« 年末寒波 来年の生き方が暗示されている?金を使わない生き方?そんなアホな | トップページ | 今年も後3日 テレビを見ない静かな師走  »

2018年12月29日 (土)

今年の格言 (必死に生きるな)対決は誰も好まない?

Img_5948

Img_5949

Img_5950

この階段自転車はどうやって下りるのかな?そんな事はどうでも良い?高齢者はいずれこの階段を降りられなくなる?その心配もありません。そんなジジババはこの橋を歩く事は無い。そんな時代になっている。親父も後10年もしないでそんな年になる?なる訳が無い。

三浦雄一郎の現在の歳になるだけ?そんなに丈夫な生き方は出来ない。そんな事をつぶやきながら湯豆腐を喰らう。これで年越しの食い物は決まりだな?むげねえのう?全然。紅白も見ないし「でえく」(第九)を聞きながら過ぎし1年を回顧する。アホやのう。全然。今年は蒲鉾も食えない。当然です。

Img_5951

Img_5952

この木何の木、気になる木?木にはなりません。多くの現在人は知らない今はその美味さも知らない人が多い。ヒントは写真を見れば良く分かるが、その程度の存在感になっている。この特産品がスーパーに並ぶ事は在っても今年は買い求める事は無かった。

冬になるとミカンを一箱大箱で買っていたオカンを思い出す。昨日兄貴と大げんかをした墓の中で笑っている事だろう。来年は必ず墓参りをします。今年は年越しの讃岐うどんは食えても(豊後牛)のステーキは食えない。田舎に帰省していた頃はオフクロが美味いスキヤキを造って呉れた。

そんな贅沢な年越しは出来ない。嗚呼。これも自業自得。来年は生き方を変える。出来るかな?出来なくても思いが変わると生き方は一新する?そうかな?その事を問われている?全然。必死の思いを変えて淡々と生きれば良い?そんな生き方を久し振りにしてみますか?出来るかな?忘れているかもしれない。

Img_5953

Img_5954

Img_5955

この道は猪名川の堤防の上を通る県道?隣町が管理していると思っていたが県道なら土木事務所。この道は歩けない。その理由も殆ど知らない。これだけの広い空き地は在ってもここは私有地?だからガードレールはこの土地の外にある?この道の管理を隣町の管理者に聞いても分から無かった。

当然この道は直進出来なかった。この堤防の上の道の交通量は多い。その車の左右が途切れるタイミングを見計らって道を横断し堤防を降りる。草が刈られているが転ぶとした迄落ちる。この事も来年お友達に成った隣町の秘書課広報の担当に聞けば事情が聞けるに違いない。それともとぼけられる?

Img_5957

Img_5958

Img_5959

歩道は下にある?しかしこの下道は歩道では無い。国土交通省管理の河川管理様の施設?どう見ても歩道だがその管理は全く違う。堤防の上の道も管理者は当然国土交通省と思いきやそうでは無い。県道なら宝塚土木事務所の管理。私道なら隣町の道路管理課。その管理担当は明確だが声高に聞かないと担当部署は分らない。これも来年の課題。知らないと言う事はそう言う事だよ。山田君。


|

« 年末寒波 来年の生き方が暗示されている?金を使わない生き方?そんなアホな | トップページ | 今年も後3日 テレビを見ない静かな師走  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の格言 (必死に生きるな)対決は誰も好まない?:

« 年末寒波 来年の生き方が暗示されている?金を使わない生き方?そんなアホな | トップページ | 今年も後3日 テレビを見ない静かな師走  »