« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

公文書書き替えの罪が問われない。この国は法治国家かい?

Img_2337

Img_2338

Img_2339

いくら何でもこんな道は歩けない。暗くなって歩いた道はこの上にある。それでもバランスを崩してよろめくとこの崖を落ちる。この下に落ちるとまず自力では這い上がれない。明るい時にここを歩いても緊張する。昨日はこの先迄歩く。草が雨に濡れてズボンが濡れる。引き返すつもりだったが引き返しポイントは遠くは無かった。

Img_2340

Img_2341

Img_2342

ここで杉林を抜ける。この先はガレバで草が生い茂り足場が悪くなる。このハイキングコースは西宮市が管理していると道路整備課のT係長は言い切っていたがそうでは無い事は誰も知らない。即日はここで引き返すつもりだったが足場が悪くて通り抜ける。その先で引き返す。そこはベンチがある。

Img_2343

Img_2344

Img_2345

この草の下にハイキングコースはある。足元はしっかりしているが足場は決して良く無い。小さな石、大きな石がゴロゴロしている。草を刈って足場の石を片付ければ気持ち良く歩く事が出来る。T君が整備を約束して呉れたが親父とどっちが早いかな?
Img_2346_2

Img_2347

Img_2348

Img_2350

Img_2351

ここはハイキングコースの下。この上を歩くともうすぐこの横歩きも終る。武田尾駅からこの先迄片道2キロ。高齢者は少し無理かも?親父クラスに丁度良い。結構緊張しながら歩かないといけない。この先で尾根を登る。その上にもベンチがある。そこ迄は片道3㌔。結構しんどい。

Img_2356

Img_2359

Img_2360

Img_2361

第2ポイントのベンチは雨に濡れていた。前来た時はここでお弁当。武田尾の駅から山裾の道を歩きながらここ迄2、5㌔前後。ここから尾根を登るが引き返しても良し。元気があれば尾根を登っても良し。その先西宮名塩迄のハイキングコースは健脚でないと難しい。

尾根を登り詰めてから10㌔。計13㌔は覚悟しないといけない。歩けるかな?そんな生き方が求められている。しかしここ迄なら簡単に歩ける。しかも楽なコースでは無い。そんな生き方が出来る人とそうでは無い人の生き方がこれから問われる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森友、加計問題で丁寧な説明?誰が誰に?政府は開き直っただけ?これで一件落着?そんな生き方をしろ?

Img_2300

Img_2301

Img_2302

桜の幹の皮が捲れて(めくれて)いる。それでもこの樹は枯れる事は無い。この桜は旧道の近くにある。旧道が冠水した時に激流で幹を叩かれたのかもしれない。それでもこの老木は逞しく生きている。その生き方を逞しく思えるのも親父ぐらいかもしれない。

オバカなTVがオバカなコマーシャルを垂れ流している。こんな会社の製品を誰が買う?お茶漬けのコマーシャル。相撲の遠藤のスポンサー。もっと社会貢献をやりなはれ。これからそんな企業活動が求められる。それでも関係ない。レオパレス21の問題。企業のあり方はこんなもんでは無い事を政府も行政も指導は出来ない?何たる無様な姿だろう。

Img_2303

Img_2305

Img_2307

ようやく駅の対岸迄歩いて来る。ここ迄1㌔足らず。それでもここ迄歩けたら右を大きく廻り込めば2㌔前後の散歩が出来る。これから多くの年寄りが休みながら杖をつきながら自分の健康と脚力を考えながらゆっくりと自然を楽しむ。その為の壮大な堤防工事。

そうはならない?そんな行政は出来ない?そんな事は誰も知らない。マスゴミもそんな放送は出来ない。アメリカと北朝鮮の核とミサイルと拉致問題の解決。その会談をするとかしないとか?そんな言葉会言っている。信頼とか深刻な対立とか関係ない?その程度の事も分らんだろう。

Img_2312

Img_2314

Img_2315

殆ど忘れ去られた名塩ー武田尾ハイキング道。信じられない事にこの道は西宮市の道路補修課が管理している。ハイキングコースを行政が管理出来ない事は必然?それはこの道を歩いてみれば良く分かる。本当に素晴らしいハイキングコース?ただその管理が充分かと問われるとそれは言う迄もない。

その現実は余りに厳しい。いずれこの道は歩けなくなる。今でも歩き通せる人は殆ど居ない。それ程にこの道は知られていない。しかしそれは宣伝が足りないだけ?その宣伝を誰もやらない。どうして?それは責任を求められるから?そうでも無い?

多くの人がそんな生き方をしている。この道を歩いて見なはれ。人の生き方が良く分かる。自分の生き方が良く分かる。これからの自分の明日が見えて来る?嘘をつけ。そんな事はどうでも良い?まさかそんな事は無いだろう?この森の森林資源の持ち主は(西宮名塩財産区)

その森林資源の価値が無くなっている。当然山は放置された侭。いずれ深刻な森林崩壊が始まる。既に始まっている。それでも成す術は無い。そんな事を行政は知らない?アンタも知らない。森林の崩壊は私達の生活に大きな影響を与える。そんな事を考える人は少ない。

Img_2316

Img_2317

Img_2318

この階段は長くは無い。しかしこの階段を降りて来たのは1月前。あの時は暗闇が迫り足元があと30分もすれば完全に見えなくなっていた。それでも降りう事が出来たのは明るい時に何度かこの道を歩いて居たから。そのお礼参りに今この階段の整備をしている。と言っても石ころを片付けたり草を引き抜く事ぐらい。それだけで充分。お年寄りがこの階段を昇り降りするのは無理かもしれない。

Img_2319

Img_2320

Img_2321

ここが親父の隠れ家?このベンチに座りぼんやりと木々を見ながら下の武庫川の流れを聞いていると最高の幸せ。色んな不快な事を忘れさせてくれる。ここ迄は高齢者でなければ上がれる?ところが足腰が丈夫でないとここ迄もこれない?

これが今、高齢者が直面している深刻な問題?それは深刻でも何で無い?健康食品、病院の治療でどうにでもなる?そう考えている人が殆ど?後、5年もすれば動けなくなる事が分らない?ベンチは濡れていたが手にして来たスーパーのレジ袋を敷いて弁当を喰らう。

このレジ袋も6月から有料になる。レジ袋の削減が2酸化炭素の排出を削減する。ならば原子力発電は?その程度の問い掛けも無い?原子力発電は2酸化炭素の削減に繫がる。アホこけ。原子力発電の燃料廃棄物の処理は中間貯蔵施設に溜めるだけ。

その最終処分地の受け入れに手を上げる市町村は日本全国何処にも無い。ではどうするの?問題は先送り。後世の人にその処置を任せる。何たる政策だろう。そんな政策が支持される。その程度の生き方です。親父達はどんなに長生きしても後30年。それ迄にどんな生き方が出来る?それを考える?

Img_2322

Img_2324

Img_2325

Img_2326

Img_2327

ここから山裾を横に歩いて山を登るには1㌔近く歩かないといけない。☂が止まないのでどうするか躊躇(ちゅうちょ)するが初心貫徹?次のベンチ迄歩く。杉林の中の倒木をチェーソーできり倒しているかその確認も兼ねていた。杉林の中は歩くのは気持ちが良い。ただ雑木林の中は流石に暗くて気味が悪い。暗闇で歩いた先月末の事を考えると苦笑していた。

Img_2328

Img_2335
Img_2336

オイオイ。流石にこの杉の木は勝手に切れない。しかしこれも愛嬌?木を跨ぐか(またぐか)下を潜るか(くぐるか)それはアナタ次第。そう言われている。この道を軽々と歩くにはその程度の判断力と体の柔らかさが求められる。アンタはどうした?左の低い所を木に抱きつきながら上を越える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

小雨の中を武田尾を歩く 工事現場とハイキングコース第二ポイント迄?

Img_2241

Img_2242_2

Img_2243

JR武田尾駅。ホームの一部は鉄橋の上。残りはトンネルの中。乗降客の大半は通勤と通学客。しかし駅の近くに集落は無い。駅から車で10〜20分圏内に西谷と切畑の集落がある。この地域もいずれ限界集落?その対策は無い?

Img_2244

Img_2245

Img_2246

Img_2248

Img_2249

この先は旧福知山線の鉄路?今は道路になっているがこの道もこの先行き止まり。この先トンネル。その中を今は直進出来ないが旧福知山線は直進し、この県道は左に出て赤い橋を渡ると武田尾温泉。しかし今は足湯が一軒土日祝のみ営業。

宿泊が出来る温泉宿はその赤い橋を渡らず右に進むと紅葉館(別庭)。武田尾温泉で泊まれるのは一軒のみ。しかしこの宿は高級旅館。それでも繁昌している?情報が無いので分らないが駅から近くても送迎のマイクロバスあり。

Img_2250

Img_2251

この赤い吊り橋が完成したのは平成になってから。この橋が出来て対岸の道が大雨で通行不可になっても宿泊客の利便は良くなった。しかし武田尾温泉の再生、復活は無かった。その原因は旅館設備の老朽化?立地条件の悪さ?一番の原因は旅館経営者の高齢化、マンネリ?そして行政の無策。この先、立派な防災工事が完成する。何の為に?その問いかけは無い。住む人は居るのかい?

Img_2252

Img_2255

Img_2256

今日は水曜日。温泉客は一人も居ない。土曜、日曜、祝日になれば日帰り温泉利用が出来る?どれ位の人が来るのだろう?反対の旅館の下にタダの足湯がある。常識的に考えたらそっちに行くだろう?行かない?その理由は行かないと分らない?その為にこの立派な工事?知らないと言う事はそう言う事?

Img_2257

Img_2258

Img_2259

Img_2260

中途半端な工事?ここはこのままかいな?

Img_2261

Img_2262

Img_2263

このかさ上げ工事で洪水の心配は無くなる。しかしこの堤防の下にあった旅館はこのかさ上げされた堤防の上で営業を再開する目処は立っていない?仮にこじんまりとした旅館を建てても常連さんは来るのだろうか/そんな話は全くしらない。しかもひどい札がぶら下げられている。

Img_2264

Img_2265

ここは公道では無い。公道で無ければ税金で何で堤防のかさ上げ防災工事をしたの?何か勘違いをしていないか?それともそれがお役所仕事。信じられない事にこれだけの工事をしても今後の利用、活用は定かでない?宝塚土木事務所の工事担当の責任者に聞いても良く分からない。

Img_2269

Img_2272

営業停止の旅館。この再建策は誰にも聞く事は出来無かった。この地域の振興策は地元の議会でも取り上げられているが山間地域の活性化の現実。この地域の温泉の歴史は古い。それでも猪料理(ボタン鍋)だけでは生き残る事は出来なかった。関西の奥座敷とも言われた賑わいは今は廃墟と成り果てている。

Img_2277

Img_2274

この札は折り曲げられてたたまれていた。親父が開いて明示している。関係者以外立ち入る禁止。この道も公道では無い?その関係者とは誰?その訳の分からない人の為にこの立派な工事をしたの?総工費いくら。今後の活用の見通し。そしてその責任者。そんな表示は何処にも無い。担当部署に迷惑が掛かるからこれ位で?それは無い。

Img_2289

Img_2290

Img_2291

Img_2292

この防災工事が武田尾温泉の地域振興にならない事は間違いない?そんな馬鹿な土木工事が行われ今年の秋には左の崖崩れ対策も終る?今年の梅雨の大雨か台風の豪雨が流れ下ればこの地域の川の数位は3メートル近く上昇する。そんな洪水にもびくともしない堤防が出来ても地域は壊滅?それでも関係ない?知らないと言う事はそう言う事?そんな事は許されない?アホこけ。

Img_2293

Img_2294

Img_2295

Img_2299

赤橋から武田尾温泉とは反対側の道を駅の方に戻っている。赤橋が出来る迄はこの道が武田尾温泉の入り口に繫がっていた。近くにある(笹部新太郎)演習林の管理人もこの道を歩いて、親分(笹部新太郎)と武田尾温泉で汗とトンネルの煤(すす)で汚れた顔の汚れを落としている。

水上勉氏の(桜の園)にはそんな話が描かれている。この道は春夏秋冬、心の癒しにもってこいに違いない。高齢者がゆっくり歩いても一周2㌔前後。これからこの道を多くの人が季節を感じながら歩ける様になると良い?そんな生き方は出来ない?そんな事は無い事を宣伝しないといけない?アホ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

マイナンバーカードの普及率 そんな事もどうでも良い?

Img_2220

Img_2221

Img_2222

市役所ロビーの皐月展。フラッシュ撮影だともっと綺麗な写真が撮れるがこれもご愛嬌?人気投票を行っていたが全て大事に育てられている。趣味でこれだけの盆栽とさつきの観賞が出来ればお見事というしかない?いろんな生き方があるが心豊かに生きるという事は簡単ではない。

その事を思い知らされる。今日は市役所でマイナンバーの住所変更。大騒ぎされながら実施されたこのマイナンバーカード。どれだけの普及率?そんな事もどうでも良いのだろう?オバカな政府?オバカな国民?財政の健全化?出来る訳が無いだろう?その程度の事が分からない?今日は市役所と図書館で遊んでいた。

Img_2223

Img_2224

Img_2225

今日は電話で兵庫県西宮市武田尾の地域活性化の取り組みを行政の担当者に聞く。しかし実際は担当部署はまだ見つける事は出来ない。そんな馬鹿な事は無い?この地域の活性化は必要かつ絶対的条件?そう信じていた。ところが素晴らしい堤防のかさ上げ工事はもうすぐ完成。その後の事は何も考えられていない?そんな事は無いだろう。

Img_2227

Img_2228

Img_2229

久しぶりに良いものを見せて頂きました。写真は綺麗に撮れなかったけれど最近は少なくなった皐月の展示会。思いがけなくカメラのシャッターを切っていた。この後、市役所前に出来た公民館内のミニ図書館で国立図書館(東京)から取り寄せた「福知山線今昔」の小冊子を閲覧する。福知山線の歴史を学ぶと先人の鉄道に掛けた夢が見えて来る?そんな事を考える現在人は少ない?

Img_2230

Img_2233

Img_2234

この後、市役所前の公民館に行く。この一階にミニ図書館が開設されて3年目?図書館の利用のあり方を考えてみるとその必要性は完全に失われている。まず役に立たない。今回旧福知山線のルートを調べたがその資料が殆ど地域の図書館に残されていなかった。(宝塚図書館、西宮図書館、川西図書館、池田図書館、大阪府立中之島図書館、大阪府立中央図書館)これは本当に意外だった。

明治から昭和に掛けて関西と舞鶴を結んだ鉄道の路線図が簡単に見つからない。それだけではなかった。武田尾−道場間の旧廃線敷きは足を踏み入れる事も出来ない。一部、鉄橋は流され鉄路は薮になっている。後世の人はこの無様な管理をどう思うのだろう?そんな事は許されないに違いない。ならばアンタが残せ?そう言われていた。そんな問題とちゃうやろう?それともそれが時代の流れ?明日から又武田尾に行かないといけない?明日は何を手に出来るのかな?

Img_2236

Img_2237

Img_2235

ここは市役所前の公園。左に広場とベンチがあるがこれから暑くなるとこの木陰で休む人も現れる。しかしここにはベンチが少なく薄暗くて心地の良さは感じられなかった。そこが綺麗になっている。誰が綺麗にしているんか分からなかったが、今日、熊手でゴミをかき集めていた叔父さんの姿がある。早速、声をかける。「ご苦労様」

どんな表情をするのかそれも推し量っていた。耳が遠くて無愛想。以前もそんな対応をされた気がする。最近は駐車違反を取り締まっている警察官にも声を変えた事がある。同じ対応。それでもデカい声で反応を伺う。秋になると落ち葉が多くて大変と愚痴を聞かされる。歳を聞くと85歳。

元気だったが感謝の気持ちが足りない。お前も同じ?親父?親父はこう見えても地域の事、国家の事、人の生き方、そんな大それた事を語り始めると言葉は尽きない。アホ。誰もそんな事は聞く耳を持たない。シルバーの働き方も変わっているが、これからの社会、高齢者が元気で社会貢献する事が求められる。

しかもその労働力がタダではない事が必然的になる。そんな時代が目の前に迫っても働き方改革を法律で定める。しかもその法律は労働を成果で評価する。その成果を誰が評価するの?そんな事も出来ない政治屋と官僚達。そんな人達が評価される。アホやろう?アホです。読売も5連敗。関係ないか。

アメリカと北朝鮮がお友達になる?日本の政治家はどんな顔をして北朝鮮の拉致、核、ミサイルの問題に向き合うのだろう?その程度の問題も殆ど理解出来ない?日本はアメリカのチビ?違うだろう?れっきとした経済大国。ただそんな時代も終わる。アメリカと北朝鮮が仲良く慣れる訳が無い。その程度の事も分からない?それとも北朝鮮と韓国の友好関係は高まる?何度もその度に北朝鮮は嘘を付いている。

アメリカのトランプ大統領も国内問題を解決する為には、大きな外交成果が求められる?所詮この大統領は不動産の成り上がり?アメリカの内政、外交の歴史も大きく変わる。しかし北朝鮮がどんなに友好姿勢を見せてもその実現は簡単でない事を思い知るに違いない。口先だけなら何とでも言える。その程度の事を何時思い知るのだろう。

Img_2238

Img_2239

Img_2240

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪はどんよりとした天気 蒸し暑い それでも考え方を変えれば爽やかに生きられる?

Img_2194

Img_2195

Img_2196

昨日の武庫川武田尾温泉に続く道。この道は上流に向かって左。西宮市とは名ばかりの川沿いの道?左は武田尾の崖。この崖は直登の道は無い。この先に谷があるから昔は「そま道」があったに違いないが、現在はこの山裾を左に大きく廻り込んで緩やかな谷筋の尾根を登らないと行けない。

その高さは数百メートル。尾根に上がるとこの真上迄戻って来る。その先は落ち葉の溜まった窪地を歩けばこの尾根を登り切る。その先はゴルフ場の外周をただひたすらに歩かないといけない。このハイキングコースは全長13㌔前後。西宮市の道路補修課が維持管理をしているがガイド無しで歩くのは止めた方が良い。

その道を歩く人も殆ど居ない。理由?歩いて見れば分る。ただ素晴らしい自然が残っている。この道を極めれば10年は間違いなく健康に生きられる?今、深刻な問題になっている高齢者の健康管理に役に立つと言われても、その活用法は行政でも為す術が無い。その現実は当事者になっても分らない?

Img_2198_2

Img_2201

Img_2203

この真下で休憩をしていた叔父さんと奧さんと雑談をする。話の内容は親父の一方的な健康管理と高齢者のこれからの生き方。そんな事は誰でも分っている。問題はそんな生き方が出来ない人がどうするかだろう?しかし人の事はどうでも良い。自分が健康で日々楽しく生きるその取り組みに違いない。

Img_2204

Img_2205

Img_2207

武田尾から名塩に向かう最初の休憩所。当然西宮名塩から歩いて来ると最後の休憩ポイント。先月、暗闇が迫っていた時に歩いた時はこのベンチを見ても気持が緩む事は無かった。それが最後のこの階段。明るい時でも足元が良く無かった。あれから数回。少しずつ石ころを退かして(のかして)足の踏み場を整備している。それでもまだまだだな。

Img_2210

Img_2209_2

Img_2212

Img_2213

これからこのかさ上げ工事の成果が問われる?そんな事を考えているのは地元の人だけ?それも違う?誰もそんな事は考えてはいない?常識的に考えてこの工事は無駄であった事が照明される?その時は5年後?10年後?その時にはこの工事の成果も忘れ去られる。ただ親父は忘れないに違いない。

その為には今以上に元気でなければならない。そして対岸のハイキングコースの番人になっていないといけない?アホか。ダニー(静岡の遠州地方の方言?)そうだよ?ダラー?そうだろう?大阪の人間はそんな事は誰も考えていない。地域起こし?この地域の賑わいが戻る事は無いだろう?

それが現在の時代の流れ?地域振興。地域活性化とは工事が目的?その工事が終われば後は知りません?熊本地方のオテモヤンかい?後はどうなろキャーなろたい。なんだかんだ言ったところでその程度。ならばそんな生き方を変えろ。そうすれば明日が見えて来る。そんな生き方が出来なければいずれボケる。ボケたらどんこんならん?(どうにもこうにもならない)そんな事はどげえでも良い?(大分弁)どうでも良い。嗚呼。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

武田尾温泉地域創生 その具体策は無い?ならばアンタがやれ?

Img_2157

Img_2158

Img_2159

Img_2199

武田尾温泉と言われても地元西宮市民でも知らない人が多い。この看板はコカコーラが寄付している?何でこの飲料メーカーがこの看板を何時造ったのかは殆ど知らない。コカコーラに聞いても当時の事情を詳しくは説明出来ないに違いない。左のマルキ旅館は立派な堤防の下。河鹿荘は廃業。

元湯旅館は土日祝のみ足湯と日帰り温泉として営業。紅葉館も対岸で別庭「アザレ」として営業しているのみ? この地域に防災堤防が完成しても地域の活性化を行政は全く検討していない?そんな事は無いだろうと思いながら色んな立場の人と話を聞いたがいずれも答えは明るくない。それは当然の事?住む人がいない。旅館に賑わいが戻らなければそれは当然の事?その対策が行政に無い。その実態がこれ?

Img_2161

Img_2167

Img_2164

Img_2165

Img_2166

何とも中途半端な工事。ここが武田尾温泉のアクセス道路でこの左の赤橋も開通時には温泉の活性化が期待された。それから15年前後経過した結果がこれ。この右に完成した立派な堤防。しかし旅館は営業は元湯旅館のみ。しかも土日祝の足湯と食事のみ(要予約)宿泊は出来ない。

こんな工事は意味が無いとは思われていない。何でや?知らないから。皮肉にも工事は完成したが地域は活性化ならず?その責任も問われない?何でや。誰も関係ないから。暴言を吐いた市長は今年の春失職。新任の市長はそんな事は知らない?それでも今日も手にした情報は価値があった。2度と歩けない道も歩けました。

Img_2168

Img_2171

Img_2169

Img_2170

これが今回整備された堤防。この堤防の右端にあった旅館はこの堤防の上に土地の権利を担保している。しかしここの旅館、宿泊施設が再建される可能性は低い。それは奥の旅館が端的に示している。左にも古くからの旅館がありました。その旅館もこの工事でなくなっている。そしてこの温泉の活性化策は行政(西宮市、兵庫県)も手にしていない。

この県道もこの先行き止まり。歩行者も車も通り抜けは出来ない。嘘でしょう。本当です。こちらは武庫川の右岸(上流に向かって)行政区域は宝塚市。信じられない事に武庫川はここからしばらく上流に道がない渓谷です。そんな事実は行政の担当でも明らかに出来ない?その事を白日に晒すと目玉をくりぬかれる?

Img_2173

Img_2174

Img_2177

このトンネルが旧福知山線の武田尾の先のトンネル。名前はまだ知らない。このトンネルは現在通行が許されていないが特別に許可を得て通してもらう。これが本日の最大の収穫。このトンネルを出た旧福知山線は何んと武庫川を再び渡る。これは図書館(宝塚、西宮、大阪府立図書館中之島、中央)でも分からなかった。

Img_2176

川の鉄橋は流されて対岸は行けないが、木で覆い隠されている先は紛れも無くトンネル。この先旧福知山線は武庫川左岸(上流に向かって)を走る。その道は現在廃墟になっている。ところがその道をブログにアップしている人がいる。国鉄が民営化されてJRがやって来た事はこう言う事。そんな事を問う人はいない?

Img_2178

Img_2179

Img_2180

ところがどうだ。これが明治の時代にこの国の鉄路を開いた名も無き人達の仕事。このトンネルは現在工事車両が通過しているので2度と通れない。工事が終了すると近くの旅館の専用道となる。(フェンスを張られて中に入れない)トンネルの内部も素晴らしい。これが本当の明治の鉄道遺産に違いない。行政の関係者はそれくらいの事も考えられない?何とも無様な話です。ただこの手前武田尾迄は西宮「木の元」バス停下から歩ける。

Img_2181

トンネルの中は足元が悪いと言われていたが電気がついていたので全く問題はなかった。しかし工事が済めばこの照明も当然なくなる。現在整備されている旧福知山線廃線敷きには5つのトンネルがあるが全て照明は無い。その対策も行政には無い。その方が歩く人の興味が盛り上がる?駄目だこりゃ。

Img_2182

Img_2185

Img_2189

この左側が旧福知山線。今は道路と同じ高さが以前はどうだったのか定かでない。どうしてここにそれが分かる展示館が無いのだろう?そんな発想は行政には無い?行政にも地域にもそんな地域起こしが出来なければ地域は寂れる(さびれる)それだけでなく人の賑わいが無くなる。

ここは武庫川の右岸(上流に向かって)行政は宝塚市。全く為す術がない。地域の人はそうは思っていないのが信じられない。折角お友達になったHさんには申し訳ないがこの先の写真(現実)を見ればよく分かる?この素晴らしい自然を生かせなくてどうしてこの地域が活性化するのだろう?

廃線敷きを歩くハイカーの休み処を造る?それだけでは駄目だろう。これから元気な高齢者の憩いの場所が求められる。自然と楽しむ憩いの施設が求められる。子供達の心と体を鍛える宿泊の施設も求められる。そんな設計図は誰も書けない?親父は自分の終の住処を見つけました。但しそこには建物は建てられない。そんな人達の憩いの施設造れませんか?無理です。土地が狭い?出来る事を考えましょう。

Img_2191

Img_2192

Img_2193

立派にかさ上げされた道。この左が旧福知山線。この道の部分は低い位置にしか堤防が無くその位置に掛かっていた集落がこの武庫川が洪水を起こす度に被害を受けていた?その場所がこれだけ立派に防災工事が行われる?しかもこの広い道には住宅は建たない?これも何とも贅沢な話?それも理由がある。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪はどんよりした天気。腰が痛い。それでもストレッチで誤摩化している。

Img_2116

Img_2117

Img_2119

Img_2120

親父お気に入りの散歩コース。ここは五月山山麓。この先に五月山ハイキングコースが2つある。(正確には3つ)それぞれに特徴があり自分の体調に合わせて歩く事が出来る。しかしいずれも街中から片道3キロ前後。余程体力に自信が無いとこの先の公園で引き返す。それでもジジイには立派な散歩コース。何時も眼を輝かせる。

Img_2121

Img_2122

Img_2123

ツツジの季節は終わりこれからはヤマユリとアジサイの季節?5月のさわやかな季節も終わりうっとおしい梅雨の時が始まる?それは自然の美しさを知らない人の生き方。☂の中を大きな傘をくるくる回しながら長靴を履きながら学校から帰った幼い時を思い出す。土方仕事、ガードマンの仕事をカッパを着て淡々とこなしていた時を思い出す。今年もその事を忘れてはいない。

Img_2125

Img_2129

Img_2130

秋になれば見事な錦絵を見せてくれるこの青葉もこれから迎える梅雨の時を楽しみにしている。葉っぱと枝先、そして幹を流れ落ちる雨の雫は夏の厳しい暑さを凌ぐ活力になる。今年の夏も盛夏に違いないがそれでもここに来れば多くの日陰がある事も多くの人は知らない。なんだかんだ誤摩化しながら本当の事は知らなくても生きて行ける?そんなまやかしが何時迄も続くのだろうか?

Img_2133

Img_2134

Img_2136

この青葉が本当に素晴らしい錦絵を見せてくれるのは晩秋。その時になれば今年も冷たい「六甲おろし」を感じる様になっている?それは無いだろう?今年も暖冬?そうではない。人々の生き方がそんな生き方を選択している。歳を取るという事はどういう事なのか?

自分が生きた証は何処に残すのか?そんな事を考える事が出来る人は多くない。そんな事は全く関心がない。それでも間違いなく明日はやって来る。その明日の為に何が出来るか?そんな生き方をしないといけない?アホか。ところが昨夜のテレビで凄い親父がいた。山の中の一人暮らしの親父が凄い生き方をしていた。世の中いろんな人がいる。そんな生き方をすれば良い。出来るのかな?そんな事は問題ではない。

Img_2138

Img_2139

Img_2140

Img_2141

Img_2143

Img_2144

Img_2145

Img_2146

Img_2142

5月のバラも見納め。政治の世界も官僚の世界もネットの書き込みでは意外に野党の批判が多い。これからうっとおしい季節が続くが本当のうっとおしい生活はこれから始まる。その覚悟も決意も無ければ関係ないと思えるのだろう?事実誰も自分の助けにはならない?自分の立場を変えるのは難しい事ではない?そんな事は無い事をこのバラは教えている。

Img_2147

Img_2148

Img_2149

Img_2150

Img_2151

Img_2156

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

早いもので5月も後1週間足らず。体を絞らないと腰の痛みは改善しない。

Img_2092

Img_2093

Img_2094

Img_2095

Img_2096

Img_2097

Img_2098

Img_2099

Img_2100

Img_2101

Img_2102

この城跡公園の白百合ももうすぐ開花する。白百合の花言葉は知らないが白い花が咲けば関西も梅雨入りとなる。今年はどれだけの大雨が降るのか分からないが、サラリーマンやっている時も今の年金生活者になっても何も変わらない。天気予報を聞いていると以前の様なハズレは無くなる。

競馬の予想も景気の予想も日々の生活予想も当たらなくても誰も何も困らない?そんな事は無いと思うが事実を無かった事にすればそれが当たりになる。本当に無責任時代?尤もらしい事は誤魔化しかい?ならば批判する事は何も無い?そんな生き方が何時迄出来るのだろう。天才バカボン。オバケのQ太郎。プロゴルファー猿。そんな生き方をすれば良い?笑って許して?ぼくドラえもん。ジジイは棺桶が近い。

Img_2103

Img_2104

Img_2105

東京府中の競馬場の芝の様にフサフサしていないけれど、それは仕方が無い。その程度の管理しか出来ない。綺麗に芝生を育てようとすると大変なお金が掛かる。そんな事を知らない人が芝生を痛みつける。それでも雑草と同じ様に踏みつけられる。人の生き方も同じに違いない。どんない踏みつけられてもいつ迄も続く事は無い。

その程度の事も分からないアホが高級官僚?政治家?今に見てろ。地獄の底にたたき落としてやる?そんな事が出来る訳が無い。そうかな?知らないという事はそう言う事。どんなに立派に見える組織も信頼を失えば本当に脆い(もろい)その事を知らないだけ。その事を思い知るに違いない?誰が?いずれ分かる。

Img_2107

Img_2108

Img_2109

Img_2110

Img_2111

枝垂れ梅は剪定(せんてい)されている。しだれ桜はほったらかし?いくら「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われてもこれは無いだろう。この公園の管理も素人が行っている?そんな事は無いと思っているが文句を言われないと分からない?

Img_2112
Img_2113

Img_2115

Img_2114

いい気持ちで一休みの猫ちゃんに声をかける。「アンタ誰」と無視している所をポーズを取らせる。嫌そうな顔をしているがそんな顔も出来ない?とんでもありません。こう見えても無視されたら相手にしません?この世の中、人に気を使って迄生きて行く事は無い?そこが間違っている?何度言われた事だろう。それでも何も変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月26日 (土)

予想通り。骨折り損のくたびれ儲け?ただそれだけでもなかった

Img_2039

Img_2040

Img_2041

Img_2042

Img_2044

大阪府立中央図書館は東大阪市「荒巻」にある事を知る大阪府民は多く無い。最近、本を読まない人が多くなり「図書離れ」と言われているからそれも当然の事だろう。図書館に多くの本を貯蔵しているがこの立派な図書館に足を運ぶ事もしばらく無いに違いない。そんな生き方をしている。

Img_2045

Img_2046

Img_2047

Img_2048

Img_2050

ここはOSAKAメトロ(旧大阪地下鉄)の御堂筋線本町駅の中央線、四つ橋線の乗り換えエスカレーター。おばちゃんが頑張って歩いているがこの世代がギリギリ?更に高齢者になるとこの乗り換えは不可能になる?どうして?それは歩いて見れば良く分かる。

歩く距離が数百メートルを超える。それと人波が半端で無い。親父もいずれ歩けなくなる?親父達が若い頃は御堂筋線しか無かった。大阪の北から南迄。この地下鉄の歴史は古い。(大正の時代に完成している?)

これから乗り換えをする中央線は地下鉄ではなく市電だった。その地上を走る市電でも乗り降りは大変だったが、この市電は御堂筋線の下を交差しているので地下が深い。ジジババの足では容易では無い。同じ事が京都、神戸の地下鉄でも東京名古屋でも言える?

Img_2051

Img_2052

Img_2053

Img_2054

この路線は7駅先で近鉄が乗り入れている。当然運転手が変わる。行き先終点は(学研奈良登美ケ丘)名前は凄いが奈良の最西の新興住宅地。この駅の先にJR学研都市線(旧片町線)が奈良木津駅と繫がっている。ただそこ迄は繫がっていない。

この路線で奈良駅に出るには3つ先の駅(生駒)で乗り換えをしないといけない。乗り変え無しで奈良に行くには大阪駅から大和路快速か難波駅から近鉄奈良線になる。親父が今住んでいる大阪北摂から地の利は良く無い。だから殆どがこの図書館を知らない。奈良にも行かない?(行かないのではなく行けない?行く事も無い?行くとしても1人では行けない?)

Img_2055

Img_2056

Img_2089

Img_2087

久々の近鉄荒本の駅。(と言っても駅はこの高架の下)生駒の山が近い。東大阪市は物造りの街と言われて多くの中小企業が頑張って居るがその掛け声とは裏腹に行政の取り組みは元気なニュースを聞かない。一度取材しますか?そんな暇は無い?ええカッコすな?かもしれない。

Img_2063

Img_2064

Img_2072Img_2084

立派な図書館。4階建ての建物。目的の蔵書は大阪中之島図書館で紹介して貰っていたが簡単には見つからなかった。先日最寄りの図書館で国立図書館から取り寄せてもらった小冊子に記載されていた参考文献で検索してもらう。

国鉄100年史(大阪、天王寺、福知山鉄道管理局)本当に知りたい福知山線の路線図は見つからなかった。意外と失われた歴史を辿る事は難しい。それでもこれは予想の範疇(はんちゅう)?仮に見つけられなくても自分の眼と足で確かめれば良い。ただそうなると時間が掛かる。それだけの事。ただその時間とお金は無駄ではない事を実感出来れば上等。

Img_2075

Img_2078

Img_2080

図書館前の庭。素晴らしい環境。市民の憩いの場所?そう思いながら覗いて見ると手入れは行き届いていない。多くの大阪市民はこの図書館を利用する事が分らないがネットで調べて見ると、この図書館も指定業者に任されている。大阪府のコスト削減?ただ指定業者に任されている事は図書館蔵書の維持管理。この緑の管理はうやむやにされている?

それは大阪府の担当部署に聞かないと分らない?聞いてもとぼけられる?親父の取材はえげつない?大手のマスゴミも無関心?大阪府の財政にそんな余裕は無い?それも違う。お役所仕事とはそんなもんでは無い事を知事でも否定はされ無い。知らないと言う事はそう言う事です。

Img_2081

Img_2082

Img_2088

東大阪市役前の植え込み。流石にこんな街は少ない。東大阪市が以前不祥事(内容は忘れている。ネットで調べればすぐ分る)でニュースになったが市役所前の植え込みがこんな様で役所の関係者は何とも思わない?我が街でもそうだが担当部署に聞いても責任者の見解は殆ど聞けない。その下の見解を聞くとその街の行政の取り組みが良く分かる。そんな事は無いと思うでしょう?その程度の仕事しかしていない?コラ。

Img_2089_2

Img_2090

Img_2091

この中央線。反対側の終点は大阪港の先の人工島。このハイカラな名前同様近代的な街並が広がっている。この人工島とは別の島?でカジノ付き宿泊ホテル、会議場のIR法案が今国会の最後に決まる?そして2025年万博誘致。その大きな変化をどれだけの人が見届けるのだろう。7年後。どんな生き方をしているのか?それは誰も分らない。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

米朝首脳会談中止に中国激怒?笑わせるね。その程度の国だろう?

Img_1990

Img_1991

Img_1993

Img_1995

夏の様な日差し。帽子がいる。サングラスを掛けて帽子を被って(かぶって)厳しい紫外線対策?そうしないと今年の夏は体調を崩す?その心配はしないといけない?それでもこの暑さも長くは続かない?そんな気がする。今日は国立図書館から借り出しの本が来たので最寄りの図書館に出掛ける。

Img_1996

Img_1994

Img_1998

Img_1999

Img_2000

Img_2001

この通りは市内の幹線通りではない。しかし整備された広い通り。この先坂になり右側の「丘の上図書館」がある。駅前から歩くと17、8分?今日は市役所に立ち寄ったので少し時間が掛かっている。この道を歩く人も殆どいない。親父がこの植え込みを見ながら嘆く意味も殆どの人が分からない。

この街だけでなくよその街でも同じ。それでも誰も気にもしない?当然管理者もクレームが無いとこの雑草を抜く事は無い。いずれ恥をかかせてやる。(コラ)この植え込みの管理者は道路管理者。当然課長も係長もいる。彼等は信じられない事にこの現実を知らない?嘘でしょう。かも知れない。

Img_2024

Img_2025

Img_2015

地域の人達は何をしているのだろう?この地域の古くからの家の住民は高齢化してこの草むしりも出来ない?当然自治会もあるがそこでも話題にもならない?そんな事もどうでも良い?この街が整備され道路が「山桜通り」と呼ばれてもこの無様さは如何ともしがたい?

Img_2011

Img_2012

Img_2013

我ながら会心の一枚。これほどひどい無様な姿は役所の人間は殆ど知らない。親父とお友達の人も少なくないがこんな管理しか出来なければ役所の人間としてその責任が問われる?問われる事は無い。責任をたらい回しするだけで自分達には何の責任も無いととぼけるのだろう?

今年の四月。組織改革で組織が改編されても何も変わらない。倉田のおっさん(市長)はこの程度の事も変えられなくて何を変れるというのだろう?そんな市長が支持される。この街も情けない街になる。じゃーお前がやれ?やってよろしいか?アンタにそんな権限は無いだろう。無ければ黙っていなさい。それはお互い様。

Img_2021

Img_2022

Img_2023

図書館で取り寄せてもらった旧福知山線の小冊子は旧大阪鉄道管理局のOBがまとめていた。しかし期待はずれ。ただ参考文献の出所が分かる。その資料は大阪中央図書館にある。大阪中央とは良く言えたもので東大阪市にある。大阪北部からどの程度の人が出掛けるのだろう。この階段は図書館横の公園の階段。ホウキで掃く人もいない。

Img_2029

Img_2030

Img_2032

図書館の帰り日差しの強い中を歩いて帰る。丁度近くの小学校の下校時。狭い道を歩道一杯に広がりながら平然と大声を張り上げながら帰っている。別に避けないが当たれば怒鳴られる事を知っているのだろう?直前で避けて行く。子供達の安全が叫ばれている一方危機感が足りない。彼等にその自覚が無い?

Img_2033

Img_2034

Img_2037

Img_2038

運転免許証が役に立たなくなって(車を所持しなくなって)不要になる。ただ返上はしていない。その理由はいつか又車の運転を迫られた時に必要になると思っているから。馬鹿だなあ。アホやんけ。アホです。アホとかボケとか言うなと言われるが良く考えてみるとアホはアホなりにボケはボケなりにののしられると不快に感じるのだろう?

テレビの経済ニュースのコメンテーター(女性)が日大のニュースを聞く為に理解出来ないと不快な顔をしている。確かに不快なニュース。経済的には何の意味も無い。しかしマンモス大学の体質が見え隠れした時にその危機管理を誤るとこうなる位の理解は出来ないのだろう?この女性コメンテーターもそろそろ賞味期限切れ?失礼?

そんな批判も出来ないのだろう?日本経済新聞の経済ニュースもそろそろ見切り時?そんな事も関係ない?いつ迄も支持される事は無い事位分からないのかも。これだけ不祥事な政策を続けても国会では働き方改革の法案成立?政権批判を尤もらしい顔をして口にしていた自民党の若手次期総裁候補?も野党批判。オイオイ。政権批判はどうなったのかい。運転免許証の住所変更。番地が違って再度変更。

その書類を書いている時にオバちゃんが免許返上時にその代わりの証明書の話を聞きに来る。その話が長い。しばらくおとなしく聞いていたが口を挟む。待っている。忙しい。時間がない。確かに。免許証は身分証明にも使われている。マイナンバーカードの普及率が全国でも低い。その対策も進んでいない。いい加減にしなはれ。尤も親父も手にしていない。そのメリットを感じないから?それは手にして言いなはれ。


 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻生財務大臣の責任の取り方 これがこの国のリーダー達の常識

大阪は今日は初夏を通り越して真夏の天気?盛夏の時と違うのは爽やかな風?しかし世の中は何とも無様な姿を晒している?それも違う。世の中にはいろんな人がいる。そのいろんな人のごくごくわずかな人が無様な印象を与える?そうだとしたらそんな無様な姿に目を向けなければ良い?それは言える。

そんな生き方、暮らし方をすれば何も無様な嘆きの言葉を重ねる事は無いのかもしれない?しかしそれではイカンだろう?そんな事はありません?そんな生き方もある事を知る事が賢い生き方?まだそんな考えは出来ない。ただどんなにそんな思いをしても心が満たされる事は無いに違いない。

そして口にした怒りの言葉が与えた影響の大きさに自己嫌悪を感じるのだろう?アホな生き方です。本当にそんな生き方をしていたら長くは生きられない?それは覚悟していたがそれも違う?これからの高齢者はその事も自覚しないといけないのかもしれない?ところがそんな生き方は全く評価されない?

麻生財務大臣が財務省も「森友問題」を陳謝している。しかしこの大臣の責任はお詫びでは済まない事を計らずも(思いも寄らず)理解していない。それともそんな事は分かっていても自分が辞任する影響の大きさを考えて口先だけで責任の大きさを謝れば済むと思っているのだろうか?別にこの手の決着の付け方は例外ではない?

事実多くの報道、ネットのコメント(本当は何の役にも立たない政権賞賛、そして批判)そんな多くの言葉もいずれ忘れ去られてうやむやになる?事の真実を明確にしなければならなかった検察庁も官僚達の責任を明確には出来なかった。公文書を改ざん(書き換え)ても事実のねつ造ではない?アホでしょう?事実を書き換えなくても都合の悪い事を無かった事にすれば公文書改ざん。その程度の事は罪に問えない?

これが事実認められたら役所の仕事は終わりです。その程度の事も分からない検察。多くの国民。事実は小説よりも奇なりではなくて事実は事実ではない。今、日大アメフト部の監督の責任が問われているがどんなに事実を隠蔽しょうとしてもこの部は信頼される事は無い。

同じ事が政治の世界、官僚の世界で行われてもその罪は問われない?そんな馬鹿な事が行われている。そんな生き方が求められている。そんな事が許される訳が無い?アホやのう。アナタがね。アメリカと北朝鮮の首脳会談中止。北朝鮮は次はどんな手でアメリカとランプ大統領の怒りを(決断)を変えるのだろう?

そんな事もどうでも良い?それにしても知らないという事はその程度の事だろう。いずれ現代の私達の生き方は後世の人に問われる。そんな事もどうでも良いのだろう?事実、私達は戦前(アメリカとの戦い)を知らない。アメリカの友好国だった日本がどうしてアメリカに無謀にも竹槍でも勝てると思ったのか?

職業軍人だった親父から言われた事がある。戦争に勝つには国力の圧倒的な差が無いと勝てない。その言葉は今でも忘れていない。(だからどうした)その程度の事も教えられる事は無い。この国は今豊かな国になったと多くの人が思っている。本当にそうなのか?その事がこれから問われる。高齢者はもちろん現役世代もこれからその生き方を問われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

高齢化対策誰がやるの?政府に期待する?政府はその期待に応えられるのかい?

Img_1967

Img_1968

Img_1969
Img_1970

Img_1972

店頭に紫陽花の花が見られるが紫陽花の似合う季節は五月晴れの時ではない?紫陽花がこれ見よがしにその存在を見せつけるのは6月の梅雨時?それでも季節は例年の勢いを上回っている?そんな事も関係ない?季節がどんなに変化をしても個人の生活には関係ない?ところがそうではない事を思い知るに違いない?

Img_1971

Img_1973

Img_1974

Img_1975

Img_1976

今日は予定変更で宝塚総合庁舎に出掛ける。この庁舎は兵庫県の出先機関。この程度の事を長い間分からなかった?そんな事もどうでも良い?かも知れない?その程度の政治に対する関心?期待?多くの人がそんな生き方をしている。なんだかんだ言っても多数決の論理は変わらない?

少数の人が喚いた(わめいた)処で何も変わらない?森友、加計問題の真相は自分達の都合のいい様に解釈されてもみ消される。麻生財務大臣の責任は問われない?安倍総理は辞めない?本当にそんな事が起きるとは全く思わなかった。このふざけた政治。それがこの国の形?

今、地方の問題(過疎化、限界集落)の問題が都市の問題になろうとしている。そんな事も関係ない。この里山再生循環型エネルギーの問いかけ?そんな面倒な事は知らない。不満があるならそんな所でぐずぐず言わないで地方で暮らせ?そしてガスと電気の生活から薪ストーブと自家発電の生活をしろそう言われている。

馬鹿たれ。戦前の体制批判の人達を叩き潰した論理と何も変わらない。人々の生活、考え方はその程度に愚か?その程度に成り下がる?そうかも知れない?しかしこの歳になると何もそんな考えに染まる事は無い。その足掛りをを掴めば心のモヤが晴れる。今日は思いがけなくそんな人に出会う。人間は考える葦(あし)である。この哲学的言葉の意味もこの国では無視されている?そんな事は無い?では現実はどうだ。

Img_1977

Img_1979

Img_1980

兵庫県宝塚庁舎。ようやく場所を覚えました。最寄りの駅で降りるとややこしい狭い道を一部歩かないといけない。JR福知山線が地域の直通の道を妨げている?今回は宝塚終点から以前利用していた阪神バスで向かう。殆ど歩かないで済んだが歩く距離が短く体の為には良くない。体の節々の痛みが最悪。朝方体の痛みで目が覚める。これから銭湯で汗をかいて新陳代謝を加速させないといけない?

Img_1982

Img_1983

Img_1985

Img_1986

Img_1988

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末?来週の始まりは新たな人生の始まり?悔いの無い人生を。

Img_1961

Img_1946

Img_1947

Img_1953

Img_1372

Img_1387

Img_1388

Img_1393

Img_1394

Img_1395

Img_1397

Img_1403

Img_1404

Img_1408

Img_1411

Img_1414

Img_1416

Img_1417

Img_1424

Img_1426

水琴窟と言われても知らないかもしれない。以前ブログにアップしたけれどこの竹の筒から聞ける素晴らしい水瓶の水滴の響きは殆どの人が聞く事は出来ない。だからどうなのと平然として聞き返す人もいるがそんな生き方もある。人の事はどうでも良いと思う人でもこの音を聞けば心が洗われるに違いない。そんな事も関係ないと言う人もいる。是非機会を見つけて素晴らしい音色を聞いて下さい





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月22日 (火)

久々の東京府中 今週末は日本ダービー。関係ないけどね。

Img_1953 Img_1930

Img_1931

Img_1932

Img_1934

Img_1937

Img_1938

Img_1939

Img_1942

Img_1943

Img_1944

Img_1947

Img_1949

Img_1951

Img_1952

Img_1954

Img_1955

東京競馬場は日本を代表する競馬場。その競馬場で今年も日本ダービーが行われる。ただ親父は競馬の馬券は買わなくなって久しいが今年は久しぶりに馬券を買う?それは日曜日にならないと分からない?おそらく阪神競馬場でテレビ観戦?それとも家でテレビ観戦?それとも?そうそれとも見向きもしない?それは無い気がする。

明日は大阪に帰る。大阪−東京間は新幹線で2時間半。今日はぼんやりと車窓の風景を見ていたが懐かしい風景を眼にしたのは一部分だけ。それでも初めて新幹線に乗ってから半世紀以上の歳月が流れていました。半世紀、歳を重ねてても人間的成長は無し?そんなもんかもしれない?それでも多くの知識を手にしている?この手を生かさない手は無い?それとも?そんな時を痛感していた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

嘘を言っても支持される?北朝鮮と中国とロシヤと同じレベルかい?そうです?

Img_1892

Img_1893

Img_1894

Img_1895

ここは何処?多くの関西人も知らない。東京の人間や地方の人は殆ど知らない。知らなくても関係ない?ところがここは大阪駅北口の旧国鉄貨物ターミナルの跡地。当然この土地の所有者は国鉄清算事業団が高い値段で処分している?その経緯は全く知らない。そんな事もどうでも良い?そうはいかんだろう?それがそうではない?

Img_1896

Img_1897

Img_1898

この土地の所有者はUR賃貸?そんな報道はきちんと入札の結果として報道されている?しかしその金額はいくらでどんな形で支払われたの?言うまでもなくUR賃貸とは独立行政法人。国土交通省の外郭団体?この言葉の意味も殆ど知らない。国土交通省は国の機関。このUR賃貸も民間団体ではない。

言葉は適切でないが国の一等地を独立行政法人が入札で所得するのは何も問題ない?そうなの?国鉄の赤字が国鉄の民営化で解消されたと嘘つきが高らかに宣言している?も少し国有財産の管理を公明正大にやってもらわないとアカンでしょう?そんな事は誰も言わない。

因に今見えている特急は大阪駅には停まらない。(停まれない)。その対策の工事が正面で行われている(鉄路がここ迄移動し大阪北駅?が出来る。)数年後に完成。この場所は大阪駅北口再開発2期工事予定地。大阪市民の意見も取り入れられて開発工事は行われる。大阪市民だけの土地ではない事を彼等は知らない。

国有地払い下げのあり方が問われてもこれが現実。彼等にもっともらしい事を発言する資格は無い。そんな事も誰も言わない。その程度の国民です。多くの深刻な政治と社会の課題もマスゴミの情報操作で殆ど知られていない。嘘だと思う?そんな事も関係ない?いずれ地獄にたたき落とされる?アンタがね?かも知れない。

Img_1900

Img_1904

Img_1908

Img_1909

Img_1910

この大阪駅が改装され様相が一変したがホームの混雑はラッシュ時だけでなくなっている。その原因は外国人観光客で利用者が激増。ホームにエスカレタ−設置でホームの通路が狭くなる。いずれパニックが起きる。その時に対策が求められる。JR西日本の体質は報道機関と何も変わらない?

クレームを付けられても聞く耳が無い。広報の窓口も直通電話が無い?あります。お客様相談窓口。放送局、新聞社も全く同じ対応。そして彼等は口先だけはお客様第一。嘘こけ。その程度の対応で問題は解決する訳が無い。それでも関係ない?そんな訳が無い。その事を知らないだけ?関係ないと思っているだけ?

いずれ他人事ではなくなる?それでも親父ごときがガタガタ言っても仕方が無い。今日は旧福知山線のルートを偶然知る? 今日、梅田で用事を済ませて時間が余ったので久しぶりに馴染みの本屋で「旧福知山線」の本を探す。ピッタシの本は無く買わなかったけれどぺらぺらめくっていた本で旧福知山線のルートを知る。

そこは鉄橋も流されて完全に廃路になっていた。いつか歩けるのかな?教えてくれる人を捜さないといけない?アホ。最近「武田尾」にハマっているがこの自然の素晴らしさは今は殆どの人が知らない。昨年の11月から木ノ本(このもと)−武田尾感の廃線敷きは整備され晴れて通行可になっているが道場−武田尾間は道が消えている?そんな事は誰も知らない。歴史とはそんなものかえ?

Img_1925

Img_1921

Img_1926

Img_1927

Img_1928

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大国の思惑 リーダー達の思惑 そして平然と行われる弱いものいじめ しかし考えてみると弱い方にも問題がある?

Img_1812

Img_1813

Img_1814

この間迄見事なツツジが見れていたと思っていたらその花も萎れて(しおれて)今度は紫陽花(アジサイ)の季節?いくら何でもそれは早い?と思っていた。それがどうだ。季節が1月先に進んでいる?それも違う。近くにある紫陽花の名所「久安寺」の花の見事は6月になってから?

Img_1815

Img_1816

Img_1817

この階段もいずれ上がれなくなる。毎回そう思いながら右側の手すりに縋る(すがる)のは10年先に行けない?その為には足と腰が若くないと駄目?歳を重ねると足腰が弱くなり眼と耳が悪くなり頭は更に鈍感になる?頭が鈍くなると考える事が出来なくなる。考える事が出来なくなると分けの分からない事を言い出す?

そうなったら一人では生きて行けない。誰に面倒を見てもらう?その程度の事も関係ないと思っているジジババも少なくない。どんこんならん?どうにもこうにもならない?その対策も関係ないと思う?そんな事はありません。人の事はどうでも良い。せめて自分がそうならない様に老体に(まだそんな年ではない)鞭を揮(ふる)わないといけない?

明日からのテーマ。「バイオマス産業都市の研究」ホンマかいな?明後日は東京にも出掛けるしボケてはいられない。西宮北西部武田尾にも行かないといけない?何の為に?自分の為?元気に生きる為?アホやのう。この歳になって大事な事を見失っていた。

「何の為に生きるのか」「何の為に嘆くのか」「何の為に?」くだらない事を考える?在るが侭に生きれば良い。そう言い聞かせて生きて来た。その答えが分からなかったから?その答えをやっと見つける事が出来ました。その答えが正解であるか?その事もいずれ分かるに違いありません。しかし間違っていても今更やり直しは出来ない。

Img_1818

Img_1819

Img_1820

Img_1821

百合の花が開くのは紫陽花の開花と同じ頃?どっちが早いのかな?そんな楽しみが出て来た。財務大臣の辞任の賭けには負ける?今頃は総理大臣も辞任してこの国の政治の世界も大きく変わると思っていたが全くそんな事はない?何たるリーダー達の責任の取り方だろう?

そんな国には惨憺たる未来しか無い?そんな事は無いと笑われるのだろう?そんな事はおまへんで。失われた信頼は余程の成果が伴わなければ取り戻す事は出来ない?そんな事も関係ないととぼけるのだろう?閻魔大王はそんなインチキを許すのかな?そうだとしたら神も仏もいない言われたおいちゃんの言葉は正しかったのかもしれない。無念の思いでこの世を去った多くの人の為にも力を与えて下さい。アホ。

Img_1822

Img_1823

Img_1824

Img_1825

Img_1826

Img_1827

Img_1828

Img_1829

体育館横のオーバーブリッジ(谷を跨ぐ)この橋の横は体育館。自転車とバイクがこの歩行者専用道路の上に置かれ始めて久しい。この張り紙の横にも平然と置かれている。体育館の責任者の見解と改善策を聞いてみる。館長は不在。代わりに応対してくれた青年はご意見は申し伝えるとしか言えなかった。

当然だろう?これがこの国の常識。そんな常識は簡単に潰す事が出来る。多くの人が見て見ぬ振りをしていると財務省の公文書改ざん迄もが違法行為ではなくなる。検察もクズだな。国の税金で仕事をしていると公正とかそんな青臭い事は関係ないと考えるのだろう。今回の報道の事実も多くの人は関係ないと思っている?アホだろう?アホです。

Img_1830

Img_1831

Img_1832

Img_1833

Img_1834

Img_1835

Img_1836

Img_1837

Img_1838

久々の五月山ドライブウェイ料金所下の散策の道を歩く。ここは公園でも何でも無いがベンチが整備されている。この上のアスファルトの小径を歩きながら見下ろすだけだったがこの先の階段から降りてベンチに座る。手にして来たおにぎりをぱくつきながら頭上に目をやると見事な青葉の紅葉が日陰を作っていた。

Img_1851

Img_1852

Img_1853

Img_1848

Img_1849

Img_1845

Img_1846

Img_1847

これで今年の秋の楽しみが増える。見事な紅葉が見れるのは関西では12月の年の瀬を迎えてから。今年の秋はどんな生き方が出来るのだろう?情けない暗い話をしているに違いない?親父はそれが当たり前に生きて来た。そんな生き方を多くの人が不快に思うだけでなく無視して来た?

この歳になってもその事は何も変わらない。しかし生きるという事は親父の場合はそう言う事だったに違いない。この生き方は死ぬ迄変わらないに違いない?それでもそろそろドブネズミの様な生き方は止めた方が良い?失礼な。本人は快適に生きている?嘘をつけ。怒りの葡萄(ぶどう)の作者スタインベックは屁をこいで笑っている?アメリカもその程度の国ってか?分かりません。

Img_1854

Img_1855

Img_1861

Img_1860

慈母観音。聖母マリア、母親は観音様?それとも聖なる母?仏教でもキリスト教でも人類の歴史の中で宗教とは何?その事が問われても罰当たりな人間の愚かさは何も変わらない。レ、ミゼラブルで教えられた生き方は人間の尊さと信仰?信じる者は救われると言われるが日本人もアメリカ人もどれだけの人が救われているのだろう?

子は親を選べないと言われるが親も又国を選べないのだろう?聖母がいれば聖父はキリスト?慈母観音がいれば慈父観音は誰?そんな馬鹿な事を言っていると罰が当たる。役行者は修験道の主です。知らん?だろうな。聖徳太子が開いたと言われる近くの中山観音の観音様はどんな生き方を教えてくれたのだろう?それは分からない。

Img_1864

Img_1870

Img_1874

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

腰が痛い その原因も分かっている しかしこのままでは動けなくなる?そんな事は無いだろう?甘いな。

Img_1795

Img_1796

Img_1797

Img_1798

Img_1799

Img_1800

今年の3月に整備された古墳。この古墳は半世紀以上前に一度整備されている。その時はこの古墳の価値が分からずに、旧日本住宅公団の団地造成で取り潰される運命にあった。その計画が見直されてこの古墳(茶臼山古墳)が残されたのは当時の市長のお陰だった。その顕彰碑が残されている。

しかし今回3月の整備事業の工事費は多くの池田市民は知らない。何たる無様な宝くじの社会貢献事業?(そんな事は誰も言わない)その様がこの有様。文句を言うのは親父位の者。この馬鹿たれ。この整備事業は6500万円のお金が使われている。もう一つ言わせてもらえばこの古墳の前に立派な宿舎がある。

(池田の市内だけでなく天気がよければ淡路島、六甲の山並みが一望出来る)。きちんとした看板が無いので以前から不思議に思っていた。UR賃貸従業員宿舎。独身社員用でもおかしいが社員家族用。知らないという事はそう言う事。UR賃貸のあり方は他にも多くの疑問がある。

しかしそんな報道は全くないので殆どが知らない。独立行政法人のあり方が問われてもその実態は国土交通省の天下り?公務員改革が最近問われないのはどうして?それでも働き方改革?オバカな国民は何処迄コケにされるの?実態は何も分からない。

国有地のおかしな払い下げ問題が国会で追求されても大きな社会問題にならないのはどうして?いみじくもその責任も取らない財務大臣。総理大臣。そんな人が支持される。これからそんな社会を少し平静に見てみると面白い?公共放送、民間放送がいかにおかしな情報しか伝えていない?よく分かる。それでもこの国は豊かで平和。嘘ばっかり?

Img_1801

Img_1802

Img_1803

Img_1804

これは土盛りされた古墳の土が雨水で流れ落ちない様に植えられた笹。笹がこれだけ植えられて根付くには小さすぎるとは思わない?誰のアイディア(考え)造園業者の考えではない事は間違いない?そんな事は誰も知らない。行政の担当は枯れた様に見える「笹」も夏には青々と息を吹き返す。

そんなオバカなことを言っていた。一度枯れた植物が息を吹き返す。そんな事がある筈は無い。担当課長にその維持管理の方法を申し入れているが間違いなくこの笹は多くが根付かない?その事は今年の冬に証明される。その前に今年の梅雨か台風で大雨が降れば一気に潰される。その時どんな対応を取るのだろう?そんな事は誰も考えていない?エリート達が考える事はこう言う事?全国の文化遺産の維持管理が難しいのはそう言う事?違うだろう。

Img_1805

Img_1806

Img_1807

Img_1809

Img_1811

この入り口の右側に階段がある。しかしこのスロープ何故か入り口にチェーンがはられ鍵がかけられている。何たる無様?車いすでは入れない?そうではなくてこの意味が分からない?まさか車いすの方お断り?これが本当の間抜け。歩いて出れなくて引き返す。この古墳に来たのは早くも4回目。散歩コースも多くなる。その度に不愉快な思いをするのはまだ青いから?そうではないだろう?腰が痛い。もっと歩け?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

働き方改革法案成立も時間の問題 ならば働き方を考えろ?

Img_1746

Img_1747

Img_1748

何時もの散歩コース。しかし今日は市立図書館に向かっている。散歩コースは手前を左に折れるがその角の桜も青葉の季節を見せつけている。このお菓子屋さんも歴史は古い。それでも中に入るとそんな感じは無い。一度商品を買い求めた事があるが茶店の感じは失せていた。ここは能勢街道。昔の風情も新興住宅地が多くなり道も狭い。当然一方通行。そのうち通行規制を受ける?

Img_1750

Img_1751

Img_1752

Img_1753

Img_1754

この狭い道に面して立派な庭のお宅がある。昔からの名士の家?それともお金持ち?世の中こんな生き方をしている人もいる。今国会最大の争点だった働き方改革?そんな事はジジババには関係ない?ところが現役で働いている人はそうは行かない?しかしそれも関係ない。

高度プロフェッショナルな働き方をしている高収入の人が対象?そんな見えすえたごまかし?が公明党と維新の賛成多数で可決する?政府、官僚達は嘘つきだと国民の3割の人は思わない?そんな世論調査とやらが尤もらしく伝えられる。親父達は関係ないと思って良い?人間何時迄生きられると思っているのだろう?

Img_1755

Img_1756

Img_1757

本日も目的地の一つが最寄りの図書館。近くの図書館になかった本(小冊子)を国立図書館に在庫が確認されたのでその申し込みをする。その手続きが終了して到着の時期を確認して声を荒げる。3週間前後と言われる。それはあんまり。話にならんと文句を言っていると閲覧室で本を読んでいた婦人に注意される。ごもっともと思いながらそれでは別室で館長にと思いながら引き下がる。館長も女性だった。

Img_1758

Img_1759

Img_1760

Img_1761

Img_1762

この道は市道?府道?国道ではない。それぞれ管理者が違う。それが土木事務所で教えてもらって初めて知る。ここは歩道と車道の分離帯。桜の樹が植えられている。ところがこの植え込みの様は何だ。管理者はいない?そんな事は無いだろう?クレームを付けられないとこの草刈りは出来ない?はり倒せ。コラ。

Img_1763

Img_1764

Img_1765

これがこの桜の管理者の仕事の成果?桜の剪定を放置した結果。桜は切るバカと言われるが切らぬバカとはこの事だろう。これだけ細かい枝が剪定されない無様さをどう始末するのか見物だな?そんな裁定も出来ない?お役所仕事とはそんなもの?批判をされないとこんな結果になる。それでも関係ないととぼける?だろうな。

Img_1766

Img_1767

Img_1773

この草を抜いて綺麗にする事は容易ではない。暇なジジババに任せる事も出来ない。だからこの結果?これはこの街だけの話ではない。全国何処の街でも共通する問題。こんな草抜きを行政がやる必要は無い。そんなお金はない。もっとひどくなれば当然草刈りをする。その程度に考えている?その程度の事も考えていない?嗚呼。

Img_1774

Img_1775

Img_1776

これだけの大きな枝になると切り落とす事が出来ない?そんな事は無い。庭師のプロの手を借りないと行けないかもしれないが、逆に言えば桜の美しさはそれだけの手間隙とお金が掛かる。それだけのお金が無ければ豊かな環境は作れない?その程度の事が分からない?そうではないだろう?その程度の仕事ができないという事?それでも尤もらしく仕事に成果は問われる。

Img_1777

Img_1779

Img_1781

近くの図書館の中で看板に地名の入っていない図書館がわが町の図書館。図書館はその地域の知的感覚の見本?そんな事もどうでも良いが親父自身、図書館の存在意義がこの歳になっても分からない?子供達の自習室?ジジババ達の蔵書閲覧室?その実態は利用してみれば分かる。一種独特の雰囲気?これだけ多くの人が静まり返った室内で読書を楽しむ?親父の様な人種はお呼びではなかった?

国鉄福知山線の歴史を知ろうとして最寄りの図書館を探しまわる。信じられない事に図書館の国家資格を持った人でも探し当てる事は無かった。結局探し求めた本は国立図書館にしかなかった。その本を取り寄せてもらう。お取り寄せが出来るのは非常に嬉しい。ところがその期間は3週間先。しかもその本は借り出す事は出来ない。

それでぶつぶつ大きな声で担当の女性に文句を言っていると遠くの部屋で本を読んでいたオバちゃんに叱られる。ただその時でも親父は相手を横目で見ただけで無視していた。気持は分かるけれどアンタに言われる筋合いは無い。そうは思わなかった。これ以上大声を上げると迷惑をかける。そう思うと話を切り上げて事務室に向かう。

ヤバイ。館長は居た。しかし男性と思いきや普通のオバちゃん。コラ。用件を手短に言いながらサービスの改善を求める。大体なんやねん。この言葉でこのおっさん怒っていると受け取られる。ただ親父の言葉はもっともだった。国立図書館から本の貸し出し出しを求めるのは初めて。その説明が不親切。

大体(又この言葉を使う)この忙しい時代。3週間先では間に合わん。同じ言葉を繰り返す。ご尤も。ただこれがルール?嘘だろう。最低でも10日以内でないと間に合わない。(そう言われても)用件はそれだけでは無かった。関係ない話が続く。(決して関係ない話ではなかったが)

お忙しい時間をお構いなしで1時間喋り続ける。アホ。この後近くの公園を歩く。清掃はどないなってまんねん。ここでも一人でぶつぶつ言っていた。働き方改革?国会で何でそんな事を決めるの?その程度の事もアホは殆ど分からない。仕事の成果は働いた時間では評価しない?馬鹿だろう?馬鹿です。

所定の労働時間を越えて働いても無休?アホでしょう?そんな法案を何で国会で採決されるの?その程度の批判も出来ない?本当の働き方改革とは所定労働時間で成果を出す。その時間を越えたらそれは仕事の量に問題がある。管理者はその尻拭いをするのでなく改善の方法を経営者に具申(ぐしん)して改善を図る。

そんな働き方改革が求められる。その程度の事も分からない。それでも景気は良くなる?訳が無い。今景気が良いのは消費税も上げられなくても歳出の大盤振る舞いをしている政府の経済政策。マスゴミはそんな批判も出来ない。日本経済新聞社?経済界の広報誌?安倍総理はそんな政策を何時迄続けるの?

