« 為せば成る、成さねばならぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。(上杉鷹山)お袋から教わった言葉。ただ精神論では何事も駄目。戦略が必要。 | トップページ | 世の中の常識と非常識 »

2022年8月28日 (日)

もうすぐ夏も終わる 爽やかな秋が来る ところが世の中そう甘くない。「秋バテ」そんな言葉は聞いた事がない それだけ気候は厳しい?

140c07d31e704063acdea7263a98c596

F0ea778ddabc400ab60018372b3e6ced

昨日の公園に中と外の歩道。暗く成るとこの一眼レフのカメラ、明るい写真が撮れない。その原因はカメラにあるのではなく親父の無知にある?そうは全く思わないがこれからの人の生き方も全く同じに違いない。間抜けな生き方をしているとこのブログも見てくれる人は限られている。世の中が変わるには多くの偶然が重なるとも言われているが現在の時代の評価は後世の(100年後)人々は如何するのだろう。

0f6d1e89da0e4c679529bf0c4881feb1

100年前のこの国の評価ができる人は少ない。現在は令和4年(2022)100年前と言えば明治の何年だろう?1922年。この国が近代国家として凄まじい勢いで軍備を拡充して個人の生活を犠牲にして全体主義(天皇中心)の道を突き進んでいた。親父が生まれた1944の22年前。という事は明治の時代ではなく大正の終わり。

この時代の歴史的評価が出来る学者先生も少ない?(そんな事はない)知らないだけ。知らないという事はそういう事だろう。大正デモクラシー。知らんだろう。親父も知らない。灯火親しむ秋。今年の秋はおいしい柿を食いながら大正の終わりから昭和の敗戦までの歴史を紐解きたい。そうすればこの人生の終わりが見えてくる。間違いない。公園整備の仕事も歩道の清掃もそろそろ終わりです。

|

« 為せば成る、成さねばならぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。(上杉鷹山)お袋から教わった言葉。ただ精神論では何事も駄目。戦略が必要。 | トップページ | 世の中の常識と非常識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 為せば成る、成さねばならぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり。(上杉鷹山)お袋から教わった言葉。ただ精神論では何事も駄目。戦略が必要。 | トップページ | 世の中の常識と非常識 »