« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

穏やかな年の瀬 昨年と大違い 心新たに新年を

Img_5533

Img_5534

Img_5535

昨年とは大違いの年の瀬。今年は風も無く暖かい。昨年もそんなに悪い天気ではなかったが山は寒かった。場所は同じ所でも風がなければ本当に暖かい。静かな境内を歩きながら自分の今年の総括と来年の生き方を考えていた?

Img_5536

Img_5539
Img_5540

Img_5541

Img_5542

来年の生き方?脇侍が難しい顔をしていたが閻魔大王は心配顔で眺めていた。ご心配ありません。偉そうな事を言っても今年と変わりないでしょう?それでもそんな事は許されない。世間は本当の現実を知らないだけ。知っていればオバカなテレビの歌合戦等眺めている時間は無い。それでもそれはあなたの所為。

親父から鋭いツッコミを入れられて流石の閻魔大王もたじろいでいた。たじろぐ?この言葉の意味も知らないオバカは多い?そんな生き方をしていないからだろう?怯む(ひるむ)?対等な生き方が当然と思っているからだろう。情け無い生き方をしているくせに。

世の中そんなに甘くない。来年はそんな年になる?ならない?どっちだ。どっちも。そんな生き方が当たり前になる?閻魔大王はその事を教えて呉れていた。価値観の多様化。その言葉が口にされて久しい。しかし現実はそうでは無い。自分の生き方に怯む(ひるむ)。そんな生き方が出来ないだけだろう?

Img_5543

Img_5544

Img_5547

中山観音様。今年も大変御世話になり成した。来年もよろしくお願いします。しかし本堂の額「救世閣」この言葉の意味はまだ分からない。人々の救世。この国には神仏、観音、地蔵様を信じない人も少なく無い?そんなバカな事は無いだろう。バカな事があるから世の中で不正が絶えない?それでもこの看板が下ろされる事は無い?その程度の生き方をしているのだろう。

Img_5548

Img_5546

Img_5556

立派な五重の塔が完成している。奈良大野口室生寺の五重の塔に比べるとその歴史の違いは感じるが、来年は負けない生き方をしなければならない。この梅園も間もなく梅の香りが漂う早春も近い。自分の生き方がどんなに否定されてもその生き方に雄々しく立ち向かえる社会。そんな社会に少しでも近づかないといけない。無様な生き方は何時迄も続く事は無い。その証明をしないといけない。

Img_5558

Img_5559

Img_5564


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

穏やかな年の瀬 来年の予感 悪くない 暖かい接待を受ける 陽春寺

Img_5458

Img_5460

Img_5461

今年何度も御世話になった散歩コース。最近余り歩かないのは城跡公園の所為?通りが一つ違う。それでもここは通り。不快に感じる事はこの狭い通りが車の抜け道になっている事。車の通行量は少なくない。それでも歩行者優先?当然です?今はこの建物は「レストラン」。以前は小林一三記念館でした。

Img_5462

Img_5464

Img_5465

立派な邸宅が主が亡くなって記念館として解放されてどれだけの人が訪れたのだろう?今は城跡公園に向かう坂の下に新館がオープンしている。そこはオシャレなコンクリートの建物。コーヒーも飲める。ただ一度も足を踏み入れていない。デートのカップル御用達になっている?

Img_5466

Img_5467

Img_5470

晩秋素晴らしい紅葉の景色を見せて呉れた山裾は静かに今年の幕を閉めていました。人の気配は感じられないけれど多くの色んな想いを呑み込んで今年も後1日でお終いです。日本各地の年の瀬の風景は見れないけれど、多くの人の想いは既に来年です。3時からの経済特集を見ながらそう感じていた。

Img_5471

Img_5472

Img_5473

Img_5474

何時もこの辺りを歩く時は下を向いていたからこんな青空は眼にしていない。人の思いは時を越えている?嘆きと悲しみを堪えながら歩いた日々が青空に変る?そんな詩人には成れなくても人に語れる伝道師にならないといけない?無理だな。そう思う。

伝道師とはキリスト教の教えを伝え導く人?それでも宣教師でもない説教師?日本では今、そんな人は居るのだろうか?居ないのだろうか?そんな事は無いだろう?ただ政治家、企業家、宗教家の中でそんな人に出合っていないだけだろう?

年末最後に(議論を振ったのはお前だろう)そう言われていた。確かに。来年はそんな生き方を叩き潰してやらないといけない。アホ。叩き潰されるだけ?そんな事は無い。何故なら自分と違う考え方には決めセリフがある。その言葉は「良く分かった」。その言葉を呑み込むだけで充分。

ただその言葉を何時迄も引きずるな。その事も知らないといけない。そうしないとその程度の生き方しか出来ない。この歳になってその事が良く分かる。ただそれが普通の生き方。ブラック企業が7割を超えても叩き潰されない現実。その事が分かれば生き方は全く変る。来年も変わらない?

Img_5475

Img_5477

Img_5487

今年も色んな事がありましたが中でも最大の喜びはこの静かな出合いでした。後ろからベストポジションを追い掛けながら、ポーズをとってくれる瞬間を待ちわびていました。出合いと別れを繰り返しながらどんなに不愉快な思いをされた事でしょう?それでも願えば適う。その実感の時はそんなに遠くない。

Img_5488

Img_5489

Img_5490

本日の目的地(陽春寺)到着です。お正月の準備が整っていた。静岡掛川の大雲院の大みそか年越しに伺ったのは20年前の時?あれから多くの年が流れた。その総括が問われている。考えて見ると苦労した割に見返りが小さい。

そんな事は全く気にしなかった生き方に変化が起きている。それは当然の事?それだけ老いたのだろう。そうでなければなんと虚しい事だろう?恥ずかしながらただ真っ正直に生きているだけでは何も賢くはなかった。人間は賢くなる事は何も無い?そう言い聞かされていた事の訳がやっと分かる。

オバカな政治家が今でも通用すると思って疑わない事は(賢くない有権者)確かにこれ程ひどい政治をしていればそう考えるしか無いだろう?その事を全く問題にしないマスコミ。明日は年の瀬。オバカな歌番組を見なくなって久しいが、この国も決して豊かな国ではない。

ひどい現実を知らないだけ。その事が思い知らされても関係無いと思っている。その事をどれだけ変えれる?無駄な事をするな。そのささやきを追い払えるのだろうか?仲良くすれば良い?そんな事が出来るのだろうか?

Img_5491

Img_5492

Img_5493

Img_5494

やっと合える事が出来ました。優しさと厳しさ。喜びと哀しみ。苦しみと快感。世の中がどう進歩しても変わる事の無い人の感情。どんなに許せないと思っても些細な事で人の心は変わる。憎しみが許しの感情をかき立てる?そんな事は無いだろう?ありません。在るのは絶対的な響きの音感。そんな時が近い?

Img_5498

Img_5499

Img_5500

心を穏やかにしなければ悟りの境地は開けない?誰がそんな事を言ったのだろう?多くの人がもっともらしく多くの言葉を語るけれど人の心はどんなもんだろう?その事を解き解(ほぐ)せる言葉は多くない。もっと分かり易く言えば「問答無用」。言葉では無い。

その事が間違えられて伝えられている?友達でも仲間でもない絶対的な信頼。それが無ければ全てが無。その事も間違えて理解されている。ベートーベンの(第九)を聞きながら今年の総括をしている。その程度の事だろう。

Img_5501

Img_5502

Img_5504

今年は穏やかな年の瀬でした。美味しいお茶をゆっくり味わいながら「うんちく」を語る。来年は座禅の座布団を尻に敷きながら足が組めるだろうか?足は組めなくても心豊かな生き方をしなければならない。ベルリンフィルの第九が終る。お見事でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

体調不良 その原因が分かると快感?ザマーミロ(コラ)

Img_5412

Img_5413

Img_5414

城跡公園事務所も年末、年始のお休み。来年は2日から開園。それでも3日が火曜日で休園日。それなら2日も休みにしろよ。そうは行かない?年末年始も無いだろうと苦情が寄せられる?人間は本当に自分の事しか考えない?これからはお役所仕事とは言わせない働き方が求められる?

ならばオバカな苦情もうまい対応が求められる。先生の働き方も苦情処理専任の担当者が求められている?そんな意見が出て来ないのは何故だろう?教育委員会の在り方を政治家も苦情を寄せる関係者も意識の改革が求められている。当事者の改革は教員の働き方改革にも繋がる。

先生に求められる仕事はきちんと誰が整理しているのだろう?その事は来年明確にします。出来るのかい?ご意見をお寄せ下さい。世の中、情報の伝わり方は一方通行?政治家、権力者の苦情は伝わっても個人の情報は握りつぶされる。その情報整理を誰がやっているの?

インターネットの時代と言われても芸能界のオチャラケニュースの垂れ流しでは何も改善はされない。その程度の事で世の中何も変わらない。大企業?そんな企業には労務管理者は居ないのかい?そんな企業が一杯でも法治国家?内閣官房長官。その程度かい?

今年の6月閣議決定の「1億総活躍プラン」。殆どの国民は知らない。それでもその事が来年問われる。(新たな三本の矢)?と言われても勝手に言っているだけ?そうでは無い事をマスコミですら追求は出来ない。何たるオバカな政策?そうではない。その程度の国民です。

この計画書は文句の無い出来映え。ただ誰が何時迄にどう行い、どう評価をするのかその道筋(ロードマップ)が見えて来ない。その評価が出来れば素晴らしい成果となるに違いない。ただその期待は出来ない。何故なら絵に描いた餅?

それを眺める事さえ出来ない。その程度の事?それでは困るだろう?何も困らない。そうだとしたらこの国に明日は無い。当然の様にもっともらしい働き改革を求める。大体個人や企業の変革は政府が関わってはならない?その事が分からない日本国民。

古い政治体制を変えると声高に叫び、関西で支持をされている日本維新の会。日本では無いだろう?日本を変える為に安倍総理にすり寄る。万博誘致の支援を求める。カジノ付きIR法案の成立で大阪誘致を政府に求める?そんな事で大阪の暮らしが大きく変わるのかい?

維新の改革もその程度の事で大阪人は支持をする。そんな行政が何時迄も続けられるのだろうか?大阪副都心構想のアドバイザーに東京都の首になった元知事猪瀬?カジノ法案の顧問に堀江(通称ホリエモン)それでも大阪人は批判もしない。大阪の街はどんなに綺麗になってもそれが国の補助金だとしたら、綺麗事は通じない。その程度の事も分から無いのだろう。

Img_5415

Img_5416

Img_5417

Img_5419

Img_5423

そんな事もどうでも良い。親父如きがどんなにぼやいた処で何も変わらない。ただ来年は多くの思惑が外れる。その事は今年も同じだった。それでも自分の生活が変わらなかったのは、それなりの努力をしていたからだろう?来年もその事を続ければ良い?

残念ながらそのつもりは無い。日々新た。新年は今年の延長線上にはない。この先、何処迄歩けるか?体に聞いていた。

Img_5424

Img_5425

Img_5426

取り敢えず息切れがしない間に親父の隠れ家に向かう。正式にはボランティアのの炭焼き小屋。ボランティアと言っても親父は参加していない。この看板のど真ん中のコースの道。看板に表記されていない。何でやねん。道が狭くて公認コースでは無い?ただ一番季節感が感じられる。道も狭いし登りがきつい。

Img_5427

Img_5428

Img_5429

体調を知るにはもってこい。ハイキングコースとしても看板は無い。知らない人は歩かない炭焼き小屋コース。炭焼き小屋はその登り口にある。唯いつ来ても炭を焼いている時を見た事は無い。どんな炭を焼いているのだろう?炭焼きの真似事?そんな事を言うと叱られるかも。

Img_5430

Img_5431

Img_5432

一度谷に降りるとその先に小屋は見えている。ハイキングコースはこの上を一気に登る。体調が良ければ何の事は無いが家からここ迄2キロ。今日はこの小屋の横で一休みをする。ベンチに腰を降ろすともう登る気はしない。引き返す事を考えている。

Img_5433

Img_5434

Img_5435

鈴なりの柿がまだ残っているがここは足場が悪い。道が無い。柿が食いたければスーパーで買えば良い。スーパ−の柿は美味くないが和歌山や近くの能勢や丹波の柿が店頭に並ぶ事は少ない。近くの野菜屋さんの柿はそうでも無いが、この店の店員の態度は親父好みでない。態度が悪いと商品が良くても買いたくない。それ位の事が分からない商売人も少なく無い。

Img_5436

Img_5438

Img_5439

ここで下に降りる。20メートル足らずの階段。それでもバランスを崩すと一気に落ちる。手掛かりは無いが足元は階段で整備をされている。下の谷川は雨が降らないと水は殆ど流れていない。大雨が降ると渡れない?そんな事も無い。ここを降りないで直進すると杉谷コース。この道も足元は良くない。

Img_5440

Img_5441

Img_5443

Img_5444

ここに座って廻りを眺めれば音の無い風景。ここで弁当を広げて休憩すれば至福の時?ただ今日は缶コヒー。それでもここ迄歩けただけで満足。山には上がらず引き返す。これから寒い時を迎えるが、こんな環境で毎日の生活を送る事が出来れば何よりの喜び。

ただそんな贅沢は持てそうにない?失望する事は無いが期待も出来ない。来る時は多くの困難が待ち構えている。その困難を乗り越えなければ至福の時は手には出来ない。今年もただ無策でぼやいてばかりで「暗い」と批判された。来年は陰から陽?

それは期待出来ないが戦略を手にしないといけない。それが無ければ淡々と生きよ?それも容易では無い。今年と変わら無いのだろうか?今年は年末になってお札(名刺)を作る事が出来た。一遍上人の様にはいかないが自分の考えをどれだけ宣伝出来るか?その事を試さなければならない?(アホか)

Img_5446

Img_5447

Img_5448

晴耕雨続。日の出と共に起き出し日の入りと共に1日の労働を終える。そんな老の時は望めそうにも無い。1億総活躍社会とは年寄りは何を為す。その事を学習し、実践しなければならない。年寄りが元気に生きる社会。それは都市部では段々と廃れる?そんな対策はどんな形で実践されるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザマーミロ 政治も経済も思惑は外れる そろそろ目を覚ませ

トランプアメリカ新大統領就任(来年1月20日?)でアメリカ経済も日本経済もロシアとの関係も変る?それは変るでしょう。ただ間違いない事は全て根拠の無い思惑。そして間違いない事はその実現性が問われた時、新大統領の発言が注目される。多くの人達はその事が分からない。分からなくても何とかなると明るい見方しか出来ない。その有様は無様としか言えない。

今年も後2日。年末最後にレッドカードを突き付けられる。間抜けな医者は血管の強弱は生活習慣と「薬の服用」で変ると確信を持って口にする。そして多くの人がそう信じている。そんな医者の見立ては間違っては居ない。素人判断で自分の体を判断すると何時倒れてもおかしくない?

そんな事も言われなくても分かっている?開業医の診断は参考にすれば良い。その程度の事しか分からない。その証拠が血圧測定。殆どの高齢者が毎日血圧測定はしていない。そして血圧降下剤で正常値を維持している。薬を止めると一気に血圧は高くなる。そんな体質の改善が出来ない。

医者の見立てを信じる事は何も無い。自分で体調管理に心掛ける。その事を来年も続けなければならない。今年の健康は来年も維持は出来ない。その事が分かれば血圧は一気に正常値に戻る。そんな馬鹿な話は無い。

年末、年始の解散は無い。これで安倍政権の命運は尽きる。そんな事を考える有権者は殆ど居ない。防衛大臣が靖国神社を参拝して「国の為に戦い尊い御霊を国に捧げた事に感謝する」?国の為に戦い大事な若い命をオバカな指導者に捧げた?そんな事もわからないのだろう。

オバカな政治家だけでは無い。多くの国民がそう思っている。全国各地の戦死者の慰霊碑にどれだけの政治家が手を合わせているのだろう?そろそろ靖国神社参拝を政治家がするのは止めなはれ。アンタらの政治も長くは続かない。それ位の事も求められないのだろう?

紅白歌合戦を見て新年には多くの人が初詣に繰り出す。今年も良い年であります様に?そんな生き方も絶えて久しい。ただそれでは何も変わらない。来年はもっとアクティブな生き方をしないといけない。ただ動き回るのではなく行動範囲を広げなくてはいけない。世の中には全く違う生き方をしている。そんな人に巡り会わないといけない。そろそろ生き方を変えないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

恥を知れ それは自分自身の事でした ただその始末は自分でつける?

Img_5399

Img_5400

この水上バスを始めて利用したのは20年以上前。水面も桟橋も今程綺麗では無かった。あの時は二人。昨日は一人。それでも時の流れは非常だった。近くの大阪城公園では女性タレントが開園前だった。近くの通路は女性で一杯。暗くなっていた。

近くの東横堀川を運行する水上バス「アクアミニ」が迎えてくれる。ただこの時間は運行していない。それも今年知った事。東横堀川は秀吉が掘削させているが今は高速道路が走り、当初の目的はとっくに終っている。親父の人生もその程度の事だったのかも知れない?

それでも開き直っていた。この借りはきっちりさせて貰います。自分勝手な生き方が招いた自業自得の結果。その落とし前は自分で付けないといけない。来年の決意。この時点では燃え盛っていた。ところがその思いはトンデモナイ思い違い?だった。ただそんな試練にへこたれる親父でもない。

Img_5410

Img_5411

最近ふらつく。ただ体調は悪くない。バランス感覚が良くないと位の認識しかしていなかったが血圧の薬(心臓の負担を和らげる。血圧を下げる。)が残り少ないので掛り付けの内科で血圧測定を受ける。最高194−最低84。最悪。最近は息苦しくならないと薬を飲んでいない。それではアカンやろー。

以前買い求めていた「血圧計」も腕帯(わんたい)が効かなくなって役に立たなくなり捨てた。血圧の管理はこの年になれば必要不可欠。行政に高齢者に安く提供をして病気の予防管理をしろと言った事はあるが、自分がいくら元気でもそれをしていないとは情け無くて話にならない。

速攻で近くのスーパー内の薬局で「血圧計」買い求める。安い物を買いたいと思っていたが安くはなかった。6667円。メーカーはオムロン。但し製造は中国。日本ではこんな値段では造れない?情け無い事だが仕方が無い。それでもこれで来年血圧が正常値に戻る迄管理が出来る。

掛り付けの開業医から薬局で薬を処方されたらすぐ飲みなさいと脅される。そんなダラシのない生き方はしていない?(しているじゃねえか)自分の体の調子は自覚出来ないと言われたが、医者の見立てでも当たり外れがある。どんな時でも自分の体は自分で始末をつけないといけない。その事を思い知らされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恥を知れ 地方行政の在り方 公共放送の在り方 人の生き方

昨夜、寝る前に非常に面白いテレビ番組を見る事が出来ました。親父は一度も見ていないネット放送の今は首になっている?代表の話。それと全く興味が無かった「ヨイトマケ」のM氏の話。本当に年末最後に目から「鱗」(ウロコ)でした。

深夜でないと聞けない話?最近は新聞は全く読まないし、テレビのニュースにも失望している。それでも多くの国民はそんな社会に満足している。そんな事はネエだろうと一番仲良しの息子と「諍い」(いさかい)意見の対立で言い争いが絶えなかった今年。その度に怒りが高まっていた。

そんな1年もあと3日で終る。来年はもっと賢くならないといけないが、その為には自分のレベルの低い認識を変えなければいけ無い。その事を無条件に受け入れていた。今は引退しているネット放送の前代表は親父の半分以下の年齢で親父の愚かな考えを越えていた。

親父がどんなに声高に尤もらしい事を言っても相手にはならない明解な言葉。それは今の一方通行の情報は「絶対的な事実では無い」平たい単純な表現をすれば「報道は脚色されている」つまり事実を有りの侭に報道する事は出来ない?その程度の当たり前の事をこの年になっても理解出来ない?

この事は若い頃と何にも変わっていない。その事を自慢していたが何たる無様な生き方、考え方だった事か?お陰でその代償は小さくはなかったが、その事を甘んじて受け止めていた。その愚かさに気が付けば残された歳月で必ず人生が変わる。変わら無くても満足して息を引き取る事が出来る。そう感じる事が出来た事が今年最大の喜びに違いない。

最近、本当にオバカな生き方を眼にして来たが、それは自分がその事を受け入れていない事。その事が分かれば見方は全く違うに違いない。来年は今年より厳しいと年の瀬に思っていた事が変る。来年が本当に厳しいのでは無い。自分の生き方が厳しくなる。

その対応が出来る人とそうでない人の差が、更に大きくなる?自分が思っている判断基準が間違っている事が分かれば、これからの老後が楽しくなる?その為の健康。その為の体の維持管理。ふらつく肉体はそのシグナルに違いない。今年も毎日よく歩きました。

来年はその質を高めないといけない。今年の6月に手にした美津濃のウオーキングシューズ。その値段と値打ちは来年更に生かされる。靴底が凹んで高い靴を手にしたけれどまだまだ満足出来ない。これからの高齢者はその多くが車を手放せなくなる。

そうなった時(既にそうなっているが)高齢者は試練を迎える。それでも関係無いと思うのだろう?アクセルとブレーキを踏み間違えると言いながら、自分の足腰のだらしなさを否定は出来ないのだろう?口先ばかりで喚き立てても生き方は何も変わらない。

そんな社会が加速する。その対応は誰がどうするのだろう?行政には全く期待は持てない。その事が何時、思い知らされるのだろう?国の予算の3割近くが福祉予算。その福祉の内容も制限される。この国の福祉の実態はまだまだ足りないと語られるが、その財源が限られている。

それ位の知識も無い?その事をきちんと説明が出来るプロもいない。学者先生がどんなに立派な事を言ったとしてもそんな物は何の改善策にもならない。能書きを口にしているだけに違いない。地域行政の担当者でもその問題は小さくない。それでも問題は深刻な財政不足に陥る。

それでも中央政府には何も出来ない。その事を私達は知らない。マスコミの情報がいかにウソであるかが、来年はもっと証明されるに違いない。中央だけでなく地方の行政がいかにお粗末であるか?大阪人でも良く分からない。大阪の報道で真しやかに報道されるIR問題。

大阪のオチャラケはマスコミの報道を見ていると本当に良く分かる。確かに今、大阪の活性化の為に大事業は欠かせない。ところが今、大阪が抱えているインフラ整備の殆どを大阪人は知らない。そんな大事業を進めながら行政がカジノ付きリゾート、国際会議場の整備を進める?

何でそこ迄やらなければ大阪の活性化は出来ないの?そんな議論は何処にも無い?大阪府にも大阪市にもそんな財源は何処にも無い。そんな事を誰も知らない。その結果は国の支援を頼る。だから古い自民党体質を変えると言いながら、新しい安倍自民党にはすり寄る。

大阪維新の会が日本維新の会に名前を変えても大阪の暮らし向きは何も変わらない。その事を来年はどれだけの人が思い知るのだろう?その情報を全く伝える事が出来ない皆様の公共放送。皆様の民間放送。彼等はそれで飯が食える。大阪人もそれで何も文句は無い?

何時から大阪はこんなダラシのない街になったのだろう?それは時代の変化?そうだとしたらもう一度「ど根性」を示さなければいけ無い。無理だな。関西経済の重鎮が舌を出して笑ったいる。そんな事実は何処にも無い?嘘をつけ。知らない。知らせない。伝えない。

そんな1年がもうすぐ幕を開ける。多くの人が多くの事を語るが親父のこの暗い見通し。その共感は殆ど無い事も間違いない。大塩平八郎の乱もその程度の認識だったに違いない。九州福岡の何処かの市長の支援者はそんな批判も出来ない大物政治家のお膝元。

何でこの程度の怒りの声も上がらないのだろう?それが古い自民党体質。富山の議会補欠選挙でも問われた投票率。地方だけでなく中央でもこの国の政治意識は地に堕ちている。その代償は子や孫達に付け回すのだろう>味を知れ。恥を。

それでもこの国は豊かな国。何時か叩き潰された敗戦の焼け野が原を味わっても関係無いととぼけるのだろう?福島の悲劇は何も生かされていない。マスコミも思い出した用に「福島からの復興」を語るけれど、その教訓は殆ど理解されてはいない。

明るい未来を拓くと宣伝した嘘つきは地獄に落ちてもその償いは出来無い事も知らないのだろう?核のゴミの最終処分場も決められなくても原発最稼働は続ける。何たる無様な生き方だろう。それでも原発はベースロード電源。何時迄そんな事が言えるのだろう?それは第二の福島を体験しないと変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年の課題をまとめよう?

来年の課題。それは言う迄もなく生き方を変える。内閣府では「1億総活躍社会」と担当大臣迄任命されているが、その人がどんな人でどんな事をしているのか分からない。そんな事もどうでも良い?それが間違いである事に気づかされる。

一億総活躍社会?そんな事が出来る訳が無い。今でもそう思っている。そして来年もそれぞれの思いで多くの人が懸命に頑張るのだろうが、その事がどれだけ1人1人の活躍に結びつくのか?それは来年末にならないと分からない?

そんな事は無いだろう?この国の多くの人がそんな事とは全く関係無い惨めな生き方をしている。その事に多くの人が気づかないだけ?そうではない?そんな事も関係無いと淡々と生きている人も少なく無い?それにしてもこんな言葉を軽々と口に出来る政治家達。何たる感覚だろう?そんな事もどうでも良いってか。

この次は明日。オバカなテレビにうんざりしている親父が、今、見ている深夜番組が面白い。(アホ)最近の公共放送も民放もうんざり。この対策は簡単でした。面白くなければ見なければ良い。面白ければ食いつけば良い。それだけの事だろう?2チャンネル。全く見ないがこのシステムの創設者が多くのコメンテーターより言う事に説得力がある。ただこの番組。コマーシャルの乱れ打ち。これだけコマーシャルで何を宣伝するのだろう?結論はアホです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

今年は変れなかったけれど来年はオバカを変えよう。

Img_5334

Img_5335

Img_5337

Img_5338

久々の馬場町。大阪府庁と大阪城前の通り。親父が18の夏、始めて見た景色は街路樹の葉っぱは青々としていたが、景色はセピア色だった。市電が通って人の往来が多くてこんなに綺麗な街並では無かった。ただ違う景色を眺めながらおもっきりカメラのシャッターを押していた。次の機会は何時になるのだろう?

Img_5339

Img_5340

Img_5341

Img_5342

この道をまっすぐ降りて行くと天満橋。観光客の姿もビジネスマンの姿も人々の行き交う姿が無いのはどうして?観光客は外国人が多く貸し切りの観光バス。日本人の姿は何処に行ったの?10年後はもっと加速する?それでも大阪は外人観光客をもっと呼び込む?宿泊施設ももっと増やす?

日本人観光客の呼び込みはどうするの?そんな事はお呼びでは無い?そんな行政が支持される?おおさか維新の会は日本維新の会と名前を変えても、古い大阪を変えると言う事はそう言う事?そんな問い掛けをマスコミは全く出来ない?そろそろそんな大阪を変えないといけない。

その方法も難しい事では無い。その証明をすれば良い。中央政府にすり寄らなければ何も出来ない?そんな情け無い政治手法は兎も角、行政のマヤカシだけはもっと知りなはれ。その事を痛感していた。それでも実務者は関係無い?その事も教えられていた。

多くの大阪を変える大事業を大阪人は殆ど知らない。大阪の姿は半世紀も経てば大きく変わる。この国の形も同じに違いない。その時、第二の故郷を眼に出来る若者達はどんな感慨に浸るのだろう?それは東南海地震で思い知らされても分から無いのかも知れない?難しい?かもしれない。

それでも都市計画とはそう言うもの?その事を語れる建築家もいない?先日、久し振りに見た(大和川線)のトンネル工事。今年完成予定の工事が3年先迄延期。大阪梅田北ヤードの2期工事が完成するのは7年先(未定)大阪駅前のデパートと地下街工事が完成するのも7年先(未定)?ただ10年先の大阪は大きく変わる。それ迄は生き続けなければならない?

Img_5343

Img_5344

Img_5345

Img_5353

大河ドラマがどんなに歴史を飾り立ててもこの城は豊臣の城では無い。織田、豊臣、家康の城でもない。ドラマでどんな真田の偉業を讃えても所詮田舎侍。徳川の絶対的権力は否定は出来なかった。その徳川も長い天下太平の世を続ける事は出来なかった。これだけの石組みの技術は現在でも容易では無い。そんな歴史を語れる人も少ない。その程度の事です。

Img_5354

Img_5355

Img_5356

ここから大阪城天守閣は少し歩かないといけない。久し振りにこの道を歩く。ここが外堀の感じだが秀吉が築城した大阪城は全く形が違う事は考古学者は証明が出来ない。近くに大阪歴史博物館があるがその程度の事も実証出来ない。?実際は博物館の入場料が高くて?知らないだけかも。その程度の事です。大阪城の中を一周する事もしっかり歩けないと難しい?

Img_5357

Img_5358

Img_5361

Img_5362

元々この城の原型は秀吉の大阪城以前から作られている。大阪城の歴史は古い。この広い大地には城ではなく浄土真宗石山寺が大きな寺院として栄えていた。当然、寺は大阪人の布教の中心であったが武士との勢力争いで抵抗する。その攻撃の始まりは信長。長い戦いが続く。

信長は天下統一の為には手段を選ばなかった。何度も抵抗した石山寺も10年以上の戦いに負ける。信長も本能寺で光秀の(謀反)?で死亡。この城を整備した秀吉も後継者には恵まれなかった。息子がどんなに優秀でも秀吉恩顧の武将が家康の味方になる。

大阪城は徳川家康の策略で完全に跡形も無く叩き壊される。その上に造られた大阪城も江戸時代に落雷が弾薬庫に落ちて爆発炎上。それ以来、城は無かった。現在の城は三代目。昭和の始めに鉄筋コンクリートで完成。アメリカ大阪大空襲でも燃え落ちる事は無かった。

それもそのはずアメリカの大阪大空襲は木造住宅を焼夷弾で焼き尽くす攻撃。アメリカの戦争責任は問われていない。日本の軍人がどれだけ間抜けだったが良く分かる。但しこの城を見てそんな事を感じる人は殆ど居ない?その歴史は殆ど教えられていない。

アメリカの次期大統領は日本の現在の核の傘タダ乗り論を選挙中厳しく口にしたが、その考えは大統領就任と同時に全く変る?そんな事があるはずも無い。それでもアメリカと軍事同盟を結びながらロシア、中国とも仲良くする。核兵器は持たない。造らない。持ち込ませない。そんな綺麗事が通じる訳が無い。その程度の事も分から無いのだろう。

Img_5363

Img_5364

Img_5365

Img_5366

Img_5367

Img_5368

Img_5369

Img_5370

Img_5374

Img_5376

Img_5377

Img_5378

Img_5382

Img_5380

Img_5384

この先に中堀を渡る「極楽橋」がある。この橋が大阪城落城の時に豊臣家臣の落ち延びの為に唯一開けられたと言われている。ところが名前とは真逆の地獄が繰り広げられる。橋の対岸から徳川の狙い撃ちが待っていた。正に地獄。

その狙い撃ちを免れてもその先には追いはぎ。豊臣の栄光が関ヶ原の戦いで終っても大阪の栄光は変わら無いと思っていたオバカな妾。それは叩き潰されても大阪人は何も変わる事は無かった。それだけ大阪の商人の力は育っていた?それが大阪の悲劇?大塩平八郎の反乱の教訓は今でも生かされていない?

Img_5389

Img_5390

Img_5394

「大塩平八郎の乱」と言われても知らない人も知らない人も少なく無い。知っていてもその原因は「反乱」と思われている。この人は知れば知る程現在人に通じる。大阪の与力で大阪の行政を取り仕切っていた人が、何故反乱を起こさなければいけなかったのか?大阪人は誰も考える事は無かったのだろう?今でも程度は違うがその向く先に警報音は小さくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月26日 (月)

今年出来なかった事 来年実現出来る事 その術を探れ

Img_5317

Img_5318

Img_5319

久々の梅田ガード下の喫茶店。生憎満席だった。それでもレジ前のベンチだけは空いていた。そこを勧められる。イヤもオウも無かった。直前に手にした本が読みたかったから?それでも数ページ読んだだけでページを閉じる。座っている場所が暗い。レジの斜め前。何気なく廻りを眺める。

Img_5320

Img_5323

Img_5324

イチゴケーキを眺めただけで次の目的地に足を向ける。地下鉄谷町線。谷町4丁目。この地下鉄駅は大阪城に一番近いが少し歩かないといけない。出口が多いので出口の位置を間違うと方向が違う。初心者でなくても親父のレベルでも間違う事がある。

それでも今日の目的地を間違う事は無かった。大阪府庁別館。大阪府庁はその先にある。大阪城はその通りの反対側。用事を済ませて城内を歩く。ゆっくりと散策したので疲れる事は無かった。大阪府庁の改修工事も見違える程進んでいた。それより驚いた事はこの建物。

Img_5327

Img_5330

Img_5331

Img_5359

外観は完成していた。オープンは来年3月。良く分からないが大阪がんセンター。先端医療ガン治療も大きく変わる。ただ親父が先端医療も否定しないが綺麗事では済まされない現在の医療体制。本当に健康で文化的な社会とは裏腹の貧困医療の現実。

こんな立派な建物にどれだけの貧しい人が期待出来るのか?その問い掛けは全く無い。公的介護の実態とは全く関係のない話をどう期待するのだろう?西成の厳しい現実はどう改善されたと言うのだろう?大阪人が全く知らない西成の悲劇。さっちゃん先生の死を忘れたと言えるの?

そんな訳が無い。その代償も払わずに生き延びる事は出来ない。必ずその事は問われるに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

有馬記念も終る 今年も後1週間 今年の総括はまだ?

有馬記念の夢馬券は見事に外れ。400円しか買わなければ結果はどうでも良い?今年を総括して多くを語る事は何も無い。今年は何も出来なかった。正確に言えば何も出来無くなって久しい。何もしないで何の為に生きて来たのか?その問いも忘れ去られて久しいが、その答えも見出せないのかも知れない。

そんな事も意識する事が全く無かった。何の不思議も感じないで生きて行く事は容易い事であるが、疑問を持つと果てしない迷路に迷い込む?その疑問もそろそろ解ける?来年はそろそろそんな年にしないといけない?来年の事を言えば鬼が笑う?そんな格言も来年は通じないだろう?そんな年にしないといけない。

明日は久し振りに興奮している本が買える?来年は働き方改革が問われると言われてもこれは全くの想定外に終る。その根拠は行政の怠慢?行政のまやかし?行政の組織的犯罪?この国が本当に法治国家なら内閣府の責任は大きい。

そんな現実は全く報道されない。その理由もひどい話だが新聞、テレビ局の実態も不法労働行為が行われている。マスコミの社会的責任が問われて久しいがここ迄来ると問題の深刻さは親父達が生きて居る間に変える事は出来ないに違いない。

それでも今年はその手掛かりを手にする事が出来た。仕事無しの5年間は多くの人と場所に出合う事が出来た。そろそろ足を踏み出さないとない。それが本当の意味で親父達に出来る働き方改革。何もしないで批判ばかりしていないで何かをして人の役に立たないといけない。もうそんな必要は無い?トンデモありません。その証明をしないといけない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

内閣府の調査でロシアの好感度上がる?何も知らないくせに

司馬遼太郎(ロシアについて)文庫本読み終わる。何も知らなかったロシアのシベリアの関わり。プーチン大統領が訪日した時に、私達が理解している北方領土を千島列島(クリル諸島)と口にしていた意味がやっと分かる。

ロシアはこの領土は先の戦争で手にしたと声高に言い立てて来たが、その事も正確でない事が良く分かる。それでも内閣府の世論調査?ではロシアの好感度は上がる?嘘をコケ。ロシアと言う国が領土問題について問題解決の意図すらない事を日本人は意識の片隅にも無い?そんな事が良く分かる。

アメリカの大統領が替わりアメリカの国益が優先されるとアメリカはロシアの経済制裁を止める?その事は流石に内閣府も外務省もマスコミすら口を閉ざす?そうでは無く来年はそんなレベルの外交は無い?その事を思い知れ。

そんな事はない?知らないと言う事は本当に恥知らず?働き方改革と尤もらしい事を言いながら労働基準法も守らせない行政?働き方改革を政府が口にするのではなくなく内閣府が行政の力で徹底的に違反行為を処罰すれば良い。

その程度の事も出来無くて働き方改革?こんな事を看過していきた国民。それだけではなくそんな改革も出来ない内閣府が国民に意識調査?その項目がロシアの好感度?何たるとぼけたお役所仕事。そんな政治を行っても批判されない?トンデモナイ。

どうでも良いと思われている。そうは行かない事を何時思い知らされるのだろう。(今でしょう)この言葉も古い。アメリカとロシア両大国が対立するのは利害が絡むから?それではアメリカの国益とは何?ロシアの国益とは?その事を教えてくれる本。その著者の名前も知らなかった。その見識者はフランス人エマニエル、トッド。

これ迄多くのフランス人の見識を学習したがこの本(グローバリズム以降)は778円。アメリカの経済と日本経済の2017を知る上で役に立つ。日本にこれ位の解説が出来る学者は居ないのだろうか?格差社会をどんなに批判しても何も変わらないだけでなく、深刻な社会問題になる。

そうなった時、舌を出して笑える輩はどれだけ居るのだろう?一握りの富裕層がどうして更に豊かになれるのか?その事が分かる?エリート達も他人事では無い?信じられない事に来年はマスメディアは見向きもされなくなる?正確に言えばジジババとオバカな若者の電気紙芝居?

いつか分からない?何時の事やら分からない?トンデモありません。その事が分かっただけでもマシ?来年は世の中が大きく変わる。政治や社会、働き方それ以前に暮らし方そのものが変る。そんなオバカな事を阪神競馬場で考えていた。アホ。そんな事では何も変わらない。明日は有馬記念。負けて今年を終りますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

あご髭を伸ばしている。サンタの叔父さんはくそジジイ?

Img_5269

Img_5272

Img_5273

久々の阪神競馬場。今年は来たのかな?年末は3日間の開催。気合いを入れて勝負と思いきやいきなりの大穴。3連単馬券(一着から三着迄当てる)は百万馬券。年末にこれだけの勝ち馬馬券を手に出来る人はどんな人だろう。

Img_5280
Img_5283
Img_5284

遠くに六甲の山並みが見える。この山の奥が有馬。阪急神戸線の駅からドライブウエイが通じている。始めてこの道をバスで通ったのは会社に入社して1年目の秋?今から半世紀以上前の話?それからもう一回。それも相当前の話。あれから多くの歳月が流れている。

次の時は何時の事だろう?それは分からない。何時でも行けるが何時でもは行けない?何でだろう?それは思い出の中に残っているのだろう?有馬の湯も長らく入っていない。有馬の湯でゆっくりとリフレッシュをして出直す事はそろそろ期待は出来ない?有馬の湯は来年どう発展するのだろうか?

Img_5285Img_5286

Img_5288

競馬場も本当に綺麗になりました。公営ギャンブルは楽しいレジャー?トンデモありません。ギャンブルに楽しさは無い事をもっと思い知らされないと分からない?ギャンブルは程々に?誰が誰に?そんな事もどうでも良い。とにかくギャンブルに変りは無い。

この国は法治国家?その法律は解釈で合法化される?そんな後ろめたさは政治家や官僚達にもお偉方にも無い。その程度の事だろう?ギャンブルの宣伝迄垂れ流すテレビ?そんな事もどうでもよろし。文句があれば馬券は買うな?買いませんでした。それでは勝負は出来ない。情け無い?全然。

Img_5292

Img_5293

Img_5296

この馬は圧勝。強くなるのかな?乞うご期待?来年のクラッシュク戦線、出世街道を駆け抜ける事が出来るのかな?覚えて置きましょう。それでも馬券を買わないと忘れられる?心配ありません。競馬は記憶の勝負。高齢者はこれからはボケない勝負。もっと多くの事を知れば「伝道師」になれる?どうかな?

Img_5300

Img_5301

Img_5302

明後日は有馬記念。競馬を知らない人でも馬券は買える。競馬で儲けて良いお正月?それは無い。それでも多くの人が馬券を買う?そして一時の興奮?夢から覚めると厳しい現実。それでも今年1年の無事息災に感謝?来年はどんな夢が叶うのだろう?そんな事を語らないといけない?無駄だな?それでも悲観する事は何も無い。生きていれば可能性は0ではない?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

クソバイス?汚い言葉しか口に出来ないアホ?(余計なお世話)

一度やんでいた雨が夕方散歩に出掛た時、再び本降りになる。その雨も止んで風呂上がりの体はセーターを拒否している。消費の冷え込みも全く関係無い師走?違うだろう。あと10日で元旦。この慌ただしい年の瀬を実感出来ない情け無さはどうしたもんだろう?

経済ニュース解説者は「外人投資家の市場参加がクリスマス休暇」と信じている?違うだろう?株式市場の加熱もここ迄来ると頂点?新年早々は今年と同じショックを味わう。その大きさは今年以上?チャイナショックにトランプショックが重なる?何の事だか分からない。

株価暴落を予想出来るエコノミストは居ない?安倍総理の年内解散も棚上げ?予想ではなく日露首脳会談の思惑(領土返還の道筋。ロードマップ。)が外れるとは思いもよらなかったに違いない?来年春迄のハードルもそんなに低くない?そんな予想も殆ど出来ない?

ストレスが溜まると言う事はそれ程に自分の体を痛めつける。そう言う事だろう。それも自業自得。絶対的権力は自分が思っている程、岩盤でない。その事を思い知っているのは韓国大統領。それでも自分が国を支える。その思いに変化が無い事を韓国民は思い知らされる。

「クソバイス」に耳を傾ける事は無い。ただ信頼を失えばその地位に留まる事は出来ない。人と人の関係でも同じだろう?せめて余計なお世話と我が道を行く?それ位の事も出来ないのだろう?年末最後の大勝負?そんなアホな事を考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

官邸主導の働き方改革?バカかこいつら?他にやる事があるだろう?(3)

官邸主導の働き方改革?何たる言葉だろう?この言葉の意味が良く分からなかった。多くのアホな国民(コラ)も理解出来なくても期待は出来る。それがこの国の常識?働き方改革を官邸主導でやる?この言葉が官房長官の記者会見の言葉だったに違いないがこれ程のインチキを公共放送で垂れ流す。しかもこれはブラックジョークではない事をオバカな経営者が証明している。?

「労働基準法」は半分以上イヤそれ以上の企業で守られていない。そんな事は無いだろうと思っていた。親父達が現役の頃には考えられた事。いかに経営者と御用組合、労働基準監督署とその上の行政が寄って集ってこの法律を蔑ろにしているかがこの事実からでも明確になる。

それでも何でそんな不法労働行為が罷り通る。罰と社会的制裁がこれ又オバカなマスコミ(テレビ)で報道されないから?報道はしている。だから問題は改善されている?嘘をつけ。その事をエイベックスの社長は公言している?

彼等の仕事はエンターテーメントの仕事で皆(従業員)は好きでやっている?何たる勘違い?何たる犯罪行為?そんな経営をしないと事業は成り立たない?だとしたら速攻で止めなさい。そんな事業が成り立つ事がオカシイ?そんな批判も受けない音楽業界。だからそんな事が言える?

舐められたもんだね監督官庁。労働監督署は何処のお役人が管理しているの?政府、内閣官房がやるべき事はそんな違法行為を厳しく取り締まる事だろう?過重労働取締?電通の立ち入り調査もどんな処罰をしたの?そんな事も分からない?

そんな事もどうでも良い?ただこのエイベックス社長の開き直りは許せない?官房長官は法治国家と度々沖縄の問題で口にされるが、都合の悪い事は法律では無い?そんな事が許される訳が無い。ただ実際には許されている。法律とはそんなもんなの?そんなもんです。

そんな政治家と官僚達に何時迄も好きな事を口にさせる。口だけでなく平然と利権を行使する。そんな事は許されない。ならばどうする。簡単です。働き方改革は自分で行う。それが来年問われる。エイベックスの会社もこれで終り?

人気で成り立つ商売を平然と踏みにじればどんな結果が待っているかは歴史が証明をする。そんな事も分から無いのだろう。青二才。ただこの間抜けな事実は間違ってはいない。そんな政治体質を許している無知なこの国の高齢者、若者、大人達も関係無いとは言えなくなる。その時は来ない?だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口を尖らせてアヒルさん?国の予算は借金まみれ?それでも関係無い?

Img_5223

Img_5224

Img_5225

Img_5226

昨日は工事が延びている阪神高速(大和川線)の現状を見に行きました。この工事の実態は関西人に殆ど知られていない。その訳はマスコミの報道が殆ど無いから?親父もこれからマスコミとは呼びたくない。テレビの報道番組では何を知らせているの?

公共放送と間抜けな民放。オチャラケの放送を垂れ流しながら社会批判?アホやろう?アホです。それでも彼等はとぼけるだけ?1枚目の写真は華々しくオープンしたアベノハルカス。天王寺駅前の日本一高い商業ビル。ところが最近は景気の良い話は聞こえて来ない。近鉄百貨店の売り上げは伸び悩み。?

2枚目以下の写真は阪堺線(大阪で唯一の路面電車。大阪天王寺、恵比須町と堺住吉公園を結んでいる)乗り場に張られている堺市内ループバス。ところがこのバスも殆ど知られていない。堺市の観光客も外人観光客中心?公益社団法人観光コンベンション協会?どんだけの成果を上げているのだろう?

親父達が学校で習った時は仁徳天皇陵。今は大仙古墳。その訳はこの世界遺産に登録が検討されている古墳の主は証明されないから?宮内庁が管理している古墳は中に立ち入る事は出来ない?当然、発掘調査も出来ない。仮に出来たとしても墳墓はとっくに盗掘されている。

それでも宮内庁は科学的調査を認めない。従ってこの古墳は仁徳天皇陵とは公認されない。当たり前だろう?宮内庁のふざけた対応は皇室の歴史を正しく国民に理解させていない戦前と何も変わらない。それでも参拝者は絶えない?一度近くの博物館に行かないといけない。

Img_5227

Img_5228

Img_5229

Img_5230

堺の街歩きは楽しい?全然。全くつまらない。歴史的遺産が全く失せている。親父の歩き方が悪いからそう思ったのだろうか?そう過去形。この街の観光案内所は本当にお粗末だった。数年前、期待に胸を膨らませて訪れた街に過去の歴史は嗅ぎ取る事は出来なかった。今回は時間が無かったが改善されてはいない?

Img_5231

Img_5256

Img_5257

Img_5258

阪神高速「大和川線」阪堺線「やまとがわ」の停留所を降りて東に歩く。西に歩くと河口。こちらを歩くのは始めてだった。ただ工事は地下?トンネル工事で殆ど見えて来ない。この辺りは左大和川。右は旧堺市水道局の浄水場。素晴らしい公園になっている。

Img_5259

Img_5260

Img_5263

Img_5264

右は素晴らしいツツジの群生。五月の時には素晴らしい景色になると教えてもらう。親父のこのブログも来年は8年になる。殆ど毎日書き貯めた内容も写真が満杯になりどんどん削除をしている。削除をすると記事だけでは何の事やら分からない。それでも日々新た。前を向いて歩くしか無い。借金まみれの国家予算しか組めなくてもとぼけている政治家よりマシだろう?全然。だな。Img_5265

Img_5266

Img_5268

大阪駅に戻って来る。駅はラッシュの時間で混んで来る。昨日の見学では何も分からなかったけれど再びの時は暫くは無い。3年後工事完成の時迄何回行きますか?それも分からない。乗り換えの阪急の電車も混んでいた。無礼な輩が顔を突き出して来る。司馬遼太郎文庫本(ロシアについて)を読みながら気が散っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

久々の阪神高速「大和川線」但しまだ工事中。何時完成するの?

Img_5255

Img_5252

Img_5233

Img_5234

大阪と堺の境を流れる「やまとがわ」阪神高速大和川線は当初の計画を大幅に遅れて完成の目処は3年後。当初の計画は今年中の開通だった?計画が実際の工事に取りかかったのは1995年?工事の目的は大阪市内を通らなくて阪和道路の車を湾岸自動車道に繋げる?

ところがこの10キロ足らずの工事は殆どがトンネル。この区間はJR,各私鉄の和歌山、南大阪方面の鉄路と交差する。工事は予定通りでも難工事が予想されたが、予想外の出水事故もあり大幅に遅れる。その現実も殆ど知られていない。これが本当のお役所仕事。

工事が完成しなくても工事費は莫大になるか?そんな事も関係無い?久し振りに見た工事現場も数時間ではさっぱり分から無かった。この工事費。本当に税金の負担は無いのだろうか?そんな事も殆ど知らない。どうでも良いのだろう?本当にひどい報道です。親父の写真でもそんな事は良く分からない。

Img_5235

Img_5247

Img_5245




| | コメント (0) | トラックバック (0)

官邸主導の働き方改革?バカかこいつら?他にやる事があるだろう?(2)

Img_5158

Img_5159

Img_5161

Img_5162

昨日の続き。大阪人の殆どが知らない正蓮寺川の埋め立て。これだけの広い埋め立ては大阪の歴史の中でも少なく無い。その代表的な川は長堀川。その川の跡はどうなっているか?信じられない事に埋め立て跡は広い自動車道路。地下は事業が失敗しているショッピングモールと駐車場。

その事実は殆ど関西の叔母ちゃんも知らない。そんな古い政治体質がここでも行われている。?そんな事は無いと行政は言うのだろうが、この広い土地は部分的に緑地化,公園化されるだけ?それも完成するのは何時の事か分からない。

そのうち大地震で津波が押し寄せればこの地域一帯は壊滅する?そんな事がある訳が無い?東京の下町と同様、地震対策は避難場所の確保だけ?木造の家屋が火に包まれるとどうするのだろう?余計な心配をしていた。行政にはそんな都市改造の計画は無い?この埋め立て工事も何時迄に何処迄出来るのか?わからない。地元の人は分かっている。?その程度の認識だろう。

Img_5163

Img_5170
Img_5171

Img_5172

Img_5173

埋め立てられた川の中は橋の上からで無いとその実態は良く分からない。この後お見せするがフェンスで囲まれているが、跡地利用は全く明示されていない。大阪人は何も知らないだけ。それでも市長は何もコメントしない。マスコミも何も報道しない。

「働き方改革」?政府が言うべき事でない事は彼等が一番理解をしている。理解だけでは何も変わらない。その程度の事もどうでも良いのだろう。大阪市内は大きく変わっている?大阪だけでは無いだろう?この国は目まぐるしい変化を遂げている?

