« 消費税10% それに見合う生活が求められる? | トップページ | 歩き方を変えれば明日が見えて来る?それは無い?どっちゃ? »

2019年10月 2日 (水)

関西電力 この会社に自浄能力は無い?その程度の事を何時迄も見せつける?それは何故?

Img_0094 Img_0081

昨日の天竺川。この辺りのこの素晴らしい景色を知る人は多くない。この左の上を流れている天竺川を知る人も少ない。今ではこの川の氾濫を心配する人は皆無だが100年以上前はそうでは無かった。今では立派な護岸工事が完成して5m以上下をチョロチョロと流れている川も大雨が降れば一気に上昇する。この辺りの地面を見るとその昔の洪水の跡が良く分かる?砂地。

Img_0096 Img_0099

今はこの素晴らしい松並木も一部分にしか残っていないがこの地域に来るとこの松並木の先に100年前の旅人が顔をのどかせる?まさか?この先は保育園がある。その保育園の園児の授業料も今年の4月から無償化?消費税の値上げもその為?子育て世代の親の負担を政府が肩代わりする。

立派なうたい文句を並べてもその一方で保育料に便乗値上げ?個人は負担しないで政府が行うので問題ない?保育を売りにして補助金を手にすれば幼稚園、保育園の経営は安定?とんでもない保育料の無償化。親父達の後期高齢者の医療費負担も1割。天からお金が降って来ると思っているのだろう。

消費税は一律10%ではない。その問題点を報道されない?そんな事は無いだろう。これからも老後の保障は期待出来ない。その事を思い知れ。高齢者だけでなく現役世代でも若者達でも働けなくなったら長生きは出来ない。その程度の事も分らない?そんな事は無いだろう?その程度の事を思い知れ。介護の世界でどれだけお金が掛るのか何も知らない。

Img_0100 Img_0101

天竺川の川の中。この川を管理している池田土木事務所の所長はこの現実を知らない?そんな事は無いだろう?長い間そう思っていた。その思いが過去形になっても一向にこの木が切られる事は無い。何でやねん。この木が切られなくても大水が流れ下るその支障には何もならない。そう思われている。この地域に毎時10㎜を超える大雨が数時間続くとこの堤防から水が溢れる?そんな心配は何も無い?親父は全く関係ないけれど?なら喋るな?その程度の問題?ちがうだろう。その程度も分からない?

Img_0102 Img_0103 Img_0105 Img_0104

この対岸の道のど真ん中の松は5、6年前に切り倒される寸前迄行って残される。残された理由は地域の要請で保存される?しかしこの松が原因で重大な人身事故が起きれば別問題。この松の先は右に降りる道がある。見通しは良く無い。事故が起きたら問答無用で切り倒されてしまうだろう。この対岸の道も一歩通行では無い。対面通行。信じられません。

Img_0106_20191002210801Img_0107_20191002210901Img_0108Img_0109

ここは下流に向かって初めて歩く道。ここは広いがこの手前は墓地と公園で車道はここ迄。右が天竺川。

Img_0110 Img_0112 Img_0113 Img_0115

見事な公園と車道の境の(コノテカシワ)これだけ大きい立派な樹は中々お目に掛かれない。この場所は下流に向かって右岸(川の西側)この辺りの道幅狭い所は2メートル。それでも一方通行ではない。信じられない。行政(豊中市)の道路管理課の担当に聞いてもとぼけるだけ。事実、この場所に立っても対面通行の必要性を口にするのだろう。地元警察は何をしているのか?そんな問いかけも知らない。

Img_0116 Img_0117 Img_0118 Img_0119

安全な歩道があるのは下流に向かって左岸。ここで休憩。昨日は靴を変えていたがその靴底が凹んでいるので足が疲れる。靴を脱いで手にして来たがっつり弁当を取り出す。カバンの中で逆さになっていたのでビニール袋がタレでベトベト。そんな事はお構い無い。松の切り株に星を下ろしてくつろいでいた。老夫婦が歩いて通り過ぎるが声を掛けても無視される。

Img_0121 Img_0120

Img_0130 Img_0122

このデカイ松も長い間の風雨に晒され枯れたのだろう。その倒木の心配を根元から除去されている。この場所で一服したお礼に少しだけ雑草を間引く。この道草も綺麗に抜き取られるのは年に1、2回?それも定かでない。近くに住んでいる人達もこの歩道を歩く事は無い。街の環境を整える運動は盛り上がる事は無い。この歩道の管理者は誰なのだろう?

Img_0127 Img_0131_20191002233501 Img_0134 Img_0135

正面に道がある。堤防の上の車道は下に降りてこの道の下を抜ける。歩く道は正面迄行けるがその先は下に降りないと行けない。その道を右に降りた事はあるが左は初めてだった。急な階段。次に来る時は右に行かないと行けない(笑い)ただこの下の道は歩いているので慌てる事は無かった。ただ狭い。車一台がやっと通り抜けられる。

Img_0139 Img_0140 Img_0141 Img_0142

この先で歩くのを諦める。目的地の三国迄は3㌔弱。歩けない事は無かったが無理をする事は無い。昨日歩いた距離はそれでも8㌔を超えていた。これだけ色んな事を考えながら歩ければ文句は無い。そのうちこんなには歩けない?それともしっかりとした靴底が凹まない靴を履いて10キロ越えを何なくクリヤーする?どっちゃ?後10年続けられるかな。この先は又明日。

|

« 消費税10% それに見合う生活が求められる? | トップページ | 歩き方を変えれば明日が見えて来る?それは無い?どっちゃ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税10% それに見合う生活が求められる? | トップページ | 歩き方を変えれば明日が見えて来る?それは無い?どっちゃ? »