« 大阪市JR西九条駅から朝日橋を渡り江戸時代舟奉行所跡地の公園で休憩 5日間同じコース 分からなかった事が明確になる  | トップページ | 大阪市此花区西九条から西に「朝日橋」ここに江戸時代の初代舟奉行所跡地の猫の額の様な公園がある。5日間通っている。ここで足の疲労を回復している。 »

2023年3月11日 (土)

大阪はどんよりとした天気だがすっかり暖かな天気になる 今日も此花の電柱の地中化工事進捗度の学習。アホやのう?全然。

D6ada9096d314cd6b90520e689128858

柵日は出かける時間が遅くなって現場(電柱の地中化)工事現場は暗くなっているがこのガードレールが何故置かれているのか?何故左の歩道側は綺麗になっているのにこの車道を綺麗に整備しないのか?その理由が分かる。それもこの工事を担当した大阪市建設局担当課の主任の丁寧な説明で分かる。しかしこんな立派なガードレールまで置いて工事が中断する理由はふだけていた。しかもそんな認識は大阪市には無かった。

それは責任者の意見では無く監督者の意見?ここはまだ電柱が地中化されていない。但し共同溝の工事は終わり何時でも電柱での電線、通信インフラは何時でも工事が出来てこの場所の道路拡張工事が進められる?その調整が関係団隊と調整が出来ていない?

それでこんな無様を晒す?この工事の完成時も明確には教えて貰えなかった。でもこれだけ教えて貰えばこの区間の電柱の地中化工事が何故遅れるのか理解できる。ただこの情報はまだ正確ではない。電柱の地中化工事はそんな判断で行われているとは誰も知らない。

7e39699ac3d5447ebb25106b014943c7 B066bf130e854dd08d1901aa6a71e7fe 0841562ada5042fdbf54fb30228f6a19

|

« 大阪市JR西九条駅から朝日橋を渡り江戸時代舟奉行所跡地の公園で休憩 5日間同じコース 分からなかった事が明確になる  | トップページ | 大阪市此花区西九条から西に「朝日橋」ここに江戸時代の初代舟奉行所跡地の猫の額の様な公園がある。5日間通っている。ここで足の疲労を回復している。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪市JR西九条駅から朝日橋を渡り江戸時代舟奉行所跡地の公園で休憩 5日間同じコース 分からなかった事が明確になる  | トップページ | 大阪市此花区西九条から西に「朝日橋」ここに江戸時代の初代舟奉行所跡地の猫の額の様な公園がある。5日間通っている。ここで足の疲労を回復している。 »