« 稼ぐ力。 困難な日々を楽に生きる力。 それはそんなに難しい事ではない。 しかし多くの人はそれが出来ない。何故? | トップページ | 地域振興計画の確認ポイント »

2022年1月29日 (土)

コロナ感染拡大(爆発)はいずれ収まる。ただ問題は何も解決されていない。発熱外来の対応を開業医で出来る対策を何故完全に行わないの?

E091e4e483424593b950a627d001b410

54d3d7cf6704461c81a75017b6ddb145

62470e9ebbcd437b94638fd614abbe76

掛かり付けの眼科の待合室。今日は土曜日。患者は多かった。久しぶりに小一時間待たされる。大体こんなに待たされる事は皆無。それでも手にしただけでちっとも読み進んでいない文庫本を10ページは読み進んだに違いない。

面白くないが手にしたからには何としても読み終えるつもりだがどうやらそれも怪しい。それ程に面白くない。作者自身がそんな気持ちは全くないので面白くないのが狙いかもしれない。夏目漱石の「草枕。家に帰って本を開いてみると10ページどころか30ページ近く読んでいる。

6cd86977161c4f6e812550886dc4584c C01459b38cb44181b27dfd4bc8512612

公園整備の仕事も明日と明後日で区切りをつけるがその成果がこの様?さすがの親父も仕事道具を置くとバケツを持って拾い集める。近くでうろうろしているガキに当たり散らしていると根性のあるガキに開き直られる。「何もしていねージャーねえか。その言葉は聞き逃さなかった。

Db03ac00befc49b0a2c1e79cd0ed0f6b

576e734827b44cdc82161bf094d1030e 23701f50a17c42dcbf4053406adf7766

「オイ」「チョット来い」手招きをされる。「何ですか」「このゴミを拾い集めているのが分からんのか」「だって関係ないもん」その通り。とんだ迷惑。ただ親父の気持ちがこの子供達には何も伝わっていないと思うと怒りの気持は収まらなかった。ただガキの言い分も分かる。

5b8b6bc6e85e4ecbad351564cc95143c 96254ac52aa54cdf8b75a84451f1cbec 

関係ない。確かに親父がこの公園を綺麗にしているのは親父の勝手。この綺麗にしている区画にも若いカップルが犬のリード線をいっぱいに伸ばして入り込んでくる。そのバカ犬がウンコをする。その様子を見ながらその始末に注目していると飼い主の男性はさりげなくその始末をする。相棒の女性の顔見るとそれなりの面をしていた。カメラで写した現場がここ。この時、時間は午後4時過ぎ。この後何をしたか?そんな事はどうでも良い。

Fcc976e45946473a97ccbc74bef83d59

791325dcea77443588be1e5c86dd5674

暗くなっているのでよく分からないが明日になればその変化は明白になる。それでも今日ガキに言われた言葉は「当たり」に違いない。この公園がフカフカになってもその柔らかさは1月もすれば硬くなる。硬くなれば普通の公園と何も変わらない。しかし間違いない事はこの公園を綺麗にした訳の分からない親父が居たという事。それからいつの間にか現れなくなったという事。そんな事は「草枕」にも書かれていない。

6a0525fe7d6549cda96556debe072948

C3d95ddc5e1948c8863228afc1a0c415

この公園整備の何よりの成果(ご褒美)はこの二股の大木の下に親父専用の運動場(運動場)を手にしたことに違いない。この場所は土が固く薄汚れて草も多くは生えてはいなかった。その場所の硬い土を掘り出して柔らかい土を入れその上をジャンプしながら土を固めた。

尤もそんな事をしなくても土は平らになっただけで親父の足腰の鍛錬の場所には不足は無い。今はこの木の分かれ目ぐらいしか足をあげる事は出来ないが上部の二股に分かれている部分まで足が上がればガキに脅かされる事はない。

ガキとは子供だけではない。成人した大人でも声を荒げれば相手は怯むと思っている輩に対等に立ち向かう格闘技を身につける事ができる。多くのガキ達は琉球空手を知らない。親父も知らない。この世の中で1番の強みは銭ではない。脅しに屈することのない体力。その程度の事も知らない。その内この木を四股とてっぽうで揺らす様になる?この木はそんな柔ではない。親父如きの足上げにはびくともしない。

8bd53eba8a804cf899ea74c0b300ef0f F3c16925c5ad4d8d9f6b16a3ceb9acea

この木の向こうはバス停がある。その歩道を行き交う多くの人もこの場所に立ち入る事はいつでも出来る。それでもそんな暇人はいない。時々その歩道からチェーンを跨いで乗り込んでくるおバカも親父を見ると無言で姿を消す。声を掛けてくれる人はいても賢いのは小3の男の子だけ。ここで親父が足上げとジャンプの練習をしても誰も見向きもしないに違いない。そんな時ももう少しです。

6744e74c44a74de6acfb1290d100a57d A36445da2c924675a191ff437904c44c 349e235536d347e78c47a5d4c8712775

|

« 稼ぐ力。 困難な日々を楽に生きる力。 それはそんなに難しい事ではない。 しかし多くの人はそれが出来ない。何故? | トップページ | 地域振興計画の確認ポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稼ぐ力。 困難な日々を楽に生きる力。 それはそんなに難しい事ではない。 しかし多くの人はそれが出来ない。何故? | トップページ | 地域振興計画の確認ポイント »