« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

今日は8㌔歩く それでも色んな人と話をしたので「萩の道」では暗くなる。そこで休憩する。

Img_9707 Img_9708

ここは昨日歩いた道。この道は行政の地域分権協働課が綺麗にすると確約してくれた植樹帯。(上が車道。手前が歩道)これだけの広い場所が確保されている地域は500メートル足らず。車道は片側1車線の2車線の道。県道9号線。池田から箕面に続く道。五月山の山裾を抜ける道。歩道も片側2メートル前後の広い道。一番広い南側の道は3メートルを超える所もある。

この素晴らしい池田のメインストリートはこの街の顔だがその顔を踏み付けにされている。誰に?心無い市民とまちづくり、道づくりに汗を掛けない市役所の管理、監督者達。彼らは日常の仕事に明け暮れこの程度の仕事しか出来ない?意味が分からない?それ程の事では無い?そうかな?そうかもしれない。しかしそれではまち、ひと、仕事の創成戦略は無しに等しい。

Img_9759 Img_9751 Img_9714 Img_9713 Img_9711 Img_9710

素晴らしい石のモニュメントが置かれている。緑地帯の手入れも良く出来ている。何をゴチャゴチャ言うてマンの?そう問われる。それはアナタがこの現場を知らないから?それとも親父のカメラワークが素晴らしい?所詮この程度の歩道で充分?

ところが今、全国で尤もらしく語られるまち、ひと、しごと創成戦略はこの案配と大差は無い。だから街の賑わいは期待出来ない?そんな事も市の職員でも府の職員でも国の職員でも命懸けの仕事はできない?何故?この程度以上の仕事はできない?

だから人の賑わいは何も無い。この道を綺麗にして美味しい飲み物、食べ物が提供すれば様相は一変する。その程度の戦略を手に出来なくても関係ないと思われている。ただその具体的取り組みは簡単ではない。色んな規制でそんな事は出来ない。

それが出来なければ近くに美味しい鯛やきの店、たこ焼きの店、喫茶店、粉もんのお店、そんなお店が一杯ある。(商店街)そちらにいくらでも誘導が出来る。その程度の事も大事なまちづくり、ひとづくり、しごとづくり。そう思わない?行政の仕事はそんなもんではない事を思い知る事はまだまだ時間が掛かる。?そうかな?その猶予はまだまだ時間が残されている?そうかな?

Img_9717 Img_9721 Img_9724 Img_9727

この多くのモニュメントの作者には本当に申し訳ないがここを通る人に殆ど注目されない。その理由は何なのか?それはこの放置自転車が証明している。自転車はこの場所に放置出来ない。放置自転車禁止区域に指定されている。仮に指定されていなくても自転車の放置はしてはいけない。それが常識。

オバカはその程度の事が分からない。分から無いのではなく無視している。この彫刻も完全に無視されている。残念ながら展示も賞味期限切れ。その程度の判断も出来ない。因に放置自転車の間の鉄柱は一基100万の防犯灯?照明灯。この500メートル足らずの歩道の両側に30基近く立てられている。

工事の事業者は池田土木事務所。無様な管理しか出来ない。そんな事は無い。その程度の認識が市民に無いと言う事です。この放置自転車の撤去は市が指定業者に委託している。その団体は全国何処にもある人材シルバー。この管理者は自分達の仕事の成果を評価出来ない?そんな事は無いでしょう。それがこの有様です。まちづくり交通課。この課も多忙です。

Img_9728何たる無様。バイク置き場だと思っている。ここ迄来ると悪質。処罰の対象。

Img_9729 Img_9731 Img_9734 Img_9735

この観光案内プレートも何時造られたのかも分からない。観光課長はこの案内プレートの在処を知らない。知る必要も無い?それは聞いて見ないと分からない。この案内プレートは役目を終えている。今は多くの観光客がタブレットを見ながら行動している。観光客と市民が気軽に会話が出来る電子機器(自動翻訳)も必要になっている。その対応策も聞かないといけない。

| | コメント (0)

豊中の街 殆どの大阪人が知らない「天竺川」この天井川の無様な道?行政は何を管理しているのだろう?

Img_9759 Img_9751

そんな問いかけをされても分から無い。天竺川、天井川?何の事やら?そんなもんでしょう?知らないと言う事は自分が生きて行く過程で何の障害にもならない?他の内閣よりマシ?その程度の知識しかなくても何も困らない?明日からは消費税10%。物を買えばその値段に今は8%の税金。それが明日からは10%になる。しかしそれは全て出ない。生活必需品は今迄通り。

ところがそれでも8%の税金が掛かっている。この税金は3%が5%になりそれから8%。その決定をした当時の内閣は国民の支持を受けられずに次の選挙で大敗。その教訓が生かされて現政権は消費税10%の値上げを公約して誕生したが2度に渡って景気の影響を龍に延期し今回初めて多くの軽減税率を適用して実施する。その成果はまだ良く分からない。

それでも消費税は全ての消費に一律10%ではない。それなのに共産党と一部の野党はこの政策に反対している。その財源は法人税を3割の企業しか払っていない大企業から徴収する税の取り立てを見直す?これは間違っては居ない。ただ現実的にはその意見は共産党支持者の意見。税金は中国国民は払っていないと言われている。日本ではそんな政党は多くの国民に支持されない。

それともこの国も中国共産党の様に国家権力で国のあり方を替えますか?そんな事は出来ない。現在の日本でも自由にものが言えて国家権力に指図されないで行動が出来る国は多く無い。その程度の事も知らないととぼけられるのだろうか?アホな生き方?賢い生き方?いずれにせよ今年の秋はそんな生き方が問われる?

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

勝負の世界はゴマカシが効かない?報道の世界ではそれが分からない?その程度の事だろう。

Img_9630 Img_9631 Img_9633 Img_9634

昨日のラグビーの試合が行われた静岡県袋井市のサッカースタジアムを大阪人は殆ど知らない。サッカースタジアムと言ってもラグビーも出来る。このスタジアムはサッカー以外にも多くのイベントに使われているがそんな事はどうでも良い。公共放送のアナウンサーは実況中継でこれは奇跡では無いと絶叫していたが事前の大敗の予想を覆したのは地元開催の地の利だけでは無かった。

それだけの実力。それは守備力とキック力。それを高める為に多くの関係者と選手の練習と成果を知らなかっただけ。しかし前回の大会ではこの勝利に勝るとも劣らないイングランド線の勝利がある。それでも決勝トーナメントに進めなかった。今回はそんな事は無いだろうがそれは試合をして見ないと分からない。馬鹿騒ぎも分から無い事も無いが日本チームの強さはまだまだです。

その事を思い知らされる。それとも前回とは明らかに何かが違う?それは次のサモア戦で見えて来る。勝負の世界はごまかしは効かない。小泉新次郎がどんなに綺麗事を言っても安倍政権の後は託せない。その程度の事も新次郎ファンは分からない。彼は口先で国民、有権者の支持を受けている。ところが世の中はそうは行かない。その程度の事が多くの人はどうでも良いのだろう。

Img_9637 Img_9638 Img_9641 Img_9642

昨日は久し振りにこの芝生の上を素足で歩いて来ました。最近は歳の所為?で足がつり腰が曲がらない。体が固いのは今に始まった事では無いが偉そうな事を言っても来月から後期高齢者。完全なジジイです。それでも自分はまだまだ若いと思っている。

難儀な事に高齢者を意識する時は殆ど無い。自分がどんなに若いつもりでもそれは鏡を見れば良く分かる。どんなに若さを口にしても自分の体は嘘をつかない?本当に若者に負けない体は手にする事は出来ない。その事を思い知れば山を歩け。近くの山に今日は挑戦。8㌔弱を歩く。まだまだ。それでも3㌔減。飯を食ったら2㌔プラス。それで充分です。

秋は天高くメタボの親父が肥える秋。競走馬も太ると勝負に勝てない。ゴール前の厳しい叩き合いに勝てるのはどんなに練習しても駄目。優秀な血筋と瞬発力。そんな親からの血統が生かせるのはこれからに違いない。これから多くの事が問われるが一番の肝は体力。生まれつきの不整脈の体もこれから腹回りの脂肪のマワシを外せば勝負が出来る。これ迄の不遇な生き方は己の不摂生。

その事が証明されればこれ迄の生き方が変わる?散々コケにされたが(今でもされているが)その代償は計り知れない?信じられ無いに違いないが多くの課題が一変する。その事はこれから確実に証明してみせる。そんな力を見せつけてやらないと行けない。誰に?決まっているだろう。これ迄オイラが大将と思っていた輩(やから)?これ迄の常識を覆せ(くつがえせ)。

Img_9643 Img_9644 Img_9645 Img_9646 Img_9647 Img_9648

写真では綺麗な芝生も葉先が枯れている。今年の夏はそれだけ暑かった。これから秋が進めば芝生はもっと枯れる。これが常識。処がそうでは無い。最近の芝は冬でも枯れない。多くの人は知らないが芝生が枯れるのは霜が降りる様な寒さの時だけ。その霜も最近は降りなくなっている。それなのに何で?それは芝刈りと水やりが不足しているから。芝も人間も手の掛け方で大きく変わる?ホンマかいな?ホンマです。その証明をしないといけない。(笑い)

Img_9649 Img_9656 Img_9663 Img_9664

これだけ夕日に映える散策の道がある。そんな素晴らしい道もこの街の多くの住民は知らない。その程度の生き方をしている。これからの高齢者だけでなく多くの人の生き方は健康でなければならない。その為に国民健康保険、後期高齢者保険の医療費は削減しないといけない。ところが医療費の削減は多くの誤解を招いている。必要な医療サービスが受けられなくなる。そんな事はありません。強いて考えればそうなるかも知れない。その為の健康管理の準備が必要になる。

Img_9665 Img_9668 Img_9670 Img_9671 Img_9674 Img_9679

歩いて来た道を振り返ると素晴らしい夕焼け空が屁タレの親父の背中を押している。今迄本当にむげねえ(可哀相)な生き方をしていた事を西の極楽浄土の空がエールを送ってくれている。人に好かれなはれ。その為には人の批判は止めなはれ。人の批判でなく人にどれだけ声援が送れるか考えなはれ。多くの人から言われた言葉を聞き流して居たがそんな生き方は簡単な様で難しい。その事をこの素晴らしい夕焼けの空は何も言わないで指し示していた。在りの侭に生きろ。そう言われていた。

Img_9686 Img_9690

Img_9691 Img_9692

秋は実りの秋です。実りの収穫は出来無くなっているが日本の農業の実態は殆ど知らない。最近は大きな柿も見かけなくなったがそろそろ大きは富有柿、熟柿、干し柿を口にしなければならない。長い間小さい柿しか口にしていない。口一杯に頬張りながら黙々と食っていた大きな柿。そろそろそんな生き方をしないといけない。

Img_9703 Img_9695

そんな訳?で昨日は近くの山に登れなかったが足腰の痛みは解消されなかった。それならばと思いながら今日は登りました。タカが400メートル足らずの五月山。されどこの山の展望台からの景色は大阪平野が一望出来る。天気が良ければ淡路島が見える。

そんな事も知らない大阪人も少なく無い。元気な年寄が多くなれば当然医療費の削減が出来る。そんな年寄はこれから益々少なくなる。その取り組みが行政で難しいのは何故だろう?その程度の問い替えにも行政は答えられない?自分達の仕事が無くなる?

そんな事は無い事も分からない?大阪都構想。医療費の削減は誰が何処で進めているのだろう?池田の保健婦のレベルでは明確な答えは聞けなかった。課長達は何処でどんな仕事をしているのだろう?そんな事もどうでも良い。大阪都構想が実現すれば2重行政が無くなる?その根拠は何も無い。それが良く分かっただけで充分?アホこけ。

 

 

 

| | コメント (0)

ラグビーのアイルランド勝利 奇跡と呼ばせない?そうかな?そんなに絶叫して良いのかな?

Img_9629 Img_9628

ようやく整備が完了した我が街のメインストリート?そう言われてもその実感はまだ無い。この程度の整備では多くの観光客の呼び込みは出来ない。そんな事もどうでも良いのだろう。全国何処の街でも叫ばれている街の賑わい。大阪府下でも多くの街でその取り組みは行われているが肝心の具体策は行政には無い?

その事をどんなに多くの学者先生達が何とか審議会で答申しても何も変わらない。我が街にもその具体的問題解決の実行部隊がない。その結果がこれ?石の多くの彫刻がこの場所に置かれても見向きもされないのは何故?そんな問いかけも無い。

個人的な意見と言われてもこのモニュメントの価値は無い。それは何故?これだけ素晴らしい芸術の価値が認められないのは現場を見ればすぐ分かる。そんな事は地域の人が一番良く知っている。この作品が表現している(主張している)評価、価値は解説をしないと分からない。

チンドン屋にお願いしますか?観光課長に聞いてみますか?どんな反応をしますかな?大体分かる。ただ彼はその程度の問い掛けに面白い反応を示すに違いない。そんな期待がある。ただ個人の力では如何ともし難い。この道が本当に多くの観光客を呼び込む事は無い?それはこれからも変わらない?さて、さて、さて。さては南京タマスダレ。大道芸人のスポンサー探しますか。(アホ)

 

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

五月山に登れず。それでも7㌔弱歩く。こんなもんじゃ体力の落ち込みを支えられない(笑い)

Img_9559_20190928210701 Img_9560_20190928210701 Img_9561_20190928210701 Img_9562_20190928210801

今日は土曜日。何時もはゆっくりしている時間から動き出す。何処に行くのかと問われる事もないがお昼のブログにも書いたが近くの五月山。最近運動不足で折角の減量の結果がリバウンドしている。それは体重計に乗らなくても分かる。それが分かればやる事は決まっている。

それで山登り。絶好のコースが在る。急な階段を登るか谷道を登る。ただその道に取り付く迄に2㌔は歩かないといけない。相当の決心をしてもその道を歩ける確率は高くない。その確率をクリヤーするには無心になって歩く事。今日はその認識が甘かった?

家の近くのこの雑草を見ながら足を止めていた。大阪法務局池田出張所。ここでなければ手に出来ない許認可の資料。親父も立て売りの戸建ての家を買った時、静岡掛川の法務局に出掛けた事を思い出す。あの事務所もこの様な無様な姿を晒しているのだろうか?

この役所の責任者にそんな認識は無い?この程度の事が綺麗に出来無くてどの程度の仕事をしている?昨日出掛けた保健所と同様の仕事をしている。ただ保健所と法務局の管轄は違うだろう。そんな事もどうでも良い。保健所の仕事。法務局の仕事。それは大きく違うがこの程度の草刈りが出来なくても仕事は出来る。そうとぼけるのだろう。

Img_9563_20190928212901 Img_9564_20190928213001 Img_9565_20190928213001 Img_9566

関西随一の細川植木の産地迄2㌔。しかしこの産地もすっかり寂びれている。植木を求めてこの地に多くの人が集まったのは何時の事だろう?まだ現場に足を運ばないと植木を手に出来なかった頃の話?現在はそんな時代では無い。多くの植樹を求める事業者、公共団体は少なくなり植木の産地も様変わりしている。

それでもそんな事は何も知らない?この街路樹も枯葉の掃除をする人が居ない?市役所に苦情が持ち込まれれば話は別だけ?何とも情け無い話。情け無い話と言えば今月末の予定で行われていたメインストリートの県道9号線。愛称(さくら通り)の500メートル足らずの道も予想通りの整備を終える。

この短い植樹帯と彫刻の石、モニュメントが置かれた場所と広い歩道はそれぞれ管理者が違う。その統括を行政の責任者は行っていない?何で?そんな意識が無いから?この道は多くの観光客を呼び込む道には程遠い。その改革をどんなに求めてもこの有様。

その写真を並べても行政の責任者に危機感が無い。何でやねん。そんな責任は問われていない。ならば問いましょう。それともそんな事はどうでも良い。そう思われている?知らないと言う事はそう言う事。その総活をすれば良い。秋は目前です。

Img_9567_20190928215001 Img_9568 Img_9569 Img_9570 Img_9571 Img_9572

信じられない事に歩道に車の一部がはみ出している。この歩道を管理しているのは池田土木事務所。担当課長に改善を申し入れているが何も変わらない。軽しか停められないスペースでも許可を取れば駐車場として許可される。そんな事は無いだろう?そんな表示は何処にも無い。土木事務所は大阪府の出先機関?そんな事が許されるのかい?責任者の責任も問われない?

Img_9573 Img_9574 Img_9575 Img_9576

行政(地域分権、協働課)はこの場所を綺麗にすると啖呵を切っていたがその結果は予想通りだった。この訳の分からない?タイルは外されず雑草も残されている。この場所には石のモニュメント、彫刻が置かれていないから関係ない?この場所は公園みどり課が綺麗にする?だから関係ない?よくお役所仕事と言われるがこんな仕事を池田市民は何とも思わない。この歩道を観光客が殆ど歩かない理由が良く分かる。その程度の事も分らない?どうでも良いのだろう。

Img_9577 Img_9578 Img_9579 Img_9580

この写真では位置関係が良く分からないが茶色のタイルがある方が歩道。そのタイルもデッキブラシでこすられないので汚れている。これでは観光客の眼は引かない。観光客の人の流れはその程度では変えられないが魅力ある町造りの戦略は何も無い?今年の秋はその戦略を何処の誰が考えるのだろうか?先日保健所の担当者(保健婦)元気な年寄りを多くする戦略を聞かれた。

この歩道を多くの人で一杯にする戦略を教えて下さい。親父はそれが仕事でないけど考えている。その考えは自分で間違っていないと思っている。しかしそんな事は親父に聞く事は無い。大した給料は手にしていないと言われる行政の責任者(部課長)がその旗ふりをしないといけない。

そんな事もどうでも良い?そうは行かんだろう?そうは全く思われていない。誰が?アンタがたどこさ?肥後さ?肥後何処さ熊本さ。熊本何処さ。船場さ。船場山には狸が居てさ。それを猟師が鉄砲で撃ってさ。煮てさ。焼いてさ。食ってさ。サノサノサッサ。

(それを木の葉でチョッと隠せ)知らんだろう。童謡。毬つき詩。今は子供達も少なくなりこんな童謡を教える事も毬つきもする事は無い。毬(まり)つきとはなんどや?手毬詩(てまりうた)知りません。役所の仕事も殆どが知らない。

担当者が親父達の取材に対応し上席(課長クラスでも)殆どがとぼける?部長クラス?相手にもされない。大した仕事もしていないがまず合えない。権限と責任がない担当者の説明を聞いても何の役にも立たない。船場山には狸が居る。役所も同じかい。とぼけたやろう達。化けの皮をひんむいて下さい?そんな異端児はまずお目に掛かれない。

Img_9585 Img_9586 Img_9587_20190929002901 Img_9589_20190929002901 Img_9590 Img_9591_20190929003001

これが整備をした後。確かに草は刈られて銀色のしっかりした石の彫刻のタイトルと作者名は明示されている。しかしこのタイルの間の草はこのまま?雑草は根から掘り起こして土の上に草が生えない様に黒と白の丸い石を並べないの?その程度の整備をしている場所が他にある事を知らない?それともそれだけの整備費用が確保出来なかった?だったら駄目だね?その程度の認識もない。アホでしょう。それは既に証明されている。その程度の事が分からなければ管理職責任を取らせる。(偉そうに言うな)そうかな?

Img_9592_20190929003901 Img_9593_20190929003901 Img_9594_20190929003901 Img_9595_20190929004001 Img_9596_20190929004001Img_9597_20190929004101Img_9598_20190929004101Img_9599_20190929004201Img_9600_20190929004201Img_9601_20190929004201Img_9602_20190929004301Img_9603

この場所は地元の自治会がお金を掛けて業者に整備をさせている。地方分権、協働課がその支援をしている?していません。約束の期限迄後1日。これで完成?余りにも酷い(ひどい)お金を掛けないと地元自治会ではこの程度しか出来ない。それは仕様がない。問題は行政の認識だろう?それも仕方ない?本当にそうなのか?担当部長の意見を聞く前に次長の話を聞かないといけない?そうは思わないけれど。

Img_9604 Img_9605 Img_9606 Img_9607 Img_9610 Img_9608

ここで親父の怒り爆発。この樹は歩道を不法に占拠している。歩道を管理している土木事務所は行政命令で所有者に撤去を命じる事が出来ない?その樹の枝をこんな形で放置している。これで2度目。1度目は土木事務所のアホな監督者に開き直られて市の環境整備の課長にお願いをして片付けてもらった。

今度はそうは行かない。その事を事を思い知らせる。どうして?簡単です。日本は法治国家。歩道の管理はその道が市道か府道か国道かそれに因って決まっている。一度目の時はその事が分からなかった。分からないからここは市の管理と土木事務所の担当に誤摩化された。

確かにこの場所は市が借り受けている。ただ捨てられている樹の切られた枝歩道の反対民地側。ここに捨ててはいけない。その程度の事も知らないとは言わせない。元々この場所はアドプトロード。そう言われても分からなかったがこの植樹帯と歩道は府、市、地域の人達が協力して綺麗にすると大阪府は決めている。

だから皆で足りない処を補えば良い。それが出来ていないからこんな無様を繰り返す。これでこの植樹帯が綺麗になったと地域分権協働課は言い放つのだろうか?そんな事は無いだろう?それも危うい。しかも他の課も関係している。公園みどり課。まちづくり交通課。彼らの連携は全く無い。やり直しだな。(偉そうに言うな)

Img_9611 Img_9612 Img_9613 Img_9615 Img_9623 Img_9622

草は掘り起こして根から除去しないとすぐ伸びる。伸びていた。その草を草刈り機で刈っただけだからここ迄伸びる。その程度の事が分からない?分から無いのでは無い。その認識が市役所の管理監督者に無い。ここだけでない。多くの場所は掘り起こして根絶やしにして草が伸びて来ないゴムのマットを敷き詰めるか、拳大(こぶしだい)の石を敷き詰めるかしないといけない。

そうするともっとお金が掛る。そして定期的に手を掛けなければならない。それがこれからのまち、ひと、しごと創生戦略。その程度の事も考えていない。情けない仕事をしている。ここは放置自転車が置かれていた処。いずれそう成る?それはさせない。(放置自転車は原則撤去している)まち、ひと、仕事創成戦略の担当者にも同じ事を聞かれた事を思い出す。どうすれば良いんですか?課長や係長は何を担当者に教えているのだろう?

 

 

| | コメント (0)

来週火曜日から10月 秋が始まる 生き方が変わる?それはどうかな?

今日はどんよりとした天気。それでもエアコンを切ると流石にまだ暑い。そうは言っても一時の真夏の暑さでは無い。その季節も来週から一気に変わる?変わりません。変わると言えば何だかんだ言いながら?言われながら3度目の延期がされなかった消費税10%の引き上げ。それでも多くの軽減税率適用でその影響は前回程でもない?

前回と言えば消費税が5%から8%に上がった時。それはそうでしょう。あの時は3%。今回は2%。しかも今回は3度目の正直。前政権の批判をして誕生(復活)した自民、公明の連立与党の安倍政権が行った事は?そんな事は多くの国民は知らない。このブログを読んで呉れている貴方も知らない?

そんな政権が今でも多くの国民が支持している?親父はそうは思わないがそんな世論調査を見る度に不快な思いが全身を駆け巡る。安倍政権が誕生した時、求められていた国の財政の改革。それは国会議員の削減と行政の改革。そして経済の立て直しだった。

ところがこの政権が今でも評価されている大きな要因は「他の政権よりマシ」。何たるオバカな世論調査?そんな世論を尤もらしく報道する公共放送。民間放送に至っては報道もワイドショウの領域?現実の厳しい報道を放送局はどう伝えるのか?その程度の検証もされない。そんな事を喚いていた。それでも何も変わらない?変わらなければ他の方法を探れば良い?

それも無理だな?そう思われている。ところがそうでは無い事が起きるから「事実は小説より奇なり」と言われる。(そんな言葉も最近は実感出来ない)そう思われても仕方が無い。今日の夕方全国の多くの人達がサッカーの試合を見る。常識的には日本は惨敗する。善戦をすれば上等。その試合は静岡袋井の関西人は全く知らないサッカースタジアムで行われる。

サッカーのスタジアムでラグビーの世界大会?何もおかしくない。このラグビーの試合が終ると多くの関西人から見向きもされない立派なスタジアム。関西にも万博公園グランドに立派なサッカーのスタジアムが在る。このスタジアムは民間企業とガンバ大阪のサポーターの寄付金で完成したと言われているがそれだけのお金で本当に完成したの?そんな事もどうでも良い。

その程度の生き方をしている親父も最近は運動不足で足がつる?足がツルと言う事はどういう事?それは朝方に起きる。不思議な事に起床前。体がいきなり無様な生き方に警報を鳴らす。足がツルなんて事は高齢者に成る迄は余り経験しなかった。足を触ってみると筋肉が固い。その固まった筋肉を優しく揉み解して行くと痛みは和らぐ?トンデモありません。

足が吊った時は足の親指を意識して上下に動かす。ところがこれも言うは易く行うは難し。何でや。激痛はそんな動きを許してくれない。それではどうするの?それはタダでは教えられない。(嘘でしょう?本当です)それは自分で自分なりの工夫で対応するしかない。

親父の対応は片足ずつ屈伸をする。その時でもふくらはぎに激痛が走る。それでもゆっくりと優しく足先に力を入れ親指を意識的に動かす。お試しあれ。嘘の様に激痛は消える。その後は少し力を入れてふくらはぎの筋肉を揉みほぐす。ただ根本的な対処は山歩きをしないといけない。出来るかな?出来ない高齢者が少なく無い。幸いに親父には近くに素晴らしい里山が在る。

五月山。標高400メートル足らずの里山。ところがこの屋迄も簡単に遭難する事が出来る?どういう事。深い谷があり急な山道もドライブコースも在る。一歩足を踏み外せば簡単に大怪我を覚悟しないといけない。そんな道を多くの人は歩けない。それでも100歳迄生きられる?とてもそんな生き方は出来ない。今日は久し振りにその一番厳しいハイキングコースを歩く。(予定)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

高齢者医療費削減対策 何処で誰がしているの?人生100年時代?嘘でしょう?嘘です。人生それぞれです。

Img_9513 Img_9514 Img_9515 Img_9516_20190927203801

季節は着実に秋 今年の秋はこれ迄以上に体も手入れをしないといけない?と言われても美味い物を一杯口にする程度が関の山。今年の9月は2年振りの田舎の墓参りが出来たが来年はどうだろう?来年は分からない。来月の誕生日が来れば後期高齢者。75歳。最近の高齢者は元気だと言われるがこれも嘘。確かに元気な人は多いがそうで無い人も少なく無い。

その対策を最寄りの市役所の担当窓口に言って聞いても説得力のある話は聞けない。後期高齢者の医療費は今年度で大きく国の財政を圧迫している。当然、役所はその対策が求められる。役所だけでは無い。老いも若きも男女の区別も無い。自分の健康は自分で管理しなければ成らない事を多くの人が理解していない。病気の恐ろしさが分からない?そんな事なネエだろう?

保健所にもその取り組みが求められている。わざわざその事を訪ねても対応して呉れたのは担当の保健婦だった。個人の意見は聞いてもしょうがないと思ったが役所に行く度に痛感する事。担当者の意見は役所の意見?違うでしょう。本当に無礼だった。

来週は府庁に足を運ばないと行けない?府庁でも同様の対応しかしない?そんな気がして来た。医療費の削減は出来ない。処がそんな議論が無いのは何故?責任者が丁寧な説明が出来なければどうなるのか?その程度の認識も無いのだろうか?担当の丁寧な取り組みとは全く違う元気な高齢者を多くする取り組み。それを考えなければいけない?

Img_9517 Img_9518 Img_9519 Img_9524

市役所前のギンナン。最近はギンナンの実も見向きもされない。以前はおばちゃんが拾い集めていたが今はそんな人も居ない。大阪御堂筋のギンナンも同じだった。ただギンナンの入った茶碗蒸しも料亭の味、家庭の味は中々味わう事も出来ない。最近は料亭はお呼びが掛らないし家庭の味はスーパーで買った方が安い。高齢者の医療費も同じに違いない?

Img_9525 Img_9526 Img_9527

我が街でも美味しいラーメン屋は少なくなっている。それが安くて美味いと来れば行列が出来てもおかしくない。しかし何時見てもカウンター席は空いている。それでもこのラーメン屋さん。昼や夜が深まると馴染みの客で満席?その時間は覗かないので分からない。写真では看板メニューが良く見えないが味と値段は保証。いずれ行列が出来る?かな?

Img_9528 Img_9529 Img_9530

散歩コースで必ず見上げるお寺さんの鬼瓦。最近親父のボヤキ似た表情しか見せてくれない。このお寺さんの毎月の言葉が紹介されるが今月の言葉は「生は偶然死は必然」確かに生は偶々(たまたま)はずみの結果。死は時間の問題。早いか遅いかは誰も自分では決められない。そう考えれば人の事はどうでも良い?鬼瓦にその事を教えられる。それでも生き方は変わらない?

Img_9531 Img_9532 Img_9533 Img_9534

最近息切れ、動悸はしなくなったがそれでもこの程度の坂を軽々と登る体力が失せている。いずれこの程度の坂が登れなくなれば行き着く先は人の手を借りないと行けない。我が街は深刻な介護の悲劇は聞かないが何時迄もそんな時代は続かない。

介護の現実は今でも厳しい事を多くの高齢者は知らない。「長くは生きるもんじゃない」そんな悲痛な叫びを多くは知らない。自分はそんな事は関係ないと思っている。その保証は何も無い事を知りもしない。秋が来る。そして厳しい冬がやって来る。

20年後をどう生きるか?それよりも3年後の生き方が問われている。この期間を何回繰り返せるのだろう?親父の場合は?それは3年経たないと分からない。3年前の生き方をブログで引き出すとその期間の短さに愕然とする。

6年前は?9年前は?それを見ていると10年先が分かる?トンデモありません。10年後は生きていない?そんな事は無いだろう?そんな生き方が始まる。病気をしないで元気に生きる?その証はどれだけ歩けるかで決まる?

現在は頑張れば13㌔は4時間掛かりで歩ける。時速3、5㌔?これがこれから上がる事は無い。それを意識してあるけば体力は10年後も変わらない?それはどうかな。10年後は間違いなく今の様な体力は期待出来ない?今年の秋は武田尾から西宮名塩迄歩けるかな?歩ける自信はあるが一人では「よだきい」(気が進まない)彼女誘いますか?アホ。

Img_9535 Img_9536 Img_9537

忍者が迎えてくれる。泣き虫の孫は親に大事にされているのでこのスリムな忍者を見れば泣き叫ぶに違いない。今日は週末の夕方で家族連れの小さい子は殆ど見かけられなかった。芝生広場の芝は本格的な養生をしている割に勢いが無い。何でやろう?栄養が足りない?夏の暑さが響いたのかな?芝生も世の中の出来事も何時迄もインチキは通用しない?

Img_9538 Img_9539 Img_9540 Img_9544

錦木(にしきぎ)と思っていたが良く見ると名札が付いている。聞き慣れない名前。公園管理者のM君に聞けば分かる。来週会えるかな?それでも娘に合えて同名の歌手の話が出来たのはハッピーでした。まだ全国的には知られていない植田満里奈。応援して下さい。まだまだ多くの可能性を秘めているがメジャーになるのは難しいかも?それでも良いかも?よく無いかも?

Img_9545 Img_9543 Img_9546 Img_9548 Img_9552 Img_9553_20190928000801 Img_9555_20190928000901 Img_9554 Img_9557 Img_9558_20190928001001

 

| | コメント (0)

来月から消費税10%。それでも国の財政は借金体質。分かっとんかい。アホンダラ

Img_9459 Img_9460 Img_9461 Img_9462

Img_9463 Img_9465 Img_9470 Img_9471

昨日の大阪梅田大阪市が区画整理をして集合ビルを完成してから長い年月が経過している。第一ビルが出来たのは半世紀以上前?最新のビルは第3だと思うがこの通りの前のビルは第4ビル。こちらの方が新しい?その程度の事も多くの大阪人は知らない?

どうでも良いから?何故かこの区画整理事業は大阪市が行いビルの賃貸管理も大阪市の管轄?実際には指定業者にその運営は任されている。その実態は大阪人の殆どが知らない。多くの利権が絡んでいてもその報道は殆ど無い。

この区画整理のお陰で大阪駅前の通りを隔てた一角は見違える程の復活を遂げたがその最初のビル(第1ビル)は老朽化が進行している。その実態も殆ど報道されない。現在進行している大阪北ヤードの第二の工事が一段落する迄はこの侭?そんな事も分からない。

Img_9466 Img_9467

Img_9468 Img_9469 Img_9472 Img_9473

昨日の目的地はこのビルの21階大分大阪事務所だった。事前に訪問の予約をしていなかったので昨日も書いたが幹部(次長)は取り込み中と対応して呉れたおネエちゃん(失礼。対応して呉れた担当。)に言われる。用件を聞かれたので(取材)と答える。

大した要件ではなかったけれど無礼な対応。(お互いに)要件は大分県佐伯市の観光の取り組みの資料を佐伯市の担当にお願いしていたのでその確認。資料(取り組みの情報)は何も届いていなかった。この危機感の無さ?どっちが?そう思われている。

現在多くの人は知らないが全国津々浦々の市町村が生き残りを賭けて地域の活性化に取り組んでいる。まち、ひと、しごと創成戦略は政府、内閣府の国家戦略として考えられているがその成果は多くの問題がある。現在、その見直しが行われている事も知らない。そんな危機感が全く感じられなかった。しかしこれが現実。それが分かっただけで充分だった。

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

高齢者の医療費削減対策 口先だけでは出来んだろう その程度の事も分らない?アホだろう?それも分からない?

Img_9439 Img_9440 Img_9441 Img_9442

多くの関西人は千葉の房総半島の長期の停電被害の実態を知らない。信じられない事にその実態は今でも正確には伝えれれていない。そんな状態で無電柱化の話を尤もらしく口にする公明党の国土交通大臣。出来る訳が無い。それとも全国津々浦々何時迄にやるの?そんな問いかけも無い。

国民健康保険の前期高齢者、後期高齢者の医療費削減対策の全く同じ?口先だけで尤もらしい事を言っていれば国民に支持される?公明党でもおおさか維新でも政治家はその程度?そんな彼らでも他の野党の批判は出来る。これからそんな生き方は出来なくなる?

それともそんな問題意識は殆どの大阪人には無い?大阪人だけでは無いだろう?今日、その事を改めて思い知らされる?対馬の韓国人観光客が激変。殆どの大阪人は知らない。大分別府の韓国人観光客激変。そんな事もどうでも良い。自分達の日々の生活で精一杯?嘘をコケ。知らない事をこれから思い知らされる。地方創生?地域の活性化?そんな事もどうでも良い?だろうな。

Img_9443 Img_9444 Img_9445 Img_9446

法務局の道路の面した庭。この草刈りも出来ない?やらない?必要ない?我が街に何で法務局の出先機関が在るのか分からないがそれは全国何処の市町村でも同じ?市役所では法務局の事務代行は出来ないから?そんな行政改革、行政の再編も出来ない?何でや?一度手にした権限は手放さない?草ぐらいは刈れよ。その程度の権限も彼らには無い。

このクレーンはマンション建設現場。我が街はいずれ大阪のベッドタウンに成る。イイエ。成っている?だから多くの街づくりは疎かになる?まち、ひと、しごと創生戦略は担当者の仕事?違うでしょう?明日その事を担当課長に聞く?答えは分かっている。現在見直しをして改善を計る?アホこけ。この街は5年先には完全な大阪のベッドタウン。?その程度の頃だろう。

Img_9449 Img_9450 Img_9452 Img_9453

これは完成した阪神百貨店1期工事の建物。この右側に2期工事の基礎工事が行われ4年後?には2期工事が完成して百貨店の上には高層オフィスビルが完成する。その時にはこの工事も終ると思いきや工事の看板には完成時はこの入り口は平成7年に関西?と言う事は大阪駅前と阪神百貨店前の地下通路が完成するのは6年先?ホンマかいな。ただ間違いない事はその時を見れる人は激変している?それとも激増している?それがこれからの生き方だろう?健康管理?そんな事は誰も考えていない?

Img_9454 Img_9455 Img_9456 Img_9457

薄汚い通路と放置自転車が多かった道が綺麗になって数年。久し振りに来てみるとこの前の連絡通路が取壊されている。大阪駅前は現在4つのビジネスビルが完成しているは本日の目的は正面の白い建物。大阪駅前第三ビル。21階大分大阪事務所。次長に取り次ぎを頼むと無礼な対応を窓口でされる。(アポ取られていますか?)どのようなご用件でしょうか?

ただいま取込んでいると言われて引き下がる親父では無い。(取材です)これは大阪府庁迄通用する決め台詞。(当然大阪市役所でも堺市でも通用する)しかし中央官庁の出先機関ではこのセリフも通用しない。アポを取る。次長は何気ない表情で登場。親父の今日は何事ですかの問い掛けに反応しなかった。要件は大分県佐伯市役所からの観光に対する取り組みの資料。

何も無かった。これも予想通り。地方の観光客の取り組み。地方創生の自己完結(都市部からの流れを呼び込めない)これは佐伯だけの問題ではない。日本全国の地方創生の現実。内閣府には立派な地方創生のエリート達が多いが彼らはその検証が出来ない。それでもその姿勢が問われないのは地方が手を挙げれば(書類を提出すれば)国の補助金を交付出来るから?

これは国のレベルの話だけでは無い。地方も行政の多くの人達の考え方。タダ例外の人も居る。その人達のムーブメント(波動)で国の流れ、地方の流れ、地域の流れを変えなければ成らない?無理だな?どうして?多くの人の意見を聞く迄もなく上に立つ人が人の意見に耳を傾けない?そんな事は無いと思われているけれど本日のテーマの話も全く同じ?

これから高齢化社会が加速して医療費の増加が眼に見えてもその削減策の取り組みのモデルケースの紹介、モデルケースの成功事例の全国展開が出来ない。医療費削減の取り組みを誰がやるのか?その取り組みの先端を行っている地域は何処?その程度の事も知らない。それは調べなくても分かる。それが出来れば国民栄誉賞?アホだね。自分で実証すれば良い?それも駄目だな。どれだけ大きな波動を送れるか?それでも駄目。結果を出すには役行者の力を借りないと出来ない。(アホ)

 

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

10月から消費税10%。世の中騒がしいけれどそんな事はどうでも良い?

Img_9414 Img_9415 Img_9416 Img_9417

今月分の納付で国民健康保険の市役所窓口の納付は終り。現役世代の時は給料天引きだったがその保険から国民健康保険に変わって20年以上の歳月が流れている。その保険料の支払いはどんなに生活が困窮した時でも欠かした事は無かった。

保険料が支払えなくなると医療機関の窓口支払いが保険適用から外れる。全額個人負担。ところがこの国の素晴らしい医療制度?は生活保護世帯は医療へは全額国の負担。生活保護の家庭は収入が無いから税金も医療費も保険料も国の負担。

これが素晴らしいこの国の生活困窮者の福祉。その人達に仕事を斡旋する事も出来ない行政?この程度の歩道の清掃も出来ない。生活保護を受けなければ健康で文化的な生活が出来ない人は国の福祉、共済政策で何とかしなければならない。

それでもタダだと言う考え方もってはいけない。持たせてはいけない。それには限りがある事とどんな事でもタダは無い。地域には色んな仕事が在る。そも中で現在大きな問題になっているのが奉仕作業。地域の美化の為にやらなければ行けない清掃活動がこれだけ出来無くなっても関係ない?この歩道は市道。この草取り清掃も市の仕事。その程度の認識、対策は誰にも無い。

それに引き換えこのきれいな公園。同じ通り(歩道)の左右でどうしてこれだけ違うの?その程度の問いかけも無い。何でやねん。市役所の担当課にその程度の問いかけも無い。これではイカンと町内会のリーダー達も思わない。何でやねん。彼らはその程度の見方も出来ない。いずれそんな考えは通用しなくなる。(個人的な考えを老害と批判された事が在る)ならばその事を思い知れば良い。

Img_9418 Img_9424 Img_9422Img_9425

グリーン健康セミナー何をしているのか全く分からない。(調べなさい)今日は市役所で後期高齢者の保険料支払いの疑問点を担当課長に聞く。今迄全く知らなかったが後期高齢者の医療保険制度は全国何処でも広域で運営されている。と言う事は我が街もこの広域連合の構成員。ヤクザさんの様な名前だが大阪府後期高齢者医療広域連合。

その保険料の支払いは原則年金天引き。確かにそうすれば確実に徴収出来る。但し年金からの天引き金額は2ヶ月分になるので少なくは無い。その保険料の決定は誕生月の翌月。支払いはその月から。この時、年金天引きの手続きは役所で出来ていないので暫定的に毎月納付書払い。親父の場合来年の四月から年金天引きになる。

しかしこれも原則であり手続きを踏めば口座振り替えも可能になる。この場合は毎年の保険料決定の7月からのその翌年3月迄の9ヶ月払い。4月、5月、6月の保険料支払いは無い。ただし年金天引きの場合は4から6月迄の保険料支払い額は前年度迄の金額で支払い。(ややこしい)

そんな詳しい話は聞かないと分からない?聞いても中々理解出来なかった。市役所の担当課長の説明でも分からなかった。その話をもう一度担当に聞く。それでも来年三月迄は納付書で払い4月からは年金天引きになるだろう?納得していないが。色々話を聞いてみてもそんなしつこい話はされないと聞く。

そうなのかな?保険料は毎月1万位だったら文句は無い。それ程に高齢者は金持ちなのかな?年金天引きで住民税、所得税、介護保険料、そして後期高齢者医療保険も天引きすれば徴収は確実。納税者も保険者もそれで何時何時(いつなんどき)税金、保険料が納められなくても役所、国税庁、保険組合(広域連合)は問題ない。納税者、保険者も便利で手間要らず?そうかな?

年金天引きで自分はどれだけの税金、保険料を払っているのか感覚的に麻痺?知らなくなる。その結果税金も保険料も下げる意識に欠ける。消費税が10%になっても国も国民も豊かに成れない。その対策は何時迄も元気で年金を手にする?それだけでは駄目。年金プラス5万円?それでも足りない?ならばその副収入を計る?それも無理だな?そうかな。そんな生き方が問われている。

今日はもう一つ仕事をする。マイナーバーカードの有効活用。多くの人は知らないがこの制度は税の公平な負担を高らかに歌いながらその代わりの行政サービスの向上も国民に約束をしてこの制度が国民に受け入れられた。ところがこの制度でどれだけの税収の確保が出来たのか?どれだけの行政サービスが向上したのかその程度も分からない。

その結果このカードの普及率は高い地域で25%。低い地域では何と10%そこそこ。行政はその責任も問われない。警察の取り組みも実に無様。後期高齢者が免許証を返上する時にマイナンバーカードが身分証明書に成る事を助言も出来ない。役所(中央、地方)公務員でも手にしていなくてもその責任が問われない。何とも無様。皆様の公共放送、民間放送局の社員でもその普及率は5割を超えない。彼らがいかにインチキ野郎か良く分かる。

Img_9435 Img_9436

放置自転車。違法駐車。取締りをいくら受けても入れ替わり立ち替わり平然と違法行為を行う?その意識の原点は何だろう。それは他の人もやっているから?少しの間だから?他に停める処が無いから。酷いのは横断歩道の上に停めて注意されても開き直る。それが棺桶が近い高齢者だけではない。子供達にどんな事を教えているのか考えてしまう親父達?母親達?これから反対に自分達が困った時は更に開き直る?住み良い街は誰が何処で見ているのだろう。好いちょるよ。そんな言葉が交わされる事は無い。Img_9429 Img_9428

これ(ギンナンの実)が踏みつぶされて市役所にクレームが寄せられる。掃除のお兄ちゃんの出番。本当は役所の部課長が交替で掃除をすれば市民と対話が出来る。そんな事は誰も考えない。市役所の部長はそんなに偉いのか?その報酬は誰から手にしているのか問われても分から無い?それとも私達は下々と違う?その程度の考え?だとしたら叩き潰されないと分からない?だれに?そんな人は居ないと思われている。市の代表的な道の植樹帯も現認する管理職は居ない?居る?いずれ明白な成る。それも今月末。

| | コメント (0)

健康 収入 情報の活かし方?あほやのう?そんな知識はどうでも良い?

Img_9401_20190925131001 Img_9393_20190925131001 Img_9403_20190925131101

来月の誕生日から親父も後期高齢者。正真正銘の高齢者。ジジイです。ジジイとババア。今時そんな言い方をするとどやしつけられる?誰に?それは決まっているだろう?いい年をしてチャラチャラしている御婦人に?彼女達は自分の醜さが分からない。そんな言い方をして見ろ?完全に抹殺される。(笑い)それでも平然と生きられる?そんな訳は無いだろう。

Img_9404 Img_9381

しかし人は悲しいかな?嬉しいかな?命は無限では無い。どんなに高級な化粧品を手にしても健康で若々しい肉体を何時迄も手にする事は出来ない。それはあどけない幼い子供達を見ていると良く分かる。それも4、5歳迄。その程度の事が分からないオバカなおババ達。おジジ達はその勢いに圧倒されるだけでなく為す術も無い?

Img_9411 Img_9368_20190925132401

そんな事は無いだろう?生き方は幾つになっても変えられる。ただ残念ながら肌艶は変えられない。その程度の事も分らない?それはそれで楽しい生き方?それともオバカな生き方?それはこれからの生き方で決まる?断念ながら既に手遅れ?そうです。手遅れです。ただその事を意識出来れば同世代より10歳若い生き方が出来る。その証明が出来るのかな?その事が問われている?

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

三田市行って来ました。以前にマイナンバーカードも積極的取り組みをしていたAさんと地域創生まちのブランド観光課の現状に付いて親友のMさんに合えて感激でした。

Img_9357 Img_9358 Img_9359 Img_9360 Img_9362 Img_9363 Img_9364 Img_9365_20190924213101

久々の(三田)の駅。今回で3度目だが何故か懐かしい。何でだろう?三田の街も広いがまだほんの一部しか知らない。今住んでいる街から阪急宝塚線でJR福知山線乗り換えで40分強で到着。今日は宝塚の駅で快速に乗り喜んでいた。

何時もは三田の2つ手前の武田尾で降りているのでこの快速には乗れない。(武田尾に停まらないから)。因に三田の駅には神戸電鉄の電車も乗り入れている。この電車は途中有馬温泉乗り換えの駅が在る。(駅の名前は思い出せない)

Img_9366_20190924213101 Img_9368_20190924213101 Img_9369_20190924213201 Img_9370_20190924213201 Img_9371_20190924213202 Img_9376_20190924213301 Img_9374_20190924213201 Img_9375

駅から目的地の市役所迄500メートル前後。この道は2回目に来た時に雨の中傘も差さないで歩いているので戸惑う事は無かった。この道は県道。当然この植樹帯は県(三田土木事務所)が管理している。我が街の様に市が余計な事をしていない。だから綺麗に管理されている?ところがそうでは無かった。何処でもオバカは居る。その管理が出来ない?

Img_9407 Img_9408_20190924215201 Img_9409_20190924215201 Img_9410

今、我が街のメインストリートの植樹帯を地域分権協働課と公園みどり課(市の直接管理部署)が別々に綺麗にしているがいずれも合格点は手に出来ない。その判断も行政には出来ない。何でや?その教科書がここにある。

この街でも全国至る所でもこの程度の美化が出来ない?その理由が分かる。誰もそんな見方をしていないから?そんな事は無い。行政の責任にされないから。責任にするとそのお金の負担を行政がしないといけないから。だからやらない。出来ない。出来る方法を考えていない?ただ三田は我が街より一見綺麗に見えた。その実態は一日掛かりでも探せないかも知れない。

Img_9386_20190924232201 Img_9387_20190924232301 Img_9390 Img_9391_20190924232401

鳴り物入りで実施された?マイナンバーカード制度。全ての国民に12桁のナンバーが振り当てられている。一番の対策は納税の所得の正確な捕捉の為。そんな事もどうでも良い?ただ間違いない事は納税の所得の捕捉は間違いなく向上している?

疑問符がつくのは国税庁からそんな報告はされないから?消費税増税の話を国税庁に親切な説明を求めても大阪の出先機関ではその程度の説明も出来ない。マイナンバーの普及率は各市町村でばらつきが在るが我が街のモデルケースは何処なのか?

その程度の説明も出来ない。その勉強の為にマイナーバーカードの普及率が兵庫県でもトップクラスの三田市にやって来る。勉強になりましたか?残念ながら電話で説明を受けた感じと変わらなかった。それ以下?親父の聞きたい事が通じなかった。

その原因は三田市では初期の目的を達成し担当のA課長は担当部署が変わっていた。一通りの現状の問題点を教えてもらったがこの三田の取り組みが兵庫県上位の取り組み。普及率23%は全国平均でも悪く無い。最低の地域は13%?我が街は18%。その問題点も知る人は少ない。この制度は所詮その程度のもの?ただ活用の仕方を知らない?

Img_9392_20190924234301 Img_9396_20190924234301

住民票がコンビニで手に出来てもそのメリットは働いている現役世代だけ。高齢者は市役所で手に出来れば何も問題は無い?そうでは無くてこのマイナンバーカードは身分証明書になる。日本国民の証明書。警察、郵便局で本人確認の決めてになる。

その事が理解されてもっと簡単に(今はチョと面倒)交付出来ればこの制度の評価も高まる?ただこの制度の為に国はどれだけの税金を投入しているか?そんな事は殆ど知らない。オバカな国民です。それとも親父がオバカ?どっちも。確かに。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

インスタントラーメン記念館の満員御礼?ただその人達は地域には全く貢献しない?どうして?

Img_9243 Img_9244

以前も写したこの階段。最近は右の手すりを持たないと登れない。そのうちこの階段も上がれなくなる?その覚悟があればその時期は遅らせる事が出来る。それは間違いない。そう考えると最近の自分の体の土台が良く分かる。その程度の事が分からない高齢者が多いのは本当に滑稽だね。杖を着きながら歩道の真ん中を歩いて居ても開き直る高齢者。そんな生き方だけはしたくない。

Img_9245 Img_9248 Img_9250 Img_9251

連日多くの観光客が押し寄せるカップヌードルミューディアム(インスタントラーメン記念館)。残念ながら関係者(行政と観光協会、日清食品グループ)に地域の活性化、波及効果の戦略が無い。その責任は何処に在るのか?誰になるのか?それとも誰にも無いのか?

そうだとしたらどんな対策が必要なのか?その戦略を未だ手にしていない。これからもこの現象が続いたとしたら地域の貢献度は最低になる?そんな事を考える人は居ない?だったら親父がその旗を振る?無理だなあ?笑われている?馬鹿にされている?当面の課題だな?アホ。

Img_9252 Img_9253

いま何処の行政でも苦労しているのが樹木帯の雑草。多くの行政はその草も管理出来ない?そんな事は地域住民も知らない。親父が何度もこのブログで警鐘を鳴らし続けて来たが改善はされていない。ところが行政はその対策を行っている。

ここは多くの観光客が行き交うインスタントラーメン館の近くの街路樹の中。雑草が生えない様にゴムのマットが敷かれている。どうして駅前のメインストリートも植樹帯もこうしないの?その理由は簡単です。担当が違うから?何とも無様な道路管理です。

この素晴らし歩道もこの先、建物がはみ出している。何でこうなるの?それは私有地だから行政指導は出来ないから?嘘をつけ。本当にそうだとしたらそんな行政組織は要らない。その程度の声がどうして盛り上がらないのだろう?そんな旗ふりは居ないから?

尤もらしい事を言ってもこの程度の改善も出来ない。これもウソです。地域の住民の声は完全に無視しても行政の批判は無い。大阪は多くの地域で今、おおさか維新の会の議員が当選して公明党、自民党の地盤は大きく変えている。我が街も新人の市長が事前の予想を大きく覆して当選。彼は議会の1年生だった。そんな彼が今迄の市政を大きく変えると公約している。

親父の支持した議員も上位で当選。しかし圧倒的な得票率で当選したおおさか維新の会所属の市長の議員秘書だった女性はトップ当選。そんな市民の期待は残念ながら大きくは変わらない。その程度の事だろう?その程度の事でも市民の意識は大きく変化をしている。

それが無ければまち、ひと、しごと、創成は無い。その程度の事も分からない。ならば地殻変動の波動を起さないと行けない。アホか。そんな物は必要では無い。ガリレオの有名な言葉が在る。「それでも地球は廻る」。知らなければ何でも出来る。

知られても無かった事にすれば何も無かった事に出来る。お友達を揃えて自分の意に反する輩は徹底的に排除する?そんな生き方が何時迄も出来る訳が無い。そんな時代がやって来る?久留須はそんな時代が完全に消えていた。久留須は親父の故郷の街。

消滅しても元気があれば立ち直る?そうかな。直川、直見、上岡、重岡の駅迄も無人駅になっている。そんな事は何も知らない。それでも故郷は辛うじて生きている?いずれ限界集落にはなるけれど?それも時間の問題。嗚呼。

Img_9255 Img_9256 Img_9258 Img_9260

Img_9261 Img_9263

台風は日本海を抜け大阪は全く影響はなかった。しかし今回も甚大な被害が出ている。皆様の何とかはそんな放送は関係ない。大阪のローカル放送は最低だね。他所の事はどうでも良い?人の事はどうでも良い?千葉の災害は完全な人災?そんな批判も出来無くて政治家達は何をしているのだろう?これからは女性の時代?都合の良い時だけかい?彼女等はこの災害にどんな汗と恥をかいたのだろう?(お前も同じじゃねえか?手にしている物が違う)それっくらいの弁当箱も手にしていない。アホンダラ。

Img_9264 Img_9265 Img_9267 Img_9269

この商店街も数年先には潰滅する?それとも商店街と高級マンションは共存する?このマンションは完売しました。

Img_9270 Img_9271 Img_9272 Img_9273

この街は江戸時代は多くの酒蔵で繁昌したと伝えられている。現在はその面影は数軒しか見られない。その酒蔵も一般に公開していない。当然見学者もいない。その関心も市内観光者には無い?そんな事は無いだろう?これから観光宣伝の戦略が問われているがそんな旗ふりは居ない。行政の観光課の旗の振り方が注目される?親父の故郷大分県佐伯市と何も変わらない?どうかな?

Img_9277 Img_9279 Img_9280 Img_9281

ここ迄来ると五月山山麓は近い。近くに五月山公園、五月山動物園(日本で規模の小ささで有名)しかし園長はその運営で有名。昭和32年開設だから歴史は古い。半世紀以上前に開設されている。今日はその見学。中に入るのは初めて。(かわいいウオンバット)が見れるのは他には殆ど無い。)他にワラビー、アルパカが見れる。ただ臭い。入園料無料。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

まち、ひと、しごと、創成戦略の我が街の現状

Img_9083 Img_9084 Img_9085 Img_9086

この道はこの街に住む人々の自慢の道。そうは誰も思っていない。その証拠はこの現状を見れば良く分かる。以前はこの場所に置かれっ放しの放置自転車が在り雑草もこの数倍の背丈になっていた。この石の彫刻の看板は歩道に立派なタイルの看板があったが足で踏み付けられてみる影も無くなっていた。その場所を綺麗にしたのがこの有様。こんなもんでは今迄と大差は無い。

この場所をこの街の顔にする。そうして多くの地域(国の内外)多くの観光客の人の流れを大きく変える。その程度の仕事を行政は出来ない。ところが彼らはそうは思っていない。貴方から言われる迄もなくその程度の仕事(行政)は行う?その結果がこれ?

今月末はもっと綺麗になる?そんな期待は出来ないが暖かく見守り来月からはその成果を上席に問う?上席?役職だけは部長?まち、ひと、創成戦略とはこの程度の物?そんな問いかけは何も無い。担当者に丸投げ。その担当者も責任の大きさ、重さが何も分からない。

分かっていても為す術が無い?この現状は日本全国共通。石川の白山市にもまだ行けない?白山市に行けなくても隣町に行けばそれぞれの現状が良く分かる。豊中市、川西市、伊丹市、宝塚市、箕面市、西宮市。尼崎市にはまだ行けてないがその取り組みに大差は無い?そんな報道は無い?殆どの国民はその深刻な状況も知らない。関係ないと思っている。確かに。その程度の事だろう。

Img_9087 Img_9100 Img_9088 Img_9103

Img_9104 Img_9107

こちらはこのメインストリートを横切る本町通り。土曜日だと言うのにこの有様。この先に落語ミュージアム、芝居が見れる演芸場、歴史的建築物が見れるエリアが在るが今イチの人通り。これもこの街だけでは無く全国の地方都市共通の現実。それでも地方創生は着実にその成果を上げている?それでも関係ない?そう思われている。何もしないでこの侭歳月が過ぎて行けば結果はどうなる?そんな事もどうでも良い?ところがそうでは無い?この街でもようやく観光あるきガイドブックが観光協会で作られている。

Img_9110 Img_9105

Img_9112 Img_9113

Img_9114Img_9115

「落語の街池田」?そのシンボルがこのミュージアム?本当にそうだとは池田市民の多くは思わない?そんな事は無いと思われている?落語のネタ(上方漫才)に池田をテーマにした猪買い、牛ほめはあるがそれでは落語の街とは言えない。

落語で一部の人にもてはやされてもそれでは街おこしに繫がらない。その程度の事が関係者には分からない。市長が新人に変わってもその程度の改革も出来ない?その程度の問い掛けもされない。落語のまち?笑いが溢れる街づくりは浪速の街中でも難しい。

親父達が若い頃の大阪は(喋ってナンボ)(その喋りもへたくそは見向きもされなかった)それが今はどうだ。喋りが評価されない?喋りが面白く無くても手を叩いて喜ばれる芸人?現在関西ではそんなお笑いが罷り通っている。ここ池田でもその様子は何も変わらない。何でや?そんな問いかけも無視されている。見てろ。時代は大きく変わる?それとも何も変わらない?

Img_9116 Img_9118 Img_9119 Img_9120

台風一過。日が差して来ました。台風の被災地では大変な復旧の作業が行われても政治家先生達はその先頭にも立てない。何処で何をしているのだろう?そんな事も問い掛ける事も無いお間抜けな報道。そんな事もどうでも良い?何たる危機対応?そんな言葉も知らない?自分達が直接被害者にならないと分からない?被害者になっても分から無い?嗚呼。

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

まち、ひと、しごと 創成戦略の成れの果て

Img_9039 Img_9040 Img_9041 Img_9042

この4枚の写真を見せられても分から無いかも?1枚目はスーパー入り口のコスモスと菊。秋と言えば何と言っても代表的な花。それでもそんな花を肩を寄せあい眺めるカップルは殆ど居ない。大阪枚方パーク(ヒラパー)の菊人形展は関西の秋を代表するイベントだったが今はその職人が揃えられずに中止になっている。コスモスも生駒の山に登らないと見られない。

大阪大東市で地域の活性化に頑張っている娘に聞いて見れば東大阪のコスモスの名勝を教えてくれるかな?2枚目の写真は駅前の植え込みの枯れた樹木。このままにして置くと活性化すると思われている?そうでは無い。植え替えの費用が捻出出来ない。この場所は市が指定業者に管理を委託している?行政の丸投げの見本?恥を晒しても誰からも指摘されない?

3枚目の写真はその植え込み。剪定の電動の器具で撫でるだけで綺麗に刈り込みが出来る。この程度の仕事。指定業者に任せないで何で市役所の人間が元気なお年寄りに任せないのだろう?この無様な姿は我が街だけでは無い。全国何処でも同じ。

一昨日歩いた大阪市内、大阪城外堀の外でも全く同じ。政府のまち、ひと、しごと、創成戦略とは何処に行けば見られる?残念ながらそんな街はありません。それでも尤もらしい言葉だけは交わされている。そんな政治が支持される。

この国は、我が街はそれ程にオバカなのだろうか?そんな問いかけも無い。その言葉は台風の被害地で簡単に眼にする事が出来る。それでも関係ない。何時迄もそんな戯けは通用しなくなる?なりません。この国の常識は親父の非常識。かもしれない。

4枚目の写真は今、行政の地域分権、協働課が地域のコミュニティと共同で整備、清掃を業者に委託して?お金を掛けて整備している我が街の看板道路。この道は県道池田ー箕面線。当然大阪府の現業部署(池田土木事務所)も共同で整備をしている?

?マークが付くのはこれから一気にその現状を見れば分る。多くの関連部署にその改善の働きかけをしたけれどその結果がこれ?今月は実質的に5日しか残っていない。これでも以前よりマシ。一気には綺麗にはならない?関係部署はそうとぼけるのだろう?その時は市役所の担当部長、土木事務所の次長、大阪府の担当課長の認識を聞けば良い?どうかな?

Img_9043 Img_9044 Img_9045 Img_9046

これで綺麗になっている?そう思われている。雑草は綺麗になっている?歩道にはみ出した店のスダレと看板の布。しかしここは歩道を店の私有地と勘違いを修正させていない。これは土木事務所の仕事。まだ完了していない。これからも同じだろう?

Img_9047 Img_9048 Img_9049 Img_9050 Img_9051 Img_9052 Img_9053 Img_9054

関係部署(市、府)の連携は無し?市役所内部(地域分権協働課、公園みどり課、街づくり交通課)の連携も良く分からない。この道の歩道と植樹帯の整備事業はバラバラで行われている。その評価も出来ていない?それも今月末に成れば分かる。

Img_9055 Img_9056 Img_9057 Img_9058 Img_9059 Img_9061

この植樹帯の草刈りは綺麗では無い。本当はスコップで草の根を綺麗に除去し草が生えない工夫が必要だがその対処が出来ていない。お役所仕事とはこういう事?草が生えない対策は無理?そんな事は無い事も知らない?やる事がセコイ。

Img_9062 Img_9065 Img_9066 Img_9067

この植樹帯には石の彫刻が置かれている場所が在る。その看板が新しく整備をされている。これで終了?らしい?まさか?

Img_9068 Img_9069

Img_9071 Img_9073

これで終り?ここは石の彫刻が置かれていないので地域住民も関係ない?ではこの侭にするの?そんな事は無いと公園みどり課の監督者に言い切られたがその言葉がこの有様ではイカンだろう?そんな事も問われない。そんな事は無い。?まち、ひと、しごと、創成戦略の評価は誰が何処でしているの?その程度の問いかけも無い。

Img_9072_20190923021201 Img_9074 Img_9075 Img_9076 Img_9077 Img_9078 Img_9079 Img_9080 Img_9081 Img_9082

| | コメント (0)

生き方を変えないとロクな生き方は出来ない?そんな教えも出来ないリーダー達。

Img_8966 Img_8967 Img_8968 Img_8969

この大阪城の石垣は徳川幕府が築城している。しかし正確に言えば徳川幕府の西国大名が築いている。その大名は誰か?それは簡単には分からない。大阪城石垣は豊臣秀吉が配下の武将に築かせたと言われているが、この石垣はそれでは無い?

秀吉が築いた大阪城は徳川家康に徹底的に破壊されている。この石垣も堀の中の土台部分は残されいるかも知れないが、親父の知識の中には定かでは無い。それも調べれば分かる。頭を使うと言う事はそう言う事。そんな生き方を続けて行けばボケる事は無い?

世の中の常識にそんな思惑は無い。多くの人が平然と口にして疑わない人生100年時代。問題はその生き方。長生きをしてどれだけの人が喜びを実感出来るのだろう?介護施設で一人で寂しく生きる?それでも長生きをする事は素晴らしい?そんな常識は滑稽です。(コラ)

Img_8970 Img_8973 Img_8974 Img_8978

大阪城の外に開発されたこのビジネスパーク。このエリアが開発されて多くの年月が流れている。開発当時は関西経済の最先端のビジネス拠点として期待されたがその思惑は残念ながら外れている?ところがそれは知らないから?近くには多くの高級ホテル、テレビ局も有るがその実態は殆ど知らない。その程度の事。多くの関西人はそんな事実も知らない。

Img_8975 Img_8976

この辺りは以前に比べて綺麗な道になっている。この写真を見ても素晴らしいと思えるかも知れないが残念ながら植え込みの中に雑草が伸び放題。この雑草もこの辺りを散策する人は何も気にしていない?この辺りの管理者は大阪城公園管理者?大阪城の外国人観光客は増えても外堀の外は管理しない?そんな事は無い。行政のトップにそんな意識は無いと言う事かな?アンタもね?そうかな。

Img_8980 Img_8982

京都の公家、朝廷のお偉方がこの近くの船着き場からこの道を歩いて(歩けないお偉いさんは駕篭に乗って)熊野詣でをする。と言ってもそんな贅沢は上流階級の人達だけ。(平安時代のお話し)しかし今でも贅沢な旅が出来るのはお金持ちだけ。そんな報道は全くされない。豪華列車の旅が出来る人はどれだけ居るのか知らないだろう?知った処で何の役にも立たない。確かに。

Img_8986 Img_8987

ここは旧淀川。現在は大川と呼ばれているがこの船宿(現在はその面影がこのマグロスタジアム?)入り口のランチメニューの写真を撮っていると常連らしいオッサンが勝手知りたる様子で中には入る。メニューを見ると安くて美味そう。(貧乏人やのう)

今度、子供達が大阪見物に来た時案内しますか?それとも若い知り合いを連れて夜の大川を眺めながら食事と行きますか?(ジジイいい加減にしなはれ)しません。何時迄も何処迄も仙人の生き方を追い求めましょう(笑い)この後南森町迄歩く。

(と言われても分から無い)だろうな。この日は谷町4丁目から大阪城外堀の外、天満橋から八軒家浜、天神橋から南森町8㌔を歩く。どうじゃ真似は出来んど。(アンタ程暇は無い)だろうな。高齢化社会の道案内も出来ない行政の現実を笑っていた。

Img_8984 Img_8985 Img_8988 Img_8990

この船着き場。八軒屋浜の名前を大阪人でも知らない人は少なく無い。それだけ存在感は失せている?ところが知らないと言う事はそう言う事。一番残念に感じる事は高齢者の姿が余り見れない。大阪の元気なオバちゃん達も何処で何をしているのだろう?

そんな事はどうでも良い?本当にそうなのかな?大阪を変えると息巻いている地域政党の政策はそんな事もどうでも良い?そんな事は無い。何だかんだ言われても若者達も現役世代も肝心のオバちゃん達も何も変わらない?その証明をここに来れば分かる?

Img_8992 Img_8993 Img_8995 Img_8999

中の島公園の最上流の噴水。この噴水も知らない人が多いが定刻になればこの噴水が虹色に変わる。しかし断念ながら殆ど注目される事は無い。この噴水の維持費にどれだけのお金が掛かっているのか知らないが観光客に歓声を上げられる事は無い?

Img_9006 Img_9008 Img_9007 Img_9014

Img_9019 Img_9034

大阪メトロ堺筋線南森町駅。この駅の近くに大阪天満宮、大阪造幣局、上方落語繁盛亭等がある。親父が大阪に出て来た頃は地下鉄は無く市電。この地下鉄が出来て便利になったとは言い難い。そんな批判は全く無い。高齢者が元気でこの階段をどれだけ歩けるのか交通局(大阪メトロ)の関係者にそんな思惑は無い?階段を歩けなければエレバーターを利用すれば良い?そう思われている。高齢者は歩けなくなれば大阪市内も歩けない。その程度の事もどうでも良い?そうでは無い事を知らないだけだろう。

| | コメント (0)

今日は日曜日 まだ大丈夫か?何が?認知症

Img_8943 Img_8944

67年前にここのバス停に降りた時は17歳。あれから58イヤーズオールド。そんな事もどうでも良いがそれだけの年を重ねた事は間違い。この広い大阪城内の中にも外にも多くの思い出を残している。これからの17年は果てしなく遠いがどんな足跡を残せるのだろうか?この後、大阪城内には入らず堀の石垣を見ながら左を上(北)に歩く。

以前経済産業省の大阪出先機関の事務所を訪ねた事があるが親父の真面目な質問が担当者に笑われた事を思い出す。あれから多くの年月が流れているがお役所仕事は何も変わっていない。経済産業省が今、どんな経済政策を行っているのか?そんな事は下々の人間には丁寧な説明は必要ない?事実を事実の侭伝える事は自分達の立場を悪くする?その程度の権限も彼らは持ち合わせていない。

Img_8945 Img_8946 Img_8947 Img_8948

芝生養生中?雑草を刈る事が芝生養生の肝である事をこの場所管理の役所の人間は知らない?そうではない。この雑草を刈る予算がない。この場所は大阪城外堀の通路の外側。立ち入り禁止にしているだけ。この様を放置しても大阪府庁の管理者達はどうでも良い?大阪府庁の上級者がいかに無様な仕事をしているのか公共放送もABC朝日放送、MBS毎日放送もその他の放送局もこの程度の批判も出来ない。

Img_8949 Img_8950 Img_8951 Img_8952 Img_8953 Img_8954

ここから大阪城内に入れる。他に3カ所外堀を通る道があるがこの場所から67年前入る。(はいる)。今でもこの道を通ると大きな感動を感じる。それはこの門を潜った所に大きな石が在る。その石は何の為に置かれているのか?石囲いの一部になっているがそうでは無い。権威の象徴?何の為の権威?

それは大阪を納める徳川幕府の権威を知らしめる為。誰に?決まっている。大阪の町民、農民達。武士の世の中で身分の高さは武士が一番。2番は農民。3番が工(職人)4番が商人。しかし江戸時代の途中からこの身分制度の綻び(ほころび)が出て来る。

武士の権威は失墜し金持ち(金貸し)が1番。その下は武士と言われるがその武士にも大名から雇われ武士迄様々。現在の公務員と同じ。それは農民でも職人でも同じ。現在と全く同じ。違うのは身分制度は固定されていない。

ただ殆どが生まれた環境の中から抜け出す事は難しい?その程度の事も多くの人は知らない。現在社会に格差は無いと思われている。生活保護世帯と金持ち世帯の差は歴然としている。そんな報道はされない?そんな事は無い。

Img_8956 Img_8957 Img_8958 Img_8959 Img_8960 Img_8961 Img_8962 Img_8963 Img_8964 Img_8965

大阪府庁も大阪南港の高層の貿易センタービルの引っ越しが元大阪府橋本知事に提案されたが議会の反対で実現していない。それでも咲州(さきしま)大阪南港埋め立て地で働く職員は多い。それでもこの府庁が完全移転しなかったのは何故?

その程度の問いかけも出来ない報道関係者。議会の関係者。大阪府民。アホ達とはそう言う事だろう?大阪のオバちゃん達の威勢の良さもすっかり失せている。オッチャン達?お呼びで無い。阪神タイガースのトラキチは今だに元気はいいけれど。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

他の内閣よりマシ?ホンマかいな?この無様な千葉台風被害の復旧対応。

Img_8928 Img_8929

この地図は大阪歴史博物館で展示されている飛鳥、奈良時代の畿内(近畿地方の一部)近畿と言う言葉の正確な意味を電子辞書(ウイキペディア)で調べて見ると都、皇居に近い地域を指す呼称と書かれている。これ迄何気なく使っていた言葉の意味もこれだけ明解に解説されると又一つ賢くなる?アホ。そんな事はどうでもよろし。そんなアホが多い。

大阪で何気なく使われる言葉も関東(首都圏)ではインパクトの強い言葉になる。アホがどんなに多くてもアホと呼ばれたらどんなに性格的に穏やかな人でも笑って聞き流す事は出来ない?しかし世論調査では現政権は他の内閣よりマシ?嘘でしょう?それともこんな無様な千葉の台風被害の対応しか出来なくても国は関係ない?県は正確な情報すら摑めない?

アホでしょう。関東の言葉では馬鹿?無能?無様?その程度の報道も出来ない公共放送?そんな放送局があんのかい?その程度の問いかけも出来ない。全国ネットの民間放送?何ごとも無かった?何事も知らない?まさかそんな事は幹部達は考えていないだろう?それともそんな事は報道しても政府に睨まれるだけ?災害報道の度に感じる毎回感じる政治家と地域の知事、市長の対応。

今回の千葉の台風被害の大きさは全国の自衛隊、警察、消防、救急、土木関係者を総動員しても完全復旧には1週間を要したに違いない?それでも正確な被害の情報は今だに正確には把握されていない。(被災証明書が発行出来ない)そんな報道はどうでも良い?

まさかそんな事は誰も考えていない。それでも今週も多くの政治家は三連休?違うでしょう?その代償は小さく無い事を思い知る事は無いのだろうか?こんな結果を晒しても政権の責任は追求出来ない公共放送?全国ネットの放送局。

報道の役割は何?何にもありません。そのうちに見向きもされなくなる?そんな事は無い。その程度の生き方をしていると言う事だろう。この地図の前でこの国の変化を考えていた。まだまだ知らない事が多すぎる。奈良飛鳥の時代。

高々1400年足らずの昔の畿内です。そんな事は殆ど知らない。何たる無様な生き方だろう?それを証明すれば間違いなく後10年は生きられる?かな?かなが笑っている。全国何処でも尤もらしく語られ整備されている防災。危機管理。その実態は千葉だけでなく多くの被災地で見る事が出来る。しかし私達はその現実を何も知らない。そんな事も関係ないと思われている。

Img_8930 Img_8931

大阪にこんな景色がある事を知らなかった。ここは難波宮遺跡公園として保存?されている。?マークが付くのはこの歴史博物館、大阪放送局、大阪府警、大阪府庁多くの建物が建ち並ぶこの辺りは上町台地。大阪で一番台地がしっかりしている所だと言われている。その一等地に立てられた難波宮遺跡の発掘調査は終了してもこの有様?

知らないと言う事はこういう事。大阪市民のどれだけがこの素晴らしい公園を楽しむ事が出来るのだろう?大阪は全国一生活保護世帯が多いと言われている。それ程に貧困生活者が多い?そんな事はこの景色を見ていると全く感じられない。それとこの景色は何も関係ない?

初めて見学した大阪歴史博物館。大した事が無いと感じたのはもっと多くの大阪の庶民の暮らしを丁寧に深く掘り下げた展示が見たかった。これも大阪人の大阪人らしい大阪の歴史紹介かも知れない。家に帰って博物館のパンフレットを見ると建物の地下に「地下遺構」が残されている。一階にて当日申し込み受付可能。こちらの方が必見の価値有りかも?

Img_8933 Img_8934 Img_8936 Img_8937

現在の大阪の景色も大阪人は全てを知らない。知らなくても関係ない。大阪で働く人は多いがその働き改革が求められても全く関係ありません。そんな生き方が何時迄も出来る?信じられない事に多くの人がそう思っている。

そして今、大阪では大阪都構想が再び勢いを取り戻している?大阪府と大阪市の二重行政を無くす為?そんな勢いの良い事が多数派になる?しかし本当に今の多くの無駄が改善されるのだろうか?そうは思わないけれど。大阪の市民の意識も大きく変化している?本当にそうなのかな?そうは思わない。その証明もその気になれば至る所で眼に出来る?

Img_8938 Img_8939 Img_8940 Img_8942

大阪城が眼に入る。この城を初めて見たのは17歳の夏。18の誕生日前。大阪の印刷会社の入社試験を受けた後の大阪観光。と言ってもトロリーバスで大阪城を見学した時だった。トロリーバスと言われても現在人の多くは知らない。見た事も乗った事も無いから。今は大阪では市電と同様にお目に掛かれない。どうして?当時のトロリーバスは電気の架線から電気を供給されていた。

バスの様に路面を走ってもが燃料は電気。その電気は路面の上に張られた架線からアーム(細いケーブル)で結ばれていた。現在の電気バスと違うのは架線が無いと走れなかった。今でも多くのバスはディゼルエンジン車。電気自動車に全てが変わるにはまだ蓄電池の容量、コストの問題を技術的に乗り越えられない。その程度の事。排気ガスを出さない車社会は後10年掛る?

電気自動車のコストが高いと車の購入者は安い方を選択する。同時に排気ガスの大気汚染問題として無視出来ない。その技術革新には多くの競争が関係している。技術のニッサン?そんな時代は終わりました。今は若者達も車離れが進んでいる。反対に高齢者の運転手(ドライバーは多くなる)年寄が安全で安心な車を求めて来る。当然だろう。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

後期高齢者医療保険料削減対策

Img_8914 Img_8915

一見綺麗に見える公園。良く見ると雑草が刈られていない。ところが管理者はそうは思っていない。この公園は何処?この写真を見ただけでは分からない。実際に公園でリラックスしている高齢者は一人も居ない。近くにこれから行く大阪城公園が有るがこの大阪城も高齢者は歩けない?どうして?広い。最寄りの駅から大阪城内に入る迄遠い。一番近い駅からも大阪城天守閣入り口迄は歩けない?

Img_8916 Img_8917

Img_8918 Img_8919

季節外れの向日葵も心無しか小ぶり。これからはコスモスの花が似合う?関西のコスモスの名勝は知らないが秋風に微かに揺れるコスモスは爽やかさを遥かに越える?今週末の秋風が来週の始めには(野分)の風になる。

10日前に千葉の房総半島西側を吹き抜けた台風の被害はその甚大な被害の復興が侭ならない。多くの大阪人はそんな事は知らない。明日から中央官庁のお役人は3連休。地元選出の国会議員は何人要るのだろう?何か役に立っているのだろうか?

そんな報道は何も無い。テレビの社会的責任とはこんなもん?偉そうな事を言っている親父も後期高齢者。後期高齢者もどんな生き方をすれば医者に頼らなくて己に頼る生き方が出来るのか分からない?これから増々高齢者には厳しい生き方が迫られる?誰に?その程度の事も分らない?そんな事はネエだろう?その証明も求められる事は無い。

Img_8921 Img_8923

大阪城公園前の大阪歴史博物館。横に連絡通路とロビーがつながっているNHK放送会館がある。これ迄は外観を眺めるだけに立ち入る事も無かったが昨日は何故か迷う事無く大阪歴史博物館の中に入る。立派な外観に恥じない立派な受付。拝観料600円。その価値は微妙だった。10階迄エレベータで上がりそれから下のフロアーに居りながら色んな展示物を見る。

Img_8924 Img_8925

歴史博物館10階の窓の外に見える景色。ただ高所恐怖症だから窓際には寄れない。下を見ると身ぶるいがして後ずさりをしていた。情けない?全然。ここから生駒のテレビ塔もよく見える。近くを走る道はこの山の山麓を貫いている。明治の土木技術ではそれが出来なかった。当時の国鉄(現在のJR)この山隗の左と右を廻り込んでいる。

私鉄は当時の大阪電気軌道が破産する程の投資をしたがそれでも足りないで当時の社長(大阪経済界の重鎮)が私財を投げ打っても完成せず現在の近鉄(近畿日本鉄道)が買い取りようやく完成。

大阪と奈良の私鉄の歴史はトンネルの完成だけでは終らなかった。多くの人の汗と涙、と尊い命が購われている。そんな事も現在の大阪人は知らない。歴史博物館でもそんな歴史は解説されていなかった。私財を投げ打った社長は破産。

大阪経済界からも助けられる事無く静岡で再起している。詳しくは親父も解説出来ない。知らなければ語るな?アホンダラ。現在の歴史は過去の多くの人の歴史。現在の我々も暮らしも未来の人に語られる。その時どれだけの事がどれだけ語られるのだろう?そんな事もどうでも良い?かもしれない。それでも元気な年寄が居た事は語られるに違いない。

Img_8926 Img_8927

現在の大阪城は3代目。初代は秀吉が築城し大阪のみならず天下にその力を見せつける。天下統一。しかしそれも秀吉の亡き後、妾の愚かさで終る。徳川家康がこの大阪城を策略で攻め落としたのは関ヶ原の戦いの10年後。そしてこの大阪城落城から数ヶ月後にその家康も長き人生を終える。その後、この城は落城ではなく落雷で焼け落ちて永らく再建される事は無かった。

現在の形に再建されたのは昭和になってから。一見木造建築に見れるが鉄筋コンクリート。だから城としての歴史遺産には登録されない。下の地図は中世の大阪。大阪市内に大きな湖が残されている。この湖が干拓されたのは江戸時代後期?と言う事はそれ以前の大阪?

 

 

 

| | コメント (0)

後期高齢者 医療費削減 その対策は歩く事?

Img_8890 Img_8891

Img_8892 Img_8893

大阪府後期高齢者医療広域連合 高齢者に前期と後期がある事を知らない人も少なく無い?信じられない事に前期と後期の区分は年齢制限だけと思っていたが何も知らなかった。何も知らなくてもその通知が来るので誰でも分かる。その程度に思われている?ところがそうでは無かった。前期高齢者でも申請して広域連合が審査し一定の障害があると認めれば被保険者になれる。

Img_8894 Img_8896 Img_8898 Img_8899

これからもこれ迄も高齢者も健康は自分で気を付けるしかない。どんなに気を付けてもどんなにそんな生き方をしてもある日突然病気になる?思いがけない事故、災難に出くわす。その時、この医療制度のお陰でどれだけ多くの人が経済的に助かるか?その程度の事も多くの当事者、関係者も知らない。親父もそう思っていた。

高齢者だけでなく現役世代でも病気治療費、事故、事件の怪我の治療費は自己負担だけでは賄えない。確かに軽い病気、怪我は薬。注射、点滴、治療で元気になる事が出来る。しかし大病、大怪我をするとそれでは賄えない。そんな当然の事も当たり前だと思っている。その結果はこの保険制度が崩壊の瀬戸際に立たされている。

そんな事も知らない。この制度は10年前から全国的に法律で定められている。そんな事も知らなかった。当然地域の社会保険制度の中で高齢者の医療制度は保たれていると思われていた。それが間違いだと思い知らされたのが今年の変更保険料の通知を受け取った時。何と8000円多くなる。これ迄が月払いで14000円。それが22000円。その通知は丁寧な説明は市役所から何も無かった。

役所に問い合わせてみると10月の誕生日以降は国民健康保険から後期高齢者の保険に変わるので昨年迄の負担額が9分割の1から三分割の1に変わる。それで高くなる?そんな説明だった。(良く分からなかったがそれで納得して納付している)その支払いも今月で終る。後期高齢者の保険料の決定通知は誕生日の一月遅れ。と言う事は11月から。来年3月迄の保険料を納付書で払いその後は原則年金天引き。(異議を申し立てれば納付書又は口座振替が可能)

そんな事は全く分からなかった。市役所の説明は全く不充分で広域連合の役割も分からなかったので電話で問い合わせる。窓口の女性は丁寧に説明をしてくれる。昨日出掛けたのはそのお礼?まさか。しかし予想以上に立派な建物の中で仕事をしていた。昨日訪問して分かったがその経費、制度の補完は大阪府下の全ての市町村がそれぞれ一定の割合で負担。職員もそれぞれから出向していた。

Img_8901 Img_8902 Img_8903 Img_8904 Img_8906 Img_8907

谷町4丁目交差点地下鉄の入り口。ここから出れば目的地を探す事は無かったが地下鉄の出口を間違うと目的地を探し当てる事は簡単ではない。近くの人に聞いても分からない。信じられない事に殆ど分からない。通りすがりの人だから?その時に役に立つのが携帯の位置情報。目的地を入力すればその場所迄の案内を現在地の表示で示してくれる。ようやくその機能を携帯で使える様になる。

Img_8909 Img_8910 Img_8911 Img_8912

大阪人の多くがこの歴史街道を知らない。知らなくても関係ない。この道は古代の道。今はこの道を歩かなくても文明の利器(鉄道)がある。この道を歩くには一日では到底歩けない。この場所から最終の目的地は奈良平城宮跡地迄の距離は20里?80㌔?調べれば分かる。この上町台地の難波宮跡から下に下る(くだる)道も半日以上掛る?親父の足では2時から歩き始めて5時(3時間)以上はしんどい。今年の秋チャレンジしますか?後期高齢者元気なお年寄りの証明の為?いいね。アホか。

 

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

来月の誕生日が来れば後期高齢者。嗚呼完全無欠のジジイだな。今日はその証明を確認?10㌔歩く。

Img_8886 Img_8887

爽やかな秋の空を眺めながら歩いていると賃貸マンションのゴミ置き場を整理している叔父さんが眼に止まる。会話が成立しないお年寄りも多くなったが思い切って声を掛ける。管理人と思っていたが清掃の叔父さんだった。歳を聞いて驚く。5年先輩。もうすぐ80。ゴルフで鍛えた体はとてもそんな年には見えなかった。色々話を聞くと他人事とは感じられなかった。

これから加速する高齢化社会。一億総活躍?アホこけ。これから高齢者だけでなく現役世代も若者達にも厳しい試練の時がやって来る。ところがそんな危機感をテレビや新聞では他人事の様に伝えるだけ。今回の千葉の悲惨な台風被害でも今だに停電?

今だに屋根が吹き飛ばされて雨が部屋の中に吹き込んで住む家が崩壊?政治家達は何をしているの?この程度しか出来なくても憲法改正が出来る?千葉県民も舐められたもんだね。暴動が起きてもおかしくない。生活再建がどれだけ出来るのだろう?

Img_8888 Img_8889

何時ものお店でおにぎりを買い大阪メトロ(地下鉄)谷町4丁目の駅下車。(大阪府後期高齢者医療広域連合)の総務企画の窓口を訪ねる。突然の訪問で迷惑を掛けるが担当課長補佐のOさんは丁寧に対応してくれる。親父がアポ無し突撃をした目的は挨拶だけだった。これから後期高齢者医療広域連合の医療費削減対策を具体的に提案しても問題の解決は簡単ではない。

簡単どころかこれからの高齢化社会、高齢者の医療は増々厳しくなる。その解決方法は元気な高齢者を多くして医療費に頼らない生活環境を築き上げなければならない?その認識が高齢者に無ければ問題は解決しない。その程度の事をもっと勉強しないといけない。その挨拶を始に(しに)行ったが迷惑だったに違いない。それが迷惑にならない事を証明するのはかなり先きの事になる?

親父は全く知らなかったがこの組織が立ち上がって10年になる。10年間の間に改善出来た事は何だったのだろう?そしてこの組織がこれから発展して行く為の条件は何なのかその事を教えてくれる人を探さないといけない。

医療保険の問題は後期だけの問題ではない。前期高齢者でも同じ。親父達が10年間御世話になった国民健康保険の制度も多くの自治体が財政破綻の危機に晒されている。それでも元気な高齢者が増えないのはどうして?その取り組みを行政が真剣にしないのはどうして?

その程度の問いかけも教えてくれる人が居ない。それでも制度の維持発展はこの国の福祉の根幹を左右する。その事を理解しても自分の体を自分で管理出来ない?秋は食欲の秋。読書の秋。野山を駆け巡る秋。今日は挨拶を済ませると10㌔歩く。久し振りに腰の脂肪のマワシが悲鳴を上げている。お気に入りのキャベツ炒めの焼そば仕上げのナベを完食したのでこれからサウナに行ってアイスを買います。コラ。減量。減量。読売の体たらくは批判出来ない。確かに。

| | コメント (0)

爽やかな季節 その実感は出来るのかな?

Img_8874 Img_8875

大阪を代表する最先端のビジネスビル?大阪北の代表的な高級クラブが建ち並ぶ飲屋街?この歳になると全くお呼びでは無い。ところがそうでは無い人達も居る。大阪を代表する経営者達?大阪を取り仕切る高級官僚達?大阪の元気は彼らが思いの侭?ところがそうでは無い事を報道機関も芸人達も証明できない?

Img_8865 Img_8863

日銀大阪支店。辺りは暗くなっているので写真は建物の照明で浮かび上がっているだけ。大阪の経済はここがコントロールしている?トンデモありません。日銀の金融政策で日本経済はコントロール出来る?そう思っている関係者は少なく無いが世界の経済はアメリカ次第?多くの金融、経済の関係者がそう思っているがそんな時代はいずれ終わる。?

Img_8870 Img_8864

多くの関西人が知らない夜の大阪。堂島川も日銀大阪支店も知らない?そんな事は無いだろう?しかしこの近くがすっかり綺麗になっている事を知る人は殆ど居ない。それでも何も変わらない?変わっている?それは自分の足で歩いてみれば良く分かる。

 

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

親父も来月誕生日以降「後期高齢者」正真正銘の高齢者 いよいよお迎えの時は近い?まだまだ?

Img_8756 Img_8758

千葉県房総半島の深刻な台風被害。風速50メートルの風と言われても多くの人は体験しないと分からない。その被害がどれほどに凄まじいかはコンクリートの電柱。大きな幹の大木がなぎ倒されている現場を見れば分る。それがどれ程の物か体験しないと分からない。その災害復旧工事が一部の関係者でしか行われない。そんな政府が批判されない。どないなってまんねん。この国の報道機関。

Img_8759 Img_8760

今日は夕方久し振りに大阪梅田に出掛ける。梅田は地下の商店街の広さが日本一と言われて来たがその地下街の大阪駅前の地域が今大工事中。完成迄にまだ数年は掛る。その時迄生きていられるのかは全く分からないが今の生き方を続けて行けば間違いなくその完成の様子は見られる?それは分からない。そしてそれは役行者様が決める。(アホ)誰もそんな事は考えていない。(確かに)

Img_8762 Img_8764 Img_8765 Img_8766

大阪梅田のJR京都線のガード下の商店街。大阪で一番乾杯が似合う街かどうかは分からないが人気のたこ焼き屋のお兄ちゃんもお店を任されて何処に行ったかは分からない。それとも別の仕事をしている?それも知らない。この食堂街で大阪で一番美味いコーヒーと立ち食いのうどん屋さんは紹介出来る。それが自慢だな。このたこ焼きのお店は今でも行列が絶えない。

Img_8767 Img_8768 Img_8771 Img_8775

阪神百貨店1期工事完成。営業中。二期工事は土台工事中。この場所に2期工事の百貨店とその上にオフィスビルが完成する。完成した暁には既に完成している阪急百貨店と同じ高層オフィスと高級レストランが完成する。そこにタダで出入りが出来る身分はとても慣れない?その可能性は現在は0。将来も同じ?それは分からない?そうかな?

Img_8779 Img_8780 Img_8781 Img_8775

大阪駅前。保険会社のビルが完成した時に建てられた(鍾馗様)しょうきと読みます。現在人の多くは知らない中国道教?厄払いの神様?仏様?どっちゃ?分からん。現在人は邪気を払うと言われても何の事やら分から無い。祟り(たたり)悪い事が起きる。

そんな畏敬の念は現在人には全く通用しない?ところがそうでは無い。知らないと言う事はそう言う事?この神様?仏様は五月人形の元祖。そう言われても分から無い?五月人形の様な子育ては行われていない。生き方もしていない。

Img_8830 Img_8817

ここは中之島ツインタワー。ツインと言う事はダブル?2つ並び立つ。左側は大阪フェステバルホールの跡地に右は旧朝日新聞社の跡地にそびえ立つ。この高層ビルの中には高級ホテル(コンラッド)がある。庶民はお呼びで無い。最低でもツイン(2人)で10万円?ゴールドカードでお願いします。

15万円で並?そんなお金の計算はしない人、御用達です。どんな人?知らないと言う事はそう言う事?この建物が完成する前に右翼のオッサンが大きなマイクで喚いていた。朝日新聞を潰せ?笑い者にされていた。今はそんなオバカもいない。東京にもそんなホテルはこれから続々開業。オバカな解説者はそれでも安いと口にしていた。利用客層が違う。

Img_8831 Img_8832 Img_8821 Img_8825

秋の日はつるべ落とし。急に暗くなる。カメラの感度を上げていないので多くはボケている。それは写真をクリックしてみれば良く分かる。今日はカメラのシャッターの切れが悪くてボディ(カメラ本体)のチェックを受ける。原因は分からなかった。もっと案配が悪くなればメーカーで修理対応となる。カメラもこれだけ毎日酷使をされると具合は悪くなる?

 

 

| | コメント (0)

秋の気配が感じられる?それにしても千葉の台風被害その復旧対応 詳細が報道されないのは何故?

今月の初め 九州大分佐伯の故郷に墓参りで帰る。2年振り。故郷は何も変わっていなかったと言いたかったがそうでは無かった。親父が故郷を後にしたには57年前。大阪の印刷会社に高卒で入社した時。あの時見送ってくれた多くの人のどれだけが今、故郷でどんな生き方をしているのか分からない。それでも寂しさは全く無かった。自分の選択は他には無かったから?そんな事は無い。

故郷で生きる選択は無かったかも知れないが大阪迄出て来る事は無かった。大阪に出て来た大きな要因は就職先が大阪だったから。大阪で何を目標に生きて行くのか?そんな事は愚問だった。当然そんな事は自分の心の中で考えては居たがその実現の可能性は余りにも低かった。それはこの歳になっても何も変わらない。そして老いさらばえて行く?

「何もしないで取り澄ましている人間より何かをして恥をかく人間の方がどれだけマシだか分からない。人は人に笑われなから成長する」この言葉は現役時代の管理職研修でM講師にどデカイ声で頭の中に叩き込まれた。今で言うマインドコントロール?人の気持、考え方そんな物はどうにでも変える事が出来る。それが出来ない指導者はその戦略が無いだけ?

その事は今でも信じている。しかしそのやり過ぎは社会の常識では認められない。そんな事は無い。政治家達でも同じだろう?経済界でも?皆様の公共放送でも?民間放送でも?タダより安い物は無いと一方通行の情報を鵜呑みにしながら尤もらしい生き方をしている糞野郎?(コラいい加減にしろ)その現実は日本全国至る所で見る事が出来るがそんな事は誰にも出来ない。

千葉の台風被害の現実は当事者に取っては悲惨な現実。それに対して地域の行政の余りに無様な危機対応。東京電力と関係者がどんなに頑張ってもマンパワーは限られている。その事実は如何ともし難い?その程度の事が県のレベルでも国でも変わらない?そんな事は無いでしょう?そんな報道は全く無い。その事を思い知れば危機対応も政府には頼れない?

何度も感じた可能性(あるべき姿)は所詮自己満足?そうではありません。小さな事からコツコツと?この言葉は大阪のお笑い芸人で国会議員になったN氏の言葉。自分に出来る事をコツコツを積み上げて行けばそれで充分?それも大した成果にはならない?しかしその差はこれから大きくなる。人に笑われながら成長は出来ないお年頃?それでもボケ老人になるよりはどれだけマシだか分からない。(確かに)それも楽しくやりましょう。それはどうだか。(笑い)

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

故郷は遠きにありて思うもの。そして悲しく歌うもの。(室生犀星)知らんなあ?知らんか?

Img_8734 Img_8735 Img_8738 Img_8739

ここは数年前に整備された茶臼山古墳。埋葬されているのはこの国の形が見えて来た古墳時代のこの地域の豪族。最近世界文化遺産に登録されて大騒ぎをした堺の古墳とは規模が違う。それでもこの古墳から眺める景色は圧巻。その古墳の夕暮れ。

そして草刈りがようやく9割方終った古墳。(まだ残っているではネエか?)それでもここ迄どれだけ苦情を先代の武田市長に成り変わり関係部署に申し上げた事か。(笑い)その程度の行政を簡単に変えられない事を多くの市民は知らない。

何でやねん?どうでも良いからだろう?そのどうでも良い事が本当はそうでは無い事を思い知らせる事も出来ない。最近は千葉の停電、台風被害の報道に怒りを口にしている。関西人の多く(関西人でなくても)これだけの停電が起きれば暴動、大混乱が起きる。

千葉でそれが起きないのは田舎だから?地方だから?山間過疎地域で自然災害だから為す術も無いから?信じられない事に多くの市町村の行政担当者が国に救助を求めて軍隊(自衛隊)が全国から駆けつけないのはどうして?その程度の危機対応しか出来なくても多くの人は為す術も無い?安倍総理の勇ましい発言は口先ばかり?停電がこれだけ続いても市民の安全、安心は担保している?

嘘だろう?公共放送?報道の社会的責任?そんな物は全くネエじゃねえか?これだけの台風被害が出てもその対応にこれだけの報道生活支援しか出来無い事を政府の関係者はバラバラの対応しか出来ない。危機管理は災害の度に言われてもこの程度の対応しか出来ない。

国土交通省の大臣が現地を視察して電柱の地中化を検討する?そんな問題は先の話だろう?災害対応の遅さは他人事では無い。その程度の事も関係ないと思われている。国土交通省の危機対応はこの程度と批判もされない。報道の責任も問われない?全く違う方向の見方をしている。

Img_8710 Img_8711 Img_8712 Img_8713 Img_8714 Img_8715

六甲の夕暮れ。阪神タイガースのトラキチがどんなに喚き散らしても今年は優勝どころか3位以内のチームに与えられるクライマックスシリーズの出場権も絶望。野球は興味が無い?関心が無い?それではどんな事に関心がある?余計なお世話。確かに。しかし一寸先は闇。それ位の危機管理はしなはれ。

日本と韓国の厳しい対決。報道に因ると韓国の政権は来春崩壊する?日本政府は韓国に決定的弱みを握られている事を多くは知らない。来年の東京オリンピックのボイコット。福島の放射能汚染水は完全には安全とは言い切れない。仮にそうであっても風評被害は免れない。

その保証を安倍政権は出来る?関西の大阪市長、知事は安全な汚染水なら大阪湾に放流しても良いと放言する。そんな事が出来る訳が無い。大阪市民は本当にそんな政治家を支持する。韓国の現政権は汚染水の海洋投棄を全世界に問い掛け、その話合いで取引を求める?これは個人的な意見です。

正確な情報は手にしていない。なら書くな?貴方にもそれだけの認識も無い。多くの評論家が韓国の内政を批判する。その人達が福島の放射能汚染水の深刻さをどれだけ語ってくれたのだろう?そんな事もどうでも良い。しかし問題は原子力発電の負の遺産は科学技術の粋を集めても絶対的な安全は保障されない。電力の安定供給。電力の安心、安全の担保はその1点に尽きる?

Img_8716 Img_8722 Img_8718 Img_8725

この古墳から見える大阪南港の赤い橋。その先に見える山は金剛、葛城山系。ここは大阪平野の北端。見えている山の向こうは奈良。古代にこの地域に住んで居た人達はこの古墳の上でどんな思いをしながら眺めていたのだろう?当然視界の中にある景色に建物は無く平野は無人の荒野だったに違いない。これからどれ位の歳月が重なるのかそんな事は誰も知らない。

Img_8728 Img_8731 Img_8733 Img_8743

この古墳の草刈りが完全に終った時に暫しの静寂が訪れる。この街は今、その価値が問われている。素晴らしい歴史遺産も知る人は少ない。その素晴らしい環境をどんな形で受け渡す事が出来るのか?そんな事はどうでも良いと思う人はどれだけ入るのだろう?

写真では紹介していない落語ミュージアム、歴史的建造物、動物園。今日のテレビで園長とキャンペーンガールの姿は流れたがその価値は計り知れない事を多くの人は知らない?それともそんな価値は無い。秋になると肩に乗る「ふくろう」の登場。

次世代を担う子供達がこの古墳の価値を知る時、親父はどんな生き方をしているのだろう?仙人?それともお墓の中?どっちゃ?分からん。落語ミュージアムもその運営は指定業者に任されている。落語のしゃべくりの面白さもどれだけの市民が理解しているのだろう?その話も語れる人は少ない。

Img_8744 Img_8746 Img_8751 Img_8749

 

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

賢く生きる?アホに生きる?どっちゃ?決まっているだろう?その代償が現実?そんな事は誰も考えない?アホやんけ?その自覚も無い?そんな事はない?その程度の事も分らない?

Img_8611 Img_8612 Img_8613 Img_8615 Img_8616 Img_8617 Img_8618 Img_8619

昨日の市内。日差しはきついが風は秋の気配。以前の湿った空気が少しずつ爽やかな乾燥した空気に変わる。それでもこの我が街のメインストリート(池田の顔)の植樹帯は綺麗にはなっていない。この場所を綺麗にすると大見得を切った市の担当部署も直接の管理部署も親父の期待には程遠いお役所仕事を続けている。

今月中にお金を掛けて整備すると豪語した地域分権、協働課。その後を追っかけて綺麗にすると約束してくれた公園、みどり課。結果は連携が全く取れていない?いずれにしても今月末にその結果が出る。その結果は多くの関係者が注目をしている?どうかな?行政の責任者はそんな事は全く知らない?結果が出ても言い訳しか出来ない関係者?その証明をするつもりも無い。

Img_8621 Img_8622 Img_8623 Img_8624 Img_8625 Img_8626

広い歩道。広い植樹帯。この道が市の顔として開通した時を親父は知らない。この道は池田ー箕面線。府道9号線。この道が完成した時はこの街の輝きの時?今は夕暮れの時?住み良い街。環境の良い街。交通の便利が良い街。大阪のベッドタウンとしての価値は間違いなく後10年は続く?しかし健康で文化的な生活が営める人は多くは無い?何でだろう。

Img_8627 Img_8628 Img_8629 Img_8630 Img_8634 Img_8635

その理由は単純明快。そんな事に関心を寄せる生き方が必要でないから?関心どころかそんな事はどうでも良い。この広い歩道も綺麗にしてもしなくても市民は関心を持つ事は無い。この道が綺麗にならなくても全く関係ない。それが本当の理由?そうではありません。その程度の街づくりが行われても市民は何も困らない。殆ど歩く事は無いから。

Img_8636 Img_8637 Img_8638 Img_8639 Img_8640 Img_8641 Img_8642 Img_8643

この緑地帯の中に立体的な大きな鉢の花壇が在る。ここには自動散水の蛇口が有るがその価値は何も無い。管理されていないので取り外せば良いがそれも行わない。無用の長物では無い。景観を損ねている。邪魔以外の何物でもないがその撤去すらしょうとしない。その原因も分からない。原因が分からないので取り除く事も出来ない?この無様な歩道の管理も簡単には改善は出来ない?

Img_8646 Img_8647 Img_8648 Img_8649 Img_8650 Img_8651 Img_8652 Img_8653 Img_8654 Img_8655

この彫刻の石のモニュメント。この道の看板の様に期待をして置かれて久しい。その現実は楽観視出来ない。それでも街の活性化には何の影響力も無い?そう思われている?そんな事は全く関係ない。ここ迄駅前から歩いて来ても何も見るべき物は無い。見るべき物はこの先の坂道を登らないといけない?城跡公園、動物園、植物園、五月山公園はも少し歩かないといけない。しかしその価値は小さく無い。その宣伝も為されていない?

Img_8658 Img_8657

こちらは直進しないで左折。この道は本町通り。この道の右側に関西でも珍しいタダで関西落語の記念館を拝観出来る。秋にはアマチュアの日本一決定戦が行われるがプロの関西古典落語がCDで聞く事が出来る。タダでそんな話が聞ける価値を関係者は宣伝する事も出来ない?この後、担当課長と今後のあり方について意見を窺う。指定業者の運営方法は改善が求められている

Img_8663 Img_8664

Img_8665 Img_8669

この素晴らしい芝生も管理者のお陰で綺麗に維持されている。しかし写真では分からないが直近に行われた芝刈りは「へたくそ」綺麗な芝刈りは長い草を残さない。長い草が残っている?この時点でアウト。長い草が残るのは芝刈りの刃の切れが悪い?

Img_8672 Img_8673 Img_8674 Img_8688

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

敬老の日 親父も来月の誕生日で75 後期高齢化社会 どう生きるのか?それは決まっている。?

Img_8533 Img_8532 Img_8531 Img_8530 Img_8529 Img_8534

今日は敬老の日 お決まりのニュースが流れているが長生きは本当にお目出度いのだろうか?親父はどう頑張っても残されている人生は20年足らず?20年前の事を考えて見るとあっという間にその年になる事が眼に浮かぶ?その時どんな哀れな生き方をしているのかは分からない。

心掛け次第でそんな生き方はしていないと思うがその確信はない。それはこれ迄も生き方を振り返れば良く分かる。20年前は突然の大事な人との別れで哀れな生き方をしていた?そんな時代は何時迄も続ける事は出来なかった。どうすれば一人で生きて行けるかアルバイトで生計を立てる事で精一杯だった。しかしそんな生活も長くは続かなかった。

生死の境目は偶然だった。生きる術を無くして思い出の地を車で彷徨って愛車と共にこの世からの消滅が必然の時、頭をよぎった事は(これでは余りにもだらしない。余りにも哀しい。余りにも無様。笑い者。無様。)そんな言葉だった。ただその決意も我に返るとそれ迄の延長線で大きな変化は無かった。必死の思いで生死の境から這い上がっても自尊心は変わらなかった。

その仕事は誇りを持って居たがそんな物は不要だった。偉そうな態度をかなぐり捨てて腰を低くして生きて行かなければならなかった。今でも世の中では強い者には逆らえないが弱い物は徹底的に排除される。表面的には(弱いものいじめ)は批判されても実態は大人が平然と自分より生活弱者を徹底的に排除する。会社では上司、組織では上席者、日常生活では強面(こわもて)のアンちゃん、オッサン、ジジイには立ち向かう事も出来ない。

それでもそんな社会で生き延びる事が出来たのは限られた生活費で何とか生きて来れた事。病気入院、大怪我をする事が無かった事は親父の危機管理の成果?殴られた事はあっても怯む(ひるむ)事は無かった。青臭い正義感を振回しながら生きて来た思いは全く無いが6000回になろうとするこのブログを読み返してみるとそのひたむきなイジケがよくわかる。

イジケ?この言葉はひねくれるとか消極的と暗いとか余り語感は良く無い。社会の常識でも好感は持たれない。ところがそれは社会の常識が間違っている。社会の常識はあった事(事実)でも無かった事にする事が出来る。そんな馬鹿な事は無いと思う人も少なく無いがそんな世の中の定石は政治の世界の非常識。安倍お友達でなければ大臣にも慣れない?そんな時代が何時迄も続く?そんな訳が無い事も知らない。小泉新次郎が将来の総理候補?報道の常識もいずれ終る。

Img_8535 Img_8536 Img_8537 Img_8538 Img_8539 Img_8542

郵便局で市からの簡易書留を受け取る。後期高齢者健康保険証。しかしよく中味を読むと池田市からの通知では無い。大阪府後期高齢者医療広域連合。ところがその実務の問い合わせは池田市役所福祉部保健医療課。市町村ではその保険料収入では成り立たず大阪府の広域連合で賄う。

国民健康保険でも同じ事が行われている。これから高齢者社会は加速してもその対策は誰が行うのか?その実態は関係者でも為す術が無い?元気なお年寄りを増やして医療費削減に道取り組むのか?その旗ふりも行政には出来ない。ではどうすれば良いの?その事が問われても知恵も出せないお役人?ならば行者様のお力を借りるしかない?アホ。これから五月山に登る。

Img_8548 Img_8549 Img_8550 Img_8545

今日は敬老の日 数年前に市役所で敬老会の招待状は無いのかマジで聞いた事がある。その時高齢者福祉担当の課長から思いっきり馬鹿にされた事がある。その課長は今、何処で、何をしているのか分からない。役所で偉くなっているのかも知れないが名前を覚えていないのでそれも分からない。しかしそんな事はどうでも良い。これからは親父の方が間違いなく賢くなる?違いない?(笑い)

Img_8552 Img_8553 Img_8555 Img_8556

これから高齢化社会が加速する。高齢者が多くなっても彼らは生産価値を生み出す事は出来ない。それはどんなに元気でも働く事が出来ないから。働く場所が無い。働ける体力も無い。在るのは一丁前の寝言ばかり?人の事を言える親父でもない。

親父達はどう喚いた処でも公的介助は制限される?それだけの所得が有るから?トンデモありません。それだけの所得は無くてもそれだけの介護は受けられない。介護の世界も厳しい現実が在る。その現実を多くの年寄は知らない?これからはそんな体調と知識の管理が求められる。せめて訪問介護だけでも?10年早いな。

Img_8557 Img_8558 Img_8559 Img_8560

こんな素晴らしい城址公園の入場料がタダ。六甲山もよく見える。この景色は毎日見ても飽きる事は無い。それでも池田の駅前からは五月山に向かって1、5キロは歩かないといけない。その程度の道も歩ける観光客、年寄も少ない。そんな市内の見どころはインスタントラーメン記念館のみ?そんな行政が批判されない。何たる間抜けな生き方だろう?

Img_8561 Img_8562 Img_8563 Img_8565 Img_8567 Img_8568

それでもこの景色を楽しめる人は限られている。ここから更に足を伸ばせは五月山の山麓の道を歩く事が出来る。この散策の道の途中にも素晴らしい市立の児童博物館がある。その若い館長の話を聞く事が出来た。親父達高齢者の生き方と同様に問われている子育て。支援ではなくて子育てのあり方。人に任せるのではなく豊かな感性を育むそのあり方はこれから問われる。

Img_8569 Img_8570 Img_8573 Img_8575 Img_8576 Img_8578 Img_8583 Img_8588

市立五月山児童文化センター。この建物は出来て久しいが現在は関西コミュニティ協会に運営を委託している。ところがこの建物が池田市民の子供達にどれだけ利用されているのか問われた時にその活用のあり方を評価出来る人は少ない。親父の様なジジイ達はそんな支援も出来ない。それはどうして?多くの人が知らないから?この花の名前と同じかも?タイタンハイビスカス。名前はハイビスカスでもハイビスカスの面影は無い。ハイビスカスを知らない?そんな人が多くなっている。

Img_8585 Img_8586

名前も覚えられない古墳の階段とその先の草が綺麗に刈られている。親父がクレームをつけた所。しかしこの場所を歩く人は少ない。ここ迄来ると五月山はすぐ右側。この先にハイキングコースがあるがその道を歩ける高齢者は殆ど居ない。これからの年寄が元気で達者に生きる術は誰も教えてくれない。その旗ふりも知らない。その先駆者になりますか?止めとけ。田舎の叔母にも言われている。(笑い)

Img_8587 Img_8589 Img_8590 Img_8591 Img_8593 Img_8595 Img_8605 Img_8603 Img_8606 Img_8608

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規 子規はこの有名な句を残した時には余命が短かった。若くして寿命が尽きた彼の名声は今でも尽きる事は無い。その短い人生の倍以上生きても後世に名を残す事は出来ない多くの人々。その多くの砂上の楼閣も崩れ落ちる時は遠く無い。

その厳しい現実を全く報道出来ない公共放送。千葉の厳しい現実はその事を問い掛けても行政は為す術を知らない。内閣総理大臣の資質が問われても他の内閣よりマシ?千葉県民はそれ程に愚かなのだろうか?自然災害だから仕方が無い?

自分達が当事者になってもそう本当の思えるのだろうか?本当にそんな生き方が看過されるのだろうか?される訳が無い。知らないと言う事はそう言う事だろう?どんなに偉そうな事を言っても出来る事と出来無い事が在る。小泉新次郎がどんなに偉そうな事を言っても停電を一日でも速める事は出来ない。激甚災害に指定して全国の自衛隊の災害復旧のプロを注ぎ込むしかない。

その程度の事も出来無くて憲法改正なんて出来る訳が無い。千葉の保守の体質はそんな事は問われない。これは一地域の問題ではない。その程度の事を日本国民は知らない。皆様のNHK、民放も報道の責任を何も自覚していない。

特番を組んでその支援を呼び掛ける事も出来ない。そんな放送局は無用?そうは思わない?ネットも同じだけれど。情報化社会?その大事な情報は誰が何処でコントロールしているのだろう?宗教団体も関係ないと思っている?そんな指導者はいずれ地に落ちる。関係ないか?

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

大阪は真夏日 千葉の停電は関係ない?そんな生き方をしている

Img_8425 Img_8426 Img_8428 Img_8429 Img_8431 Img_8432

これは昨日の天気 今日はもっと暑い?それでもそんな事はニュースにもならない?そんな事はどうでも良い?大事な事は己の生き方?そんな事もどうでも良い?そうは行かないだろう?そんな事もどうでも良い。明日迄お仕事はお休み?そんなオバカな政治が続く?災害復旧をどんな形でしているの?自衛隊は全国から応援にかき集められる事は無い。

オバカな政治家達?政治家がこの程度の政治をしても怒りの声は湧き上がらない?何処迄被災地の人達は馬鹿にされるのだろう。これが地方の実態。保守とか革新とか全く関係ない生き方をしていると知事迄もとぼけた災害対応しか取れない?この有様は他人事では無い。他人事と感じる事も無い。その程度の報道が罷り通る。

Img_8434 Img_8433 Img_8435 Img_8436 Img_8438 Img_8437

久々の武田尾 この素晴らしい景色は大阪市内から1時間足らずで見れる。しかしこの価値を多くの関西人(都会人)は知らない?知っていても関心も余裕も金も無い?そんな事は無いだろう。この素晴らしい環境を成金の外国人が知れば様相は一気に変わる?

それも無いかもしれない?そうかな?日本人はこの国の素晴らしさを知らない?何処かの総理大臣が言っていた言葉も忘れ去られている?そんな事もどうでも良いのだろう?(美しい国)(地方が元気にならないとこの国は元気になれない)その通り。

Img_8439 Img_8440 Img_8441 Img_8443 Img_8445 Img_8446

このトンネルは旧福知山線廃線敷き。この先は通行出来ない。近くの旅館が通行権を買い取っている。親父はこのトンネルの中を近くの堤防の工事車両が通っていた頃に通った事があるがその工事も終了して通行は出来ない。このトンネルは300メートル足らず。

その先は鉄橋が洪水で流されて完全に歩けない。そんな事は殆どが知らない。国鉄民営化と言う事はこういう事。何たる国策?JR西日本の旧福知山線廃線敷きはこの反対側宝塚方面に約5㌔のハイキングコースが整備されている。(但しトンネルの中は照明は無い。懐中電灯は必需品。)

Img_8447 Img_8448 Img_8449 Img_8450 Img_8451 Img_8452 Img_8453 Img_8454

武田尾温泉のスーパー堤防はほぼ完成。しかし肝心の温泉街は潰滅。何の為にこんな立派な堤防が出来たのか?造られたのか?この堤防を完成した関係者は語る事が出来ない。この工事の主体者は当然兵庫県。ところがその責任者の丁寧な説明は聞く事は出来なかった。工事の直接の責任者は明確に出来ない?この工事の意味は誰が何時何処で評価をするのだろう?

Img_8455 Img_8456 Img_8457 Img_8459_20190915210401

そんな事はどうでも良い。殆どの人がそんな生き方をしている。世の中色んな深刻な状況が起きても自分が関係しなければ関係ない。千葉の停電は災害が発生して1週間経過してもその復旧の見通しさえも立たない所がある。地方創生が地域の復興が嘘である事がこれだけ明確に示されても政府と地域の関係自治体に危機感が無い?

そんな事は無いだろう?知らないくせに尤もらしい事を言わないで?そう言われも関係ない。ボランティア活動や東京電力関係者だけの問題ではない。国と地域が総力を挙げて自衛隊と消防、警察、機動隊を全国からかき集めなければならない。その程度の報道も無い。どういう事だろう?

その被害の深刻さは雨風の猛威が証明している。多くの人家の屋根が吹き飛ばされている?その程度の被害は人の力を遥かに越える。政治家と地方自治体の責任は問われる事は無い?彼らの力はそんな物では無い事を当事者達も知らない?ならば思い知るしかない。停電が10日以上続いて見ろ。人的にも物的にも深刻な社会問題になる。その責任は計り知れない。

Img_8461 Img_8463 Img_8467 Img_8468

これだけ立派な堤防が完成しても武田尾温泉は潰滅しました。嘘をつけ。元湯温泉あるじゃねえか?河鹿温泉はどうした?紅葉館はどうした?知らないと言う事はそう言う事?来てみて下さい。元湯温泉は土日祝日のみの日帰り客のみ受付。1000円。

食事無し。予約をすれば別料金。河鹿荘は廃業。その他の温泉はこの堤防の下。武田尾温泉は潰滅です。今後の見通しは行政でも語れません。この左の壁の上に旅館の敷地は確保している。しかし再建の見通しは無い。いずれこの土地も中国資本に買い取られる?

まさか?そんな事はこの温泉の発見者武田尾さんが許さない?この地域の再生は無理でしょう?親父的にはこの反対側に素晴らしい散策の道が残されている。武田尾温泉はこの川の反対側に別邸(あざれ)高級旅館があります。お金に心配なければ是非ご利用下さい。但し高級のホテル並みの料金を覚悟しなはれ?そこ迄は行かない。中級かな?

Img_8471 Img_8470 Img_8469Img_8479

この場所は今回完成の堤防の先端。(一番上流側)ここを歩く事は工事中は禁止されていた。理由は安全が確保されないから。アホだろう?アホです。この崖の反対側は立派な堤防。但し崖からの落石は何時起きてもおかしくない。この道とこの先の広場は私有地。(紅葉館の物?)その看板は無くなっている。その有効活用は何も考えられていない。それもおかしい?何でや?それもここに来て見れば分る。この景観は後世の人がその価値を必ず見出すに違いない。

Img_8472_20190916013701 Img_8465 Img_8466 Img_8473

この景色は対岸の別邸「あざれ」この旅館は現在も繁昌している。高級感と静かな環境美味しい食事が売りもの?宿泊料は決して安くは無いが利用者は常連さんが多い?それだけの価値を認めている人が少なく無い?この宿もこの高台の下にあった時洪水の被害を受けている。

その対岸は武庫川の氾濫でスーパー堤防が完成。しかし温泉宿は潰滅している。その違いが何だったのか?行政(西宮市)は検証もしていない。この行政の地域の活性化は個別の地域を対象としていない?そんなとぼけた答えを聞いて行政に対する期待は失せている。地域創生を文化部が行う?そんな行政が関西では多い?

関西だけでなく全国的?地方創生担当課を訪ねても多くの行政に緊迫感は無い。それが政府の進める地方創生?地域活性化?ひと、まち、しごと、創成戦略?知らないと言う事はそう言う事?我が街でも地域は全く活性化していた。それでも人口は10万人を越えている。

この地域の人口。住民は10人足らず?も少し多いか?それでも20人未満。この山の向うに宝塚市西谷地域がある。ここも素晴らしい里山が続く桃源郷。しかし遠く無い将来限界集落になる。近くの街に出るには車で1時間弱。JR武田尾の駅迄30分。こ

の地域の生き残り政策は全く無い。その危機感も無い。あるのは規制だけ?都会の元気な高齢者を呼び込む具体策は何も無い。それでこの地域がどうして生き残れるのだろう?そんな事はどうでも良い?何故なら住んでいる人は何も困らないから?

本当にそうなのかな?そうは思わないけれど。それでは知恵を貸せと言われるけれどそうでは無いでしょう。知恵を貸して下さい。一緒に汗をかいて下さい。だろう。そんなお願いもされない。見捨てられるだけだな。お互いに?そうならないまち、ひと、しごとの創成戦略を?あほやのう。そんなオバカは居ない。ならば役行者様の知恵を拝借?アホやんけ。(笑い)

Img_8475 Img_8476 Img_8477 Img_8478

この堤防の上の右側の崖もいずれ崩れる。その時は何時?それは行者も答えられない?それでもこの崖を崩して防災ネットを張る予算は確保出来なかった。その予算金額は1000万円を超える?しかしこの崖が崩れるのも時間の問題?そう囁かれていた?誰に?誰でしょう?疑問符がつくのは現場を見ないと理解が出来ないから。それでも見に来るアホは居ない?だろうな。

Img_8479_20190916021501 Img_8480 Img_8481 Img_8482

この川の中の岩は何故残されたの?何故爆破して洪水対策(水の流れを良くする)をしなかったの?それはこの立派な堤防が出来たから?この堤防工事の条件(川の景観を残す)だったから?これだけの堤防を造って景観もヘッタクレも無い。その程度の認識も出来ない?いずれこの岩は100年に一度の洪水で流される?それは絶対に無い。そう言い切られていた。(だから残っている)

Img_8483 Img_8484 Img_8485 Img_8486

廃業した河鹿荘。しかし行く川の流れは何も変わらない。それでも元の川では無い。この写真では綺麗に見える川も川遊びをする事も出来ない。どうして?水質が汚い。この川の流れを綺麗にする事は残念ながら現在では無理。未来も無理かも?どうしてこんな川に誰がしたの?その問い掛けも無い。この河川は2級河川。1級と何処が違うの?流れている行政区域が兵庫県。だから2級。そんなアホな。親父の住んでいる街を流れている1級河川猪名川と何も変わらない。その程度の事も知らない。

Img_8487 Img_8488 Img_8489 Img_8490

この赤い吊り橋は車が通れる。しかし橋の上で離合は出来ない。どちらか片側からの一方通行。それでもこの橋が出来た時、武田尾温泉の女将達は喜んだ。その女将達も年の流れには棹(さお)事は出来なかった。後継者に恵まれず建物は老朽化し魅了を失う。

このスーパー堤防が出来て旅館の敷地を潰されても反対は出来なかった?その事情は知る由もない。ただこの地を眺めているとその事はひしひしと胸に迫る。それにしてもこのお粗末な道の入り口。崖の崩壊が起きなければ拡張工事はしない。武田尾温泉は元湯の土日祝の日帰り温泉客のみ。それも長くは続かない?そう思われている。

Img_8491 Img_8493 Img_8495 Img_8456_20190916024701

グズグズ言う事は何も無い。ここからは昭和の初めからの道。この道はしばらく歩くとこの川が増水するとアスファルト面が洗われて捲れ上がる所がある。それでもこの道が今でも残されているのは武田尾温泉が在ったから。この道もいずれ歩く人も無くなる?そうならない様にこの道を宣伝しないといけない?何の為に?それは歩いて見れば分かる。

Img_8496 Img_8497 Img_8500 Img_8499 Img_8503 Img_8505

名塩、武田尾ハイキングコース。この道は信じられない事に(信じて下さい)西宮市道路管理課が管理している。しかし所詮ハイキング道。倒木で通れなくなってもハイカーからの通報が無いと整備は出来ない。それでも担当係長は親父のクレームに本当に良く対応して呉れました。この地図を見れば良く分かるが武田尾から山麓を大きく廻り込まないと直登出来ない。

しかしこの道は歩いて見ると整備をした人がいる。その足跡を歩いて感動した事はこの道は生活道路でもあった事が良く分かる。この山道が整備されてどれだけの人が喜んだ事だろう?現在人はそんな事は全く関心もない。ただ歩くのはしんどい。全長9㌔を超える。平坦な道でもしんどいがこの山道尾根に出る迄とその先きも楽では無い。今年の秋、歩けるかな?

Img_8506 Img_8507 Img_8509 Img_8508 Img_8510 Img_8513

こちらは堤防をかさ上げして整備された集落。4軒の家が新築されているが右端の家はイノシシ料理が食える。しかし土日にはこの下流に向かって旧福知山線の廃線敷きを歩く人達も利用する。その戦略を取材した時女将さんから不審者扱いをされる。数年もしないうちに親父のアドバィスが間違っていなかった事に気が付くに違いない。イノシシ料理では商売は成り立たない?

Img_8515 Img_8516 Img_8517 Img_8518 Img_8519 Img_8520 Img_8521 Img_8522 Img_8523 Img_8527

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

千葉の停電は他人事? 危機管理は他人事では無い。その事を政治家も報道関係者も知らない?

そんな事は無い?ところが日本各地の全ての役所は例外でない?風速40メートルの風が吹き荒れたらどんな地域でも電柱はなぎ倒される。へし折られる。送電線網も倒壊。そのエリアが限られていればその復旧工事も早急に行えるが被害のエリアが広がると電力会社の対応は当然遅くなる。災害復旧が行える電気技師は限られている。

東京電力では当初、どれだけの地域で壊滅的な被害が出ているのか会社の危機管理の対応が遅れた。この事は電力会社の社会的責任を考えた時許される事では無い。それでも全力を尽くして災害の復旧を急ぐ。それは当然の事。ところが東京電力の災害復旧の担当者の数は東京エリアでも1000人以下?テレビコマーシャルのお馴染みの電気保安協会の技術者を掻き集めても3000人以下?

その総数を100カ所に分ければ30人以下?それだけでは足りない事は単純計算で分かる。その計算もしなかった?そんな事は無いだろう?ようやく災害発生から6日経って全国の電力会社から応援を求めて5500人体制で早急に停電を解消する。そう言われている。これは電力会社の話。行政(県庁、市役所)の危機管理はどうなっていたのか?そのお粗末さは無様としか言い様がない。そしてこの事は日本全国例外なく他人事では無い。その程度の事も分らない。

この侭停電が続いて見ろ。多くの災害犠牲者が出る。電気がなければ生きて行けない事を思い知る事はないのだろうか?電気が無くても生きて行ける。そんな生き方を被災地の殆どの人はしていない。太陽光発電をしていた人の情報が殆ど報道されない。報道機関もその程度の報道も出来ない。地方創生?地域の活性化?口先だけで寝言を言っても千葉県がその実態を明確に証明している。

アベノミクスの成果が問われてもこの程度?その程度の事をオチャラケは知らない。NHKが公共放送だとしたらこの程度の怒りの心情が報道出来ないのだろうか?中国地方の土砂濁流災害。熊本の地震の被害。愛媛の河川氾濫。多くの災害で学んだ教訓は全く生かされていない。その程度の事も知らなくても関係ない?そうは行かない事を思い知らされてもとぼけるのだろうか?

| | コメント (0)

地方創生 危機管理 停電対策 

Img_8388 Img_8389

Img_8386 Img_8387

ここは昨日歩いた中山観音奥の院、中山山頂に向かう道。メタボな親父は残念ながらこの先は進めない。ではどうする?引き返すか?それはしない。この先、左に尾根を登ると急な登りがある。その尾根に向かう道標、案内看板がこの有様。

この道を管理しているのは近畿森林管理局?林野庁の存在を問われても関係ありません?そんな事もどうでも良い?ここを歩く事は基本的に自己責任。そんな事はあり得ないとどれだけ林野庁の大阪の出先機関(近畿、中国森林管理局)に出かけた事か?

それがこの有様。看板は親父の苦情で整備されているが、こんな無様も残されている。このハイキングコースは殆ど歩く人は居ない。だから楽しいのかも知れない?しかし親父の様なガイドは居なくても歩ける。それが問題だろう。

怪我人や事故が無いので案ずる事は無い?そうとぼけられている。危機対応が出来ないと万一の事件事故に対応が出来ない。だから多くの人は無関心を装う?それも違う。1週間以上の停電が続いても生活が出来る?その事がどれだけ大きな問題を引き起こすか?

その事がこれから問われる。政府、地方自治体の対応はこの程度しか出来ない。停電になると日常生活がどれだけ脅かされるは千葉県民はこれからその事が問われる。それでも何も変わらない?そんな事はネエだろう?防災担当、危機管理の責任者は何をしているのだろう。そんな事は全く考えていなかった。岩場から転げ落ちない様しっかりと足場と手掛かりを確認しながら登る。

この先(上)にこの川の東の尾根ルートと合流する場所がある。そこからこの川の少し上を歩くと尾根に出る。ただその元気も気力もない。最初に来た時、右にある階段を見た時に神様が助けて呉れたと心の底から感謝していた。その上はどんな場所かも知らなかったくせに。

その場所は中山従走路に近い高級住宅地だった。親父の様な貧乏人は手の届かない広い屋敷。世の中にはこんな生活をしている人も居る。格差社会?何をとぼけた事を言っているのだろう?資本主義の社会だけでなく共産主義社会でも北朝鮮の様な国自体が貧困に喘いでもそんな事は全く関係のない豊かな生活をしている人がいる。その事がここに来てみれば本当に良く分かる。そんな社会が広がっている。

Img_8384 Img_8392 Img_8393 Img_8394 Img_8397 Img_8399

初めてこの階段を登った時、この先に広がる景色を全く知らなかった。信じられない光景。地獄で仏とは正にこの事。立派な住宅地の道がそこにはあった。ただ近くのバス停は流石に分からなかった。しかし安堵の気持で広い道を下ると近くでカメラマンが写真のシャッターチャンスを窺っていた。プロのカメラマン。近くの住民だった。バス停を聞くと下の道を指差してくれる。

Img_8400 Img_8401 Img_8403 Img_8404 Img_8405 Img_8410 Img_8412 Img_8416

そんな嘘の様な話があんのか?多くの人からこの話をすると疑われる。しかし本当の話。つけ加えるとこの話にはまだ先きがある。このバス停から中山観音奥の院迄の道は殆ど知られていない。案内看板も無い。知っている人は地域住民の一部の人と関係者のみ?森林管理局の管理者は誰も知らなかった。その道も自分で見つける。それでもこの山は奥深い。その気になれば探検家になれる。嘘をつけ。本当です。こんな素晴らしい環境も多くの人は知らない。何でやねん?アホだから?違う?知らないから。

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

地方創生 地域防災 口先だけでも支持される?

Img_8332 Img_8333 Img_8334 Img_8335 Img_8336 Img_8337 Img_8338 Img_8339

この中山観音奥の院の参拝コースは大雨が降ると激流と化す。当然、このコースは登れない。しかし川の水の流れが少なければこうして川の流れを横目で見ながら歩く事が出来る。しかし上から降りて来る人は居ても登る人は少ない。

その理由は登りの方がしんどいから?この先もっと厳しくなる。暗がりの道を一人で歩きながら落ちたら誰も助けてくれない?そう思う所も少なく無い。(笑い)。地方創生も同じに違いない。地域が同じ道を歩んでいる。しかしそんな事は誰も考えていない。

なんとかなる?何とかならない事は誰も教えてくれない?教えてくれなくても分かるだろう?分からんか?ならばこの道を歩けば良く分かる。その体力も無い?だろうな。その程度の生き方も出来ない?そんな事は無いと思っている?いずれその事は証明される。その時は手遅れになっていても関係ないととぼけるのだろう。

Img_8342 Img_8343 Img_8344 Img_8345 Img_8346 Img_8347 Img_8348 Img_8349

アンタの考えは暗い?よく言われた言葉。しかしそんな事は全くありません。この勢い良く迸る(ほとばしる)水の吹き出し孔を塞いだバカが居るが今日見て見ると以前の勢いが復活している。それ以上の感じがして嬉しくなる。ザマーミロ。どんなに邪魔者扱いをしてもお友達ばかり集めても組織は強くならない事を教えている?そんな事も関係ない?

昨日はこの勢い良く吹き出している岩の近くに降りてそのしぶきに手をかざす。湯気が立っていないので温泉では無い?多くの人はそう思うがそれは間違いである事が近くの岩を見れば一目瞭然。ただ不思議な事にこの温泉は冷泉でも匂いがない。

この水をお茶碗で受け止め口に含めば仙人に成れる?まさか。これからの地方創生はそんな戯け(たわけ)は通用しない?それともこの勢いは故郷の再生に繫がる?そんな訳は無いだろう。何かをしてそして恥を晒せ?今その事が問われている?

近くの岩は見事な色をしているがそれもここだけ。この先(下流)は岩の色が黒くなる。この自然現象は何を意味しているのか?地質の分析をしている学者先生に聞かないと分からない?そんなつもりは全く無い。この先はもっときつくなる。

Img_8349 Img_8355 Img_8351_20190913222201 Img_8352

Img_8355 Img_8354

オイオイ大丈夫か?この崖を登るのか?以前来た時は横に上がる道があったのにと良く見るとありました。しかし落ちると高さは結構ある。それでも迷う事はなかった。山肌に身を寄せ体のバランスも山側に寄せる。仮にバランスを崩しても重心を低くすれば良い。

大事な事は落ちなければ良い。落ちたらただでは済まない。そう覚悟するだけだった。台風の危機管理。地方選出の政治家と行政のプロもその程度の危機管理が出来ない。千葉の停電は解消迄に1週間掛かる。その程度の認識でも役目が果たせる?

何たる無様な知事さん?これ迄も多くの自然災害の対応の拙さが指摘されて来たが今度はアウトでしょう。それとも仕方が無い?内閣改造で若手の人気政治家が環境大臣になる。しかし福島の原発の汚染水対策が限界に来ている事を多くの国民は知らない。

それでも何とかなる?そう報道されている?汚染水がどんなに浄化しても放射能汚染の全ての物質を除去出来ない。その問題の解決方法は現在の化学、環境対策の最高水準で処理した汚染水の海洋投棄しかない。その合意はとても出来ないだろう?

その時小泉新次郎の政治判断が注目される。その厳しいタイムリミットは来年のオリンピックが閉会してから?そんな事は何も報道されない。韓国の反日政策は韓国大統領の北朝鮮融和政策だけでなく安倍総理の認識の誤りを確信的に手にしているに違いない。その事を明確にされなくても福島の放射能汚染水の問題は深刻な問題である事を日本国民は思い知らされる。?

Img_8356 Img_8357

Img_8358 Img_8359

この立派な砂防ダムは左に迂回する道がある。その道も整備はされていない。この高さがあるから山肌を迂回しているとは言え緊張感は感じる。しかしこの親父高所恐怖症だがこんな時は下を見ない。下を見たらその時点で足が竦む(すくむ)。

足が竦むと前に進めず座り込む。その時点でアウト。前に進む事も後に退く事も出来ない。そんな時はどうするの?下をチラ見する程度で目の前の地面を凝視(ぎょうし)する。そうすれば恐怖感が無くなる。山肌の手掛かりを話さないで前に進むしかない。

Img_8360 Img_8361 Img_8362 Img_8364

ここ迄来るとこの先は谷を一気に登る。水が流れ落ちる岩の横を登るので水量が多いと登れない。嘘だと信じない人も入る程何時もは水量が少ない。岩にもちゃんとした足場はあるが油断は出来ない。足を滑らせる事は無いがバランスを失うと中を舞わないといけない?中とは何処?空中です。

Img_8365 Img_8371 Img_8372 Img_8373

ここは流石に一人で歩くには不気味。不気味に感じるのは足洗い川が分岐している。左は分け入る道は無いが歩いた事もない。この分岐を横目で見ながら右に進む。この先最後の谷を登るがその先には尾根に登る道がありその尾根道は健脚者でないと進めない。ではどうするの。この上に高級分譲地がありそこには阪急バスの停留所がある。

始めて来た時はそんな事は全く知らなかった。それでも親父の足ではそこ迄が限界。全く知らない道をガイド無しで歩いたのは何年前だろう?今ではすっかり知り尽くしている?トンデモありません。この中山の国有林は奧が深い。ガイド無しでは本当は歩けない。親父が一人で歩けたのは多くの幸運が重なったからに違いない。まだまだ続く。

 

 

 

| | コメント (0)

地方創生 その恩恵は誰が受けているの?その程度も分からない?

Img_8309 Img_8308 Img_8307 Img_8306 Img_8305 Img_8304

誰も居ない中山奥の院足洗い川コース。この中山観音奧の院参拝コースは途中迄は快適なコース。中の院奥の院に多くの人が毎日参拝している人が一番多くの人がこのルートを辿る。しかしここから1、5キロ前後先に行くと様相は一変する。

Img_8309 Img_8310 Img_8311 Img_8312 Img_8313 Img_8315

オイオイ。この道を登るのか?(笑い)ご心配なく。右に平らな道がある。多くの参拝者がこの道を通るので何も遠慮は要らない?問題はこの先にある。この坂道を登ると左の尾根を直進する道がある。標識は分かり難いが奥の院参拝ルート。ただここから登らなくてもその先に短い坂がある。人生も同じだな?

Img_8321 Img_8322 Img_8323 Img_8324 Img_8326 Img_8327

ここは親父の休憩場所。昨日はがっつりと食える弁当を手にしていた。これだけの弁当の魅力は美味い白米が食える事。期待したミンチカツはボリュームは無かった。現在は減量中だから本当はこんな弁当を食ってはいけないがこの後の歩きを見ればその弁解も出来る?(出来ません)笑い。誰にもそんな事は言わせない。コラ。

Img_8328 Img_8329

Img_8330 Img_8331

ここからは足洗い川を何度も横切りながら登って行く。この道を登ると素晴らしい景色が見れる。今日はテレビの相撲中継を見ながらブログを書いているのでここ迄。この先は念願の決定的写真が撮れる。城跡公園に出掛けて来ます。その後でお見せするのでお楽しみにして下さい。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

久々の中山観音 お願いは何もしなかった この罰当たり

Img_8250 Img_8251 Img_8254 Img_8257 Img_8258 Img_8260

季節は変わっても行政は何も変わらない?それでも住民は何も批判をする事も無い?そんな意識も全く無い?この無様な歩道端の草は誰が管理しているのか?そんな事もどうでも良い。許せないのは左の花壇の見事な植替え。そんな言葉も聞かれない。何でやねん。問題意識が違うから?この草を綺麗に刈り取る為には自治会が動かないと出来ない?そんなアホな。

Img_8262 Img_8263 Img_8264 Img_8265

真夏の様な「お日ー様がクワー」桂枝雀の(夏の医者)のお笑いの一席が甦る様な天気。頭にタオルを巻いても暑い日差しは容赦をしない。それでも季節は確実に進んでいる。今日の目的地は武田尾の森林浴だったが途中で気が変わる。

Img_8266 Img_8267

Img_8268 Img_8270

森林浴なら中山観音奥の院の参道でも出来る。中山山門の阿吽の仁王像は愛嬌でも閻魔大王の面接はそうは行かない。「心に迷い起こらば困窮したる時を思い起こすべし」この言葉は家康の遺訓だが親父の様な偏屈には聞く耳も無い。これ迄多くの心の葛藤で選択を迫られた事も少なく無かったがその時の答えは「出来る事をやろう」だった。そしてそうして来た。せざるを得なかった。

生きる為に?そう自分で自分に言い聞かせて居たが今考えて見るとそれは自分に対する慰めだったに違いない。その選択は間違っていたとかそんな事は結果論。結果論で物事を判断するのは余りにも単純と言われても仕方が無いが、現在ではその結果とも平然と無視される。あった事も無かった事にすれば責任を問われる事は無い?ホンマかいな。その事を大王に問い掛けていた。

Img_8271 Img_8274 Img_8275 Img_8273

閻魔大王は何時もの様に眼を見開いたまま何も答えてくれる事は無かった。それでも眼は以前と何も変わらなかった。確かに閻魔大王は地獄、極楽の面接官。それは死んでからの話。生きている間にどんな生き方をしたかはその人の問題。確かに。納得しながらお礼を言っていた。礼?礼は要らない。せめて俺の前で言い訳をすな。そう言われていた。言っていた?まさか。

Img_8277 Img_8279 Img_8281 Img_8282 Img_8283Img_8287

寿老神、勢至観音、大黒天、千手観音にお参りをしてその功徳を分けてもらう。それでも手を合わせてお願いをする事は無かった。これからの自分の生き方は仏様に頼るのではなく自分で仏様を崇める。神仏は明治維新迄分け隔てられる事は無かった。明治新政府の一部の行政官が天皇を神として国民に知らしめる為に仏像、お寺を叩き潰そうとした。

しかしその過ちは数年で改められる。仏教の教えは本家本元のインド、その伝来の中国では現在その影響力はヒンズー教、中国共産党勢力で日本の様な勢いは無い。そうならなかったのはこの国の影響力の大きさ?それでも日本人にはキリスト教。イスラム教、ヒンズー教の様な圧倒的な信者はいないと言われている。それも嘘。知らないと言う事はそう言う事だろう。?

Img_8288 Img_8289 Img_8290 Img_8291 Img_8292 Img_8293 Img_8294 Img_8296 Img_8297 Img_8298

ここから足洗い川に沿って中山観音奥の院参拝コースを歩く。この道は途中迄は川の少し上の道を歩く。高低差は少なく奥の院参拝の一番楽なコース。但し途中迄。ここから1、5キロ近く先迄。その先は左の尾根道を登るので急。お上品な靴を履いていると歩けない。

その道は5百メートル足らず。その先は淡々とした山道。ただ楽では無い。しかしこの先直進すると様相は一変する。最初は足洗い川を何度か横切るが最後は岩場を乗り越えなければいけない。その道は川の中。☂が降って川の水が流れ落ちると通れない。

その道を今日久し振りに挑戦。健脚者はこの道を登り切って奥の院からその先を目指す。親父はそんなマネはとても出来ない。久し振りに歩いたので写真を撮る。勝手が分から無いととても歩けない。しかし冒険者には何とも言えない快感?但しガイドがいないと初心者は歩くのを止めた方が良い。(それは見れば分る)

Img_8300 Img_8301 Img_8302 Img_8303

ここから先は道は整備されているが誰が管理しているのか分からない。何度も国の出先機関(森林管理局)の管理者とも話をしたがこの現場の管理者は兵庫森林管理局。その担当者は広いエリアを一人で管理している。

直接は話をした事も無くどういう管理をしているのかも分からない。大変な苦労をしている。そんな話もしていない。山は私達の心を優しく包んでくれる。しかしこの程度の山でも侮れない。だから歩く人も限られている。ただ一度足を踏み入れるとその素晴らしさは忘れられないに違いない。タダで冒険心をくすぐられる。それは簡単に表現出来ない。

 

 

 

| | コメント (0)

安倍政権の継続 多くの国民の生活 そんな事はどうでも良い?

そんな生き方は誰も望んでいない?そう思っていた。ところがそれは甘い期待?現実を前向きに捉えて明るい見方をしろ。して下さい。君の考え方は個人的な意見。そんな悲観的見方は何も変える事は出来ない。そんな悲観的な味方をしていると明るい未来は手に出来ない。そう言われて来た。そして事実そんな生き方をしている。しかし今でも考え方は何も変わらない。

人類と大上段に構えなくてもこの国でもこの地域でも歓びが歓喜に変わる事は無い。多くの貧困と多くの社会的抑圧。人が人らしく生きられない社会等無い。一億総活躍社会。子育て支援も働き方改革もこれから増々期待出来て人生100年時代。馬鹿じゃねえか?そのな尤もらしいインチキを口にしても政府は支持される?アホこけ。

中央政府も(平家にあらざれば人にあらず)国会対応とか上司の指示で簡単に深夜迄仕事をしないといけない。NHKが公共放送?馬鹿言っちゃあいけないよ。そんな働き方を平然と行われても何も改善も出来ない報道?それでもこの国は安定して改革に取り組める。安倍政権が一夜にして崩壊する現実を多くの国民は知らない。

| | コメント (0)

朝方足がツル これも老化の証?バタバタする事は無い その対策は

足が吊るのはふくらはぎのヒラメ筋が固くなっているから。親父の様に若かりし頃筋肉盛り盛りだったジジイはその傾向が強い?その事が分かれば足のツリも又楽し?そんな事は無い。有らぬうめき声を押し殺しながら足をゆっくりと曲げ伸ばししていると激痛に悲鳴を上げる事は無い。

これからはどんなに偉そうにしていても体が基本になる。体が資本。体が全てを左右する。その事を本当の意味でまだ思い知らされていない。今日は家で九州大分、佐伯、日田、和歌山白浜の観光担当の人達から多くの事を学ぶ。ふるさと創成の肝は如何にして都会の団体客を取込むか?都会の個人をどれだけ多く地元に取込むか?その事が問われているがその戦略が地方に無い。

その事がどんなに証明され厳しい現実を目の前に突き付けられても何も変えられない?そんな事は無いと思われているが日本各地の多くの地域は10年もしない内に人気(ひとけ)が無くなる。その程度の分析も出来ない地方創生。

その厳しい現実を何とかしないといけない事は誰でも分かる。ところがその地方の担当者は寝言ばかり言っている。多くの人は知らないが北海道の有名観光地は5年もしない内に中国とオーストラリアの普通の生活者?(金持ちではない)に投資目的で買い占められる?

九州は韓国人と台湾からの旅行者で溢れる?関西は東南アジアとアメリカ人、ヨーロッパからの観光客で京都の市バスは今でも満員?それでも地方では賑わいがどんどん消滅している。信じられない事にそんな報道は殆ど無い。嘘だと思う?信じられない?

そんな事もどうでも良い。親父のブログは日本各地だけでなく世界でも見れるがこれ迄数え切れない程の(5555)情報を発信したが地方からのアクセスは徳島、鳥取の人に限られている。(親父のブログの半分は兵庫県の特定者が読んで呉れているだけ)

それでもそんな事もどうでも良い。地方の地域活性化は信じられない事に(当然と言えば当然だか)役所の人には期待は出来ない。地方自らの狂人が求められられている。地域の活性化の狂人?内閣府には地方創生のカリスマと言われる人が居るがその人の活躍が報道されないのは何でだろう。

地方創生担当大臣?彼らは何の役にも立たない事を日本各地の有様は証明している。内閣府、政府がその方針を明示してから5年が経過してその見直しが行われている。しかしその成果を評価した報道が全く無いのはどうしてだろう?地方創生担当大臣。前任者の名前は最後迄覚える事は出来なかったが今度は郷土の安倍総理のお友達。総理のお友達でも地域の期待には応えられない?

そげん事を言うちょらんで(言わないで)手を貸して下さい。そんな事を言われる訳が無い。それでも大分県佐伯を活性化する為に心を入れ替える。(笑い)アンタがどんなに力んでも竹内力(浪速の帝王)の力を借りないと無理。借りても無理だろう?それだけ佐伯は大阪から遠い。それを売り物にすれば良い。アカンワ。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

危機対応の拙さ千葉県?しかし他人事では無い事をどれだけ知る?0だろう?そんな事も知らない?

しばらくは親父のつぶやきも写真無しになります。これ迄多くの写真をアップ(登場)させていましたがこの写真に情報利用は文字情報の数百倍になる。これから映像革命で現在より繊細で多くの写真とビデオが簡単に見る事が出来る。

しかしそれに対応出来る情報量の保存能力は限られている。今夜のテレビニュースを見ていると小泉、小泉。3、4が無くて5に小泉。この人気者?若手政治家は親父は全く評価しない。そんな事もどうでも良い?そうでは無い事も知らない。

この若手政治家が多くの高齢のオバはん達に圧倒的人気があると公共放送、民放のワイド番組でも取り上げられるが不思議な事にこの人の言った事を総括して功罪を評価をテレビ報道で報道されない。その意味ではこの若手政治家は将来のこの国の総理大臣?

それは分から無い事も多くは知らない。そんな事もどうでも良いのだろう。多くの人は知らないが福島の原子力発電所の放射能汚染水は地上のタンクに溜める事が限界に近づいている。限界を超えると最大の処理をして海に放出するしかない。

素人考えでは海上に汚染水を放出しないで熱処理で水を蒸気に変えその蒸気を冷却して最小限度の汚染物を安全な場所に永遠に保管するしか無いと思うがそれも出来ないと言われている。何故出来ないのか?海に流す方が安全?それは無いだろう。

その事がこの環境大臣に問われる。そんな事はどうでも良い。安倍総理大臣は東京オリンピック招致の演説で国際社会に原発事故の処置は完全にコントロールされていると大見得を切りその招致を獲得し、オリンピックは来年開催の予定。

その担当大臣が環境大臣小泉新次郎に課された大きな課題。彼は早速復興大臣でもあると大見得を切っているがその危うさは韓国が一番良く知っている。今、日韓の政治経済の対決は日本国内では大きな問題に成っていないが、それは汚染水の海上放出の危機である事を知らない方だろう。韓国の大統領はその切り札を握っているからこそ強硬な反日批判を繰り広げている?

勿論その返り討ちを安倍総理は狙っている?その賭けはどちらが有利かと問われる事も無い?韓国大統領がその切り札を見誤っていたら安倍総理の勝ち。そうでなかったら(放射能汚染水が放出されて韓国に東京オリンピック不参加を申し出られたら)安倍政権は総辞職に追い込まれる。

そんな危機対応は全く不要?そうでは無い事を今、千葉で思い知らされている?停電の復旧工事がこれだけ日を跨いで長くなれば当然激甚災害。国の支援を県知事は速やかに要請しないといけない。その程度の危機対応も出来ない千葉県知事。そんな知事が多くの県知事。それでも責任は問われない。その事とは比べ物にならない危機が迫っている?そんな危機感はこの国には無い?

| | コメント (0)

内閣改造報道のあり方?地域創生とどう繫がるの?政府の責任が問われても関係ない?

今日のブログも写真挿入は無し。しばらく写真挿入無しで地方創生を語ります。それではこの拙いブログは関心が無い?それで充分です。これ迄多くのつぶやきを投稿しましたが何の影響力も与えていない。元々そんな大きな事は考えていませんでした。

最近痛感する事は多くのフェイク。この言葉もアメリカの大統領から教わりました。人の意見を全否定して全ては自分が正しいと豪語する人も少なくありませんがアメリカの大統領がその考え方を貫けば民主主義は成り立ちません。

それで良しとする人がアメリカだけでなくこの国にも多くなり、中国も韓国も北朝鮮もそうだと思えば自分の生き方を変えれば良い?日本の政治家、経済界、多くの人の意見がそうであれば自分の考えを変えれば良い。その結論を思い知らされています。

多くの日本人は知らないが地方創生、地域の活性化を安倍政権が口にして多くの歳月が流れています。早い物で政権交替で当時の民主党政権がその政策の失敗の責任を取らされて登場した阿部第2時政権は現代はすっかり安定し長期政権となっている。

当然その安定した政権運営は多くの国民に支持されその信頼度は他の政策を口にする野党のみならず政権内の反対派を圧倒的に押さえ込んでいる。しかしこの政権の功罪はこれからも多くの隠蔽工作でその殆どが国民に批判される事は無い?そう思われている?誰に?有権者の多くに。そんな事は無いだろうと思っていたがその考えが間違っている?

信じる者は救われる?これは物事の判断基準は理屈、議論でない事を思い知れば良く分かる。政治家の優劣は相手を見事に論破するその語り方と爽やかさと言われるがその典型的な見本が郵政民営化を実現した小泉元総理。現在郵政民営化の成れの果ては多くの国民は評価も出来ない。郵政民営化が実現出来てもその経営体質は何も変わらない?国民の税負担は減少してもその実態は多くが職員の厳しい労働強化?正規の職員はリストラされ多くは非正規のアルバイト。郵政労働者の団結権は無きに等しい。

それでもその多くの違法行為を経営のトップが頭を下げるだけ。政府や多くの学者先生が批判する中国一党独裁の共産党政権と何も変わらない?そんな批判は全く無い。皆様の公共放送?皆様の民放放送が尤もらしく全国ニュースを垂れ流してもそんな事実は何も放送されない。多くの国民もそんな事はどうでも良い。地方創生、地域の活性化、アベノミクスも全く同様?

そんな事は無い。多くの地域は活性化している。政府も手を挙げてもらえれば丁寧な支援を行う。事実、多くの地域がその恩恵を受けて日本全国隅から隅迄安倍政権のアベノミクス(安倍政権の経済政策)はその成果を上げているだけでなく、民主党政権とは比べ物にならない?まるで今の韓国の大統領の言葉を聞いている感じがする。

そんな事もどうでも良い。地域に活性化が実現しなくても何も困らない。それが事実かも知れない。親父はそれは間違いだと思うけれどそんな個人的な意見はどうでも良い?確かに。地域が活性化すれば親父の意見どころか政治家の意見もどうでも良い。地方創生担当大臣、一億総活躍担当大臣、経済再生担当大臣。多くの大臣が何を支持して何を成果としたかそんな事もどうでも良い事?それは違うだろう。皆様の公共放送も事実を有りの侭に放送すればもっと多くの支持を受ける事が出来る。

そんな事もどうでも良い?ひと、まち、しごと、創成戦略は全国各地を巡ればその実態は良く分かる。それが今年の目標だった。ところがそのお金はタダでは無い。ただで全国を駆け巡れる人もいない?多くの内閣府のこの仕事を担当しているエリート達でもそんな事は出来ない。その事が分かればこれからの自分のやるべき事が見えて来る?

その事を今日故郷佐伯の広報担当から教えられる。九州大分が関西からまだ殆ど注目されていない。石川県白山市も全く同様。大分県佐伯市も全く同様。大阪から新幹線在来線を乗り継いでも5時間。飛行機では伊丹空港ー大分空港間が50分。大分空港から佐伯迄車で2時間弱。それだけの時間とお金を費やして得られる歓びはどれだけの物だろう?

その程度の事を地方の関係者は理解出来ない。理解してもそれは個人的な意見。そう思うだけ。観光も地域振興の大事なテーマ。そのテーマの改善の方法は仕事の改善、物事の改善手法と全く同じ。PDCAのサイクルを廻す。そう言われても分から無い。トヨタの改善の手法。P(計画、プラン)D(実行、ズー)C(確認、チェック)A(行動、アクション)その程度も為されていない?

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

地方創生の評価は誰がしているの?その程度の問いかけも出来ない? 地方創生は何処も実現せず?立派なハコモノは出来てもその運営は指定業者?地方はそれでも何も困らない?

地方が元気にならないとこの国は元気にならない?この言葉を安倍総理が口にして5年の歳月が流れている。そしてその見直しが全国津々浦々の行政で見直しが為されている。ところが殆どの人はそんな事には関係ない。

信じられない事に地方の人達でもそんな事はどうでも良い。どうでも良いのではなくどうしょうも無い?だから地方選出の政治家先生にお願いして多くの補助金をお願いする。地方はその補助金で潤っているだけ。その典型的な地域が関西にもある。

関西だけでなく関東も。日本列島北から南迄。その厳しい現実を伝える責任が報道各社にあるがそんな事はニュースにもならない。明日の内閣改造でそんな状況が少しは変わる?そんな期待を語る政治記者達も政府の方針、安倍政権のお友達?

それでは報道の責任も果たせない事を自覚も出来ない。そんな解説は聞く事は無い。大臣が変わっても政治は何も変わらない。変わる事と言えば深刻な米中対立、香港の民主化運動、日韓の厳しい対決?そんな身近な出来事も関わりは無い?そう思われている?そうなのかな?株価もトランプ大統領の発言に一喜一憂される。そんな世の中が何時迄も続く?訳が無い。

その証明をしろと言う人も居るがそんな言葉に応える価値も無い。よく言われる対案を出せ?個人的な意見は何も参考にはならない?そう言いながら安倍政権も何時迄も長期政権が続く?そんな政権を批判していた自民党の若手のエースと言われてきた明日の内閣改造で大臣になる。彼のこれ迄の言動を多くの人が支持していると報道されているが本当にそうなのかな?

この国が直面している多くの課題はその程度の物?そうでは無い事を正面から問題提起が出来る人も少ない。今度の関東直撃の電柱倒壊の被害はその対策も難しい。オール電化のリスクは全く考えていない電力会社。停電になると料理も出来ない。水道が止まると生活が出来無くなる。その程度のリスク回避も都会では出来ない事を都会人は知らない。

先週、九州大分の南部地域に帰って来ました。関西人は全く知らない佐伯市。ここでも多くの人々の暮らしがある。それでもそんな地域の情報は関西では全く知られていない。その反対もある。佐伯の5年後、10年後の姿を語ってくれる人も今は居ない。親父もその時は何処の空の下で生きているかも分からない。空の下ではなく天上界それとも地獄界?そんな事も分からない。

故郷を後にしたのは18の時。結婚したのが29の時。大事な人を失ったのが52間近の時。そして現在75近。大分県佐伯市は大分県南部に位置する九州一番の広い面積を有するまち。(そんな事は何も自慢にならない)トンデモありません。素晴らしい海岸線と山間地域。その紹介を関係者はしていないだけ?そんな事は無い。ただアクセスが良く無いだけ。

その佐伯は今、瀕死の直前?その事は地元で生活している人には分からない?瀕死の直前と言われてもこの漢字も読めない。嫌な漢字?違います。嫌な感じ。そんな街は地方は殆ど。瀕死(ひんし)の直前ではなく廃墟が目前に迫っている?そんな事は無いでしょう?多くの人は高齢者でガンネン(体を思う様に動かせない)が叶わぬ様になってもそうは思わない?

そんな環境の中で暮らしていると街の賑わいが無くなっても何とも思わない?そんな事は信じられないが佐伯の人間にはそんな危機感は全く感じられなかった。これは他人事(ひと事)では無い。佐伯だけでなく北から南迄全ての街がそんな状態になってもそんな感覚は無い。田舎の駅前の人気(ひとけ)の無さに驚かされる。地方創生。地域の活性化のバロメーターも全く意識されていない。

その佐伯を活性化して賑わいを取り戻す事は左程難しい事では無い。その事が地域活性化の関係者が気付いていないのは何とも皮肉。その原因もはっきりしている。地域の中でしか物事の判断基準が無いから。地域の中でどんなに立派な事を考えてもその成果は大きくは無い。

それでも外の世界を知らない。見ようとしない。それでは間違いなく数年後にはその地域は通過点になり数十年後には間違いなく消滅をする。その程度の事が分からないのは地域の指導的立場の人がそんな生き方、考え方しか出来ないからだろう。

誰も信じ無いけれどこの事は全国のどんなに地域が活性化している地域でも例外でない。親父が今住んでいる大阪市内に20分で行ける(実際は駅から)街でも例外ではない。我が街のひと、まち、しごと創成戦略は?

5年間の成果は(住み易い街)(住宅の環境に恵まれた街)仕事は大阪市内で、生活はこの街で?そんな地方創生が行われても危機感は全く無い。隣の豊中でも川西市でも伊丹市でも大差は無い。地方の田舎町が活性化しないのは当たり前に違いない。

そんな町の活性化の為に何が出来るか問われていた。今年の目標にしていた日本各地の現実。廻りの街の現実しか見れなかったが故郷の現実は厳しい物でした。その街が変われば日本各地の地域は活性化する?それは政府と地方の行政がどんなに力を入れても無理に違いない。それは余りに人の暮らしを変えなければ無理だろう?そう痛感していた。

| | コメント (0)

昨日の血液検査の結果

Img_8116 Img_8114 Img_8113 Img_8112 Img_8111 Img_8110 Img_8109 Img_8108 Img_8107 Img_8106

血液検査の結果は改善されていた。何が体質の改善?体質の改善とはどういう事?空腹時血糖値の改善。正常値の3倍だから即検査入院と言われて自分で体質の改善をすると大見得を切ったのは昨年の今頃?もう少し先だったかも知れない。あれから1年。正確には今年の2月から半年間?体重85からの大変身だった。腹回り1メートル10㎝。中性脂肪は300を越えていた。

そんな肥満、メタボな体質になったのは忙しい日常から解放されて哀しい一人暮らしを始めてから?そんな事は無かった。仕事のストレスで帰る時間が遅くなっても腹一杯飯を食ってソワーで横になりコーヒーを飲みながら甘いものを口にする様になってから。仕事のストレスを食事の満腹感で誤摩化していた。そんな生活が続けば誰でも簡単に太る。太るのではなく太り過ぎる。

この体質は10年や20年の積み重ねでは無かった。30年?それ以上かも。その体質を1年足らずで変えられる筈は無い。人間の体質や考え方は半年で変わると言われているがそれは間違いない。人の体は細かい神経細胞で成り立っている。その殆どは遺伝。親から与えられている。その体質が成人する前に殆どが完成する。その状態が50近く迄維持され?その後は衰えるだけ。

そう考えれば今の体質は脂肪の固まり。筋肉細胞は失せダラシのない体になっても不思議では無い。幸いに20年近く毎日歩く事を続けているのでふくらはぎの筋肉はしっかりしている。ところがその筋肉が固くなってつまむと痛い。筋肉の衰えを固さで感じるのは何とも皮肉。行商で疲れたお袋の足を揉んでやっていた子供の頃の思い出が甦る。今はそんな人も居ない。嗚呼。

Img_8117 Img_8118 Img_8119 Img_8120 Img_8122 Img_8123

ここは近くの府立園芸高校の前の道。例の看板が建っている。アドプトロードENGEI.何じゃそれ?この道は園芸高校の生徒達が整備しています。それがこの有様?親父も全く知らなかったが道を綺麗にすると言う事は何の為?

その事が道路管理者も地域の人達も他人事の様に考えている。この道も綺麗になりました。しかし基本的には街を綺麗にする事。道を綺麗に維持管理すると言う事は行政の旗ふりが必要。それすら関係ないと考えている多くの地域住民と道路管理者。その責任は小さく無い。

Img_8124 Img_8125 Img_8126 Img_8127

この道は10年前に何度も通っていたのでよく知っているが歩道を拡張整備中で汚い道でした。その道が見違える様に綺麗になっている。しかし中央分離帯の草刈りは誰がするの?その程度の事もこのプログラムでは明確になっていない?なっている?そんな事も知らなかった。

草刈り、清掃は園芸高校?その発想が見直される事が無い?疑問符が付くのはこの道を管理している管理者の方針が見直される事が無いから?お役所仕事とはそう言う事?その程度の事も殆ど知られていない。関係ないから?違うだろう。知らないと言う事はそう言う事。これはここだけの話では無い。

道を管理すると言う事は全国何処でもクレームが付かないと管理者は動かない。クレームが付いても言い訳ばかり。責任者の顔を見る事は出来ない。道は広い道、狭い道、安全な道、危険な道。色んな道がある。しかしその実態を殆ど知らない。

それでも多くの人は歩道を歩かないのでそんな事は分からない?そんな事は無いだろう?高齢者と子供達に優しく安心、安全な道は自分達で知るしか無いのだろう?子供達の通学路、高齢者の安心、安全が確保されている道。そんな事も出来ない行政?そんな事は無いだろう。

Img_8128 Img_8129 Img_8130 Img_8131 Img_8132 Img_8133 Img_8134_20190910130401 Img_8135

以前からクレームをつけている猪名川堤防の上にです。ここは国土交通省猪名川河川事務所園田出張所が管理している。しかしこの堤防の上の草刈りはこれだけ伸びても刈られる事は無い。何でや?草刈りはここだけでは無いので年2回のサイクルで刈られるだけ。そう説明される。

それだけではない。開き直られる。ところがオバカな人間は草が伸びるとゴミを捨てる。昨年はここに大型ゴミが捨てられていた。いずれ同じ事が繰り返される。その程度の事が分からない。既にゴミ袋が捨てられ行政の手を煩わせている。オバカはその程度の事も知らない。不法ゴミを捨てる阿呆にその対策も取れない管理者。しらないと言う事はそう言う事?

Img_8141 Img_8142 Img_8143 Img_8144 Img_8145 Img_8147

ここはようやく市の道路管理課がヤイヤイ言われてようやく綺麗に草刈りをした所。去年も同じ事を繰り返す。何で堤防の上の草刈りを市がやるの?堤防の上だから国土交通省と思いきやそうでは無い。左の堤防に食い込んでいる道が市道だから。この道の外が府道。この道の上に阪神高速木部線が走っているがその時に余計な事をしている?そうでは無くて大切な道路?その管理も出来なくても?

Img_8150 Img_8158

この堤防の上の左半分が何故整地をして舗装しないのかその理由が分からない。ここは堤防の上。この土の部分を平らにして舗装をしない理由は国土交通省猪名川河川事務所の工事課長に聞かないと分からない。そんな事もどうでも良い?かもしれない。

Img_8162 Img_8164 Img_8165 Img_8168

Img_8180 Img_8201 Img_8211 Img_8213

この立派な芝刈り機は河川敷きグラウンド用?この土手の草刈りは出来ない?堤防土手の傾斜は一定でない。傾斜がきつくなれば違い芝刈り機が必要になる。その程度の堤防外側の設計も出来ない。だからこんな無様を晒す?そんな認識が行政に無い?

Img_8215 Img_8218 Img_8227 Img_8231

堤防からチャリで帰って来ると汗びっしょり。下着を買えてお決まりの城跡公園の散歩に出掛ける。日の入りも早くなる。同じ様な生活を繰り返しているが体重の引き落としがまだまだ充分では無い。血液検査の結果は想定以上。検査入院もしないでこれだけの体質改善が出来れば上出来。しかしまだまだ。まだまだ減量は出来る。そんな食生活を重ねないといけない。

 

 

 

.

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

血液検査の結果は改善 しかし目標達成は出来ず まだまだやれる

Img_8060 Img_8061 Img_8062 Img_8063 Img_8064 Img_8065 Img_8066 Img_8067 Img_8068 Img_8069

昨日の夏の様な天気 日曜日は競馬のテレビ観戦が定番になっているが、最近はその競馬も馬の名前も分からなくなっている。馬の名前が分から無いと当然その馬の能力が分からない。勝ち馬投票券を勝ち取るにはそれではお話にならない。

競馬で儲けるにはそれだけでも役に立たない。仕事でも同じ事が言えるが成果が出るには多くの偶然が重なる。それが分かれば阿呆らしくて馬券は買えない。競馬は強い馬を知らないと話にならないがそれだけでは勝てない。

それでも馬券は買う?アホだね。競馬の必勝法は馬券を買わないで見るだけ?競馬は1昨日から中央競馬。今月は阪神と中山競馬場。来月から京都と東京競馬場。今年はどんな名勝負を見せて呉れるのだろう?そんな事を言われても競馬はギャンブル?今でもそんな見方をされるが仕事の選択も多くはギャンブル。その程度の事も知らない?確かに。

Img_8073 Img_8070 Img_8071 Img_8072 Img_8073 Img_8074

何時もの城址公園。芝生の長さが気になる程に伸びているが業者が今週手入れ(根切り、空気入れの孔開け)をするのでそれ迄はこの状態が続く?昨日は左の置き石に手を置きながら宙を舞っている青年がいた。当然カメラを向ける事はしない。しばらくぼんやりときれいな景色を楽しむ。ただ長居はしなかった。視野に青年が入るのがうっとおしいがそれはお互い様。腰を上げる。

Img_8075 Img_8076 Img_8078 Img_8079

錦木(相撲界にも同じ名前の力士がいる。大きく無いが段々力を付けている。この錦木は今年は少しは早めに紅葉しているが例年は来月の終りに見事な色合いを見せて呉れる。今年はそれだけ秋が早い?そんな事は無いだろう。台風の余波は全く無かった関西の中部、北部、京都は灼熱の暑さが今週末迄続く。

それでも世の中はとぼけた動きを晒している?来月からは消費税10%。流石にこの次期になると消費税10%の反対運動は屁の突っ張りにもならないがそれでもその対策は万全?そんな事は無いだろう?消費税が10%になっても何も変わらない?

そんな事は無い事を殆どの間抜けな国民は知らない。アンタは知っているの?それでも何も対策は語れない?何も語れません。ただ間違いの無い事は消費税が10%になっても国の財政赤字は大きくは減りません。それどころか来年の国家予算は100兆円を超える。その4割近くが国の借金で賄われる。それでも他の内閣よりマシ?何たるオバカな国民だろう。

Img_8080 Img_8081 Img_8082 Img_8083

その対策は人に頼らず自分で道を切り開く事。そんな事は誰も出来ない?人の力を借りなければ何も出来ない。小さい時からそう教えられていた。その教えを守れない生き方をしている。人は何人も一人では生きてはいけない。人の助けを借りて生きて行ける。

そう尤もらしく教えてくれる人も少なく無い。親父もそんな親と息子のお陰でこの歳迄生きている。これからはその恩返しをしないと墓には先客が入れてくれない?先日の墓参りでその事を教えられる。それには何と言っても健康で人の御世話にならない事。

残念ながらそれは多くの幸運を期待しなければならない。その幸運を手に出来る人は意外に少ない?その事を多くの高齢者とその予備軍の多くは知らない。後10年もしないで日本各地の多くの過疎地は消滅をする?そうはならないと多くの政治家と評論家、地方創生の関係者は信じて疑わないがその根拠はいかにも怪しい。その程度の事も多くは知らない。

Img_8084 Img_8087 Img_8088 Img_8089

暑い暑いと言いながらあと3週間で10月。10月と言えば(神無月)神が無い月。神がいない月とは全国の神様が出雲大社に集まって1年の事を話し合いからと言い伝えられているがこれは全くのデタラメ?出雲大社の中世の御師(おんし)がそう宣伝した為?(これは電子辞書ウィキペディアの解説から)

神様の話は多くが神話。天皇家はその子孫?今でもそんな言葉が尤もらしく語られる。天皇家の歴史が古いがその本当の歴史は何も知らない。現在日本国憲法ではその地位を象徴と定義している。象徴とは元首では無い。その違いも多くの人は理解していない。このバラの花もこの時期にこれだけ見事に咲く事を殆どが知らない。その程度の生き方をしている。

Img_8090 Img_8091 Img_8092 Img_8093

この古墳は今は訪れる人は殆ど居ない。この地方の豪族の墓と言われているが古くに墓は掘り返されているので今はその価値は何も無い。土盛りの縁を歩く人もいない。手入れもしない古墳の看板を建ている思惑は何ですか?その程度の問いかけも出来ない。

Img_8094 Img_8095 Img_8096 Img_8097

水琴窟の素晴らしい音色も止っていた。これは誰が管理しているのかな?聞けば分かる?誰が管理しているのか?役所の担当部署も分からない。行政はその程度の仕事しか出来ない。問い合わせをしてもタライ廻しをされて不正確な情報しか聞けない。親父は違うけれどその正確な情報を知らないのは何でだろう?どうでも良いから?それも違うけれど。

Img_8098 Img_8099 Img_8100

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 8日 (日)

関東は台風直撃?関西は猛暑日

Img_8002 Img_8003_20190908203201 Img_8005 Img_8004

2年前に帰った時、車で通った道をこの近く迄歩く。時間はたっぷりあったがこの時日差しが強くてハゲ頭にタオルを巻いても汗が滴り落ちていた。ここは城山に上る道の入り口。就職して2年目の夏。高三になっていた彼女とデートをした道は整備されていた。しかし車では今でも登れないらしい。あの時の若さは当然今は無い。いずれ歩いて上る事も出来ない。

そうなる前に歩いて登らなければいけないがそれだけの体力を何時迄保つ事が出来るだろう?歩いて30分足らずの道だから近くの幼稚園児が登る五月山ひょうたん島コースに似た平坦なコース?それでも後5年もすれば歩いては登れない?この先に国木田独歩記念館がある。明治の時代に近くの中学の教師だった先生はこの城山の事を小説で紹介している。

Img_8048 Img_8052 Img_8050 Img_8049

この街を知らない関西人、日本全国の人も多いが親父のブログを読んで呉れている人は地域が限定しているのでこれを機会にPR(宣伝)をしないといけない。大阪から新幹線小倉乗り換えで5時間と数分。遠い?それとも近い?その価値が無い?そう思われている?市役所の担当課は何処か分からないがそれも聞かねば分から無い?聞いても分から無い?

現在日本各地の地方は地域の活性化は素晴らしい発展を遂げている。地域の人々の暮らし向きは格段の変化を遂げている。それでも地方が元気にならないのはどうしてなのか?その答えを中央の役人達は用意をしていない。報道関係者も成功事例しか報道出来ない。その事は故郷に良く現れていた。故郷を変えるには人の賑わいを復活させる事。その策はまだ見えない。

それでもこのままでは間違いなく故郷は関西から見捨てられる。関西から見捨てられても地域の賑わいはそれなりに廃れる事は無い。そう思われている。誰に?地域の人達だろう。それが日本各地の実態?そんな事もどうでも良いのだろう?何だかんだ言いながら国からの補助金は手にしながら生活が成り立っている。その生業(なりわい)が何も変わらない。

Img_8016 Img_8017 Img_8035 Img_8024

昔の人は偉かったとよく言われるが現在人は100年後にどう評価されるのだろう?佐伯の街が100年後に辿る道を高らかに宣言出来る人は居ない。この佐伯の街が軍港として栄えた事を知る人は関西には殆ど居ない。日本がこれからどんな歴史を辿るのか?そんな事は殆ど分からない?親父達がどんなに多くの事を口にしてもその程度の生き方しか出来ない。

| | コメント (0)

地方創生 現実を知らない?何でだろう?

Img_7954 Img_7955 Img_7958 Img_7959

佐伯駅前の親父の定宿。朝食付きで6800円。楽しみにしているこの海鮮丼は1500円。ビール生小で計1800円。都会では豪華なホテルがオープンしているがオバカな報道は70000円でも安いとぬかしている。確かの世の中金に不自由しない人も少なく無いかも知れないがいくら何でもそれは無いだろう。この海鮮丼は見た目は安物に見えるがそうでは無かった。

Img_7960 Img_7961 Img_7962 Img_7963

お決まりのお土産(ひき茶まんじゅう)を買って駅のコインロッカーに一部荷物を預けて目的の地域活性化、地域振興のハコモノの建設現場を見に行く。予想以上に広い場所に建物は建設されていた。長い間古い建物で寂れる一方だった地域の区画が整理されて1年後にはそのハコモノが完成する。日本各地の地方の活性化はそこで終っている。

そうでは無くてそこからが出発点。その建物が地域の活性化の為にどれだけの活用、活躍が出来るかその事が問われても地元の人達はその為す術を知らない?ところがそうでは無い事を都会に住んでいる親父達も知らない。「故郷は遠きにありて思うもの。そして悲しく歌うもの。」この言葉は室生犀星(知らないだろう)の言葉。これからは傍観者にならないで応援団になる。

Img_7964 Img_7965 Img_7968 Img_7971

(すいちょる)トリニータ?大阪では全く聞かれない言葉。好きになっているよサーッカー一部リーグの大分トリニータ。今シーズンの活躍は目覚しいがエースストライカーが他のチームに引き抜かれ最近はその勢いも褪せている?

しかし大阪のガンバよりは全然上位。今シーズンは2部降格の心配は無い。問題は全国に大分トリニータの強さをどれだけアピール出来るかだろう?知らないだろう?しらないと言う事はそう言う事。

すいちょる?うんだーイヤ。大分弁も大阪では殆ど聞かれない。(うんだーとは自分の事)若い女性が口にすれば何とも言えない艶かしさがあり叔母さんが言えば気持が悪い)コラ。爺(ジジイ)。駅の待合室も活気は何も無かった。土曜日朝10時過ぎ。まちづくり交流館建設現場到着です。

Img_7972 Img_7973 Img_8012 Img_8001

Img_8038 Img_7975

バスターミナルは完成していたが街中では殆ど人影をみる事は無い。近くのお寺さんで若い女性に出会うがお互いに挨拶を交わす事は無かった。それだけの事。女性はお寺の関係者?この交流館の廻りには古い街並があるが昔のイメージは全く失せていた。それは当然の事だろう?行政は全くそんな街づくり、地域活性化をしていない事が良く分かる。

来週。その事を地元の市役所の管理監督者の話を聞いて見ると面白いに違いない。地元の取り組みは地元で完結して県内外の人の呼び込みは意識されていない。その事は全国各地の活性化に繫がる。若い人が少なくなっているから仕方が無ければ年寄が頑張れば良い。しかしその年寄も元気な勢いのある人は少ない?そんな事は無いだろう。その証明が出来るのだろうか?

Img_7991 Img_7997 Img_7976 Img_7977

もう一つの楽しみは古い街並をみる事。歩いた道には昔の面影は何も無かった。地元の人は勝手知りたる道も一人で昔の思い出を探してもそこには何も手掛かりは無かった。せめて観光案内の看板位無いのかと思っていた。ブラブラ足の向く侭、気の向く侭に歩いてみても心揺さぶられる物は何も無かった。これも街並保存の観光行政のへたくそ。担当行政の意見を聞いて見る。

Img_7978 Img_7979 Img_7980 Img_7981 Img_7974_20190908125901 Img_7984 Img_7985 Img_7988 Img_7989 Img_7995

この商店街は昔の中心街。「銀天街」と呼ばれて立派なアーケードが自慢だった。この商店街は歩かなかったがお店の賑わいは残っているのだろうか?次の機会に歩くとしたら色んな発見が在るに違いない。この商店街の先に美味しい物が食べれる「うまいもん」商店街がある?しかし今はどれだけの賑わいがあるのか分からない。2、3時間この近くをブラブラしていた。

 

| | コメント (0)

地方創生担当

Img_7948 Img_7950Img_7953

大阪人が知らないさいき、大入島。親父は小学校、中学校、高校とそれぞれに違った思い出がある。しかし現在は全く島に渡る事はない。その理由は関係が全く中なったから。九州オルレ?この言葉も最近迄全く知らなかった。オルレと言う言葉は韓国の方言。広い道だけでなく田舎の細い路地の中迄分け入る韓国済州島の路地巡り。それが九州佐伯の大入島にある。

しかし九州は今韓国と深刻な政治家達の対立で厳しい状況に立たされている。政治と経済、政治と民間交流、反日感情と観光交流は関係ないと言いながら現実は韓国からの観光客が大幅に減少している。その深刻な状況に明るい見通しは無い。韓国民が日本政府の韓国政策に反感を持つのは韓国政府がそんな情報を流すから?それだけではない。安倍政権の韓国政策は明確。

その理解が韓国だけでなく日本国民にも丁寧に説明出来ないから?そんな事は無いと外務省も経済産業省も明言するが韓国政府が反日政策を変えない限り韓国民の感情は変わらない。日本国民も同じだろう。しかしこの侭何も問題の解決の糸口を相手に求めるだけではお互いの理解は得られない。その程度の事が韓国人も日本人も分からない?そんな事は無い。

韓国政府も日本政府もこの侭両国の関係改善が放置すると大変な事になる。九州の観光産業の大きなお得意さんがこの侭韓国から来なくなれば商売が成り立たない。大阪人もそんな事は分からない。来月には大分でもラグビーの世界大会の試合が行われるのでまだその影響は小さいと言われているがこのまま何も改善が出来なければ観光地は閑古鳥が鳴く。そんな事も関係ない?そうでは無い事が分からない?政治家はそうは行かない。支持を失えば自民党の政治家先生はタダの人になる。

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

 墓石を吹き上げて清掃で終る 手を合わせなかったのは天気の所為?それは違うな(苦笑)

Img_7916 Img_7918 Img_7919 Img_7920

故郷は前日迄☂だった。青い空とエメラルドグリーンの澄み切った海面も今イチの景色だった。それでも大阪から5時間の新幹線と在来線の乗り継ぎが定刻で到着。しかし電話で聞いては居たがバスの便数の激減には愕然とする。しかも振興局(旧直川村)の先は路線バスではなく何処迄乗っても100円のコミュニティーバスになっていた。土日はこの路線2便。平日でも5便。

テレビで笑っていたバスの路線旅はこの直川の先は何処迄行けるのだろう?佐伯市の地域振興課の名前を覚えた主任に聞けば分かるがこの地域のバス便の減少は親父の故郷だけの話ではない。バスに乗る人がこの程度に減少している?もっと少ない?そう言う事だろう?地域のバス路線が減少してもバス会社の採算は減少の一途を辿る。

いずれ路線バスは廃止されコミュニティのマイクロバスになりその便数も極端に少なくなる。これがこの国の地方の現実。そんな事を都会人は全く知らない。知らなくても関係ない。高知の東北の地域もそうだった。その国境のトンネルは歩かないと徳島交通のバスに乗れなかった。そのバスも今は地域の子供達の通学バス。そんな日本各地の過疎の地域が他人事ではなくなっていた。

Img_7931 Img_7932 Img_7930 Img_7933

Img_7934 Img_7936 Img_7937 Img_7938 Img_7939 Img_7940

お寺さんの昔からの道を上り詰めると今は亡き和尚が迎えてくれる。お寺さんの本堂は今年の台風の被害で裏山が崩れ大変な事になっていた。本堂の建物がつぶれる事は無かったが大量の土砂が流れ込んでその復旧工事もこれからだった。裏山の崩壊の心配があるので本格的な修復工事の目処が立っていなかった。又多くの寄付が求められる。行政の支援は期待出来るのだろうか?

Img_7941 Img_7942 Img_7943 Img_7944 Img_7946 Img_7947

気が付くと(家に帰って画像を見ると)肝心のお墓の写真を撮っていない。お供えのお花も何も持って行かなった鉢が当たる?そんな事は無いでしょう。汗びっしょりになりながら下着を着替える程汗をかきながらお墓を綺麗に吹き上げて来ました。天気は丁度雨も止んでいたがそれでも思い出した様に親父の久々の墓参りを冷やかす様ににわか雨も降りました。

本当はもう少し時間を掛けてゆっくりと丁寧な墓参りが必要でしたが、お迎えの親戚の叔母さん夫婦が車で佐伯の定宿迄送ってくれたので途中で切り上げました。次の機会は何時になるのか分かりませんが今日大阪に戻る電車の中で次は無いかもと苦笑していた。来月から後期高齢者。しかし親父の外観は同世代より若いのでまだまだそんな歳では無いと思い直していました。

| | コメント (0)

2019年9月 6日 (金)

2年ぶりの墓参り

無事墓参りを終える。今は定宿で野球を見ている。それにしても読売さん無様だね。これだけ弱いとペナントは取ってもセリーグの覇者になれない?それとも他が弱い?今の世の中を象徴しているだけ?どうでも良い?興味は無い?かも知れない。知らないと言う事はそう言う事?2年ぶりに田舎に帰ると改めてその事を思い知らされる?今、大阪に居ても少し山間地域に行けば政府の地方創生対策は掛け声倒れ。田舎に帰るとその認識が哀しくなる。何でそんな政府がいつまでも地方創生を口に出来るのだろう?

「故郷は遠きにありて思う物。そして悲しく歌うもの。」これは室生犀星の有名な叙情詩ですが現在の見識者は現在の地方の姿をどう表現するのだろう?そんなこともどうでもよい?今住んでいると事が全てと語ってくれる人がいるが本籍地を現住所としている人が多い現実はそれは当たり前の事?地方が寂れていくのも当然の事?所が人の行き方を変える。そうは思わないオヤジの考えが間違っているのかもしれない。

今日のブログは画像の挿入が出来ないので文字だけになりますが、それでも明日は楽しみにしている所があります。現在そこでこの町の中心地再開発が行われている。建物(ハコモノ)が完成しても地域の活性化は期待出来ないと多くの人がいわれますが、そんな人達は他人事(ひとごと)の様に思っているだけ。自分達がその真っ只中に飛びこんで汗をかき恥をかかないとなにも変わらない。

現役の時、守屋先生に言われて言葉。教えられた言葉。アホそのものの様に大声で叫ばされた言葉。「何もしないでとり澄ましている人間より何かをして恥をかく人間の方がどれだけマシだか分からない。人は人に笑われながら成長する」ところが現実はどうだろう?何もしないでなにも変わらない現実をひとの所為にしている。政治も社会も人の生き方そのものがそれが当たり前田のクラッカーになっている?何それ?

「てなもんや三度笠」半世紀前の視聴率50%越えのTV番組スポンサー。その会社は今でも活躍中?最近、クラッカーと言われてもナビスコしかしらない。そのナビスコもこの歳になると買う事もない。ナビスコの美味い食べ方を誰が教えているのだろう?地方創生も全く同じ。明日見学するハコモノとその地域の賑わい。それがどこで繋がるのかその戦略は見いだせるのだろうか?それが分かれば教えて下さい?誰もそんな事は考えてはいない?馬鹿だね。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

危機感の無いお役所仕事 国の中央官庁も同じ?政策の間違い、成果も問われない?違うだろう。

Img_7778 Img_7779 Img_7780 Img_7781

これは昨日の写真。季節は着実に進んでいるがまだまだ残暑が厳しい。昨日は市役所が業務を終了する間際に市役所の窓口でマイナンバーカードの普及率の変化を確認する。そんなオバカは居ない。マイナンバーカード制度は政府の肝いりでスタートしているがカードを持たなくても全ての国民の所得の捕捉は出来るのでその普及率は低い。

Img_7782 Img_7783

こちらは城跡公園。この後夕立に見舞われる。それでも屋根のある休憩所でお茶を飲みながら何も考えないで静かな景色を眺めていた。この季節、この時間にぼんやりと大好きな景色を眺められる幸せは何物にも代え難い?そんな事を考える年寄も少ない。これからどれ位長生きが出来るか分からないが間違いなく病気や怪我が無ければ85歳迄は生きられる。当たり前だろう?

ところがそれがギッチョンチョン。(なんじゃそれ)知らないだろう?そうは問屋が下ろさない?その意味も分からない。分からなければ聞き流すしか無い。当たり前の様に考えている今日一日も明日も明後日も偶然と必然の重なり合いの結果?何も変わらないと思われている事がそうでは無い事を思い知らされないと分からない?思い知らされてもその先の可能性、確率は誰にも分からない。

Img_7784 Img_7785 Img_7786 Img_7787

この素晴らしい芝生広場もいずれ関西一の見どころになる?そんな事は多くの関係者でも認識していない。何を持ってその価値を決めるかに付いては色んな意見があるが異論が無い程に他を圧倒する事は理屈では無い。その事を多くの人は知らない。だから世の中は何も変わらない様に感じられるがそれは手にしている情報がタダだから?(公共放送はタダでは無い)その程度の生き方をしている。

Img_7788 Img_7789 Img_7790 Img_7791

夕立は中々止まない。それでも長くは続かない。この木製のベンチは濡れて仰向けになって前のベンチの下につま先を引っかけて腹筋の運動は出来ないがお腹の脂肪も着実に少なくなっている?ホンマかいな。来週血液検査の結果が出れば空腹時の血糖値も下がっている?

それは期待出来ない。体質を変えると言う事はそう簡単な事では無い。それでも意識をして体質を変えようとする思いは芽生えている。口先だけでは駄目だよ。意識を変えろ?それでもその効果を実感出来ればアホでも出来る。そうかな?

Img_7792 Img_7793 Img_7794 Img_7795

雨足が強くなると横殴りの風が東屋の中にも吹き込んで来る。軒下にも水溜まりが出来て来る。それでもこの程度の☂ならそれも又よろし。多くの人は知らないが自然災害の大きさは当事者にならないと分からない。人の思いを遥かに越える大災害が大阪で起きない保証は何も無い。東南海地震の被害は想定を遥かに越える。その時何処でどんな生活をしているのだろう?

Img_7798 Img_7799 Img_7802 Img_7803

☂が上がり六甲の山並みが夕映えに染まる。野球に興味がなければ分から無いが今年もペナントレース(優勝争い)はセリーグもパリーグも熾烈を極めている。何だかんだ言われても優勝するチームは決まっている。

問題はそのチームが日本一になれるかと問われればその確率は30%以下。そのパーセントは低い様に思われるが実際はそう簡単ではない。間違いの無い事は阪神タイガースにはその確率は0に等しい。それでもトラキチ達はそんな常識は信じていない。

Img_7804 Img_7805 Img_7808 Img_7811

「アイ、ハブ、ア、ドリーム」これはアメリカの人種差別運動で暗殺されたキング牧師の有名な言葉だが、人は何の為に生きるのか?そして死んで行くのか?その永遠の問い掛けすら最近は口にする人が少ない。人はパンのみに生きるにあらず。この言葉を知る人も少ない。ツービー、ツービー、ナッツービー。この言葉をとべ、とべ、天迄飛べと笑い飛ばした人もいた?

どう生きるべきか?その事が問われても多くの人は安定を求める。その安定は己の意志に忠実でなくても生きる為にはやむを得ない。この歳になってようやくそんな束縛から解放されて遅い?そんな事はありません。これ迄生きて来た証は残り短い時間が燃やし尽くしてくれる。そんな生き方が出来るのだろうか?その答えは意外に手に出来る?そうだろうか。

Img_7812 Img_7817 Img_7821 Img_7852

山が燃えている?そうではありません。親父の血潮がたぎる?そうでもありません。☂が上がり夕陽が中山の従走路を茜色(あかねいろ)に染めている。最後の写真は今日の近くの秋の空。この後素晴らしい出来事がありましたが今日はここで終りです。早く風呂に入り寝ないと明日の朝は6時半には起きないといけない。新大阪8時4分の新幹線。乗り遅れたらアカンで。

 

| | コメント (0)

地方創成戦略 その陽と陰 そんな物はどうでも良い

Img_7774_20190905140301 Img_7775_20190905140301

大阪駅近くの阪急デパートの一階中央通路。親父達が大阪に来た頃はここ迄阪急電車が乗り込んでいた。今は阪急梅田駅のターミナルはここより手前数百メートルにある。この百貨店も数年前に大改造工事が行わ当時の面影は無い。この観覧車はこのデパート近くのビルの屋上?にある。

大阪梅田は今大きく変わろうとしている?既に変わっている?現実は現在進行形。本当に大変身を遂げるのは3年先。それでも終る事の無い都会の活力。知らないと言う事はそう言う事?それは東京、横浜、名古屋、神戸、福岡、その他多くの年でも例外ではない。

現在多くく変貌している大都会とそれとは対照的な地方。地方でも県庁所在地の市や代表的な街はそれなりの賑わいは有っても一歩その地を離れれば深刻な過疎の地域となる。ふるさと創成とはそんな地域の活性化が大きなテーマになっているがその現実は殆ど知らない。知らなくても関係ない。知らなくても何も困る事は無い。都会も地方もそれぞれが全く違う方向に進んでいる。

| | コメント (0)

2019年9月 4日 (水)

地方は間違いなく深刻な過疎化 その原因は公共交通機関の廃止

Img_7758_20190904213201 Img_7768 Img_7769 Img_7763

昨日の大阪駅前 ヨドバシカメラの家電ビルの奧に大きな高層ビルが完成に近ずいている。ここは高層ホテルとなる。大阪駅前の地下街は何時終るとも知れない大工事がまだまだ続いている。(完成は2年後?)大阪駅北口では大阪北ヤードの2期工事が地下で着々と進んでいる。

現在大阪駅に乗り入れていない関空直行特急と和歌山新宮行きの特急が乗り入れる駅のホームの工事が着々と進んでいる。多くの関西人はそんな事は知らない。そんな事は知らなくてもどうと言う事は無い?確かにその通り。その程度の生き方をしている。数年後大阪駅周辺は大きく変わる。その未来は華々しい?そんな事も関係ない。そうだろうな。

Img_7760 Img_7771

親父達は半世紀前に大阪に来た頃はここは大きな広場だった。この場所の正面にあった大きな阪神デパートは完全に取壊されて現在2期工事の基礎工事が始まっている。大阪の都市交通は当時中心は市電だった。大阪市内隅々迄市電が網の目の様に貼り巡らされていたがその全てが廃止されバスがその替わりを果たしている?いません。

今は地下鉄の路線が多くなっているが市電の様な便利さは無い。現在大阪で路面電車に乗りたければ阪堺線。この電車は大阪の天王寺と通天閣近くの霞町から乗れる。バスは京都程では無いがダイヤ(時刻表)間隔が開いている。

しかも途中から乗ると座れない。狭い。いずれ高齢者は車しか利用出来なくなる。その最先端が田舎のバス路線。田舎の年寄はバスは利用しない。そんな事は無いだろう。便数の限られているコミュニティバス。その便数は極端に少ない。他人事みたいに考えていたがその実態を今週末思い知らされる?

明後日田舎に墓参りで帰省。「故郷は遠きにありて思うもの」これは有名な室生犀星(むろうさいせい)の詩ですが幾つになっても故郷は幼き頃の玉手箱です。その故郷が今、全国各地の山間僻地の村々と同様の結果を辿っている。国鉄がJRとなり一日のローカル電車上りは1本。下りが2本。?故郷の駅は無人駅。その駅を利用する人は限りなく0に近い。

それでも住民(田舎の人)は何も困らない?電車の利用者は0になっても何も困らない。道が整備されて車は一家に2台か3台。近くの街に出るのも何も困らない。しかしいずれそんな暮らしは立ち行かなくなる。車を運転出来なければ生活が出来ない。そうなると生活必需品はネットで注文。配達してもらう。それも出来無くなれば介護施設に入る。(はいる)そこで死ぬ迄生きる。

それでも何も困らない。そんな訳は無いだろう。病気をしたらどうする。怪我をしたらどうする。ボケたらどうする。これから加速する高齢化社会。都会に住んで居ても例外ではない。都会でも団地でも戸建ての家でも年を重ねるとそんな生活が目の前に迫る。それでも深刻な社会問題にならないのはどうしてだろう?それだけまだみんな達者なのだろうか?知らないだけ?関係ないと思っているだけ?

大阪から新幹線を小倉で乗り継いで在来線(日豊本線)で計5時間。その先はバスで16分の乗り継ぎ。そのバスの遅れるとタクシーで5000円。こんな交通アクセスを何とか出来ない。オバカな政府は色々考えているが最大のネックはタクシー業界の利害。そのネックを排除するには利用者の負担をどれだけ少なく出来るか。その知恵はまだ政府も持ち合わせていない。

ふるさと創成とはそう言う事。それでも地方の厳しい現実は如何ともし難い。久し振りにその厳しい現実と向き合う事が出来る。素晴らしいふるさとの山と川。そして豊後水道の絶景は暖かくそして哀しく迎えてくれるに違いない。その報告は金曜日には出来る。

ふるさと九州大分佐伯。そしてお墓のある直川には数年に一度しか帰れない。今年目標にした日本各地の地域創生の現場は殆ど訪問していない。これだけ情報化社会と言われても地方創生と言われてもその厳しい現実はほんの一部しか報道される事は無い。

それも報道番組では無い。旅番組。バスの乗り継ぎ番組。今テレビも4K,8Kの時代とか言われても多くの人は自分の住んでいる地域でも殆ど知らない。その程度の生き方をしている。政治は何も変わらない?そんな事はない。

天下太平の江戸時代でも武士の世の中を変えたのは農民、商人、そして外国の武器。この世の中を変える最大の出来事はそう遠く無い事を賢い人でも知らない。親鸞は悪人でも成仏出来ると説いた。現在の宗教家達はどんな生き方を教えられるのだろう?そんなオバカな事も少しは理解出来るかも知れない?

今回みどりの窓口では割引切符は買えなかった。新大阪ー佐伯間の特急、新幹線の割引は無かったが次の停車駅(延岡)から新大阪はあった。それを買えば6000円の割引。窓口の若い担当に何とか売って下さいと粘ったが駄目だった。

しかしこの親父そんな事では諦めなかった。大阪駅の広い緑の窓口で責任者にクレームと息巻くと担当の女性が携帯でネット割引の利用を手伝ってくれる。本当に優しい女性だった。特別に恩着せがましい所も何も無かった。本当はそこ迄のサービスはする必要も無かったに違いない。時間を取らせて本当にありがとうございました。貴女のお陰でJR西日本のイメージは大きく変わりました。

それでもこれからはネット社会。みどりの窓口の対面乗車券販売はこれから激変する。高齢者はこれから増々肩身の狭い思いをしなければいけない?そんな事はありません。国鉄民営化の最大の目的は何だったのか?その事を風化させてはならない。安全、安心と最大の乗客の心に寄添う企業体質。みどりの窓口の職員はJRの職員でない事を私達は知らない。?

 

 

 

 

| | コメント (0)

関西は季節外れの暑さ?それでも人々の生活は何も変わらない?そん事は無い。知らないだけ。

Img_7702 Img_7703 Img_7704 Img_7705

久々に見るコテコテの大阪。半世紀以上前に見た大阪は今でも変わらない。それでも道を行き交う人は多くは外国人。今、大阪では外国人の取込みに行政(大阪府、大阪市)は躍起になっていると言われているがその具体的行動、サービスは余り感じ無い。

それは親父達が外国を知らないからとも言われるがそうかもしれない。隣の国。韓国は近くて遠い国。行きたいとも思わない。しかし行ってみれば日本とは違う生活習慣と豊かで貧しい暮らし向きも見れるに違いない。韓国人が日本を嫌う感情がどの程度のものか知らないが一国の代表者が何時迄も過去の事を口にしても国民感情は何も変わらない。

そうでは無くてその余りにも嘆かわしい歴史を乗り越えて豊かな国と国の関係を造り出す事は出来ないのだろうか?自分達の貧しさを棚に上げて豊かでもない国の批判をしても何も生まれて来ない。それよりも自分の国の余りにも酷い(ひどい)人々の生活を豊かに出来ないのだろうか。

報道機関の責任は今又(いままた)問われているがその程度の解説も出来ない。約束が守れない国?現在の対立の原因は政権の対立?韓国の大統領がどんなに日本を非難してもこの国は対応を替える事はしない。多くの国民がそう思っている。そんな酷い国をいくら批判しても国は繁栄しない事を何時感じるのだろうか?

それは政権崩壊の時迄続くのだろうか?日韓関係の悪化で困っている人達は為す術も無い?政府の対応はこれ程に拙くても日本の報道期間はその厳しい対立の原因を説き解す(ほぐす)事は出来ない?自分達の生活に影響が及ぶ事は無い。その程度の認識です。?

Img_7706 Img_7707 Img_7708 Img_7712

ここは何処?流石にそんな事は言わないでしょう?ここは大阪のシンボル?法善寺横町の水掛け不動。正式名所は多くの人は知らない。その写真もバッチリ撮って来ました。この場所は何度来ても良く分からなかった。それ程に狭い路地裏。

団体さんが来ると身動きが取れなくなる?何時来ても多くの人でゆっくりとお参りは出来ない。昨日は例外でした。写真を撮っていた同年代の親父がドターと倒れる。横倒しになりながら言い訳をしながら立ち上がる。ムービーカメラは手放していなかった。

他の人が声を掛けていたので素知らぬ顔をしながら内心馬鹿にしていた。コラ。アンタも他人事では無い。お不動さんに睨まれていた。確かにこのお不動さんは手前の柄杓(ひしゃく)水を掛けられるがそのしぶきが手前の石畳の上に飛んでいる。そこで滑ったのだろう。お陰様で場所が良く分かりました。ここから南海難波の駅は近い。

Img_7713Img_7714Img_7719Img_7728

確かに良く見ると西に向かい人々の豊かな暮らし向きを願っている。多くの大阪人とこの地を訪れた人が願いをかけたお不動さん。最近はそんな優しい心根も多くの人の心の中から消えている?そんな事はありません。世の中には声の大きい人と小さい人がいます。

世の中の出来事は声の大きい人の影響で左右されると思われています。しかしそうでは無い事を何時思い知るのでしょう?それは間も無い事をここに来れば分かるに違いありません(笑い)アホか。それでも日々の生活は何も変わらない。そう思うでしょう?ところがそうではありませんでした。

Img_7722 Img_7723 Img_7724 Img_7729

串カツは食わなかったけれど看板の親父は(食うべきか食わざるべきか)問い掛けていた。(嘘をつけ)この時点では空腹感が無かっただけ。あったとしても串カツの選択は無かった。この後南海高島屋の前の御堂筋をウロウロして大阪駅に引き返す。大阪駅では穴場の緑の窓口で九州大分佐伯の往復切符を買い求める予定だった。穴場とはどういう事?並んでいる人が少ない。

Img_7732 Img_7734

大阪に来て初めて粉もん(大阪ではお好み焼きの別名?)でこんなに美味しい物があるのかと思ったお店の本店。数年前に期待して昔の面影を期待したが見事にその思いを覆される。待たされて冷たい。冷凍を素人の店員が解凍?そう感じていた。しかしそれも親父の勝手な思い込み。そんな事を知らなければ美味しいお好み焼きが食える?二度と足を踏み入れてくれなくても構わない?だろうな。

Img_7735 Img_7737 Img_7738 Img_7739

御堂筋難波の大阪歌舞伎座は数年前(7〜8年)に移転してこの場所は大型ホテル、コンベンションホールの高層建築物が来年完成する。しかしその外観は以前の歌舞伎座の豪華さは無かった。鉄筋コンクリートではその再現は難しい?この建物設計の建築家は全国的に有名でもお金の掛け方がセコイ?そんな感じが拭えなかった。(余計なお世話)確かに。

Img_7748 Img_7744

Img_7746 Img_7749

この場所は御堂筋の車道の一部を潰して歩道を広げてヨーロッパのカフェの雰囲気を出そうとした所。お役所仕事ではなくここはおおさか維新の市長の肝いりで大々的に金を掛けて整備した所。ところが今はその面影が全く無い。歩道は広くなっても街に魅力が無ければこの有様。

大阪の街の魅力はこの程度では無いだろう?そんな戦略が役所には無い。ここを整備した時のあの勢いは何も感じられない?そん事もどうでも良いのだろう。大阪市まちづくり観光課に聞いてみますか?とぼけるに決まっている。とぼける事は無かった。丁寧に担当部署を紹介してくれる。それでも話をしてくれたのは担当者。個人的な意見はどうでも良い。(お互い様)

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

久々の大阪観光局 コテコテの大阪 それにしても暑かった 眩しくてサングラスが要る(笑い)

Img_7683 Img_7682 Img_7681 Img_7680 Img_7684 Img_7685

大阪心斎橋大丸百貨店はただいま改装中。昔の外壁は残している。(御堂筋側)この北隣は以前の松阪屋。現在は大丸北館?この本館(南館)が完成すると現在稼働中の北館の改装予定。余計なお世話だがそれだけの投資をしないとこれからの生き残りは出来ない?大阪を代表する百貨店業界は北では現在阪神百貨店が懐かしい建物を取り壊し2期工事を進めている。

Img_7753 Img_7754 Img_7755 Img_7757 Img_7758 Img_7759

今日は大阪観光局で韓国人観光客の現状の話を聞く。丁寧な話を聞きながら大阪でも深刻な状況が発生しているとは感じられなかった。今週末墓参りで規制する大分湯の町別府では韓国人観光客の激変で深刻な状況が発生している。ところが関西ではそんなニュースは殆ど流れない。

尤もらしい公共放送とオチャラケの民放。何処かの芸人が民放を舐めるなと大声を出しているが国民は完全にあっちむいてホイとコケにされている?そんな賢さもない?ここは大阪駅前。この工事は何時迄続くの?何の為の工事?地下街の通路を広くする本格的な大工事。大阪駅に来た観光客は眼を白黒させて通り過ぎている。

Img_7686 Img_7687 Img_7688 Img_7689

ここは長堀川を埋め立てた後。親父達が大阪に来た半世紀以上前はここは汚いドブ。川の水は既に塞き止められて汚い用水路にも成っていなかった。そこが綺麗に整備されこの道路が東西に大阪市内を貫いているがこの辺りは地下街と駐車場になっている。その運営は大阪市の第三セクター(大阪市の外郭利権団体)が当初運営していたが今はその経営は破綻して民間に払い下げられている?

疑問符が付くのは良く分からないから。大阪市の責任部署に聞けば当然そんな事はありませんと明言されるが、大阪市、大阪府の役人達が行った全ての事業は破綻して第三セクターの多くの事業は民間に運営を移管している。ここはクリスタ長堀と立派な名前が付いているがそんな事は殆ど知らない。ウィキペディアで検索してみますか?知らないと言う事はそう言う事。

おおさか維新の会がどんなに勇ましい事を言っても大阪市内の改革の実態は遅々として進まない?それでも彼らの言葉勇ましい?大阪自民党、大阪共産党、大阪労働組合支持の政党は完全に叩き潰されて今は公明党が支えるのみ?大阪維新の影響力は大きい。関西ではそんな勇ましさが支持されるのだろう?阪神タイガースの熱狂的な応援は政治の世界でも同じ。アホやんけ。全く。

Img_7691 Img_7693 Img_7694 Img_7695

久々の心ブラ。この言葉も今は死語?。心斎橋ブラブラ。大丸百貨店のシンボルマークがピーコック(孔雀)と言う事は多くの関西人も知らない。大丸創業者がこの建物をこの地に建てた時、この生き物が羽を広げた姿の美しさに感動した気持は現在人には分からない。

孔雀の羽を広げた美しさは真言密教の神秘性にも繫がる?そんな事を体感出来る動物園も大阪には少ない。我が街の動物園はウオンバットの愛くるしさで子供達の人気を集めているが孔雀も是非飼育したい。園長の手腕に期待しても無駄かな?

何しろ入園料がただだから?孔雀を番(つがい)で飼育するのは難しい?孔雀の神秘性は動物園では見せる事は無理かも知れない。真言密教の総本山高野山でも飼育小屋は無かった気がする。東寺ではどうなのだろう?そんな事は考えていない?アホか。

Img_7773 Img_7774

Img_7775

こちらは阪急梅田の火の鳥?この観覧車に一度乗った事があるが梅田のデートコースにはお薦め?親父はデートではなかったけれど。行列が出来ていてズルしたと言われた事を思い出すがそんな気持は全く無かった。ただ高所恐怖症の親父は真下はよく見ていなかった。街中の観覧車。大阪人のアホさと独創性?今でも混んでいるのかな?

Img_7696 Img_7698 Img_7699 Img_7700

道頓堀。この堀は秀吉の命で大阪南東部の商人が完成させている。大阪城の西からこの先安治川に繫がっている。川下にも川上にも水門があり水位はコントロールされている。ここに戎橋が掛かっているがオバカなトラキチはここから以前飛び込んでいた。今はその対策が取られているがそれでも(けちゅうら)「大分県の南部の方言でお調子者その代表」は警察の静止を無視する。

おおさか維新の初代代表?はここの水質を改善して大きなプールを観光の目玉にすると大ボラを拭いたがお金が掛り過ぎて実現していない。それ程にここは汚い。ただ水質は改善されて観光船が短い距離を運行している。今日はその船も見当たらなかった。

| | コメント (0)

民放を舐めるな?アホこけ 役目はオチャラケ?生き方を変えろ

Img_7657 Img_7655 Img_7658 Img_7659

Img_7660 Img_7662

久し振りの五月山山麓 百日紅(さるすべり)の花も今が盛りの時?暑い暑いと思っていた季節がこれから段々と涼しくなる。季節が変われば生き方も変わる?段々生活のリズムが変わる。今週末は田舎に帰って墓参りをするので早起きをしないといけない。その為に早寝早起き?それでも8時に起きていては話にならない。これから心斎橋に出掛けます。

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

早起きは三文のトク まだ実感は無い それでも起きる時間が元に戻すつもりは無い。アホか。

Img_7601 Img_7602 Img_7603 Img_7604 Img_7605 Img_7606

今朝は朝9時に起きた。明日は11時に大阪観光局の担当と合う約束をしているのでその予行演習。眠い。アホ。最近はすっかり夜型人間(寝るのが3時過ぎ。起きるのが11時過ぎ)になっているので体を正常に戻す?今週末は大分の田舎に帰るので起床時間が早くなる。

その為には寝る時間を早くする。今夜は1時前には寝ないといけない。9時起床。10時前の電車に乗れば約束の時間10分前に到着する。(大阪心斎橋一番北の出口?)Googleマップで確認しないといけない。

大阪は外国人観光客の取り込みを積極的に行っていると言われているがその実態は良く分からない。九州大分、佐賀、長崎は韓国からの観光客が反日感情で激減(7割減と言われている)しているが大阪はそんな気配はまだ見えていない。

しかしそんな事は関係者でも良く分からない。その話を聞きに行く。そんな話を聞いても関係ない?そんな事は無い。大阪南の繁華街では韓国人観光客が多い。大阪観光局の現状認識、将来予測を知れば大阪の観光客の流れが良く分かる。そんな事を知っても一銭の得にもならない?それは言える。(笑い)

Img_7607 Img_7609 Img_7610 Img_7611

今月末迄に綺麗にすると行政の地域分権、協働課の担当が大見得を切った緑地帯が着実に綺麗になっている。お見事と思いながやっぱりと思う事はこの極端な違い。近くの花屋の親父さんに聞いて見ると綺麗になっているエリアは石の彫刻が置かれている所。ここは今まで通り?そんなアホな。そんな事を許すされる訳が無い。それとも最後のドンデン返しが待っている?どうかな。

そんな事はどうでも良い。そうは行かない。この道は我が街の顔。この歩道はそのシンボル。その事を市役所と土木事務所の担当者に実践してもらわないといけない。その事がまだ本当には理解されていない。その証拠が1枚目の車の停め方。ここは軽でも歩道にはみ出す。乗車は駄目だと土木事務所と警察は指導も出来ない?2枚目の写真。警告の表示も無視されている。

Img_7612 Img_7615 Img_7614 Img_7616

この対照的な歩道の整備。この歩道の右は車道。左は民地。この対照的な整備は役所の担当が違う。この歩道の管理は市と言い切った土木事務所の管理責任は所長の責任迄問われる事を担当部署は認識していない。担当課長は改善を約束しているがこの場所を綺麗にする権限を発動するのは容易では無い。その事がそろそろ問われる。?問われない?

Img_7617 Img_7618

Img_7619 Img_7620

この写真だけを見せられても分から無いがこの綺麗になった場所にはこれから綺麗な白と黒の小石が敷き詰められる?ここは石のモニュメントが置かれている。それだけでもこれ迄の歩道とは大きく変わる。ただモニュメントが置かれていない所はそのまんまかい無い?それでは綺麗な歩道とは言えない。その工夫がこれからです。

Img_7621 Img_7622 Img_7623 Img_7624

Img_7625 Img_7626

この建物の前のバス停のベンチ。公共施設の立派な建物でどんな仕事をしているもか知りませんが知らなくても関係ない。この場所でベンチに座ってバスを待つ人は殆ど居ない。しかしこれからはそうは行かない。高齢者の優しいバス停。その為にはここをこぎれいにする。その程度の認識も持てなくてどんな立派な仕事ができるのだろう?いずれ取材対象?アホか。

Img_7627 Img_7628 Img_7629 Img_7630

女人高野(室生寺)と万葉の里。観光バスでどんな市民が巡るのだろう?室生寺奥の院の階段をこの歳になっても上がれるだろうか?しかし季節的には10月より11月。11月より12月の方が趣がある。今年は立派な景色を眼に焼き付けますか?一人で近鉄の駅から歩くのは余りに切ない。誰か口説きますか?そんなお友達は居ません?嗚呼。

Img_7631 Img_7632 Img_7634 Img_7635 Img_7636 Img_7637

素晴らしい芝生広場が出来上がっている。この素晴らしい芝生広場をただで誰でも走り廻れる。この状態を造り上げる迄にどれだけの労力が求められたのか?そんな事は多くの人が知らない。この素晴らしい芝生は管理している人のお陰でこの状態が保たれている。その事を理解出来る人は多くない。関西で一番の芝生広場を多くに人はまだ知らない。

Img_7639 Img_7640 Img_7643 Img_7644

入場料無料。但し公園内自転車の乗り入れと犬猫の散歩は出来ない。芝生を痛める激しい運動も歓迎はしないが注意はされない。白い眼では見られるが。それでもマナー違反は少ない。それだけ手入れが行き届いている。綺麗な物は簡単に汚す事は憚る。(はばかる)ところがいずれそんな輩は出て来るに違いない。その時はどうするの?自分で考えさせる。ほう。

Img_7645 Img_7647 Img_7648 Img_7649 Img_7651 Img_7652

| | コメント (0)

今週は早起き?生活のリズムを変える?三文の徳が手に出来るかな?(早起きは三文の徳)

Img_7493 Img_7495 Img_7496 Img_7497

昨日は競馬中継を音声を消してチラ見をしたいたので出掛けたのは夕方。チャリで猪名川をサイクリング。伊丹の駄六川の近く迄。そこから引き返す。駄六川は伊丹のお酒を積み出した川と言われているが今はその面影すら感じられない。

川の名前も多くは知らない。そんな歴史は知らなくても伊丹に住める。9年前の春、いい年をして下心(したごころ)を抱いた喫茶店の娘も今はお店を出しているのだろうか?そんな事は全く知る由もない。余計な事を言って徹底的に嫌われた。

それも今は良い思い出?とんでもない。不快な思い出(笑い)人生とはそう言うもの?そうでも無い事を期待している?全然。日々新た。そのうち老い朽ちる。まだまだ?来月には後期高齢者。少年老い易く学成り難し?孔子の言葉かな。

親父的には飽くなき好奇心が若さの秘訣と思っている?その若さもこんな間抜けさで逆なでされる?ここはスーパー堤防の下。下の道は市道。オバカな桜の育樹の事業がこの様?草取りも出来ない管理が問われる事は無い。

Img_7499 Img_7500 Img_7501 Img_7502

この上は中国自動車道と国道が平行して走っている。一見緑の草が風になびいていると思われがちだがそうでは無い。背の低い植樹帯の中に草が伸びている。この無様な管理をしている行政は市役所。彼らはそんな事はどうでも良い。

Img_7503 Img_7504 Img_7508 Img_7510

ここは堤防の上。左を市道が通っているのでこの草刈りは市の責任。昨年もこの有様だったが何処が管理しているのか分からなかった。普通に考えればここは堤防の上。当然この場所の河川管理者は国土交通省猪名川河川事務所。ところが堤防とその法面(のりめん)の管理は園田出張所の管理。しかしここは左が市道の為その一部を市が管理する事になっている。

お役所仕事。こんな所に市道を造っても通行車両は限られている。その為に堤防の上の草刈りを市がしないといけない。その担当も道路管理課。草刈りは指定業者。即対応は出来ない。それでも市民は何も困らない。その程度の生き方をしている。

Img_7511 Img_7513 Img_7517 Img_7518

この場所の草刈りを昨年も関係部署をタライ廻しをされたのは1年前。それが何も変わらない。この現実も多くの住民は知らない。

Img_7520 Img_7521 Img_7522 Img_7524

Img_7591Img_7527

 

| | コメント (0)

2019年9月 1日 (日)

今日から9月 今年も残り4ヶ月 どんな生き方が出来るの?今年の目標の仕上げ?出来るかな。

Img_7387 Img_7388 Img_7389 Img_7390 Img_7391 Img_7394

ここが猪名川の堤防?違います。ここには堤防が無い。嘘だろう。本当です。左のコンクリートの上は私有地。常識的にはその土地を買い上げてここに立派な堤防を築かなければいけないがその必要は無い?この河川管理のコンクリートの洪水対策の道がその役目を果たしている?

ところがこの水辺の草木の放置。コンクリートの無様な有様。ここは毎年2回草刈りと清掃が行われると言われている。誰に?知らないだろう。河川管理者の宝塚土木事務所。こんな無様を晒しても行政の批判は受けない。何でや?これで何も問題ない。

地域住民も行政(市役所)も想定外の自然災害を想定していない。今回も問題を提起してもとぼけるだけ。いつかその代償を払わされる。それでも頭を下がれば済むと思っている。アホやんけ。公共放送でもこの様は何も報道しない。

Img_7392 Img_7398 Img_7399 Img_7400 Img_7402 Img_7401

近くの叔父さんがコンクリート上の弦の葉っぱを切り落とし水辺の草をハサミで切っていた。しかし持っている道具では大きな木は切れない。それよりも危ない。親父さんの歳を聞くと何と80歳。こんな元気な叔父さんに正当な対価を払ってどうして綺麗な河川管理が出来ないのだろう。

公共放送が尤もらしく解説する元気なお年寄りの働き方改革?今日は防災の日。この程度の事が出来無くて尤もらしい事を言うな。アホンダラ。来週、即、綺麗にさせる。誰が?何処かの黄門ちゃま。居るのかな?居る筈が無い。そうかな?見てろ。

Img_7404 Img_7405

この先には進めない。この草木を綺麗にしてもその先は川がその上の崖の下迄迫っている。当然先には進めない。この道から道路に出る。この道(突き当たり)には歩道は無い。階段を上がると車に撥ねられる(笑い)そんな無様な事はしない。車の通行を確認して右に進む。

Img_7408 Img_7409 Img_7410 Img_7412

この道は旧街道。右に能勢電が走っている。この道は交通量は多い。その為にこの右側の丘の上にバイパスが出来ているがそれでも一方通行に出来ない。一方通行にすれば安全な歩道を確保出来るが地域の人の合意が得られない。地域の人よりもこの道を利用しているドライバーの支持が得れない。当然。左の猪名川の反対側にも立派な道がある。ここを一方通行にしても何も困らない?そんな事は無いと反対される。その合意を形成する市会議員もいない?

Img_7413

市会議員も行政も地域の人達もその程度の事は理解している。その為この場所の踏切の大きな段差は解消している。それでこの場所の踏切の車の流れはスムーズになっている。確かに。しかしこの道は一方通行にしなければならない理由はこの先を歩いて見れば良く分かる。

Img_7416 Img_7417 Img_7418 Img_7419

この先の渋滞は朝夕だけでは無くなっている。いずれ大きな事故が間違いなく起きる。それ迄は歩いて通行する事は自殺行為である事を思い知らないといけない?警察の看板は何も無い。彼らの責任も問われる事は無い。川西市、川西警察は何をしているのだろう。この道が県道から市道になる。この右下は猪名川。しかし今日の土木技術を持ってすればこの狭い道も簡単に拡張出来る。それでもそんな予算は確保出来ない。行政(市の道路管理)にはそんな予算を組めない?

Img_7422 Img_7423

狭い道のガードレールを覆う草。この道を市が管理する。どんな面をしてそんな事が言えるのだろう?この草を刈っても歩道は確保出来ない。それでもこの先を進む。流石にそれは出来無い。この先は能勢電の下を潜るガードがあるので道は狭く蛇行して見通しが悪い。見通しが良くても正面から車がやって来る。どうする。左側に進路を変える。オイオイ。

歩道の無い対面通行の道の歩き方。信じられないがこれが安全。流石にそんな看板は何処にも無い。歩行者は右側通行が原則。街中でも左を堂々と歩いて除けないオバカが居るが子供でも出来る事を大人が出来ない。しかしこの先はそれが出来ない。ルールを守ると車に撥ねられる?そんなオバカな交通安全管理も出来ない行政と警察。それでどうするの。左の路肩を歩く。

後ろから来る車は流石に前を歩かれると除けるしかない。それでも撥ねられる可能性はある。この先数百メートルで歩道がある。そこ迄は駆け足で車の間を走らないといけない。有難い事にそれ位の体力はある。なければ引き換えすしかない。そんな案内は何処にも無い。勝手知りたる道だからそんな事が出来るのだろう?それでも2度と歩く事は無い。バスが通っている。

Img_7426

草ぐらい刈れ。その程度の道路管理も出来なくても市道。警察は何をしているの?関係ありません。だろうな。

Img_7429 Img_7430 Img_7431 Img_7433

この先に猪名川を渡る橋がある。銀橋。この橋が完成した時には地域の人達は大歓迎だったと言われている。今でもその橋は立派に活躍して車の通行量も多い。ここで右折する車が多いと言う事は直進する旧街道沿いの車は少ない。と言う事はこの道が迂回路になっている?そんな交通量調査は行政はしていない?警察も同じだろう?この道は殆どが知らない?

Img_7434 Img_7435 Img_7438 Img_7439

本日の目的地「多田神社」以前この道は歩いた事がある。この道は猪名川沿いの旧街道。今はその面影が無い?しかし猪名川沿いの狭いこの場所は昔は景勝地だった。猪名川の水が段差を流れ落ちている。この場所は地名が中々読めない。その事は今でも変わらない。何処かにその表示は無いかな。その場所を探していた。

Img_7441 Img_7442 Img_7443 Img_7445

12号線(旧街道)はこの右下を通っている。その先がこの農地。時代の流れに違いないが専業の農家は激変し稲作をしている農地は少ない。多くは貸農園。その農園も荒れ始めている。儲かる農業?何処かの政治屋さんが言っていたが現実は全く違う。そんな報道も殆ど無い。それでも日本の農業は希望が残されている?そうだろうか?田舎に帰らないといけない?無理だな。それでも来週の今日は墓参りは終えている?

Img_7448 Img_7449 Img_7451 Img_7452

目的地の多田神社はこの川向こう。その川は猪名川。この川の全長は40数㌔。(正確にはウィキペディアで見て下さい)この川の源流近くで見た川の流れが清流。しかも激流。その近くをバスは通っていたが今は歩くか車でしかいけない。その川が源流から数㌔足らずで水質は汚れる。それでもこの豊かな実りは感動です。

Img_7454 Img_7455 Img_7456 Img_7457 Img_7458 Img_7459

ここにも堤防は無い。この上流に多田神社に渡る御社橋(みやしろばし)があるがここには何故か堤防が無い。あるのは竹の自然の堤防。こんな堤防で長い間洪水に見舞われていない。その理由は水位が上がらなくなったから?だからこんなオバカな看板が罷り通る。叱られるかも知れない。堤防の建設反対?しかし何時迄もそんな言葉は口に出来ない?

Img_7460 Img_7461 Img_7462 Img_7464

右上の赤い橋が御社橋(みやしろ)この赤い橋が何時架けられたのか忘れたが橋の幅は狭くて車はすれ違う事は出来ない。それでも一方通行では無い。どちらからでも通行出来る。しかし対向車が見えたら必ず橋の手前で待避をしないといけない。それをしないで車を乗り入れるとお互いが睨み合いをしないといけない。一度その交通整理をした事がある。

Img_7473 Img_7474 Img_7467 Img_7469

この場所はその赤い橋の下流。半世紀前にこの辺りは洪水で水没している。その時にどうしてこの辺りに立派な堤防を築かなかったのかその理由は分からない。当時は100年に一度の大雨だから仕方が無いと思われたのかも?その見方は結果的に当たっているが近くの堤防は整備されている。この辺りももう一度洪水に見舞われればこの侭には出来ない?

Img_7475 Img_7482 Img_7486 Img_7487

立派な堤防と歩道が完成している。しかしこの歩道自転車は通行禁止。嘘でしょう。嘘では無い。この写真を見れば分る。折角の堤防と道路が整備されても肝心の歩道が狭い。この歩道が後1メートル広ければ自転車も問題なく通る事が出来る。そんな道が造れない。そんな事は無い。堤防を川側に張り出せば良い。その程度の道路設計が出来ない。間抜けな工事です。歩行者は殆ど居ない。

Img_7480 Img_7476 Img_7477 Img_7478

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »