« 地域振興 佐伯の街はモデルになれない?明日の予定変更 城山に登れるかな?腰が痛い | トップページ | 故郷の地方創生 »

2022年9月 9日 (金)

1年ぶりの帰省 地域はますます寂れる それでも誰も何も困らない?地域振興とは何?全国何処でもそれでも何も困らない?そうかな?そうです?

10087ca9e2744d1aad913886805ee18b

Bbc39af91ad747a1a24eeef2e3ea8d66

朝飯は久しぶりの(子供の頃以来)のたまごかけご飯。感想は?ダメ。写真と違って「烏骨鶏」(ウコッケイ)の卵は小さく飯はうまい「直川米」ではなくお上品な茶碗に盛られた何処でも食える飯。親父が大阪で食っているレンジでチンする富山の「こしひかり」より不味かった。

佐伯の「売り」は「うまい飯」と美味しい魚では無かった。期待していなかったが「伊勢海老祭り」をしていたがその食事料金は7000円。大分の女子がそんな飯が食える訳が無い。親父の定宿の宿泊費が素泊まりで6300円。ゼニの事を言うなと関係者は思っている?

そうではなくて何も知らない。それともこの地域ではそれが標準。美味しい伊勢海老をたらふく食っても宿代込みで9000円。そんな企画をこの町の観光協会は企画出来ない?観光案内所で窓口の人と話をしても怒りが込み上げるだけだった。そのバチが当たる。

327c197a3f7e4cdbb534c0307e0a509f Cc900b6a1f714eefb9b47734f562ad4f

駅横の観光案内所。この垂れ幕がおちょくっていた。おちょくる?大阪の言葉?「おかえりなさいき」は無かろう。観光案内所で対応してくれた叔父さんとケンカ腰の話しか出来なかった。なんでもない些細な話でも議論をする。この時点でアウト。その事がわからない。これは別にこの街だけの話ではない。全国何処でも大同小異?

何で人の意見を素直に聞かないのだろう。その理由は明快です。よく言えば自分達の仕事に誇りを持っている。批判的な言葉は聞きたくない。この時点で親父の地域振興の蘊蓄は(うんちく)は止める。レンタルの自転車を借りる手配だけする。これが又お粗末だった。

親父の希望のママチャリが無い。電動自転車でもよかったが乗った事がないので躊躇う(ためらう)。結局借りたのがサイクリング用のハンドルが低い自転車。駅で帰りの切符を買ってそれから漕ぎ出す。しかしすぐよろめいて横に倒れる。下手な転け方をしてもおかしく無かったが王味の凄い処は咄嗟に体を丸めて「受け身の体制」を取る。お陰で体を地面に叩きつける事は無かったが横倒しに放り出される。

倒れ方が悪ければ救急車で運ばれてもおかしく無かった。そうなれば地域振興のモデルを探す処の話では無かった。観光案内所の電話で話をして今回の訪問で話を聞きたかった女性が丁寧に様子を伺ってくれて代わりの自転車を用意してくれたがそれでも言葉は意外な言葉だった。

「これは特別対応です。」愕然としていた。自転車を借りる前に色々注文をつけたが何も対応出来無かったくせに。怒りは治らなかった。もし怪我をしていたらどうなっていたのか?その程度の話もできる管理者は居なかった。この始末は来週きっちりつける。どんな管理をしているのか?そう言われても丁寧なお詫びも出来ないに違いない。

E903100fdbc24ce793a7c364f665fd59 81f02ee8b45d4546a5c846aa9d1e65ee 2352ce2263f34abe80292f89b15f4680 Cc1cfd4693224316b336bbdffbc55706

62094c0ebfdb42a2b50021ae2c7f4c5b 0469be4f2e3543bfbab51131b2110608 8923e7ec056141e3a6cce54c9b8b8d2a Db525549bd024803b2d074ed7a5cbbe5

この道は地域の振興策としても整備された道。サイクル自転車で通り抜けるには素晴らしい道と思われた。しかしその期待は見事に裏切られる。誰一人ベンチで休憩している人、観光客のいない。この綺麗にお整備されている道でベンチに座った地域住民?がタバコの吸殻を放置してその片付けもしていない。

親父が明日チェックする池田の市役所前の公園のベンチと同じ?地域住民、行政の感覚は故郷でも同じ?地域振興の取り組みはこの程度?怒りが沸沸と湧き上がる事は無かった。議会対策でそれどころでは無い?そうだとしたら佐伯の地域振興は大分県のモデルにもならない。

256b11bbcd614a06995751ac0b41ab57 7e1cf4bdcc5f417e8217ae2ee0c179bc Dcb0a9a30c7a4194bca440b1fb139972 119ffafdf3144f2a865bf1ab1348957e 3bb4eb89776443f5870892902151cd64 1eb49723842b4090b1660f8f9ae6d791 Fc2d39dd9ff84630b673e53e4c3cde62 5e230d5f0d5149dc8e6910542d27f561

7f6b309e78dc46b784cdf8dc8a03ce1e

立派な地域の文化遺産も丁寧な案内も出来ない。ただその知恵を行政はどれだけ絞っているのだろう?佐伯の殿様の菩提寺だから一般観光客の拝観はお断り。この文化遺産はどう後世に伝えるのか?それはお寺の関係者だけの問題では無い。当然それにはそれなりのお金が掛かる。本堂の中迄は拝観は出来なくても佐伯の殿様の偉業は現在の誇りにしなければならない。無理だな。毛利の殿様は現状で満足している?それは無い。

 

|

« 地域振興 佐伯の街はモデルになれない?明日の予定変更 城山に登れるかな?腰が痛い | トップページ | 故郷の地方創生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地域振興 佐伯の街はモデルになれない?明日の予定変更 城山に登れるかな?腰が痛い | トップページ | 故郷の地方創生 »