« ハロウィン馬鹿騒ぎ マスコミの報道迄オバカ? | トップページ | 素晴らしい秋 素晴らしい「農業生産法人」猪名川町 »

2017年11月 1日 (水)

紅葉の秋が始まる 一気に寒くなる 覚悟は出来ているのかな?

Img_6090

このベンチでぼんやりしていたのは14年前?大阪に戻って来て5年目の時?これから14年後はどんな生き方をして入るのか?この景色は何も変わっていないが何時迄も変わら無い保証は無い。その程度の事も分からない?

Img_6091
Img_6094
Img_6093

秋が進む。関西の天気も明日迄は晴。明日は猪名川町。歩けますか?猪名川町に今ハマっているのは日本の農業の山間僻地の振興のあり方。そんな事は一人では如何ともし難いと笑われるが、そんな大それた思惑は全く無い。

日本の農業のあり方を小泉新次郎がどんなに高らかに口にしても如何ともし難いこの現実。地方のジジババはそんな事は知らないとは言わせない。その事を語れない改革者。出来る事は補助金だのみの農政?違うだろう?そんな改革者は出ないのだろうか?出ません。

Img_6095
Img_6096
Img_6097

先日涙を流していた?鬼瓦も今日はしっかりと正面を迎えていた。今年ももうすぐ終わるが国の形に大きな変化は無い?それどころかやってはいけない事もなかった事にすれば、いずれその不信は忘れ去られる?政治家も企業家も世の中もそんなデタラメが罷り通ると思っている?

そん事はネエだろう?しかしそんな選挙の結果?それはマスゴミの見方?それと経済界の見方?株価は大幅上昇?文句を言う事はネエだろうと言われる人も居るがそんな世の中は何時迄続かない?それともこれが現実。そう思い込まされる寒い冬がやって来る。どっちや?どっちも?(こらコマーシャルをパクるな)

Img_6098
Img_6099
Img_6100
Img_6101
Img_6102
Img_6103
Img_6104

ここは阪急電鉄創業者(小林一三)の個人収集図書館。一度入館した事が有るが個人の趣味と想いがこもっているので、ここで読書を楽しむ人は多くない?茶室もお稽古を楽しむ人も居るがそんな人は多くはない。

Img_6105

Img_6106

Img_6107

城跡公園。例年恒例の菊花展が開かれている。ただ年々規模は小さくなっている。それだけ出品の作品も少なくなっているのだろうか?それでもこんな贅沢が出来る人が季節を愛でる聖人に違いない?

Img_6109

Img_6110

Img_6112

Img_6113

城跡公園の雑草が刈り取られている。親父から何度も言われなければ出来ないこの草刈りはいずれ又、元に戻る>それともこの状態を続ける?それはこの芝生広場の利用状況を見れば良く分かる。これだけの芝生の育成にどれだけの労力が必要なのか?ゴルフを知らない人には分からない?

Img_6114

Img_6118

Img_6119

Img_6115

綺麗に刈り取られた芝生広場でもこれだけの長い草が残っている。今日は自分でも草抜きをするつもりだったので、器具を手にして行ったが草抜きの道具は役に立たず。小さい鎌を今度は100均で買って行く。長く伸びた草は引き抜くのは難しい。鎌首で切り落とす方が簡単に違いない。

Img_6122

Img_6120

Img_6128

Img_6129

この見事な紅葉はカメラのトリック?まだこれ程の紅葉は中々見られない。それでも後1月もすると近くの山麓の紅葉も色ずいて来る。昨年見れなかった能勢吉川山懐、誰も居ない広場の紅葉は息を吞む美しさに違いない。昨年そのタイミングを逃す。今年はどうだろう。1人で行くには余りに道が細くて心配。行けるかな?

Img_6132

Img_6135

Img_6134

Img_6136

今年はこれ以上の秋の景色は見れない?トンデモありません。これはホンの始まり。錦秋の秋はまだ近くの山の上にも来ていない。自然の美しさは自分の体で体験するのが一番良い。この国の美しさは都会では見れない?その程度の事も分からない?どうでも良い?1年の計は元旦に有りと言われるけれど、1年の総括は霜月(11月)にありとは誰も言わない。

Img_6138

Img_6139

Img_6142

今年は錦木の美しさも今イチ。今年の冷え込みが遅かったから?それとも今年の紅葉は同じ傾向を辿る?最近四季の移ろいに関心を示す人は少なくなったと言われるが、親父的にはそれだけ心情に豊かさが無くなったと断定している。

どうでも良い事?時代の流れ?ハロウィンで馬鹿騒ぎをするオバカは多くなっても世の中の豊かさは無視される?そんな時代が目前に迫っている?ただ自分の価値観で物事を判断する事は最低の行い?その程度のバランス感覚は持ち合わせている。

夕方最寄りの市役所で久し振りに教育委員会教育政策担当のSさんと学校教育推進のAさんから池田の義務教育のあり方について教えを乞う。長い間気になっていた地域の学校教育のあり方。関わり方。見守り方。多くの事が全く関係が無くなっている。

次世代を担う子供達の学力と知力。(同じじゃねえか?)その違いを池田の子供達はどれだけ理解しているのか?それはまだ何も分からない。そん事はどうでも良い?それが違う事をこれから思い知らされる?そんな賢いジジババは居るのかな?コラ。


|

« ハロウィン馬鹿騒ぎ マスコミの報道迄オバカ? | トップページ | 素晴らしい秋 素晴らしい「農業生産法人」猪名川町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の秋が始まる 一気に寒くなる 覚悟は出来ているのかな?:

« ハロウィン馬鹿騒ぎ マスコミの報道迄オバカ? | トップページ | 素晴らしい秋 素晴らしい「農業生産法人」猪名川町 »