« 公園の清掃、ここまでやらせるかい?そんなつもりは何も無い。勝手にやっているだけだろう?そう思われている。 | トップページ | 能書きを尤もらしく言う前に自分でやりなはれ その事を思い知る。🤣 »

2022年1月17日 (月)

左腰の鈍痛 ヤバイな 今日から健康体操を始める 笑い者が又増える?上等です。

E80a381afc9049fb8932921e43703617

公園の一角の記念碑。地元の商工会議所青年部?が寄贈しているが19年前にこの絵を描いた子供達は今どんな生き方をしているのだろう?

そんな事はどうでも良い。親父の19年前を考えると当時の生き方がよく分かる。10年一昔という言葉も「死語」となり殆ど口にもされなくなっているがその倍近くの歳はこれからは無い?あるかもしれない?それはこれからの暮らし方で決まる。それとも既に決まっている?

そう考えると昨年の8月と一昨年の8月から始めた市役所前の公園と五月山山麓藤棚の公園整備、その前から始めていたこの街の桜通りの植樹枡の清掃その意味が分かってくる。何一つ実りの成果を手にしていないと思っていたがこうして元気に生きられるのは何よりの財産に違いない。

すべて形としてその成果を叩き出している。この公園の整備も春には区切りがつけられると思っていたがこれから腰痛体操と片足立ちの体操を始めるとまだしばらくは離れられない?それも他の人には出来ない生き方に違いない。今年は故郷大分県佐伯市の地域創生全国No.1の目標もある。今、全国の地方の地域の振興は東京の中央官庁は施作を承認してその事業費を配分するだけ。実態は(その成果は)立派な箱物だけ。

それだけで地方の人達も満足している?そんな事はない。もっと多くの予算(事業費)の獲得を目指して仕事をしているだけ?そんな地方創生の実態はほとんど語られないお間抜けな報道。人々の生き方。親父はもっと無様な生き方をしている?誰もそんな事は全く考えていない?

それも違うに違いない。他人が地域が国家がどんな形を成しても関係ないと考えている。政治家が法律を解釈で簡単に変える。そんな現実が罷り通っているに過ぎない。今年の目標は明確です。立派な計画は実行あるのみ。その事をこの寒さの中でヒシヒシと感じている。

460dab099ebb4068a2e9b458657141ff

この記念碑の上に子供が何かを積み上げている。ゴミです。この場所を今綺麗にしている事を教えられないおバカな親がいる。この国の形も私たちのこれからの暮らし向きはこれが現実に違いない。この記念碑の上にどんな物を広い集めて重ねても上等です。しかしその後始末も出来ない子供を見守る母親も又哀れです。人は間違いなく年を重ねて自分の生き方が問われるがその原型はここにある事を多くの人は知らない。

このモニュメント(記念碑)も19年経つと汚れてくるがその清掃を子供に教えることが出来ない親達にどんな生き方が出来るのだろう?そんな余計な事は考えずに竹ぼうきでこの積み上げられたごみをはたきおとす。この近くの地面も本当にお綺麗になっているがその事を思い知る親も地域住民もいない。犬の散歩で平然と歩く飼い主の殆どが無言。犬にも品格は全く無い。この場所を綺麗にすることが余計なことと思われている。その程度の生き方しかできない事も知らない。

 

|

« 公園の清掃、ここまでやらせるかい?そんなつもりは何も無い。勝手にやっているだけだろう?そう思われている。 | トップページ | 能書きを尤もらしく言う前に自分でやりなはれ その事を思い知る。🤣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公園の清掃、ここまでやらせるかい?そんなつもりは何も無い。勝手にやっているだけだろう?そう思われている。 | トップページ | 能書きを尤もらしく言う前に自分でやりなはれ その事を思い知る。🤣 »