« 菅政権の「受け皿無し」?国民はアホな報道ほどアホではない?それとも?これまでと同じ事を繰り返す? | トップページ | 久しぶりの天気 公園整備の庭の補修が出来る? »

2021年1月24日 (日)

ようやく雨上がる 明日は公園の手直しが出来る でもそんな事は誰も見向きもしない 明日は束の間の晴天

8a90c3d736a04314adfa1743e8bcd051

公園の綺麗にした庭は久しぶりの雨で水溜りの水は広くなっていた、元々ここは池のつもりにしていたから計算通りだが当然春の長雨や梅雨末期の大雨が降ればこの水溜まりはさらに大きくなる。その事を考えるとこの程度の雨でこれだけ水が溜まる事は想定外。それでも何も問題ないが明日少し修正して水捌けを考える。この庭はまだ完成していない。本当の完成はしばらく先に違いない。

B0f7059aaae841a087b46a2c86a1f14c

この水捌けを考えた傾斜をつけている溝で水溜りが出来るのも宜しくない。唯、この程度の事は少し砂を入れると簡単に修正が出来る。

F6249ff481784c3c9e07a38f8299cfb5

問題はここだな。広い庭から狭い庭の角。ここは元々低かった所。それでもここも簡単に修正が出来る。唯ここは細かい砂でなく小石の方が良い。そうすれば広い庭から流れてきた雨水が右の狭い道の水捌けの道を通って公園の外に流れる。それができれば雨が降っても水溜りも出来ない。水溜りもなければ天気になれば足元が汚れる事もない。そんな事も関係無いか?この公園の評価は現在人には評価が難しい。

5041c4364670433f883ac5f622c70235

ここは猪の通り道?この上の道に1メートル足らずのフェンスがあるがイノちゃんでも簡単に飛び越す事が出来る?確認していないので分からないがここも公園の上の土地。ここを綺麗にすると野生動物が通れないと言われてもこの上に児童文化センターがある。子供達は夜はいないが野生動物の格好の遊び場なる、。それでも手をつける。ここは藪だった所。ここ迄は綺麗にしたい。何時になるかは分からないけれど。

7a2872a8175e4ad994e3a1a0451668a0

ここは公園の入り口。親父が綺麗にするまではとても自転車も停められなかった。ところが綺麗にした瞬間自転車を停める親子が居た。しかもこの公園の見学者では無い。(今は見学者も中には駐輪場がない)このバリケードの外に停める場所がある。そこまでしないと自転車を停める場所がない?放置自転車の多くはそんな認識はない。空いている場所が有るから停める。文句ありますか?不法駐車も全く同じ。

信じられない事にこの街では車道に平然と車を停める。交通の邪魔になろうと関係無い?警察が全く取り締まらない。警察も忙しいととぼけた対応しかできないお巡りさん。今は駅前交番にも警官がいない時がある。居ても全く役に立たない。自転車に自転車から追突された時その兄ちゃんに怒鳴られる。「何で止まった?アホンダラ。部品が落ちたので弁償しろ。」

こいつアホかと思いながら交番に行った時その警官もアホだった。「ここは揉め事の仲裁は出来ない。二人で話し合いをしてください」開いた口が塞がらなかった。結局3000円と言われた部品の修理代は半分に値切り更に小銭がない事を理由に1000円で話をつける。そんな笑い話は今でも変わらない?よく言われる言葉。「警察は忙しい」そんな報道も何もない。

忙しければ何が警察の仕事か交通整理をしなはれ。それも出来ない。警察は怪我をさせられないと対応出来ない。格闘技を身につけるか、相手を見て力関係を考えるかその選択が出来ないと身の安全は保てない。そんな世の中になっている。その原因は誰が作っているのだろうか?その程度の事も誰も知らない?そんな事はねえだろう。皆様の意見で世の中は成り立っている?嘘をつけ。その証明を誰も出来ない。

29f51178a9154e388b00aea120fec636

この公園のベランダも着々と綺麗になっています。ここも草茫々で放置されていました。誰が?公園の管理者。時々草を草刈機でなぎ倒していましたがそれも日常的に管理されず親父がその草を抜いて手前から土の中に埋めて今、その跡形も確認できません。それでも誰も何も行動を起こさないのは何故でしょう?関係無いと思っているから?関心も何もありません?この場所が綺麗になっても誰も自慢は出来ない?そうで無い事を証明しても美しいツツジの木が植えられる事はあるのでしょうか?それも期待は出来ないかも。その程度の事でしょう?

27151e43752f4bc58644200ae980ec12 5a50122d47c94c2bb3183d959fbbe41f 042ad595932949d78c65ef8d2bf57e1f

ここが猪ちゃんの夜の運動場。この落ち葉がお気に入り?それでもこの落ち葉が下に落ちると折角綺麗にした歩道が汚れる。それでもそんな事はどうでも良いと思われれている。ここは野生動物の運動場では無い事を証明するには熊手でこの落ち葉を上にかきあげなければいけない。(どれ位)1メートルです。そうすればここで猪が夜どんなに暴れても何も問題はない。その程度の事も誰も知らない。

4488c3bf7cd448d4954c034e66200456 40e06d93b38c45859be01b7ffd1c50b1 A527367f42da445b84d6ad458bf580ae 6981c0cb246f4495b8d4e6cac7bf85fe

昨年の終わりに下の府道の歩道を綺麗に掃いているとき聞かれたハイキングコース(五月台コース)は此処だった。(このマップのど真ん中)五月山には多くのハイキングコースがあるが何も(いずれも)手軽に里谷が満喫できる。しかし不覚にもこのコースの名前は覚えていなかった。

地元に馴染みのコースは右側のひょうたんじまコース。このコースは保育園児から高齢者まで楽しむ事が出来る。しかしこのコースでも足腰がしっかりしていないと歩けない。この街の高齢者のどれくらいの人がこの自然を満喫出来るのかそんなデータも役所にはない。高齢者の健康管理。それは行政の仕事では無い?そんな事は誰も言えない。これからその事が問われてもなす術も行政は手にしていない。

地域支援、介護予防、保険医療、後期高齢者医療、福祉支援、行政には色んな高齢者、福祉支援制度があるが地域住民が手を挙げなければ何も出来ない。その事を生活福祉課の課長からもっともらしく言われた事があるが、あのヨボヨボで青信号を渡り切れなかったおじさんは市役所のトイレを利用しただけで支援は拒否した。今、どこの空でどんな生き方をしているのだろう?これから多くの人がそんな生き方を求められる?

17f5f8d19c874117874ce067c2dae37a

6d1f7a0a60bd4b01ba6e3e5db3d67072

久しぶりに歩く道。左側の植え込みの木が綺麗に刈り込まれている。この右は今は使われていない水道の貯水槽。この先に緑のセンターがある。

1a3edfb4e6264128adabeea183f12569

此処が緑のセンター前の公園。ベンチは一杯あるがこの時期座る人はいない?今日は雨が降っているので誰もいない。明日は天気になる。それでも此処に人が溢れるのは暖かくなる弥生三月。その頃になればコロナ感染拡大の馬鹿騒ぎも治る?しかしウイルス感染の戦いはそう簡単で無い事を思い知るのはもっと先?そんな事は誰も教えてくれない。親父はその時どんな生き方をしているのだろう?

90ddaa27516e4a2c96a801da01ebb023 79d5b254cc214a55a6bffa8f6ba37336 5c9b46c4489a4c7aa29863a5b957b588

時計廻りにこの公園の道を歩く。初めて目にするオブジェを眺めているとこの造作をした人の想いが感じられる。今、この時が肌寒い大寒の直後とはとても思われない。雪国敦賀で寒い思いをした頃がこの時期だったとはとても思えない。これから間違いなくあの頃に戻る事はない。願わくばこれ迄の生き方が何かのプラスに成れば無上の喜びに違いない。甘い。閻魔大王にそう言われている。畜生。😎

Ebc6dbe35b9f4cdd888ab31ce7542b39 Dcb658b8e96e4d19b1e7d36bef9e6e44 0c59487856b44412a945cd3fcaee0d3c

この木何の木気になる木。この木が「ムクノキ」あなたが綺麗にしていた歩道を汚していた木はこれではありませんでした。この木の実は甘くて子供の頃口にしていました。その印象が強烈で「楠木」(クスノキ)を椋木(ムクノキ)ときめつけていた。こうして写真を見ればその違いは一目瞭然。それでも認めない?それほどアホではない。ただそんなアホも少なくない。

現政権の変わりは難しい?アメリカのトランプもそう信じられていた。その人達はその思いが今でも変わらない。それ程に支持されていない政権がアメリカではスタートする。この国ではそんな可能性も誰も信じない。何とお間抜けな人達だろう?そう口にして叱られた事がある。それでもその思いは今でも何も変わらない。

キリストもガリレオ、ガリレイもケネディ大統領もキ人の異mけんにング牧師もその意見が考え方が否定されました。この国の多くの出来事も例外ではありません。人の意見にケチをつけるのではありません。どんなに権限を手にしている王様でもその終わりは哀れです。その事がこれから証明される?それは何とも言えません。オイオイ。それでは予言者に成れないよ。確かに。全てを否定しても何も変わらない?

この言葉を多くの人に聞かされました。多くの人が知らない時宗「一遍上人」の生き方。全ての柵(しがらみ)を捨てる。そんな生き方が出来る筈がありません。多くの柵に自分の身を置きながら考える事は説得力がありません。その事をどれだけ思い知らされた事でしょう。それでも一遍の生き方も悲劇でした。それでもそうは思わない生き方が出来たのは時代がそうさせたのかもしれません。

多くの宗教界の人の生き方を現在人は殆ど知りません。宗教は関係ありませんと自分の生き方を憚り(はばかり)もしないで声高に語る人も少なくありません。知らないという事はそういう事。憚りながらと昔の人は己の生き方を謙遜(ケンソン)していましたがそんな生き方はほとんどが出来ません。それも現在人の愚かなところでしょう。(偉そうに言うな)。憚り(はばかり)ながらの意味。(恐れながら)

|

« 菅政権の「受け皿無し」?国民はアホな報道ほどアホではない?それとも?これまでと同じ事を繰り返す? | トップページ | 久しぶりの天気 公園整備の庭の補修が出来る? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菅政権の「受け皿無し」?国民はアホな報道ほどアホではない?それとも?これまでと同じ事を繰り返す? | トップページ | 久しぶりの天気 公園整備の庭の補修が出来る? »