« 台風関東直撃?自然災害の対応 危機管理に問題ない?アホこけ | トップページ | 河川管理の実態 地域住民は何も知らない 誰が管理しているの?そんな事も問われない? »

2019年10月13日 (日)

ダムの洪水対策は限界がある その事を思い知らされる

Img_0943 Img_0944 Img_0945 Img_0946

洪水対策を歌い文句に全国各地で造られているダムがその宣伝文句にマヤカシがある事を今度の台風で思い知らされる。相模原城山ダムの緊急放水。このダムに流れ込む水の量がダムの設計強度(貯水能力)を越えたので法律に基ずいて放流を開始している。

今回他のダムでもそれが行われる。四国愛媛の肱川(ひじかわ)でも行われたがその時は下流域が大洪水を引き起こし甚大な被害を出している。そんな事はダムの下流域の多くの市民は知らない。関係ないととぼけて居たが事がそうでは無い事を思い知らせて呉れる。

この茨木の安威川ダムも一番の建設の目的は「洪水対策」ところがこのダムも設計を越える大雨が降るとその全ての水を支えきる事は出来ない。その水量はどの程度の物か?そんな説明は一部の人しか知らない。つまり大雨が降ればこんな立派なダムを造っても支え切れない。

その事を今回の大災害でどれだけの人が思い知るのだろう。河川管理のあり方は違う形でその整備が求められてもお役所任せ。しかしこの役人達、この程度の仕事しか出来ない事を多くの人は知らない。国土交通省の役人だけの責任では無い。地域住民に課せられた責任でもある。

その程度の事も公共放送でも民放でも他人事の様に思っている。そんなテレビを見ながら感じる事も無いのだろう?危機感が無いのは当事者にならないと分からない?閻魔大王にその事を思い知らされている。まち、ひと、しごと創成戦略も全く同じ?何のこっちゃー?そう言うこっちゃ。健康な高齢者対策。医療費削減対策も全く同じ。何で掛け声だけで終るのだろう?その事も良く分かる。

Img_0947 Img_0949 Img_0951 Img_0953 Img_0954 Img_0956

茨木市役所の安威川ダム担当のグループ長も担当が変わっていた。茨木市北部整備推進課ダムグループ。3年後の完成と聞いていたダムの完成時期は大阪府担当グループ長の話では未定だったがこれもお役所仕事。完成時期が遅れるとこのダムに水を溜めるのに1年掛かりその施設オープンが更に遅れる。大阪府の説明ではそれも(熱意、創意、誠意)感じられなかった。

その不満が市役所で新しい担当の話を聞きながら嬉しくなる。ただ気掛かりになった事は(安威川ダム建設スケジュールに合わせた施設オープンの取り組み)何で気掛かり?当然だろう?今年度末迄にダム周辺整備事業に手を挙げてくれる事業者(パートナー)を決める。令和2年度中にパートナーと事業契約を協議して契約を締結。令和3年に民間施設と公共施設を設計して整備を始める。

問題はその時の府と市と民間事業者の役割分担だろう。その熱意を大阪府の説明では全く感じられなかった。安威川ダムは造る事に賛成では無い。その無駄な公共工事は当初の建設金額も大幅に越えて(その金額も知らない)数年後に完成するのは間違いない。

その時は2年後ではなくて3年後。水を溜めるのに1年。安威川ダム供用開始は4年後。生きているだろうか?空海はこのダムの近く大門寺で9年間滞在している。その事を考えると短いのかも?そんな事は無い。空海の9年は青春の時(修行僧)。親父は老いぼれの時?比べるな。問題外。そう胸が張れるのだろうか?それはこれからの生き方で決まる。

Img_0957 Img_0958 Img_0959 Img_0960

静岡県掛川市の資生堂のお庭に初めて造られた?踏み石。その原型をそのまま残したと言われる掛川市特育保健センターの踏み石にはこの手すりは無い。その代わりこの踏み石は最初は丸い。その石が段々四角になり丸くとんがり最後は細くとんがる。久し振りに歩いたこの踏み石は手すりが無いと歩けなかった。

Img_0961 Img_0962 Img_0967 Img_0968_20191012235101

すっかり暗くなる。しかしこの旧茨木川の公園はまだまだ続く。こんな素晴らしい公園を日常的に歩ける茨木市民は元気なお年寄りが多いのだろうか?安威川ダム建設事務所と同じ建物にあった保健所で聞けば分かる?大阪府の保健所に聞いてもとぼけられる?馬鹿にされる?市役所の健康増進課で聞けば分かる?どうかな?ネットで調べると分かる。確かに。

Img_0970 Img_0971_20191012235901 Img_0975_20191013000001 Img_0976_20191013000001

ここはオリーブの樹がちょっとした丘の道になっている。小豆島から寄付をされて樹が大きくなっている。

Img_0979_20191013000401 Img_0980 Img_0989 Img_0991

この駅の名前も中々覚えられないがこの先は淀川を越える。この大阪府中央卸売り市場で大阪に戻って初めて働いた事をわすれていない。市場場内の白菜、大根、野菜の卸しの配達を半年間行った事がある。今から20年位前の話。今より遥かに若かったが若いニイちゃんにこき使われて半年で役に立たないで首。

あの産地偽装のインチキ会社。今でも繁昌している?名前をパソコンで検索してもヒットしない。楽しかった事はトラックの運転で事故を起こさなかった事。そんな事は自慢にもならない。しかし、あの時が在り今がある。20年後同じ事が言える補償は何も無い。人生100年時代。そうは思えない。

 

|

« 台風関東直撃?自然災害の対応 危機管理に問題ない?アホこけ | トップページ | 河川管理の実態 地域住民は何も知らない 誰が管理しているの?そんな事も問われない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台風関東直撃?自然災害の対応 危機管理に問題ない?アホこけ | トップページ | 河川管理の実態 地域住民は何も知らない 誰が管理しているの?そんな事も問われない? »