« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

景気回復?求人難?テレワーク?何処の世界の話?猛暑は続く 間違いない

景気回復。求人難。何処の世界の話。日本の大都市の話?そんな事は無い?日本全国津々浦々の話?嘘だろう。このインチキ報道。流石に仕事を選ばなければインチキではない?確かに。危険、汚い、きついと言われた仕事は今でも求人難。

そんな所で働かなくても楽で綺麗で楽しい仕事は一杯ある?そんな事はネエだろう?バカタレ。そんな言葉を口にしたら開き直られる。無礼なお役人。近くの一級河川。3週間前と数日前の台風の被害は幸いに小さかったが、多くの教訓を教えてくれました。その事を生かさないと被災地の悲惨な現実は他人事では無くなる。その程度の事が分からない? アンタに言われる事は無い?そうかな?Img_7363

Img_7366

Img_7369

経産省の女性職員がテレワーク?尤もらしく経済ニュースで放送されている。そんな経済ニュースも殆ど見向きもされない。そんな働き方が出来るのは経済産業省のお役人だけ?そんな事は無い。今では中央官庁だけでなく民間の会社でも当たり前?嘘をつけ。例外は例外。それが当たり前でない事を公共放送でも批判は出来ない。報道の現実は余りに厳しい。その危機感は当事者に全く無いのはどうしてだろう。

Img_7370

Img_7376

Img_7379

ようやく夏らしくなる。冷房の効いている職場では感じられない猛烈な暑さ。この暑さの中で汗塗れになりながら惨めな仕事をしている人達がいる。親父もそんな仕事をした。どんなに汗塗れになりがららも失わなかった誇りと熱意。丁寧な仕事。それでもそんな仕事は評価される事は無かった。

態度が生意気?大した買い物も出来ないお客から馬鹿にされていた。ただかわいがってもらったベンツの奥さん。フェラーリのお姉さん。今頃、どんな生き方をしているのだろう?冷たいジュースの差し入れ。今でも忘れていません。あれから多くの夏が巡り、仲良しだった娘はお年頃。まだ早いかも。

親父はくそ爺(ジジイ)になっている。それでも誇り高い生き方は何も変わっていない?ただアホだと言う事。間違い無い。ぼやぼやしているとお迎えもそう遠くない。親父の親父が死んだのは77歳。後3年。とてもそうは見えないとおだてられても体力の衰えは如何ともし難い?今日はどれくらい歩いたのかな?10000歩でした。

Img_7380

Img_7381

Img_7384_2

今日は石橋の格安スマホY-モバイルに出掛ける。何の事は無いソフトバンクの系列会社。携帯の電話代が高く格安スマホに替えても2000円しか安くならない?そんな罰当たりの事を考えていた。そうではない。格安スマホ、シムフリーにするのにどんだけお金が掛かる?そのお金を負担してくれた息子に感謝しないといけない。トラブルは解消。ただ滝道を歩いていると音声が小さくなると言われる。

Img_7385

Img_7386

Img_7387

今日箕面滝道を2日連チャンで歩いたのは完全な予定変更。今日は多田大橋から猪名川渓谷?を歩いて足を鍛えるつもりだった。最近足、腰がふらつく?筋肉の衰え。それとも年齢的な物?それを確認するつもりだった。それでも2日続けて滝道を歩けるのは役行者のお導きかもしれない?情けない事に昨日の先は歩けなかった。それでも満足。

Img_7389

Img_7390

Img_7391

ここで箕面市民の飲み水は取水され、これだけ捨てられている。ここだけで箕面市民の飲料水は確保されているとは思われないが、それだけこの水は豊かなのかもしれない?水と空気はタダの様に思われているけれど、そうではない事を殆どの人が知らない。この先で電話が掛かって来る。

国土交通省猪名川河川事務所の管理課Oさん。電話が長くなる。堤防の草刈りが放置されていた件。原因がやっと分かる。ただ堤防の草とその管理区分は意外に多くの関係者が関わっていた。改善されなかった理由が分かる。その結果が無様な姿を晒していた。1番悪い奴はいい加減な堤防管理。

そこに不法投棄するオバカ。監視カメラは付けられない?ならば定期的にパトロールしなはれ。そう思っていた。中々その程度の事が出来ない。ただ原因が分かればその対応は簡単?そうではないかもしれない。いずれ分かる。その時の対応の仕方も分かる。そこが親父の賢さかも?自慢すな。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機感の無い災害対策 被災地の氾濫も無い?何たる無様な日常?

日本の今後(メガ景気)到来か?来る訳が無い。?どっちや?どっちも?そんな事もどうでも良い?このインチキ報道?インチキ情報?本当の事は誰にも分らない。政治の世界は一寸先は闇と言われた言葉も、もはや死語?

政治も経済も人々のそれぞれの暮らしも全ては夢、幻?その事も関係ないと思いながら満ち足りた暮らしが出来る人は多い?そう思われている?そうでは無い事を思い知る事は無い?国土交通省猪名川河川事務所の堤防の草刈りの無様な対応を聞きながら怒りの言葉を口にする。

(バカタレ)この言葉を口にしただけで先週、パンチを喰らう。そんな生き方はするなと言われてもこの親父の性根(しょうね)は変わらない。いずれくたばる。その時が早いか遅いかは全ての人に共通する。その程度の事だろう。今年の夏は暑い。そんな生き方をしないといけない?全然。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月30日 (月)

水道事業の民営化?我が街の実態を聞きに行く?何も分らない?

Img_7304

Img_7306

Img_7311

昨日歩いた箕面滝道の豊かな水の流れ。しかしこの水の流れもしばらく日照りが続けば寂しい川の流れになる。この水は山に降った水が流れているが、この滝道の豊かな水も上流にはダムに溜められた水が流れている。勿論、この川には多くの谷がありそこからも多くの水が流れ出している。ただこの街の水道水の殆どその水源は何処に在るかは殆どの人が知らない?

Img_7312_2

Img_7313

Img_7316_2

Img_7317_2

勢い良く流れている水は先日東から西に移動したおかしな台風の大雨の影響。それでも3週間前の台風の大雨とは比べ物にならなかった。この水量もこのまま暑い日が続くと一気に少なくなる。その時はこの街の水道水の取水は足りるのだろうか?足りる訳が無い。その時はダムからに給水を受ける?

Img_7318

Img_7321

Img_7322

Img_7323

一見綺麗に見えるこの水も浄水しないと飲料水にはならない。川が汚れた原因は生活排水と言われているがこの上流には人が日常的に生活出来る環境は無い。それでも川は汚れるという事はどういう事。川は人々の生活を越えて生きている。その事が水道関係者でも分からない?ただその考えも全く違う事を親父も理解していない?

Img_7324

Img_7326

Img_7327

水道事業が民営化される?そんな法律が衆議院通過。成立したと思っていたら参議院ではオバカな法律の審議が優先され、審議未了で継続審議になっている?それとも廃案?そんな事は無いだろう?水と空気はタダだと思っている日本国民のオバカさ。ただ親父も今日、丁寧な話を聞く迄知らなかった事も少なくない。それはどういう事?

Img_7328

Img_7329

Img_7330

Img_7331

Img_7333

この道は滝道ではない。この先はこんな道が続く。それでもここ迄は何とか歩く事が出来たがこの先で折り返す。情けない。全然。ここ迄歩けただけで昨日の後遺症は無い事を確認していた。いろんな人がいろんな生き方をしている。しかし相手に拳を振り上げてジジイをノックアウトした処で問題は何も解決しない。その程度の事が分からない若者?足腰を鍛えてまだまだ元気な所を見せつけてやらないといけない?アホ。

Img_7334

Img_7335

Img_7337

ここもガレキで埋まっていたが先日の増水ですっかり綺麗になっている?このガレキは何処迄流されたのだろう?そんな事もどうでも良い。現在人はそんな生き方をしている。そんな生き方を行者様はどんな眼で見ているのだろう?それともそんな人は居なかった?その事をこれから思い知らされるのか?そんな気がしていた。

Img_7339

この先には進めない?そんな事は無い。この中央に割れ目がある。だからこの岩は姫岩。別に何の意味も無い。そんな事は無いだろう?世の中でどんなに尤もらしい事を言った処でその程度の事。最近女性の社会進出が口にされるが何か勘違いをしていないか?その程度の事も分からない。その事をこの岩は証明している。アホ。

Img_7344

Img_7348

Img_7352

Img_7354

Img_7355

Img_7356

1300年前の人にこの谷の流れについて教えてもらう事は何も無かった。ただ水道事業の民営化の法律については賛成、反対、どっちゃと聞かれるとそんなオバカな問い掛けに即答は出来ない。ただ現在の水道事業は国の財政には何も関係ない事?その事を教えてもらった事は意味の無い事では無かった。

民で出来る事は官でやる事は無い。尤もらし言われた事は多くのオバちゃん達の共感を得た。その結果は名ばかり民営化の郵政、道路公団民営化。1番コケにされたのは何だったのだろうか?住宅公団民営化、UR賃貸かもしれない。そんな事もオバカな国民は何も知らない。

その意味では水道事業民営化は全く話の次元が違う?竹中平蔵が派遣会社の会長。役行者は天罰を食らわす事も出来ない?そんな事は無いだろう?働き方改革?親父もくたばる前に己の改革に立ち上がらなければいけない?アホ。働き方を偉そうに言う前に自分達の行った派遣社員の現実をよく見ろ。

悲惨な現実しか無い。生活の不安定。次は水道事業の民営化?それも大阪城落城と同じ結末を迎える?そんな事があり得る訳が無い?しかし道路公団民営化と同じだとしたらあり得るかも?そんな事実は何も知らされていない。道路公団の民営化で現実は大幅に赤字体質が解消された?そんな事は全く無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

計画停電 今でもそんな事をマトモに検討しているの?

Img_7284

Img_7285

Img_7286

Img_7287

昨日の箕面西江寺。ここには役行者と歓喜天が対談したと言われている石がある。伝承(いいつたえ)であるとしても全くの子供騙し?子供でもそんな事は信用しない。それでも大の大人がそう昔から信じている。そんな人も疎ら(マバラ)で境内はひっそりしていた。

台風が東から西に通り過ぎて暑い夏がじわじわと体を締め付ける。昔の人はそんなやり切れない生活に、爽快な話を重ねていたのかもしれない。そうでないととても生きて行けなかったのかもしれない。そんな厳しい暑さがしばらく続く。それでも多くの人は為す術も無い。

親父もその中の一人に違いない。そうでは無いと思うなら爽快な生き方をしないといけない。爽快な生き方。どんな生き方だろう?体から始めなければいけない。歳を重ねてもそんな生き方が出来る。しかし空元気ではとてもそんな生き方は出来ない。

文明の利器で涼しい夏を過ごしたとしてもそんな物はまやかし?本当は天然のクーラーで涼しい風に吹かれながらゆったりとした「晴耕雨続」の日日を過ごす。ジジイ達に求められる生活。そんな生活は無理か?ならば求めよ?求めた所で何も変わらない。

スイスの避暑地でもそんな事を考えるだろうか?それは絶対に無いに違いない。スイスは余りに遠い。そんな生き方は出来ない。せめて武田尾で?それも無理に違いない?嗚呼。武田尾活性化対策は親父一人の手では如何ともし難い。そしてそんな事もどうでも良い。くそ暑い夏を爽やかに乗り越える。その方法はまだ手にしていない。

Img_7288

Img_7290

Img_7291

Img_7292

それでも近くにこんな素晴らしい山がある。この杜は今では(太古の昔から)殆ど足を踏み込む事は出来ない。信じられない事だがそれ程に道は険しい。当然そんな道もない。この山を終の住処にしていたと言われる行者様も右側の緩やかな尾根を登ったに違いない。

その道を数年前に途中迄登った事がある。人気が無くて不気味な登りを途中で引き返した事を覚えている。今年の夏は登り詰める事が出来るだろうか?それは行者も思案のしどころ?親父の体力では無理かもしれない?その時は引き返せば良い。その程度の事です。このくそ暑い夏の一服の清涼感とはならない?

Img_7294

Img_7295

Img_7297

Img_7298

Img_7301

山に向かって瞑想をする?手にして来た弁当を口にしていた。この罰当たり。その結果は帰りの滝道でお腹が痛くなる。それでもこの糞親父。綺麗なトイレを横目で見ながら家に帰る迄辛抱をする。これも訓練?山歩き、野歩きの時、急な下痢に襲われた時の対応は訓練が要る。(ホンマかいな)嘘です。しかしこの滝道では流石に無理。その時にその対応は簡単ではない。アホか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

和歌山の地域活性化は選挙では問われない?バカ山だろう?コラ。

Img_7264

Img_7265

Img_7266

世の中がおかしくなっている?台風も東からやって来る?そんな事もどうでも良い?広島、岡山、愛媛の豪雨災害、政治も無策災害も当事者でなければ関係ない。被災地の実態は殆どの人が知らない。それでも何も変わらない?台風が東からやって来ても関西人の多くは被害を免れる。ただそんな生き方はいつ迄も出来ない事を多くの人はまだ知らない。

脅かさないで下さい?今年の夏は厳しい暑さだけでなくノックアウトパンチ迄食らったがそんな事でへこたれる親父ではない。その親父は足さばきがおかしい?よろける?まさか?そんな足腰になっても今日は5キロ歩く。それでも滝迄は行けず。役行者のお墓にお参りをしただけ。(嘘をつけ。行者の墓は箕面の滝から更に3キロ奥に歩かないといけない)ただそんな事を知る人は殆ど居ない。

Img_7268

Img_7270

Img_7269

この滝道が台風の大雨で土砂崩れで通れなくなったのは昨年の9月?その復旧工事が今年の10月迄掛かる?その理由はこの地域が景観保全地域に指定されているから?ただ現在はその区間を対岸の階段がある道で通る事が出来る。しかし体力の衰えがひどい?親父はその道を歩く事が出来なかった。引き返す。

Img_7273

Img_7276

Img_7277

Img_7278

それでもきっちりと寄り道をしたので悔いは無かった。自分の体力にあった歩き方をすれば良い。無理をする事は何も無い。これは親父の若い頃からの生活信条。ただ口先だけ勇ましいことを言っても人を不幸に陥れればそれに勝る恥は無い。そう考えている。和歌山の市長が対立候補に勝って支持者が万歳三唱をして地方の地域の先行きは全く暗い。

それでも奇麗事を保守だけでなく労働団体も支持をする。そんな生き方を住民も支持をする。嘘だろう?これから補助金頼みの地方の知事、市長に出来る事はその程度しか無い事を彼等は知らない。知る必要も無い。豊かな生き方をしているから?本当にそうなの?子供達の未来はどうなるのか?そんな考えはどうでも良いのだろう?

その事は和歌山の山間僻地だけでなく地方都市でも他人事ではなくなっている。そんな厳しさは都会人は全く知らない。万歳三唱?棺桶が待ってるよ。親父も長い間和歌山市に足を踏み入れる。何も知らないだけ。現実は全く違う?和歌山の子供達の未来は明るい。

だから保守王国。自民党幹事長。経済産業省大臣。和歌山県民、市民は豊かな生活をしている?そんな現実は程遠い事をこれから証明しないといけない?そんなオバカな事はしないよ。全国の限界集落の人達はそんな事は何も望んでいない。この現実は日本全国の地域に共通する現実。その中で人々は豊かに生きている。?

Img_7279

Img_7280

Img_7282

Img_7283

ここ西江寺は役行者と歓喜天が対談したと言われている石がある。その石を見ながらその話の真意は全く信じる事が出来ない。それでもその石を見ながら現在に通じる人々の思いが全く無いのはどうしてだろう?このお寺さんは高野山真言宗。住職も副住職も高野山で空海の神通力は学んでいない?そんな事は無い。これからその力が発揮される?否、その力は既に発揮されている。その事を知らないだけだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン(MacBook Pro)ダウンの原因が分かる。ジジイ凄いな?

Img_7117

Img_7118

Img_7119

Img_7120

昨日の猪名川。昨日は床屋で髪の毛を切ってさっぱりする。本当は坊主刈りにしたかったけれど流石にそれだけの根性は無かった。いくら何でも頭の形で相手に威圧感を与えるのではなく、穏やかな生き方をこれからしないといけない?ただ生まれつきの正義感は変わりそうに無い。感情のコントロールをそろそろ変えないといけない?アホ。

Img_7121

Img_7122

Img_7123

昨日は予定は無かったけれど夕方近くの堤防を自転車で走る。24日、近くの国土交通省猪名川河川事務所のM課長に確認した堤防と河川敷きのガレキの処理に付いて結果を見に行く。その結果がこれ。流石と思った事とそうで無い事が明確でした。それがこの写真。堤防の中の草は刈り、外は市役所の管理区域。市役所の管理者はこの実態を知らない。広聴の係長Aさんの頭は痛い?

Img_7124

Img_7125

Img_7126_2

Img_7127

Img_7128

こんな無様を晒している事を倉田は知らない。このオッサンはこの地域を代表する市長ではなく大阪自民党の重鎮だった。大阪府庁の座を維新と争い見事に完敗。一度政界を引退したが今は池田市長として活躍中?それがこの様か?この堤防の外は市道。だからこの植込みは国土交通省の管理では無い。

市役所の管理者が草取りをキチンと指示をしろ。その程度の事が市民から言われない?無様(ぶざま)やのう。全然。誰もそんな事をガタガタ言わないのだろう?こいつら首だな。(それはあなたの個人的な意見です)そうは言わせない。その証拠が手前にある。そこは綺麗に草取りがされている。

Img_7129

Img_7130

Img_7131

ここがこれだけ見事に国交省が草を刈らなかったと言う事はこの場所の管理者も池田市と言う事。これだけコケにされたら(中途半端な仕事)をされたら引き下がれない。徹底的の国交省の堤防管理の責任を明確にしないといけない。ところがこの現場の草刈りをしているのは国交省の役人では無い。草刈りの業者。しかも堤防管理の危機感が何も無い。

Img_7134

Img_7135

Img_7136

その結果がこの様(ざま)これは先日のブログにもアップしたが、この程度の事にガタガタ言う事は無い?そう思われているのだろう?それは間違い。大きな社会問題は分らない?小さな問題はどうでも良い?自分の損得に関わる事も自分の思いだけではどうしょうも無い?そんな生き方が強いられる?

そんな事が出来る訳が無い。そんな怒りの思いを相棒(MacBook Pro)が慰めてくれている?もうお役目終了と思われていた(Macの診断でそう断定された)相棒がフェニックスの様に復活している。西宮市役所のT君からも(出来る事はきちんとやります)と平然と言われた。

と言う事は出来無い事はやれない?アホこけ。役人はそんな言い訳が出来るのかい?自分に出来無い事は出来る手段を考える。その程度の指導も行われない?そんなお役所仕事は通用しない事を教えてくれる人は居ないのだろう。民間の会社でも同じ?

そうかな?親父は違っていたけれど。だから嫌われた。そうかもしれない。しかし人間。人に嫌われてナンボだろう?その程度の事が分からない?親父を殴ったあのバカもその程度の生き方も出来ないのだろう。そう思えば相棒の素晴らしさが本当に良く分る。この記事も彼の力で画像の取り込み迄出来ている。今日はこれから箕面滝道を歩く。足腰が弱っている。役行者にあえるかな?

Img_7137

Img_7141

Img_7142

Img_7144_3

どう見てもここ(右側)は堤防の上だろう?ところが管理者は池田市?何度も確認しているがこの草刈りの様子では管理者は国交省では無い?そうでなければこんな無様な仕事はしないだろう?国土交通省池田河川管理事務所の見解を確認して整備させないといけない?何でそんな余計な事をするの?暇だから?アホか。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月28日 (土)

生き方が問われても何も出来ない?何も変わらない?そんな事は無い。その事を思い知らされる?

今日は地域の住民検診。現役をとっくに終えた親父達の唯一の健康診断。今更健康診断とも思わない事も無いが、病気や怪我をしても中々イチコロとは行かない?そう考えれば健康は何よりの財産?親父の大事な相棒は今はパソコン。そのMacBook Proも何とか最後の力を振り絞って立ち上がっている。

それでも画像の取り込みとなるとそこ迄の力は取り戻せない。何とか頑張って呉れるのは文章の作成迄。その時は仕方がないので別のパソコン(MacBookエアー)で対応する。それでも仕方が無い。その内、完全に立ち上がれ無くなるに違いない親父のその事を暗示してくれる。その教えをヒシヒシと感じる。

今、先日手にした本を一生懸命になって読んでいる。人間の愚かさは何も知らないくせに、簡単に他人の言葉を信じ込む事だろう。中国では今でも反体制の人を国家だけでなく地域の住民迄一緒になって叩き潰す?この国も組織の方針、国家の方針に異議を唱えると無視される?そんな日常にどう対応すべきか?

そんな事はどうでも良いと言われている?この国は違う?そう言われているが官僚の不祥事を無かった事にしてとぼける大臣?そんな国が中国を批判出来る訳が無い。そんな事も知らないで生きている。天罰が下されても自然災害だから如何ともし難いと素知らぬ顔をする?そんな生き方はいつ迄も許されないだろう?

言っている事が訳分からん?だろうな。その程度の生き方していると本当に思い知らされる?何を?生き方だろう。台風が東からやって来るというのにこのおばかなテレビ放送。皆様の000。何だこの馬鹿放送は。

有田の間抜けなお笑いが公共放送?こいつらどんな面をして避難の情報を出すのだろう?「有田ムチャぶり中」こんな放送で公共放送と言えるのかい。馬鹿だろう。そう思えば見なければ良い。おっしゃる通り。近畿はまだ本降りには成っていないが近くの猪名川の大雨は今回も関係ない?そうかな。堤防の草刈りは行われ大型冷蔵庫とテレビは処分していた。しかし作業は本当にお粗末。その原因もどうでも良い?

Img_7157

Img_7158

Img_7162

折角草刈りをして不法投棄の大型ゴミを片付けてもこの有様?この草をその場で熊手で片付けて綺麗にしないのはどうして?これが国土交通省のお仕事?お役所仕事と何で言われるのか分からない?親父のクレームをつけられて草は刈りました。大型ゴミは片付けました。これで文句は無いでしょう?そう言われていた。決してそんなつもりはありません。そう言うのだろう。

Img_7160

Img_7161

Img_7163

Img_7166

こんな無様な仕事をしたのはこの草刈りをした業者。この草刈りの指示をしたのは国土交通省池田河川事務所の出先機関?園田出張所?断定出来ないのは事情が分からないから。それでも知らないという事はこう言う事。草を刈ったらその草をかき集める。その程度の事が出来ない?どうして?舌を出して笑われていた。

Img_7129

Img_7132

Img_7131

Img_7134

Img_7135

Img_7154

ここは堤防の上ではないのか?ご丁寧にこの草むらに又ゴミが投げ込まれている。国土交通省猪名川河川事務所の担当者は厳しい処分が下されないといけないが、誰が何んでこんな管理をしているのか分からない。親父の知っているM課長は丁寧な応対はしてくれるがこの様は許せない。それともこれでも出来る限りの対応をしている?来週聞いてみると誤解は解ける?

Img_7137

Img_7138

Img_7139

何でこんな様を晒すのだろう?何で綺麗にしてゴミを捨てさせない様に出来ないのだろう?このゴミを投棄している人は自分のやっている責任の大きさが分からない。この労力を他に活かす事できない?何たる無様。何たる生き方。地獄に堕ちるとは全く思っていない。この草むらにおばかな看板が立っていた。

Img_7148

Img_7151

Img_7152

こんなおばかな看板は何の意味も無い。ここは堤防の上。草を刈ってこのボコボの土地を整備すれば良い。堤防の重要な役割が理解されないのは綺麗にしていないから?それでも汚す輩は法で裁けば良い。それが出来ない。何の何の。常時監視のカメラを置けば一発で止めさせられる。そのお金が無い?確かに。その時は警察の定期パトロールをお願いするしか無い?そこ迄やらないといけないか。

Img_7144

Img_7146

Img_7155

この場所の草刈りが行われず放置されている事に気づいたのは偶然だった。その時、感じた事は「草刈りの基準」その答えはとぼけていた。堤防の点検、整備をする時。その答えを聞いた時、それは違うと声を大にしていた。堤防の草刈りの基準。それは草が一定の高さを超えた時。しかしそうではなかった。

その結果がこの様。何度もゴミを片付けてもオバカが持って来る。これは完全に犯罪です。警告表示をしてそれでも止めなければ警察に定期的なパトロールをしてもらうしか無い。それでも止めないに違いない。それ程に悪質。その対策も簡単な事を教えてやらないといけない?アホ。見えない所に監視カメラを置くしか無い?

Img_7150

Img_7174

Img_7175


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

足はふらつく 昨日のパンチはそれだけ強かった この程度で済んだ事を教訓にしないといけない?アホ

Img_7048

Img_7050

Img_7053

今日は40日ぶりの散髪のつもりだったが先客で明日に伸びる。この道は親父の散歩コース。昨日のパンチの後遺症を推し量りながら歩く。全く問題はない。ただ口の中の切れと後頭部首の付け根の筋は押さえると気持ち良い。アホンダラ。運が悪ければ今日はこんな冗談は言えない。「人間万事塞翁が馬」チョット意味が違う?

Img_7054

Img_7059

Img_7058

ここ迄歩いて来ると流石に汗が噴き出して来る。昨日の後遺症は全くない。それでも体に間違い無くダメージを受けている。体に受けた衝撃の大きさは予想外だった。大阪に来て半世紀以上、人から殴られた事は無かった事を自慢していたがそれも終わる。歳を取るという事を最近思い知っている。

Img_7061

Img_7062

Img_7063

Img_7065

Img_7064

公園の芝生が無惨に虎刈りにされている。この芝生の管理者はどんな人物か?この虎刈り?を見て愕然としていた。芝生の雑草に除草剤を撒いて枯れてのを注意されて「見せつけに」その部分だけ「虎刈り」にしている。これなら文句ネエだろう?張り倒してやらないといけない。そんな生き方をするな。アホンダラ。

Img_7066

Img_7067

この草は芝生と同じ根っこ。芝生は立ち上がるのは葉先だけ。この草は茎が立ち上がり花が咲く。それだけ生命力が強い。人間社会にもそんなのがいる?昨日の馬鹿もその手のクソ野郎?難儀な事にこの雑草は丁寧に間引くしかない。ところが人手不足でそんな丁寧な仕事はできない?それがこの様。そんな事は誰も知らない?そうは言わせない。

Img_7068

この芝生も明日の大雨で一気に元気を取り戻す?関西は水不足の心配は無いが芝生に取っては恵みの雨?そんな事も関係ない?間抜けな政治と経済を行っているとお天道様の逆鱗に触れる。逆鱗(げきりん)に触れる(ふれる)そんな言葉も完全な死語になっている。

「異例の台風」その言葉の意味も分からない?そんな生き方がいつ迄も出来ると思っているのだろう?難しい事は分からない?「馬鹿か」「アホか」親父はこの言葉を口にして殴られた。アホでも馬鹿でも面と向かって言われると許せない?その事を思い知らされる?全然。ただ怪我をする程オバカと向き合う事は無い。

Img_7069

Img_7070

Img_7071

Img_7073

Img_7074

Img_7075

この手の花の名前を知らなかったという事はそう言う生き方をしていたという事?それでも関係ない。この手の花は市のお金で市から委託されたオバちゃんが定期的に季節の花を植えている。そんな事も多くの市民は知らない。花と緑の囲まれたこの素晴らしい環境もタダでは手に出来ない事を殆ど知らない。?

広聴のAさん。自転車置き場の看板無くなりました。公園の芝生も刈られました。嫌みたっぷりの刈り方だけど。(笑い)でも今日芝生に水を撒いているお姉さんに声を掛ける事が出来ました。全く知らなかったけれど今年4月に採用された外部職員。激励する。この芝生がいつ迄も青々と生い茂る事を。それはこの虎刈りにされた芝生が泣いていたけれど。芝生にはそれだけの人の心が反映される事を多くの人は知らない。

Img_7076

Img_7077

Img_7078

こんな張り紙を出してもこの有様。体育館。プールを利用する人達のモラルが問われる?そうではない。この場所の管理者の責任が問われる。一度体育館館長の代理のトレーナーに改善を指示したけれど少し改善しただけ。以前はこの倍の自転車とバイクが停まっていた。

今日は平日だからこんなもん?体育館長はボランティアで仕事をしているの?この体育館の管理部署は何処?これもスーパーマンの手を借りてこの無様な有様を無くさないといけない。冗談ではなく本気です。よろしく。(いい加減にして下さい?)そう言われそう。第一この現場を知らないに違いない。

Img_7079

Img_7081

Img_7083

ここは素晴らしい散策の道。暑い夏も全く関係ない涼しさはないが、ゆっくりと歩くと気持ちの良い汗をかく事が出来る。この暑い夏を乗り切る術はテレビで毎度お馴染みのエアコンの効いた部屋で水分補強に気を使う事ではない事がここに来ると良く分かる。ここ迄歩けなくなったら人生は終わり。

長生きは出来ない。別に長く生きろとは誰も思わない。そんな時代がやって来る。それは決して無慈悲でも何でも無い。近くで97歳のオバアちゃんがいるが彼女はそんな事は出来ない。それでも自分の事は自分で出来る。お嫁さんが料理を作ってくれるから。それでも彼女がもう少し若ければきっとそんな生き方、歩き方が出来たに違いない。

Img_7085

Img_7086

Img_7087

この散策の道はもう少し歩かないといけない。4キロ足らずの道。しかしこの暑い日差しの中をこれだけの距離を歩ける人は70代でも多くはない。高齢化社会と一口に言われるが歩けない人は多くなっている。それぞれの歩ける距離が短くなってもその対処の仕方を教えてくれる人は居ない。そんな楽しい健康教室を作りますか?そんな商売(ビジネスチャンス)が生まれて来る?かな?

 

 

 

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の教訓 生かさないとね おばかな生き方、その代償を思い知らしてやる アホ

Img_7023

Img_7024

Img_7026

Img_7028

ここは大阪駅北口。旧国鉄貨物駅の跡地。大阪に残された最後の一等地と言われているがその再開発は大阪市、大阪府、国土交通省で着実に進められている?その実態はきちんと情報公開されているが関西人の多くがその実態を知らない。この広大な土地を一括して手にしているのはお役所(UR賃貸)つまり税金で保有している。国がやる事はそう言う事。ところが役人達はそんな事は全く説明はしない。

Img_7029

Img_7030

Img_7031

Img_7033

Img_7032

大阪は今大きく変わろうとしている。しかしその実態がこれ。放置自転車の即撤去も出来ない。この場所は公道?誰が管理して居るの?大阪市?大阪人のモラルは最低?大阪人だけでない。偉そうなことを言ってもこの程度の取り締まりも出来ない。大阪に外国人観光客を取り込む。

その前にこんな無様な放置自転車を無くせ。公道でオバカに殴られる様なそんな街を無くせ。その程度の事も出来なくて大阪市長は支持される?阪神タイガースと同じだな。大阪維新の会が全国区に成れない?当然だろう?関西人の間抜けさを思い知れば自分の身は自分で守るしかない。格闘技。もう一度体を鍛える。アホ。では無い。護身術はジジイでも身に付けられる?ホンマかいな?あほやのう。

Img_7036

Img_7037

Img_7038

新梅田研修センター この看板は古い。何処の会社?何処の組織が利用しているのか?この建物も古い。この看板が無くならない訳?そんな事もどうでも良い?何を教え何を活かしているのだろう?ネットで調べてみると分かる。名前の通り研修センター。色んな目的で利用出来るが何時迄生き残るのだろう?この地域の再開発が終わりレンタルの会議、研修ルーム、大ホールが出来ると吸収される?余計なお世話。確かに。

Img_7042

Img_7043

Img_7045

大阪堂島ジュンク堂。親父お気に入りの本屋さん。しかし本屋の経営も厳しい。今迄7〜8人いたレジの人も半減していた。時間的には2人で対応。それではレジで待たされないといけない。近くのスーパーでも最近、レジで行列しなければ成らない。買い物客が1番不快に感じる事。それはレジで待たされる事。

その改善が出来ない経営者。何でだろう?人手不足で仕方が無い?ところがそうではない。その程度の事が分からない?夕焼けの空に笑われていた。しかしアンタは本当に凄い。ノックアウトパンチで数メートル吹っ飛んでも立ち上がり相手を追い払う?馬鹿たれ。そんな事は自慢出来ない。

この程度で済んだのはお天道さんが見守っていてくれたから?それとも現場を通りかかったオフィスレディがさり気なく警察に通報しょうとしてくれたから?これからの生き方が問われる。賢く生きる事。それはどういう事か?怪我をしたらそれこそ最低。

体のバランスも失われている。もっと身軽くならなければいけない。パンチの後遺症も無い。飯も何とか食える。(顎は痛いが)ホンマにアホです。この教訓は忘れない。これで10年長生きが出来る。アッホ。幸運は重ならない。肝に命じろ。これから散髪に行きお気に入りの散歩コースを歩く。そうすれば気持ちのいい汗が掛ける。これが親父の暑さ対策。それでも今日は少しよろけるかも?いい加減にしなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなりのパンチをマトモに喰らったけれどこのお返しは必ずする コラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月26日 (木)

いきなりパンチを受ける。数メートル吹っ飛ぶ。それでも怯む事は無かった。ただ受けた衝撃は大きかった。

Img_7009

Img_7011

Img_7012

阪神百貨店一期工事完成。2期工事も始まっていた。こちらは百貨店の上に高層のオフィスビルが立ち上がるので完成すると大阪駅前は景色が一変する。完成は3年後?阪神百貨店は1期工事完成部で営業中。今迄の阪神百貨店のイメージを完全に払拭している?しかし関西の公共放送、民放はその実態は殆ど伝えていない?親父が見逃しているだけ?そうなのかな?いずれ自分の眼で確かめれば良い。確かに。

Img_7018

Img_7013

Img_7014

旧梅田歩道橋は松下幸之助氏が寄付。半世紀以上前の事。その歩道橋が老朽化して狭かったので阪急、阪神ホールディングスが拡張整備したのがこれ。「梅田新歩道橋」ただお年寄りや障害者、足腰の不自由な人は利用は楽ではない。エレベーターは設置されているがどれだけの人が使えるのだろう?大阪はそんな街になっている。

ところが災難はそんな所には無かった。オバカに些細な事でいきなり殴られる。ファイティングポーズを取っていなかったのでマトモにパンチを食らう。この野郎。ふざけやがって。立ち上がった親父は完全に拳を握り締めていた。ところが野郎逃げ出す。一瞬の出来事だった。

パンチをマトモに食らったので口の中を切って出血が止まらない。それでもふらつく事は無かったので何事も無かったかの様に歩き始まる。「良い歳をして情けない」?そんな事は全く考えていなかった。相手が逃げ出さなければ完全に叩きのめされる迄争いを止めなかったに違いない。アホンダラ。口の中の出血はしばらく停まらず今でも顎が腫れている?アホ。

トラブルの原因は自転車の有料駐輪の空きスペースに親父が立ってカメラを構えていた。そこに無言で自転車を停めたので声を掛けろと親父が偉そうに言った事が原因。
どんなに正義感が強くても相手のパンチをマトモに食らってダウンする様ではお終い。あの馬鹿はその程度の生き方しか出来ないのだろう?

一言、声をかけたら余計な事は言われない。その程度の事が分からないオバカ。しかし殴られた痛みは今でも消えていない。食事は出来たが固い物は噛めなかった。本当にこの程度で済んだ事に感謝しないといけない。同時に護身術。もう一度鍛えないと今度はこんなもんでは済まない。アホ。

今日手にした本は阪急梅田の紀伊国屋書店には無かった。わざわざ堂島迄出て来て手に出来て喜んだのは束の間。この様です。口の中は切れているがこれもこれからの生き方の教訓になるに違いない。あの馬鹿にはこんな本は読めない。知識が足りないという事はその程度の生き方しか出来ない。その程度の事も分からないだろう。

Img_7039

Img_7041

Img_7043

Img_7046

この本は手にしてみると内容が難しい。全てを理解するのは難しいに違いない。それでもこの著者は親父の大好き「現在」中国の実態を分かりやすく解説してくれる。多くの日本人が知らない「現在」中国の実態。その疑問を分かりやすく解説してくれるに違いない。多くの人達は何も知らないで自分の考えを口にする。

今日親父を殴った馬鹿タレはその典型であっても親父の偉そうな態度が許せなかったに違いない。そう考えればこの本を手にした価値があるに違いない。定価2000円。お安くないが読書の楽しみが又増える。口の頬の内側が切れて出血していたが今は止まっている。(それでも切れたまま)今夜は首が痛いに違いない。

考えてみればこの程度で済んだ事は神様のお陰に違いない?これから気をつけろ。そう言われている。巨人6連敗。折角の7連勝が帳消しになる。アカンワ。予想どうり弱すぎる。高橋監督も今期で終わりだな。今年の猛暑は全く予期せぬ災いを運んで来る。その災いを転じて福と為せ。「禍福は糾える縄の如し」その事を思い知らされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱中症に注意 笑わせるね そんな生き方はしていない?

Img_6877

Img_6875

Img_6878

Img_6888

Img_6882

これは昨日の武田尾。半月足らず前の大雨ではここでも4メートル以上の濁流が流れ下っている。その為にこの地区の洪水対策の為に堤防のかさ上げ工事が行われ、100年に一度の大雨にも堪えられる?立派なかさ上げ工事が完成し、そこで地域復興の住宅が立ち上がっている。しかしその見通しは非常に暗い。

ところが信じられない事にそんな悲観的見方は相手にもされない。地域の永年の洪水被害の恐怖は無くなってもこの地区の活性化は厳しい。その賑わいを取り戻すには近くの都市部から人を呼び込まないといけない。その戦略は数年前に完成した旧福知山線の廃線敷き歩きの人達。しかしそんなもんでは如何ともし難い?その程度の認識が地域の人達にも行政にも無い。

Img_6884

Img_6881

Img_6885

武田尾温泉「歓迎」看板が何とも哀しい。飲料水メーカーの宣伝にもなっていたこの看板の実態は何とも悲惨。マルキ旅館はかさ上げ工事の下になり完成した堤防の上の用地は整備されているがその再開の目処は立っていない。元湯温泉は土日祝祭日のみ日帰り温泉のみ。河鹿荘は廃業。

紅葉館は対岸で唯一高級旅館として営業中。繁盛している。但し宿泊料金は安くない。それだけの価値を知っている人達が利用している。そんな温泉の実態は地域活性化の政府のかけ声は全くありません。最近は殆どニュースにもならないが日本全国何処でも田舎の駅前に人の賑わいは無い。

親父の故郷の駅は無人駅になり列車は一日数本の列車しか停まらない。そんな地域の活性化対策は何も無い。阿呆でしょう?それが時代の流れ?それが国鉄民営化?それが豊かな生活。高齢化対策、少子化対策と言っても中身は何も伴わない現実を今年の夏は教えてくれる?

熱中症に気を付けてこまめに水分補給?そんな生き方をしてどんだけ長生きをするの?その程度の事も問えない間抜けな公共放送?オチャラケの民放も同じだな。そう考えるなら自ら生きる道を切り開けば良い?出来る訳が無い。そう言われている。そんな事は無い。何事も信じる者が救われる。

これはオームの麻原の教えではない。その程度の教えも出来ない現在の指導者達。広島、岡山、愛媛の人達は何で怒りの拳を振り上げないのだろう・そんな政治家を支持した自分達の責任?次期総理は現総理で決まり?何と情けない世の中だろう。そんな事もどうでも良い。今日は本屋にお出かけです。散髪もしてさっぱりとしないといけない。

Img_6889

Img_6890

Img_6891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

武田尾 尾根道は荒れ果てて通れず 予想の範疇(笑い)

Img_6861

大阪は今日も暑い。夏だから?それにしても蒸し風呂。こりゃたまらん。

Img_6862

Img_6863

Img_6870

本日のこの川(武庫川)の水位30センチ。大雨の時は4メートルを越えて正面の道が冠水する。それでも何も人的被害は無い。アスファルトで舗装されている所が少しめくれただけ。速攻で補修。それで何も問題は無い。通行止めになっても通る人は居ない?武田尾温泉はそれでも全く困らない。その活性化策は何も無い。(今の処)

Img_6864

Img_6869

Img_6871

Img_6872

Img_6873

JR武田尾の駅には普通電車が1時間に4本停車。バスの利用客のの全てがここから数キロ上の西谷の住民。ただその多くは近くの駐車場を契約して殆どバスには乗らない。車に乗れない子供達は家族の誰かが送り迎えをする。結局バスに乗るのはそれ以外の人。このバスの採算は最悪。採算無視の運行は行政の補助で成り立っている。その打開策がこの看板?何の打開策にもならない。自分達でぶちこわしている?

Img_6874

Img_6876_2

Img_6880

この武田尾の尾根は400メートル足らず。ただ直登のル−トは今は無い。左の山裾を大きく迂回する。その距離1キロ弱。今日はその道を歩いてその先で尾根に登る。その道も歩く人は全く居ないので荒れている。それでもその道は何とか歩ける。問題はその上の尾根道。この道は再び戻って来るが高低差は小さいので快適な道。だった。

その道が通れなくなっている。このハイキングコースを西宮市の道路補修課が管理して居る。それが間違いだと思って確認したのが数ヶ月前。ところがそうではなかった。担当課係長のT君は本当に丁寧に対応してくれた。倒木を指示して切り倒してくれたり足場の悪い所を直してくれた。

しかし尾根道のひどい状態には対応してくれなかった。親父から怒鳴りつけられる。それは余りにもひどい状態でとてもハイキングコースとは言えない状態だった。その事は前来た時に確認しているので自分で片付けるしか無いと思っていた。ところがひどすぎる。

自分は道に迷わない様にマーキングのアカテープを用意していたが途中で止める。アカン。自分が遭難する。そう思った途端、即刻引き返す。そして怒りの気持ちが込み上げていた。ご覧あれ。このハイキングコース。どう考えても行政の道路ではない。山道。ハイキングコースの管理は何処がするの?森林管理局に聞いた事がある。国有林は森林管理局(国の出先機関)民有林は行政がやる?それも明確ではない。?何でだろう?

Img_6891

Img_6893

Img_6894

Img_6895

この階段を上がるとベンチがある。ここ迄駅から約1キロ。体調が良くないとここから引き返す。今日は次のポインント迄歩いてそこから尾根に登り尾根道を通れる様にしないといけない。このクソ暑い山の中でそんな事を考えていた。この猛暑の中でやるべき事が明確でも完結する保証は何も無い。

その予想が当たる。そして激怒。誰に?それは決まっているだろう。管理者。優先順位があると言われて納得したの半月前の話。いつ迄もそんな事は許されない。人の命に関わる。大袈裟?それではその証拠をお見せする。事故が起きないのは通る人が居ないから?それは言える。親父が久しぶりに歩いたのは3ヶ月前。その時と様子が激変していた。道が倒木で塞がれている?そんな物ではない、道が失せている?写真を見れば分かる。

Img_6954

Img_6955

Img_6956

息を切らせながら汗をびっしりかきながら尾根に上がる。この看板の文字見えるかな?この看板を立てた人は今この先をどんな思いで見ているのだろう?それを考えると許せなかった。西宮市が管理してはいない。それともハイキングコースがからこんな物?箕面の山奥でもそんな所がある。

そしてこんな立派な道標(道しるべ)は無い。だからこんな管理はしてはいけない。それともこれも自己責任。そんな事は言わないだろう?だから激怒していた。アホやのう?阿呆でーす。これからこの道は健康を願う多くの人のハイキングコースになる。ならないだろう?距離が14キロ弱。平凡でつまらない?知らないという事はそう言う事。そう言う人は自分で自分の体を鍛える事は出来ない・余計なお世話。確かに。

Img_6958

Img_6961

Img_6962

少し歩いただけで道が分からなくなる。引き返す時の目印を付ける。この時点ではまだ先に進めると思っていた。ところがいくらも先には進めなかった。どうも道が違う気がしたから。いくら慣れた道と言えども様子がおかしい。もう少し進めば尾根道に出れると思いながら引き返す。親父がする事ではない。それ程にひどかった。

Img_6964

Img_6965

Img_6966

この先で尾根道に出ると思ったがそうではなかった。この時点で引き返す。そして名塩側から、読売のゴルフ場の外周からこの尾根道に入る所から、ここ迄の整備をさせる。そう確信する。問題を解決する方法は簡単。自分に出来る事は何も無い。だからといって何も出来ないと諦める事は無い。

人の力を借りれば良い。中々力は貸して呉れないがその時にどんな手を打つか?それだけの問題。これだけお見せすればこれはハイキングコースとは言えない事がよく分かる。まだ分からない?それではこの先をお見せする。それでも整備されなければ次の手を考えるしか無い。この失われた道を綺麗に整備する事は容易ではない事を思い知る。

Img_6967

Img_6968

Img_6969

この景色を見た時にこの先に進む事を諦める。道を探す時、絶対にやってはいけない事は下に下る事。下に下れば必ず谷に迷う込む。谷を探しているのではない。尾根道を探している。そう思った時、この下に降りる事は無かった。ここから引き返すとき予想していた通り赤い目印(来た道)を探していた。

Img_6970

Img_6971

Img_6972

Img_6974
Img_6975

Img_6977

Img_6978

ようやく尾根に上がった所に出て来る。ハイキングコースというのはこう言う道だろう?違うのかい?出直す事にした。

Img_6979

Img_6981

Img_6982

この表示も間違っている。これも教えたが無視された。よく調べろ。この現在地は尾根を登った所。この表示がある所は尾根を下がって左に曲がる所にある。どうでも良い?どうでも良くない。ハイカーはこれを目印に歩いている。クレームが無いのは歩く人がいないから。これから親父が宣伝すると一気に多くなる。それでもこのハイキングコースは現在はこの表示のある左は歩けない。ご覧の通り。そんな道を歩いたらただでは済まない?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の関わる危険な暑さ だから気を付けて下さい?阿呆だろう?

命に関わる猛暑はまだ続く?その意味も原因も知らなければその対応も出来ない?そんな事は無いだろう?自分の命は自分で守る?それが出来なければそれはそれで仕方が無い?今年の暑さは半端ではない。エアコンの効いた電車の中でもバタバタと暑苦しい扇子を使うオバカが居る。ところがそれが非常識ではない?一度電車の中で叔父さんに注意した事がある。その時そのオバカは怪訝な顔をして理由を聞いた。

アホンダラ。その程度の事は自分で考えろと思いながら親父も態度を変える。暑いのはアンタだけではない。みんな我慢している。自分の体臭を人に撒き知らすな。偉そうな事を言った記憶がある。隣の親父は親父の勢いに引き下がったが難儀なのはオバちゃん。彼女らはそんなことを言われてもとぼけた顔をして素知らぬ顔をしている。

そんなオバちゃんに更に追い討ちをかけるとタダでは済まない。反対に逆襲を受ける。アカの他人に偉そうな事を言われる筋合いは無い。文句があればそんな法律を造れ。そう言われ兼ねない。そんな時どうする?さり気なく電車を次の駅で降りる。それからどうするの?頭を冷やす。体は更に暑くなるけど。

そして次の電車に乗り込んで椅子には座らない。立っている人でも暑苦しい人は居るけれどその時は辛抱して気を紛らす。アホやのう。その通り。だから出来るだけ街中には出掛けない。どうしてもそんな生活をしなければならない事は少なくなる。ただ珠に出掛けた帰りの電車の中で本も読めなくなると流石に怒りが込み上げて来る。

それでもそんな時間は長くは続かない。命の危険を伴う暑さ。馬鹿だろう。そんな生き方をしていると長くは生きられない。知らないという事はそう言う事。被災地の人達の報道をもっとしろ。そして困窮している災害対策を政治家は最優先課題にしろ。しないどころか汗もかかない?

岸田次期総理大臣候補は広島選出と自民党有力代議士。東日本大地震の時もそうだったが被災地に何が出来たかで今後の政治生命は決まる事を学習していない。ところがそんな怒りの声が全く報道されない。このクソ暑い時こそ爽やかな生き方をしないといけない。それとも反乱が起きないと政治家の顔色は変わらない。

被災地の人達ももっと怒りの拳を突き上げろ。そうでないとこの国は何も変わらない。大阪は今夜は天神祭の舟渡御。(ふなとぎょ)広島、岡山、愛媛の深刻な被災地の事は全く知らない馬鹿達が気勢を上げる。そんな生き方は間違い無く叩き潰されるに違いない?そんな警告は宗教団体も全く関係ない?

その程度の教えも出来ない指導者達。日蓮、親鸞、そして弘法大師はそんな生き方を許すのだろうか?そうだとしたら彼等の教えは一体何?そんなオバカな事は全く夏の夜の夢。大阪京セラドームでは何の因果か知らないけれど巨人−ヤクルト戦。巨人の先発がヤングマン。ヤクルトがブキャナン。

ナンダカンダ言った処でその程度の事だろう。野球は興味を失っても多くの事を教えてくれる。これから先の多くの事を暗示してくれるに違いない?因に日本経済は?貧乏人は益々貧しくなる?消費は盛り上がりに欠ける?それでは景気は悪くなる?ところがそれは日銀が景気を下支えしている?

どういう事?日銀にそんな打ち出の小槌があるの?あるんですよ?そのお陰で皆、楽しい夏を迎える事が出来る?そこ迄来ると馬鹿だね。そんな訳が無い。親父は今日は武田尾でハイキングコースの整備です。適当にやるのでご心配なく。それでも運が悪いと元気で帰って来れない?まさか。生きるという事そう言う事?違うかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン診断でもう休ませて下さいと言われた相棒が最後の力を振り絞って起動している

先日相棒のパソコン(MacBook Pro)が情報量は一杯になっているから、外付けのハード、ディスク用意して下さいと言われ、東芝の商品を買ってアップルのお店(大阪心斎橋)に持参して処理してもらったが、原因はそれだけでなくバッテリー劣化でトラブル解消は出来ないと診断された。

その相棒が今、不死身の様に立ち上がって親父に感動を与えて呉れている。おっかあもそうだったがサジを投げられても最後の最後迄親父の為に(自分自身の為に)何ごとも無かったかの様に振る舞ってくれている。大丈夫。貴方の替わりは居ないけど何とか頑張るしか無いと思いながら別のパソコン(MacBookエアー)で仕事をしていても安心出来ないのだろう?

大丈夫。今年の暑さも何とかなるからと思いながらも動かなくなる迄キーボードを叩き続けるのだろう?1人になって今年の夏で22年。貴方の替わりは見つける事は出来なかったが何とか生き延びている。自分の力だけでなく多くの人の優しさを結果的には踏みつけにしながら。それでもそれを支えにはしている。その思いを何とか再生しないといけないが無理かもしれない。

ただこうして予想外の事が起きると心の底から嬉しい。何時迄立ち上がってくれるか分からないがその覚悟は既に出来ている。誰に何と言われようと過去は取り戻す事は出来ない。前を向いて努力をすれば必ず報われる?世の中はそんなに甘く無いがミラクルは皆無では無い?その事を教えられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月24日 (火)

暑い夏 猛暑日注意 暑さに注意出来る体力が求められる

Img_6849

Img_6850

Img_6851

池田市役所前のミニ花壇の可憐な花。名前は分からない。写真はズームアップしているが実際は小さい小さい花。それでもこのクソ暑い日差しに負けずにアサガオの様な花を広げている。この花の勢いがあれば親父もこの夏、元気に乗り越えられる?甘い。この暑さに負けない体力は既に失せている。

その証拠は体のふらつき。数年前迄は全くそんな事は無かった。それでもそんな事は大した問題ではない。何を考えどう行動するか?その事が問われている?そんな事は関係ない?そうかも知れない。御陰様で体調は回復。夏は暑くて当たり前?エアコンは嫌い?そんな人は今年の夏は乗り越えられないだろう?

賢く生きる。ただそんな生き方は誰も出来る事は無い?岸田政調会長。今秋の自民党総裁選挙にも出馬せず。この人も終わりだな。安倍総理は終わっている?誰もそうは思わない?政治にも仕事にも関心は無い?そんな事は無いだろう?この猛暑はその事を教えている。

暑い日も長くは続かないが何と言ってもまだ7月の24日。間違い無く暑い日は後1月以上続く。その対策は総理大臣にも会社の会長、経営者にも無い。偉そうなことを言っている宗教団体、学者先生にもない。無様な東京医科大学のインチキ入学試験。そんな大学で医療技術を学んだ医者が病気を治す?フダケルナ。

しかも問題になっているのは3流官庁の文部省。1流、2流の官庁ではそんな間抜けはしない?担当大臣がコメントをしているが彼等には責任の一端も無い。そんな訳無いだろう?その程度の事を報道出来ない皆様の000。これから暑い夏が更に燃え上がる?

ジジババは言うまでもなく全ての人が閻魔大王の審判を受けないといけない。そんなコントロールは出来ない。そんな事ははない。「猛暑は続く」その本当の覚悟はこれから始まる?大阪28℃。路面は40℃を超える。この暑い日差しの中で親父を育ててくれた両親に手を合わせても合わせ足りない。

Img_6852

Img_6853

Img_6854

Img_6855

市役所前の銀杏の木。見上げると銀杏の実がぶどうの様にたわわにぎっしりと一杯。今年の暑さで豊かな実りが約束されていた被災地の農作物、果物は壊滅状態。それでも野球で元気を取り戻す。アホンダラ。オチャラケの野球を見ているだけで深刻な被害は大きくなる。その事を思い知らされる。それでもそんな報道は読売には出来ない。尤もらしい面をしても被災地の苦しみは癒される事は無い。その程度の事が分からない?

Img_6857_2

Img_6858

それぞれの夏。それぞれの猛暑。それぞれの喜びと哀しみ。そんな夏が始まっている。今年の夏は武田尾でどんな避暑が出来るのかな?人の為ではなく己の為に?己1人がどんなに満足の行く生き方が出来てもそれは本当の喜びではない?そう思っていたがそれは違う事を痛感させられている。

人の為に何かを為す前に己の生活を安定させる。その当たり前の事が出来なければ何の価値もない。そう思い知らされている。当然の事。当たり前の事。その事がこの歳になって思い知らされている。この石は地元のロータリークラブが寄贈している。出来るだけ多くの人がいろんな想いを込めて撫でて下さいとアピールしている。

どれだけの人が撫でるのだろう?多くの人の思いが踏み付けにされているその社会を変える事が先だとは思わない?その程度の事も分からない?今年の夏はそんな事が問われる。流石の親父も腹を凹ませないとお呼びが掛かるに違いない?ただこの親父お呼びが掛かっても嬉々として閻魔大王の面接に出掛けるに違いない。

一撃を食らわされる?その可能性の方が高い。明日は武田尾で尾根道の整備出来るかな?西宮市役所T君。どんな対応して呉れているかな?期待出来ないかも?それはそれで結構毛だらけ親父汗まみれ?親父が汗を流せば良い。その整備が出来るとこのハイキングコース。高らかに宣伝出来る?

ただ全コース歩くには半日掛かる。それだけの根性は失せている?まだまだ?口だけは何とでも言える。このクソ暑い時13キロは歩けない?確かに。武田尾の尾根に上がるだけなら片道2、5キロ。引き返して5キロ。その程度なら楽勝?山道はそんなに甘くない。この夏の暑さはもっとしんどい?どっちや?腰はすっかり楽になっている。腹は食欲旺盛で凹まない。情けないね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

暑さは最高 相棒も手当の甲斐もなく立ち上がる事が出来なくなる

Img_6812

Img_6813

Img_6819

暑い暑いと言いながら大阪も最高の暑さ。電光温度計の表示を見ると39℃。オイオイ。ボヤボヤと歩いている時ではない。道頓堀の景色も日が暮れないと見られた景色ではない。大阪Appleのお店でパソコンの中に一杯になった記憶容量を移し替える時間(1、5時間)近くをぶらつく。

Img_6815

Img_6818

Img_6821

夜になると観光客でこの道は一杯になり身動きも侭ならないが、流石にこの時間は人の往来は少ない?とんでもありません。外国人観光客がウロウロしている。1番多いのは韓国人。そして中国人。彼等は団体で行動するのでその声だけで道を譲らないといけない?親父はそんな事はしないがそれでも多勢に無勢。相手が避けてくれないと立ち止まるしかない。流石にぶつかってはこないがそのうち負けるだろう?

Img_6825

Img_6827

Img_6828

大阪歌舞伎座は大阪難波の土地と建物を売り渡して別の場所で営業中。その跡地にこんな高層ビルが立ち上がる。持ち主は冠婚葬祭の00会社。この写真をダブルクリックして拡大すると見えるかも?残念。その部分を写していない。それでもどうしても知りたければ大阪歌舞伎座跡地で検索すればその00会社のホームページが見れる?

古い建物は外観の一部が再現され、後はすっかり面影を変える。冠婚葬祭の大手「ベルコ」この土地と建物を買い取って長い間放置されていたが、数年前から解体、新築工事が始まり来年10月にオープンする。この写真を撮っている時に近くで大きな音がして体をすくめるが、何の事は無いこの工事用のパネルの出入り口の音だった。当てて見ろ。タダでは済まない。コラ。

Img_6829

Img_6832

Img_6833

右の建物が大阪難波Takashimaya。このデパートも関西南の老舗。このお店の包装紙も関西人のあこがれだった。今はこの老舗も大きな改革を迫られている。南海電車のターミナルデパートとして一時代を築いて、今は関西空港からの外国人観光客の受け入れの役目を担(にな)っている。

この話を関西以外の知らない人に説明すると、関西私鉄の総延長距離1番は近鉄。ターミナルデパートは上六(上本町6丁目)と天王寺。次が阪急、阪神。(以前はライバルだったが今は統合されている)ターミナルはいずれも梅田。次が南海。難波Takashimaya。そして京阪。京阪は天満橋がターミナルだがデパートは沿線?

東京の私鉄の歴史同様?関西の私鉄は梅田(大阪北)天満橋(大阪東)近鉄(大阪東南)そしてここ難波。それぞれに別会社が乗り入れをして中心部は地下鉄(以前は市営。今は名ばかりの民営?)この政策は関西の役所の権限が今より強かった時、当時の役人は決めたと言われる政策にあると言われている?ホンマかいな。ホンマです。殆ど知らない。

Img_6834

Img_6826

Img_6836

久しぶりの難波Takashimayaの建物の立派な外観の先にあるのはパチンコ屋の看板。臨時国会の最後に法案が成立したカジノ付き複合施設ではギャンブル依存症が尤もらしく論議され、最終的には自民公明維新他の野党も賛成。大阪市民の反対も無い。維新の言う政治を変えるという事はそう言う事。笑いが止まらない。

大阪市民もその程度の認識しかない。カジノ付きIR法案?今、日本では違法賭博は違法だがそれが合法化される。そんな法律が罷り通るという事はお天道様が許さない?その程度の事も分からない?今年の夏の暑さはその事を暗示している?そんな馬鹿な?そうかな。今年の夏は和歌山の南高梅を奮発して体をアルカリ体質に変えないといけない。

Img_6837

Img_6838

Img_6839_2

ウインズ難波?場外馬券売り場。梅田にもある。今でもこんな場所で馬券を買う事が出来る。中央競馬はギャンブルではない?日本中央競馬会は農水省の外郭団体?公正な競馬を行う為の組織?それがどうして国が管理する?その事が問われたのは昔々の話。今ではテレビで競馬の宣伝が堂々と行われている。

そのお金誰が出しているの?日本中央競馬会。(JRA) 多くの人がそう思っている。その金は馬券を買った人が払っている。そしてその事が法律的に認められている。そしてその収益金で多くの人の生活が成り立っている。競走馬育成は国の施策。これからも廃止、縮小される事は無い。そう思われている。

Img_6841

Img_6842

Img_6844

Img_6845

Appleでパソコンの処置(一杯になった画像の情報を外付けの記憶媒体に移し替え)をしていた(1時間半)ので引き取りに行く。このパソコンには本当にお世話になる。それも息子のお陰。忙しい中色んな事を教えてもらう。親父は何も分かっていなくても文句ばかり言っていた。そのパソコンもバッテリーが動かなくなる。それでも何とか最後の力を振り絞って立ち上がっていた。それでももう充分です。ゆっくり休んで珠には起動して下さい。(無理だな)

しばらくは出掛ける時に持ち運んでいるMacBook Airのお世話になるので今迄と変わらない?そうは行かない。パソコンの情報量で親父の場合は一眼レフの情報が1番。その事を考えながらプロバイダー(ニフティ)のデーターは消していたが、パソコン本体でも同じ事をしないといけない。それでもいずれこのMacBook Airもダウンする。その時は親父もダウンする時。そうは行かないよ。

大阪市役所の市長も威勢はいいがこの程度の歩道横の植え込みの中も修理出来ない。外国を飛び回るのも良いけれど、これくらいの修理も出来ない。大阪維新の会の大阪を変えるという事はこう言う事では無い事を教えてやらないといけない?誰が?誰に?この植え込みの管理者だろう?誰が?大阪市民。大阪市民もその程度かい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

腰が痛い 靴下が履けない。マジかよ。マジ。それでもアンタは偉い?

Img_6755

Img_6756

Img_6757

夕方出掛けようとして靴下を何時もの様に足を腰掛けに置いて履こうとすると激痛が走る。腰が痛くて履けない。マジかよ。嘘だろうと思いながら何度も挑戦するが結果は同じ。無理な物は無理。出来ない事は出来ないと普通は諦める処。そこが違う。腰を痛めた理由も分かっているし、腰が痛い人に何度のその対策を教えていたので慌てる事は無かった。

Img_6759

Img_6761

Img_6762

Img_6763

何とか無理をして靴下を履く。それから駅前のドラッグストアーに腰痛の塗り薬を買いに行く。この薬を塗れば大丈夫と思っていた薬が効かない。何でだろうと思いながらもう一度その薬を探す。箱が変わっているだけでなく値段が倍になっている?薬くそ倍?それにしてもひどい。

商品名が出さないけれどウロウロしながら考える。痛みには替えられないしそう思えば息子が言う様に安いもの?ところがこの親父思いは変わらなかった。それでどうしたの?大きな声では言えないが違うメーカー(ライオン)のハリックス55にする。湿布の貼り付けはオカンがいればどうって事無いが一人では背中は手が届かない。

ところが腰はどうにか手が届く。20枚入り500円と何十円かプラス。これで決まり。ただ帰る迄はうまく貼れるか気になっていた。問題無し。これで何とか明日も靴下が履ける。その確信をしながらニンマリ。しかし実際は散歩コースを歩いて大した事が無い事を確信していた。

腰に決定的な痛みがあっても歩く事に支障がなければまず問題は無い。歩けなくなったらそれこそアウト。腰が痛いという人に歩く事を勧めている。その歩き方ものんべんだらりとした歩き方では確認は出来ない。確認するときだけ背筋を伸ばして足はガニ股でなくモデルの様に歩く。その距離は7〜8メートルで充分。

それだけ歩ければ筋が炎症を起こしているだけ。その炎症をこのハリックス55で取れたら最高です。巨人の阿部も最高の言葉は口に出来ない。可哀想に3連敗か?読売の恥さらし。ザマーミロ。広島も被災地の復興を考えれば手放しには喜べない。それにしても強いね。今年の夏は高校野球も中止になる?訳が無いだろう?カチ割りが売れるだけ。カチ割りと言われても分からない?頭をカチ割り。阿呆。氷のカチ割り。

Img_6766

Img_6768

Img_6769

ここ迄歩ければ大丈夫。登り坂で喘ぐ事は無かった。坂道の写真を撮っていると通りすがりのおっさんに邪魔される。オッサンにして見れば親父が邪魔?そう言う事かな?そう考えれば文句もいない。こうして無事城跡公園の芝生に辿り着いただけでも感謝?腰の痛みは何も感じられなかった。これで一安心。しかし芝生の様子はそうではなかった。?

Img_6770

Img_6772

Img_6777

Img_6778

親父がクレームをつけていた芝生のワルには除草剤が撒かれていた。しかしこんな事をしなくても芝刈り機で丁寧に雑草を刈ればもっと綺麗な芝生の管理が出来る。その事も教えたがこの芝生の管理者にはその程度の事が通じない。市役所広聴の課長に言わないと駄目?そんな事は無いでしょう?このやり方は余りにもこの芝生を育ててくれた人の思いを踏みつけにしている?そうは思わないのだろう。

Img_6779

Img_6780

Img_6783

Img_6782

雲の合間から夕日が差し込んでいるがこの芝生も前任者が丹誠込めて育てたもの。その労苦を簡単に思っている?そんな事は無い?この程度の事しか出来ない?そう言う事ではないだろう?もしそうだとしたら笑い者だな。この公園管理者は公園ゲートの開け閉めと鯉の自販機の餌の補充と代金の回収。そこ迄しか出来ないのか?そうではないだろう。市の対応が問われる?そんな事もガタガタ言われる事は無い?

Img_6785

Img_6786

Img_6787

確かに芝生もどきの草に除草剤をかけるとその花も茎も枯れる?ただその根っこは芝生の芽から出ている。この草を枯らしても芝生はかれる事は無いと聞いた事があるが本当にそうなの?芝生もどきのこの生命力の強い草を枯らして芝生は勢いを増す?そんな事を信じていたとしても芝生は刈れ。芝刈り機も無い。はり倒されるよ。

Img_6788

Img_6789

Img_6790

公園も夕暮れが迫る。この時期は閉園時間は午後7時。まだ明るい。一人で蝉の寂しい鳴き声を聞いていると後からカップルの男の声がジャカマしい。男二人に女二人。女の方は違う出口からこの正面に出て来る。すぐ先に赤い車が来た時に停まっていた。松山ナンバー。この城跡公園には無料の駐車場は無い。行政のサービスも最低。路上駐車の若者も最低。初心者マークが貼られていた。マナーもガキ。こら。

Img_6792

Img_6793

Img_6794

街中の歩道に立派な街路灯。1基100万円。道の両側500メートリ足らずで36基。片側18基。10メートル間隔。という事は500メートルではなく180メートルで3600万円。何とも贅沢な街路灯です。まだ点灯されていない。歩く人は殆どいない。

Img_6798

Img_6799

Img_6800

マンション完売。入居が始まるのは来月末?そんな事もどうでも良い。近くにもっと大きいマンションが工事中。この街は更に大阪の通勤圏としてその規模が拡大する。環境も治安も文句無し。子育ての環境としても悪くない・問題は親父達の生き方だな。腰の痛みもパソコンのダウンもその警告かもしれない。

老いるという事はそう言う事だという事を思い知らされている。それとどう向き合いどう仲良く出来るか?その事が問われてもこのジジイの価値観は変わらない。それでもこの暑さに負けない生き方をしないといけないのだろう?政治はこれから薄汚い夏休み。それから秋には安倍の再選?

本当にそうなりまんのか?その程度の夏?そうは問屋が降ろすのかな?保護貿易に反対する?どんな面をしてそんな事が言えまんのか?その程度の事も分からない?なんだかんだ言ったところでその程度の政治認識だろう?アメリカトランプ大統領はそんな常識は通じない事が分からないのだろう?

このおっさんはそんな事より自分が選挙でどう戦うかを考えているだけ。アメリカ経済がガタガタになる事は全く考えていない。その点でロシアとも北朝鮮とも日本とも仲良しになれるのだろう?中国とはファイティングポーズを取るだけ?大阪の政治改革と同じだろう?

橋本と安倍総理はいずれ手を握る?そんな雲行きになっている?公明党はその事を何処迄歓迎するのだろう?創価学会のオバちゃん達も爺ちゃん、婆ちゃんもそんな事は何も分からない。池田大作先生もお飾りになっている?そんな政治の世界もいずれ無視される。

それ迄今の様な無様を晒すのだろう?そんな事は何も分からなくても関係ない?情けない国になりました?それでも中国、ロシア、北朝鮮よりマシ?どうなのかな?大阪は本当に暑い。被災地の人達はどんな思いでこの暑さの中土砂に埋まった家の片付けをしているのだろう?広島巨人3タテで気分は最高?そんな気分には到底慣れない事もマスゴミは伝えない。公共放送は何処の国でもこんなもんだろう。

Img_6802

Img_6804

Img_6805

Img_6806

ハザードランプを着ければ横断歩道の近くでも車は停められる?運転席で運転者は乗っているから問題ない?その為に後続の車は対向車線を走らないといけない。このおっさんはその程度の判断も出来ない?そうではないだろう?パトカーの巡回が無いから?お巡りの巡回は無いから?人から注意されると逆に開き直る?警察は忙しくてそんな指導は出来ない?嘘をつけ。事故が起きないと出動は出来ない。心して掛かれ。

Img_6808

Img_6809

Img_6810

Img_6811

この場所は元々は公園。この道を造った時当時の道路管理者(市役所)は車が停まらない様にこのゴムポールを立てた。白線だけでは平気に車を停める。現にこの右側の白線部には荷下ろしの車が平気に停まる。依然この道が公園の時には何処で荷下ろしをしていたのだろう?その程度の指導も警告も警察にも行政にも出来ない。

この道路を管理して居る責任者はこの事実を知らない?それ共見て見ぬ振りをしている?幸いにこの場所で交通事故は一度も無い?知らないだけかも。車は右折しか出来なくて停止線があるから?この無様な有様は長く続いているが市の責任者はいない?そんな事は無いだろう?

何度もクレームをつけてその度に体よくあしらわれている。市民のクレームもその程度だろう?ただいつ迄もそんな事は続かない。危険が自分の身に降り掛かっても振り払う事は無い?法治国家とはそう言う事ではないだろう?それとも中国の様に法治国家とは国の為の法と秩序?

個人の尊厳を踏みにじっても平然とその言葉を口に出来る。?何の事は無い。アメリカでもフランスでもこの国でも同じ事?小さい事に目くじらを立てるな?そうではない。小さい簡単な事は守れない人々に大きな問題を語る資格が無い。その程度の事が分からない。そう考えれば良いのだろう。いろんな生き方。考え方がある。その事を理解すれば何も問題は無い?そんな事は無いだろう?いずれ法の裁きを受ける。

読売の内閣支持率世論調査。支持率45%。どんな人が指示してマンネン。そんな人はマトモな政治認識をしてない?そう言うと叱られる?事実今の内閣には大きな間違いは無い?嘘をつけ。この内閣が一貫して口にして来た言葉。政治不信を無くす。その事がこれほどに蔑ろ(ないがしろ)コケにされても誤魔化し通す。

これでは社会の常識さえも変えてしまう。その事もどうでも良いのだろう?政治屋さんはこれから夏の間。いろんな人から色んな批判を受ける。それでも指示される。それは他に替わりがいないから。それでは替わりを造れば良い。そう簡単には行かない。それでも高杉晋作が騎兵隊を造った時を考えれば世の中の常識は非常識。

平成の終わりにそんな異端児が出てもおかしくない。その為には「世の中を変える」ただその一点で団結しないといけない。野党の大同団結?そんな事が出来る訳が無い。政治を変える?そんな事が出来る訳が無い?ならば自分の固定観念を変えよう?そうすれば暑い夏も涼しくなる?そんな事が出来る訳が無い?そうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコン(MacBook Pro)完全にダウン。熱中症ではない。記憶容量が満杯になる。

Img_6747

Img_6748

Img_6749

Img_6751

Img_6752

大阪心斎橋の老舗百貨店が生き残りを懸けて大阪大空襲にも耐えた古い建物を建て替えている。但し御堂筋側の東側玄関と側壁は残す。この建物が完成すると心斎橋の買い物客の人の流れは又、大きく変わる。この老舗デパートで買い物をすると言う事は長い間関西のステイタスでもあった。

今はその価値も評価される事も無く外国人観光客が心斎橋通りを埋め尽くしている。この百貨店が完成するのは数年先。その時、再び関西のお金持ちはこの百貨店に押し寄せるのだろうか?そんな事もどうでも良い。ただ期待された阿倍野ハルカスの近鉄デパートは開店当時の勢いは無い。名古屋駅前も大きく変わっている。

変わり様が無いのは地方都市だけ?そんな事は無い。アナタが知らないだけ。親父の故郷大分駅前は激変。しかしそこから特急で一時間の佐伯は変わり様が無いだけでなく全くの田舎の街。地域経済の活性化もその勢いは関西には全く伝わらない。それでもこの国の経済は静かに回復している。

日銀短観。日銀支店長会議でどんな地域経済の実態が分析されているが、間違い無く高齢化、少子化、地域の過疎化は確実に進行している。田舎の駅を降り立って痛感する事は行き交う人の数が都会とは全く違う。その素晴らしい自然や食べ物の美味さが見直される事は無い?

これから都会の生活は間違い無く苦しくなる。そんな事も関係ないと思われている。無医村に住める体力は殆どのジジババは手にしていない。無医村で楽しく生きる。そんな生き方は出来ないのだろう。田舎の人達は涼しい環境で美味い者を食っている。ただ現金収入の見通しが厳しい。そんな生き方を変える伝道師。その登場は無いのだろうか?ありません。今年の暑さはその事を証明している。

Img_6753

Img_6754

このお地蔵さんの由来が書かれている。昨日、相棒(ぱそこん)のトラブル診断をアップルで行った後、その診断結果の報告をした処。この場所はおっかあと息子の大阪学生生活の無事を祈念した所。何の因果か知らないけれど相棒の手当もこの場所で約束していた。長い間(とは言っても8年間)親父のブログを書き留めてありがとう。一眼レフの画像の情報量が多くなる迄こき使って申し訳ない。手当をするのでもう少し頑張って下さい。そう念じていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国愛媛(肱川)ダム緊急放流の教訓 防災ダムでは無い

Img_6606

Img_6607

Img_6608

Img_6610

MacBook Proの記憶容量が限界を超えて起動がスムーズに立ち上がらない。その対策は記憶媒体をパソコンの外付けにする。そして情報量を減らす。言われてみれば当たり前の事。その当たり前の事が分らず一眼レフの膨大な情報量を溜め込んでいたオバカさに愕然とする?

何の何の。ジジイの知識はその程度の物。そう開き直りながらようやく最後の力を振り絞って動いて呉れているパソコンを労りながら記録をまとめている。ごめんなさい。来週、改善します。この暑さでダウンしているのでは無い事が分りました。知らないと言う事はそう言う事。

これだけの情報量をタダで公開するオバカさも学習する事が出来ました。四国愛媛のダム放流も国交省の役人はその程度の学習も出来ない?その程度とはどういう事。その程度の事とは殆ど説明されていない事?ダム建設の時に尤もらしく国交省が説明する洪水、防災対策。

このダムは洪水対策。全国各地のダム建設の時、地域住民に説明される言葉。これは嘘です。大災害になる程の雨が降ればどんな大きなダムを造ってもその水を塞き止める限界がある。当たり前の事を誤摩化している。そして現実にその事が起きただけ。その説明は(ルール通り)バカタレそんなルールがあっても大洪水を起こした責任は免れない。

その程度の事も分らない。そんな政府が支持される。国土交通大臣は愛媛を訪れその損害を深刻に受け止める。そんな事もしないで現地出先機関の役人に頭も下げさせない。そんな政治、そんな国会議員が指示される。間抜けな総理大臣は何百億、何千億の災害復旧を口にしているが金では購う事の出来ない災害の責任は誰も取らない?

誰の責任でもない天災?そんな政府は何をしているのか?マスゴミの報道からも知る事は出来ない。被災地の国会議員は何をしているのか?この大災害の支援がボランティア発動が頼り?アホでしょう?このくそ暑い中で彼等に何が出来る?その程度の考え方もない?そんな事は無いでしょう?もしそうだとしたら確実にこの夏の暑さは悲劇を招くに違いない。

Img_6611

Img_6612

Img_6613

Img_6614

このハイキングコースは西宮名塩財産区の杉林の中をこの場所しばらく通り抜ける。杉の価格も暴落して手入れ(枝打ち、間伐、下草木刈り)も出来ない?加えてこの山の所有者の高齢化。財産区とは何?その言葉の意味も分らなかったが昔の名塩村の財産。

この財産区とやらは全国各地にある。それだけでなく個人所有の山の手入れも行き届かない。そうして山も崩壊している。山が崩壊すればどうなるのか?人々の生活は一瞬にして叩き潰される。その程度の事を地域住民は知らない。地域住民だけでなく県民も知らない。そんな報道が無ければ都会人は全く知らない。

そんな生き方をしていると都市も大災害に襲われる。それが地震。東京ではオリンピック。大阪では万国博。そしてカジノ複合施設。人々の暮らしが豊かになると言う事はそう言う事なのだろうか?違うだろう。この猛暑はその事を問い掛けて要る?そんなバカな。そう思われている。本当に悔いの無い安住の地域は見つける事は出来ないのだろう?

Img_6615

Img_6620

Img_6622

Img_6626

Img_6627

8年前の8月。喘ぎながら自転車を押しながらサンダル履きで登った四国霊場。そこで見た杉林は地域の青年達が地域起こしで組合法人を造りながら森林資源を確保していた。その活動も大阪では全く報道される事はない。日本には多くの森林資源が残されているがその保護と活用は殆ど都会人に知られていない。

親父も知らなかったが国有林を管理しているのは林野庁。国有林以外の民有林は何処が管理しているの?知らないだろう?そんな役所の統廃合も名前だけ。名前が変わっても中味は規制をかけているだけ。活性化対策もこの有様。その程度の事も知らなければその程度の生き方すら出来ない。そんな事も関係ないと思われている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

猛暑 エアコン 熱中症 後40日 覚悟は出来ているか

Img_6681

Img_6682

Img_6690

Img_6687

堤防の草刈り。綺麗に刈られている所とそうで無い所の違いは何?その答えは堤防の点検に合わせて行われる?そう言われて疑問の思いが大きくなる?だからこんな無様を晒す?そんな事を思う人はいない。だろうな。このクソ暑い時にそんな事はどうでも良い?ところがそうではない馬鹿タレが居る。大型ゴミの不法投棄。普通堤防迄はやらないだろう。山奥の藪の中でもあるまいし。ところがこの様を見て唖然とする。

Img_6699

Img_6700

Img_6701

Img_6703

Img_6704

Img_6705

捨てる阿呆に見る阿呆?捨てる阿呆はこんな警告書は見ない。見てもとぼける?自分で片付ける位ならこんな無様は晒さない。それを考えてこの警告はされている?警告が無視されたらどうするの?その事はいずれ分かる。その程度の事だろう。

Img_6708

Img_6709

Img_6711

Img_6712

河川管理の多くの問題は川が氾濫した時に大きな問題になる。しかしその危険性は全国至る所で当たり前に見る事が出来る。その事を知らないだけ?知っていてもとぼけているだけ・そんな事は無いだろう?その事は日常の暮らし方を見てもよく分かる。知らないという事はそう言う事だろう?

お天道さんにその事を思い知らされても分からない。この広島球場の観客もそんな事は関係なかった人達だろう。そうでなければこんな声援は出来ない。広島の強さと脆さが同居している。政治の世界も経済も同じだな?カジノ付き統合型複合施設?何時迄こんな無様な政治を正当化するのだろう?それでも大阪は暑い。

Img_6715

Img_6717

Img_6718

Img_6719

Img_6720

Img_6721

Img_6722

Img_6723

ここは公園。この洪水のガレキもこのまま放置される。誰も片付けはしない?因にここは伊丹市の公園?この場所に何で公園を造ったのか?その間抜けさは分からない。?この堤防の外は伊丹市?地図で見てみないと分からない。

Img_6724

Img_6728

Img_6729

この先に軍行橋がある。この橋の上流で帝国陸軍の軍事演習が行われ明治天皇が見学している。そんな事はどうでも良い。そうどうでも良い。この国の帝国陸軍は国民の軍隊ではなく天皇陛下の軍隊だった。その絶対的な力は簡単に国民を蔑ろにした。そして帝国陸軍は天皇陛下は愚か国民も守る事は出来なかった。そして惨憺たる負け戦。そんな歴史も知らないばか者達が多くなっている。

Img_6730

Img_6732

Img_6733

この橋のガレキは河川管理に聞いても綺麗になる事は無い。そんな事は無いだろうと思っていたが知らないという事はそう言う事?本当に馬鹿タレが居る。この公園の管理者に聞いて見ないと分からないが公園の植え込みの後にゴミを出すか?今も昔も「ろくでなし」は「ろくでなし」こいつらは恥という言葉を知らない。

そんな生き方をいつ迄も出来ると思っている輩は何処にでも居る。河川管理とは公園管理とはそんな馬鹿タレの入り込む隙間も無くさなければならない?難しい?それが仕事とは思っていないからだろう。MacBook Airの画像の取り込みは出来る様になりました。プロのトラブル(初期画面が立ち上がらない)これも早急に解消しないといけない。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

猛暑列島?親父の相棒MacBookエアーもダウン?鰻を食わせないといけない?

昨日の写真がパソコンに取込みが出来ない。その原因をメーカー(Mac)にしてもらうが親父の理解が足りないのか?コールセンタ−のオペレーターの知識が足りないのか?意志の疎通が出来ない。問題の認識共有が出来なければ当然トラブル解消は出来ない。そんな時、頼みの綱があればストレスが溜まらない。老いては子に従え。そんな気持が無ければ文明の利器は使いこなせない?

親父は同年代のジジババに比べて全く違う生き方をしているが、どんなに自慢しても出来る事と出来無い事がある。その事が分かっていても平然と感情をむき出しにして生きている。そんな生き方は何時迄も通用しない。そう思いなが生き方が変わらないのはどうしてだろう?そう考えて見ると面白い?

面白いと言うより完全なアホ。それでも多くを語り多くの事に憤慨している?そんな生き方をしていると惨めな死に方しか出来ない。ところが現実はそうでは無い。本当に人も羨む(うらやむ)生き方をしている人でも天災、事故、不運としか言い様の無い災害、災難、認知症になっている。知らないと言う事はそう言う事。本当にひどいと思われる事を平然と行うオバカ達。何時迄もそんな生き方は出来ない。パソコン迄もがそう警告している?

Img_6568

Img_6570

Img_6571

この川の流れは一見綺麗。しかしこの暑さでもこの川で泳ぐ人は居ない。その訳はこの辺りに子供達は居ない?人の集落も無い。しかしここ武田尾は宝塚からでも遠くない。隣の駅の上には大きな新興住宅地も在りこの先2つ先の駅には多くの住宅地がある。

それでもそこの子供達はこんな汚い川に来なくても、近くの体育館に立派なプールがある。その綺麗に管理された水と監視員の居る場所で泳ぐ方が当たり前になっている。親達はそんな選択を当たり前に考える。水の事故はそんな常識を無視した所で起きている。そう思われている。時代は変わる。それが必然?

Img_6574

Img_6575_2

Img_6576_2

Img_6573

こんな汚れた川で泳ぐ訳が無い。ただこの汚い川の水は下流の住民の飲料水として取水されている。それが全く問題ないのは取水されたこの汚れた水は綺麗に浄化され殺菌、滅菌されて綺麗な飲み水として供給されているから。そのお金は誰が出しているのか?水道局と思われている?

そんな事もどうでも良い?知らない?ところがそのお役所水道局が民営化される?そんな事は誰も知らない。今でも多くの都市で水道料金の高さで多くの不満があるがそれが高くなる。何時から?それは数年先?国鉄民営化。郵政民営化。道路公団民営化。全く同じ。

全て良くなったと思われているがそれも違う。直接その赤字を国民の多くは負担していないだけ。国の財政負担は雪だるまの様に膨れても直接関係ない?ただ水道料金は全く違う。今から水道料金がお安い湧き水豊富な田舎を探さないといけない。アホ。

と言う事はここ武田尾では無理?そんな事は無い。豊富な谷水がある。温泉がある。川の水も汲み上げて殺菌、浄化をすれば良い?それは保健所が許さない?そんなオバカな行政はアテにしていない?水と空気はタダと思われて来た生き方を変えないといけない。そんな警告が点滅している。

Img_6581

Img_6582

Img_6583

親父が子供の頃泳いでいた川でもこんな汚れの淵はあった。その時は平気な顔をして汚れた川の中を潜って戯けて(おどけて)いたが、それでもその不快感は今でも忘れていない。そんな時必ず綺麗な本流で体を清めていた。ところがここは本流。この汚れを綺麗にするのは澱みを無くさないといけない。

そんな川の流れを造るには行政と河川管理者の知恵を借りないといけない。ところが信じられない事にそんな河川の管理者は居ない?親父が知らないだけ?そうかもしれない?しかし県の河川管理は水質管理はしていない。川を綺麗にする事?そんな話は全く噛み合ない?今の処。

Img_6586

Img_6587

Img_6588

この川を綺麗にするには川の中に水路を掘り下げて急流を造りその水を小石を敷き詰めた川床を数百メートル造らなければいけない。それでもその小石はすぐ汚れる。その小石を定期的に交換しないといけない?そんな事をしてもこの汚れた川は綺麗にはならない。それ程に汚れている。そんな事は誰も知らない?

お疲れの所、Macエアーのトラブル解消。ありがとうございました。保存していた写真のデーターをどんどん消しました。しばらくはサクサクと写真を取込んでくれるに違いありません。MacBookエアーも手にしてそろそろ7年。本当にありがとうございます。

MacBookプロはそれよりも長くて8年。親父は何も進歩していません。それでもこの相棒のお陰で親父は生きています。ありがとうございます。明日は久し振りに心斎橋のアップルセンタ−でプロのメンテナンスを聞いてみます。(初期画面がすぐ立ち上がらない。)完全にダウンしている?

Img_6591

Img_6597

Img_6598

パソコン(MacBook Pro)もパソコン内に溜め込んだ一眼レフの画像の情報が多過ぎて完全にダウン。初期画面が立ち上がらない。それで大阪心斎橋にあるアップルセンタ−?に出掛ける。1階は販売フロアー。二階はトラブル対応フロアー?(違う)親父はそう思っているが相談は無料。

但し何時も一杯。予約無しでは個人的なズルは許されない。アップルの殿様商売。イヤなら来るな。そう思われて久しく行かなかったが、困ったら背に腹は変えられない。それでも親父はアップルの大事なお客さん?そうは思われていない。トラブルの対応方法は易しく教えてくれる。

ただその処置をするか分からない。今夜はスムーズに動いている。しかしそれも時間の問題。本当に長い間ありがとう。外付けのディスクを買ってまだまだ親父の相棒として頑張って下さい。パソコンの平均寿命は5年?親父の相棒は8年。も少し付き合って下さい。この後、山に入る。

Img_6600

Img_6601

Img_6603

Img_6604

ここはハイキングコースの階段を登った所。体調が良く無いとここから引き返すが、ここ迄1㌔足らずしか歩いていないの次のポイント迄歩く事を考えていた。そこ迄もここから1㌔。駅から往復の距離は4㌔になる。たかが4㌔。されど4㌔。この道は山歩きが好きな人なら誰でも好きになる。

それなりに道も険しい。こんな贅沢が出来る人は殆ど居ない。信じられない?それは宣伝が足りないから?知らないと言う事はそう言う事だろう。その先は尾根を登るので足腰が悪く無くても高齢者は体力の制限がある。親父も次の機会は何時になるのかな?その時も決まっている。(尾根道を整備しないといけない)その後だな?アホ。アンタがやれ。(そのつもり)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

猛暑は後1月?そうなったら大変な事になる?そんな覚悟も無いだろう?

Img_6538

Img_6539

Img_6540

Img_6541

暑いね。暑いね。も一つオマケに暑いね。そんな言葉を耳にしないでも、この駅のこの場所に立つ迄ひと苦労?ただ親父の楽しみはこの場所で同じ飲み物をイッキ飲み。これだけ宣伝しても応援コメントは何も無い。メーカーからのお礼の言葉も無い。(ある訳が無いだろう?)さよか。

暑い。暑い。暑い。も一つオマケに暑い。煩い。ジャカマシイ。暑苦しい。爽やかな人の爽やかな囁きを聞きたい。アホか。だな。夕方の買い物で白くま君の季節限定6本入りのアイスを自分にプレゼント。値段は高かったけれど(480円)?家に帰った時は暑さでとろけていた。

それが又何とも言えない口当たり。今日は武田尾に行けたし最高。と言いたい処でしたが川も山も昔の夏の景色は失せていた。取り返せるのだろうか?一人では無理だな。ジジババのサポーターを募らないといけない?それも無理。この暑さで動けない?嗚呼。人影は通学の娘達だけでした。この暑さはジジババはお呼びでは無い?ところがそうで無い事を誰も教えてくれない?

Img_6542

Img_6543

Img_6544

Img_6545

Img_6546

Img_6548

Img_6549

このトンネルは旧福知山線。今はこの先ガードマンが立っている所で左に出ないといけない。直進は出来ない。しかしガードマンが立っていると言う事は工事用車両が通り抜けている。しかしその先は武庫川の河川敷きに出るだけ。その先は道が無い?旧福知山線の鉄橋が流されている。

何でガードマンが立っているの?それは親父も最初分らなかった。それはこの先を工事用車両が通るため。何の為に通るの?武庫川の堤防防災工事をしているから?そんな事は殆ど知らない。どうでも良いだろう?そうはいかない事をいずれご説明する。聞きたく無い?そうだろうな。

そんな工事が今、中断されている。それは堤防工事だけ?詳しくは分らない。そんな事もどうでも良い。それなのに何んで工事用ダンプが通るの?それは色々あるのだろう?それもどうでも良い。しかしこのトンネル前の草刈り。何とかなりませんか。

歩行者通行注意の看板はあるがこの草は刈らない。始めて歩いた時、ガードマンに大声で注意され親父からどやしつけられている。注意するのは工事用車両も同じ。草も刈らずに喚かれる事は無い。この道を歩くのは親父位の者?その内多くの人が歩く様になる。その時、ガードマンの数を増やすだけ?そんな事はさせない。それともここも通行止めにする。やりかねない?

Img_6550

Img_6551

Img_6552

Img_6553

大雨の時、4メートル近く上昇した水位も一気に下がる。これから天気が続くと更に下がる。しかしこの川では泳ぐ事も水遊びをする事が出来ない。そんな管理しか出来ていない。写真で見ても水質は汚い。綺麗な水の流れを汚したのも人間。そしてその改善も出来ない人間。それでもこの川の大切さは何も変わらない?その程度の事も知らないマヌケ達。そんな人達が猛暑日を喚いている?

Img_6554

Img_6555

Img_6556

Img_6561

この素晴らしい川の流れも良く見ると汚い。これでは川の中で子供も大人も快適に遊ぶ事は出来ない。水の中に体を浸けてその体が汚れる?そんな水にどんなに気持ちが良くても入りたいとは思わないだろう?思うか?この川の流れを綺麗にする。そんな事が出来るのだろうか?出来る訳が無い。

そう思われている。ところがそれが出来ても河川管理者はそんな事はやらない?そんな規制法は無いから。信じられない事だが水質の管理に浄化と言う言葉は水道事業しか無い。各行政の水道局は川の水を取込んで水道水として(飲み物)全く問題ない浄化をしている。どんなに川の水が汚れても余り関係ない。

(全く関係ないとは言えない。)河川法は厳しい。有害物質を川に流せば刑事告発を受ける。業務停止を処分。会社立ち入り検査を受ける。しかし個人がそれをやっても分から無ければその刑事告発は無い。出来ない。そんな被害を受けない為に水道局の水質検査は非常に厳しい。その現実を殆ど知らない。

だから川が汚れても悪臭がしても川が干上がっても関係ないと言える。それは無い。川が干上がると川からの水道水の取り込みが出来ない。川はそれ程に大事な物。そんな事も全く知らないオバカも少なく無い。川の水を汚さない取り組みを行政はもっとしなければならない。そんな時代がやって来る。間違いない。

Img_6572

Img_6573

Img_6574

この川の水を浄化して多くの人が水道水を口にしている。当然こんな川では泳げない。そんな川がある事も関係ないと思っている。親父も基本的には水道水を口にしない。(嘘をつけ)煮沸して料理には多く利用している。生水をミネラルウオーター2ℓ毎日買っているだけ。そんな事を報道するテレビは無い。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑日 熱中症に警戒?笑わせるな マスゴミのインチキ報道が問われている?

止めなさい。そう言う言い方?そうかな?新聞テレビの報道と言われても新聞は全く見ない。テレビのニュースも殆ど見ない親父にとって(夏は暑くて当然)と思いながら暮らしているが今年の夏は異常気象?気候変動がどうたらこうたら言われるがその対策も全く報道出来ないマスコミはゴミ以下?

そのくせもっともらしいコメントを長々と語るので見ているとうんざり。余計に暑い。爽やかな生活をするには冷房の効いた部屋で体調管理に気を付ける?アホこけ。歩けない人。病気で身動きが取れない人はそうかもしれないが、元気なお年寄りも少なく無い。そんな人もそんな生き方をしないといけない?

全く真逆の事をもっともらしく報道する記事を書いている人はそんな事は分らない。この暑い最中、どれだけの人が生きる為に暑い日差しの中で働いていると思っているのだろう?そんな事は分っているが(熱中症にお気を付け下さい)としか言えない?

この猛暑の中でどれだけ多くの人が汗水を垂らして生活再建に必死の思いをしているのだろう?政治家もすっかり政治屋になり利権の為に行動している?そんな報道は全くされない。その理由を有権者ももっと考えないといけない?無理か?彼等も又そんな政治を望んでいる?まさか。

この親父の見方は個人的な見解?カジノ付きIR法案成立がそんなに喫緊の課題?そんな事も全く分らなくても関係ないと思われている?大阪の威勢の良かったオバチャン達もこの暑さで無様な姿を晒している?もっともらしい事を言うな。熱中症対策をして生き残るその価値を問え。

今日はようやく武田尾に行ける。武田尾の渓谷も綺麗な水ではなく、そろそろ悪臭が漂う。この川の流れも多くの関西人は知らない。その程度の生き方をしている。この山間の川も水辺で遊ぶ価値を失っている。親水公園が在ってもその水は体を着ける事も出来ない。どうして?汚水だから。

信じられない?その管理も侭ならない。その程度の水質管理をしている事も知らない。武田尾に終の住処を求めて通う様になって久しいが、この地域は今、時代の流れと共に人の気配が薄れている。4軒の温泉旅館もその多くが廃業に追い込まれ一軒だけ細々と土日祝日の日帰り営業を続けている。

それも時代の流れと中小企業の経営コンサルの企業経営者に言われたがそうでは無い。この温泉旅館の一軒は川の対岸で今では多くの常連客に人気を集めている高級旅館。旅館の経営も楽ではないがその特徴を最大限に発揮すればお客が反応する。

この地域の自然は本当に素晴らしい。それを生かし切れなかっただけ。行政はそんな地域活性化策は何も用意出来ない。それでもその地域に数億?数十億?の防災堤防工事が行われている。そんな事は殆ど知られていない?関係ないと思われている。そんな生き方をしてどんなお迎えがあるのだろう?

余計なお世話です。確かに。さあ。出掛けましょう。暑いぞ。それもバアちゃんの苦労を思えば屁のカッパに違いない。暑い日差しの中を籠を担いで行商をしながら育ててくれた恩返しが何も出来ていない。今迄忘れた事は無かったが晩年に言われた言葉は忘れていない。(長生きはするもんじゃない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

何だこのバカテレビ こいつらには恥を知ると言う言葉は無いのだろう?

Img_6476

Img_6477

Img_6478

10日程前に濁流が流れ下った川とは思えない。濁流は対岸の堤防の下迄流れている。ここは固定堰があった処。この堰が整備されたのは3年前?本流一杯にコンクリートの低い堤防が敷き詰められている。水が全く流れていない様に見えるノはこの上流に可動堰があるから。その堰は洪水時には倒される。

Img_6524

Img_6525

Img_6529

この飛び石のコンクリートは堰ではない。川底が洪水時に深く掘り下げられない様に床固めの河川設備。しかし今回の洪水で完全に埋まる。この堰の下では完全に水が流れ落ちて恰好の子供達の水遊びが出来ていたがそれも出来ない。この時点で悪臭がしている。ここ迄水量が少なくなるのはこの数百メートル上に可動堰があるから。農業用水確保の為完全に水をせき止め、放水路のみの水量になっている。

Img_6534

Img_6535

Img_6537

これだけ完全にせき止められた堰を初めて見る。今まだでは堰の上から水が流れ落ちていたが今回はそれも無い。放水路からの水量では一時的に河川は完全に干上がる?そうならない様に堰をゆっくりと立ち上げながら下流に水を流していたが今回は一気に立ち上げている。それでも下流の上水道の取り込みには問題は無い?

Img_6485

Img_6483

Img_6484

ここは中国自動車道の上流。川の中の体積土砂の上に長年木々がそのままになっていた。自然に優しい河川管理。そう言われて来た。この場所がこれ程の流木とガレキで覆われている。これ迄これで問題ないと思われていた事がそうではない事を見せつけられている。

それでも河川管理者はこのまま放置する。これで何も問題ないから?他に緊急を用する場所がある。そんな言葉を重ねるのだろう?確かに被災地の復旧が優先される。しかし彼等はそんな仕事はしていない?このまま放置されるだけ。今年の猛暑でここも間もなく悪臭が漂う。それでもこの場所を歩く人は殆ど居ない。

Img_6483_2

Img_6487

Img_6488

Img_6489

この階段を自転車を抱えて降りる。バランスを失うとタダでは済まない?苦笑しながら横向きになりながら体のバランスに気をつける。自転車で降りる道が塞がれている。大体この階段を上り下りする人も居ない。増してや自転車を抱えて降りる人等いる訳が無い。この階段は手すりも無いので歩いて上り下りするのも楽ではない。

Img_6490

Img_6491

Img_6492

ここは緑の多い場所だった。しかし川の中に緑が多いという事はどういう事か?そんな事も関係ない。そして大水が流れ下る度に河川敷のグラウンドは冠水する。それが何の疑問も感じられなく環境に優しい河川管理と思われていた?そう宣伝されていた。こんな場所は全国至る所にある。

広島、岡山、愛媛とは規模が違う?そんな事は無い。同じ量の雨が降ればこのスーパー堤防も簡単に切れる?その程度の事が殆ど認識されていない?他人事ではない?その程度の事も分からない?日本全国。何処でも例外は無い事を思い知れ。その程度の報道も出来ないアホテレビ。なら見るな。そう。テレビも無用の長物になる?

Img_6493

Img_6494

Img_6495

Img_6497

Img_6496

ここは散策の道ではない。堤防の上は車道。自転車をこの上を押して通り抜ける。何だこの間抜けな散策の道?散策?歩く人は殆どいない。管理者もいない。そんな事は無いだろうと思いながら通り抜ける。この先はもっとひどい。その理由を聞いて開いた口が塞がらなかった。

河川管理の重点は点検、整備。草刈りはその為に行う?嘘でしょう。草刈りは堤防管理の要だろう。草が刈られていないと堤防の強度は無視される。ゴミが放置される?その程度の事が理解されていない?理解しても仕方が無い?その事を教えてもらう。こんな所を自転車で通るな。そう言われていた。

Img_6500

Img_6501

Img_6502

堤防下に農業用水路がある。その水路の外にこの大木がある。ここは川の体積土砂の上。その木々の大きな枝が切られている。何で根本から木を抜かないのだろう?これが環境に優しい河川管理?アホでしょう?あほ。あっそ。この先の体積土砂の森?は取り払われる事は無い?何時迄そんな無様さを晒すのだろう。

Img_6503

Img_6506

Img_6507

Img_6508

狭い道を自転車で通り抜けようとしてバランスを崩す。右の草刈りなんでやらんのや?左に倒れれば用水路に落ちる。首に掛けているカメラを一瞬気にする。アホ。そんな問題ではない。倒れたら笑い者?ハンドルを草むらに向けながら足を着ける。何でこの草を刈らないのか?その理由も分かる。

Img_6509

Img_6510

Img_6511

左が本流。右が堤防。しかし右の草が伸びているので自転車が通る幅は狭い。左の川の中に何でこれだけの森がある?森ではない。環境に優しい河川管理?アホこけ。知らないという事はこう言う事だろう。この農業用水も役目を終えている。この時期農業用水はあり得ない。それはこの水量を見れば分かる。

Img_6512

Img_6513

Img_6514

Img_6515

猪名川ドラゴン自然緑地?環境に優しい?何を勘違いしてまんねん?河川管理の要諦は何でんねん?要諦?この言葉の意味も分かりません?辞書を引いて下さい。河川管理で1番大事な事は洪水時の水の流れを妨げない事。その程度の事をやりなはれ。NPO法人が綺麗にガレキを片付ける?何か勘違いしていないか?彼等に出来るのはゴミ拾いだろう。その事を思い知る事は無い?

Img_6516

Img_6517

Img_6518

Img_6519

Img_6520

NPO法人 環境にやさしいまちづくり推進会。この看板を見ながらこの河川敷のこのゴミを本当に彼等は綺麗に出来るの?大体この組織は全国至る所にあるが所詮ボランティア活動。ゴミ拾いは出来て洪水時に出たガレキの処理は一部しか出来ない。当然行政が金も人員も出さないといけない。

しかもこの広場は草刈りもしないといけない。その旗ふりは誰?その事を河川事務所と行政に明確にさせる。出来ないか?被災地の土砂や流木はこんなもんではない。その処理を何時迄にどうするのか?その目処もつかない。被災地の人は本当に悲惨な生活に追い込まれているが、その報道を見ていると人の無力を思い知らされる。

それでも当事者でなければ関係ない。政治家は何をしているのか?国会議員の定数削減を約束して政権に復帰した自民党、公明党はその約束を果たすどころか増やす?カジノ付きホテル、リゾート施設を造る?被災地の人達はそんな政治家を支持する?その理由は反対勢力がバラバラだから?そんな事をお天道さんが許す訳が無い。

それがこの暑さ。それでも議員の数が民主主義?そして法案が成立したら夏休み。景気も悪くない?株価も上がる?多くの被災地の悲鳴は報道機関が少しだけ尤もらしく伝える。熱中症に気を付けて?ボランティアさんありがとう?そうではないだろう。もっと多くの重機を全国から総動員して生活基盤を一日も早く復興する。

それが分からない?そんな事は無いだろう?何とかなると思っている。広島選出の国会議員の先生達は何をしているのか?岡山選出の自民党元総理の息子はネットで被災地の情報を知らせている?支援の力の報告は余り感じられない?公明党、創価学会は何をしているのか?そんな事もどうでも良いのだろう。

この猪名川では幸いにそんな被害は出ていない。ただ他人事でない事をどれだけの関係者が学んでいるのだろう?そんな事もどうでも良いのだろう。偉そうなことを言っている親父でも何もしていない。ボランティア活動も義援金の寄付もしていない。

しかしそんな事もどうでも良い。その程度の生き方をしている。いずれくたばるだけだろう?今年の夏は異常気象?異常な暑さ。精々体力を整えて来たる時に備えなければいけない?そんな時は無い。そうかも知れない。今日はクーラーの効いた部屋で電話で仕事をしていた。いろんな人の考えを聞くのは珠には良い?確かに。

Img_6521  

Img_6522

Img_6523

Img_6524_2

1億以上の工事費用を使って(この金額は推測です。正確な金額は知らない)ただこの河川施設は正式名称は「床固め」この河川施設にはこんな土砂は溜まっておらず、昨年の夏は子供達の歓声が響いていた。ただ水は汚く体が汚れる程のコケが流れていた。その水量も失せていた。その原因はこの上流で川の流れを塞き止めているから。この工事は一体何だったのだろう?そんな問い掛けも無い。

Img_6525_2

Img_6529_2

Img_6528

今となってはこの看板(紙)も空しい。それでも今年の夏はここで子供達は水遊びをする。何ともやりきれない風景。それでもこの下の水路で娘達が水路に腰掛け足を水で冷やしていた。この水路が子供達の恰好の遊び場になる?それでもその水は薄汚い。原因。川の水が淀んで浅い。

流れに勢いが無いとその汚れは半端ではない。この床固めのコンクリートの上流に小石を敷き詰めてもその水は綺麗にならない?そんな事は誰も考えていない。行政の考えを聞いても絶望的でした。子供達の夏はプールでないとその安全は保てない。川の綺麗な四国の鮎喰川(あくいがわ)の透明な流れを思い出していた。

親父の故郷の川も護岸工事がコンクリートで固められ流れがすっかり変わって泳げる深みは無い。テレビの報道でもっともらしく語られる熱中症対策。今、地方の川では殆どが遊泳禁止。川が危険で道路を歩く事も危険。そんな環境の中でどんな子供が育つのだろう。そんな未来が待ち構えている。

Img_6532

Img_6536_2

Img_6533

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

暑さは本格的 気合いを入れて「南高梅」干しを買う 体質を変えよう

Img_6422

Img_6423

Img_6424

Img_6425

本日予定変更。先日のゴミ不法投棄の確認に行く。(関係ないだろう)と思っていました。ところが市役所のスーパーマンはきちんと指示を出して片付けてくれていました。それでも別の所でこの様。最近は考えられない行動をしても見逃してくれると思うオバカが多くなる。天、地、人なる言葉を知らないオバカ?

何を考えて生きているのだろう?そんな事はどうでも良いのだろう?恥さらしはいつ迄も続けられない事を思い知らしてやらないといけない? 被災地では大量の土砂と格闘しているというのに。こんなオバカは晒し者にしてやる。親父がその程度の事を口にしてもカエルに小便、屁のカッパ?いつか思い知るに違いない。その時は棺桶に入る時に違いない。アホ。

Img_6428

Img_6432

Img_6433

先日の放置ゴミは片付けられていた。流石です。しかし電話で市役所に確認するとスーパーマンは不在だった。替わりの監督者の話では一度片付けられた後、もう一度置かれていた。ホンマに悪質。この草を刈らなければ同じ事を繰り返す?警告の張り紙を出すと言われていたがアカンやろう?

どうして?やる事はえげつない。即刻国交省におばかな草刈りを改めさせる。この場所が何故放置されているのか?分からない。ここは堤防の上。尤もらしい事を言いながらこの程度の管理しか出来ない?堤防は広島、岡山、愛媛の土砂災害でもその役割は大きい。

ろくな防災施策も取らない生き方の見直しが迫られても、この程度の管理しか出来ない?国土交通省00河川事務所の河川管理の実態を殆ど知らない?その訳は何でだろう?全国の河川でその事が求められても関係ないととぼけながら生きている。川は一度(ひとたび)氾濫すると全ての財産を破壊する。その事をもっと知らないといけない?

Img_6434

Img_6435

Img_6437

Img_6438

ここは堤防の上。何でこんな無様を晒すのだろう?堤防土手の草が綺麗に刈られている所とそうで無い所がある。その差は何だろう?その差は堤防の草刈りが指名業者に任されているから?河川間事務所の管理者に聞いてもこの場所の不手際は即答出来ない。分からなければ堤防の上の草むらに不法大型ゴミを放置する?これは犯罪だろう?絶対に許さない。放置は絶対に許されない事を思い知らさないといけない?

Img_6439

Img_6440

Img_6441

Img_6443

Img_6444

Img_6445

この中に大型ゴミは放り込まれている。当然個人ではそんな事は出来ない。大型冷蔵庫は重機でないと撤去は出来ない。堤防の上の不法投棄。国土交通省猪名川河川事務所は片付けるのだろうか?それは行政のスーパーマンに任せれば良い。草だけは堤防管理者に厳重注意をして即、刈り取りをさせる。これもひどすぎるね。モラルではなく犯罪です。

Img_6446

この左の場所と右の草むら(写真ではよく見えないが草の高さも半端でない)は国土交通省の管理ではない?そんな馬鹿な事は無いだろう?クレームをつけないと彼等はそんな仕事をしている?そんな事は無い。日々河川管理に眼を光らせている?それがこの様か?今日は暑い日差しの中を余計なお世話をまき散らしていた。

Img_6450

Img_6455

Img_6458

Img_6459

Img_6460

10日足らず前にこの川幅を乗り越え河川敷のグラウンドの上を流れ下った濁流の爪痕は報道では殆ど流される事はなかった。それはこの程度で済んだから?人間は自分達に直接被害が及ばなければ、その教訓を学ぶ事は出来ない?全てはお役所任せ?そのお役所が大災害の時に出来る行動は限られている。その事は被災地の現場を見ると胸をえぐられる。それでも関係ない。防災の担当でも為す術は無い事を全く知らなくても?

Img_6461

Img_6462

Img_6463

Img_6464

Img_6465

バックネットが事前に倒されていたがその上を20センチ近く濁流は流れている。こうなると土のグラウンドの表面はボコボコの凹凸が出て整備をしないと使えない。ただここの洪水時の水の流れ方はひどすぎる。よく見ると河川敷のグラウンドの外に堤防が無い。何でこんな河川管理をしているのだろう?

それを承知で河川敷のグラウンドがある。どこかで聞いた言葉。ところがこの言葉が嘘である事を証明する。この写真ではよく分からないが川の流れがこの上流で少し変っている。その為洪水時には水の流れがグラウンドを直撃している。そんな事も分かっている?そうかな。その為のグラウンド整備も仕方が無い?そうかな?知らないという事はそう言う事かい。

Img_6469

Img_6470

Img_6471

Img_6472

ここも冠水はしている。しかし冠水の深さが違う?冠水の水の流れが違う。ここは川の流れが左から右に流れてグラウンドの外に一部堤防がある。その堤防がこの写真の左で終わっている。何でや?それは分からない。因にこのグラウンドの管理者は川西市。下流のボコボコのグラウンドは伊丹市。管理者が違う。その違いは歴然。知らないと言う事はそう言う事。間抜けな行政はどっちゃ?そんな事もどうでも良い。

Img_6473

Img_6474

Img_6475

この川の流れは自然が造ったもの?それとも大雨の前にこの水路は造られていた?この川の流れのお陰で近くのグラウンドの冠水被害は殆ど無かった?この更に下流にも河川敷のグラウンドがあるがそのグラウンドの被害は最悪。そうして見ると川の中の流れ、体積土砂の掘り下げは関係ないとは言えないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪雨被災地 それにつけても世間の冷たさ?政治の無能?

毎日ブログを書いているがそろそろ夏バテ?そんな柔な体では無いと思っていたが歳には勝てない。今年の暑さは半端では無い。ハゲ頭にタオルを乗せただけでは体力の消耗が激しい。何のこれしきと思っていた暑さもこれからが本番?涼しい日陰で冷たい飲み物でも口にしながら人生を考える?そんな生活も悪くは無いけれど毎日武田尾は遠すぎる?涼しい高原の宿でのんびりと過ごしますか?

そんな優雅?つまらない?生活は出来ないが、心に迷い起こらば困窮したる時を思い起こすべし?これは家康の遺訓だがこの言葉のお陰で徳川は300年続く?そう考えて見ればこの世の多くの矛盾もそう簡単には覆る事がない。世の中が平和で安定している事は素晴らしい事であるが、実際は多くの悲惨さを知らないだけ。知っていても見て見ぬ振りをする?そんな生き方をしているだけだろう?

いずれそんな生き方はその不幸を少しだけ負担しなければならない。その覚悟もなければ人は無慈悲な生き方が出来る?広島、岡山、愛媛の被災地の厳しい生活はこれからどれだけ続くのか分らないが他人事では無い。その決意も覚悟もなければいずれその不幸は他人事では無くなる。

政治屋のオッサン、オバハン達もその程度の事が分からない。政治屋の人員削減。そんな合意も踏みにじられてもまともな生き方が出来る?そんな道理も知らないのだろう?この暑さはその事をお天道さんが教えている。そう思うと感謝しないといけないのかもしれない。

ただそれは被災地の人には過酷な仕打ちでしかない事を誰も知らない。そんな生き方がしている。最近ふらつくのはその警告?ただ人の生き方はお天道さんにも役行者にも弘法大師でも指図は出来ない。人は生まれながらに手にしているその生き方はお釈迦様でも変える事は出来ない。問題はその事に何時気付くか?だけかもしれない。そんな夏を迎えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川の日は7月7日 祝日ではない 国交省が勝手に決めている

Img_6358

Img_6359

Img_6360

Img_6361_2

Img_6362

Img_6363

Img_6364

Img_6365

Img_6366

暑い一日。最近はそれでも歩かない日は無い。雨が降ってもと言いたいところだが、流石に雨が本降りになるとカッパと長靴を処分しているので歩けない。しかし今日は猛暑日。部屋の外に出るとそこは香港?道を歩くと日差しが路面に反射して眩しい。それでも歩きを止めないのはどうしてだろう?

その理由は簡単。いずれ歩けなくなるから?今は歩かなくてもそんな事は無いがいずれそんな時が来る。そんな時どんなに喚いても体は言う事を聞いてくれない。自分の始末を自分で付けられなくなる。その時誰が面倒を見てくれるのだろう?その心配は無い?そんな環境を見つけないといけない。

仙人はどんな生き方をしていたのだろう?その程度の事も考えられない。情けない生活をしている?武田尾の山の中では如何ともし難い?それもそうだな。根本道場を造らないといけない?それは駄目だな?規制が張り巡らされている。行政の力でも駄目だな。空海の真似事も出来ないだろう?親父に出来る事は自己管理しか無い?その為にはスーパーマンの力を借りないといけない?アホやのう。

Img_6367

Img_6368

折角大切に育てられていた芝生が弱っている。ただその事実は殆どの人が知らない。この芝生を大事に育てていた人の思いは完全に踏みにじられている。そんな事実をこの芝生を見ながら思いやる人は殆ど居ない。何気なくこの芝生を見てもそんな事は分からない。芝生が弱くなった時、勢いを増すのがこの芝生?

この輩は芝生のワル?人間様だけでなく芝生の世界でも同じ事が起きている。そして生命力の力で凌駕(りょうが)される。政治の世界。経済の世界。人々の係わり合いでも全く同じだな。この対策は簡単でもそのコストが省かれる。何とかなりませんか?行政の担当者?管理者?この素晴らしい芝生の広場も西宮市南口の公園の様になる?まさか?そこ迄この草が放置される筈が無い?そう願いたい。

Img_6375

Img_6378

Img_6379

この緑の散策の道も今日は暑い。この暑さもしばらくは続く。これだけ暑いと流石に歩く人も少ないがそんな事も関係ない。暑い日差しもここでは和らぐと思いきや風が全くない。この上の休憩所でシャツも下着もびしょぬれになっていた。しばらくはこの程度の汗をかかないといけない?汗をかいて腹を凹ませないといけない?アホ。

Img_6380

Img_6382

Img_6386

山麓の公園。到着。ここにも人影はない。ここ迄来ると山麓が手招きしているがそれに答える気力は無い。情けない?とんでもありません。ここ迄歩ければ充分。今日は武田尾に行けなかったけれどそれでも満足。この上を歩くにはそれだけの気力が必要?それも要りません。山を歩く時は体力的に不安を感じる時?それで体力を計っている。(信じられません。普通反対だろうと言われる。)そんな事もどうでも良い。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

海の日?我は海の子?いいえ川の子。川の日は?ネエのか?

Img_6337

Img_6338

Img_6339

Img_6342

Img_6343

Img_6344

海の日。山の日はあっても川の日は無い?海も川も汚れ山も同様?どんなに豊かな生活を送っていてもそんな生活は何時迄もは続かない。防災ダム、防災治水ダム?そんな物は想定を上廻る大雨の前には何の役にも立たない?その程度の事を思い知らされても関係ない?政治に興味は無い?その代償の大きさを被災地の人達は思い知らされている?そんな事も関係ない?今日も暑い。

Img_6345

Img_6346

Img_6347

昨日の武田尾。大阪も猛暑日。ここは武田尾駅鉄橋駅ホームの上。駅の自販機で買ったトマトジュースの缶を首筋後に当てるとひんやりして気持ちが良い。トマトジュースは余り買わないが、トマトはこの時期最高の体力補強栄養食品。親父お気に入りの新鮮なトマトとオニオン粉末スープ、それに淡路島のおいしいタマネギと業務用のハンバーグを煮込めば最高のスタミナ食です。

Img_6349

Img_6356

Img_6357

電車の待ち時間は最高で15分。1時間に各停が4本走っている。親父の田舎は1日でもこんな走っていない。1日下りが1本/上りが2本。田舎(日豊本線)何処だ?そんな所?佐伯ー延岡間。そんな田舎がある事を関西人は知らない。この駅もこの地域も知らない人が多い。白鷺も暑さを避けていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月15日 (日)

武田尾も猛暑 さすがの親父も一瞬立ち眩み しかしインタビューは止めんかった 流石と言うかアホと言うか そんな歳になっている?

Img_6289

Img_6290

Img_6291

Img_6292

武田尾の谷。この上に読売のゴルフ場。チャンピオンコースとショートコースがある。しかしこの谷を登る道は無い。足を踏み入れてみたいが道無き道をキチンとした装備で歩かないと行けない。そのルートも無い?近くの大学、社会人の冒険野郎にも無視されている?それ程に魅力が無い?それとも価値が無い?いずれ乗り越えてみせる。(ジジイには無理だな)

Img_6293

Img_6294

Img_6295

そう。ジジイに出来る事はこの川下り。しかしこの川はこの時点で汚い。大雨が流れ下って1週間足らずと言うのに。これから猛暑と共に水位は更に低くなり川の流れは悪臭がして来る。この川の水質管理は殺菌、滅菌、浄化を行えば水道水として利用出来る。しかしお世辞にも綺麗な川とは言えない。泳ぐ子供達も居ない?遊泳禁止?その看板は無い。なくても汚くて危険?

Img_6296

Img_6297

Img_6298

旧福知山線廃線敷き。JR武田尾駅からここ迄は歩けるがこの先は歩けない。左に直角で出れるがこの先は赤い橋を渡るか、橋の手前で右に行ける。その先は温泉旅館「あざれ」しかない。その先は行き止まり。どういう事?そう言う事。始めて来た人はこの状況を全く知らない。公共放送、民放もその程度の情報しか報道しない。それでも関係ないととぼける人は少なく無い。

Img_6299

Img_6300

Img_6301

Img_6302

立派な堤防が出来上がっているが手前は今年の秋から再開、その現場が先日の大雨を凌いでいた。しかし手前は崩れた。そこが通れる様に整備されていた。この道を通って行けるのは武田尾温泉の一番奥の「元湯」旅館のみ。土日祝日のみ日帰り客のみ利用可。

実質的には武田尾温泉で元気があるのは右側の旅館別庭「あざれ」のみ。ただし、ここは高級旅館。お泊りは安くは無い。貧乏人は泊れない?ここの支配人にお合い出来て感謝しています。旅館の経営安定は難しい事では無い?それでも難しいのは利用客の心を掴む事。それは何の商売でも難しい。

それは本当に簡単ではない。武田尾温泉が時代の流れで壊滅しても誰も困る事は無い?そうなのだろうか?暑い日差しの中を歩きながらふらついて隠れ場所に登る。この場所も風通しが悪くて蒸し暑い。手にして来たペットボトルをイッキのみをする。それでもドロドロの血液が薄まる事は無かった。

Img_6304

Img_6305

Img_6306

Img_6307

この赤い橋が完成したのは平成?年。その時は武田尾温泉には数軒の老舗温泉旅館があってまだ復活の希望があった。ところが建物の老朽化と関西の若年層の取り込みが出来ずに全ての旅館が深刻な経営危機に見舞われる。行政の支援もなく時代の波に呑み込まれる。

ところがこの立派な公共工事。誰が決定をしたのだろう?地域支援活性化対策?ところが皮肉な事に行政はその処方箋を全く手にしていなかった。西宮市、兵庫県、総務省?地域活性化とは口先ばかり。信じられない事に西宮政策推進担当から(個々の対策は行わない)と平然と言われる。

個々の対策でない地域振興、地域活性化対策は政府とお友達でないと進められない?何たる行政。何たる政策。そんな報道は何処にも無い。この工事がが完成したアカツキには誰がどんな面をして喜ぶのだろう?そんな事もどうでも良い?そうはいかんだろう?知らないと言う事はそう言う事かも。

Img_6308

Img_6309

Img_6310

Img_6311

左がJR武田尾駅。駅のホームが鉄橋の半分。残りは左のトンネルの中。旧福知山線はこの川の左岸の上を走っていた。その方向を見ながら右岸の道を歩いている。この道は先日の大雨で冠水している。この道をゆっくり歩くと鉄橋の下流に昭和9年完成の立派な橋が掛かっている。

その橋の高さは高いので冠水する事も大水で流される事も無い。その橋を渡って駅に戻ると2㌔の散策。川沿いの道も今日は涼しく無かった。汗がだくだく身に染みる?それでも不快感は無かった。今日はこの道でも真夏日。手前の赤い橋の所で警備員の叔父さんと話をしながら、一瞬ふらつく。それでも我を忘れる事は無かった。流石です。自慢すな。

Img_6312

Img_6313

Img_6318

Img_6317

Img_6320

先日の増水で石ころがゴロゴロしていた路面が片付けられている。溝も綺麗になっている。と思ったのは一部分だった。溝が元々途切れている。それでもこの道は武田尾温泉に続く道。洪水で捲られたアスファルトの部分も速攻で補修されていた。この道を管理しているのは市?それとも県?それは道路の種類で決まる。府道だな?

Img_6323

Img_6324

Img_6325

Img_6322

Img_6331

Img_6332

Img_6338

Img_6335

ようやく隠れ場所到着。ただ今日は蒸し暑かった。元気があってもこの先のポイント1㌔先迄を歩く気力は残っていなかった。手にして来た水をイッキ飲みしてようやく廻りを見回す。人の気配は全く感じられない。と言う事はこのハイキングコースも歩く人は全く居ないと言う事。それも当然だろう。暑い。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらくは猛暑日 今日は武田尾に行こう

Img_6224

Img_6225

Img_6226

Img_6228

Img_6230

Img_6231

Img_6232

Img_6234

昨日の猪名川。ここ北摂を流れ下る大河?この下流は川幅が更に広くなる。しかしここが少し川幅が狭くなるがそれでも川の中には体積砂利が一杯堆積している。その厚さ1メートル以上?この川砂利は見事な砂利。この砂利は川砂ではない。しかしこのバラス(バラスト?川小石。砂ではなく小石が中心)水捌けは良く土砂崩れの対策に最適。

この貴重な資源の活用も出来ない?訳が無い。知らないだけ。その結果がこの様(河川敷のグラウンドが完全に濁流に呑み込まれる)自分達の命と生活を支える住宅環境。川と山崩れ。自然の災害の前には為す術が無い?砂防ダム。防災ダムを整備しても自然環境が崩壊すれば人々の生活はひとたまりも無い。その事を知らない。

Img_6235

Img_6236

Img_6238

Img_6239

Img_6240

Img_6241

Img_6242

Img_6243

この河川敷は30センチ以上冠水している。しかしその被害に大きな差がある。水が勢い良く流れた所。芝生と草が根付いていた所と砂地のグラウンド。その差も大きい。その検証もされる事は無い。ただ1番大きな問題は河川本流の川床の砂利。その証拠をお見せする。ただグラウンドを整備する行政にその河川管理は避難出来ない?その前提で河川敷のグラウンドは整備されている。アホか?

Img_6254

Img_6248

Img_6247

Img_6250

Img_6255

Img_6256

Img_6260

Img_6261

Img_6264

Img_6269

ここは川の中。川の中を掘り下げているのは対岸の堤防補修工事の為?今回の大雨がこの程度だったのでこんな応急対策が通用する。そしてこの事実を殆ど知らない。これが全国の河川管理の実態?今回の岡山の堤防決壊も一部の政党の反対があったと尤もらしくブログで語られているが、本当の原因はその状態を看過した河川管理の責任。

その現実は被災地だけでなく全国の河川にあり他人事ではない。その程度の事も知らない?その典型的な現場がここにある。ここは川の中。私達はもう少し自分たちが暮らしている地域の事を知らないといけない。河川管理の実態を知らないといけない。そして山がどれだけ大雨に弱いかを知らないといけない。そんな報道は何処にも無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

2週間暑い? 今年最初のスイカ それでも夏は川だな 近くに泳げる川は無い

Img_6152

Img_6153

Img_6154

近くの猪名川。河川敷冠水。しかし大きな被害は無い。岡山、広島、愛媛の被災地の人の甚大な被害を見聞きする度に、行政と国の河川管理の不手際を痛感する。それだけではない。地域の復興の旗ふりを誰がしているのか?さっぱり見えない。お役人の出来る事はこの程度。市長や知事に出来る事はこの程度?被災地の人のやるせなさは政治に無関心の結果とは片付けられない。他人事ではない。その事を思い知る。

Img_6155

Img_6156

Img_6157

対岸の河川敷のグラウンドで「古田杯」の少年軟式野球大会が行われている。今回の大雨でグラウンドが冠水したがその深さが浅く水の流れも緩やかだったので大きな被害も無く行われた。ただ無策の河川管理とは裏腹の運の良さも味方する?それは川の流れが変わった事?川の中の体積土砂の盛り上がりが水圧で削られる?その結果対岸のグラウンドはこの時期使える。

Img_6158

Img_6159

Img_6160

ここは堤防の上。河川管理者はこの場所が電話のやり取りですぐには分からなかった。草が延びているのではない。ほったらかしになっている事が管理者には分からない。なんだかんだ問題が起きれば弁解するけれど、問題を指摘されれもその場所も確認出来ない。それでも河川管理に問題は無い?アホこけ。恥をさらせ。草が伸びるという事はこう言う事?

Img_6164

Img_6165

Img_6166

Img_6167

堤防の安全パトロールをしていない。不法投棄の大型ゴミが放置されたまま。人から言われなければ(言われても)関係ない?地道な日常的な河川管理が出来ていない。その事が市民から指摘もされない。安全と安心出来る街づくり。倉田(池田市長)に見せてやりたい。

口先で奇麗事を行ってもこの程度の事も改善出来ない?その事と天災は関係ない?そうではない事をお見せする。多くの人が知らないだけ。お天道さんはいつ迄もそんなオバカを見過ごしはしない。安全と安心。他人事の様の思える事がそうでは無い事を思い知るにはどうすれば良い?誰もそんな金剛杖は手にしていない。

Img_6170

Img_6171

Img_6172

Img_6174

Img_6175

この橋が軍行橋。橋の名の由来はネットで調べた事があるが忘れている。そんな事はどうでも良い。しかし驚いた事にこの頑丈な橋も今回の大水で全く問題がなかった訳ではない。この橋桁の真ん中位迄水位が上がっている?しかし猪名川河川事務所の見解は問題無し?しかしこの言葉が嘘だった事がこの左の流木のガレキが証明している。

以前から不思議でならなかった橋の下流の川底の高さ。どうして掘り下げないのだろう?それはこれで全く問題はないから?その言葉が嘘である事がこの下流で証明される。間抜けな工事はしていたが何も変わらない?その事は岡山の大水害の様に堤防が決壊しないと分からない?このスーパー堤防はそんな心配は全くないと思っていたがそれが嘘である事をこの先、知る。そんな事はこの地域の誰も知らない。

Img_6177

Img_6178

Img_6179

ここも川の中。本流は右を流れている。洪水の時は当然この草木の上を濁流が流れている。川の中の標識は飛行機の離着陸誘導灯。草木を切り倒すと洪水時この設備が流される?まさか?コンクリートで廻りを固めても水圧でひとたまりも無い?まさか?その程度の事を河川管理者はマジで考えている?嘘だろう?本当の事は分からない。

Img_6180

Img_6181

Img_6182

Img_6183

こちらは右岸。(下流に向かって)右上から左上に見えるのが堤防。洪水の時、この草むらを濁流が流れ下る。この川の中の木が何で放置されるの?大水が出ても問題ないから?しかし毎時100㍉を超える大雨が数時間続けばその保証は無い。その時河川管理者が口にする言葉は「想定外の降水量」彼等はそれで責任を問われない。アホか。

Img_6184

Img_6185

Img_6186

Img_6187

ここは川の中。これでも河川管理の洪水時の流量計算では問題ない。嘘です。何度も言いますが毎時100㍉を超える雨が半日降り続けばこの堤防でも深刻な打撃を受ける。川の中にこれだけの体積土砂がある。この事はどういう事なのか?その事を深刻に受け止める気候変動?その危機意識が無い。関係ない?被災地の人もそんな事は考えていなかったに違いない。

Img_6188

Img_6191

Img_6194

Img_6195

Img_6198

Img_6199

スーパー堤防。鳩が親父のぼやきをあざ笑っていた。おっさん。尤もらしく喚くな。これだけの堤防。これだけの河川管理。何処に問題があんのや?大阪のアホに負けない啖呵を切られる。しかし親父のぼやきは間違っていなかった。この先、ぼこぼこのグラウンドとスーパー堤防でもスーパーでない事を見せつけられる。

おばかな河川管理の責任者も応急処置に追われていた?うそをつけ?そうかな。知らないという事はそう言う事か。以前からこの場所は川底の体積土砂が問題になり、川底の掘り下げ(川の砂利の採取)が行われていた所。それでも充分でなかった。河川敷のグラウンドは完全にアウトになっていた。当分使用出来ない。

Img_6203

Img_6204

Img_6206

Img_6207

Img_6210

Img_6211

Img_6215

Img_6217

河川敷の堤防が激流でえぐられている。この右側に水の流れを妨げる大きな木が河川内の堤防の外にある。このエリアは木が大きな林を形成している。何でこんな事をしているの?何で木を切り倒して川底の水の流れを変えないの?そう思っていたがこの先対岸に行っても見るとその理由がよく分かる。地域住民はそんな事は知らない。彼等が怒るのはこの堤防が崩れた時に違いない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフが出来る幸せ?失って20年。その代償を手にしているのかな?

Img_6029

Img_6030

Img_6031

Img_6032

Img_6033

Img_6034

Img_6035

Img_6036

Img_6037

この恥さらし。何でこんなオバカさを晒すんだろう?違う場所の桜の樹が堤防の上に植えられてそしてその手入れが疎かになっている理由がようやく分かる。ここはその前にこの事業が行われている。何処の誰がやっているのか分からなかったがご丁寧に看板を置いている。「夢いざよう 池田くれはの里桜」池田くれはロータリークラブ創立30周年記念事業」

当然行政も支援している。この様は何だ。恥を知れ。と言われても意味が分からない。人間。こんな生き方しか出来ないのか。何でこんな無様を晒すのか?行政の管理者を明確にしていないから?そうではないだろう?こんな無様を晒してもロータリークラブ。馬鹿だろう。ろくな社会貢献も出来ない。

堤防の草刈りは別の業者がやっている。その業者も指示以外の事はやらない。そんなおばかなお役所仕事。因にこの場所の管理者が居ない?嘘でしょう?その程度の仕事をしている。堤防の上。河川の中のゴミの回収は河川管理者。ところがその仕事をボランティアがやる。?何たる無様な行政だろう?知らないという事はそう言う事?そろそろこのオバカ達を叩きのめしてやらないといけない?出来る訳が無い?そうかな?被災地の人達の嘆きと絶望の声を聞け。他人事ではない。

Img_6044

Img_6053

Img_6056

Img_6047

Img_6058

綺麗に草取りが出来ている所とそうでない所がある。この差は何なのだろう?右は堤防。左は市道?その間の植え込みの管理者は誰?そんな事も知らない?知らされていない。行政には色んな課があるがこの街の道路管理課は一体何をしているのだろう?そんな細かい事はどうでも良い。他にもっと大事な事がある出来ない?

人手もお金もない?嘘をつけ。担当部長はこの実態を知らない?それとも見て見ぬ振りをしている?他所の市町村でも同じ?それでも彼等は飯が食える?行政の改革、政治の改革、生き方の改革。多くの事が問われてもオチャラケの程度の低い言葉で誤摩化されている?

パー5の561ヤード。そんなコースをドライバーで会心のショット。そんな生き方を再び取り戻す事は出来るのだろうか?無理だな。最近、腰が慢性的に痛い。ドライバーのクラブを思いっきり振り回していた頃は遠くに霞んでいる?霞んでいるのではなく終わっている。嗚呼。

Img_6050

Img_6051

Img_6052

Img_6060

Img_6061

Img_6064

今日は暑い。エアコンの効いた部屋から外に出るとそこは香港かアフリカ?テレビでは北海道の素晴らしいゴルフ場でシニアオープンが開催されている。それでも先日の豪雨災害の現場は泥だらけ。その中で懸命の復旧工事が行われている。世の中は本当に無情です。

何時いかなる災難が降り掛かってもとぼけていられる人達は決まっている。そんな世の中に期待する事は何も無い。そんな不信の声も政治家は関係ないと思っているのだろう?働き方改革?カジノ付き統合リゾート法案、参議院定員増加の法案?どさくさに紛れて(被災地の復興を口先だけで誤摩化して?)多くの重要法案を可決している?そんな事もどうでも良いのだろう。

Img_6107

Img_6103

Img_6107_2

Img_6108

中国自動車道猪名川橋上流西岸の無惨な洪水の跡。ここは川の中に多くの樹木が残されていた。自然と共生する猪名川?。河川管理者(国土交通省猪名川河川事務所)とオバカ?なNPO法人はこの始末をどう付けるのか?どうもしない。ほったらかし。次に大雨が降れば下流に流れ下る?まさかそんな事は考えていないだろう?

その為にはこの大木を切り倒し瓦礫(ガレキ)を処分しないといけない。その為には相当の人手とお金が掛かる。その費用をどうするのだろう?そんな説明は何も無い。無ければ行政はその説明を求めなければならない?しかしそんな事はしない。その話を聞いて見る?何処の誰に?当然河川管理者でしょう?

しかし最寄りの担当課長は多忙を理由に何時合えるか分からなかった。そこで親父からどやしつけられる。ただそれも課長の責任ではない。役所の仕事の仕方。災害はそんな仕事のやり方でとんでもない被害を招く。そんな事も関係ないととぼけるのだろう。見てろ。必ずやらせる。その方法は?それはタダでは教えられない。アホ。

Img_6109

Img_6111

Img_6113

ここは河川敷。ドラゴン広場とか言われていた。馬鹿たれ。川の中に鳥の住処の森がある?自然と共生する河川管理?アホこけ。その結果がこの有様?木がない?お見せする。この始末をどう付けるのだろう?どうもしない?時が経てば草木は復活して鳥の住処が元どうりになる。?昨日は自転車でこの景色を眺めていた。

Img_6114

Img_6116

Img_6117

最明寺川合流部。立派な川砂。大型ダンプ30杯分?もっとある?これだけでも100万円を超える資産?これを取り除かなくても何の問題はない?そんな河川管理が全国至る所で行われている。その責任は何も問われない。被災地の人はその怒りの声を裁判所にも持ち込めない?そうして国土は崩壊して行く。

Img_6121

Img_6122

Img_6123

Img_6128

Img_6129

Img_6131

Img_6142

Img_6144

Img_6141

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

スーパーマンも流石にお手上げ このクズ達の生き方?

Img_6065

Img_6068

Img_6069

先日猪名川の増水の被害を確認した時に気になった堤防の草刈り。河川管理の問題をごちゃごちゃ言うのは親父位に違いない。しかし知らないという事はこう言う事?この無様な状況を国土交通省猪名川河川事務所の管理者に聞いても、場所の確認がすぐ出来ない。彼等の認識の状況は苦情が無いから?その無様さはどっちもどっち?しかしクソみたいな生き方をしている馬鹿タレは、小さな間抜けが見逃している?

Img_6070

Img_6072

Img_6071

これだけの草刈りも出来ない管理者。その生い茂った草の中にご丁寧にゴミを持って来る馬鹿たれ。人間の愚かさはこの程度のもんかい?それでも市役所にはスーパーマンが居る・苦情を受けたら即解決。しかし流石に今回は残っていた。場所が分からなかったのではない?指示を受けた担当が無視をした?それでも来週には片付ける?

Img_6074

Img_6077

Img_6076

Img_6078

堤防の上に訳の分からないガードレール。何か様子がおかしい。草むらの中に白い物が見える。この堤防は国土交通省猪名川河川事務所の管理。しかし間抜けな管理(草刈りの手抜き)をしているとこんな間抜けな事をされる。大型ゴミの不法投棄。この場所を通り抜ける人は多くない。それでもこれは犯罪行為。その事が分からない?

Img_6080

Img_6081

Img_6082

この程度のことをガタガタ言う事は無い。そう。この程度の事。しかしこんな生き方をしていたらその代償は小さくない。その程度の事が分からないのだろう?その事を思い知らせる為にはこの草刈りが出来ない仕事のやり方を正さないといけない。その程度の事が出来ない。

そんな事の積み重ねが大きな事故に繋がる事をオバカは知らない。そんな賢い生き方はオバカには出来ない。この草刈りを放置した責任は小さくない?どんなに安全が担保されていると思っても私達の生活は本当に脆い(もろい)。その事を思い知らされても関係ないと思っているのだろう?政治も信頼されなくなった時、誰が人々の未来を保証するのだろう?その程度の事も無視されている。

Img_6084

信じられない事にここはスーパー堤防の上。この手前は車道と歩道が平行している。(歩道が一段高い。その幅は約一メートル。自転車も楽に離合は出来るが車道側はよろけると怪我をする。このガードレールは手前には無い。)このガードレールは何の為にあるの?そして草は何で刈らないの?堤防の管理者は即答出来ない。

(確認しないと分からない)馬鹿だろう。馬鹿でーす。又叱られる。草むらに白く見えているのが不法投棄の冷蔵庫。知らないという事はそう言う事。草を刈らないというだけでこれだけの事を平然と行われる?どんな生き方をしているのだろう?冷蔵庫不要になったら簡単に処理出来無いのかい。

Img_6086

Img_6087

Img_6088

無様な河川管理をしてグラウンドが冠水しても河川敷きのグラウンドだから仕方が無い。これが地域住民の総意?そんなオバカな発言を地域のNPO法人の代表に聞いた事がある。河川管理者はまさかそんな発言はしないが結果的にそんな河川管理をしている。その事を何度もブログにアップしているが改善されない?

ところが自然の力がその事を変えていた?このグラウンドは10センチ近く冠水したが、この上流のグラウンドはびくともしていない?同じ水量が流れている筈だがグラウンドの表面の凸凹が全く違っていた。何故だろう?その原因を探る。

Img_6089

この状態になると表面の凸凹を平らにしてローラを掛けないといけない。その費用がかかる。それでも前回の様な被害は無い。前回は多くのグラウンド整備用の砂が必要だった。今回はそれが必要ない?左側のグラウンドでは野球大会が計画されていた。

Img_6093

Img_6092

Img_6094

Img_6095

川の流れが変わり川の中の体積土砂がすっかり流されている。この堰が整備された時、右側には大きな体積土砂の山(丘)が残されていた。何で取り除かないのと聞いた時、川を流れる流量に大きな問題は無いと河川管理者はとぼけていた?その体積土砂が大雨ですっかりえぐられ削られて跡形も無く流されている。そのお陰でグラウンドの冠水の水の流れが穏やかになる?そんな事も河川管理者は検証していない?どうでも良い?その程度の事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらく真夏日が続く。健康管理。関係ない?そうかも?

Img_5922

Img_5923

Img_5924

昨日の京都嵐山「渡月橋」3年前?の大雨ではこの橋桁と欄かんに多くの流木が詰っていたが、今回の大雨ではその被害も免れる。それだけ水位が上がらなかったのかと思われるがそうでは無かった?上流から流れ下る流木の数が少なかった?それとも何か対策が採られていたのだろうか?そんな情報はまだ手にしていない。

Img_5928

Img_5929

Img_5930

渡月橋は平日の夕方で人の往来は少なかった。それでも外国人観光客は少なく無い。中国、台湾、韓国、そして黒人。アメリカ、ヨーロッパの白人は少なかった。渡月橋の下の川床は前来た時には気付か無かったが土砂がえぐられない様にコンクリートのボックスと小石を入れた網が敷き詰められていた。

Img_6001

Img_5998

Img_6004

橋の上流の堰は改修工事の話し合いが付いていない。地域の関係者が問題解決(堰をどうするのか)の為の協議会を作っているがその議事録は目にする機会はない。今日との報道機関も全く報道をしない。広島、岡山、愛媛の甚大な洪水被害も同様?彼等は問題が大きくなっても為す術を持たない。深刻な状況をワイワイ騒ぎ立てるだけ。その事はこの下流を歩けば証明出来る。

Img_5931

Img_5932

Img_5933

Img_5934

しかしそんな間抜けな事はしなかった。渡月橋を渡りこの堰を横目に見て始めてこの上流の右岸(上流に向かって)歩く。これから暑い夏の時期を迎えると涼を求めて多くの遊覧船(屋形船)が水面を行き来する。夜になると鵜飼。ここは昔から上流階級の安らぎのだった。今はどうなのだろう?そんな事は誰も知らない。

Img_5937

Img_5938

Img_5939

Img_5940

Img_5941

ただ「いちげんさん」お断りの看板はない。ただ紹介が無いと入り難い?こういう処に気軽に足を踏み入れる身分では無くなっている?(元々無い)確かに。しかしそれでも何も気にする事は無い?(そんな事はネエだろう)横目で眺めながらこの先を歩く。そこは素晴らしい所?ただ1人で歩くにはしんどい?

Img_5943

Img_5944

Img_5946

左は保津川川下りの終着点。但し大雨の後でその船着き場の場所も分らない。阪急嵐山の駅から歩いて疲れていたのでこの左の石のベンチで一休み。綺麗でない川の流れと対岸の緑を見ながら手にして来たおにぎりを口にする。安物のおにぎり(スーパーで調達)厚みが無い?

おにぎりはソフトボールの半分で良いから俵の形で食いたい。この先は行き止まり。しかしこの道は凄い道だった。何と高雄に続く道。この道を何時か歩かないといけない。この右の杜を抜けると高雄に繫がる道がある。

その道を車でおっかあと子供達で走ったのは愛車2台目シビックの時?40年を越える昔々の出来事。そして1人でバスで紅葉を愛でた時が重なる。あの時は若いカップルに席を譲られた。あれから10年以上の歳月が流れている。

それよりももっと古い思い出もある。独身の頃、一人で高雄の紅葉を見た時。国鉄バスだった。今もJRは運行しているのだろうか?京都市営バスも走っている。京都市内は外国人観光客が多くなるが、ここ迄足を伸ばせば本当の今日とを見る事が出来る?

Img_5948

Img_5949

Img_5951

Img_5953

Img_5957

Img_5956

Img_5960

Img_5959
この先は行けない。手前の階段を登り上の道を斜めに進めば高雄に行く広い道に出る事が出来る。その道は昔の人は歩いて居た。今は車で快適なドライブ?道は田舎道広くは無い?それでもバスが運行している片側1車線の道。山間の道は今でも変わっていない?それは歩いて見ないと分らない。

Img_5968

Img_5969

Img_5966

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

久々の京都。それでも滞在時間は数時間。嵐山。渡月橋。豪雨の影響見て来ました。

Img_5870

Img_5873

Img_5874

Img_5875

Img_5876

Img_5877

Img_5878

この橋を渡ると京都嵐山中の島公園。大阪中之島公園の様に広くないがここは嵯峨野のの反対にあるので阪急嵐山線を利用しないと何処の景色を見る事は出来ない?そんな事はどうでも良い?確かに。その程度の事だろう?ところが親父は帰りにこの橋の上で思いがけなく白鷺の歓迎を受ける。ザマーミロ。コラ。そう言う所が嫌われる。本人は全く気にしていないけれど。(アカンワ)

Img_6014

Img_6023

Img_6017

いやーありがとう。感激でした。しかもこれだけ純白のサギと対面出来るとは全くの予想外。先日の洪水は引いて心配された被害も無く良かったと報告してくれました。しかし今回の嵐山の増水もあと1メートル上昇すれば3年前の洪水被害を繰り返していた?そうならなかったのは対策も打たれていたが運も重なったのだろう?

Img_6018

Img_6015

Img_6020

それは何とも言えません。親父さんの言う事だから正しいに違いないけれど?そうは言われなかった。ただ数年前にも問題になった渡月橋のすぐ上流の殆ど固定堰(一部そうではない)京都西山の農業用水確保の為の堰はそのままだった。この堰の形を変えると嵐山の景観を台無しにすろ?そんなおばかな意見が有識者の中にも根強い。彼等は関係者に間違い無いが被害者では無い。おっしゃる通り。

Img_5879

Img_5881

Img_5880

Img_5882

Img_5883

この案内図にも堰の表示は無いが事件事故の報道と同じ。今度の広島、岡山、愛媛の甚大な土砂崩れ復旧の報道と全く同じ。原因を知っても今回の大雨では為す術が無かった。山が崩れがけが崩れたたらどうしょうも無い。確かに。それでもその甚大な被害の実態を関係ないとは言えないに違いない。

Img_5888

Img_5889

Img_5890

Img_5893

今回の大雨で何処迄水位が上昇したのかテレビの映像でも殆ど見る事は出来なかったが、橋桁の中間位だったのだろう?数年前の大雨の時はこの橋桁の上迄水位が上がる欄干に倒木が詰まって被害を大きくした。その時間が数時間長ければ橋桁は流されたと言われている。しかしこの橋桁良く見ると意外に強い。しかしその支えが木材。役人さんそれは無いでしょう?その橋桁も一部腐っている。お役所仕事と同じかい?

Img_5999

Img_6002

Img_5992

イヤイヤこの橋は意外にしぶとい。そうも感じていた。「渡月橋」この橋は橋が冠水しても流される事は無い?そんな事は無いだろう。ありません。水の力はこの橋の抵抗力をはるかに越える。その対策は水位を下げるしか無い。その水位を直前の堰で7〜80センチ上げている。

それでも渡月橋が流される事は無かったのは、洪水調節のダムが上流に造られている?ところがこのダムが満水に近づくと放流をしないとダムが危なくなる。愛媛肱川の氾濫はダム放流で川の水位が一気に上がったと言われている。ダムが洪水対策になる。国土交通省の嘘です。それでも彼等はそんな事実は認めない。

Img_5900

Img_5902

Img_5905

Img_5910

Img_5911

Img_5912

この衝撃的現実を知らない人は多い。渡月橋をゆっくりと歩いて渡る事も少ないが、その少し上流に古くから農業用水の堰が造られている事を知らなかった。当然、平安の昔はこの橋も無かった。だからどちらが大事かと問われればこの「一ノ井堰」と言われても当然かもしれない。

しかし現在は哀しい事に異常気象が異常で無くなっている。上流の山はその保水性の機能が薄れ、大雨が降るとその濁流は一気にこの川の上流に流れ込む。そうなるとこの堰の形も今の様にその多くが固定の堰である事は許されない。今は両側の一部が解放されるがそれだけでは洪水時の水位を下げる事は充分でない。

中央部にもっと広い可動堰を造らないといけない。その合意を得る事が出来ない。その理由は嵐山の景観を破壊する?その人達は厳しい洪水時の実態に眼を向ける事は出来ないのだろう?その人達の考えが変わる時?その時は渡月橋が流されないと無理だろう?それでも渡月橋は笑っていた。大丈夫。心配すな。上流に大雨が降らない事を祈れ。そう言われていた。

Img_5913

Img_5914

Img_5994

Img_5991

大堰川、桂川、保津川、色んな名前で呼ばれるが河川管理上の正式名称は「桂川」この橋を渡る人も殆どが外国人観光客。外国人に誇れる京都の名勝地も彼等に占領される?関西のオバちゃん達の姿が殆ど見られなかった。それも時の流れ?元気な親父はそれは許せなかった。この先、橋を渡り下流に歩く予定が何故か上流へ。そこで素晴らしい道を見つける。その話はまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨土砂崩れの実情 おばかなマスゴミの報道 ひどいな。行政。政府の取り組み。無策。

Img_5660

Img_5647

Img_5648

Img_5651

Img_5653

昨日の猪名川。心配された洪水の被害は河川敷のグラウンドが冠水しただけで、その被害も小さかった。それでもグラウンドの補修費は1億を越える。その金額は小さいと河川管理者のみならず地域行政の関係者はそう思うのだろう?ただこの完成されたと思われるスーパー堤防もそうではなかった。

そんな事を多くの人は知らない。広島、岡山、愛媛。甚大な被害を出している地域の知事、市長、国土交通省の役人達の無策は自分達が体験しないと分からないのだろう?洪水が流れ下った川を見ながらそう感じていた。この堰は数年前に億を越える改修費を投じてコンクリートBOXを敷き詰めた。その堰の先端がボコボコに崩れ落ちている。

その原因も単純明快。ただ、そんな事も関係ないと思われている。知らないから?間抜けとはこう言うことを言うのだろう?それでも国交省河川事務所の管理者はそんな認識は無い?(そうは明言しないけど)ところが自然の力は眼を見張る。堰の下に残されていた体積土砂の山は完全に流されていた。そのお陰で?対岸のグラウンドの被害は大きくならなかった?(それでも数十センチは一時的に冠水)水が引いた跡はボコボコになっていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

安倍総理災害対応問題ない?アホ。自分で言うな。

Img_5615

Img_5616

Img_5617

Img_5618

Img_5619

正面の橋は中国自動車道。先日の大雨でこのスーパー堤防の下から30㎝程度迄水位は上がっている。当然河川敷きのグラウンドは冠水しているが被害はそれ程でも無い?ところが芝生の部分は殆ど被害はないが土の部分アウト。河川敷きのグラウンドの整備の方法も考え直さないといけない?

Img_5621

Img_5622

Img_5623

Img_5625

Img_5636

それでもこの程度の被害で済んだのは雨の降る時間が短かっただけ。この川の上流にもダムがあるが、ダムは洪水対策にはならない。その事が殆ど知られていない。その実例が愛媛肱川(ひじかわ)の氾濫。大雨の時ダムも当然満水になる。この肱川ではその水をイッキに放流している。

当然、川の水位は急上昇する。その高さが数メートル?堪ったもんでは無い。その事はここでも例外には成らない。今日との桂川でも例外ではない。のど元過ぎればナントやら。その程度の検証も無い。倉敷の市長はその程度の学習をしているのだろうか。安倍晋三君。

Img_5626

Img_5627

Img_5628

Img_5629

堤防を南に歩いて突き当たりの橋で対岸を歩いて河川敷きの冠水被害を把握する。その報告の前に全く無い話?堤防の左に見事な桜の育成のボックス?がある。ただここの草も引き抜かれていない。桜の剪定も出来ていない。誰が管理しているのか知らないが、この街の行政はその程度の事も管理出来ない事を思い知らされる。ただレベルの低さは彼等だけではない。?本当にこんなオバカも生きている?そのうち天罰を受ける事をまだ知らない。

Img_5638

Img_5639

Img_5640

違う場所で同様の桜の樹が植えられているがその管理がデタラメで、このブログに何度もアップしたが状況は何も変わらない。行政の担当部署の係長と課長と何度も話をしたが問題はいっこうに改善しない。その理由が分かる。この程度の桜の管理しか出来なければ余計な事をすな。

これが本当の恥さらしだろう。こんな無様な桜にどんな花が咲くのだろう?そんな事はどうでも良いのだろう?彼等だけでなくこの桜を寄付した人達もどうでも良いのだろう?その程度の生き方をしている。行政のあり方が問われてもその場凌ぎの言葉で対応すればそれで評価をされるのだろう。

Img_5663

Img_5641

Img_5649

この姿を見てクレームをつける人はいないのだろう?この桜の育成事業は何年前から誰が始めたのだろう?この街の恥さらし?この街の人がどんな花見を楽しみにしているのか良く分かる。この木々は後10年してもロクな花見は出来ない?その程度の事が分からない?

この事業を始めた人はどんな思いでこのボサボサの桜を見ているのだろう?桜切る馬鹿。梅切らぬ馬鹿。とは言われるが桜の枝は剪定しないでと教えられているのだろう。馬鹿だね?アホだね?そう思わない?だろうな。それでもも少し見れば誰でも親父の怒りは理解出来る?出来ない?アンタも笹部新太郎桜の博士に笑われるね。

Img_5668

Img_5673

Img_5675

Img_5670

別の場所。ここから3㌔前後上流の所は親父が何度もクレームをつけたが、ここはその以前から事業を始めている。上流の場所は堤防の外は国道でこれ程の余裕が無いが桜の生育。剪定管理は同じ様な物。全く同じ。それでもこちらの方が幹は大きい。これで何も問題は無い?そう思われているのだろう。

Img_5671

Img_5674

Img_5664

Img_5679

それでもここの桜はコンクリートボックスで草むらから隔離されているだけでもマシ。この桜がこんなスリムに成長したのは何故だろう?枝が垂れ下がらないのは何故だろう?竹ホウキの様に上に上に枝葉が伸びている。これではプロでも管理はむつかしい?枝を剪定しても横に枝葉を繁らせる事は難しかったのかもしれない。桜の大樹を育てる事はむつかしいのかも。

Img_5676

Img_5691

Img_5692

堤防の上の草。何で刈られていないのか分らない?と思いながら覗いて見るとゴミ。足で蹴っ飛ばしてみると瓶類。ホンマ最低。ただ親父には強い味方がいる。ただ彼でも手に負えないかもしれない。言ってみますか?即対応してくれるに違いないけれど。彼はスーパーマンです。ただスーパーマンでも出来る事と出来無い事があるかも?試してみますか?

Img_5693

Img_5694

Img_5695

昨日は10㌔近く歩きました。猪名川の洪水被害は河川敷きのグラウンドが冠水しただけで市民生活には何も影響はなく問題も皆知らないだけ。ただ川の流れはそんな人の思惑を完全に無視して流れていた。今回は幸いにもこの程度で済みましたが甚大な被害を受けた広島、岡山、愛媛の方には何ともお見舞いの言葉もありません。

ただ天災と諦めるのではなく甚大な被害の教訓を生かして下さい。河川管理。危機管理。毎日の生活は偶然の延長であり万一甚大な被害を被れば全てが失われる事を他人事とは考えられない。その事を思い知れば総理の言葉は余りに軽い。その事を思い知らされる被災した人々の生活再建はこれから始まる。洪水で打ち上げられたガレキの山がその事を教えている。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールの出荷量過去最低?当然だろう?そんな事も分らない?

Img_5510

Img_5511

Img_5512

この手入れも植林もされていない杉林の持ち主は西宮名塩財産区。親父も最近迄その事を知らなかった。間違っているかもしれない。その理由も凄い。この景色はハイキングコースの右上の森。誰が管理して居るのか行政の担当者も分からない。管理者も部局長でも分からない?そんな事はどうでも良いから?

ところがこのハイキングコースは西宮市道路管理者が整備をしている。していない。その証拠にこの道を歩く人は殆ど居ない。ほんの少し前、西宮市が足場の悪いガレバと草木が覆い尽くしていた道を整備してくれたが、あれは一体なんだったのだろう?その事を昨日、このハイキングコースの先で思い知らされる。

尾根の上。4月の末に嬉々として通り抜けた道は2ヶ月足らずで通れなくなっていた。どうして?尾根道が通れなくなるの?倒木と落ち葉が道を覆い尽くして道が分からなくなっていた。しかしここは市が管理して居るハイキングコース。誰も通らなくても市が管理して居る?

その間抜けさを止めろと申し入れても考え方は変わらなかった。だったらきちんとやりなはれ。出来る訳も無いのに?知らないという事はそう言う事。親父は勝手知りたる道。それでも身の危険を感じていた。その道に看板がある。すぐにでも整備をしないと道に迷う?その心配は無い?誰も歩かないから?その保証は何も無い。

Img_5535

Img_5536

Img_5539

Img_5538

Img_5540

折角立派に道を整備してもその先はこの有様。それも当然。全て足元を良くする事は出来ない?ただこの工事現場にも7〜8人の人夫が入っている。その人達がこの手前の大きな石を片付けたとしても何時間も掛からない。その程度の余裕も配慮も無い。

この道をハイキングコースとして多くの高齢者を招き入れる事は無理かもしれない。これから元気な年寄りが多くなると言われているが嘘です。一見元気な人。口だけ達者な人は多くなる。そんな人をここに呼び込んでも事故の責任は取れない。その事を思い知る。これからの多くの人の生き方はホントに惨めになる。その事が認知されていない。

Img_5552

Img_5553

Img_5554

Img_5555

Img_5557

Img_5558

これは尾根道に登る道。先日の雨で倒木が道を塞いでいるが足元の道は流れ下った雨で地表が剥き出しになり歩きやすい。この道は4月の末に下っているが登りは結構しんどい。体内の水分が吹き出す。先日サウナで汗を流しているが体内の体液は殆どが水分。立ち止まると心臓だけでなく体内のエネルギーが吹き出して来る。それが何とも心地よい。

Img_5568

Img_5570

Img_5560

足場は悪く見えるが実際はそうでもない。大きな木の枝は払いのけながらゆっくりと登る。この登りは400メートル足らず。親父の足でも問題は無い。心配していた息切れ、動悸も息を整えながらゆっくりと登れば殆ど問題はない。これから体脂肪が気になれば薬、健康食品に頼らず山道を歩けば良い。ところが多くの高齢者は反対の事をしている。薬は副作用があり健康食品は効果を保証する物ではない事を殆ど知らない。

Img_5571

Img_5572

Img_5573

Img_5574

Img_5575

ようやく尾根道に出る。これからこの先のベンチで一休み?その思惑が見事に外れる。この先の道が一変していた。先日の雨の影響で倒木が道を塞ぐ?そうも考えられたが甘い考えを思い知らされる。勝って知りたる道が無い。そんな事は無いだろうと道を探すが様相は全く違っていた。もう少し進めば道は開ける。そう思いながらも不気味さを考えて引き返す。その選択は正解だった。ぼやぼやしていると山は一気に暗くなる。

Img_5576

Img_5578

Img_5579

四月の末に歩いた時とは全く違っていた。この道をもう少し突き進めば完全な尾根道に出るがその保証が感じられなかった。そこ迄進む事は無い。山で不安を感じたら躊躇無く引き返す。それが山歩きの鉄則。そこがたとえハイキングコースでも。その理由も簡単。ハイキングコースと言えども安全が保障されていない。自己責任。

その証拠に市役所の担当に情報を入れても「危機感」は何も感じられなかった。安全が確認出来る迄この尾根道の通行をお止め下さい。(と言われても元々歩く人は居ない?)これから夏山シーズンで関西でも多くの人が気軽にハイキングを楽しむ。しかしこの人達の1番の問題は「自分達だけが楽しめればそれで充分」その代償は小さくない?

Img_5580

Img_5581

Img_5583

Img_5585

Img_5587

倒木を片付けながら道を探しているふと誰かの視線を感じる。慌てて廻りを見渡しても誰もいない。居る筈が無い。それでもしばらく様子を窺っていた。(うかがっていた)それからゆっくりとかき分けて来た道を引き換える。この場所は4月の末に歩いた時にも不気味さを感じた所。それでも不気味さを感じる事は無かった。戻れなくなる。そう思うと迷いは無かった。

Img_5588

Img_5589

Img_5590

Img_5591

次ぎに来る時迄に道は整備されるのかな?折角情報を知らせた市の監督者の反応は鈍かった。当然だろう。先日の大雨の被害は西宮市でも少なくない。マスコミが報道しないだけ。そんなニュースよりもっと?大事なニュースがある?全てが全く関係ない情報に踊らされている。

ビールの全国の出荷量が減る?当然だろう。最近美味しいビールを一人では全く口にしない。その理由も単純明快。喜びの時が本当に少なくなる。喜びの乾杯を宣伝しているビールメーカーもこの現実の対抗手段は無い。美味しいビールを飲みながら楽しい食事。楽しい語らい。そんな時代は戻ってこないのだろう。テヤンディ?(何泣き言を言ってマンネン)鶴は千年。亀は万年。アンタの人生は終わりかい?だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西宮名塩ー武田尾ハイキングコース通行禁止

Img_5465

Img_5468

Img_5472

武田尾も今日は夏日。暑い日差しの中を歩く人は居ない。関西のマスゴミが全く伝えない景色。多くの人が全く知らない。この武田尾の尾根も400メートル足らず。しかし直登の道は無い。この尾根を大きく廻り込まないとこの尾根は降りる事は出来ない。今日はその道を歩く。汗びっしょりになっていた。

Img_5473

Img_5481

Img_5483

ここは旧福知山線武田尾駅。現在は駐車場になっているが堤防かさ上げ工事が完成し、移転していた人達が戻って新しい生活が始まる。行政のこの地域の活性化は期待しているが全国何処でも期待される地域活性化。しかしその実態を殆ど知らない。

多くの補助金と公共事業で一時的には賑わいを取り戻せても、その持続性を担保する事は難しい。その為には賑わいを復活させる仕組み造りが必要だけれどその方法が見つからない?信じられない事にその旗ふりが居ない。それでも何とかなる?

そう言う人も少なく無いが、彼等にその具体策は持ち合わせていない。その具体策を求めて今勉強中。無駄だな。手遅れ。時代の流れ。そうでは無い事を口にしても無視されるだけ? それでも駄目だとは思わない。全国何処でも同様の深刻な状況は発生している。それでも多くの人はその深刻さを知らない。

Img_5484

Img_5485

Img_5494

この橋が完成したのは昭和9年。この道もその時に整備された?それ以前からこの道はあった?どっちゃー。そんな歴史を知る人も少なくなり、この道は多くの人が旧福知山線武田尾の駅を降りて、武田尾温泉に向かっていた?この道を元気なお年寄りの散策のコースにする?その程度の事が出来ない筈が無い。

Img_5488

Img_5489

Img_5495

まだ濁った水が流れているが川鵜は魚が捕れるのだろうか?川鵜が居ると言う事は大丈夫。心配する事は無いと県の河川管理の係長から言われたが本当にそうなのだろうか?川鵜もこれでは食事にもありつけないとぼやいていた。そんな時コンビニで買い物が出来るのだろうか?まさか。アホかお前は。そうガン無視されてた。だよね。この川の小魚も放流をしないといけない。

Img_5487

Img_5490

Img_5609

ワーイ。ワーイ。川鵜は喜んでくれたが帰りに白鷺から叱られる。ええ加減な事を言うな?確かに。この川の小魚も激変している。川の水質管理を親父も県庁に聞いたが市の水道局に聞いてくれと振られる。河川の水質管理は水道事業者が行っている?と言う事は県は何もしていないと言う事?

違うだろう。ネットで調べて見ても分らない。誰か教えて下さい。それは聞かなくても分る。河川の水質管理は殆ど行われていない?嘘でしょう。神戸市に聞いてみますか?神戸市に聞いて見ると他の市を紹介される?かも。

武庫川の水質管理も近くを流れている猪名川の水質管理も同じ様な物?とても泳げない。川も生き物。水の流れが淀むと水質は一気に悪くなる。そんな事も関係ない生き方をしている。白鷺は川の澱みがこれから悪臭を放つと嫌み(いやみ)を口にしていた。

Img_5496

Img_5497

Img_5498

Img_5499

ここはハイキングコースの出入り口。この階段の石ころを片付けて登り降りの時足場を整備しているが、まだまだ充分では無い。ここに上からロープを垂らせば安全は確保される?そのロープ。他のハイキングコースでも急な斜面で目にするが基本的には自己責任。バランスを崩せばただでは済まない?体調が良く無いと息切れ、動悸がする。しかしこの階段も20メートル足らず。案ずる事は無い。

Img_5500

Img_5501

Img_5502

武田尾の駅からここ迄7〜800メートル。ここで一休みして何度も引き返している。それだけで充分ハイキングが楽しめる。しかし本当のハイキングはこれから山裾と杉林の中を歩く次のポイント迄がお薦め。しかしその山道は崖の上を歩くので安全に歩くにはガイドが必要。そんな道は歩きたく無い?それは残念。

Img_5507

Img_5506

Img_5509

こんな道は歩けない?御心配なく。草木に道が覆われているが足元はしっかりしている。足を踏み外す事は無い。ただ草木を掻き分けながら歩かないといけない。この道は西宮市が道路整備補修を行っている。それがこの状態。この道は山裾を横に約1㌔歩いて尾根に登るがその道を久し振りに歩く。

ところが尾根道は歩けなくなっていた。4月の終りに歩いた道は倒木でハイキングコースとは言えなくなっていた。勝手知りたる親父でも道が分からなくなる。しかしこの親父賢い。深入りしないで引き返す。その写真は明日。このハイキングコースしばらくは歩けない。それでも楽しみ方は色々です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月10日 (火)

出光と昭和シェル経営統合合意?そんな事どうでも良く無い?

大阪は夏本番の空が広がっている。不摂生な生活をしているので腰が痛い。一時楽になっていた腰の痛みも慢性化して、動かし方が悪いと激痛が走る。それでもひどくならないのは日頃から腰の運動をしているから?それは違う。腰の運動はこの歳になると本当に大事だが、腰の曲げ伸ばしが出来ていない。

腰を曲げて手の指先が何処迄下がるか?それをやってみると腰の痛みの原因が一目瞭然。親父の場合若い頃から体に柔らかさが無かったが、この歳になると更に柔軟性を失っている。その原因は腰の廻りに脂肪のマワシを巻いているから。それでも1日に平均5㌔近く歩けるのは脚力が衰えていないから?

その脚力も膝関節が衰えると歩けなくなる。人間は2足歩行を始めてどれ位に成るのだろう?親父の場合は70年以上。そろそろ賞味期限切れ。これから後期高齢者が多くなるが、体が思い通りに動かなくなる一番の原因は腰?その事を知らないでだらしない生活をしていると街中の道も歩けなくなる。

出光と昭和シェルが経営統合で合意?そんな事は殆どの国民にとって関係ない。00エナジーの東京オリンピック応援CMを聞きながらどれだけの人が豊かな生活を手に出来るのか?そんな事もどうでも良いのだろう?ただ自分の体はそうは行かない。自分の体の状態は誰にも分らない。

体が柔らかくて腰の痛みも足の痛みも股関節の痛みも無くても人間は何時何処でどんな災難に遭うかも分らない。その事を今回の豪雨被害で思い知らされても何も感じず生き方も変えられない。大雨が降っていても政治家のバカタレは酒を飲みながら天下太平を謳歌していた。

そんな生き方が批判もされない?政調会長の岸田は広島の出身。彼は一体その責任をどう考えているのだろう?そんな事もどうでも良い?そんな放送が垂れ流されて居る。恥知らずとは彼等の事を言う?アナタも同じ穴の狢(むじな)そう言われている。そうで無い事を証明しないといけない。

今日は武田尾の尾根に登る。400メートル足らずの急登?腰は悲鳴を上げないかな?大丈夫。その対策は無理をしない事。体と会話をしながら行動すれば良い。(何もしないで取り澄ましている人間より何かをしてそして恥をかく人間の方がどれだけマシだか分からない。人間は体を動かして何かを手にしなければ生きる値打ちがない)親父と守谷先生の語録。守谷どうしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀全国支店長会議?まだそんな事をやってまんのか?しかもその景気判断が笑わせる?

Img_5306

Img_5307

Img_5311

関西では心配された洪水被害は起きなかったが近くの猪名川の水位上昇は悲惨な結果を招いていた。ただ中国、四国地方の様な深刻な被害になら無かったのは降雨量が少なかっただけ。しかも大雨の時間が短く場所も山間部に限定で水位の上昇が最小限度だった。それでも河川敷のグラウンドは惨憺たる被害を受けていた。

この写真右が河川敷の芝生。この右にグラウンドがある。左は川の中。この体積土砂の上の草がなぎ倒されている。この部分の整備は何故か全く行われない。この草の下は綺麗な川砂。当然?必然?的にこの部分の土砂が取り除かれれば右の河川敷きが冠水する事は無い。

今日は水が引いて右側を濁流が流れ下ったとは感じられない。唯、下流に行けばその事実がよく分かる。関西のマスゴミが全く伝えない事実。これでグラウンドの整備費が川の両側で億を越える。そんな事は誰も知らない。中国、四国の甚大な被害に比べれば軽い?そうとぼけるのかい?

Img_5312

Img_5313

Img_5320

ここは河川敷のグラウンド。これだけ表面の土を削られると整備しないと使えない。グラウンド用の土を入れてローラーで固めるだけ。その費用はこの川の両側(正面の中国自動車道の先迄が池田市のグラウンド4面。その先は川の右側に川西市と伊丹市のグラウンド3面がある。その合計の整備費は億を越える。

Img_5321

Img_5322

Img_5323

Img_5324

Img_5325

この程度で終わってくれてありがとう?それでもこの瓦礫はしばらくは放置される。このグラウンドの整備はこの夏一杯掛かり秋にならないと使えない。それでも自然災害だから仕方が無い。中国四国の甚大な被害に比べると問題にならない?国土交通省猪名川河川事務所は整備はしてもこんな瓦礫は片付けない?そうとぼけるのだろう。

Img_5333

Img_5345

Img_5336

Img_5337

この堰は農業用水の固定堰。専業農家は殆ど居なくなっても農業用水の需要は無くならない。この固定堰を可動堰に変える検討もされない。これだけの水位を保たなければいけない理由が問われる事も無い。本当に川の水量(流量)の管理は想定外の雨量洪水には為す術も無い?そう言われている。本当にそうなのか?その検証は何度も問われても同じ事を繰り返すだけ?そんな事は誰も知らない。

お役人の仕事は河川管理だけではない。日銀の支店長会議。何時迄こんな間抜けな会議が行われるのだろう?全国の支店長が日銀本店に集まり各地の景気動向を報告する。全国1都2府42県。45人の支店長が北から南の順番で一人10分で450分。7時間半。最後に日銀総裁の総括30分。8時間の会議。?

そんな無駄な会議は本当に今でも行われているのかい?そしてその結論は?「日本経済は緩やかに改善している」アホだろう?本当にそんな景気判断を日銀はしているのだろうか?日銀が景気の舵取りをしていると思っているのはお役人達だけ?違うだろう?現在これだけの情報化社会でそのような判断をしているのは当事者だけに違いない。日銀の役割をその程度に評価しても彼等の思惑は何も変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 9日 (月)

豪雨被害に学ぶ事 危険予知能力 当事者にならないと分らない

Img_5211

Img_5212

Img_5213

Img_5214

Img_5215

西宮名塩と武田尾を結ぶハイキングコースの入り口は無事だった。ただ山の中は分らない。今日、武庫川の上(山麓)約100mの杉林とガレバを歩いて見なと崖崩れ、山崩れ、倒木が道を塞いでいないか?それは分らない。昨日はまだ地盤が安定していないので歩く事は出来なかった。

Img_5217

Img_5218

Img_5219

Img_5221

Img_5222

Img_5223

親父の隠れベンチは無事だった。安心しながら弁当を広げる。しかし雨上がりで山の中は蒸し暑い。どれだけの雨が降ったの分から無いので廻りを見回しながら弁当を食っていても落ち着かなかった。山崩れが起きるとひと溜まりも無い。それでも雑木林が上に延びているので心配ない?

そんな感じは全くしなかった。山林はガレキの上に成り立っている。この上に杉の植林がされていないと言う事はガレキの山。水はけは良いが何時崩れても(滑っても)おかしくない。山の中を歩くと言う事はそう言う事。そんな山が全国至る所にある。そんな事は殆ど知られていない。

この国は平和で豊かな国?冗談は知らないから言える。日本全国何処に行ってもそんな所は無い。ではどうすれば良いの?その事を自分で知らないと行けない。難しいね?危機管理はどんなに気を使っても徒労にはならない。自分だけは大丈夫?そんな人が殆どです。ええ加減な事を言うな?ではお見せする。

Img_5245

Img_5247

Img_5249

Img_5250

Img_5252

この崖崩れは今回の豪雨で起きた物では無い。昨年の台風の余波で崩れて現在その復旧工事中。しかし完全に崖崩れは終っていないので?復旧工事も手探りで実施中?そうでは無い?復旧工事の緊急性が無い?どんな理由か知らないが工事は役所の都合で行われている。幸いにも今回の大雨では被害が拡大する事は無かった。

Img_5255

Img_5257

Img_5258

Img_5259

Img_5261

Img_5266

この崖崩れは今回の大雨の所為では無い。昨年の大雨で崩れたまんま。何でこの状態で放置されているのか分から無いのは知らないから?そうでは無い。復旧工事が大変になるから?もっと崩れないと対応のしょうがない?まさか。この上の杉山を全て切り倒さないとこの崖崩れの対応は出来ない?マサカ。

Img_5271

Img_5272

Img_5273

Img_5274

Img_5276

Img_5289

Img_5291

Img_5293

Img_5294

Img_5297

Img_5298

Img_5299

Img_5300

Img_5302




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日)

武田尾 行って来ました 武庫川の水位はネットで確認していた テレビの情報は全く役に立たず

Img_5181

Img_5182

Img_5187

Img_5189

雨上がり電車の運休も解除されJR宝塚駅からローカル電車に乗り込む。この路線は旧福知山線とは違い余程の大雨でも運休にはならないと思っていたが、そうではなかった。他の路線同様大雨が降れば運行規定で自動的に停まる。その理由も単純明快。運行管理は乗客の利便性ではなくJRの規定が優先。

線路に土砂や障害物がなだれ込んだりレールが浮いていたりしたらこの程度では復旧しない。そう考えると山間僻地の生活は簡単には成り立たない。その事を思い知る。広島や岡山の川の氾濫はそう言う意味で大変に違いない。ところがそんな事は関係ない。テレビを見ていると彼等はそんな事は関係ないとも思わない?その程度の生活?地獄を知らないのだろう?思い知らせてやる。コラ。

Img_5191

Img_5192_2

Img_5193

Img_5194

Img_5195

Img_5196

Img_5197

Img_5198

この橋は車通行可。但し車は2t車迄。その為対岸で行っている工事車両大型車、クレーン重機は下の川の水位が低い時に仮設の通路を上流の平坦な所に造り工事を行う。その仮設の通路も今は撤去している。秋に工事を行う時にもう一度設置する?この橋は今日は通行禁止。通常でも工事車両以外は通れない(通らない)武田尾温泉はその意味で既に終っている。

Img_5200

Img_5201

Img_5202

Img_5203

この道は武田尾温泉に続く道。しかし奥の堤防が完成して手前の部分はこの秋に先送りされた部分。その部分に今回の洪水も水位が少し掛かって通れなくなっている。武田尾温泉はこれで完全に壊滅?一番奥の元湯の土日祝日の日帰り温泉も息の根が止められる。それとも?何とか通行可能にする?いずれにせよこれで本当に引導を渡される。

Img_5205

Img_5206

Img_5207

この道は旧武田尾温泉メインルート。昭和の初めから関西の奥座敷として多くの人が足を運んでいる。この下流に立派な橋がありその上が旧武田尾の駅だった。笹部新太郎も桜の品種改良の管理人(弥吉さん)と何度も歩いた道に違いない。この滝は何時もは殆ど水が流れていないが先日の大雨で勢い良く水が流れ落ちていた。

Img_5208

Img_5209

Img_5210

武庫川の水位は下がっていたが今回の大雨で旧道は冠水していた。しかし激流で弄(もてあそ)ばれる事は無かった。今回の水位は対岸の草が生えている下の近く迄行ったのだろう。この道路の上10㎝ぐらい迄。後1メートル水位が上がると洪水危険水位になる。

ただそうなってもこの下流の堤防整備は済んでいる。問題はこの集落の活性化。その対策も難しい?その理由は過疎。人の賑わいが無いと地域の活性化は公共工事で終る。掛け声だけで終る。その掛け声も全く聞こえて来ない。その情報を発信すればこの地域の良さが分る。甘いな。

ただその盛り上がりが無ければこの地域は完全にこの地域に埋没する?そんな事もどうでも良いと思われている。この素晴らしい環境は間違いなく健康ランドになる。その仕組みを創らないといけない?アホやのう。これからの老いも若きも元気で幸せに生きるには健康管理?それだけでは足りない。その事を宣伝しないといけない?アホや。間違いなく10年先に終る。そうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機管理の出来ない人達?天災には如何ともし難い?違うだろう?完全な人災?

50年に一度の大雨で広島、岡山、その他の地域で深刻な被害が出ている。しかしその地域以外の人はそんな事もどうでも良い。?自分の地域が関係なければ見向きもしない?天災や予期せぬ出来事に学ぶ事も出来ない?そんなことを言っていたら生きて行く事は出来ない?そうではない事を学習する事も出来ない?その原因は何か?全ては50年に一度の天災と思い込むしかない?そんな生き方しか出来ない?

今日はこれから大洪水に見舞われてJRが2日以上運休した武田尾に行きます。関西のマスコミでは被害は全く報じられていないがそれは大きな被害が出なかっただけ。親父も全く知らなかった事実は現場に行かないと分からない。関西で大きな被害が報告されていないのは大雨が山間部中心で住宅地周辺の崖や丘でなかっただけの事だろう?

広島や岡山の地形を考えれば大雨が降れば当然予想される結果。それは数十年に一度の大雨でも河川管理者に求められる責任は小さくない。その責任が全く問われないのはこの国の河川管理?河川が氾濫して大被害が出た時にその事が問われないのはどうして?その程度の行政のあり方を有権者が支持しているという事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

明日は武田尾に行ける 広島の孤立住民、救助は難航?国会議員は何をしているのか?

武田尾にようやく行ける。近畿中部も大雨で福知山線運休になっていた。正確には宝塚以北が運休になったのは1昨日の午後から。今日は○○運休。しかし明日は運行。その情報はネットで知る。これだけ素晴らしい情報管理が出来る社会になっても自然の力には勝てない?

その事はTVにも言える。何の役にも立たない事を殆どの人はそうは思わない?広島では多くの人が救助を求めているがその対応がお粗末?国会議員は何をしているのだろう?何の役にも立たない。どうして全国から支援の手を差し伸べる体制が造れないのだろう?

自衛隊の限られた支援しか出来ない?広島は次期総裁候補の地盤だろう?自民党、公明党の政権でも危機対応はこの程度しか出来ない。オバカなTVもそんな批判は何も出来ない。それだけでも最低だがオチャラケの放送を垂れ流す。それでも批判はされない。最低だね。明日は日曜日だけれど武田尾に行けるかな?お前も最低だな?そうは思わないけれどそうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間抜けなテレビ 豪雨被害拡大しても関係ない?そんな放送誰が見るの?その程度の検証も出来ないのかい。

Img_5179

Img_5180

阪急宝塚線は平常通りの運転。それでも時間が時間だったので出掛けるのは止める。今日の予定は梅田の本屋だった。今、お気に入りの本は各幡唯介の「極夜行」。夜、寝る前に眠くなる迄読んでいると夜寝れないという事は無い。今、4回目の読み返しをしているが飽きる事は何も無い。それでも次の本をリクエストしないといけない。

心配した武田尾の崖崩れ、山崩れの被害はニュースにならない。現認していないので分からないがJRが運転再開になればその状況は現認出来る。今日は阪急は運転を再開していたがJRは運休。宝塚以北の通勤、通学の足はどう確保したのだろう?それともお休み?そんな働き方をどれだけの人が出来るのだろう?その程度の解説は誰も出来ない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武田尾武庫川水位が心配?そんなニュースは全く報道されない

中国、四国地方で甚大な大雨災害が伝えられているが、関係ない地方では他人事の様に思われている。決して他人事では無い。偶々自分達の頭の上に災害が降り注がなかっただけに過ぎない。人の事を考える余裕もなければそれも止む負えない。その程度の生き方をしている。その証拠が国のリーダー達(そんな人が居るのか?)の生き方その物?

2流の役所と言われて来た文科省?違うだろう?その程度にしか思われていない。役所の統廃合で文部省と科学技術省が一緒になってもその役所の無様さは何も変わらない?文科省の現役の局長(次期次官候補のエリート)がこれ又日本を代表する(しないか?)医科大学の便宜を計る。その見返りが息子の入学に便宜を計ってもらう?何たる無様、何たる恥知らず。?

しかし公務員の天下りが問題になったのもこの文科省。他の役所ではそんな(どんな)問題も無い?アホこけ。そんな事が完全に無視され安倍政権は支持される?何たる報道。何たる無様な生き方。そんな事は無いと何処の誰が証明出来るのか?アホンダラ。内閣の支持率はマスゴミが支えている?そんな事は無い?この甚大な自然災害に遭われた人達の怒りは何処に向けられるのだろう?

そんな事と政治は何も関係ない。そう多くの人が思っている。ところが☂が上がっても電車が動かない。安全を確認している?安全確認が最優先。公共機関の責任者はそうとぼけているが今日は土曜日。明日は日曜日。ところが民間の工場、お店にはそんなお役所仕事は通じない。

公共交通機関、私鉄の保守、点検の責任者に経営者は指示を出さない。電車は明日迄運休。それから安全を確認してから運転を再開する?仕方が無いので明日迄武田尾に行けない。武田尾温泉の旧道は完全に冠水している?それでもそんな温泉に行く人は居ない。

その温泉地の堤防がかさ上げされ整備される。嗚呼。温泉地が壊滅する。そんな事もどうでも良い。安全が優先。整備費用?そんな事も関係ない。そのお金は国の金。アンタらには関係ない?そんなお役所仕事が何時迄続く?それもアンタには関係ない。そう言われている。見てろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 6日 (金)

山間過疎地域活性化が進まない訳が分かる?その対策も分る。ただ出来るかどうかは別の問題?

Img_5088

Img_5089

Img_5090_2

Img_5091
災害は忘れた頃にやって来る?しかし前回の災害は4年前。しかもこの冠水で河川敷のグラウンドは表面の土がボコボコになっているので、再び土を入れローラーで固めた整備をしないといけない。ただこれだけではない。対岸にも2市の立派なグラウンド4、5面ある。いずれも市から委託された管理団体が管理して居る。

しかしその整備の費用の負担は市。その整備費用は億を越える。しかし不思議な事に「何とかしょう」そんな意見は誰からも出てこない。オバカな市民?おばかな河川管理?そう言い続けているが行政と国土交通省の河川管理者に無視されている。

以前地域のNPO法人の会長に河川敷のグラウンドだから大水が出れば冠水して当然と言われた事があるが河川敷の護岸工事もしない河川管理者の批判は誰もしない?その無様さも何度もブログにアップしたが、今回の冠水の爪痕をお見せしてもとぼけるに違いない。何故ならこれはここだけの話ではない。

京都の桂川でも全く同じ。桂川に掛かる渡月橋(嵐山)も今回、氾濫水位を超える。それでもその対策はその場しのぎ。自然災害だから仕方が無い?アホこけ。渡月橋が流されたらそんな事は言えなくなる。その程度の事も当事者はとぼけている?

Img_5092

Img_5093

Img_5095

Img_5097

水位は少し下がっているがこれで河川敷のグラウンドは今年の夏は使えない。サーカーと野球少年の夏の練習が出来ない?それでも自然災害なら如何ともし難い?そう思われている?ところが河川管理の実態は何も知らない。本流とグラウンドの境には土手がある。その土手にきちんとした「河川内堤防」が整備されていない。

しかも左端の本流に固定堰がある。この固定堰を可動堰にすればこの状況は激変する。その程度の知恵も出せない役人達。彼等はクレームを突きつけられても何も変わらない。何でやろう?その程度の事も問われない。知らないという事はそう言う事。いずれ分かる。ただその時は手遅れに違いない。それでも関係ない。その程度です。

Img_5098

Img_5100

Img_5102

Img_5104

その証明がこれ。ここにはきちんとした堤防がある。その理由は河川敷が無いから?この左はパワーショベルで川床が掘り下げられ、河原も整地され対岸にはご丁寧に親水公園もどきの整備がされた。。この大雨で全てが流される。この左には床固めの立派な堰がある。ところが河川管理者はそれは堰とは呼ばない。

この大雨で完全に土砂に埋まるから?そしたら子供達の水遊びが出来なくなる。それ迄に川底を掘り下げる?アホやんけ?アホです。この後、猪名川を遡る。可動堰2つとも倒されていた。?(意味が分からないやろう)可動堰が倒されるという事はどういう事か殆ど知らない。(山村過疎武田尾の活性化対策は最後に書きます。ご期待ください。しない?どちらでも。ただ親父の生き方は定まる?)

Img_5113

可動堰。堰は耐水強化ゴム。エアー圧で堰の高さが調節される。目的は農業用水。ただ洪水時には完全に倒されて水位を上げる事は無い。この数百メートル中流にも可動堰がある。こちらは余程の事が無い限り倒される事が無い。その堰も倒されていた。

京都嵐山渡月橋の百メートル足らずにも堰がある。この堰は平安の昔からある。この堰のお陰で京都西山の農業用水が確保されて来たが、4年前ここでは旅館、土産物店、健康ランド(温泉)が甚大な被害を受けている。その対策にこの堰が採用されないのは嵐山の景観を損ねる?その結果を今、思い知らされている。

Img_5123

水位はこれだけ下がっている。ところが上流にある多目的(上水道水確保、洪水対策)の一庫(ひとくら)ダムの放水が始まると元に戻る?(但し現在雨は止んでいる)京都桂川でも同じことを言っている。ダムが洪水対策になる?こんな時に放流をしてもか?その程度の事が誤摩化されている。ダムはそんな目的では造られていない?

Img_5133

Img_5135

Img_5135_2

Img_5140

Img_5143

この堰の落差は4メートル。その落差が消えている。それだけの洪水。この堰が倒されるも初めて見る。もう少し水量が多く水位が上がるとこの可動堰の中間のコンクリートの構造物も見えなくなる。幸いに今は雨が止んでいるが今夜はまた降り出す?私鉄、JRが停まり武田尾にいけない。アホ

Img_5146

余野川合流部。勢い良く濁流が流れ込んでいるが本流猪名川と落差はまだあり氾濫の心配は無い。しかしこの上流も大雨が降っている。道も片側1車線で歩道も無い所が数キロある。そこはバスが通っているが現在は通行止め。山間地域の人は災害にも生活が規制される。通勤、通学をしないといけない人はどうするのだろう?ご心配なく?別ルートがある。ホンマかいな?

Img_5149

Img_5150

Img_5158

Img_5155

ここは長年河川の整備が遅れている所。何時もは対岸の堤防の下を流れている川は手前には堤防が無い。あるのは不法耕作地だった。その耕作地が数年前強制的に取り払われて整地したまんまだった。その事を聞いた宝塚土木事務所の見解はホントマヌケだった。

整備の予算が認められない。今日雨の中を出掛けてみると近くの防災へりの着陸広場で行政は土嚢(どのう)を業者に造らせていた。もう少し雨が降れば川は氾濫する。それでも仕方が無い?そんな事は誰も知らない。昨日訪ねた県の出先機関(北県民局)の責任者もこの事実は知らない?

Img_5159

Img_5161

Img_5163

電車が止まっているのでどんな方法で引き返すか考えるが、来た道を引き返す。靴の中がグショグショになっていたが迷う事は無かった。水位が下がり始めている川を眺めていると上流のダム放流の警報が鳴り出す。近くに居たおばあちゃんから「どういう事」と聞かれる。ダムの放流で水位が上がるかという事。心配ないと教えてやる。

Img_5164

Img_5165

Img_5166

Img_5167

ここに大きな段差が出て激流となっているのは床固めのコンクリートの固まりがあるから。そのコンクリートも底がえぐられて傾いていた。この洪水が引けばその様相は更に無様になる。このコンクリートが川の流れを妨げて川は氾濫する事はない?

Img_5171

Img_5173

Img_5175

五月山に霧が出ている。心配された猪名川の水位も下がる。雨の中を10キロ歩く。帰りは電車に乗るつもりだったので疲労感は無い?それでも雨の中の10キロは中々歩けない。今、自分に出来る事はその程度の事?しかしこの歳でこれだけ歩ければ文句は無い。靴に不具合が出るのも当然だろう?そう考えていた。

Img_5176

Img_5177

Img_5178

明日(今日)も宝塚線(JR、阪急)運休?武田尾には行けない。親父の隠れ処の下の道も冠水しているに違いない?これだけの雨が降れば公共交通機関は完全に止まる。当然ながら山間過疎の地域に住んでいたら都会に出る足が無くなる。武田尾から新名神の高速道路、そしてその上の西谷地域に行く谷道(バスが通っている)もがけ崩れで通行止めになってもおかしくない。

(そんなニュースは無い)知らないだけだろう?天気が回復して来週行けば分かる。都市部に住んでいても情報は充分ではない。くだらないお笑い、再放送、旅番組は眼にしても地域の実態は殆ど分からない。山間過疎の地域活性化は本当に難しい?その理由は「そんな地域の価値」は失せている?そんな当たり前の事を知らないだけ?

ただ都会でもその事は何も変わらない。ただ決定的に違う事は山間過疎の地域で元気に生きるには余りにもハードルが高すぎる?現在人は本当に体が弱くなっている?医師に寄る処方箋を手にして薬局で手に余る薬を手にしないと行きて行く事は出来ない。そんな高齢者は当然これからもっと多くなる。その予備軍を元気にする仕組みづくり。その程度の事を市も県も府も国もしない?だったら自分でやるしかない?

そんなアホな事を考えている。難しい事は山積しているが問題を整理すればその先は見えて来る。当然一人で出来る事は限られている。何も出来ないと思われている。それでも自分が満足出来ればそれで充分。その程度に考えれば失う物は何も無い?アホか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

武田尾行けず。(JR福知山線宝塚以北運休)この無様な対応?

Img_5074

Img_5075

Img_5076

武田尾はJR宝塚駅乗り換え。改札駅前の様子がおかしい。?大雨のため運転見合わせ?確かに雨の量は多いが運転見合わせの根拠が脆弱?脆弱の漢字も読めない。意味も分からない?(ぜいじゃく)こんな言葉は最近使われない。言葉の意味はもろくて弱い。福知山線は新路線に変わったのは平成の初め?

以前の旧福知山線は武庫川沿いを走っていたから理解出来るが新路線はこの運休区間は殆どがトンネル。その区間が大雨で安全確保の為運休?アホだろう?誰が?JR西日本運行責任者。降雨量が多いと自動的に運休。この時間帯に電車を止めたら他の問題が発生する。それよりも安全が優先される。そう開き直るのだろう。武田尾が住めない理由を思い知る。当然諦める。唯、ただでは引き下がらなかった。

Img_5079

Img_5082

Img_5083

駅の掲示板を見ながらJR駅員の説明を聞いていると親父の行きたい武田尾の説明は無い。運行状況掲示板もその説明は何も無い。宝塚の次の停車駅は生瀬。次が西宮名塩。その次が武田尾。そして道場(どうじょう)その次が三田。その次と篠山口の間が線路が冠水の恐れ?

そんな説明は無い。間違っている?どちらにしろ目的地には行けない。代行バスも出ていない?夕方のラッシュ時になるとどうするの?代行バスを運転する?それで十分な対応が取れる?そう思っている?アホとちゃうかと思いながら行き先を変える。

Img_5084

Img_5085

Img_5086

Img_5087

行き先変更の先は県の出先機関だった。武田尾の地域活性化の為にこれから教えてもらわないといけない事は多かったが突然の訪問だったが、丁寧な対応をしてもらう。忙しい時間を本当にありがとうございました。武田尾の活性化の難しさが思い知らされていました。その話は明日詳しく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近畿地方で大雨 しかし峠は越える?そんな情報は無い

朝から携帯に一斉避難の緊急情報が入る。アホチャウカ?アホです。こんな情報を信じてどれだけの人が行動すると思っているのだろう?誰が?ところがこんな情報を流さないで避難が遅れると行政が批判される。大雨が降って川の水が氾濫する?近くの山が崩れる?大きな災害が予想される?

そんな時(緊急避難情報)で国民に避難を喚起する?その反対に日常的に防災対策を地道に進める?どっちが国の取るべき道か?そんな事はどうでも良いと官僚達は思っている。その証拠を今、武田尾で見ている。嘘だろう?本当です。その証拠を見たくも無いだろう?

その証拠は全国至る所で見る事が出来る。しかしその危険予知は殆どの人が出来ない。嘘だと思う?それは知らないだけ?知ろうともしないだけ?何時迄も何処迄も根拠の無い楽観的、マヌケ。オバカ?コラ。そんな天の邪鬼(あまのじゃく)の言葉は誰も信じる事は無い。

オバカなTVはそんな事は全く考えていない。そんな放送を垂れ流してもキャッキャ、キャッキャと喜ばれる。この成田も無様なオバカ達。罪と罰(ばつ)の言葉の意味すら関係ない。知らないと言う事はそう言う事。違うだろう。その事が思い知らされる。

サーカーのこのチームの評価は様々。この監督の人間性が問われた時、このオバカ達はそんな事は関係ないと白目を剥くのだろう?無様と言われても関係ない生き方をしている。それを見る阿呆。これから武田尾に行けるかな?山には入らないから大丈夫。阿呆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリン価格150円?満タンで9000円?まだそんな生活をしてまんのか?そうでんねん。

東京オリンピック開催が2年後?その時にはこの国は大きく変わる。無人運転。自動運転。そしてその燃料は電気自動車。華々しく車社会は語られるけれどその燃料費はどうなるの?車の維持費は?そんな事はニュースにもならない?そんな事は無い。ガソリン価格には誰もが悲鳴を上げている?

都会に生活基盤があれば車は必要ないと思いきやそれも全く違う。多くの人が車が無いと難儀をする生活をしている。すぐ近くの駅前のスーパーに行くのも車。買い物荷物を駐車場に運ぶのも買い物荷車。そうでない人は荷物の配達。人間には立派な手足が付いて居るがそれも段々老化して役に立たなくなる?

そうでは無いだろう?口先だけは達者で不快な事を平気に口にしても手足、体は言う事を聞いてくれない。偉そうな事を言っている親父でも階段を踵から意識して降りる事は難儀をする事がある。踵から階段を勢い良く降りる。この衝撃に足、ヒダ、股関節が悲鳴を上げる歳になっている。

ただ親父はそんな体の潤滑油を若い頃から意識している。人間は歩き方でその人の値打ちが決まる。これは職業軍人だった親爺から小さい時から教えられた言葉。背中を丸めて歩くな。大股で背中を伸ばして歩け。その教えのお陰で今こうして生きている事が出来る。

生活が破綻して車を引き取り0円で手放した時の寂しさは忘れていない。走行距離は10万㌔を超えていた5台目の車。自分の生活、生き方を支えてくれた愛車は何も言わないで別れの時を迎えたが、それでも感謝の気持は忘れていなかった。そのお陰で今もこうして生きている事が出来る。

無事故無違反をどんなに自慢しても車は「走る棺桶」。その事は忘れる事は無かった。そのお陰で車を手放してペーパードライバーになっても今ではハンドルも握れない。それは歩く事が出来るからだろう。これから山奥で暮らす様になればそれも無理になる。そうではない。

歩行と言う奴は訓練で補う事が出来る。その程度の事も知らない。ガソリン満タン9000円。そんな大型車にはとても乗れない。これからは小型車か軽で無いと車も買えない?そんな事も無い。世の中リッチな人も少なく無い。そんな人はガソリンリッター150なんて鼻くそだろう?

ところが彼等も意外に生活はセコい。そうでないと金持ちには成れない?確かに。「貧乏人は麦飯を食え」安倍さんは流石にそんな事は言えない。生き方を変えろ。考え方を変える。ガソリン代150円セコいセコい。その程度の事も口には出来ない。そんな政治が支持されている。ザマーミロ。コラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

バカコマーシャル?「家に帰れば00ハウス」日本の喜び000 そのコマーシャルのお陰で野球中継が見れる?アホ

Img_5052

Img_5054

Img_5056

この右側は武庫川。この草むらは一体何?行政に聞いて見てもとぼけた答えが返って来るだけ?何か問題ありますか?何も関係ないでしょう?左は良しとしても右は川の土手?自然の堤防。何も余計な事をする必要は何も無い。そう言われている。ところがそうではない事を彼等は知らないだけ?

この対岸の堤防のかさ上げ工事を見ればその間違いが一目瞭然?そんな事は誰も知らない。そんなオバカは許されない?許される?知らないという事はそう行く事?その無様さを関西の報道機関も知らない。地域活性化。地域振興。地域の賑わいを取り戻す。多くの事が叫ばれても地域限定?お役所仕事と馬鹿にされても関係ない?

Img_5059

Img_5060

Img_5062

Img_5063

この右は民間宅地開発の業者が整地した土地?その表示は何も無いが保健所の水道の許可が下りなかったと聞いているがそれも定かでない。そうしてこの無様な景色を晒している。左は武庫川。こちらも堤防は無い?その整備はしなくても対岸の堤防はかさ上げ?その工事も中途半端でない。

この整備された跡地には工事中別の場所に住んでいた住民が帰って来る。行政の期待も大きいが地域の活性化には繋がらない?その仕組みを考えないといけない。出来るかな?出来ないだろうな?地域を活性化する肝?それを手にしている伝道者は多くはない?それが出来れば歴史を刻む事が出来る?言うは易し行うは難し。武田尾氏が舌を出して笑っている。

Img_5064

Img_5065

Img_5069

これだけの立派な堤防かさ上げ工事をしても対岸の堤防は造らない?その必要は全くない?誰が考えてもこれだけのかさ上げ工事の必要性は無い?そんな事を考えるのはど素人?今、2軒目の家が建築されている。このお店が茶店になり旧福知山線廃線敷きのハイカーが立寄を始める?ただそんなもんでは商売は成り立たない。?それでも赤字にならなければそれで充分?この下の道は自由に通れない。鍵がかかっている。

Img_5070

Img_5071

Img_5072

Img_5073

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予報は外れ 自分の考えは無し どう生きる?関係ないか?

Img_5012

Img_5013

Img_5014

Img_5015

昨日の武田尾。昨日の武庫川。この下流から武庫川渓谷になる。ただしばらくはこの流れも激流にはならない。本当の激流になるのは大雨が降った時。上流に大雨が降った時この川は激流と化す。それはこの川だけではない?全国の河川の多くがそんな川になっている事を知らないだけ?

ただこの地域は山間部の渓谷。水位がどれ位上がるの?4メートル?対岸に旧福知山線の廃線敷きがある。そのすぐ下迄は水位が上がるのだろう?ただそんな洪水は滅多に無い。無かった。その事を旧福知山線の鉄路が証明している・この鉄路は一度も流された事は無い?そんな事も誰も知らない?

Img_5016

Img_5017

Img_5018

昨日は川沿いのこの道?を歩く。この右は崖。手入れ(間伐、下刈り、植林)が全く行われていない杉山と雑木林(昔からの自然林)が急に立ち上がっている。この崖が崩れると武庫川渓谷はせき止められて大きな災害になるが、そんな自然災害の心配は無い?瓦礫(がれき)と山砂ばかりと思われている崖は、豊かな自然の腐葉土で覆われている。(ただ大雨の時はその急な地肌を雨水が流れ下る)

Img_5019

Img_5020

Img_5021

Img_5022

この川沿いの道も間もなく道が無くなる?道無き道を行けと言われても道がなければ崖をよじ登るか川の中を行くしか無い。いずれもそれなりの装備が必要。しかも本格的な山登り?川下り?ただこの崖の上にはハイキングコースがある。そこ迄400メートル足らず?もっと短い?しかしそのルートは今は全くない。

山の手入れをしないという事はそう言う事だという事が完全に無視されている?誰に?世の中の流れ?そんな流れをぶち破れ?もうそんなええかっこは出来ない?やるつもりも無い?それで良いのかな?良いとか悪いとかそう言う問題ではない。人知の及ばぬ事ではなくその判断は普通に考えれば誰でも分かる。確かに。そんな事をやろうとしている?いません。

Img_5025

Img_5023

Img_5026

Img_5027

Img_5028

対岸は親水公園。水に親しむ公園?アホこけ。川の流れは清流ではない。河原は愛を語る事が出来る?そんなガキ達もいるが殆どが無人。誰も居ない河原の角で野糞をした事がある。お尻を丸出しにして?日本で1番南の島、沖縄から飛行機で更に1時間。波照間島の海岸をここに来る度に思い出す。比べ物にならない広さの海辺を思い出すのは野糞の共通点かもしれない。アホ。

Img_5029

Img_5030

Img_5031

Img_5032

この先で引き返す。以前来た時はもう少し先迄進んだがその先は川の中を進むか崖をよじ登るしか無い。その先は西宮名塩財産区の杉林に続く谷がある。以前はそこ迄は山道があったに違いないが今はその道は洪水で流され足を踏み入れる事は出来ない?100年足らずの歴史は人々の生活を大きく変えている。これからもそうなるに違いない?もっとも100年先のこの地を見れる人は誰もいない。

Img_5033

Img_5034

Img_5035

Img_5036

この谷の上にハイキングコース第2ポイントがある?しかしこの谷を直登する道は無い。しっかりとした装備をしてこの谷を登ると面白いに違いないが、そんなルートは整備されていない。谷沿いの道は大雨が降れば流される。その為には谷よりも高い沢を切り開かないといけない。そんな冒険は許されていない。

Img_5037

Img_5038

Img_5039

このスレートの板は何の為に懸けられたのかも分からない。足で踏み抜かない様に右側にある鉄の柱の上を歩く。真ん中は怖くて歩けない。下は谷になっている。高さはそうでもないが落ちたらタダでは済まない?この道は引き返している。この板の上を初めて歩いたのは数年前。誰が何の目的でこの工事をしたのかも何も分からない。

Img_5040

Img_5041

Img_5042

ようやく広い道に戻る。ここ迄は車で来れるがこの道も何の為に整備をされたのか標識がないので何も分からない。ただここ迄はこれから夏になるとこの地を知っているグループがやって来る。この先に河原がある。水泳は出来ないがキュンプファイヤーは出来る。ただ行政は認めていないので自己責任。雨が降ったら安全保証は担保されない。

Img_5045

Img_5046

Img_5047

Img_5048

ここは堤防迄整備されているのにどうしてこんな有様になったの?主(ぬし)に聞いて見ても教えてくれる訳が無い。この川鵜もまだ若い。こうして岩の上で辺りを眺めながら羽を乾かしている?この川が豊かな餌場になるにはまだまだ時間が掛かる?それともそんな期待は出来ない?河川の水質調査は行われ汚染濃度は大幅に改善されるも小魚と鮎の稚魚の定期放流が無いと川鵜も他の場所を探すしか無くなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

武田尾も蒸し暑かった。雨模様で予定変更。川沿いを歩く。

Img_4982

Img_4983

Img_4984

Img_4985

Img_4986

武田尾駅前には自転車とオートバイの駐輪場しかない。車の駐車場は旧福知山線武田尾駅前?現在の駅から300メートル西。駐車場定期契約の車は近くの西谷の集落の通勤客。旧福知山線武田尾駅の写真を見ると駅の横に踏切がある。その先がこの橋だ。

Img_4987

Img_4988

Img_4990

この橋が完成したのは昭和9年。80年以上の歳月にもびくともしていないが寄る年並には勝てない?下流側に少し傾いている感じがしないでも無いが、この土台はまた素晴らしい。橋桁の下、上流と下流側にそれぞれ5メートルのコンクリートの羊羹(ようかん)が橋桁を支えている。このお陰で橋桁の川底が激流で掘り起こされる事が無い。それでもコンクリートの先端は相当えぐられている。

Img_4991

Img_4992

Img_4993

この対照的な左岸と右岸。左は立派なかさ上げ工事。右は昔のまんま。この工事を行った宝塚土木事務所の河川管理者の責任者の説明では、右岸を整備する必要性が考えられないと言われていた。今日、その道を思いがけなく歩く。右岸にも歴史がある。その歴史は全く木々で覆われているだけで何も知る事は出来なかった。

Img_4994

Img_4995_2

Img_4996

ここは看板は無いが西宮名塩に続くハイキングコースの入り口。カラーコーンが置かれているのは現在補修工事中?その意味は分からないがこのコースの自称管理人はそんなケチな事は言わない。現在ここから足元の石ころ、道の廻りの障害物(倒木、草木)を少しずつ整えている。

この道は以前は分からないが現在殆ど通り抜ける人は居ない。それは何でだ?原因は忘れ去られている?殆ど知らない?足元が悪い?命の保証は無い?その道を蘇らせる?無駄だな?ただこの道は健康志向の人が歩く様になれば様相は一変する?その仕組みを作り上げる?ご苦労な事です。?

そうかな?生きる為に為せる事は意外な結果を生み出す?1年先が楽しみだな?武田尾温泉を発見した豊臣の武将が笑っている?その人の名は何と申す。聞いて驚くな。先の大納言水戸光圀公ではなくて豊臣の落ち武者武田尾殿でごわす。コラ。まずはここから1キロ先迄。それから山道を登る。これがアナタ何とも楽しい。まだそのポイント迄到達していない。片道2キロの道はこれから最高の夏を迎える。

Img_4997

Img_4998

Img_4999

Img_5000

Img_5001

階段を上がるとここで一息。反対側から降りて来るとここで休む事は無い?(階段を降りると駅は近い)ここから次のポイント迄は1キロ足らず。しかし、この道は楽には歩けない。足元が悪い。今その道を整備しているが多くは慎重に歩けば問題は無い。それでも平らな道だけではない。ストックが必要になる。杖?お手軽、お気に入りを探さないといけない。

Img_5006

Img_5007

Img_5008

Img_5010

この杉山の持ち主は西宮名塩財産区。つまり共有林?個人の持ち物でないから管理が行き届かない?そんな事ははない。この山を管理出来る職人が少なくなっている。当然この山も例外ではない。山の資産価値を高める為に為すべき事は放置する事?まさか?そのまさかが全国各地の山で進行している。その対策は簡単であるが世の中その程度の事も出来ない。西宮名塩財産区。その組織も機能が劣化している?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪はうっとおしい天気 昨夜は睡眠不足?今日も武田尾?

Img_4865

Img_4867

Img_4869

Img_4868

昨日のハイキング道。殆ど歩く人は居ないがこの道は西宮市が管理して居る。ここから名塩迄歩き通せば13キロ弱。400メートル足らずのこの尾根は直登は出来ない。どうして?登りが急だから?それよりも地元の人でも殆ど立ち入る事がない?どうして?最近はハイキングブームで女性のハイカーも多くなっていると言われているが、流石にこの道はお呼びでない。

どうして?それは歩いてみればよく分かる。なんだかんだ言ったところで現在人は歩けなくなっている。そして情けなくなっている。この道を走破するにはそれだけの覚悟と脚力、体力が求められる?そんな事は無いだろう?つまらないだけ。見所が無い?そんな事は無い。タダでこれだけの体験が出来る感動を知らないだけ。

関西の情報の伝わり方もその程度。それでもこれからは様相が変わる?変わらないか?変わらなくても自分の生き方を変えれば良い?それだけの事だろう。それだけの事も出来ない。関西はおもろい街?関西人は面白い?そんな事は全くありません。それは大阪南の道頓堀の戎橋に行けばよく分かる。

訳の分からない外国人がウロウロしているだけ?大阪市長の吉村はそれでも大阪万博、カジノ付き複合施設の招致。大阪の面白さ、大阪の活力はその程度になっている。お天道さんはそんな大阪人の生き方をどう見ているのだろう?「こいつらホンマにアホやんけ」そう思っているに違いない?

それは見解の相違?そうとぼけるのだろう?サッカーのワールドカップ協奏曲も終わる。そして暑い息苦しい夏が始まる。そんな夏を爽やかに密やかに生き延びる。ナツナツナツナツ。ココナッツ。アイアイアイアイ。アイランド。古いね。今年の夏は武田尾の夏模様で決まりかも? 武庫川の流れは絶えずしてしかも元の水にあらず。オイオイ。

Img_4870

Img_4872

Img_4874

Img_4875

Img_4876

Img_4877

この橋を渡らなくても手前の谷沿いの道を降りる事も出来る。ここにスコップで段差を作る事を考えたがジジイのやる事ではない。トラロープを垂らせば充分?ただその許可を行政のT君の許可を取らないといけない。この道はハイキング道では無いと言われるのかな?そんな事は歩く人が決める事だろう?

Img_4878

Img_4879

Img_4881

Img_4882

Img_4883

ここからしばらく杉林の中を歩く。ただしこの左右は急な斜面。左は下の谷に大きく落ち込み、右は尾根道に続く崖。しかし殆ど手入れはされていない。手入れ?とは何か?知らないと都会人も少なくない。この山の持ち主は西宮名塩財産区。(と言われても何の事やら分からない)

杉花粉に悩む若い女性がそんな杉山の杉を切り倒せと叫んでもそんな事が出来る筈も無い。人間はこの環境の中で生かされている事も知らないのだろう。しかも杉山は自然林ではない。人工林。こんな厳しい環境でも杉の苗を植えた人が要る。その先人の思いは全国各地の森で踏みにじられている。

その原因は森林資源、木材価値の下落。その結果はこの有様をもたらしている。杉を大事に育てればその価値は計り知れない富を手にする事が出来る。そんな夢は果敢なく破れて山は荒れ果てている。その程度の事も若者達は知らない。住友林業。木の家。先日オープンした武田薬品の本社ビルの見事な檜の内装。

そんな豊かさとは全く関係のない世界。そんな現実を知れば生き方も変わる?そんな事は無いだろう?その程度の人生です。我が家を2回手にしたが杉や檜がふんだんに使われた家では無かった。終の住処はそれとは真逆のログハウス。それも手遅れに違いない?

Img_4888

Img_4889

Img_4895

Img_4897

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月)

流石プロの仕事。しかし親父のチェックは厳しい?

Img_4816

Img_4817

宝塚のオフィスビルと集合住宅。一見ハイカラに見えるが宝塚の以前の勢いは無い?以前の勢いと言われても以前を知らない人が多いのだからどうにもならない?確かにその通り。時代の流行、華やかさ、そして地盤沈下は如何ともしがたい?これからの流行の先端はそれぞれの価値観?それとも自己満足?それとも他人の評価?そんな事はどうでも良いのだろう。
Img_4818

Img_4819

Img_4820

Img_4821

これからの最先端は山間の生活?それとも海辺の生活。それとも近くの川で癒される生活。都会人は手に出来ない生活が皮肉にも時代の最先端を行く?何とも皮肉な先祖帰り。人間は田舎を捨て自然を捨てて都会に憧れ都会で生活の基盤を手にしても、結局最後に手にするのは静かな自然、静かな生活、静かな自然?

その事はまだ痛感しない?夜中に人が眠りについている頃、テレビの前で一喜一憂をする。そんな生き方は当然否定される事を知らないのだろう?それでもその事は否定されない。人間の生命力はその程度の事ではびくともしない?そうかな?そうは思わないけれど。何時から多く人はこれほどにオバカになったのだろう?その言葉を口にする度に大事な友達を失う?そんな事もどうでも良いのだろう。

Img_4822

Img_4823

Img_4824

武田尾の山。武田尾の木苺(きいちご)。武田尾のねむの木の花。今日の武田尾は暑かった。暑い夏。暑い山。暑い川。これから初秋を迎える迄は田舎でもエアコンが要る?都会人が考えている働き方改革?そんなもんはネエだろう?あるとしたら企業の枠を飛び出して個人の力で仕事をする?そんな事が出来る訳が無い?その程度の事もわかんねえ?

Img_4825

Img_4826

Img_4827

Img_4828

Img_4829

Img_4830

この看板は宝塚土木事務所が建てている。何度も首を傾げるけれどここが公道でないとしたら私道?だとしたら持ち主が看板を立てるべきだろう?土木事務所がこの防災工事をして公道が確保出来ないとしたらその責任は問われ無いのだろうか?その話を何度も工事責任者にしているが見解の相違?

しかし武田尾温泉に昔から来ていた人達は公道を通っていたのでは無かったのかい?その答えは堤防の中にある?そんなアホな。ただ通行禁止には出来ない。それはそうでしょう?ただこの工事はまだ残りがある。その工事が再開されれば通行は更に厳しくなる。それが公共工事でも?

安全を確保しながら工事をするのは現在の常識。ただ親父の様な輩は邪魔になるに違いない。その対策は考えている。それは新名神の工事でネクスコ西日本から教えてもらっている。工事中は立ち入らない事。但し武田尾温泉。消滅迄残り1軒。土日祝日だけは営業している。この微かな地域活性化の灯火は消させる事は出来ない。それとも消えるか。それは親父にも分からない。

Img_4831

Img_4832

Img_4833

Img_4838

このカラーコーンの先には関係者以外立ち入り禁止。関係者とは誰?工事関係者と役所(土木事務所)関係者。そして地権者。この堤防を整備したという事は国の税金で有っても?そう詰め寄られれば言葉の表現が変わる。安全確保の為です。?この工事が何の為に行われたのか?地域防災と地域の活性化の為。

ところがこれだけの工事をしても地域の活性化は如何ともし難い?それは無いでしょう。その問い掛けに西宮市の担当者は答える事が出来ない?担当は文化部?副市長?彼等はこの現実を知らない?嘘でしょう?かも知れない。いずれ担当部長の話を聞けば今後の見通しは分かる?それとも市のレベルでは話にならない?

県のレベル?県でも分からない?国?国には担当者が居ない?そんな事はネエだろう。知らないという事はそう言う事。これだけの公共工事は県のレベルでは出来ない?どうして?この公共工事の工事費は公表されていないが(ネットで探せば分かる?アホこけ)工事費を聞けばその責任の重さが分かる?その程度の事も知らない。

Img_4839

Img_4852

Img_4853

この川も遊泳禁止。魚は居るのか?川鵜に聞いてみると「おらん」それでも彼等はここで生きている。この川の鮎釣りは聞いた事が無いが漁業組合はある。しかしその組合もこの川を豊かにする戦略が無い?川が汚れた理由は上流の三田に新興住宅地と宅地開発が進んだ事。この山間の上流は意外に大阪とJRで1時間足らず。

川が汚れても行政はその対策に後手を踏んでいる。その結果この川の流れは清流ではない。この川を再び100年前の清流にする?そんな施策は関係市町村は考えていない?それは聞いてみないと分からない?誰に?それも探さないといけない。この川は2級河川。一級河川でないと国土交通省の管轄ではない。国もその程度の認識だろう。(1級河川でも同じ事。夏の風物詩。川で泳ぐ事は皆無になっている)

Img_4842

Img_4854

Img_4856

親父達が京都保津川で泳いだのは半世紀前。あの時の友は今は一人は亡くなり一人は老いぼれている。(アンタも同じだろう)この川も全く同じ。川の汚れは改善されていると聞いているがその実態はどうなのだろう?川で泳ぐのは危険?そのうち小魚も居なくなる。人間様に生き方はそれでも成り立つ。しかし我々はそうはいかない。そう言われていた。これから人の賑わいを取り戻す為には川も綺麗にしないといけない?

Img_4857

Img_4860

Img_4858

Img_4861

Img_4862

Img_4863

ハイキングコースの入り口到着。ブルーのカラコンは置かれていたが工事車両は無かった。先週から行われていたハイキングコース補修工事は完成していた。そのプロの仕事を見ながら感心していた。しかし今回で終わりなのかそれは分からなかった。ただ予算的に最低でも50万は掛かっているだろう?それは担当係長に聞かないと分からない。

Img_4906

Img_4907

Img_4908

ただ親父のチェックは厳しかった。この先はこのまんま?折角だからこの木の根っこ位取れよ。そうぶつぶつ良いながら小石を除けながら整地をする。この状況を見るとこの補修工事はまだ完成ではない?しかしそんな予算はあるのだろうか?余計な心配をしていた。

Img_4939

Img_4941

Img_4942

それでも立派な草刈りと補修工事ありがとう。これでこの先迄はハイカーが何とか安全に通る事が出来る。この先のポイントを過ぎると尾根に向かって一気に登る。この整備は次の予算になる?ただ尾根道迄の登りの木の枝の剪定はやらないといけない?それは次に写真を撮ればよく分かる。(何時になるかな)今月終わり迄にはやりたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州地方は大雨だというのに何だこのクソニュース。

Img_4799

Img_4800

Img_4801

昨日の中山観音境内。本堂のお参りもしないで蓮の花を写していた。この罰当たり。そうかな?立派な本堂の前で現世の己の利益をどんなに願ってもそれはあくまで自己満足。人の為に何が出来るか?自分より生活に生き方に考え方に困窮している人の為に何が出来るか?その事が問われても関係ないと思っているのだろう?親父は?それはこの蓮の花に聞いてくれ。

Img_4802

Img_4803

Img_4804

Img_4805

Img_4807

Img_4808

蓮の花は極楽浄土の池で咲く花。この私欲と物欲、権利欲に塗れた(まみれた)今の世の中で尤もらしい教え、言葉、私見等何の役に立つのだろう?多くの人が宗教指導者、政治の指導者の言葉をありがとうございますと押頂くがその価値は何処にあるのか?それは自己満足?

自分の心が解放されると心の中に爽やかな風が吹込んで来る。ただそれだけの事だろう?キリストだ。アラーだ。マホメットだ、釈迦だ、そう言った所で世界は救われていない。世界の事?日本だってそうだろう?人は心安らかに日々を暮らせる人は少ない。それはその程度の生き方をしているからに違いない。自分の事を棚に上げて人の批判をしてもそんな事は何の説得力にもならない?そうかな?それも違うだろう。

Img_4812

Img_4813

Img_4814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日)

大阪も真夏日?お出かけは夕方から。それも予定変更。

Img_4769

Img_4770

Img_4773

猛暑日。流石に夕方迄はクーラーの聞いた部屋で野球と競馬中継を見る。迫力の無い勝負。ただこれは厳しい勝負の世界。その世界も緊張感が無いと言う事はどういう事?それだけ世の中が平和になっている?そう言われて居るけれど実際は違う。下克上が眼に眼に見える形で展開していないだけ?

そんな情報をテレビが垂れ流しているだけ。その事に気が付いていないだけ?そうではないだろう?自分達が置かれている場所が分からないだけ。日本サッカーが世界に追いついている?そうかな?レベルは違うと思うけど勝負事は下駄を履く迄分からない。韓国がイングランドに勝っても予選敗退。

日本がボコボコに負けると予想したコロンビアに勝利。それでも予選はかろうじて通過。本戦ではどうすれば勝てるか?応援団は関係ないと思っている。世界ではサッカーの歴史が1番古い。日本ではまだまだ野球が1番?そんな事は無いと反論されてもそれは違う事は明快。その程度の事も関係ないと思われている。

Img_4774

Img_4775

Img_4776

Img_4778

Img_4779

Img_4780

これは中山観音境内の蓮の花。蓮池でなく蓮の瓶(かめ)一杯並べられている。これだけ見事な蓮の瓶も珍しい?それとも親父が知らないだけ?夕方涼しくなって昨日の続きを歩いて多田神社に行くつもりが電車の中で気持ちが変わる。馬鹿だアホだと文句ばかり言っていないで中山の観音様に合に行こう?

ところが山門を潜り境内に続く階段を上がると説教をされる。ただこの言葉を見ても聖徳太子の言葉とは思えなかった。後世の少し賢い人の欺瞞に満ちた言葉(解釈)?そう思っていた。そうだろう。聖徳太子の称号(身分、資格を表し褒め称える)言葉は100年後の権力者(朝廷)から贈られた言葉。

その当事者がこんな気持を持っていたとしてもそんな政治は行われていない。大化の改新とはそう言う事?そうではなかったと語れる歴史学者をアンタも知らない。聖徳太子は天皇の摂政(天皇が女性、又は幼少の時、身代わりとなって政治を行う)として大化の改新を行ったと伝えられているが、その証明はされていない。そんな事も知らない現在人をこんな言葉で信じさせられると思われている。コラ。

Img_4781

Img_4782

Img_4783

ただこれから本当に心豊かに満ち足りた生き方を望むなら「大黒天」布袋様の生き方を学ぶべきだろう。この人は実在したと言われる中国の禅僧。親父も役行者や聖徳太子の様な生き方は出来ないに違いないが、失礼ながら布袋様の生き方は真似が出来るかもしれない。その為には「融通自在」そんな生き方が問われる?その為には何が必要だろう?それは誰でも知っている。そう。打ち出の小槌。アホか。happy02

Img_4784

阪神競馬場。

Img_4785

六甲山。

Img_4786

どっちゃ?決まっている?ところが安倍総理でも確かな物は何も手にしていない。一寸先は闇。いつ迄も何処迄も続いた天下太平は無い。その程度の事をアメリカでもロシアでも中国でも北朝鮮、韓国でも知らない。フィリピンの大統領、アラブの王様でもイスラエルの指導者でもドイツの首相でもヨーロッパのリーダー達も知らない。その程度の事だろう。その事を境内の蓮の花と本堂の壁画は教えていた。

Img_4787

Img_4788

Img_4789

Img_4790

Img_4791

Img_4792

Img_4794

Img_4795

Img_4796

この本堂は豊臣秀吉の遺徳を偲ぶ為、秀吉の息子が片桐且元に命じて豊臣の財力で建立している。その後徳川の天下になってもこの本堂は潰される事は無かった。それが家康の方針だったのだろう。現在は安産祈願、足腰の健康祈願のお寺として栄えている。聖徳太子が国の安泰と人々の生活の安定を願って修行されたと言われる奥の院は参道を2キロ弱歩かないといけない。この道をどれだけの人歩いたのか?それは自分の足で歩いてみるとよく分かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山開き。海開き。そして夏本番?

部屋の外は香港?室内はスイス?スイスに行けたのは思いも寄らなかったが、もう一度となると無理に違いない?どうして?お金も時間もこの歳では可能性が残されていない?そんな事は無いだろう?どうかな?それは神のみぞ知る?それも違うに違いない。これからの人生は賢い奴が生き残る?それも違う。

Img_4726

Img_4727

Img_4730

昨日の目的地はこの正面の山道を越える事だった。この正面の丘は近隣の地域に住んでいる人以外はその歴史を知らない。それはここだけの話でもない。全国各地の歴史は殆ど地域の人でも知らない。その程度の生き方をしている。人の歴史も全く同じ。歴史に残る生き方は殆どしていない。その程度の事だろう?

Img_4731

Img_4732

Img_4733

Img_4734

Img_4736

この下流は国土交通省猪名川河川事務所の管理。この上流は兵庫県宝塚土木事務所の管理。同じ河川管理を国直轄の機関と地方の土木事務所が行う。その結果がこれ?違うだろう?対岸は国道173新能勢街道。昨日はこの対岸を歩いて旧能勢街道を行く予定だった。

Img_4738

Img_4739

Img_4740

Img_4741

Img_4742

しかし時間的に遅く気力が無かった。そして又この無様なフェンスを見せつけられる。この先の土地は川の中。川の中の不法耕作地でした。その不法行為を長年見過ごしていた行政。河川管理者が変われば河川の管理もこれほど無様になる?それも違う?ここは長年この状態で何も問題は無い?それも違う。知らないという事はこう言う事。不法耕作地を止めさせてその土地を整地してもその有効利用は出来ない。その原因はそんなお金は無いから?それも違う。洪水の心配が無いから?だろうな。

Img_4743

Img_4744

Img_4745

信じられない事はまだまだ続く。歩道が無くなる。この道は昔の丹波街道?猪名川沿いの道はこの先は歩道は無くなり車道も川沿いの狭い道を片側1車線で警告を抜ける。その距離は1キロ足らず。無様な行政(川西市)にその理由を聞いた事がある。答えは管理者が違うと言う事だった。管理者は兵庫県。

実務の担当は宝塚土木事務所?しかし彼等には政策執行の権限が無い。その権限を手にしているのは誰?そんな事もわかんねー。何で道を広げないのだろう?それは用地買収が出来ないから?ダムを造る様に行かない。その結果はこれだ。この先の川沿いのコンクリートの道を歩く?

Img_4747

下流側は行けない。整備をしていないから。立ち入り禁止のフェンスが草に覆われている。この看板宝塚土木事務所が不法耕作地整備の時設置したもの。その時は警告文書吊るされていたが今は取り外され無様な姿を晒している。土木事務所のお仕事はそんな物だとは誰も知らない。

Img_4748

Img_4753

こちらが上流側。突き当たりは個人の家の石垣?その先は猪名川の昔の景勝地。見事な渓谷。室町時代の歌人はその素晴らしさを歌にしている?しかしその素晴らしい景勝地は時代の変化と共に見向きもされなくなり、現在は護岸工事中。今日はこの先をお見せする?見てもしょうがない?それは言える。

Img_4754

Img_4756

Img_4757

Img_4758

この手前に能勢電鉄前の横断歩道がある。その道の段差が大きく改修工事が行われその時にこれだけのスペースが出来ている。ところが信じられない事にこの先は前と何も変わらない。この土塀も地震対策として取り壊される事も無い。当然こんな道を歩く人はないと思っていると自転車のオバちゃんが平然と通り過ぎる。車は対向車線にはみ出る事も無い?

Img_4759

Img_4761

Img_4760

こんな危ない道を車が通行しなくても良い様に左数百メートル横の丘の先に片側2車線のバイパスが出来ている。しかしこの道は昔からの交通の要衝。それでもいずれ片側通行にして歩道を整備しないといけない?ところがこの道はバスが通っている。だからそれも出来ない?それならどうする。このまんま何とか辛抱して下さい。そう言われている。鶯の森(うぐいすのもり)名前が何とも皮肉に聞こえて来る。

Img_4762

Img_4763

Img_4766

Img_4767

Img_4768

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »