« 一庫ダムから光風台へ 10㌔歩く 素晴らしい出会いがありました | トップページ | 昨日の続き。こうしてブログが書けるのは感謝?誰に?自分自身の肉体に? »

2019年10月24日 (木)

友遠方より来る(きたる)又楽しからずや

Img_1882 Img_1883 Img_1884 Img_1885

多くの関西人はこのダムを知らない?嘘だろう?本当です。このダムは完成して多くの歳月が流れている。親父がこのダムを知ったのもそんなに古い話では無い。建設中のこのダムの報道はどれ位あったのか知らないが現在このダムが果たしている役割も最近は全く報道されない。だからこのダムの価値を殆ど知らない。ダムから流れ出すこの川は一庫大路次川。この川の名前も親父は10年前迄は全く知らなかった。しかしこの川はダムが出来る前から存在している。そんな事を知る人は殆ど居ない。

Img_1886 Img_1887 Img_1888 Img_1889

そんな事はどうでも良い?その程度の生き方をしている。これからこの地域も素晴らしい紅葉のシーズンを迎えるがそんな自然を目の当りに出来る人は少ない。このダムの役割は洪水と利水とダム関係者でも言い切る?その事は現在茨木市の街中から10㌔足らずの所に大阪府が建設している安威川ダムでも同様の事が考えられる?そんな事は無いと誰が言い切れるのだろう?しかしそんな事もどうでも良い。それは違う事を歴史が証明する?それでは大いなる損失。その程度の判断も出来ない。

Img_1890 Img_1891 Img_1892 Img_1893 Img_1894 Img_1895 Img_1897 Img_1899

このダムの方式は重量式コンクリートダム。ダムの名前等どうでも良いがこのダムが洪水対策で塞き止め事が出来る水量には限度がある。その事を多くの人は知らない。その☂の量は以外に多くは無い。毎時100㎜の短時間の雨ならびくともしないが24時間で300㎜を越える雨を塞き止めるには雨が降る前のダム湖内の水位が問題になる。その高さが低く管理されていなければ大量の水を放水しなければならない。その管理の技術を殆ど知らない。その程度の知識も持ち合わせていない。

Img_1904 Img_1912 Img_1913 Img_1914 Img_1915 Img_1917

ダムサイトの下から上に上がる道が整備されている?微妙。それでも勝手を知っているので思案する事は無い。定時放流をされて居たがこの放流は湖面水位調整用?この放流が停まっても下流を流れる水量は最低限確保されている?大雨が降ってダムの貯水量が一定以上上がると大量放水が始まる。その水位は下流の水位を大きく上げる。当然警報サイレンが流れる。

Img_1919 Img_1920 Img_1925 Img_1926

ダムの上迄上がって来ると遠くに猪名川町の住宅地が見える。手前の橋は車専用の国道(県道?)管理しているのは宝塚土木事務所。当然この橋には路側帯があるが狭い白線が引かれているだけで左はトンネル。歩行者通行禁止の表示は何もされていないがとても歩けない。歩行者は親父が歩いて来た道(旧道)を歩けば良い。これは昔からの道。

Img_1927 Img_1932 Img_1937 Img_1938

この素晴らしい湖畔の道を歩いて巡ると半日は掛る。近くに公園、キャンプ場があるが多くの利用者はマイカー。ゆっくりサイクリングを楽しめる行政と水資源機構、関係者の配慮?はない。この看板を眺めていると案内が有名無実である事を思い知らされる。

最寄りの駅からここ迄歩くと2㌔。往復4㌔。この距離を歩ける高齢者は少ない。人生100年時代。アホこけ。そんな元気な年寄は少ない。ところがそうでは無かった。この先、ダム湖畔を2㌔歩くと新興住宅地に出る。そこで公園の手入れをしていた仲良し夫婦は親父より旦那さんが3年先輩。奧さんは歳は聞かなかったが公園の草取りだけでなく緑地帯の木の植え替え迄していた。

Img_1941 Img_1942 Img_1949 Img_1953 Img_1954 Img_1955 Img_1958 Img_1964 Img_1965 Img_1970 Img_1977 Img_1978

ダムサイトからここ迄1㌔。歩いて来る人は殆ど居ない。立派な車道はあるが駐車場は無い。ここから見る景色は飽きない。大好きな本を持ち込んで東屋(展望所)のベンチに腰を掛けて本を読めば最高。親父はここで弁当を広げるのが何よりの楽しみ。昨日はこの後まだ数㌔歩くのでゆっくりとしてはいられなかった。時計を見ると4時を廻っていた。5時前に住宅地にはいらないといけない。そう思っていた。この先は夜になります。御免なさい。これから懐かしい人に合って来ます。

 

|

« 一庫ダムから光風台へ 10㌔歩く 素晴らしい出会いがありました | トップページ | 昨日の続き。こうしてブログが書けるのは感謝?誰に?自分自身の肉体に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一庫ダムから光風台へ 10㌔歩く 素晴らしい出会いがありました | トップページ | 昨日の続き。こうしてブログが書けるのは感謝?誰に?自分自身の肉体に? »