« 体質改善(減量)進歩停止?人の事は言えない?確かに | トップページ | 西国街道を歩く 西宮市内で道を間違える 明日出直し? »

2018年9月10日 (月)

久々の尼崎国道43号線 裁判の和解は誰が検証しているのだろう?

Img_1131

Img_1132

Img_1133

Img_1134

久々の尼崎。久々の風景。懐かしさで一杯。それでも記憶は正解だった。暑い時に歩いて自販機でジュースを買っておつりを子供に届けてもらった事迄思い出していた。しかし現場は何も変わっていなかった。一番不快に感じた事は道が汚い。国道。府道。市道を問わず道が汚い。

誰がこの道を管理しているのか?どうして行政は明確にしないのだろう?若い女性市長の苦労はこれでは報われる事は無い。その程度の認識もこの地域の人には無いのだろうか?本日の目的地は休館日だった。ただ事務所は仕事をしていた。

この建物も今月一杯で耐震工事に入ると1年間は展示物は見る事は出来ない。工事が完成するとこの地域の風景も一新するのかもしれない。今日訪ねた尼崎市立文化財収蔵庫では西国街道の詳しい話は何も聞けなかった。西国街道は武庫川の「髭の渡し」を渡ると尼崎ではなく西宮市内と言う事も始めて知る。

Img_1145

Img_1146

Img_1147

Img_1148

尼崎城の再建工事が来年3月に完成する。尼崎城の江戸時代の大きさはこんなもんでは無いと思っていたが、当時も本殿の大きさはこんなもんだと聞かされる?完成しないととてもそうは思えないが江戸時代の城は、再建された大阪城を西国からの攻めを防ぐ大事な城だった事を現在人は殆ど知らない。

その尼崎の城と城下町の姿も多くの関西人は知らない。その程度の生き方をしている。その立派な模型も今月末でしばらく見れなくなる。今日はそれで訪ねたのでは無い。その模型も本日は休館日。これも何とも言えない思いがしていた。来月からは1年間?見れない。

ならば御自由にどうぞ?そんな粋な計らいも出来ていなかった。親父は見る必要も無かったが(既に見ているので)ならば何で行ったの?西国街道の事を知りたかったから。ところが西国街道は尼崎の北部を少しだけかすめているだけ。明日はコースをネットで学習したのでその道を辿る。

正確に歩くと10㌔を超える。覚悟して歩け。無理だな?途中でズルする気がする。アカンワ?その程度で充分。その程度の生き方すら出来ていないオバカが殆ど?コラ。明日は阪急武庫之荘の駅で降りて先日引き返した(髭の渡し)迄5㌔。その先、西宮神社の終点迄7㌔?とても無理だな。阪急今津線の駅で引き返すに違いない。(そこ迄歩ければ上等)

Img_1149

Img_1150

Img_1152

立派な顕彰碑が哭いている。尼崎の偉人の名前も知らなかった。日本の歴史を知らないと言う事はこういう事だろう?ただこの国をこれ程に讃えてくれた先人に報いる様な生き方が出来ているのだろうか?国のリーダー達がこれ程に無様な生き方をしてもその責を問われない?そんな事が何時迄続くのだろう?

Img_1153

Img_1155

Img_1158

この道は市道?以前来た時より汚い?管理されていない?この近くは数年先には綺麗になると言われたが、本格的な工事が行われなくてもこの様は無いだろう?道路管理者を地域の人は叱責しないのだろう?近くに学区がある。子供達が囃し立てて通り過ぎる。親父から怒声を浴びていた。

Img_1161

Img_1181

Img_1183

Img_1184

ここは旧小学校の跡地?廃校になった後、貴重な尼崎の文化財収蔵庫として遺跡発掘物、尼崎の考古学遺品等を展示して来た。来月から1年間工事で閉館になるが江戸時代の尼崎城絵図の世界展は10月6日〜11月11日迄(尼信会館3階展示室で開催される。

Img_1185

Img_1186

Img_1187

歴史的建造物がその役目を終えても直ぐに取壊される事はない。ここは旧尼崎城内。明治の御一新?で尼崎城が廃城になり建物は取り壊され土地の一部は売却されても街の一等地にこれだけの広い空間が残されている。こんな無様な城下町も少ないかもしれない?それとも親父が知らないだけかもしれない。

Img_1166

Img_1165

Img_1168

Img_1189

Img_1190

Img_1191

Img_1192

懐かしい朝礼台と広いグラウンドと体育館、そして廃校となった明治時代の校舎。ここでは映画のロケと文化財の貯蔵庫として利用されるだけの価値しかない?そんな事は無い。ここが整備されるのは何時の事になるのだろう?耐震工事が終るのが1年先だとしてもこの広い一等地の有効活用は難しい?

それは城を整備している担当部署に聞けば分る?そうなのかな?そんな事を考えながら誰も居ない汚い公園のべんちに座り手にして来た弁当を口にする。だだいま減量中。この弁当を辛抱すれば体重は一気に目標を達成するがそれは出来無い?

どうして?減量が目的では無い。体質改善が目的。体質改善が出来なければ減量の意味は無い。流石に尤もらしい言い訳?そんな気持では減量は出来ない?そうかな?そこはこの親父の凄さ?今は体重計の乗るのが日課になっている。朝、昼、晩。体重計に乗れば自分のやっている事の全てが検証出来る。

その事が今月末に違う意味で証明される。そんな事もどうでも良い?ところがその間違いを何時の日か必ず思い知らされるに違いない。関西人は言う迄もないが全国民がこれからの自分に出来る生き方を全く知らない?そのくせに(偉そうに言うな。聞きたく無い。見たく無い。)そんな人でも救いを求める。

そんな生き方が出来る人は全く知らない。そんな人に私は成りたい?アホ。関西空港は先日の台風直撃で大きな被害を受けている。それでも多くの関西人はその実態を知らない。被害は一時的でいずれ完全に復旧する。それから今後の対策を考えれば良い?

行政も運営会社の危機管理はその程度の物?失われた損害と信用はしばらく改善が出来無い事を松井大阪府知事は知らない?何でそうなのと思っていたらこの緊急時にヨーロッパに出張。その程度の認識ではアカンと言う報告を受けていない?

大阪府民はそんな知事を支持する?知らないと言う事はそう言う事だろう。私達は(親父だけかもしれない?)余りに多くの情報を簡単に手に出来ると思っていた。ところが何も知らない。行政には当然危機管理室があるがその組織の幹部でも関西空港が高波で機能が大きく停止するとは考えていなかった。

信じられない事にその対応は真にお粗末。そんな組織が大阪に万博を招致する。そんな事はどうでも良い?そうでは無い事をこれから思い知るのだろう。先日、訪ねた尼崎市も全くそうだった?数年前に歩いた国道43号線の大気汚染公害訴訟の和解の教訓は全く生かされていなかった。

道が汚い。道が汚いと言う事は綺麗な街になっていない。そんな共通認識がない?その程度の事が道路管理者、地域の関係者にない?この街で健康に生きるその大切さを市長はどう考えているのか?その思惑は聞く事は出来なかった。街は綺麗になっている。道路も同じ。そんな報告を受けているに違いない。

Img_1196

Img_1197

Img_1211

Img_1212

Img_1206

Img_1214

ここは国道43号の測道。(下の道)国道43号線は裁判の後、その道は拡張されその一番外側を地域の生活道路が出来ている。そこに緑地帯も出来ているがその整備が綺麗にされずにゴミだらけ。この場所の管理は国土交通省は関係ないととぼけるのだろう?何の為の緑なのか?何の為の分離帯なのか?理解されていない。行政にも同じ事が言える。彼等も関係ないとは言わないだろう。

Img_1215

Img_1216

Img_1218

ところが尼崎の道路管理課?からひどい言葉を口にされる。(道路補修課かもしれない)ここは国土交通省の管理区域。尼崎市役所の管理区域では無い。これは係長の言葉だった。親父の無礼な言葉に頭に来たのか?行政の監督者として許し難い言葉を口にしていた。その事は昨日、自分の眼で確認していたが仮にもここが国土交通省の管理でも市の道路管理者として耳を疑う言葉だった。

Img_1219

Img_1220

Img_1221

Img_1223

数年前にこの道を歩いている。その時と何も変わっていなかった。ここは国道43号線の測道。道路管理者は市ではなく国。直接の管理者は国土交通省兵庫県国道事務所西宮出張所だった。話が通じたのはこの現場を知っているベテランの担当者だった。

しかし彼は権限を手にしていない。権限を手にしている所長、国道管理担当課長の責任が問われる事は無い?この国道が大気汚染、車の騒音公害訴訟で和解して18年。道路は広くなり当時の健康被害を知る人も少なくなっている。それでも裁判で問われた国と地方の責任は何も変わらない。

その程度の事が分からない?マスコミもそんな問い掛けも出来ない?そんな世の中に成っている。現在の人達は公害訴訟と言われても知らない人も少なく無い。この地域のお年寄りが苦しい思いをしながら亡くなって行った事も知らない。広くなった道を見ながら先を急いでいた。しかし必ず綺麗にさせる。

Img_1224

Img_1225

Img_1228

Img_1229

このエレベーターは広い道路横断の歩道橋に階段を歩かなくてもバリアフリーで利用する事が出来る。自転車も利用出来る。但し1台。それでも高齢者、健常者だけでなく若い人にも便利。楽。これは定期的に綺麗にしているのだろう?防犯カメラも設置されていた。しかし全ての歩道橋にはなかった。

Img_1230

Img_1231

Img_1232

これは国道43号公害訴訟の和解の条件?環境モニタリングポスト。車両が置かれていたが移動するのだろうか?以前は数値が電光掲示板で表示されていたが今はそれが見えない。大気汚染。異臭。騒音は全く気にならなかったが、近くに住む人の意見はどんな価値値で聞かれているのか?それは分らなかった。

尼崎市の対応も何処がその担当部署なのか電話で問い合わせても分らず、それだけでなく市の対応は全く無礼だった。丁寧さが全く感じられなかった。親父の聞き方が悪かったのかもしれない。この道の管理は測道を含めて基本的には国。(国道だから)ところが市民の生活環境に大きな影響を与える国道について市の対応は全く感じられなかった。

Img_1233

Img_1234

Img_1235

この先、中島橋を渡ると大阪。道路の管轄も変わる。但し国道43号線は大阪西成迄続く。ここからまだ5㌔近くある?もっとあるのかな。昨日はこの先の出来島で阪神西大阪線?でズルする。歩き通すには体力がない。前回もここ迄だった。ただこの先の歩道はこの左下の測道。

ただこの坂にスロープがある様に突き当たりは堤防の階段を登らなければ成らない。当然そんな道は歩かない。この先、車は通らない斜線部分を歩く。国道の管理者にここに歩道を作れと要望しても出来ない。何故?歩道は下の測道。そんな道は誰も歩かない。これが本当のマヌケ。一度決めた事は変える事が出来ない。

Img_1240

Img_1241

Img_1242

Img_1247

Img_1248

ここが測道と歩道。歩道には左側の工場の荷物が置かれている。それでもこの道は歩道。国道大阪事務所の指導監督はどないなってマンネン。そんな事はどうでも良い。こんな道を歩く人は居ない。広い道の空いている所を歩けば誰も何も言わない。ただ手前の階段は自転車では下りられない。どないする?それはアナタ右の測道を下りる。この先もこんな道は続く。

Img_1249

Img_1251

Img_1252

Img_1253

中島橋を渡り下に降りると立派なサイクリングロードは完成していた。この堤防も東南海大地震で発生すると言われる大津波の対策工事は終っていた。しかし問題はその高さ。7メートルを超える大津波には流石に対応は無理かもしれない。大阪市の危機管理の情報はそんな物は何も無い。それでも万国博をこの埋め立て地に招致。関空は先の台風で大きな損害を受けているがそんな事はどうでも良いのだろう?大阪市の危機管理とはその程度の物?

Img_1255

Img_1256

Img_1258

Img_1260

|

« 体質改善(減量)進歩停止?人の事は言えない?確かに | トップページ | 西国街道を歩く 西宮市内で道を間違える 明日出直し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213640/67152444

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の尼崎国道43号線 裁判の和解は誰が検証しているのだろう?:

« 体質改善(減量)進歩停止?人の事は言えない?確かに | トップページ | 西国街道を歩く 西宮市内で道を間違える 明日出直し? »