それは国債の信用がなくなる迄?そんな心配はご無用?経済の本質が分からなければいつ迄もそんな能天気な事が言えるのだろう?それともそんな経済理論も知らない?好景気の拡大は長くても7年。その期間に既に突入しょうとしている?嘘をつけ。その証拠は地方銀行だけでなく大手の銀行も人員整理を求められている。

知らんだろう?親父も知らない。それでも大手の銀行は破綻の心配は無い?親父も関係ない?そうは行かないだろう?静岡の優良地銀と言われていた駿河銀行が今、大きな不正融資で経営基盤が問われている。そんな事はこれ迄も行われていた?銀行は利ざやで稼ぐ体質を失いお金の運用で利益を出している。

そのお金の借り手を誤摩化さないと融資が出来ない?そんな現実は殆ど知らない?関係ない?貧乏人はね?ところがそのなけなしのお金の価値が無くなる。そんな時代が既に始まっている。それでも関係ない。当事者になればその絶望感がよく分かる。関係ないとはとても言えない。賢くならないと生き残れない時代が始まっている?

Img_1784

Img_1785

Img_1786

Img_1788

Img_1789

Img_1791

Img_1792

Img_1793

Img_1794


| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧福知山線の資料を探す。図書館に無い?そんな事は無いだろう?

Img_1724

Img_1725

Img_1726

阪急西宮駅。このカーブの路線は阪神競馬場直通路線。阪神競馬が開催される時に大阪梅田発の電車がこの路線を通過する?以前利用した事があるがそれは若い時の話。今でも競馬場直通電車はあるが、いずれそれも無くなる?そうなれば大阪梅田からの競馬場行きはここ西宮駅で乗り換えになる。

この西宮の駅は大きく変わっている。ただ問題も多く抱えている。それは阪神淡路の大震災の後遺症?その時に被災した人達の生活は今でも解消されていない?そのダメージは高齢化社会と共に深刻になる。ただ多くの人はそんな事は関係ない生活をしている。他人事?当事者にならないと分からない?ただ、街は本当に綺麗になっている。その現実を殆ど知らない。

Img_1727

Img_1728

Img_1729

この街に同じ故郷を後にした同期の桜が住んでいる。しかし親父とは全く違う人生を歩んでいる。今は全く交流がない。生き方が違えばそれも当然の事。全く気にしていない。以前はこの街に来れば必ず会っていたが今はそれも無い。それも必然の結果に違いない。故郷を捨てた人とそうでは無い理想論ばかりの親父。

会話が盛り上がる訳が無い。地域振興。地域の活性化と口先ばかりの話はしたくない?それも理解出来る。この素晴らしい商業施設と復興住宅。普通に生活が出来れば何もごちゃごちゃ言う事も無い?そのごちゃごちゃした生き方も又人生。それも関係ないと思っているのだろう。

政府の言う地方が元気になるとは何処を見ればそう言えるのだろう?岩盤規制を打破する?関西でも多くの地方が活性化し岩盤規制を打破する。兵庫県の養父市の取り組み。その市長が加計学園の民間諮問委員?知らないだろう?知らないという事はそう言う事。この市は農業特区として手を上げて政府から多くの支援を受けている。

その実態は全く知られていない。それも関係ない?知らないという事はそう言う事だろう。小泉新次郎はオバちゃん達だけではなく多くの自民党支持の若者達からも期待されている。しかしこの元小泉総理の息子。言っている事は奇麗事。本当のこれからの農政のプランは補助金のばらまき?地道な問題の評価は何もされていない?

Img_1731

Img_1733

Img_1734

Img_1735

Img_1737

阪神今津の駅で乗り降りするのは初めて。この駅と阪急西宮の間を単線で連絡している。この辺りは一度も来た事は無かったが大阪神戸の地の利の良さは昔も今も変わらない。この数駅先に阪神甲子園駅がありそこが終点。南は今津の浜。昔は海運の重要な港として栄えていた?

この辺りを歩いてみると素晴らしいレポートが書けるかも知れない。西宮北口図書館でも期待した「旧福知山線」の書物を検索出来なかった。優しい女性に色々注文を付けながら手数を掛けたが結局手にする事は出来なかった。図書館の利用方法は今迄全く問題にしていなかった。

図書館の利用方法は全く違う方法がある事を思い知る。ただ図書館のあり方も問われる。旧福知山線の歴史をまとめた本が無い?そんな事は無いだろう?学生の自習室や年寄りが新聞雑誌を読む所でもない。生涯学習が出来る知識のオアシス?今、多くの人がオバカになっている。オバカになってどんなに我が侭な生き方をしてもその先は知れている。そんな事も考えられない?くたばる時はそんな知識の弱者に容赦はしない?

Img_1738

Img_1739

Img_1740

久々の西宮市役所。この元市長は若さと行政改革の手腕が期待されたが結果的には「暴言」で失職。選挙で市民の支持を受けた新人が数百票の差で保守、公明党の支持を受けた新人に勝利している。それでも宝塚市と言いこの西宮の市長にも求められている課題は少なくない。期待した旧福知山線の資料は無かった。以前お世話になった資料室の担当は移動になり新任の担当はお役所仕事の典型?だった。期待はずれ。

Img_1741

Img_1742

Img_1743

期待した旧福知山線の資料は手に出来ず同じフロアーの道路部の西宮名塩道路担当の新任者に挨拶を申し込む。担当(係長待遇)は外に出掛けて不在だった。その代わり上司が対応してくれる。参事。0さんとは初めての出会いだったが気さくな方だった。名塩道路の工事の見通しについて雑談をする。

この道は兵庫県宝塚市と西宮市の北部を結ぶ重要な昔からの国道。ただ工事は未完成。最後の2キロ足らずの道が難工事。完成の目処は立っていないと言われて親父から強烈な皮肉の言葉を浴びせられる。しかしOさんは淡々としながら状況を説明してくれる。工事の主体者は国土交通省。おっしゃる通り。

その事は承知の上で丁寧な説明を求めている。親父も負けてはいなかった。最後にこのブログでも書いたハイキングコースの管理部門(道路補修課)を紹介してもらう。親父の問いかけに理解が得られなかった。理解されなくてもハイキングコースを行政が管理するのは無理があると親父のクレームも滑稽?

そんな事はどうでも良い?このハイキングコースは完全に忘れ去られている。行政が管理して居るという話も建前の話?そう思っていた。ところがこの担当者。自論を曲げない。そこで話がおかしくなる。行政がハイキングコースを管理して居ると言われるならその責任が問われる。

そうではなくてこの道は安全は確保されていない。そう宣言してもおかしくない。親父からそのことを言われても納得されなかった。そこ迄言われるとおやじもムキになる。参事の0さんは同席しながら苦笑していた。お忙しい所をお邪魔しました。しかし武田尾の活性化はこれからです。応援して下さい。

又、お話を聞かせて下さい。今日お話し出来なかった武田尾−道場感の327は武田尾の先で行き止まり。その再開の目処はありません。その話は今日はしませんでしたが又その話も聞かせて下さい。こんな話をするのも親父位です。武田尾は素晴らしい所です。そして今、その災害復旧の工事がもうすぐ完成します。

それでもこの地域の活性化のプランは聞けません。行政に出来ない事を民間がやる?そんな大それた考えがひょっとしたらひょっとするかも?する訳が無い。その為にお力を貸して下さい。これから一月もすれば梅雨の盛りとなる。大雨が降ると武田尾のハイキングコースは無惨な姿になる?

それは山裾の急傾斜地を横切るから?その道を管理して居る?そんな事はあり得ない?その言葉の意味を理解していない?今年は鍬と釜を持って雨合羽を来て道を整備する?流石にそれはあり得ない。いくら馬鹿でもそこ迄はやる気は無い?嘘をつけ。

武田尾ハイキングマップを作るのでは?やりかねないね?やりません。やるとしても自己満足?しかしこの道は西宮名塩財産区の中を通っているから勝手な事は出来ない。一人で出来なければ仲間を見つける?それもやりません。一人でそれも誰にも束縛されない自由。

そんな終の住処は夢幻に終わるに違いない。武田尾温泉は今そんな危機を迎えている。笹部新太郎氏は空の上からこの変わりゆく姿をどんな眼で眺めているのだろう?「鷲に聞け」確かに。しかしこの山に鷲や鷹はいるのだろうか?この武田尾温泉を発見した豊臣の落ち武者武田尾氏も苦笑しているに違いない。それでも再びの時は戻るのだろうか?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

忘れ去られた歴史。忘れ去られた国鉄福知山線。そうはいかんだろう?

Img_1656

Img_1657

Img_1658

Img_1659

Img_1660

Img_1661

Img_1662

宝塚図書館は馴染みの駅の近くにある。馴染みと言ってもこの駅で降りる事は多くはない。ただこの駅の近くに宝塚図書館がある事は電車からも見えるので知っていた。目的の本は無かった。こんな言い方をするのもおかしいが期待はしていなかった?それは昨日の大阪中之島で探しても無かったから?

意外と言えば意外。それでも諦める事は無かった。次の目的地はJR宝塚駅。しかしここでは情報を得るだけ。ところが駅の対応は最悪だった。担当職員が親父から叱責を受ける。駅長も助役も不在。ふざけるな。結局旧福知山線の情報は何も得るものが無かった。愕然として宝塚市役所の広報係長に嘆きの言葉?をぶちまける?

嘆きの言葉?福知山線が廃線になって30年足らず。現在はその廃線敷きの一部を歩く事が出来るが、歩く事の出来ない部分はその足跡さえも辿る事は出来ない?それがこの国の形?立派な言葉を尤もらしく報道する公共放送。この報道の実態はそれ程にレベルは低い?それでも批判される事は無い?そんな事は無い。それがこの現実に違いない?

Img_1663

Img_1664

Img_1665

宝塚市役所の東の山は親父が体調チェックをする「中山縦走路」がある。山麓を走る阪急電車の駅から4キロ奥にある。という事は山頂往復で8キロ?縦走路は5キロを超える。という事は?同じ言葉を繰り返すな。このコースを走破するには健脚でも半日は掛かる。親父は何の知らないで哭いていた。それも一人で。アホか。

市役所では広報の係長から色々教えてもらう。それでも旧福知山線の情報は無かった。武田尾の活性化の為には歴史を知らないといけない。歴史を知れば明日が見えて来る?歴史を知っても武田尾の活性化は期待出来ない?武田尾は消え行くのみ?それが民意だとすればそれはそれでも受け入れるしか無い?

そうでないとしたらどうする?それが問題だろう?今日は広報の課長とも名刺交換が出来る。広報。宣伝も怠っている。明日は西宮市の資料室を訪ねる。旧福知山線の歴史は個人が小冊子にまとめている。それが最寄りの図書館で取り寄せられると宝塚の図書館で教えてもらうがそれはしない気がする?どうして?個人がまとめた資料はネットの記事と大差ない?旧福知山線の路線図は東大阪の大阪中央図書館で手配する?

Img_1667

Img_1668

Img_1669

Img_1670

市役所の前は広いグラウンドと公園。子育ての環境としては最高の環境。このグラウンドの地下は飲料水が備蓄されている。阪神淡路大震災の教訓?しかし万一の時ここはこの地域の避難場所にもなる。ただこの素晴らしい環境の最大のネックは廻りの環境整備。この近くは高級住宅地が多い。しかし全てではない。その地域の連携をどう強化出来るのか?それが問題に違いない?余計なお世話?確かに。

Img_1674

Img_1675

前来た時には気づかなかった「お庭足踏み」静岡掛川の保健センター(特育センター)の様に大きくないが立派な施設がある。掛川のそれはコンクリート製ではない。全て小石。まん丸いものから尖った石迄。全て埋め込み。そしてこの手すりは無い。それでもこれでも足裏の刺激は大きい。

ふと振り返ると、かいらしい子供が平然と歩いて来る。「痛くないか?」と声を掛けても無視される。それでもニコニコしていた。親父達は老化の一途を辿るが子供達は進化の一途を辿る。彼等がこの国の未来を支える。その時、親父達はどんな生き方をしているのだろう?それとも生きては居ないのかもしれない。

Img_1678

Img_1679

Img_1682

Img_1683

これは可動堰?洪水時には倒される?何でここにこんな立派な堰があるのか?それはこの先を歩けば分かる。ところがここは河川敷の公園?この先には進めない。嘘でしょう?本当です。一度引き返して堤防の上の道を歩く。この先逆瀬川がこの武庫川に流れ込んでいる。

その合流部に歩行者専用の橋がない。何で?地域住民の合意を取れない?そんな事は何も分からない。親父は以前歩いているのでその事は分かっていた。しかしその実態は更にひどい事になっていた。?この対岸はそんな事は無い。河川敷の道がある。ただここと同様小さい川が流れ込んでいる所には橋は無い。少し回り道をしないといけない。

Img_1684

Img_1685

クレイジーな事に正面の橋迄行かないと対岸には渡れない。その橋を渡らないでそのまま上流に遡れば阪急今津戦「逆瀬川」の駅がある。そこから電車に乗れば宝塚の駅は2つ目。しかし歩くと本当に遠い。今日(昨日)歩いた距離は13000歩。9、2キロでした。歩けばお腹の出っ張りも凹む?それは無い。凹ませるにはストレッチと食事の量をコントロールしないといけない。バカテレビ。BS-1. 英国王室のファッション?テレビを消せ。

Img_1686

Img_1687

Img_1689

Img_1691

Img_1693

Img_1694

Img_1698

農業用水路取水口。農業はこの地域でもまだ活発に行われている?しかしいずれこの堰も不要になる?これだけの農業用水が必要になるという事はこの地域の下流にはまだ水田が多い?その取材をしてみると面白いかもしれない。日本の稲作。日本の米つくりはまだまだ?そんな事は無いだろう?この先堤防の下は何故か草が刈られていない?途中迄歩いて引き返す。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一気に暑くなる これも情報操作?違うだろう?

Img_1597

Img_1598

Img_1599

Img_1600

Img_1601

Img_1602

Img_1603

Img_1605

Img_1607

Img_1609

Img_1610

Img_1611

Img_1612

Img_1613

Img_1615

Img_1616

大阪中之島のバラ園。今は夏に咲くバラが見頃の時を迎えていた。関西のマスゴミが殆ど伝えない大阪の5月のヒトコマ?報道されないのはニュースの価値がない?その判断をしているのは誰?その程度の事も問われる事は無い?公共放送?アホこけ。これが現実。もっと厳しい現実は全く知らない。

その程度の生き方をしていても安倍政権の支持は変わらない。今年も暑い夏?アホこけ?明日からは又涼しくなる?明日はまだ蒸し暑い?そんな時、爽やかな花と心優しい人に抱かれる(いだかれる)一時の清涼感。そんな事を考えながらぼんやりとしていた。アンタはまだ若い。

外見はジジイそのもの?確かに。昨日歩いた距離。6、7キロ。12731歩。ホンマかいな。そんなに歩いていたらどんなに丈夫なウオーキングシューズも1足では駄目だな。確かに。ミズノで靴底の張り替えを依頼する。出来上がるのは来月。しかしあまり期待していない。

今履いている2足目も駄目?3足目は登山靴でないと親父の体重は支えられない?かも知れない。ウオーキングに求められる期待はこれから更に大きくなる。歩き回るとはそう言う事?靴に対する認識が変わる。靴はそれだけの投資が求められている?これからそんな生き方が何時迄出来るのだろう?

Img_1617

Img_1618

Img_1619

Img_1620

Img_1621

Img_1622

Img_1623

世界で認められた日本のバラ。この品種を生み出した生産者の苦労は知らない。それでも美しい物は美しい。この花の気高さに比べて政治家と官僚達の薄汚い生き方。彼等は最高の学問と知識だけでなく、いかに権力に貢献するか?その事しか考えていない?その事がこれ迄何度も証明されて不祥事にもなった。

しかし何も変わらない。そんな政治が行われても支持する人は3割を超える?その理由はその事が何も目新しい事ではないから?ネットの書き込みも平然と開き直りを支持している?信じられないがこれが現実。内部告発がこれからあっても何も変わらない?そんな事がいつ迄も続く?

見識者は何をしているのだろう?それとも彼等も又同じ穴の狢(むじな)そんな言葉も多くの人は知らない。それでも平和な国日本。何時迄続くのかな?今、大きな社会問題として突きつけられいる大きな課題。それが働き方改革?冗談でしょう?そんな事も分からない?今求められている事は己の働き方。そして親父達高齢者の生き方。その事が間違いない事を自分の生き方で証明しないといけない?

Img_1624

Img_1626

Img_1627

Img_1628

Img_1629

Img_1630

Img_1631

Img_1632

Img_1633

Img_1634

Img_1635

Img_1636

Img_1638

「しのぶれど」親父の為にポーズをとってくれた鳩。鳩は平和のシンボル?そうではない。人に慣れているだけ。オバカがパンクズをばらまくからその餌を期待している?「しのぶれど」しのぶれど、色に出にけり我が恋は、ものやと思うと人の問う迄。(百人一首)作者は誰だったのかな?平、兼盛?知らん。さり気なく淡々と無視?寂しいのう?むげねえのう?(大分の方言)気の毒?全然。

Img_1639

Img_1640

Img_1641

Img_1642_2

Img_1644

Img_1653

Img_1654

Img_1655
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

大阪の暑さも明日で一段落?大阪中之島図書館とバラ園に出掛ける。

Img_1555

Img_1556

Img_1557

久々の大阪梅田の風景。と言われても現在の大阪梅田を知らない人にはどこだか分からない。元々ここは大阪梅田御堂筋の始まり。左に曾根崎警察がありこの前方は梅田新道。右に広い歩道があったがそこは自転車置き場もあり汚い歩道があった。その歩道も歩く人は地下通路がこの先の梅田新道迄続いており殆ど居なかった。

その道を整備せずに何故か自転車置き場と通路が御堂筋側に拡張されている。当然車道は狭くなっているがその部分は北行き一方通行だから全く問題ない?御堂筋は南行き一方通行だけどこの間は(梅田新道からは)北行きが2車線確保されている?何でや?それを理解する事は難しい?その説明は大阪市から丁寧な説明も大阪府警からも無い?大阪市役所道路管理課聞いてみますか?担当部署が分からない?大丈夫?

Img_1558

Img_1559

Img_1560

大阪梅田新道交差点南北には横断歩道が無い。東西はある。何でや。地下トンネルが無い?東西に横断歩道が無いと言う事は年寄りも地下を通るかこの階段を上がるしか無い。この歩道橋も20年以上前に作られている。おっかあが元気な時に一緒に歩いた事がある。それ以来何度も一人で歩いている?この写真。ブログの書き込みで使わせて下さいと言われた事があるが断っている。何で?こんな写真。自分で撮れよ。

Img_1561

Img_1562

Img_1563

Img_1564

Img_1565

この歩道橋の上で狙った1枚。歩道が無いから自転車道も無い?自転車はこの交差点通行禁止ではないの?そんな表示はどこにも無い。この叔父さんは東西の車が赤信号の時堂々と渡っている。信号が変わって東西の車が走り出せばはねられる可能性は高い。

ここは国道。この交差点の管理は国土交通省大阪国道事務所が管理して居る。(という事は道路の管理は大阪市ではなくて国土交通省大阪国道事務所に聞かないと分からない?)兵庫国道事務所には行った事があるが大阪国道事務所には行った事が無い。突然訪ねても門前払い?アポを取ってお願いします?そんな仕事はしていない。アホ。

Img_1566

Img_1567

Img_1568

Img_1569

大江橋は車も通れるがこの橋は歩行者しか通れない。どうして?両側が階段。成る程。この橋が出来たのは? ネットで調べると昭和4年。しかし最初は橋ではなかった。この川(堂島川)の水質完全の為に可動堰として作られた。その役目は今は終えている。ただこのアーチ型の橋桁が水上バスの通行の妨げになっている。

Img_1572

Img_1570

この橋は淀屋橋。この上を御堂筋は通っている。この橋も水上バスが潜り抜けるは橋を支えているアーチが低い。この下を潜り抜ける船は作業船が殆ど。観光船は小型の専用船?水上バスは天井が稼働する船でも通行は難しい?観光船は対岸の左側からスタートしてこの橋を避けて上流に向かう。

Img_1574

Img_1576

Img_1577

Img_1578

Img_1580

Img_1581

住友財閥が寄付した大阪府立中之島図書館。大阪府図書館は別に中央図書館が東大阪市荒本にある。中央図書館は大阪地下鉄中央線から近鉄けいはんな線(相互乗り入れ)荒本駅下車北西400メートル。チョと遠い。今日欲しかった旧福知山線の路線図はここ迄行かないと手に出来ない。明日、JRの鉄道博物館の資料室に聞いてみる?それとも?(内緒)

Img_1585

Img_1645

Img_1647

Img_1649

Img_1648

通称「ライオン橋」流石のライオンも暑さにくたびれている?まだまだ暑さはこんなもんではおまへんで。部屋も暑くてエアコンを入れる?訳が無い。暑いと言ってもまだ5月。今日は半袖で歩いたが親父は暑さには強い?(寒さにも負けない)歩いているとはげ頭に日差しが容赦なく照りつけるがかかってこんか?夏の暑さはこんなもんではない。1時を過ぎる。この続きは明日。素晴らしい時を過ごす。

Img_1586

Img_1587

Img_1588

Img_1591

Img_1592

Img_1595

Img_1596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は蒸し暑い天気 ウオーキングシューズの修理に出掛ける

Img_1532

Img_1533

Img_1534

Img_1535

昨日の武田尾のハイキングコース。しかし流石にこんな道は歩けない。ハイキングコースの上?それとも下?下だとしたらこの下は谷。よろけてバランスを失うとアウト?這い上がるのは至難の業?こんな道を薄明かりの中を良く歩いたもんだ。日常の生活だけでなく非日常の生活でも常に危険とは背中合わせ。危機管理が出来ないとそのリスクは取る事は出来ない?だからこんな道は歩けない?だろうな。

Img_1537

Img_1538

Img_1539

Img_1540

Img_1541

それでもこれからの高齢者はこれくらいの山道を元気に歩ける体力が求められる?今迄は全く考えら無かった運動能力、行動力が求められる。そんな事は全然考えられない?高齢者はおとなしく言えに籠るべし?一人で危ない所を歩かないで下さい?そう言われている?それでも老いても自分で自分の始末をつける?そんな生き方が問われる?そんな事は殆ど共感される事は無い?

Img_1550

Img_1551

Img_1552

仮設モノレール。このモノレールの仕事に携わったのは半年間。大阪に戻って来て2番目の仕事だった。初めてのアルバイトはその前年、市場の白菜、卸の配達。この会社の仕事もしんどい仕事だった。それよりも危険な仕事だった。何の仕事でも同じだが現場の仕事は命がけ。不注意は即、大事故に繋がりその保証は何も無かった。

自己責任。親父は運良く怪我をする事は無かったが、同時期に入社した同僚は脊椎損傷の大怪我をする。この会社はそんな仕事をしては居ないに違いない?丁寧な仕事をしている?しかしどんな仕事でも口先だけで飯が食える人もいる。そんな仕事がいつ迄も続けられる?この国は本当に生活弱者に優しい国?そんな問い掛けは何も無い。

Img_1554

ウサギ追いし かの山 コブナ釣りし かの川 夢は今も巡りて 忘れがたき故郷。(小学校唱歌)そんな歌も知らない人が多くなる。故郷は遠きに在り手思うもの?そして哀しく歌うもの?(室生犀星)この豊かな自然を終の住処にする為には多くの試練が待ち構えている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おじいさんは山におばあさんは買い物に?暑さ対策?

Img_1476

Img_1477

Img_1478

Img_1479

Img_1481

Img_1482

昨日に続いて今日も武田尾。この山間部でも暑い。川の水は先日の雨でまだ濁っている。これでは川鵜も魚を捕獲する事は出来ないと思いきやところがギッチョンチョン。しっかり仕事をしている。橋の上からその仕事ぶりを見ていると飽きる事は無い?それでもこの濁りでは狩りも中々難しい?

Img_1543

Img_1544

Img_1546

Img_1496

本日の目的地は名塩−武田尾ハイキング道の右上の山麓の道。尾根道を降りて来た所迄。マップではよく分からないがこの先は尾根道を登り登り切ると左に尾根道を横移動する。少し登ってアスファルトの道に出るとそこがゴルフ場の外周道路。ゴルフ場の工事車両が時々通り抜ける。(滅多に出くわす事は無い)

Img_1485

Img_1491
Img_1548

この橋が完成したのは85年前。この橋は武田尾温泉に繋がる道に架けられている。しかし武田尾温泉は殆どが廃業。この事実はあまり知られていない。武田尾温泉の衰退は関西で殆どニュースにならない。何でだろう?温泉そのもの魅力は利用していないので分からないが現地を見ればこの地域の役割は終わった事がよく分かる。それでもそんな事は関西人に取ってどうでも良い事に違いない。その結果が現状です。?

Img_1492

Img_1493

Img_1494

この素晴らしい自然とウオーキング、森林浴、快適散策の道。殆ど関西人は知らない。日本人も知らない。そして100年人生とか地域活性化とか規制緩和とか尤もらしい事を口にしている。それでも多くの人達はそれで生きて行かなければならない?

その厳しい現実がこれから10年でどう変わるのか?その事が問われている。そんな事もどうでも良い?だろうな。その程度の国?その程度の生き方?その程度の考え方に過ぎない。明日も暑い日が続く?お爺さんは山におばあさんはどこに行くのだろう?

今日は先日のベンチで憩いの一時ではなく、山裾の山道(一応ハイキングコース)を横に歩く?(何で横に歩くの?)尾根に登る道は川下の緩やかな登りでないと無い。今日はその道を横に歩いただけ。明日はその緩やかな道を尾根迄登る?それは無い。明日はこの上の親父の憩いのベンチで体を休める?腰が痛い?マッサージを自分でしては駄目だな?

Img_1497

Img_1498

Img_1499

ここが憩いの場所。これからこの穴場を最初に誰に教えますか?その心配は無用。親父専用の休憩ポイント。武田尾の駅からここ迄片道1キロ。ここから即引き返しても2キロは歩く。今日歩いた距離は5、6キロ。武田尾のホームの上で腰が痛くなる。それでも普通に生活が出来るのは毎日歩いているからに違いない。これからその事が問われる。歩けなくなると何も出来なくなる。

Img_1501

Img_1502

Img_1503

Img_1504

今日はこの杉林を抜け足場の悪いガレバを歩く。下は谷。この杉林も下刈り、間伐は全く行われず杉の森林資源は失われている。ただこの杉林が荒れ果てるとこの急傾斜地は一気に崩落してしまう。その時は当然このハイキングコースも通れない。

Img_1506

Img_1507

Img_1509

Img_1510

Img_1511

殆どの都会人が知らない山間地域の貴重な森林資源の現実。この山の持ち主が居る。山の貴重な財産がどうしてこんな形で無くなって行くのか?それは多くの人が知らない。親父達が小さい頃はこの杉の葉と薪(たきぎ)は拾い集められていた。その仕事は大事な燃料としてカマドや五右衛門風呂で燃料として使われていた。

今はそんな家は地方でも少ない。それで放置されている。その対策は誰が行う?誰もやらない。木材もその供給先が失われ荒れ果てる?その結果はどうなる。山は荒れ急傾斜の崖は崩れ落ちる。10年後間違いなくこの山は大きな山崩れが起きる。その時、行政はどんな手を打つ?災害復旧の大事業だろう?そうして人々は生き延びる?

Img_1512

Img_1513

Img_1514

Img_1515

Img_1516

Img_1517

このハイキングコースは西宮市役所の担当部署が管理して居ると聞いている。しかしこれだけの倒木はこの山の所有者の許可が無いと細かく切る事も出来ない?この山の所有者は西宮名塩財産区。つまり旧名塩村の共有林。その権利者は社会的責任すら果たせなくても認知されている?

今時(今どき)こんな組織がこの程度の森林管理しか出来なくても行政指導を受ける事は無い?その程度の行政。その程度の森林管理。林野庁の出先機関は関西では近畿、中国、森林管理局。しかしこの組織は国有林しか管理出来ない。その国有林すら管理出来ない。

それがこの国の森林管理。その実態を殆どの人は知らない。山は荒れ急傾斜地は崩壊を加速する。この尾根が崩れるのも時間の問題に違いない。その実態は報道される事も無い。山が荒れるという事はどういう事なのか?知らなくても生きて行ける。森林の価値があろうが無かろうがそんな事も関係ない?そんな生き方が何時迄出来るのだろう?

Img_1518

Img_1519

Img_1520

ではどうすれば良いのだろう?その答えは行政に聞くとよく分かる。彼等は何も知らない。信じられない事にこんな山道を歩くのは担当者?監督者?部課長でない事は間違いない。彼等はそんの事はどうでも良い?山が荒れようと森林の価値が無くなろうとそんな事はどうでも良い?自分の責任が問われなければ何も自分から行動を起こす事は無い。お役所仕事は親父ごときの戯言では如何ともしがたい?そうかな?

Img_1521

Img_1522

Img_1524

この道を薄暗くなって良く歩いたもんだと苦笑していた。暗くなるとこの小石が白く見える。その灯りを見つめながら山側に重心を掛けて歩いていた。ここはまだ左の谷側に落ちても大丈夫に見えるが、それでも首に掛けているカメラを探すには一苦労だったに違いない。(そんなヘマはしないが)

Img_1525

Img_1530

Img_1527

本日の目的地到着。マップの矢印の位置が間違っているが正確にはこの矢印の上。この矢印の場所は尾根道に上がった所。この距離は数百メートル足らずだがそこ迄上がれば尾根道を左に戻る。その尾根道が武田尾から急登した崖の上。そのルートは登れない。等高線を見ればよく分かる?(垂直には登れない)アドベンチャーは例外だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

今日は夏日?全国的に1月先の陽気 今日も武田尾だな

Img_1474

武田尾の駅のホーム。トンネルの中と頭は(尻は)武庫川鉄橋の上。一日の乗車の数は100人以下?その多くは地域の通勤通学の人達。この駅を降りて下りてバスで20分の「西谷」の集落に観光で出掛ける人は殆ど居ない。駅は無人駅。行政もJRも為す術は無い?これが多くの地方の現実。

政治家達は口先だけで地方の活性化を口にして地域活性化の補助金をばらまいて支持を取り付けるだけ。ここは宝塚市。駅前の武庫川の向こうは西宮市。地域活性化の政策は公共事業だけ。堤防をかさ上げして防災に努めても人の住処は元に戻る事は無い。それでもそんな行政は全く批判されない。

どうして?多くの人はそんな事は知らない。関係ないと思っている。その関係ないと思っている地方のあり方がこれから大きく変わる?嘘だと思うだろう?嘘です。しかし高齢化、少子化の社会は間違いなく都市部も巻き込んでこれから深刻な社会問題になる。(既になっている。多くが知らないだけ)

知らないという事はどれだけの悲劇をもたらすのか?そんな事も関係ないと思われている。都会でいつ迄も元気に生きる。難しい事は考えなくてもなんとかなる?なりません。その事をこれから思い知らされるだけに違いない。腰が痛い。昨夜も激痛に悩まされる。

それでもこれから待ち受けている難儀な生活を考えれば、これは警告に一つに過ぎない。背中に手をやると大きな筋肉(筋)が背骨を支えている。その筋が炎症を起こしている?整形外科に行きますか?行きません。医者が処置する程度の事は自分でも出来る。この筋が大きく損傷すれば動けなくなる。その時を覚悟すればこの程度の炎症は自分で何とでも出来る?余分な脂肪の固まりを削ぎ落さないといけない?

Img_1475

かいらしい聖徳太子像?かいらしいとはどんな意味?田舎の言葉で愛らしい?かいらしい生き方を求められてもそんな生き方は殆ど出来ない?かいらしくない生き方。醜い生き方。とぼけたい生き方。事実をごまかして行く生き方しか出来なくても自分達を正当化する政治家達。

日本だけかと思いきやアメリカも北朝鮮もロシアも同じ?いいやそれ以上?そしてその代償を支払わされる。ばかにされコケにされてもアメリカのチビ?そんな政府が支持される。恥も外聞もない?武士道とは?そんな言葉は時代遅れ?今の世の中は権力を手にした者がそうでない多くの貧しい人を馬鹿にして利用する?

そんな世の中はいつ迄も続かないとは思わないのだろう?歴史を知ればその事は何度も証明されている。聖徳太子もこんな童子ではなかった?聖徳太子もその存在は歴史上なにも証明されていない。それらしき人は居た?その程度の事もどうでも良いのだろう?国の歴史は神話でしかない?

この国の成り立ちを考古学者も学術的には証明出来ない。多くの古墳が発掘調査も出来ない。多くの古墳の名前も知らない?仁徳天皇陵もその証明は何も出来ない。奈良桜井の日本で1番古いと言われている古墳も多くの人は知らない。宮内庁の管理して居る古墳の発掘調査は殆ど出来ない。そんな事実も殆ど知らない。その程度の国です。天皇陛下万歳?いつ迄もそんな国のあり方は変わらない?アホかいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西は明日は夏日 親父は明日も武田尾?

Img_1431

Img_1432

Img_1433

昨日の☂で武庫川の水量も多い?武庫川と言われても関西人でも知らない人も少なくない。親父のブログを何時も見てくれている人は分かるに違いないがどうかな?この川はそんなに長い川ではないが猪名川と並んで関西のほぼ中央を二手に分かれて流れている。

関西では京都の桂川、奈良の大和川、大阪の淀川、その他にも有名な川があるが、この武庫川と猪名川は全国区ではない。ただ関西の北摂と兵庫県南西部はこの二つの川が歴史を刻んでいる。又水瓶でもある。そんな川の実態を殆ど知らない?武田尾と言われると更に知らない人が多い。そんな事はどうでも良い?ところが知らないという事はそう言う事。知らないという事は自慢出来る事ではない。

Img_1434

Img_1437

Img_1439

Img_1441

2つの温泉旅館を潰して完成した堤防工事が終わり梅雨の大雨が怒濤の様に流れ下る前にこの仮設の道路工事も撤収する?この仮設の工事を何で行ったのか分からなかったが、工事を監督した土木事務所の説明で疑問は解消。ただ本当の意味でこの工事が評価されるのはこの温泉旅館が再会されれて賑わいが戻る事?

その可能性は全くない?もう一軒老舗の温泉旅館も廃業。残るただ一軒の温泉旅館も足湯、日帰り食事処としてかろうじて土日祝日のみ営業。その活性化の見通しは無い。この温泉の上には立派な読売ゴルフ場があるがそのアクセス道路は川沿いには無い。その対策も無い。当然その結果は惨憺たる結果しかもたらしてくれない。そんな事も関係ない?そんな事が許される。これからしばらく通えばその全貌が見えて来る。

Img_1438

Img_1442

Img_1443

武田尾の自然は厳しい。この山は殆ど立ち入る事は出来ない。殆どの関西人は知らない現実。そんな事は知らなくても何も関係ないと思われている。こんな危険な山に立ち入る事は何も無い?そう思われている。それはこの素晴らしい自然を知らないだけ?それはしばらくは変わらない?しばらくどころか親父がくたばっても変わらないかもしれない。

Img_1436

Img_1440_2

Img_1445

Img_1446

これから出来る限りこの地に通う?この地の良さは何度も何度も味わい尽くさないと分からない?そんな事は無い。一回味わえば又来たくなる。来たくないと思えば止めれば良い?そんな事は無い。一度で満足出来なければ2度、3度と足を運ぶ仕掛けを作れば良い。

その仕掛けを行政も関係者も提供出来ない?ならば私がやりましょう?そんな大それた考えは持ち合わせていない。しかし終の住処はここに決めている。箕面の滝道を歩きながらその思いを固めなければならない?武田尾温泉を見つけた大阪城の落ち武者武田尾氏(ウジ)はどんなつもりでこの現実を眺めているのだろう?笑っちゃうね。

Img_1447

Img_1450

Img_1451

Img_1452

大水が出ればここ迄冠水する。対岸の堤防はかさ上げされて立派な集落が戻る?そう土木事務所から聞かされているが行政の取り組みは聞いていない。聞かなくても分かる。残念ながらこの立派なかさ上げ工事は肝心の宝塚市民が注目していない?どれだけの人が真剣に人を呼び込んでみても旧国鉄福知山線廃線敷きだけでは人の呼び込みは足りない?

武田尾温泉の活性化。武田尾−西宮名塩のハイキングコースのカートの運行?色んな知恵を出さないといけない?それには宝塚、西宮市、読売ゴルフ場、多くの関係者、地権者の協力が必要になる。その旗ふりが必要になる?そんな人は居ない?それでは私がやりましょう?そんな若者は?居ない。その程度の事だろう?かな。見ておれ。

Img_1454

Img_1456

Img_1457

Img_1459

この道を暗がりの中を良く通れたと思っている。それはこの道を明るい時に何度も通っていたからに違いない。出来るだけ足元を見ながらゆっくり山側を歩いたからに違いない。この手前にベンチがある。そのベンチに座りながら冒険家「各幡唯介」の
極夜行の最後を声を出しながら読んでいた。

吃りだった親父がこれだけ喋れる様になったのは本読みのお陰?そうではない。うまく本を読もうとしなくなっただけ?それも違う。言葉を口に出して発音する事は皮肉にも意識すると言葉に詰まる。その事は役人と政治家、起業家の喋りを見ればよく分かる。彼等は本当に口先だけで仕事ができると思っている。

どんなに人に批判されても、あった事を無かった事にすれば責任を問われる事は無い?そしてそんな判断をしても責任を問われる事は無い。そんな政府の支持率が3割を超える。これが本当のフェイクニュースだろう?アメリカも北朝鮮のインチキに巻き込まれる?それでも株価は上がる。世の中何時迄そんな事が罷り通るのだろう?

Img_1460

Img_1463
Img_1464

Img_1465

親父の隠れ家?ベンチに座ってハモニカ吹いて本を読んで憩いの一時?この手前の階段の整備しながら考えていた事?それは何も無かった。一人で出来る事は知れている。一人で出来る事は自己満足?その自己満足をどんなに重ねても何も生まれない。その事を知れば挫折という言葉は関係ないのかもしれない。今、哲学を考えている?

Img_1466

Img_1467

Img_1469

先週来た時には山道に倒れていた杉の木が片付けられていた。という事は他の倒木も片付けられている?それは又のお楽しみ。今日はすんなりと引き返す。

Img_1472

Img_1435

Img_1473



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

官僚の「忖度」?その責任を大臣が取る?どこの国の話?そんな国はあんのか?ありません?

Img_0998

Img_1000

Img_1005

Img_1006

箕面滝道はこの先で対岸のハイキングコースを歩く。滝道はこの先で工事中。実際はこの先は全く関係ないが工事車両が通るので一般市民?観光客は通れない。工事管理者は池田土木事務所。安全優先と言いながらとぼけた工事をしている?とぼけた工事とは工事完成の期日が明確でない。今年の観光シーズンには終わらせる?尤もらしく言っているだけ?工事に緊迫感は無い?そんなことを言うのは親父だけに違いない。

Img_1015

Img_1017

Img_1020

Img_1021

それでもハイキングコースを歩けばこんな素晴らしい景色を見る事が出来る。この階段は雨に濡れるともっと素晴らしい。本当は今日の様な雨降りの日にチョットオシャレなレインコート(ゴルフ用の高級品)に、☂でも滑らないレインシューズを履いて歩くと楽しい。

そんなテレビのドキュメンタリーは見る事は出来ない。どうしてだろう?そこ迄テレビはオバカになっている。本当のオバカはそんなテレビを見ている人?確かに。世の中なんだかんだ言われても数の力は大きい?政治と官僚達がこれだけデタラメな仕事をしても野党の分裂で屁のカッパ?働き方改革と言われても反論出来ない?同一労働同一賃金?そんな事が本当に出来るの?その程度の問い掛けも出来ない?

Img_1022

Img_1023

Img_1024

対岸の滝道が見えるがまだ崖崩れの現場は先。この先で一旦下る。足元は良くないが整備されているので歩くのに苦労は無い。ただ最近血圧の薬を飲んでいないので息が上がる。かかりつけの医者から薬はしっかり飲めと言われるけれど、自分の体は自分で管理をすれば良い。

そして人に(子供達)に迷惑な掛からない生き方(死に方)をしないと行けない。それが年寄りの最高の生き方。その程度の事も知らないオバカが多い。先週は色んな所を歩いて腰を痛める?腰の上の大きな筋(背中に手を当たると背骨の両側の腱)何と言う名前だろう?この筋が炎症を起こしている?朝方になると痛みで目が覚める。

でも心配は無い。整形外科で診断を受ける事は無い?エー?自分でこの程度は改善出来る。人間の体は本当に凄い。無理をすると警告される。それが痛み。その痛みを和らげるには揉み解す(もみほぐす)しかない。揉み解すとどうして良くなるの?それは筋肉の硬直が柔らかくなるから?

柔らかくなれば痛みは無くなる?嘘でしょう?本当です。しかしこれは筋肉と筋(腱。筋肉と骨を結びつけている)のお話。又損傷した時はプロ(医師)の処置を受けないと行けない?それを多くの人はごちゃまぜにしている?

Img_1025

Img_1026

Img_1027

Img_1030

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

大阪は☂ 腰の痛みは重傷?それでも筋肉痛?体質を変えないと?

Img_0962

Img_0964

Img_0965

Img_0966

Img_0967

先日の箕面滝道。昨年秋の台風の影響で一部崖崩れで通行止めだが、途中迄は素晴らしい紅葉の青葉を見る事が出来る。紅葉の青葉?なんか不思議な感じがするが秋の紅葉も良いけれど、その素晴らしさはこの青葉が証明している。秋の紅葉狩りは人、人、人でゆっくりと紅葉見物も侭ならないが(来た事が無い)この時期は人も疎らで疲れた心と体がリフレッシュされる?そんな人は多くない。居ても煩いだけ?

Img_0968

Img_0970

Img_0971

Img_0972

Img_0973

滝道に沿って流れている川も先日は雨の影響で少し多かった。梅雨になり☂が降り続くとこの様相も大きく変わる。大雨の後は水位は大きく上がり水の流れは勢いを増す。人の世も全く同じだという事を多くの人は知らない?それだけオバカな生き方をしている?

そんな難しい事を知らなくても困る事は何も無い?そう考えている?それも違う。知らないという事は幸せだと勘違いしているだけ?それも違う。その程度の生き方で何も困らないという事だろう?結構毛だらけ猫灰だらけ。寅さんが言っていた言葉が耳に響く。アホ。今、勉強をしている介護の問題。深刻な社会問題も関係ない?そうはいかない事を当事者になっても分からない?どうして?認識出来なくても認知症?アホか。

Img_0974

Img_0976

Img_0978

この日は天気がよくて歩く人も疎ら(まばら)片道2、8キロの道は全く疲れを感じませんでした。これからの最高の幸せはも少し体重を減らして腰の負担を軽くする?腰の廻りの脂肪が数キロ落ちれば腰に掛かる負担は激減する?この体型で7キロも8キロも歩くという事はどれだけ腰に負担が掛かっているのかを知らないだけ?今その事を思い知らされている。先日の中山縦走路を歩いた後遺症は意外に重い。

Img_0980

Img_0981

Img_0983

Img_0984

この先に子供達が喜ぶ?「昆虫館」がある。昆虫に興味を持つ子供達は今時どんなもんだろう?何事も興味が無ければ関心は無い。親父も子供の頃昆虫には関心が無かった。関心があった事は何だったのだろう?家は貧しくそれでも逞しく(たくましく)生きていた。そんな生き方は今でも変わっていない。

恵まれた環境で社会の矛盾に耐えられない?アホこけ。生きる厳しさが分からなければこの道を歩け。それでも分からなければもっと厳しい道がある。生きる厳しさを知らないで生きる絶望を知る。何たる間抜けな育ち方をしているのだろう?これから親も子も個人も社会もその事を思い知る?

関係ない?そう。関係ないと思えばオバカな生き方が出来る。関係ないと思わなくても同じかもしれない。この厳しい社会でもそんな事は誰も教えてくれない?インチキな政治をしてもその責任は問われない?北朝鮮の独裁国家が南の韓国を飲み込む?そんな事が本当に実現するの?する訳が無い。

この報道のインチキ?その程度の事も関係ないととぼけるのだろうか?天罰を食らう?そんな事も関係ないと何時迄とぼけられるのだろう?閻魔大王の「喝」は何時?そんな事は誰も思っていない?今日から大相撲。横浜スタジアムも東京ドーム?も観客席は満員御礼。

政治の事や社会の矛盾?そんな事は関係ない?確かに。人間は考える葦(あし)?パスカルの本を買いに行ったが買わなかった。彼も又、短い人生を送っている。日本の哲学者は何をしているのだろう?生きる証をどう指し示して居るのだろう?彼等もそんな事は関係ない?そんな物は誰も探し求めていない?それも嘘です。知らないだけ。知らないという事はそんな生き方が出来るという事かも?

Img_0987

Img_0988

Img_0990

シャクナゲ?しかしこの花も日本古来の花ではない?嘘をつけ?本当です?どっちゃ?ネットで検索してみるとよく分かる。しかしおばかな日本人はそんな事には全く関心はない。シャクナゲの現生林は日本には少ない?この花も昆虫館前の数本。望遠レンズでごまかしている?

Img_1166

Img_1167

Img_0993

ここは紅葉橋。名前の由来は橋のたもと(そば)に立派な紅葉の樹がある。この階段は急で元気が無いと登れない。最近は意気地がなくて(体力の衰え)余程の事が無いと挑戦する気にはならない。気合いを入れて挑戦しても何度も休まないと登り切る事が出来ない健脚向き?(334段)四国の遍路道にも厳しい階段があるが、この階段を楽に上りきれれば問題は無い?四国讃岐の階段にも負けない?そこ迄は言えない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

新緑の箕面滝道を歩く 途中からはハイキングロード

Img_0894

Img_0895

Img_0896

箕面滝道は駅から片道2、8キロ。途中が崖崩れ(山崩れ)で通行止め。箕面川対岸のハイキングコースを歩かないといけない。ハイキングコースと言っても快適な山道。しかし急な階段があるのでお上品な靴。ベビーカーは通れない。本日の歩行距離10キロ。ウソでしょう。そんなに歩いてはいない?

Img_0899

Img_0902_2

Img_0903

西江寺 狛犬 口を開けて歓迎してくれる。まさか?元々口は開いている。笑いながら顎に手を入れる。このお寺さんは役行者が歓喜天と対談したと言われる岩がある。事実ではありません。信じる人も少ない。親父は信じている。

Img_0904

Img_0905

Img_0906

Img_0907

Img_0910

役小角(えんのおずね)と言われても知らない現在人は多い。役行者なら知っている?そう答えられる人も少ない。この国の知識はその程度になっている。別にそんな事を知らなくても生きていける。しかもこの話は修験道の話。修験道と言われても分からない?

山岳宗教?山伏の修行?と言われても分からない。その程度の馬鹿達。それでも世界で日本人が1番偉いと思っている。皇室の歴代天皇に朝鮮人の血が流れていると言えば熱り(いきり)立つのだろう?山伏の修験道の歴史は日本古来の伝統に違いない。しかし歴代の天皇は殆どそんな修行はしていない。?

意味が分からない。1300年昔の話。伝承。伝説。物語。歴史的証明は何も無い。信じる物たちだけのお話。この石で対談。ウソに決まっている。それでも信じる者は救われる?西江寺はこの奥にある天龍寺の出先機関?それも違います。ここが本家本元。658に日本最古の歓喜天出現道場として崇められている。今はそんな面影が無いだけ。それでは天龍寺はどんなお寺さん?

Img_1163

Img_1159

Img_1161

天龍寺はここで役行者のお墓のある天井ヶ岳の以前聞いた事があるが、肝心の由緒を聞いていない。ネットで調べてみると京都天龍寺の来歴は明快に示されているが、ここ箕面天龍寺の言われは無い。これは意外でもありとんでもない事かもしれない。このお寺さんも由緒正しい。その説明は改めて行う。

Img_0911

Img_0912

Img_0914

ここはまだ西江寺。本堂はこの先の階段を上がる。誰もいないとニンマリしながら歩いて居る。おっさん。当然無視をして写真を撮る。このお寺には「山頭火」も来ている。俳句の集会に招待されている。ただみすぼらしい恰好は変わらなかった?

Img_0915

Img_0916

Img_0917

Img_0918

なんて書いている?これは山頭火の句です。山頭火と言われても知らない人が多いが明治の俳人。酒を愛し酒に溺れ酒に俳句を重ねて日本各地を放浪する。破天荒な生き方を知ったが四国愛媛で一人寂しく人生を終える。違うかな?ネットで調べてね。

Img_0924

Img_0925

Img_0927

Img_0929

贅沢な手洗い場。造花が置かれていると思うけれど造花ではない。近くに花の根本がある。何気なく思う事にも花がある。何気ない事をさり気なく行う爽やかさが求められても中々難しい?その事が今問われている。そのさり気ない行いが現実は全く無視されている。その有様はこの後何度も見せつけられる。それが今日の学習だったのかもしれない。今日のブログは遊んでいたので進まず。明日は水量の多い見事の滝がお見せ出来る?

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆様の公共放送?世の中の情報は足で手にしなはれ?無理だな?

先週末手にしたパソコンに指示を出す?マウスが使い辛い。その原因は使い慣れていないから。当然、今迄のパソコン内蔵のパットの様には使いこなせない。それでもサクサクと使えないとこのパソコン(MacBook pro) が使えなくなる。そうなると困る。新型モデルを手にしないといけない。

親父の様にジジイがパソコンをもっと簡単にもっと便利に使いこなすにはパソコンの入力を2本指ではなく全ての指を使ってやりなはれと言われてもそれは無理?その程度の事だから新型モデルを手にしても猫に小判に違いない。

親父達がこれから手にして嬉しいのはパソコン入力が簡単で文字変換が簡単、綺麗な映像(写真)が早く取込めるパソコンに違いない。そんなパソコンおまへんか?自分で探しなはれ。了解です。

世の中アホな人が多くなりました。親父達が若い頃も同じだったのかもしれないが、それでも最近は信じられない出来事が多すぎる。それでもそんな指導者が辞職に追い込まれる事は無い。どうしてだろう?先日、問題の財務大臣(昔の大蔵大臣)国の金庫番が間抜けな事を言っている。

:決裁文書を全て理解して承認している訳では無い。(メクラ判)
:決裁文章の改ざんは財務省だけでは無く多くの組織、会社で良くある事。何も財務省だけの組織の問題ではない。問題は個人の問題。
:セクハラ罪は無い。事実を申告し訴訟を起こしてその事実が問われる。

確かにごもっとも。しかしその責任を部下に転嫁する様では組織を束ねる資格は無い。その程度の事も分らないしその程度の責任も問えない内閣。その総理大臣が尤もらしい面をして外国の要人と会談を重ねている。そんな内閣総理大臣が支持される。アホとチャウか?アホです。

昨日のプロ野球。巨人の戦い方と全く同じ。草野球以下のエラーをしたのが坂本。巨人のキャプテン。それでも素知らぬ顔で首位打者?対戦相手の阪神のピッチャーにタイムリーヒットを打たれてホームランの駄目押しをされ完封負け。それでも東京ドームのファンからは怒号は浴びない?バカだな。バカです。

しかし本当のバカはそんな試合を見てとぼけている(又明日)輩?今夜の阪神のピッチャーは打てんど?メッセンジャー。野球に興味が無ければ分らんが今シーズン既に5勝している阪神のエース。このピッチャーを打ち崩すには打線が爆発しないと駄目。その可能性は?無い。僅かな可能性は序盤で先制攻撃。その策は?アンのかな?ありません。アホ。

今日はこれから箕面の滝で「役行者」に合って来ます。合えるのかな?時空をタイムマシーンに乗って遡らないと行けない。どれ位1500年?アホ。ところがそうでは無い。心を集中すれば対面する事が出来る。アホこけ。アホは言う奴がアホ。そう思えば笑えて来る。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

連休が終わっても武田尾 素晴らしい渓谷 それにつけてもアホな生き方

Img_0850

Img_0851

雨上がりの武庫川。武田尾の流れ。この数キロ下流に渓谷の流れがある。ただこの渓谷も武庫川の上流域ではない。それが面白い?それでもこの川の流れの厳しさは大雨が降らないと見せつけられる事は無い。大雨が降るとこの辺りの水位は3メートルを超える?その洪水対策として正面に素晴らしい堤防が整備されている。

この場所は温泉旅館があった所。その旅館は取り壊されこの堤防の上で営業再開の目処は立っていない?経営者が高齢化し旅館営業の旨味も無くなっている?行政も流石にその営業保証迄出来ない。それでもこれだけの洪水対策。どんだけの予算でどんだけの地域貢献を考えているのだろう?

そんな事はどうでも良い?無駄な公共工事の典型?そんな事は許されない。東京ではあれだけ責任が追求された豊洲卸売市場はどう変わったのだろう?石原元都知事が責任をとぼけて東京都民もそんな自民党を支持する?そんな事は許されないと思ってもよそ者は関係ない?そんな生き方が許される?東京都民の意識はその程度の物?罰を受けない。そんな事が許される訳が無い。

Img_0852

Img_0853

Img_0854

Img_0855

Img_0856

武田尾温泉上流に向かって立派な崖崩れ、山崩れ、堤防のかさ上げ工事をしているが肝心の旅館はこの温泉が「日帰りの温泉」の営業のみ。それでもこれだけの立派な公共工事が何故必要なのか?そんな問い掛けは殆ど無い。知らないから?関係ないから?それでもこの工事費全て税金。そんな事も関係ない。そうはいかねえよ。消費税値上げも出来ない自民党。そんな政府が支持される。アホだろう?アホです。

Img_0857

Img_0858

Img_0859

これが仮設のモノレール。ラックレール。この程度の角度でも軽々と重量物をこのエンジンで運ぶ事が出来る。親父がこの仕事のアルバイトをしたのは大阪に戻って来て3年目の秋から4年目の春に掛けて半年間。親父に「土方仕事を舐めるな」と真剣な顔をしながら言っていた社長は会社が倒産?夜逃げ?

プレハブの事務所はとっくに無くなっている。給料はしっかりもらったけれど払う物は払えずに会社は解散?(親父が会社を辞めた後)ただこの仕事は無くなってはない。それでも殆どの仲間は知らない。懐かしさが込み上げて来る。親父のチームの責任者は韓国籍。あの親父も生きているのかな?色々教えたけれど信頼関係は築けなかった。

Img_0860

Img_0862

Img_0863

立派な堤防と橋は出来たけどこの先は行き止まり。左はかさ上げされた旅館の後。見る影もない。ここを公園化して綺麗な景色と山歩きが出来る様にする?そんな計画は行政には無い?地域を災害の無い安全、安心な場所にする?人の賑わいはその後で充分?数年後、この景色をどんな思いで眺めるのだろう?

Img_0864

Img_0865

Img_0866

このモノレール。エンジンの後に人が座れる椅子があるがこの乗り物は重量物運搬用。原則作業者だけしか乗る事が出来ない。時々、山奥で生活している人が乗り物として利用しているが特別の許可が要る。仮設の理由もそこに在る。仕事が追われば原則レールとパイプの支柱、エンジンも荷台も撤去される。

Img_0867

Img_0868

Img_0869

Img_0870

Img_0871

ここは武田尾武庫川の対岸。生活道路。武田尾温泉の道として整備されているが大雨の時はここ迄冠水する。それでもこの辺りは道をかさ上げする予定は無い?その理由はこの道の役目が失われている?この道を通らなくても武田尾温泉の生活道路は十数年前に立派な赤橋が完成している。

Img_0848_2

しかし皮肉な事にこの赤橋が完成しても武田尾温泉は活性化する事は無かった。正面に完成した立派な堤防は何とも皮肉?この場所に永年温泉旅館として営業していた老舗旅館は見る影もない。それだけではない。手前の旅館もこの工事の影響で廃業している。武田尾温泉に(左の旅館街)宿泊出来る宿は無い。(右側に別邸アザレがあるのみ)こんな立派な堤防が出来て誰が喜んでいるのかい?

Img_0873

Img_0875

Img_0876

それはこの工事を行った土木業者?賠償金を手にした旅館経営者?それとも美味しい思いをした既得権者?それは違う。この素晴らしい景色を体感出来る元気な人達?しかし現状はその活動がまだ始まったばかり?始まっても居ない?色んな所で色んな事を体感出来てもこの道を自分の健康に合わせて動ける事が何よりの喜びに違いない。その事が分かればまだまだ元気に歩く事が出来る?

Img_0878

Img_0882

JR武田尾駅は無人駅。この無人駅に切符の自販機はあるが降車の時はフリーパス。国鉄時代の駅員が見たら腰を抜かす?JRの多くの駅が地方では無人駅になっているが当然乗車賃もキセル(中間の料金を払わない)をする輩を問題にはしていない?スイスでもそうだったが日本でも地方の駅には駅員さえも居ない。

Img_0884

Img_0885

Img_0886

今日もこの先の親父の隠れベンチで疲れを癒す。最近は疲れる様な生き方をしていないがとぼけたニュースを聞いていると単細胞はいきり立つ?それでも最近は大分マシになっている?総理大臣や副総理の麻生氏が無様な姿を晒してもその批判も出来ないオバカも少なくない?何でと思っているとこれがこの国の政治屋さんの現実?

Img_0887

Img_0888

Img_0889

この階段の登り口の草を抜かないのは理由がある。階段の草を抜いて綺麗にするとこの道の本当の厳しさを知らない人が登って来るから。そうするとこの階段の上にある親父専用のベンチがそうでは無くなる。このハイキングコースは西宮市役所の道路管理課が管理して居る?ウソでしょう?そう言われた記憶がある?

しかしそんな事はどうでも良い。山道。ハイキングコースは変化に富んで距離も長い。全て自己責任。そんな同好会立ち上げますか?月謝3000円。体調に合わせて助言が出来る。人生相談ができる。日々のストレスを解放出来る?やりますか?やめときます。

もっと一人で自分を見つめ直さないといけない。武田尾活性化プロジェクト。山は呼んでいる?ヤッホー。アッホー。ピーコック。真言密教の世界だな。空海が呼んでいる。このベンチでぼんやりしながら武庫川の流れを聞く。この歳で悟りを開く事は出来ないが悩める若者達の伝道師に慣れるかもしれない?いい加減にしなはれ。その程度の世の中だよ。

Img_0890

Img_0891

Img_0893

Img_0892_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野党批判この感覚の間抜けさ?1番の問題は開き直りだろう?

重要法案だ山積しているのに「審議拒否」「野党は審議拒否で17連休」政府の発言かと聞き間違える。報道の責任かと思いきや国民がアホだと言う事?その事を思い知る事は無いのだろうか?知らないという事はそう言う事?違うだろう?なんだかんだ尤もらしい事を言いながら都合の悪い事は部下の所為にして開き直る。

野党政権の批判をした人は今こそその責任の重さを痛感しなければいけないが、そんな事は屁のカッパ?尤もらしい事を言いながらこんなデタラメの事の真相も明らかに出来ない。その程度の国?その程度の生き方?その程度の問題認識?その程度の事ではない事を思い知る事は無い?

昨日、まとまった☂の中で見るべきテレビも無くてぼんやりとしながら懐かしいアメリカ映画を眺めていました。チャ−ルトンヘストンの「十戒」。この映画を最初に見てから半世紀以上の年を経ているが人の生き方は大して変わっていない。

人々の苦しみを更に踏みつけながら生きていく。そんな社会を変える事が出来ない。神は何をしているのか?その問い掛けに対して神の答えは間抜けだった?それが正に現在のアラブとイスラエルの対立?そしてその国を支持するアメリカとアラブ諸国の対立。

ただ問題はそれ程単純ではない。ロシアがシリアを支援し、アメリカはサウジを同盟国としている。日本はその厳しい対立の中でアメリカとイスラエルの支援国?

そんな事はどうでも良い?その程度の事も分からない?そんな多くの人達が自国のあり方を如何考える?その事が問われても「安倍1強」?他に代わりは居ない?中国、北朝鮮、ロシアと全く同じかい?そんな事も分からない?どうでも良い?

国が安定して日々の生活が安定すれば指導者なんてどうでも良い?そんな事は無いだろう?昨年迄は全く考えられなかった事が今朝鮮半島で起きようとしている?(親父はそうは思わないが)北の独裁国家と南の民主主義国家の南北統一。そんな事が出来る訳は無いとは誰も思わない?そうではないだろう。その可能性が出て来た?

そんな事はあり得ない?その程度の事が分からない。子供達にどんな未来が残せる?そんな事より自分の老後を考える?ところがその現実も殆ど知らない。元気で長生きが出来る豊かな社会は自分で手にするしかない。その程度の事も分からない?人の批判ではなく自分の批判。そんな生き方は本当につまらない?そんな事はありません。

今、この国だけでなく多くの国で多くのせめぎ合いが起きている。何も考えなくても生きていける。そしてそんな生き方が変えられないと思われている。東京大学法学部を出て中央官庁のエリートになってもその程度の事が分からない?違うだろう。彼等はそんな事は分かっている。そんな彼等がとぼけた事が言えるのは国民が馬鹿だから?それも違うだろう?そう信じている?ただその事も危うい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

まとまった雨も上がる 政治の無様も関係ない?

Img_0821

Img_0822

Img_0823

大阪は久々のまとまった☂。それでもその☂も長くは続かなかった。大きな災害が発生するのか☂の降る時間が長くなる時。または叩き付ける様な☂が続く時。数年前に大阪でも経験した1時間100ミリの☂。あの時は近くの用水路の水嵩が一気に上限に達した。今住んでいる所は水の心配は無い?

そんな事はネエだろう?1時間100㍉を超える集中豪雨の恐ろしさは何処でも変わらない。水は排水能力を超えると一気に吹き出して来る。近くの猪名川もスーパー堤防が完成し洪水の心配は無いと思われているが東南海大地震で東北地方を襲った様な大津波に襲われると川の水は堤防を越える。そんな災害は全く想定されていない。

Img_0825

Img_0826

Img_0828

Img_0830

夕方☂が小やみになり懐かしい風景が見れる。白いもやが低い山から沸き上がり上空に消えていく。幼い頃故郷で何度も見た光景。最近は8年前のスイスがそうだった。日本を出る時には☂☂☂の天気予報でがっくりしていると外人に慰められていた。その天気が現地到着の午後から一気に好転する。そんな雲の流れを見ながら天気の回復を信じていた。

Img_0827

Img_0831

Img_0832

Img_0833

ところがそうは行かなかった。一旦上がったと思われた雨脚が再び降りて来る。天井のある休憩所でおにぎりを食っていたので関係なかったが早々に腰を上げる。傘は手にしていたが帰りの坂道、雨が降ると靴の中に水が入って来る。ミズノのウオーキングシューズもその程度?メイドインジャパンでもこんなもんかい?

Img_0836

Img_0837

Img_0838

この花の名前。「シラン」知っていてもシラン。ヘタなシャレ?日本と中国の関係改善が本格化?こんなインチキニュースよりはマシに違いない?分からん?日本と中国の関係が良くなって何が悪いの?そう開き直られる?日本は中国よりもアメリカの同盟国。アメリカのお陰で経済復興?

中国、韓国からはしゃぶられただけで何も美味しい思いはしていない?そんな事も知らない?関係ない?中国も韓国も北朝鮮ですら日本から得る物がどんなに大きくても日本の利益には何もならない?その程度の事も関係ないと言われるのだろう?政治も経済もその程度の関係改善?

そん事も理解出来ないってか?中国が欲しいのは日本のお金。この国には中国、韓国、北朝鮮の経済を支える財政の余裕は無い事を外務省の役人は口には出来ない?無様よのう。ネットの野党批判の人達も同じことを言っている?彼等はネット右翼。親父は右翼でも左翼でも中道でもない。異端児。伝道師です。アホこけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腹が出て腰が痛い 腰が痛くても歩き始めれば痛みは消える

Img_0736

Img_0737

Img_0739

季節は新緑真っ盛り。少し歩いただけでこんな素晴らしい景色に巡り合う事が出来る。毎日どんなに歩いても体重が減らないのは消費カロリーがまだまだ足りないと言う事?体重を減らす事は難しいと言われるがそれだけ毎日口にしているカロリーが多いと言うだけの話?

Img_0748

Img_0750

Img_0751

この左上に紅葉の素晴らしい休み所?がある。今は新緑のモミジ。その新緑が今年も暑い夏を越え、11月の晩秋に見事な錦の衣を身に着ける。こんな素晴らしい散策の道も歩ける人は多く無い。車で平然とした顔で降りて来る人も少なく無い。車の駐車場は無くても関係ない?

Img_0752

Img_0753

Img_0754

この石段は春夏秋冬何時歩いても心地よい。これから滴る様な緑が心を癒す。晴れの時よりも☂がこの階段を流れ落ちると時が良い。そんな時がもうすぐやって来る。なんだかんだ言いながらここと良い季節は多くはない。そんな時を楽しみたいと思えば自分の心、自分の考えを変えれば良い。いつでも何処でも自然は分け隔て(へだて)無く歓迎してくれる。

Img_0755

Img_0757

Img_0758

今日から連休明け?都会で暮らしているとこんな景色も中々お目に掛かれない?親父が住んでいるこの北摂の街でもこの五月山山麓迄足を伸ばす人は多くはない。多くの人は自分の住んでいる街の近くにこんな素晴らしい自然がある事も知らない。こんな緑のシャワーを浴びる暇がない?無駄な時間を過ごしても?余計なお世話です。

Img_0759

Img_0760

Img_0762

わざわざこんな所にゴミを捨てる馬鹿がいる。ここ迄ゴミを持って来て捨てる馬鹿。そんな事をするのは何処の誰か?お天道様がしっかり見ている事をこのオバカは知らない。そんな生き方をしなくてももっと心地よい生き方が出来る。その程度の事を知らない。天罰という言葉も知らない?天罰を食らい地獄に堕ちろ。(そんな事は心の片隅にも無い)ゴミを手にして公園事務所に差し出す。怪訝な顔をされる。

Img_0765

Img_0766

Img_0767

このバラのツリーが見事に完成するのも後半月?薔薇の楽しみ方は様々でも花を愛でる優しさは歳と共に深まっている?どうしてだろう?人の優しさと思いやりが感じられなくなると関心はそちらに向く?そんな事は無いでしょう?本当の人の素晴らしさを知らないだけだろう?ベートーベンは第九「合唱付き」でその事を教えている?しかしベートーベン自身がその当事者であったか?それは分からない。

Img_0770

Img_0771

Img_0778

Img_0774

Img_0777

数年前に移植され一時枯れたと思われていた枝垂れ桜が、幹の先を涸らしても復活している。幹は枯れても枝葉は繁る。人の命も同じである事を見せつけられる。多くの人が知らない多くの桜の生命力。そしてその儚さ(はかなさ)無様な生き方をしていてもその程度の事を見失うな。そう教えられている。オーバーな?それではこれはどうだ。

Img_0772

Img_0773

Img_0779

何だこの読めない案内板。「水琴窟」(すいきんくつ)知らんだろう。江戸時代この文化は発達したが現在では殆どの庭園でも残されていない。又、仮に残されても音の出る(鳴る)物は珍しい。音は小さいのでこの竹筒に耳を近づけないと聞こえない。素晴らしい水滴の音が瓶の中で響いている。

Img_0780

Img_0781

Img_0783

遠くに六甲の山並みが霞んでいる。今日は心配されたまとまった☂もたいした事は無い。今日は何処にお出掛けしますか?そんな時は箕面の滝道。雨に濡れながら傘を差しながら足元を気にしながら歩きますか?それとも梅田の本屋でお気に入りの本を探しますか?

Img_0784

Img_0785

Img_0787

今年の春整備が行われた「池田茶臼山古墳」六数百万円の整備費。自治宝くじの補助金で再整備が行われたと公表されているがそれだけではこんな立派な整備は出来ない。この高く土盛りされた古墳は公園として失業対策事業として数代前の市長が整備をしていた。その時の木々が切り倒されて立派に整備された古墳はこれから(既に)試練を迎えている?

Img_0786

Img_0788

Img_0789

この盛られた土砂が☂で流れ落ちない様に植えられている「笹」と「草」初めて目にした時に唖然としていた。枯れている。ところが行政の管理者はそんな認識は無かった。根が付けば青々と繁る。その言葉を聞いた時、田舎の笹を見ている親父は怒りが込み上げて来た。枯れた植物は再び生い茂る事は無い。その改善策を申し入れているがそんな予算は無い?今年の梅雨もっとひどくなる?そんな事が目に見えていた。

Img_0793

Img_0794

Img_0795

この古墳の上からは京阪神の景色がよく見える。天気がよければ淡路の島もよく見える?池田の市長は広報誌でこの古墳を宣伝しているが観光名所にはならない気がする?どうして?近くに駐車場が無い。池田市内の観光で歩いて来る人が期待出来る?歩いて来るのはオバちゃん達だけ。

最寄りのバス停から歩くと10分。その道も歩けない人も少なくない?近くの小、中学の子供達は学習体験で来るのだろうか?近くの住民は散歩コースに取り入れるのだろうか?近くに図書館はあるけれど、それでも歩いて登る人は少ない?親父は如何なのかな?近くの賢いチビさんは優しいママと歩いて来れるのかな?

Img_0796

Img_0797

Img_0799

Img_0800

Img_0801

Img_0802

この欠陥工事?六数百万円掛けて3月末に完成した工事がこの有様。今日はまとまった雨の時間は短かかったが1日雨が降る続けばこの土盛りは更に大きく崩れる。その事を心配していたが為す術が無い?そんな事は無いだろう。早急に応急処置を取らないとハチマキの様に巻かれた石迄もが崩れ落ちる。そうは思わないのだろう?

Img_0805

Img_0806

Img_0813

Img_0815

Img_0819

Img_0820

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

連休も終り明日から仕事?その程度の報道しか出来ないのか?

Img_0712

Img_0713

Img_0714_2

連休最後の日曜日。親父は近くの散歩コースを歩く。城跡公園から五月山山麓の緑の公園。ゴミ拾いもしました。燃えないゴミをわざわざ新緑の中に捨てるバカ?ロクな生き方しか出来なくてもそんな事も関係ない?バカタレ。そんな生き方は何時迄もは許されない事が分らない?

それでもこの程度はセコい?お大臣と中央官庁のお役人だけでなく多くの人がそんな生き方が許されると思っている?この立派な石灯籠もコピーです。それでもコピーと侮るな。お大尽でないとこんな贅沢は出来ない。今日は朝起きたら腰が痛い。昨日の山道の整備(石ころの片付け)の影響?そんなバカな?そんな歳になっている?(情け無い)

Img_0715

Img_0716

Img_0717

城跡公園枝垂れ梅。見事な実が大きくなっている。この梅の実は摘み取られる事はないが近くの中山観音の梅林の梅はお寺さんできちんと管理している。勝手に摘み取ると警察の御世話になる?(窃盗罪)その程度の事も分らないオババも少なく無い?ぼけると言う事はそう言う事?違うだろう?ただ10年後は分らない。嗚呼

Img_0719

Img_0721

Img_0722

青梅が完熟すると自然に落下する。関西の梅の代表的な生産地では地面にブルーシートを敷いて大事な特産品となる。(南高梅)関西和歌山の特産品。しかし関西の多くの人は中々口に出来ない?どうして?美味しい梅は高価。体の体質を変えるのに貴重でも貧乏人は手が出ない。そんん事も関係ないと思われている。南高梅の消費は高止まりしている?

Img_0724

Img_0725_2

Img_0726

今年は牡丹は見れない?牡丹の様な女性には会えない?この完全に花びらが開いた芍薬(しゃくやく)がその事を教えている?そんな事は無いだろう?近くの武田尾から1時間に1本のバスに乗れば見事な牡丹を見る事が出来る。それでもその牡丹園の観光案内を親父は知らない。

その程度の事。親父の知っている奈良の長谷寺の牡丹もそろそろ見頃かな?奈良長谷寺の本堂参拝の屋根付きの階段も何も変わらないに違いない。二人で上った階段を一人で歩くのは何とも気が重い。?覆水盆に返らず。その言葉の意味を死ぬ迄理解出来ないに違いない。

Img_0727

Img_0729

Img_0730

大阪はこの時まだ☂は落ちていなかった。それでもこの後山麓の公園を歩いて引き返す頃には小雨が落ちて来る。大した☂ではなかったが明日はまとまった雨が振る?全国的に天気は不安定?政治の世界も同じだな?覚悟して首を洗って待っている?そんな覚悟も決意も無いだろう。

Img_0733

Img_0734

Img_0738

来月になるとユリの花が咲く。明日からはどんな景色を見せてくれるのだろう。季節は間違いなく新緑が進む。都会で暮らす多くの人はそんな季節感は無い?今月末は競馬の祭典「日本ダービー」。府中の直線でサラブレッドと騎手の凄まじい叩き合い(競り合い)が繰り拡げられる。

今年も新たな歴史が刻まれる?歴史が作られる?その程度の事よりもその時、どんな面をして政治の世界を見ているのだろう?その方が興味深い?アホ。ダービーが終わると6月。その前にこの国の農村地帯では田植えが終る。梅雨の豪雨の被害は報じられても早乙女の姿は消えて久しい。

Img_0743

Img_0744

Img_0745

牡丹の次はバラですか?そんな皮肉を言われても動じない?パソコン(MacBook Pro)の有線マウスも動かなくなる?どうして?そんな事を聞くな?確かに。親父の様なジジイがパソコンと格闘するのは「どんこん」(どうにもこうにも)ならん?これが本当の生涯学習?

マックさんから買い替えなはれと言われている?絶対にそんなお金はない?アホ。MacBook Airで確認しているが問題なし。この続きは又明日。これからお休みです。もうすぐ2時半。(ええ加減にしなはれ)そんな生活になっている。起きるのは11時。嗚呼。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

連休も後1日。激動の日々が始まる?そんな事も関係ない?

Img_0673

Img_0674

Img_0675

連休も後1日。高速道路も新幹線も混雑しているが、今日は武田尾駅前もおおにぎわいだった。しかしその多くの人は殆どが近くの廃線敷きを歩く人。どんなに賑わいを見せてもこの地域の活性化は無い。その事を思い知る。

Img_0676

Img_0677

Img_0678

しかしそんな事はどうでも良い事。親父の隠れ場に急ぐ。この場所は先週薄明かりの道を歩いて全く気付かなかった所。それはそうでしょう。あの時はやっと暗い山道から抜けられると思っていた所だから。

Img_0679

Img_0680

Img_0681

その石ころの道を整備する?道の真ん中の大きな石を片付けるだけ。それでも出来るのはこの程度?この程度で充分。山道で石につまずいてバランスを崩せば転ける。それは当たり前の事。その当たり前の対応が出来ないと山道は歩けない?

山道だけでは無いだろう?街中の交差点でも平気に信号無視をするバカタレは居る。スマホを捜査しながら前を見ずに歩くアホも居る。何時か必ず事故を起こすとは誰もが思わない。ヒヤリハットの法則を知らないだけ。何それ?関係ないじゃんとトぼけても確率論を知らないだけ。

アインリッヒの法則?そんな事も知らなくても生きて行ける。確かに。そして何時か大怪我をする。危険予知の法則は知らなくても事故は防ぐ事は出来る?その程度の事も考えていない。階段の段差を踏み外せばどうなるか?その程度の事も考えていない。当然こんな山道は歩かない。

Img_0682

Img_0683

Img_0684

暗がりの中を歩いた時この倒木の下を潜る。乗り越えるには足が短い?足が長くてもこの倒木を跨ぐ事は難しい。この道は管理しているととぼけた事を言っていた行政の担当者。何時頃チェンソーで切るのかな?恐らくしばらくは無理だろう?気をつけて通りなはれ。どれ位の人が通るのかな?

Img_0685

Img_0686

Img_0687

この道を薄明かりの中を歩く。日が落ちると山の中は一気に暗くなる。日が高いとこんな感じ。明るくても草と木の枝を払いながら歩かないといけない。こんな道を歩ける喜びはそのうち出来無くなる?その平凡な経験は肌で感じ無いと実感出来ない?この道も何度も歩けば整備出来る?出来ないと言うよりやら無いに違いない。

Img_0688_2

Img_0689

Img_0690

この先名塩に向かうにはもうしばらく杉の崖道を歩かないといけない。しかしこの先の道はこれ迄の道とは違い歩き易い。何でだろう?少し道が広い?杉の植林で先人が整備している?それでも左下の谷は一気に深くなる。それだけ横に伸びている道は登っている?そんな感じは無くても谷が深いのは地形がそうなっているから?落ちたらまず助からない?

Img_0691

Img_0692

Img_0694

ここで下道に降りる。最初この道は下りが急で足元も良く無いと思っていたが来た道寄り道は悪く無い。最初歩いた時は下道に出る迄の川原道(谷道)が良く無いと感じていたがそうでは無かった。この道を歩いて名塩に向かうのも有りかもしれない?しかし看板はそんな案内をしていない。いずれこの道はあるく人は居なくなる?今でもそんな状態になっている。

Img_0695

Img_0696

Img_0697

今回左の堤防が立派にかさ上げされて洪水時の浸水の恐れが無くなる。しかし右岸は何も整備されていない。左岸の整備費用の効果は大きいに違いない。住んでいた人も戻って来る。この地区の活性化、地域開発にも貢献すると考えられている。

しかしこの工事の片手落ちはどれだけその事が実現するか?その事が問われる。難しい言葉で言えば「費用対効果」そんな事はどうでも良いとは言わせない。その事はこの上流で行われている立派な護岸堤防工事でも言える。立派な堤防は出来ても温泉料理旅館が廃業したらこの工事は立派な犯罪工事に違いない。それ程立派な工事が行われている。

Img_0698

Img_0700_2

Img_0701_2

この道を遡ると新名神宝塚インターがあり、地域の活性化が期待している。しかしこの素晴らしい自然とは裏腹のトンチンカン(失礼)な道路工事が一向に進まない?この武田尾は武庫川渓谷にあり以前は関西の奥座敷と言われていた。

今は多くの関西人にそんな認識は無い。山奥の何も無い集落?その程度にさえも思われていない?知らないだけ?これから活性化される?そんな期待が裏切られる?誰が?誰に?元々そんな考えが無ければそんの事も関係ないのかもしれない?

知らないと言う事はそう言う事。それでも知れば考えは大きく変わる?人の事はどうでも良い?そう考えれば喜びは萎える事は無い?明日は夜になって雨になる。5月の☂は問題ないが6月の☂はこの崖崩れ(山崩れ)を一気に押し流すに違いない。

Img_0702

Img_0703

Img_0705

Img_0706

新名神の宝塚スマートインターが出来て(お世辞にもスマートとは言えないETC専用の無人の料金所)この上の集落宝塚北部地域は活性化すると言われているがそうなるのだろうか?その為には宝塚市役所の地道な取り組みが必要になるがその気配はまだ感じられない?

そんな事は無い。アンタが知らないだけ?そう言われても仕方が無い?関係ないのだから?しかし日本各地の地域起こし、地域の活性化は殆どがうまく行っていない?成功体験を尤もらしく口にしても知らないと言う事はイカンともし難い?その旗ふりは本当にむつかしい?

Img_0707

Img_0708

Img_0709

久々に訪ねたHさんは忙しそうだった。この奥の西谷の地域起こしの女性から言われた同じ様な言葉を口にされる。(暇では無い)(忙しい)そんな言葉は聞きたく無かった。忙しい時には言われなくてもそれ位の対応が出来る。そうでなければこんな仕事は出来ない?

親父が突然訪ねるのは迷惑なのだろう?それも分る。ただ自分の都合だけでは何事も上手く行かない。その事が分らない?余計なお世話。自分達のペースでやるのが一番心地好い。それだけは間違い無いに違いない。地域起こしが上手く行かない最大の要因を思い知らされる。

この先歩くと素晴らしい景色を見る事が出来る。それでも疲れを一気に感じる。少し離れたバス停の時間を見ると1時間に1本のバスが直ぐにやって来る。ラッキー。ところがそのバスは満員。運転手が観光案内を始める。

それでもそれは連休の間だけ?ジジババは関係ないと思っていたがそうでも無いのかもしれない。休みが終わっても元気な高齢者がこのバスをもっと多く利用する?。そんな事はどうでも良いのだろう。地域が活性化する?地方の山間、谷間の集落が元気になる?その旗ふりは居ない。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

マウス操作練習中 生涯学習とはこういう事?アホ

Img_0665

Img_0666

Img_0667

いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(かきつばた)この言葉も死語となる?言葉の意味も知らない。興味も無い。興味も無い?そんな事は知らなくても生きて行ける。確かに。しかし知識とはその程度の事?そんな事も知らなくても普通に生きて行ける。

Img_0668

Img_0669

大阪は今日は爽やかな天気でした。明日は(今日は)武田尾の親父に会えるかな?合えなければ久々の西谷の杜公園?それも良いけど行けるのかな?明日は野球もデーゲーム。つまらない勝負を見せつけられる?それなら結果を知るだけで充分?どうなりますか?連休も残り2日。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

連休も残り2日。明日はどうするのかな?

Img_0658
Img_0660
Img_0661

ようやくマウス(パソコンの操作ボタン?)を手にしていた。これ迄はパソコン内蔵の操作パットで思いの侭動かしていたがその機能がダウン。暴走する様になりイライラしていた。それが解消する。と思って喜んでいた。ところがそうでは無い。慣れる迄が一苦労。どうして?リターンとディレイト。そしてマウスの使い分けが感覚的にごちゃ混ぜになっている?分るかな?分らんだろうな?  

Img_0661_2

この武田尾の谷は左から大きく廻り込まないと降りる事は出来ない。尾根道を左に歩いて緩やかな尾根(それでも急)を降りてそれから山裾(崖の上)を横に歩く。同じ写真で説明されても分らないこのハイキングコース。その楽しみ方は殆どの人が知らない?

Img_0609

このハイキングコースを親父が始めて知ったのは3年前。それでもこのハイキングコースの面白さを知ったのは先週の暗がりの山裾の谷の上を歩いてからに違いない。この道は13㌔近いハイキングコース。その殆どが読売のゴルフ場の外のアスファルトの道を歩く。

これ迄何度も歩いているが本当につまらない道だと思っていた。実際つまらない。足が疲れるだけ。ところがこの道を歩き通してみると何とも言わない満足感を味わう事が出来る?まずこの距離。次は昼なお暗き森の中。ガレバの細い山道。落ちたらまずアウト。人の気配が全く無い。

それでも細心の注意を払い明るい時に歩けば何でも無い。その程度の道でも歩ける健脚は多く無い?どうして?知らないと言う事はそう言う事。西宮ハイキングコースに指定され看板は至る所にあるが、西宮市民でも殆ど知らない。それ程につまらない?親父の大好きなコースになる?

Img_0662

武田尾駅前の観光案内板。この上に素晴らしい桃源郷がある?宝塚西谷。武田尾から丘(谷)を登り詰めると素晴らしい盆地が広がる。しかしここにあるのは素晴らしい自然環境。ところがその素晴らしい環境は肝心の働き場所は少ない。

多くの若者達。多くの若い世帯が働き場所を近くの街と大阪神戸とその周辺の街に求めて村を離れている。それでもこの地域の活性化を行政と住んでいる人達は考えている。ただ現実は本当に厳しい。時代の流れは人々を容赦なく切り捨てて行く?

今年の3月新名神高速道路が部分開通(神戸ー高槻間)ここ宝塚武田尾にも西日本最大級のサービスエリアとカード専用のスマートインターが開業。飛躍的な地域の活性化が期待されているがその経済的効果はこれから?しかしその種まきは殆ど無い?

親父が知らないだけ。お友達のHさんとその事をこれから意見交換しないといけない?出来るのかな?意見交換をしてもその実りを手に出来るのは誰?そんな事はどうでも良いのかもしれない。明日その報告が出来るかな?出来ない?どっちだ。明日も快晴? マウスも慣れる迄苦労するに違いない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

連休後半 お約束通り(武田尾)でボランティア?終の住処は決まりだな。問題はお金?アホ。

Img_0600

Img_0601

Img_0602

関西人の多くが知らない(武田尾)武田尾温泉として一部の関西人には知られていたがその温泉も今は一軒しか宿泊が出来ない。一軒は土日祝の足湯のみ。2軒は立派な堤防かさ上げ工事で廃業?(行政はそんな言い方はしていないが宿の再開の見通しは難しい?)

どうして?それは来て見れば分る。地方創生?地域活性化?政府、行政の言葉は本当に虚しい。ただ親父はこんな景色があるだけで嬉しい。何処かの総理がが口にしている(地方が元気にならないと日本は元気になれない)この言葉は正にその通り。ただその方法は間違っている?

Img_0603

Img_0605

Img_0606

Img_0607

この看板は何時造られたのか日付が無いが(看板に偽りあり)とは正にこの通り。マルキ旅館と河鹿荘は廃業(休業)元湯旅館は土日祝のみ足湯、日帰り(要予約)営業。紅葉館も堤防かさ上げ工事で休業。

武田尾温泉料理旅館としてこの看板の対岸に紅葉館別邸(あざれ)がある。しかしその先は県道行き止まり。つまりこの温泉は一軒しか宿泊客を受け入れていない。そんな情報は関西人は殆ど知らない。その武田尾温泉に立派な堤防が整備されている。

Img_0608

Img_0609

Img_0611

ここは先週暗がりの中を降りて来た階段。良くこんな道を降りてこれたもんだと感心していた。降りてこれたのはこの階段を何度か降りていたから。この階段は明るい時でも急で足元は整備されていない。この道の草取りと足元を均す。(ちょっとだけ)一人でやっていても通りか掛かる人は居ない。

Img_0613

Img_0614

Img_0612_2

少し綺麗にした所でオシマイ。(これでかい?)そうこれでオシマイ。見た目では分らないがきちんと段差をつけている。(嘘をつけ)嘘でした。この後、この上のもう一つの出口を確認に行く。この道の方が楽。ただ薮の中を歩かないといけない。ただその距離は短い。

Img_0619

Img_0620

Img_0621

見事な緑の山が覆い被さる?しかしこの立派な道?はこの先消える?この道は何の為に作られたのか?そしてどんな理由で不要になったのか?記録が残されていない?この先、道が無くなるのはその役目を終えたからだろう?この先に小さな沢がある。

そこから流れ出している小川の横にハイキングコースに上がれる獣道がある。昔はこの道も人が行き来していた気配がある。その気配をビシビシと感じながら上に上がる。その上は先日確認した分岐だった。ここから下に降りる方が正解かも。

しかし先週歩いた道を引き返す。その道は桃源郷だった。(オーバーに言うな)。手にして来た弁当を食いながら携帯でプロ野球ニュース確認。何だかんだ言いながら気にしている。2−2。次に見た時は負けていた。王者の風格は何処にも無い。寄せ集めでは駄目だ。

Img_0622

Img_0623

Img_0624

Img_0625

Img_0626

間抜けな看板。分岐に武田尾の表示は無い。最初に歩いた時渡らなかった橋を歩くのが正規のハイキングコース。しかし今日確認した道は橋を渡らなくても簡単に下に降りられて道も悪く無い。(足元は決して良く無いがゆっくり歩けば問題は無い。ただ何となく薄気味は悪い。人が住んでいた気配を感じる。ただ今は誰も住んでいない。

Img_0629

Img_0628

Img_0630

先週歩いた時はびくともしなかったが今日は揺れる。コンクリート製では無い?それとも?コワー。アホ。先日歩いたときは全く感じなかったが薄明かりの中を歩くにはこの道は危ない?何を今更言いまんねん?人間どんなに追い込まれても慌てふためく事は無い?その事を学習する。しかし同じ事が何時でも通用するとは限らない。その事も思い知らされていた。

Img_0631_2

Img_0632_2

Img_0633

もう一度この道を暗くなって歩けと言われても歩く事は出来る。しかし2度と歩けないに違いない。この道を薄明かりの中を歩けと言われれば若者でも無理かもしれない。外は明るくても山の中は薄暗い。数回歩いていたから歩けたのだろう。

Img_0634

Img_0635

Img_0636

Img_0637

明るい日差しが降り注いでも足元は石ころが剥き出しになっている。薄明かりの中を杖をつきながらもう少しもう少しと自分に言い聞かせながら歩いていた。ここでも下は崖。しかしここ迄来るとやっと心は落ち着いていた。この先のベンチで弁当を食いながら究極の時を過ごしていた。人の気配はするけど姿は見えず。何度も左右に首を傾けていた。10年先の親父が様子をうかがっていた?コワー。

Img_0638

Img_0639

Img_0641

ベンチの毛虫をタオルではたいて綺麗にする。毛虫もとんだ迷惑。5月の風は気持良い。こんな静かな時をこれから手に出来る。この崖の下には道があるがその道は旧道。大雨が降れば冠水する。対岸は堤防がかさ上げされ大丈夫。しかし集落の生活が活性化するにはこの地域の活性化がキモになる。その作戦は地域の親父も手にしていない。

Img_0642

Img_0646

Img_0647

この階段を下りると下の広い道に出る事が出来る。この道を今年の夏歩いて登る事はあるのだろうか?是非元気で歩いて登りたい。元気が無くてもここ迄ならなんとか来れるかも?甘い?ここ迄来れたらこの武庫川沿いの道を歩いて数キロの山道を歩きたい。その先は尾根を登って尾根道のベンチで休憩する。ナント贅沢な夏休み?そんな馬鹿な事は考えてはいなかった。この階段の浮き石を片付ける。流石。

Img_0648

Img_0649

Img_0650

片付けてねえじゃねえか?片付けている。草むしりはしていない。草は伸びるもの?草が伸びれば道は荒れ果てる?ところがそうではない。歩く人がいなければ道は荒れ果てる。この道もいずれそうなる?そうならない為には出掛けなければいけない。素晴らしいハイキングコースの道を絶やさない為に通わなければいけない。地域を活性化するという事はそう言う事だろう?安倍さん。

Img_0652

Img_0653

Img_0654

立派な堤防かさ上げ工事が完成しここで生活をしていた人達の一部が戻って来る。その人達がこの地域を活性化する?そんな事は出来ないとは行政の人達もお友達のHさんも考えてはいない。集落の賑わいは全国何処でも惨憺(さんたん)たる状況。人の気配がなければ商売は成り立たない。

堤防かさ上げ工事をした反対側の護岸工事は手が付けられていない。放置されたまま。これが本当の片手落ちに違いない。地域を活性化する為には厳しい批判に晒されなければいけない。批判から何も生まれないと言われるがそれも違う事を思い知らないといけない?

尤もらしい耳障りのいい「よいしょ」はその何の支えにもならない?その事が全国の山間僻地で問われている。そんな事も関係ないととぼけるのだろう?政府も総理大臣も内閣府もその事が思い知らされる?関係ないととぼけるのだろう?何たる無様な政府?何たる無様な財務省。財務大臣は辞任しない?する必要が無い?5月は爽やかな緑が心を癒して暮れる?期待出来るのだろうか?期待ではない。必然です。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

明日から連休後半?それでも働いている人の実体は殆ど知らない?

明日から連休後半?結構なご身分の人も居ればそんな事とは全く関係ない人もいる。世の中様々。親父は明日は武田尾でボランティア活動?それでもそんな事は自慢出来る事ではない。自分に出来る社会貢献?それも違う。自己の存在の証明?しかしそんな者も全く関係ない。それでも何か世の中人の為に役に立つ事をする事はこれからの高齢者の大事な使命に違いない?

それにしても何たる無様なマスゴミだろう?マスゴミ?マスコミでしょう?親父も長い間そう信じていた。マスコミュニケーション。電子辞書(言葉バンク)にはこう書かれている。「画一的内容を一方的に新聞、テレビ、ラジオ、週刊誌等で大衆に伝える事」と記されている。

親父がこの情報伝達の方法がゴミだと思う様になったのは政府と経済界、宗教団体、政治団体の広報誌が多くなったと感じているから?ゴミだな。本当にウソを報道する新聞社、テレビ局はマスコミの社会的責任を放棄している?悪い事をしたら法的に裁かれる。これは法治国家の常識。

その常識をウソで固めたらどうなる?そんな事はあり得ない?そう報道しているマスゴミの責任が問われる事は無い?連休明けその事が問われる。その時中央官庁の役人達は自分達の責任を政治家に転嫁するのだろう?そんなインチキがこれからも続く?その程度の認識を叩き潰されても分からない?そうかな。首を洗って待ってろよ。

アメリカ経済、日本経済、世界経済もその事が問われてもその危機を深刻に捉える事も出来ない。勇ましい事を尤もらしく口にするトランプ大統領。「アメリカンファースト」二言目には「アメリカンファースト」この土建屋?不動産大統領は中国、北朝鮮にもこの言葉で脅しを掛ける?反対に中国に反撃を食らえばその勇ましい言葉も一気にトーンダウンする。

本当に中国と貿易戦争を始める?そんなの事が出来る訳が無い。どうして?知らないだろう?アメリカの国債を1番か2番目に手のしている国は中国と日本。日本はアメリカの同盟国(言いなりの子分)だが中国は同盟国ではない。今迄は中国の経済力はアメリカにとって問題ではなかったが今は違う。アメリカの国債を大量に保有している。

当然中国もアメリカは大事なお得意さん。だからアメリカの国債を大量に保有している。その価値が暴落すれば自国も深刻な打撃を受ける。共産主義の国の形が変わる?深刻な反体制勢力が勢いを復活する。(今は押さえつけている?統制している?)その程度の事を日本のマスゴミは報道しない?出来ない?知らないという事はそう言う事。そしていつ迄も安倍1強?他に代わりはいない?馬鹿言っちゃーいけないよ?

安倍政権はもう持たない?その理由は支持率の大幅低下?マスゴミの世論調査ではかろうじて3割前後の人が支持していると言われているが、昨年の12月の選挙では野党のオンゴール(自滅、分裂)で救われただけ。それをもう一度やる。何度やっても同じ。次から次へと悪事がバレる。どうして?ごまかしはバレたらお終い。

その事をお友達は忠告出来ない。馬鹿だろう?馬鹿です。この件は総理案件?そうではなくて総理の政策。総理の強い決意がある。規制改革、利権拡大。まさかそこ迄は言い切れない。阿吽の呼吸で忖度して下さい?言えない事をごましても駄目。日本は中国、北朝鮮、ロシアとは違う民主主義国家?

インチキ民主主義でも情報が漏れたらその当事者達を銃殺には出来ない。その程度の事を見誤ったという事だろう?そんな事もこの連休でチャラになる?そうかな?それ程馬鹿ではないだろう?それとも?どっちゃ?それは連休明けに決まる。働き方改革の話ではない事もマスゴミは報道出来ない。

テレビ朝日のこのおばかな経済解説?そうなったら如何解説するのかい?そんな事も関係ないととぼけるのだろう?国の財政赤字を何年迄に解消する?この国の借金は1000兆円。国家予算の十年分。これから益々財政赤字は膨らむ。そんな事を危惧する世論は無い。

その程度のコメントも出来ない。馬鹿な国民は天からお金が降って来ると考えている。無駄な公共工事も止められない?止められない?近くにこの春完成した新名神の部分開通(神戸−高槻感)43キロで7700億円。こんな事をしていると国は潰れる?そんな事は誰も危惧しない?北海道新幹線も赤字?九州新幹線は黒字かい?そんな検証は誰もしないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は野球のチラ見をしないでブログが書ける。アホ。

Img_0578

Img_0580_2

Img_0582
Img_0583

Img_0585

名塩−武田尾ハイキングコース。良くこんな道を薄明かりの中を歩けたと感心する。何度も書いたが後30分遅ければこの道を塞いでいると倒木も見えずに痛い目をしていたに違いない?それとも道が暗いと歩けない?しかしここは20メートル下には舗装道路がある。そこ迄這ってでも降りられる?それは無理。

左は5メートルを超える崖。それよりもここ迄歩いては来れなかったに違いない。それならどうした?山道を歩く絶対条件。日が暮れると歩けない。(ヘッドランプを手にしていれば別だが)尾根の上で引き返していた?もっと前のアスファルトの道で引き返していた?うんにゃ(いいえ)読売のゴルフ場前で引き返していたに違いない。

それくらいの判断が出来ないと山道は歩けない。(街中の道でも街灯が無いと心細い?)そんな冒険も出来ない。ジジババだけでなくおっさん、おばさん達もその程度の生き方も出来ない。車は走る棺桶とは誰も思わない。違法運転。違法駐車。危険予知が全く出来なくても車社会?アホだろう?アホです。それが文明社会?アホこけ。

Img_0591

Img_0592

Img_0593

ハイキングロードの降り口(登り口)。一見整備している様に見えるが足元は不安定。暗がりに歩くとその怖さは当人でないと分からない。お礼参りの証として足元の石頃を片づける。それでも石の置き場が限られているので必要最小限の事しか出来ない。石を落とすと下の道迄転がっていく。

Img_0505

Img_0594

Img_0595

今日は大阪は雨模様。今日は市役所で生涯学習推進室の責任者と親しく会談?生涯学習とは程遠い乱暴な生き方をしているが死ぬ迄勉強?その思いを何時迄貫けるのだろう?そんな生き方はこの歳になると出来ない?そんな事は無いだろう?その考えにエールを貰う。

明日はここの草刈りとこの階段を登らなくてもハイキングコースを歩けないのか確認?。出来るかな?それとも天気はよくない?それは無いだろう。断りもしないで草刈りと階段を整地すると叱られるかな?誰に?はり倒せ。無理?そんな生き方はしたくない。

さり気なく淡々と生きる。もうそんなジジイになっている。親父世代はそんな生き方が求められている?それも違うのかもしれない。それでも全く気にしていない?嘘をつけ。歩きスマホ。違法駐車。歩行者の信号無視。内心心を掻き乱しているくせに?バレたか?それでも最近はおとなしくしている。とぼけている?怒りを露(あらわ)にしても馬鹿にされるだけ。何の益にもならない。確かに。

Img_0597

Img_0598

武田尾駅前の宝塚北部西谷の観光案内板。最近開通した宝塚スマートインター。そして西日本最大級のサービスエリア。この看板に上流で大型ダンプの交通整理をしているガードマンが女子高校生に親しげに声を掛けている。その言葉が耳に障る。西日本最大級のトイレはきれい?馬鹿たれ。

そんな事を口にすな。親父から睨まれていた。これから数年後この地域は大きな変化を遂げる(地域の活性化)。そんな事はどうでも良いのだろう?しかしそれが現実。近くの親父達がどんなに地域活性化を口にしても現実は非常に厳しい。人の気配がなければ地域の活性化はない?

働き方改革?国会でそんな事を論議しないで国民の現実を知れ。働き方改革をどんだけの人が出来ている?その程度の事も分からない?無様な官僚達の働き方改革を始めなはれ。アホンダラ。ジジイが息巻いても何も変わらない。確かに。同一労働。同一賃金。どんな面をしてそんな事が言えるのかい。

お役人とお大臣。その事を思い知らせてやらないといけない。無理だな。その事は市長の働き方を見ればよく分かる?下々とは全くレベルの違う考え方をしている。明日から連休後半。首を洗って覚悟しろ。誰もそんな事は考えていない。親父も口で喚くだけでそんな事は全く期待していな。しかし自分の言葉には責任を持たないといけない。その考えは交わない。

Img_0599

今日は市役所で用事を済ませて梅田の本屋に出掛ける。「紀伊国屋書店」目的の本は自分では探さない。(探せない。売り場が広すぎる。人が多すぎる。)ではどうするの?カウンターで声をかける。(ここで無視されると吠える)難儀やのう。難儀です。今日も一瞬そう感じさせる。対応してくれた女性店員も愛想無し。それでも辛抱して本棚についていく。作家は冒険家「各幡唯介」本の名前は?アカンわ・

しかし女性はアホではなかった。親父に探りを入れながら本の名前を聞き出そうとパソコンで検索する。その本は文庫本になっていたがお取り寄せ。数日で手に出来ますがと言われて一瞬考える。他にはないかと言いながらパソコンを見せてもらうとありました。「探検家40歳の事情」これは探検家の日常エッセイ。面白そう。買い求める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は今日はこれから雨 親父はどうするのかな?

Img_0558

Img_0559

Img_0560

Img_0561

山道は整備されている様で足元が見えないと谷に落ちる?薄暗くてもその心配は全くなかったが、一寸先が見えないとそうは行かない。それが山道の怖さ。そんな経験は殆どしていない。だから関係ない?それがアホな生き方?どんなにさり気ない生き方をしていても危険な出来事は突然やって来る。

その回避の方法は全く知らないだけ。その事を思い知らされていた。それも違う?これは偶然ではなく必然。?判断を誤ると偶然ではなく危険は必然になる。その程度の事も知らない? 歩きスマホだけでなく車を運転しながら携帯をいじる。普通に車を運転しながら一瞬でも安全確認を怠る。馬鹿だろう?アホです。そんな間抜けが多い。

Img_0564

Img_0567

Img_0569

明るいと気持ちの良いハイキングロード。しかしこの道を暗がりの中を歩くと状況は一変する。街中で暗い道を歩く時とは比べ物にならない。街中では人に注意しないといけないがここでは足元に注意をしないといけない。暗くなるとこの小石が見事に光る。それが足元を照らしてくれる。不思議な光景に感謝していた。

Img_0570

Img_0571

Img_0572

Img_0573

Img_0574

Img_0575

Img_0576

全く植林がされていない杉林?杉が植林された時には綺麗に間伐されていたに違いない。しかしここは傾斜地。所有者は西宮名塩財産区。高齢者が長老ではこの程度の管理しか出来ない?若者達はこの山の価値を完全に見限っている。綺麗に植林をするお金を捻出出来ない。

働き方改革と尤もらしい事を口にする人達もこの現実に対して為す術が無い。(ならお前がやれ?)どんだけの資金を提供してくれる?そんな事自分で考えろ?行政でも出来ない事を?そう言う事です。この下に荒れ果てた看板がある。これが現実。思い知れ。読めるか?読めないだろう? 関係者以外の入山を禁止する。

Img_0596

Img_0577

Img_0579

Img_0580

この山の持ち主は西宮名塩財産区。ハイキングコースは西宮市が管理して居る?しかしこの様は何だ。この道を薄明かりの中を歩けたのは明るい時に何度か歩いていたから。そうでなければ無ければとても歩けない。この先、少し歩けば危ない階段がある。その階段を降りれば下の道に降りる事が出来る。

明るい道を歩きながら良くこんな道を暗がりの中を歩けたもんだと思っていた。その理由が分かる。この道はハイキングコースでも何でもない。原則立ち入り禁止。その道を勝手に歩いていた。これから出掛けます。この続きは帰ってから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

無事生還のお礼参り?昼間でもハイカーは居ない。杉林無惨。

Img_0482

Img_0483

Img_0484

初夏の様な快晴。宝塚の駅から3つ目の駅でこれだけの新緑が拝める。親父の今年のゴールデンウィークはここ武田尾で始まり武田尾で終わる。それにしても先週の金曜日。薄暗がりの中を本当に良く歩いて生還出来たと改めて思い知らされていた。オーバー?そうかな?それを確かめに同じ道の最後を逆に歩く。先週の金曜日とは大違いの景色だった。

Img_0485

Img_0486

Img_0487

Img_0488

ハイキングコースはこの尾根の上を歩く。右から左に歩いて左端の低くなった尾根を降りる。その尾根道も下迄降りる事は出来ない。山裾の杉林の中を今度は右に歩いて下に降りる。このハイキングコースは西宮市が整備していると聞いているがそれもウソ。インチキ情報ではなく知らないだけ。お見せする。これが現実。

Img_0497

Img_0498

Img_0499

ここがハイキングコースの入り口(先週は出口だった)この階段も急で薄明かりの中では歩くのが厳しい。その事を改めて思い知る。苦笑しながら登り引き返して来た時には階段の石を積み直しながら最後に足を滑らせる。マジでヤバい。この階段でもバランスを失えば大怪我をする。オーバー?歩いてみろ。

Img_0500

Img_0501

Img_0503

Img_0505

階段は整備されていない。足元に注意して歩かないと浮き石に足を取られる。足元が安定していないとよろける。山道でよろけるとバランスを崩す。その時は即腰を落とす。腰を落とせば大事に至らないがそうでないと思わぬ大怪我をする。怪我だけでは済まない事も少なくない。知らんだろう?山道も歩けない?だろうな。

Img_0506

Img_0507

Img_0508

薄明かりの中を無事に歩けたのは慌てなかったから。薄明かりの中はこの石が光る。その石を杖で安全を確認しながらゆっくりと歩いていた。この下には安全な道がある。しかしその道からこの道には上がれない。という事は降りられない。上がって来た階段を歩かないとこのハイキングコースは歩けない。

Img_0509

Img_0510

Img_0511

Img_0512

明るい時には何でもない倒木。しかしこの道を暗くなって歩くとなると条件は全く異なる。その事を充分分かっていても判断を誤ると薄明かりの中を歩く様になる。薄明かりだったから歩けたが後30分遅くなっていたら流石に歩けなかったに違いない。危機管理とはそう言う事。危機管理も出来なければ単独行動は出来ない。

Img_0513

Img_0514

Img_0515

Img_0516

Img_0517

Img_0518

この看板の下にこの谷沿いに下に降りる道がある。その道を最初歩いたが最後武庫川に合流するがその手前が河原の中を歩かないといけない。それでも子の歩いて来た道を歩くならその方がマシかも。今週、武田尾にもう一度行くのでその時検証する。

Img_0519

Img_0520

Img_0521

ここは山道の上。この杉林は誰の所有か分からなくて西宮市役所の担当に聞いた事がある、担当の部署は無かった?ウソだろう?ウソです。しかしこの山の所有者とその管理はこの有様。その理由が分からなかった。この状態を続けると山は崩壊する?ウソだろう?これは本当。いずれ今歩いている道は通れなくなる。

いずれではなく親父が今回通れたのは運が良かっただけの話に違いない。この有様はここだけの話ではない。日本の貴重な森林資源がこうして崩壊している。多くの人がこの厳しい現実を知らない。山が崩壊すれば当然暮らしが崩壊する。その程度の事が分からない。ではどうすれば良いの?為す術は無い?ゲ−ウソでしょう?本当です。

価値をなくした木材は見向きもされない?そんな事は無いでしょう?それがこの現実です。働き方改革?何をとぼけた事を言っているのだろう?大事な国の宝を守り育てる事も出来なくて?日本の杉山を切り倒せ?その前に人々の暮らしが崩壊する。そんな事は関係ないと思われている。確かに関係ないのだろう。

この先は平坦な道を歩く。それでも下は深い谷。そこに落ちればハイそれ迄です。そんな事もオバカは知らない。田舎猿芝居で朝鮮半島の厳しい対立も解消する?厳しい口調で相手を攻撃していた北朝鮮が拉致も核もミサイル問題も話し合いに応じる?話し合いとはどういう事?

見返りを要求してその結果、手にする物が小さければそれ迄の約束を反古にする?そんな国と如何話し合いをするのだろう?韓国の指導者は何を考えているのだろう?それとも厳しい軍事対立は平和な日本では分からない?そうかも知れない。アメリカの対応もよく分からない。北朝鮮がアメリカを攻撃出来るミサイル開発を止めればそれでオーケー?そんな事は無いだろう?

Img_0522

Img_0523

Img_0524

Img_0525

薄明かりの中をこの道を無事に通れたのは明るい時の何度も通っていたから?それでも後30分遅ければこの杉の倒木を乗り越えられなかったに違いない。薄明かりの中でもこの上を跨ぐ事は出来なかった。この丸太に抱きつきながら無心に左を乗り越えたに違いない。今更ながら溜め息を吐いていた。まだまだ生き延びる事が出来る。アホ。

Img_0526

Img_0527

Img_0528

Img_0529

昼なお暗い道は夕暮れになると一気に暗くなる。先週の日暮れ。どんな思いで歩いたのだろう?何も考えていなかった。考えると前に進めない。前に進まないと下に降りる事が出来ない?そんな事も何も考えていなかった。偶然、この先で手にした杖を突きながら山側を歩いていた。この写真の右側。左は谷。落ちると生還は出来ない。

Img_0530

Img_0531

Img_0532

ここは道の下。昼でも暗い。夜でもこの程度の道なら歩く事が出来る?ただ真っ暗闇ではこの谷に落ちてもおかしくない。この程度の谷なら途中で止まるがこの先、一気に落ちる崖がある。その上の道も整備されているから心配ないが暗闇では歩けない。

Img_0533

Img_0534

Img_0535

ようやく杉林を抜けて少し明るくなる。この先は小さい沢。ガレバ。足元は悪い。バランスを崩して谷側に倒れるとヤバイ。ただ死ぬ事は無い。怪我はしても大丈夫。しかし足を痛めると這い上がる事は難しい。親父はカメラを首から提げているので体とともにカメラも守らないといけない。その為の絶対的条件は危ないと思ったら尻餅を着く。その尻餅も体とカメラを守らないといけない。流石やろう?自慢すな。

Img_0536

Img_0537

Img_0538

Img_0539

Img_0540

Img_0541

無様な杉山。所有者は西宮名塩財産区。先人が守り育てたこの杉は植林(人の手で植えられている)その時期は木の大きさから見れ昭和の終わり。それとも平成の始まり。この杉も多くが倒木と立ち枯れになっている。その原因は手入れが行き届かない?森林の価値が完全に失せている。

その結果が森林崩壊。杉花粉飛びまくり?現在人はその程度の事も知らない。人類は杉山の逆襲を如何交わせるのだろう?その方法は無い?そんな事はあるまい。人間の愚かさ?市場原理とはこういう事?その事実も知らない。この杉山の所有者が西宮名塩財産区とは何たる皮肉?

長老達は何をしているのだろう?何もしていない?老い朽ちるだけ。棺桶にもこの木材は使えない。嗚呼。バイオ発電も知らない。コストパフォーマンスが無い?その財産区の長老達はこの有効活用を考える事も出来ない?そんな怒りを覚えていた。西宮−武田尾ハイキングコースも今は殆ど歩く人は居ない。

当然の事だろう?この道はそんな道です。他にもこんな山道が多い。箕面市の観光課の職員から「一人で歩くのは危険」と言われて無視していたが強ち(あながち)間違いではない。そのうちこの道からも人の気配は消える。それでも親父は歩く。ただそのうち歩けなくなる事は間違いない。

Img_0542

Img_0543

Img_0544

Img_0545

ようやく目的地到着。ハイキングコースはここから尾根を登る。急登。距離は400メートル足らず。下りは足元に気をつけるだけで楽だが登りはそうは行かない。今日はここ迄。本日の目的地はここ迄。手にして来たお弁当を広げて感謝していた。何に感謝していたと思いますか?当然無事生還のお礼でした。

Img_0546

Img_0547

Img_0549

先週金曜日。尾根から降りて来た時この石につまずいて前のめりになる。ただここでは尻餅を着く事は無かった。ここで尻餅を着けば尾てい骨と背中を強打する。尻餅を着ける所も選ばないといけない。山道、尾根道。足元が滑る道。足元が取られる道。その判断が出来ないと一人で気ままに自然を楽しむ事が出来ない。

アドベンチャーとは冒険者ではない。緻密な計算と予測と万一の備えが出来る人。冒険家「各幡唯介」はその事を教えている。北極圏の「極夜行」この本が現在人の愚かさを教えてくれる。当たり前の様に考えている日常。その日常は決して当たり前が続く保証は何も無い。その日常を淡々と在るが侭に受け入れる事は決して生易しい事でもない事を知らないといけない。

Img_0554

Img_0555

Img_0556

Img_0557

手にして来た弁当はダイエーで買ったもの。鞄の中で形がつぶれている。気にしないで食っていると頭の上でカラスに笑われる。「アホウ」「アホウ」違いないと思いながらウンコを掛けられない様に追い払う。一息入れて引き返す。帰りも決して油断は出来ない。誰も通りかかる事も無い。

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »