« 中山観音お参り?閻魔大王との面接 生き方を問え?考え方を問え?そんなお馬鹿は居ない。 | トップページ | 久しぶりに猪名川を遡る 7キロぐらいは歩けたのか?携帯の歩数計測明示されない それでもこれだけ歩ければ上等 »

2022年6月13日 (月)

広報という仕事は会社のアンテナ?会社の宣伝?ところが信じられない関西の一流大手?ろくな宣伝も出来ない。それでも一流?先代が泣いている。

Ca6c73b299af445f9cee4dbe13fdd52d

2c51f6d268214dbfb1266205854e9370

先代は笑っている?現在人は先代の苦労を知らない?そうではなくて広報の窓口の担当がそんな事を教えられていない。担当がそんな仕事が出来るのはそんな厳しさは求められていない?名前は出せないがそんな会社は例外ではない。関西だけでなく地域を代表すると思われている会社にそんな対応をされると激怒する方が無礼なのかも知れない。そんな仕事が何時迄も変わらなくても関係ないと思われている。

B00f7fd9f5c14a81b35548e4e69a4742 15d83cfbc7864aca8c6b866379c6422e Cfb0dfc32dc147ce9c815900a71dd344

このハイキングコースは中山観音奥の院の参拝コース。しかしこの尾根道を歩く人は殆どいない。その理由はこの案内板を見れば分かる。この標識は今は名前は変わっている神戸営林署が立てている。何年も前からこの地域の国有林を管理しているのは森林管理局。神戸にも出先機関はあるがこの地域の山は森林とは思われていない?森林の価値がない?里山?何でもない。価値が変わっている事を誰も知らない?

D08fba1355b747e993e8e513d227b3ac 

8ccfe34c345c4a5083ccb61b46c3c6b2

この草をかき分けて歩いても下草はきちんと刈られている。この道を少し歩くと足元は全く問題ない。整備されている。しかしここから山頂まで3キロ足らず?それは平坦な道だけでなく急な登りと下りがあり一度谷に下りてその先をもう1度急登しなければならない事を何も教えていない。そんな案内版はない。

ガイド無しでこの道を歩いたのは数年前。遭難寸前で回避出来たのは親父の冷静な判断だった。しかもラッキーが重なる。この山の高さは600メートル足らず?しかし簡単に歩き通すには相当の健脚でなければならない。そんな事は殆ど知らない。

この尾根道の右下には住宅地も小学校もある。だがこの尾根道から降りる事は出来ない。住宅地に出る道を見つけたのは標識ではなく偶然発見しただけ。しかもその時はダウン寸前だった。あの時の喜びは忘れていない。坂を降りるとその先にはバス停があった。

12627932f5704fc4b9dd927b032ec49e

Fabc9e293d0d49c39a3c63bc897ed311 D43dc7e2247246f182f7f581e07cc1ad D8c59e7c49874bd091fb5375daa35a86

此の言葉は弘法大師の言葉。同じ事を言われている気がするが我が身の危険とその仮の姿を夢幻と思っていたら、ろくな生き方が出来ないのかも知れない。それ共、此の句は「心して生きよ」と弘法大師が弟子達に言い聞かせた言葉かも知れない。秀吉も同じ事を言っている。「浪花の事は夢のまた夢」人の世の儚さを思い知るにはもう少しの時を駆けなければならない。

「此の身の危うきこと

|

« 中山観音お参り?閻魔大王との面接 生き方を問え?考え方を問え?そんなお馬鹿は居ない。 | トップページ | 久しぶりに猪名川を遡る 7キロぐらいは歩けたのか?携帯の歩数計測明示されない それでもこれだけ歩ければ上等 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中山観音お参り?閻魔大王との面接 生き方を問え?考え方を問え?そんなお馬鹿は居ない。 | トップページ | 久しぶりに猪名川を遡る 7キロぐらいは歩けたのか?携帯の歩数計測明示されない それでもこれだけ歩ければ上等 »