

Img_3036

Img_3037

サルビアの花が咲いたよ。赤い花を見る度に思い出すのは京都競馬場のパドック。(レース前の馬が自分の馬体と気合いの入り方、歩様(歩き方)円形、又は楕円形の広場を周回しながら見てもらう場所)。今は競馬の馬券(勝ち馬と2着、三着、その順番を予想する投票券)は阿呆らしくて全く手にしない。

当然バクチ。ギャンブル。公営ギャンブルとパチンコは有りで賭博は反社会的。アホンダラ。サルビアの花言葉は「燃える想い」いかにこの花が欺瞞に満ちた花だと言う事が分かる。そんな想いも一時の事。その程度の事と思えばその程度の花かもしれない。

競馬はロマン?競馬は夢がある?そんな事は全く無い。人間も同じだろう?どんなに澄まして綺麗事を言っても最低の輩も少なく無い。最近は競馬場にも若いカップル。家族連れも少なく無いが小使いの範囲内で競馬を楽しむ?他に楽しみを見つけられないのかい?余計なお世話です。

Img_3040

Img_3041

Img_3043

台風一過の空は爽やかに澄み渡っている。3連休が終れば今月も下旬。10月も近い。オバカなマスコミ報道は10月は解散総選挙とがなり立てている。選挙で圧勝して政権批判を叩き潰す?そんな事にお金を掛けないでどうして政治家に求められている事をやらないのだろう?

そんな物は無い?難しい事を言うのは一部の報道機関とその関係者?本当そう思っているのだろう?政権を批判する事、地方創生を語る事、地域の活性化、そんな事は関係ない。乳繰り合いながらオバカな事を言いながらその日が楽しければそれでハッピー?そんな生き方は何時迄もは出来ない?出来る?そんな事もどうでも良いのだろう?ご苦労さん。

Img_3038

Img_3039

Img_3045_2

Img_3046

Img_3047

今日は猪名川を上流に向って歩く。天気は良く風は爽やか。ところが昨日も歩いたのに膝の調子が良くない。痛みは全く無いがカトちゃん歩きになっている?どういう事?膝が突っ張る?スムーズな歩き方はこれ迄は意識する事は無かったが意識するとはどういう事?

そのうち歩く事がスムーズでは無くなる?その対策は体を滑らかにする?体が元々柔らかくないのに加齢で固さが加速している?テレビコマーシャルに弱いと言われてもミツカンのたっぷりたまねぎ「カンタン酢」愛飲を続けなければいけない。それよりもサプリメント?まだそこ迄は到達していない?

Img_3048

Img_3049

Img_3050

Img_3056

心配された昨日の大雨もこの可動堰は何事も無かったかの様に受け止めていた。数年前、京都渡月橋では大雨の影響で近くの土産物店、宿泊施設、商業施設が濁流に洗われる。そのすぐ上の堰は固定堰。一部その堰のゲートがリフトであげられるが可動堰では無い。

その堰の改修工事は今だに行われていない。大規模な工事は美観を損ねる。京都人の間抜けさはもう一度渡月橋が洪水に見舞われなければ変わる事は無い。?この堰を見るとその事を思い知らされる。知らないだろう?この堰を見学に来る事は無い。

嵯峨野、嵐山の美観を守る事も大事だが洪水対策も迫られている。この堰の安全性は保証されない?その程度の認識だろう。偶然、この堰の管理者と話をする事が出来る。彼はこの堰の管理を任されていた。この堰は元々は農業用水の役目が大きい。(かんがい用水)ところが今は水道水の取水口がこの近くにある。その役割の方が大きくなっている?

Img_3059

Img_3062

Img_3063

Img_3064

Img_3067

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は敬老の日 年寄りを敬う?そんな気配は何処にも無い?

Img_2930

Img_2931

Img_2932

Img_2936
木材としての価値を全く無くした杉の大木?何で価値が無い?そんな事は都会人には分からない。分からなければこの山の持ち主が自ら教えてやらなければいけないが、そんな気配は全く無い。木材の価値は枝打ち、間伐(木の間引き)、下草刈りをして木の廻りの地面に日光を当てなければならないが、木材の価値が下落して全国何処の美林も手入れが行き届かない。

都会人が全く知らない現実。その代償は杉花粉の被害として受け止めなければならない。親父の故郷大分県南部の九州一広い佐伯市も平成の大合併で多くの市町村が合併して出来た町。その代表的な集落は立派な山林を抱えている。その山の価値を殆ど知らない。

親父も知らない。地域振興が他人事の様に思われている。人生最後の仕事として旗を振らないといけない?無駄だね?そうだとしても悔いは無い。生きた証はその程度かい?そう言われている?見てろ。見てます。乞うご期待?していません。勝手にどうぞ。

Img_2937

Img_2940

Img_2942

Img_2941

台風の余波?野分けの強風で長く伸びた木々の重なり合う音が不気味に聞こえる。あちこちに枯れ木や枝が散乱しているが何とも愛しい。ぼんやりと見上げていると落ちて来る枝葉に直撃される?そんな事は無かった。小さい頃から慣れているからかも?

親父達の小さい頃は山は遊び場であり家の手伝いの薪(タキギ)拾いの仕事場?だった。一時、森林資源の活用は尤もらしく一部のお役人と学者先生達がそん活用方法を議論したが、全国的に木材、森林資源の活用は実現していない。当然、地域の惨憺たる過疎化は加速している。

Img_2943_2

Img_2944

Img_2945

Img_2946

短い杜を抜けると立派な新興住宅地が開かれている。この先にお友達がいるがこの立派な住宅地も間もなく高齢者の墓場となる?信じられない?しかもこの現象は多くの新興住宅地の共通の課題。その深刻な問題にも行政は為す術もない。?

行政に頼る事無く地域住民がその対策に真剣に取り組ま無ければならないがその対策は難しい。近くに介護施設があるがいずれも満室?介護施設の御世話にならないで年寄り夫婦で支え合う?ところが片方が自分の事が出来無くなると悲劇的な日常になる。その試練を乗り越えられる人は本当に少ない。その事を殆ど知らない。

Img_2947

Img_2948

Img_2949

Img_2950

Img_2951

Img_2952

Img_2953

近くの農業用水の溜め池。しかしそれも今はこれだけの水は要らない?この行政府の間抜けな取り組み?溜め池管理者?そんな部署は行政には無い。何時迄こんな既得権を許すのだろう?子供達も少なくなりこんな危険な溜め池で遊ぶオバカは少ない事を知りながらこんな看板を作る?

Img_2954

Img_2956

Img_2957

Img_2958
Img_2960
Img_2961

Img_2962

Img_2963

Img_2964

この山合いの田んぼの稲はまだ刈り取りの時期が先になっていたが、この先の楽しみにして来た稲は刈り取りを終えていた。今年も稲刈り機でおじいさんが稲を刈ったのだろうか?息子が見守りながらさり気なく手を貸して居たが今年はどうだったのだろう?

庭先に籾殻(もみがら)が積み上げられていた。稲の雑穀も終り今年も無事収穫を終えた静かな時が流れていた。親父の故郷は台風で深刻な被害が出ているが災害は忘れた頃に立って来る。他人事では無い。ただその事を思い知る人は本当に少ない。それでも政治家はとぼけた事が言える。それだけ有権者がアホだと言う事?暮らしが良くなる訳が無い。

Img_2970

Img_2971

Img_2973

桃栗3年柿8年。何事も身を結ぶ迄(成果が出る迄)それ相応の歳月が掛かる。それも時代遅れになる?今多くの事が問われているがその成果はすぐ出なければ見向きもされない。成果を出すには人並みでは駄目。人並みの数倍?数十倍の能力が問われる。

この栗も今では見向きもされない?そんな事は無いだろう?四国四万十の栗の味。その宣伝効果は地元のコピーライターの言葉で甦っている。地栗。(じくり)。梅原真さん。その人こそ地域起こしの伝道師に違いない。地域起こしの旗ふりは難しくは無い。親父如きがやらなくても出来る。問題はその情熱としつこさに違いない。?

Img_2976

Img_2977

Img_2978

Img_2984

Img_2985

Img_2986

Img_2987

Img_2988

Img_2989

Img_2990

Img_2980

Img_2981

Img_2991

Img_2992

Img_2994

(人生における苦しみはすべて如来のはげましである)曽我量深。初めて眼にした言葉。そして真宗大谷派の大学の教授の人生感をバカにしていた。コラ。浄土真宗の教祖は親鸞?親鸞の教えも一般人は殆ど知らない。それでも日本で一番多い信徒を抱えている。

その人達がこの国の貧しい人達の代表でなければならない理由は何も無い。?しかしその程度の事も大学では教えていない?多くの悩める人達が宗教に関心を持たない理由が良く分かる。人生の苦しみはすべて如来の励まし?そんな事が分かれば苦しむ事は無い。

その程度の事も分から無いのだろうか?親鸞はそんな無慈悲な事は教えていない?親鸞は比叡山の修行の中でどうしても理解出来なかった本当の生き方。それを求めて法然の教えをただひたすらに修行を重ねる。それでも最後迄阿弥陀如来の教えは分からなかったと言われている。

その親鸞が信じた唯一つの生き方は師匠「法然の教え」法然が言う事だから信じる。宗教とはそう言う者だろう?そうでなければこの国の人々の苦しみは語れない。その苦しみが如来の励まし?何たる言葉だろう?

日蓮が他の宗派を攻撃した意味が分かる。その事は現在でも創価学会員の絶対的な自信に違いない。それでは救われない。そうは思わないのだろう?そうそんな罰当たりは地獄に落ちるだけ。そう思われている。その考え方もいずれ天罰が下る?何時?それはアナタ言える訳が無い。

Img_3014

Img_3015

Img_3013



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

野分(のわけ、のわき)戯け(たわけ)自然災害?

Img_2887

Img_2888

Img_2890

Img_2891

Img_2892

Img_2893

久々の満願寺。このお寺さんは創建は奈良時代と言われているからその歴史は古い。しかし歴史的事実は無い。伝承。そう言い伝えられている。宗派は真言宗。空海がこの寺に来たのは平安時代。その時は遣唐使として中国に行き2年で真言密教の教えを伝授されて帰国後かも定かでない?

Img_2910

Img_2895

Img_2896

多くの人がこのお寺さんにお参りをして多くの願いをお願いしているが現在はお参りをする人は多くない?その替わり立派な墓地が広がっている。これからは都会でも地方でもお墓に入れる人は少なくなるが、そんな事もどうでも良いのだろう?親父はその心配は無いが人が生きて死ぬと言う事はどういう事なのか、多くの現在人は知らない?

Img_2897

Img_2899

Img_2900

Img_2901

偉そうな事を言うな。お前も知らないくせに。そう言われても何とも思わない。人が生まれる事も死んで行く事もその程度の事に違いない。多くの事を尤もらしく語りながら、そして難しい事は何も分からないまま?親父の場合は何の得にもならない事を口にしながら。

人に嫌われながら死んで行く?御心配なく。ボケはしないと言い切ったとしてもそのうち何も出来無くなる?「そげん事」(そんな事)は無い?今月末に臨時国会を開催して即解散?それでも自民党は圧勝?それ程の無党派層の人はオバカ?野分けの景色を眺めながら笑っていた。

Img_2902

Img_2903

Img_2904

大きな樹が切り倒されているが良く見ると年輪が3つ?そんなアホな?アホではありません。ところが良く見ると確かに。しかし良く見ると3本の木が重なり合って1つに見えただけ?手前の木が一番古く右の木がすぐ寄添い、左の木を産み落としている?

アホやのう?よく見なはれ。こんな生き方が人間様に出来るのだろうか?アンタには無理だな?そう言われていた。組織が成長する為には何をしても許される?働き方改革と言いながら働く人を踏み付けて行く。骨太の方針?そんな施策を何時迄も続ける事が出来る?鉄槌を喰らわす事も空海は出来ない?

Img_2905

Img_2906

Img_2907

空海が批判した堕落した宗教?それは密教でなければ正す事が出来なかった?そんな事は現在人には理解出来ない。弘法大師と崇め奉る事は出来ても空海が教えてくれた事は何一つ知る事は出来ない?どうして?それは教えが難しいから?そうでは無いだろう?弟子達が育たなかったから?それも違う気がする。

Img_2908

Img_2909

Img_2911

四国八十八ヶ所の残り札所巡りをしてもそれは見出す事は出来ないに違いない。空海の教えを現在の指導者は全く教えていない?これも間違いです。現在人がそんな事はどうでも良いと思っている?それも違うに違いない。

空海が教えた人の生き方は現在では全く通用しないのかもしれない?それも違う。そうでなければ真言密教の教えが今でも信じられる訳が無い?しかしこの満願寺で住職にその事を教えて貰う事は難しい?何故ならそんな考えは全く無いから?全く無いだけでなく問答無用に違いない?

Img_2912

Img_2913

Img_2915

間抜けな看板。?宝塚警察?歩行者通行禁止かい?イエイエそうではありません。車に気を付けて通行して下さい?あほやろう?アホです。良い子はこんなハイキングコースを通らないで下さい?そんな心配は全くありません?

時々出合う車はゴルフ場のマイクロバス。この運転者がふざけた運転をする理由はこの次の看板で分かる。こんなゴルフ場が繁昌する?する訳が無いだろう。その程度の事が分からない?親父がこのハイキングコースを知ったのは5年前?殆ど歩く人は居ない。ゴルフのプレヤーを見る事も無い。笑ってやりましょう。コラ。死ぬぞ。その確率は低い。

Img_2916

Img_2918

Img_2917_2

Img_2922

通行を原則お断りの道がハイキングコース。この看板が至る所に建てられているが殆ど歩く人は居ない。ただでこれだけの道が歩ける。ところがタダより高い物は無い?事故が起きても一切責任は負わない?言われる迄もない。自己責任で誰もが歩いている?そうでは無い人も居る?

Img_2923

Img_2924

Img_2925

Img_2926

Img_2927

この素晴らしい景色もいずれ見れなくなる。どうして?足元は良くない。この道を多田源氏の強者達は(つわものたち)馬に乗り、この坂を駆け上がっていた。現在の若者達はこんな道は歩かない。どんな道を歩くの?そんな事はどうでも良い。

Img_2928

Img_2929

Img_2943

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