« 人の事を言う前に己を正せ そう言いながらとぼけている | トップページ | 働き方改革 生き方を変えると言う事?変わんねえな »

2019年1月17日 (木)

同一労働 同一賃金 誰が何処で評価しているの?その程度の事も分らない?

Img_7204

Img_7205

Img_7206

Img_7207

久し振りに見る(箕面の森案内板)この近くの森だけでなく全体を表示しているので何の役にも立たない看板?そんな評価は誰もしない?どうでも良い?ここ迄歩いて来た人も殆どがここから引き返すから?折角この先素晴らしい杜が在るけれど、この看板を見ただけで引き返す。(引き返さなければならない)どうして?行き先は自分で決めていないと歩けない。確かに。

Img_7208

聖天展望台からの神戸方面。今日は見通しは良く無い。それでもこれだけの視界が広がるのは大気汚染が改善されているから。大気汚染の対策は簡単ではない。その事を世界第二と言われる経済大国は知らない。私達は石炭火力を排除出来ない?そんなとぼけた事は言えない。

そうは考えていない?その代償は多くの国民が公害病で苦しめられても関係ないととぼけたこの国の歴史が証明している。その程度の事も中国共産党指導者にとって教訓にはならない? インドも全く同じ?この国は貧し過ぎてそんな事は全く問題外?国の指導者はその程度のもんだろうか。

Img_7209

こちらは大阪湾方面。ゴミ焼却場の白い煙がたなびいている?その左の高い建物がWTC?大阪南港埋め立て地の景色も殆どの大阪人は言う迄もなく親父も多くは知らない。その証拠がこのビルの名前。この高いビルで多くの大阪府の職員が働いているが大阪府庁の移転は出来ない。その理由もとぼけている。そんな事も大阪府民は知らない?それとも同意している?そんな事は無いだろう?

Img_7211

近くに次の展望台が見える。望海展望台。近くに見えるがそこに辿り着くには右側の尾根の中を歩かないといけない。その道は始めての人は歩けない。どうして?先程見た地図ではその道筋と所要時間、その先の急な階段の案内が全く無い。始めての人は歩けない。親父もそうだった。

Img_7212

Img_7213

Img_7214

Img_7215

この尾根は谷向うの尾根。この尾根も登る事が出来る。ただ道は整備されていない。途中迄登り上から降りて来た人と引き返している。道は整備されていないが尾根道は開けているが行き先案内が何も無いので、一人では歩かない方が良い?何時かガイドと共に登り詰める?どうかな?

Img_7216

Img_7217

Img_7218

Img_7219

遠くに見えるのは大阪湾。夕暮れが迫るから見通しが悪くなっているのではなくこの時期の冬の景色。以前はもっと大気が汚れていたが今はこの程度の見通しになっている。中国共産党政権がどんなに自国の宣伝をしても商売の都ではこんな景色はお目に掛かれない。正面の道は車道。

こんな道を何故切り開いたのか?それは歴史家に聞いてもすんなりとは応えられない。行政はその程度の仕事しかしていない。この道も地域活性化の為に開かれた?ところが皮肉にもこの道は観光目的の道?地域振興には何の役にも立たない。地域振興の道はこんな道ではない。2車線でカーブが少ない道。そんな道はここには無い。それでも何の批判を受ける事もない。

Img_7220

Img_7221

Img_7222

Img_7223

この道を始めて覗き込んだのは相当前になる。正確には思い出せないがその時はこの道を歩かずに車道を歩く。この道は歩道のスペースも取られいていない車専用道。右を歩いていると正面から車が近寄って来る。下手な運転しか出来ないドライバーに限って直前で大きく舵を切る。

始めて歩く時は怖いが慣れるとその対応が取れる。そんなオバカな歩行者はいない?しかしそんな歩き方が出来ないと車道のみの道は歩けない。どうするの?ただでは教えられない。アホ。親父も反対の経験をしているが車の運転手はその多くが前は眺めているだけ。

歩行者がいると認識していない。そう思えば歩行者にもやらなければいけない事がある、それは足を止め出来るだけガードレールに近寄り両手を添える。つまり半身になって車と向かい合う。その程度のパーフォーマンスをドライバに見せないといけない。

その程度の歩き方が出来なければ撥ねられても仕方が無い?そんな歩き方は出来ないだろう。だからそんな道は歩けない。(歩かない)ここではそんな必要は無い。この山の中の道を歩く。障害物は取れ払われ木の階段も出来ていた。ただそれでも始めての人はこの道は歩けない?その程度の事が分からない。

Img_7224

Img_7225

Img_7226

Img_7227

この溝を始めて歩いた時も不気味だった。こんなに明るく無く木々が生い茂っていた。その木々が枯れ、強風でなぎ倒されると景色はすっかり変わる。足元も整備されている。この整備は誰が行ったのだろう?それは今日、市役所で教えてもらう。

ただこの辺りの継続的整備は期待する方が無理?そんな感じがしていた。関係者が多すぎる?船頭が多過ぎてそれぞれが勝手な事を言えばうまく事は進まない。その評価を誰がするのか?市長の意見を聞かないと分らない。これは何処でも同じだな。

地域の活性化。地域医療の改善。少子化対策。高齢者対策。今日は全く違う話。テレワークの推進の現状を総務省の管理職に聞いてみる。これから多いに推進しなければならない問題は働き方改革?ただどんな働き方が求められているのか?多くの人は知らない。アナタもね。確かに。

Img_7228

Img_7229

Img_7230

Img_7231

この森のハイキングコースはこうして歩けるコースは確保されていた。それ以上の事は難しい。公園管理課のプロからそう言われていた。ただそうはっきりと言われる事には同意が出来なかった。そうでは無くて現状を改める。それは姿勢だけで良いから示さないといけない。それが大事な仕事。そんな余計な事を口にしていた。そんな事を指摘する人は多く無い。?

Img_7232

Img_7234

Img_7236

Img_7239

ここでようやく尾根を登り詰める。この先はレストランと宿泊施設。

Img_7240

Img_7241

Img_7245

前は大阪府の外郭団体?が運営していたが採算が悪化して完全民営化?景色は大阪平野が一望出来て素晴らしいが設備の老朽化は如何ともし難い?近年中に建て替えられる?そうなると人気は今以上に高まる?箕面温泉スパーガーデンが大江戸村グループに買い取られて人気が復活した様に行きますか?それは分らない。今日のテーマは同一労働、同一賃金。も少し待って下さい。

Img_7244

Img_7246

Img_7247

この先は林道。林道の名前は在るが現在は通行不可?歩行者もかい?そう思いながら2重のチェーンを跨ぐ。この林道を管理しているのは箕面市?それとも大阪府?そんな事も多くの人は知らない。そんな事もどうでも良い?知らないと言う事はそう言う事?この先で引き返す。その理由も明解だった。これは今日の話ではない。引き返した理由は日が暮れるから。(笑い)

Img_7248

Img_7249

Img_7250

Img_7251

左に行けば(望海展望台)こちらに行けば引き返す。事実。昨日はこの道を引き返す。この展望台は滝道から400メートル急な階段を登らなければいけない。当然親父の様なメタボな体質は苦しい。その道を下る。苦笑していた。春になる迄にもう一度この急な階段を登り、目的地(ビジネスセンター)迄歩かないといけない。その為にはそれに耐え得る体力が求められる?

Img_7252

Img_7253

Img_7255

Img_7257

この崖の下を府道が通っている。この場所で崖崩れが起きたのは数年前。その補修工事で済んで間もなく崖の上の大木が枯れて来る。これはどういう事?それは何も明解にされていない。数年後にはこの多くの木々が枯れる。その時は切り倒されるだけ。そしてこの崖は更に崩れ易くなる。そんな事も関係ない?確かに。そんな生き方をしている。

Img_7258

Img_7259

Img_7262

昨年夏の台風の強風で箕面から茨木そしてその奥の山の被害は甚大。しかしそんな事は殆どが知らない。今年の春の杉花粉の被害はこれ迄とは大きく激変する?山は私達の健康と日々の生活に大きな関わり合いを持つ。そんな事も知らなくても生きて行ける?確かに。しかしそんな生き方は何時迄も出来無い事は言う迄もない。

Img_7263

Img_7264

Img_7265

ここは倒木の墓場。この景色は関西の大手報道機関では見れない。今日は阪神大震災の24回の鎮魂の日。確かに何時迄も忘れる事の出来ない悲惨な記憶は忘れる事は出来ないが、それ以上の悲劇が目前に迫っている。その事を忘れていないか?危機を煽るなと叱られる?そんな事は無いだろう?知らないと言う事はそう言う事。すっかり枯れた木の株が叫んでいた。

Img_7267

Img_7268

Img_7269

Img_7274

Img_7288

この凄まじい生命力?それも長くは保てない。土砂が崩れ落ちればこの樹もオシマイ。昨日はこの先で引き返す。この先は戻って来た事はあるが進んだ事は無い。その理由はこの林道の出口は滝道の遥か上。そこから引き返して来るのは体力(脚力)が求められる。その自信が無いからだろう?

それも今春達成出来る?そうなれば少しは役行者に近づける?まだまだ。あのう?タイトルの話はどうなるの?同一労働。同一賃金。そんな物はあり得ない。そうでは無い事をこの先で教えられる。でもその話は明日になります。エー?止めて下さい。又明日。

 

|

« 人の事を言う前に己を正せ そう言いながらとぼけている | トップページ | 働き方改革 生き方を変えると言う事?変わんねえな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同一労働 同一賃金 誰が何処で評価しているの?その程度の事も分らない?:

« 人の事を言う前に己を正せ そう言いながらとぼけている | トップページ | 働き方改革 生き方を変えると言う事?変わんねえな »