それでもこの川が何故埋め立てられたのか?これからどう有効に活用されるのか?そんな事は絵に描いた餅です。そんな事は何も分からなくても関係無い?その程度の事でしょう?選挙の時、時代の流れを口にした政党が勝つ?その結果がこの様です。

「働き方改革」?それは総理が口にする事?働く人が口にすることだろう?その事が分かっていない。来年は今年の教訓が生かせるのだろうか?生かさなければ豊かな明日を手にする事は出来ない。それだけは忘れてはならない。

Img_5168

Img_5175

Img_5176

Img_5182

Img_5183

Img_5184

Img_5190
Img_5192

ようやく河口が見えて来る。ここには水門が残されているが何故か水路がある。この水路が何で残されているのか分からない。しかも見ただけではその意味も分からないジグザク。皮肉な見方をすれば水門が残されている理由付け?説明看板も無いのでさっぱり分からない。

水門近くで川の中に間仕切りをしてし尿処理場が増築されていた。ここが完成するのはまだ数年先?ところがそんな事も知らない。知らなくてもどうでも良い事なのだろう?それでも少しは報道にも責任があるだろう?それも関係無いのはそんな事では注目されない?その程度の事だろう。

Img_5202

Img_5203

Img_5204

Img_5205

Img_5206

Img_5207

Img_5211

Img_5217

Img_5221

Img_5222

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

昨日行けなかった「正蓮寺川埋め立て跡」行って来ました。知らないと言う事はこう言う事?

Img_5083

Img_5085

Img_5086

Img_5087

Img_5088

1枚目の写真は大阪駅と阪神デパート前の大通り。全て奥から手前に一方通行。親父が始めてこの地に足を下ろしてしばらくは市電にターミナルが道の半分は占領していた。市民の足は当然市電。今はその面影をバスに占領されている。2枚目からの写真は野田阪神。以前の阪神路面電車乗り場跡。ここもバス路線になり本数も激変している。

Img_5089

Img_5090

Img_5091

Img_5092

Img_5093

野田駅前の公園はきれいになっていたがこの無様な放置自転車。何でこうなるの?これは阪神電鉄の恥さらし?大阪人の恥さらし?注意をされても持ち主は開き直れば注意されないと思うからだろう?駅の管理者が責任を持って(毅然)足る姿勢を見せる。

それが無ければ何時迄もこの輩を排除する事は出来ない。警察が見回りをして指導をすれば即改善が出来る。それをしないから。我が街の公道の違法駐車も全く同じ。警察はそんなに忙しいのか?忙しくてもやるべき事をやらせろ。それが任務。

放置国家では無いだろう。それとも都合の良い法治国家かい。官房長官。放置自転車、違法駐車の取締も出来無くて「法治国家」としたり顔で語るな。大阪は観光立国?とてもそんな国では無い。その事を痛感していた。

Img_5095

Img_5096

Img_5097

Img_5098

Img_5099

Img_5100

Img_5108

Img_5109

Img_5110

これだけ綺麗だったら文句は無いだろう?芭蕉の句が残されている。読めない?今オナラ?違う。「芋洗ふ女西行ならば歌読まぬ」さすが。どんな意味なのかな?芭蕉とこの場所の関わりは分からない。江戸時代からは現在の繁栄は信じられない。100年後はどんな親父がこの石碑を見るのかな?

Img_5111

Img_5114

Img_5115

Img_5116

Img_5117

Img_5118

Img_5120

Img_5121

Img_5122

ようやく正蓮寺川上流に到着。しかし正蓮寺川(左)は埋め立てられてその面影はない。ここから河口(大阪湾北港迄)は埋め立てられてその川底を阪神高速淀川左岸線がトンネルで完成している。何で埋め立てられたのか?それは川の役目が終わったから。

ただその跡地利用は公園?緑化?その距離はなんと4キロを超える。その完成の時は何時の事か分からない。それ迄に間違いなく東南海地震は起きる?その時の津波が7メートルを超えるとこの地域は壊滅する?その対策は?それも何時の事か分からない?

避難場所の確保は出来ても海抜10メートルは求められる。その避難場所の確保は出来ていない。それでも大阪府、大阪市の課題は(観光客の呼び込み)?大阪の活性化は「カジノ付IR法案そして万博招致。大阪を変える、古い政治を変えると言う事はそう言う事?

日本維新の会の威勢の良さはその程度の事?らしい。もっと賢くなりなはれ。東京大改造の二の舞。そんな批判は全く聞かれない。大阪も東京も日本全国。も少し一般ピープルが現実を知らないと後世の人達は生き残れない?そうは思わないのだろう?親父達はそれでは役目を終えた事にならない?

Img_5127

Img_5128

Img_5129

埋め立てられた川の中はまだこんな有様?だった。この川に掛かる橋の高さが低く改修されていたが、この川の中が公園や緑地に整備されるのはホンの一部分?それも何時の事かは予算次第。(当然の事だろう)この正蓮寺川埋め立て整備事業は大阪市の力だけでは出来ない。

大阪府も大した予算的支援も出来ない。頼れる所は何処?国?ただここも無限の力がある訳では無い?そこの所がどうコントロールされているのだろう?そんな事を教えてくれる人は居ない?大阪ではまだまだそんなビッグプロゼクトが遅々として進行していない所がある。明日それはお見せ出来る?

Img_5131

Img_5132

Img_5133

橋のたもとに使われなくなった行政の建物が放置されている。大阪の財政はこれ程にひどい?スクラップ&ビルド。古い建物は取り壊し新しい行政サービスをする。それ位の事も出来ない行政。仮に替わりの建物が出来て不用となったとしても活用の方法はあるだろう?批判されないと(批判をされても)他にやる事がある。報道機関はどんな報道をしているのかい?終りだな。北朝鮮の挑発?バカだな。叩き潰されるだけだろう。

Img_5143

Img_5144

Img_5145

Img_5147

Img_5148

Img_5150

開いた口が塞がらないとは正にこの事だろう。この看板は正蓮寺川が埋め立てられる前。「此花区おもしろトレイルルート」この大きいマップを手にして歩いても昔の面影は見えて来るのだろうか?大阪府や大阪市は大阪の観光を大きな政策にすると大見得を切ってもやっている事は口先とパフーマンスだけかいな?

Img_5151

Img_5155

Img_5161

遠くに大阪湾北港この川の河口が見えているがまだまだ遠い。それにしてもこの広さはどうだ。ただ埋め立ては両側の塀の高さ迄やらないと津波対策は充分では無い。今日歩いた感じではしばらくはここ迄。「あいやしばらく」それにしてもこの広い空間をどう有効に活用が出来るのか?住民の憩いの広場?そんな余裕がこの街にある訳が無い?今日はここ迄。又明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も後10日 成長はもう無い?株価も政治も無様?

安倍総理の笑いが止らない?金融関係者の笑いが止らない?どうでも良い事がが今年も色んな事がありました。新年早々のチャイナショックで株価暴落。イギリスのEU離脱の国民投票結果。それよりも親父的には一番哀しかったのは(難民問題)国際関係者の無力、援助機関の無力。

そして軍事力を背景にした関係国リーダー達の「ド厚かましさ」。どんなに綺麗事を言ったとしてもロシアプーチン大統領の「武力介入」は許される事は無い。その事の問題の大きさは殆ど理解されていない。国際社会の経済制裁もロシアの暴力を止める事は出来なかった。

それがテロとの戦い?彼等がどんなにテロリストだとしても民間人の住んでいる住宅を攻撃するその実態は「看過」されない。何たる国際社会だろう?そんな事が許される?のだろう?何もしないで取り澄ましてもその罪と罰は免れる事は出来ない。

その事をプーチンも安倍もトランプさえも理解出来ない。それだけではない。その事がこれから思い知らされる。街は師走の慌ただしさを全く感じ無いがそれも不気味に感じる事も無いのだろう?日経平均株価。アメリカ次期大統領の経済政策を期待して大幅上昇。そして大幅下落。

金融関係者はそれでも笑いが止らない。そんな解説も出来ない間抜けなマスコミ報道。彼等はそれでも取り澄まして生きて行けるのだろう?その誤りは(危機)を迎えても何も変わらない?そんな事はないだろう?それとも平然として嵐が通り過ぎる時を耐え忍ぶのだろうか?その日の為に体を鍛えておけ。

Img_5057

Img_5058

Img_5060

Img_5064

キリスト教徒でなくてもメリークリスマス?親父的には関係無いけれど現役の時、会社からケーキを配布されていた事を思い出す。子供達にクリスマスプレゼントを用意出来なくて言い訳のメッセージと共に現金を靴下に入れた事も昔々のお話し。来週末は大晦日。今年もオバカな歌番組は見ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

ASKA 警察は確信を持って逮捕?検察はその証拠を立証出来なくて不起訴?何たる無様?どっちが?どっちも?

Img_5038

Img_5039

Img_5041

昨日の市立体育館駐車場から見た風景。バスケットプロリーグの開催。その為の駐車場?違うだろう?立派な駐車場を整備してもここが満杯になるのは市民の為とは言えないイベントと花見のシーズンだけ?しかもこの駐車場から出る車は原則右折が出来ない?どうして?直線道路に信号待ちの車が並んでいる。

Img_5046

Img_5052

Img_5053

左折が必然。この駐車場が出来た時、その事は問題になり最初はいた交通誘導のガードマンもいない。駐車場利用のドライバーにクレームを付けられたから?その責任はこの場所に駐車場を整備した行政の責任?それでも責任は無い?それでも問題は無い?

渋滞している車の中にどうして割り込むのだろう?それを見ているとオバカなお笑いよりよっぽど面白い。何でもっと楽な選択をしないのだろう?それはお互い様だから?日本人は本当に賢い?その反対だろう。市立体育館でプロの試合が行われる。考えて見るとそれもオカシイ。

多くの観客誘導警備は警備会社に委託?警備員が見当たらない。自転車は近くの歩道に放置されている。トラブルが発生しないと関係無いと警察も無視?近くの公園でスピーカーから軽快な音楽が流れている。その先の土手に今年も可憐な花が咲き始めている。

Img_5051

Img_5054

Img_5055

冬来たりなば春遠からず?この諺は中国からと思いきやなんとイギリスの詩人の言葉。「If winter comes,can spring be far behind ?」日本語の意味は(今は苦しいけれど(寒いけれど)そのうちきっと楽しい事もある。(暖かくなる)

その時迄の辛抱?ところがそのうちにと言われている間に舌を出して閻魔大王は笑っている?それだけの覚悟は出来ているのだろうか?来年は心して掛かれ。 むげねえ生活?関西人だけでなく大分の方言は分からない?

「試練の時」?「自業自得の時」?バカ言っちゃいけない。そろそろ倍返し?イヤイヤ(気合だ)(気合だ)(気合だ)ジジイの心意気が試されている。その事をグランフロントで思い知らされる。産官共同研究?笑わせるな。

Img_5074

Img_5072

Img_5071

大阪駅北口にオープンしてもうすぐ2年?南館と北館があるがその盛況は今でも変わらない?ホンマかいな?当初の期待された盛況と実態は明確にはされていない。そもそもこの開発は大阪大企業の税金対策?商いの算用は薄い?

宣伝効果、集客効果、企業の利益はそれだけで充分?目的の場所は役割を終えて来年1月で閉鎖。その余りある校舎が来年4月にグランドオープンする。知的エンターテーメント大空間?ナレッジキャピタルは子供騙し?だった。

大体ナレッジ、キャピタルとはどんな意味?親父の様な賢いジジイでもバカにされる。全く知らなかったオフィスの在り方が変わっている。関係者以外は立ち入りが出来ない。入り口はガードマンが立ち身分が定かでないと立ち入りは出来ない。

今日は自分で身分証を作って出直す。(訳が無い)そこ迄やるか。アホ。(おっしゃる通り)産官共同研究?大阪のど根性はそんなもんじゃねえ。この借りはきっちり返さないといけない。カードが無ければ入れない?ビジネスマンにバカにされる。

アホンダラ。親父の力はそんなもんかえ?そんなもんだろう?ASUKAの不起訴もその程度のもんだろう?いずれ時間の問題だろう?コラ。オフイースビルと商業施設が混在してあっちこっちウロウロして引き返す。これも経験。

それにしても日本の警察。日本の検察。人を逮捕して証拠が実証出来ないから不起訴。それは無いだろう?確実な証拠を確認して逮捕したのだろう?それが容疑者の物では無く「お茶」バカヤロウだろう。これが本当の茶番劇。これでも頭を下げれば許してもらえるの?結構なお仕事ですなあ。

フジテレビの社員は反社会的勢力に名義貸し。それでもマスコミの仕事が出来るの?会長は総理と仲良し?そんな会社の報道がレッドカードを突き付けられてももっともらしい報道。視聴率も読売に負ける。その読売も政府の批判も出来ない。総理が謙虚にならないのも当然?ならば行者様の出番だな。(アホ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大山鳴動してネズミ一匹 この格言も知らない人が多い

大阪は今日は「小春日和」。この言葉も何が無く口にされるが言葉の意味は「冬の厳しい北風が吹き抜ける寒さとは裏腹の暖かい春の様な天気」そう思っている人が多い。ウンニャ(イイエ)この言葉も知らない人が多い?

辞書で調べて見ると親父の理解は概ね(おおむね)正しい。正確にはこの時期が定められている。(そんな事はどうでも良い)?ところが年を明けて本当に寒い時に暖かい日があるとこの言葉を平然と使う人も少なく無い。それは間違い。厳冬期の(春を感じさせる天気)は何て言うのかな?そんなオバカな事を感じさせる穏やかな天気です。それでも今週末は寒くなる?

「大山鳴動してネズミ一匹」この言葉の意味をネットで教えてもらうと本当に物知りの人がいる。ブックマークに登録したけれど興味があれば検索して見て下さい。多くの歳月を生きて来ても本当に知らない事は多過ぎる?

今日は名刺が出来る。それから梅田に出て司馬遼太郎の本(ロシアについて)を手にする。それからは久しぶりに「淀川左岸線」の埋め立てられた川(正蓮寺川)4キロ近くを歩く。大阪の風景も大きく変わっているがそんな事は関西人でも殆ど知らない?その事がこの格言にも共通している?

オバカなマスコミ報道が検証されないのはそんな人の生き方が繁栄されているのかも知れない。しかしテロとの戦いで失われたシリアの人達の悲惨な姿は日本では殆ど報道されていない。それでもアメリカ次期大統領に期待する声は大きい?嘘をつけ。シリアの停戦には果たしたロシアの空爆の成果は大きい?

その代償がどれだけ大きいか?その事を来年シリアのアサド大統領、ロシアのプーチンは思い知る。独裁政権の時代は弾圧では何時迄も続かない?その事を理解出来ない権力はいつかは倒される。独裁政権が意の侭に権力を手にしても永遠の時は無い。

その事が実現する時は来年では無い。その事を思い知るのだろうか?そうだとしても諦める事は無い。それが人として生きる全てであるに違いない。それ位の事も今は踏みにじられている。国や地域、組織の内外にもそんな力は失せたとしても悲観する事は無いも無い。

何時かは自分自身の中に光明を見出せるに違いない。その日の為に懸命に淡々と生きればそれが一番幸せに違いない。テロとの戦いの為には手段を選ばない?その言葉のまやかしは権力自身が思い知るしかない。何時迄も人は生きられない。権力を何時迄も手に出来たのは徳川幕府?

その徳川も300年の歴史の最後は本当に無様。ただ歴史は本当に無様です。その教訓は何も生かされていない。明治は遠くなりにけり?トンデモありません。歴史を知らなければ同じ事を繰り返す?軍国主義の無様な政治は日本でも忘れ去られている。何時迄も平和な時は続かない?そんな不気味さを感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

穏やかな日曜日 素晴らしい出合いに感謝 

Img_4968

Img_4965

Img_4969

夕方遅くなって出掛けると中々見れない光景。親父のカメラにきちんとポーズ迄取って呉れる。夢中になってレンズを向けていた。この道は車は通行禁止の坂道。その事をこの鳥も知っていた?ところが間抜けな運転手。平然と乗り込んで来る。

流石に運転手も道の真ん中で写真を撮っている親父に警笛は鳴らさなかったが鳥は逃げる。非常識なドライバー。こんな狭い道を通らなくても広い道を通りなはれ。それ位の気配りも出来ない。いずれロクな目には合わない?そんな事もどうでも良いのだろう。

Img_4970

Img_4972_2

Img_4973

それでもこの立派な柿は渋柿ではない事を知る。甘い柿でないと流石の鳥も啄む事は無い。最近は人間様も美味しい柿を口には中々出来ない。この柿の見事さは人間様も知らない。これから寒くなると干し柿も出回るが、本当の美味しい吊るし柿は中々一般庶民は口には出来ない。

来年はそんな生活におサラバ出来るのだろうか?微妙だな?美味い物は政治家や地位の高い人で無いと口に出来ない?それにしては安倍さん、ロシアの大統領に高い代償を払ったとは思わないのだろう?領土問題は棚上げにして経済協力の推進?それも政府は関係無い?

ロシアと言う国は信用出来ないとは思わないのだろう?アメリカも同じ?そんなに2国関係が上手く行くのならとっくの昔に領土問題は解決しているだろう?そんな事もどうでも良い?そんなに上手く行けば何も苦労は無い。その事を間違いなく来年思い知らされる。

その前に国会を解散?そんなに何時迄も有権者はアホでは無い?そうは思わないのだろう?どんな面をしてハワイでオバマ大統領に永年の苦労を労う(ねぎらう)のだろう?そんな事もどうでも良い?政治に関心が無いと言う事はこう言う無責任な外交政策も批判が出来ないと言う事だろう?

北方領土の問題解決を試みて留置所に入り有罪判決を受けた国会議員と元ロシア担当の外交官は一体何だったのだろう?無罪だったの?その事も良く分からない。マスコミの批判は当たらないともと外交官(今は小説家?評論家?S氏は言っているが、何を根拠にそんな事が言えるのか?

その事は後世の人が判断する事だろう?もっともらしい確信は全く根拠がない希望的観測に過ぎない?今回の外交交渉は歴史に残る(敗北)?そんな事も関係無いと断言するのだろう。戦争に負けたから仕方が無い?そんな事も理解出来ないオバカが多くなっている。

Img_4974

Img_4975

Img_4976

Img_4977

久し振りの城跡公園。流石に紅葉も終り静かな師走の時が流れていました。

Img_4979

Img_4980

Img_4981

久し振りに天守閣に登る。急な階段を登っているとすぐ下を上がって来ている人がいる。良く見ると同世代。何故かおしゃべりの親父が無視していた。何でだろう?この写真を撮りたかったから?缶コーヒーの宣伝料はもらっていない。

Img_4983

Img_4985

Img_4992

Img_4987

Img_4991

この実もこれが見納め?今でも漢方薬としてこの実を綺麗に乾燥させれば、煎じて飲めるらしい?老人の貴重な漢方薬?近くの薬局の婆チャンに聞いてみても余り反応せず。その程度の効能かも。

Img_4993

Img_4994

Img_4995

茶室で一服?但し無人。接待は出来ない。外のベンチに婦人がいたが無視。今日は殆ど話し掛けはしなかった。喋りの親父には珍しい。それでもそれを補って余りある出合いがこの先である。足は自然とその方向に向いていた。

Img_5000

Img_5001

Img_5002

Img_5004

Img_5006

Img_5010

Img_5009  

この階段を登り切れば大広寺。左が陽春寺。今日は住職が居た。初対面。若い住職だった。始めてこの境内に足を踏み入れた時は更に若い青年が庭砂を掃き清めて波形を整えていた。その時、丁寧な説明を受けるが住職は不在だった。

Img_5016

Img_5022

Img_5025

現在多くの心優しい人が苦難の道を歩んでいる。心がどんなに痛めつけられてもその心を癒す所が無い人も少なく無い。それでも多くの人は自分でその負担に耐えている。耐え切れなくても誰も助けては呉れない?そんな事はありません。何時でも来て下さい。

そしてその心を開いて下さい。仏様は慈悲の心でその厳しい心を癒してくれます。そんな事は新興宗教でも言わない。騙されたと思う事は何も無い。そんな心を受け止めてくれるに違いありません。親父も名刺が明日出来上がります。

これからは一遍上人の様にお札(名刺)を配り、役行者に肖らないといけない?アホ。ただ名刺は嬉しいな。どんな出来上がりかな?取合えずお試し枚数だから何も問題はありません。親父達に出来る事はその程度の事に違いない。

Img_5017

Img_5026

Img_5020

Img_5047

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の総括 来年の課題 生き残りは難しい?そんな事は無い?

Img_4943

Img_4944

Img_4945

Img_4949


昨日の人気のない夕暮れの河川敷き。もうすぐ暗くなる。写真では明るく撮れているが実際はこれ程明るくない?後2週で今年も終えるが今年の世情を象徴している?色んな人に今年の総括を聞いているが、来年はどうだろう?今年の延長線?そうはいかないに違いない?

理由?安倍総理、トランプ、プーチン、その他多くの指導者の思惑が余りにお粗末?ロシアとアメリカが手を握る?そんな事が出来るのだろうか?出来る訳が無い。それ程に現実は厳しい?もっとマスコミの情報以外の情報?を自分で手にしないといけない。

アメリカの景気もいい事ばかりでは無い。その事を今年同様、来年も思い知らされる?そうなったとしても金融、政治、経済界、政治と市場コメンテーターはとぼけたコメントを繰り返すのだろう?

(銭儲け)(国益)(企業利益)(個人の利益)は「人権」「民主主義」「企業、個人格差」を平然と踏みにじる?そろそろ鉄槌を喰らわないと分からない?政治を変える?生き方を変える?大阪も日本もそんな現実は程遠い?そんな事もどうでも良いのだろう?オバカな年の瀬です。

Img_4952

Img_4953

Img_4955

一昨年の春、低く作り直された「床固め」聞き慣れない言葉だが河川管理の工事事務所の工事課長から「これは堰では無い」と言われた。しかしどう見ても堰だろう。この工事の目的は川の中の土砂を止める?ところが皮肉な事に大雨で濁流が流れ下ればこの(堰)は埋まる。

それは一昨年の夏、工事完成半年足らずで実現する。その復旧工事は今年の年明け早々、堰の下の土砂を綺麗に重機で掘り下げられた。それが1年足らずでこの有様。来年又掘り下げられる?アホやろ?アホです。それでもこれが河川管理?そんな事は誰も知らない?

司馬遼太郎「翔ぶがごとく」文庫本10巻。読み終わる。明治の新政府誕生に大きな貢献をした西郷隆盛は新政府の在り方に失望をして、中央政府の役職を放棄し薩摩に隠遁(いんとん)して結果的に反政府の動きに担ぎ上げられる。

そして圧倒的な新政府の軍事力に叩き潰される。そう学んでいた。ところがその多くの事実は殆ど知らなかった。それでも作者の記述で全ては憶測に過ぎない。そんな考えもあるけれど何も知らないで生きた来た価値観は恥じて良い。

歴史を知ると本当に現実と重なる。西南の役は明治のその後の社会に大きな影響を与えただけでは無い。薩摩の反乱を叩き潰した大久保利通は薩摩の出身。西郷隆盛とは国のあり方について考え方が変わっていただけで、敵味方の対立はやむを得なかっただけだったのだろう?

西郷隆盛が戦に負けた1年後に暗殺される。その事も覚悟の事ではなかったのだろう?それ程に明治の時代は危うい時代だった?では現在は?その事を考えるなら西南の役の後の時代を知れば良く分かる。

安倍総理は暗殺される事は無いだろうが、病に倒れる事は否定は出来ない。その事も大久保利通を支えた警視総監「川路」がパリで病死(精神疾患)した事でも良く分かる。人の命は永遠ではない。人のあるべき姿は常に謙虚でなければならない。どんなに絶対的権力を手にしてもそんな物は永遠では無い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

北風吹き抜く寒い朝も心一つで暖かくなる?こんな歌も知らない大人が多い?

Img_4935

Img_4936

年末になってようやく名刺を注文する。現役を終えて名刺を手にする事が無くなって長い間ガードマンの仕事でこき使われ(こき使ってもらう)その仕事も終わって5年。色んな所で色んな人と合いながら卑屈?な思いをしたのは名刺が無かった事。

その名刺を試しに20枚注文する。出来上がりは月曜日。楽しみ。その帰りに鞄屋の彼女の顔を見てこの洋蘭の写真を撮る。プレゼント?まさか。懐かしい地名。そこで洋蘭が栽培されている?それも違う。上高地の名前だけパクっている?ネットで調べても良く分からない。

Img_4937

Img_4938

Img_4939

散歩コースの「呉服神社」この街の始まりは中国から織物、繊維の技術が伝えられている?(伝承)今はその面影は町名に残されているだけ。人々の生活は大都会大阪のベットタウンとしてその殆どが成り立っている。

Img_4940

Img_4941

Img_4942

境内を出て少し歩くと猪名川の堤防に出る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

膝が笑う?膝関節そのうちに老化で歩けなくなる?その日の為に覚悟はあるかい?

Img_4904

Img_4905

Img_4907

昨日の続き。必死の思いでここ迄登って来る。ここ迄来ると下の崖もすっかり忘れている。崖の下で上を見上げた時はとても登れないと思っていた事を忘れている。「まだまだ出来るじゃねえか」「まだまだはもう終り」だと言う事が分からなくなっている。ただこの沈着冷静な判断?はまだまだかも?

Img_4913

Img_4914

Img_4915

Img_4916

六甲山上の「きんとん雲」が無事で崖を這い上がった親父を祝福していた。良く言われる言葉。「成せばなる」「出来ないのは力が無いからでは無い」「限界の挑戦」オバカな精神論がもっともらしく語られるが全てウソ?正解は何故出来ないのか?その分析。

それを誤ると(初めから無視)惨めな屈辱、大怪我、それだけでは済まない。それは先の大戦、明治の西南の役で証明されている。この国の人達(我が国だけでは無いけれど)は未だに「精神論」を口にするけれど、それが個人だけでなく多くの人の生き方を破綻させている。

これだけの崖が同世代だけでなく若者でも簡単には登れない。安倍さんもトランプもプーチンさえもその事を思い知らされるに違いない。好むと好まざるとに関わらず世界は資本主義と共産主義、形だけでも曲がりなりにも民主主義な社会と絶対的な独裁主義の社会。

日本も戦前は軍国主義、天皇が神の国。それ位の事も知らないのだろうか?そうではない。権力を手にすると自分の間違いを正す人がいないと言う事だろう。来年はその事を思い知るのだろうか?それとも思い知らされるのだろうか?その問い掛けにどんな答えを手にしているのだろう?その事が問われている。

Img_4918

Img_4919

Img_4921

崖を登った所で出合った好青年と話をしていると夕闇が迫って来る。目的の中山従走路はとても歩けない。歩くには「灯り」が必要。昔の旅人は街道でも明るい内に宿を確保したと言う事が山道を歩けば良く分かる。暗闇の中は人間は全く歩けない。その対策は出来ていた?崖を登り降りしないで済む道を下る。

Img_4922

Img_4923

Img_4924

この道も決して楽な道ではない。しかし昔の人はこの道を歩いて行き来していたに違いない。道は整備されているとはお世辞にも言えないが、トラロープと階段(石では無いブロック。コンクリートでもない。)がある。ただトラロープは不安定。体重を掛けてはいけない。(この道も暗くなったら降りられない)

Img_4926

Img_4927

Img_4928

落ち葉の絨毯(じゅうたん)を踏みしめながら歩くと足裏と膝が喜んでいる。何とも心地好いが長くは続かない。この道は登りも下りも経験しているがどちらも楽なコースではなく、出来る事なら崖を上り下りする方がお薦め。ただそれでもこの道が残されている意味は人生でも同じかもしれない?「どんなに楽ではなくても歩かなければいけない道もある」?

Img_4929

Img_4930

Img_4931

この頃は相当暗くなっていた。(写真程明るくない)下りは登りより楽だが膝(ヒザ)に掛かる負担は反対に大きい。その事は翌日効いて来る?その対策も簡単。よく歯医者で言われた「お手入れ」。歯のお手入れも自分では出来なかったが「膝」も同じ?

出来る事は筋肉を鍛える事。欠かさない散歩と深い湯船で首だけを出して爪先立ちの「ソンキョ」の姿勢で動き回る。お試しあれ。(膝の悪い人に薦め強く否定されたけど)ただ長い人生。浮力のある暖かいお湯の中でも出来なければ間違いなく長くは生きられない)余計なお世話。

確かに。ただでは聞けない言葉に感謝の言葉も言えないその代償は大きい。今年の総括の中で「人の話を良く聞く事」これは良く出来たと思う?嘘をつけ。何も不愉快な言葉をこの歳になって聞く事は無い。

この年相応の生き方は「頑固一徹」あなたは我が儘な人と言われたが今更己の生き方は変える事は出来ない。同じ事を人に求めれば良い。それだけの価値のある生き方は出来ないかも?来年は名刺を作ってサポーターをどれ位にしますか?アホ。楽しみだな。(最悪)何と言われても政治家、学者先生よりマシ?

Img_4932

Img_4934

日が暮れる前に下の舗装道路に出る。この正面の崖の上はゴルフ場。この道も私道。だからこの道の案内看板は左の表示のみ。「火の用心」アホか。ここから少し歩くとバスの折り返し停留所がある。暗くなっていたが30分に1本のバスが待機していた。誰も乗っていない。

「良かったな」つぶやきながら運転手に発車時間を聞くと無愛想に「14分」の答え。後で横顔を見ると青年だった。ジジイに愛想も言えない。その程度の生き方が当たり前になっている。運転はよく言えば丁寧。悪く言えば下手。

狭い道対向車は殆ど道を譲る事はしない。交通事故の(譲り合い)の余裕がドライバーに無い。そんなに急いで何処に行く?その程度の事も出来ない。そんな生き方をしていれば罰が当たる?それともそんな生き方をしないと生きて行けない?そんな事は無い事も知らない?分からない?その程度の事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

何たる無様な外交?領土問題についての約束も取り付けられないの?

Img_4797

Img_4798

Img_4799

Img_4800

何たる無様な「日露首脳会談」。プーチンロシア大統領の思惑通り?安倍総理の思惑は完全に外れてもその成果は否定出来ない?何たる報道だろう?そんな報道で「北方領土の返還」は何時の事やら分から無い?そればかりでなく領土問題が解決しなければ双方の自由な往来も期待出来ない?領土問題は棚上げにしても旧島民が自由に行き来が出来る。その程度の事も良く分からない。

このオバカな標識と全く同じ。このハイキングコースの看板は誰が立てているのか分からない。当然、このハイキングコースを知る人も少ない。そんな事もどうでも良いのだろう?一億総活躍プランが絵に描いた餅である事が良く分かる。(言っている意味が分からない)どんだけの人がこの道を歩いているのか?そんな事もどうでも良い事。健康寿命。?舐めたらアカンぞ?

Img_4801

Img_4802

Img_4803

Img_4804

Img_4805

Img_4806

Img_4807

写真では分からないがこの小川が滝の上流。写真に映り込んでいないが叔父さんが落ち葉の清掃をしていた。この川ももう少し遡ればゴルフ場の横から流れ出している。昔は綺麗な流れだったに違いないが、現在は周辺に住宅地が開発されその面影も無い。久し振りに歩く道で親父は嬉々としていた。

Img_4808

Img_4809

Img_4810

Img_4811

Img_4812

Img_4813

Img_4814

ここから道の舗装は無くなるが田舎道は本当に気持ちが良い。ただこの先は人の往来は殆ど無い。始めて歩いた時は行き先が分から無くて不安を感じていた。ここはハイキングコースでは無い。もっともらしい看板は有るがガイドが居ないと始めての人は歩けない?(尤も歩く人は殆ど居ない)ただこの道は素晴らしい。その事が分からない?知らない?知らせない?それでも信頼関係は築ける?アホこけ。

Img_4815

Img_4816

Img_4817

Img_4818

Img_4819

Img_4820

日露首脳会談。旧島民の自由な往来を検討する?何たる間抜けな言葉だろう?この言葉の意味を理解出来る人はどれだけ居るのだろう?この言葉は国と国の外交交渉ではこれ迄と何も変わらない。特別な制度をこれから検討する?何をとぼけているのだろう?

何時迄に誰がどうする?その程度の事も理解出来ないと馬鹿にされている。何も進展が無ければ外交成果を高らかに宣言出来ない?と思いきやそうでも無いらしい?領土問題は完全に先延ばし。その事は政府がどんなに多くの言葉を費やしても変わる事は無い。

その事を思い知らされても何も変わらない。核兵器廃絶が出来ない事と全く同じ。旧島民、被爆者がどんなに声を大にしてもその現実は変えられない。何たる無様な外交だろう。次の外交課題はハワイ真珠湾で旧日本海軍の奇襲攻撃で沈没したアリゾナの戦争記念館で哀悼の意を表す。これで新年早々の解散は無理だな。?ただ来年の事は分からない。

Img_4822

Img_4823

Img_4825

この間抜けな標識。近くを歩いていると良く見る標識。行き先は明示していないが歩ける道がある。ただあなたの責任で歩いて下さい。日の用心もお願いします。基本的には安全は自分で担保しなければいけ無い。親父でも歩けない。

Img_4827

Img_4830

Img_4831

この先に立派な「不動明王」が祀られている。ただ誰がどんな由緒でお祭をしているのかそれは分からない。滝はこの下に有るが道は右を大きく廻り込まないと無い。その看板は何処にも無い。これがハイキングコース?冗談では無い。親父の今日の目的はもっと厳しい崖をよじ登る。久し振り。この時はニコニコしていた。アホが?どうして?その事は後で分かる。

Img_4829

Img_4832

Img_4835

Img_4838

何時誰が何の目的でここに設置したのか分からない。この右に元三洋井深山荘が有るがそれ以前にあった事は間違いない。この手前の満願寺の不動明王に似ている。この像の大きさは半端では無い。一枚岩の用に見えるがそうでは無いのかも知れない。現在人はそんな宗教心は無いと言われるがそれも罰当たりに違いない。

Img_4840

Img_4841

Img_4844

不動明王。この怒りの表情は至る所で目にするが心の歪み、心の在り方が問われている事を考えれば、もう少し謙虚な生き方が求められているに違いない。その事を久しぶりに思い知る。口先だけで都合の良い事を言うのは本当に簡単。ところが世の中はそんなに甘いもんでは無い。その事を重い知る。

Img_4847

Img_4848

Img_4851

この道は公道では無い。私道。今は利用されていない(公開されていない)個人の山荘の私道。ただこの道が出来る以前は細い山道はあったに違いない。そうでないと滝道には降りる事は出来ない。それ位の事も行政は明確に出来ない?従ってこの先ハイキングコースの道案内看板は無い。無様な行政。素晴らしい山間の道。その道を久し振りに歩く。地獄の1丁目1番地。?

Img_4852

Img_4853

Img_4854

三洋電機元会長井深山荘。今は管理人もいない?廃墟と化している?ネットで検索しても出て来ない。華やかな歴史も栄枯盛衰の時代の流れと共にその価値さえも失われて今は朽ち果てるのみ?どうして行政は健康促進の施設として利用出来ないのだろう?そんな金は無い?

Img_4859

Img_4860

Img_4862

山道を降りて行くとこの分岐に出る。左に行くと滝道に出る。右が中山従走路。ただ看板は何も無い。始めて来た時は左から来て直進(中山従走路)するつもりだった。この先で偶然従走路を降りて来た親子に合う。それは本当に貴重な出合いだった。知らずにそのまま進めば遭難していたに違いない?オーバーでも何でも無い。その事を思い知ったのはこの先を歩いた時だった。

Img_4863

Img_4865

Img_4866

谷を登って行くと段々と息が切れる。ただここはまだ尾根を登っていない。今日の目的はその従走路の切れ落ちている「崖」をよじ登る。その事を考えればこれ位の登りで弱音は吐けない。ところがこの道を最初に歩いたのは数年前。この数年間で体力が一気に落ちている。その事を思い知らされる。

Img_4867

Img_4868

Img_4869

この道は一度歩いているので勝手を知っている。これ位の事で弱音は吐けないと思っていると息苦しくなって来る。(ヤバイ)どうしょう?それでも足を止めて深呼吸をすれば息が収まる。再び歩き出すとこの先の広場は思った以上に遠い。粉雪が落ちて来る。昨年の吹雪を思い出す。しかし期待した初雪は粉ではなく粒の粒子?だった。

Img_4871

Img_4872

Img_4873

Img_4874

Img_4875

ようやく谷を登り詰める。この広場の先は従走路の「崖」に続く。正面の壁を見ながら一瞬たじろぐ。この住宅地を降りれば来た道に戻る。その時、(何の為に今日は来たの)と囁かれる。そう。今日はこの先の崖を登れるか?

その確認に来た。ここで引き返したら男が廃る。九州ジジイが啖呵を切っていた。有り体に言えばこの崖は高い。下を見たら足が竦む。その覚悟は出来ていなかった。休む間もなく気が変わら無い内に先を急ぐ。止めとけば良かった。

Img_4876

Img_4880

Img_4882

ここはまだ序の口。引き返す事は全く考えていなかった。ところがそんなに甘くなかった。登ったのは数年前。それっきり。その後上からは何度か降りている。全く問題はなかった。眼の調子が悪い人もガイドした。ところが?

Img_4883

Img_4884

Img_4885

Img_4886

道は何も変わっていないが自分の体が予想以上に変っている。(息が上がる)厳しい表現をすると「息苦しい」オイオイ大丈夫か?不安の気持が鎌首を持ち上げる。偉そうな事を言っていてもこの程度の道も歩けない?そんな事はネエだろうと気持だけが前に進む。その気持が見事に打つ砕かれる。

Img_4887

Img_4889

Img_4890

なるべく上は見上げない様にしていたがここで足が停まる。上の鉄塔迄の崖が予想以上に高い。落ちたらただでは済まない。そう思ったら引き返す事を考える。それでも引き返す前に横道を探す。確か数年前に上がった時も横道を歩いた気がする。

Img_4892

Img_4893

Img_4894

横道。ありました。左の大きな岩の下迄は何とかいけそう。しかしその先がまだ続く。ここで汗をかいている事を口実に一休み。手にして来た弁当を食って引き返す決断をする。天気は良いが無様な姿を晒す事は無い。そう開き直っていた。岩陰に腰を降ろして横になると体が少し楽になる。こうなるとシメタもの?引き返したのか?引き返す訳が無い。右側の緩やかな道を探す。

Img_4896

Img_4897

Img_4898

遠くに生駒、葛城、金剛山系が見える。少しスモッグで霞んでいるが音の無い風景。うっとおしい事も全て消え失せる。それでもこのまま失せる事は無いも無い。立ち上がると安全なルートを探していた。最初に登った狭い道?

Img_4899

Img_4900

Img_4903

ここ迄登ると一安心。これでこの崖も下から安全に登れる道が確認出来る。次の機会は来年になる?それともこれが最後?それも縁(えにし)に違いない。この上で地元の青年と遭遇。好青年だった。30分位立ち話をする。山の日暮れは早い。目的の道は暗くなるのでこの先右に降りる。その道はこの崖を降りれない人の退避ルート。しかしその道も楽では無い。

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間も守れない大統領 信頼関係を築く?そんな国がどうして信頼出来る?

共産主義が信頼されないのは口先ばかり?尤もらしい事を言いながら自分達の考えは全て正しい?アホ抜かせ。いくら政権与党を批判しても支持が広がらないこの国の革新政党?何でや?この国の保守はそれ程素晴らしいのかい?

資本主義の在り方も問われている。トランプ次期大統領が来年1月、大統領になればアメリカの経済のみならず日本の経済、世界経済は大きく変わると「期待」が大きい。ただその根拠は「希望的観測」のみ。これ程の楽観的観測は必ずその反動が当然やって来る。その経験はアメリカ国民も何度も経験している。その事を警告出来ない政治的経済的指導者。学者。評論家達?

マスコミも国民も同じ?今年1月の「チャイナショック」?で暴落した株価が元の水準を取り返したとしてもそれ以上の反動さえ無いとは言えない?それ位の懸念、警告も殆ど聞こえない。一般国民はどうでも良い事かも知れないがその事を一番懸念しているのはロシアプーチン大統領自身かも知れない?

そんな事もどうでも良いのだろう?アメリカ次期大統領は国務長官にアメリカの石油メジャーのCEOを指名。アメリカとロシアの利害が一致する?本当のそんな事を考えているのだろうか?それはプーチンの思惑。ロシアと言う国、共産主義国家はそれ程信頼出来るのだろうか?

日露首脳会談で安倍総理がどんなにプーチン大統領にすり寄っても求められる事は経済協力のみ。その結果で両国の信頼関係は大きく前進する?アホこけ。美味しいとこ取りされるだけでこんな最低な外交は無い。そんな批判も出来ないマスコミ。

「北朝鮮の教訓」(進展の無い拉致問題)何を報道しているのだろう?テレビでは今夜から週末に掛けて大々的に日露首脳会談の成果が(宣伝)される?しかしどんなに安倍総理がその成果を高らかに語ったとしても、これで外交成果が有ったと信じる人はどんだけだろう?

マスコミの希望的観測で日露の経済協力は高まる?それで本当の国益がどれだけ高まるのだろう?領土問題を手みやげに外交成果を上げる?そんな時代は既に終っている事を共産主義国家に思い知らせなければいけ無い?そんな事も殆ど知らない。

クリミアのロシア侵攻、シリアのアサド政権支持。テロとの戦いの名の元に非道な空爆、軍事覇権を行使してもその実態は殆ど知られていない。来年はその代償をロシアに払わせなければならない?そんな事はロシアとの共存を計るトランプには出来ない?

そんな事をアメリカ国民は許すのだろうか?国内の景気回復が優先?アメリカの株価も来年はまだまだ上がる?そんな事はアメリカの経済が破綻すると同じ事だとは誰も考えない?そんな事も関係無い?かもしれない。

シリアでの反政府勢力は圧倒的な無差別攻撃で弾圧されても、その占領地域からの撤退。テロの戦いの根を絶つ事は出来ない。それ位の事が共産主義でも資本主義でも理解は出来ない?そんな事は無いだろう?

その事が問われているとは多くの人が理解出来ない。シリアの人々を見ると本当に宗教指導者の言葉が虚しい事が良く分かる。人間はそれ程に愚かなのだろうか?そうではない。知らないだけだろう?今年のクリスマスを祝う人々が新しい年に希望を抱く?一方で絶望に打ちひしがれた人々。それは関係無いとは言えないに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

「1億総活躍社会」その計画書(プラン)を読む。

Img_4792

Img_4793

Img_4794

12月も半分が過ぎる。いよいよ今年も残り半月。それでも街中に師走の慌ただしさは無い?それでも半月後にはハッピーニューイヤー。そんな生活とも関係が無くなっている?そうして人生の終わりの時もカウントダウンされて来る?そんな事もどうでも良い?さよか。

Img_4795

Img_4796

この前迄黄色い葉っぱを身にまとっていた銀杏の樹もすっかり寒々としている。羽を休めているのもず? 声を聞かないと断定は出来ない。もずは賑やかな鳴き声を立てるが、今日の寒さではそんな元気も出ない?

元気がいいのは親父だけ?それも空元気?今日、手にした「ニッポン一億総活躍プラン」平成28年6月2日 閣議決定のA4サイズ85ページ。読みながら喚いていました。何を喚くの?(成長と分配の好循環のメカニズム)を出来るだけ定量的に示す?彼等はどんな感覚をしているのだろう?

彼等とは誰?この政策を明示しているお役人。そんな批判をする前に親父自身がどんな活躍が出来ているのか?考えてみる。誰の為に?そうその事がこの計画書の中で明確にされていない。この計画書はネットで簡単に検索出来る。

ただそんな事をする人は殆ど居ないに違いない。何故ならその意味も無い。仮に何かの目的があったとしてもこのテーマはこの国の大きなテーマ。何らかの関わりは全ての人にあるが、そんな事もどうでも良い?それも違う。しかしどんなに大切な事であっても何の影響力も及ぼす事は出来ない?

地方創生の計画書でもそうだったが、その言葉を熱く語る人は少ない。この政策はどうなったのか調べて見ると、内閣府には蒼々たる担当部署があり多くの施策を業務としている。しかしその実態は殆ど知らない。それは違うと言われたがどう違うのかは話を聞いてもさっぱり分からない。

この話はこれでお終い。自分で何かを変えなければと考えた時、取るべき行動は本当に簡単です。自分が変わる。自分が変れない事は政府も変れない。ましてや行政も地域も組織すら。その事が分かれば来年の課題が見えて来る。

一億総活躍とは政府のお題目。掛け声。計画書。それが実現する保証は何も無い。その問題は来年増々大きな難問となる。その難問に立ち向かう為には自分に出来る簡単な事をやれば良い。それは仙人になる事。アホ。仙人にもピンからキリ迄いる。最低の仙人にも成れない?それはどうかな。

その事を理解する。来年の課題を考えられる余裕?暇?アホ?に感謝すれば良い。一人では何も出来ないと言われ続けて落ち込んだ時もあったが、全ては身から出た錆。そう考えれば錆(災い)も転じて金(福)になるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

何にも知らないシリア情勢。テロとの戦い?独裁政権生き残る?

何にも知らないアラブの冬。アフリカの地中海沿岸の国から始まった民主化の嵐。今はその面影も無い。エジプトには軍事政権が圧政を敷き、シリアではアサド政権が反政府勢力に打ち負かされる寸前に、ロシアの圧倒的な軍事力で息を吹き返しテロとの戦いに勝利。

これでシリア難民は安心して国に帰る事が出来る?そんな事はアサド政権にもその政権を支持したロシアプーチンにも出来ない。軍事的に勝利しても安全な住処の提供は出来ない。国を軍事的に制圧しても住民の住めない都市を彼等はどう立て直す事が出来るのだろうか?それは出来無い。

アサド政権とその利権を支持したロシアの責任は大きいが、アメリカの次期政権はそんな事はどうでも良い。シリアにロシアの影響力が食い込んでもアメリカの戦略に関係無い?トランプはどうだか知らないがアメリカ国民は本当にそんな政策を支持するのだろうか?

そうだとしたらアメリカの民主主義の信頼は完全に失せる。そんな事よりアメリカの国益。自国の利益の為なら共産主義国家とも手を握り、他の国々を威圧する?本当にそんな事が出来るのだろうか?そんな大国の狭間で安倍総理はロシアにもアメリカにも良い子になる?そんな事が出来る訳が無い。

その事は来年トランプが新大統領になればそうでは無い事を、プーチンも思い知らされる。どんなに中国を批判しても世界の貿易大国はロシアでは無い。仲良くする相手を間違えている?そんな観測も出来ない日本のメディア?日本にはそんなコメンテーター(解説者)はいないのだろうか?そんな事は無い。

それ位の事は知らないといけない。国の利益の為には資本主義も共産主義も無い?財界人はその程度にしか考えられないのだろう?政治屋さんも同じかえ?国民ももっと賢くなりなはれ?その必要も無いのかも知れない?「板垣死すとも自由は死せず。」そんな言葉も死語になっている。

尤もこの言葉も本人の言葉では無いとも言われている。事実この言葉は板垣が襲撃されても自由になったのは皮肉にも軍人が叩きのめされてから。(戦争に負ける)この歴史は繰り返されるのだろう。軍人はそんなに強いのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1億総活躍社会?そうではない。そんな事は出来ない社会?

この国の人口は現在1億2千万。その人口が数十年後には半分になる?仮にそうなったとしても現在の高齢者はくたばっている?仮に生きていたとしても自分では何も出来ない要介護者?親父でも100歳になれば間違いなくそうなる。

その前に20年後でもアウトかもしれない。今の様な生き方をしていれば間違いなくそうかもしれない。そうなりたくなければ自分の体と精神を今一度分解手入れをする?そんな事は無理に違いない。静岡掛川大雲院の大和尚も今は生きていないが、せめてあの人の様な生き方をしないといけない。

(それも無理だな)どうして。あばら屋の戸建ての家すらてに出来ない?(それは努力次第)無理だな。世の中そんなに甘くない。それは懲役20年の生活で思い知らされている。それどころかこの自由で何も束縛されない生き方は、元気で歩ける限りまだまだ続く。歩けなくなった所で終り。かもしれない。

多くの宗教の先駆者が多くの言葉を残しているが、人間の行いは本当に永遠の命は手にしていない。その事は現在の宗教界でも当てはまる。最近は高校野球の名監督が多くの指導法は熱血に語っても宗教界の指導者はそうでは無い?

有名人扱いをされテレビの前や大勢の観光客の前では多くの言葉を口にしても毎日の言葉は限られた人しか聞く事は無い。親父は全くの偶然で仙台秋保「慈眼寺」塩沼大阿闍梨の話を聞き事が出来たが、人の生き方を指し示す事が出来る人は宗教界でも多くはない。

今、多くの餓鬼(人達)は宗教すら興味が無いと平然と言い切る。そうではない。己がその程度の生き方しか出来ていなくても恥じていない。どんなに無宗教と大見得を切っても生きる術「体力と精神」を失えば神仏にすがる。その程度の事も自覚出来ない。

教えてやれない宗教界。浄土真宗でも日蓮宗、どんな宗教でも今は権力を手にして悩みを抱えて絶望しても手を差し伸べる事は出来ない?創価学会、天理教。お大師様でも同じ事。四国霊場を歩いて参拝しても世の中の不条理に異をとなえる事も出来ない?

何たる教え。何たる餓鬼道。ところがそれは自分の心の愚かさ。そうでは無い事を得心しないといけない。そうすると考えが変わる?ただそれは自分だけの問題ではない。全ての人が生きる証を手に出来る。それが1億総活躍社会?ところがそれも違う。

一億活躍出来ない人が多い社会。何たる皮肉な現実だろう?嘘だと思うだろう?その事をこれから学ばないといけない?政府の方針で「1億総活躍社会」の計画書が内閣で承認され内閣府にその推進本部がある。その推進室の目的はその事務処理?ところが殆どの国民はそんな事もどうでも良い?

違うでしょう?そんな生き方をして面白可笑しく生きたとしてもその価値は来世で問われる?来世?アホ抜かせ。現世も来世もあったもんかいな。そんな陰気くさいことを言っているとロクな生き方は出来ない?ところがそれも違う。

面白可笑しく生きられる時は一時。そうで無い時がどれだけ長いかを理解出来ないだけ。だからオバカな世の中になる。一人でも多くの人が苦しい日常の中で光明を見出せる。そんな生き方をしないといけない。

そんな生き方が活躍出来る生き方と言うのでは無いかいな?そんな問い掛けをしながら(計画書)を読んでみたい。(読まなくても結論は出て居る)絵に描いた餅?にもならない。(そう思いながらも人の善意は無視するな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日露首脳会談 会談そのものに意義が在り?アホかいな?

期待された「日露首脳会談」?何も期待はしていない。ロシアと言う国はそう言う国?経済協力が何故進まないのか?平和条約が何故結べないのか?オバカな日本国民は何時になったら理解出来るのだろう?

敗戦のドサクサに紛れて一方的に日ソ不可侵条約を破棄して占領した領土は、政治体制が変わっても手放す事は無い。その事はアメリカも同じ。沖縄の基地のみならず日本のど真ん中にアメリカの基地はある。そんな国に重要な北方領土の戦略的基地を返還する事は無い。それがプーチンの意志?

その程度の事も日本のエリート集団「外務省」は分からない?そうではない。そんな事は言われなくても分かっている。それでも総理大臣は何とかきっかけを作りたい?今その事をやらなければ永遠に領土の返還は無い?

何たる傲慢な態度だろう?誰がそんな事を期待しているのだろう?旧島民?領土返還は当然と思っている関係者?一時そんな機運は盛り上がり自民党の閣僚もそんな動きをしたが2島返還の思惑もたち消え。利益誘導で逮捕されて刑務所に入れられたのは昔の話?

何で今更、北方領土返還。そんな事が出来る訳が無い事を思い知れ。ロシアの軍事的攻勢でシリア難民がヨーロッパに押し寄せても、その根本的解決も出来ない。プーチンと次期アメリカ大統領、その政権の利害は一致してシリアの政権を支持する?そんな事も関係無い?その程度の軍事的、経済的、利害関係?

プーチン大統領の外交手腕をどんなに評価しても、ロシアの経済的影響力の拡大はむつかしい?だからこそ日本の経済的支援を期待する。日本の経済界、北海道地域の経済の発展にも貢献する?そこ迄の道筋を誰が描いているのだろう?

結局北朝鮮と同じパターン。美味しい言葉をエサにして経済支援、金融支援を引き出して自国の利益を計る。共産主義独裁と全く変わらない。アメリカの次期大統領も同じ政策を実行する?そんな気配を感じた時、この国の政治と経済は一気に危機を迎える。その程度の認識もマスコミには無いのだろう?

話は変わるが大阪府知事は大阪は観光立国でカジノ付きIR法案賛成。大阪に決まった訳でもないのにもっともらしいコメントを出している。ギャンブル依存症対策を取る?何を真向けなことを言っているのだろう?その対策を取ってもマカオに勝てない韓国の事例を日本国民は知らない。マスコミは全く役に立たない?

個人的に韓国の実態を眼にしなければ分から無いとでも言うのだろうか?大阪府知事、大阪市長は「古い政治を変える」と公言して自民党から離党したのではなかったのか?(吉村市長は最初から維新の会。市議会議員、国会議員)

もっともらしい事を言いながら安倍政権を支持する。その実態は何も変わらない?そんな総理が明日山口で「日露首脳会談)。共同宣言も無い非公式会談?馬鹿騒ぎをする事は何も無い。そうは思われないのだろう。何たるお粗末。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

1億総活躍社会?その実態は?何も知らない?トホホ。

大阪は1日中どんよりとした天気。親父も今年何度か利用した環状線「新今宮」駅のホ−ムで女性が突き飛ばされて線路の転落。通過の電車が緊急停止し5メートル手前で事なきを得ているが、その犯人逮捕が凄い。

流石日本の警察。これだけの事が出来るのはただの偶然かい?犯人は20代の若い青年。無職。その犯人が捕まった原因は多くの幸運も重なるが愛知県迄逃げて無銭飲食保護されていた。監視カメラと別件で保護されていた幸運。

ただ2つの教訓を知らない人が本当に多い。1つは監視カメラの威力。犯人は別のホームから電車に乗って逃げているがその顔がカメラに写っている。その事を殆ど知らない。今、公共施設で乱暴な行為、人を威圧するとその行動はカメラで写されている事をアホは知らない。

「殺す気はなかった」このアホ。ホームから下の線路に人を突き飛ばして何を言っているのだろう?その程度の判断能力が出来なくても平然と電車に乗れる?そんな輩が少なく無い。日常の社会でそんな環境で生きている。その事を知らないといけない。常に自分の身は自分で守らないといけない。

発達障害?そんな事は通用しない事を思い知らせてやらないといけない。そうでなければ世の中は勘違いする輩が更に増える。どんなに障害があったとしても人に危害を加えたら相当の社会的制裁を受ける。その当たり前の頃を教えてやらないといけない。

その裁判所の判断が明日出る。家族を一瞬にして失った人の思いが蔑ろにされても「判断能力が無い」?そんな人間は野放しにしてはならない。当然だろう。アホンダラ。障害があろうとなかろうと共存が出来る社会。その事は関係者の責任でもある。

1億総活躍社会。この言葉を耳にした時、政権与党の政策に「唖然」としていた。開いた口が塞がらない?それでもこの政権は単独自民党支持者だけでなく公明党、日本維新の会に支持され圧倒的議員の数で国民に支持されている。政権の都合で憲法の解釈を変えても有権者から支持される。

財界から多額の寄付を得てその便宜を計ってもそれは「国民の為」?どんな面をしてそう言う事が言えるのかと思っていたら今は「1億総活躍社会」そんな事を平然と言われても「ごもっとも」この国の課題は正にその通り。

そんな計画書が内閣で発議されその施策が関係省庁で実施されている。その細かな内容は殆ど関係者以外は知らない。特に難しい事は何も分からない多くの有権者はそんな事はどうでも良い?違うだろう。自分達の生活が大きな影響を受けても関係無い?そんなバカな事があるか?ところがこの計画書は殆ど知らない。

知ったとしてもその中味を理解出来る知識も能力も無い。それでも選挙の時は昔から自民党。維新の会はこれ迄の政治を変えてくれる。公明党の創価学会員は自分達の代表のやる事に間違いは無い。その程度の事だろう?

それではイカンやろうと思いながらマスコミの評価を聞いて見るとこれが又、さっぱり分からない。分かり易い詳しい報道がない。それならば自分で聞いて見ようと内閣府広報室に聞いて見る。この対応が又、ひどい。

内閣府には当然「1億総活躍推進室」がある。その担当者の取り次ぎも無い。一般的な説明は出来ない。?そんな事は無いだろうと思うが相手の担当も確信を持って答える。大まかな説明ではなく具体的問題を指摘されないと担当部署に取り次げない?この政策が今イチ(全く)分からない理由が良く分かる。

地方創生の時もそうだった。全国各地で色んな取り組みをしているがその全てを統括し何が出来て何が出来ていないのかその総括が出来ていない。中央の役人は内閣の指示だけで仕事をしているだけ?その事は日本の官僚は徹底している。

ところがそんな事で引き下がる親父では無い。内閣広報室の見解をもう一度確認すると殺し文句を使う。(嫌な奴)でも他に方法が無かった。最初の電話をした処が内閣広報室。その担当から紹介された電話先が内閣府の代表番号だった。

今はネット社会。そんな事をしなくても「1億総活躍の計画書」はネットで公開されている。そのページをコピーすれば良い。ところが親父の手元にコピー機がない。買いますか?その必要は無い。内閣府の大阪の出先機関で印刷物を手にしょうと思っていた。

ところが親父のクレームにようやく電話が推進室の担当に繋がる。事情を説明して数日以内にそのコピーが手に入る。ここ迄の説明をしながらこのやりとりオカシイと思わない?何が言いたいかと言えば中央官庁にこれだけの事を理解してもらう為にこれだけの努力をしないといけない。おかしくネエのか?

怒る事を通り越して笑っていた。数日中に手にするコピーはA−4サイズでほぼ50ページ。それだけの計画書をどれだけの人が読み解ける?その程度の事だろう?地方創生の計画書。人。街。仕事。の計画書でもそうだった。

国でも都道府県でも市町村でも全国各地で立派な計画書はあり、多くの補助金が交付されている。しかしそのお金がどれだけ地域創生、地域の活性化に成果を上げているかは数字の羅列。日本各地の地方の駅前は人通りは絶えても立派な道。建物。

人の賑わいは全く無い。そんな事もどうでも良い。都会人は全く関係無いし、地方の人はお陰様で道が立派になる。高齢者はそのうち動けなくなり子供達の数は更に少なくなる。それでも地方は活性化される。バカだろう?それでも誰も何も困らない。結構毛だらけ猫、灰だらけ。

一億総活躍の計画書は更にひどい?この計画書は地方だけでは無い。中央も中核都市も全て含まれる。この国の未来。そんな事もどうでも良い?そんな事は無いだろう?自分達の子孫がどうなっても関係無い?仮にそんな言葉を口にしても本心では無い。そう信じたい。

そうであったとしてもこの国の英霊はそんな事は許さないに違いない。(死んだらお終い)親戚の養子先生がそんな事を平然と言っていたが今、彼はその代償を払わされている?認知出来ない?それも止むを得ない。安倍総理もその事が問われている。

今はそれどころでは無い?内政の無策を外交に転化出来ると誰が教えているのだろう?彼の本心?そうだとしたら新年早々に解散総選挙?来年の事は間違いなく茨の道に違いない。そんな事もどうでも良い。今年最後の仕事は司馬遼太郎の「翔ぶが如く」10巻の完読。これは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年ももうすぐ終わる。今年の総括をしないといけない?

今年の総括?最大の喜びは「無病息災」?疑問符が付くのは合格点はもらえない?結果的に大きな病気はせず寝込む事も無かったがそれは運が良かっただけ?殆ど毎日の様に出歩く事は多かったが体の調子は万全ではなかった。

欠かさず行った事は歯科での歯のお手入れ(歯磨き)歯科衛生士のKさんから2年前から欠かさないで月2回行っている。これは見事な継続。その成果は大きい。これから高齢者の医療費が間違いなく増えるがその対策は殆ど行われていない。その主導権は行政が握っているがその事が自覚出来る人は殆ど居ない。

その原因は何なのか?行政(市町村、都道府県、国)にとって医療、福祉の予算削減は緊急かつ大きな克服課題なのだがその対策は口先、小手先、弱いものいじめだけ?一番大事な事は問題が大き過ぎて為す術が無い?

そんなバカな事は無いだろうと最寄りの市役所の政策推進の責任者とも話をしたが、彼等にはそんな意志も権限がない。権限を手にしている人は自分達の責任追求を意識して現状の当たり障りの無い改革だけ。その事は役所に行って窓口で忙しい思いをしている人の話を聞けば良く分かる。

その事を長い間知らなかった。正確に言えば「改善が難しい」事は予想していた。実態はそれ以上に悪い。信じられない事に行政の責任者は安くもない給与と権限を手にしているだけ。その担当部署も数年で変わる。1年間あれば多くの改善が出来るが関係者の協力はそう簡単には得られない。

関係者とは利害が絡む医師会。その行政の関わりを持つ人達。そして信じられない事に一般納税者。大した知識も無くても個人的な利害を持ち込むオバチャン達。親父もその類いと間違われた。行政の決め台詞は「それは個人的な意見でしょう」管理職は会議と議会対策、打ち合わせが主な仕事?細かな問題(実際はそうでは無くても)は部下任せ?そこで親父が考えた事。

「それは行政の取り組みに期待しない」所詮お役所仕事。マスコミの報道も人の関心事のみ?その関心事もどちらかと言えば風物詩?深刻な貧困対策、医療費対策、いじめ、待機児童。働き方、働かせ方、高齢者、少子化、その他多くの問題は何も変わらない。だったら自分が変われば良い。

親父の場合はこれからくたばる迄の生き方、考え方、お手入れの仕方。長い間言われて来た掛り付けだった歯医者の親父から言われていた「歯のお手入れ」診察の度に歯の汚れを指摘されたが「自分の歯磨き」では綺麗には出来ていなかった。

これも多くの患者が出来ていないが歯医者は自分の近くに一杯開業をしている。知らなかったのか?偶然だったのか?今のクリニックの先生は女医。天使の様だった。「こんな優しい人も入る」それは大きな感動だった。

今でも歯の治療ではなく(歯のお手入れ)自分では出来ない歯磨きと歯茎のお手入れ。当然治療をしなければ医者は確認をするだけ。こんな患者は儲からない。その事は痛感しながら自分が役に立つ事をすれば良い。そう思っている。最近は「うっとおしい患者」そう思われても考えは変わらない。

もう一つは眼。これは本当についていた。大阪の戻って掛り付けになっていた女医が廃業。そんな年ではなく立派な検査機器も整備されていたが患者が少なくなっていた。「待ち時間が少ない」個人的な会話もしていたが突然郵便で(診断書)を受け取る。

紹介状も無かった。何たる無礼。何たる無様。仕方が無いので自分で探す。その新しい先生が話好き。親父の診断は二の次。診断が始まると話が止らない。親父の視力は悪くないが角膜の充血は目薬が無くなると良くない。これはくたばる迄続く。

注意しなければいけない事は合併症。血糖値が高いのでこれは食事と運動で管理しないといけない。内科の掛り付けは血圧の薬をもらうだけ。最近、体調不良の原因は老化と太り過ぎ。今年の夏は減量を意識したがお腹の凹みはヘソの下のみ。内蔵脂肪は増々厚みを増している。

今年の冬は風邪の心配は無くても内蔵の改善をしないといけない?内蔵の改善。内蔵の余計な脂肪を削ぎ落として健康な体を維持する。その源は毎日の食事。最近続けている毎日の野菜鍋にゴボウを削ぎ落として入れる。

それに北海道原産のてんさい糖を小さじ一杯。これを高知の「ゆずの村」ポン酢しょうゆで喰らうと鍋一杯食える。このフライパンの直径を小さくしないといけない。自分の体は自分で管理しないといけない。健康な体は薬で保たれるのでは無い。自分の意識改革。それを行えば間違いなく体調は維持出来る。

先日手にした(自分で心を手当てする方法)そして大峰山の1000日回峰を成し遂げた仙台「慈眼寺」塩沼大阿闍梨の本を読みながら箕面の谷と尾根を駆け巡れば来年はもっと素晴らしい年になるに違いない。(アホ)

来年の事を語る前に今年の総括をしながら1年365日の無駄な生き方は1日も無かった事を実感出来るだろうか?今、その絶好のチャンスに違いない。今週はしばらく真冬の天気が続く。ボーナスを手にして懐が温まった思いはそんなに多くない。そんな時も失せたがそれでも消費は盛り上がる?

嬉々としたコメンテーターの顔色が引き締る時はそんなに遠くない。関係無いか?貧乏には失う物が無い?そんな事は無い。安倍総理の経済政策の失敗は貧乏人にしわ寄せされるだけ?金持ち達の生活はそんな次元を超越している?それも嘘だろう。それ位のお弁当箱を手にして嬉々としている。その程度だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

戦争に負けた意味を思い知れ。トランプが大統領になった意味が誤解されている?

Img_4752_2

Img_4753

Img_4759

師走の大阪梅田。百貨店は年末の風情でも一歩足を踏み出せば街中の景色は何も変わらない?それでも久々に眺めた景色は流石に半世紀前とは大違い。行き交う人の流れに女性の数が多い。しかも美人は少ない。大阪はブスが多い?(コラ)くそジジイ。

Img_4756

Img_4757

Img_4764

Img_4765

若い頃嬉々として見上げていた建物も看板がすっかり変わっている。大きなシネラマスコープの映画館も今は姿を消して外からは何のお店は分からない?飲食店?洋品店?ゲームセンタ−?足を踏み入れて見ないと分からない。

Img_4763

Img_4768

Img_4769

懐かしい建物も高層ビルになり多くの事務所で多くの人が働いている。しかしその実態は殆ど見えない。関西の経済も悪くないと言われるが今イチ良く分からない。関西経済界の取り組みもマスコミ報道のみ。マスコミの報道は関西観光客の増加?肝心の企業の様子は殆ど伝えない。

それでも先行きの見通しは悪くない?何の事やらさっぱリ分からない。そんな事は経済界はどうでも良い事?政治屋さんの予算のバラマキで飯が食えている?民間活力は何処に失せたのだろう?そんな事は無い。経産省の出先機関?日銀の大阪支店?マスコミは大阪放送局?そんな特色は何処にも感じられない。そんな事もどうでも関係無いのだろう?ところが実態はそんなもんでは無い?

Img_4761

Img_4754

Img_4776

Img_4777

Img_4778

Img_4779

Img_4780

Img_4781

大阪梅田の一等地?(JR大阪駅北東)来年4月解説の大阪工業大学梅田キャンパス。大学関係の教育機関も入居?外観は完成しているが内装工事を急ピッチで行っている。学生だけでなく社会人も受け入れて産学共同研究も行われる?予定。大学受験の市場も厳しいが卒業後の活躍の場所も厳しい?

なのかな?これだけの場所にこれだけのビルを建てる力が備わっている?これが大学丸儲けの実態?(コラ)大学のキャンパスも様変わりをしている。そうでないと生き残れない。それだけの「学問の府」が期待されている?

Img_4784

Img_4785

Img_4790

昨日のブログのアメリカの心理学者名前訂正です。正しくは「ガイ、ウィンチ」NYの人気セラピスト(臨床心理学博士)講演家としても定評がある。心の支えになる「救急箱」を手に出来る人は少ない。反対に日本にも多くの心療内科があるが「カウンセラー」はいない?

応急処置の薬で抑えているだけ。血圧の薬と同じ。死ぬ迄飲み続けなければいけない?そうならない為の「心の手当」そのマニュアルになるかもしれない。「自分で心を手当てする方法」7章が書かれている。これだけで全てが解決する訳は無いけれどそんな生き方も知らないといけない。

その本を買いに行きました。紀伊国屋書店1620円。梅田の混沌とした人の波を見ていると気分が悪くなる。人の会話に女性の声が重なると何故か相手を確認したくなる。大抵はブス。(いい加減にしなさい)人の心は言葉に出る事を忘れるな。(余計なお世話)そう言われていた。

ブログのタイトル。(戦争の負けた意味)?どういう事。この国では日本が侵略した朝鮮、中国満州(東北部)東南アジアの国々の歴史を殆ど教えない。ドイツはナチスの戦争責任を徹底的に追及してその歴史を知らない国民は居ないと聞いているが我が国では殆ど知らない。

親父達も義務教育と高校の社会の先生が教えてくれたが、今はその先生達が批判される。「偏向的」「自虐的」? だからだろうか?北方領土返還論議。ソ連がロシアと名前を変えても政治体制は何も変わらない。

日本が敗戦間際のドサクサに紛れて占領した島々を返還する。(4島は無理でも納沙布岬の目と鼻の先の2島の返還は近い)ウソコケ。そんなインチキを何時迄続けられるの?15日に行われる日露首脳会談でもバラ色の未来を語って一歩前進。それで固い握手。

そんな政権が支持される。一向に改善しない北朝鮮の拉致問題同様何時迄外交問題として棚に上げる?そんな声は全く聞こえない?安倍総理の成長戦略に何の成果が無くても外交問題で支持が変わらない。韓国の大統領の弾劾は日本には関係無い?そうで無い事が思い知らされてもとぼけるのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で心を動かす方法?そんな物がありまんのか?眼から鱗(うろこ)?

今、毎日が日曜日の年金生活者。「結構な御身分ですねえ」皮肉を言われても怒りの表情と反論の言葉にムキになるだけで、チンパンジーと何も変わらない?チンパンジーに失礼と追い討ちを掛けられても嘆き哀しむ事は無い。アホです。そのアホな生活も現役をリタイアーして20年を越える。

しかしよく考えて見ると現役の時でも40を過ぎた頃から組織の中で「青年将校」の肩書きは体よくはぎ取られていた?と言う事は苦節30年?オバカな生き方をしている。ようやく司馬遼太郎の長編「翔が如く」も最終巻10巻を読み始めるが親父達の生き方も同じかもしれない。(負け犬)?

今、政治の世界でも経済の世界でも地域の行政でも、政治家と官僚と財界人が主役?ところがこれも違う。マスコミの報道。テレビの情報に誤摩化されているだけ。その事にようやく気づく?それも違うと言う人も入るがその話になると宗教と哲学とイデオロギ−(固定観念)が絡んで話が難しくなる。

それでも親父の「暗い」社会的、政治的、日常的な批判が多くて話を聞いていて楽しくなれない。「不愉快」と言われた時には激怒していた。大好きと思っても相手はそうでなかった事を理解した時には寂しい思いもした。

しかしそれも自分の身から出た錆(さび)そう思う事で自分自身を納得させていた。今でもその思いは変わらない。それでもそれでは人の意見は聞けない。自分の言いたい事を喚き倒して相手の反応を見る。そんな人は誰も好きになれない。ただ例外は居る。

それが組織の上に立つ人。良いか悪いか問われると「最低」それでもそれがこの世の習わし。常識。体制。ならばそんな生き方をしなければいけ無い?どんな生き方?昨夜以外な人を知る。アメリカの心理学者「ガイ、ウィンチ」?

彼の心理カウンセラーはアメリカでは注目されているが、日本ではどうなのだろう?日本でも多くの(悩み相談)の窓口があるが大概は役に立たない?のはどうしてだろう?カウンセラーには資格があるがその資格も「医師免許」と同じレベルかそれ以上の心理分析能力を求められるが、インチキ資格もある。?

親父の場合タダでその効果を探すしかないが答えは簡単。見方を変える。これは結構効果があるに違いない?何故なら(我田引水)がない。先ず今日のニュースから。政府と経済界は(このニュースがそもそもオカシイ)そうではない。

担当官庁は消費を盛り上げる為に来年2月の最終金曜日。就業時間の短縮を企業にお願いする。バカだろう。そう。この程度の認識で公共放送のニュースに取り上げられる。毎日遅く迄働いている人が1日でも早く帰ればその分消費が増える。その事に間違いは無い。

ただ現在の消費不況の原因を作り出している経済状況を何も改善出来なければ何の意味も無い。その程度の事が分からんのだろう?アホな官僚と政治家。ではどうすれば良いの?それは自分の買い物を減らせば良い?間違いなくそんな時代がやって来る。

その時でもオバカな官僚達は本当の意味でも「働き方改革も出来ないで金融政策に取り付くしかない」そのしわ寄せは立場の弱い人。その事が分かれば買い物は本当に楽しくなる。コワー。悩み苦しむ事は何も無い。インチキ社会を笑いながら見ていれば良い?

過重労働の罰則も社会的制裁も出来ないで問題をうやむやにする。そんな組織をリストラされて新しい職場で楽しく生きる事が出来る。そんな社会を大きくしないといけない。そんな買い物をしないといけない。今迄の生き方を変えないで社会を変える?そんな事は出来ない。

ただ絶望する事は無い。そんな生き方を終の仕事にしないといけない。これが今年の総括。1年を締めくくるには早い?そんな事は無い。親父達の生き方はとっくに終っている。懲役20年の制裁を受けても何も変わらない。そんなことはない。

この代償はきっちり返してもらいます。そんな生き方を求められている。誰に?自分自身です。ビクトルユーゴーのレミゼラブルですか?トンデモありません。それでは期待しましょう?残念ながら他人事では無い。自分の生き方が問われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

紅葉はまだまだ続く?これはカメラのトリック。世の中も同じか?

Img_4652

Img_4654

Img_4659

散歩コースの豪邸。親父の終の住処はどれ?どれでもない?そんな事は無いだろう?建て売りの家を手放して20年。そろそろ哀れな生き方を変えないといけない?(無理だな)一度貧乏な生活を体験するとそこから抜け出る事は容易い事では無い?先ずテレビを見る事を止める事だな?

どうして?その無駄な時間の積み重ねは何も豊かさを生まない。(確かに)このままでは間違いなく哀れな老後だな。間違いない。sad今夜は嬉しい買い物をしました。今年の6月四国徳島を訪ねた時、豆粒程の大きさの「ゆず」が小ぶりのみかんの大きさで手にする事が出来ました。

何とも言えない香り。これからはしばらく鍋だに。(浜松弁)鍋です。それでもフライパン一杯の食材は半分は残さないといけない。それが出来ないと肥満体に即復活。風邪対策とか口実をつけても駄目だど。分かりました。sad

Img_4653

Img_4655

Img_4656

Img_4657

散歩コースの途中の坂は自分の体調のバロメーター。息苦しい時、足が上がらない時は不摂生な生活をしている。この坂をゆっくりでも呼吸を整えながら歩いていると「公的介護」の実態が見えて来る。?殆どの高齢者がアテに出来ない介護の世界?どうして?

これからの高齢者の介護は公的介護の受け入れは期待出来ない。その実態を親父でも知らない。期待もしていない。これからどれ位生きれるか分からないが自分の体力と経済力で何とかしないといけない?それが出来なくなると悲劇が起きる。その現実は殆ど知られていない。

その為には何が無くても歩かないといけない。それもゆっくりで良い。何も元気に歩けなくても全然問題は無い?その事も教えて呉れる人も居ない。テレビを見ていると「健康食品」とそのサプリメントも少なく無い。小さい文字で「これは効能を保障するものでは無い」と表示しながら宣伝している。そんな宣伝が必要な現実。その事に気が付けばタダで金儲けが出来る。(アホ)

Img_4660

Img_4661

Img_4666

城跡公園到着。性懲りも無く昨日同様「サンシュユ」の実の摘み取り。今日は昨日了解を得たので遠慮する事も無かった。それでも両手で一杯程度。明日も行けるかな?(アホ)それでも眼の覚める紅葉をゲットする。しかしこれもカメラの画像処理技術。

日本経済、日本とロシアの首脳会談?と同じだな?実際は違う?特に外交交渉は相手国の事情がある事をどれだけ理解しているのだろう?綺麗事で誤摩化すの?ええ加減にしなはれ。ただそんな会議でも支持される?何たる国民だろう?戦争で無条件降伏とはこう言う事をいう。

当時のロシアとは不可侵条約が結ばれていた。それが破棄され敗戦のドサクサ紛れに占領された日本固有の領土。その返還が戦後70年でも無理。ロシアと言う国はそんな国?そんな事も殆ど口にされる事はない。ロシアの国内経済も破綻する?何時迄も独裁政権は続かない。

Img_4665

Img_4670

Img_4671

Img_4678

朝日では無い。(そんな事は言われなくても分かる)ところがそんな当たり前の事も理解されない。自分達の廻りを見ても分かる。アホな若者が多くなったと言われるがそれ以上に高齢者が多くなっている。その高齢者の生き方がこれからの世の中を大きく左右する。そんな当たり前の事も実は蔑ろにされている。

Img_4676
Img_4685

Img_4697
日出ずる国。日没する国。そんな事も知らないとは言えなくなる。当然の事ながら太陽は東から上り西に沈む。それ位の事は誰でも分かるが政治的にも経済的にも常識的な事が平然と無視される。そんな事も知らない。分から無い。

それでも何の疑問も無く生きて行ける?そんな日常も何時迄もは続かない?どうして?それが当たり前だから。その当たり前の事も踏みにじる事が出来る?それは絶対に無理です。その事をこれからお見せする。

Img_4705

Img_4707

Img_4635
カジノ法案は日本の成長戦略の目玉になる。何たる暴言だろう?TPP法案もそう言われて来た。何の事やらさっぱり分からなかった法案は皮肉にもアメリカ次期大統領の思惑でアメリカでは議会にも提案させずに廃案。日本ではこの法案成立前から対策費が支払われている。こんな国は何処にも無い。

それでも批判されない。そんな国の総理大臣がカジノ付きIR法案が成長戦略の目玉。そして次はロシアとの首脳会談で(領土問題に進展を目差す)そんな総理が支持される。役行者の炎の鉄槌を受けないと分から無いのだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

穏やかな師走?景気も回復基調?そうは問屋が下ろさない?

Img_4523

Img_4524

Img_4525

Img_4541

春の様な穏やかな天気?イエイエ直前迄冷たい風に頬を叩かれていた。来週からいよいよ12月も後半。今年は北国では大雪の予報だけれどどうなのだろう?関西ではそんな緊張感は全く無い「能天気」?それも全く違うけれど報道番組を見ていると速攻で音声を消している。それ程に多くの人が「豊かな生活」をしているのだろうか?その事はいずれ証明される。

Img_4543

Img_4545

Img_4564

Img_4566

城跡公園芝生の上の落ち葉を公園の管理者が熊手で掻き集めている。近くの「サンシュユ」の実を取ったので声を掛ける。「どうぞ好きなだけお持ち帰り下さい」と笑いながら言われる。そうだろう。誰もこの実が漢方薬に成る事は知らない?

親父達のこれからの必需品?し尿、頻尿、精力減退に効能がある。そりゃセッセと通わないと実が落ちる。(アホ)体調が悪いと医者が良い?それは自分でどうにも出来ない時の事?昨日の何度も歩いていてバランスを崩す。足腰が弱っている。もっと柔軟性のある体に鍛えて下さい。アイアイサー。(了解です)

Img_4568

Img_4586

Img_4591

Img_4592

そうは問屋がおろさない?この言葉の意味も本当は知られていない?何気なく(そう思い通りにはならないよ)そんな言葉。そんな使われ方をしている。ところが現実は「問屋が卸す」どういう事。この言葉は問屋の力が強かった時代の話。今は買い手の時代。

アンタがこの値段で売ってくれなければ他を探す。そんな客が多くなっている。「お客様は神様です」?お互いが勘違いしている。非正規社員が多くなっても雇用は安定?労働者の生活がコストカットされてもゴーンの給料は下がらない?何時迄そんな時代が続くと思っているの?

間抜けな経営者と政治家。ところが続きまんのや?だからジジババの経営者、政治屋は笑いが止らない?それでもそんな時代が何時迄も続く?なんでや?それはアナタよく考えて見なはれ。それで飯が食えるのだから。

レミゼラブル、怒りの葡萄の時代と何も変わらない。もっと賢くなりなはれ。吉本の社長に笑われている。(バカは多い程世の中は楽しい)バカにされても楽しければ良い? そうかもしれない?何も顔をしかめてぼやく事は何も無い?

Img_4596

Img_4600

Img_4602

Img_4606

Img_4609

この続きは又後で。これから糞をして(コラ)洗濯物を干してお出掛けです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

マスコミの伝えない年の瀬?そんな物はどうでも良いか?

Img_4530

Img_4535_2

Img_4536

人気のない城跡公園。一組の家族連れの声が響いている。この城の手前で冷たい風が頬に打ちつけていたが、近場の散歩の目的は近くにある。

Img_4540

Img_4546

Img_4547

Img_4549

風も止み池の水面も鯉が撥ねた波紋だけが残っている。今日は鯉にもエサはやらないで通り抜ける。紅葉の時は終っても冬将軍到来の気配は無い。それでも季節は間違いなく冬の寒さが予感出来る。北国の行きの風景を見るとこの違いは大きい。北国の室内はどんなに暖かくても春を迎える迄は大変に違いない。

Img_4550

Img_4551

Img_4552

どんなに北国の人が期待しても手にする事の出来ない晩秋?それとも初冬。マスコミの伝える季節は雪国だけ?大阪人がどんなに寒いと首を竦めてもその感覚は雪国では笑われるだけ。反対の事も言えるだろう?雪国の積雪対策は何も進まないのはどうしてだろう?

防寒対策は取れても除雪対策は取れない?嘘をつけ。行政と研究機関の無策に違いない。そんな行政が支持される。違うのかな?森林資源が有り余ってもその有効活用は出来ない。地熱エネルギーは有り余ってもその有効利用は出来ない。こればかりは科学技術がどんなに進んでも改善は出来ない?

嘘をつけ。そんな事を考える人が居ないからだろう?雪が降れば除雪作業は当たり前。融雪にはお金が掛かる。ならば掛からない研究開発を何処がしているのだろう?冬の季節到来と共にそんな事を暖かい大阪で考える。アホだな。アホです。

Img_4554

Img_4555

Img_4557

Img_4558

Img_4559

Img_4563

本日の目的?「サンシュユ」ひえつき節のサンシュウとは違う。やっとその事に気が付く。ところが親父の凄い所はこの実を穫りに行く?もぎったのかい?大分の方言。標準語では摘み取る。(アホか)この前辞書で引いてみると果肉は食えると書いていた。

それで食ってみたが少し渋いが食えない事は無かった。今日はまとめ穫りをする。まとめ?手のひら一杯?ウンニャ(イイエ)両手一杯のグミ。違う。サンシュユ。カバンの中に紙に包んでいれたが中でバラバラ。それをこの先、歩きながら完食。

ところが帰ってもう一度ネットで見直すと果肉は食えないと書いてある。ゲー。食いましたよ。漢方薬がある。聞いてみよう。アホやのう?健康管理とはそう言う事だろう? 同じ様な事は誰もが考えているが現実は本当に厳しい?その厳しさは当事者でないと分からない。

その糸口を解き解(ほぐ)さないといけない?ストレス、ウツ、神経内科の在り方が変わる。そんな時代が迫っている。口先だけの小手先だけのインチキ?そんな時代が罷り通るのは長くは続かない?国内の多くの身を切る改革も出来無くて「一億総活躍時代」何たる間抜けな政策?

その恩恵をどれだけの人が肖っているのだろう?そんな事も関係無いってか?その事もいずれ分かる?多くの不祥事が小手先の改革で問題が解決しない事は歴史が証明している。この国が真剣に歴史に向き合えない事がその事を証明している。

司馬遼太郎「飛ぶが如く」10巻は本当に長くまだ読み終えていないがその事を教えている。ただその事は殆ど理解は出来ない。オバカは地獄を覗いても生き方は変えられない。叩きのめされるしかない?その程度の事も分からない?かもしれない。

アイハブハペン。アイハブハアプル。アイハブアポッパー?バカだろう?バカです。「世の中みんなアホのほうがおもしろい」これは吉本興業社長大崎洋の言葉。しかし賢い人がこの国を作り上げて来た。お笑いは心の解放?面白ければ何度も良いではイカンだろう?

それ位の事も分からない経済人も多くなっている。大阪のお笑いが東京に進出どころか日本に活気を取り戻す?桂枝雀さんが芸の道に悩み苦しみ自殺迄したのは何だったのだろうか?そんな事もどうでも良いのだろう?芸人とはアホかいな?違うだろう。大阪人のみならず日本国民は「失敗の本質」等考えもしないのだろう?嘆かわしい?アホ。

Img_4573

Img_4574

Img_4582

これが12月の景色?違います。カメラの映像処理の技術はこれ程に現実の紅葉を変える?(どういう事)実際はもっと色褪せている。吉本の社長が言う事も尤もかもしれない?しかし関西のお笑いの先人は現在の芸人の芸道をどう見ているのだろう?そんな事もどうでも良い?

ただ人気者になればそれで銭が取れる?吉本も儲かる?その程度の事だろう?さんまのお笑い?ダウンタウンのお笑い?鶴瓶のお笑い?彼等に共通する品の無さ?そんな事もどうでも良いのだろう?面白いとはそう言う事では無い。笑いの中に哀しみがある。そんなオチもどうでも良いのだろう。

Img_4577

Img_4579

Img_4590

艶やかな紅葉とも又来年です。これから一段と寒さが増せばこの艶やかな衣も脱ぎ捨て冬支度をしないといけない。その準備もできない人が多い。人の事はどうでも良いから自分の生き方を整えなければいけ無い。この先の階段で心優しい人と立ち話をする。墓参りの御婦人だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走とは思えない天気?アンタの知らない世界がある?

Img_4496

Img_4488

Img_4492

久し振りの滝は季節感を漂わせていたが、季節外れの見事な紅葉と三宝荒神の石碑。そして見事な谷川が歓迎してくれる。京都高雄の川も同じ流れを見せているのだろうか?くたばる前に高雄から清滝の道を歩かないといけない。?

Img_4463

Img_4465

Img_4466

滝の右は絶壁。左程高くはないがこの岩壁も登る事は出来ない。(岩肌が風化している?)右側に歩道が整備され車も通れるが許可車両のみ?その先に駐車場がある。その道は勝負の神?(勝尾寺)に続くが歩くと4キロ弱ある。その先はバス路線があるが便数は多くない。

Img_4467

Img_4468

Img_4472

箕面の滝は水量が少なくなっていた。この滝上にダムがあり水量はコントロール出来るが、更にその上に道路がトンネルで完成し水量が少なくなったとマスコミが報道して久しい。行政はその事を否定しているが昔(半世紀前)と比べると水量は間違いなく少ない。

それがトンネル工事の影響では無い事も間違いないと言われても、そんな事もどうでも良いのだろう?それは滝の上の寂しい流れを見ると良く分かる。ダムが出来て水の流れは変わっていない事は無いだろう。そんな事を誰が検証しているのだろう?役行者様が見ている?そんな事は誰も分からない。

Img_4474

Img_4480

Img_4477

Img_4476

滝正面の赤い橋を渡り近くの腰掛けに腰を降ろして手にして来た弁当を、と思っていると橋の上で若いカップルがお互いの写真を撮りあっている。若いと言う事は宜しいと思っていると余計なお世話が止らない?二人の記念写真を撮ってやる。

スマホのメーカーが違ったのでシャッタボタンを間違える。(アホ)それでも笑顔とお礼で満足。(アホやのう)ジジイに出来る事はこの程度の事だろう?(確かに)弁当は諦めて引き上げる。ところが近くの坂を登る。目的はこの景色。

Img_4489

Img_4494

Img_4495

Img_4496_2

これが最初の写真。見事な紅葉もテレビでは終り?全国的なニュースもインチキな政治と経済と社会のトラブル、事件、事故。それも報道の大事な使命?それ以上に大事な物がある事をこれから目にするに違いない?それも無い?

そんな事も無い?情報とはそんな物では無い事も関係無い?想定外。お詫びの言葉?頭を下げれば何でも許される?学者先生でも警察でも同じかい?アホンダラ。先日眼にした言葉。その言葉の体験を探していた。「涙と共にパンを食べた者でなければ人生の意味は分からない」(ゲーテ)嗚呼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

役行者修行の道 親父の屁タレの道 これが終活の道?

Img_4348

Img_4349

Img_4350

Img_4351

Img_4353
箕面滝道。道は整備されているから観光シーズンは身動きが侭ならぬ?親父は雑踏は嫌いだからそんな所は歩かない。流石に師走。そんな心配は無用。ただ歩いている人は極端に少ない。それが嬉しい。紅葉のシーズンは終っていたけれど色んな出合いがありました。

Img_4356

Img_4357

Img_4361

滝道の入り口に観光案内所があるが何故か扉が閉まっている。親父は全く期待していないが見知らぬ人が(箕面のマップ)?を探していた。滝道にあるお土産店を紹介する。目的のマップを手にしてニコニコしている親父さんに親父のうんちくが(余計なお世話)になる。

「このマップは距離と時間表示は大雑把」役に立たない。どちらに行くのと聞いて見ると一度歩いて足が上がらなくなったコース。親父の忠告も無視される。仲間と歩くと言われていた。それなら楽しいかも?(笑い)

Img_4362

Img_4363

Img_4364

Img_4365

ここから滝道は始まる。秋の華やかさは失われていた。今日の目的地は先日の「風呂ヶ谷」の谷を登りその上を歩いて「林道」に出る予定だった。ゆっくり歩いていると途中で小雨が降って来る。傘は持っているが木立が頭を覆っているので広げる事は無かった。ただ谷は登らなかった。

Img_4367

Img_4369

Img_4370

豊かな生活がある。その一方で全く語られない貧しさがある。その国の大きな経済政策に影響するTPP法案が可決。しかしその法案は肝心の相手国アメリカは次期大統領が正式に大統領に就任すると破棄すると言われている。その国の影響力の大きさを考える事は無い?そんな事は無いだろう?

TPP法案が可決すると言う事はそれを見越して既に対策費が支払われていると言う事。そんなインチキは殆どジジババだけでなく若者達も知らない。これがこの国の政治の実態です。そんな事もどうでも良い?その代償の大きさを何時思い知らされるのだろう?

トランプ政権の経済政策の変化に期待する?出来なかったら誰がどう責任が取れるのかい?そんな事もとぼけるのだろう?偉そうな面をしてやっている事は犯罪人と何処が違うのだろう?必ず思い知らさなければならない。

ところがそんな事は殆ど理解が出来ない。そんな国にどんな明日が待ち受けているのだろう?そんな事もどうでも良いのだろう?株価は上がり生活は安定する?ところがそんな事とは全く関係無い人がいる。そんな事はどうでも良いのだろう?来年の今頃、どんな面をしているのだろう?そんな思いは選挙で吹き飛ばす?そんな事が出来まんのか?出来ると思っている?信じられない。

Img_4373

Img_4374

Img_4375

お茶を一服?とは行かない。誰も居ない。コーヒーなら隣にどうぞ?隣に料亭と喫茶店があるがお呼びで無い。この時期は川床も寒い?

Img_4377

Img_4378

Img_4379

この谷は山伏でも登れない?修験道の道はこのまだ奥にある。今はこの山で修行をする山伏は居ない。それだけ厳しさが無い?トンデモありません。山が険しくて立ち入る事が出来ない?それも違う。そんな精神論は通じない世の中になっている?それも違う。

現代人の多くはそれ程強くない。強さは勘違いされている。本当の強さは己との戦い。それが出来ないから弱い者を虐める?恥?そんな言葉も死語になっている。歓びと涙と共に救世主が登場するのは何時の事だろう?それはあなたの気持次第?ウソだろう。

Img_4385

Img_4390

Img_4391

若者が軽々と階段を登って行く。親父には真似が出来ない。この階段を一気に駆け上る体力は残っていない。それでも休み休みでも登れる体力は残っている。その体力も失せた時どんな面をして生き延びるのだろう?その時は遠くない。その日の為にもっと歩け。体を鍛えておけ。

「老齢馘首」(ろうれいかくしゅ)厳しい言葉を眼にする。年老いて首切り?年老いて役に立たない?そんな生き方が他人事では無くなっている。(まだそんな年ではない?)お世辞でも嬉しいな。政治家や資産家に負けない貧乏人になれ。役行者様に言われていた。

Img_4395

Img_4396

Img_4400

Img_4417

ここ迄歩いて来ると谷は深くなる。この先に目的の谷があるが小雨が降って来たのでズルをする。(それよりも楽な道を歩く)役行者に叱られる?そんな事はありません。自分の体調と気分に合った修行をすれば良い。何も囚われる事は無い。思いの侭で良い。そう言い聞かせていた。(適当じゃねえか?)そうそれだけで丁度良い。

Img_4432

Img_4433

Img_4443

Img_4448

Img_4450

Img_4451

Img_4452

Img_4456

Img_4457

Img_4459

到着です。久々のご対面。水量は少なかった。雨期にはこの倍の水量が流れ落ちる。後半月早ければ紅葉が綺麗だったに違いない。でもその頃はカメラをゆっくり構える事は難しい?ベンチに座りながら一時ぼんやりとしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我、心の大阪メロディー?何時迄そんな事を抜かすのか?間抜けな歌謡番組。

Img_4188

Img_4189

Img_4190

Img_4191

お待たせしました。先日の箕面の谷。期待していた紅葉は錦ではなかった。今年の紅葉の盛りも滝道では終っているが、谷の上ではまだだろうと期待しているがどうなのだろう?それでも落ち葉を踏みしめながらゆっくり階段を歩ける健康に感謝していた。この階段もこの先の道も歩く高齢者は1人もいない。

Img_4193

Img_4194

Img_4196

左は谷。右は急な崖がせり上がっているが先人が立派な階段を造ってくれている。何時頃誰が何の目的で造られたのか分からないが、この道をこうしてゆったりとした思いで歩けるのはそのお陰です。これからの高齢者の生き方を暗示している。それでもオバカなテレビを見ながら口だけ達者なおババ達が多くなっている。(コラ

Img_4198

Img_4200

Img_4202

Img_4203

Img_4205

Img_4207

Img_4208

ようやく紅葉が見えて来る。しかし期待した錦絵では無い。セピアの初冬の景色。それでも心が華やいで来る。今年は燃え上がる紅葉は見れなかったが、それでも多くのそれなりの景色を見る事が出来た。それに感謝するだけでも充分かもしれない。

今年も残り少なくなるがこの谷の更に奥迄立ち入る事は出来ないかもしれない。それ程この谷は深い。人の世の人の生き方も同じに違いない。何時迄も同じ景色が見れる訳が無い。同じ事が繰り返せるのは(懐かしのメロディー)?オバカな大晦日の馬鹿騒ぎがそのうち忘れ去られる?むげねえのう?ちっとも。これからその事が問われる。

Img_4209

Img_4212

Img_4213

Img_4216

Img_4222
正面に府道が見えて来る。結局期待した景色は見れなかったが満足していた。この谷はまだまだ続く。その道は更に暗くなる。その先に展望台はあるが帰りが遠くなる。往復10キロは歩かないといけない。今ならそれ位の脚力はあるが1人で歩くには余程の覚悟を決めないといけない?先日はこの先で車道を右に歩く。

Img_4223

Img_4225

Img_4226

Img_4227

Img_4228

Img_4230

Img_4231

Img_4232

Img_4233

大阪は今日もいい天気。年の瀬とは思えない天気。年の瀬の慌ただしさはこの歳になると感じられない?若い事、そして年たけても一生懸命働いたのでこんな時も合っても良いのだろう?まだまだ見事な景色は続くがこれからお出掛けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

この間抜けなテレビ。見る番組がネエじゃねえか。TBSも同じかえ?

Img_4289

Img_4299

Img_4300

近くの小林一三邸の紅葉。関西ではこれだけの紅葉が見れると言いたい処だがこれかカメラのトリック。それでも眼を見張る。関西だけでなく全国にはまだまだ素晴らしい景色が残されている。そんな報道は眼にする事は出来ない?そんなテレビのオチャラケも何時迄続くのだろう?

核兵器がぶち込まれる迄?その為の自衛隊?そんな事も分からないだろう?核ミサイルの撃墜はどのくらいの確立で打ち落とせる?100%でない事は間違いない。しかし発射と同時にその国も壊滅する。それが現在の常識。そんな事も知らない。

Img_4312

Img_4313

Img_4318

明日はもう少し明るい時に来る。今日は5時前の景色。実際はこんなに明るくない。カメラがどんなに誤摩化しても明るい景色には勝てない。世の中の全ての現象がそうです。3権分立?この言葉も知らない人が多い。司法と行政、立法は独立して互いにその足らざるを補う。いかなる干渉も支配も受けない。

それがこの国の原理原則。ところがいつの間にかそんな事も無視されている?そんな事もどうでも良い?知らないだけ。どれだけ国民の思いが虐げられただろう?法と国家とは何か?法が治める国家とは?そんな物はどうでも良いのだろう?

この国の自衛隊は憲法違反?そんな判断は裁判所では出来ないと言われている。裁判官も法の番人である前に人間です。誰も国家権力に対峙は出来ない。そんな事は当たり前だろう?自衛隊は軍隊です。憲法で明示される。ただしその判断は国民の判断です。ジジババの判断は関係無い。そんな時が来る。

Img_4324

ガラガラの体育館。健康長寿の絶対的条件は健康体操。違うのかな?

Img_4325

六甲の山並みが夕映えの時を迎えると日暮れが迫る。気の所為か日が長くなった気がする。冬至は過ぎたのかな?(今年は12月21日)と言う事はまだだな。冬来たりなば春遠からじ。これはイギリス詩人シエリーの言葉?(今は大変でも必ず良い事がある。)If winter comes,can spring be far behind?

Img_4326

Img_4327

Img_4331

Img_4332

Img_4336

陽が沈み辺りは暗くなる。流石の一眼レフも出番が終わる。明日も少し早く来ればもっと見事な景色をゲット出来る。明日は週末。天気予報では暖かな一日。それでも土日は又寒くなる?インチキ相場もそろそろ打ち止め?イヤイヤ年を越える?安倍総理は真珠湾慰霊の旅で今年を終える。支持の割には政治家としては冴えない?外務省の間抜けな判断に振回される。オバマも迷惑だな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな歓び 大きな歓び 不公正な社会?不幸な生き方?

Img_4152

Img_4153

Img_4156

昨日の箕面滝道。この上に野口英世の銅像がある。アフリカの地で地域の風土病の研究で命を落とした博士の偉業を知らない人は多い。現在の医学会でも偉大な人は多いがそんな報道は殆ど無い。間抜けなオバカが酒の勢いで女性に暴行のニュースは伝えられてもね。

ところがこの報道も氷山の一角。医者のモラルも地に堕ちている。それと同じ様な事をこの博士もした事は親父も知らなかった。恩を感じたのは母親だけでは無かっただろうに?金持ちなら何でも出来る?権力があれば何でも出来る?バカタレだろう?そのバカタレが医者?張り倒される時は来ない?

そんな報道は何時迄も続けられない。テレビの報道も全てが正義では無い。当然だろう。その事を当事者は理解出来ない?頭を下げれば済むと思っているのだろう?そんな事は無い?嘘をつけ。やって良い事。いけない事。それ位の事も教えられなくても平然と社会的責任が果たせると思っている?だろうな。

Img_4157

Img_4158

Img_4159

Img_4160

Img_4161

Img_4162

見方が暗い?トンデモありません。全くそんな気持はありません。ところが楽観的な見方はしない。これは性格です。確かに素晴らしい景色は一杯あります。素晴らしい人の生き方も少なくありません。人の考えは様々です。どんなにアメリカの次期大統領が期待されてもその政策は何も明確にはなっていません。

それでもアメリカのみならず日本のマスコミはその批判すら出来ない?それは何故だろう?それ位の見識すら持ち合わせていないのだろう?知らない?分からない?そんな事は関係無い?その程度の事でしょう?それでも自分達の考えは間違っていない?その事は世論調査で明確になっている?

何たる単純明快な論理?そこには賢さがない?そんな問い掛けは全く無い。今年はこのままの勢いが続く?景気も悪くはならない?かもしれない。ただ来年は激動の時代になる。その準備も必要ない?そうはイカのキンタマだろう。(コラ)成長戦略が見出せなくても株価は上がる?何時迄もそんなインチキが続く訳が無い。

Img_4163

Img_4165

Img_4166

帰りのこの正面を歩きます。ここは府道が通っている。この滝道から確認するのは始めて。何度も歩いている道でも見方を変えれば違った景色が見えて来る。何も嘆く事は無い。何も悲観的に考える事は無い。何も変わら無いと言う事はそれだけ自分の行動が変わっていないと言う事。その事が分かれば景色の見え方も全く変わる?そんな事を考える人も居ない?

Img_4168

Img_4170

Img_4171

Img_4172

間抜けな伝承。役行者が修行をしていた頃どんな形をしていたのだろう?そんな事も分からない。山岳宗教は日本古来の神教である事も子供の頃の意識を越えていない。日本人が宗教を信じないと言われても神様に手を合わせる人は少なく無い。

ところが現実の社会では既成の宗教法人は悩み多き人の心を癒す事は出来ない。それでも飯が食える。それは大きな権力と財力を手にして政治的影響力も少なく無い。何もしないでも過去の教えで飯が食え、檀家も減る事は無い?そんな事は無いだろう?

それでもこれだけの権力を手にすればその立場が崩れる心配は無い?庶民は宗教を信じない?それは都会人のマヌケな奴らだけです。その事は新興勢力が保守、自民党の補完勢力になっている事を見ても良く分かる。

創価学会、天理教は庶民の味方?その庶民は安倍総理を支持する?それも一時の事。その程度の事が分からない。この国の歴史を学べ。無理だな。何時の世も富める者が利益を思うが侭に食い漁り(あさり)貧しき者はそのおこぼれに群がるだけ?

イエスキリストの教えも日本の名だたる宗教指導者もその程度かい?役行者は素知らぬ顔をして親父のボヤキを無視していた。それでも上等。最悪な輩が立ちはだかる?口先だけの貧乏人の味方。国民の声に耳を傾ける?そんな国民が無視されるのはどうしてだろう?結局はその程度の事が分からないから?

それ程に人々の貧しさは深刻?それはアメリカ、ロシア、中国、ヨーロッパ、中近東、アフリカ、インド、南アメリカ、何処の国でも同じなのだろう。何処の国がNo.ワンだと大見得を切ってもそんな時代は終り、これからはお互いが豊かさを共有するそんな時代を理解出来ないのだろう。

Img_4173

Img_4174

Img_4181

Img_4187

滝には向かわず目的地は「風呂ヶ谷」期待した紅葉は今イチだった。真っ赤な色ずきは期待外れ?そうではない?本当の紅葉の時は終りかも知れない。そんな感じがしていた。それでも傑作は撮れました。余計な事をしていたのでその写真は今夜になります。これから散歩です。悪しからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水)

大阪府が弁当開発?健康長寿で万博招致?アホか?他にやる事があるだろう?

Img_4111

Img_4112

Img_4113

行政がやるべき仕事。政府がやるべき仕事。マスコミ、公共放送がやるべき仕事。親父達年金生活者がやるべき仕事。全ての国民が国の為に、自分達が住んでいる街の為に何を為すべきか?その事がゴチャゴチャになっている。大阪府知事が弁当を食って万博誘致の宣伝をする。

思惑は分かるがそれが健康、長寿に繋がる事をどれだけの人が理解する?大阪人はその程度の事も分からないと思われている。今、東京都でも大阪でも一番求められているのは「無駄な事はすな」。その程度の事が分からない?健康は確かに食の影響が大きい。食生活の改善。大切です。

その事をオチャラケのコンビニ弁当で宣伝かい?そんな知事が支持される?大阪も最低だな?やるべき事は山積していると思っていないのだろう?どうでも良いけれど?(なら言うな)言うのはタダです。聞きたくなければ大阪の実態を知りなはれ。それも出来ないだろう?バカタレ。(コラ)

Img_4116

Img_4117

Img_4119

Img_4121

箕面の山の紅葉もそろそろ終わり。親父が期待している紅葉谷(風呂ヶ谷、地獄谷)を目差して歩く。滝道をのんびりと歩きながら写真を撮っているとデジカメで景色を写している女性がいる。声を掛けると勘違いされる?嫌な親父?ジジイだな?残念でした。

親父もタイプでは無い。色んな人が色んな歩き方をしている。景色も人も色んな表情を見せてくれる。それで良いんじゃありませんか?トランプ次期大統領に期待?それも一部の人である事を何時理解出来るのだろうか?トランプの素顔が分かると日本の政界と経済界はどんな反応を示すのだろう?

それともトランプの素顔は全く違う?そんな事はネエだろう?ロシアのプーチンも安倍総理自身が度肝を抜かれるに違いない。世界はそんなに甘くない?その程度の事も理解出来ないのだろう?あなたがね。かもしれない。

Img_4123

Img_4125

Img_4128

箕面の滝道の紅葉は終りました。次は来年の秋。その時どんな面をしてこの水の流れを眺めるのでしょう?そんな事を考える人は誰1人として居ないでしょう?それはどうして?意識しないから?意識をしたとしてもそれが適う可能性は何も無い?親父もそう思っていました。それが今の生活です。未来を何も考えず明日をも在るが侭を受け入れる。そんな生き方がそろそろ終る時です。その修行が始まります。

Img_4129

Img_4130

Img_4132

全く気づかなかったこの尾根の木々。この谷は深く急登の道はここには無い。ところがこの尾根には車が走る道もある。この頂上近くに人が歩ける道がある。しかしこの正面の崖道は歩けない。登る事も出来ない?そんな事は無い。ただそんな人は居ない。自分が目にしている事。自分が苦しんでいる事。自分が満足している事がどれだけ不確実であるかその事を知らないといけない?

Img_4135

Img_4136

Img_4137

この数百メートル足らずの登りも殆ど登る事は出来ない。多くの人は整備された道を歩き語らう。1人で黙々と歩いている人は少ない。山の中腹に枯れた木が見える。この木が朽ちて倒れる迄は根元が風化しない。今年の冬の風雨に晒されても来年の春を迎える?その保証は無くても誰も何も感じ無い。その程度の事です。

Img_4131

Img_4133

Img_4140

Img_4141

Img_4142

Img_4143

手招きをされても今日は駄目。もう少し歩いて目的の谷を目差す。この階段を登って林道を歩くと地獄谷の上には出るが風呂ヶ谷はその先の谷。ここから上がると両方は歩けない。(それは口実)この階段は半端では無い。それが楽しい?アホ。

Img_4145

Img_4147

Img_4148

Img_4149

Img_4150

箕面山龍安寺。役行者が開祖と伝えられている。京都観光寺院?龍安寺との関係は分からないがこちらの方が古い。呼び方が違う?こちらは「りゅうあんじ」京都は「りょうあんじ」? 開祖は応仁の乱の東軍総帥の細川勝元。当然応仁の乱で焼失している。

そんな歴史も殆ど知らない。その時京都は乞食が溢れ権力者の地位は失墜している。当然だろう。戦乱の世になったのだから。その片割れが造った寺院だとは親父も知らなかった。そんな事はどうでも良い?だろうな。

現在有名になっているがその石庭の評判はマスコミ報道から。何たる皮肉。歴史的文化遺産としは比べ物にならない。ただこの本堂も織田信長軍勢のオバカが焼いている。だから罰が当たった? 京都龍安寺は臨済宗妙心寺派。こちらは本山修験宗。(知らなかった)本山は京都聖護院。(これも知りませんでした)。この続きは又明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の気配が残る初冬 日本各地の師走を殆ど知らない

Img_4074

Img_4075

Img_4076

Img_4077

柿が撓わ(たわわ)に実っているが放置されている。この時期、コタツで熟れた柿を食った記憶は殆ど消えている。子供達が幼い頃、この時期そんな記憶は殆ど無い。静岡はみかんの産地でその記憶の方が強い。それでも幼い頃の大分の記憶では「熟柿」の美味さに歓声をあげていた気がする。

そんな事もどうでも良い。今は静かに消え去るのみかもしれない。それでも自分の体の鍛錬は忘れるな?そう言われている。昨日見学した工事現場は正面のマンションの下。この終の住処を手にした人達は購入時、この下の道路拡張は速やかに完成すると説明をされていた?それから30年有余の時が流れている?

その原因はこの高速道路?トンデモありません。この中国自動車道はそれ以前に完成し、現在左の武庫川の更に左に神名神高速道路が建設されている。その道路が完成するのが来年の秋?(完成の時期が高架橋落下の事故で半年以上延期されている)そんな事も関西のマスコミは殆ど伝える事はない。

そんな事もどうでも良い?その程度の国だよ。この国は。何も真剣に考える事は無い。ただ自分の生き方はそうでは無い事をこの先のお寺さんで思い知る。政治家や社会的リーダー達がもっともらしく口にする言葉。「社会的遺産」。新聞、テレビでも世界的文化遺産は大々的に報道され、地域の人達も万歳三唱。それでもこんな文化的遺産は見向きもされない。アホでしょう。その程度の生き方です。

Img_4104

Img_4081

Img_4078

Img_4086

数年前にこのお寺さんはお参りをしているが聖徳太子がお参りをしているが、その時は日本に3体しか残されていないと言われている、地蔵尊に手を合わせる事が出来なかった。昨日はご住職がわざわざ本堂の扉を開けて参拝をさせてくれる。有難い言葉を聞きながら若者達の生き方、考えは違うと諭(さと)される。

Img_4097

Img_4088

Img_4096

親父が今、肉体の衰えを痛感するが精神の老を感じる事は無い。その事を大好きな人からも批判される。批判では無い。無視?その事を感じる時に小児の様にふて腐れている?ところが彼女、彼等だって好き嫌いがある。自分の嫌な事をどんなに強制されてもそれは無視するしか無い?そこで大人、年寄りは言葉を呑み込んでいる。そして仲間とつるむ?それでは世の中、光明は見えない?そんな世の中を変えないといけない。人の生き方はそれ程に容易くない。

Img_4098

Img_4093

Img_4091

Img_4094

Img_4100

Img_4101

Img_4102

Img_4103

Img_4106

Img_4109

Img_4110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

カジノ法案成立、千葉大の不祥事、そして選挙?アホな年の瀬

Img_4017

Img_4018

Img_4019

Img_4020
ここはJR宝塚の一つ先(北)の生瀬駅前。この駅は普通は止まらない。親父が何時も足を延ばす駅はこの一つ先の西宮名塩駅。その先が武田尾。大阪に来て間も無い頃に会社の先輩(女性)にグループで連れて来られたのはその先の道場。大阪から1時間足らずでこんな素晴らしい景色が見れる。何とも贅沢。

Img_4022
Img_4023

Img_4024

Img_4028
本日の目的地はこの道路工事区間。この道の拡張工事は長年の懸案。この区間最後の工事区間じゃ2キロ足らず。ところがここが難関区間。右が武庫川。左は崖。この手前と先の工事は進んでも難関部分はまだ何時完成するか分からない?

この先の工事現場で地元の人の解説で事情が呑み込める。国道工事事務所の話を聞かなくても充分でした。ただこの事情は殆どの関西人は知らない。どうして?この道は昔から上方(関西)と兵庫県中部、北部そして山陰地方を結ぶ重要な街道。ただこの区間の難工事が残されている。

Img_4029

Img_4030

Img_4031

Img_4032

工事区間は来年の2月末迄。と言う事はこの正面の工事は?山肌を削り落とすのではなくトンネル。その工事が完成しないとこの先に完成している片道2車線は生かされない?この狭い道は平日でものろのろ運転。土日は渋滞。それでもこれが現実。

来年末完成する新名神高速道路の完成で少しは状況は緩和する?する訳が無いだろう?だから道路整備を続けているのだろう。この現実は関西のマスコミは何も伝えない。マスコミの報道の責任は全く問われる事はない?もっともらしく事実を伝える事でお茶を濁している?

Img_4035

Img_4036

Img_4040

右が現在工事が予定されている道。左は有馬への道。一度間違って左の道をバスで辿る。この道も舗装はされているが坂道は大きく蛇行しながら登る。その道は秀吉が寧々の入湯の為に造ったと言われている。フテエ奴だ。その時バスに言われていた。故障して乗り換え。洒落になりました。

Img_4041

Img_4044

Img_4045

ん?この道を歩くのかい?そうだよ。後ろからと前から自転車が来たらどうするの?当然無視。ウソでしょう?本当です。この正面迄歩けば何とか行き違いは出来る。この片側2車線は下り専用となり登り専用のトンネルが出来る?何時の事だろう?生きているかな?地方創生?1億総活躍社会?これも現実。

Img_4046

Img_4050

Img_4051

Img_4052

Img_4053

Img_4055

Img_4056

このトンネルが旧福知山線のトンネル。今は新線がこの右を複線化、電化されて走り抜けている。このトンネルが拡張工事の車2車線のトンネルに生まれ変わる。但しその完成の時期は公表されていない。以前聞いた時国道事務所の技官は完成時期を明示すると遅れが許されないととぼけていた。その技官も今はこの工事個所の担当では無い。その程度の事だろう。

Img_4059

Img_4067

Img_4065

この工事はこの右の工事の延長工事。但し工事はここ迄。この先はその次の話。しばらくはここ迄。ようやくここ迄拡張工事が進展。「話が良く分からない」?親父は良く分かりました。結論としてはこの区間の拡張工事はまだ見通しは立っていない。どうでも良い事?その程度の事だろう。

Img_4066

Img_4068

Img_4070

Img_4072

この先は整備された歩道を歩いて素晴らしいお寺さんを参拝する。誰にも会えないと思っていたら思いがけなく住職の話はが聞ける。優しい人柄で素晴らしい出合いでした。その話は改めて。ご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

秋はまだ終わらない?それは全くの勘違い。明日から寒くなる。

Img_3859

Img_3860

Img_3861

Img_3863

銀杏の葉っぱがまだ残っているがそれも時間の問題?この桜の老木も朽ち果てるのが時間の問題?無様な人の生き方が問われても「他よりマシ」?そんな生き方が何時迄も出来ると思っている?そう問い掛けられてもバカにしていた?

Img_3864

Img_3865

Img_3867

「国民に丁寧な説明」?安倍さんのこれからの最大の課題は「日露首脳会談」?外交問題の難しさを自覚しながら政権与党の利益を計る?国民、旧島民の利益を計ると言いながら党利党略、ロシアプーチン大統領の政治的思惑を期待?その結果はロシアの思惑通り?

そうなったとしても高らかに会談の成果を強調する?そして衆議院解散?その程度の思惑は断固たたき潰さないといけない?無理だな?マスコミの社会的無責任が世の中をおかしくしている?そんな事も感じられなくなっている?結構な年の瀬です?そうは問屋がおろさない?

そんな言葉も関係無い?外国人観光客でトイレが汚れる?スイスのトイレ事情を思い出す。有料にしろ。生活習慣が違う事を知らないオバカがその対策を取ろうともしない。そのうち「外国人お断り」そんな看板が出ないとも限らない?我が街の公園のトイレはきれいになる。行政の仕事は口先だけの政策を変える事。大阪の観光客増加は悲惨な結果を招く事も知らないのだろう?

Img_3868

Img_3869

Img_3870

流石に街中の紅葉は盛りの時を過ぎている。今年の紅葉は痛々しい?夏の暑さで葉の表面が色素が無い。それでもこれだけの美しさを見せてくれれば充分。この先の城跡公園、山麓の公園にはまだ一杯の紅葉が残っていた。これは本当に意外でした。これも殆ど知らない初冬の風景。関西の秋はまだまだ楽しめる?

Img_3875

Img_3877

Img_3881

城跡公園も明日が休館日。この紅葉も見納め?ウンニィヤ。イイエ今週一杯はまだまだ見れる。それでも秋は急ぎ足で駆け抜ける。カメラを構えているとその景色を収めている女性がいる。考える事は大差ない?それでも視点は違う?それで良いのだろう?自分で静かな一時を楽しめば良い。

Img_3883

Img_3884

Img_3887

「秋の夕日に照る山モミジ。濃いも薄いも数ある中に、秋を彩るカエデや蔦は山のふもとの裾模様」小学校唱歌。そんな歌も知らない人も少なく無い。秋が終り冬が始まっても深刻な寒さはまだ始まらない?それでも今年の冬は寒い?その対策は出来ていない。体を労る事は出来ても鍛える事は無理?そんな事はありません。無理な訓練や修行は出来なくても親から貰った体力は大事にしないといけない。

Img_3888

Img_3890

Img_3897

Img_3902

Img_3903

Img_3908

公園の紅葉も今週末迄持つのかな?静かな公園の中で1歳の子供がママと遊んでいる。言葉はまだ話せなかったが親父の言葉を真剣に聞きながら、戸惑いの表情を浮かべていた。流石に何を言われているのか分からなかったのだろう?ママの表情を見ながら双方の顔を見比べていた。

彼が成人の時、親父はどうしているのだろう?その時は間違いなく立場が逆転している。親父達が今成す事。それは彼等の成人の時のこの国が力強く発展する事だろう?この国のリーダー達はその事を蔑ろにしている?そんな事は無いと仙台の大阿闍梨は言うのだろうか?その事を自分に問い直さなければならない。

Img_3911

Img_3917

Img_3920

さんしゅゆ?ひえつき節の「さんしゅう」の樹?とは違うと言われても、本家本元のサンシュウの木が分からない。ネットで調べて見る。成る程。良く分かりました。流石物知りの人はいます。宮崎民謡さんしゅうの木は「山椒」それが地方の訛で「さんしゅう」成る程。

しかし山椒の木はこんなに大きいのかな?因にこの赤い実は老人の万病に聞くとか?夜尿症。精力減退。滋養強壮。赤い実は食べられるとか。早速赤い実を瓶一杯摘みに行こう。アホ。瓶一杯にしたら公園管理者に叱られる?見つからない様にやりなはれ。(最低)

Img_3922

Img_3923

Img_3926

城跡公園を出て山麓の道を歩く。この道も独り占め。勿体無い?

Img_3930

Img_3931

Img_3940

Img_3941

まだまだ続く。(休憩)

Img_3939

Img_3943

Img_3959

色褪せたとは言え中々の紅葉。関西の紅葉は最後の輝きを振り絞っている?中々見事な物です。紅葉も輝き始めた11月中旬の華やかさには勝てないが、何とも言えない千秋楽の輝き?はまだまだ若者には負けない?ちょっと無理だな。これからはそんなつつましい生き方をしないといけない?出来るか。

Img_3963

Img_3959

Img_3971

Img_3968

山麓の緑のガーデンも散策を楽しむ人は居なかった。自販機で暖かい飲み物を買うが「不味い」コーヒーは缶は駄目?何でだろう?砂糖とコーヒー豆以外の物が入っている?香りで勝負する缶コーヒーが何で出せないのだろう?「☂は降る降る人馬は濡れる」司馬遼太郎渾身の一擲も疲れて来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者よ体を鍛えておけから、ジジババよ体を鍛えておけ?

そのジジババと言う言葉やめて下さい?同世代からどんなに顔をしかめられてもこの言葉は親父にとって大事な言葉です。もう10年以上前からこの言葉を意識している。色んなお年寄りや同世代に語り掛けても、この言葉を口にしただけで無視される。当然の結果にも「頓着」はない。アホです。

アホとは以前は関西の「仲良し」の合い言葉?だったが、現在は全く違う。血相を変えて怒られる?それとも折角の友情が台無しになる。段上の構えが許せない。それが当たり前になっている。それでも自分の意識が変わる事は無い。

もうすぐ10巻の長編小説を読み終わる。「薩摩隼人」の心意気と同じかもしれない。全く知らなかった明治維新の政治は支配者が変わっただけ。その新時代の夜明けは多くの犠牲を国民に押しつけただけ。中央政府の確立と共に豊かになったのは政治家とその支援者達だけ。

そのしわ寄せは日清、日露の戦争で多くの国民の命を奪っただけでなく、隣国、朝鮮、中国、東南アジアの国々にも悲惨な侵略の歴史を残す。それでもそんな歴史は無いととぼける人も入る。とぼけるだけでなく知らない若者達、ジジババ、解説者も少なく無い。知らないと言う事はそう言う事?

そんな生き方をしているとロクな未来は無い?そんな事もどうでも良いのだろう?もっと歴史を学べ。そしてどんな生き方が出来るのかを考えないといけない?無理だな。だとしたらこの国は同じ間違いを辿るしか無いのだろう?それも無い。?だとしたらこんな茨の道をもっと歩くしか無いのだろう。

歩けない人はどうする。哀れな生き方しか出来ないだろう?閻魔大王がニコニコしている。そんな事もどうでも良いのだろう?師走の時もあっという間に終る。大晦日は紅白を見て年を越す?多くの人が多くの事を語るが、そんな言葉より意味も無いお笑い芸人のくだらないオチャラケに、一時の安らぎを重ねるのだろう?アホンダラ。(コラ)人の事はどうでも良い。自分の生き方を見つけろ。angry

そんな生き方は長くは続かない。そう言いながら世の中は何も変わらない?それも違う?歴代4位の長期安定政権と言われても「政治も経済も一寸先は闇」その格言も知らない人達には「暗黒の時」が迫る。為す術が無いと言うのはそう言う事だろう?年末解散の思惑は今でも消えていない?安倍政権の成長戦略も「絵に描いた餅」その事は思い知らされないと分から無いのだろう?

若者もジジババも体を鍛えておけ。その腐れ切った健康と精神が叩き直されるそんな時代がやって来る?その日の為に体を鍛えておけ。最近、心の底から大好きなフランク永井の歌を歌う事も無いが、そんな心に「暗示」を与えなければいけない。己の未来を案じないオバカは居ない。その為に体を鍛えておけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

久し振りのまとまった☂も上がる 明日は関西は暖かい天気?

夕方近くの猪名川散歩が出来無くなる。無理をして出掛ける事も無かった。出かける前に空を見上げると雲行きが怪しい。毎日欠かさずに歩いている生活の一部が欠ける。それでも何と言う事は無い。☂模様の天気には逆らえない。

近くの本屋で司馬遼太郎の「翔ぶが如く」ようやく9巻を手にしてその最後の目次をめくる。西郷隆盛が熊本での戦いに敗れて故郷「薩摩」に戻る。全く知らなかった歴史はこうして幕を閉じる。それでもまだ1巻が残っている。

司馬遼太郎が毎日新聞に1972年1月から1976年9月に掛けて連載した長編小説は流石に長い。多くの登場人物が多くの歴史を重ねているが、そんな中央と地方の対立は多くの現在人は知らない。親父もそうだった。地方が中央の政策に異議を唱える?

最近盛んに口にされる「地方の時代」。それがまやかしである事が良く分かる。大阪でもっともらしく語られる「古い政治」とやらは維新の政治では「大阪の再生」?それが政府自民党に支持される?これ程のインチキを不審に思う人は関西には殆ど居ない。

それだけ(無知)?野党を貶して自分達の正当性を宣伝する?その手法は何時迄支持される?そんな問い掛けは殆ど無い。東京も同じかもしれない?東京オリンピックの前にやらなければいけ無い「防災」古いインフラの再生?そんな事は関係無いと思っているのだろう?

東北大地震の教訓を学ぶ事も出来ないのだろう?大阪も全く同じです。大阪湾の埋め立て地で万博招致?そんな事が出来る訳が無い?ならばTR施設の招致?訳の分からない総合リゾート施設で別名「カジノ法案」?何時来てもおかしくない東南海地震。その対策はどれだけ出来ているのだろう?

関西人にはそんな事も関係無いと思われている。それでも「維新」の政策は支持される?アベノミクスのごまかしと同じ論理が罷り通る。そんなに上手く行きまんのか?そんな問い掛けも学者達には出来ない。最先端の医療と高齢者福祉?その前にどんだけの津波が押し寄せるのか?そんな問い掛けは全く無い。

明治の近代化は多くの先人の知恵?それだけではなかった事も現代人は殆ど知らない。明治維新を達成したのは武家政治の失墜。それでも新たな政権も薩摩の反発で安定政権ではなかった。西南の役は西郷隆盛の反乱と言われているがそれも違う?

明治の新政府の政策論争?そんな事も学校では何も教えていない?その事は西南の役の後のこの国の歴史を学べば良く分かる?そんな賢い人は殆ど居ない?その事がこれから証明されるに違いない。平成の次の時代はどんな世の中になるのだろう?その事が暗示出来る時は生きているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気予報が当り散歩は近場?その替わり体に栄養?太るな?

オバカな競馬中継?何でか知らないが解説が「吉本」のお笑い芸人。こんな解説を聞く事は無い。それでも自分の予想を重ねるとタダで競馬が楽しめる?ところが本命(1番人気)は知らない馬。騎手は人気ジョッキー。どの馬が勝つのか?予想すら出来ない?

こんな時は(見るだけ)競馬はギャンブル。その事を知らない?そんな事もどうでも良い?阪神では「妙見山」特別。阪神競馬場も小雨?天気予報は当るが馬券はどうなのかな?芸人は外している。アホやのう?アンタがね。

今日のメインレースは名古屋の「チャンピオンズカップ」。こんなレ−スも知らない。そんな事もどうでも良い。競馬の社会も勝ち馬は抜けている?他がだらしない?それは言える。政治の世界も経済も庶民の生活すら「不確実」?そんな事は無い。段々明日が見えて来る?嘘をコケ。それが出来たら仙人以上。満人以下?そろそろそんな生き方をしないといけない?無理だな。(アホやのう)

今日はこれから近くの堤防を歩く。小雨は大丈夫かな?氷雨とは言えないが師走の☂も乙な物?アホこけ。それでも歩ける事は何よりの事。これから間違いなく歩けなくなる。その時どんな思いで日々を重ねるのだろう?そんな時は間違いなく認知症が忍び寄っている事だろう?

そうならない為の健康食品。お試しあれ?嘘をコケ?これは本当です?(アホ)最近ハマっているのは値段は高い「てんさい糖」これは北海道のビート(大根)の粉末。お腹に優しいビフィズス菌。そしてゴボウの線切り。そして三陸の「元葉ワカメ」これに熱湯を注ぐだけ。

これでお腹の調子は一気に改善。腸の調子が本調子?(アホ)便秘と下痢が一気に解決。医者は何で教えないのだろう?それは教えない?効果が期待出来ない?それではお試しあれ。医者も君子では無い。彼等は医師免許を手にしているだけ。人間の精神と肉体の神秘さは計り知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者達の生き方 高齢者の生き方 そんな物どうでも良いか?

Img_3789

Img_3790

Img_3796

Img_3797

(総合的エンターテーメント施設)そんな言葉を重ねる事は何も無い。多くの人は景気対策、土建屋対策の建設、土木工事で地域の活性化が計れると考えているのだろう?それよりも東京オリンピックの無様な「ハコ物」「インフラ」整備も効果があると考えているのだろう?

こんな政策に支持をする人達もいる。いずれその代償を次の世代に払わせる事もどうでも良いのだろう?孫達にどんな事を語れば良いのだろう?そんな事もどうでも良い?そうは行かない。アメリカでもヨーロッパでも中国でもロシアでも世界の各国でその事が問われても為す術が無い?

何たる学者達だろう?それでもその政策に誤りは無い?嘘をつけ。価値感の違い?それも違う。知らないだけだろう?あなたもね?もっと賢くならないといけない?聖徳太子は何も語る事は無かった。当たり前の事。何も尖る事もなかった。

Img_3798

Img_3808

Img_3811

今年の始めに粉雪に誘われながらこの道を歩いていた。この先に「中山従走路」がある。その道は下から吹雪いて右の頬を粉雪で叩かれていた。今年ももうすぐ終わるがどんな生き方をしたのだろうか?お陰様で元気に生きる事は出来たが、その他に何が出来たのか?笑われていた。誰に?それは内緒です。

Img_3815

Img_3816

Img_3818

こうすぐ西山に日が落ちる。山の日暮れは早い。日が暮れると一寸先が見えなくなる?それでも勝手知りたる道。道に迷う事は無い。今年もそんな年だった気がするが、何も好き好んでそんな道を彷徨う事は無い?来年の事を言うと閻魔大王に笑われるが「王道」を歩きたい。王の道?イイエ仙人の道。一遍上人の聖の道かもしれない?無理だな。今年の延長線?かもしれない?

Img_3819

Img_3821

Img_3823

中山従走路。尾根道だけで2時間は掛かる。始めて歩いた時は最初の登りで度肝を抜かれる。崖を登りながら下を見ると足が竦んでいた。右端の低い木に手お掛けながら高度に慣れていた。その先が又遠かった。ここ迄来ると流石に開き直っていたがこの先も下に降りる迄は3キロと少し歩かないといけない。

Img_3824

Img_3825

Img_3826

この従走路を始めて歩いた時、この道の厳しさを思い知る。同時にこの道の素晴らしさに感動する。こんなに素晴らしい道が殆ど知られていないのは、最寄りの駅から近くても歩くには楽では無い。駅からこの従走路に取り付く迄3キロ強。従走路は6キロ弱。そこから駅迄3キロ弱。合計12キロ。歩ける人は多くはない。ただ自分の体力に合った楽しみ方がある。殆どその術を知らない?

Img_3827

Img_3828

Img_3829

ここから下の住宅地に降りる事が出来る。しかしその案内看板は無い。最初はその理由が分からなかった。この従走路は行政に公認されていない?この山は所有者が入り組んでいるが大部分は国有地。その財産価値が無いから道は誰も管理していない?その事が不思議でならなかった。

ところがそうでは無い。豊かな自然が溢れている。ただ道を知らないと歩けない?それだけの事。こんな道を歩かなくても車があれば何も困らない?そんなジジババが多くなっている。若者は街中でぶらつくだけ?それで年を重ねる?いずれロクな生き方は出来ない?お前に言われる事は無い。確かに。

Img_3831

Img_3834

Img_3837

先日ここ迄歩いて引き返している。時間が遅かったから。山歩きの鉄則は「明るい内に余裕を持って楽しく歩く」その反対の事をするとどんなに近場の山でも侮る事は出来ない。この従走路でも簡単に遭難する事が出来る。この尾根の左は不気味な谷道。一度歩いて引き返した事がある。右は歩けない?

Img_3839

Img_3840

Img_3842

下の住宅地に出る。ここがこの住宅地の一番高い所。住宅地は全て広い。ここが日本かと錯覚をする?(オーバー?)アンタの知らない世界がある。

Img_3844

Img_3847

Img_3850

Img_3852


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

季節外れの暖かさ?それでも明日は午後から☂?

Img_3727

Img_3728

Img_3731

Img_3732

Img_3733

Img_3734

Img_3735

昨日に続いて「中山観音」しかし今日は境内に足を踏み入れない。歩いて登ると目的地迄は親父の体力では無理?一度谷筋を登り悲鳴を上げた事がある。この道(中山の散策ルート)は原則として奥の院の参道も決して楽な道ではない。親父は何度も歩いて自分で散策のルートを見つけたがこの山は侮れない?

Img_3742

Img_3743

Img_3746

関西人の多くが山歩きは出来ないと言われても平然としている。最近山歩きはブームと言われてもそれは一部の同好会の話?それとも若い女性の好奇心?それも全く違う。殆どが歩けない。そんな人達が増えている。健康は大事だと自覚しても数キロの山歩きも出来ない人が殆どです。

その多くの理由は「暇がない」「他にやる事がある」その他歩きたくても歩けない?そんな人達のお薦めは「楽」をして楽しむ?そんな歩き方は誰も教えては呉れない。自分のペースで少しずつ山歩きを楽しむ?それも出来ない人が多くなっている。

どうして?何もその価値が分からないからだろう?いずれ醜い体になる。時間の問題?コラ。若い間はそれでも何も困らない?親父の様な高齢者になるとそれこそ死活問題。その時は介護してもらえる?そんな人は居ない。これから深刻な問題としてのしかかる。その時気が付いても手遅れ?です。

Img_3747

Img_3748

Img_3749

Img_3750

Img_3752

ここはまだ右側は高級住宅地。関西人の殆どが知らない絶景が眼下に広がる。ただここに住んでいる高齢者は悲惨?車の送迎が無いと街中に出る事が出来ない。バスはこの下迄来ているが長い階段を上がる事は出来ない。(そんな貧しい人は住んでいない?)この左が谷。その更に左の尾根を今日は登る。

Img_3751

Img_3753

Img_3754

Img_3759
今日の目的地は聖徳太子が修行したと言われる「天宮塚」。その道はこの階段の下に左に延びる道がある。朽ちた案内看板を最初に見た時はとてもこの先には進めなかった。今日はこれから始まる。

Img_3756

Img_3757

Img_3760

Img_3761

この谷を流れている川は(足洗川)。今は渇水期で流れ下る水量は少ないが、雨期ともなれば怒濤の様に音を立てて流れ下る。信じられない事にこの谷を下から登った事がある。始めてこの谷をよじ登った時はこの場所で安堵の思いをしていた。以前はここに朽ちた道案内があった。今はその看板も無い。

しかしこの道は奥の院のれっきとしたルート。これから登る聖徳太子の修行場所の先にその看板はある。中山従走路。始めて歩いた時にこの道を降りていたら哭いていたに違いない。それ程の道です?一度上品な婦人を案内しますか?「降りれない」と口にするだろうか?案じる事は無い。この先はしっかりした道がある。

Img_3763

Img_3764

Img_3765

Img_3766

Img_3767

少し登ると一息つく事が出来る。しかしこの谷を下から登って来るとこの登りは答える。そこで考えた。下からこの上迄登れる体力が無ければズルしょう?それでバスを利用する。中山奥の院、従走路はまだまだ足を踏み込んでいない所も少なく無い。

Img_3770

Img_3772

Img_3773

この先で道は右の谷と別れて一気に尾根を登る。その道は長くないが楽では無い。その先は尾根をダラダラとゆっくりと高度を重ねて行く。それでも高い山ではない。気持の良い汗はかける。その上に見晴らしの良い「天宮塚」はある。

Img_3776

Img_3777

Img_3779

この先で登りは終りと思いきやそんなに甘くはない。この上は尾根の上には違いないがここから本格的に中山尾根の登りが始まる。この道も始めて歩く人は距離感が分から無いので先を急ぐ。そうすると足が上がらなくなる?それ程に短いけれどきつい登りが続く。

小生意気な輩を連れて登るとその生意気な鼻っ柱がいつの間にかおとなしくなる。この程度の低い尾根でもその事は見て取れる?何だかんだ偉そうな事を言っても聖人にはなれない。政治屋さん。企業屋さん。学者さん。評論家さん。人間どなたでもその程度の事です。分から無いだけ?知らないだけ?いずれ思い知らされる。

Img_3783

Img_3784

Img_3785

Img_3788

年の瀬の雰囲気は何処にも感じ無いが世の中が本当に薄汚くなっている?そうは思わない?権力を手にすれば何でも出来る?警察権力は圧力に屈する事は無い?千葉県警のトップの言葉は聞かされていない。担当課長レベルの話をどうでも良い?権力が絶対にやってはならない事。

それは人の誹り(そしり)を受ける事。そんな言葉も知らないのだろう?この国もその程度の国に成り下がっても批判もされない?公共放送の社会的責任の大きさを思い知る事は無い?そんな事が許される筈が無い?

そんな歴史を知らないだけだろう?容疑者の名前を公表しない根拠も無いと言う事?何たるオバカだろう。容疑者は犯人ではない。犯人と同等の報道をしているマスコミが一方にある。逮捕されると言う事はそう言う事だろう?捜査に影響をきたすから公開は出来ない。今後も一切無い。何たるオバカなコメントだろう?その程度の仕事をしていると言う事かい?聖徳太子が許す筈がない。

Img_3792

Img_3791

Img_3794

Img_3800

Img_3806

Img_3805

Img_3807

Img_3813

中山従走路のインチキ看板?(どうして)親父が始めてこの従走路を歩いた時もこの看板は「その気にさせられた」しかしこの3、5キロの中味がこの看板では分からない。この看板を見て谷沿いに歩くのか?尾根沿いに歩くのか?それともバス通りに出るのか?その選択はガイドが居ないと出来ない。この年の瀬も大きな選択が迫られる?そんな事も全く知らないに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節外れの暖かさ。それでも来週は寒くなる?師走も駆け足?

Img_3638

Img_3639

Img_3640

Img_3641

中山観音様の境内を通り抜けて「梅林」で心を落ち着ける。手にして来た「お弁当」を広げる事も忘れていた。(最初はしっかり覚えていたがいつの間にか忘れていた)無意識に減量を意識していた?それはない。情け無い事に「自己管理」が出来てい無い。それでも「糖尿病」と「高血圧」は意識している。嘘をつけ。

Img_3642

Img_3643

Img_3644

Img_3645

Img_3647

人気のない梅林の中を歩いていると鮮やかな紅葉が眼に飛び込んで来る。その広場は以前足を踏み込んだ広場。(観世音菩薩)立像が迎えてくれる。正面に廻り込みながらカメラを迎えると(こちらに来なさい)と手招きをしている。不快に思う事も少なく無いけれどこの歳になるともう少し穏やかに生きて行かないといけないのかも知れない。修行がまだまだ足りない。

Img_3646

Img_3648

Img_3650

北国では厳しい冬将軍の到来?オバカなテレビ報道はそんな事はどうでも良い?興味本位の出来事をどんなにもっともらしく報道しても、そんな事はどうでも良い事をいずれ思い知らされる。人の生き方はそれ程に愚かでない事を(音の無い風景)の中で痛感していた。「宗教には関心が無い」とぼけた生き方をしていると「心」に穴が空き虚しさが増して来る?そんな事も分から無いのだろう?

Img_3653

Img_3654

Img_3655

今年は京都西山、東山、北山、洛北さえも歩く事は出来なかったが、それ以上の多くの季節を体感する事が出来ました。11月の初めに少し寒かっただけで本格的な寒さの到来は無かった関西も来週から寒くなる。インフルエンザの季節になるが体調管理は出来ているのかな?

Img_3656

Img_3657

Img_3663

遠くから見下ろした時には鮮やかに見えた紅葉も近くで見ると今イチ。光線の関係かと方向を変えるがそれも関係無い。世の中の出来事も同じ事だよと囁かれている。その事はテレビを見ていると本当に良く分かる。もっともらしいショッキングな解説も全てではない。

警察の容疑者氏名(千葉大生)警察は公表しない。それでも社会的責任は問われない?そんな事が許される訳がない。又、週刊誌の登場かい?オバカな社会です。株価もトランプアメリカ次期大統領の思惑で予想外の結果?

何の事は無い金融界の思惑?日本の政界は(日露首脳会談)に期待。ジジババはそんな事も全く関係無い?哀れなもんだね。そう言い放たれていた。鼻を垂らしていた?違う。花が垂れていた。(うまい)アホ。

Img_3669

Img_3670

Img_3674

Img_3691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

IR法案成立?なんのこっちゃ?政治家の存在価値が問われる?

Img_3579

Img_3580

Img_3581

本日のお出掛けの予定は国道173号線?「西宮名塩道路」工事現場だったが途中で気持が変わる。この間抜けな法案の国会委員会での可決。殆どの有権者がそんな事はどうでも良い?違うだろう?そんな思いを強くしていた。「熊本城の大銀杏が色ずく」?そんな事こそどうでも良いだろう?

Img_3585
Img_3586

Img_3587

中山寺の参道。ピラカンサと皇帝ダリアは健在だった?ゆったりと参道を歩きながら人としての生き方を考えていた。何だかんだ言いながら人の言葉を聞き取れない?気の合う仲間とは意志の疎通が出来ても、その反対の事は出来ないだけでなく平然と差別を行う?

そんな生き方が宗教団体でも改める事は出来ない?宗教界からもそんな問い掛けは無い?そんな宗教が支持される事は無い?ところがそんな事もどうでも良い?そんな世間を閻魔大王に聞いて見る。「俺に聞くな」と言われていた。誰に聞けば良いととぼけると無視される。

Img_3588

Img_3591

Img_3592

この花が「皇帝ダリア」やっと名前を覚える。関西だけでなく花を愛でる人は多くはないが昨年訪れた宝塚市北部の「西谷」ダリアの花もそろそろ見頃?地域起こしの活動はオバカな報道が騒ぎ立てる程活発では無い。勿論行政の取り組みも政府や府県が言う程、活性化されない?

何でやねん?それは現地に足を運ばないと分からない?いずれこの素晴らしい里山の風景は限界集落となる。(既になっている)そんな地方創生?そんな気持は政府、行政にはサラサラない?そんな事もマスコミは全く報道しない。ウソだと思う?なら少し足を伸ばして見なはれ。

地方は全く困っていない。そんな地方が活性化する訳が無い。税金がバラまかれても若者達は地方に住み着かない?何でやねん。それは自分の生き方を見れば良く分かる。田舎は高齢者が増えるだけ。若者達は都会を目差す?日本各地の地方が消滅する時はそんなに遠くない?そんな事は無いだろう?

Img_3594

Img_3596

Img_3597

Img_3600

この時は何も考えていなかった。しかし何度も訪れたこのお寺でも「住職」の法話を聞いた事は無い。このお寺は(安産祈願)のお参りで賑わうが、それ以上に大切な心の迷いで訪れる人はどれ位居るのだろう?そんな人がいても何の手助けにもならない?

そんな観音様が若者の支持を得る事は無い。優しい女性にそんな説教をしている自分が間抜けに見えていた。親父自身そんな優しい生き方をしていない。そんな人から言われたくない。そうは言われない生き方に変わってもその事を伝える事はまだ時が足りないのだろう?その事を思い知らされて境内を彷徨う。

Img_3608

Img_3601

Img_3607

参道から見えるモミジの紅葉は既に終っている。今日は紅葉見物ではないので仕方が無いがそんな事もどうでも良い。目的の「閻魔大王」堂は本堂の下だった。今日は帰りにお参りをするので失礼をする。信心も失せていたのかも知れない?

Img_3612

Img_3613

Img_3617

罰当たりな面をして下から見上げると眼を剥いて叱られる。「己の無様な生き方を棚に上げて人を批判すな」恐れ多くも日本神道、密教、仏教の何たるかを知らないで批判するとは何事ぞ」そう言われても怯む事は無かった。

Img_3616

Img_3618

Img_3619

それでも閻魔大王の両脇に控える「脇侍」は対照的な顔をしていた。(ばか者)閻魔大王は天国と地獄の面接官。面接官にクレームをつけるとは良い度胸?1人は口を曲げて1人は完全に無視していた。世の不条理は閻魔大王に問うな。そう言われていた。では誰に?それは自分で見つけるしかない。そう言われていた。

Img_3620

Img_3622

Img_3623

最近は長寿社会と言われるがこの世の中で一番の無情は何だろう?(孤独)?(失意)?生き永らえる事に違いない?人の命はおぎゃあと生まれた時からすとんと息を引き取る迄哀れに違いない?どんなに名誉と地位と掛けを手にした処で不名誉を隠す事は出来ない。

女性に乱暴をして(それも酒の勢いで)千葉大の医学生が警察に逮捕されてその名前を公表しない警察、大学、親達。どんなに格式が高かろうとそんな物は一瞬にして打ち崩される?それでも隠し通せる?そうだとしたら千葉大は大学としての信頼を失い、その親達は社会的制裁を受ける。

親は関係無い?そんな事は言わせない。その事が不条理だとしても親の監督責任は免れる事は出来ない。子供が社会人でも?それもこの国の間抜け部分?そうでは無いだろう?そんな親が法曹界で素知らぬ顔をして人を弁護する?そんな事が出来る訳が無い。

これがこの国の非常識?卑劣な犯罪の責任はどんな地位が高くても免れる事は出来ない。そうでなければ千葉県の常識が問われる。そんな非常識な警察本部?そんな非常識な国立大学?こんな輩を許してはならない。いずれバレる。それ位の事も否定出来るマスコミ報道?地に堕ちている。千葉大婦女暴行で検索して見なはれ。

Img_3625

Img_3626

Img_3627

余りうっとおしい話ばかりするなと言われているが全く気にしていない。大事な事は思いの侭に生きる?そんな事が出来る訳が無い?ところが出来ると思っている輩も少なく無い?大阪は今、本当におかしくなっている?阪神タイガースではあるまいし支持されれば何でも出来る?

大阪万博招致とIR招致。大阪埋め立て地の生かし方は他には無い?それは自民党時代でもやらなかった事?やれなかった事?政治を変えると言う事はそう言う事?おおさか維新の看板を日本維新と変えても支持される事は無い?

大阪のオバちゃんが大阪を変える?ひどい大阪になる?誰もそうは思わない?地方自治とは政府に支持されないと出来ない証明?大阪経済も破綻です。政党の盛衰も所詮こんな物?そんな事はさせない。お前は何物?役行者のへコ担ぎです?分からん。だろうな。

 

Img_3628

Img_3629

Img_3631

頭がおかしくなった?役行者はその昔その超能力を妬まれて島流しに合うが、それも伝承?実際は箕面の山で晩年を迎えて晩年を終える。それが伝承でない証明をしないと現在人は救われない?アホ。そんな事もどうでも良い。大事な事は自分のこれからの生き方。その事を行者様は教えて呉れる。

Img_3632

Img_3633

Img_3636

Img_3634

柔らかな陽の光の先は梅林。春まだ浅い2月の下旬には見事な花を見せてくれる。ただ期待する程の梅の香りは無い。最近の人の生き方は目立ってナンボ?テレビも名前が売れたらくたばる迄忙しい?そんな人達には爽やかな香りは無い。それでもテレビ局の対応は全く違う?テレビもCM迄も爽やかな香りが漂って来ない?品のない言葉の連呼?それで宣伝になる?訳が無い。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

このオバカな国民 政治も経済も社会のあり方問われているのに?

大阪は今日は12月の気候とは思えない暖かさ。明るい日差しが差し込んでいます。今日はこれから(西宮名塩)の国道の工事現場に出掛けますが、関西人の多くが知らない「間抜けな道路」整備事業が最終段階?ところがその工事も完成の目処は分からない?

数年前に兵庫国道事務所に出向いて聞いても答えては呉れなかった。マスコミがもっともらしい報道をしている?トンデモありません。それでも政権の支持率は反対勢力を圧倒?それは国民が知らないから?何を?政府の間抜けな政策を?政府だけでは無い。

一番の元凶は「有権者」。この「名塩道路」?の地域の人達も現状の問題点は殆ど知らない?大阪府民が知る由もないだろう?それでも大阪は(維新)自民党政治を変える?地方分権?もっともらしい事を口にしながら大阪では安倍政権にすり寄らないと何も出来ない?

大阪の保守も革新も(維新)と(公明党)と(共産党)に食い尽くされる?そんな事もどうでも良いのだろう?大阪のオバちゃん、おっちゃん達の政治意識は最低?何も無い?それでも大阪は再生する?する訳が無いだろう?元気がいいのは維新の訳の分からない政治屋と公明党の創価学会員?

共産党がどんなに騒いでもこの国は共産主義国家になる事は無い。民進党?この政党は終りました。いま何処で何をしているのかさっぱり分からない。この現象は大阪だけでは無いのかも知れない。無いのだろう?そうでないと安倍政権の支持率がこんなに高い訳がない。TPP法案の成立?何のこっちゃ?

さっぱり分からない貿易交渉。その法案をアメリカは新大統領就任と共に破棄?そうなってもこの事実は変わらない?何たるオバカな政治だろう?そんなマスコミの批判は全く聞こえない?有権者もそんな事は何も分からない?それでもこの政権は他よりマシ?地獄を見ても関係無い?

そんな時代は目前?心して掛かれ?それでも関係無いととぼけられるのだろう?半月先には「日露会談」そこでプーチン大統領から美味しい言葉が期待出来る?そんな事を何処のオバカが考えているのだろう?ロシアの戦略は(日露貿易の拡大)その思惑は日本経済界も同じだろう。

しかし領土問題ともなれば話をちがう。それ位の事は外務省の高官が一番良く理解している。それ位の解説がマスコミにどうして出来ないのだろう?そんなコメントを発信してみろ。政府から攻撃される?それ以前に「仲間はずれ」にされる。?

いじめ問題。不当労働行為。相手の意見を尊重しない。それは政治の世界でも、学者の世界でも経済界でも会社でも、地域でも家庭の中ですら何も変わらない?その事が自覚出来れば異次元の生活が出来る?ただそんな生活も「マヤカシ」?幻想?そうで無い事を証明しないといけない。無理。無情の極限をまだ知り尽くしていないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

思惑で株価が乱高下?金融の常識は世間の非常識?貧乏人には関係無い?なら無視しよう。

Img_3511

Img_3512

山茶花山茶花、咲いた道 焚き火だ焚火だ、当ろうよ。こんな小学校唱歌も子供達も知らない。12月は師走。みんな慌ただしい。急ぎ足になる?そんな事も無い。急ぎ足でバタバタしてもやる事は大した事は無い。それよりも相手を思いやりゆったりと生きる。

ただ政治家や社会のリーダー達にそんな事が出来ない。この年の瀬に何をそんなにバタバタしないといけないのだろう?ギャンブル法案をIR法案と名前を変え、ギャンブル(カジノ)が出来る観光リゾートを作る?ギャンブルから足を洗った人間からどんな思いで見られているのか?

与野党の国会議員はそれでも雇用と観光を政策の目玉とする?そんな物が平静に考えられない政治屋に退場のカードが突き付けられる事は無い?維新の政治も他の野党の政治もその程度かい?大阪を変える?日本を変える?その程度の維新かい?

公明党も生活困窮者の味方と違うのかい?(違います)こんなインチキが罷り通る国。もっともらしい事を語る資格は何も無い。安倍総理が口にして来た事はこの程度政治?違うだろう?今韓国の大統領の政治責任が問われているが、その教訓も学ぶ事は出来ないのだろう?こんな政治が何時迄も続く?

Img_3518

Img_3519

Img_3521

Img_3522

Img_3523

Img_3524

Img_3540
Img_3541

多くの人が無宗教?そんなとぼけた事が平然と語られるが、この国の歴史はそんな薄っぺらい物では無い。そう考えるとその程度の輩が多くなったと言う事だろうか?人の生き方は様々で何が良くて何が悪いのか?その程度の事も教えられない無様な人の生き方?

ところがそんな生き方とは全く違う世界がある。その事をオバカは知らない。いずれその事も思い知らされる。無情?無縁?無様?そんな生き方は何時迄も「看過」されない?その事を宗教界も教えられない?それも何時の世もそうでは無い。

その事を教えなければならない?無理だな?行者様。大阿闍梨に聞かないと分からない?それは己の修行が足りないから?かもしれない?昨日手にした教えもそんな事は教えてくれない。ただ感謝の気持?それだけでは世の中は何も変わらない?

そのありのままの姿をどう乗り越えたら人は満足出来るのか?それは誰も教えられないだろう?在るが侭に受け入れる?何たる悟り?何たる言葉だろう?空海は真言密教の教えを伝えたと言われているが、高野山「奥の院」の廟堂でどんな思いでこの世界を見ているのだろう?その事が分かれば現在の「聖」になれる?無理だな。そう思う。アホ。

Img_3534

Img_3535

Img_3536

Img_3537

見事だった満願寺の紅葉も散りはてていました。この紅葉は名残りです。この庭と渡り廊下は一般には公開されていない。これから寒くなると殆ど参拝客も見かけなくなるが、親父の散策コースとしてはそんな時の方が満足かも?

Img_3544

Img_3545

Img_3547

Img_3546

Img_3548

もっともらしい看板は立てられているがこの道は左にゴルフコースが、途中迄繋がっているので正式には(ハイキングコース)では無い。警察も歩行者に注意の看板ではなく(車に注意)の看板を立て、ゴルフ場は間抜けにも「万一の事故の保証はしない」と看板迄出している。

行政の看板はこれ?しかしその表示は無い。こんな間抜けな看板を何の為に立てているのか分かない。当然歩く人は殆ど居ない。この道の自然は素晴らしい。交通アクセスも悪くはない?ただ調べないと分からない?ハイキングコースも自分で探さないと行けない。

Img_3549

Img_3550

Img_3551

この先は短いけれど一時、田舎の山道を呼び起こす。人の行き来は殆ど無い。合っても同世代の陰気なオッサン。若い女性に会う事は一度も無い。それ程に不気味?もののけ姫の世界?(知らないくせに)谷間の道は鎌倉の清和源氏の武将が出て来そう?うそをつけ?ならば見せてやろう。

Img_3552

Img_3553

Img_3554

Img_3557

Img_3559

Img_3561

Img_3558

Img_3562

それでもこの道も一気に住宅地の外周道路に出る。前歩いた時は全く気づかなかった紅葉が真っ赤に燃え上がっていた。それでも光の当り方で照る。曇る。女性と同じ表情を見せる。男も同じ?人の生き方もそうだよと教えて呉れる。住宅地に出ると落ち葉拾いのおばさんと犬の散歩の女性が居た。

Img_3563

Img_3564

Img_3565

これが今年の紅葉の見納め?まだまだ箕面の谷の紅葉が残っている?どうかな?意外にまだはもうかも?為替も株もおかしな思惑で年末になって年初の下げを取り戻している。今から36年前のバブル崩壊のそうだったな?あの教訓も何も生かされていない。あれから36年も生きている?次の36年は無い?ある訳が無い。元気でパソコンを叩けるのも後10年だな?その保証も無い。

Img_3566

Img_3567

Img_3569

Img_3570

Img_3576


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »