« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

いよいよ明日から師走 不愉快な事も納め時?素晴らしい紅葉が見れたが不愉快もする。

Img_5509 Img_5512 Img_5513 Img_5514

気になっていた箕面滝道の紅葉。終わっていました?明日から師走だからそれも止む終えない?それでも不愉快だったのは大勢の観光客。紅葉狩り?京都の観光地には今年も行かなかったが折角の紅葉狩りも人を避けて歩くのは出来ないジジイになっている。ならどうするんですか?その歩き方は混雑を避けて人の気配が少ない所を歩く。流石です。すばらしい紅葉が見れる。こんな景色は誰もが見ることは出来ない。ザマーミロ。コラ。

Img_5518 Img_5519 Img_5520 Img_5523

箕面滝道を多くの観光客は嬉々として歩くがこのお寺さんに立ち寄る人は少ない。何でや?滝道から少し離れているから?このお寺さんの素晴らしさを知らないから?このお寺さんは西江寺。役行者が歓喜天と対談したと伝えられているが現在人はそんな伝承には全く興味を示さない。それでもこの紅葉の素晴らしさも知らない。拝観料無料。このシーズンだけでも有料にすれば良い。

Img_5524 Img_5526 Img_5527 Img_5528

以前はこの紅葉も見事でしたが段々色褪せてくる。それだけ気候変動が激しい?夏の暑さと昨年の台風の直撃で木の勢いが弱くなっている?そんな事も全く気にしない?ニュースにもならない?このお寺さんも高野山真言密教。ただ多くの関西人だけでなく全国から多くの観光客は高野山にお参りをするがこの西光寺は知らない。親父も今年のお参りは5〜6回。まだまだ足りない。そうかな。

Img_5530 Img_5531 Img_5532 Img_5536

西江寺の紅葉。今年も最高?下手な洒落を笑われる?誰に?その程度の生き方しかしていない。偉そうな事を言っても桜を見る会に税金を使って招待したアホな芸能人?文化人?この国の政治もその程度の物?今日の紅葉狩りもいろんな馬鹿がいました。それでもこれだけの紅葉が見れれば文句はない?とんでもありません。文句はタラタラ?感謝の気持ちが無いとロクな生き方はできない?そんな説教を食らう。

Img_5547Img_5540Img_5546_20191130223301

生活パターンを変えろと言われている。今の様に夜遅くまで起きていて朝、昼前まで寝ていては長生きは出来ない。お袋から言われたが「長生きはするものでは無い」その言葉の意味はいまでも胸に突き刺さっているが世の中の常識はそうでは無い?その常識はどこから来ているの?それは多くの年寄りがその現実を知らないから?そんな生き方をしている。その事を証明したくは無いがこのままではアカン。

Img_5548 Img_5549 Img_5550 Img_5558

この後滝道に合流すると人の流れは左側通行。歩き難い。この時期多くの観光客目当ての出店も出ているので歩きながら食い物を食うおばかも少なく無い。人に迷惑を掛けるぐらいの配慮もない。その程度の生き方をしているのか?ざまはない。本当はこの滝道を歩かないで人通りの少ない道があるがその道は滝道の上。西光寺に上がるとその道は反対になる。それでも今日の目的は2つの谷。この道の紅葉は期待外れだった。それでも久しぶりに歩く道。今日の歩いた道は11キロ。流石です。これだけ歩ければ文句はありません。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

箕面の紅葉もそろそろ見頃?でも近くでも負けない。穴場を探せ 京都はウンザリするだけ

Img_5470 Img_5471 Img_5472 Img_5473

城跡公園から見える六甲の夕映え。この時期これ程の爽やかな夕暮れには中々お目に掛かれない。昨日はぐずぐずしていたので予定の紅葉見物できず。それでも近くで予想以上の紅葉を見ることができました。この時期、各地の有名な紅葉の名所も見頃を超える。見頃が過ぎると紅葉の絨毯ができるが葉先が枯れると何とも言えない気持ちになる。「花の命は短くて苦しきことのみ多かり気」これは与謝野晶子の歌?紅葉の落ち葉は多くの歌人も歌には出来ない。(あんたが知らないだけ?)かもしれない。

Img_5474 Img_5476 Img_5477 Img_5478 Img_5480 Img_5484

日の入りには間に合わなかったが見事な夕映え。久しぶりの城跡公園も寒くなっている。それでもこれだけの景色が見れれば外国人観光客も少しずつ多くなる。それでも会話はできない。英語も通じ無いベトナムの人も景色を見ながら喜んでいる。言葉が通じないと声も掛けられないがそのうち会話はできる文明の利器が開発される?既にそんな時代は実現している?どうでも良いけれど。(親父は大阪弁で喋るだけ)アホ。

 

| | コメント (0)

2019年11月29日 (金)

空海が歩いた道 日の入りを気にしながら歩く 日は長くなっていた?

Img_5431 Img_5432

空海が弘法大師と呼ばれるようになったのは没後90年と言われている。現代人の多くはそんな事は知らない。増してや空海が修行僧だった頃このお寺さんを「巡錫」した事も知らない。そんな事は知らなくても何も困らない。それだけではなくそんな事を知った処でなんの価値もない。

そう嘯く(うそぶく)人も少なくない。嘯く?この漢字は親父も書けない。意味は分かる。(平然と口にする)?そんな生き方をしている人を批判する人はいない。親父たちが小さい頃よく言われたそんな事をしているとロクな生き方は出来ない。そんな言葉を口にすると笑われる。

それでも間違いない事実はこの景色は昔と何も変わらない。ただ人びとの生き方は大きく変わっている。そんな現在人の生き方を空海はどう思っているだろう?そんな事を考えていルト4時を過ぎていた。ぼやぼやしていると山道で暗くなる。お参りをしないで引き返す。

この道は空海が歩いた道。しかし道幅を広くなり舗装もされ普通車は楽に走れる。(対向車が来ると離合出来ない所もあるけれど)地元の人でも一部の元気な人を除いて殆どの歩かない。その道を降る。以前この道をしたから嬉々として歩いた時ボヤいていた。遠い。

最寄りの駅から住宅地を抜けるまでに1キロ。山道を1、8キロは歩いた気がしていた。その道を日暮れを気にして歩いていた。途中で電話が掛かって来る。横浜市青葉区の男性長寿日本一の取り組み。それでも細かな取り組みは管理者でないと説明できなかった。

その話を今日、お昼前に聞く。健康寿命を延ばす取り組み。どうしてその素晴らしい取り組みを多くの行政は学習しないのだろう?それも分かる。事情が違う?状況が違う?できない理由しか説明できない。仕方がないと思っていたら近くにその素晴らしいモデルがある。滋賀県。ここは全国1の長寿の県。その施策を学ばない手はない。早速小冊子を市役所のA課長に送ってもらう。(事情は来週説明します)

Img_5434 Img_5435

夕暮れが迫っていた。しかしこの光景も空海が目にした景色?ここを巡錫した季節がわからないのでその確率は4分の位置?この時期でなければ違う景色を見ながら何を感じていたのだろう?1300年の昔はこんな山の中ではゆっくりも出来なかった?それともお寺さんで暖かいもてなしを受けた?それはなかったに違いない。どうして?この地を巡錫した時は修行僧だったに違いない。

Img_5440 Img_5441 Img_5442 Img_5443

空海は間違いなくこの道を歩いている?しかしこんなに広い道ではなかったに違いない。その道を歩きながら何を考えていたかは知る由もない。しかし間違いない事はこんな夕暮れでなくもっと明るい時間だったに違いない。何故ならば当時の彼は間違いなく親父より若かった。平安時代の人の寿命は現在より20は短かった。それでも空海は満ち足りた人生を終えている?波乱万丈だった事は間違いないけれど。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

空海が歩いた道 現在人が全く関係ないと思っている「生きる」という事  高代寺の道はそんな道でした。

Img_5285 Img_5286 Img_5287 Img_5288

駅のホームの点字ブロック。そしてホームの端の転落防止の表示ブロック?駅のホームから目の不自由な人が転落する事故は後を絶たないがその対策は「転落防止のホームドアー」しかしその対策はできている駅が少ない。当然ホームから線路に転落すれば大怪我をするだけではなく電車が走行してくれば大惨事になる。その対策(ホームドアー)の設置の見通しも良く分からない。それまでの対策を明確にしなくてもその社会的責任は問われない。問えない。そんな事を考える人は居ない?

Img_5289 Img_5290 Img_5291 Img_5292

能勢電終点は「妙見口」電車のダイヤは10分間隔。待ち時間は全く気にならない。その電車がこの有様になるのはこの駅の手前の新興住宅地の利用者が居なくなるから。「貸し切り」です。乗客が賑わうのは土日祝日のみ?その観光客、ハイキングの人達も紅葉シーズンが終わると激変する。この先の妙見山のケーブルカー、リフトも冬季の運休となる。その対策を能勢電の営業担当に聞いた事がある。信じられない事に開き直られる。

開き直るという事はどういう事?ケーブルカーを止めるのは定期点検。乗客も殆ど居ない。当たり前の事だろう?そんな感じだった。しかしこのガラガラの車内。担当者はなす術がなくても経営者、管理者はそれではアカンやろう。この電鉄が阪急電鉄グループに吸収されても経営の危機感は全くない。阪急、阪神グループは多角経営だから余計なお世話?そうかもしれない。

Img_5293 Img_5294 Img_5295 Img_5296

立派なお面が展示されている。しかし解説がないのでその背景が分からない。ハイキングコースの案内はガイドが居ないと個人ではしんどい。親父も代表的なコースを途中で引き返している。所要時間が1時間以上?歩いて見ないと分からない。この案内板に所要時間と距離は明示されていない。画像をクリックすれば拡大して見れる。今日はこの先、左の「高台寺」の道を歩く。最初歩いた時、目的地の手前で引き返す。理由?それは歩いて見れば分かる。

Img_5299Img_5300

Img_5305Img_5308

ここからが今日の目的地「高台寺参道」この道は空海は歩いて居ない?目的地の高台寺は今年の夏の終わりに来ている。その道を空海は歩いている。しかしその道は今では車も通れるが四国遍路道で歩いて様に普通乗用車でもが離合は難しい。その為に上りと下り専用の道がある。この道は山道。当然、車も自転車も通れない山道。ただこの道がハイキングコースであることは間違いない看板がある。

Img_5310Img_5311Img_5314

この立派な家の子供に声を掛けたのは3年前?当時は小学生。今はどこの中学に行っているのだろう?高校生になると通学はさらに遠くなり大学生になるとこの村を離れる。この村も日本各地の村と全く同じ歴史を辿る?地域の過疎対策が尤もらしく叫ばれても避けることのできない運命。それが時代の流れと言われるが都会人は全く知らない現実。都会では終の住処はない?その程度の事も多くは知らない。

Img_5321 Img_5322

Img_5324Img_5325

看板が綺麗になっている。ただ時間表示がない。今日の目的地はハッキリしているしガイドなしでも歩けるが初めての人はそうは行かない。この旧山下道は能勢電と府道が開通するまでは重要な道であったことも忘れ去られている。親父もこの道はまだ歩いて居ない。歩く機会は無い?一度歩いて見ると新たな発見があるかもしれない。(この地域の観光案内も出来る)

Img_5326 Img_5327

Img_5329 Img_5330

段々道が厳しくなる?それでもこの道は高台寺参拝の道。地域の人が整備している。しかし歩いてみるとその人達も老いている。今日、横浜青葉区の長寿男性日本一の話(具体的取り組み)が聞けなかったが聞かなくても大体分かる。(なら聴くな)あほやのう。先進的な取り組みを聞くことは無駄にはならない。そこがアホと賢さの違い。(そういうことを言うから嫌われる)笑い。

この先、見事な紅葉が見れる。空海もこの景色を見たのだろうか?この時期でないと見れない景色も季節が変わると状況は全く違う。空海がどんな目的でこのお寺さんを訪ね何を学んだのかはわからない。ただ間違いのない事は中国(唐の都長春)に遣唐船で訪れる前だったに違いない?空海の素晴らしさ、天才的な能力は日本でなく中国唐の都で評価される。それほどの天才がこの寺をどんな目的で訪れたのかは誰も語ることはできない。

Img_5332Img_5334Img_5336Img_5337_20191129142501

ここから目的地「高代寺」迄500メートル。たかが500メートル。されど500メートル。この違いが分からない。多くの事でも言えるけれどそのことを本当に理解できる人は少ない。世の中の批判をしてもその違いを自分自身でも理解して居ない。空海はこの近くの山道を歩きながらそんなことは全く考えて居なかったに違いない。世の中が何も変わらなくても自分が追い求めている仏の教えがわかれば良い?まさかそんな事は思って居なかったと思うがそれも分からない。所詮、空海も人の子。その程度の考えを持っていたとしても不思議ではない。(コラ)

Img_5338Img_5339Img_5341Img_5342

素晴らしい里山の風景も今は打ち捨てられている。時代の流れ?遠くに見える新興住宅地でも時の流れと共に老い朽ちて行く?信じられない事に時代の流れは無情。その流れに何人も棹差すことはできない?棹(さお)位は差す事はできてもあがなう(逆らう)事は出来ない。その事は誰もが否定は出来ない。(難しいことを言うな)笑い。しかしこの道はほとんど地域の人でも登る事はない?どうして?その価値がないから?そうではなくて古きを知り新しさを考える能力もないからだろう?確かに。それでもそんな生き方はできない。なんでや。アホだから。(その通り)

Img_5343 Img_5344 Img_5345 Img_5346

数年前に来た時には元気に活動をしていたこの「棚田班」も活動を終えていた。活動の中心だった人の世代交代も難しい?「妙見里山娯楽部」せっかくの取り組みも地域の活性化には貢献出来ない?その仕組みも評価されない現在人の生き方。都会の高齢者が元気になれる訳が無い?人生100年時代?高齢者が元気に生きて自分の健康管理を自分で行う。これからそんな生き方をしないといけない。

その程度のこともこれから厳しくなる?どうしてだろう?空海はその事をどう教えているのだろう?そんな事は役所の人間でも語れない?ひょっとすると(しなくても)お寺の住職でも語れない?そんな事は無いだろう?どうかな。修験道の荒業「大峰山千日回峰行」「四無行満行」「八千枚大護摩満行」を成し遂げた仙台市慈眼寺住職の塩沼大阿闍梨はどう教えてくれるのだろう?感謝の気持。その事を教えてくれた越前市御誕生寺住職板橋氏は現在92歳。お元気で息災なのだろうか? (電話で聞いてみるとお元気でした。オヤジもあやかりたい。その為には生き方を変えないといけない。(嗚呼)

それではここまで見ていただいたお礼の景色をコメント無しで紹介します。

Img_5355 Img_5415

Img_5409 Img_5464

Img_5436

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月27日 (水)

後期高齢者保険料自己負担1割を2割に引き上げる?現役世代の負担が大き過ぎるから?本当にそうなのかな?本当です。

Img_5270 Img_5269

汚かった歩道 そこを綺麗に片付けて来れたのは池田土木事務所。ただ親父も自分で数時間、二日がかりで綺麗にしました。しかし土木事務所の責任者から何の挨拶もない。親父は誰に頼まれた訳ではなく勝手に手を出しただけなので礼を言うつもりもない。役所の責任者はそう考えている。

それならば話は違ってくる。この場所のタイルを全て入れ換させる。そんなお金はない?だろうな。それでもそれがこの始末である事が関係者に意識が共有されていない。ここはこの500メートル足らずの歩道の象徴的な場所。これだけ歩道を潰されても汚らしい補修で事が済む?

とてもその感覚が理解できない?(偉そうに言うな)その程度の間隔が常識。この道が池田の顔とは誰も思っていない。そうかな?この歩道横の植樹帯もアドプトロードに指定されているがアドプトとは何度や?その程度の問いかけもない?街の美化?そんな感覚はこの場所の管理者にはない。

Img_5276 Img_5275

歩道の問題の場所はこれだけ綺麗になっているじゃねえか?確かに綺麗になりました。もっと明るい時間に来ていたらその写真がお見せできる。しかし今日は後期高齢者の保険料が来年四月から自動的に(異議を申し立てられなければ)年金天引きになるので違う支払い方法にする手続きをしてきました。

親父の場合年度の途中(10月の誕生日以降)後期高齢者。親父の場合前期高齢者の時から年金天引きをしていなかったので来年3月までは年金天引きは出来ずこれまでと同様納付書で市役所かコンビニの窓口支払い。これが手続きをしないと来年4月から年金天引きとなる。これは法律で原則決められている。ただし口座引き落としの納付の支払いも認められている。

親父はそれも嫌で今まで通り納付書での支払いを希望したがこれは法律で認められていない。その理由は市役所でも明確に回答できなかったが納付書では高齢者になると確実な納付が担保されない?(保証出来ない)年金天引きならその心配がない。その事は口座引き落としが2ヶ月続けて引き落とせなかったら自動的に献金天引きになることで証明されている。

Img_5277 Img_5280

北風が木々の枯葉を吹きさらしにして落ち葉が吹き溜まりに重なり合っている。大型の集塵機で一気に吸い込める装置を行政は手にしていない。これは全国どこでも同じ。それでも人間がホウキでかき集めて塵取りでビニール袋に詰め込んで回収している。昔は落ち葉は広場の一角で燃やされていたが現在はそんな事も出来ない。行政はどんなに街の美化を口にしてもその仕事は福祉関係の生活弱者に丸投げしているだけ。役所の職員が市長を先頭に清掃活動なんて聞いた事がない。それが地域の美化運動だろう。違うのかい。新人市長。掛け声だけでは何にも変わらない。

今日も遊んでいて出かけるのが遅くなり地域の清掃活動もできなかった。それでも汚かった歩道は本当に綺麗になりました、でもこれが「池田の顔」を綺麗にする第一歩。公園みどり課が管理していると言いながら全く管理されていない「植樹帯」もこれから一個一個綺麗にして行く。親父がこんな事をしなくても役所が動けば1週間で綺麗になる。しかしそんな事は期待できない?やるしかない。

半年がかりの仕事になるが実質来年の3月末を起源にしているので実質4ヶ月。草刈りはその半分。残り半分はそこに綺麗な石を敷き詰めなければいけない。何の為?草が伸びない為。石の隙間から伸びても簡単に抜ける。それが完成するとこの道は間違いなく注目される。誰に?全国の街の活性化のモデル。

そんな道を整備しても見向きもされない?そうかな?素晴らしい散策の道は興味を引かない?違うと思うけどその次の対策も考えている。それが地域の活性化の始まりに違いない?その証明は共感者を多くして金を出してもらうしかない。そんな街づくりは誰も興味を示さない?そうかな。結果は3ヶ月後には見れる。

高齢者の窓口負担は現行の1割から2割に増える?そんな答申がされても実現はしない?そんな事は誰にもわからない?年金生活者の既得権益を変えていく事は容易ではない。容易でなくてもそれをしなければ後期高齢者医療保険は崩壊する?何をとぼけたことを言ってまんねん。後期高齢者保険はすでに崩壊している。後期高齢者医療制度だけでなく国民健康保険制度も崩壊して企業の組合健康保険もいずれ成り立たない。

そんな事は政府の政策を支持している後期高齢者、公明党支持者でも多くは知らない。健康保険制度の立て直しで一番大切な医療費の削減対策を何で真剣に高齢者、医療機関、行政の機関は考えないのか?信じられません。それでも日本には多くのお金持ちがいる。その人たちがいる限り日本の医療、保健制度は安泰?そんな事はない。お金持ちにもそんな余裕はなくなる?

日本の国民皆保険はアメリカ、中国からも注目されている。この優れた医療保険制度も少子化、高齢化の大きな激流には弄(もてあそばれる)だけ?そうならないためには元気な高齢者を多くするだけ。その為に何をなすべきか?それは高齢者の健康管理。高齢者の生活を変える。そのモデルは横浜の川崎市にある。信じられない事に日本の高齢者の男性の長寿県は沖縄ではない。横浜川崎市青葉区。反対の地域は大阪西成。

大阪府の知事と市長のコメントを聞きたい。彼らはそんな事は知らない。知っていてもとぼけるだけ。大阪人の生き方はそれほどに間抜け?お笑いで笑いを振り撒いている芸能人も吉本も鶴瓶も大阪のおばちゃん達もそんな言葉は全く知らない。男性を笑い者にしながら笑いを取る生き方はいずれ行き詰まる。そんな事も関係ないとトボケるのだろう?大阪のオッチャン。しっかりしなはれ。無理か?

明日は何としても高代寺(能勢の寺)に出かけないといけない。そうしないとせっかく楽しみにしていた紅葉が盛りを終える。(既に終えているかもしれない?)このお寺さんは京都のお寺の様に多くの観光客が押し寄せる事はない。京都の観光寺院は今年も行けなかったが残念とは何も思わない。毎年楽しみにしていた高尾神護寺の紅葉も見頃を終える。人間同様見頃を終えた紅葉も又哀しい。

 

 

| | コメント (0)

税金を使って個人情報?どんだけ税金の無駄遣い?そんな政府が支持される?アホな国だね。

Img_5246 Img_5255

昨日の「光風台」。そう言われても多くの関西人は知らない。北摂の信仰住宅地。この地域は裏は山。左下に一庫ダムがある。一庫ダムと言われても多くの関西人は知らない。知る必要もない。しかしこの辺りの素晴らしい景色もそう思われている?そうではなくて関西の報道のお粗末さ?間抜けさ?それとも情報化社会と自慢げに語っても現在人が手にする情報はその程度の事?そう考えるとこの地を歩いたと言われている空海は1300年の昔に何を考えたのだろう?その事を知るにはもっとこの背後の山を歩かないと分からない?

Img_5249 Img_5261

初めてこの住宅地に下のダム湖畔の道から登って来た時には予想も出来なかった景色が見れる。バスが通っている。このバスはこの新興住宅地を循環している?疑問符が付くのは反対方向から来るバスは確認していない。最寄りの能勢電の駅からここまで2キロ弱。結構歩かないといけないから歩く人は多くない?昨日はこのバスで引き返すが駅までの時間は5分もかからなかった。それでも歩くと1時間以上。その程度のことも知らない。

| | コメント (0)

2019年11月26日 (火)

高代寺には行けず (寄り道をした為)明日出直す?明日は箕面の予定だけれど(笑い)

Img_5220 Img_5221 Img_5222 Img_5223

今日の目的地は近くの高代寺。近くと言っても隣の駅から能勢電で20分弱のところにある光風台の駅から1時間弱掛かる。光風台の駅は以前から知っていたが乗り降りしたのは今年の春から?それも定かでない。このお寺さんは空海が巡錫している。その年代も知る事はないが空海が修行時代に違いない。

空海は遣唐船で最澄と共に唐(現在の中国)に渡り密教を日本に伝えているが、その功績は朝廷にも評価をされているので有名人?になってからはこんな寂しい(当時)お寺は尋ねていない?(正確な事実は検証していない)。空海がこの国に伝えた真言密教は当時の朝廷(嵯峨天皇)に評価され現在に伝わっているがそれ迄は全く評価されなかったことも現在人は知らない。

Img_5224 Img_5225

近くに素晴らしい体育館がある。全国何処でも見られる体育館。地方創生、地域の活性化はこんな所でも充実している。しかしその維持管理は指定業者に任されその成果は行政は評価していない?ところがそんな批判は全くされない。それはそれだけの成果を出しているから?出している所もあるがそうで無い所もある。そんな事はどうでも良い?そんな事はありません。そんな報道がないから多くの人はその実態を知らないだけ。

この体育館の名前は住民に一般公募され決められている。「シートス」この名前の由来を聞いて吹き出す。失礼。CとS。(シーとエス)それでシートス。そのCはchild(子供)Sはsilver(老人)子供から老人まで利用出来る体育館。そんな願いが込められている。それでも違和感を感じるのは親父だけ?100聞は1見にしかず。見学をする。素晴らしい利用状況だった。残念ながら体育館内部は撮影禁止。

Img_5236 Img_5233

驚いた事に管理運営を「東京ドームスポーツ」が受託していた。この会社は全国多くの体育館の管理を受託している。現在多くの高齢者の運動と健康管理が問題になっておるが平日にも関わらず多くの住民が利用していた。我が街の体育館の管理も指定業者に任せているがその実態はどう違うのだろうか?その評価も行政の認識は同じでないに違いない。高齢者の健康管理。それは個人情報で行政は関与できない?それは違うことを医療費の対策でも思い知らされるに違いない。?

Img_5237 Img_5241

近くの高代寺の道はまだ遠い。ここは新興住宅地だがこの上の山道を3キロ弱はあるかないといけない。しかしこの時点ではまだ諦めていなかった。今日行かないと今年もあの幻想的な紅葉が見れない。明日改めて来ればそれも補えるが今日の明日では判断は難しい。確かに。それでも今日はここ迄で諦めなはれと言われていた。誰に?自分の身体。自分の体調。近くのベンチで休憩して手にしてきた弁当を食う。アカンわ。

Img_5244 Img_5245

一庫(ひとくら)ダムが見える。このダムの対岸は歩いた事はないがこちらからとは全く違う景色が見える。このアングルからこれだけ綺麗にダムが見えるとは全く知らなかったがこの下の道は歩く人はほとんど居ない。この下の道からここ迄登ってくる人もいない。日常の生活も同じだろう。知らない癖に勝手に決めている。知るという事はどれだけ大事な事かも知らないで多くの事を自分で決めている。このベンチに座り弁当を食いながらそんな事は全く考えていなかった。ただこの時4時を過ぎていた。山には登れず。何でや。帰りが暗くなる。ただ見事な紅葉は見れなかった。

 

 

| | コメント (0)

公共放送?そんな放送局はどこにあるの?民報?コマーシャルの垂れ流し?そんなテレビは要らない。

おなじみの芸のないタレントががなりたてるテレビ。いつまでもタケシやタモリやさんま、鶴瓶の時代ではないだろうと思うのは親父のようなジジイの戯言(たわごと)。テレビがタダで見れる平和な世の中?文句があるならテレビは見るな。お前が見なくても多くの田舎の年寄りはテレビが何よりの楽しみ?そうかもしれない。田舎では他に娯楽はない?それは都会でも同じ事だろう。

おバカな政治家が人生100年とか1億総活躍とか働き改革とかもっともらしいことを口にはするけれど、世の中はそんなもんじゃない。その程度のことも知らないで生きている?生かされている?「元気で生きて行ける今日の朝」そんな言葉を白々しく口にする坊主も少なくない。本当の生き方とか本物の行き方とか本気、本願の生き方とかそんなものはどうでもよい生き方を坊主自ら実践している。

ローマ教皇が38年ぶりかにやってきて天皇陛下、総理大臣に面会してこの国は素晴らしい国と会見してもなにがどう素晴らしいのか一部分しか見ていない。この国でキリスト教がなぜ弾圧されたのか?その悲惨な歴史も知る事はない。多くの日本人は知らないがこの国の先人達は素晴らしい人もいたがそうではない人もいた。そんな歴史は全く知らない。それは現在でも同じだろう。キリストの教えが現在にどう伝えられどう批判されこの国でどう受け入れられ拒絶、否定、無視、されているのかも分かり易く教えてくれる人はいない。

 

| | コメント (0)

キリストの教え 仏様の教え 日本人はどれだけ理解しているのだろう

Img_5219 Img_5218

今日は寒い1日でした。でも親父の心は暑き血潮が流れていました。これから寒くなりますが風を引かないで元気に今年の冬も乗り切れる糧を手にしたから?残念ですがそれはありません。。考え方を変えれば楽しい生き方が見えてくる?それもありません。ただ今まで理解できなかった自分の意見とその問題解決の術が少し見えて来た感じが心を動かしたのかもしれません。

Img_5216 Img_5215

この場所は20年以上前からこの町の顔として多くの人が多くの取り組みをしてきました。この石の彫刻もその一環です。ところが市民は誰一人見向きもしない。そんな過激な発言をすると信じられない事に行政の担当者だけでなく管理監督者に睨まれる。しかし誰もその実態を知らない。

この草の野晒しを知らない。見て見ぬ振りをしているのではない。知らない。関係ないとトボける。その考えになす術がなかった、その情けない現実がこれから変わる。その方法は難しい事ではなかった。自分で綺麗にする。その写真を関係者に見せつける。それだけの事。ただそんな事ではなにも変わらない。そんな事はない。確実に成果は出る。その時当事者はどんな面をするのだろう。

ローマ教王?今迄は法王と呼んでいたんと違うか?電子辞書で調べて見ると言い方違うだけで意味は同じ。その説明もない間抜けな報道。尤もらしい報道をしているが核兵器廃絶はないでしょう。核兵器の開発者は核兵器廃絶の教えは鼻で笑うだけ。世界の平和は核兵器で保たれている。その程度のことも否定したら笑われるだけだろう。そんな批判はキリスト教徒には出来ない。そんな報道をしたら炎上です。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

関西は今日が本当の木枯らし登場 各地で枯葉の吹き溜まり

Img_5190 Img_5191 Img_5192 Img_5193

まだイチョウの葉っぱは完全には散っていない。ギンナンも歩道に落ちている。このギンナンの皮は足元が滑る。そして嫌な匂いがする。自分の薄汚さは棚に上げて目を釣り上げておバカな市民?がクレームをつける。清掃しろ?滑ったらどう責任を取ってくれるの?流石の親父でもそんな事は言わない。

銀杏は手品師老いた「ピエロ」。そんな歌を歌ってくれたフランク永井と藤田まこと。天上界からどんな思いで今年の秋を見ているのでしょう?それにしても今年もあと1月と1週間足らず。今日は眼の点検で眼科医の検査を受ける。先生もオートバイで転んで足を打撲して元気を失っていた。

患者の親父に慰められる。人の心配をしないで自分の心配をしろ?親父の眼の充血も黄色に見える眼球も完全な高齢者の証明。何も気にしていない。(嘘をつけ)眼医者で診察を受けたぐらいでは何も変わらない。眼を綺麗にするのは手遅れ。それでも眼の充血は点眼液で取らないといけない。親父に出来ることはせいぜいその程度。その程度で充分です。

(ブログの表示を綺麗にしましたがその影響?で画面表示が小さくなる。見にくくなりますがお手持ちのパソコンの表示画面を拡大すれば問題ありません。お手数をおかけしますが息子の手を借りないと修正は出来ない。年は取りたくない。)言い訳をすな。確かに。

Img_5194 Img_5195 Img_5196 Img_5197

夜の写真でよくわからないが昨日片付けた残りの部分を土木事務所が綺麗にしている。昼間明るい時に写真を撮ればその違いが一目瞭然。何もしていないと思っていた土木事務所もそうではなかった。しかしここ迄の道のりは本当に遠かった。この当たり前の事を何故こんなに時間が掛かったのか?その事を役所は説明しなかった。

これでもまだ完成ではない。黄色いコーンの下は(中は)木の幹が残されている。いつ迄に切り落とすのかその明言はできなかった。今週一杯で片付ける。ここだけではないのでバタバタすることはない。来年3月までにこの歩道と植樹帯を綺麗にすれば関西の報道機関は注目する。しない。そんなこともどうでもよい。

まち、ひと、しごと創生戦略とはその程度の事?その証明が試される?誰もそんな思いはない。この街、あの街、地域の活性化は多くの人が尤もらしく語るけれどそんなに大層な事ではない。その事が証明される?如何かな?それでもその道を切り拓く決意が固まった事は俺しい事です。あほやのう。一人では何も出来ない。

その通り。しかし何もしないで能書きをコクよりはどれだけマシだかわからない。街は人に笑われながら活性化する?ほんまかいな森谷先生。

Img_5209 Img_5213 Img_5217 Img_5198

この看板は9月にカネをかけて設置されている。その時に綺麗にかられた草はここまで伸びている。それでもこの場所の管理者に聞いて見ると「確認します」何をどう確認するのだろう?それでもこの場に及べばバタバタ知る事はないもない。出来る所から綺麗にすればよい。その方法も時間も二日やって見ると要領もわかる。バタバタする事は何もない。その事は結果が証明する。草が生えない細工はこぶし大の綺麗な石を並べるだけ。その石の調達と運搬が難儀だな。造園業者の手を借りるには100万以上の金が掛かる。その工面はまだ出来ていない。アホか。

 

| | コメント (0)

足がつる 第二の心臓?そんな事はあまり知られていない。昨日体調が悪くなった原因が良くわかる?

足がつるのはふくらはぎのヒラメ筋?は硬直するから?疑問符が付くのは親父は専門家ではないから。多くの医療関係者は患者にはそのことを良く説明はする?それが仕事、銭儲けだから?医者が社会的責任を果たす事を求められてもそれは金銭的に余裕がなければ出来ない?医者で金銭的に余裕がなくてもその程度の事は出来る?医者として最低の条件も現在は完全に踏み破られている?(例外も少なくないけれど)

今、都会でも地方でも高齢化が加速しているけれど不思議な事に元気で野山を歩ける(駆け巡れるでは無い)人は多くない。高齢者になると当然ながら歩けなくなる。その原因は色々だけれど歩ける事が出来る元気な人でもその重要性が認識できない。親父の個人的な意見と言われるがこれからの高齢者は間違いなく歩けなくなることから棺桶は近くなる。そんな話をすると多くの人に嫌われる。信じられない。

歩く事はどうして高齢者の健康に影響があるのか?大事な事か?どんな歩き方をすれば良いのか?その程度の考え方もできなければ間違いなく介護認定の時は近い。そう言われても親父自身どんなに10キロは歩けると自慢をしても肝心の運動をしていない。それが体型に現れている。太り過ぎ。肥満体。腹が出ている。どんなに元気でも完全な生活習慣病人。それは目ん玉をみれば良く分かる。

体調が良くない事は自覚症状があるが目ん玉は意識しないと自分でも良く分からない。目ん玉の異常はなかなか分からないが掛かりつけの以前の女医から言われていた糖尿の数値が高くなる(悪くなると)失明する。幸いにこの歳になっても近眼でも遠くはよく見える。視力は0、8〜1、1、0。目も口も不自由はしていない。それでもそんな生き方はしない長くは続けられない。その事が分かっていない?

そんな事はありません。誰でも自分の健康は良くわかっている。歩けなる事は良いことではないこともよく分かる。分かっちゃいるけど近くでも車があれば用を足せる。車は便利な生活の必需品。ところがこれが自分の身を滅ぼすとは誰も考えていない。考えていてもどうしょうもない?免許証返上?そんな事はとんでもない。車がないと何も出来ない。車は凶器であることも注意をすれば大丈夫?そん程度の生き方しかできない。

これから出掛けます。後期高齢者の医療保険を納付して役所で今整備を始めている街の顔の行政の対応を確認します。余計なお世話です。何でこの程度の事が出来ないのか考えても無駄です。無駄なことでも諦めないで改善を進めればすばらしい成果が期待できる?それも嘘です。期待はしない方が良いでしょう。その程度の事かもしれません。結果が出るまでには半年かかります。しかしその結果は必ず街の活性化に繋がる事でしょう。

医者いらずのトマトジュースを久しぶりに口一杯に三口飲み込みました。デルモンテ「リコピンリッチ」ちょと高い。(完熟トマト100%)濃縮ただこの会社。いつの間にか製造のみ。販売はキッコーマン飲料。(醤油)ではない。丸ごと美味しい「太ちくわ」ニッスイ。3本入り。これもお気に入りです。ふくらはぎの筋肉はまだ抑えると筋が硬い。それでも歩く事には支障はない。

Img_5181 Img_5187 Img_5189

| | コメント (0)

2019年11月24日 (日)

危機管理?まだ出来ていないな?スーパーのレジでカメラの望遠レンズが子供に当たる デコで良かった。眼だとアウト?

Img_5083 Img_5084

昨日のハイキング途中の住宅地。この新興住宅地も主人(あるじ)は高齢化している。ただこのお宅ははそんな気配は全く外観からは感じられない。そんな立派な紅葉。それでも人の命は誰にも限りがある。人類の歴史が始まった時からその命の長さは大きく変化しているがそれでも例外はある事をどれだけの人が感じられるのだろう?ゼロに限りなく近い。そのことを思い知る。

Img_5085 Img_5086

ここから終点の多田神社は遠くない。それでもちょっとした山道を抜ける。しかしこの道も私道?軽自動車は通れる道幅だが全く整備をしていない。整備をしていなくても勝手にハイキングコースと立派な看板を立てるこのど厚かましさ?当然歩く人はガイドがいないと無理?歩く人は近くの人。出会っても会釈もされない。親父も目を合わせる事はない。どうして?そんな雰囲気だな。

Img_5087 Img_5088

これがホンマのハイキングコース。行政も警察も何をしてマンネン。知らない?それとも私有地だから手出しはできない?この地域の自治会は何をしてマンネン。告発をされないと改善はできない?告発しても川西市役所にはその担当部署はない?この市役所の無様さは告発されないと変わらない?もちろんそんな気持はさらさらない。別の場所を探せば良い。このあとそんな景色も見れる。しかし残念ながらお風呂(情報量)が満杯。公開出来ない?このパソコン(MacBook Air)ソフトもオカシイ。あんたが可笑しいと言われている。

Img_5089 Img_5090

この大きなクスノキがこの細い道を見守ってくれた時代は終わる。この横のため池池も同じ運命を辿る?山間の田んぼも僅かなコメを作り続ける農家は居ない。そんな仕事をしなくても今はもっと楽に金稼ぎが出来る。米作りもコメ余りの時代になれば若者たちはこの地を離れて行く。当然の時代の流れ。その流れになす術はない?役所の地域活性化の取り組みは完全に無策です。

Img_5098 Img_5094

親父さん。嘆く事は何もない。時代の流れは棹さす事はできない。そう言われている。ドンキホーテ?どんな人だったのだろうか?ふとそんな事を考える。ドンキホーテ。人物の名ではない。冒険小説のタイトル。この作者はミゲル、デ、セルバンテス。この小説の名前を有名にしたのは安売りスーパーの企業。ドンキホーテ。作者は死ぬ迄豊かになれなかったと言われている。その理由知らないだろう?その程度の生き方をしている。

Img_5106 Img_5110 Img_5113

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

言葉の力 生きる力 高齢者がなすべき事

言葉の力の大きさを日常の暮らしの中で意識している人がどれだけいるのだろう?考えて見なくても言葉は人間だけの能力。しかしその言葉を十分に行かせる人は少なくない。その程度のことも学習できなければどんな行き方をしないといけないか?この喋りの親父でも思い知らされている。しかしその事を実感していない。言葉の重要性を思い知らなければ本当にも情けない生き方しかできない。

事実そんな行き方を自分自身でもしている。今、偉そうに多くの批判をしているがそんな事は何の変革にも繋がらない。当然の事。それは自分で行動を起こしてみるとよくわかる。今やっている歩道の整備?緑地帯の草抜き?そんな事をしても誰にも見向きもされない。声をかけられることもない。それでも満足している。そんな行き方を誰が支持する?そうではなくて多くの人に共感を与える行き方をしなはれ?

そうアドバァイス(助言)してくれた市役所の支持者?に何も感謝していない。それは何故だろう?その事は結果で証明しなければいけない。

Img_5060 Img_5062

久しぶりのハイキングコース しかしこの道はしばらくゴルフ場の外を歩く。この道はゴルフ場の私有地。おばかな看板は無くなったがゴルフ場のマイクロバス優先。宝塚警察の間抜けな看板が堂々と表示さtれている。「歩行者注意」?歩行者が車に注意する?車が歩行者に注意だろう。そうではないのはこのハイキングコースは私有地だから?田舎の警察?田舎のトンマな交通安全?そうは思わない?

Img_5063 Img_5064

階段の左に歩道がある。歩道と言うほどの道ではないが信じられない事にバイクが降りてくる。マウンティン、バイクではない。ボロバイク。押しながら降りてくる兄ちゃんは頭を下げることもしない。ここは清和源氏の武士たちが勢いよく馬で駆け上がり駆け下りた坂。その程度のことも知らない。礼儀も知らない。その程度の行き方をしている。(人のことはどうでもよい?)アホこけ。

Img_5065 Img_5066

静かな山道を歩いていると人の気配がする。後ろを振り向くとおっさんが近づいて来る。表情がない。それでもさりげなく道を譲る。ところがこのおっさんからも無視される。普通、人に道を譲られたら会釈ぐらいするだろう。スミマセンとかありがとうとか言えないのかいと思いながらこの階段をのぼる。この先には地域の公園がある。少年野球が出来るグラウンドとテニスコートがある。

Img_5068 Img_5070

ここには簡易トイレがある事を知っているが狭くて汚い。ところがそのトイレを清掃している叔父さんと話をする。叔父さんは年を聞くと同世代。1年先輩だったが近くで顔見ると親父より若かった。テニスをしていてトイレの掃除当番だった。親父から地域の高齢者の活動について嫌味を言われる。それでも間違いなくこの公園の利用はゲートボールだけ。この落ち葉の清掃も出来ない。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

小春日和 大した整備作業もしないのに綺麗になる?汗はかいたけれど(笑い)

Img_5021 Img_5020

この通りは池田の顔。駅前から五月山公園、城跡公園、動物園、植物園と続く道。この県道は池田ー箕面線。車道は片側1車線だが歩道は整備されている。その車道と歩道の間にこの緑地帯がある。ところが緑地帯ではない。その原因はこの場所を管理する行政にある。車道が県道だから当然大阪府が管理している。その出先機関は土木事務所。ところがこの場所に市役所が石の彫刻を地域の活性化の為に?置かせてもらう為に市が管理をしている。その実体がこれ?ところが話はそれほどに簡単ではなかった。

Img_4985_20191123200001 Img_5030

写真ではよくわからないがこの植木鉢の左端には大きな木がありその枝が歩道にはみ出してその切られた枝を緑地帯に置かれたので土木事務所に確認をしたことがことの始まりだった。そのとき対応した土木事務所の監督者(担当者?)が言った言葉がこの無様な歩道と植樹帯の改善の始まりだった。何も改善していない?そう思う?ところがこれは半分かたずけた後。

ところがこれは長い間この状態を放置していたので急には綺麗に出来ないと所有者から言われている?その話は土木事務所がしているのでよく分からない。それでもこの状況はやる気になれば1週間で綺麗になる。ところがそうではない。ここは今日は手をつけなかったが明日片付ける。それでも私有物は触れない。触る気もないことを管理者に伝えるだけ。それで充分です。

Img_5025 Img_5028

今日の作業は1時間足らず。1時間足らずでこれ位綺麗になる。しかしこの程度ではこの植樹帯は綺麗になった事にはならない。いずれここに草が生える。しかもここの土は盛り上がっているのですくい取らなきといけない。その作業はプロに任せないといけない。この場所を綺麗にしながらよく見るとプロが手を入れている。ところが肝心の清掃とかたずけをしていない。それはどう言うこと。それはこれだ。

Img_5027 Img_5036

このコンクリートの花壇の花が植え替えられて水も巻かれている。この鉢は指定業者が綺麗にしている。それでもそこだけ。明らかに見た目だけを綺麗にしている。やるべき事が出来無いのは何でや?汗をかきながらそんな事を考えていた。それでも誰からも声をかけられる事は無かった。地域の住民は居ない?そんな事はないだろう?写真を撮って1日目の成果を確認する。にんまりしていた。

Img_5022 Img_5032

明日はこの草刈りをし無いといけ無いがこれは勝手にやれ無い。写真を撮っているので管理者の意見を聞いて管理者にやらせる。これも何度も言っているのです言い訳はさせ無い。日にちを区切ってこの火鉢?も片付けさせる。やるといったら徹底するのみ。覚悟しなはれ。

Img_4987_20191123224201 Img_4985_20191123200001

この写真を見るとこの歩道を管理している池田土木事務所の管理指導がエエ加減であったかが良くわかる。ただ写真を見ると持ち主が片付けている事は良くわかる。ただよく見なはれ。点字ブロックにまだゴミは掛かっている。明日はここを履いてガラクタを隅に寄せる。持ち主にどやされる?その時は身分を明かすしか無い。そして法的処分を通告しないといけない?土木事務所の所長の責任が問われる?

Img_5041 Img_5042

いくらオヤジが暇人でも本日の予定はここ。ただこのお寺さんの紅葉もイマイチ。夏の暑さでは先が焼けている。それでもそこは腕の見せ所。今日は天気もよくて素晴らしい紅葉が見れる。カメラも紅葉の美しさが感じられなかったがようやく自慢の1枚をゲットできる?

Img_5043 Img_5045 Img_5050 Img_5051

今年の紅葉はイマイチだけどこれだけの紅葉は中々お目にかかれ無い。画像をクリックすれば息を飲む紅葉が見れる。(自慢すな)この後ハイキングコースを歩いて目的地の多田大橋を目指す。静かな里の秋を満喫してきました。10キロ弱歩く。近くでこれだけの景色が見れたら文句はない?その程度の喜びしか手に出来ない?そんな贅沢は言えません。

Img_5046 Img_5048

ここ「満願寺」も名刹?空海も巡錫している 大師堂で有料で参拝した事を思い出す。真言密教の開祖も現在の人々の無様な生き方をどう見ているのだろう?その事をこの納経所でも問いかけたことがある。しかしその人は修験者では無かった。高野山高野大学?で空海の教えを学び空海の真言密教の教えを現在に伝えるべき人が納経所の仕事をしていることにどれだけの価値がある?その程度の事も問われることはない。

Img_5059

昨日ローマ法王が来日して公共放送は多くに時間を割いてその報道をしているが日本人は仏教徒と言われているがそんなことはどうでも良い?そのローマ法王が広島、長崎で核兵器の廃絶を訴える?何かおかしくない?核兵器廃絶を口にすれば核兵器は廃絶される?そんなバカなことはないだろう?

それよりも核は何故廃絶出来ないのか?その人間の愚かさを何で嘆き悲しまないのか?核兵器は人類最大の愚かさの象徴。その核兵器が世界では核保有国が拡大している。それはローマ法皇でも為す術が無い事を知ら無いとでも思っているのだろうか?報道の在り方が問われてもその程度の問いかけもできない?

その証拠は見苦しいその態度とは思わないのだろうか?平和な時にその原因を問われると核保有国の核兵器で世界の戦いはバランスが保たれていることも知らない?そんな事はないだろう。広島、長崎の悲劇は世界の各地で現在も続いている。その罪の愚かさは関係ないとでも思っているのだろうか?これから間違いなく続くアメリカと中国の覇権争い。ローマ、カトリック、キリスト教はそんな現実とは関係ないとでも思っているのだろうか?空海の密教の教えも多くの日本人は理解していない。空海の密教の教えも空海しか知らないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

勤労感謝の日 地域貢献の日 勤労感謝の日 健康感謝の日 紅葉感謝の日 高齢者は何に感謝して生きて行きますか?

Img_4993 Img_4994

昨日の城跡公園の紅葉 天気が良くなくて天気予報では雨模様。しかし雨はお湿り程度で寒くもならなかった。昨日から始めた「さくら通り」の植樹帯の清掃。担当部署宝塚土木事務所(歩道の不法占拠の撤去)にクレームを付けながら自分でも始める。親父は外野席から意見をすれば良いと思っていたがそれだけではダメだと言うことを思い知らされる。

9月末には綺麗にすると市役所の地域分権、協働課から啖呵を切られていたが何も変わらなかった。(一旦刈られた草、花は以前より茂っている)この場所の管理者が「公園みどり課」?彼らは結局何も改善をすることは出来なかった。ならば暇なオヤジがその仕上げをするしかない?市役所の「街づくり推進課」の次長にも期待したが結果的には何も改善されなかった。

今年の四月に前市長の息子の当選を阻止した大阪維新の新人市長もその程度の改善も出来なかった。それって何?それは掛け声だけでは何も変わらないと言う事。大阪維新の市政は関西では多くの地域が支持しているが実態は何も変わらない。そんな批判がないということは保守、宗教団体(公明党、既成宗教団体)なんでも反対の野党よりましと言う事?

違うでしょう。住み良い街づくり?そんなもんはどうでも良い?そうではない事も知らないのかい?(偉そうに言うなと批判を浴びても何も気にしない?)自分でやって見ればよく分かる。どれだけの労力とお金が必要か?ただその知恵を出さない(出せない)仕事は何なの?そんな批判は浴びないのだろうか?

Img_4996 Img_4997

今年は風が早めに流行しているとか?親父も外出から家に戻ると洗面、手洗い、ウガイは欠かさないがそれでも咳は止まらない。咳止めの薬は多いが咳が簡単に止まらないその訳を多くの人は知らない。咳をするのは喉の細かい振動している毛に溜まったゴミを飛ばしている。人体の神秘は計り知れない事も意識出来る人は多くはない。注意しなければいけない事は他にある事を知ることだろう。

余計なことを言っていないでそろそろお出かけです。今日は土曜日。今は午前11時過ぎ。こんな時間に奉仕作業に出掛けることは今迄ほとんどない。と言うことはこの仕事は余計な仕事?そうでない証明を手に出来るのだろうか?

| | コメント (0)

韓国の反日感情 日本人は知らない それでも何も困らない それは何故?経済力の差。それは日本がアメリカから受ける影響力と同じ?

Img_4991 Img_4992

韓国と日本との関係は現在最悪 しかし関西に住んでいるとそんな事はどうでも良い。鶴橋に行って見なはれ。そんな感情は商売にならない。ところが韓国ではそうではない?信じられない。韓国人は反日感情むき出しにしても自分達は中国人に嫌われていることも知らない?そんな事はどうでも良い。それだけの事を日本人は韓国で行なっている。現在もそんな感情は消えない。それならそれでええやんか?そんな事も分からない。

関西人は全く知らないが韓国に一番近い日本の地方は何処?それくらいのことも知らないで関西のおばちゃん達は生きている。そんな事はどうでも良いと思われているが実際韓国に一番近い長崎県対馬の人は今深刻な経済危機に見舞われている。それは韓国からの旅行客の激変。殆ど韓国からの観光客が途絶えるその対策は長崎県にも日本政府にも無い。我がふるさと大分県別府観光も全く同様。そんなニュースは全く流れない。

関西も韓国からの旅行客が激変し外国人観光客誘致を積極的に行ってきた大阪府と大阪市の観光行政が問われているがそんなことも多くの関西人は全く関係ないと思っている。信じられないことにそんな報道も全く無い。大阪都構想?いつまでそんな論争を繰り返すのだろう?2重行政解消の為?大阪人は本当にそんな単純な発想しか出来ない?その程度の問いかけもできない。アホでしょう?その事は大阪府庁と大阪市役所に行けばよく分かる。これだけ多くの人をどう使い分けるのか?その程度の問いかけは全く無い。知らないという事はそう言う事?らしい。

明日(今日)から親父の池田の顔(桜通り)の清掃作戦が始まります。今年中には終わらない?それでも来年春には関西の公共放送に注目される?無理だな?それでも綺麗になった池田の顔を観光客の流れを帰るに違いない?それも無理?それは結果を見れば分かるに違いない?対馬も別府も日本各地の地域の活性化もひょっとするとひょっとするかも?それが本当の喜びだと実感できる?それはどうかな?

 

 

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

韓国と日本が友好国?そんな事は政治家の問題?対馬の悲劇を知らない?観光客は激変している。我がふるさと「別府」も同じ。何でや?知らないだろう。間抜けな公共放送?民法は何をしているの?おちゃらけで遊んでいる。(笑い)

Img_4972

ここは駅近くの歩道脇の花壇。

Img_4979

これが改善しようとして何度も行政に注文をつけた植樹帯。右が車道。左が歩道。ここを管理している行政は本来は車道が府道だから大阪府の土木事務所が管理している。しかしこの場所はワンブロック置きに池田市が石の彫刻を置く為に管理を譲り受けている。その結果がこの有り様。

石の彫刻は20年余掛けて順番に置かれたが今はその目的も忘れられている。石の彫刻は一基100万円。それがこの通りだけでどれだけ置かれどれだけの効果があったのか?その評価もされていない。それだけでなくこの無様な有り様。

Img_4980

そんな事はどうでも良い。多くの池田市民もこの現実を知らない。知っていても何故綺麗にしないといけないかが分からない。分からなければ市役所の責任者がその事を改善しなければならないがそんな気持はサラサラない。この場所を綺麗にして関西の注目を集める。そんな戦略がなくても誰からもその責任が問われない。何でだろう?誰もそんな事を考えてはいない。その考えは全国共通?知恵も工夫もなくてどうして地域が活性化するのだろう?その程度の問いかけも無い。なければ自分で喚くしかない?あんたがわめいてもそれは個人的な意見。そう思われている。見てろ。

Img_4981 Img_4982

これでも片付けられている。それでもオヤジは満足していない。アホか?そうでは無いことを1時間掛けて証明する。

Img_4984 Img_4985

ここ迄見せ付けられるとオヤジの怒りは爆発する。ここは歩道の反対側。この右は民家。ここの親父がこれだけ歩道を不法占拠していた。それに改善を申し込まれて左の植樹帯に放り込まれる。それでもまだこれだけ残っている。今週水曜日迄に片付けると土木事務所から聞いていたがそれも確約はしていなかったと土木事務所の担当課長から聞かされる。確かに少しずつ綺麗になっている。ただこんなもんでは駄目だとは思われていない?

Img_4987 Img_4988

1時間掛けてここ迄綺麗になりましたと言いたい処ですがこの写真は汚れの先。よく見て下さい。点字ブロックの右端まで隣のピザ屋の置物が占領している。これも片付ける約束をしていたがそんな気配はない。この点字ブロックはこの有様でもクレームが付かないのだろう。

Img_4989 Img_4990

100均でホウキとチリ取りを買いましたがほとんど綺麗にならず。それでも明日からはこのゴミだらけの土を振るいにかけて綺麗にします。この土の下に草の根が多く被されているのでそれを取り除けばしばらくは大丈夫です。本当はこの後が大仕事です。この植樹帯をどうするのか決めないといけません。

 

| | コメント (0)

雨模様の天気予報が外れる 予想はよそう。反対から読めば000。しかしそれだけ天気予報は難しい。安倍長期政権が終る予想?それは誰も出来ない?そうかな?

Img_4929 Img_4930

ここは今年の9月に行政が人手とお金を掛けて整備した価値の看板道路の路側帯(植樹帯)地域の人達も「このままではアカン」と思って整備をした所。ところが信じられない事に2ヶ月経つとこの有様。この歩道の反対側はもっとひどい所がある。その場所の住宅の持ち主?が歩道にはみ出していた樹木や植木鉢を切り倒し、鉢は叩き割り子の植樹帯に投げ捨て親父の怒りを買う。

何度も子の無様な状況はブログに書いたが行政の関係者、責任者から一言の陳謝も改善策は取られなかった。完全に無視されて来た。それでもオヤジは全くの部外者。個人的な意見はどうでも良い。行政は個々の問題には対応できない。そうトボけられている。そろそろ行政にいくら言ってもこの有り様なら自分でやれば良い?そんな馬鹿な考えは全く何の役にも立たない?そうかな?」それは行動をしないとわからない。アホやのう。

Img_4939 Img_4949

一方でこんな立派な路側帯がある。この違いは何なの?その理由を市役所の担当部署は説明できない。市民もこの違いがわからない。ここまで手を掛ける理由は何?一方で街の顔の500メートル足らずの県道の両側の植樹帯が汚いのは何故?その理由がわからなかった。

綺麗に出来ない理由は管理者にやる気がない。綺麗にしている理由はここは公園扱いだから。しかしその理由も充分ではない。公園でも駅前と特定の場所だけ。この場所を管理している指定業者とそういう契約になっている。そんな事を知らないだけ?ならば教えてやらないといけない?できるもんならやってみなはれ?そう挑戦状を叩きつけられている?誰が?誰に?決まっているだろう?そこまでは書かない。

 

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

後期高齢者の保険料 後期高齢者の保険料 高いとか安すぎるとかいわれるが本当の事は何も知らない

Img_4925 Img_4927

市役所前の銀杏 ギンナンの多くはまだ鈴なり 黄色く紅葉した葉っぱもあと十日余りですっかりと落ちてしまう。季節はいよいよ冬?それとも晩秋。まだ紅葉の盛りを見ていないので冬と言われてもその実感はない?それでも流石に寒さは本格的。エアコンもそろそろ暖房で再登場。腕をまくりながらその時を窺っている。大好きな娘も風邪模様。(どこの娘だ)風邪対策を教える。アホ。

Img_4926 Img_4928

保険料の支払い方法が年金天引きを嫌う人は少ないと言われた。親父の信念は保険料の支払いは現役の時もそうだったが年金生活者になってもその負担の重みをいつも感じていなければいけないと思う。それが天引きになれば隔月手にする年金額が減る。しかしそれは保険料を払っているから。その事がわからない高齢者と定年な説明ができない役所の担当。

今、後期高齢者だけでなく前期高齢者(65歳以上)国民健康保険制度も財政破綻をして現役世代の健康保険組合からの支援を受けているが、その現役世代の保険財政も破綻する組合が多くなっている。医療費を保険制度でまかないきれなくなっている。その厳しい現実を多くの国民だけでなく医療の関係者でも知らない。ひどいのは医者?医師会?そして医療費はただだと思っている国民。

今病気になると掛かりつけの医療機関に掛かるよりも総合病院、市立病院に行く人も少なくないと言われ行政は頻りに(しきりに)その改善を図ろうとしているがその実情もよく分からない。(現在多くの市立病院は紹介状のない患者は特別料金を徴収している?)それも知らない。

それよりも元気な高齢者の促進を図る事が一番の医療費の削減に繋がると思うがその実態もよく分からない。これから親父もその事を自分で実践するだけでなく多くの関係者を巻き込んで元気な体を作り上げないといけない。それでも定期的な健康診断は欠かせないし医師の収入も減らないと思うが医療費削減の話になると医師会が反対する。そのパターンを変えないと行けない。それが出来ないのは何でだろう?

それは元気生きていくための条件を知らないから。その事を分かりやすく教えてくれる人がいないのは何故だろう?そんな意識がないから?親父自身どんなに偉そうなことを言っても自分の体を変える事が出来ない。それが出来ないと偉そうな事は言えない。それでも今夜銭湯の帰りに交差点で青信号で自転車で渡っている時に赤信号無視の左から来たオバハンの車に前を横切られる。

親父がまだ交差点の中程まで来ていなかった事とゆっくり渡りながら安全を確認していたから(ブレーキをかけて止まっていたから)それで撥ねられる事もなくオバはんは行き過ぎる。親父から怒鳴られてスピードは緩めたが止まることはしなかった。こんなアホもいる。もすこし親父が先に進んでいたら完全に撥ねられていた。それでも午前0時前。目撃者がいなければ逃げていたに違いない。流石です。危機管理。安全管理。

 

| | コメント (0)

まち、人、仕事創生戦略 地方創生 安倍内閣の政策の評価 誰も出来ない?

Img_4914 Img_4913

見事な紅葉?昨日の五月山山麓の散策の1景。しかしこの素晴らしい景色もパソコンには綺麗に挿入できない。親父の長年の相棒(MacBook Rro)がダウンして弟分?のMacBook Airがその代役を務めているが微妙に違う。それでもこれも何かの試練?そう思えばありがたいことに違いない。

何が違うのか?考えてみると一眼レフの綺麗な画像がそのままブログの画面に挿入できない。プロバイダー(ブログの会社、ニフティ)の情報記憶が高性能の一眼レフの画像データを圧縮しないと処理できないから。その処理にこの弟分(Air)がスムーズに対応できない。それもこのパソコンが古いから?それとも親父の使い方が悪いから?それでもそんなこともどうでもよい。いずれ最新式のパソコンに変える。(笑い)

Img_4909 Img_4898

今日はここで出かけたのでタイトルの説明もできなくて申し訳ありませんでした。ただ有り体に言えば親父如きが簡単に断定できる事ではない。多くの評論家が尤もらしく解説するけれど安倍政権が長期化したのは代わりがいなかっただけではない。代わりを求める国民の批判が足りなかった訳でもない。

多くの国民、有権者が「政治に関心がなかった」それも違う。1番の要因はそれでも自分達の未来に不安を感じなかったから。そうで無ければこれ程に無様な政権は長く続かなかった。安倍政権は経済成長と政治の安定に有益だった?それは誰の為に?その問いかけすら出来ない。そんな事もどうでも良い?いまではそんなお馬鹿が国民の半数以上?これから問われる深刻な人口減少と高齢化社会。

多くの高齢者も関係ないと思っているがそうは行かない。親父も75歳。まだまだ元気に長生きしなければならないが92歳で亡くなったお袋からいわれた言葉は忘れていない。「長生きはするもんではない」本当に申し訳ないと思っていた。その言葉をどんなに重く受け止めてもその生き方は変える事は出来ない。それだけは何としても違いましたと報告しなければいけない。

 

 

 

 

| | コメント (0)

先月の誕生日から後期高齢者 バリバリのジジイ ただ心と体力はまだ青い それでも流石に老いている 嗚呼。(泣くな)九州男児

Img_4913 Img_4909

紅葉の真下の休憩所で独り占めの紅葉見物 ここは雨が降っても関係ない。屋根付きの休憩所。ここで弁当を食いながら景色を眺めていると最高の気分です。これからは先客がいると腰を下ろす訳にはいかないがこれでも紅葉はまだピークではない。今年の紅葉はイマイチでも日差しが差し込めば紅葉も一気に明るくなる。今日は市役所で散々嫌味を言ったがようやく「後期高齢者の医療保険料額」の決定通知書が来る。

10月の誕生日迄は「前期高齢者」保険料が七千円安くなる。窓口の自己負担の2割から1割になる。しかし親父は掛かりつけの医者は内科と眼科。いずれも定期検診。血圧と目薬を貰うだけ。今は空腹時血糖値も高くて医者から検査入院を宣告されても無視している。いずれ正真正銘の糖尿病になる?そうならない様に減量すると啖呵を切ったが減量目標にはなかなか手が届かない。それでも親父の自慢は7〜8キロは簡単に歩ける事。

これは簡単な様に見えて殆どが出来ない。何でやねん。時間と目的意識が強くないと出来ない。これからの高齢者だけでなく現役世代でも誰もが求められる体質の改善。それは簡単な様で簡単でない。これから高齢化社会で一番問われる事。それは誰もが例外でない老いとの戦い。殆どが年代に関係なく突き付けられている課題。総理大臣でもどんなにお金持ちでも身分が高くても例外でない事が見せつけられる。

その程度の事が分からない。後期高齢者の医療費削減。その1丁目1番地は歩く事。その時間が無ければ間違いなく人に介護してもらわないと生きていく事ができない。それが出来る人は本当に幸せ。しかし何時迄もその保証はない。その程度の事も元気な間は気づかない?そんな事はない。そんな情報を手にしていないだけ。保険料、自己負担が気にならないのは豊かさの証?それも違う気がする。

Img_4898 Img_4916

多くの高齢者が年金で日々の生活が支えられている。親父もそのお陰で生活が出来る。それでもこれからはそれも儘(まま)ならぬ様になる?これから全国の地域再生を見る事が出来なくなる。(今年は全く出来なかった)百聞は一見にしかず。その言葉が嘘でない事を痛感する。ただどこを見てもなす術はない?

それは間違いでない事を思い知らされる?そう考えていた。それも如何だか分からない?その体験が出来る証を手にしないといけない。その為には木喰上人の修業が必要?乞食坊主にはなれないな。空海は近くのお寺さん(茨城大門寺)で9年間修行をしている。(それがどうした?)そろそろ立ち上がれ?その事が問われている。

 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

今年の紅葉はイマイチ?政権も同じかい?それも関係ない?その程度の生き方をしている。

Img_4888 Img_4889

今年の紅葉を見ていない人はそんなこともどうでも良い?駅のターミナルで見かける若者達は今、どんな事に興味があるのだろう?そんな事もどうでも良い?それでも間違いなく今年の秋はいつの間にか寒さを感じる。このまま行くと今年の冬はどれだけ寒いの思いやられる?心配ありません?今年の冬の長期天気予報は暖冬。(親父はそうは思わないがこの寒さも今週後半から逆に暖かくなる)

今年の晩秋の紅葉はマダラ模様。(いろんな色が入り混じる)世の中も全く同様。ただ間違いないことは良いことも悪い事も長くは続かない。世の中の出来事も「方丈記」(ほうじょうき)の鴨長明に言われるまでもなく変わらぬ事はない。その程度の事もこれだけ同じ政権が続けばそうは思われない?知らないという事はそういう時。後世の人達はこのおバカな時代をどう評価するのだろう?

Img_4877 Img_4879

信じられない事にここが今、綺麗に賞としている路側帯。(車道と歩道の間)どんなつもりでこんな無様が繰り返されるのか?信じられない。しかしこれが現実。これがこの国の無様な行政。こんなことをしたら犯罪行為だとは教えられない。この場所は多くの日本各地の車道と歩道の間の植樹帯。この場所は市が管理しているが信じられない事に責任部署がない。だからこんな無様な行為が平然と行われる。

いくらかたずけても放置されるゴミ。ガラクタ(割れた植木鉢)伐採された木は歩道を占拠していた物。それをどんなつもりか反対側の植樹帯にぶちまけている。この場所は今日中に綺麗にすると約束していたが大阪府池田市土木事務所の担当官はクビだな。(笑い)ここまでやるか?笑が止まらない。この程度の感覚で仕事が出来ると思われている。市役所の対応も全く同様。

Img_4891 Img_4896

今年の紅葉はイマイチ。しかしながらこれからが本番。がなりたてる事は何も無い。尤もらしい事を言いながら大した事はしていない。何も出来ないくせにガタガタ偉そうなことを言うことは何も無い。「美しい国日本」どこかの間抜けな総理大臣に言われるまでも無くこの国は様々な景色を見せてくれる。

その一部分だけを切り取って論じる事は何も無い。暗い所を明るくすることは簡単なことでは無い。何も喚かなくても現実は見事に変わる。その変化を楽しめば良い。今年の紅葉はイマイチではありません。最高でもありません。これが今年の景色です。そうかな?今に分かる。

| | コメント (0)

この国のかたちと未来

Img_4858 Img_4859

昨日覗いた名塩ー武田尾ハイキングコース 現在この道を歩く人は皆無 何でだろう?知られていないから?それは間違いない。しかしこの道は信じられない事に西宮市役所道路維持管理課が管理している。たかがハイキングコース。されどこのハイキングコースは歩かないとその価値は分からない。歩いても分からないかもしれない。たかが10キロ足らずの道でも歩き通すのに4時間は掛かる。

たかが4時間。されど4時間。ハイキングコースならばそれ位の時間は当たり前。ところがこのコースがほとんど知られていないのはその価値がない?とんでもありません。この道は多くのお金と時間を掛けて関係者が整備をしている。その関係者の思惑と期待が外れただけ?この国の未来も同じ轍を踏む?そう言われても何のことやらさっぱり分からない?それでもその程度の問いかけもない?

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

明日は寒くなる どんと来い

Img_4794 Img_4795

今年の冬は早い?明日と明後日の天気予報は秋1番の冷え込み。今年は既に風邪が流行。風邪は万病のもとと言われるが信じられない事にその対策は簡単?そんなことは誰も信じない?信じなくても関係ない。風邪引きの原因は不摂生。自分の体調を知らないから。多くの人に嘘だろうと言われる。

その証拠は簡単に見つけることが出来る?風邪は急には引かない。風邪気味と分かれば養生をする。その程度のことが出来ないからひどくなる。確かに。風邪は体を鍛えなければ簡単に引いてしまう。確かに。体を鍛えるとはどういう事?それは皮膚を鍛えるということ?日光浴。屋外で太陽の下で行動するという事。

そんな当たり前の事が働いていると簡単には出来ない。働いていない高齢者でも同じ事。高齢者は時に足腰が弱くなるとそれが出来なくなる。今年もそんな季節がやってくる。最近はすっかり体が弱っている。これだけ毎日歩いても足りない?(それ程は歩いていない?)今日は6キロと少々。そんな歩きは簡単には出来ない。それでも腹が凹まない。その原因も明快。食い過ぎ。

Img_4823 Img_4828

明日は近くの山を歩く。五月山ではない。中山の境内と奥の院参道。奥の院までの参道は片道18丁(2キロ弱)往復でも4キロ足らず。ところがこの道は階段が多くて楽ではない。親父の散歩コースは平坦な足洗いコースを途中まで歩くだけ。その程度で充分です。

 

| | コメント (0)

連日の武田尾 紅葉も地域の活性化もイマイチ

Img_4758 Img_4760

今日の武田尾は昨日と違っていい天気だけど紅葉はイマイチ。地域の温泉も見事に壊滅。その原因は皮肉にもこの立派な堤防。この堤防は洪水対策、防災対策・それとも無駄な公共工事?そんな問いかけは一切ない。紅葉もイマイチ。その原因もはっきりしていた。

Img_4764Img_4769

今年の紅葉がイマイチであろうと無かろうと関係ない?確かに。しかし考えてみると今年の暑さは紅葉にも影響する?そんな事は多くの人は知らない。知らなくて日々の生活には何も関係ない?そう思われている?確かに。最近は世の中の事に何も興味が無くても関心がなくても関係ない?そう思われている?ところがそれは間違い。その程度の事が分からない?どうでも良い?そう思われているだけのことだろう。

Img_4771 Img_4772

今日は火曜日。昨日天気が悪くて綺麗な写真が全く撮れなかったので本日は名誉挽回?親父の名誉で無いことは間違いない。

Img_4773Img_4774

関西人の多くは近くにこんな素晴らしい景勝地があることを知らない。武田尾温泉。関西の奥座敷と言われたこの温泉地も一軒の高級旅館を除いて全て壊滅。一軒のみ辛うじて土日祝日日帰り1000円で営業。それも長くは続かない?このエリアは全てこの立派な堤防が完成した西宮側。この立派な堤防は何のために造られたの?そんな問いかけは全く無い。行政のやる事はこういうことです。

Img_4812 Img_4813

Img_4819 Img_4800

この廃業の旅館が取り壊される時期は未定。

 

 

 

| | コメント (0)

トヨタのパワハラ 若い社員が潰される トヨタの社員教育 若者が自殺しても何も変わらない?

ひどいニュースだね。可哀想だね。そう思わないのかね?トヨタは日本を代表する企業?嘘だね。

トヨタの車は販売好調?その車が全国で毎日の様に悲惨な事故を起こしてもアクセルとブレーキの踏み間違えをなくす事は出来ない。

自動運転?車のテストコースで尤もらしく嬉々として車の安全性能を宣伝しているが交通事故の悲惨な対策は「ポカ避け」とはおもわない?

どんなに車の性能が良くて安全対策が万全でも車を運転している状況は多くは運転手の判断に任されている。そんな車を造り続けてどんなに利益を出しても企業の社会的責任は問われない。そんな車がいつまでも売れる。交通ルールを守れない若もん、いい年をしたおっさん、オバハン?彼らに車を運転する資格がなくてもそんな事は関係ない?高齢者が車を運転しなければならないこの国の現実。

ならば車の販売店はその危険性をどう認識しているのか?トヨタの社長はその程度の事も何も改善していない。

現在、役所の人間がどれだけそんな会社の社会的責任を追求しているのだろう?亡くなったトヨタの若い社員は労災が認定されたと報道されているが名古屋の労働局はトヨタの社員教育、健康管理、社会的責任を何も明らかにしていない?(知らないだけ)

その報道にトヨタの責任は何も感じられない。この国は愛知県はトヨタの社員達はその程度の怒りの告発はないのだろうか?企業の社会的責任を。トヨタの幹部達はこの程度の追求もできない企業風土の中で社会の批判に晒されない?だとしたらこの国はおしまいだな。

総理大臣が長期政権になっているのはトヨタも同じ?これからの国造り、豊田の車造り。その批判は全くない?企業の社会的責任とはその程度の事だろう。何とも情けない。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

本日の武田尾 テイク(2)

Img_4755 Img_4757 Img_4756

あんまり変わらないなぁ。保存すれば綺麗になると言われたのは間違いかも。今日はこれでおしまい。明日はもっと綺麗な写真をアップします。

| | コメント (0)

今日の武田尾

Img_4746 Img_4747

写真が暗い?この時点で霧雨?ただカメラの🔆(明るさ)の設定も良く無い。出直して正解。(笑い)

Img_4752 Img_4755

何じゃこりゃ。画像の取り込みがおかしい?やり直してみよう。

| | コメント (0)

久々の「武田尾」は霧雨 歩けなくはなかったが傘をもっていなかったので外に出ず その代り昨日の写真はまだ多く残っている。アホ。

Img_4735 Img_4699 Img_4700

見事な紅葉と言いたいところだがまだ見頃ではない。見頃は今月末?それとも12月になって?それとも今年は息を飲む紅葉にはならない?その原因は今年の夏の異常気象?そう言われてもピンとこない?夏の暑さで歯の表見が焼け紅葉の色素が失せている?

そんな事はどうでも良いと思われている?今年の紅葉は関西ではあまり期待できない?そんな事はないだろう?楽しみにしている能勢の高代寺下の見事な紅葉?まだ一度も見ていないので期待している。ただその盛りの時は分からない。殆ど人の目に触れる事のない美しさは幻想かもしれない。

Img_4703 Img_4704

こちらは期待通りの紅葉。ただしカエデの木でもない。親父は錦木と信じていたがそれも違うと公演の管理者に教えてもらう。「コ、マユミ」どうでも良い様でそうでは無い?人の名前も中々覚えられないのは年の所為だとしてもは草木の名前だけは正確に覚えないと「うろ覚え」では恥を書く。最近はそんな人にも中々お目にかかれない。親父が聞く耳を持たないからかも知れない。

Img_4706 Img_4709

六甲の山もこれからは冬支度。六甲おろしも珍しくは無くなると言いたいところですが、そんな強風は多くはない。それでも明日はメチャクチャ寒くなる?寒くならないと物は売れないとも言われるがこれも昔話?今は天気、気温に関係無いものが売れる?そう解説されるがその実体はよく分からない。

それが明確に分析が出来ればそれだけでは飯が食える?ただ間違いのないことはお金がないと欲しいものは買えない。その程度の事を公共放送でも解説できない。自分達に都合の良い事ばかり見てそうではない事はフェイクニュースとして無視する。そんなことが何時迄も出来ると多くの人が信じている。

歴史を知らないという事はそういう事?歴史は繰り返されると信じている?そんな事も関係無いと思っている?そうではない。その程度の事も知らない。その程度の事も知らないのは何も困らないから。何かで困ってもその解決のために何ができるのかその選択もできない?

どうして?それは当事者達が一番よく分かっている。誤魔化せば違法行為も罪に問われない?それでは正義もルールもない。それが白日の下に晒される時は遠くない?安泰政権と言われて来た(親父はそうは思っていなかった)安倍政権は今、その存在価値が問われている。そんな事も全く知らない多くの国民。その事は何時、誰に問い詰められるのだろう?その程度の報道は全くない。

Img_4710 Img_4711

これも昨日の城跡公園。写真は艶やかでないがここは少しずつ人の数が増えている。芝生も公園管理者が気を配ってくれて少しずつ綺麗になっている。合言葉は大阪ナンバーワン。しかし肝心の行政はその旗振りが出来ない。地域を活性化するために何をしないといけないのか?その程度の旗振りが出来ない。彼らは本当に無能です。「誰の為に何を為すべきか」その具体的な見識が全く無い?

Img_4733 Img_4734

地域活性化は成功していると多くの関係者は胸を張る。その代表が安倍総理。この総理が高らかに宣言したアベノミクス。この言葉は官僚の中な官僚と言われている経済産業省のエリートと言われている若手が作った和製英語?英語にも日本語にもならない言葉がなぜか支持される?

誰に?日本の間抜けな報道機関。安倍総理の経済政策を多くの国民は知らない。それでも評価はしている?それがまことしやかに報道される。この政策の最大の間違いは経済問題の対策に金融背策を持ち込んだ事。これは政治と経済の禁じ手であったがそのルール違反を平然とおかしな経済学者に吹き込まれて実行しただけの話。

その程度の批判も出来なかった報道機関に当然ながらその誤りは指摘できない。経済問題の対策の為に金融対策を入れる事は間違いでは無い。金融を緩和するのもまたその反対の引き締めも一次的にはやむを得ない。しかしそれを7年間も続けるど厚かましさ。

それでも実体経済は2倍、3倍の大成長。文句はねえだろう?そう言われて喜んでいるのはどこの誰だろう?こんなおばかな国民は戦前の軍国主義に引きずられた国民と同じ?そこまで批判をする人はいない。その照明をしても聞く耳も知識もなければ無駄だと思っていた。事実そうだろう。

Img_4740 Img_4744

枯れ葉の時が始まっている。今日は雨で武田尾の景色は駅前から雨を避けながら眺めただけ。明日は寒くなるが出直しです。今年の秋はすでに始まっています。多くの厳しい秋を知らないけれど自分の道は自分で切り開くしかない。これから残された時間は多くはない。それは手鏡で自分の顔を眺めてみればよく分かる。百面相をしてみれば棺桶に入る時の顔を見えてくる。その時穏やかな顔が出来る人はどれだけいるのだろう?その程度の事は考えて見ないといけない。

| | コメント (0)

今日は久々の「武田尾」天気はイマイチだな お弁当は何にするかな(笑い)

Img_4656 Img_4582

今年の紅葉は冴えない?その原因は夏の暑さ?そう信じて疑わないがそれでも場所を探せば綺麗な紅葉が観れる?如何かな?今日は曇天。天気予報は良くなかったので雨が降らないだけマシ?久々の武田尾の秋はどんな表情をしているのだろう?そう言われても都会で生活をしていると何の事やらサッパリ分からない。それでも間違いなく寒くなる。どんなトボけた政治をしても季節は確実に進んでいる。

Img_4681 Img_4684

この桜の老木もいつ倒れてもおかしくない。それでも今年の秋もその気配は全く考えられない。それは何故?それがこの桜の生命力。近くの雑木林の木々の葉っぱも全く同じ。この紅葉した葉っぱが風に吹かれて舞い落ちる時、今年も日めくりカレンダーの枚数が少なくなる。

今年1年の総括をしてみると物覚えは悪くなり階段を上り下りするのがしんどい。それでも親父の自慢は年の割には足腰がしっかりしている。どんなに偉そうな事を言っていても階段を歩けなくなる様になればお終い。その程度の事も分からない爺婆も少なくない。

あと5年持つのかな?銭湯で顔を合わせる陶芸家の親父は87歳。それまではバリバリ動きたい。出来るかな?無理だな。仙人にそう言われている?見ていろ。元気に生きる事はどれだけ人に多くを語れるか?それだけです。その努力が伴うか?そのことが問われてる?

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

寒くなる。夜、気分が悪くなる。今年の仕上げが問われている?

Img_4445_20191117184201 Img_4448_20191117184401

何度も見せつけられてもこの花壇の違いは分からない?見せつけられても分からない理由は説明をされないと分からない?説明をされても関係ないと多くの人は思うだけ?もっとハッキリ言えばそんな行動と感覚は持ち合わせていない。だから色んな人が色んな仕事をしているだけ?その仕事も多くの人は知らないが役所の職員は直接関係していない。

直接管理しているのは指定業者。その指定業者も余計なことはしない。(出来ない)。1枚目の写真は駅前の歩道の花壇。2枚目の写真は県道9号線。「桜通り」と呼ばれている。ただ池田市民でもそんな愛着は役所の管理監督者にも無い。当然、地域住民、池田市民にも無い。その事を地域の人達はよく知っている。この場所には地域活性化の石の彫刻が置かれているがその看板を9月に新装。ただそれだけ。

それだけでも地域分権、協働課の監督者は満足している。無様とは思わないだけでなく開き直られる。それは彼だけの問題では無い。市役所の管理監督者にも共通の無様な認識。我が街だけの問題ではなく全国何処でも同じ?そうでは無いと胸を張られてもその成果が伴わない?

継続する仕組みが作られていない。この道をきれいにしないと地域は活性化しない理由が理解できない。そんな事は如何でも良い?そうでは無い事を思い知らせることは簡単では無い。親父の考えば間違いである事を思い知らされる?かもしれない。その公算の方が強い?

Img_4449_20191117202401 Img_4450_20191117202601

笑わせるね。この場所は9月の末にはきれいになった所?ただその作業は伸びた草を刈っただけ。地域コミュニティ(町内会)が綺麗にすると啖呵を切っていた役所の担当課は見事に期待を裏切ってくれる。そんな批判もできない役所の人達。ここをなぜ綺麗にしなければいけないのか?

その程度の事が分からない?ここをきれいにするのは簡単。土を掘り起こして草の根を止める。その後に草が生えない様に綺麗な意思を敷き詰める。その目的がわからない。地域を活性化する戦略。人の流れを変えるという事はそう言う事。その程度の人の呼び込みも出来ない。

何でだろう?この地域に人が溢れなくてても行政は何も困らない。彼等の責任が問われる事は無い。そんな仕事をしている。ただこの事は日本全国何処でも同じ。何も我が街だけの出来事では無い。その事が関係者はよく分かっている。この道が綺麗になれば関西の報道各社は押し寄せる。その程度の事が分からない。

それでも何も批判される事は無い。地方創生?まち、ひと、しごと創生戦略?立派な計画書だけは手にしている。これも全国津々浦々共通。それでも何も変わらないのは如何して?それはこの場所を見ればよく分かる。地域が活性化しない理由がよく分かる。それでも地方は何も困らない?

如何して?贅沢な生活は出来なくてもそこそこの生活なら保証されている。地方が困っても何も困らない。その厳しい現実は知らないのだから。その厳しい現実は多くの人は知らない。知っているのは自分の周りだけ。その地域の事もほとんど知らない。地域が活性化しょうとしまいとそんな事は如何でも良い。

だから誰が政治をしても同じ。何も知らないのだから。そんなアホ達が尤もらしい事を口にしている。「丁寧な説明」誰が誰に?そんな事をしてみろ。政権は何度交代しても同じ。その証拠がこの現実。今の生活。会社でも地域でもその事は全く同じ。その証拠を見せつけられている。

Img_4452_20191117210401 Img_4453_20191117210601

これもなんどもお見せした画像。知らないという事はこういう事?違います。知っても関係無い?しかしこの感覚何も注意されない?歩道を不法占拠している認識もない?それだけではない。この歩道は最寄の土木事務所が管理している。それがこのザマ。この状況の改善も簡単に出来ないのは悪意はないから?悪意がなければ改善はされない?良かれと思っている?何処かの政治家と同じだな。

Img_4454_20191117220301 Img_4460_20191117220501

こんな無様を許している池田土木事務所の歩道の管理。これはその責任が問われる。しかしそんな厳しい言葉は聞かれない。ただこのやり方はひどすぎる。この場所は車道と歩道の分離帯。植樹帯と呼ばれている。未だにこの言葉が覚えられないのは何たる皮肉?そうではない。この場所が綺麗に成るまでの期間に過ぎない?それにしても酷いな。如何始末をつけるのだろう。

Img_4684 Img_4482 Img_4669 Img_4623

それでは気分を変えて大阪道頓堀の雑踏にご案内。

Img_4624 Img_4625 Img_4626 Img_4628 Img_4635 Img_4639

画像の挿入に時間が掛かるが今夜はこの辺で止めときます。段々と感じは掴めて来たけど時間がかかり過ぎる。ただ画像の挿入はどうにかできる様になる。それだけでも一歩前進。これで何とか凌げる。これも親父のブログの転換点に違いない。ゼニにもならない事をやるなと言われている?そうかな?そうは思わない。その証明が来週も楽しみです。アホか。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

明日は日曜日 日毎に寒くなる? 画像挿入は出来る様になる(笑い)

Img_4580 Img_4605 Img_4604 Img_4603

画像の挿入はAirでも出来る様になるが遅い。一眼レフの情報量は大きくてプロバイザーの情報処理能力は対応できない。その為には情報量は圧縮しないといけない。それが出来ない。情報機器はどんどん進歩しているがその技術について行けない。それでもこれからは情報を管理出来る者が世の中を支配する。その程度の事も多くのおバカは知らない。偉そうに言うな。偉くなれ。その通り。

Img_4599 Img_4595

この紅葉もまだ全開では無い。全てが見事な錦絵に変わるのは今月末。この画像は虚像?それは違う。これも実像。しかし最近は事実も否定すれば事実ではなくなる?それで法と国家と言えるのだろうか?言えるわけがない。若い頃この国のインチキを口にした事があるがそれでも今程にひどくはなかった?子供達にもその事は証明できない世の中になっている。

Img_4594 Img_4591

昨日教えてもらったんだけど画像の取組が上手く行かない。画像の圧縮が遅くて上手く行かない。今夜はこれでお終い。Proの様にサクサクとは行かない。暫くは画像の取り込みは無理だな。それとも簡単に出来るパソコン買いますか?そこが思案の為所(しどころ)だな。(ちかれました)

Img_4587

紅葉もイマイチ。画像の取り込みも圧縮がうまくできないのでもう一度出かけないと行けない。何処に?心斎橋のアップルストア。何度も出掛けてもやり方が覚えられない。とういう事は如何いう事?その事を考えて見る必要がある?やり方が簡単では無い?そういうことでは無いだろう?後期高齢者がやるには難しい?そう言われると為す術が無い?確かに。流石に何度も同じ事は聞けない。がっくし。

Img_4580 Img_4579

それでも懲りずに挑戦している。しかし時間が掛かり過ぎ。紅葉もイマイチ(笑い)今、洗濯をしているのでそれが終われば城跡公園、緑のセンターにお出かけです。今日は天気予報では快晴だったが曇り空。親父の気持ちも同じかな?(笑)しかし、楽しみもある。それは水琴窟の音。(そう言われても殆どのアホは知らない)コラ。

 

 

 

| | コメント (0)

久々の心斎橋 アップルのサポートセンターでMacBook Proのトラブル診断を受ける

Img_4618 Img_4617

完成した大丸心斎橋店の外壁。この外側に旧の外壁が残されている。パソコンの最終診断は予想通り駄目でした。あゝ無情。9年間お世話になりました。原因は単純明快?パソコンの寿命。オヤジとしては修理出来るものなら(部品を替えれる物なら)替えてでも使いたかったがその交換の部品も生産していない。結論としてお役目ご苦労さんとなりました。

Img_4616

しかしAirで画像挿入の方法を再確認出来たのでしばらくはこれで間に合わせます。Proの替わりは安いパソコンを探します。それでもこの歳になると新たに勉強は出来ないし(やろうとする気持ちが無い)困る気持が爆発してストレスを押さえ切れなくなる迄先延ばしにするかも?今まで当たり前のように画像を挿入していましたがそうでは無い事を思い知らされています。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

暫くはブログをAirで書きます。画像の挿入が暫くできません。どうして?親父ができないだけ。最悪?(笑)

長い間親父を支えてくれたMacBook、Pro. 9年間近く?もっとそれ以上?親父の多くのつぶやきを書いてくれました。最初はシャープでスタートしてそれからマックを手にして多くの事を教えてくれました。多くのトラブルに知恵を貸してくれたのはtakeさん。本当に有難うございました。これからどうしますか?明日、大阪梅田のアップルに出掛けます。明日は結論は出しませんが心斎橋のサポートセンターの見解も聞きます。余り役に立たないと思うけれど意外に掘り出し物を手に出来るかも?(それは無いな)それはそれで結構毛だらけ親父灰だらけかも。

そんな状況で今日のブログは面白くない。でも今日も良い出会いがありました。予定では大阪城か近くの縦走路の一部を歩くつもりでしたが電話で用事をすませたので出掛けるのが遅くなる。そうなると行く所は決まっている。親父の散歩コース。城跡公園から五月山山麓の散策コース。その最後で「水琴窟」の清掃を見る事が出来ました。水琴窟の清掃?これは日本全国でも中々お目にかかれない。

水琴窟は日本全国でも50ヶ所以下とも言われている。それだけの明解な理由がある。その事を全く理解できない。理解できなくても知らなければそれ迄の話。事実、多くの関西人はその素晴らしい先人の知恵を知らない。ワビとサビ。偉そうに言っている親父も説明できない。ワビとサビ。今は同じ意味として使われているが辞書で検索して見ると微妙に違う。違っていた。ところが殆どがそんな生き方をしていない。

何故だろう?本当の価値は物も人も表面では分からない。内面にあるといわれているがそれも正解ではない?物の価値は一見すれば分かる?とんでもありません。どんなに素晴らしい価値も経年劣化は否定できない。ガタが来る。親父の長年の相棒(MacBook、Pro)がそうだった。減価償却?そんな言葉も知らない?物が劣化することはよく分かる?ところがその程度も分からない人も少なくない。

物と人。その価値を冷静に判断できる人は少ない。その原因は単純明快。客観的に見て多くの人が主観で判断している。そうでなければ多くの選択はできない。親は子を選べないといわれるが子も親を選べない。会社を選ぶ事も就職の時の感動も長くは続かない。結婚も同じだろう?新婚の喜びも10年もしないうちに完全に失せる?(例外もあるけれど)仕事の評価も上司の評価も多くは主観。正当な評価は当事者には出来ない。

出来るのは好むと好まざるとに関わらず偶然が左右する結果。結果だけを見れば一目瞭然でもその結果の評価も思惑が左右する。この国の有史以来多くの権力者が国家を左右しているが一番長い国家体制は徳川幕府の江戸時代。その基礎はすべて徳川家康が作ったと言われているがその戦略はほとんどが知らない。しかも多くの現在人はこの時代を余り評価しない。何故だろう?その素晴らしさを知らないから?笑えるね。

水琴窟は日本全国でも殆どそのすばらしい音色は聞けなくなっている。今日の清掃作業ではその本当の音色は聞けない。何故なら水滴を受け止めるお皿が泥で汚れているから?ワビとサビ。この言葉は現代では一体化しているがそうではないことを思い知ればこれからの生き方も変わるに違いない?秀吉が何故千利休を師と仰ぎそして切腹させたのか?その愚かさは豊臣政権が1代であった事で証明されている。

大阪人、現在人の愚かさはその程度の事がわからない?安倍政権がどんなに長く続いても佐藤栄作元総理大臣が遺した教訓を現代人は知らない。政権が長く続くという事は多くの国民に取って喜ばしい事ではない。その程度の事も知らなければどんな未来が待ち受けているのかも理解できない?それも違う。未来は現在の先にある。その現代をもう少し違う見方が出来ればその結果はまた違って来る。

 

今日は画像挿入はできなかったけれど「水琴窟」の話はベリーグッドでした。そう言ってくれる人は少ない。今日は聞けなかった水琴窟のキーンコンカンの素晴らしい音色は明日は聞ける。ただ残念ながら明日は相棒の代わりを求めて大阪梅田と心斎橋にお出かけです。水琴窟の乾いた音は明後日のお楽しみです。どんな音色が竹筒から聞こえて来るのかな?そんな生き方が見えて来る。

Img_4620 Img_4619

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

静かな街の秋 いよいよパソコンお役目終了 (長い間ご苦労様)やっとの思いで立ち上がる?

Img_4446 Img_4445 Img_4447 Img_4448

駅前の立派な花壇。この花は季節毎に定期的に植え替えられる。勿体無いと言われても見直しはされない。市と指定業者の間で取り決めが行われているから?それに引き換えこの無様な市の看板道路。500メートル足らずの道を綺麗に出来ない。この道の管理者がその気になって力を合わせれば解決して素晴らしい観光、生活道路が出来ると信じていたが駄目でした。

Img_4452 Img_4451 Img_4450 Img_4449

左が歩道。右が車道。この車道は府道池田ー箕面線。その間の立派?な植樹帯は管理者は大阪府(池田土木事務所)。ところが市がこの場所を借り受けて石の彫刻を置いている。この場所の管理がこの無様な状態になっても大阪府と池田市の責任者は為す術も無い?信じられない?そんな思いは誰もしていない。開き直られて来た。見てろ。誰もそんな事は考えていない?

Img_4454 Img_4453 Img_4452 Img_4451

歩道を占拠していたガラクタが無惨に捨てられている。この場所は近くの住民が歩道占拠を指摘されて開き直って処分している。歩道占拠を注意した?土木事務所も完全にナメられて居る?これか完全な嫌がらせ。どうしてこんな無様な事を看過するのだろう?そんな事は誰も考えていない。改善(かたずけ)も難しい。この国は法治国家と違うのかい?

Img_4455 Img_4456 Img_4457 Img_4458

この歩道は広い。その広い歩道を勝手に占拠してこれだけ大きな樹を長い年月放置して歩道を邪魔して注意をされたらこの有様。何処迄勘違いをしているのだろう?こんな状態を許して来た土木事務所の責任は誰が取るのだろう?誰も取りません。

Img_4459 Img_4460Img_4464_20191115134601 Img_4466

Img_4473

看板に偽りあり?そんな言葉も知らない?関係ない。街を綺麗にすると言う事は看板1枚では何も変わらない。それは行政の力だけでは限度、限界がある。だから民間のボランティアの力を借り無いといけない。それも当然。ただお役所仕事と言われる民間に批判される言葉は何時迄も無視は出来ない。その程度の事が個人的な意見として無視される。そんな世の中に明日は無い。(偉そうに言うな)確かに。しかし何事も最初は個人的な意見。そう考えればきっと巧く行くに違いない。甘いな。

Img_4485 Img_4486 Img_4489 Img_4491 Img_4492 Img_4493 Img_4495_20191115135601 Img_4497

城跡公園も今月から閉園時間が17時になる。この時間は閉園10分前。来園者は一人も居ない。この素晴らしい景色を独り占め。

Img_4499 Img_4500 Img_4501 Img_4502

これから寒くなると紅葉は一気に進む。親父が楽しみにしている能勢のお寺さん直下の紅葉も手招きをしている?空海が野山を巡錫して仏の道を模索したと言われる北摂の山々もこれからが秋本番。現在は空海が歩いた道も四国遍路道の様に有名では無い。それでも多くの事を語り掛けて呉れる。そんな秋に出合えるのだろうか?

Img_4503 Img_4504 Img_4505 Img_4506 Img_4507 Img_4508

秋の日はつるべ落とし。釣瓶(つるべ)と言われても何のこっちゃ分からない。そんな人が多くなりました。井戸水を汲み上げる桶を吊り下げている縄?そう言われても現物を見る機会は殆ど無い。第一、井戸も無い。

Img_4509 Img_4513 Img_4514 Img_4516

これから寒くなる。去年迄はパンツ一丁のしのぎ(生活、稼ぎ)が出来たけれど今年はどうなのかな?

Img_4519 Img_4520 Img_4525 Img_4529

今年はインフルエンザが早くも流行している。風邪は体調が良く無いと感染する?体調を意識しながら行動しなくても風邪の予防は明るい日光の日差しを出来るだけ浴びる?それが出来ない生活をしていると簡単に体調がおかしくなる?最近体がよろける。その原因は体のバランス感覚が失われている。片足立ちの太極拳の真似事をしないといけない。(笑い)

Img_4541 Img_4544 Img_4545 Img_4548

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

素晴らしい紅葉を見て来ました しかしこれは虚像 カメラが画像を処理している

Img_4282 Img_4274 Img_4281_20191114153601 Img_4297_20191114202201

今日は夕方近くの散歩コースを歩く。ひどい景色と素晴らしい紅葉を見る事が出来ました。陰と陽。人間はこの両方を併せ持っている。どんなに素晴らしい能力と知恵を持ち合わせて居ても間抜けない生き方しか出来ない人も少なく無い。

その程度の事が分からない。その理由はどうしてだろう?報道のあり方、情報伝達の仕方、人間の素晴らしさと愚かさ。その見方、考え方も出来ないからだろう?その事が分かっていても人の上に立てばその事を自覚出来ない?

それが指摘されてもおかしな報道がその事実をうやむやにしてしまう。何時迄もそんな世の中が続けられる?何と哀しい生き方だろう?全然。そう思っている。はっきりとした報道のあり方。そんな事もどうでも良い。知らないと言う事はそう言う事?

Img_4300 Img_4307_20191114203401 Img_4308 Img_4309 Img_4310 Img_4312

多田大橋からここ迄歩いて来ると自然の中を一人で歩いている気持になるがこの地名最初に来た時は読めなかった。全国的にこの地名の所は他には無いだろうとネットで検索して見るとありました。虫が生きる。虫だけでなく間違いなく人も生きていた集落。今は犬の訓練所しかない。その会社の人達も殆ど見かけない。

Img_4313 Img_4319 Img_4318Img_4320

この道路管理ひどくはありませんか?その程度の問いかけも無いままこの道は県道から市道になる。行政にそんな意識は全く無い。道路を管理すると言う事はどういう事なのか?その程度の問いかけも無い。その理由も単純明快。

この程度の仕事のやり方でもその責任は何も問われない。責任が問われるのは問題が発生してから?その問題が発生しても責任の重さを感じ無い。何でだろう?とぼければ良いから。この道を歩く人は居ないから?ならこの看板は外しなはれ?そんな意識は行政にも市民にも全く無い。

Img_4321 Img_4322 Img_4323 Img_4324

川の淵を鯉が悠然と泳いでいる。初めて見る光景。しかし人間は泳げない。当然だろう?そうかな?夏でも泳げない事を知らないだろう。どうして?知らないと言う事はそう言う事。この上流5㌔の所にダムがあり突然の放流がある。仮にそれが行われなくても水質は泳げる状態に無い。そうは見えないだろう。(画像を良く見ると鯉では無い?となると何?)

Img_4325 Img_4326 Img_4327 Img_4328 Img_4329 Img_4330 Img_4331 Img_4332

この瀬は今は見向きもされない。この道を歩く人が居なくなってから久しいからだけでは無い。住民が居なくなってから久しいから?それよりも近くに車を停める場所が在っても整備される事は無い。何故ならこの川にその価値が失せているから?川は汚れても泳げなくなっても人々の暮らしには何の影響も無い?水処理の技術はそれだけ向上している。

Img_4333 Img_4334 Img_4337 Img_4338

ここが猪名川と大路次川の合流部。手前が猪名川、左が大路次川。この場所は多くの関西人は知らない。理由?関係ないから。写真を見れば一目瞭然だが両方の川も汚い。親父達が小さかった頃は大分県南郡佐伯市直川の久留須川で泳いでいたがその川も今はこの川と大差は無い。もう少し綺麗かも知れないが日本全国の多くの川がこの様な水質になっている。

Img_4339 Img_4340 Img_4341 Img_4342

この川は大路次川。素晴らしい川の流れと言いたいがこの川に降りる道は無い。この正面の右側にキリスト教会のキャンプ場があるが信者以外の立ち入りは禁止?されている。その事実もも知らない。自然の素晴らしさを満喫出来る人も選択されている?

Img_4343 Img_4344 Img_4346 Img_4348

写真では綺麗に見えるこの崖の上は新興住宅地。川の左は山の様に見えるけれどそのすぐ左に新名神の高速道路が走り景色は一変する。そんな自然が激変しても多くの関西人はそんな事実を知らない。全く地域のニュースにもならない現実はこれからも変わらない。

Img_4350 Img_4351 Img_4352 Img_4353Img_4354Img_4355

この教会の存在も多くの人は知らない。知らなくても関係ない。ただこんな山間の地でどれだけの人が敬虔な祈りを捧げているのだろう?親父の近くにも教会があるがその存在は地域には全く貢献していない?そんな事はありません。保育園で多くの子供達がその恩恵を受けている?それも違う気がする。子育て支援とは特定の宗教団体の支援は必要では無い。確かに。

この教会と牧師の事はネットで検索すると詳しく説明されている。しかし何時来てもこの広い場所に人の賑わいは全く無い。その理由はこの場所が集会の目的にのみ利用され生活の場所では無いから。関西でも多くの人が迷い生きる目的を失っている。そんな人の救世主でなければならない牧師はそうは考えていないのだろう?

Img_4356 Img_4357 Img_4358_20191114233701 Img_4360

この先の道を初めて歩いた時は流石にびくついていた。(笑い)何処に出るのか分からない。ただその時何故か開き直っていた。横を大路次川が流れている。その川沿いに道だから迷う事は無い?不思議な確信は間違っていなかった。この先しばらく歩くととんでもない処に出る。人生も同じに違いない。この8年間の歳月は後1年で終らないといけない?

Img_4362 Img_4363 Img_4364 Img_4365

この写真では良く分からないが大雨が流れ下るとこの川の水位は4〜5メートル上がる。その時この川の5㌔先の一庫ダムからも緊急放流が行われる。多くの人がダムは洪水対策の為と信じている。ただその条件を多くは知らない。ダムが貯めている水はコントロールされている。ダムは洪水対策の為だけでは無い。利水(水道水)にも利用されている。

その為常時一定の水量を確保している。多くの人が勘違いしているがそのダムに大量の雨水が流れ込めば無限に水を溜め込む事は出来ない。(簡単に言えばお風呂と一緒)難しく言えば設計貯水能力を超える水位は緊急放水をしないとダム自体が崩壊する。幸いに多くのダムはその危機に晒されていないが想定外はある。その時は下流域で大洪水が発生する。その程度の事も知らない。

今回の関東と東北、信州の大災害で勘違い(間違った報道)されている八ッ場(やんば)ダムの功績。それはダムが貯水中で全ての雨水を貯水する事が出来たから。ダムが完成すると同じ事は期待出来ない。その程度の報道も出来ない?ダムはこれだけ川を汚すと言う事も知らない。水を貯めると言う事はそう言う事。その程度も知らない。

Img_4367 Img_4368 Img_4369

このカーブの右は私有地。何時もは入れない様に衝立てが置かれている。道は左に曲がる。その先は一気に開ける。その景色はお楽しみ。その前に右の私有地に足を踏み入れる。良い子はマネをしないで下さい。(笑い)しかし川に降りる事は出来ない。Img_4371 Img_4373 Img_4374 Img_4376 Img_4375 Img_4380

何じゃこりゃー。この道は新名神のアクセス道路。片側2車線。正面の高架の道が高速道路。この道は山を切り崩して造られている。それにしてもこの贅沢なアクセス道路。建設費は?用地買収は?何で片側2車線?おまけにこの道の両側には立派な自転車専用道迄整備されている。しかしその維持管理の実態は殆ど知られていない。

Img_4382 Img_4387 Img_4394 Img_4384

この道を管理しているのは誰?親父は何度もこの無様な管理を直させたがこの有様。この立派な自転車専用道を利用する人は限られている。その限られている高校生の数も5年先には今より半減する。その対策はどうするの?そんな事はどうでもヨロシ?第一こんな立派な道が出来ている事も知らない人が多い。地方創生と言う事はこう言う事?違うでしょう。

Img_4395 Img_4397 Img_4403 Img_4404 Img_4409

この蔦の葉っぱは立派なフェンスを乗り越えている。この有様はこの道の土手から伸びている。この立派な道は簡単に造れてもその維持管理は簡単ではない。しかしそんな事もどうでも良い。この道の管理者は兵庫県宝塚土木事務所。この草が更に伸びて歩道が通れなくなっても草刈りは行われない?流石にそれは許されない。

Img_4379 Img_4414 Img_4427_20191115004101 Img_4428_20191115004201

昨日は9㌔歩く。弁当は手にしていたが歩きっ放しで腰を降ろさずぼやいていました。流石に疲れる。この道を次に歩くのは来年に違いない?来年の事を語れば鬼が笑う?それでも再来年の事を語る官房長官?この人の総理の目も無くなる?明日から寒くなる?今年はインフルエンザも既に流行の兆し?寒さに負けない体質はまだ手にしていない。

 

| | コメント (0)

大阪城で秋の1日を楽しむ 会費は無料 但し交通費は実費 行けなくなる アホ

Img_4187_20191114133701 Img_4254 Img_4221_20191114133801 Img_4260

昨日は7㌔弱歩いたのでお疲れ?今日は大阪城の紅葉を見る予定が起きたのがお昼過ぎ。それでは行けなくなる。(行こうと思えばまだ充分に時間があるがブログの記事が残っている)誰もそんな物は見ない?ところが昨日は一杯他にも写真を撮っている。その整理もしないといけない?そんな物はどうでも良い。そうかな?そうでは無い事を知らない人が殆どです。それもどうでも良い?それが現実。親父如きのオバカなボヤキは鼻くそにも負ける?そうかな。見ておれ。

Img_4265 Img_4247Img_4269Img_4268

このヒガンサクラは狭い道の下にある。この道は昔からの丹波、篠山街道。舗装されているが道の拡張は出来ない。その理由はこの地形を見れば良く分かる。その狭い道の狭い場所にこのヒガンサクラはある。この場所の道を拡張出来ない大きな理由?この大木は今でも桜の咲く頃には何とか白い花を咲かせると言われているが親父は見ていない。

この木の寿命は分からないがこれだけ大きくなると川の水位が上がって根元の土を洗い流してもなぎ倒される事は無い?そうしてここ迄成長した大木も今、老齢の時を迎えている。当然の事ながら下草を刈り養分をたっぷりと与えてやらないといけないがこの場所は河川管理の領域。そんな事は出来ない?管理しているのは河川管理者?違います。ボランティア?それも手が出せない?

Img_4262 Img_4258 Img_4259_20191114144101 Img_4257

この河川内の「エドヒガン」はこの保存会でしっかり守られているる?ただこの保存会もメンバーが高齢化している。いずれ消滅する?それも時代の流れ?この大木も今、消滅の危機に追いつめられている。肝心のこの大切な桜を保存出来ない私達の生き方。どんなに立派な事を言っても桜も大事にされなければ生き延びる事は偶然の積み重ねに頼るしかない?この桜を見る会は市長でも行えない。その程度の市長です。(総理大臣とは大違いです)その程度の生き方をしている。

Img_4271 Img_4272 Img_4273 Img_4274

多くの先人、多くの出稼ぎの人が行き交った道も今は制限速度も守れない小型車が行き交うだけ。この道は今年の春から県道から市道に格下げ?になりました。立派なバイパスの道(片側2車線)の道がこの西に完成して30年以上の歳月が経過しても今だにこの道を走り抜ける車も少なく無い。信号は無いし抜け道、近道としても最高?ではありません。この狭い道が一方通行にならない(出来ない)理由が見当たらない?行政や地域を管轄する警察にそんな考えが無いだけの話です。

Img_4252 Img_4283 Img_4315

どう考えて見てもこの道が交互通行が出来る理由が見つからない?行政(川西市)警察(川西警察)の責任が問われないのは簡単には一方通行には出来ないから?地域住民の同意が得られない?それは当然に決まっている。その当然の間違った考えを正すのが行政と警察の仕事。

その程度の事も問われない。この道を車で通行しなくても良い様にこの崖の丘の先に立派なバイパス(県道)片側2車線の広い道を県道としてようやく1本化出来ました。(今年の4月から)それでもこの道の一方通行は出来ない?その理由は何?その程度の問いかけも無い。歩いて見ればその理由が良く分かる。

Img_4281 Img_4284 Img_4285_20191114153801

遊びながらブログを書いているので中々先に進まない。机に座ってつまらない記事を書いていても何の価値も無い。確かに。株価も下がってい居るがこれも当然の話?下々には何の関わり合いも無い。株を大量に売り買い出来る人は限られている。その人達のおも訳で株価は上り下がりしているだけで日本経済、世界経済には何の影響も無い?そうでは無い事も分からない。オバカな報道?それも関係ない?遅くなるので散歩に出掛けて来ます。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

多田大橋ー畦野(うねの)迄のハイキングコース 歩く人は殆ど居ない 5㌔弱の道

Img_4188 Img_4189 Img_4190 Img_4191 Img_4192

多くの関西人が知らない猪名川沿いの道。その道を久し振りに歩く この川の水は水処理をしないでも飲めると自慢していたNPO法人会長は今でも地域振興の仕事に関わっている?あのインチキ親父に飲ませてやりたいこの川の流れ。ここは多田大橋上流。この川の流れは夏でも泳げる水では無いし安全が確保されていない。知らないと言う事はそう言う事?

この道は今年の春から府道から市道に格下げ?この道は旧街道。北摂の池田と丹波篠山を結ぶ道。昔の人はこの道を歩いて居た。その道はこの先狭くなる。ここでは片側1車線の広い車道?しかし歩道は無い?無いと言う事はどういう事?右は猪名川。左は崖。歩道はこの用水路のフタの上。崖から垂れ下がる木の枝と下草が伸びていたがやっと刈られている。それでもこんな歩道は無い。

この道が市道になったら更に歩けなくなる。その整備をお願いしても担当行政の道路管理課に出来る事はこの程度の事。ところが県も市もそんな認識は全く無い。この道が市道になったのは西側に完成している新興住宅地を走るバイパスを県道として管理し、同じ県道のこの道を市に管理させる?

市はどんな管理が県道以上に出来るのだろう?何も出来ない。ただその認識は地域住民にも無い。歩道が整備されなくても何も困らない。自分達は車でしかこの道を通らないから? 市道も県道も国道も歩道は歩かないとそのひどい現実は分からない。そんな事はどうでも良い?地元警察も全く同様の管理をしている?

Img_4195 Img_4196 Img_4197 Img_4198

初めて見る白鷺と鵜の集団。これだけ川は綺麗になっているとも言えない事は無い?言えません。水質は改善されて魚も生きている。しかしこの川はもっと綺麗な時が合った。その事も現在人は知らない。この川がどうして人が泳げない川になったのか?そんな追求は河川管理監督者、学者先生でも出来ない。川が今どう人の暮らしに関係しているか?そんな事は殆ど意識されていない。

Img_4199 Img_4200 Img_4201

Img_4203 Img_4206_20191113222301

この場所は歩けない。どうしたの?車の流れが途切れるのでその時を見計らって白線の内側(車道)を堂々と歩く。決してバタバタしてはいけない。この先は右に住宅地があり当然歩道も有る。バス停もある。何度も歩いているので眼を瞑っても歩ける。そんな訳は無い。

Img_4207_20191113222701 Img_4209_20191113222801 Img_4210_20191113222801 Img_4215_20191113222801 Img_4216_20191113222901 Img_4217_20191113222901

ハイ。この先は歩道はありません。何度もこの写真を公開しているが何の反応もない。こも道は以前は兵庫県、宝塚土木事務所が管理していたので何度もクレームをつけたが何も変わらず。警察の反応も何も無い。この道を市が管理する。?笑わせるなと親父が怒ってもケセラセラ。さすがの親父もこのフェンスは乗り越える事は出来ない。それでもフェンスは跨ぐ事が出来る。初めて歩いた時それをして股を打ちつける。アホ。ここは信号があるのでその指示に従う。その先は反対側を歩く。

Img_4221_20191113223701 Img_4222 Img_4223_20191113223701 Img_4225_20191113223801 Img_4226_20191113223801 Img_4230

県民まちなみ緑化事業?この事業も継続は難しい?いずれこの自治会も活動停止になる?この地域だけでは無い。全国何処でも大同小異?この地域で育った子供達が大きくなるとこの地を離れる。そうすると後に残されるのは高齢者のみ?

その高齢者も更に年を重ねると地域の奉仕活動、緑化、美化、奉仕活動は出来無くなる。ではどうするの?その戦略が行政にも無い。このガードレールの外は猪名川の崖。それでもこの笹を刈れば歩道位は確保出来る?出来ない?出来ないからやらない?そうかな。

Img_4231 Img_4232 Img_4233 Img_4234

スペースは確かに無い。それでも放置された物置がある。この場所を整備すればちょっとした憩いの場所が出来る?ただそんな場所を作る価値も無い。しかしこの道を一方通行にしてそんな憩いの道を考える。そんなまち、ひと、しごとの創成戦略を政府は口にしている。それがこの地域で生かされない無いのはどうして?そんな問いかけが無いからだろう。その価値も可能性も無い?

Img_4235 Img_4236 Img_4237 Img_4238

この草に埋もれている狭い空き地の下は崖。その下を猪名川が流れている。その景色は素晴らしいが上から覗き込む事も出来ない。草を綺麗に刈ってラセン階段を付けてもその価値は無い。水の流れは一見綺麗に見えても清流には程遠い。そんな水の流れ綺麗にする術は無い。環境立国と呼ばれてもその程度。それでもこの国も未来は明るい?そうかな?その程度の見方も出来ない。嗚呼。

Img_4242 Img_4244 Img_4246 Img_4248

見方が悲観的?よく言われる。しかしそれはこの現実を知らないから。この現実を知れば地域の活性化は程遠い。それでも関係ない?知らないと言う事はそう言う事に違いない。この道が県道から市道になっている。どちらでも関係ないと言うのは土木事務所の見方。日本全国その地域の土木事務所があるが彼等にこの道の改良は出来ない。

彼等に出来る事はこの道が災害で通れなくなった時に出番が廻って来る。それが彼等の仕事。この道は狭いから一方通行にしなければいけない?そんな決定権は警察にも無い?10年先もこのまんま?その対策として広いバイパスがこの左側の崖の上にある。その程度の認識しか無い。この先に「ヒガン桜」が川の中にある。水は更にその下を流れている。

 

 

 

 

| | コメント (0)

一気に寒くなる 寒さ対策は出来ているかい? 一気に寒くなる。寒さ対策は出来ているか?出来ていません。だろうな。体を鍛える?手遅れだな(笑い)

今日は市役所のマイナンバーの申込状況を聴いて環境整備の担当課に顔を出す。課長は防災訓練の指揮を採っていたので久し振りに代行者と本音の話が出来る。マイナンバー制度も行政の環境整備の対策も我が街は大阪府下の先頭集団では無い。そんなこともどうでもよい?それではいかんだろうと感じたのも余計なお世話。第一そんな立場でも無い。市役所に行って皆んな(管理監督者)に嫌われている?

それでも最近はそんな変わり者は全くいない。市役所の多くの管理監督者は地域住民ではない。地域に住んでいる人でも人に嫌われる事はやらない。自分に出来ることは波風を立てない事?その程度の仕事しか出来ない。それが分かれば余計な事は言わないで余計な口出しはしないでよろしい。そうハッキリと言われてきた事がよく分かる。

今、全国の自治体で地域の活性化が何故出来ないのか?中央政府がお友達内閣で国民の為の政治がなぜできないのか?その理由もよく分かる。ならばその責任を取らせれば良い。何事も正確に結果で判断すれば良い。大臣が二人も辞めてもその任命責任も問われない内閣総理大臣。

何でそんな政権が指示されるのかその原因はどこにあるのか考える事も出来ない間抜けな国民。その事は不愉快な話だが事実である事は間違いは無い。何時迄も今の状態は続く保証はどこにも無い。その事が分かれば己も行き方から見直せば良い。

世の中は結果が全て。どんなに尤もらしい事を口にしても何も変わらない。信じられない事に現実はそれなりに満足できる。そう多くの人が思っている?ところがそれも違う。その現実を変える力はまだ残っているのだろうか?それが生きる力かもしれない。

Img_4162 Img_4163 Img_4165 Img_4166 Img_4167 Img_4168 Img_4169 Img_4170

藤田まことも来世から今年の秋を見ているのだろうか?藤田まことが歌ってくれた(公園の手品師)。その歌は人気絶頂の時から見向きもされなくなって生きる為にキャバレー(今は無い)で歌を歌っていた頃フランク永井にプレゼントされた歌。今はそのフランク永井も居ない。天国で楽しいカラオケ?銀杏は手品師老いたピエロ。銀杏の実もオバちゃんの乳首になっている。コラ。

Img_4171 Img_4172 Img_4173 Img_4174 Img_4175 Img_4176

カメラを首に掛けて親父の隠れ家に行くと先客が居た。レンズを違う方句に向けてシャッターを切っていると立ち上がって声を掛けて呉れる。(アベノハルカスが見える)30㌔近く先の西日本最大の高さの建物を教えてくれる。しかし親父の反応は今イチだった。びっくりすると思っていた先客はそのまま立ち去る。紅葉は綺麗に撮れているが見頃は来週?それとももっと遅れる?

Img_4178 Img_4179 Img_4180 Img_4184 Img_4186

帰りに格安携帯のショップに立ち寄る。優しいSさんは居た。しかし先客のおばさんの対応をしている。このオバはん。会釈をして話が終るのを待っていると話が長い。空気を読めないオバはん。待ち切れないのでカウンター内の声を掛けて呉れた女性に要件を告げる。

しかしこのオネーちゃん顔はきれいだったが専門知識が無くて対応が出来ない。諦めて席に戻る。流石にSさんがオバちゃんの話を終らせる。それでもオバちゃん挨拶も出来ない。親父も偉そうな事は言えないけれどその程度の空気は読める?早起きは三文の徳にもならなかった?マー色々ありますよ。明日も天気は良い?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

早起きは三文の得?

何でだろう?久し振りに用も無いのに早起き。歳を取ると早寝早起きが当たり前になると言われているが親父の場合その生活パターンが全く逆。所がその生活パターンが少しずつ変化している?夜、一人でぼんやりしていると急に眠くなる。今迄は全くなかった生活パターン。

その時は何も出来なくなる。椅子にもたれて懸命に眠気と闘いながら正気に戻ろうとしている。これからそのパターンが定着してその時点で布団に転がり込む?そうなると御終いだな?どうして?それが普通だろう?10月に後期高齢者になって保険料の通知は無いがその通知も今週中にやって来る?

保険料の支払いは今月から。来年の3月までは納付書で納付。新年度4月からは年金引落と法律で決められている。その事を知ったのは最近になってから。多くの後期高齢者はそれで問題はないと思っている?確かに年金天引きにすれば保険料の取りっぱぐれは無い。

最近年金の支給総額が減っていると言われるがそれは多くの天引きの所為。後期高齢者の健康保険料は多くの人が月額1万円前後。その金額が高いという人は居ても安いと喜ぶ人は少ない。その保険料がこれから高くなることはあっても安くなることは無い。

その為の対策が求められても高齢者の健康管理は自己責任。元気な人は少なくなり医療費は増えてもその自己負担(窓口負担)は医療費の1割。しかも所得が少ない人は保険料も窓口負担も免除される。それではこの健康保険制度だけで無く国民健康保険も破綻する。

それだけでは無い。給料天引きのサラリーマンの保険料も所得額増えれば多くなる。親父達が現役世代の時でも4万円を超えていた。今ではどうなのだろう?そんな報道は全く無い・医療費は当然タダではない。多額の(高額の)医療費が安い自己負担で受けられるこの保険制度もいま、深刻な破綻の危機にある。

それでも多くの患者にも医師にもその深刻な認識はない。政府も尤もらしい事を言いながらその対策はかんばしくない。芳しく(かんばしく)無い?この言葉も多くの人は知らない?(芳しく無い。芳しい。立派。ないだから立派の否定。)よろしく無い。そんな事も分からない?

親父の相棒のMacBook Rroも完全にダウン。中々立ち上がってくれません。立ち上がってくれないと画像(写真)の取り込みが出来ない。梅田のアップルの量販店で10万円程度のパソコンを探さないといけなくなる。親父の使用目的だけ満足させてくれたら充分。それが中々難しい?

Img_4056 Img_4057 Img_4058 Img_4060

どうにかパソコン(マック、プロ)が立ち上がる。しかし長い間(9年間?)お疲れさんでした。お役目終了も時間の問題?親父は困るけれど文明の利器も永遠に役目を果たす事はむつかしい。原因は内蔵電池の消耗?色々診断してもらったが信じられない事に寿命?文明の利器もその程度?親父が何時迄も偉そうな事を言える保証は何も無い。がっくし。

Img_4064 Img_4065

それにしてもお役所仕事とはこういう事。親父のクレームで無様に歩道の一部を占拠していた木が切り倒されてその株だけがのこされている。これだけでは歩道の通行を邪魔する事を行政は認識していない?何度も記事にしたがここは土木事務所が管理する歩道。これだけの歳月この木が放置されクレームをつけられると開き直った様な対応。これは許せない。

日本は法治国家でしょう?違うのかな?土木管理事務所の責任者の責任が問われてもその認識は無い?その認識は聞いて見ないと分からない。

Img_4067 Img_4068 Img_4069 Img_4071

今年も残り50日。令和元年も静かに過ぎて行く。それにしても今年も大変な自然災害が起きているが(今でも生活再建が侭ならぬ)地域もあるがそんな事はどうでも良い?もっと人間は人を思う気持も合っても良い?そんな言葉を口にすると笑われる。?

Img_4074 Img_4075 Img_4076 Img_4077

この坂道の途中に車を停めるとどんな危険が発生するのか?その程度の事も分らないおっさんがカメラを向けられるとぶつぶつ言っている。この坂道は狭いけれど一方通行では無い。上から降りて来る車や自転車は下から上がって来る車の正面に出無いといけない。その程度の事が分からない?分かっていても無視?交通事故が減らない理由が良く分かる。

Img_4078 Img_4079 Img_4080 Img_4081

城跡公園到着。紅葉が始まっているが今年の紅葉は今イチ。それでも見方を変えれば素晴らしい秋の景色が見れる。現役時代。親父は工場の中で難しい顔をして必死に働きそして無視された。どんなに一生懸命なっても自分に出来る事は当たり前では無い。それを押しつけられる部下はたまった者では無い?それが分からなければ立場が変わった時に完全に無視される。

Img_4084 Img_4085 Img_4086 Img_4087

その程度の事がこの歳になっても分から無い?否、死ぬ迄解らないに違いない。その事が分かれば生き方が変わる?いいえ何も変わらない。その事を棺桶に入っても分からない?そうかな?しかしそれはそれで幸せな生き方かも知れない?違います。人の考え方は簡単に変えられる。その事が分かる人が本当は一番幸せに違いない。そんな生き方は出来ない?だろうな。

Img_4088 Img_4089 Img_4090 Img_4091

ただ誰もが願っている幸せは意外に身近にある。その事に気付いている人とそうで無い身勝手な人の差は大きい。ところが世の中そんなに甘く無い。お友達としか良い関係を作れなくても他よりマシ?そう思われているリーダーがこの世の中を取り仕切る?

そんな国家は長くは続かない?そんな世の中は長くは続かない?そんな会社は、そんな組織は、そんな地域は、そんな家庭は?長く続かない?続いているじゃねえか?確かに?ただそんな歴史は世界中何処にも無い?嘘だろう?本当です。知らないと言う事はそう言う事です。いずれ老い朽ちる。

Img_4092 Img_4094 Img_4096 Img_4097

台風19号の被災地からの映像が流れている。被害の規模が大き過ぎて行政は為す術も無い。行政では手に負えなくも国のレベルでも如何ともし難い?それでも天皇即位の行事はパレードは日程を遅らせたが中止される事は無かった。その中継放送は見る事は無かったが何とも遣る瀬無い公共放送の絶叫。総理大臣迄もが何で連呼されるの?そんな放送の視聴率が30%?

嘘でしょう?沿道の祝福の人達は嬉々としていたが被災地の事は頭の片隅にも無い。思いがけない災難で困っている人が居てもそれとこれとは別。?何とも理解出来ない。これが現実なら世の中は何も変わらない。令和の時代が終わる迄には親父は間違いなく生涯を終える。

そんな事はどうでも良い。それが国民主権と呼ばれる現在社会。理想と現実。多くの人が問い掛けた豊かな社会とはこう言うもの?それだけは間違いに違いない。それでもそうは全く思わない、思われない日常も否定出来ない。それでも地球は廻る。これはガリレオ、ガリレイの言葉です。この国も未来もその程度の物?希望ある限り若く失望と共に老い朽ちる。(サミュエルソン)

Img_4098 Img_4099 Img_4100 Img_4101

樹の枝にぶら下がると懸垂はおろか、ぶら下がる事も出来ない。それだけ身軽では無い。20数年前に左の腕が真上迄上がらなくなった時、名古屋大学の若い医者は(手が全く挙がらなくなった時何とかしましょう)そんな馬鹿な事を言っていた。

その肩の筋肉は無くなり枝にぶら下がっただけで痛みが走る。それでも自分のリハビリで何とか生活に支障は無い。人間の体もそんな物?違う事は分かっていても先端医療も無限では無い。無限の力。それはどんなにお金を積まれても手には出来ない。

Img_4102 Img_4103 Img_4106 Img_4111

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

秋が深まる それでも今年の紅葉は今イチ 夏の暑さはモミジの葉先も焼いている?

Img_3997 Img_3998 Img_4000 Img_4001

昨日歩いた道。この橋は猪名川に掛かる橋。ここ迄の歩道は広い。この先も安全。しかしこの橋の上は狭い。以前歩いた時に車道の車のスピードに体がふらついた事を覚えている。車の流れるのを見て小走りに渡る。この右側に素晴らしい景色が見れる。

Img_4002 Img_4005 Img_4007 Img_4008 Img_4009 Img_4010 Img_4011

江戸時代の詩人がここに立ちこの素晴らしい景勝地を目の当りにして詠んだ句が残されている。しかし久し振りに見たこの句は辛うじて当時の面影を伝えていた。足を止めてこの素晴らしい景色を眺める人はいない。

100前の景色は100年後に残される保証は何も無い。それでもこの素晴らしい景色をアッピール出来ないお粗末なこの町の観光案内。行政と観光ボランティアの連携はこれが現状。5年前?にその事を取材した町の観光案内は見る影も無かった。

管理者達は何をしているのだろう。これはこの町だけの事では無い。日本全国大同小異?地域の活性化とは何?地域を再生させるどころか日本の地方は衰退の一途を辿っている。それでも役所の部課長にそんな危機感は無い。関係ないとでも思っている?

そんな仕事の仕方が批判されない?働き方改革?何処の国の話だろう。こんなインチキが何時迄許される?地方が潰滅する迄?そんな事は無いだろう?そう思っていたけれどこの先、人の姿が殆ど見られない。この先に道の駅がある。

この道の駅も数年先には無くなる?嗚呼。ご心配なく。発展的解消。その移転先の用地買収もこの道の駅の買収先も決まっている?知らないと言う事はそう言う事?それでも地域の人達全てが豊かになる訳は無い?どういう事?そう言う事。

Img_4012 Img_4013 Img_4014 Img_4015

前回この道を歩いた時もそうだったが小綺麗な休憩所が無い。これだけの耕作放棄地はあっても活用出来ない。人々の働き場所を確保するには地域の人が色々知恵を出し合うしか無いがそんな知恵も無い。行政の無策?農協の無策?地域住民の無策?それを言っちゃオシマイやろう?立ちション。1回目。木々を見上げていた。

Img_4016 Img_4017 Img_4018

ここから8㌔先に素晴らしい公園がある。しかしその公園も平日は閑古鳥が鳴いている?(宝塚西谷の森公園)流石にここから8㌔弱では歩けない?全然。車で10分足らずの道も親父の足では3時間弱。元気な高齢者がこれから多くなれば様子は変わる?この街にもボランティアで観光案内をしてくれる人がいるが申し込みの人数が3人以上、3週間前の申し込みでは役に立たない?

親父がそんな会社を立ち上げますか?何時でも何処でもご案内します。料金はお一人1000円。3時間コース。そりゃ商売にならない?スイスの様に健康ハイキングガイドの立ち上げが必要?それにはもう少し健康に対する意識の変革が必要?確かに。

Img_4019 Img_4020 Img_4021 Img_4022

広い県道12号線は猪名川の右を進むが旧街道はこの川の左の山裾?車は通れないが立派な遊歩道が整備されている?歩いていないので分からないが猪名川町観光ガイドブックを見るとそんなハイキングコースと悲しい歴史の伝承がある。

Img_4024 Img_4025 Img_4026 Img_4027 Img_4028 Img_4029 Img_4030 Img_4031

そう言われて見ると確かにこの道は旧街道では無い気がする。近代になって道が整備され直線的な道が完成した。県道12号線の開通時期を調べて見ると面白い。アホ。

Img_4032 Img_4033 Img_4034 Img_4035

この辺りから段々暗くなる。それでもまだ元気に歩いて居た。この左側に立派なグラウンドとスポーツセンター(体育館)がある。我が街にも立派な体育館があるが利用者は限られている。高齢者の為の高齢者のスポーツセンターは何処に在るのだろう?

そんな問いかけは無い。信じられない事に元気な年寄もこれから多くはならない。何でだろう?それはね。歩けなくなるから。その程度の対策を考える事が出来ないお役所?そんな無い物ねだりをすな。元気に生きる術は自分で手にするしか無い。

その程度の事も学習出来ないオバカな地域振興?誰もそんな事は思っていない。そうかな?色んな高齢者を見ていると可哀相になる?(余計なお世話)元気な伯母婆は多くなっても元気な伯父爺は本当に少ない。自分の体は自分で変えられる?誰もそんな事は信じていない?

Img_4036 Img_4037 Img_4038 Img_4039 Img_4040_20191112011801 Img_4041_20191112011901

この郵便局で前歩いた時にトイレを借りれなかった。昨日は日曜日自動現金支払機もお休み。郵政民営化を元総理が実現したがサービスは何も変わらない。それでもこの郵便局は地域の交流の窓口。トイレもお貸し出来ないと言われた事を思い出す。あの時はこの先の人通りの無い車道の道端で立ちション。今回も同じ事をしていた。変わらんのう。この先のバス停で引き返す。歩いた距離は7㌔前後。まだまだ歩けたが暗くなる。

Img_4042_20191112012601 Img_4043 Img_4044 Img_4045 Img_4046 Img_4047 Img_4048 Img_4049 Img_4050 Img_4051 Img_4054 Img_4055

この先を歩くのは暫く先になる。その前にこの手前の気になっている旧道を歩いてみたい。この道が本当の丹波道に違いない。丹波の冬の雪に閉ざされた生活は今は無いが昔はそうでは無かった。貧しい農民達は稲刈りを済ませるとこの道を歩いて大阪北摂の造り酒屋に出稼ぎに来ていた。

出稼ぎで半年暮らして後の半年は寝て暮らす?とてもそんな贅沢は出来なかった。今では反対に地方の人達が豊かな生活をしている?そんな生き方を変える気は無い?オバカな都会の暮らし。そんな生き方はまだまだ続く?そろそろ腰を上げなはれ。そう囁かれている。

 

 

| | コメント (0)

地方創生 地域の活性化 その現実は何も知らない それでもこの国の未来は明るい?アホか

Img_3974 Img_3975 Img_3978 Img_3980

何処か懐かしい日本の風景。こんな景色が見れるのも久し振り。しかし今済んでいる所から1時間足らずでこの景色が見れる。この町は隣の隣。今は道が整備されているがこの地域は田舎も田舎。田舎のど真ん中。そんな事を言えば叱られる。それでもこの写真を見ればそうでは無い事を思い知らされる。

ただ日本にはもっと多くの田舎がある。その事を多くの都会人は知らない。田舎に少し足を伸ばしなはれ。都会の生活では全く見えない暮らしがある。ただ働く場所がない。その戦略が町役場、市役所には無い?ところがそれも違う。この素晴らしい環境の近くに新しい道の駅が出来る。大きな物流倉庫が出来る。大きなショッピングセンタ−が出来る。

ただそれでも働ける場所が限られている?それなら自分でパソコンだけで仕事が出来る環境を作る?無理だな?そんな時代がやって来る?どうかな?それはこれからの生き方になる?そんな事は全く報道されない。働き方改革?地方創生?何時迄そんな間抜けな事を言いながら補助金をバラまくのだろう?

この街の農業委員会の女性から啖呵を切られた事はわすれていない。どんなつもりで言ったのか理解出来なかった今ではその事が良く分かる?(私達は農家の人達の利益を守る)農家の生き残りは変革しか無い。その知恵も決断力が無ければその先は見えている。その程度の事が分からない?その証拠をお見せする。見たく無い?ならこの先は読まないで下さい。不愉快になるだけです。

Img_3981 Img_3982 Img_3983 Img_3984

この鱒つりの場所には近くに素晴らしい広場がある。川の中も整備されているが駐車場が整備されていない。魚は何時何処で誰がどれ位の料金で釣れるのか?案内、宣伝の看板が見当たらない。川を環境を整備しているオッサン達は居るがうっとおしい感じで仕事終いをしていた。漁協のやる事はこの程度の事?それでは都会から人は呼び込めない。その程度の事も分らない。町役場の指導、協力が無ければ駄目だとは思わない?戦略が無いと言う事はこういう事?余計なお世話。確かに。

Img_3985 Img_3986_20191111124701 Img_3987_20191111124801 Img_3988_20191111124801

近くに有名なお寺さんがある。しかし訪れる人は殆ど居ない?(予約をすれば住職が案内して呉れる)そんな説明をこの町のホームページで読んだのも数年前の話。今ではどうかは分からない。第一そんな人はどれだけ居るのだろう?そんな生き方、考え方の人は殆ど居ない。お寺が賑わう事は無い。それで良い。そう思われている?

Img_3989_20191111125401 Img_3990_20191111125401 Img_3991 Img_3992

このお寺さんの詳しい説明はネットで検索すれば良く分かる。今はお坊さんも格式が高くて仏の生き方を語る人も少ない。以前は新興宗教でも激しい客引きが行われて親父もその集会場に引っ張り込まれた事があるが現在はそんな事は全くされる事もない。若者達は勿論、親父達棺桶の近い高齢者でも仏様を信じる人は少ない。天皇陛下様、皇后陛下様の方が有難い?そんな生き方をしている。

Img_3993 Img_3994 Img_3995 Img_3996

偉そうな事を言っている親父でもお参りをした事が無い。現在の人達の生き方は変わっていると言われるがそれも違う。江戸時代のそのまだ先のこの国が安定していなかった室町。平安の時代でももっと前の古代でもこの国の多くの人の暮らしは豊かでは無かった。現在は豊かな社会と言われるがそれにはその豊かさを手に出来るお金が要る。その事を考えると昔と今は何も変わっていない。

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

久々の猪名川町 丹波篠山街道 歩く人は居ない

Img_3912_20191110200101 Img_3914 Img_3915 Img_3916 Img_3917 Img_3922_20191110200201

この地名を読める人は地元の人以外ほぼ居ない。その理由はこの字が当て字だから。と言われても分から無い。当て字?辞書で引いてみると?漢字本来の意味に関係なくその音や訓を借りて使われる漢字?そう言われても良く分からない。ただ例で示されると良く分かる?目出度い(めでたい)、野暮(やぼ)呉呉(くれぐれ)等。ただこの当て字は出鱈目(でたらめ)ゆうだと読む。それは無いだろう(笑い)

Img_3920_20191111005401 Img_3924_20191111005501 Img_3925_20191111005501 Img_3926_20191111005601

昨日はここから嬉々として歩いて居た。歩き始めたのが3時半過ぎ。暗くなる前にバスに乗るつもりだったがバスに乗った時は暗くなっていた。でも楽しい出合いも在りました。2年振りに訪ねた温室のイチゴ園。社長は居ないと思っていたが覚えてくれていました。親父さんと嫁さんにも合う。皆さんお元気でした。社長の親父は同世代。お元気でした。

Img_3949 Img_3952 Img_3956 Img_3957

犬の散歩ならぬ羊の散歩。近くの叔父さんに声を掛ける。ところがこの親父さんが社長の親父だった。勘違いしてこの温室のイチゴ栽培の職人さんと勘違いしていた。社長の会話の中で噛み合なかったがイチゴ栽培の職人では無かった。帰りに非礼を詫びる。

Img_3960 Img_3961 Img_3958 Img_3959

イチゴ栽培、イチゴ農園、イチゴ事業は思惑通りの成果を上げていた。しかし地域の農家とは違うビジネスを展開していた。儲かるイチゴ栽培農家のイメージは全く無かった。付加価値の高いイチゴ栽培。イチゴ狩りは完全予約制。高級価値で勝負していた。この街の農協には出来ない経営?この街の行政には出来ない経営?その現実は一見にしかず?行政にはその程度の事が分からない?

Img_3964 Img_3965 Img_3966 Img_3967

このグループホームは民間の老人介護施設?これから迎える高齢化社会。公的施設は限られそれに直ぐには入れない高齢者のグループホーム。土地はいくらでもあるからすぐ建てられる?しかしすぐ前は府道。交通量も多い。煩く無いのだろうか?慣れれば気にならない?

Img_3968 Img_3971 Img_3972 Img_3973

ここから一気に懐かしい日本の原風景?を2時間近く歩く。距離は6㌔前後。この道を昔の人は歩いている。そう思えば感慨無量だった。昔と言っても江戸時代の中頃から?その当時は今とは違ってこの道も細い道だったに違いない。その道を歩きながら何を考えていたのだろう?それは豊かさを求めていた出稼ぎの道?それだけではなかった事も現在人は全く知らない。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

些細な事で予定変更 日本の原風景歩けず それでも明日がある

今日はクリーニングに出しているカッターシャツを取りに行ってそれからお出掛けの予定だった。自転車で出掛ける。ところがそのお店は取次店。まだ返って来ていなかった。今迄多くのクリーニング取次店で不愉快な思いをしているがその理由はクリーニングの取り次ぎ店だから。しかし出来上がりはハッキリしている。当たり前だろう。その程度の事が取次店では分からない。

どんなに気持の良い対応をして呉れて居てもお客の評価は逆らえない。多くの人が勘違いしている。何気ない一言が相手を傷つけている。殆どの人が競合店を意識していない。親父もそうだった。警備員の分際で偉そうな事を言うな?よく言われた言葉。それだけ偉そうにしていたのだろう。その態度は今でも何も変わっていない。

だから人の気持をよく理解しろ。自分の思いの侭生きられると思ったら大きな間違い。どれだけ多くの人に言われた言葉だろう?しかし世の中その程度の常識が非常識。総理大臣から警備員の世界迄逆らう者は排除される。そんな世の中を変えれる者はいない。?

クリーニングの親父に言われた言葉。出来上がりの日は明言出来ない。そんな店にはクリーニングは頼めないと文句を言うと(上等)と開き直られる。そんな商売が何時迄も出来るのかい?そう思いながらよく考えて見るとこの取次店は繁昌している。何でだろう?その理由は明確だった。

親父さんのはっきりとした物の言い方としっかりとした仕事。そしてクリーニング代の安さ。ただこの親父も何時迄も元気には仕事は出来ない。その程度の覚悟も無い。それでも良いのだろう。楽しみは競馬の小使い稼ぎ。(実際は負け続けても)そして晩酌の一杯。その程度で充分。

クリーニング店から帰ったら出掛ける予定にしていた猪名川町の懐かしい道は明日に延期をする。シャツの出来上がりが3時半を過ぎてからと言われたので取り止め。昨日と同じ散歩コースを歩く。しかし同じ道でもチョと違えば様子は全く違う。そんな酷い光景を目にする。

Img_3820 Img_3819 Img_3818 Img_3821

ようやく写真の挿入が出来る。相棒(MacBook、Pro)の調子が極端に悪くなっている。中々立ち上がってくれない。その弱ったパワーを何とかして甦らせようとしているので勘弁して下さいと言われている?ところがこの写真がやっとアップ出来る。

何たる事をしてくれるのだろう。ここは親父が一人で散々綺麗にしろと行政に喚いている所。しかも行政も何とかしょうとしている所。ところがその場所がこの有様。地域分権?公園みどり課?街づくり交通課?その他多くの行政が(市役所が)やろうとしている事をぶち壊すオバカが居る。これは不法投棄。警察に告訴させる。(する訳が無い)

Img_3822 Img_3823 Img_3824 Img_3826

この様は何たる事?この歩道を管理していない池田土木事務所の環境整備グループ?今迄担当課長と話をして来たが土木事務所の責任者と話をしないといけない?何たる情けない?ナメられた仕事をしているのだろう?そこ迄言われても彼等はこの程度の仕事しか出来ない?それともそんな苦情は何も無い?だろうな。無様な仕事をしている。

Img_3828 Img_3829 Img_3838 Img_3839

綺麗な街は造り上げる事は難しいけれど何もしなければ綺麗にはならない。汚い街でも住んでいる人は何も困らない?そんな池田の街を多くの人は知らない。市役所の多くの管理監督者と話をしたが信じられない事にこのブログに対する反応は全く無い。これは何もこの街だけの話ではない。日本全国多くの街でそれが日常の風景になっている。

Img_3840 Img_3841 Img_3842 Img_3843

これから素晴らしい紅葉の季節。それでもこの程度のアホも居る。ゴミの出し方も分からない。そんな色んな生き方を正す人もいない?そんな事は無いだろう。天知る。地知る。己知る。天地仁。そう言われても分から無い。

Img_3844 Img_3845 Img_3846 Img_3847

何だかんだ尤もらしい事を言ってもこれから問われるのは日々の生き方。金持ちはより豊かになり貧乏人は一層貧乏になる。人は皆等しく豊かに生きる能力を手にしている。問題はその能力をどれだけ活かせるかが問われる。その結果が今?そう考えると5年先、10年先の自分と地域と国家がよく見える。三益一如。その言葉を信じていたと言えば嘘になる。

Img_3848 Img_3849 Img_3850 Img_3851

関西の天気は明日迄は崩れない。明日は天皇陛下の即位記念のパレード。ただそれどころでは無い人も居る事を全く伝えない報道。そんな時代も何時迄もは続かない。そんな思いは全く無いのだろうか?国民は主権を手にしているのだろうか。その事を問い掛けてみょう。

Img_3852 Img_3855 Img_3854 Img_3858

関西は急に寒くなりました。しかしそれは親父が季節を認識していないだけ。北海道ではもっと寒い。そして九州ではまだまだ暑い?そんな報道は殆ど無いので知らないだけ。知らないと言う事はそう言う事。何たる皆様の公共放送?何たる民法?こんな放送局は要らない?ところがそうでは無い?そんな生き方をしている。(笑い)偉そうに言うな?アホは黙っとれ。

Img_3859 Img_3863 Img_3865 Img_3867_20191110122601

ここは五月山山麓。街中からここ迄2㌔。歩いてここ迄来る高齢者はいない。高齢者はここ迄来る足腰と気力が無い。と言う事はこの景色は見れない?見れません。見る気も無い?どうしても見たいと思えば車で来れるが簡単に車が停めれる駐車場も無い。

Img_3868 Img_3869 Img_3872 Img_3873

まだ紅葉の時は迫っていない。この紅葉(モミジ)が息を吞む深紅に替わる時は残念ながらホンの一時。その理由も多くの人は知らない。そんな事もどうでも良いのだろう。(秋の夕日に照る山モミジ濃いも薄いも数ある中に)小学校童謡もこの先は知らない。

Img_3875 Img_3876 Img_3877 Img_3878 Img_3879 Img_3880 Img_3883 Img_3887

珠に出合う人と顔を合わせる事も無い。親しげな顔は誰もしていない。声を掛けると表情は変わるが殆ど素知らぬ顔をしている。そんな人と言葉を交わす事は無い。それよりも何時歩いてもこの道は新しい発見と感動がある。それでもいずれこの道も歩けなくなる。足腰が本当に情けなくなっている。それも必然の事だろう?

Img_3888 Img_3889 Img_3891 Img_3894 Img_3892 Img_3893

 

 

| | コメント (0)

秋は着実に進んでいる 急に寒くなる 

Img_3734 Img_3731 Img_3730 Img_3729

昨日は懐かしい道を歩くつもりでしたがグズグズしていて遅くなる。それでも予定は未定。親父の様な生き方をしていると簡単に変更出来る。昨日予定していた道は今日歩ける?日本の原風景の道?それよりも開けているかな?

Img_3727 Img_3726 Img_3724 Img_3723_20191109110301

桜の枯葉が風で吹き溜まりに寄せられている。看板に偽りあり?テレビを見ていると健康食品のコマーシャルが多いが良く見ると(これは個人の感想。効能を保証するものでは無い)と書いてある。しかし文字は小さいし多くの人はその宣伝に意識が左右される。自分の健康を維持する為に多くのサプリメントを通販で買うのはお金持ち?それとも貧乏人?どちらも違う。?

Img_3722_20191109110301 Img_3721_20191109110301 Img_3720_20191109110201 Img_3719_20191109110201

これからこの場所が改善される事は無い。「9月末迄に綺麗になります」行政の間抜けな言葉は信じていなかったが案の定。それでもこれが地域のまち、ひと、しごとの創成戦略。この道を他所とは違う街の顔に出来ない。行政の仕事のやり方を批判する市民もいない。この現実を見て親父にケツを捲ったオバカな行政の担当者。彼等を管理している管理者。眼を覚ませ。無理だな。(笑い)

Img_3718_20191109110201 Img_3717_20191109110201 Img_3716_20191109110201 Img_3715_20191109110201

この石の彫刻はタイルの看板が一部割れて見えなくなっている。その対策、改良にお金を掛けている?この場所を綺麗にすると明言した行政の責任は誰も何も感じていない。(石器時代からの宅急便)何たる皮肉な看板はきっちり残されている。

Img_3739Img_3735Img_3743Img_3742

城跡公園の木々も色づいている。しかしこの木々が大きな幹になるのはまだまだ多くの歳月が掛る。その時を親父達は見る事は出来ない。それが人生。それが厳しい現実。ところがその程度の事も分らない。それでも平然としたツラをして生きられる。その程度の生き方しか出来ない。その事が分かれば3年先の生き方は見えて来る?無理だな。(笑い)

Img_3753 Img_3752 Img_3751 Img_3749

昨年からこの素晴らしい菊花展は開けなくなったけれどこの素晴らしい秋の風景は何も変わっていない。今は多くの情報を簡単に手に出来る世の中に替わっていると言われるがそれも嘘。その証拠がこのインチキな世の中?誰もそんな事は思わない。?

Img_3748 Img_3747 Img_3746 Img_3745

本当の現実。本当の生き様。本当の秋。そんな物は無い。価値観は人、それぞれ、その価値観すらどうでも良いと思われている世界。ひどいオバはんが居るね。横断歩道に車をバックで停め注意されても開き直る。電車の中でデカイ声で笑いあうネエちゃん。男だって同じだろう?確かに。その程度の生き方しか出来ない?そう思えばどうって事は無い?

Img_3766 Img_3762 Img_3761 Img_3760

写真では綺麗に見える五月山山麓の親父の休憩所。これからは紅葉が見事に色づくので先客も多くなる?そんな事はありません。何時来てもゆったりとした気分で一息が付ける。運悪く先客が居れば素通りをするか話掛ける。その選択は気分次第?相手次第?一目見れば相手の対応が良く分かる。まず外れない。外れてもさり気なく立ち去るだけ。それで充分。無礼?とも言われる。

Img_3769 Img_3777 Img_3768 Img_3785

昨日も天気は良かった。今日も快晴無風。台風の被害にあってその復旧作業に大変な報道は何も無い。政府はお金は出しても人は出さない。明日は天皇陛下のパレードが厳重な警戒の中で行われる。被災地の事を考えると複雑な思いがする。そんな事も関係ないととぼける人も居る。

Img_3791 Img_3793 Img_3799 Img_3800

近くに水琴窟がある。この庭は近くの人でも殆ど知らない。その紅葉もまだ木が小さい。この枝が大きくなる時親父の人生も終る。それとももっと長く生きられる。それは無いに違いない。その可能性を求めるとしたらその程度の仕事をしなけれな意味が無い?どんな事にも意味があると教えられた現実は本当に厳しい。これからその事を思い知らされる?そうかな?

 

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

昨日の安威川ダム 知らないと言う事はこういう事 どういう事?

Img_3592 Img_3595 Img_3597 Img_3599

安威川ダム建設現場はこのお寺さんの真ん前の谷、そして対岸の山。その山の上迄切り崩されている。その原因はこのダムの両側の地質は瓦礫(がれき)岩山では無い。何でこんな所にダムを造る?その批判に耐えれる様にダムの方式がロックフィル。そう言われてもそんなダムを知る関西人は多くは無い。

岩の寄せ集めでダムになるのか?親父もそんな事を思っていた。大丈夫です。しかもこのダムは地質が弱い谷のダムで多く採用されている。日本の多くのダムはコンクリート重量式。コンクリートの重量、重力でダムサイト(ダムの仕切りの場所)に掛かる力を受け止めている。分からん。だろうな。

Img_3657Img_3658Img_3659Img_3660

ロックフィルダムで全国的に有名なダムは御母衣(みぼろ)ダム。しかしこのダムのスケールは比べ物にならない。御母衣は貯水量は370000t、全国5位の大きさ。安威川ダムは良く分からない1800万立方メートル。トンに換算すると分からない?とにかく桁が違う?(1tは1000ℓ、1立方メートルは1t)比べ物にならない?

Img_3602 Img_3611 Img_3612 Img_3631

大門寺本堂は昨年の台風の強風で境内の大木がなぎ倒されて見るも無惨な姿に変わり果てていた。本堂はこの場所で再建されると思っていたが近くの高台に移転する。その造成工事が高台で行われていた。

Img_3603 Img_3605 Img_3608 Img_3609

このお寺さんは今では参拝者も少ないが平安の昔は関西だけでなく日本を代表する仏教の大寺院で多くの修業僧がこの人里はなれた山の中で修業をしていた。この地に足を踏み入れてみると高野山、比叡山に劣らぬ自然がある。ただ空海がこの地に9年間も滞在しても満足出来なかった事。それはこの寺院が既に完成していた事だった事だろう?今はその面影は全く残されていない。

Img_3613Img_3614Img_3615Img_3627_20191108232001

あと3週間もするとこの境内も多くの人でモミジ狩りで賑わうが今年は残念ながらそんな趣(おもむき)はない。昨年の台風はこの寺を強風でなぎ倒された大木で無惨な形に替えている。僅かにひっそりと残されていた本堂と庫裡(くり)を大木が直撃している。住職と一度話をしている(うかがっている)が怪我をしなかった事が不幸中の幸いに違いない。

Img_3616 Img_3618 Img_3632 Img_3630

空海はこのお寺さんに9年間滞在をして何を修行したのだろう。その事はこの寺に住みついて体験しないと分からない。9年後の生き方は分からない。しかし間違いない事はその時この地域は大きく変わっている。親父が今一番願っているこの地域の活性化は期待出来ない?それでは困る?誰も困らない。それぞれの人がそれぞれの思いを重ねてもそれが大きな動きにはならない。

これは日本全国の地方が抱えている致命的な課題。多くの人が多くの希望と夢と期待を口にはするけれど成功体験は限られている。その成功事例を検証出来ない行政の間抜けさは何なのだろう?それは地域の人にも問題がある。人のふんどしが無ければ地域の活性化は出来ない?だから政府の支援、行政の支援を期待する?それでは結果が眼に見えている。それともここは違う?

その結果を知る時は2年後にダムが完成して試験湛水を終え供用が開始されて3年後?今から7年後?その時はこのダムの西側数㌔先の第二名神からの広い道も完成している。素晴らしいダム周辺地域が整備されて多くの人で賑わう。親父の終の住処もこの近くになっている?そんな夢を実現する為にエンディングロードマップを考えている。

Img_3633 Img_3634 Img_3635 Img_3638

ダムサイトが完成して貯水が始まると正面の工事用の橋も安威川の流れも湖底に沈む。ダムに溜った水が右の山の中に掘られた2つのトンネルで一定量水が放流され湛水(水を貯める)。水は1年の長い期間(梅雨と台風の大雨の時)を掛けて湛水される。

関東の八ッ場(やんば)ダムが無駄な公共工事でなかったと今年の大雨の被害で得意げのその成果を宣伝している関係者と報道機関があるがそれも間違い。丁度1000億を越える本体工事が完成して湛水の時が重なっただけ。

その程度の事も報道出来ないゴミ達。その代償は小さく無い事もこれからの課題。そんな報道は何処にも無い。当然何も知らない。知らなければ何も語れない。それでも何も関係ない。現場が見れて近くの温泉旅館で美味い物が食える可能性は殆ど無い。

Img_3646 Img_3647 Img_3650 Img_3655

このダムの建設最大の目的は洪水対策。ところがこのダムの建設工事の主体者は大阪府?大阪府にはそんなお金は無い。当然国土交通省の指揮命令が入る(はいる)国の事業である事に何も変わらない。ところが大阪府の担当者達はそうは考えていない。この工事がお金が掛かり過ぎて中止に追い込まれそうになった時どうしたのか?そんな事は大阪府民の多くは知らない。

ダム本体工事は中断しても周辺のダムに沈まない立派な道を整備し、住民の移転交渉を進めた。そのお金は数百億円?明示されていないので知らない。ところが彼等はそうは言わない。折角の洪水対策、利水対策の工事を中断するのは勿体無い。

そのダムの本体工事は規模を少しだけ小さくして3年前に工事は目出たく再開される。その当時の経緯も多くの大阪市民は知らない。ダムが完成したその後の活用方法は現在茨木市の担当グループ長が中心に進められているが計画は素晴らしい。

問題はその実行とその評価。残念ながら大阪府と国はどれだけ汗を流すのだろう?それが期待出来ない。大阪府と大阪市の二重行政の解消の為に大阪都構想?そんな威勢の良い言葉を口にすればオバカな府民、市民はその政策を支持する。知事も大阪市長もそう考えている。ならばこの茨木市も同じだろう。知事がどれだけ汗を流せるか?そんな報道は殆ど聞かない。

Img_3651 Img_3636_20191109014101 Img_3653_20191109014201Img_3645

Img_3654 Img_3658_20191109014401

同じ写真が重なったがロックフィルダムとはこういう形になる。このダムサイトの上は歩道が整備される?それは分からない。御母衣ダムに行った時、その事を愉しみにして居たが雨でその目的を達成する事は出来なかった。その代わりに立派な記念館が下にあった。ここではその建物は対岸の左に出来る?それも分からない。

Img_3667 Img_3669 Img_3670_20191109015201 Img_3682_20191109015301 Img_3685_20191109015301 Img_3698 Img_3689_20191109015401 Img_3709 Img_3710 Img_3711 Img_3712 Img_3705

 

 

| | コメント (0)

久々の安威川ダム そう言われても間抜けな多くの関西人は知らない その程度の生き方をしている

Img_3571 Img_3573 Img_3572 Img_3574

素晴らしいススキの土手。遠くに生駒の山が見える。この景色は平安の時代に空海も見ている。しかし1400年?後の今日この自然豊かな地域がこれ程の変わり様を遂げるとは空海様でも予測不可能?と言う事は同じ事がこの国の未来にも言える。現在人が生きられる時は本当に短い。親父も余命は5年?10年?15年?精々その程度。ならば今出来る事は自ずと明確?何?

それは決まっている。元気に生きる事。それだけ?それだけで充分です。他に求める事は何も無い。(嘘をつけ)バレたか(笑い)それでもこれからはその程度の事も保証されない。その事は自分の身の廻りを見れば良く分かる?何も変わらない?そんな事はありません。知らないだけ。現実は刻々と変化をしている。その事を知らないだけ?そうかもね。

Img_3575 Img_3577 Img_3580 Img_3583

この立派な道は平成21年に完成している。今から10年前。オイオイ。看板より早いのか?そうでは無いこの橋が完成したのが1年後。この橋は近くのお寺さんに向かう付け替えの橋。その証拠の看板は別にある。(そんな事はどうでも良い)そうでっしゃろ。その程度の生き方をしている。そんな生き方をしているといずれ地獄に落ちる?まさか?そんな教えも現在人は知らない。

Img_3676_20191108125001 Img_3677_20191108125001 Img_3582 Img_3685_20191108125101

この道は安威川ダム建設の為に水没する川沿いの安威川沿いの道の付け替え工事として10年前に茨木ー亀岡線として完成している。通行量も結構多いがこの道の奧にはダムに水没する集落が移転している。その集落と茨木市内を結ぶバスは2時間に1本。そんな山間過疎の集落でも人々の生活がある事を多くの人は知らない。関係ないと思っている?

Img_3587 Img_3588 Img_3589 Img_3591

ダム建設は大阪府が行っている。工事の目的は洪水対策。治水対策とも言われているが、1時期この工事は中断される。その理由は無駄な公共工事として政権交代の時、民主党に判断される。しかしながらダムの工事はその当時本体工事はまだ行われてなく住宅移転補償交渉、道路の付け替え工事が進行していた。

結果的にその既成事実でダム本体工事は工事費をすこしだけ見直すだけで再開され2年先には完成見込み。それから1年掛けて貯水が行われダム供用開始は4年後の2023年(予定)関東の八ッ場ダムでも工事が遅れた理由は現在はほとんど知られていない。

このダムが完成したらダム本来の機能(治水、利水)対策はもちろん茨木市北部地域の活性化、観光資源としての有効活用が期待できる?出来ない?その程度の事も地域住民、大阪府民は全く知らないしどうでも良い?違うと事業の関係者は口を揃えて断言するけれどその結果が分かるのはダム完成から3年後?

その時にこのブログを見直すことはできるのだろうか?ダム完成から3年後?生きている保障は何も無い。そんな生き方が求められている?今、考えている事を多くの人に語り掛けるが賛同者は少ない。それは何でだろう?宝塚北部地域の西谷でもいわれたが「私達は暇ではない」その言葉を聴いてから西谷には足を踏み入れていないが来週には出掛けますか?行かなくてもその現場は手に取るように分かる?

それがこの国の地方創生?今年は金が無くて日本全国の地方を自腹で廻れなかったがいかなくても何処も同じ。テレビの報道では豊かな人達の生活が尤もらしく語られるが深刻な現実は誰も口にはしない?そんな現実は本当に役に立たない?だから知らない?知らされない?それでもそんな地方で豊かな生活が出来る?現代人はいずれそのことを思い知る?それともそのことを否定するのはどんな人達だろう。

| | コメント (0)

北海道のニュース マラソンだけ?北海道 デッカイどう?

今日は茨木市に建設中の安威川ダムに行って来ました。そう言われても分からん?だろうな。東京の八ッ場ダムも関西人はまったく知らないし(知っている人は知っている?)その実体はよく分からない。今回の台風の大雨でその成果をどんだけ宣伝されてもダムは洪水対策にならない事をほとんどの人は知らない。そんなダムの工事が関西茨木市の中心部から10キロ足らずの所で行われている。(近場ということで正確な距離では無い?)

阪急茨城駅前からバスに乗り大門寺のバス停で降りる。このバスは車作(クルマ作り)行き。バスは何と2時間に一本。その手前の新興住宅地域行きは1時間に2本。帰りは4時26分に乗り遅れると3時間待ち。そんなバス路線もいずれ廃止される。ところがそんな事は誰も信じていない。信じ様とそうでは無かろうとそんなことはまったく関係無い。

2時間に一本のダイヤでは利用者も少ないので更に利用者は減る。悪循環。このダムの為に集落が水没し高台に移転した高齢者と小学校、中学校、高校生の足がなくなる事はない。バスの運転手もダムの工事案内所のお友達もそういっていたが現実は厳しい。採算が取れる路線は問題ないがそうでなければ路線の見直し、廃止は必然。北海道の厳しい現実はここでは全く知る由もない。

そんな厳しい北海道の過疎の現実。皆様の公共放送でも殆どの放映されることはない。北海道のそんな現実は知らなくても関係無い。北海道の厳しい原野を切り開いた開拓者達の汗と涙は現代では何も生かされることはない?そんな事はないだろう。そう信じたいけれど現実は本当に厳しい。その厳しい現実に立ち向かうまち、ひと、しごと創生戦略は無いのだろうか?そんな事は誰も信じていない?そうかな?

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

昨日は10㌔歩く 今日はその3分の一だな 

Img_3286 Img_3287 Img_3288 Img_3289

昨日は武庫川「髭の渡し」コスモス広場 と言われても多くの関西人は知らない。武庫川は親父の大好きな武田尾の更に上流三田の山奥にその源流がある。(これでは正解では無い。間違いでは無いが)詳しくは辞書で検索して下さい。最もそんな賢い人は少ないが。失礼。素晴らしい天気で素晴らしい景色が見れる。道は間違えたけれど。

Img_3290 Img_3291 Img_3292 Img_3293

目的地は分かっていたがバス停を間違える。正しくは西昆陽。この字は字は地元の人で無いと読めない。親父はこの近くを何度も歩いているので自信を持って居たが行き過ぎる。降りたのは(西武庫)同じに西でも2㌔近く南でバスを降りる。それでも間違いに気付いたのは武庫川の堤防を上がって河川敷きを見た時。

「ここは何処」?そんな感じだったが間違いに気付きながら河川敷きのグラウンドで休憩しているオッサンに声を掛ける。「コスモス広場は何処ですか?」これより上流とは分かっていたが聞いて見る。ところがじろりと一瞥(いちべつ)されて無言。ニコリともしない。この時点で親父も無視。グラウンドを横切って上流に向かう。こんな人間も居る。言葉が通じない?外国人?そうは思えなかったが最近こんな人が多くなる。

Img_3296 Img_3297 Img_3295 Img_3294

今朝はこの手前でブログは止まっているがそれには訳がある。今日は茨木安威川ダムの建設案内所のTさんに会いに行く。久し振りの再会でしたが顔を覚えてくれていました。その話はこのブログが終ってから。最近は撮り貯めた写真も遊びながらブログを書いているので多くが中途半端。

それと毎日読んで呉れているのは兵庫県の00さん。彼の為にもも少し多くの写真をアップしないといけない?ブログの写真は1月で消している。それもクレームがあるがそれだけ写真の多くのデータは残せない。この先武庫川に出る迄にも素晴らしい公園を見る。

Img_3303 Img_3301 Img_3300 Img_3299

この場所は区画整備事業で区画(公園)が整備されている。そうでなければこれだけの花一杯の公園は作れない。ただこの手入れをしている人も高齢者になり後継者は育たない。女性が働くと言う事はそう言う事?その程度の街づくりはお金が掛かる。そこん処の理解が行政にも地域住民にも無い。我が街の落選した市長が押し進めようとした地域分権。その成功体験は簡単ではない。その程度の理解が無ければ(あっても)ここでもうまくいかない。その事は既に表面化していた?

Img_3304 Img_3305 Img_3306 Img_3307

この広い草刈りは簡単でない。この程度の草刈りも中々出来ない。この程度の草刈りは道具が使える人が居ないと出来ない。今は立派な草刈り器、芝刈り機があるがそれを整備し維持管理する人が居ないといけない。その程度のことも分からない。そんな無様な公園は最後に見る。

Img_3308_20191107204501Img_3309Img_3310Img_3311Img_3312Img_3313

この堤防の草刈りは何時誰が行っているのか分からない。この堤防の上は車が片側1車線交互通行で歩行者は歩けない。路側帯はあるがとても狭くて歩けない。この道は誰が管理しているのか、警察の標識も何も無い。だが堤防の下は素晴らしい河川敷きの広場と道が広がっていた。何度も言うが堤防の上は歩けない。

Img_3316 Img_3318 Img_3317Img_3319

さすがの親父も歩けない。交通量は多い。それでもガードレールに身を寄せていると車は避けて通る。当たり前だろう。撥ねたらドライバーの過失責任が問われる。(前方不注意)。階段を登ってこの地に立っているが信じらない事に横断歩道は近くに無い。

アホだろう。アナタがね。そう言われていた。(標識がネエんだよ。アホンダラ)堤防の上を良く見ると一歩通行では無いのにセンターラインが無い。嘘だろう。警察はこれでも仕事が出来る。この道を一方通行にしない理由はセンターラインが無くても何も問題は無い?

ホンマかいな?ホンマです。写真を見直せ。これは全国何処の堤防でもよく見られる。あなたの街の堤防の上の道ももっとひどいかも?この道で死亡事故が多発しないのは歩行者が歩いていないから?こんな危ない道を歩くバカはアナタ位?アホこけ。さすがの親父もそんなオバカな歩き方はしない。

Img_3320Img_3321Img_3323Img_3331

この河川敷きは我が街の様にグラウンドとしては整備はされていない。それ程お金は掛けていないがこの河川敷きが延々と続く。コスモス広場は遠く無いと思っていたが何の何の南野陽子。止めなさい。古いシャレ。彼女の人生も波瀾万丈?この堰も水を塞き止めているので汚い。その事も多くの人は頓着が無い?治水とはそう言う事と思われている。その代償は何時払うのだろう?

Img_3326 Img_3328 Img_3330 Img_3332

この川は何故か2級河川。一級と2級河川の差は有る様で無い?ネットで調べてみますか?この川の流れは近くを流れている猪名川の西を流れているがその違いは良く分からない。そんな事もどうでも良いのだろう?違う事はこの川は国土交通省は管理していない。兵庫県が管理している。これから想定外の雨に見舞われればこの川も簡単に氾濫する?誰もそんな事は思っていない。

Img_3334 Img_3335 Img_3336 Img_3337

Img_3339 Img_3343

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

武庫川(髭の渡し)関西人でも多くは知らない 素晴らしい景色は誰の物?その事が問われても関係ない?

Img_3435 Img_3404 Img_3401 Img_3400

この場所は今年の連休前に歩いて愕然としていた。広い草むらだった。その草むらがコスモスの広場になっていた。信じられない事にこの見事なコスモスはこの場所を管理している行政(武庫川河川管理者)は直接関係していない?協力はしているが主催者は市民団体?その事が春に来た時に信じられなかった。このコスモスの種は8月に播かれ秋に花が開く。見頃は既に越ええていたが来週一杯は充分に楽しめる。観賞は無料。但し寄付金の箱がある。

Img_3404 Img_3406 Img_3402 Img_3407

この広場がある事を昨年迄知らなかった。関西のテレビの報道はその程度の事も知らせてくれない。この川の河川管理は長年に渡って関係者が苦労しているがそれでもこの少し上流はひどい堤防が草刈りもされていない。今日はその上を歩きながらぶつぶつ言っていると腹の調子が悪くなる。しかし親父の下痢は正露丸で止めているので予告無しでトイレの場所を探さないといけない。

Img_3408 Img_3426 Img_3415 Img_3442

ただこの時はまだ辛抱は出来ていた?お腹が下痢気味になるのは流石にこの場所ではイカンでしょう?親父のお腹もその程度の配慮は出来ていた?このこのコスモスのお花畑の管理と維持費の行政の取り組みは期待出来ない?どうして?おかしくない?そう問い合わせをした兵庫県武庫川河川管理室の担当の言葉は?覚えていない。河川管理と偉そうな事を言ってもその程度の仕事をしている。

Img_3418 Img_3417

Img_3419 Img_3434

この先は上流。伊丹市になる。(コスモスの広場は尼崎市)Googleマップで確認してい無いので正確ではない?しかし川は武庫川。この河川の今年度の整備計画が明示されていたので写真に収める。この事については兵庫県担当部署の話は聞いているがその事を理解出来る人は少ない。全国至る所の河川管理はその程度の事。ただこの流域の人はこの川の氾濫は心配していない。

Img_3351Img_3425Img_3437Img_3438Img_3440Img_3444 Img_3445 Img_3446

ここが堤防の上?下が武庫川の河川敷き。その左端に歩く道がある。この堤防の上は何故か草むらが続く。しかしこの道は一度歩いているので通り抜ける事が出来る。何故この草ぐらいは綺麗に刈り取らないのだろう?そんな事を言った覚えがあるが何も変わっていない?それどころかひどくなっている。ぶつぶつ言っていると正面から走って来るバカが居る。相手も同じ事を考えていた?草むらに入り込んで待避をしたが相手も草むらの右を抜ける。この頃からウンコを催す。お腹が痛い。出そう。コラ。

Img_3450 Img_3451 Img_3452 Img_3453

対岸は西宮。このU字構のゴミは何?右の法面の上は建物が在る。U字構の左は堤防。(草も刈られていない)どんな河川管理をしているのと兵庫県整備部土木局武庫川総合治水の担当に聞いた時、とぼけた答えしか聞けなかった理由が分かる。この程度の無様な姿が放置されるのは河川管理とは何も関係ないから。この場所は堤防の上でも歩く所では無い。そう思われている。

Img_3455 Img_3457 Img_3458 Img_3459

Img_3463 Img_3471

この手前の草むらで腰を降ろして快便。コラ。この先は草むらは無くは無いが年寄が歩いて来る。そして素知らぬ顔をしてこの下の道を歩く。親父が歩いて来たのはこの堤防の上。腰を降ろしたのは50メートル位手前だったから正解。親父も近くの立派な堰を見ながら素知らぬ顔をしていた。

Img_3465 Img_3467 Img_3468 Img_3469

ここも堤防の上。ど真ん中。ここからしばらく歩くと武庫川に天王寺川が合流する。この道も歩いているので勝手知りたる道。しかしこの川の整備は全くされていない。それでも川が合流している所は整備され公園になっている。そのエリアは歩いているので道に迷う事は全く無かった。

Img_3473 Img_3474 Img_3475 Img_3477

武庫川に天王寺川が合流部。ここは渡れない。初めてこの対岸を上流から歩いて来た時引き返さないと下流には進めなかった。

Img_3478 Img_3479 Img_3480 Img_3481

その天王寺川の左岸(上流に向かって)の素晴らしい桜の並木がある。ここも公園。しかし草は全く刈られていない。管理しているのは誰?草を刈り左の川の堤防を整備しても良いと思うがそんな地域住民の声は無い?

Img_3482 Img_3483 Img_3484 Img_3485 Img_3486 Img_3487

何か看板がある。(ゴミは持ち帰り公園を綺麗にしましょう)アナタも仕事をして下さい。

| | コメント (0)

昨日の箕面滝道 途中でUターン オイオイ それでも1万歩は歩く 体が資本

Img_3202 Img_3203 Img_3204 Img_3208

箕面滝道の紅葉見物でこの道が大阪駅のホームの様に混雑するのは暫く先。歩いている人も疎らだった。この滝道の紅葉は2㌔近く続く。紅葉が見頃になる時には平日でも大勢の紅葉狩り、見物客で人、人、人となる。そんな時は歩かない。そんな時歩かなくてもお薦めの場所は一杯ある。ただその道も特別の人以外は勧められない?どうして?その価値は中々共有出来ない?

Img_3210 Img_3211 Img_3212 Img_3213

この素晴らしい水の流れも覗き込む人は多くない。それだけの価値も無い?そうでは無い。その程度の歩き方しか出来ない。最近この歳になって痛切に感じる事は数年先の自分の生き方。今でも自分は健康で簡単に7、8㌔は歩く事が出来る。それでも10㌔近くが限度。無理をすれば13㌔前後迄歩けるがそれが限度。今住んでいる街から大阪梅田迄16㌔。そこ迄は歩けない。 Img_3216 Img_3217 Img_3219 Img_3248

この階段を登りきると素晴らしい展望が開ける。そこで多くの人と話をしているがこの階段を簡単に登れる人は少ない。スカートの裾を軽くつまみながら上がった女性でも感動の想いは大きくは無かったに違いない。簡単に登れない人程その達成感は大きいが自分の健康に感謝出来る人は少ない。これからの高齢化社会、混迷の格差の社会を生き抜く力。それは元気な体と強靭な精神である事も殆どが体感出来ない。役行者はそんな現在人の生き方を鼻をほじくりながら素知らぬ顔をして明日を見つめている?

 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

箕面西江寺 紅葉はまだ早かった 役行者は遠くで眺めていた?それはどうかな?

関西の紅葉の見頃は来月になってから。今年は愉しみにしている所がある。その場所は青葉の時しか見ていない。紅葉の時の素晴らしさはどれ程の物か?その写真も見た事が無い。その場所は能勢電終点の駅から山道を30分は歩かないといけない。一度その場所には辿り着いているが親父のブルグのタイトル同様「五月の時」だった。師走の時にその素晴らしい紅葉が見れる?それはまだ分からない。

そのアクセスルートも2駅手前の「光風台」から新興住宅地を抜ける道を見つけている。その道は平安時代の前に空海(弘法大師)が修業中(修行僧)の時に歩いている?空海は今では日本を代表する真言密教の開祖として名を現在の残しているが、空海が何を為した人かは空海を宗祖として崇める人でもよく知られていない?親鸞、日蓮様の方が有名?

現在人の多くは宗教の教える生きとし生ける者として最低の事を教えられている事も知らない。頼れる者は己のみ?何たる無様な生き方だろう?そんな生き方をしていても恥ずべき心も無い?ところがそうでは無い事をそのうち思い知る。その程度の事も知らない。偉そうな事を言っている自分自身でも信じている宗教は無い。それでも山岳信仰の魂の畏敬の念は持ち続けている。

今日は箕面西江寺役行者が歓喜天と対談をしたと伝承されているお寺さんを訪ねて来ました。歓喜天とは人々に歓喜の想いを授けてくれると言い伝えられているインドの仏様。実在はしていない。役行者は箕面の山中で天狗の様に駆け回り人々に崇められた架空の人物。その人が歓喜天と出合った時は山が轟き大地は揺れ動いたと言われているがそんな時を知る人はいない。

現在人の多くはそんな伝説は科学的根拠が無いと信じる事は無い。それでも間違いなくこの大阪はいずれ大きな地殻変動に見舞われる。その時が未だ差し迫った兆候は無いとしても東南海の海の底ではそのエネルギーが溜り続けている。親父達はその時を知る事は無い?誰がそう言い切れるのだろう。そんな想定は学者先生でも出来ない。

一杯写真を撮りましたがパソコンの機嫌が悪くて?画像の取り組みは巧く行かない。機嫌を直すにはスリープ(休ませる)電源を落としてリラックスさせる。人間も同じかも。人間も忙しすぎるとおかしくなる?それにしても世界の指導者を見ていると何処も世代交替が迫られている?アメリカのトランプ大統領は得意げにパリ協定からの離脱を口にしている。

温暖化対策が求められてもこの人の頭の中は来年の大統領選挙で一杯。そんな大統領をにこやかに支持する若い白人有権者達。アメリカはもうそんな国ではない事も彼らには分からない?その事はこの国でも全く同じだろう?総理大臣、官房長官のお友達が大臣を辞職しても全く危機感もない。もう一人辞職すれば内閣は総辞職に追い込まれる事も知らない。間抜けよのう?アンタがね。そう言われている。

Img_3149 Img_3150 Img_3152 Img_3153

やっと相棒が言う事を聞いてくれました。段々と相棒も願念(がんねん)が適わなくなる?親父同様後期高齢者。最近はパソコンの平均寿命が短い?人間様の平均寿命はどんなに延びてもその多くが健康でななければ役に立たない?いいえ健康であってもその他大勢では用は無い?最近は元気な年寄が多い?トンデモありません。この程度の道も歩けない。様はありません。

Img_3154 Img_3156 Img_3158 Img_3160

目的地到着です。紅葉は殆ど進んでいないと思いきや見事な紅葉を見る事が出来ました。しかしこの紅葉はモミジやカエデでは無い。お主何者と問い掛けると狛犬が舌を出して笑っていた。(合いやしばらく)口の中に手を突っ込まれる。(止めて下さい)と言われても撫で回していた。ジジイヤメロ。相方の狛犬に叱られる。

Img_3162 Img_3163 Img_3165 Img_3166 Img_3168 Img_3171

今年の紅葉は来月になってから?そうかもしれない。それよりも遅れる?それでも親父の目的はこの境内を歩く事。観光客が全く居ない境内で参杯のおばちゃんが住職のやかましい講釈を聞いていた。見かけぬ顔。それでも無視して通り抜ける。

Img_3172 Img_3173

本堂の看板に一礼をして本堂の裏に出る。この道は市道だが清掃もされない?以前クレームをつけて溝のゴミは片付けられていると思いきやそうでも無かった。何処の役所でも同じだな。肩書きを付けた部課長は現場を見ていない?彼らがお役御免になる事は無い。彼らは何処で何をしているのだろう?そんな問いかけも市長は出来ない。何様だと思っているのだろう。

Img_3174 Img_3175 Img_3176 Img_3177 Img_3178 Img_3179

今年の台風シーズンは終り大雨の季節は来年の梅雨時。その時迄この道が注目される事は無い。この道の上には展望台がありその先は素晴らしいハイキングコースがある。しかしそんな道を歩ける人は元気な年配者。しかも団体行動の人達?ゆったりと自分の体調に合わせた歩き方は出来ない?高齢者の医療費が増えるのは当然です。

Img_3180 Img_3181 Img_3182 Img_3183

この街の部長のブログをネットで見る事が出来る。その多くのブログを拝見してもこの道の紹介は無い。しかしこの道は所有者は西江寺。市が土地を借り受けて展望台への道を造ったのは彼らも知らない?市長も知らない?この山を駆け巡ったと言われている役行者はどんな思いで眺めているのだろう?

Img_3186 Img_3187 Img_3194 Img_3195

いずれ現在人が未來人に取って替わられる。その時彼等はどんな想いでこの山を見つめるのだろう。この山も昨年の台風の強風で揺さぶられて多くの幹は枯れている。その木が枯れると急な山肌は一気に崩壊をする。山が崩れると言う事はどういう事?

自然が崩壊する怖さはアメリカの大統領でも分からない?テレビ東京の解説者でも世界の温暖化の傾向は二酸化炭素の所為だけでは無いと公言している。山が排出する素晴らしい空気はこれから日本でも期待出来なくなる?

環境を大事に出来ない指導者はその代償を誰が払わされるのかどうでも良いのだろう?そんな大統領を支持する共和党のコワ(中心)の富裕層とオバカな若者達。アメリカが世界のリーダーだった時代は終り西部劇の時代に戻れるのだろうか?

そんな事は出来る訳が無い。それともそんなアメリカが世界で一番豊かな国と胸を張れるのだろうか?余計なお世話。この国はそんなアメリカの同盟国です。日本の報道もその程度の解説も出来ない。アメリカと中国の政治と経済の覇権争いは話し合いで解決出来る?そんな思惑で株価も上昇。今月は更に上昇する。そしてドカンと下落して元の鞘に戻る。それも関係ない貧乏な生き方をしている。

Img_3190 Img_3196 Img_3198 Img_3199

 

 

| | コメント (0)

米中貿易対立解消?する訳が無い そんな事も関係ない?そうかな?

Img_3085 Img_3086 Img_3087 Img_3088

久し振りに歩いた里山のハイキングコース 言われなければ分から無いがこの散策の道の尾根道を有料道路が通っている。信じられない事にその道は箕面、茨木、余野方面にに抜けている。この車道が完成して半世紀が過ぎても整備はされていない。?そんな事は無い?その道を歩く人はいないと言う事。この道を管理しているのは市役所。担当部署は何処だか分からない。

Img_3089 Img_3090 Img_3091 Img_3092

この場所も懐かしい所。この場所で開放感に浸った事も無くは無いが多くの時はそうでは無かった。ただ嘆き悲しむ事は殆ど無かった。どんなに苦しくてもどんなに情けない想いをしていてもここに来れば何も考える事は無かった。この先(少し下った処)に大阪平野を見下ろす展望台がある。その場所は何も変わっていない?そんな事は無い?

Img_3093 Img_3094 Img_3095 Img_3096

東南東の方角に生駒の山頂が見える。この山の向うが奈良県。奈良と大阪を分けるこの山塊は狭くは無い。今でもこの山を越える峠道は残されているが歩いてその道を越えるのは容易では無い。そんなアホはほぼ居ない。今は近鉄の電車がこの山の左側からトンネルで抜け、大阪メトロ中央線は左側の生駒の駅から新興住宅地(学研都市)に伸びている。(奈良市内には行かない)

車はこの中央部をトンネルが抜け奈良市内に繫がっている。ここ池田からはJRを利用すれば大阪駅から大和路快速、私鉄では難波からそれぞれ1時間と少々で行く事が出来る。ただ乗換えがある。慣れた人でないとスムーズには行けない。殆どがその程度の生き方をしている。(偉そうに言うな)事実です。知らないと言う事はそう言う事。

Img_3097 Img_3098 Img_3099 Img_3100

正面の高い建物は天王寺アベノハルカスのビル。その先に見える山塊は金剛、葛城。そこ迄行くにはアベノで1時間強。金剛山、葛城山となると2時間弱。その近くに辿り着けばすばらしい狭山池の先人の偉業を眼にする事が出来る。北摂に住んでいる人達はそんな風景を殆ど知らない。日常の報道が如何に間抜けであるかが良く分かる。その程度の知識も無い。

Img_3103 Img_3104

Img_3106 Img_3107 Img_3108 Img_3109

このハイキングコースはひょうたん島コース。このハイキングコースは勾配がなだらかで幼稚園児でも登る事が出来る。高齢者でも気持の良い山歩きが出来るが歩ける人は少ない。現在高齢者の医療費の問題が多くの関係者が口にするがその対策が間違っている。多くの人に当事者意識が無い?高齢者の医療費はこれから深刻な問題になる。その負担が余りに当事者意識に無い?

医療費はただでは無い。お金が掛かる。その事を高齢者も医療関係者(医師、医師会、健康保険組合)に無い。医療費を下げるには元気な高齢者を多くする。生活習慣病を押さえて行く。病気をしない体質を作る。そんな事が出来る訳が無い。そう思われている間は医療費を押さえる事が出来ない?これから一番大切な事。それは健康とそんな体質を作る予防医学。

その程度の事が政府も医療関係者も分からない。数年前に言われたオバカな歯医者。女医。歯の痛みを無くす治療が出来ない?そんな医者は要らなくなる事を全く知らなかった。多くの医療事故も絶えないがオバカな医者は少なく無い。その程度の事も分らない。歯医者はコンビニの数より多い。そんな時代をオバカは知らない。

Img_3110 Img_3111 Img_3112 Img_3113 Img_3114 Img_3115

ここがひょうたん島コースと杉ヶ谷コースの分岐。いずれも楽しい山歩きが出来る。しかも高齢者でも歩ける。最近元気なお年寄りは増えているがこの1㌔足らずの道も往復すれば倍になる。しかもその先を歩けば軽く4㌔は歩かないといけない。それだけの体力がある高齢者は少ない。それでも人生100年時代。アホこけ。

Img_3116 Img_3119 Img_3122 Img_3124

ここで昨日の山歩きは終り。そう考えていた所で道を探していた女性に出会う。昨日行われていたトランプラリー。その場所を探していた。その場所を教えながら(水琴窟)の素晴らしい音色を聞かせる。この場所は市民でも多くは知らない。

Img_3125 Img_3126 Img_3127 Img_3129

帰りに城跡公園に立ち寄る。短い時間しかこの街の素晴らしい景色を案内出来なかったがこれから又ゆっくりとこの街を見て呉れたら良い。そう考えながら案内を終える。これからのこの街の課題はそこにある。ただその事は簡単ではない。

Img_3131 Img_3132 Img_3133 Img_3137 Img_3139

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

日韓友好?反日を煽ったのは誰?政治家達は何をしたの?そこから話し合いなはれ。

今日もしっかりと歩いて来ました、遠出をしなくても近くの山でこれだけ歩ければ文句は無い?近くの山と言っても標高400メートル足らずの里山。里山と言われても今はその価値は全く違う。親父達が小さい頃、殆どの家にカマドがありそこで薪を燃やして炊事をしていた。親父が育った田舎はそれが当たり前。プロパンガスが普及したのは高校生になってから?それでもかまどは無くなる事は無かった。

そんな時代は半世紀以上前の話。今では地方でも殆どがガスと電気を使って食事をしている。その結果、山の価値(薪取り、薪拾い)が全く無くなる。親父の家は幼い頃は木の風呂だったが五右衛門風呂を爺ちゃんが手造りで完成させたのは中学生の頃だった。その風呂の燃料は近くの山から広い集めた杉の葉や枯れた枝、それから炭焼き用に切り倒された木々の不要部分だった。

今では田舎でも多くの家がそんな生活はしていない。その結果この国の山は植林、間伐が等閑(なおざり)にされ山は荒れ果てている。大きな木が強風でなぎ倒され山は深刻な状況に追い込まれても何も改善されない。後10年もしない間に国土の半数以上締めると言われている山林は大雨を吸収出来なくなる。昨今日本各地で想像も出来ない洪水に見舞われているがその対策はその場凌ぎ?その程度の事も殆どの都会人は知らない。地方の人達は政府の補助金頼みの活動も出来ない?報道が無いから知らないだけ。

今日はそんな山中を歩く。大した距離ではなかったが久し振りのコースに満足していた。現在はパソコンの機嫌が悪くて画像挿入が出来ないがそれを見ると(ビックラこくに違いない」)それから山歩きの最後に初めてこの街に写真を撮りに来ていた女性を市内見所を案内する。今日は時間が足りませんでしたが改めてゆっくりと遊びに来て下さい。一杯見所があります。

Img_2983 Img_2984 Img_2985 Img_2987

無様な地域分権?無様な地域コミュニティ?それよりも一番無様なのはこの程度の整備で開き直る役所の人間。彼の名誉の為に名前は公表しないが何時迄もこの程度の仕事が許されると思っていたら大間違い。この状態を今月末迄に改善出来なければこの街の地域分権とはこの程度の事だと明言する様な物?そんな事は誰も考えていない?そう開き直られている。

Img_2988 Img_2989 Img_2990 Img_2991 Img_2992 Img_2995

この草取りをしたのは親父 行政への当てつけ。この程度の草取りも出来ない。この緑地帯(植樹帯)を管理している行政は建前は公園みどり課。この担当部署の責任者はこの実態を知らない?そんな事は無いだろう?部下にどれだけクレームをつけた事か?さすがの親父も行政がやらなければ親父がスコップでこの草の根を掘り起こして綺麗にする。ただその時は担当部長の責任が問われる?それでも関係ないととぼける人が多い?

Img_2997 Img_2998 Img_2999 Img_3000 Img_3001 Img_3004

このインチキ看板を建てたのは大阪府?池田市?この有様で地域の皆さんが何も出来無い事が証明されない?このプログラム自体が制度疲労を起しても関係ない。地域を綺麗にするのは行政だけの力ではない。それは日本各地の道路と歩道とその整備の有様を見れば良く分かる。この道は子供達の通学路でもないし歩道も広いし何もガタガタ言われる事は無い。関係者はそう思っている。そうだとしたらこの府道がこの街の顔に成れる訳が無い。その程度の事も市長も土木事務所の所長も知らない。訳が無い。

Img_3005 Img_3006 Img_3007 Img_3008

今日はこの展望台を通って山の中を歩くつもりだった。しかしこのコースは階段が展望台迄続く。足腰が弱っているので丁度良いと思っていたが直前で気持が変わる。今日は連休最終日で前を歩く家族連れの声が耳障りになる。右の山の中を歩くコースに変更。この道は余り知られていないので静か。と言うより人気が無い。以前歩いた時に鹿と遭遇した道。

Img_3025 Img_3027 Img_3028 Img_3029

以前歩いた時はこんなに明るく無かったがこの道は人の気配がない理由は明解。気色が悪い?今日は明るくてそんな気配はまったく無い様でありました。以前歩いた時に比べて道は整備されているが山の主が遠くで様子を窺っている?親父は霊感が人並み以上?ビシビシと感じる。それでも何もバタバタする事は無い。山の神と対話をしながら久し振りのふくらはぎの鍛錬に嬉々としていた。アホか。

Img_3030 Img_3031 Img_3032 Img_3033

望海亭コース。車道を横切って山の中を400メートル歩く。高低は300メートル足らず。しかしこの道は侮れない。山歩きになれてない多くの都会人はこの急な雑木林の道を一気には登れない。高齢者になるとその傾向は強い?それも違う。年は若くても最近の若者達はこんな道は歩かない?

Img_3036 Img_3038 Img_3037 Img_3040

この道を以前登った時はこんなに明るくは無かった。それがある意味不気味に感じていた。この明るさは何だ?それはこの先に何かが待ち構えている?それでもこれだけ明るいと不気味さではなく心地好い静寂?そんな思いがしていた。

Img_3042 Img_3044 Img_3045 Img_3046

この道は整備されてい無いが左に安心して歩ける道がある。その道を歩かなかったのは特に理由はなかった。山の神に誘われながらこの道無き道を掻き分けながら歩いて居た。しかし良く見ると(見ないでも)足元は人が歩いた跡が残っている。

Img_3047 Img_3048 Img_3049 Img_3050

ここで呼び止められる。誰に?山の神?まさか。振り返ると誰も居なかった。恐ー?全然。この先で整備されている尾根道に出る。以前歩いた時はもっと暗くて気色が悪かった気がするが今日はそんな事は無かった。日頃の行ないの所為?そんな事はありません。そんな生き方をしないといけない?ただそれは自分では決められない。その程度の事も分らない?

Img_3051 Img_3052 Img_3053 Img_3054

政治家としても責任を問われても「あっしには関わり合いの無い事でごわす?」そんな言葉でとぼけている。方や反日を煽りこなた内閣の大臣を辞職した2名の任命責任を問われている。そんな事も両国民には関係のない事でごわす?近代の政府を造り上げた先人達はどんな思いでこの国と隣の国を見ているのだろう?そんな事は誰も考えていない?知らないと言う事はそう言う事?

反日感情がどんなに盛り上がっても韓国は日本との政治的、経済的な対立は何のプラスにもならない。親父達は日本人だから分から無い?分かるつもりもない。この国は韓国、北朝鮮を侵略し両国民を蔑ろにした帝国主義の犯罪はどんなに賠償金を払っても(北朝鮮とは国交は回復していないが)許される事は無い。その程度の事は当然の事だろう。

その当然の事を政治家が政治的に判断するからおかしくなる。その一方で話し合いに因る解決?何処迄両国民を政治家は蔑ろにするのだろう?それは政治家に因る妥協の産物。その程度の解説も出来ない間抜けな報道。アホでしょう。間抜けです。そんな事をしているから何時迄も理解し得ない。

そろそろそんな政治的解決が求められても何も変わらない。安倍さんも後一人大臣が辞職に追い込まれると総辞職に追い込まれる?追い込まれない?どっちや?それは韓国の大統領の方が先?韓国民はどう思っているのだろう?その程度も分からない。

Img_3055 Img_3056 Img_3057 Img_3058

広場(望海亭)に到着です。以前はこの道ももっと暗くもっと急だった気がするがそれだけ整備されたのかも?それとも親父の心の余裕?こんな素晴らしい山道が気軽に楽しめる。今日は最後の最後でこの街の観光ガイドをする。近くの街からこの街の観光?に来て呉れた女性。短い時間だったが素晴らしいガイドが出来る。(自分で言うな)その記事は明日になる。

Img_3059 Img_3060 Img_3061 Img_3063

弁当を食ってぼんやりしていると上から女の子の甲高い声が聞こえて勢い良く目の前に現れる。親父の前を挨拶もせずに通り抜けて右の山の中を覗き込む。(道は整備されているか大丈夫だよ)そう声を掛けてやると親が現れる。若い夫婦。小さい子供を抱き上げながら礼も言わない。「ロクな親じゃねえな」そうつぶやきながら親父も腰を上げる。

Img_3064 Img_3066 Img_3067 Img_3068 Img_3069 Img_3070

ここから尾根道を右に進む。この道も昨年の台風の影響で明るくなっている?(大木がなぎ倒されて道を塞ぎその大木が輪切りにされて通行を確保している)この道は大阪に来て間も無い頃に歩いている。と言う事は15、6年前?あの当時の体力は失せている。簡単につまずく様になった居る。

ところがおかしい物で山歩きの時はそれが無い。何でだろう?それはね。(オイ、コマーシャルをパクるな)山でつまずくと怪我をするから。平地でも同じだろう?山で怪我すると生きて変えれない。成る程?嘘だろう?どっちや。どっちも。それも違う。一人で山を歩く時は転ける事が許されない。確かに。

Img_3071 Img_3072 Img_3073 Img_3075Img_3076Img_3077Img_3078Img_3079Img_3081Img_3082

これだけの大木が簡単になぎ倒される強風。千葉の台風被害でなぎ倒された森の被害を関西人は殆ど知らない。東京の人間でも同じだろう。自分達が直接災害に巻き込まれないと何も知らない。分からない。それでも関係ないと思っている。その程度の事しか考える余裕もない?それは違うだろう?関西も関東も日本全国何処でも想定外の事故は例外は無い。

| | コメント (0)

6年前 6年後 意識して生きないと元気には生きれない?

Img_2961 Img_2962 Img_2963 Img_2968

昨日の午後3時過ぎの大阪駅北側。先週見事に雨に濡れた歩道で転倒した歩道橋が見える。3連休のど真ん中。初めて見る人波。これがこれからの大阪の休日の風景?見たく無い人、人、人。大阪駅で待ち合わせをしていたがこの場所に来たのも久し振り。(時空の広場と書いてときの広場と読む。ここは6年前に出来た大阪駅ホームの3階の広場。

Img_2973 Img_2972 Img_2976 Img_2979

完成当時は色んな使われ方が宣伝されたが現在はこの場所に多くのイベントの企画は少ない。それは何故?この階に上がるには不便?エスカレーターで上がってもこの程度の子供騙し?では見向きもされない?その程度の見方も出来ないこの場所の管理者?

Img_2981

大阪駅は現在大阪北駅の地下駅建設中。開業は3年後?疑問符が付くのは多くの関西人も知らない。大阪駅の北エリアは長い間貨物のターミナルとして利用されていた。その貨物駅の利用が最終的に終ったのは6年前。その前も鉄道の貨物輸送はその役目が大きく変わっていたがそのまま放置されていた。この跡地は国鉄清算事業団?が長い間管理していた。

ところが現在は何故かUR賃貸が保有。東京駅の周辺は国有地を乱開発?したので大阪はその教訓を生かして計画的な都市開発、跡地利用?しかしその結果は国の思惑通り。UR賃貸と言っても半官半民?何とか法人。つまり民間資本では無い。

その程度の事を関西人は全く知らない。関西の多くの政財界の英知とその指導力を結集してこの広い一等地を有効に活用する?その実態は一部の政財界と国土交通省を頂点とする思惑が優先している?多くの国民はどんな公正な入札で工事が行われているのか殆ど知らない。ひどい事に関西の報道機関はその実態を全く報道しない。

 

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

高齢者の証明 それは歩けなくなる?

Img_2886 Img_2887 Img_2888 Img_2891

毎年愉しみにしている散歩コースの休憩所 ここ迄家からゆっくり歩くと3㌔弱?往復6㌔。これだけの道は何ともないが昨日は山道のハードな道を歩いたので膝が悲鳴を上げている?体の衰えを自覚すればその対策は難しく無いと言われるがそれは嘘です。人間の体は本当に良く出来ています。その事を実感出来る人も少ないに違いありません。

Img_2849 Img_2854 Img_2876_20191103110501 Img_2881

昨日眺めた公園の短い水の流れ。これは水道水。お金が掛かるので常時水は流せない。人間の体も全く同じ。お金を掛けないと体は衰えて行く。多くの人は知らないけれど(意識しないけれど)同じ世代でも信じられない程元気は人も少なく無い。その原因は人それぞれ?その素晴らしい生き方が全く共有されないのはそれもはっきりしている。高齢者対策で大事な事はその程度の知識の共有が無い?

Img_2892 Img_2893 Img_2894 Img_2895

今年の紅葉は夏の暑さで冴えない?かもしれない。それでも息を吞む紅葉も見れる。見れない物を見る喜びは簡単には手に出来ない?深い谷高い山でなければ眼に出来ない?そんな事はありません。この山の麓でもそれは眼にする事が出来る。そんな簡単な生き方すら多くの高齢者は出来ていない。高齢者でなくても都会で野山を歩かない生活をしているとこれから始まる壮大な自然の秋の営みを眼には出来ない。それでも都会は素晴らしい?アホやのう。

Img_2896 Img_2897 Img_2898 Img_2899

昨日城址公園で素晴らしい太鼓の演奏を聴いて心を揺さぶられていた。それでもこの道を歩いたのは全くの偶然だった。お昼の立派な弁当(それでも510円。値段を言うな。)を手にしていたから?近くの厳しいハイキングコースを歩いて居た。この道が厳しい理由?それは登りが急だから。足腰がしっかりしていないと歩けない。

Img_2900 Img_2901 Img_2902 Img_2903

道は厳しそうに見えるが整備をしている人がいるので足元に注意をすれば危なくは無い。しかし足元がおぼつかないと(安定していないと)谷に落ちる。この谷も深くはないが落ちたら簡単に上がれない。この道は嬉しい事にこの厳しい登りは長くは続かない。息苦しくなれば立ち止まってゆっくりと息を整えれば又前に進む事が出来る。

Img_2904 Img_2905 Img_2906 Img_2907

この池田の街の素晴らしさは駅から2㌔足らずでこんな素晴らしい谷と尾根が重なり合っている。ここは以前は限られた人しか歩けない暗い谷だったが今はこの通り。明るい日差しも差し込んでいる。ただ登りは緩やかでも息は切れる。何でだろう?その程度の体力になっている。確かに。

Img_2909 Img_2910 Img_2911 Img_2912

誰も座る事も無いベンチ?そんな事はありません。親父専用?そんな事もありません。しかしぼんやりと椅子に腰を降ろして手にして来たシャケと小さいおにぎりを3個口にしてお茶を飲みながら休憩している間に誰も前を横切る人はいなかった。

手にして来たハモニカを取り出してお得意の小学校唱歌を吹き鳴らす。山の精霊は黙って聞いていた。音の無い風景。この谷の上には有料道路が通っている。この時代まだ料金徴収?時代錯誤の政策は問い直される事も無い。

Img_2913 Img_2914 Img_2915 Img_2916

ここでも足を滑らせると左の谷に落ちる。この先右に曲がると谷も途絶えるので深くは無いが枯れた木が溜っているので体に刺さると痛い?した事があるのか?ある訳が無い。その程度の歩き方も出来なければこの谷は歩けない。(偉そうに言うな)忠告です(笑い)この先尾根道は近い。この急な登りもこの先で終了です。

Img_2917 Img_2918 Img_2919 Img_2920

暗い急な登りの先はこの谷の源流域。と言った処でここは里山。そんなに高い所では無い。こんな素晴らしい景色が楽しめてもこの谷を登れる高齢者は多く無い。その原因はこれからの高齢化社会の医療費削減対策でなく生き方そのものに繫がる現実がある。それでもその事が理解出来る人は少なく無い。それだけでなく関係ないと思われている。関係がある事に気が付いた時は如何ともし難い。医療費削減も関係ない?そうは行かない事を思い知る事も無い?そうかな。

Img_2921 Img_2922 Img_2923 Img_2924 Img_2925 Img_2926

この薮のトンネルを抜けるとこの谷道を登り詰める。しかしその先を少し歩かないとこの谷を見下ろす事は出来ない。その道これから錦の散策の道に変わる。この道が師走の道に変わる時今年も終わる。今から来年の事を語る野暮な想いは無いけれど体は着実に老いさらばえて行く?その対策は歩く事。そうかな?そうではありません。歩き方です。それが分かれば本当の高齢者の生き方を講釈出来る?そんな講釈は聴きたく無い?(笑い)だろうな。そして何も認知出来なくなる。ザマーミロ。コラ。

Img_2928 Img_2929 Img_2930 Img_2931 Img_2932 Img_2933

このエドヒガン桜が花を咲かせる陽春の頃、この道を一度も歩いていない。来年は何としてもそんな春を感じ無いといけない。私達は多くの桜の名所を知っては居るけれどその場に立ち合える時は本当に少ない。その気になれば何時でも見れると思っているがそうでは無い。その事を思えば来年は必ず出合えるに違いない。その時の感動は一入(ひとしお)に違いない。

Img_2934 Img_2936 Img_2939 Img_2940

この先でやっとこの登りも終了です。この青々としている緑の葉先も1月もすれば見事な紅葉に変わる。その時この道を歩けるかどうか分からないがこの先の休憩所で後ろ姿の親父さんが豊かな後ろ姿で食事をしていた。後から廻り込んでさり気なく声を掛ける。予感は当たる。それもぴったり。親父と同世代。一つ先輩。それでもまだ現役の職人さんだった。

自分(親父)は怪しい者では無い事を説明しながらこの街の自称(案内人)がさり気なく山歩きの宣伝をする。親父さんは大阪市内の人だった。奧さんは足が悪くて今は一緒に行動していない事を聞くと余計な講釈が始まる。それでも親父さんは耳を傾けてくれる。ただ夫婦の絆は固くは無かった。夫婦と言えどもお互いの考え方の違いは尊重していた。

若い頃は一緒に歩いた道も今では一人で歩いている。その事に何の疑問も感じていなかった。親父の余計な話に真剣に耳を傾けながらそれでも奧さんと別行動の理由は明確にしていた。親父が数年前に中山従走をガイドした奧さんより年配の奧さん?は旦那さんとは全くの別行動で不自由となった体と向き合っているに違いない。それもこれからの生き方?健康法?かもしれない。

Img_2960 Img_2958Img_2956Img_2955

昨日歩いた距離は9㌔。400メートル足らずの里山でも登り降りが急で結構膝に負担が掛かる。この歳になると膝関節と筋肉が衰えてガクガクしてくる。そのうち僅かな凸凹でつまずく?そうならない様に食事で栄養を補充しても足りない。今でもふくらはぎの筋肉を揉みほぐすと固くなっている。若い頃はその事が自慢だったが歳を取るとその事が致命傷になる?

そう考えると自分の手首で揉みほぐしが出来る。アキレス筋からふくらはぎの筋肉は自分で簡単に揉みほぐす事が出来る。お金を掛けて整体師に揉みほぐしてもらわなくても自分で出来る。お試しあれ。プロの選手には専任のマッサージ師が居る。その程度の事も知らない?

 

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

今日は早起きをして(城フェス2019)太鼓集団「疾風」(しっぷうと書いて風と呼ぶ)の和太鼓演奏を聞きに行く。見事でした。

Img_2765 Img_2766 Img_2771 Img_2767

期待以上の見事な太鼓の演奏。太鼓の演奏と言われても太鼓のリズムは単調?ところがそうではありませんでした。大太鼓の力強い大地と大気と心を揺らすバチの音。罰当たりの人間をこの太鼓の前に引きずり出せばその腐った心根は叩き潰される?それともそれでも太々しく開き直る?それは舞台の上でこれから目の当りに出来る。そんな事はオバカな政治家は全く考えていない。

Img_2769 Img_2772 Img_2773 Img_2782 Img_2778Img_2779

この木は9000万年前の太古の化石の種から甦った南洋原産の木。だからどうしたの?そう言われてもそれだけの事。9000万年前?人類はまだ存在して居ない?そんなオバカな事を考える人はいない?それでは感動の写真。お見せしましょう?

この程度の写真では感動しない?それではこの集団は年に60回の演奏をしているので生の音を聞いて下さい。そんな暇は無い?興味も無い?その程度の生き方をしている?(笑い)それでも何も困らない?だろうな?結構な世の中です。そうかな?

Img_2853 Img_2858 Img_2861 Img_2862

見事な演奏でした。大太鼓が心を揺さぶり小太鼓がその心のリズムを刻む。毎日心安らぐ生き方が出来る人はどれだけいるのだろうか?そんな事はどうでも良いのだろう?大洪水は何で起きたのか?大火災は何故起きたのか?その原因追及よりも復興が優先される。

被災地の厳しい現実は毎日の出来事で殆どかき消されて行く。広島のアホ大臣の法務大臣辞職もその責任の重さは地元の有権者も警察も追求出来ない?なんでや?何処でも行われているから?アホンダラ。そんな生き方の心が揺さぶられていた。

それでも何も出来ない。するつもりも無い。在るが侭に生きる。それが哀しい現実?それが何よりの幸せかも知れない。その事を誰も教えてはくれない?誰も教えてくれないから知らない?そうでは無い。その程度の生き方をしている。

Img_2867 Img_2868 Img_2869 Img_2865

天気が良くて能舞台の上で迫力のある太鼓を無料で聞きながら心を揺さぶられていました。ただ同じ場所で腰を降ろして聞いていたのではありません。公園の芝生の上で立ち止まるだけでなく親父も動き回っていました。明日は今日と同じ10時10分からから1時間太極拳。13時30分から14時30分がヨガが行われます。

どちらも興味はありますが明日は太極拳かヨガどちらかしか見れない?参加費は500円。写真撮影は許可されるのかな?親父の写真撮影は個人的な興味では無い。宣伝用。撮影が有料だとその価値を判断しないといけない。この多くの観客が座り込んでいる芝生も綺麗に整備されている事を知る人は少ない。

Img_2877 Img_2876 Img_2857 Img_2855 Img_2856 Img_2860

錦木と思っていた赤い葉っぱの木も今年は見事な紅葉ではない。木の名前もこの木札が正解と言われる。それでも親父にとってこの木は(錦の木)その紅葉の葉っぱも落下が始まる。今週も3連休。多くの役所と大企業の人間はどんな秋の一時を過ごす?余計なお世話です。洪水の被災地救援のボランティアが足りない?それでも政府の対応は実にお粗末。そんな批判も無い。

Img_2873 Img_2878

このベンチで最近腹筋運動をしていない。連休が過ぎるとこの城跡公園の開園時間も夕方の5時迄となる。そうなると2時間早い行動に変えない遠くに見える展望台には行けなくなる。それも生活時間を2時間早くすれば良い?と言う事はこれ迄の11時起床が9時起床。就寝時間も3時から1時に変えないといけない。コラ。そんな生活をしていると長くは生きられない。そうかな?

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

街づくり 人づくり 仕事づくり 誰もそんな事は考えていない_?

Img_2691 Img_2692 Img_2693 Img_2694

何度もアップした写真 何時迄続ける?分からん。明日で終るかも?それは無い。この道が綺麗になる迄?それは無い。別にこれでも何も問題は無い。そう開き直る市の職員が居る。市の職員にも上は市長から下は担当職員迄。ところがその多くは市民では無い?どういう事?他所の市町村から通勤している。親父の差別用語では出稼ぎ職員。これはこの街だけの現象では無い。

Img_2695 Img_2696 Img_2697 Img_2698

この場所は歩道と緑地帯(車道と歩道の間)は広い。この緑地帯は原則として車道の管理者(ここは府道)が綺麗に管理しなければいけないが市が石の彫刻でこの地域の活性化を30年以上前に始めた時、府から借り受けている。だから大阪府は関係ない。

土木事務所の説明は明快だった。ところがその説明も完全な誤摩化し?確かに管理は市に移譲?それでも関係ない事は無い?この看板がその事を証明している。ところがこれもゴマカシ?この場所は町内会の皆様では管理出来ない事を知らない。誰が?お偉いさん?府では部長?市では市長?いずれ責任が問われる。誰から?決まっている。街起こし、地域起こしの閻魔大王に違いない。アホか。だなー。

Img_2710 Img_2700 Img_2701 Img_2699

えげつない事を晒している。草は抜かないで植え込みの木を枯らして抜いている。これが地域分権の監督者と責任者が啖呵を切った結果かい?確かに地域コミュニティの人達はお金を掛けてこの石の彫刻のプレートは作ったがそれがこの有様。恥さらしとはこう言う事?親父にお前と言われて激怒したオトシマエはきっちりともらいまっせ。出来るもんならやってみろ?そう言われている。

Img_2702 Img_2703 Img_2704 Img_2705

街を綺麗にすると言う事はどういう事なのか?そんな事を意識しなくても仕事が出来る。この道も綺麗にしなくても人の通りを多くする事も出来る。しかしそれでは行政のあり方が問われる。問われても開き直るだけ。出来ない理由を並び立てれば意見されないと教えられている?誰に?上司にかい?信じられません。この歩道の管理は土木事務所の責任が問われる。そんな危機感は無いのだろう?

Img_2707 Img_2708 Img_2709 Img_2711

ここから少し歩けば城跡公園。明日午前10時10分から30分間和太鼓の演奏が行われる。11時から16時迄は和イドル(DOL)のFESTIVAL。どんな演し物をしてくれるのか愉しみ。問題は何時も昼前に起きているので早起きが出来るかが問題。

Img_2713 Img_2714 Img_2715 Img_2716

明日は関西の天気予報は晴。関東の台風の被災地の災害復旧は大変だがボランテイアは期待出来ない。それ程の災害でも全国から自衛隊、行政の市場がかき集められる事は無い?大阪で行われたサミットでは全国から多くの機動隊が集結した。国はそこを向いて仕事をしているのかい?そんな政府が批判される事は無い?安倍総理のやり放題も何時迄もは続かない。第一次内閣の失敗は繰り返されない?そんな保証は何処にも無い事を多くの国民も忘れている。

Img_2717 Img_2718 Img_2719 Img_2720

これから寒くなる。明日はこの階段も多くの人で賑わう?池田市後援でもないお祭が明日行われる。行政の観光の目玉は市内各所の文化施設を巡るスタンプラリー。主催は文化施設振興財団。日頃何をしているのかさっぱり分からないお役所仕事?

Img_2721 Img_2722 Img_2723 Img_2727

明日はこの(日本庭園)?も多くの人で賑わう。ただ写真で見ると素晴らしいが多くの人が集まるとチョト狭い?明後日は太極拳とヨガ。親父の出番は無い。それでも写真は撮りたいがその価値は無いかもしれない?オイオイ。

Img_2725 Img_2732 Img_2731 Img_2733

天気は良かったし久し振りに靴下を脱いで裸足で芝生の広場を3周する。庭のさんしゅうの木に鳴る鈴を掛ける事は出来るのだろうか?宮崎県民謡(ひえつき節)の一節を高千穂の山里で聞く事は無いに違いない。ひえつき節は多くの関西人は知らない。

Img_2737Img_2738Img_2743Img_2739

忍者はこの街には要らない。先の選挙で落選した全国的に有名だった市長は新人の維新の議会1年生に負ける。その理由を新人の市長も理解していない?新人だからまだ良く分からない?何が?その割には多くの改革を口にして居たが一番支持を集めた言葉は「今迄の市民不在の思い上がった市政を変える」しかしあれから半年が過ぎるが何がどう変わっているのだろう?それはこれから?そうでは無い事をオバカな市民は何も分からない。何も変わらない?その程度の新人でも維新と言えば泣く子も黙る。まさか。

Img_2747 Img_2748 Img_2749 Img_2750

これからその事が問われる?問われない?どっちやねん。そんな事もどうでも良いのだろう?この街が住み良いか?済み難いか?そんな事を考える人は少ない。この自然豊かな五月山山麓を歩く人はそれ程多く無い。皆、その程度の生き方をしている?

Img_2751 Img_2752 Img_2753 Img_2754

今年の紅葉は夏の暑さの所為で葉先が白く焼けている。紫外線が強いと人間は黒く日焼けをするがカエデやモミジの葉先は白く焼ける。嘘でしょう。本当です。今年の紅葉は期待出来ないかもしれない。それでも親父の見つけている誰も知らない場所は期待を裏切らないに違いない。仮に裏切られても愛おしく感じるに違いない。その時ももうすぐです。

Img_2755 Img_2756 Img_2758 Img_2760

 

| | コメント (0)

ひどすぎるね この国の常識 これで説明責任をどう果たすの?そんな事はどうでも良いオバカな国民?

Img_2626 Img_2628 Img_2630 Img_2624

久し振りの「天宮塚」は近い。久し振りにこの道を登ると現在の体調が良く分かる。段々体力が落ちているのが良く分かる。この山は多くの参拝ルートがあるがその殆どが多くの事を教えてくれる。そんな事を多くの関西人は知らない。

偉そうに尤もらしい面をして講釈をしてもこの国は法律さえも守れない国?摘発出来ない国?問題が表面化したら即辞職。その役職が法務大臣。その任命責任も明確に出来ない内閣総理大臣。恥知らずとはこう言う事?そんな国の姿を批判も出来ない多くの有権者。

その程度の生き方で何をどう変えるのだろう?これから天変地異が起きる度にその事が思い知らされる。その程度の事も自覚出来ない政治家達。最低だな。最低と言われても彼らは多くの特権を手にしている。その特権が剥ぎ取られないと分からない?

剥ぎ取られても何も報道はされなければその場を沈黙しているだけで良い?何たる無様な報道だろう。そんな報道は無視すれば爽やかな生き方が出来る?それも違うと言う事をまだ知らない。これから本当に自分らしい生き方をしようと口にすれば笑われる?

Img_2632 Img_2633 Img_2635 Img_2636

息も絶え絶えに200メートル足らずの坂道を登りきればすばらしい景色が待っていた。反対の方角に大阪平野が一望出来る。この場所からこの国のあり方を考えたと言われる賢人(聖徳太子と呼ばれている)は何を想い何を考えたのだろう?

Img_2637 Img_2641 Img_2642 Img_2643

一時(いっとき)手にして来た昔ながらののり巻きを口にしながら下界を見下ろしていた。親父が最後に働いた2流の塗料会社が見えない。目印の送電線が見当たらない。撤去されたのだろうか?そんな事は無い。親父が生意気な態度でその働き方を否定した若い工場長はいま何処でどんな生き方をしているのだろう?そんな事もどうでも良い。あれから来年の8月で9年。必ずその代償は手にしなければいけない。

Img_2644 Img_2645 Img_2646 Img_2647

ようやく中山従走路に出る。この道を管理していると思っていた役所(近畿中国森林管理局)の担当に申し入れをして綺麗になったこの看板?既に汚れても綺麗にされる事もない。この看板を初めて見た時に中山駅3、5㌔の道を本能的に選択しないで正解だった?

どうして?それは傾斜がひどく一度谷に降りてその先が又急な登り。途方に暮れたに違いない。信じられない事にこの道は今でも知らないで降りて来る初心者も居る。あの時親父は奥の院の道を選択。ところがそれも間違いだった。奥の院から中山寺の駅迄2㌔弱。その道を遠回りして4キロ弱次の駅迄歩く。今はそんなオバカはしない。

Img_2648 Img_2649 Img_2650 Img_2652

中山従走路は暗くなっていた。この先従走路は10㌔近く続く。当然抜け道で下に降りないと流石の親父でも遭難する。そうならない道を知っている。しかしその事を教えてくれるこの道のガイドを探し当てる事は無かった。それでどうしたの?色んな人に聞きながら自分で見つけた。流石です。色々聞いて見るとこの道は自然発生の道?それも違うと思っているが多くの先人が色んな目的で歩いた道に違いない。今でも週末、祝日には多くのハイカーがこの道を歩く。しかし本当はこの道の怖さを知らない。

Img_2654 Img_2655 Img_2657 Img_2659

いくら何でもこの道が下の住宅地に降りれるとは殆どのハイカーは知らない。標識が無いから。何で標識を出さないかと言えば安全が確保されないから?それとも他に理由がある?それは分からない。それでもこの道を何度も歩いているのでこれ位暗くなっても道に迷う事は無い。この道も下に続く尾根の上。左右は深い谷。右は歩いているが左は急な谷。歩いていない。(歩けない?)

Img_2662 Img_2664 Img_2666 Img_2667

もうすぐ出口です。この道ももう少し暗くなっていたらヘッドランプを持っていなかったので歩けなかった?山歩きの最低の条件は不測の状況に備える。オバカな役人の言葉。「想定外」は即遭難に繫がる。この程度の山でも簡単に道に迷う。その程度の事が分からなければ山歩きは出来ない。万一道を間違える事も許されない。オバカな政治屋さんはその程度の事も分からない。そんな事は無い。彼らは有権者を完全に舐めている。彼等だけではない。その程度の事も分らない。アホだろう。アホです。

Img_2670 Img_2671 Img_2678 Img_2684

この階段も歩く人はいない。

Img_2690 Img_2688

町の灯りがとても綺麗ね大阪?多くの人が多くの思いで生きている。その生き方は問われても何も変わらない。

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »