« (全ての人が兄弟になる)ベートーベンの言葉は来年はどうなる? | トップページ | 今年の展望は暗い?ならば明るくすれば良い?それが簡単ではない? »

2018年1月 1日 (月)

今年の初詣は「中山観音」今年の願いは心身健全

Img_1195

Img_1196

Img_1197

中山観音初詣は初めてだった。山門の吽(うん)業仁王も大勢の参拝客に圧倒されていた。カメラも人ごみに正面の場所が確保されずに遠慮気味?そんな事はどうでも良い?かもしれないしそうでないかもしれない?その事は今年の暮れに分かる。その時に悔いの無い日々を重ねられるかな?そんな事もどうでも良い?そうでは無い事を思い知るが良い?

Img_1198

Img_1199

Img_1200

境内は人並みで埋まり身動きが取れそうもなかったので、裏道を通る。この先18丁先に奥の院がある。奥の院の参拝客は流石に少ない。境内と違ってお上品な靴ではとても歩けない。多くの人が考えている事はミエミエ?中山の観音様もそう思っているに違いない。その理由がこの写真かもしれない?

Img_1201

Img_1202

Img_1203

Img_1204

目的地奥の院は中央左側。ダブルクリックして画面を拡大すれば分かるかな?中央下の現在地から左の道が旧参道。道が急の為、今では多くの常連さんは直進。谷沿いの緩やかな登りを選択する。しかしこの道も地中央下で左に一気に尾根を登る。

その距離500メートル。その先は800メートルで奥の院。その道も簡単ではない。現在人が歩けない理由が良く分かる。かく言う親父も本当に歩けなっている事を思い知る。それでも今日は正月。引き返す事はなかった。

Img_1205

Img_1206

Img_1207

Img_1208

Img_1209

Img_1210

Img_1211

Img_1212

Img_1213

Img_1214

段々道は緩やかな登りに差し掛かる。写真は自然豊かな様子を写しているが大きな樹が枯れている。その中でこれ程の枝葉が伸びている松は珍しい。これだけの勢いがあれば枯れる事は無い。日本各地の松食い虫の被害は半端では無い?

知らないと言う事はそう言う事?関係無いってか?多くの人がそんな生き方が何時迄も出来る訳がない。その程度の事も知らなくても関係無い?かもしれない。しかし間違いなく人生の終わりの時は近い。その事が問われている高齢者がもっと野山に足を伸ばさないといけない?歳を取るとその程度の事も出来ない?その訓練が今から待ち構えている。

Img_1215

Img_1216

Img_1217

Img_1218

こんな道を歩くの?御心配なく。右に平坦な道?がある。その道を歩いても登る事は出来る。しかしこの先で尾根を登る。その道も色々分かれているが初心者コースを今日は歩く。上級者コースはないが冒険心をくすぐるコースもある。但し500メートル足らず。それでも結構しんどいよ。happy01

Img_1219

Img_1220

Img_1223

Img_1224

写真では良く分からないがどうしてこの程度の木が枯れるのだろう?それとは反対にこの羊歯(シダ)生命力の強さ。いずれこの谷はシダで覆い尽くされる。シダの森は土方仕事で切り開いた事があるがその繁殖力の凄まじさは半端では無かった。

その繁殖力の凄まじさ。それは森林崩壊に歯止めとなるのだろうか?植物学者に教えてもらわないと分からない。シダは原始時代の産物?トンデモナイ。これからの森林崩壊の救いの神?そんな里山が多くなる?そんな事もどうでもいいのだろう?自然環境は何も手を加えられないと原紙の時代に戻るのかもしれない。

Img_1225

Img_1227

Img_1231
直進すればこの先、谷を渡る。当然そこ迄道は下る。その為に勘違いをする。この看板ではその思い違いに気が付かない。当然谷を流れ下る水量が多い時はここで行き止まり。その案内が全く無い。生きて行く中で同様の事も少なく無い。問題の本質を知る人はごく僅か。

そいつらが意識的に間違いを見誤った時、一般ピープルは為す術を知らない。そんな事もどうでも良い?嘘をつけ。どんなに自分達が関係無い事でも孫達に問題を投げ捨てる事は許されない。その事も関係無いと平然と本当に言えるのだろうか?そんな事は無いだろう?その程度の事も分からない?そうかもしれない。

Img_1232

Img_1235

Img_1237

この尾根道を登る道は500メートル足らず。ラクチンと問われればそうとは言えない。山道を歩くと言う経験がなくても生きて行ける。だから多くの人は自分の健康管理も出来ない。体の不調は外科手術で治る?医学の進歩は人間の平均寿命を延ばす?

平均と言う事はどういう事は知らない?そんな事は無いだろう?平均寿命は延びても健康寿命はこれから増々短くなる。腰の曲げ延ばしも出来なくても生きて行ける。足首を捻挫しても生活は出来る?物事の認知が出来なくてもボケたとは言わない?そんな生き方が迫っている。

Img_1239

Img_1240

Img_1241

Img_1244

Img_1248

オイオイ。こんな処を登るのかい?大丈夫。左に廻り道はある。しかしその道も楽では無い。山登りの真似事程度の尾根でも登り詰めるにはこれ位の丘を越えないといけない。この上30メートル程度で休憩所がある。そこ迄は何とか頑張る。

Img_1249

Img_1250

Img_1252

Img_1253

休憩所。大阪平野が一望出来る。正面にうっすらと見える山塊は大阪と紀伊を隔てる金剛、葛城、紀伊の山塊。大阪平野の南は意外に山が深い。阪和線、阪和自動車道を通り抜けると大した事はないが歩くと先人の苦労が分かる。

信じられない事に大阪と和歌山の県境峠を越えるとその先に歩道は無かった。狭い道。今でもその道は変わらない?和歌山の道は高速道路は整備されているが一般道は歩く人は居ない?自民党幹事長、経済産業大臣は居ても地方創生は侭ならない?その程度の事?

Img_1256

Img_1257

Img_1259

Img_1260

Img_1261

やっと1㌔弱。残りは8丁。昨年はこの時点で引き返す事も多かったけれど今年はやりまっせ。その気持は変わる事は無かったが久々の山道は楽ではなかった。今日は元日。奥の院迄足を伸ばす人はいつもより多いと思いきやそうでも無かった。歩く人は半分は常連。歩く事は楽では無い。


|

« (全ての人が兄弟になる)ベートーベンの言葉は来年はどうなる? | トップページ | 今年の展望は暗い?ならば明るくすれば良い?それが簡単ではない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213640/66230222

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の初詣は「中山観音」今年の願いは心身健全:

« (全ての人が兄弟になる)ベートーベンの言葉は来年はどうなる? | トップページ | 今年の展望は暗い?ならば明るくすれば良い?それが簡単ではない? »