« 「ゆめちから」小麦を作る人とパンを作る人の夢が合体? | トップページ | 安威川ダムと言われても関西人の多くは知らない。その程度の事。? »

2017年5月11日 (木)

久々の安威川(あいがわ)ダム 素晴らしい出合いがありました

Img_5335

Img_5336

Img_5337

久々の阪急茨木駅。ここから安威川ダム工事現場を見るにが車作(くるまつくり)行きのバスに乗り大門北で降りる。ただし見学者は殆ど居ない。今日は先客で6人のオバちゃんグループがいた。但し入れ違いで顔を合わす事は無かった。ラッキー。(コラ)

その替わりダム工事案内所長の話をゆっくり聞く事が出来ました。しかしお互いに名乗りをしていないので親父の身分。相手も身分は分から無い。それでも手にしていたおにぎりとダシ巻きタマゴを口にしながら色んな話を聞かせてもらいました。

無駄な公共工事として中断していたダム工事は山を切り崩し、谷を削り32年7月完成を目指して着々と工事は進んでいました。今年、万一大雨に見舞割れても大きな被害が出ない様に万全の対策が取られていた。しかし自然の猛威は予測を大きく越える。その対策も一見万全の様で結果は予測不能?です。

Img_5338

Img_5339

Img_5340

Img_5341

Img_5342

(権内水路)江戸時代綱吉の時代 この地の庄屋さんが稲作の水路を作ったと言う偉業は以前聞いていたが、その遺跡が見れると期待して息を切らして登った道は方向違いで目的地に辿り着けず。明日改めて挑戦?出来るかな?この看板の近くの建物は公民館。無人。トイレも借用出来ず立ちション。(コラ)

Img_5343

Img_5344

Img_5345

Img_5346

今日は車作集落の中心地から外れて左の道を出る。歩き始めた道は旧道でこの道を進めば目的地に到着と勘違い。何の事は無い。新道に合流。しばらくその道を登るが諦める。その判断は間違っていなかった。道をいくら登っても方向が間違っていた。ただこの奥を深い。

Img_5347

Img_5349

Img_5351

この道を歩いている時はこの先に(江戸時代の水路)が見れると思っていた。ところがこの先は新道に合流。谷間の水路は高い石垣で消えていた。その先は住宅地。オイオイどうなっているのかと考えると集落は更にポツポツと繋がっている。この先は地図で確認しないといけない。(茨木市街地マップ)?市街地と言っても山間僻地?

Img_5354_2

Img_5355

Img_5356

Img_5357

Img_5358

Img_5359

Img_5360

Img_5361

Img_5362

Img_5363

Img_5364

バス停があるが終点が茨木市ではない。すぐ下の車作。しかも役に立たない?取合えずここから引き返す。安威川のダム工事はここから少し下流。そのバスの次の時間は確認していたのでそこ迄歩く。ところがその時間も勘違い。到着したと同時にバスのドアが閉まる。走り出すと運転手が待ってて呉れる。ラッキー。

Img_5365

Img_5366

Img_5367

Img_5368

Img_5369

これは登って来た道を引き返している。この道を再び歩く事は先ず無い気がする。それでも寂しさも悲しみも何も無かった。都会の外れで暮らしていると全く経験する事は出来ない日常。その1ページをめくる事が出来た樹がしていた。それも不要とされて長い間中断されていたダムに興味を持ったから。

この後、その工事現場をお見せする。このとてつもない大公共事業。それはこの下流の人達の生活を洪水から守る。水不足から守る?その恩恵をどれだけの人が手に出来るのだろう?数年前に大騒ぎされた関東の八ッ場ダムと全く同じ?違うのはそのスケール。

ここの工事主体者は大阪府。大阪府はその工事費を後世の人達に先送り。後世の人達はどれだけの価値を手に出来るのだろう?そんな事はどうでも良い。工事を行う事が最大の目的。その程度の生き方しか出来ないのだろうか?それだけでは満足出来ない?

大阪では万博とカジノ付きリゾート施設の誘致でそれどころでは無い?おおさか維新が政治を変える?政治が変わっても人々の生活は豊かにはならない。その程度の事も分から無い?東京ではオリンピック。開催費用が計画以上に膨らんでもその負担はタライ廻し。

そんなオリンピックに期待が集まる?何で基金を作ってその開催費用位集められないのだろう?その程度の指導者?都民ファーストなど間抜けな言葉は口にしない方が良い。都民もオバカです。野党批判の前に自民党、公明党が何で槍玉に挙げられないのだろう?それはマスコミの所為?それも違う気がする。

Img_5370

Img_5371

Img_5372

Img_5374

登る時にこの看板を見ないで感覚だけで近道を進んでいる。この看板の通りに進めばすぐ近くだった。これも経験。

Img_5375

Img_5376

Img_5377

Img_5378

ダムの工事現場はこの左にある。ダムの源流もこの下を流れ県道も集落もその川沿いにあった。ダムに水没する集落は当然工事に反対だった。これは日本全国全てのダム工事現場に共通する問題。その対策は集落の移転補償と道路の付け替え工事。そのやり方も全国共通。

この道路が先に完成。住宅の移転も終れば中断されていたダム本体工事の再開は必然だった。問題はその財源。何度も言うがそのお金は税金。しかも後世の人が負担する。そんな事もどうでも良いと思っている>ウンニャ(いいえ)知らないだけ。

知らないだけでなくそんな公共工事が全国各地でじゃんじゃん行われている。それが自民党政治?公明党も多くの野党も支持している。仕方が無い?当然?でない事が分から無い?それでも親父はこの工事が後世に役に立てば文句は無い。そう思っている。その事を多くに人に誤解される。でもそんな事もどうでも良い?嘘をつけ。

Img_5379

Img_5381

Img_5382

Img_5383

Img_5384

Img_5385

Img_5386

新しく新興住宅地も出来ている。学校は何処に在るのだろう?この地域の公共交通機関はバス。ただその便は不便?将来的には変わる?それは分からない?


|

« 「ゆめちから」小麦を作る人とパンを作る人の夢が合体? | トップページ | 安威川ダムと言われても関西人の多くは知らない。その程度の事。? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213640/65267182

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の安威川(あいがわ)ダム 素晴らしい出合いがありました:

« 「ゆめちから」小麦を作る人とパンを作る人の夢が合体? | トップページ | 安威川ダムと言われても関西人の多くは知らない。その程度の事。? »