« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

明日から7月。今年も後半戦。さんざんコケにされても這い上がれ。

Img_4669

Img_4670

Img_4672

Img_4673

Img_4674

大阪池田の「落語ミュージアム」池田市営?ただ館内に足を踏み入れただけで大好きな桂枝雀のC/Dは聞いた事が無い。ここでは年に一回社会人の全国大会が行われるがこの博物館がどれだけ地域起こしに貢献しているのか?その評価はされていない?そんな事もどうでも良い?そうはいかない事も理解出来ない?維持費は税金で担保されている?入場料は確か無料だった気がする?違うかな?満員御礼とは程遠い。

Img_4675

Img_4676

Img_4678

Img_4679

この街の酒づくりが最盛期だったのは江戸時代後期?その繁栄の時も伊丹、西宮、灘地方に奪われる。1番の原因は江戸、東京の需要に対応出来なかった事?池田から大阪港迄の物流は精々大阪、京都、関西が関の山だった。ただ豊富な水も池田では限りがあったのだろう?

六甲山に降り注いだ美味しい水は地下水として灘五郷に湧き出ていた。豊富に研ぎすまされた水と海上輸送の便利さには勝てなかったのも当然の成り行きだったのだろう。その池田が今、豊かな自然と静かな佇まい(たたずまい)でその価値を高めている。マンションの建設ラッシュ。しかも高さ制限が懸けられているので地域に溶け込んでいる?大阪市内の様な異常で歪(いびつ)な住民構成にはならない。

Img_4680

Img_4681

Img_4683

Img_4684

人気の無い細い路地。ここが池田市内?江戸時代でもこの辺りは賑わいが絶えなかった事は知る人は少ない。この右側に広いバス通りが出来てその道を歩く人も少ない。これからこの街だけでなく全国各地の人口が10万を越える地域でも人口は減少する。田舎の山間地域は限界集落。都市は人口減少。

その時代をどう乗り越えて行くのか?そんな事を見据える人は居ない。ただこの街もビーュティフル(美しい)街ではない。この様は何だ。行政は一体何をしているのか。無様とは思わない。広聴も駄目か?お役所仕事をするな。ガキの使いも出来ないのか?これは最後通告です。

Img_4687

Img_4688

Img_4689

Img_4690

Img_4691

Img_4692

Img_4693

この無様な桜の剪定?ここに植えられて一度も行なわれていない。それでもこの管理者は桜の専門家の指導を仰いでいると何度もとぼけていた。その様がこの有様。草も刈れと何度言った事だろう。出来ないのならこんな事業をするな?この看板が哭いている。何度ブログにアップした事だろう?舐めとんのか?

ならば恥を知れ?それはアナタの事だろうととぼけるのだろう。それは事実が証明しても無かった事に出来るのだろう?何度も足を運んだ事が全く役に立っていない。その程度の事だろう?自分でやりますか?何かそんな事を言われた気がする。あの担当課長はそんな記憶も記録も無いととぼけるのだろう。この桜は善意の寄付。その事も無かった事にする?そんな事が出来る訳が無い。

Img_4696

Img_4697

Img_4698

Img_4699

Img_4700

Img_4701

Img_4702

桜の善意の若木をこんな所に植えたのは一体どんな目的があったのだろう?この右側は国道。この左は猪名川の堤防。その境にフェンスの柵がありそこに綺麗なレッドバロン?が植えられていた。何もこんな余計な事をする必要は無かった。しかしやった以上は市長が変わっても行政の長としてその責任は免れる事は出来ない。

それともその程度の市長?その程度の公園みどり課?恥さらしとは誰も言わない。知らないだけ?知らないとは言わせない。その程度の認識だろう?市長の名前は?そこ迄は言わない。この程度の事は他の街でも例外ではない。街が綺麗に整備されているという事はそんな街造りをしているという事。その程度の事が部長さんでも分からない。

Img_4703

Img_4705

Img_4707

Img_4708

Img_4709

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪も梅雨明け?まだ早いだろう?今年の夏は暑い?

Img_4664

Img_4668

Img_4651

今年の夏は暑い?毎年同じ事を言われているけれど都市で生活をしていると関係ない?田舎で暮らしているとそんな事は無い?天然のクーラーで人間らしい生き方が出来る?それも違うな。田舎では何にも無い?そんな言葉も言われ続けて来たがその言葉は深刻な状況になっても都会はおろか田舎でも「関係ない」と思われている?まさか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

働き方改革法成立 ジジババは関係ない?そうかな?あと10年もすればアンタもジジババだよ。(笑い)

Img_4635

Img_4636

Img_4637

Img_4638

Img_4639

雨模様の武田尾。傘を持って出掛ける。正解。駅を降りるとポツポツと降っていた雨がこの先で土砂降りとなる。しかし「山の天気は山に聞け」その格言もぴったり。駅前からここ迄350メートル。ここから直進すると旧福知山線廃線敷きのハイキングコース。ここから直角に曲がれば本日の目的地。西宮名塩−武田尾ハイキングコース入口に向かう。

Img_4640

Img_4641

Img_4642

上流の山を見ると完全な雨のカーテン。今日はハイキングコースの工事の完成度を見るつもりだったがこの天気ではいけない。間もなく土砂降りになるその天気予報はバッチリと当たる。ハイキングコースにはカラーコ−ンが置かれていた。工事中。コンクリートは打たないと現場監督は行っていたが、鉄板を置いても穴が空いて水が流れる様になっているのかな?余計な心配をしていた。

Img_4643

Img_4644

Img_4645

Img_4647

雨が強くなって来る。駅は川向こうの右側。橋は無い。引き返しても進んでも大差ない。どうする。そこは賢い親父。巨人の様に間抜けではない。ザマーミロ。無様という事はこう言う事?読売巨人軍の伝統をおばかな奴らが簡単に踏みにじる。この先の鉄橋の下で雨宿り。ところが横殴りの雨でしぶきが掛かる。

Img_4649

Img_4651
Img_4652

Img_4653

Img_4654

働き方改革。読売さん。ザマーミロ。戦力とは何?働き方とは何?誤摩化しながら仕事をしているとこう言う結果になるという事が分からないのだろう>長島名誉監督?アホとちゃうか?無様な戦い方をしても飯が食える?無様な論法を展開しても世論操作が出来る?(事実そんな社会になっているが)

いつ迄もそんなチームが、組織が、会社が1番になれる?訳が無いだろう?読売巨人寓は永遠に不滅です?長島が現役引退のセレモニーで口にした言葉をこの馬鹿達は踏みにじっている。アホンダラ。「恥を知れ」この言葉は今日の国会で働き方改革法案だ成立した時のヤジ。そんな言葉を投げつけられても屁のカッパ?連合の組織も駄目だな?関係ないか?確かに。

Img_4655

Img_4656

Img_4657

この雨の中を濡れない様に歩いていた。アホとか間抜けとか言った処で何も変わらないと言われた事も素知らぬ思いで歩いていた。この道は2キロ足らずの親父の散策の道。これだけの雨に祟られてもそれは一時の事。雨が小止みになればそれは忘れ去られる・そんな事は無いだろう?そんな気がする。これ迄生きて来れた事は偶然ではない。これからその事が問われる?そんな事は全く考えていなかった・考えていた事は幼い日の思い出だった。

Img_4658

Img_4659

Img_4660

こちらは武田尾右岸。右側は別庭「あざれ」。宿泊、日帰り客のみ立入り可。左は一般人?立入り可。車も入れる。しかし数百メートル先は行き止まり。それでも行政は為す術が無い?その先は信じられない事にハイキングコースも整備されていない。

その理由は行政の担当者でも答える事が出来ない。それだけの価値も魅力も無い。そんな事は無い。そんな行政をしていないだけ?信じられない。来週は宝塚市役所に出掛けて広報の担当に聞いて見る。止めなさい。丁寧な対応をしてくれるけれどこの答えはまだ聞いていない。

Img_4661

Img_4662

Img_4663

このトンネルは現在通行出来る1番北の旧福知山線のトンネル?(そんな事は無いがほぼ全滅。このトンネルの通り抜けさえも出来ない。車と人も原則途中で左に出ないといけない。この車道は廃線になってから?鉄路が車道として姿を変えたのはその時から。(平成の初め)そんな事も殆ど明示されていない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働き方改革 同一労働同一賃金 ジジイは関係ない 確かに

Img_4621

Img_4626

Img_4622

Img_4623

Img_4613

この上にハイキングコースがある。元気があっても空元気?体力はあってもこの程度のハイキングコースを一気に歩き、森林浴が出来ない?出来る訳が無い。この時5時半を回っていた。それだけではない。ここ迄街中から歩いただけで汗びっしょり。ここ迄歩けば充分。小便をして引き返す。その道も足を滑らせると怪我をする。そんなガレバだった。

Img_4624

Img_4625

Img_4627

やりたい放題。それでも反対勢力は少数野党。多くの有権者は老いも若きもバカばかり?(コラ)お前だけが偉くは無いだろう?そんな批判も聞く耳を持ち合わせていない。これから景気は回復して人々の生活は豊かになる?何故なら働き方が変わるのだから?まさかそんなマヌケは居ないだろう?居るのかな?

Img_4628

Img_4629

Img_4632

水琴窟。(すいきんくつ)と言われても何の事だか分らない?そんな事は無いだろう?そんな生き方をしている事を恥じる事は無い?何ともオバカが平然と開き直っている。ただそんな生き方が何時迄も続けられる訳が無い。来週からは国会も日程を延長して重要法案の審議。そして可決。

その内容は何一つ分らない。それでも安倍総理は再選されてこの国の人々の生活は安定?する訳が無い。これ程の政治不信を招いてもその責任は政治家は問われない。安倍総理夫人が招いた間抜けな行動は無かった事に出来る?それすらも斬罪出来ないで激励会を開催?

下関のフグも久しく口にしていない。老いたるは及ばざるが如し。その意味すら分らない。当然だろう。そんな言葉は無い。だろう。過ぎたるは及ばざるが如し。それは言える。下関は平家滅亡の地。そんな事も知らないのだろう?幼児教育の会社が岩盤規制に穴を明ける。そして多額の補助金。知らないと言う事はそう言う事だろう?今に見とれ。それはこちらの台詞とコケにされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

女性の社会進出笑わせるな。税金を食い物にすれば男も女もない。アホンダラ。

Img_4586

Img_4587

Img_4588

Img_4589

Img_4590

Img_4591

Img_4592

Img_4593

Img_4594

先日批判した城跡公園の芝生の(雑草)は綺麗に芝刈り機で刈り取られていた。親父が教えなくても簡単に出来る事。その程度の事も言われなければやらない?そうでは無くて今やろうと思っていた?そうらしい。それでも良く見ると(雑草)は芝生を完全に駆逐する?

政治の世界も経済の世界も世の中は全て間抜けな輩が食い物にされる?その程度の事をどうして知らなかったのだろう?それは皆様の000と民放各社がスポンサーの意見には逆らえないから?そのスポンサーは誰のお陰で商売が出来ているのだろう?少なくともアンタでは無い。

文句があるならテレビは見るな。その程度に考えている。その通り。スポンサーと言っても商品を買って貰えなかったら(利用してもらわなかったら)アウト。その程度の事が無視されている。違うのかい?

そんな社会はその実態が明らかになっても(関係ない)(知らない)(記憶にも記録にも無い)とぼければ済む。アホンダラ。信頼を失うと言う事はどういう事かこれから明確になる。明日は国会で働き方改革が賛成多数で成立する。働き方は成果で評価される。その評価は誰がするのかい?Img_4595

Img_4597

Img_4598

Img_4599

Img_4600

仕事の評価をする人は組織の上司。その組織の評価をするのは業績。つまり業績が良ければ組織の上司が評価をされ、組織の上司が評価されればその仕事をした部下が評価される?嘘でしょう?本当です?そんなインチキを真しやかに作文したのは厚生労働省の入省間も無いエリート官僚?

それともキャリア10年以上の官僚の中の官僚?厚生労働省の官僚達の能力は財務省以上?そんな事は誰も知らない?そんな事は無いだろう?始めからその目標は明確。「仕事の評価は時間でなく成果」そんな事を全ての労働者に当てはめたら大変な反発を喰らう。

だから始めは収入の多い高度プロフェショナル労働者から?そんな労働者は残業規制は外していても素知らぬ顔をしている?この本来の目的は労働時間の規制をなくす事。今は労働時間に規制が掛かっているがそんな事も無視されている。その取締も出来ない労働基準監督署。

(今は名前が変わり00労働局?例。東京労働局。大阪労働局。)そんな政府が支持される?知らないと言う事はそう言う事?親父達はそれでも関係ない?確かに。年金が貰えるだけで有り難い。そんな事は関係ない地獄が待ち受けている?

Img_4604

Img_4608

Img_4612

Img_4616

Img_4618

Img_4619

Img_4615

静岡掛川ねむの木学園。宮城まりこさんが私財を投入して開設したのは何時だったのだろうか?そして今もその施設は社会の貢献しているのだろうか?そんな事は何も知らない。そして今日保育大手(ポピンズ)と言う会社を知る。岩盤規制突破で年60億円の補助金を受ける会社?

そんな補助金は待機児童削減の名目でバラまかれる?そんな現実は知らなくて良いがこの会社と政府関係機関のつながりは知らなければならない?そんな事もどうでも良い。ただ久し振りに手にした(週刊文春)この程度の情報も知らないで政府の批判は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪のサッカーの聖地。知らないバカ。勝てば良いのか?

Img_4562

Img_4563

Img_4564

Img_4565

Img_4566

Img_4567

Img_4569

Img_4573

これと全く同じ看板がこの廃線敷き(旧福知山線)の反対側にある。その看板は以前は通行禁止の看板だった。この廃線敷きの所有者は(西日本旅客鉄道株式会社。通称JR西日本)この看板のある宝塚側は20年弱以前から宝塚市が廃線敷きを借り上げ(えきらく山荘桜の園)ている。

宝塚市敷地内迄は「公園」として通行可だった。その下流は鉄橋がありその先は西宮市内。その部分の通行が禁止されていた。理由は管理上の問題。R西日本と西宮市役所の対応は全くお粗末だった。通行禁止は建前だけ。安全が保障されていない廃線敷きは隠れた人気で盛り上がり通行禁止の看板は無視されていた。

その状況を変えたのは市民の批判?(本当の事は分らない)JR西日本が安全を確保し日常の管理は西宮市役所が行う事で整備されたのは数年前。今は平日は閑散としているが土日祝祭日はハイカーと家族連れと外国人、高齢者(元気の良い)で賑わう。ただその実態はしれている。

まだまだ認知度合いは低い。最寄りの駅から歩くと健脚でないとしんどい。9㌔弱。最寄りのバス停を利用すると7㌔強。それだけの元気な足腰は若く無いとむつかしい?そんな事はありません。これからの高齢者は知力、体力、危機管理が求められる。

そんな事も知らないジジババが多い。認知が出来無くなっても認知症?自分の身の廻りの事が出来無くなっても関係ない?そんな生き方が出来無い事をいずれ思い知る。その時は手遅れ。それでもそんな事は分らない。そんな事が分らなくても生きて行ける。確かにそうかもしれない。そんなジジババが多くなっている。

Img_4574

Img_4576

Img_4577

ここは谷。この険しい地形に杉の苗木を植えた人はどんな思いだったのだろう?杉は厳しい地形ももろともせずに成長したが皮肉な事にその価値が激減している。その為にこの谷を杉の手入れの為の山道さえも無くなっている。この谷を安全に昇り降り出来る道を整備する事は出来ない。そんな事もどうでも居よくなっている。

Img_4579

Img_4581

Img_4582

Img_4584

今日はお出掛け無し。近くの城跡公園と山麓の緑のガーデンに行く。夜はプロ野球とサッカーの観戦。関西の間抜けなTVは大阪戎橋のオバカなサーカーフーリガン(サポーターでは無い)の馬鹿げた行動を報道する。そんなテレビを見て野次馬が押し掛けて馬鹿騒ぎ。

他に興奮する事が無いにしても警察の規制が必要になる。それが又ニュースになる。この国は戦争前夜と何も変わらない?政治問題等どうでも良い?そうでは無い事をジジババは教える事は無かったのだろう?大阪のサッカーの聖地。大阪南長居のグラウンドで飛び跳ねろ。そんな事も出来ないバカ達。

道頓堀の飛び込みは止めろ。川の中は危険が一杯。そんな事もどうでも良い。何の為に生きているのだろう?余計なお世話です。糞ジジイ。確かに。オイラはドラマ。ヤクザなドラマ。コイツが怒れば嵐を呼ぶぜ。裕次郎が哭いている。そんな事はネエだろう。巨人。嗚呼。3連敗。広島独走?そう行くのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

今日の武田尾 蒸し暑い それでも新たな発見。

Img_4513

Img_4514

Img_4515

武田尾到着。最寄りの駅から宝塚乗り換えで1時間弱。早いと言えば早いがこれが毎日となるとそろそろ考えないといけない。どう考えるの?余計な事を聞くな。アホ。確かに。毎日行っても時間と金の無駄?それは言える。今日はどうだったのかな?

Img_4516

Img_4517

Img_4518

武田尾の駅は無人駅。階段に車椅子様のリフトは無い。リフトが無ければ車いすの乗り降りは出来ない。それでも何も困らない?そんな事は無いだろう?身障者に優しい交通インフラ。その実態を間抜けな公共放送は何も伝えていない。この階段を勢い良く降りられる人はどれくらい居るのだろう?その程度の調査も出来ていない。足腰。膝関節。いつ迄も困らない人でもこの武田尾を知らない。

Img_4519

Img_4520

Img_4522

この谷の上は尾根道。その先には読売のゴルフ場がある。しかし現在はこの谷を上れる階段は無い。階段が無ければ登る事が出来ない程に崖は急?関西の大学の暇な探検クラブでも魅力の無いコースになっている?とんでもない。きちんとした装備をしても簡単な道ではない。殆ど走破されていない?本当かな?

Img_4523

Img_4524

Img_4526

Img_4527

このトンネルは旧福知山線。今はルートが変わっているがこのトンネルの歴史を語れる人も少なくなっている。この先はどうなっているのかさっぱり分からなかったが、この先は意外にも左に道なりに(緩やかに)曲がるとその先は鉄橋だった。武庫川を渡る。しかし現在はその鉄橋が流されて対岸に渡る事は出来ない。

その対岸に旧福知山線のトンネルと廃線敷きの跡は残っているが、その保全をJR西日本は全く行っていない。世界遺産の登録を声高々に語る報道各社もそんな事は素知らぬ顔をしてとぼけている?そんな価値はない?アホこけ。この国の鉄道遺産を踏みつけにして国鉄民営化は無い。その程度の事も全く批判もされない。その代償は計り知れない事を思い知るに違いない。サッカー予選突破?その偉大さが分からない。

Img_4528

Img_4529

Img_4530

立派な堤防。防災工事が完成しているがこの下にはマルキ旅館があり、この奥の河鹿荘は廃業。武田尾温泉は1番奥の元湯旅館のみが土日祝日のみ日帰り温泉として営業。それでもこれだけの防災工事をしなければならなかった理由は分からない。しかも残りの工事はまだ来年に続く。その後の武田尾温泉活性化の戦略は無い。?

Img_4531

Img_4532

Img_4533

その戦略の肝(きも)は豊かな自然。しかしこの川で鮎釣りも出来ない?蛍も飛ばない。河鹿の声も聞けない。そんな事はありません。確かにこの川は2級河川。河川管理も行っているのは兵庫県。県が管理をしているという事はきめ細かな事が出来ている?そう思っていました。

親父は大阪府民。部外者がガタガタ言う事は無い?そんな事は全く考えていません。その言葉を言われた事は無いがその反論は「知らないという事はそう言う事?」この言葉で充分です。それでも反論される。その言葉も親父には全く通用しない。知らないという事はそう言う事。恥を知れ。これで終わりです。

それでも無視されるだけ。お役所仕事はそう言う物でない事をこれから身に染みて痛感するに違いない。先日の地震で痛ましい事故がありました。その対策もその場しのぎ?市長も責任者もその事の重大性は認識しても個人所有のブロック塀迄は如何ともしがたい。静岡にはそんな塀は無い?嘘でしょう。全国津々浦々。地震対策もその程度です?

Img_4535

Img_4537

Img_4538

Img_4539

Img_4541

この川の水位は洪水時にはここ迄上がる。水位がこれだけ上がる川も全国にそんなに多くはない。ただこの上に旧福知山線は走っていた。旧山陰線保津峡の辺りと似ている。ただあそこは川下りが出来る。しかしこの下流はその落差が大きくてラフテイングボートでも難しい。水量は多くないが落差の大きいところは垂直に落ちる。しかも水が臭い。(上流に新興住宅地が開発されている)

Img_4543

Img_4544

Img_4547

Img_4548

この谷の土砂も梅雨末期の大雨で土砂が流れ下ればこの柵を乗り越える。この土砂が下の道を覆い尽くせばこの道も通れなくなる。この道の道路標識も管理者も明示されていないがこの道は武田尾温泉の連絡道路。車も通る事は出来る。4トン車も通行可。ただ大型者は通れない。

ダンプはどうなの?武田尾温泉の手前の工事が済まないと無理だろう。ただこの道も通行車両は工事関係者だけ?これから増やす作戦はあるのかい?(誰に聞いているのか?)この先でも偶然同じ事を口にしていた。 この先、親父の隠れ場所(ベンチ)迄上がれるのかな?そんな事を気にしていた。(現在ハイキングコース整備中)

Img_4549

Img_4550

Img_4551

ハイキングコース。親父の隠れ場所に続く階段は通行止めの表示は無かった。階段の石ころを片付けながら登るとロープが吊るされている。これは「いいね」と思いながら階段を登る。親父の隠れ処は工事関係者の荷物で占領されていた。タオルで一角をはたいて座ろうとした瞬間。工事関係者が団体で戻って来る。5、6人。初めて見る大勢。今迄見た事も無かった顔を見ながら道を譲る。

Img_4552

Img_4553

Img_4554

楽しみにして来た弁当が開けずに先に進む。後に工事関係者の視線を感じるが無視して写真を撮る。この道の1キロ先の草が生い茂り瓦礫(がれき)の谷の鉄板補強をしている人達。西宮市役所ハイキングコース監督者のT君の素早い対応に感謝していた。この先で現場監督に会う。

挨拶をするが後ろから来た作業者の邪魔と顎をしゃくられる。そこでちょっと待ったー。親父の一言が浴びせられる。「休憩所で煙草を吸わせるな」?きちんと片付けさせる。そうは言われなかった。T君の影響力は多大でした。ただ親父の最後の一言は工事は何時終わるの?

穏やかな言葉は鋭い。先日聞いた時「いつかは断言出来ない」と言われていた。その時期を市役所に聞こうと思っているんだけれど。言葉は静かだが厳しい言葉だった。「出来るだけ早く終わらせます」その言葉で充分だった。今週末(金曜日)明後日確認すれば今度は尾根道に上がる登り道の確認が出来る。

この道も足場は良くない。整備してくれるのかな?それは自分で確認すれば分かる。この登り(下り)道は楽しい道だった。しかしこの道を誰でも歩けるかと問われると微妙。これ迄そんな問われ方はされなかったに違いない。難儀やのう?確かに。しかしこの道が整備されると面白くなる。楽しくなる。

そして安全が問われる。ただ安全はあくまでも人の所為には出来ない。そんな人を招かないといけない。そんな人は居るのだろうか?それが地域の活性化?地域の賑わいが地域を豊かにする。その豊かさはこれからの何よりの財産に違いない。健康と豊かさ。その実りの豊かさは何よりの幸福に違いない。

そんな豊かさはこれ迄誰も手にしていない。豊かさと命の危うさ。その相反する事実を目前にした時、現在人の心の軽さが激変するに違いない。そんな未来図を誰が手に出来るのだろう?それが本当の現在人の道しるべに違いない。道を造り事。道を切り開く事。道を残すという事はそう言う事に違いない。そんな道が出来ている?

Img_4555

Img_4557

Img_4558

Img_4559

Img_4560

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月も終る。無様な戦い方。それでも関係ない?アホか。

Img_4489

Img_4490

Img_4488

この坂を始めて登った時、この坂の先に何があるのかは分らなかった。しかもこの道の所有者は箕面市だと思っていた。今でもこの道を歩く人は同じ事を考えているのだろうか?マサカ。以前あった日本語が上手だったドイツ人は親父よりこの街の事が詳しかった。それでもそんな事は知らないに違いない。

Img_4479

Img_4473_2

Img_4480

飛鳥の時代から何も変わらない?この地形も今ではよじ登る事は出来ない。別に禁止されている訳でもないがこんな処をよじ登らなくてもこの上に行く道は立派に整備されている。しかしそんな快適な道も展望台迄。その先は車道に出るが間もなく山の中を歩く道がある。ただその道の歩き方はガイドが居ないとちょっと不安。道案内が無い。

Img_4490_2

Img_4491

Img_4492

この岩山も登る事は出来ない。何時崩れてもおかしくないから?そうでは無い。この危うい山肌も先日の地震でもびくともしなかった。も少しこの山が揺れたら崩れたかもしれない?この近くに西江寺(本日出合いを期待した役行者のお寺)の道場がある。座禅を組んで山に向かって瞑想が出来る。

Img_4493

Img_4494

Img_4495

Img_4496

仏教と密教の違い。そんな事を明解、簡潔、分り易く答えられる人は少ない。全くそんな事に知識が無くても平然と生きる事が出来る。世の中どんなに豊かになっても、どんなに贅沢な生活が出来ても、何不自由な生活が出来ても、そんな事は平然と踏み倒して生きて行けると思っている多くの人達が居る?

そんな事が何時迄も出来る訳が無い。その程度の事は分らない?空海が批判したこの国の仏教の堕落。その事を語る人は不幸な生き方をしている?そうかな?そんな生き方しか出来ない世の中を彼等はどう思っているのだろう?その事も苦々しく行者様や阿闍梨様は思わないのだろうか?

そんな事を口にしていたら叩き潰される。誰に?権力者達に?そんな人達は何を信じて生き長らえているのだろう?アンタには分らないだろう。若い頃、よく言われた言葉。(世の中はそんなに甘くは無い)確かにそうだった。その事はこの国が滅びる時迄続くのだろうか?そんな事は誰にも分らない。ならばその扉をこじ開けてみましょう?アホか。その前にこの崖は崩れる。

Img_4500

Img_4501

Img_4502

何とも愛嬌のある閻魔大王。片目を閉じてウィンクをしていた。何も案じる事は無い。強いて言わせてもらばまだまだ知識が足りない。多くの賢い人がもっともらしく教え広めた事に対抗出来る知識も智恵も無い。その事を思い知れば世の中は違う事を教えてくれる。そんな事を語り掛けていた。

Img_4503

Img_4506

Img_4512

役行者さんが昇天したと言われる天井が岳は遠い。見難い地図の左上。この道も元気の良い若者は最寄りの駐車場から一気に駆け上がって行くと言われている。このジジイにはとてもそんなマネは出来ない。箕面の滝上迄歩いて居くとそこ迄3㌔弱。そこから少し歩いて箕面川を渡るとそこからは山の中。猿は勿論。熊も出る。そんな道を歩きながら尾根を登る。片道6㌔弱の道。そこ迄行かないと有難い話を聞く事は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

アメリカの株価は暴落しても日本は関係ない?そうかな?

Img_4458

Img_4459

Img_4457

Img_4460

久し振りの箕面西江寺。役行者が歓喜天と対面した(日本最初の霊場)?だからどうしたの?嘘に決まっているだろう?役行者も嘘。歓喜天出現は全くのデタラメ。摂津国新宮寺は本当?新宮寺と一宮はどう違う違うの?そんな事を聞かれても答えられる人は少ない。

新宮寺とは親父も知らなかった。その程度の事だろう?新宮寺とは神社内に付属して立てられた仏教施設。神仏混合。元々日本固有の神道(しんとう)に中国からの仏教が伝来した事が問題の始まり。今は神も仏も共存しているが昔はそうでは無かった。

厳しい仏教と神道の対立。そんな時代もあった事を現在人は知らない。そんな事は無い。困った時の神頼み。病気を治すには仏さん。お葬式も仏さん。このお寺さんは神様では無い。御本尊は役行者さん?それもおかしい。こら罰当たり。何しに行ったのじゃ。

この世の中の不条理を正す為。アホンダラ。信じない者は救われる事は無い。そう言い放たれていた。空海はそんなこの国の仏教の堕落に愛想を尽かして真の仏教を会得する為に中国に教えを乞いに遣唐使船に乗り込むが、20年の学習期間を無視して2年で帰国する。

当然国家の方針に従っていないんで九州で留め置き。その処分を救ったのは当時の宗教界の最高実力者最澄だった。最澄のお陰で空海は京都の宗教界に復帰が出来る。更にその天才的能力は最澄の影響力を遥かに凌ぎ当時の天皇の支援を一身に集める。

ただその後の歴史は空海より最澄の弟子達がこの国の宗教界に多大な影響力を残している。法然。親鸞。日蓮。全て最澄が中国から持ち帰った教典から後世に残る浄土真宗。創価学会の法華経を残している。空海は高野山真言宗。その偉大さは勿論否定は出来ない。

役行者はそれ以前の飛鳥時代の伝承の人。空を飛んでいた天狗とも伝承されているが空海、最澄にも負けない伝道師であったに違いない。その言葉を聞きに行く。何も答えて呉れる事はなかった。当然だろう。ただいずれ分ると信じている。

Img_4461

Img_4462

Img_4464

役行者がこのお寺さんで修行をしたかどうかも定かでない。親父の霊感(そんな物があんのか?)ではそれは違う気がする。そのお寺さんに歓喜天と対面の石がある。嘘でしょう。嘘です。これは伝承。言い伝え。歴史的事実では無い。そう信じられている。

その事を嘘だと決めつける事は簡単でも多くの人が信じて来た信仰の力も否定は出来ない。その程度の事も分らんのだろう?ロクな生き方が出来る訳が無い。その事を必ず思い知る時が来る。信仰の力はバカには出来ない。どんなに非科学的な事でも侮ってはならない。その事を思い知るに違いない。

新聞を読まなくても賢い人は多い。その程度の事も知らない財務大臣?内閣総理大臣?不動明王はそんな不届き者は許す事は無い。それとも財務省の腰抜け役人の様にあった事もなかった事に出来る?そればかりでなく自分達の力は絶大?奢りたかぶりは足元をすくわれる?

そんな心配は無用?流石にそこ迄は言われなかった。開いた口が塞がらないのでは無い。その事はアメリカの大統領のほら吹きを聞いていれば分る。昔(と言ってもたかだか半世紀前後のお話。)アメリカのボクシング界に絶対王者のカシアスクレイと言うボクサーが居た。

身のこなしが軽くパンチは強烈。一発で相手をマットに鎮めていた。しかしその栄光も長くは続かずチャンピオンの蓙を明け渡す。最後はアルツハイマー病に冒される。哀れなもんだった。その時を見れる時が来るのだろうか?その為にも元気で長生きをしないといけない?そんな気持は更々無い。嘘をつけ。バレたか。

Img_4465

Img_4466

Img_4467

Img_4468

久し振りに(と言うより最初かもしれない)西江寺本堂の裏山の木々を仰ぎ見る。風に大きく揺れていた。何ごとも無いどころかどんなにインチキをしてもその検証をする検察がその罪を問えない。公文書偽造とは言えない。公文書の書き替えで事実を変えてはいない。

その程度の認識で公文書書き替えの罪は問えない。そんな判断をしていたら検察の存在が問われる。警察と同じ様に犯罪の実証は軽々しく行う事は出来ない。その間違いをあざ笑っていた。違うだろう。その証明は信頼感の喪失に繫がる事を思い知らないだけだろう。それともこれからも同じ誤りを続けられる?そう教えてくれていたのだろうか。

Img_4469

Img_4470

Img_4471

Img_4472

そう。出世も開運も関係ないジジイが嘆き悲しむ事は何も無い。世の中は空前の金余りで金融市場だけでなく世の中全体がうかれている?笑いが止らない。ボコボコにやられるだろうと思っていたワールドカップも神風が吹いている。大阪の戎橋が若者達(ばか者達)がぴょんぴょん撥ねて橋の負担が大きくなっている。

ポーランドに勝って予選通過ともなれば橋が落下する?嘘の様な心配がされている。ばか者達はそれでも本望?アホでしょう?経済効果は予選通過で8億円とも試算しているがジジババには全く関係ない事をマスコミも報道は出来ない。ジジババにも全ての国民に希望と勇気を与える?

何事も悲観からは何も生まれない?その反対も無い事を彼等は知らない。この国がオバカな指導者のお陰で悲惨な敗戦国になったのはタカダガ70数年前。知らないだろう?しらないといくことはそういうことだ。アホンダラ。新聞を読まない人は自民党支持。

良くそんなアホな事が言えるね、財務大臣はその程度かい。株価暴落もない?金融緩和で2倍、2倍と何時迄言えるのかい?そんな経済政策は知らない。金融政策は日銀総裁黒田が言っている事。俺は知らない。そうとぼけるのだろう?そんな事も殆どの国民は知らない。

現在の経済の安定は(株価上昇は)官営相場。下がれば日銀と年金資金で買い支える。その株価のお陰で経済は安定している。その株価が暴落する。する訳が無いだろう?行事(審判)が株式市場に介入の現実を知らない?それともそれが金融界の常識?何時迄もそんなインチキは続けられない。

それとも永遠に続けられる方法がある。それは財政赤字の先送り。日銀が国債を買って買って買いまくる。そんな恐ろしい事を何時迄も続けられる方法は無い?そろそろその覚悟が求められる。その時貧乏人は関係ないとその被害を免れる事が出来る?年金カットは死活問題。その心配もない。

そのモデルがイタリアにある。同様の支援を何処の国に求める事が出来るのだろう?そんな国は無い。出来る事は対外債務の削減?そんな事も出来無いに違いない。何故なら日本は世界の経済支援国だから?心配ご無用。10年後の話だから?冗談は止めて下さい。冗談では無い事を役行者に祈って下さい。

Img_4473

Img_4474

Img_4475

Img_4476

Img_4477

Img_4478

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気は良い?何処の世界の話?政界と金融界の話?株価は暴落する?その理由は全く無い?そうかな?

Img_4439

Img_4440

Img_4441

Img_4442

Img_4443

Img_4445

Img_4438

この道は昨日のハイキングコース。ハイキングコースと言われてもこのコースを歩く人は殆ど居ない。その理由は完全に関西人にはお呼びで無いから?しかしこの忘れ去られたハイキングコースをこうして毎日の様に紹介出来るのは、西宮名塩と武田尾の地域振興の為?

それも全く違う?それでは何の為?親父の自己満足?それも違う気がする。昨日、このコースの途中で現場監督から問い返られた言葉。このハイキングコース。この先、穴を掘っているので通れない。その言葉を聞いても現場を確認する迄信じる事は出来なかった。その程度の事かもしれない?

いくら多くの言葉を重ねられても自分の眼で確認出来る迄は信じられない。政治家の言葉。金融界の常識。見解。その事も全く同じに違いない。そうでなければ財務省のインチキを理解する事は出来ない。そんな事もどうでも良い?そうはいかない事を誰も知らない。株価は暴落する。アホこけ。

Img_4447

Img_4448

Img_4449

Img_4450

この立派な杉林も手入れが行き届かない。昔はこんな無様を晒さなかった杉林がこんな光景を晒している事を多くの人は知らない。知った処で如何ともし難い?森林資源の価値が失われて久しい?ところがこれは全くの嘘。お役所は立派に残っている。林野庁。

ところが彼等は東京でこの現場は全く知らない。この現場は誰にも管理されていない?嘘でしょう?嘘かもしれない?知らないと言う事はそう言う事。日本全国何処でも見られる光景。それでもそんな事は知らなくても関係ない。殆どの人がそう思っている。

政治の事も金融のの事も全く同じ。携帯スマホの画面から顔を上げる事はなくてもこんな無様な山は殆ど知らない。それでも生きて行ける。自然界の逆襲はテレビゲームとは全く違う事を現在人は全く知らない。関西北摂の地震はその警告?東京も大阪もその対策は何も出来ていない?そんな事は無いだろう。

Img_4451

Img_4452

Img_4453

Img_4454

嗚呼。ハイキングコースの入り口が青と白の三角コーンで蓋をされている?この表示は工事中、通行出来ないその表示?親父の隠れ場所のベンチも工事の対象?そこ迄も登れない。そんなアホな?信じられない事にこの工事の期間を明示していない。

来月中には終るのかな?西宮市役所の管理責任者Sさんに聞けばすぐ分る。?この一番下の表示は宝塚にある「桜の園亦楽(えきらく)山荘」の看板。こんなシャレた看板造れるかな?造れないに違いない。都市魅力発信?武田尾の魅力を発信等全く関心もない?ならば自分がその情報を発信すれば良い。確かに。ただ個人の力は本当に問題外?そうかな?見ていろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

森友、加計問題より大事な政治問題?そんなの物は無い?その程度の事も分りません?

Img_4383

Img_4384

Img_4385

Img_4386

(眼が腐るよ)一人で生きているとそんな言葉も聞く事は無い。目覚める時間は最近夜が遅いので起きるのはお昼前。そんなだらしない生活をしているが今日は時計を見ると眼を疑う。(12時半)オイオイ。いい加減にしなさい。そのうち起きれなくなる?そうならない為に体を鍛えないといけない?

Img_4387

Img_4388

Img_4390

Img_4389

武田尾到着は午後4時。流石に今日は対岸の道を歩けず。親父の隠れ家に一直線。ところが思いがけなく裏返しの看板を見つける。何と驚く事にこの場所が整備される。そんな事が本当にあんのかよ?そんな事をするのかよ?そう思いながら次のポイント迄歩き出す。

次のポイント迄は行けなくなっていた。途中で思いがけなく土方のオッチャン達に遭遇。その親方から親父目的のポイント迄行けない事を告げられる。その原因は親父が作っていた?しかしいくら何でもそれはやり過ぎ?それとも足場が悪い所は全て整備をする?そんな事が出来る訳が無い。

Img_4398

Img_4399

Img_4400

Img_4401

Img_4402

Img_4403

足場の良く無い(それでも大分良くしたけれど)階段を登るとこの看板とベンチが眼に入る。その横に裏がえしの看板がある。何々?このベンチの上の土留めをする。鋼矢版設置?スレートの屋根があれば☂の心配もない?そんな調子の良い事は全く考えていなかった。ただ何となく不安は感じていた。その不安が的中する?それがこれだ。

Img_4428

Img_4433

Img_4431

Img_4432

ここは草が生い茂り足場も見えなかったがここ迄する事はなかった。今更そんな文句は言えないが草だけを刈り、不安定な石を安定させてもらえば充分だった。これでは通行が出来ない。ハイキングコースを歩く人は居ないから関係ない?そんな事は無い。一番イカンのは通行止め。

応急処置でハイカーが通れる道の確保も出来ないとこのハイキングコースの管理者の責任が問われる、一日も早く安全に通れる様にお願いします。そう切望していた。草は刈られて親父がやろうとしていた剪定ばさみの購入は不要になる。後はこの場所の1日も早い安全な通行。それが出来ないとこのハイキングコースを通行出来ない。知らない人が怪我をする。

Img_4407

Img_4408

Img_4409

Img_4410

都会で暮らしていると日常的に山の中を歩く事は無い。今、もっともらしく語られる?健康寿命。しかしその実態は殆ど知られていない。これから歳を重ねるとその状態は信じられない程に深刻。一番簡単に分る方法は駅で電車を待つ時に殆どの人が座る所を探す。電車に乗っても同じ。

つり革を手にして颯爽と立てる人は少ない。狭い空きスペースに声もかけずに割り込んで澄ましている。そんな高齢者が多くなる。高齢者だけでは無い。年齢も関係なくなる。こんなハイキングコースを歩ける年寄りは本当に少なくなる。それでも関係ないととぼけている。

今、考えている事はそんな時代をしなやかに軽やかに生きる方法。その生き方はお金では買えなくなる。何で買いますか?そんな事が問われる社会が目前です。このハイキングコースはそのモデルケースになる。全国に多くのハイキングコースがあるがこのコースは見向きもされなくなっている?なっていた。どうしてだろう?そんな問い掛けが何もされなかった?そうなのかな?

Img_4411

Img_4412

Img_4413

全く気付かなかった猪の罠。当然ハイキングコースから外れている。ただこの道は猪が往来している事は間違いない。この谷は大学のワンダーフォーゲル(探検部)でも尾根迄登り詰める事は出来ない。高々400メートル足らずの谷。その道も今では全く足を踏み入れる事はない。

それ程の物になっている。探検とか冒険とかそんな事はこの山では見向きもされない?それはここだけの話ではない。そんな時代になっている。さすがの親父もそんな思いは失せている。この山の持ち主は西宮名塩財産区。全てではないが杉の植林がされて立派な杉が大きくなっているが、今ではその価値も激減している。

Img_4415

Img_4417

Img_4418

Img_4419

それでもこの昼尚薄暗い道がこの先にある。ハイキングコースとは名ばかり。足元に注意をしないと下の崖に簡単に落ちる。その道を整備する?山肌の道は平らでない。大雨が降ると一気に崖は崩れて通れなくなる。その道をお金を掛けて整備する?これ迄もそうして来た?これからも変わらない?

それはどうだろう?その智恵を西宮市役所S君は出してくれるのだろうか?ただ整備は時間を掛けるのではなく迅速でないといけない。その事が問われる。このハイキングコースは総延長13㌔弱。歩き通すには西宮名塩側から4時間。武田尾側は5時間弱掛かる。

それだけの健脚が求められた時、どんだけの人が歩けるのだろう?因に武田尾から西宮名塩迄の時間が掛かるのは登りが多くなるから。ただそれだけの違い。ただ西宮名塩側からでも明るい内に山を下りなければ暗くなるとヘッドライトが必要になって来る。山道は暗くなると命の保証が出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は今日は夏日 これから体力勝負の夏?まだ早い。覚悟しなはれ。

Img_4365

Img_4366

Img_4367

Img_4368

昨日プロ野球と競馬中継を見ていたのでお出掛けは近場。それでも久々の道は多くの事を教えてくれる。無様な行政の評価?そんな事は誰もしていない。国のレベルではもっとひどい。総理大臣と財務大臣の政治責任も問われないで国会延長。どんな法案を成立させるのか?国民は何も分らない。

それでもそんな内閣が支持される?アホコクナ。それは読売のインチキ?昨日の野球でも無様な試合。それでも東京ドームはヤジ一つ飛ばない。まだまだ優勝の可能性はある?のだろうな?そんな事もどうでも良い。文句があれば試合を見るな?

この国はそんなオバカの為にアメリカに叩き潰された歴史を知らない。アメリカ人は他民族国家。日本の様な仲間意識は全く無い事をオバカは知らない?それは歴史が証明している。その事はこれからも何も変わら無い事を知らない?アメリカに押しつけられた憲法を改正する?

そんなオバカな論法を若い人達が支持する。彼等は歴史を何も知らない。天皇陛下万歳と言いながら死んで行った多くの若者達を知らない。そんな歴史があった事もなかった事にするのだろう?そんな生き方が許される訳が無い。コラ。吊るすど。

そんな言葉が平然と語られた歴史を知る事はないのだろう?その対策は自分の身を守れる知識と体力。これからその事を思い知らされるに違いない。昨日はこの先無様な河川管理を見て田舎道を歩く。この道も旧街道。その道路標識は何処にも無かった。この道も完全に忘れ去られている。

Img_4369

Img_4370

Img_4371

Img_4372

Img_4375

この場所は永年不法耕作が行われて来た処。この川は一級河川。猪名川。この場所の河川管理者は宝塚土木事務所。左が下流。そこからは国土交通省猪名川河川事務所の管理。管理者が地方になるとこんな様?不法耕作地が永年放置されている所は全国でも多くある。ここもそうだった。

ところがここは余りにもひどくて?耕作地は排除され大型土木重機で整地された。ところが信じられない事にその跡地がこの有様。堆積土砂を取り除いて整備は不要?誰がこんな無様な判断をしているのだろう?その説明を求める人は居ない?そんな事は無いだろう?

河川管理?尤もらしい事を言ってもこの程度の事。この程度の事も知らされていない。この地域は昭和20年代に大洪水に見舞われている。それは100年に一度の大洪水?災害は忘れた頃にやって来る。その教訓をオバカは知らない。アナタもね。ここから(能勢妙見山迄20㌔)電車では20分足らず。しかし親父の脚力では2日掛かりになる。何時か歩ける?無理だな?どっちや?試してみますか?今年の夏も忙しいな。

Img_4376

Img_4377

Img_4378

Img_4379

Img_4380

Img_4381

これは全て商品?そうここは植木の村。今は同じ市内。この地域に大型ショッピングセンターの進出が計画されているが何分にも地域住民の買い物は期待出来ない。どれだけ近隣の住宅地からの買い物客が期待出来るか?その調査が遅々として進まない?そんな情報は信じられていない。

Img_4382

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

内閣批判の新聞に麻生氏不満?批判されても当然だろう?新聞を読まなくてもそれくらい分かるよ。

Img_4311

Img_4313

Img_4314

右側は国道。という事はこの歩道は国土交通省の管理。電柱がど真ん中に立っている。電柱の地中化はこの手前で一部分行われていると思っていたがそれは勘違いでした。右側に寄せられていた。この先も行われていた。という事はここだけがまだ?しかもご丁寧に看板が付けられている。国土交通省?大臣は公明党の指定席。?自民党補完勢力?創価学会もその程度かい?その程度で文句があるか?ございません。

Img_4315

Img_4316

Img_4317

ここは何度も歩いているが人通りは多くはない。高齢者の歩きは殆ど見られない。電柱は右側に寄せられているから何も問題は無い?ただこれからはそうはいかんだろう?よく見ると歩道の右側は車道側に傾斜している。車がお店の前、歩道に乗り上げて停車しやすくなっている。

事実そんな停車の仕方をしている車がある。暗黙の了解?誰が誰と。警察は何をしているのか?歩道に車を止めても警察の厳しい指導は何も無い。そんな取り締まりもされない。それがどうした。文句があるか。お店の人もそう思っている。行政にそんな車の止め方を指導する部署は無い。この道は自転車も通る。自転車が歩行者に怪我をさせたらタダでは済まない事を誰も知らない。

Img_4318

Img_4319

Img_4320

近くの猪名川の堤防の上に出る。ここは国土交通省猪名川河川事務所の管轄。草が延びても草刈りも出来ない。何度注意をしても彼等はこの実態を知らない。草を刈る仕事はこの現場の管理者ではない。指定業者。彼等はお金を手にしないと余計な事はしない。

年間契約で草を刈る責任を請け負っているのではなく、草を刈ってなにがしかの手間賃を頂く。それがこの様。この先に池田市役所のオバカが余計な事をしている。何度もブログにアップしたが倉田さん(市長)アンタの責任が問われる。本当に行政のする事は余計な事。親父もいい加減にしなはれと言われている。しかし1番コケにされているのは善意の寄付をしてくれた人に違いない。

Img_4330

Img_4321

Img_4322

Img_4327

Img_4324

Img_4326

Img_4331



| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜は地震の余震 今日は暑い 夜は更に暑い?

Img_4254_2

Img_4255_2

Img_4256

Img_4257

昨日の城跡公園。折角楽しみにしていた芝生は勢いを失っている。芝生の育成で一番大切な事は地中の根の勢い。この芝生公園の管理もそんな管理は出来無くなっている?その原因はコスト削減?公園管理者は公園の管理と言っても出入り口の鍵と池の鯉のエサの管理?

芝生も近くの枝垂桜もいずれ駄目になる?(誰もそんな事は考えていない)芝生がこの時期(梅雨時)でも芽吹きはこのワルだけ。いずれこのワルに覆い尽くされる?西宮市役所の阪神神戸線側(南)の公園は完全に芝生が覆い尽くされていた。いずれそうなる?それも分らない?この芝生を育てた人の思いは完全に無視されている。そんな事をして見ろ?管理者は首だな。アホ。

Img_4258

Img_4259

Img_4260

これがシダレ桜。枝が垂れる?垂れ過ぎだろう?これだけ枝と葉が繁ればその素晴らしさは価値を失う。芝生は(悪貨が良貨を駆逐し)枝垂桜は(枝垂ではなくなる)?そんな公園管理しか出来なくても「公園みどり課」「広聴課」お役所仕事ここに極まれり?そんなバカな事を考える人は居ない。

Img_4261

Img_4262

Img_4263

Img_4264

ここは公園の東側の出口。大手門ではないので出入りをする人も少ない。市民でもこのアングルの景色を知らない人も少なく無い。今日は暑い日差しが照りつけているがその日差しで緑の枝葉は嬉々としている事もオバカな人間様は知らない。今週は梅雨前線が南下し梅雨の晴れ間が続く?今夜はサッカーの馬鹿騒ぎ。日々の貧しい生活は関係ない鬱憤ばらし?世の中はそんなもんかえ?違うだろう。

Img_4265

Img_4267

Img_4268

これから暑くなるけれど一服の清涼剤?人の事は言えないけれど最近うっとおしい声をいきなり聞かされる。当事者は大体は女性。中にはオバカな男も居る?オバカな男性?自分達しか居ないと思っているのかい?耳元で大きな声で笑ったり他愛も無い事に相づちの声を重ねる。

(こいつらバカか?)と振り向いても素知らぬ顔をして声を鎮める事は無い。それに比べてこの上品さ。マネは出来ない。出来る訳がない?大体そんなオバカは大した面をしていない。コラ。上品さがあれば許せるのか?当然だろう。アホとチャウか?アホです。

Img_4269

Img_4270

Img_4271

Img_4272

この階段は緩やかな階段。これから暑い夏を迎えても涼しい風が吹き抜ける。どんなに暑い暑いと思ってもこの上の日陰でコンクリートの上に腰を降ろすと心と体に爽やかな風が吹き抜けて行く。冷たい飲み物を飲みながら額の汗を拭いていると夏の暑さは全く感じる事はない。TVの伝えない風景。そんな景色は殆ど語られる事はない。アンタの生き方が問われている。分っている。

Img_4278

Img_4282

Img_4286

山麓の緑のガーデン。人の気配は全く無い。時々ベンチで本を読んでいる人が居るが雨上がりの昨日はそんな人もいなかった。綺麗な花壇も見向きもされない。さり気なく独り占めの優越感を感じながらも立ち止まる事はなかった。この小さな公園も手入れをしている人が居る。

Img_4284

Img_4288

Img_4290

Img_4293

Img_4294

Img_4300

Img_4299

Img_4302

Img_4306

Img_4307

Img_4308

造花の様なユリの花もそろそろ終わり?季節は一気に暑くなる。暑さの対策は万全?暑い時には思いっきり汗をかいて水分補給をする。それだけで充分?それ程甘くは無い。歳を取って来ると新陳代謝が悪くなる。不純物が体の中に溜まって来る。栄養価の高い物は簡単に口に出来ない?

どうして?安くないから?ホンマかいな?それはTVのコマーシャルを見ていると良く分かる。遠藤のコマーシャル。相撲取りがお茶漬けのコマーシャル。怪我をする理由が良く分かる。健康食品。青汁とサプリメントのコマーシャル。小さい文字で効能を保障するものでは無い。個人の感想。そんな宣伝を垂れ流している。そんな季節がやって来る。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪人の危機意識。リスク管理は低い。他に比べて?そうかな?

Img_4236

Img_4239

Img_4241

思いも寄らない地震の危険。静岡にはブロック塀が通学路に無い?長年静岡県掛川市に住んでいたがそんな事は無いだろう?そう考えてみたが確かに静岡県と大阪府、大阪市内では人口の密集度も地震に対する危機意識も違う。近年何時起きてもおかしく無いと言われている東南海地震が起きると関西は甚大な被害が想定されている。

その対策は静岡に劣る?そんな問題では無いだろう。東海地震が起きれば静岡県もその災害の大きさに言葉を失うに違いない。そうではなくて地震が起きれば全国各地言葉で表す事の出来ない被害に遭遇する。その事を思い知らないと危機は他人事ではない。そう思いながら山間の僻地、限界集落に通っている。

今日はお休みにしたけれど。(明日もお休み)その程度の事だけど。遊んでいないで心と体を研ぎすまさないといけない?アホ。体はよたよたしている。靴底を張り替えたミズノのウォ−キングシューズも良くない。歩き方が悪いのだろう?草鞋の様な靴は無い?そんな事はネエだろう?草鞋は履き替えるだけ。

2万円の靴は靴底を張り替えてもすぐ駄目になっている。登山靴の靴底の固いのにしないと駄目だな。ミズノさん。快適なウオーキングシューズを求めるなら4万円は出して下さい?それも違う。靴に求められる要望は見映えと安さ?高いお金を出しても貴方の足に満足を提供出来る靴は無い?そう言われている。

Img_4243

Img_4245
Img_4247

Img_4248

Img_4249

Img_4250

久々の城跡公園。裏門の階段を一気にあがれない。息を整える事は無かったが足の筋肉が衰えている。手すりに捕まりながらやっとの思いで登り詰める。天守閣からオネエちゃんに見下ろされて笑われている。しかし恥じる事は無い。親父が今やっている程度の事をアンタらは何も出来ない?そう思いながら胸を張っていた。

ところがこの芝生の悪ガキを見るとその忌々しさが胸を突き上げる。この対策は丁寧のこの元気な芝生のガキタレを丁寧に抜いてしまうしかない。そんな手間は公園管理者には出来ない。庭のお手入れが出来る造園会社のオバちゃんの手間を掛けないといけない。公園管理者にそんな金はない。公園を管理して居る担当課に何度言っても彼等にもそんな権限が無い?見事に生え揃っていた芝生も痛んでいた。梅雨が明けると水まきもしないので今年は芝生も枯れるかも。公園みどり課?役に立たない?

