« ダムの洪水対策は限界がある その事を思い知らされる | トップページ | 明日から後期高齢者 しかしそんな生き方はしない どんな生き方>(笑い) »

2019年10月13日 (日)

河川管理の実態 地域住民は何も知らない 誰が管理しているの?そんな事も問われない?

そんな事は誰も考えない。そんな事はありません。ところが自分が住んでいる街の堤防の上に立つとそうで無い事が良く分かる。しかしそんな事を教えてくれる人はいない。誰も教えてくれない河川管理の現実。それは自分の眼で確認すれば良く分かる。どうしてその程度の事が出来ないのだろう?必要がないから?そうでは無いだろう。河川管理の現状はそれ程にひどい?

その証拠は何時もは川の流れは川一杯ではない。ほんの一部を流れてその外は河川敷き。川の中に広い敷地がある。その外に本堤防。その景色を見れば殆どの人達は堤防の近くに住んでも何も心配は無いと思う。想定外の大雨が降っても川の水がどんな増水しても堤防が崩れる事は全く考えていない。河川管理者もその程度の河川管理をしている。

その程度の河川管理で何も問題は無い?そう思われている。ところが想定外の雨が降れば堤防はその全てを支える事は出来ない。近くの川で川の外?堤防の内に多くの堆積土砂が残されている。その上に大きな森が出来ている。(出来ていた)そのお陰で大水が出た時にはその木々が川の流れを緩やかに出来る?何とも皮肉な話。幸いに近くの川は氾濫する事は無いがその多くの木々は切り倒されている。

今回の想定外の大雨で堤防が崩れて多くの濁流が住宅地に流れ込んだ現場の状況は良く分からないが河川敷きに濁流を緩やかにする?大きな木々が無かったのか?そんな検証はされる事は無い?どうして?河川管理者にはそんな責任は無い?報道の責任は?全くありません。そんな災害対応。その程度の仕事を何時迄もさせるのかい?その程度の問いかけも無い。

|

« ダムの洪水対策は限界がある その事を思い知らされる | トップページ | 明日から後期高齢者 しかしそんな生き方はしない どんな生き方>(笑い) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダムの洪水対策は限界がある その事を思い知らされる | トップページ | 明日から後期高齢者 しかしそんな生き方はしない どんな生き方>(笑い) »