« 梅雨の晴れ間と言いたいが曇天 世の中の豊かさは土砂降り?それでも関係ねえか?おバカな生き方をしている? | トップページ | スイカは完食 新鮮だった  »

2022年6月16日 (木)

物価は上がっても景気回復が優先?このおバカな国の政策?それでもそんな政治に関心は無い?そげんこつ(そんな事は)如何でも良い?違うやろう?そんな報道は全く無い。今度の選挙(参議院選挙)投票率は50%を切る?田舎の高齢者は都会の若者達は地獄を見るよ?

B766f123658d4c50b54194b1c95e8a16

どういうこと?そう言う事。とぼけた生き方をとぼけた放送が尤もらしく報道するだけ。田舎だけでなく都会の高齢者はどれだけの人が豊かな人生の終わりを迎えられるの?そんな事は何も知らない。長生きを介護施設でどれだけしてもそれは本当に有り難い事なのか?本当の有り難さとは人それぞれと言われているが人それぞれの老いの時は以外に脆い(もろい)。

一番の脆さ。それは精神であり肉体である。精神がボケ、肉体が輝きを失う時、人は若き日々の喜びを失う。アメリカの詩人「サミュエルソン」は「青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言う」と教えているがどんなに心の様相が若々しくても人は間違いなく老いる。その老いた精神と肉体をどんなに振りかざしてもその時は間違いなく青春ではない。その現実の厳しさを知らないだけ?

シワシワの面を晒して心の様相がどんなに若々しくても老体である事は一目瞭然。親父はサミュエルソンの言葉を現役時代に会長から聞かされその信者になっていたが残念ながら最近歩く事に衰えを感じる。サクサクと歩けずヨタヨタと歩いている。背筋を伸ばして大股で前を向いて早足で歩ける生き方は過去形になっている。それでもこのスイカを1年ぶりにどんな面をして食うのだろう。

 

|

« 梅雨の晴れ間と言いたいが曇天 世の中の豊かさは土砂降り?それでも関係ねえか?おバカな生き方をしている? | トップページ | スイカは完食 新鮮だった  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨の晴れ間と言いたいが曇天 世の中の豊かさは土砂降り?それでも関係ねえか?おバカな生き方をしている? | トップページ | スイカは完食 新鮮だった  »