Img_4251

Img_4252

Img_4253

これは芝生のあかんたれ。芝生の中迄の芝生を駄目にする悪者。この対策は手で抜き取るしかないがこれだけの面積になると簡単ではない。よく見ると除草剤を撒いているがそうすると芝生が枯れる。造園会社のオバちゃんは芝生には害は無いと言っていたがそれは違う。

芝生と同じ仲間のワルに効く除草剤が芝生に効かない訳が無い?その対策はそんなに難しくない。芝刈り機を丁寧にかけて芝の根を尖った鉄柱で突き刺すだけ。出来れば砂を入れ水を散水する。そんな手間はかけられない?だろうな?その程度の事を知らないと芝生の管理?いくら教えられてもその程度の事が分からない。「悪貨は良貨を駆逐する」そんな諺(ことわざ)も知らない。この世の中と同じだな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

今日は午後から☂が上がる。明日は又暑い?又武田尾かい?

Img_4204

Img_4205

Img_4206

数ヶ月前迄は殆ど何も知らなかった事が今大きく変わりつつある。自分の歳を考えると最後の試練?ナンチャッテ。アホやのう。そう笑われながら納得している。最終的な目的は自分の体力の甦り?地域の活性化?ハイキングコースの整備?それは無いだろう?誰もが魅力を感じる地域活性化。そんな仕事が出来たらどんなに素晴らしい事か分からない。

Img_4207

Img_4208

Img_4209

Img_4211

この階段を夕闇迫る時、足元を確認しながら降りたのは4月の終り。あの時から2ヶ月も立っていない。しかしあの時、今よりもっと悪かった足場を気にしながら無事に降りられたのは運が良かっただけでは無かった?あの後何度もこの階段の石ころを片付けながら何度もそう思っている。

その証拠は今でも残っている。元気でないとこの階段は登り降りはジジババには出来ない。これからもっと多くの人達が安心して歩ける様にこの上のポイントから次のポイント迄整備をしないといけない。尾根を登るのはその先。そこからは足腰が達者でないと無理になる。

その先は平坦な尾根歩き。しかしその先は淡々と長い道を歩かないといけない。その道の整備は殆ど出来ている?歩けば分る。(ゴルフ場外周の舗装道路。山の中を歩かないといけない区間は限られている。)それでも2里半。10㌔は半端な距離では無い。しかもアスファルトの道が大半。山道も楽では無い所がある。これからそんな生き方が出来るのだろうか?

Img_4212

Img_4213

Img_4218

同じ場所を少しアングルを変えて写している。光線の加減で山の中の景色は大きく変わる。しかもここは階段の降り口。この道を薄明かりの中を降りた時にはホッとしていた。「この下はようやくアスファルトの道」いつもアスファルトの道を歩いているとそんな思いに喜びを感じる事は無い。

何だかんだ鬱陶しい話しか聞けない?もっと楽しい話。もっと気持が高揚する話。そんな事を言われても何も変わらない生き方が情け無くなる?ちっとも。いずれその事を思い知る事を知らないだけだろう。この国の各地の厳しい現実は全く知らない人にその事を問い掛ける意味のなさをそろそろ知らないといけない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は今日は雨摸様。流石に武田尾は行けないな(笑い)

Img_4164

Img_4165

Img_4166

Img_4167

Img_4168

Img_4169

Img_4170

Img_4171

昨日は武田尾も暑い日差しが差し込んでいた。それでもこの洪水対策防災工事。これだけでも眼を見張るがこれだけで完成では無い。次はこの手前の部分。どう考えてもこれでは中途半端だろうと思っていたがそうでは無かった。そんな表示は何処にも無い。

工事の主管者?宝塚土木事務所のKさんから教えてもらう事もなかった。こんな立派な堤防と連絡道路を崖崩れ対策をしても肝心の温泉旅館は壊滅する?そんな事は無いと断言されても信頼は出来ない。この防災工事の費用はまだ知らないがそれを知れば親父の怒りの大きさを理解出来るかも?そんな事もどうでも良い?そんな生き方はする事は許されない。

Img_4172

Img_4174

Img_4175

この赤い吊り橋は2代目?それは知らなかった。本当の事は分らないが教えてくれた人は兵庫県河川課のFさんだから間違いない?この川の流れは穏やかに見えるが一旦洪水に見舞われると水位は一気に上がる。その高さも半端では無い。流石にこの赤い橋はびくともしなかったが皮肉な事に武田尾温泉の再生には繫がらなかった。

その教訓が全く生かされない防災工事。知らないと言う事はそう言う事。対岸の温泉旅館が繁栄してもその教訓が生かせない?西宮市役所。兵庫県庁。国の地域再生とはそんな物?そんな批判が産業界にも無い。それでも関係ないと多くの人はとぼけている。そんな事は何時迄続けられるのだろう?政治家達のやる事はその程度の事?行政、マスコミ、産官学の地域創生とはその程度の事。だったら歴史に残る地域創生をお願いします。そう囁かれていた。

Img_4176

Img_4177

Img_4181

Img_4182

この堤防の下にあったマルキ旅館はこの堤防の上で再生が計られる?この堤防の上は公道では無い。旅館の敷地内。つまり私有地。立ち入り禁止のトラロープと矢印の表示がある。堤防の上は聖地をされているが何故か背の高さに整地されている。そこに旅館が建てられる?訳が無い?どうして?見れば分る。

Img_4183

Img_4184

Img_4185

この右側もマルキ旅館の敷地。奥に続く道は武田尾温泉元湯旅館に続く道。この道は公道で無いとは言えない昔からの旅館街の道。ところが歩く人は土日祝日のみ。しかも疎ら?当然の現実も行政には(お呼びで無い)?この事は信じられなかった。

地域が寂びれても武田尾温泉が壊滅してもそれは地権者の問題。そう言われればその通りかもしれない。ただ役所のあり方はそうでは無い事も学習出来ないのだろうか?その程度の役所です。日本全国何処でも同じ。そうだとしたら毎日来てもその価値は計り知れない?アホ。

Img_4186

Img_4187

Img_4188

Img_4189

こんな処を歩くのは親父位の者?そうではない。近くで工事をしているがここは私道でもない。武田尾温泉に通じる道。以前は車が通行していた。流石に今は車は通れない?そんな事はありません。その程度の事も知らない?そうでは無い。注意勧告。そうでないと万一の時の責任が問われる?そう考えている?

Img_4190

Img_4195

Img_4196

Img_4193

暑い日差しの中を帽子も被らずに歩いていると汗が滲んで来る。誰も歩く事もない川沿いの道を歩いていると右側に谷が落ち込んでいる。その谷を涼しい風が吹き下ろして来る。この谷も崖を急に立ち上がっているので冒険野郎でないと足を踏み入れる事は出来ない。きちんとした装備が必要になる。そんな事も見向きもされない。それも宣伝すれば状況は変わる?訳が無い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

暑き日を海に入れたり最上川 (芭焦)暑き日に涼を求めて武田尾へ(空)

Img_4139

Img_4141

Img_4142

暑い梅雨の晴れ間?熱中症対策?本当の健康管理が問われるのはこれから?なんだかんだ言った処で毎年夏の暑さは他人事では無い。体の水分が蒸発して血液の濃度が濃くなる?そんな事も関係ないと思っている高齢者も少なく無い。冷房の効いた部屋でオバカなTVの相手をしている?山に川にそれとも海に?人それぞれの夏も目前?Img_4143

Img_4145

Img_4147

Img_4148

Img_4155

Img_4156

Img_4157

このトンネルの通行権をJR西日本はこの旅館(別庭あざれ)に売り渡している。観光バス専用道?ふざけているね?このトンネルの先迄左を歩いて行ける。そこはこの旅館の先。その先はトンネルをこの矢印の方向に出た車でも遠くない。その先は車はUターンをしないといけない。

どうして。道が行き止まりだから。そんな事は殆ど知らない。知らないと言う事はそう言う事?コケにされている/誰に?道路管理者だろう。武田尾温泉。泊れるのはこの旅館だけ。但し高級旅館。それだけの価値が有る?泊ってみなはれ。

呉々も高級旅館と言う事をお忘れ無く。隠れ宿。偲びの宿、そんな世界もある。それでも川向こうの武田尾温泉は壊滅。ブランド発信の担当課。文化遺産が消えて行く。その違いはこの繁昌している?旅館に足を踏み入れてみれば分る。総支配人(おかみさん)が頑張って居る。社長も現役。娘さんも働いている。その違い?まだ良く分からない。

Img_4158

Img_4159

Img_4161

Img_4162

Img_4163

この赤い橋を渡って振り返っている。この手前右に行けば散歩コース。これから歩く。左は武田尾温泉防災堤防工事が着々と進められている。工事が再開されるのは台風のシーズンが終わる秋から?しかし秋は11月迄。それ迄は豪雨の心配は無い?そんな事は無いだろう。それ迄何度もこの場所に立ち止まって不審者扱いをされる?そんな事は無い。すっかり有名人になりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西は夏日?まだ早いだろう?都会で生きる事が出来無くなる?

Img_4101

Img_4102

Img_4103

Img_4104

Img_4105

関西は今日は夏日。エアコンを掛けないと汗が腕を流れる。エアコンの温度25℃設定。(そんな生活止めなさい)扇風機をかけてエアコンは送風設定に切り替える。これから大阪は暑くなる。東京も同じ。名古屋も福岡も同じ。それでも地方の山麓、川辺、谷を吹き抜ける風の爽やかさは少し足を伸ばせば体感する事が出来る。

Img_4109

Img_4111

Img_4112

カメラでは綺麗に見える武庫川の流れも昔の清流の面影は無い。ここから武庫川渓谷の素晴らしい流れが始まるが、その息を吞む光景はもう少し下流に行かないと見る事が出来ない。この駅近くの散歩コースでは残念ながら川鵜(かわう)しか見る事は出来ない。運が良ければ流れがゆったりとしている深みで亀の遊泳を見る事が出来る。亀は千年。鶴は万年。人間の一生は遥かに短い。

Img_4113

Img_4114

Img_4115

この階段はハイキングコースの始まり。「反対側西宮名塩」側から来ると最後の階段。この階段はこれでも足場の石ころを片付けている。ところが誰もそうは思わない。この階段を覗き込んでも上がり下りはしない。この先に親父の隠れ場所がある。

Img_4116

Img_4117

Img_4118

この道を何度もブログにアップしているのはこの先の親父の隠れ家迄はこの下の散歩コース2㌔を歩ける人なら誰でも来れると思っているから。取り敢えずここ迄は高齢者が自分の足で歩ける様にしたい。車いすで移動している人は現状では無理だけど。そんな人は下道を車いすで移動する事も出来ない。(武田尾の駅は無人駅。エレベーターがない。これから地域の高齢者は電車にも乗れない。その程度の事も関係ないと思われている。ゴルフも同じでっせ。

Img_4119

Img_4120

Img_4122

先日の雨でコンクリートのベンチの上迄木の葉と僅かな土砂が山の上から流れ落ちている。タオルを持って来ていないので近くの棒切れで綺麗にする。それでも少し濡れているので手にして来たチラシを置いて腰を降ろす。

Img_4123

Img_4124

Img_4126

ベンチの上で手にして来た弁当を食いしばらくぼんやりとして階段を降りる。石ころを片付けたとは言え足元は良く無い。慎重に階段を横歩きしながら下に降りる。夕暮れには少し早い武庫川の川面に主(ぬし)は羽を広げる様子もなく身じろぎもしないで立つつくしていた。今夜のエサは確保出来たのだろうか?

Img_4131

Img_4133

Img_4134

昭和9年に完成した武田尾温泉に通じる道。橋脚を支える川床を羊羹(ヨウカン)型のコンクリートで縦列に固めているので川床がえぐられる事もない。昭和の土木、河川技術恐るべし?そんな事を考えるオバカは居ない。このコンクリートが崩れる事なく沈み込む事なく完成当時のままの強さを保っているのは偶然では無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

武田尾温泉壊滅?していません?知らないと言う事はそう言う事/どうでも良いと言う事?そう言う事。

Img_4064

Img_4065

Img_4066

Img_4067

本日の武田尾。カメラマンが大きなレンズを抱えて歩いている。(オッ。関西のカメラマンやっと来ましたか)そう思いながらJR武田尾の鉄橋の上のホームから急いで後を追う。しかし時既に遅し。この先の合流地点で合ったのは顔馴染みになった工事警備のガードマン。カメラマンの姿は消えていた。

Img_4070

Img_4071

Img_4074

このトンネルは旧福知山線廃線の跡。トンネルは通常は灯りは付いていないが今日は何故か点灯。ただ歩行者と3t以下の車両は直進出来ない。直進出来るのは武田尾温泉で現在唯一宿泊出来る温泉別庭「あざれ」のマイクロバスか、武庫川河川工事の関係車両のみ。

写真では良く分からないが左手奥に直角に曲がる車道がある。その道は歩行者でも歩ける。最初来た時にその事が分からずトンネルの奥を覗き込んでいた。ただこのトンネルも数百メートルの長さしかない。ゆっくりと左にカーブして武庫川右岸(上流に向かって)に出る。

その先は鉄橋。その鉄橋は武庫川の洪水で流され跡形もない。その先旧福知山線のトンネルと廃線敷きが武庫川左岸を北上している。現在は廃墟と化している。しかしその歴史遺産を歩いて探検ブログにアップしている人が居る。素晴らしい。

しかしこのルートはJR宝塚駅でも宝塚土木事務所でも教えてもらえなかった。多くの人が全く知らない明治の文化遺産。その歴史はJRでも伝承されていない?そんなアホな。この福知山線は今のルートに付け替えられる迄は関西と福知山。福知山と舞鶴、鳥取、松江と山陰路を結ぶ鉄路の要衝だった。

その程度の案内が全く失われていた。現在の多くの出来事も半世紀もすれば多くは忘れ去られる。その程度の事に違いない。全く同じケースが山陰線にある。ただ京都の旧山陰線は現在(トロッコ列車)として保存されているが旧福知山線は1部分(7㌔弱)しか歩く事は出来ない。

この部分も長い間JRは安全を口実に通行を認める事はしていなかった。それが整備されたのが2年前。ただこの武田尾の上流ば鉄橋が流されているので吊り橋を架けないと難しい。行政(西宮市)(兵庫県)はそんな事は全く考えていない。国土交通省近畿整備局にもそんな計画は何も無い。

武庫川は国土交通省の管轄では無いと言い放たれる。その理由は一級河川では無いから?冗談では無い。2級河川は兵庫県にお任せ。法律上はそうでも国土交通省近畿整備局は国の出先機関である事に何も変わりはない。違うのかな。その事もいずれ教えてもらう。

Img_4075

Img_4076_2

Img_4077

この防災工事。堤防護岸工事。この工事で武田尾温泉を代表していたマルキ旅館が堤防の下敷き?になる。堤防が完成したらその上を整地して旅館は整備される予定。その事を兵庫県河川課Fさんに教えてもらう。この場所は西宮行政区域だが工事の主管者は宝塚土木事務所。

そしてこの工事はまだ完成ではなく手前の取り付け道路と堤防は今年の秋から再開と教えてもらう。成る程。それでこの中途半端な工事の経緯が良く分かる。その事を知らなかったから何度も足を運びながら首を傾げていた。しかし残りの工事が完成するのは来年の何時だろう?

それは今年工事が中断した梅雨時前。その工事が完成して武田尾温泉地域の防災工事が完成した時、親父が疑問に感じている武田尾温泉は消滅。そうならない施策を何処も考えていない?そんな事は無いだろう?それこそ典型的な無駄な防災工事と批判されるに違いない?誰もそんな批判はしない。

そんな事は無いだろう?この現場を見れば誰もがこのお金は何処から降って来たのと怒るに違いない?そんな事は関係ない。暇な人間でもそうは思わないだろう?それとも関係ない?この谷の上には読売の立派なチャンピオンコースがある。

そこ迄上がる事が出来た山道も今は誰も歩く事は出来ない。ゴルフで疲れた体はゴルフ場の大浴場で洗い流す。それも良いけど本当の贅沢は武田尾の温泉に浸かる事に違いない。そんな贅沢は殆どのプレヤーに出来ない。それも関係ないか?観光立国とか行った処でその程度だろう?大阪は遅れている?

アホこけ。この国はそんな地域活性化は何処も出来ていない。静岡は素晴らしい?親父も長い間住んだけど今でもそうは思わない。日本全国深刻な過疎は進行しいずれ哀れな生き方、死に方しか出来ないに違いない。コラ。もっと明るい明日を語れ。これがそのボヤキです。

何もしないで何かを期待してもそれは無理だろう。確かに。これから武田尾の未来の為に多くの活動を。その想いは変わらない。人間は偉そうな事を言っても所詮長生きは出来ない。何時かはお迎えの時が来る。若くして予想だにしない事故で亡くなるのは本当に遣る瀬無い。

しかし老い朽ちて自分が何者であるのか知らないで生きている人も少なく無い。そんな人を一人でも少なく出来る取り組みは誰にでも出来る。その道を今日も歩いていた、2㌔足らずの道。何時かこの道を多くの人が歩きながら新鮮な空気を吸う事が出来る。そんな事を考えていた。

Img_4078

Img_4080

Img_4082

Img_4084

この道は温泉に向かう旧道。その道から対岸の岩山を眺めている。この岩山は今は立ち入りが出来ない。昔は地元の人が歩いて居た道が今では立ち入りが出来ない?おかしいだろう?おかしくない?危険だから?危ないから?そうではない。この岩山の下を安全なルートを切り開く。そんな事は出来ないのだろう?

Img_4085

Img_4086

Img_4087

Img_4090

Img_4091

Img_4092

Img_4093

Img_4094

Img_4095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治に関心が無い?そうでは無くて知識が無い?それでも何も関係ない?

Img_4008

Img_4009

Img_4010

Img_4014

知らないと言う事はこういう事。西宮市役所都市ブランド発信課と言う組織がある。全国各地の地域振興が叫ばれても東京霞ヶ関の官僚達がオバカな頭でもっともらしい文章を書き上げているだけ。その結果がこの無様な現実?そんな事は誰も考えていない。

何故ならこの地域の住民は殆ど居ないから。それでもこの地域は川を挟んで右側は西宮市。左は宝塚市。中央の橋はJR福知山線。信じられない事に宝塚の駅長を訪ねても西宮のこの地域の価値を発信する担当課長に相手にもされなかった。

JRの駅長は顔を見せる事もなかったし、西宮市の担当課長はその能力もなかった?(エエカッコを言うな)そうかな?この鉄橋の左側は駅のホーム。その先はトンネルの中。この駅の毎日の乗降客の大半は数㌔北の住民。その数は500人足らず?(そんなに居るのかな)だから関係ない?どうでも良い。ところがそうでは無い。

地域振興。地域活性化。岩盤規制の見直し。多くの言葉がもっともらしく語られ多くの国民はその実態を知らない。それだけでなく地域の行政の管理者も特定の地域の惨憺たる状況も知らない。それでも市民から批判される事もない。どうして?何にも知らないから?それでも着々と防災対策は行われる。

Img_4011

Img_4012

Img_4020

Img_4021

それでも山間過疎、自然の風景は昔と何も変わらない。人間の歴史を考えた時弘法大師が教えた事、親鸞上人が教えた事、日蓮、道元、栄西、多くの人が歩むべき道を教えてくれた人達は現在の人の生き方をどう見ているのだろう?日本の宗教界は人の生き方をこの程度に考えているのだろうか?

そんな事もどうでも良い?それは創価学会の堕落を見れば良く分かる。カジノ付きIR法案に賛成。日蓮上人はそんな生き方を認めるのだろうか?大阪の政治のあり方を変える?そんな政党もこの法律に賛成。そんな政党が支持される。地獄も極楽もこの世にもあの世にも無い。

あるのは自分達の都合だけ。自己中心と言われてもそれが当たり前の世界。地域政党も創価学会も世の中は変えられない。その事をこの草木は教えている事を知らないといけない?アホか。そんな事はどうでも良いと考えている?その程度の事も生活が豊かになれば関係ない?そうかな。そんなに人の生き方は堕落しても鉄槌は振り下ろされないのかな?それもいずれ分る。地震はその事を教えてくれている。アホ。

Img_4040

Img_4033

Img_4049

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

何も知らないと言う事はこういう事?とぼけた政治と企業の癒着?そんな事も関係ない?その程度の国民かい?だな。

Img_3970

Img_3971

Img_3972

Img_3973

大阪は今夜は大雨注意報。武田尾は大阪北部。行政区域は西宮東北部。川の右側は宝塚市北部。この川の上流は数㌔先で神戸市北部。正面の赤い吊り橋は「武田尾温泉」に続く道。左の道が旧道。昭和9年この下流に立派な橋が完成しているが時代の流れは如何ともし難く温泉街はほぼその役目を終えている。

ただそんな事は親父が何度もぼやく事でもない。時代の流れ。全国各地で良くある話。ただ2枚目の写真を良く見ているとそうは問屋が卸さない。これは何?このかさ上げされた堤防の下には老舗旅館があった。その旅館が数年前の洪水で露天風呂が流され営業停止に追い込まれた。その防災工事。その立派な工事が完成しても肝心の旅館の賑わいは戻らない。その対策は地権者次第。

その地権者も年齢的に高齢。再びここで営業を再開してもその見通しは暗い。当然だろう。武田尾温泉の賑わいは建物の老朽化と経営者の高齢化、世代交替、行政の支援がない?となれば必然の結果だろう。全滅。信じられない事にそんな地域の防災対策は完結する?訳が無いだろう。知らないと言う事はそう言う事?

Img_3976

Img_3977

Img_3978

これは対岸の武田尾温泉に多くの人が足を運んだ道。近くの笹部新太郎演習林桜の園(その)で桜の品種改良に汗を流した管理人も博士と歩いた道に違いない。そんな歴史もすっかり忘れ去られている。この道は武田尾の駅を降りて一周するのに約2㌔。この道をこれから多くの関西人に教える。アホ。

Img_3980

Img_3982

Img_3983

Img_3984

ここは武田尾駅の下。旧福知山線跡地。現代は道路になっているがこの道もこの先行き止まりになる。その理由が分からなかったが何度もこの道を歩いてその原因がやっと分かる。ここは元々こんな道はなかった。あったのは鉄路。その福知山線がルートが変わりここが道路となっている。

この道も長くは続かない。?誰も教えてくれなかった。信じられない現実。ここは宝塚市内。ホンマかいな。宝塚土木事務所の管理者に聞いても詳しくは語れない。知らないと言う事はそう言う事?親父は旧福知山線のルートを探り当てる。この先間もなく通行止めになる。道路は直角に左に抜ける。

Img_3986

Img_3987

Img_3988

Img_3989

トンネル内電気がついて居るが通常は真っ暗。現在は近くの旅館の貸し切り。一般人は通行は出来ない。(親父は特別ズルして通してもらったが出口は遠く無い)その先は武庫川を渡り西宮側に出る。しかしその鉄橋は流されて対岸に渡る事は出来ない。その先は殆ど歩けない。

その道を上流から歩いて探検している人が居る。何でJR西日本と行政は保存しないのか?理由は簡単。その費用の負担が出来ないから。ところがこの手前武田尾駅迄は市民の要望で整備されている。知らないと言う事はそう言う事。

しかしこの先はコストが莫大に掛かる。鉄橋が流されているから吊り橋を架けないといけない。そんなお金は降って来ない。知らないと言う事はそう言う事。(同じことを何度も言うな)本当にそう思うなら武田尾の再生に力を貸して下さい。何も知らないでとぼけているなら天罰を覚悟しなはれ。コラ。

Img_3990

Img_3991

Img_3992

この立派な堤防工事は2軒の老舗旅館を潰している。左に一軒。正面右奥に一軒。川の右側宝塚側に紅葉館別庭(べってい)「あざれ」はコテージ風の離れの高級旅館が繁昌しているのとは対照的に壊滅?している。現在辛うじて「元湯旅館」一軒が土日祝のみ日帰り温泉として営業している。

食事は事前予約が必要。そのメニューも限定。板長(料理人)従業員の常駐は居ない?この堤防中央に辛うじて見える?河鹿荘は廃業している。その対応は(地域活性化)は行政に何も無い。そんな事は無いでしょう?そう信じていたがその信頼をぶち壊されている。

担当部署が分かれて地域特定の活性化対策は無い?今日ようやくその実態が聞ける窓口に辿り着く?商工課。ただその実態はまだ良く分からない。しかしその事を知っていてこの工事をしたとすれば市、県、国の責任が問われる。市と県でその経緯が分からなければ国土交通省近畿?担当部署はあるのかな?そんな事もどうでも良い。

Img_3994_2

Img_3995

Img_3996

この赤い橋を渡って右に行けば武田尾温泉。しかし今は廃墟と化している。ただ一軒土日祝祭日のみ日帰り温泉可。1000円。入浴のみ。食事は事前に予約をすれば可。但し別料金。大した物は食えない。(コラ)この橋を渡らずに右に行けば高級旅館「あざれ」がある。

ここは宿泊が出来るが全て離れの部屋。一人3万円でもそれが普通?リッチな人が常連さん。それだけの価値があるのだろう?一般ピープルはお呼びでない。今日は左の周遊コース(旧道)を歩く。洪水の時は冠水する事がある。この道を元気な年寄りの散策コースにしたいな。出来るかな。何とも微妙。

Img_3997

Img_3998

Img_3999

赤い鉄橋がJR武田尾駅のホーム。右がえかの下から見た対岸の道。今日は小雨で傘を差して歩いていたがゆっくり歩いて駅に戻る迄2キロ。40分位で生き返る事が出来る?蘇りの道。道が舗装されているので足に優しくないがのんびりと歩くと命の洗濯が出来る。途中にベンチを置いてコーヒー、紅茶が飲めると最高だな。そんな環境が作れるのかな?行政からの支援は期待出来ない。知恵を出しましょう?出るかな?

Img_4004

Img_4006

Img_4007

桜の幹が痛々しい姿を晒している?洪水の時石が流され幹の皮が剥ける。?それでもこの木は見事な枝葉を繁らせている。今都会では多くの人が息苦しい生き方をしている。その息苦しさに堪え兼ねて無様な生き方をしている?息苦しい?体の衰えを感じる?是非お出掛けください。そしてゆっくりと自分のペースで歩きながら心と体のバランスを整えましょう。そんな生き方もこれからは大切に違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は☂模様。しかし大雨では無い。梅雨の終りはまだだな。

一見何事も無い様に見える日常。その日常は多くの無知と偶然の重なり。知らないと言う事はそう言う事。知らなければ何も反応は出来ない。昨日の西宮市を訪ねた事もそうだった。問題の担当部署を政策推進課長に聞いても分から無かった。

お役所で良く聞く言葉。「個別の案件については専門の部署は無い」個別の案件についてここに聞けば分るとは政策推進課長でもが答える事は出来なかった。担当部署は市の情報発信課。しかしこの課はそんな活性化対策は検討していない?事実何も教えてくれなかった。どういう事?

その答えは我が街の政策担当部署でも当然の様な顔をして答える。関西で武田尾温泉を知らない人は多い。しかしその地域が壊滅しても行政は関係ない?そうは言わない。しかし結果は最悪の状態を迎えている。信じられない事にその地域の堤防をかさ上げ。その防災工事のお金は国の税金。

市の税金ではこんな工事は行えない。その程度の事も知らない。そんな政策を推進している?唖然としていた。違うのかもしれない。この防災工事はきっと後世の人達に評価される?そんな事は絶対に無い。彼等の力でどうにかなる話ではない?そうだとしたらどんな力が作用しているのだろう?そんな事もどうでも良い話だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

西宮市役所行き。骨折り損?くたびれ儲け?そうはさせないよ。

Img_3957

Img_3958

Img_3960

西宮市役所南側の公園。この手前に阪神神戸線が走っている。このスペースは贅沢な公園スペース。公園と言うには余りのお粗末な管理。市役所の対応も同じだった?西宮市の最北東部山間僻地(武田尾温泉)の活性化対策は0だった。武田尾温泉?一般市民でも問題だと思うが信じられない事に行政も全く同じだった。

Img_3961

Img_3963

Img_3964

この公園管理者の顔が見たいね。どんな面をしているのだろう?公園と言うより草むら。折角の芝生が(雑草)に負けている。この草は芝生の仲間の悪者?芝生の芝を覆い尽くして覆い尽くす。この対策はこの雑草を丁寧に抜きとるしかないがこれだけ覆い尽くされると芝刈り機でまず5分刈りをして短くする。

それだけで充分。糞の始末は必ずして下さい?馬鹿だね。犬を連れて入る事がアウトだろう。その程度の管理も出来ない訳が分かる。?そして何の為に他所の街から余計なお世話を受けなければならないのか?全く理解していない。その程度の指摘もされていない。その事が良く分かる。ならばその力を掘り起こさないといけない?無理だな。そう痛感していた。

Img_3967

Img_3968

Img_3969

阪神西宮の地域は南部は都市化が進み北部は過疎化が進行している。都市も山間部も抱えている問題は異次元では無い。都市化は人口が密集するだけでは無い。人々の暮らしが全て豊かになる訳では無い。都市部で生きている人達も何時迄も若い訳では無い。必ず老いそして介護が必要になる。

武田尾は今そんな時を迎えている。その地域が安心して次世代に繫がる様な地域開発を進めなければいけない事を痛感している。残念ながら行政にその旗ふりを探し当てる事が出来なかった。親父如きがその先頭に立つのは残念ながら地位も金も影響力もない。

ただまだまだやれる事は一杯ある。その事を発信し続ければ何かを残せるに違いない。それだけの防災工事をしたのではなかったのだろうか?その疑問は解けない。その事は梅雨が明けて暑い夏になっても変わる事は無い?この地域が消滅したとしても立派ば防災工事は残る。その活用方法は絶対に考えてみせる。出来る筈がない。そんな政治家はいないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あった事もなかった事にすれば何も問題は無い?アホか。

Img_3898

Img_3899

Img_3900

Img_3902

Img_3903

見事な城跡公園のユリ。善意の寄付?白いユリの花言葉は何?そんな事はどうでも良い?それでもこの見事な白百合は何とも言えない香りと清涼感を漂わせている。そんな事もどうでも良い?そんな生き方?そんな世の中?哀れと言わないで「いいね」とでも言うのだろう?ロクな死に方は出来無い事もどうでも良いのだろう?そろそろそんな生き方を思い知らされる?

Img_3906

Img_3907

Img_3908

Img_3911

城跡公園の芝生。以前の管理者が丁寧に手入れをしていた芝生もこの有様。と言われても芝生の手入れが出来ない人には何の事やら分らない。芝生は放ったらかしにしても立派に生え揃うと考えているオバカも少なく無い。ところが実態は全く違う。芝生を綺麗に生え揃わせるには大変な手間が掛かる。

その程度の事も殆ど知らない。この芝生もこのままにして置くと芝生の勢いは衰える?元気がいいのはこの雑草。芝生の様で芝生では無い。ただ芝生の悪玉?この対策は丁寧に抜きとるしかない。しかしそんな管理は求められていない。その事をいくら指示しても分らない。今年は自分でやるしかない?やれる訳がない?政治の世界。経済の世界。世の中の道理と全く同じだな。

Img_3912

Img_3913

Img_3914

今日はどんよりとした曇り空。今夜から明日に掛けてまとまった☂になる?最近の天気予報は正確だから間違いないだろう?しばらくはうっとおしい天気が続く。うっとうしいと言えば昨日の地震の復旧工事。地震の揺れがひどかった地域の水道管は破裂。その取り替え工事に1週間はかかる。

その対策は給水車だけ?違うだろう。全国各地の天然水の緊急補充。その程度の事を大手のコンビニ、スーパーは出来ない。一番近いサントリーは何をしてまんねん。彼等に天然水の販売大手を名乗らせる資格は無い。大阪市浄水場の支援体制?そんな事も検討しないのか?行政のやる事はとにかく遅い。

阪急京都線の運行再開も夜中の10時。殆どの通勤客が家路についた後。アホやろう?それでも関係者は必死の思いで復旧工事を行っている。問題はその親分だろう?そんな人は居ない。阪急の社会的責任はその程度らしい?関西は今大規模な公共工事が進行している。

これから湾岸地域にそれが広がる。その期待とは裏腹に防災、減災の取り組みは期待出来るのだろうか?その程度の問い掛けも全く無い。天罰が下る?それでも関西経済界、産官学の連携、それよりも何よりも行政の危機感は全く感じられない。

間直(まじか)に迫る「東南海地震」の被害の大きさはどれほどの物か?その事を問い掛ける報道もなにも無い。それでも関西人は軽薄短小?オバカなオチャラケと食い物で笑いを取っている。深刻な問題で危機を煽るな。面白可笑しく今を楽しめ?そんな気は更々無い。それだけ棺桶が近いのだろうか?

そんな事は全く気にはしていない?アホやのう?それで何が楽しい?そんなアホには成れないのだろう?明日はワールドカップ。馬鹿騒ぎをするのも全く理解出来ない。結果はボロ負け?そんな事を言えばしばかれる?その心配は全くしていない。勝負の世界は本当に厳しい事を思い知れ。その程度の事だろう。

Img_3928

Img_3930

Img_3931

Img_3933

季節外れのバラの花?バラは豊かさの象徴?紀州のドンファンと呼ばれた処で死に方は哀れ?イヤイヤもっと哀れな死に方がこれから多くなる?それも違う。今迄もこれからも人の生き死には哀れその物。昨夜、偶然アラビア半島の小国「イエメン」の悲惨な戦争の犠牲者子供達の報告を聞きながらその残酷な現実に言葉を失っていた。

そんな事は殆ど放送されない?放送されても見向きもしない?そんな生き方が何時迄も通用するのかい?その事が問われていた。偉そうに言う事は何も無い。それが現実。この戦争の当事者は反政府組織をサウジアラビヤが空爆で叩き潰しているから。その程度の事も何も知らない。

関係ないと思っているからでは無い。本当に知らないだけだから。同じ事がシリアでも行われている。キリスト教徒達はそれでも自分達の正当性を主張している。キリストが弾圧された事以上の事がイエメン、シリアで行われても世界は関係ないととぼけていられる。

創価学会、日本の宗教界も同じ?その事で平和が保たれている。宗教指導者達は何をしているのだろう?キリストはどんな思いで眺めているのだろう?アメリカ国民の多くは心の安らぎをそんな戦いを無視する事で手にしている。自分達の心のやすらぎは自分達で勝ち得たもの?そう思っているのだろう。

Img_3934

Img_3938

Img_3939


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

地震の怖さ。そして繰り返される対応の拙さ。危機管理の低さ。

Img_3868

Img_3869

立派な杉の大木。この木が植えられてこれ迄に大きくなるには半世紀掛かる?この時の長さの価値を思い知る事が出来る人は多く無い。親父が大阪に出て来て悩み苦しみ自分で出した結論。「自分に出来る事をやる」「自分が生きる為とは言え恥ずかしい事はやる必要がない」。

その答えを手にした時は嬉しかった。それが半世紀前。その是非が今問われている。そんな事を言われても覆水盆に返らず?確かに。その結果がこれだ。多くの人の期待を裏切り多くの人の侮りを受けた。それでも今朝の地震でもしのぐ事が出来た。しのぐ事が出来た?

ただ生き長らえているだけだろう?そう言われる?それも有りだろう。人の生き方はそれぞれ。その生き方はそんなにきれいな物では無い。もっともらしく語る事は何も無い。無様な生き方。その事を思い知れば本物に出合えるかもしれない。この杉を見上げながらこの木を植え育てていた人を思っていた。

良く見ると何故か片側しか枝打ちをしていない。その枝打ちも途中で止っている。後何年この地で成長をするのだろう?そしていずれ切り倒される時が来る。その時どれだけの価値を見出されるのだろう?残念ながらその価値だけでなく切り出される術も定かでない。

Img_3875

Img_3876

Img_3880

この杉を植えた人。そして黙々と手入れをした人。その人の思いをこの枝打ちの後で知る事が出来る。そしてこの素晴らしい山林を受け継いだ「財産区」の人達。彼等もそろそろ棺桶は近い?そしてこの杉山は崩壊して行く?そんな事は殆ど問題にされない?そんな事は無いだろう。この杉山が崩れ落ちれば武庫川の渓谷は甚大な被害を受ける。その程度の事も関係ないととぼけるのかい?

Img_3881

Img_3882

Img_3885

今日本各地の山は大同小異?トンデモありません。綺麗にその森林資源を先祖代々受け継いて居る美林も少なく無い。ただそんな森林資源の活用は国全体としては大きな政策としては成り立っていない。これから国民それぞれに森林整備の税金が1000円掛かる。

それでも知らないだろう?そんな事。政治家は多くの税金で森林整備の補助金を出している。ただそんな事も殆ど知らない。国のバイオマス政策?生物由来の資源有効活用の実態は本当に知られていない。各地方の取り組みを行政に聞いて見ると笑えて来る。

掛け声だけ?地道に確実に取り組んでいる?ただそんな時代は程遠い。その原因もはっきりしている。知らないと言う事はそう言う事?もっと知ればもっとバカバカしくなる?いずれその代償を払う時が来る。その時は原子力発電を止める時?無理だな。森林資源を有効に活用して地域起こし?その費用とコストを誰も負担はしないだろう。

Img_3888

Img_3889

Img_3890

杉林を抜け谷を渡らず坂道を慎重に下る。木の根っこを踏むと足元は滑る。足先を横にしておりないと加速して薮に体が突進する。この抜け道もいずれ整備する?しないだろう?しなくてもゆっくり歩けばそれなりに楽しい?そう言ってもらえれば嬉しいがそんな人は居るのだろうか?そんな事もどうでも良い。

Img_3891

Img_3892

Img_3893

今日は西宮市役所に行く予定だったが地震の影響で電車が停まる。私鉄とJR見事に?運転再開の足並みが揃う。半日経っても運休の侭。その原因は点検に時間が掛かる。保守点検の人と器具が揃わない?どんな検査をしたのか知らないが通勤客が帰りの時間迄済ます事が出来ない。

何たる無様?そんな批判は無い。申し訳ありませんでした。ハイご苦労様でした。そんなもんでは無いだろう。お陰で今日はお出掛け出来ず。近くのスーパーでも買い物もせず。出費はお気に入りのパン屋でパン2個。350円。そんな生活も出来る。

毎日買い物をしない生活。3日に一度の買い物で食費半減。やってみますか?消費は回復基調?その間違いを思い知らせてやりましょう?アホ。景気のバロメーターは株価ではない事を見せつけてやりましょう。政治家や公共放送がどんなにもっともらしい事を言っても信用されないとはまだ誰も思っていない?その事を学習出来るのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

糞(くそ)の役にも立たない?(何の役にも立たない)そんな事は無いだろう?

Img_3839

Img_3840

Img_3841

Img_3842

昼なお暗き武田尾(武庫川渓谷)上の山道。この道を薄明かり(石が白く光る)の中、偶然手にした杖をつきながらゆっくり歩いたのは4月の終り。あれから40日近くが経過している。あの時は山から抜け出す事を考えているだけで無我夢中だった。

しかしこうして明るい時に歩いて見ても緊張するのは何故だろう?このガレバで足を滑らせてバランスを失えば谷に落ちる?そんなおマヌケな事をしないがそんな保証は何処にも無い。その事を痛感していた。今朝の大阪北摂大地震。それでも身構えたのは一瞬だった。

何時起きてもおかしくない直下地震。その備えは全く出来ていない。地震研究で飯を食っている学者先生でも(糞の役にも立たない)。そんな事は無いだろう?その程度の事も知らない。地震大国?何時発生してもおかしくない?東南海地震?その対策は土木工学で耐震高層ビルが建設されるだけ?

その程度の事も分らない。汚いと見向きもされない糞。それは北国のそりを引く労働犬の大好物である事を都会の愛犬家達は知らない。都会だけでない地方でもどんな山奥の一人暮らしでも同じ事だろう?当然愛犬家でない親父も知らない。犬と人間の関係。その厳しい歴史をバカ達は知らない?

愛犬家?地震学者?一緒にすな。汚物も健康のバロメーターである事をしれ。糞の役にも立たない?糞はそれ程に人の役に立つ?これからのがん検診に尿検査が一番役に立つ。その程度の事も知らない。これから山奥で生きる事も出来ない。高齢者は交通の便の良い都会の静かな住宅を希望する。そんな生活が成り立たない事は何も知らない。今日は地震の影響で最寄りの私鉄は動かない?

Img_3843

Img_3844

Img_3845

Img_3847

Img_3848

ハイキングコースを塞いでいた杉の大きな倒木がS君の指示で切り捨てられている。この立派な杉の木もこのまま朽ち果てるだけ。この素晴らしい森林資源が天然資源(バイオ資源)として再生される事は無い。現在再生可能な天然資源も他の安い化石燃料に完全に駆逐されても人々は何の疑念もない。

むしろ当然に考えている。そうでは無い事を思い知るのは何時の事だろう?そんな事がある訳が無い。便利で安い豊かな生活は再び生き返る事はない?その程度の事も分らない人々が多くなっている。親父も偉そうに言ってもランプと薪と田舎の便所の生活に戻る事は出来ない。ザマーミロ?違う。無様な生き方?それが当たり前の生活になっている。嗚呼。

Img_3849

Img_3850

Img_3851

段々太陽の日差しが差し込んで来る。これは植林の成果ではなく左の崖が緩やかになっているだけ?それでもその崖をよじ登る道は無い。ただその崖は緩やかでは無い。尾根の直前は垂直の崖。それでも雑木林は途切れてはいないので登る事は出来る。そんな道は今は全く無いだけ。(探せばある?)それはどうかな。

Img_3852

Img_3853

Img_3854

植林も出来ない無様な山林。この下は武庫川。ロッククライミングを楽しむ事は出来ないが低い岩登りに歓声を上げる若者達の声が聞こえる。この素晴らしい自然環境も整備が出来ない。いずれこの崖も崩れて大量の土砂が渓谷の水の流れを塞き止める?

そんな大災害を行政も学者先生達も何も警告も対策を発信出来ない。知らないと言う事はそう言う事?糞以下の生活をしている?そんな事は誰も考えない。今年の梅雨はそんな大雨にはならない?そんな保証は何処にも無い。ただ半世紀以上そんな災害は起きていない。その事も改めて思い知らされる。

Img_3855

Img_3859

Img_3861

Img_3866

立派な杉の大木。改めて見上げてみると片側の枝が綺麗に「枝打ち」がされている。この杉に翔た(かけた)人の念い(思い)が良く分かる?分らねえ。都会のオバカなオネエさんが杉花粉の事を考えたら全国の杉を切り倒せと喚いていたがそんな事をする必要は全く無い。

この杉の枝打ちを完璧に行えば全く問題は無い?そんな事も出来る訳がない。山林の現状を知らないオバカ?ザマーミロ?(バカタレ)杉花粉が問題になったのはこの「枝打ち」作業が行われなくなってから。この枝打ちと杉山の間伐、下草刈りは今、全国的に職人が高齢化してその作業の世代交替が行われていない。

その代償を払わされても現在人に為す術は予防対策だけ。そんな事も知らないだろう?これが原因。働き方改革とかもっともらしい事をもっともらしく口にしても政治家や高級官僚はその程度の事を知らない。都会の生活。中央官庁の生活はそんな事を全く知らない。そしてそんな政治家が支持される?いずれその代償はジジババだけでなく全ての有権者が払わされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

梅雨の中休み?親父も一休み?交流戦も終了。体調はどうだ。

Img_3804

Img_3805

Img_3806

Img_3807

昨日の武田尾。この階段は西宮名塩に続くハイキングコースの最初(最後)の階段。西宮名塩側から歩いて来るとこの階段を降りると武田尾の駅は近い。反対に武田尾の駅から歩くとこの階段は長い、長い西宮名塩迄のハイキングコースの始まり。(但し歩く人は殆ど居ない)その理由はほとんど知られていない?

Img_3808

Img_3810

Img_3811

今、このハイキングの道を整備している?嘘でしょう?本当です。しかしこのハイキングコースはほとんど知られていない。この素晴らしいコースが見向きもされないのは積極的に誰も宣伝をしなかったから?その一点に尽きる?そんな事もどうでも良い。

これから自分で少しずつ石ころを片づける?その程度の事だろう?まだその仕事が始まったばかり。自分で楽しんでいるだけに過ぎない。しかしタダでそれが出来るのだから結構な事に違いない。昨日は久し振りに次のポイント迄歩く。第2ポイント迄は簡単には歩けない?どうして?見れば分る。

Img_3812

Img_3813

Img_3814

Img_3815

見事な杉林と言いたい処だが全く植林をされていない。この杉山の持ち主は西宮名塩財産区。西宮名塩の共有林。全国何処でも森林資源の価値が暴落し、手入れの価値も無くなっている?その結果がこの有様。杉の価値が失われた理由は南方の安い木材が輸入される様になってから。

その結果は木材価値の暴落だけでは無い事をこれから環境と健康被害で思い知らされる?親父の様に小さい頃から山と川で育った人間にはその事が良く分かる。人間どんなにデカイ面をしても本当は弱い生き物。その程度の事が分からない?長生きをすると言う事はその程度の事?その事は山と川を歩けば良く分かる。分らない?だろうな。その程度の生き方をしていると言う事だよ。

Img_3816

Img_3817

Img_3819

これはハイキングコースから下の杉林を見下ろしている。この杉林の下は雑木林。その下は武庫川に一気に落ちている。それでもその山肌は見る事は出来ない。杉の木に価値が今よりはあった頃、どの様にして切り出されていたのだろう?当然川に落としていたに違いない。その川も今はその勢いを取り戻すのは洪水の時だけなのだろう。今はその面影も窺い知る事も出来ない。

Img_3820

Img_3821

Img_3822

 

ここからは昼間も明るく無い。1人で歩くのもうす気味が悪い。これでは杉も価値は大きく下がる。杉山もしっかり間伐をして下草を刈って太陽光を入れて価値ある杉を育てなければならない。それが杉山の管理の最低条件。それが出来なくなって久しい。

しかし良く見ると立派な杉の木もある。その杉の枝打ちが行われなくなって山は荒れている。価値を失ってもその財産は共有だからどうでも良い?かもしれない。そんな事は無い。共有でも財産価値が損なわれる事は看過出来ない?それでもその対策に人手が必要になるがその担い手も高齢化している。働き方改革?ここでは全く関係ない。そして都市は暑くなる。

Img_3826

Img_3828

Img_3830

第二ポイント到着。このマップの現在地表示は間違っている。このハイキングロードの管理者に訂正させないと行けない。正確には右上。このマップの現在地表示はこの上の尾根を登り切った所。この右側に尾根道を歩いた所に第3プイントを作る。ここから引き返して来るとこのハイキングコース4㌔。

折り返さず尾根道を歩いてこの尾根を抜けるとその先は読売のゴルフ場の外周を黙々と歩く。ゆったりとした登り。ちょっとした長い坂道もある。ゴルフクラブ前にバス停があるがここ迄6㌔。バスはゴルフ場のプレヤーと従業員用?(朝夕1本ずつ)殆ど役に立たない。その先西宮名塩迄5㌔は覚悟しないといけない。合計13㌔。健脚でないとチョトしんどい。

Img_3833

Img_3834

Img_3835

来た道を引き返す。ここはまだ整備が済んでいない。行政の力を借りて草を刈り足場の石を踏み固めて歩行し易くしないといけない?それではハイキングコースとは言えなくなる?歩いて見ればそんな事は言えない事が良く分かる。足元が見えないと足首を間違いなく傷める。よろめくと下に落ちる。

Img_3836

Img_3837

Img_3838

ここがハイキングコース?嘘でしょう?嘘では無い。写真では見えないが歩く道は足跡が付いている。しかしその足跡もこれだけ草木が覆い被さると良く見えない。何度か歩いている人はその事が良く分かるがそうでない人は戸惑うかも?その事を西宮市役所担当部署のT係長に説明しないといけない。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クソヤロウに刃物?そんな言葉は差別用語?生きる術を知らない?教えてやれ。

Img_3756

Img_3757

Img_3758

Img_3759

Img_3761

Img_3763

新幹線で刃物を振回しその蛮行(野蛮な行ない)を止めた青年が命を落としている。将来を期待された優秀な青年が糞野郎(生きる価値もないアホンダラ)に命を絶たれる。多くの人権を語る大人達はこの事実をどう見るのだろう?

Img_3764

Img_3765

Img_3768

Img_3769

Img_3770

Img_3772

Img_3771

人権とか法律とか差別用語とか何だかんだ言った所で糞野郎に弁護の言葉は無いだろう。その程度の事も口に出来ない。その理由がようやく分る。なんだかんだ言った処で糞野郎に(生きる価値のない自虐野郎に)一人で立ち向かった青年の心意気に考えてもらいたかった事。刃物に素手で立ち向かう事は出来ない。しかしそんな事は全く考えていなかったに違いない。他の奴らは何をしていたのだろう。その程度の世の中だとは考えもしなかったに違いない。

Img_3773

Img_3774

Img_3777

Img_3778

親父ならどうしただろう?逃げる事はせずに青年と同じ様に立ち向かった?それもしなかったに違いない。咄嗟に出来る事は振回している刃物を使えなくする事。その為には警棒を振回す?バカタレそんな物は何処にも無い。警棒がなければ?消化器を探す?そんな暇はあったのかな?

危険予知も出来ない公共交通機関で持ち込みの刃物の禁止も出来ない?アホやろう。そんな電車で爆発物を持ち込まれても安全は担保出来る?何たるマヌケだろう。東京、大阪、名古屋だけでなく日本全国何処にいても安全な場所は何処にも無い事を思いしれ。その程度の事を誰も知らない。

Img_3779

Img_3780

Img_3782

今年のアジサイはこれで見納め。期待していた程の美しさはなかった。それでもこの季節の変化を知らないで死んで行った青年の無念さを考えると糞野郎のとぼけた自白は許せない。(刑を終えたら同じ事を繰り返す)アホンダラ。刑の重さをこれから思い知れ。刑務所で屈辱を思い知れ。そして2度と刃物は手に出来ない様になって社会に戻って来い。世の中てめえが考えている程甘く無い。

Img_3775

Img_3776

Img_3783

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

武田尾は初夏?梅雨の大雨は何処?関西の間抜けな生き方?

Img_3786

Img_3787

Img_3788

空気はカラリとしているが日差しは眩しい。何時もの土曜日は競馬と野球の観戦で武田尾迄出掛ける事は無いが競馬も野球も全くつまらない。見るだけでは時間の無駄?そう言われても競馬に必勝法は無い事が分かればばかばかしくて見てられない。野球は巨人ではなくなったがそれでもぶつぶつ良いながらテレビは見ている。

それにしても無様。角1(初回の1点)を取り返す事が出来ない。放送も無し。武田尾の親父の隠れ家で嘆いていた。弱すぎる。それでもオバカは応援する?時間の無駄だな。相手のピッチャが良すぎる?それもアメリカメジャーリーグでは通用しないピッチャに手も足も出ない。

サムライ日本?アホとちゃうか?アホです。ワールドサッカーは予選も突破出来ない?若手が育たないと無理だな。その事が分かってない。世界はそんなに甘くない。なんか勘違いしていないか?公共放送?全国の深刻なニュースも全く関係ない?放送の役割を完全にねじ曲げても公共放送?笑っちゃうね。国営放送?違うだろう。

Img_3789

Img_3790

Img_3791

Img_3792

JR福知山線武田尾駅前。ここは無人駅。改札口を出た処に自販機がある。そこの空き缶入れのはゴミで満杯。入りきれないゴミをご丁寧に置いている。犯人は近くの廃線敷きを歩いたハイカー。こんな奴らはハイカーの資格は無い。地獄に堕ちろ。この場所には監視カメラは無い。防犯カメラ作動中?

そんなカメラに監視されていても関係ないととぼけるおばはん?オッチャン?その対策は。近くの自動車とバイク、自転車を管理して居るオッチャンに監視させるしかない?宝塚市役所はそんな事は考えていない。1時間に1本のバスもいずれ廃止になる?どうして?利用者は地域の観光に来るおばちゃん達だけ?

その人数が限られている。地元の人は地元のマイカーで送迎。「路線バスに乗ろう」この看板が哭いている。今この武田尾の地域振興を1番考えているのはこの親父?1番駄目だと思っているのもこの親父。この地域が賑わうのは色んな戦略が必要になる。その戦略会議が何処で行われているのか?分からない。

いずれ分かる。それ迄待ってて呉れるのかな?誰が?何処で?そんな人は居るのかな?それもいずれ分かる。折角お友達になれたと思っていた人も親父の様に戦略を手にしていなかった?慌てる事は無い。ただいつ迄も時間的な余裕は無い。期待された出来事が余りにも遅い。それが現実。そんな事は誰も知らない。

Img_3793

Img_3794

Img_3795

Img_3796

Img_3797

この武田尾の尾根西宮側は直登は出来ない。宝塚側は立ち入りも出来ない。その原因は?谷が深いから?この谷も登山の装備をすれば簡単に登れる?そうでもないだろう?関西には多くのワンダーフォーゲル?があるが彼等の姿を見た事が無い。この尾根は立ち入りが禁止されている。そんな話も聞いた事が無い。

行政に聞いてみますか?西宮市役所教えてくれるのかな?担当部署が分からない。政策推進課に聞いてみるかな?不審者扱いされる?大丈夫。段々お友達を増やしている。武田尾に行く度にそんな馬鹿な事を考えている。この自然豊かな山を知り尽くさないとこの地域の活性化は出来ない?知り尽くした処で何も始まらない?そうかな?

Img_3798

Img_3799

Img_3800

80年前に竣工したこの橋は度重なる洪水にもびくともしていない。その原因はこの橋桁を支えるコンクリートの下流に伸びた補強工事。コンクリートの間に石が詰められていると先日書いたがよく見るとそうではない。コンクリートに溝が刻まれている。何とも水の圧力を計算された先人の知恵。素晴らしいのはそれだけではない。コンクリートの下流の先端が崩れていない。これが素晴らしい。そんな事は全く注目される事もない。

Img_3801

Img_3802

Img_3803

今日はこの道で出合う人も居ない。今日は久しぶりにこのハイキングコース山麓の道を右端迄歩く。そこに休憩所第2ポイントがある。(と言ってもベンチだけだか)ここ迄往復すると3キロと少し。駅からだと4キロはある。(片道2キロ)ちょうど良い初心者用のトレッキングコース。ただ歩く人は殆ど居ない。

理由は知られていないから。このコースを管理して居る西宮市の担当がようやく大きな倒木をチェーソーで切って呉れていた。来週お礼を言わないといけない。ついでに又注文を付けると嫌がられるかも。それでも仕事となるとそんな事も言えなくなる?(嫌な奴だな)そうしてファンを増やさないといけない。

ここ第二ポイントからは尾根をひたすら駆け上がる。と言っても400メートル足らず。この尾根に上がると尾根歩きになる。そこにもベンチがあるのでそこが第三ポイント。ここで一休みをして来た道を戻るハイキングコースは中級コース。戻らずに西宮名塩迄抜けると健脚コース。

少し山道を歩くだけで殆どがゴルフ場の外のアスファルトの道を歩く。ただ距離は長い。第三ポイントから8キロ強。駅から13キロ弱になる。親父もまだ4回程度しか歩いていない。その最後が2ヶ月と10日前。あの時は山の中で日が暮れて命拾いをする。次に歩く時は武田尾から?登りはきついが日が暮れて途方に暮れる心配は無い。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後半月で梅雨も明ける 政治の無様さは関係ない?

Img_3702

Img_3703

Img_3704_4

Img_3705

人気の全くない集落。しかしこの道は大好きな道。数年前にこの道を歩いていた時、いきなり後からジジイの車で警笛を鳴らされる。ぷ、ぷ、ぷでは無くぷーだった気がする。高級車「ジャガー」。こんなところで何やと思った気がする。地域の住民だった。

それからこの道を歩く度に道の真ん中は歩かないつもりをしているが、何しろ道が狭い。昨日そんな事を思い出しながら歩いていると「ジャガー」は健在だった。ジジイはどうなのか?それは分からない。いずれお呼びが掛かる。アンタもそんない先の事ではない。確かに。この石垣の草むしりをしていた婦人会?の人に「限界集落ではない」と言われた事もある。間違い無く後数年でその事が実現する。歩く人がいない。

Img_3706

Img_3707

Img_3708

Img_3709

Img_3710

Img_3711

Img_3712

Img_3713

余野街道。この先は行き止まり。初めて歩いた時は笑っていた。この先に右側の坂を上れば新興住宅地がある。この団地は住民以外は原則として立ち入り禁止?自治会長の許可が要る?その団地も行き止まり。右の山麓(五月山山麓?)に登る道は無い?疑問符が付いているのは確認していないだけ。確認するつもりも無い。

行政に聞いても彼等はそんな事は全く考えていない。素晴らしい自然環境は人の立ち入りを拒否している。因にこの団地に立ち入る道は公道ではない。だからそんな間抜けな事が言えるのだろう?見知らぬ人を拒めばどんなに街中に近くても人は立ち入らない。それで人々の生活は成り立つと考えている住民達。いずれ孤島になる。

Img_3714

Img_3715

この橋はまさかその団地の自治会が架けた橋ではない。この正面の集落の歴史はよく分からないが、江戸時代以前は寂しい集落に違いなかった?ところがこの橋を渡った右側に小さな製薬会社がある。市民の殆どが知らない研究所?地域も会社も自治会も地域の繋がりの中で成り立っている事をお互いが知らない。

この橋を渡りながらお互いの交流が始まる時が来る可能性はあるのだろうか?そんな事もどうでも良いのだろう?自治会長と製薬会社に聞いてみますか?止めときなさい。市役所に聞いてみるとよく分かる?そんな人がいるのかな?お友達に聞いてみるかな?

Img_3716

Img_3717

Img_3718

この橋を渡ると正面に久安寺がある。今は完全に忘れ去られているがこの橋が完成してから人の流れが大きく変わる?この橋が完成したのが昭和6年。この地域の人がどれほどに待ち望んでいたのだろう?そんな人々の思いを語り継ぐ人はこの地域にも行政にも全くいない。後10年もすればこの地域も忘れ去られる。そんな事は無いのだろうか?それは誰にも分からない。

Img_3719

Img_3720

Img_3721

Img_3722

久安寺到着です。真言密教高野山の教えを伝えているがその由緒正しい教えは一度も聞いていない。真言密教の教えは弘法大師空海が中国からその教えを会得して、この国の多くの人に伝えているが「真言密教と仏教諸派とはどう違うのか?」と問われた時、その的確な答えを口に出来る人は少ない。親父も同じ。

空海が伝えた「人は生きながら仏に成れる」という教えは今でも嘘だと思っている。この罰当たり。「写真ばかり撮らないでお参りをしなさい」。この寺の大和尚に言われた言葉は今でも覚えている。写真ばかり撮らないでお参りをして何を会得するのか?その程度の事も教えられなくて空海に何を学んだのだろうか?

その程度の事も分からなくていずれくたばる。空海は今でも高野山で生きている。その事がその事を証明している?その程度の事も分からない?帰りのバスの時間を確認して境内に入る。山門(楼門)の下は通れない。(重要文化財)横の潜り戸から入る事が出来る。ここからは解説無し。一気に行きましょう。

Img_3724

Img_3727

Img_3728

Img_3729

Img_3730

Img_3731

Img_3732

Img_3735

Img_3737

Img_3738

Img_3739

Img_3742

ここは無料でこの素晴らしい紫陽花を鑑賞する事が出来る。この先に本堂と庭園が広がるがそこは拝観料を徴収される。それでも300円。京都や奈良の観光寺院とは比べ物に成らない。観光寺院の住職の顔を拝観する事は殆ど無い。彼等は何様だと思っているのだろう?心を悩ます多くの人々を救う事が出来るのは彼等ではない。

医者でもない。心の迷いは仏教の言葉では「煩悩」と呼ばれるがその葛藤から心を解きほぐす事が出来るのは一体誰だろう?その癒しは何処にも無い?そんな事は無いだろう?悩める人を集めて尤もらしい説教をする。そんな新興宗教も何時迄繁盛するのだろう?政治と社会。政治と宗教。

人の生き方と死に方が問われても関係ない?そう考えながら生きている。無様よのう?そう考えると野山を駆け巡る事も無意味に違いない?紫陽花の景色はまだまだ続く。でもその前に武田尾に出掛けないといけない。紫陽花が教えてくれる事。紫陽花の花言葉は?知らないだろう?親父も知らない。辞書を引けば分かる。その程度の事もやらない。武田尾の山は何を教えてくれるのだろう?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

今にも泣き出しそうな梅雨の曇り空。靴の調子も重い。

Img_3621

Img_3622

Img_3623

Img_3624

駅前の違法駐輪は最近何処の市町村でも改善しているがそうでもないところが依然としてある?その原因は自転車利用者のマナーが悪い?それは1番だが2番は警察の間抜けさ。警察は車の違法駐車も徹底的に取り締まれない?その原因は取り締まり対象が多すぎるから?自転車も同様だが駐輪場を整備して行政が徹底的に改善している。

Img_3625

Img_3626

Img_3627

Img_3628

今日は気合いを入れてしっかり歩くつもりだったが、先日修理を終えた靴の調子が良くない。(靴底が凹んで張り替えをした)その靴が何故か重く感じる。実は靴が重いのではない。親父の股関節の動きが滑らかでない?どうして?どうしてだろう?最近一気に歩く力(脚力)が落ちている。それでも携帯の歩数計は本日7835歩を計測している。距離は5、6キロ。嘘でしょう。そんな気がしている。

何だこの不細工な歩道。この歩道管理者は国土交通省大阪国道事務所。その出先機関は大阪高槻にある。国道事務所の係官。監督者と話をする事はなかったがいろんな人が居る。この歩道の電柱もいずれ地中化?一気には出来ないととぼけたことを言っている。そんな事は住民は殆ど知らない。

交通インフラの整備と言ってもお役者は苦情がなければ何も改善する事はない。ここも地域住民からの苦情は何もない。そんな事はないだろう?歩く人。自転車で通る人も居ない。政治家とお巡りさんは何をしているのかね?関係ないととぼけている。そしてそんな政治が支持されている。そんな事はネエだろう?知らないという事はそう言う事かいな。

Img_3630

Img_3631

Img_3632

一度取材に言った事がある。「突撃取材」操業100年を越える豆腐屋さん。親父さんは取材対応0だった。?顔をしかめて小さい声でボソボソ言っていた。それでも商売が続くのは伝統の味?どんなに商売人ではなくても美味しい豆腐で勝負が出来れば常連さんが支えてくれる?そんな商売をしているのだろう。

Img_3633

Img_3634

Img_3635

Img_3637

ここは市内のはずれ。この先は同じ市内でも農村、植木の町?少し先には新興住宅地がある。市長はその地域の小、中一貫教育日本一を目指しているがチャンチャラおかしい。この北摂の田舎町で日本一を目指す必要性は何もない。大体教育日本一とはどういう事?そんな学研都市を目指すには器が小さすぎる?誰の器?それは見れば分かる。

Img_3638

Img_3639

Img_3640

Img_3641

Img_3642

Img_3643

Img_3652

Img_3655

Img_3658

何時迄恥をさらすのだろう。余計な事をしなければ批判もされなかった?だろうに?そんな無様な仕事をしているという認識がない?恥をさらすという事はこう言う事だという事を思い知る事も出来ない?この程度の管理しか出来ない事をどれだけの市民が認識しているのだろう?

無様な仕事をしても知らないという事はそう言う事?新幹線の車内で殺人事件が起きてもその対策は取れない?新幹線が鉄路に人が侵入しても警報は鳴り響かない?駅のホームでその異常にも気がつかない。このオバカ達は何をしているのだろう。あってはならないことが起きても頭を下げればそれで終わり?

そんな社会を生き延びるには格闘技を身に付けなければ生きて行けない。そんな社会は看過されない事を何時思い知るのだろう。そんな事もどうでも良い。世界は闇黒の時を迎える?そんな危機感も感覚もなければとぼけた生き方が出来る?人の生きる道を踏み外してもそんな事も許される。そんな事は無い事を誰が教えているのだろう?

Img_3660

Img_3661

Img_3663

写真で見ると何も問題ない感じも無いではないがそんな事も全く考えられていない。この桜の樹を寄付してくれた人には申し訳ないが、この無様な枝葉ではこの桜の寿命は2、3年で終わる。それでも行政はそんな事は認めない。この竹箒(ほうき)の様な桜も10年もすれば立派な桜になる?なる訳が無い。その程度の事も分からない。

Img_3688

Img_3687

Img_3683

Img_3670

どさくさにまぎれてカジノ法案が成立。カジノ付きでないリゾート法が成立して日本各地に多くの観光施設が出来て破産した事は昔の話。大阪の夢洲(埋め立て地)にアメリカとシンガポール資本のカジノが出来る。高級リゾートホテルが出来る。高級国際会議場が出来る。関西の政財界も双手を上げてウエルカム。積極的に歓迎。

関西の人達も関西経済の盛り上がりでハッピーな気持ち。ただ公営ギャンブルは本当に多くの人がハッピーになる訳ではない。その程度の事を関西の人達は理解出来ない。親父達はその繁栄を見る事は出来ないが悲劇が待っている事も公明党、創価学会も知らない。インチキ政党。自民党と肩を組んで喜び合う事は無いだろう。

Img_3691

Img_3692

Img_3693

ここから目的地の花の寺「久安寺」迄はこんな車道はおさらば。ゆったりとした予野街道を歩く事が出来る。今日の楽しみはそれも大きかった。ところがここからバスに乗る。体調は悪くはなかったが足が言う事を聞かない?それでもその判断は間違ってはいなかった。小雨が降って来る。バスの中は満席だった。つり革につかまっていてもらくちん。婆の声が耳に障る。それでも聞こえぬふりをしていた。

Img_3694

Img_3695

Img_3696

バスはこの手前で新興住宅地の中を一周してこの先の「久安寺」が終点。小雨も止んでいるのでここでバスを降りて歩き始める。何たる道路管理。この手前右側に新しい道が出来てもこの歩道は広くする事は出来ない。地域住民が反対するから?それでは何の為に手前に道を造ったの?そんな事はどうでも良い。

Img_3697

Img_3698

Img_3699

Img_3700

Img_3701

この道は京都亀岡に抜ける道。半世紀前に会社の仲間とレンターカー3台で通り抜けている。その時の目的地は天橋立。ところが途中で後輩君が追突をして引き返している。その時結婚の意思を聞かれた女性が居た。あの当時はその気持ちは全くなかった。後50年は生きられない。この道は殆ど変わっていない。もう一度車で走り抜ける事は無い。ただ大阪に戻ってから数年は何度も走り抜けている。これも人生。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起きたのは1時前。眼が腐るよ。お気に入りのクルミパン昨夜食ってしまっていたので買いに行く。

Img_3564

Img_3565

Img_3566

Img_3567

Img_3568

昨日掛かり付けの内科で血圧の薬を貰った時の敷地内の紫陽花。綺麗に見えるが近くの花の寺?にはもっと密集した紫陽花を見る事が出来る。今日は久しぶりに出掛けますか?バスで行くと10分足らずでも歩くと1時間はかかる田舎道。途中に民間の介護施設があるが親父の経済状態では簡単には入れない。

その程度の事をジジババ、大人、子供達も知らない。これからの高齢者の生き方、死に方は簡単ではない事を誰も教えてくれない。ならば自分で学ぶしかない?その程度の事も関係ないととぼけている?誰が?多くの一般ピープル。当事者になればその深刻さは身にしみて分かる。

ところがその深刻な状態を認知出来ない。これが本当の手遅れだろう。人生100年時代。何をとぼけてまんねん。人生は人それぞれ。殆どが惨めな死に方しか出来ない。その事は今の生き方が照明している。そうだ。今日の目的地は花の寺「久安寺」に決まり。そこ迄田舎道を歩きながら故郷の今の景色を思い浮かべる事が出来る。

Img_3569

Img_3570

Img_3571

Img_3572

Img_3573

昨日の武田尾。この場所を知らない関西人は多い。日本全体となると全く知られていない。過疎地域。限界集落?この地域には今、人の気配は無い。かろうじて人の気配が感じられるのはこの堤防工事の関係者のみ。しかしこの工事はほぼ完了しているのでそれが終われば忘れ去られた地域になる。

いいや。今でも完全に忘れ去られている。この堤防かさ上げ工事は何の為に行われたのか?地域防災?地域活性化?しかし現実はこの有様。その事の重大性は誰も認識していない。関係ない?だろうな。国の財政はこうして食いつぶされて行く。ここだけの話ではない。日本全国で政治家達はこんな仕事をしている?

政治家だけでなく官僚達も。そしてその事を支持している有権者達。年寄りだけでなく全ての国民がそれで良しとしている?そんな事はないだろう?そうではない事をどんなに無視されても声を出さないといけない?あほやのう?確かに。ところがそれも違う事を教えられる。

Img_3575

Img_3576

Img_3577

Img_3578

Img_3579

Img_3580

Img_3581

Img_3582

Img_3583

ここも厳密に言えば「武田尾温泉」しかしこの旅館は完成された堤防の対岸の旅館。この旅館も元々は今の建物の下にあり洪水の被害を受けている。その事はこの旅館名が証明している。別庭「あざれ」。紅葉館と言われていた旅館が台風の洪水の被害を受けその心配のない後の高台に「四季を謳う」全室個室、離れの高級旅館として繁盛している。

ただ残念な事に最低の宿泊費は安くない。それだけのコストが負担にならない人しか利用は出来ない。何時かその満足を体感出来る時は来るのだろうか?あざれ」はフランス語で山ツツジを意味する。そろそろその時期は終わるがこれからは初夏の緑と新鮮な空気、決して綺麗とは言えない武庫川の川の流れが太陽にきらめく。

ツツジの花言葉は「燃える思い」この歳になってもそんな思いを感じさせてくれる「潤い」と「感動」。そんな一夜を過ごす贅沢を多くの人は知らない。それでも楽しみ方は色々。人生はぼやいてばかりでは何ともつまらない。自分から行動をしてそのコストを負担すれば良い。それが出来なくて人の批判だけでは何の為の人生か分からない?確かに。

Img_3584

Img_3585

Img_3586

Img_3587

Img_3589

Img_3591

Img_3592

こちらが「あざれ」日帰り温泉も楽しめる。3時間から最高10時間楽しめる。ただ料金は安くない。詳しくはネットで調べなはれ。日帰り入浴も出来る。こちらは11時から15時迄タオル、バスタオル付きで1800円。お弁当?2500円。2名で1万円?高いか安いか?それも人それぞれの財力、価値観に違いない。

Img_3615

Img_3616

Img_3617

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

今日も梅雨の晴れ間 久々に早起き 早起きは3文の得?

Img_3343

Img_3344

Img_3351

Img_3352

看板に偽りあり?何時造られたのか分からないコカコーラの武田尾温泉旅館の看板。何度もアップしているのはこれが全国共通の鄙びた(ひなびた)温泉の現実。しかしここ武田尾の温泉旅館街はこれだけの旅館しかなく、常連さん中心の隠れ宿の時代が長い間続いていた。今では「元湯旅館」が1番奥で土日祝日のみの日帰り客だけを迎え、紅葉館は武庫川上流に向かって別庭「あざれ」として一軒のみ宿泊客を受け入れ賑わい?を見せている。しかし実態は分からない。

Img_3353

Img_3354

Img_3355

Img_3356

写真手前が西宮市に供給される水道管。その奥の鉄橋がJR武田尾駅。停車車両の5分の一が鉄橋の上。残りはトンネルの中?1時間に4本普通電車が停車するので秘境駅ではない。ただ朝夕の時間を除くと乗降客は10人以下。ただそれは多くの関西人がこの自然の素晴らしさを知らないだけ。これからこの素晴らしさが見直される?

Img_3357

Img_3359

Img_3361

このハイキングコースも今は歩く人は居ない?親父が知らないだけ?それはこの道を歩いてみればよく分かる。この急な階段は20メートル足らず。その先に親父が見つけた絶好の休憩ポイントがある。ただ一人で座っていると誰かに見つめられている?恐ー?全然。ここで弁当を食いながらぼんやりしていると全ての雑念が取り払われる。嘘だろう?一度体験して見なはれ。嘘でない事がよく分かる。

Img_3362

Img_3363

Img_3364

Img_3365

親父は4月の終わりに久しぶりにこの階段を下りている。当時19時前だったがここは薄暗かった。明るい時にここは何度か歩いているので体のバランスを崩す事はなかったが浮き石に足元を注意しながら歩いていた。それ以来ここは何度も来ている。ここが親父の隠れ場?体調が悪くてもここ迄来れば本当に嬉しくなる。

Img_3366

Img_3368

Img_3369

Img_3372

Img_3373

Img_3375

Img_3377

Img_3378

ベンチから腰を上げて川の上の道を歩いている。ここから次のポイント迄1キロと少し。そこ迄は山裾を歩く。尾根に上がるのはその先から。そこが第2ポイント。そこ迄往復するとちょっとしたハイキング。駅からの距離は4キロ。しかし平坦な道と違ってこの山道は楽なコースではない。気力と体力に自信がないとこの先で下道に降りる。

Img_3379

Img_3380

Img_3381

名塩に行く道はこの道ではない。この道は下道に降りる道。傾斜が急で足元が滑る。親父がその斜面を削っているが段差は付いていないので、横歩きをしないと駆け下りないといけない。駆け下りるとまず転ばないといけない。転ばなければ藪の中に飛び込まないといけない。いずれにしてもタダでは済まない。

Img_3382

Img_3383

Img_3384

この橋が完成したのが昭和9年。度重なる洪水にもびくともしていない。その要因はこの頑丈な河川内に敷き詰められた見事な石とコンクリートの組み合わせ。橋脚が流されない対策は実に決め細かい。同様の工事はこの時期の河川工事として他の地域でもよく見られる?

Img_3385

Img_3386

Img_3387

武田尾温泉の賑わいは終わる。上流に向かって右岸の紅葉館別庭「あざれ」を除いて宿泊が出来る旅館は壊滅。現在この旅館だけがかろうじて土日祝日のみ日帰り温泉可。理由は建物と経営者の老朽化。経営努力が足りなければ必然の結果?しかし行政の対応もおかしい。そんな場所に立派な堤防工事のかさ上げ工事を行っている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

日大の受験志願者激減?そんな事はないだろう?人の噂も安倍総理の支持率を見ればよく分かる?

Img_3333

Img_3334

Img_3335

Img_3336

梅雨の晴れ間。迷う事なく終の住処?「武田尾」に出掛ける。近くの歩道にオバカが不要の衣類を捨てていたが誰も手が出せず放置されたままだった。市役所に連絡すると親父が1番信頼している新任管理職のSさんが速攻で指示を出し?10分後には跡形も無し。

以前警察に連絡した近くのゴミ箱に不法投棄の対応とは大違い。出来る人は違うと広聴のAさんに冗談を言う。お役所仕事、安倍さんのお仕事、トランプ大統領のお仕事、金委員長のとぼけた言葉(拉致問題は解決済み)とは大違い。比較すな。それでも安倍総理の指示は変わらない?公共放送の世論調査も信頼していない。

Img_3337

Img_3338

Img_3339

武田尾の次の駅がここ。ここには新入社員の頃、隣の職場のお姉さんと仲間達で来た事がある。それから長い年月が過ぎて数年前から何度も来た事がある。ここの自然豊かな山間の地。この駅の向こうは山が迫っているが手前は大きく農地が広がっている。

今年初めて見る早苗の田んぼ。田舎も田植えは既に済んだのだろうか?子供の頃田植え休みがあり百姓の息子でない親父も何故か緊張をしていた。そしてその田植え作業が済んだ地域の人達が、それぞれの家の御馳走を持ち寄り労をねぎらっう「田上がり」。親父の家は父親が職業軍人だったので戦争に負けて貧しかった。

子供はそんな事は全く気にしていなかった。貧乏でも頭が良ければ皆に馬鹿にされる事はなかった。そんな賢い親父も今は情けない生活をしている。しかし人生に悔い無し?そう言い切るにはも少し賢い生き方をしないといけない?手遅れだな?そうかもしれないがそれは棺桶に入る迄本当は分からない?田んぼを見ながらそんな事は全く考えずに一駅戻る。

Img_3341

Img_3343

Img_3345

ここ武田尾地域は温泉で関西の奥座敷と言われた事もあるが今はその面影は無くなっている。武田尾温泉はマップの左下。この地域は駅から一山越えると桃源郷のすばらし盆地が開けている。西山地域。以前は村だった。今は宝塚北部地域。いろんな地域起こしの事業が行われいるが高齢化、少子化、過疎化の波は例外ではない。

Img_3557

Img_3559

Img_3560

Img_3561

「路線バスに乗ろう」そのかけ声はうつろに響く。この上の集落「西谷」はバスを利用しない。自家用車を利用する。自家用車で送迎をする。バスの利用者は地域外の人?当然利用者は地元の人ではない?そうなるとこのバスの採算が取れなくなり経営が難しくなる?

その対策は難しい?いずれ今の便数(ほぼ1時間に1本)を少なくするしかない。それでも採算を維持する事は難しい。その対策をこの地域の人達は考えていない?そんな事は言われなくても分かっているがバスの定期代全額負担は難しい。ではどうする。これが全国過疎地域共通の問題。行政に出来る事は何なのか?

その事が問われても解決策はない?これから地方の移動手段は深刻な状況になる。解決の方法は?それはタダでは教えられない。親父はこの西谷地域は日本の過疎対策、介護の対策、子育て、高齢者の医療対策のモデル地域になると思っている。それが出来ないとこの地域は完全に限界集落になる。それでも関係ないと言うのだろう。

Img_3347

Img_3348

Img_3537

Img_3530

Img_3535

Img_3539

Img_3541

この地域は上流の新興住宅地の開発で大雨が降ると水位が大きく上昇する。その為に大きな浸水被害を受けていた。その為に立派な河川改修工事が完成し、今、最後の仕上げ(立ち退いていた地権者の住宅用地の整備)が行われている。個人の住宅用地ばかりと思っていたが今日、ゆっくり見てみると個人事業の建物も土台工事が行われている。

Img_3547

Img_3546

Img_3542

一時利用の駐車場も出来ている。しかし一回500円。しかも勝手に自由に停められない。この左に旧福知山線の廃線敷きを歩けるがその利用者はこれから車利用も多くならない?そんな考えは行政にはない。無料の駐車場を一時利用(時間制限を掛けて)のスペースに作る。そんな知恵は出せない。そうして多くの人を呼び込んで賑わいを作り出す。そんな知恵はない。宝塚市の地域活性課の仕事に期待は出来ないな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は梅雨の中休み 快晴ではないけれど出掛けましょう

しばらく足が遠のいていた?(と言っても数日だろう)武田尾にで掛ける予定。その前に昨日びっしりと決めた服装のシャツをクリーニングに出さないといけない。そのお店が少し遠い。自転車で行かないといけない。近くに見つけたクリーニング店は信頼感を無くす。たかがクリーニング店。されど?その程度の言葉が蔑ろにされている?

そんな事もどうでも良い?確かにそんなお店が多くなっている。それでも消費は回復?景気は回復している?人手不足?働く人の収入は増えている?嘘をつけ。そんな情報を尤もらしく(平然と)口にしている報道?それよりもその程度のインチキを見破る事が出来ない国民?「みんな忙しい」「貴方程暇ではない」

以前言われた交通安全の言葉。「狭い日本。そんなに急いでどこに行く」そんな事も関係ないと思っている?そうではなくてその程度の事も考える事は無い?ばか騒ぎをしたアメリカ大統領と北朝鮮委員長の「歴史的会談は終わる」。何も具体的な約束も決められなくてその成果だけを大々的に口にする?最低の会談でも成果あり?

これから問題の解決に向かって具体的に検討を重ねる?そんな不確かな言葉で拉致問題も決着?するのでしょうか?する訳が無い。そして韓国に支払った賠償金以上の経済援助をする?訳が無いだろう?その程度の事も分からない?北朝鮮がこれ迄何度も約束事を一方的に破棄して来た事もアメリカ、韓国の指導者は問題にはしない?

そんな事が許される筈が無い。それともそんな青臭い事は言わない?そんな事は安倍総理でも言えない事が分からない?トランプ大統領の政治的責任はこれから問われる。それでも己の主義主張がいつ迄も通じると信じて疑う事は無いのだろう。安倍総理と仲良しになる理由がよく分かる。

これから多くの国との友好関係、信頼関係が崩れても日米の絆は深まる?喜ぶべきか?悲しむべきか?その程度も判断も出来ない?ただいつ迄もそんな誤魔化しは通用しない?アメリカ大統領の政治生命も何時迄も続く訳は無い。その程度の判断も出来ないのだろう?

そんな嫌な事は忘れてのんびりとゆったりと武田尾の自然満喫と行きますかな?子供の頃に帰れる事は間違い無い。そんな豊かな自然が待ち受けているのかな?信じられない程にオバカが多くなったこの国の政治家と官僚達。そしてそんな批判も出来ないオバカな国民。成人の年齢が4年後には18歳に引き下げられる。

大人とは自分の言動、振る舞いに責任が持てる人だろう?そんな大人がどれだけ居るのだろう?本当に嘆かわしい。山に籠って仙人になれ?慣れる訳がない。なら愚痴るな?そんな言葉も何度も聞かされた。宗教界のボス達だけでなく厳しい修行を行った人でもそう公言する。愚痴は何も生産しない。

確かに。しかし不平、不満を生かす事も政治と宗教の大きな役割である事も知らないのだろう?愚痴は政治批判、宗教批判である事も完全に理解されていない。そんなぼやきも山に足を踏み入れれば消え去るに違いない?大好きなお弁当と飲み物を手にして木立の中で川のせせらぎを聞く。何たる贅沢だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

梅田に出る 阪神百貨店1期工事完成 ニュースになったのかな?

Img_3302

Img_3303

Img_3304

Img_3305

Img_3307

Img_3309

こちらはこれから解体工事が始まる2期工事分。この屋上空間にビジネス棟が立ち上がる。関西人でないと(関西人でも)この建物の斜め前に阪急デパートが改修工事を終えているがそんな感じのビルになる?完成は3年後?5年後?どっちや?ネットで調べると分る。

その頃には現在工事中の大阪駅前の地下通路の工事も完成する。そうなると大阪駅前も北側も大きく変わる。問題は下々の生き方だな?下々?今でもそんな言い方をするのかな?大阪のオバちゃん?オッチャン。その程度の事も分んねえ。だろうな。そんな事も知らなくても関係ないのだろう?

Img_3310

Img_3308

Img_3312

Img_3313

この歩道橋も拡張整備されているが元々は昭和30年に松下幸之助氏が寄付している。今回は阪急、阪神の親会社が工事費負担。命名権を獲得している?その程度の事も関西人も知らない。関西経済連のお偉方がどんなにもっともらしい事を言っても鶴の一声は掛けられない?

Img_3316

Img_3320

この通路の下は歩道。この先には拡張された高架の歩道橋がある。この綺麗な通路は張り出した屋根がありこの手前にはエスカレーターで下の歩道に降りられるのでちょっとした散策のコースになるに違いない。借しむらくはカフェテラスのスペースが無い。

それだけの余裕が無かった?だろうな。勿体無いね。この空間。この右下は御堂筋の始まり。それだけにコーヒーを飲みながら一服。ところが暇な奴が多いからそんなスペースを取っても回転しない。この選択が成功に違いない。

Img_3317

Img_3319

Img_3318

Img_3323

このエスカレーターは工事中には余り期待をしていなかったが、実際に歩いて見るとこの効果は大きい。お店の中にお客を誘導する仕組みは良く分からなかったが外から覗き込める感じは悪く無い。阪神デパートは地下の売り場が元気だったが今回はどんな舞台を用意しているのか?それは次の機会に。

Img_3324

Img_3326_2

Img_3329

大阪駅前が綺麗になっている?と言うのは正確では無い。ここは阪神百貨店裏側。大阪駅前通りを隔てた正面デパートと書店の裏側は長い間大阪の恥部だった。区画整理が出来ないで長い間薄汚い路地が続き、それでも地の利に恵まれ多くのお店と問屋が重なり合って賑わっていた。ちょっと怖いお店もあった。

その区画に大きなビルが出来て今は第4ビル迄完成しているがその大家は大阪市の天下り団体?その実態を関西人は殆ど知らない。親父も知らない。親父は知っているのは第3ビル。このビルが一番高くて綺麗。入居者も多い。その理由はほとんどの人が知らない。当然古いビルは空き室が目立つ。それでもそんな事はどうでも良いのだろう?大阪市に聞いてみますか?管理の部署が分らない。

Img_3328

Img_3329_2

Img_3330

Img_3331

Img_3332

用事を済ませて戻って来る。阪神百貨店地下のフードコートのお店。順番待ち。並びスペースも短く無い。狭いお店でこれだけ並ばれるとジャマでは無いか横目で見ていると阪急でも同じ。しかし阪急は同じお店の中でも通路が広い。その通路に外国人が縦に並んで通路を妨げている。言葉が通じないと言う事はそう言う事?難儀な事です。

用事は大阪と熊本県大阪事務所の情報収集。関西人の大分と熊本も観光の関わり合いについて聞く。親父が一方的に喋るだけでほとんど得る物は無し?地域の活性化と言っても関西人に取って大分も熊本も大差ない?そんな事は無い。熊もんの活躍で大分は大きく差を付けられている。

そんな事もどうでも良い?故郷佐伯の外人向け観光案内のパンフレットを見ながらニンマリとしていた。どれだけの外国人(英語圏)の人が佐伯を理解しているのだろう?この素晴らしいグルメと自然豊かな九州一のエリアを満喫するには車がないと満喫は出来ない。

ミズノの最高価格のウオーキングシューズの靴底が凹み靴底を張り替える。靴底が凹むなんて考えられないと言われたが、靴底の材質がゴムでそのゴムに溝があれば当然そこが凹む。(底が凹む)そんな冗談が通じないほどに安物のアジアの靴は駄目だった。

それで気合いを入れてミズノのウオーキングシューズに辿り着いたがそれでも駄目だった。靴底を張り替えてどれだけ持つかが問題です。色々不満があったが靴だけに求める我が儘はアカンと痛感している?張り替えた靴底を触ってみると靴底の溝の部分はもう軽く凹んでいる。アカン。又出直しだな。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

車は便利な乗り物ではない。車は凶器。アクセルとブレーキの踏み間違え。

車は便利な乗り物?車は高齢者の足?こんな宣伝文句に乗せられて90を越えても車の運転。事故を起こせば全てを失う事も関係ない?保険で処理出来る?その保険の宣伝が又えげつない?事故解決はお任せ下さい。全く関係ない尊い命を奪ってもその罪の償いは簡単?そんな生き方が出来る。訳が無い。その程度の事も知る術がない。車社会とはそう言うもの?そうでは無いだろう。事故の悲惨な現実は交通事故の現実をすれば良く分かる。

多くの高齢者達だけでなく全ての運転者が車を運転する危険とその代償の大きさを知らない。事故のニュースを聞いても関係ないと思っている。車の製造会社の企業の社会的責任は全く問われない。アクセルとブレーキを踏み間違えれば車は暴走する。当たり前の事ももっともらしく否定する。

自動運転の研究?そしてその実用化。結構な話をもっともらしく口にしてもそんな事は一部分でしか出来ない事を誰も信じていない。5年後、10年後どんなに車の安全性が高まってもその運転、ハンドルを握るには免許がいる。その意味は何なのか?その程度の事も分らない。

車が歩道に乗り上げる。車が信号無視をして人を撥ねる(はねる)信じられない事に高速道路を逆走する。飲酒運転、スピード違反は日常茶飯事。違法駐車の取締は警察はやらない。(民間委託)どないなってマンネン。そんな事はどうでも良い。交通違反の取締で交通事故は激変している?アホこけ。取締だけでは事故は減らない。交通事故の悲惨さを知れば車の運転は出来ない。その程度の事が分からない?

アクセルとブレーキの踏み間違い対策は簡単です。どんな安全装置の付いた車でもその安全装置が作動する迄に事故は起きる。その程度の事を知らない間抜けなドライバー一瞬の判断ミスが重大事故を起こす。その運転技術の欠落。その対策はアクセルとブレーキが一体化したるペダル。アクセルはブレーキペダルの右側を横に踏み込み、目的のスピードをそのまま確保し咄嗟の時にはその足を元に戻してブレーキペダルを踏み込む。

そんな便利な運転コントロールペダルがある事を殆ど知らない。車のメーカーではその程度のサービスも出来ない。それだけではない。そんな技術を車メーカーの責任とは思っていない。車は走る凶器。その事を殆どのドライバーが認識していない。その哀しい現実は事故を起こして当事者になる迄分らない?

車は万一の時、どれ位の距離で止まれるのか?ほとんどのドライバーが知らない。車をいつも走り慣れているスピードで前後の安全を確認して急ブレーキを掛けて見なはれ。そんなに制動能力の優れた車でも5メートルは前に進む。そんな訓練は全く行っていない。ブレーキの踏み方が弱いともっと前に進む。ブレーキとアクセルの踏み間違い?お話にならない。その程度の事が分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

眼が充血 角膜炎が流行している 目薬で収まるのかな?

Img_3299

Img_3300

Img_3301

雨模様の市役所前の公園。市役所の横に商工会議所がある。急にお腹が痛くなり思案に暮れるが綺麗なトイレが商工会議所にある。この公園にもトイレがあるが全く比べ物にならない。最近地下鉄も私鉄のトイレも綺麗になっているは問題にならない程綺麗。ちょっとした高級感漂うお店でも勝てない。まるでホテル並み。

いやそれ以上に綺麗。ただトイレだけ借りるのは申し訳なく事務所に顔を出すがお友達は会議中。席を外す事は出来なかったので堂々と様を済ます。温水のウオシュレットも適温。的中。汚いトイレではこの快感は味わえない。スイスの観光地の公衆トイレも綺麗だったが日本の綺麗なトイレには勝てない。

この綺麗なトイレを中国人観光客は汚して呉れる。日本人の公衆マナーも悪くなっているが彼等のマナーも最低。日本人観光客がヨーロッパの人達に嫌われた「エコノミックアニマル」時代は変わっても、外国人のマナーの教育迄もは出来ない。その程度の事も大阪府知事や市長は関係ないのだろう。

外国人観光客をどんなに取り込み大阪経済に貢献しても、そんな事は関係ないとうそぶくのだろう。大阪維新の会はローカル政党で終われば関係ない?関西はそんな輩に踏みにじられる?それは大阪城公園とか心斎橋の話?とんでもありません。親父の住んでいる大阪北摂池田でもその波は押し寄せている。

安藤百福夫妻の朝の番組が今年の秋から始まる。市長も双手を上げて歓迎しているが池田の街は薄汚くなっている。そんな話は聞きたくない。ええかっこをしたところでその程度の生き方は必然?偶然ではない。最近体の調子は最低だがこれも必然。その程度の生き方をしている。そう考えると思い患う(心が不安定)事は何も無い。

腰の痛みは近くのドラッグストアで手にした「バンテリン」この鎮痛消炎剤は名前の通り痛みを抑える効果がある。ただそれは筋肉が炎症を起こしている場合。その程度の判断は自分でしないといけない。他の原因の痛みは専門医の診断を受けないといけない。

尤もこの専門医程頼りにならない者は無い?歯医者の治療の痛み。辛抱しろ?治療が遅い。平然と言い放つ馬鹿医者も少なくない。そんな治療を受ける事はさらさらない。その程度の事も知らない。治療に不信感を抱いたら医者はいくらでも居る。そんな医者を掛かり付けにする必要は全くない。

結膜炎。この災いは親父の弱点。身体的に弱いところは無いと見えるが実際は全くそうではない。眼は悪い。(口も悪い)鼻はだんご鼻で低い?(関係ない)口は長い間訥弁(とつべん)話し方が立て板に水の様に流れずに詰まっていた。(それも意識した時)意識しないで話をする時も信じられない事に詰まっていた)

人間は面白い者で強い者は厚かましくふてぶてしい。その最たる者がアメリカのトランプ大統領?日本の安倍総理?企業にも組織にも地域社会にもそんなオバカは少なくない。彼等に共通する事は「絶対的な自信」廻りからどんなに叩かれたとしてもそんな事は無視?その情報、ニュースを否定する。認めない。あった事でもなかった事にする。そうすれば自分は負けない?そう思っているのだろう?

信じられない事にアメリカのトランプ大統領の思考回路にある事はロシア、中国、北朝鮮と友好関係が保てると考えている事。その考えの間違いは歴史認識。元々アメリカは世界の軍事的、経済的、民主主義国家のリーダーだった。それは今でも変わりはない。ただ変わりつつある事を強烈に思い知らされる。

半年前迄は厳しい対立で軍事的解決が求められた国が話し合いで問題を解決する。そんな事が出来る訳が無いと思っていたがそれが明日の首脳同士の話し合いで決着する。そんな事がまやかしである事さえも否定される。そんな事も多くの国民は知らされていない。韓国国民も同じだろう?

しかし普通に考えれば北朝鮮指導者が今切望している事は体制の保証。専制独裁経済破綻国家がアメリカと共存出来るとトランプ大統領は考えているのだろうか?その為には何度も確約されて反古にされた約束をどう担保するのか?その一点に尽きる。その程度の事が韓国民、日本国民には理解されない?

本当にそうなのだろうか?全ては明日の会談で明らかになる?間違いなく北朝鮮はアメリカ大統領の期待には応えられても日本国民の信頼は勝ち取る事は出来ない。日本国民の切なる希望は拉致と核とミサイル問題の話し合いに依る解決。そんなな甘い期待は簡単に引き裂かれる。

北朝鮮と言う国とトランプ大統領の思惑は既に一致しているのだろうか?そんな結果に安倍政権支持者は納得しても拉致家族の失望は頂点に達する。安倍さんはその程度の事も理解出来ない総理大臣。即退陣に追い込まれる。そうは全く思わないオバカなマスコミ報道と国民も少なくない?事実そうはならない?

明日の会談結果に世界は注目している。主要7ヶ国の合意を踏みにじってもアメリカと友好国の信頼関係は変わらない?そんな事がある筈が無い。その事もいずれ分かる。アメリカの経済は回復一途と伝えられているが本当のそうなのだろうか?アメリカには自国の利益しか選択肢が無い?そんな事は世界の非常識。その程度の事も知らないオバカが日本にも居る?信じられない事です。株価もいずれ暴落する。

「健康志向」この言葉も多くの人が尤もらしく口にするが、健康志向の生きたが出来る人はそう簡単な事でない。その証拠はテレビのCMを見ているとよく分かる。最近はテレビも見ない人が居るがそんな人でも健康は意識して太り過ぎに注意をしている。「死ぬ迄現役」そんな事を恥じらいも無く口に出来る人も少なくない。

しかしその人がどんな考え方でどんな節制をしているのか?それは外観ですぐ分かる。似た者同士。阿吽の呼吸。日本人に共通する意思の疎通がアメリカの大統領、北朝鮮の委員長にも通用する?政治の世界、外交の世界でも政治体制が違っても共通する?そんな訳は無い。

そうだとしたらそんな現実はとっくに成立しているに違いない。その程度の事も分からない。それは親父だけかもしれない?そんな事は無いだろう?マスゴミの報道がそんなデタラメを尤もらしく伝えている?厳しい政治の時代。厳しい対立の時代。人の思いが国家の名の下に蹂躙(じゅうりん)された歴史。

そんな過去はトランプ大統領と金委員長の歴史的会談で一気に変わる?そんな事はあり得る筈が無い。あり得る筈の無い事が実現する。日本が韓国と国交回復した時の経済援助金額は莫大であった。そんな事は韓国でも日本でも忘れ去られている。北朝鮮の求める経済援助はそれよりも大きい。

その日本に対して直接相手にもしない?そんな事が何時迄続けられるのか?日本の外交担当は何をしているのだろうか?アメリカと対決して叩きのめされ、戦後は一変してアメリカの言いなり。何たる無様な国家だろう。そんな国に住むな?余計なお世話です。その程度の知能しかないのだろう。恥を知れ。歴史を知らないという事はそう言う事だろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

体の節々が悲鳴を上げている?それでも親父の体は笑っている?

Img_3208

Img_3209

Img_3212

この堰も可動堰。耐水強化のゴムチューブ。目的は農業用水。しかしこの可動堰が完全に倒される事は無い。それはこの上流で我が街の水道水を取水してるから。この川の水位が今より半分になっても水道の取水には何も困らない?ただその水が極端に少なくなると困る?

その為にこの堰を完全に倒す事は無い?しかし事実は何も知らされていないので分からない。行政に取ってそんな事もどうでも良い。知らなくてもきちんと説明出来る人は少ない。ところがそうではない事を多くの人は知らない。知らなくても水道が断水する事は無い。今迄もそしてこれからも?それはどうかな?

Img_3216

Img_3218

Img_3221

この堰の対岸には魚道がある。しかしその魚道を遡る小魚は多くない。この堰の上流は魚は殆ど居ない。当然でしょう。これだけの堰をよじ登れる魚は殆ど居ない。それならば積極的に行政は水質向上の為に何か知恵を出さないといけない?そんの事もどうでも良い。この堤防下の河川敷を歩くにはそれぞれの歩く力が求められている?

Img_3223

Img_3225

Img_3226

Img_3227

この堤防下の道は殆ど歩いていない。歩くのは堤防の上。しかしこの道は舗装されているので本当は下の土の道を歩きたい。そんな気持で何度か歩いた事があるが爽やかな思いは少ない。このゴミと犬の散歩に出会うとうんざり。上の道も舗装されているので足は疲れるが気持的にはこちらの方がハズレは無い。

Img_3228

Img_3229

Img_3232

Img_3237

信じられない事にこのスーパー堤防はここで終わり。猪名川の河川管理もこの先は国土交通省の管理ではなくて宝塚土木事務所の管轄になる。この右側は堤防は無い。嘘でしょう?本当です。この先は自然の堤防?長い間不法耕作が行われていたがそれは流石に河川管理者(宝塚土木事務所)違法耕作を止めさせる。

農地?は大型土木機械でなぎ倒され整地されている。久しぶりに見た光景がこれ。ここは公園にする予定と聞いていたがそのお金が天から降ってこない?知らないという事はそう言う事?河川管理のあり方が問われてもこれでなんにも問題ない。あったとしても洪水の被害は心配ない。そう言われるのだろう。

Img_3238

Img_3239

Img_3242

Img_3244

Img_3245

この上流にも堰がある。その目的も農業用水の確保。しかしこの堰は固定堰。だから農業用水にあり余る水はこうして川に戻されている。洪水の時はこの堰でもっと多くの水が川に戻される。こうして川の氾濫は地域の人達の生活圏には及ばない。だからこんなデタラメが許されるのだろう。そんな事は誰も知らない。

Img_3246

Img_3248

Img_3249

河川の管理者が変わるとこれだけの差が出るの?そんな皮肉を県、土木事務所に言った事がある。その時の管理者はそんな事は無いと丁寧に説明されたがあれから数年。見事に騙されている?騙したのではなく予算がつかなかった?県の方針としてその判断が先延ばしになっている?そんな説明をされるのだろうか?聞いてみないと分からない。

Img_3250

Img_3251

Img_3262

Img_3263

Img_3264

不法耕作地を整備してもその後はこの様?ここは公園にする予定だったがその予算が付かない?ここを公園にしても洪水の時は冠水するので地域の安全性を考えると、整地した外の護岸工事をきちんとしなければならない。そうなると相当のお金が必要。だから後回し。そうなのかもしれない。しかしこのフェンスは舐めとんのか?そう悪タレを吐いていた。

Img_3271

Img_3272

Img_3273

この上流は関西を代表する水泳場だった?それは半世紀以上も前の話。その時にはこんな野暮な堰は無かった?堰が出来るという事は汚れが沈殿する。この猪名川は清流と呼ばれていたのは7〜80年前の話。今はそんな面影は何処にも無い。猪名川の多くの堰は他の川と同様農業用水確保の為?その為に清流が失われても関係ないと殆どが思っている。

Img_3275

Img_3276

Img_3277

Img_3278

Img_3281

Img_3289

Img_3291

Img_3297

Img_3298

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腰が最悪 体重を減らさないとマジでヤバい それでも無理だな

Img_3128

Img_3129

Img_3130

Img_3131

始めて見る景色。橋の下で数人で語り合っている人はいたがこれは始めて。一番川側の所に若い女性が椅子に座り会釈もしない。会社のグループ?そんな感じだった。通り抜けられなければ親父の怒声が爆発していたに違いないが、それは無かった。

それでも通りがかりのジジイに声も掛けられないグループ。自分達の行動が異常である事が認識されない貧しさ。この堤防下の空き地でバーベキューをしながら親睦を図る?その程度の親睦会?何ともやり切れない景色でした。余計なお世話。そうかな?

彼等はもっと素晴らしい憩いの場所を知らないだけ。その程度の生き方をしている。この猪名川はこれから夏を迎える。暑い夏になれば遊泳禁止のこの右側の貯水された水面で泳ぐアホが出て来る。半世紀前にはこんな堰はなく綺麗な水が流れていた?それもウソだろう?そんな懐かしい景色は既に失われていた?それでも今よりは川の流れは綺麗だったに違いない。

Img_3132

Img_3133

Img_3134

堤防の上に上がると行政の無様な管理が何も変わっていない?ここはご丁寧にオバカな行政が堤防を管理している国土交通省00管理の許可を取り、桜の育成を計っている。その結果がこれ。何度もクレームをつけたが何も変わらない?そんな事は無い。素晴らしい景色?そんな人も少なく無い?

Img_3150

Img_3138

Img_3142

何処が悪い?何も問題ない?それよりも堤防の桜、10年後が楽しみだね?そんな事もどうでも良い?関係ない?クエスチョンマークが続く。この桜の全てが駄目になっている事が分らない?どういう事?そう言う事。口先だけでは何も変わらないのではなく余計の事をしない方が良い。

その事を端的に現わしている。これ迄散々行政に注文を受けたがそれもオシマイ。そうすれば流石にこの事業が失敗だった事が明確になる。それでも行政の担当課長はとぼけるに違いない。その程度の事です。草がこれだけ伸びると言う事はこの土壌が豊かだと言う事?

桜の枝が伸びると言う事は樹に生命力が有り余っていると言う事。ところがオバカな管理をしているとその価値が0になる。その意味が分からない。この桜の管理者は居ない。幹をある程度迄は太くしてその先に枝葉を残す。その程度の剪定が出来ない。その結果がこの様です。

Img_3145

Img_3156

Img_3158

Img_3146

見事に草が伸びている。この草を丁寧に刈るにはそれなりのお金が掛かる。そんな丁寧な仕事は出来ない。桜の樹の枝を丁寧に剪定して幹を太くするには桜の植木職人が要る?そんな贅沢な事は出来ない?そこをどうするか知恵を出すのが行政の腕の見せ所?そう思っていた。ところがそんな想いは全く通じていない。

Img_3159

Img_3160

Img_3149

ここの管理者は考えて見ると居ないのかもしれない。行政の中でこの場所を管理している思っていたと事は実はそうでは無かった。そうだとするとアプローチの仕方を変えなければならない。そんなオバカな考えも一新した方が良い。誰もそんな事は問題にはしていない。本当にそうなのかな?責任者に聞いてみますか?アホ。

Img_3172

Img_3174

Img_3167

この桜の「育成」事業は行政が進めたのか?それとも社会貢献事業としてNPO法人が行ったのか?それとも?役所で聞いても分からなかった。それでも公園みどり課の係長は良く対応して呉れた。その結果がこれ。この情け無い現実を市民は全く知らない?それとも是としているのだろうか?そんな事は無いだろう。

Img_3169

Img_3182

Img_3176

Img_3189

Img_3198

Img_3195

数年前から何度も言って来た事が間違いでなかった。これだけ低い処からこれだけの枝が太くなれば幹は太くならない。その程度の事が行政の管理者には分らない。ここに育成されている桜はどんな試練が待っているのか?そんん事はどうでも良くなっている。何で植木職人に任せないのだろう?その必要性が行政にも市民にも意識されていない。

Img_3200

Img_3202

Img_3204

Img_3205

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の晴れ間 武田尾生けず 近くの猪名川を遡る 農業用水の堰が立ち上がる?

Img_3090

Img_3091

Img_3092

Img_3093

近くの見事なお宅。いろんな暮らしがある。この辺りも近くの猪名川の堤防が整備される迄はこんなに立派な住宅地ではなかった。大雨が降れば猪名川は氾濫しこの辺りもその度に深刻な被害を受けていた?しかしそれは一昔前の話。今はその様相も一変している。川は近くても立派な堤防に守られている。

Img_3094

Img_3095

Img_3096

先日のまとまった雨で川の水は濁っていると思っていたがそれ程でもなかった。むしろ反対。淀んだ川の流れは失せていた。それは水嵩が増えて流れが急になったから?この水没した床固めのコンクリートの飛び石も手前の踏み板が外されていた。流石にこの幅はこれだけの水量があれば元気な子供達でも簡単には渡れない。

水量が減ってもこのコンクリートの上は渡ってはならない。そう河川管理者は看板をぶら下げて堤防にチェンを掛けているが、そんな物は誰も無視して恰好の水遊び場になる。この水は水質検査にパスしない汚れた川の水だとは知らない?それともそんな事はどうでも良い。それくらいの事を誰も教える事が出来ない。そんな世の中になっている。

Img_3097

Img_3099

Img_3100

ん?犬が流されている?そうではなかった。流石の暑さに堪え兼ねて水泳?そうでもなかった。好奇心旺盛のワンちゃんが水遊びに川岸近くで戯れていたが、川の中程迄流されて渡って来る。親父達が子供の頃、川遊びをしていた頃と何も変わらない。ワンちゃんは泳ぎが達者でこの川の深さがよく分かっている。足が短いので犬掻きをしないといけない処を頭と体が理解している。流石です。

Img_3101

Img_3102

Img_3103

川を渡り切ると休む間もなく何事も無かったかの様に引き返す。流石に子供達にはこんな真似は出来ない。この川底は綺麗ではない。その川底がこの水の汚れでは見えない。本当は定期的に川底を工事車両で整備をしないと行けないがその必要は無い。?どうして。遊泳。立ち入りは禁止だから?

そんな表示は何処にも無い。河川管理者としてそんな事は許されない?(ところが最近はそんな事も無視されている)誰が?誰に?それはワンちゃんに聞かないと分からない。ワン。川は既に地域住民の憩いの場所ではない。その事は川辺を歩いてみるとよく分かる。よそもんに占領され汚されても何も行政の指導は無い。どうして?だろうな?

Img_3105

Img_3106
Img_3107

堤防の先の橋の下の日陰にカップルがいる。進路を右に取る為に草むらを歩く。この草むらも河川管理者は中々草を刈らない。これくらいの高さならどうでも良いが夏になるとこの草むらは背丈を超える。そして秋が過ぎ冬が来る前になぎ倒される。河川管理者の草刈り工事は年1回。河川工事の評価は誰がしているのだろう?

Img_3108

Img_3109

Img_3110

Img_3111

ハイハイ。親父さんは結構なご身分だけど私達は毎日の餌にも苦労している。親父さんがさんざん悪口を言っているこの川でもまだ小魚は居る。依然と比べると激減しているがそれでもなんとか餌にありつける。もっと小魚が多くなる昔の川に戻してくれませんか?そうぼやかれている。これから夏の日差しで水かさが減る前になんとか神様にお願いします。そんな事出来るのかな?鵜(う)の生活環境は厳しくなっている。

Img_3114

Img_3115

Img_3117

この堰は可動堰。耐水強化のエアーチュ−ブで3メートル以上水が溜められている。その原因は農業用水の取水口がその高さにあり、そこから取水された水が市内の南の農業用地迄自然の格差で流れている。この土木技術(用水路の工事技術)は江戸時代にはその基礎は作られていた事を知る人は少ない。ただ江戸寺内にはこんな立派な堰は造られていない。

Img_3118

Img_3119

小魚は当然こんな堰や魚道を乗り越える事は出来ない。この堰を乗り越えられる魚の種類は知らない。仮にこの堰を乗り越えてもこの1キロ足らずのところにある堰はもっと条件が厳しい。(この堰は可動堰の名の通り農閑期には倒されて貯水されないがこの上の堰は倒される事は無い)メンテナンス。ゴムチュ−ブの交換は何時されるのだろう。川西市に聞いてみますか?知らんととぼけられるに違いない。コラ。

Img_3122

Img_3123

Img_3124

Img_3125

無様な取水口。この堰の管理者に何度も注意をしたが何も変わらない。この先に堤防の上に桜の若木を24本(定かでない。もっと多いかも)善意を募って育成しているがそこも何度言っても無様な管理は変わらない。行政のやる事はこれほどにオバカである事を殆ど知らない。それで何が悪いと開き直る人もいる。何も悪くありません?知らないという事はそう言う事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

昨日は久々のまとまった雨 それでも素晴らしい景色を独り占め

Img_2976

Img_2977

Img_2980

Img_2979

久々の「水月公園」この階段を登るのも久しい。今日からここでは大勢の人で賑わう。?その訳は?その景色を一人で眺めて来ました。「いずれアヤメかカキツバタ」こんな言葉の意味も分からないオバカが多くなっているが、考えてみるとそんな事もどうでも良いのだろう?この「桃源郷」の様な景色はタダでは見れない。(そんな事は無い。ここは市営の公園。誰でも無料で楽しむ事が出来る。

Img_2982

Img_2984

Img_2986

Img_2987

この見事な「花菖蒲」この時期にこれだけの菖蒲園を愛でるのは久しい。静岡県掛川に13年間住んでいたが近くに有料の菖蒲園があったが、そこには一度も足を踏み入れていないので感激をしながら園内の多くの種類にレンズを向けていた。

Img_2988

Img_2989

Img_2991

小雨が降っていたがこの時はその雨も気にはならなかった。傘は差していたがシャッターチャンスを邪魔にされる事は無かった。人生を後どれくらい重ねられるのかは分からないが、これだけの花菖蒲はこれから何度も見れないに違いない。大阪万博公園に行けばこれから蓮の花の開花を目にする事が出来る。(後しばらくかもしれない)しかし蓮は早起きしないと萎んでしまう。菖蒲はそんな意地悪はしない。

Img_2993

Img_2995

Img_2997

Img_2999

Img_3000

花には全て名前が看板で表示されている。それでも花の名前は知らなくても充分に楽しめる。この菖蒲園は市内に住んでいる人でも知らない人が少なくない。それはそんな生き方をしているだけ。それでも人にとかく言われる筋合いは無い。この見事な季節が終わるとしばらくはうっとおしい梅雨。その梅雨が明けると池の廻りの緑が暑い日差しを防いで呉れる。ただそんな悦びを感じられる人も少ない。

Img_3001

Img_3002

Img_3004

Img_3006

Img_3008

まだまだ続く。大阪は今日は梅雨の晴れ間。昨日のまとまった雨で武田尾の武庫川も増水しているが昨日程度の雨では川の流れが急になっているだけ。一日中まとまった雨が降ると水位は一気に増水する。そんな状況も殆どの関西人は知らない。それでも平然と生きている。自然の環境がどんなに厳しくなっても関係なく生きられると思っているのだろう。この続きは今夜です。お楽しみに。(どうでも良い・)さよか。

Img_3017

Img_3010

Img_3012

20年と数年前に静岡森の小国神社で見た睡蓮は花菖蒲だったのだろうか?睡蓮も花菖蒲も同じ仲間?現役を退いてジジイになってやっと花を愛でる様になっても時は既に遅い?そんな事はありません。愛する人を失っても花の美しさは変わらない?それはどうかな?そんな事はどうでも良いのかもしれない。その事はこれから思い知る。

Img_3033

Img_3034

Img_3035

Img_3041

Img_3042

これがおなじみの「いずれ菖蒲(菖蒲)か杜若(かきつばた)」しかし花の種類は菖蒲(しょうぶ)ややこしい。花も人も同じ?同じ様に見えて同じではない。全く違う様で実はそうでもない。外観だけでは分からないその中身は意外に軽い?親父が余りにも我が侭?それは仕方が無いね。今迄本当の友が出来なかった事がよく分かる。

Img_3044

Img_3037

Img_3046

この頃から雨が強くなる。それでもカメラに雨粒が映り込む事は無い。

Img_3052

Img_3056

Img_3059

Img_3064

Img_3063

Img_3066

Img_3067

Img_3068

八咫烏は足が3本あると言われている架空の「カラス」カラスは現在人に余り愛されていないが実際は賢い鳥。ただ何処から見ても「うす気味悪い」だけ?カラスは餌の在処(ありか)を良く知っている。ただこの花菖蒲の冠はそこから来ているのではない。そんな事もどうでも良いか。確かに。

Img_3073

Img_3075

Img_3074

この「花菖蒲園」に中国の古典的建物「斎芳亭」がある。今、多くの日本人に「斎芳亭」と聞いても分からない。分からなくても知らなくてもそれは恥でも何でも無い。反対に「だから?」と反論される。21世紀は中国の時代と言われてもその程度の事だろう? アメリカは北朝鮮と国交を回復する?訳無いだろう?そんな事も分からない?

Img_3076

Img_3077

Img_3079

Img_3080

ここは「能勢街道」久々に歩く。雨脚は強くなる。雨の日も又よろし。この後石橋のからあげ店に向かう。昨日に続いて「大分名物」とり天とゆず胡椒からあげを注文している。ここから先の大雨でズボンの後とショルダーバッグはずぶぬれ。それでもカメラは濡らさず大事に抱えていた。

Img_3083

Img_3088

Img_3085

お味の評価は期待はずれ。しかし悪くはない。材料と商品のこだわりは評価出来る。鶏肉とその味付けは大分中津で毎日行われ直送されている。問題は何だろう?大分現地の味との差は調理の温度?それは如何ともしがたい?何故なら関西人の舌は大分県人とは合わない?それも違う気がするが?も少し食ってみないと簡単な判定は出来ない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

久々のまとまった雨 近くの産総研に出掛ける?アポ無しでは当然門前払い

Img_2933

Img_2934

Img_2936

Img_2937

Img_2938

Img_2939

Img_2940

Img_2941

Img_2942

この建物の前を通る度(たび)に感じていた事。「この広い建物でどんな研究をしているんだろう」「どんな成果を出しているのだろう」それよりも何よりもこの組織のお金は何処から出ているのだろう?そう感じていた。元々この場所は何がありそして国家の研究機関として何処に所属をしてどんな成果を出していたの?

そんな疑問が耐える事が無かった。今日は予定変更の散歩でこの場所を通りかかり「アポ」なしで突入。当然入り口で止められる。予約が無いと中には入れない。当然。国の研究機関だから。そこで何を研究してその成果はこれこれで今後の課題はこれこれ。そんな事を分かりやすく説明してくれるとは思ってみなかった。

それを何で承知で出掛けたの?どんな対応をされるか?それが知りたかった。アホ。当然事務所のリーダーが対応してくれたが基本的にお引き取り下さい。お気持ちは分かりますがここは研究機関。そんな話では簡単に引き下がらない。食い下がると広報担当のリーダーが出て来る。この人が又無礼。

(親父もハチマキをしていたから同じ様なもんだが)調整して来週返答を約束してくれる。期待していない。おそらく親父ごときの対応は予測出来る。研究の成果と問われても燃料電池の実用化は国レベルの研究より民間レベルの方が進歩している。その成果は簡単には公表できない。

電池の技術開発は凄まじいと言われても電池自動車の完全実用化は早くて5年後といわれている?ガソリン、ハイブリッドの時代の先に電気自動車の時代が見えて来る?その実態は殆ど知らない。その先は水素自動車?そこ迄生きているのかな?生きていたとしても既に車の運転は出来ない。哀しいかな。哀しいかな。空海が笑っている。哀しみの深さが違う。

Img_2943

Img_2944

Img_2945

Img_2946

Img_2947

Img_2948

Img_2949

Img_2950

Img_2951

Img_2952

Img_2953

Img_2955

Img_2956

Img_2959

Img_2960

Img_2962

Img_2963

Img_2964

Img_2965

Img_2966

見事な紫陽花が浅はかな心を優しく包み込んでくれる。弘法大師がどの時期にこのお寺を巡錫(錫杖をつきながら巡る)したのか分からないが、空海の生き方が世の中に広まったのは唐から密教の教えを持ち帰ってから。そんな事も知らない人が多い、仏教と密教はどう違うのか?宗教は人の生き方をどう変えるのか?そんな事は殆ど知らない。

Img_2974

Img_2975

Img_2969

生きるとは何度や?死んで行くという事はどういうこっちゃ?どう生きたら良いのか?多くの人々が多くの事を語るけどアメリカと北朝鮮が共存出来る?トランプ大統領は本当にそんな事を考えているのだろうか?そうだとしたら核兵器廃絶も可能?北朝鮮に核とミサイルの廃絶を求めるとしたら核兵器保有国も同じ事をしないといけない?

アメリカ大統領はそこ迄考えている?訳が無い。政治的に宣伝をしてもその犠牲者は戻る事は無い。そんなインチキを日本国民は認めるのだろうか?そうだとしたら本当にこの国は終わりだな。難しい事は分からない。拉致家族の問題よりアメリカと北朝鮮の融和ムードが優先?そんな外交が始まる?信じられない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯トラブル 予定変更 夜は寝る前のうどん それが悪かった?

Img_2920

携帯会社は直接このお店を運営していない。それでもお店の名前は「ソフトバンク」。そのお店が突然の(閉店)。理由は何も明示されていないが「お店の経営が成り立たないから」?この(ソフトバンク池田店)の運営はソフトバンクの携帯契約会社。長年御世話になっていたが数ヶ月前、大阪心斎橋で格安スマホに契約変更。

その初期費用を息子が全額負担してくれた。そうでなければ親父の経済力では格安スマホを手には出来なかった。仕事柄「掛け放題プラン」それでも月額2000円ほど安くなる。現在、携帯各社の競争は厳しいがもっと安く、もっと便利に。携帯会社の厳しい競争は激化する?

そのしわ寄せがこれ?このお店のコストカット(人件費)は徹底していた。働き方改革?もっともらしい法律が国会を通過してもこのお店で働いていた人達の収入はどれだけあったのだろう?その金額でどんな生活が出来ていたのだろう?そんな事は何も報道されない。

報道される事は(働き方改革法案でこれから仕事の成果の評価が時間ではない)事だけが強調される。世の中一定の時間で求められる成果はどんな事?それは誰がどんな方法で決めているの?そんな当たり前の事が本当は難しい。財務大臣が当然の様に開き直っている。

財務省が何故公文書を改ざんしたのか?それが分れば苦労はしない。それで済むと思っているのだろう?(疑わしきは罰せず)違うだろう?組織ぐるみで政府の不正を隠蔽して口裏を合わせてあった事をなかった事にして役人の管理監督責任を問う。それで一件落着。

そんな事が出来る訳が無い。それともそれだけ国民もオバかかもしれない。いずれにせよこの内閣は長くは続かない。そんな内閣が「働き方改革」とカジノ付きリゾート法案に全力を挙げる。関西人の見識が問われてもそんな事はどうでも良い?この張り紙はその事を教えてくれている。

携帯が呼び出し音がならず(留守電)に切り替わる設定は隣の駅のYモバイル(格安スマホ)のお店のオネーちゃんに変えてもらう。その程度の事も分らない。親父達は言う迄もなく若者達も世の中の不条理を正さないといけない。しかしその程度の事も簡単には出来ない。高齢者が自分達の命を賭けて変える決意も知識もない。何よりも情け無い事。それはこのオバカな生き方だろう。

Img_2923

Img_2925

Img_2926

故郷「大分」中津発の唐揚げチエーン。関西に店舗は40近くある。いずれも常連客は居ても関西人の評価は今イチ。関西は(食い道楽)と言われるがそれも最近はチョト違う?どんなに美味くても安くないと人気は続かない?人気のお店も店内がきれいで家族連れが多く無いとマスコミは見向きもしない。

このお店は以前働いていたお店に向かうバス停の近くにある(持ち帰り専門店)この値段でも買いたいと思ってくれる人は(豊かな生活をしている人)それ程に一般庶民、年金生活者の生活は貧しい?そんな事も関係ない政治家と官僚達?彼等はそんな庶民のささやかで貧しい生活を知らない?

そんな事はどうでも良い。親父が注文した(骨付きジョニーの唐揚げ)は店長が自慢するほどではなかった。うたい文句は(関西人気No.ワン)今日は大分名物(とり天)6ケ620円。たこから5ヶ400円だな。味が良ければ宣伝してあげると言ったけどどうなのかな?昨日の評価はまずまず。

Img_2927

Img_2928

Img_2929

弁慶の井戸は以前派遣の人達の出勤とアパートの管理をしていた時に見ているが完全に見捨てられていた。もう一度見たいと思えば何時でも行ける。行きたいとは思わないだろう?派遣の人達がこき使われていた?会社の働き方改革は今では全く目にする事はない。

MacBookエアー(携帯、パソコンメーカーの台湾の組み立て会社)の部品下請け。マスゴミに全く報道されないブラック企業。そんな会社も知らない。働き方改革?何をとぼけてまんねん。大阪労働局。彼等は法令違反も正す役目も果たせない?関西経済界の社会的責任もその程度?朝日新聞でもその程度の報道も出来ない。そんな批判は無い。それでも関西経済の明日は明るい。

昨夜床について眼を瞑っていると微かな(かすかな)しかし一定の間隔で物音が聞こえる。昨夜は疲れていたのだろうか?いつも楽しみにしている読書も音楽をイヤホーンで聞く事もなかった。ただ気になるとその原因(音の出所)を探る。何とその原因は心臓の鼓動だった。嘘でしょう?本当です。

耳にイヤホンを差し込んでお気に入りのジャズのナンバーを探していると間違いない。原因が分かると何故か開き直っていた。如何ともし難い。太り過ぎ。腹が減っても寝る前に軽食をとるな?そう叱りつけていた?それは違う。これが本当の自業自得。

痩せる為にはカロリー制限。それが出来なければいずれ血管か心臓がパンクするに違いない。その時、眼を向いて空を摑むのだろうか?オイオイ。自愛なされよ。そんな気は失せている?体重制限は自己管理のみ。太ると言う事はそれだけ体に余計な負荷が掛かる。

それが分っていても自分では如何ともし難い?その結果は自業自得。自分で始末をつけるしかない。煩いな。(うるさいな)外の解体工事。これからお出掛け。今日も予定変更。から揚げを買いに行く。アカンワ。その前にしっかりとお参り?そうでは無くてしっかり歩きなはれ。アイアイサー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

武田尾行けず。それでもタダでは起きない?ご覧あれ

Img_2853_2

Img_2854

Img_2855

これは昨日の写真。今日は電話対応で出掛ける時間が遅くなり予定変更。それでも昨日の写真は一杯残っている。この写真の場所は堤防のかさ上げ工事で堤防が立派になったが旅館の面影は無い。それでも土地の権利は移動していない?この場所で旅館が再開される・その可能性は高くはない。

ハードルが高い?どんなハードル?それはこの場に立てばよく分かる。経営者の高齢化。地域の過疎化?地域の魅力無し?それでどうしてこの地域が再生するの?そんな問いかけすら無い。今はこの奥(谷?沢?)には足を踏み入れる事は出来ないが、必ず奥に続く道を行政の許可を得て探し出してみせる。出来るかなそんな事? 出来なければ他のルートを探し出すしか無い。アホ。

Img_2857

Img_2860

Img_2861

この赤い吊り橋が完成した時期待されたこの手前の武田尾温泉は今は風前の灯。それが時代の流れと平然と口にしたお友達の寿司屋の会長。彼は成功者。そして今は中小企業の経営コンサルタント。精神論で経営者達を追い込んで行く。その気力も若さもアイディアも無ければ「時代の流れ」と平然と言えるのだろう。彼もいずれその轍を踏む?それとも親父が山の中で一人朽ち果てる?どっちや?それはいずれ分かる

Img_2863

Img_2864

Img_2865

Img_2867

この先もう少し歩けばJR武田尾駅の対岸。川の向かいです。そしてここ迄寄り道をしなければ7〜8百メートル。お年寄りでもゆっくりと歩けばこの先は残り7〜8百メートル。休憩ベンチはまだ造られていないがそれが出来れば90代でも歩ける。90代でも歩ける散歩コース。そんな道が出来てこそ人生100年の時代。

口先だけでは足腰は立たん。いずれどなたも老い朽ちる。その時迄にどう生きるか?その事が問われている。間抜けな官僚達には分からない。勿論横断歩道に車を止めるおばはんにも分からない。見知らぬ人にその事を注意されて開き直った昨日のバカ。いずれ祟りがある事を夢にも思わないに違いない。

そんなオバカな生き方をしている。そろそろ年貢の納め時?そんな世の中になる。訳が無い。どっちゃ?どっちも?(こらCMをパクるな)それでも今日電話で素晴らしい人を知る事が出来ました。最寄りの駅のソフトバンクのお店が店じまいをしている。いつ迄も携帯の販売も美味しい思いは出来ない?ところがそうでもない?どっちゃ?いい加減にしなさい。

Img_2868

Img_2869

Img_2870

地域の唯一の公共交通機関も役目を終えている?肝心の乗客が皆無?これは信じられない光景でした。しかしよく考えてみるとバス賃が高い。この上にある集落。西谷地区は広い。この集落が宝塚市に吸収合併されたのは昭和35年。当時期待された地域の活性化は地域の高齢化、少子化とともに期待は大きく裏切られている。

いずれこのバスも乗客の現象で採算が取れなくなる。それでも市、県、国の支援は変わらない?そんな事は誰も考えていない。そうなると地元民以外の足はどう確保されるのだろう?そんな事は誰も考えていない?そんな事は無いだろう?しかしみんなが深刻な地域の足を確保しなければいずれ深刻な過疎は必然の結果となる。それでも関係ないか?確かに。

Img_2872

Img_2873

Img_2874


人の気配は全くない旧武田尾温泉の道。よく分からないがこの道はこの先にある橋が完成した時に整備されたのだろうか?水上勉氏の笹部新太郎演習林をモデルにした小説「桜の園」にはこの道の記述は無いが、当然演習林管理人の主人公と笹部氏は何度も歩いた道に違いない。

関西の財界人も車でこの道を通ったのだろうか?今となってはそんな事も知る人は少ない?関西経済界の重鎮もいずれ老い朽ちる。その程度の事も分からないのだろう?大阪万博招致。カジノ付きリゾート施設の誘致。程々にしないと関西は東南海大地震で甚大な被害を受ける。

その対策を万博会場でどう防ぐ。カジノ付きリゾート施設でどう対応する。そんな事も少しは考えろ?当然親父の終の住処の武田尾も山が崩れて壊滅的な被害を受ける。それでも大阪湾岸地域、大阪市内とは比べ物にならない。親父は地震の洗礼は受けていないが災害は忘れた頃にやって来る。

その程度は考えた生き方をしないといけない。それともその時はその時。そんな言葉も全く説得力は無い。それは東北、阪神淡路の大地震で多くの人が体験している。それでもそれは他人事。親父もその悲惨な事実はテレビニュースでしか知らない。当事者になった人達の悲惨な思いを私達は全く知らない。それでも何も出来ない。

Img_2875

Img_2876

Img_2877

この階段を暗がりの中を降りたのが4月の終わり。あれから何度もここに来てこの階段の足元の足場を均している(ならしている)この階段は何時造られたのか?誰が造ったのか?それは知る由もないが西宮名塩からこの階段を下りる迄の距離は13キロ前後。健脚でも4時間弱。親父に足で5時間。それでもしんどい。現在はこのハイキングコースの知る人も少ない?

Img_2878

Img_2880

Img_2881

Img_2882

Img_2883

この階段の先にベンチがある。ここが親父の隠れ家。ここ迄歩いて来て手にして来た弁当を広げてパクつくのが最近の日課。当然雑用が重なるとここには来れない。だから来れた時は何よりの喜び。この先山裾を大きく左に廻り込まないとこの尾根は直登出来ない。それだけ急。右には武田尾温泉。その上も直接尾根には上がれない。

Img_2884

Img_2885

Img_2886

雨が降れば当然ベンチに屋根がないので濡れる。傘を差して弁当を食わないといけない。ここにも簡易の屋根が欲しいがそれはこのハイキング道管理者の許可が要る。まず無理だろう。それはそれで充分。これから梅雨が明ければ暑くなる。しかしここはどうなのだろう?前は川が流れているのここは木立の中。親父でなければ結構不気味?ただ歩く人に出くわした事は一度だけ。その時は相手も警戒していた。だろうな。

Img_2886_2

Img_2887

Img_2888

しばらく景色を楽しんで引き返す。この階段も歩きやすくなったが暗がりの時、もう一度この道を歩いても簡単では無かったに違いない。なんだかんだ言ったところでこれくらいの階段も歩けない高齢者だけでなく若者達も少なくない。これからの時代を生き抜く為の絶対条件。それは歩く力と考える力に違いない。

そして滑舌。大阪人は「しゃべってなんぼ」と言われたが口先だけのカラ元気が多くなっただけ。それが大阪の元気。違うだろう。東京人に馬鹿にされる意味がよく分かる。もっとも東京人もアホだけど。モリカケは終わり。終わる訳が無い。いつ迄もボクシングのボディブローの様に効いて来る?意味が分からない?そのうち分かるよ。

Img_2890

Img_2891

Img_2892

下流に向かって左側のかさ上げ工事は立派になっている。しかし信じられない事に右岸は何も変わらない。この川の中の大きな石を大型パワーシャベルですくいあげ、川床を均しただけでも左岸の洪水時の水位は1メートルは下がったに違いない。この右岸の堤防は何処にあるのか分からない。その事はこの工事の責任者に聞いてもとぼけられただけ。素人でも考える事と専門家の見解は異なる。それはこの工事が端的に表していた。

Img_2895

Img_2896

Img_2897

Img_2899

Img_2900

Img_2901

Img_2902

Img_2904

Img_2905

Img_2908

Img_2914

Img_2915

Img_2916

霧が武田尾の尾根に立ち込めていた。この尾根を直登する道はない。この600メートル足らずの尾根も左に大きく廻り込まないと登る事は出来ない。世の中も同じに違いない。どんな大した事無いと思われる事でも出来る事と出来ない事がある。出来ない事を尤もらしく語る事は無い。仙人の様な生き方に憧れてもそれは日々の生活を支えてくれる人が居て初めて成り立つ。その程度の事を忘れている。その事を教えられていた。それでも自分に出来る事をやる。その程度の事で充分に違いない。

Img_2919

Img_2912

Img_2918

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も武田尾?大阪は蒸し暑いけれど関係おまへん アホ

Img_2834

Img_2835

Img_2821_2

この温泉地域には市の水道管が引かれていない。この事も地域活性化の阻害要因?そんな事も議会で論議されているが地域に足を運べばそれも正しく無い事が良く分かる。市の水道施設はなくても山から流れ出る水は豊富。この豊富な水を生かして先人達は創意工夫をしていた。

そうでないと長年旅館業を営める訳がない。この豊かな水も大きな水槽に貯めその水を滅菌していた?その程度の事も分らんのだろう。市議会の議事録を読めば地域の旅館経営者の総意で検討するらしいが、その経営者達は高齢化し旅館自体の経営が成り立たなくなってもその程度の考え?信じられません。

Img_2837

Img_2831

Img_2846_2

都市部ではほとんど見かけられないマムシ?気持ち良くお散歩?ではなくて実の危険を感じて逃げている。人気(ひとけ)が失せた集落の細い道を慌てて遠ざかる。(マムシにしては胴が太い?)そんな目立ても出来無くなる?それは無い。これからこの地域が無人になっても自然観察の宝庫になる?そんな事は誰も考えない?

Img_2838

Img_2839

Img_2847

Img_2848

信じられない事にこれだけ立派な(公共工事)が行われてもその評価は最低?そんな事は無い。これからの自然災害に大きな貢献をする?それは間違いない。しかしそれは地域の活性化が成り立たないと何の意味もない。無駄な公共工事だけでは無く関係者の責任が問われる。

それでも関係ない。この温泉街が壊滅して人が足を踏み入れなくなっても親父は「終の住処」にして和式のトイレに拘る(こだわる)に違いない。それは対岸の別庭(あざれ)に行かないと無理だな。水洗トイレは浄化槽が居るから無理か?仙人はどうして居たのかな?

犬に食わせていました。嘘をつけ。バレたか。土に埋めていた?これもウソ。穴を掘りそこに溜めていた。汚物。アホこけ。そんな生き方を知らない。水洗トイレでウォシュレット。その先はどう処理されているのか?都市部だけでなくほとんどの田舎でもトイレは水洗。その先は知られていない。

Img_2850

Img_2851

Img_2852

Img_2853

工事現場を見てこれから赤い橋を渡らず下流に向かって歩く。この道が旧道。武田尾温泉の道。この道はこの下流に橋があるがその橋が完成したのが昭和9年。今から85年前。この橋はその後の洪水、増水にもびくともしていないがその橋の左の集落は何度も洪水で浸水している。その地域もようやく立派なかさ上げ工事が完成し移転を余儀なくされていた人達の生活が始まる?

クエスチョンマークが付いているのはこの地域は宝塚市内。こんな山間の地域でも一つの集落がある。この地域の洪水は皮肉にもこの上流の都市化の影響?その災害対策は10年以上前から進められていたが、地域の人達の合意形成は難しかった。

その集落がこれから活性化に向けて歩みを始める。ただ前途多難。その前に立ち塞がる地域住民の高齢化と山間僻地の過疎化は大きく未来の展望を妨げている。そんな問いかけは行政には出来ない。?その経緯が全く分らなかった。そんな事もどうでも良い?そうかもね。知らないと言う事はそう言う事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

☂の武田尾 気分爽快 ところが池田に戻ると横断歩道に車が停まる 池田警察舐められたもんだね 運転手の若い女性 声を掛けても開き直る

Img_2772

Img_2773

Img_2774

JR福知山線。宝塚から最後尾に乗車。ホームで電車を待っているお姉さん。おにぎりをほおばりながら(食いながら)電車を待っている。何とも貧相。どうでも良い?確かに。電車はこの時間貸し切り。乗客は居ても1車両に数人。しかし夕方のラッシュ時になると状況は一変する。

この先の山の中でも乗降客は少なくない?それは違う。この先2つ目の駅がベッドタウン。そしてその2つ先の駅が大阪から最後の通勤圏内。旧福知山線では考えられない時間短縮。しかしJR西日本はこの路線で重大事故を起こしている。そんな事も忘れ去られようとしている。

利用客の思いはどう生かされているのだろう?そんな事はどうでも良い?無事故は何よりのサービス。確かに。しかしJRは公共交通機関である事を忘れてしまっている。大事故は必ず起きる。その危機管理が出来ていない?定時、定刻運行は当然の事ながらホームの駅員が本当に少ない。

(少ないのでは無い。居ない。)宝塚の駅は無人駅ではない。その事を経営陣は全く理解していない。本日の目的地武田尾の駅は山間の駅。前は武庫川。当然無人駅。手前の駅も次の駅も無人駅。国鉄民営化の実態はこんなもんかい?違うだろう。駅員が居て乗降客の様子を見て至らぬ点を改善する。そんな事はどうでも良いのだろう。

Img_2775

Img_2776

Img_2777

雨上がりの武田尾と言いたいところだが☂は完全に止んでは居ない。しかし傘を差しながら行き止まりの府道?をいると面白い看板がある。「歩行者注意」どこかで見た看板。歩行者が何に注意をする?歩行者は車を避ける?車は徐行する?交通安全の看板ではない。行政のとぼけた看板。

こんな看板を出さなくても歩く人は限りなく少ない。その理由が分からない市役所と宝塚警察?警察のパトカーを時々見かける。それで充分だよ。間抜けなお役人?この道は旧福知山線跡地。廃線になって府道になっている?それが分からなかった。図書館で調べたり土木事務所で聞いたり。自分で何度も歩いてやっと理解が出来る。

Img_2781

Img_2784

Img_2785

Img_2786

Img_2787

Img_2788

この旧福知山線トンネルはこの先進めない?観光バス専用道になっているが親父は工事用のダンプが一日の仕事を終えた後、ズルしてこのトンネルを通らせてもらった。今は正面の堤防工事も終わりダンプの通行も無くなり、一般部外者は通行出来ない。このトンネルは意外に短い。この右先に出る。その先は武庫川。

鉄橋の橋桁から流され対岸のトンネル迄辿り着く事が出来ない。。そしてその先の旧福知山線、明治の鉄道遺産は廃墟と化している。ところがそこを歩いてブログにアップしてくれた人がいる。本当に恐れ入ります。それに比べてお間抜けなJRの対応。それでも武田尾迄廃線敷きは生瀬の先(木の元)から整備されている。

Img_2790

Img_2791

Img_2793

この赤い吊り橋はこの右の武田尾温泉の活性化策として平成の初めに架けられた。この橋の総工費?今でも立派な吊り橋だが残念ながらお役目終了。武田尾温泉は時代の流れとともに老朽化し今は1番奥の元湯旅館が土日祝日のみ「日帰り温泉」1000円で営業。

繁盛して予約が取れ難かった?マルキ旅館は休業(廃業間違い無し?)河鹿荘は廃業。元湯も宿泊は出来ない。その状態を知る人は少ない。そんな事もどうでも良い?そうは行かない事を行政も知らない?そんな地域に立派な堤防かさ上げ工事が完成している。何度もブログにアップしたが完全に無視されている。報道機関の多くもこの程度の事も知らない。?それともどうでも良い事?違うだろう。見てろ。

Img_2792

Img_2794

Img_2795

Img_2796

この立派な堤防が完成しても肝心の温泉旅館は営業再開の目処すら立たない。ならば憩いの施設が必要だろう?しかし堤防が地権者の温泉旅館の上に完成しているので行政に為す術が無い?そうしてこの堤防工事もこれで一件落着?そうは行かない?堤防はよく見ると手前の部分が残っている。この部分はどうするの?

それは成り行き?今年はこの工事はこれで終わり。大水が出ると通行出来なくなる。それでも関係ない?よせば良いのにこの先の道を歩いて温泉街の写真を撮る。人の居ない景色は何とも不気味。ただこの景色はこれから全国各地で進む。そのとき政治家は自分達の為した事にどれだけ満足出来るのだろう?武田尾の主が哭いていた。

Img_2797

Img_2798

Img_2799

Img_2800

Img_2801

Img_2802

この赤い吊り橋が完成したのは2006年。その2年前に左にあった橋が流されこの橋が完成した時には地域の活性化が期待された。それから12年足らず。期待は見事に裏切られる。それも自然の力には如何とも出来なかった。そしてこの堤防で駄目押し?何たる哀しい運命の悪戯だろう?その哀しささえも多くの人は知らない。

Img_2803

Img_2804

この宿は上流に向かって右の宿。別庭「あざれ」この料理旅館は武田尾温泉紅葉館の別庭、全ての部屋が個室。(当然だろう)そうではなくてコテージ風?コテージとは何ぞや。離れになっている?それにしてはこの建物広くない?中に入ってないので分からない。こちらは繁盛している?それも分からない。

Img_2805

Img_2806

Img_2807

知らんだろう。仮設モノレール。工事現場、測量現場の近くに重量物を運ぶ仮設のモノレール。みかん畑等の急傾斜地に常設でも設置されているが、基本的には工事が済めばこのレールも取り外すので仮設モノレールと呼ばれている。親父も大阪に戻って半年間この土方仕事をした事がある。親父の仕事はハンマーで鉄パイプを打ち込む力仕事だった。半年間。貴重な体験をしたと思っている。

Img_2808

Img_2809

Img_2810

この裏山に続く階段も今は立ち入り禁止。この下にあった温泉旅館は堤防の下。その上にかさ上げ工事が行われ立派な堤防工事が完成している。そこに道はない?すべて元の持ち主の物?そんな事は無いだろう。ここには武田尾温泉に行く道があった。間抜けな看板がある。

Img_2811

Img_2812

Img_2813

Img_2814

元河鹿荘。休業?廃業?どっちでも良い。住所は武田尾ではない?西宮市名塩?名塩とはこの山を越えて10キロ歩かないと行けない。そこは関西北部と丹波篠山地方を結ぶ交通の要衝。ところがここも山間僻地。名塩道路改修工事が最終的に何時完成するのかその目処も立たない。

それでも地域活性化?そんな事は誰も考えていない?そんな事は無い。色々問題があって一つ一つ片付けている。らしい。名塩八幡トンネルは完成して今最後の難工事900メートル足らずを行っている。それでも全線開通は早くても後10年。その時何処の空でその喜びを感じるのだろう?知らないという事はそう言う事。

Img_2815

Img_2816

Img_2817

Img_2818

Img_2819

Img_2820

こちらは立ち入り禁止。この右側は山。そして谷。行き止まり。それよりも入れない。

Img_2821

Img_2822

Img_2823

賑わいが再び戻る事は無い。これからうっとおしい梅雨が始まり夏の暑さはこの谷間でも厳しい。しかし河鹿の鳴き声が寂しく響き渡り大阪市内とは温度差が5度はある?関西のお金持ちがゆっくりと過ぎ行く季節を噛み締める?そんな時は戻る事は無いのだろう?関西経済の復活?大阪にカジノ付きIR施設の誘致?そんな華やかさはここでは全くお呼びでない。関西人は本当にオバカです。それはアナタです。かな?

Img_2824

Img_2825

Img_2826

Img_2827

ここで武田尾温泉行き止まり。しかし実際はこの奥に谷は繋がっている。その谷を登って行けばこの上のゴルフ場に行ける。読売ゴルフ場。武田尾温泉を発見したのは豊臣の武将。大阪落城とともにこの地に落ち延び、薪拾いの時に偶然発見したと言い伝えられている。その子孫がこの宿の主?(これは親父の推測。)

その宿の主が高齢で現役引退?今は親戚の知り合いの男性が日帰り温泉を続けている。しかしそれも何時迄続けられるか経営的、肉体的に分からない。この宿が廃業になれば武田尾温泉は全滅。(対岸のアザレは違う)それでも行政(市、県)は何とも手の打ち様が無い。本当のそうなのかな?そこんところが分からない。

Img_2829

Img_2830

Img_2832

Img_2833

3月の西宮市議会で共産党議員がこの温泉の活性化対策を行政に質問している。図書館でその議事録を読んだが信じられない事に行政が為すべき事は地域の要望に応える事。この地域が高齢化、過疎化、限界集落となっても為す術は無い?そんな答弁を眼にして愕然としていた。親父が力を落とす事は無い。これが時代の流れ?お友達の中小企業コンサルタントのOさんはそう言い放っていた。そうではないだろう?怒りが込み上げていた。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

日本は拉致執着?拉致国家がそんな事を言うな。そして援助も期待すな。

Img_2522

Img_2523

Img_2524

国の中も国の外もインチキが罷り通る。そしてそんなインチキがそうではない?そんな事は無いと信じていたが公文書を書き換えてもそれは(偽造)したのでないから責任は問われない。嘘をつけ。そんな事が罷り通るなら政府も役所も信用されない。

そして何よりもいけない事はそれを刑事責任として罪をを問えない。そんなバカな事があるのか。そんな声も検察が否定する。ひどいね。そんな政府が支持される?訳ねえだろう?いずれ天罰は喰らう。何時?そんなに遠く無い?神仏が居ればね。いなくても安倍総理の時代は終わる?そんな訳は無い?見てろ。

Img_2525

Img_2526

Img_2527

今日は土曜日。何時もは競馬中継を見て野球。そしてお決まりの散歩コース。今日はそのお決まりのコースを早めに歩く。腰が痛いので股関節に思いっきり負担を掛ける坂道を歩く。それでも歩いた距離は10000歩と少々。こんなもんではどもならん。(どうにもならない)

最近心臓の鼓動が聞こえる事がある。そろそろ年貢の納め時?まだまだこんな物では終らない。親父に課された課題はこんなもんでは無い。散々コケにされたがそれもきっちりお返しをしてから棺桶に入らないと行けない。(そんな事は誰も考えていない?)だろうな。それでもこれ迄の生き方はその事を否定し
ている。

Img_2528

Img_2529

Img_2530

人の国の人を拉致してこのとぼけた発言。(日本は拉致に執着)良くそんな事が言えるね。この国はその程度の国?その程度の国がアメリカと何を話し合うの?アメリカのトランプ大統領もそんな国の指導者に何を期待するのだろう?日本の報道関係者もその程度の事が言えない?無様ですねえ。無様そのもの。

Img_2532

Img_2533

Img_2534

城跡公園の芝生も雑草は生えていないが芝生に勢いが無い。この時期勢いが無いと夏の暑さに負ける。その為のお湿りが欲しい。来週は関西地方も梅雨入り。梅雨になれば充分のお湿りがある。しかし芝生の活力は☂だけでは無い事を知らない人が多い。この芝生広場も2tダンプ5杯ぐらいの砂が求められている?しかしそんな予算は無い?

Img_2535

Img_2536

Img_2537

城跡公園も緑は多いが暑い。公園管理者は公園には全く出ない。どうして水やりとか樹木の手入れや管理をしないのだろう?指定業者に任せると門の鍵の開け閉めだけになる?公園内の維持管理は園芸業者と必要に応じて行う?そんなコスト削減策が行われている?そん事は誰も知らない。どうでも良い事だろう。

Img_2538

Img_2539

以前注意したこの橋の上のバイク、自転車の駐輪。自転車は少なくなったがバイクは変わらない?完全にこのバイクの停め方無くすのは難しい?そんな事は無いだろう?ガードマンを置くしか無い?そこ迄やらないと出来ない?体育館で心身を鍛えるのではないのかい?そんな気持は全く無い。アホです。

Img_2541

Img_2542

Img_2543

ここから心と体を癒してくれるタダの散歩コース。こんな道がある事は何よりの喜び。春には桜。この時期には青葉。梅雨時には傘を差して☂の糸を見て、夏には暑い日差しを遮りながら秋には錦秋の紅葉を見せてくれる。そして寒い冬。うっすらと積もった雪は坂道を白く化粧をする。体調が良い時もそうで無い時もこの道を歩けば心と体のバロメーターが大きく揺れる。

Img_2544

Img_2545

Img_2546

Img_2547

Img_2548

久々のお決まりの散歩コース。今日は武田尾にいけなかったがそれも又よろし。緑のシャワーを浴びながら足腰の疲れを癒す(いやす)ところが股関節の痛みは解消せず。銭湯の深い湯槽(ゆぶね)で相撲の仕切りの姿勢(つま先立ち)をしながら飛び跳ねる。

この遊びをすると体の節々がうっとりとして来る。是非お試しあれ。股関節の痛みが解消する?アホ。久し振りに近くの寿司屋で成功して今は中小企業の指南役をしている会長と一緒になる。しかし親父節にうんざりしていた。人を見て法を説け?そんな気持は全く無い。アカンワ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

国会の会期を延長してIR法案を成立させる?IR法案(カジノ付きリゾート法案)?なんじゃそれ

知らないと言う事はそう言う事?カジノ付き総合リゾート法案?大阪では最大の政治課題?誰がこんなカジノ法案を希望しているの?そんな問い掛けも無い?そんな事はありません。大阪府知事、大阪市長、関西財界は希望している?大阪府知事と大阪市長が切望すれば何も問題ねえじゃーねえか?

Img_2504

Img_2505

Img_2506

本当にそうなの?何で大阪の夢島(埋め立て地)にカジノが必要なの?他に活用の方法が無い?大阪にはこの前に咲州(さきしま)の広大な埋め立地が完成してその活用が期待された。期待されている。しかしその実態は大阪人は殆ど知らない?信じられない?関西のマスコミもその程度の問い掛けも無い。

Img_2507

Img_2508

Img_2509

そんな話はどうでも良い。?そうは行かない事も多くの関西人は分らない。関西人だけでは無く政府もそんな政策が関西経済だけでなく日本経済の発展に寄与すると熱く語る。だからこそ国会を延長して迄もその成立を計る。こんなに目出たい事は無い?そんな法案を野党はどうして反対するの?そう信じて疑わない政治家も少なく無い?アンタはどうだ?親父?親父は絶対反対。その理由?マカオやラスベガスではあるまい。その程度の事が分からんかい?

Img_2510

Img_2511

Img_2512

ここ武田尾の立派な堤防かさ上げ。この工事が完成してい前住んでいた人が戻って来る。その工事がこの堤防の先端で行われている。宝塚土木事務所工事責任者の話では戻って来る人は正確には分らない?多くて10世帯?その程度ではこの地域の活性化は期待出来ない?

それでもそんな事はどうでも良い事?かさ上げ工事が永年の課題で地域の活性化は今後の課題。それで終りです。そうはさせてはならないけれど親父如きが喚いても如何ともし難い?知らないと言う事はそう言う事。直接関係がなければ地域が活性化されると言う事に誰も異議は無い。その後の事はどうでも良い?それが現実。そうはさせてはならない。

Img_2513

Img_2514

Img_2515

近くの駐車場。定期利用枠は50台。一時利用枠は10台。この割合はこの駐車場が通勤用だと言う事が良く分かる。全国の地方の駅でも良く見られる光景。これだけでこの地域が活性化出来ない事が良く分かる?しかし交通機関を利用しない手は無い?ところが1時間に1本のバスも風前の灯?

Img_2519

Img_2518

Img_2520

地域の人達の足になっていたバスも1時間に1本では役に立たない?1時間に4本停車するIRの乗降客もほとんどバスを利用しない。家族がお出迎え?知り合いが送り迎え?会社、事業所の車が送迎?利用者は団体客の高齢者だけ?地域の足(バス)が役目を終えている。この上の集落に賑わいが戻る事は無い?

行政のやる事。TVの報道。政府の地方創生。地域の活性化と言う事はそう言う事?違うだろう?そんな事はどうでも良い?好きな所に運で好きな事を思い切り楽しみ、そして人生を楽しめば良い?ところがその考え方も言う迄もは続かない?

その程度の事を教えてくれる人も居ない?ならば自分でやろうじゃないか?今親父の隠れ家を作っている。しかし残念ながら終の住処には出来ない?どうして?田舎に住む事は全てを捨てないと出来ない。それでも数時間でも楽しめればそれで良しとしなければならない。仙人に成りますか?そんな生き方も出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

気持の良い天気 それでも政府と官僚の不正忘れるな

Img_2470_2

Img_2471

Img_2472

快晴のJR武田尾駅。この駅は無人駅。しかし辺境の駅では無い。JR宝塚駅から3番目の駅。利用者は減少の一途を辿る?その原因は過疎化?この駅の近くに住んでいた人は堤防かさ上げ工事で仮移転していたがその工事もほぼ完成。これから住民も戻って来ると地域は活性化する?しません?どうして?それは山の中だから?人々の生活は都市のみで完結する?そんな事は無いだろう。

Img_2473

Img_2474

Img_2475

Img_2476

この赤い橋が完成した時には活性化が期待されて奥の武田尾温泉もこの立派な堤防で息の根を止められる?この堤防はこの川と地域の防災対策?ところが皮肉にもこの堤防の下にあった2つの旅館はこの上で営業は考えていない?どうして?それは親父が聞きたい。営業を再開しない防災工事。誰が為にこんな立派な防災工事をするの?これが無駄公共工事?そうならない事を祈る。

Img_2477

Img_2478

Img_2479

Img_2480

Img_2481

この赤い橋が完成したのは旧福知山線が廃線になってから?旧福知山線は直進してこのトンネルを抜けてこの川(武庫川)を渡る。その橋脚が流されて今はその跡形も無い。旧福知山線がこの国の経済発展に果たした役割はその程度ではないがそんな事も殆どが知らない。

役所の人が知らないのは驚き桃の木山椒の木?(これはダジャレ)これから武田尾の再開発は人に魅力を感じさせる地域つくり。その為に多くの仕掛けが必要になる?この赤い橋が架けられた時にもそんな期待は大きかった?しかし魅力ある温泉は無策だった?

その結果がこの無様な結果。それでも防災工事はどんな面をしてするのだろう。そんな事を言えば多くのお友達を失う。それでもそんな発言をする以上、批判だけでは済まされない。この武田尾温泉の活性化はこの素晴らしい自然の魅力をどう生かせるかに違いない。甘いか?それでは見てろ。

Img_2482

Img_2484

Img_2485

赤い橋を渡り武田尾温泉に行く人は平日は0。土日祝のみ「元湯」の宿で足湯1000円で営業。予約しておけば食事も出来る。しかしその魅力は大きく無い?これからは今歩いている道の方が人気が出るに違いない?どうして?タダだから。アホ。

Img_2486

Img_2487

Img_2488

道端の桜の幹の表皮が剥けて(むけて)木肌が剥き出しになっている。こうなると木は一気に生命力を無くすがこの桜はそんな気配は全く無い。益々逞しさを漲らせている?それも無い。近くの川は大雨が降れば牙を剥く。この樹の根元だけでなく幹の途中迄大きな石が直撃する。この痛々しさはその代償?それでも今年も青葉を繁らせている。

Img_2489

Img_2491

Img_2492

Img_2493

この木は桜の樹では無い。この近くにベンチを並べて美味しいパンのコーヒーのサーバーを置きますか?保健所と行政の許可は取れるのかな?取れなければ移動販売の車でサービスを提供しますか?その為にはどれ位の人を呼び込めば良いのかな?そんな事は誰も考えていない。

Img_2494

Img_2495

Img_2496

Img_2497

この橋を渡れば一周2㌔の散策の道。この道が一杯になる事は無いに違いない。しかしこの道が長く生きられる長寿の道になれば多くの人が散策するに違いない。その古い道には何も無い。川も清流では無い。しかしこの川沿いの道が賑わう仕掛けは考えて見ると面白い?アホか。

Img_2498

Img_2499

Img_2500

鶴は千年。亀は万年。人間は100年?どんなに長生きが出来たとしても幸せな人は少ない。この地域で生きて来た人も今はその足跡さえも辿る事は出来ない。ならばお前が残せ?そう言われている。誰に?天の声?アホかいな。今週は3日来ました。これから色んな変化が見れる。そんな力が何時迄続くのかな?

Img_2501

Img_2502

Img_2503


| | コメント (0) | トラックバック (0)

午前中の小雨も午後は上がる。今日も武田尾。釜で草刈り。ズボンが弾ける。

Img_2431

Img_2432

この電車は次の次で車庫に入る。親父の目的地(武田尾)は宝塚終点でJRに乗り変え。3つ目の駅。最寄りの駅から1時間弱で行ける。電車の中は基本的に寝ているが電車の乗り換えで待ち時間が長い時は本を読んでいる。今読んでいる本は冒険家、探検家の本。

この本は今3回目を読み返している。作者角幡唯介(かくはたゆうすけ)極夜行。生きるとは?死ぬとは?そんな哲学的問い掛けが探検旅行(極夜)を通じて問い掛けられている。興味があれば是非読んで見て下さい。本当に面白い。日本の哲学者は難しい言葉で哲学を語る。

角幡氏は冒険、探検、体験を通じて生きるとは何なのか問い掛けている。哲学がこの国では一部の人しか理解されない意味が本当に良く分る。現在の世の中は探検とか冒険とかそんな事はどうでも良いと思われている。親父が今、定期を買おうと思っている(冗談だが)武田尾。

ここでも人が立ち入れない所が少なく無い。そんな事も知らなくても人は平然と生きている。そして悩み、苦しみ、喜び歓喜の雄叫びを挙げている。何時かその滑稽の生き方の総活が求められる。後10年。その猶予はあるのだろうか?10年経っても85。まだまだ小僧に違いない?

それとも主(ぬし)になれるのだろうか?伝道師は何処で道草を食っているのだろう?宗教団体が政権与党にくっつき、世の中の矛盾を解決する?そんな事が出来る訳が無い。政権与党はあった事を無かった事にして勢力を拡大し、反対勢力は分裂し大きな対抗勢力には成れない。経済は拡大を続け危機は全く感じられない?本当にそうかな?一寸先は闇と言う事も関係ないと思っている?

Img_2434

Img_2438

Img_2442

駅前から上の集落に向かう唯一の公的交通手段。しかしこのバスの運行も風前の灯?利用者が激変している。バス料金が高くて通学の利用者は親が車でお出迎え。親が仕事でそれが出来なくても爺ちゃん、婆ちゃんが元気でその代行。このバスの役目を地元の人達が理解していない?(理解はしても背に腹は替えられない?バスの定期代)その負担は行政や地域の人には出来ない?)

Img_2439

Img_2440

Img_2441

この西谷地域も新名神のスマートインターが出来て生活が大きく変わる。そう言われて来た。しかし現実は立派なサービスエリアとインターが出来ても地域の活性化は容易ではない。豊かな自然はこの地域限定。関西人の多くは知らない。知らなければこの地域が活性化する事は無い。その程度の事を誰がどう理解しているのだろう?理解しても何も変わらない?本当にそうなのか?壮大な取り組みがこれから始まる。

Img_2445

Img_2446

Img_2447

Img_2448

Img_2449

Img_2451

武田尾温泉旅館街全滅の日も近い?コラ。この温泉活性化の問い掛けが西宮市議会共産党議員が質問をして行政がその答弁をしている。その議事録が来週、西宮図書館で見れる。ただ西宮の行政の取り組みはほとんど期待出来ない?西宮市民の関心も高くない。この地域が活性化しなくても市民は何も困らない。この地域が西宮市に編入された事がこの結果を招いたに違いない。?

Img_2452

Img_2453

Img_2455

Img_2457

この山裾を大きく左を廻り込んで尾根を登る。急登の道は知らない。

Img_2458

Img_2460

Img_2461

このトイレを潰して立派なトイレが近くに出来る。その理由が明示されていないので分らない。この建物は取り壊して観光案内所にする?そんな事でも考えているのだろうか?そんな賢さは無いに違いない?新たに立派なトイレを作る。行政に出来事はその程度?ここは西宮市では無い。宝塚市。

Img_2462

Img_2463

Img_2464

この駐車場は契約者(通勤)用。一般観光客用の駐車スペースは少ない。当然これからその為のスペースも必要になるがその対策は遅い?何の為の地域活性化?その施策は行政に聞かないと分らない。聞くつもりも無い。どうして?」関係ないから。

Img_2465

Img_2466

Img_2467

今日はハイキングコースの分岐で坂道の急傾斜に足場を作っていたら愛用のズボン裂ける。生地が避けたのではなく縫い目。既製品の糸は弱い?それでも敵の様に履いて居たので悲鳴を上げたのかも。見事な穴が開く。でも手にカマを手にしていたので怪我をしなくて幸い。奉仕作業で怪我をしたら何をしているのか分らない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »