« 雨あがりどんよりとした天気 年末恒例の行事は京都です しかし観光ではない 京都の観光は一度で充分 | トップページ | 静かな年の始まり しかし今年は激動の1年になる?それとも何も変わらない?それは無い その違いは生き方で変わる  »

2023年12月31日 (日)

年の瀬の京都 目的のお寺さんは大工事をおこなっていた。それでも住職に会えて喜んでいました。

1ad8557063184603a387df4fc5fb8720

1年ぶりの対面。一遍上人。そう言われても多くの現在人は知らない。その教えと生き方は壮絶だったに違いない。「全てを捨てて全てを仏の教えの札を配る」そして全ては無かった事にする。そんな生き方は現在では出来ない。その事をこの写真は教えている。木道は墨。撮影は禁止の中でカメラを構えて怒られていた。それでもこれからの生き方は変わらない。生きるとはそういう事に違いない。(勝手に悟るな)

8da576ae2dba46c88a1ad5b1472d91cc02a6fed847c44c6f8148c079a9616640

Ab75e72aac70432ead7096b9e9982b09

このお寺さんを知る人は関西でも多くは無い。今はお寺さんの勢いは小さいが平安の時代からの伝教大師(最澄)が建てた庵(いおり)である。

Cc764320d55248eba8c561d1e0a5cf27  

ここは隣の有名な親鸞の「祖廟」(墓)があり京都を代表する墓参りのニュースで知られている。(大阪人は知らない)

Aa1b764dc5204828825d935a55da4237 9740f82daf824eb2981408818f1f5c80 32e5eb1cab86409d878d963f7d9f1793

ここが本堂。生憎の天気で雨は降っていなかったが曇空で写真は綺麗で無い。今年は春のお参りをしていないが新年は春に綺麗な写真をとりにくる。この裏山は京都の東山。京都盆地が良く見える。そのすばらしい景色は関西人でも多くは知らない。拝観料が八百円になっていた。

高い。でもその理由も分かる。大変な工事が始まっていた、「納経所」と社務所、名園の工事。その財源の確保は簡単では無い。

08451d5a0579442d844cb392aba60ecd D1e3a3e3d0424b64a997a34f7c4f12ad

269b59122b8d46d2b8a9685a4227d8ec 083bcb9a9b3942b8b9ce0e39db2b7d85

Aabbf537857e422f99a3f6ba90bedbdf

0b4f23da16024c83b264bfbd0feabf2e

 

 

 

|

« 雨あがりどんよりとした天気 年末恒例の行事は京都です しかし観光ではない 京都の観光は一度で充分 | トップページ | 静かな年の始まり しかし今年は激動の1年になる?それとも何も変わらない?それは無い その違いは生き方で変わる  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨あがりどんよりとした天気 年末恒例の行事は京都です しかし観光ではない 京都の観光は一度で充分 | トップページ | 静かな年の始まり しかし今年は激動の1年になる?それとも何も変わらない?それは無い その違いは生き方で変わる  »