« エンゲル係数 貧困指数 そして食事制限? | トップページ | 朝食は全粒粉入り食パン2枚と淡路島玉ねぎ1個とタマゴ2個の炒め。食い過ぎです。 »

2016年7月 9日 (土)

雨の中を傘を差して猪名川を遡る。何の為に?減量の為?違います。自分自身を変えるため?それで?

Img_3203

Img_3204

Img_3205

Img_3207

Img_3210

Img_3211

Img_3214

Img_3213

橋を広げていた?工事ももうすぐ終了?ところがお役所仕事。完成月の明示が無い?10の数字が書かれているが工事の責任者は神戸市北県民局。この行政機関責任者はどんな面をしているのだろう?そんな事は関係なと思われている?この橋の交通量は多いがこの先は狭い昔からの生活道路。その道を広くするのは住宅地を取壊さないといけない。そんな事は出来る訳が無い。

Img_3215

Img_3208

Img_3220

猪名川は今朝の雨で少し増水している。もう少し雨が降ると濁流が流れ下る。ここにはバス停がある。最初にここ迄歩いて来た時に手前の橋の上で一服していた叔父さんにこのバス停を教えてもらう。その叔父さんが勤めていたスポーツクラブは廃業し、反対側の道上に「激安」のお店がオープンしている。

Img_3221

Img_3222

Img_3223

Img_3224

Img_3226

ここから歩き始めるが川沿いには歩道は無い。白線のみ。左もここは側溝の蓋の上。歩道とは言えない。道路管理者は歩行者の安全の確保より車道の確保?連続して走る3台目の車に水を撥ね掛けられる。「バカヤロー」親父の怒声も無視される。

Img_3227

Img_3230

Img_3231

Img_3233

バスはここで左の団地の坂道を登りバイパスを走り、その先でこの直進した道と合流する。この直進する道が旧街道。多くの人が丹波篠山の山間部から北摂の池田に出稼ぎに来た道。今は舗装されているが道は狭い。対向車が来ると停まらないと離合出来ない所がある。そんな道を徐行出来ないオバカが居る。

Img_3234

Img_3235

Img_3236

Img_3237

県民まちなみ緑化事業。綺麗な交差点?しかし皆さん。反対側は歩道が行き止まり。前来た時には無かったフェンスがある。唖然としていた。この道は県道?川沿いの道に歩道を作れないのは理解出来ても何時迄もこの有様?道路管理者は何を考えてまんねん?地域住民もそんな事はどうでも良いのだろう?歩く人は居ない。批判もしない?恥を知れ。バカヤローだろう。

Img_3238

Img_3239

Img_3241

この先は両側に歩道は無い。右は猪名川。一気に切れ落ちている。それでも現在の土木技術の粋を集めれば道は広げる事は出来る。この道の交通量もそれなりに多い。自転車も子供達も通るので交通事故も少なく無い。それでも拡張工事の計画は無い?その理由はこの先を見れば分かる?

Img_3243

Img_3244

Img_3249

見事なエドヒガン桜が枝を伸ばしている。しかしこの大木が道を狭めている訳では無い。これは昔からの景色。道を広げたとしても邪魔をする事は無い?処がそれを言い訳にしている?そんな馬鹿な事は無いだろう?崖が深い?

Img_3252

Img_3253

Img_3254

Img_3257

Img_3270

このアングルで見るとこの桜の大木の生育環境の厳しさが良く分かる。左には猪名川が流れ県道から下に降りる階段も無い。この県道を拡張するのは何時の事か分からないが暫くは無理だろう?そんな気がしていた。右上の場所では走りながらの離合は出来ない。それを知らないジジババは平然と突っ込んで来る。

Img_3256

Img_3273

Img_3274

明日の選挙で多くの事が問われると言われるがこれは全くの間違い?問われる事は政治と選挙は全く関係がないと言う事。その事を選挙の度に思い知らされる。流石のこの歳になって悔し涙を流す事は無くなったが、有権者の多くは難しい政治?世の中の厳しい現実に付いて殆ど知らない?

知っていてもそれが政治の原因だとは思わない。政府、政治家、官僚達の所為で政治が良くないと思った処で為す術は無い?文句があればお前がやってみろ?親しい人からも平然と言われた言葉。よく考えて見るとその言葉が正解?今度の選挙でも何も変わらない?

しかし信じられない景気の後退は彼等にも如何ともし難い?自公とおおさか維新と共産党が躍進しても現在と何も変わらない。その事を思い知るのはそんなに先の事では無い。選挙が済むと暑い夏が始まる。その時に問われる事は景気の回復政策?どんなに公共投資を大盤振る舞いをしても親父の体型同様?

建設会社の労働者の能力は目一杯。何処からその人員を掻き集めるのだろう?それ位の事が問われる?消費景気を良くする為に外国人観光客を多くする。その宿泊施設をどう確保するの?民泊でカバーする?あほやろー?この先、猪名川を見ながら感じた事は「何も変わらない」?大事な事はゴマカシは何時迄も続かない。

地道に確実にメタボ体質を変える事。財政出動が求められても国の財政は破綻寸前。それは現実を知れば良く分かる。そんな事も何も分からないジジババが既成の政党に多くを期待?出来る訳が無い。これから求められる事はその程度の事だろう?その程度の事?そう。その程度の事です。その程度の事が大きな衝撃となって厳しい現実が立ちはだかる。そんな未来が見えて来る。

Img_3275

Img_3277

Img_3280

後ろを振り向くと女性が1人歩いている。車の通行も少なく無い。何でや?考えて見ると今日は土曜日。この道が人も車も少ない訳が無い?それでも素知らぬ顔をして道に覆い被さる木々を写していた。昔の旅人も見上げたであろう景色は小雨に煙っていた。道はまだまだ続く。足は全く快調。カメラが濡れるのが気になる。

Img_3282

Img_3287

Img_3288

雨が降ったばかりなので水量は結構多い。洪水の時は何処迄水位があるのか?大雨の時は対岸に引っ掛かっているゴミの位置を診ればその高さが良く分かる。その怖さは半端では無い。その時を体感する事は簡単ではない。この川は上流で一庫ダムから流れ出している大路次川と合流している。

ダムの難儀な所は大雨の時に放流する。その恐怖は一時的とは言え水位が一気に上昇する?その事を対岸のゴミは証明している。自然災害はある意味人災とも言える。その怖さは想定外と口にされるが本当の怖さを殆ど知らない。

Img_3290

Img_3293

Img_3302

Img_3303

☂は上がり気持の良い空気を吸いながら歩いていた。もう少し歩くと猪名川と大路次川の合流点。今回は大路次川沿いの狭い道を歩く。この道も車の通行量は少なくないが離合が出来ない狭い場所がある。その道を歩きながらぼやいていた。この道の崖の先には新名神の広い道が造られていた。

地方創生とはそう言う事ですか?そんな事も地方の年寄りはどうでも良い事だろう?年寄りばかりでは無い。若者達もそれが豊かさの象徴と納得するのだろう?そのアンバランスな豊かさを見せつけられる。その記事は又明日。(今日だな)地方の豊かさとはそう言う物だとは殆ど知らない。


|

« エンゲル係数 貧困指数 そして食事制限? | トップページ | 朝食は全粒粉入り食パン2枚と淡路島玉ねぎ1個とタマゴ2個の炒め。食い過ぎです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の中を傘を差して猪名川を遡る。何の為に?減量の為?違います。自分自身を変えるため?それで?:

« エンゲル係数 貧困指数 そして食事制限? | トップページ | 朝食は全粒粉入り食パン2枚と淡路島玉ねぎ1個とタマゴ2個の炒め。食い過ぎです。 »