« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

アベノミクスの成果を問う選挙?アホ抜かせ。高血圧自覚症状。

Img_2746

Img_2747

Img_2751

体調が悪く掛り付けの内科医で血圧測定。164−90。予想通り。前回の診断は昨年12月。あのとき貰った3週間分の薬はとっくに無くなっている。それでもよく歩けていたので過信していた?そうでは無くて意識しなかったのだろう?それも間違い。高血圧の怖さを無視していたのだろう?

掛り付けの先生から「良くない」と診断される。何がどう良くない?それは言われなくても分かる。この血圧で何でも無いのがオカシイ?この歳になって心臓に余計な負担が掛かると胸が苦しくなる。息苦しくなる。その時は息を整える術を山の中で身に付けたが、最近はその呼吸法も効かない。(オイオイ)

Img_2748

Img_2750

Img_2749

これは阪急デパートのショーウインド。夏の飾付け。近年うっとおしい夏が続いているが今年の夏はどうだろう?ハワイのビーチは無理だとしても若狭の海岸ぐらいどうでしょう?(無理だな)トドの海パンは様にならない?(だな)

Img_2752

Img_2753

Img_2754

今日は少し歩く予定で気合いを入れていたが自慢の靴を履いて家を出ると雲行きが怪しい。駅前のデンタルクリニックで歯間ブラシを手にすると気持が変わる?そうだ。靴の履き具合をみてもらおう?心模様の変化を自己満足で誤摩化していた。

Img_2755

Img_2756

Img_2757

地下街のミズノのショップで靴の中敷の微調整をして地上に出る。気合いが充満している時には何の迷いも無く御堂筋を南下するが、流石に今日はその選択は無かった。近くの大分県大阪事務所に向かう。何の為?関西での大分の知名度は低い。そのお勉強?いいえ暇つぶし(それも違う)

Img_2758

Img_2759

Img_2762

お忙しい処を突然お邪魔して色々現状の問題点を教えてもらいました。関西の人達に大分、熊本の観光案内は難しいけれどまだまだその取り組みは足りない?徳島でも痛感したけれど観光客の取り組みはプロが必要に違いない?

Img_2761

Img_2760

Img_2763

アベノミクスと高血圧?関係無いだろう?ありません。それでもアベノミクスの成功とか失敗とかそんな問題に全く関わり合いがないだけでなく、お金が無くてお医者に掛かれない人がこの国にも多く居ます。その事を全く知らない人も少なく無い。7月になると今年の国民健康保険料の通知が来る。

会社員で組合健保に入っている人は全く関係無いが、派遣社員、臨時員は国保しか入れない。国民健康保険が無ければ体調が悪くなっても医者にも掛かれない(実費を支払えば問題ない?)その健康保険制度が今深刻な状態になっている。

保険料が高くなり低所得者は払えない。低所得者だけでなく個人事業者でも払えなくなる高額。サラリーマンが会社を退職すると保険料の事業者の負担は無くなる。その負担に耐えられない人達が保険証を手に出来無くなる。

その結果は既に現れている。生活保護者は医療費は無料。健康保険料の支払いも無し。これはいくら何でもおかしいだろう?最低限度の生活が保障されなければいけ無いのは生活保護者だけでは無い。

生活保護の金額以下の収入でどうして健康保険料を支払い、医療費を払えると言うのだろう?その対策が政府にも行政にも無い。それがアベノミクスの成果?そんな現実は誰も知らない?行政も政府も本当は為す術が無い?

それでも現状が支持される?それはどうして?取れる所から取る。取れない所は取る努力をする。根本的な解決法を情け無い事に見出せない。それでも税金は企業、団体から節税。個人からは消費税10%にも出来ない。

それでも選挙が済めば補正予算を組んで財政出動10兆円?そんなお金は何処から捻出するのだろう?そんな事が出来ればこれまでの財政政策は一体何だったの?そんな事を考える人は少ない。そんなオバカな政策が何時まで続けられるのだろう?財政が破綻する迄?

そうなったとしても何処かの国の様に為政者は金融資産を外国に移すのだろう?「エアーバックに潜む危険性?」その程度の問題ではない危機が目の前に迫っている。高齢者が3000万人を越えた今、生き延びる術は誰が教えて呉れるのだろう?

誰もいません。自分で自分の体調を知るしかありません。血圧の薬。しっかり飲んで心臓の負担を軽くしましょう。血圧は体重を下げてスリムになれば薬を飲まなくても大丈夫?この考えは半分は正解で半分は間違い。その事を思い知らされています。

それでも親父の賢い処は(自分で言うな)誤りは正す事?そんな当たり前の事が出来なくても支持される?何たる民主主義でしょう?多数決なら何でも出来る。その間違いを戦争に負けて思い知った社会は過去の遺産と成るのだろうか?

それ位の事も問えなくてこの国の未来を語る。天罰は下らないのだろうか?宗教団体は何を語るのだろうか?感謝の気持?感謝とはその程度の物?先週徳島の太龍寺で空海に問い掛けた時、それは無いと断言されていた。

感謝とはそんな「おろいい」物では無い。大分の方言。(古い。ずるい。悪い)心の光明です?分からん。21番札所舎心山太龍寺。空海19歳の時に100日間山岳修行を行ったと言われている。1日位ではとてもとても。その程度の事かもしれない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

ブログ記事 3456 流石 新記録達成?

Img_2646

Img_2647

Img_2648

Img_2649

Img_2650

Img_2651

大阪は☂。しかし土砂降りでは無い。夕方から傘を差して散歩コースを少しコースを変えて歩く。カメラはこの程度の雨なら問題ない。天気が良ければ殆ど通らない商店街を抜けて、整備された道を歩く。この歩道は歩いていて気持ちが良い。左の車道はバスも通る。ただし一方通行?

Img_2652
Img_2653

Img_2654
ビリケンさん。通天閣のビリケンさんの2代目?こちらが本物?どっちでもと言われて取り直す。こちらがコピー?「福の街のシンボル」?親父は縁談もお受験も関係無いので足の裏は触らなかったけれど?ご利益(リヤク)は期待出来ない?親父と違って眼が細い。この先☂は強くなるがその対策は充分だった。

Img_2655

Img_2657

Img_2659

一昨日立てられていた可動堰が大雨の予想で倒されている。もう数日は関西でも大雨の予報が出ているが、この川が濁流で一杯になる事は無い。九州の集中豪雨は他人事の様に報道されるが決してそうでは無い事を、思い知らない保証は何処にも無い?

昨夜福島原発のドキュメント放送の録画を見る。5年前の原発事故の教訓はどう生かされたのだろう?原発再可動。愚かな原発安全神話。今なお故郷に帰れない人の事を忘れている。そして地方はそうで無いと生き残れない?

そうでは無いだろう。東京のど真ん中に原発を造れ。それも出来ないくせに安全神話は無い。それ位の事も分からんのだろう?先週帰って来た徳島県那賀川には3つの水力発電のダムがある?そんなダムはお役御免かい?原発0でも生きていく事が出来る社会の実現に舵は切れない?

Img_2661

Img_2662

Img_2663

☂は段々強くなる。しかしここからは暫く高架の下の公園を歩く。雨に濡れる心配は無い?その思いは半分正解。半分は間違い。横風が吹き付ける。それでもここまで歩いて来ると☂は関係無かった。足元に気を使いながら手にして来たお気に入りのパンにかぶりつく。

Img_2664

Img_2666

Img_2667

散歩コースの秀峰台がモヤで煙っている。天気良い時に大好きな先生を誘って歩きますか?無理だな。今日週刊「東洋経済」の特集に「非正規嘖む(さいなむ)糖尿病、うつ」の記字がある。どういう事?所得、雇用の違いは健康まで影響して来る。

殆どの人が知らない厳しい現実。それでもこの社会は豊かな社会と言えるのだろうか?生活が貧しいと食べ物まで貧しくなる?それも自業自得?自己責任?それでは豊かな生活は誰が支えているのかい?そんな単純明快な事も関係無いととぼけるのだろう?

夜9時を過ぎてもオバマなオチャラケの番組で視聴率を稼げると思っているのだろう?これからはその間違いを思い知らされる?その時は別のオバカ作戦が考えられている?流石にそれは無い。貧しい人が豊かにならないとこの国も沈没する?(そんな事もどうでも良いのだろう?)豊かな人はそんなに多いのだろうか?

Img_2668

Img_2672

Img_2673

昨夜来の雨で川の流れは増水しているが、この床固めの河川設備は「どっこい」踏ん張っていた。と言いたい処だがその崩壊も時間の問題。九州の様な大雨に見舞われると一気に押し流される?その原因はコンクリートブロックを川底に置いただけ?

川底が洪水でえぐられるとひとたまりも無い?それ位の事が計算出来ない河川設備?今年大雨で激流が流れ下ればどんな言い訳をするのだろう?想定外?想定の範囲内とはとても言えない?この先の橋で対岸を引き返す。

そこも情け無い堤防の管理が晒されていた。国土交通省河川管理者はこの現場を歩かないのだろうか?叔父さんが無報酬でカマで草刈りをしていた。頭を下げる。叔父さん無理をしないでね。口先だけの役人達。頭を下げろ。これが現実だ。近くの用水路の雑草もクレームを付けて一月放置され、さすがの親父もぶち切れる。(アホ)

Img_2687

Img_2686

Img_2688

Img_2692

これでも今年1度は草は刈られている。それでもそんな行政のお役所仕事を嘲笑うかの様に草は伸びている。草刈りは業者に丸投げをしてその管理も出来ない管理者。地方の時代とか大阪副都心とか言う前にやらねばならないきめ細かな行政。そんな事もどうでも良いのだろう?親父の怒りは次の看板を見れば良く分かる?(分からない?)だろうな。

Img_2701

Img_2700

Img_2702

銭は溜まらないけれど雑草は一雨で一気に伸びる。固い堤防の上を重機で掘り起こして桜木を植えているので土は柔らかい?この草を刈るには高齢者と草刈りのロープがあれば充分。そんな文明の利器も知らないのだろう。草刈りのゴッツイ機械は要らない。それ位のきめ細かい配慮も出来ない。

Img_2697

Img_2699

Img_2707

足元に気を付けながら歩く。この時は雨は既に上がっていた。ここは堤防の上。対岸の通って来た道は綺麗に整備をしているがこの様は何だ。行政の管理の違いは歴然。どうしてこうなるの?国土交通省猪名川河川事務所に聞いて見るととぼけた答えが聞ける?

Img_2708

Img_2710

Img_2715

見向きもされない石碑がある。昔、この川が交通の要衝だった頃は中国の船がここまで来ていた。本当かどうか知らない。それでもこの石碑を建てた人はこの景色をどう見ているのだろう?それでも頭が下がる人がいた。

Img_2725

Img_2726

Img_2727

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルール違反をしてもルールを変えれば問題ない?何たる思い上がり?

イギリスのEU離脱の国民投票について多くの人が多くの事を尤もらしく語る。「いかにも尤もらしく」何様と思っているのか知らないがその発言は正に「個人的発言」そのもっともらしい個人的見解を尤もらしく垂れ流すテレビ放送。今は全く眼にする事が出来ない「紙芝居」テレビも最近見向きもされないと言われているが、親父もそんな生活を始めて居る。

東京都元知事舛添のセコイ政治資金の使い方が連日の様に報道したテレビが今はどうなの?その反省が何も無いまま今度はイギリス批判?来月10日には選挙があるが「何が争点?」その事も全く分からない有権者。舛添批判はまだしも他国の事を尤もらしく言える筈は無い。この国も大差ない?それ以下かも知れない?

その事をこれから思い知らされる。東京都だけでなく地方の行政の「中央依存」は選挙の為に思い知らされる。地方創生、地方の活性化の政策は支持されても本当の豊かさ(もっと具体的に言えば高齢者の後継者)は育たない?

現政権を支持する体質は地方行政機関の隅々まで徹底している。それがこの國の形?公共投資と補助金無しでは地方の暮らしは成り立たない?そんな政治を何時まで続けられると思っているのだろう?人間は何時迄もぼけずに生きる事は難しい。その事を思い知らされても何も変わらない?

大手商社の社長が任期を延長して懸案の問題を解決する?ウソでしょう?この経営者は何時まで社長として会社の舵取りをするの?組織の機能はその程度なの?そうだとしたらこの会社の業界No.ワンの地位は危うい?(余計なお世話です)この国の政治と経済の在り方が問われている?そんな事も関係無いととぼけているのだろう?その天罰は思い知らされないと分から無いのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

無様な試合 無様なコメント 無様な出来事?

Img_2637

Img_2638

Img_2639

Img_2640

大阪人でも殆ど知らない猪名川町肝川(きもかわ)の「戸隠神社」。最初この神社の看板を見たのは数キロ離れた旧街道だった。その道の更に東を猪名川は流れている。今は新名神の工事中だが始めて歩いた時には地図に載っていない道だった。

この神社の前の道も数キロ山間に入ると行き止まり。これが現実。この集落もいずれ限界集落になる。そんな厳しい現実も今度の選挙では関係無い?今、テレビでは尤もらしくイギリスの批判をしているが、そんな事がどうして言えるのだろう?自分の国の大事な問題も理解出来ないくせに?

その事は親父がどんなにぼやいても何も変わらない?それでもそれ位の事は考えて置かないとアナタ自身が惨めな暮らしをしないといけない?そんな事もどうでも良いのだろう?大好きな娘とその事を話合えた徳島の思い出。大阪の街中に近いこの集落も全く同じに違いない。徳島の方が全然開けていたけれど?

Img_2641

Img_2642

Img_2643

樹齢?今度しっかり見て来ます。テレビを見ていると介護、保育の人材不足が報道されている。その原因は賃金が安い?重労働?社会的評価が低い?その一つ一つが尤もな要因?一番分かり易い言い方をすればこれからもっと深刻になる?どうして?他人事の様に考えられているから。

国会議員の報酬と社会的評価は高くても介護の職員、保育の待遇は最低?どうしてそんな国の形になったの?全ては多くの選挙権を手にしているオバカな国民の所為?そんな事は何も意識しないで人の所為にしている?

女性の社会進出を実感しているのはエリート官僚と大企業の高い賃金を適しているキャリア女性。1億総活躍社会?馬鹿だろう?そんな政治を支持しながら?長い間人々の暮らしを見て来た年寄りはいずれ老い然らばえる。

惚けて来る。漢字で書けば素晴らしくても平仮名で書けば「ぼけて」来る。カタカナなで書けば「ボケ」てくる。そんな政治を支持しながら介護と保育の問題が改善する?あほやろ?アホでんねん?保育の支援が出来ないと子育ての世帯は子供を満足に育てられない。

公的介護が足りなければ高齢者は哀れな生き方しか出来ない。その事を今から思い知れ?イギリスの事は関係無いだろう?これからこの国も豊かな国から貧しい国になって行く?どうして?頼りになる人が少なくなる?それは少し賢くなれば本当に良く分かる。

広島の独走?巨人の無様な試合?関係無い?ところがそうではない。一寸先は闇では無い。プロ野球の世界も政治の世界も経済もアホは何時迄も通用しない。もっと賢くなりましょう。その事を思い知らされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

今日は株高、円高。金融関係者は一喜一憂?アンタはどうだ?

Img_2591

Img_2592

Img_2593

隣の駅前から素晴らしい?日本の原風景を訪ねる?住んでいる街から電車で1駅。バスで15分足らずでこんな景色を見れるのは全く知らなかった。長い間探し求めていた終活の場所に巡り会えた気がする。それでもここには住めない?住める所は限られている。余所者は簡単には受け入れられない?

Img_2594

Img_2595

Img_2596

この近くのバス停まで反対方向から歩いてバスに乗った時の事を思い出していた。あの時はバスの終点(日生中央)から歩いてここまで辿り着いた時には、結構疲れていた。不安な気持を抑えながら夕暮れの景色に何故か安堵の思いを重ねていた。バス停の時刻を確認出来ていたからだろう?

Img_2597

Img_2598

Img_2600

Img_2601

この道が旧街道。この道の先は歩道が無くなる?左は野尻川。すぐ先で本日の目的地「肝川」(きもかわ)が合流する。狭い川。その川が本日の目的地。近くにこんなに素晴らしい場所がある事が人生最後のご褒美かも?

Img_2602

Img_2603

Img_2604

この先歩道が無くなるのはこの川沿いに道が通っているから。始めて歩いた時は途方に暮れたが何の事は無い?この正面の橋を渡ると川の左岸を歩ける道がある。昔からの集落を繋ぐ道。近くの子供、学生達が自転車で行き来している。目的の肝川は左。今日は正面のおかあさん居なかった。

Img_2605

Img_2608

Img_2609

見事に手入れの行き届いた庭先の菜園。近くにバス停はあるがこの道は旧街道でバスの便は1時間に1本。朝夕は2本。但し住宅街から外れるので利用客は殆ど少ない。いずれバスの便は間引かれる?それでも少し歩けば歩いて来たバス停がある。このバスの間隔は1時間に3本。それだけ乗降客も多い?

Img_2607

Img_2610

Img_2612

Img_2615

多くの人が多くの事を尤もらしく語るがその殆どが競馬の予想と変わらない?競馬をしない人には分からない「勝ち馬予想」。勝負の前に予想屋さん(いい加減な予想しか出来ない)が予想する勝ち馬。先週末イギリスの国民投票の結果が予想外で日本国内、海外の金融市場は乱高下を繰り返している。

マスコミは尤もらしく報道してテレビのコメンテーターは長々と自論を展開しているがそんな事もどうでも良いと思っている人も少なく無い。それ位の事が分からんのだろう?長い間の歴史の中で愚かな人間がどれだけ世の中を変えたのか?そんな事も分からない。

多くの政治、経済の評論家が尤もらしく解説する世界と国内の政治、経済。先行きを解説しながらその根拠は実に頼りのない個人的思惑。その間抜けさにそろそろ鉄槌が下される?金融問題。政治が関わり過ぎるからこんな結果になっている事がまだまだ分からない?

それでも来月の参議院選挙では何も変わらない?この国がイギリスの判断をとやかく言えると思っている?しかし彼等も多数では無い。民主主義の批判をしながら本当の多数決の意味が理解出来ない?何たる報道だろう?若者がどんなに喚いても世の中は変わらない?世の中は思惑通りにはならない。その事を思い知らなければならない。

Img_2614

Img_2617

Img_2618

戸隠神社。お参りは2回目。静かな境内で今回は本殿の中を覗き込む事が出来たが、残念ながらボデ−内蔵のフラッシュでは光量が足りず、綺麗な写真は撮れなかった。(神様に叱られていた)静かな時の流れの中で前来た時よりもゆったりと時は流れていました。

Img_2619

Img_2620

Img_2621

Img_2622

時が停まった様な棚田の風景を見ながら写真を撮っていると後ろでデイサービースの車が止まる。以前近くで話をした青年の母親が帰って来る。介護退職をした青年が老いた両親の介護をしている。これから他人事では無くなる。

政府の介護政策、雇用対策、保育の対策。多くの事が問題にされても大事な事は先延ばし?消費税増税延期で一番困る人の事は何も考えない?そしてそんな政策は支持される。この素晴らしい棚田もいずれ耕作放棄地になる?

それ位の事は政府が何とかしてくれる?野党もとぼけた事しか言えない?やらねばならぬ事。それは豊かな肉体と精神。そしてそれを支える生活だろう?今度のイギリスの国民投票の結果は意外だった。ただこれからはその事がこの国でも問われる。

それでもその判断はイギリスを越える?その程度の事も検証は出来ないだろう?そうは思わないかい?オバカな国だよ。(コラ非国民)古い。そんな言葉も過去の話になっているがそんな歴史も又、繰り返される?ヨーロッパ各国だけでなくアメリカでも日本でも愛国者の台頭?しかし本当の愛国者は右翼だけでは無い。?

Img_2625

Img_2628

Img_2644

大ケヤキの木が親父のボヤキを笑っていた。「案ずるな」大事な事はお主の生き方。人の意見に耳を貸す必要はもうない。今も昔も人の生き方は変わらない。指導者の生き方がどれだけ素晴らしかったか?そんな事を考える前にお主の生き方。それを問われている。また来なさい。そう言われていた。

昨夜からココログの通信回線のトラブルで半日以上、アクセスが出来なかった。その対応がお粗末だった。ニフティの通信サービスが一部使えなくてもお詫びで済ませられる。この会社だけでは無い。警察が身内の不祥事の始末が出来ない。お詫びで済ませられる?次は無い事を経営者は自覚しているのだろうか?(していません)その程度の事です。尤もらしく批判する事は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

予想は「うそよ」テレビの情報は見るだけで充分?

Img_2487

Img_2488

Img_2489

Img_2490

夕方歩く。この階段を上がると堤防。ここで何時も気になるのはこの放置された草。管理者は居るけれど文句(クレーム)をつけられ無いと綺麗にはしない。その理由も最近良く分かる。(クレームを付けているから)それでも最近は親父も関係無いと無視している。

この街の花壇の花は定期的に植え替えられても道端の草はこの有様。来月10日の選挙では多くの事が尤もらしく多くの綺麗事が連呼されるが、足元を見つめる人はどれだけ居るのだろう?(ねんごくせえ事を言うな)?

標準語で言うと生意気な事を言うな。そう。もっと生意気な事をもっと言いましょう。それが本当の民主主義です。生意気な事が言えない世の中で何が適うと言うのでしょう?為政者は中央も地方も変わらない?

桁(権限、権力)は違うけど。その事を思い知っても何も出来ないのかい?それで人の事が批判出来るのかい?その事も散歩中に思い知る。親父が何度もぼやいた河川管理。今年は大雨で河川敷のグラウンドが洪水で流される事は無い?そんな保証はお天道様は一度もした事は無い。

Img_2491

Img_2493
Img_2494

始めて見る可動堰の姿。橋の上から眺めていると通りがかった人から振り向かれる。それだけでなく馬鹿にされる。ところがこの可動堰のこの姿は殆どの人が知らない?半分がほぼ半分?下げられている。その結果満杯になっていた水が一気に流れ落ちる?満杯の時の水位、堰の先の堤防に残されている。分かるかな?その程度の事も殆ど見向きもされない?これが可動堰の素晴らしさ?

Img_2500

Img_2501

Img_2504

Img_2505

気持の良い散歩コース。久々に歩いている。対岸に親父の住んでいる街がある。対岸と言っても堤防は遠い。その下に河川敷がありこの右側には立派なグラウンドが整備されている。そのグラウンドがこの川の水嵩(かさ)が増せば一気に冠水をする。その原因はこの対岸の河川敷堤防の整備と下流の堰。

何時迄放置するのか聞いても河川管理者はとぼけている?(これで問題ありません)ウソをコケ。正確に言えば年に一度あるか分からない大雨の流量計算は問題ありません。河川敷のグラウンドは河川管理の問題ではありません?

Img_2507

Img_2509

Img_2510

Img_2511

Img_2513

Img_2515

何度もお見せした無様な看板。NPO法人 環境にやさしい街づくり協議会。「猪名川 ドラゴン自然緑地」それがこの様です。流石に川の中は綺麗に出来ない。川の中に自然緑地?ここだけでは無い。全国何処でも見る事が出来る?

国の河川管理とは土木工事を行うだけ?違うだろう?バカタレが。その緑の木々が生い茂っていた。草を払い木を切る。その程度の事も河川管理の仕事だろう?その作業は外部業者に丸投げ。クレームもつけられる事は無い?

Img_2517

Img_2520

Img_2521

この手前(下流)に農業用水の堰(固定堰)がある。(何時造られたの分からない程に老い朽ちているが立派に水は塞き止めている。大雨が降ればこのコンクリートで舗装された堤防下の道?迄洪水は流れ下る。ただ堤防の下から大きく水位は上がらない?だからこれで問題は無いと思われている。

Img_2524

Img_2525

Img_2527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余計なお世話?マスコミのイギリス批判。自分達の批判も出来ないくせに?

何たる無様な姿だろう?イギリス国民はEU離脱の国民投票の意味を理解していない?読売にそんな報道が出来るのだろうか?読売だけでなく多くのマスコミだけでなく多くの事前予想は「離脱ではなく残留」だったくせに?

国民投票の選択をした政治的背景?国内事情の解説も出来ないくせに自分達の判断ミスには素知らぬ顔をして?イギリス国民の判断はその理解が足りなかった?よく言えたもんだね。イギリスの判断をとやかく言う前に世界の深刻な政治と経済問題の解説をするのがマスコミの使命だろう?そんな事はどうでも良いのだろう?

こんな無様な報道?をする新聞社に聞きたい。(答えは出来ないだろう?)この国の大事な政治と経済の対外交渉を担当した大臣の辞職。辞職の記者会見で涙ながらに自らの政治と金の問題を口にして、その説明責任を果たすと公約した大臣は今、何をどう説明したの?そんな問題は棚に上げてイギリス国民の投票行動をコメントする?何たる無様な姿だろう。

来月10日には我が国でも選挙が行われるが、事前の世論調査では安倍政権と公明党の支持は変わらない?アベノミクスの賛否とか景気回復の取り組みとか多くの争点が有ってもマスコミの問題提起と有権者の判断はイギリスを批判出来るレベルかい?恥を知れ。この国の現状が他国を批判出来るレベルかい?

高齢者だけでなく保守と創価学会の政権支持層が、現在の政治と経済をどの程度理解しているのだろう?政権政党支持者だけでなく野党の支持者でも同じだろう?(それ以下かも知れない)そんな国民の政治意識を棚に上げてイギリスの民主主義?を批判する。それはイギリス国民の侮辱以外の何物でもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

世界の思惑?そんな物は関係無いってか?そうは行かないよ?

Img_2425

Img_2427

Img_2428

大阪は☂の日が続いているが九州、中国地方の様な大雨にはなっていない。近くの猪名川の水位もそう高くはなっていない。ただ最近は年に一度はこの河川は大雨が流れ下る。その時は当然河川敷を洪水が流れ下る。その対策は川の構造を変える事だがその事はまだ共通の認識。危機感の共有は出来ていない。

Img_2429

Img_2430

Img_2432

この堰は可動堰。この時期は農繁期が終わったとは言え、まだまだ農業用水が必要とされる。それでも堰が倒されている。こうなると農業用水の貯水は出来ない。この状況は暫く続く。その訳は洪水のリスクを無くさなければいけない?その為に堰を倒さなければいけない?

それが河川管理の矛盾。その問題の大きさも地域住民は殆ど知らされていない?無知で無関心で居られると思っている?その間違いはいずれ思い知らされる。イギリス国民が行ったEU離脱の判断も日本のマスコミでは他人事の様にコメントしているが、そうで無い事をこの国も思い知らされるに違いない。

Img_2434

Img_2435

Img_2436

それでも可動堰は倒されているのでここでは3メートルの貯水は無い。(堰が起こされているとここは完全に水の流れは無い)この少し上に昨年の洪水で破壊された床固めのコンクリートブロックが凸凹な無惨な姿を晒している。そのままに放置されているので今年の大雨で更にボコボコになる?水の力は凄まじい。その事を思い知らされるに違いない。

Img_2438

Img_2439

Img_2441

不思議な事にこんな無様な姿を晒しても地域住民、自治会からのクレームは無い?何故なら堤防が高くなり洪水の心配は無いから?この上流にも可動堰が在るがこの堰は余程の事がなければ堰を倒す事は無い?知らないだけ?今年確認出来るかな?

Img_2442

Img_2443

Img_2445

この床固めは何時造られたのか知らないが、その役割は風前の灯?大体殆どの人が「床固め」の河川施設の役割を知らない。この役割は川の流れを緩やかにして川底を深くしない?でもその役割は終わろうとしている。それは今年大雨で急流が流れ下れば証明されるのだろう?

Img_2446

Img_2447

Img_2458

Img_2463

Img_2464

Img_2466

この可動堰は洪水の時には当然耐水ゴムのエアー圧を下げて低くすると言われているが、下流の堰の様に完全に貯水が0になる事は無い?見ていないので分からない。水利権使用者は隣の行政機関。ただ「かんがい用水」だけの目的ではない。

それが明示されていないのはどうしてだろう?そんな事はどうでも良いのかもしれない。この上の貯水量も半端では無い。我が街の上下水道の取水口もあり大量の水が浄化されている。それで猪名川の水は美味いととぼけられている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国徳島和食(わじき)と木頭(きとう)の旅。感想。

Img_2370

Img_2372

Img_2374

Img_2376

都会で百姓とは全く関係無い生活をしていると、意識をしない水の重要性。最近は水道が完備されても直接生水を口にする事も少ない。近くの川から農業用水(かんがい用水とも呼ばれている)を取水してもその恩恵を実感する事は殆ど無い。

専業農家は少なくなり水も空気も感謝される事もなく、当然の様に思われている。ところがそんな生き方をする様になったのはそんなに新しい事では無い。私達の祖先が大切にした水は「龍神」に守られ、祈祷されていた事を殆ど知らない。

四国徳島の吉野川は知られていてもう一つの大河「那賀川」を知る人は少ない。そんな事もどうでも良い事なのだろう?地方創生?その実態も都会人だけでなく徳島の人達ですら無視されていた。政府の言う地方創生。地方の自治体が尤もらしく口にするモデル事業。

それとは全く関係無い打ち捨てられた地域の過疎化の中で懸命に、淡々と生きている人の姿は感動でした。地方の公共交通機関の不便さにが愕然(がくぜん)としながら、それでも人の優しさに感謝をしていた。

徳島県那賀町。多くの集落が合併しても過疎は確実に進行していた。その勢いは止める事は出来ない。ただその真価はこれから日本各地の地方同様に問われるに違いない。今度の選挙で多くの事が問われるけれど、そんな事は全く判断基準にもならない。その天罰を思い知らされても分から無いのだろう?龍が目を剥いていた。

Img_2377

Img_2378

Img_2379

Img_2380

Img_2382

Img_2383

Img_2384

Img_2385

Img_2386

Img_2387

Img_2388

Img_2389

Img_2390

これで久々の太龍寺ともお別れです。次の機会は何時になるか分からないが、秋の紅葉はロープウエイの中でオバカに喚かれた実像が見えるに違いありません。虚像であれだけ感激出来れば秋の景色に言葉を無くすのかな?人の生き方は様々?侮る事は無いが張り倒されたらどんな面をするのだろう?(コラ)

Img_2392
Img_2394

Img_2396

「又、お参り下さい」舎心ヶ嶽(漢字変換出来ました)の空海像。山のほぼ中央に見えます。画像をクリックするとよく見える。もう一度クリックすると最大画面。これは最後迄見て呉れたお礼です。

何時もいいねクリックありがとうございます。お返し出来ずに申し訳ありません。今月からどなたにも失礼しています。『拡大画面元に戻すときは左上の矢印(元の画面に戻る)をクリックすればよい』 まだまだ続くよ。(休憩)

Img_2393

Img_2397

Img_2399

故郷の風が吹く? 木頭「ゆず」の里 丹生谷(にゅうだに)。徳島那賀川に3つのダムが建設され4つ目がこの木頭の山奥に計画された。そのダム建設賛成反対が村を2分し最終的には反対意見が多数を占め中止された。

地域の活性化策は必然的に行政の力は及ばず、ダム建設反対のリーダー達の力に委(ゆだね)られた?その人達の地道な取り組みは結果的に地域活性化の原動力になっていた?しかしこの集落の先は高知との国境(くにさかい)。

国道は通っているがバスは手前で途切れている。高知側には国境のトンネルを歩いて抜けるしかない。これが国と地方が進める地域振興?そんな事は何も知らない。今度の選挙で問われる争点にもならない?本当に「悲しいかな」「悲しいかな」「悲しいかな」そうは思わないのだろう?

Img_2400

Img_2401

Img_2403

「なかはなかなかいいいなか」(那賀は中々良い田舎)何たる恥さらし?関西から徳島迄バスで2時間足らず。そこからバスで1時間半。そのバスの本数が前来た時から更に減っていた。(朝夕が1時間に1本。昼間は2時間に1本)

山からロープウエイで降りて来たのは10時過ぎ。バスの時間は12時20分。タクシーの移動を考えていた。ところがロープウエイの切符売り場ではその案内が出来ない。ロープウエイは20分間隔で運行してもその案内しか出来ない。

前来た時に開いていた食堂はお休み。その横の喫茶店では更に観光案内の対応は出来なかった。殆どの観光客、遍路は車で移動だった。途方に暮れる。ひらめいた事は2泊した宿の事。でも生憎この日から2日間お休み。対応は期待出来なかった。

Img_2404

Img_2405

Img_2410

☂が小止みになりバス停に向かって歩いていた。この時は完全にふて腐れていた。地域の活性化?ふだけるな。1時間に1本のバスを間引いて良くそんな事が言える?5年前に来た時、横目で見てママチャリをこいでいた時とは気持は全く違っていた。あの時はこの先左の坂道を延々と歩く。そんな事は全く忘れていた。

Img_2412

Img_2413

Img_2417

バス停に到着。徳島から大阪のバスは18時を予約していたので変更の連絡をする。予約センタ−の担当から徳島駅前に到着してからで良いといわれる。一安心。バスの到着時間が間近になっていた時、宿の女将に車の中から声を掛けられる。

この時は知らなかったが徳島迄出て大阪に遊びに来ると言われる。ふて腐れていた気分も一気に変わる。当然助手席に乗り込む。(御免なさい)徳島駅前1時間。退屈する間もなく親父節が炸裂する。本当にありがとうございました。

Img_2418

Img_2421

Img_2423

大阪迄のバス旅は快適だった。しかしガラガラ。徳島の魅力を行政の担当は自信たっぷりに語るがバスの利用客をどれだけ正確に把握しているの?地方創生?地域活性?政府も行政もその取り組みの実態を誤摩化している?それでもその検証はマスコミには出来ない?

今回の短い旅で感じた事。それは厳しい現実でした。それでも最後の最後に女神が微笑んでくれました。いくら何でもこのまま帰したらこの親父は怒り捲ると空海様は思ったのかも知れない。ミーちゃん。肩の力を抜いて頑張って下さい。又、お合いしましょう。ありがとうございました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

マスコミの情報操作?都合の悪い事には(報道価値が無い?)無視?

Img_2306

Img_2308

Img_2309

Img_2313

Img_2310

前回始めて訪ねた4年と10月前の事を思い出していた。その時はこの本殿の階段を登る事も本殿を参拝する事も出来なかった。本殿横の杉の大木が台風の影響で本殿屋根を直撃し、その修理中で立ち入りが出来なかった。幸いに建物は倒壊、破損の被害も無く屋根の修理のみで既に終わっていた。

Img_2314

Img_2323

Img_2324

立派な階段。立派な杉の大木。境内の杉の大木だけでなく寺の所有林はきちんと手入れが行き届いていた。四国にも立派な森林資源がその価値を失っている。都会に住んでいるとそんな事な全く知らない。自分達が何様だか分からなくても来月の選挙では自民、公明が現有勢力を保つ?

何たるオバカな生き方だろう?そんな政治に何が期待出来るの?保守と創価学会の利益だけでなく他には選択の余地は無い?おおさか維新の比例代表候補者の名簿を見て愕然とする?6年前の選挙で落選した旧民主党の医者が名前を連ねている?

12年前の選挙で支持し圧倒的な支持でトップ当選した若手の候補者。6年間の華々しい活躍にも関わらず前回の選挙で圧倒的な支持を失い敢えなく落選。その後政界を引退していると思っていたがそうでは無かった。自分を支持してくれた支援者の知らない所で支持基盤を変えていた。

それ程に政治の世界は影響力が大きい?今度の選挙でそんな例は少なくない。政治家が政治を変える?選挙民は政治を変える?大阪の多くの選挙民はその時々の政治の不満を異なる政党に期待した。最近はおおさか維新?政治を変える?地方の復活?自民党をぶっつぶす?

威勢の良い言葉で有権者の支持を取り付けるのは何時迄続く?国会では政権批判ではなく野党の批判。そんな政党が支持される?共産党が支持を増やす理由が良く分かる。政治を変えるのは政治家を変える事?その事はイギリスとアメリカに教えてもらわないと分から無いのだろう?

共産党?残念ながら民主国家では支持は限られている。京都の蜷川。大阪の黒田の共産党知事は過去の話。東京の美濃部都政も知らない人が殆どだろう?彼等の政治感覚が時代遅れになった事も知らないといけない。

政治に関心が無いととぼけていると孫達に顔向けが出来ないよ。(既に子供達には偉そうな事は言えない)イギリスのEU離脱の投票結果は事前の世論調査では予測されていなかった。イギリス国内の欧州統合の不満を専門家は過小評価していた?イギリスの2大保守党の思惑が外れる?

それに比べてこの国の危機感の無さはどうした事?流石にその事を空海さんに問うても首を振られるだけだった?(それは嘘です)この国の仏教の在り方を問うた天才の教えは樹齢数百年を越える杉の大木の中で何も語る事は無かった。それでも満足していました。何かを問うのではなく何かを施す。そんな生き方が求められていた?

Img_2327

Img_2329

Img_2330

親父の前の夫婦の遍路?は声を合わせて「般若心経」を唱えていた。親父は本堂の廻りを巡りながら建物の彫り物を眺めていた。静かな時が流れていた。この時は☂が強くなっていたが考える事は何も無かった。本尊様は「虚空像菩薩」。開基(かいき)寺院を開いた(創った)人は空海。

この立派なお寺さんが出来たのは793年桓武天皇の勅願と言われているが、戦国の時代に長宗我部元親の兵火で焼失。その後、何度も再興と衰退を繰り返秀吉により四国が統一された後、徳島藩主蜂須賀家の再建と伝えられている。

Img_2333

Img_2335

Img_2339

私達が最初に迎える厄年?その意味が分からなかった。男の厄年は42歳と思っていたがそんな単純な話では無いのかも知れない。しかしこの考えも大した根拠がある事では無い。現代人の多くがそんな生活の遺産を手にしていない?十三参りとはそんな考えである事も殆ど知られていない?

Img_2340

Img_2341

Img_2343

Img_2344

Img_2345

帰りのロープウエイで一緒になった喋りのオッサンが大きな声で、この景色に驚いていた?「紅葉」「紅葉」と喚いていたが今は梅雨時。青葉が黄色に変わっていても紅葉とは言わない?それ位の事だろう?どうでも良い事に感激していた。

車内ガイドがそのデカイ声に迎合して本当に不愉快だった。それでも無視していたのはこの静かな境内のお陰だったのかも知れない。素晴らしい景色はまだまだ続く。色んな人の色んな生き方がある。一喜一憂する事は無い。静かな境内はまだまだ続く。

Img_2337

Img_2348

Img_2350

Img_2351

Img_2352

Img_2354

小雨の中を傘を差しながら「音の無い風景」の中を歩いていた。空海が19の時に来た時は何も無かった森の中に立派な建物が石垣の上に立てられ、その根元を大きな杉が根を張っていた。人が生きると言う事はどういう事なのだろう?

空海はその事を問う前に仏教の本当の在り方をこの場所で探し求めたのだろう?人の生き方を批判する事は簡単でも、仏教の真実はそう簡単には知る事は出来なかったのだろう?「虚空求聞持法」知識、知恵、記憶。その真実を求めて苦悶を重ねる。

そんな生き方は現在人には出来ないのかも知れない。(そんな事は無い)命懸けの修行をしている僧侶も知らないだけ。人は生きながら仏に成れる。そんな生き方をしないといけない?(それは無理だな) しかし雑念を捨て真理の追究は空海の様に天才でなくても出来るに違いない。(呼び捨てにすな)

Img_2355

Img_2356

Img_2359

Img_2360

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

四国徳島「鷲の里」ワシの里。鷲と鷹の違い?

Img_2231_2
Img_2232_2

鶴林寺は徳島市内から平野部を下り19番札所「立江寺」をお参りして、山間の静かな山間の村を抜けると立派な道の駅がある。そこから山道(マイクロバスは走れる)を5キロ登る。5年弱前の夏、自転車を押しながら喘ぎながら登る。

Img_2234

Img_2235

このお寺さんは徳島県最後の23番札所。最初の遍路旅はここ迄だった。ママチャリなら歩き遍路より楽と言われてその気になっていたが、そうでも無かった。四国の遍路旅は本当はそうでは無いよと教えられていた。それ程に歩き通す事は本当に大変です。足にマメをつくるだけではない。

そのマメを潰しながら、血マメを固くしながらでないと歩けない。そこ迄出来る人は本当に少ない。それだけの覚悟があっても肉体的には限界を超える。その時、ようやく遍路旅の充実感、満足感、達成感を知るのだろ?

楽をしたらそれだけの結果しか手にする事は出来ない。四国4県の活性化は色々あるが、四国の素晴らしい本当の空海の足跡は、人と自然のふれあいの中弟子か手にする事は出来ない?不幸な人で無いとそれを実現する事は出来ないのかも知れない?空海は白装束でその事を教えている?

「同行二人」その意味は空海に守られているのではなく、試されているのかも知れない。最近の遍路旅のお年寄りは車でないと全てを廻り切る事は出来ないが、それは若者達、壮年者でも同じに違いない。石碑で5年前の苦労を思い出していた。ただ仏の道はそんな生易しい物では無い。その事を思い知らされていた

Img_2249

Img_2250

空海は唐から帰る時に多くの仏像を日本に伝えたと言われているが、穏やかな表情をしている物が多いがこの仏像はそんな人間の浅ましさを厳しく剣を振り上げて威嚇している。「波切不動明王」は空海が唐から帰国の途中、玄界灘で荒れ狂う暴風雨と大波を鎮める為に木で彫り上げた不動明王を海に投げ込み波を沈めたと言われている。

Img_2253

Img_2254

Img_2256

38番札所は四国最南端足摺岬の先端にある。このお寺さんは高知の遍路旅でJRとバスを乗り継いでやって来た。青竜寺で一度引き返していたので、ここ迄辿り着いたのは感慨無量だった。大阪からJRで窪川「岩本寺」を参拝してここ迄の距離は遠かった。子供達が幼い時に足摺岬には立ち寄っていたが、あの頃はこのお寺さんを知る由もなかった。罰当たりな生き方を嘆いていた。

観自在寺は宿毛の先のお寺さん。ここは愛媛県。宿毛(宿毛)の対岸は我が懐かしい佐伯の街。佐伯は昔は軍港で栄えたが今は自衛隊の基地?比べ様が無い。帝国陸海空軍の軍隊がアメリカにボコボコに叩き潰された時、日本国はアメリカに因って占領される。

その時に押しつけられたと言われる現在の憲法。その改正論議が長い間続けられたが、ようやくその事が実現する?押しつけられなければ、自分達で国の在り方を決められなかったこの国の歴史。そんな事はどうでも良いのだろう?

自衛隊が軍隊と名前を変えなくても立派な軍隊。それ位の事も分からない?集団的自衛権。海外派兵。交戦権の規定。本当に軍隊が国土を守る?そんな事が出来なかった歴史はどう検証されたのだろう?今度の選挙で本当にその事が克服出来るのだろうか?有権者の支持はそれ程に重い?

高齢者だけでなく若者達がそこ迄考える事が出来る?そうは思わないけれど。

Img_2273_2

Img_2274_2

優しい顔。本尊は空海が刻んだと言われる「聖観世音菩薩」八十三番札所は高松市一宮市にあり、香川県屈指の名勝地と言われる屋島山頂の八十四番札所「屋島寺」迄の距離は14キロ。歩くと約4時間半。楽では無い。

ただ高松市内には琴平電鉄の琴平線に乗り志度線に乗換えると状況は大幅に変わる。遍路旅もそんな知恵がも溜められている。それが徳島、高知、愛媛、香川でも情報と交通アクセスの改善が進んでいない?四国の地域活性化?何ともお寒い。

ところが政府は言う迄もなく四国4県の繋がりが進んでいない。危機感が無い。徳島に消費者庁?そんな事の前にやるべき事が為されていない?地方創生の行政の取り組みはそれでも問題ない?その原因も対策も明確には感じられなかった。舎心だけ(漢字変換が出来ない)で空海さんの後ろ姿を見て引き返す。

Img_2275

Img_2276

Img_2278

Img_2277

Img_2280

Img_2284

それではこの後は舎心山「太龍寺」の境内です。その前にタイトルの説明。鷲と鷹の違い。結論から言えば大きな違いは大きさ。鷹匠は居るけど鷲症は居ない。人間が簡単に訓練をして自分の体に停まる大きさが鷹。鷲はそんな人間様の思惑には答えられない。ただ決定的に違うのは賢さ。

それは違うと言う人も居るが鷹の賢さは多くの人が知らないだけだろう?そうでなければ地方創生のマヤカシと弘法大師の神話の創り話を見破れてもおかしくない。プロ野球の世界のホークスとイーグルスの違い。野球ファンでも意外に知らない。選挙の結果も何も変わらない?それも違う。

ガリレオガリレイの言葉。それでもEUの崩壊。アメリカンドリームの崩壊。自民、公明の連立政権の崩壊。「それでも地球は廻る」。固定観念が何時迄も正しいとは限らない。既成概念に捕らわれない発想の転換は意外に難しいのかも知れない?不確実の時代と言われて久しい。

今は漂泊、流浪、貧困、格差。多くの言葉が飛び交うが政府に期待する?企業に期待する?行政に期待をする?地域に期待する?そんな時代では無くなっている事をどうして理解が出来ないのだろう?そう考えると人生捨てた物でもない?空海は背中でその事を教えていた?

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島太龍寺舎心だけ(漢字変換が出来ない)

Img_2212

Img_2211

Img_2218

Img_2221

この道は意外に遠い。この道を空海は100日間欠かさず通った?と言われている。現在は道は整備されているが空海が修業をした時は「獣道」だったに違いない。この道を歩きながら真理を求める。現在人には到底マネは出来ない?

Img_2222

Img_2223

Img_2224
Img_2225

Img_2226

Img_2227_2
焼山寺。このお寺さんはこの前の札所から自転車で42キロ。歩いて「遍路転がし」と言われる厳しい山越えの道がある。その道に劣らなかった。自転車で42キロのうち最後の10キロは殆ど坂道。悲壮感にも余裕があったのは忘れていない。お寺さんの下で「善根の宿」があった。♨に連れて行ってくれた叔父さん。今でも元気かな。お寺さんに軽トラで連れて行ってくれた。

Img_2228
Img_2229

Img_2230

Img_2231
Img_2232

このお寺さんは5キロの山の上だった。山麓の道の駅で腹ごしらえをして覚悟を決めて登る。途中でどれくらい掛かるか聞いて笑われる。自転車で登る人は居ない。確かに。でもあの時は泊る宿を次の札所に決めていた。必然的に自転車を置いて行く訳にはいかなかったが、同じ事をした参拝者は今でも居ないに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

地方創生の現実が殆ど深刻な危機に直面?その原因は?

Img_2213

Img_2211

Img_2301

Img_2280

Img_2282

4年前のこの地を訪ねた時はこの正面に廻り込んでいた。この写真では分から良いがこの左は絶壁。右は草木が繁っているが落ちたら一気に滑落する?(樹に引っ掛かる?)手前に少し大きな凹みがあるので鎖がある。身軽。スリムで身のこなしが軽くないとへばりつきでは駄目。情け無い事に今年は前に進めなかった。

Img_2281
Img_2286
Img_2287

空海の前に立てなかったのでこの罰当たり。天照皇大神の祠に向かう。空海さんは国家安泰。当時の朝廷の庇護も受けているので親父の行動を無視していた?日本の歴史を知れば仏教も神道も密教すらも朝廷、為政者の関わりは小さくない?

Img_2288

Img_2290

Img_2291

空海が室戸の岬の方に向かって100万弁唱えた言われている念仏は「虚空像菩薩」の真言は100日間行われたと言われている。1日1万回。その厳しい修行は今でも行われていると言われている。

その声がこの野山を越えて日本中に響き渡る事は無いのだろう?安倍総理は今度の選挙でこれ迄の政策の成果を問うと断言しているが、有権者も是非その厳しい審判をしなければならない?「誰がやっても同じ」「選挙に参加しても何も変わらない」その結果が一部の人の利益になっている。そろそろそんな意識が求められている。この後、四国遍路旅の記憶が甦っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島から戻って来る。地方創生?地方は完全に限界集落になっていた?

Img_2133

Img_2134

Img_2136

Img_2139

Img_2140

アベノミクスの成功?失敗?今日公示された選挙の投票日は来月10日。今回の旅でその関係の無さに当然の様に思い知らされていた。間違いなくこの国の有権者の政治判断はそんな事は全く問題にしていない。地方が活性化しないとこの国の活性化は無い。全くその通り。

しかし徳島南西部の広い山間の地域にそんな行政、政府の取り組みは全く感じられなかった。そして多くの人が関係無いと思っている。許せないのは人々の幸せを行政と宗教団体がどう考えているのか見えなかった事?都会人にとってそんな事はどうでも良いのだろう?

そんな生き方がこれから続けばどんな未来が待ち受けているのか?その事を思い知らされていた。それでも懸命に生きている人はいた。親父の様に口先だけで能書きを告のではなく確実に成果を出していた。その飾らない姿は見ていて清々しさを感じていた。

本当に突然の訪問にも関わらず那賀町役場木頭支所地域振興室長のKさん。株式会社きとうむらN取締役。Ken'sギャラリーけいしょく&カフェのオーナーNさん。株式会社黄金の村K取締役。そして何よりも2泊も御世話に成った民宿「そわか」のミキさん。最後に徳島の駅迄偶然が重なり本当に感謝しています。何時迄も肩の力を抜いて頑張って下さい。

これからも及ばずながら応援しています。政治家の声のデカさが地方の人々の暮らしを豊かにする?それはありません。その為には多くの人がもっと豊かになって地方と交流が重なる事に違いありません。徳島は大阪から2時間と少し。那賀町は公共交通機関で和食迄1時間半。(これが長い)

木頭はここから更にバスで1時間。テレビで今日立候補した政治家がどんなに声を枯らしても地元の支持は保守と公明党?そんな政治を変えられない?これは全国津々浦々の現状に違いない。今日は早朝から空海が100日間修行をしたと伝えられている四国21番札所舎心山(しゃしんだん)太龍寺で舎心獄のお参りして来ました。

流石に鎖の上には登れなかったけれど。(それだけ老いたと思い知らされていた)一杯写真を撮りながら前回訪れた暑い夏の日を思い出していました。あの時はいきなり仕事がお役御免になり、迷う事無く四国の遍路旅をしていた。

ところが歩き遍路は出来無くてママチャリの旅。嬉々としていたのは平坦な道と山から下りる時。坂道と山道の登りでは溜め息だけでなく息切れ寸前を何度も繰り返していた。その度に立ち止まり息を整えながら、それ迄の生き方に慚愧の念を重ねていた。今回はどうだったのだろう?それは写真を見れば分かる。

Img_2146

Img_2147

Img_2151

Img_2152

Img_2157

Img_2159

ここが徳島バスの終点。この先は南部バスのマイクロバスが連絡している。生きも帰りもマイクロバスの乗客は親父と地元の人数名だった。バスの利用者は子供達の通学とお年寄りだけ。それも時間帯が限られている。

バスの便数も年々少なくなり、1時間に1本の便が昼間の時間は2時間に1本になっていた。バスが通っていない集落のお年寄りの交通手段は軽の車。車が運転出来なければ一気に生活は不便になる。これも日本各地の山村過疎の集落の現実。四国の道は車無しでは生活は出来ない。(これも四国だけでは無い)

Img_2161

Img_2162

Img_2168

これか昨日の写真。雨も上がって嬉々として歩いていた。大雨が続くと上流のダムの放水が重なり水量は一気に増える。対岸の堤防の半ば迄は水位が上がる?この上流部「木頭地区」はダム建設反対運動が強くてダムは造られていないがダム湖はこの上流に2つ?しかも広い。

最近は山からの堆積土砂の流れ込みで苦労していると言われている。これからはこの川砂もコンクリートの原料として有効に使える?(暫くはコスト的に採算が取れない?)それでもこれだけ公共事業が多いと川砂は貴重な資源になる?

Img_2170

Img_2171

Img_2182

ミキさんがウオーキングをすると言っていた静かな山間の道。それでも地域の人の車は結構ある。近くでロープウエイのしゃしんを撮っていたらパトカーにマークされる。流石日本の警察?親父は不審者?他所者には違いないが地域の宣伝を考えている。日本の警察も地域の治安に眼を光らせて下さい。

Img_2184

Img_2192

Img_2198

昨日は☂にも祟られずしっかりとバスで「木頭」迄行きました。車で1時間。バス料金。往復3000円。これでは気軽にバスを利用は出来ない。行政の補助も出来ない。当然お年寄りは車を手放せない。それでも地方創生?何をどう活性化するの?それはアナタ。自民党、公明党、野党でも得意な地域振興策。

これだけ過疎の地域が進んでもお年寄りは、地域の事を考えてくれる先生に1票です。ダム建設反対を貫いた木頭地域の選択は誰が何時、どのように評価が出来るのだろう?これも日本全国共通の厳しい現実。あれだけ騒がれた八ッ場(やんば)ダムの現在は全く報道しないマスコミ。

その厳しい現実は日本の各地にある。岐阜と富山の国境を越えた場所に造られた「御母衣ダム」。その電源開発の歴史も殆ど知らない。国策で造られた多くの水力発電の役目は終わったと言われているが、現実はどっこい生きている。

その歴史に貢献した多くの人の思いを、今どれだけの人が感謝しているのだろう?都合の良い事ばかり宣伝しながら「原子力がベースロード電源」それでも空海さんは感謝の心を大切に教えている?空海が造ったと言われる四国香川の「満濃池」現在の宗教の教えは政治の話は抜き?無宗教?

政治だけでなく宗教に関心が無い人が多いのも理解しなければならない?それでも無党派と言われる人の心を突き動かさないといけない。今日、雨の太龍寺の境内を歩きながらそんな事は全く考えていなかった。空海がここで100万回の念仏を唱えたと言われる崖の上の「舎心が獄」。同じ体験をしても悟りに至るのは無理だろう。その程度の生き方しか出来ない。

Img_2187

Img_2199

Img_2210

今日はしっかりとお参りをして来ました。「虚しく往きて実ちて帰る」この言葉は空海がこの寺で悟りを開いて満ち足りた思いを抱いたと後世の人が言葉にしている?19歳の青年は仏教のあるべき姿を求めて四国で修行を重ねているが、当時は無名の修行僧に過ぎなかった。

この後室戸の洞窟で「宵の明星」が口から体内に飛び込んで来たかの悟りを開くと言われているが、それでも遣唐船で中国の真言密教の教えを学び、中国の高僧「恵果」から全ての教えを授かるのは後世の事。そんな事を教えては呉れない?(この考えは親父の独断と偏見です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

四国那賀でも昨夜は大雨。今日も大雨が心配されたが傘を差さないで行動。

Img_2073

Img_2074

Img_2077

☂は朝には小降りになる。山肌を見ると天気はよくなる気配。今日の行動はここからバスで1時間前後山奥の「木頭村」。テレビで見た地域起こしの取り組みを見学に行く。処が柚(ゆず)で地域起こしと言われても柚の収穫時期は秋。今は加工場もお休みだった。それでも現場を見ると見ないのでは大違い?色んな人に会う事が出来ました。

Img_2079

Img_2080

Img_2082

Img_2083

Img_2084

宿から近くのバス停迄おかみさんの車で送って貰う。この時は少し雨が降っていた。そのバス停からここ迄なんと1時間。バス料金途中乗り換えで1500円前後?依然この反対方向(高知と徳島の国境)からバスに乗っているが、こんなに遠かったのか?(山間だったのか)思い知らされていた。

親父の故郷と同じ平成の大合併。町は広くなってもとても町とは言えない山の中。それでも地域の豊かさは都会に負けなかった。交通の便が悪いだけ。ところが四国の山間部は広い。(それは全国共通)都会に住んでいる人が知らないだけ。この徳島県でもネット社会とか言われているがそれは一部だけ。山間過疎地域の活性化は後退しているだけ。

中央政府、徳島の行政担当の人はこの現場をどれだけ知っているのだろう?そんな事も関係ないのだろう?明日は参議院選挙の公示日。名前と政党名だけの売り込みで候補者は政策を語れない?大阪では維新の会が2名の候補者。その1名は昨年迄自民党の女性。その自民党の候補者は女性の内閣官房。バリバリのエリート?

これからは女性の時代?それにしても有権者を舐めていないか?その程度の選挙民と思っているのだろう?大体保守自民党の長老が女性の地位向上を計る?少し考えれば分かるだろう?これからの責任ある政党は保守自民党しか無い?大阪で何をとぼけているのだろう?女性の地位向上とはその程度の事かい?

Img_2085

Img_2086

Img_2087

Img_2088

雨上がりの集落に人の気配はない。向日葵の花が迎えてくれる。目的のお店は簡単な様でそうではなかった。いくら静かな村とは言えきちんとした訪問先の確認が出来てい無いと遠く無い距離でも確信が持てなかった。最初に郵便局で大体の場所を確認してバス停から引き返す。通り過ぎていた。

Img_2089

Img_2091

Img_2094

立派な行政の支所が工事中だった。この前に優しい叔父さんにあって場所は確認出来たが折角の機会だから支所の窓口で担当者に「地域振興」の話を聞いてみる。担当者は休みで受付の女性から体よく断られる。そんな事で引き下がる親父ではなかった。(コラ)

Img_2097

Img_2098

Img_2104

「担当者がいなくても替わりの人が居るでしょう?」出ました親父の殺し文句。関西人はしつこい?えげつない?イエイエ折角ここ迄来て大事?な話も聞かないで聞き返す事は無い?そんな親父の話を横で聞いていた男性が更にとぼける。

「分からんなー」アホかと思いながら室内を見渡すとみんな一斉に下を向く。「ヤバい」脅している?そう思っていると所長が見かねて?声を掛けてくれる。「どんな御用でしょう?」そこからは用件は一気に話が進む。「ゆずの里」の話を聞きに来ました。ゆずで地域起こしをしている「木頭村」の話を聞きに来ました。

Img_2105

Img_2106

Img_2107

昨夜来の☂で川の水は濁っているがこの那賀川には多くのダムが計画され、上流部のここにはダムは反対運動で村は意見が分かれ、結局造られなかった。当然多くの補助金は打ち切られ地域の人達の生き残りをかけた「村の地域起こし」の一つがこの「ゆず」だった。当然行政はその責任を問われた。

ところが皮肉にもその結果は明らかだった。ダムが出来ても地域は衰退し今はその多くが人口流失?集落に賑わいは無い?それでもそんな事は都会人は何も知らない。マスコミ。四国放送は何を伝え何を検証しているのだろう?

徳島県庁も同じかもしれない?そんな事は無い?狭い道は拡張され道路はトンネルと橋で整備されていた?ただこの徳島高知を結ぶ国道。公共バスの便数は減り利用者が数年前より激減していた。地方創生の先端を進んでいると言われる徳島県でもこの有様。今度の参議院選挙で問われている安倍政権の政治と経済政策。この厳しい現実を知らないで何を語るというのだろう?目的の木頭村のお店は遠くは無かった。

Img_2111

Img_2114

Img_2115

Img_2116

ゆずの実はこの樹には無かった。ゆずの香りと味わいは手に取ってみないと分からないが話を聞かせてもらうと徳島木頭より高知の馬路村の方の「地域起こし」が先行してそのブランド力は中々覆す事が難しいと言われていた。ただライバルがいてその競争は切磋琢磨出来る。説明の話を聞きながら同じ事を考えていた。

Img_2117

Img_2118

Img_2119

Img_2120

これがゆずの実。予想以上に小さかった。収穫の時期になるとテニスの軟球のボール位の大きさになる。この絞りジュースは今ようやく関東名古屋九州で評価をされていると説明をされる。意外に関西の評価は厳しいと言われていた。なんだかんだ良いながら関西は「典型的な田舎」。柑橘の香りと旨味が意外に評価されない?

食い道楽の関西の名が廃る?そうではない?地域の特徴だろう?なんだかんだ言いながら関西は食い物に貧しいのだろう?贅沢が出来ない?だから食い物の番組が多いのだろう?芸人が美味そうに食ってる番組を見て満足する?それは無いだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

四国鷲の里到着。久々の絶景。正真正銘の「鷲」が迎えて来れました。

Img_2042

Img_2060

Img_2061

Img_2044

Img_2063

徳島の明日は大雨?予定ではここ和食(わじき)から車で1時間前後の、高知との国境に近い「木頭村(きとうむら)」の地域おこしの「柚(ゆず)の村」の見学。☂が強いと帰れなくなる?その時はこの宿でのんびりと本でも読みます?(オイ)

Img_2064

Img_2065

Img_2066

Img_2069

初めてこの宿に来た時は4年前?四国八十八ヶ所巡礼の旅?ママチャリで楽が出来ると思ったのは平坦な道が続く最初の10番札所位だった。藤井寺から焼山寺の通称「遍路転がし」の歩きをしないで済むとニンマリしたのは一時だけ。自転車では40キロを超える道を大回りしただけでなく10キロを超える登りを開き直って歩いていた。

Img_2062

Img_2058

Img_2056

しかし本当の苦しみはその後だった。焼山寺の苦しみはお寺さんの下の「善根」の宿の暖かいもてなしですっかり忘れる。翌日は一旦徳島市内に戻る。夕方雨に祟(たた)られるが徳島の宿は久々のホテルでニンマリしていた。それが次の日に甘い事を思い知らされる。

徳島からこの宿の近く鶴林寺は山の上だった。山の麓で声を掛けた高校生にお寺さん迄の時間を聞いて笑われる。「自転車を押して上がるのですか?」言葉を無くしていた。その言葉に「行くしかない」処が5キロの山道は地獄の山道だった。最後の1キロは息絶え絶えだった。そのお寺さんで予約した宿。納経所のおばさんが紹介してくれた。地獄で仏。予約した宿は女神がおかみさんだった。

Img_2070

女神は元気だった。あの時はいなかった「花子」が替わりにポーズを決めてくれる。

Img_2006

大阪から徳島迄のバスの所要時間はダイヤでは2時間半。実際は乗客が少なく到着は2時間と少し。往復割引で料金は7000円弱。もっと大阪と四国の行き来があっても良さそうだが大阪から徳島の利用客が増えるのは「阿波踊り」の夏だけ?何とも寂しい限り?そうは思わないのだろう?

地域振興とは政治家とお役人の飯の種?違うだろう?その程度の事も公共放送、民間放送、経産省の横滑り知事達には旗が振れない?徳島の那賀町でテレビを見ながら大阪と何も変わらない事にぼやいている。この素晴らしい環境を宣伝しても駄目だろうか?明日はぼやきの☂だな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

ストレス解消法?そんな物は無い。あるのは自分を大切にする事だけ?

Img_1973

Img_1974

Img_1976

明日の徳島行きのバスの切符を予約して受け取りに行く。大阪−徳島間はバスで2時間半。淡路島の交通網が良くなっているので徳島は近い。車で走ると意外に疲れるがバスの中からは景色も見れて最高です。明日は天気が良くないので期待は出来ないかも。それでも久し振りの徳島。楽しみです。

Img_1975

Img_1978

Img_1980

54年前。大阪駅東口(今は御堂筋口?)にはこんな無様な姿は無かった。国鉄が民営化されてJR西日本になってから、食堂街が造られその建物が壊されてすっきりしたと思ったら、今、又、立派な歩道橋が造られている?その歩道もいずれ取壊される?当然でしょう?大阪の表玄関が何時迄もこんな空間を残せる訳が無い?

Img_1999

Img_1997

Img_1998

大阪駅前。手前が阪神百貨店前。右側が大阪駅前。この下の地下通路は狭くて薄汚かったが段々綺麗になっていた。それでも通路の狭さは如何ともし難く、今、大々的な拡張工事が進んでいる。その完成が何と9年後。

その時迄どれだけのジジババが生きているのだろう?親父も長生きは保証されていない。生きていても間違いなくもっと山間の地で暮らしているの違いない。再びこの場所に立てる保証も何も無い。9年間の歳月はそれだけ長い事を誰も思い知らないのだろう?

9年前、何をしていたかな?派遣の監督?をしていたかな? 監督と言っても派遣社員の出勤確認と雑用。派遣先の会社の担当からよく怒られていた?会社の名前は何時でも言えるがそんな事も今では関係無い。派遣社員の待遇改善が今でも尤もらしく語られるが正社員の待遇とは程遠く最低だった。今でもその状態は変わらない?派遣社員を無くして待遇改善?してその実態とは?

Img_1982

Img_1984

Img_1985

大阪駅前の地下の土がこんなに見れるとは感激。ここは元々は湿地帯。そこにて鉄道を敷設して駅を造った時に、ここには大量の土が運び込まれた?その土が今こうして堀起こされている。この更に地下には湿地帯がありその下は?

Img_1987

Img_1988

Img_1991
大阪駅は数年前に綺麗になったがこの花壇のすぐ前が工事現場。この花壇の端に腰を掛ける人はいるが、外国人観光客の姿を殆ど見ない。大阪は外国人観光客の取り込みを計っているが見所は限られている。大阪の街はこれからも大きく変わるに違いないが駅前に年寄りの姿が本当に少ない。

それでもこれからの大阪は「副都心」東京に何を学び世界に何を誇るのだろうか?大阪人のど根性はその程度の物?おおさか維新?日本を変える?大阪がこの有様でも?自分達のアイデンティティ(大阪人の誇り。大阪人は東京やその他の都市、地域と違う帰属制?)それが無くなれば何の魅力も無くなる?

そんな事もどうでも良いのだろう?タイトルの解説。人の心も同じです。どんなに人から貶(けな)されても、批判されても落ち込む事は無い。難しいけれど。うつ病になると仕事もまともな生活も自己暗示に掛かって普通の事が普通に出来無くなる。その暗示を解放するのも自分しかいない。私はそんな人になりたい。

Img_1993

Img_1994

Img_2001

この看板の手前はバス停。この歩道はここで行き止まり。そのフェンスの外を歩くオバカがいる。この一番右の車道の端はさすがの親父でも歩けない。その道を平然と歩くオネエチャンがいる。写真を拡大して見るとその先にバス停がある。これで事故が起きないのか?さすが大阪?管理者は知らない事実?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビコマーシャルの効果。広告のマンネリ。商品の価値。

テレビコマーシャルの効果は計り知れない?それでも物は売れない?個人消費の低迷で景気の先行き見通しは厳しいと言われているが、テレビコマーシャルは何も変わらない?それだけでなく「これでもか」「これでもか」と何ともオバカな煩いだけのCMを見せつけられる。

そんな広告料の一部でも被災地の支援に廻せないのだろうか?東京都知事の公私混同は余りにも「セコイ」批判されているが一番ひどいのはマスコミの報道だけでなく、レベルの低いコマーシャルだろう?それは民放なら当然?生活が豊かになる筈が無い?それ位の事が問われる事も無いのだろう?

ストライクで勝負が出来ない巨人の投手陣。ストライクをきっちりとヒットに出来るロッテの打撃陣。右に左にウロチョロするキャッチャー。3点リードしていてもどっちが勝っているのか分からない?

今日負ければマタマタの同一カード3連敗。その原因は打てない、守れない、ストライクで勝負が出来ない間抜けな投手陣。明日からミニキャンプ? それも出来ない日本の政治と経済?どないしはります?その事は結果が見えている?

ならばやるべき事は見えている?自分の未来は自分で切り開け?オバカの仲間入りをする事は何も無い?テレビコマーシャルで商品名を垂れ流せば物が売れる時代は終わった事を知らない?そんな事もどうでも良い?確かにそうかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆で踊れば元気は百倍?NHK福岡。舐めとんのか?

公共放送?この言葉がこれ程のにオチャラケになってしまうと言葉は無い。殆ど眼にする事は無いから関係無いだろうと言われるが、放送のあり方は情報コントーロールの意味で大きい事を歴史に学ばなければいけない?

そんな事も関係無いと思っているのだとしたら公共放送の意味は無い。それ位の批判も無視出来るのだろう?最近テレビ放送から得る情報には全く関心は無い。それでも一方的に眼と耳に飛び込んで来る情報は本当につまらない。

世の中色んな人が色んな生き方をしているから色んな声がある。それ位の事も完全に無視されている。親父の住んでいる関西でもローカルニュースの伝え方は本当にひどい。オチャラケ、レベルの低いお笑い(しゃべくり、一発芸)食い物。何よりも馬鹿げているのは厳しい現実の放送が無い事?

「皆で踊れば元気は百倍」このローカル放送の現場は福岡。彼等は恥ずかしくないのだろう?江戸時代の終りにも同様の社会風刺?社会現象が起きた?バカ踊り。えじゃ無いか。そんな歴史も知らないのだろう?公共放送がそんな事をしても許されると思っている?管理者はそんな認識は無いのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

MacBook Proがフリーズする。内蔵電池が駄目になる予告?

Img_1937

Img_1938

Img_1936

親父の片腕?MacBook Proの調子がオカシイ。作動中に動きが止まる。よく言われる言葉「フレーズ」かたまる。仕方が無いので強制的に電源を落とす。再作動をすると立ち上がるが時間が掛かるし、パスワードを再入力しないと再起動しない。このままでは使えなくなる?アドバイスを聞かないといけない。

Img_1943

Img_1947

Img_1948

秋の様な雲が広がっているがまだ梅雨の終りも来ていない。駅前のアクセス道路に多くの車が止まっているがここは当然駐車禁止。それでも警察の取締は殆ど無い。時々思い出した様にパトカーが来て取締を行うが、教習所で勉強した路上駐車の違法性の認識がドライバーから完全に失せている。

最低の危機管理も出来無いドライバーが多くなっている。車は走る凶器だけでなく止まっている車もその要因に成る事が分から無いのだろう?数年前から婦人警官の駐停車の取締が行われない?何でやろう?車は公道の何処でも停められると思っているドライバーが多くなる?

Img_1946

Img_1949

Img_1950

楽しみにしていた北海道の旅は立ち消えになったが、その替り久し振りの四国那賀の風景が見れる。天気予報は良くないが初めて訪れた時は夏の暑い8月の終りだった。突然のお役御免。仕事が出来無くなっても途方に暮れる事は何も無かった。非正規社員の待遇改善?何をとぼけているのかい?非正規以下の日雇いの仕事をどれだけの人がしているのか?知らないとは言わせない。

その事が間違いだと言う事を選挙で思い知らされるのは何時の事だろう?財務大臣がとぼけているがアンタ達が支持されるのは「訳の分からないお年寄り」だとは知らないのかい?財政健全化も出来ない恥知らずが何時迄も支持を受けると思っているのだろう?

円安で株価が上がる?株価を上げる方法は唯一つ。日本人経営者に株式投資をさせる事だろう?何時迄も外人投資家に株を買ってもらいながら、日本の経済の基礎的条件は悪くないと大見得を切っても歌舞伎の笑い者にも劣る?それでも年間所得は億を越える。笑わせるな。それくらいの事も変わらないとタカをくくっている?

それ位の事も言えない日本のエコノミスト達。来週のイギリスEC離脱投票の結果が出る迄は如何ともし難い?嘘をつけ。結果が出てもその対応は一時的?アメリカの大統領が銃規制の呼びかけをしても何も変わらない事を思い知りなはれ。

オバマ大統領の役割は終わりました。日本の政治家も同じかもしれない。リオデジャネイロのサッカーの必勝祈願?天下の公共放送でもそれ位の事しか放送は出来ない?ブラジルのオリンピックの状態は危機的状態?大統領が失職?その代行者も汚職で追及されている?日本でも他人事では無くなるだろう?

Img_1955

Img_1956

Img_1963

今年の夏も暑い。親父は熱中症の心配は全く無いが短気で血圧も低くはない。体脂肪が多くてメタボな体型。どう見ても肉体的にも精神的にもスマートでは無い。短気は損気と言われるが自分の事しか考えられない?

しかしこの言葉が本当にそうならば、少しは政治も経済も暮らし向きも良くなる?そうはならない事を思い知らされるに違いない?その時どれだけ平静に生きられるか?その事を学習しないといけない?明後日の今頃は気持の良い風呂で3年ぶりのアカが落とせているかな?美味しいビールが飲めているかな? 待ってろよ。大阪の美味いたこ焼きを持って行くよ。(大丈夫。このたこ焼きはレンジでチンすれば味は変わらない)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は夏日。熱中症にご注意。花の寺の紫陽花も終り。

Img_1899

Img_1900

Img_1902

紫陽花も見頃を過ぎていました。何時迄も花の盛りを期待するのが無理だと言う事を教えられていました。毎日の出来事でも同じ事が言える。平然と人の思いを無視しながらそれでも自分達の利益の為には、その事を正当化する。

そんな会社の商品が何時迄も売れる?それ位の事が分からんのだろう?従業員のリストラをしながら自分は平然と大金を手にする。東京都知事がセコい?アホ抜かせ。日本の多くの経営者がどれだけ大金を手にしながら尤もらしい経営改革をしているか?殆ど知らされていない。

アベノミクスの経済政策も上手く行っている?それ位の事も分からんで政党支持?これから暑くなる。爽やかに貧しい人が生きれる社会。経営者にとって政治家にとってそんな事はどうでも良い?何たる社会だろう?

政治改革も出来なくても成長戦略も押し進めなくても支持される?そんな世の中が何時迄も続けられる?何とか損保?商品は売れなくても映像処理技術はNo.ワン?違うだろう?従業員はリストラしても経営者の報酬はNo.ワン?

自動車保険のコマーシャルを見ながら音声を慌てて消している。テレビも映像だけをチラ見しかしない生活になっている。この時間見るのは競馬中継。この放送もスポンサーはJRA(日本中央競馬会)この会社何で農水省の外郭団体?民間会社でなくてもテレビコマーシャル?来週は宝塚記念。どれだけの人が美味しい思いが出来ると思っているのだろう?そんな事もどうでも良い。

Img_1904

Img_1905

Img_1907

昨日は紫陽花の花を見に来たがこのお寺さんの秋の紅葉も又見事です。大阪池田からバスで10分足らずの所にある。このお寺さんは弘法大師が巡錫(じゅんしゃく)している。言葉の意味は錫杖(しゃくじょう)「鉄の杖の先に宝珠(ほうじゅ)をかたどった輪がありその中に金属の輪を6、又は12本通している。

鉄の杖を地面に突き刺せば虫、獣の悪霊を祓い、僧侶が読経の調子が取れる」をしながら修行、布施、托鉢(たくはつ)を行う。弘法大師空海は後世の人が偉大な密教の指導者として崇め奉っているが、その偉業は本当はよく知られていない?

Img_1908

Img_1919

Img_1923

国指定の「重要文化財」楼門。2階建ての門。室町時代に建てられたと言われているから空海は目にしていない?この見事な山門は現在は潜ることが出来ない。左に通用出入り口がある。この先に見事な紫陽花の通路がある。

Img_1909

Img_1912

Img_1915

Img_1916

Img_1918

Img_1924

Img_1925

これで今年の紫陽花も見納め。今年の梅雨もカラ梅雨かい?関東では雨不足とか言われているが政治に関心が無くても、雨不足には関心が無いとは言えない?それでも深刻な水不足にならないと何も困らない?だろうな?

Img_1926

Img_1929

Img_1928

Img_1934

具足(ぐそく)。この言葉は現在、日常生活で使われる事が無いので殆どの人が知らない。親父も知らない。(知らなかった)でもこの言葉の意味は親父の一番嫌いな言葉。よく現役の時批判されたがそれは今でも変わらない。

「不平」「不満」よく言われましたなー。今でも言われるなー。人間現状に満足したら終りです。現状に満足しないで知恵を絞る。その事の大切さを教えられない宗教団体。真言密教の教えもその程度?

空海は四国太龍寺で真言密教の教えを会得したと言われているが、この世のこんな無様な教えをどう考えているのだろう?高野山奥の院で今でも生きていると伝えられている「虚空蔵菩薩」の教えもその程度かも知れない?(コラ)。

今月22の日にしっかりお参りをしてその罰当たりな考えを改めなければいけない?それともこの罰当たりな考えが現在の自分を現わしているのかも知れない。「考え方を変えれば評価が変わる」「馬鹿に成りなさい」「馬鹿に成れば悩み苦しむ事も無い」あの魅惑のささやきは今でも変わらない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

梅雨の中休み?行政と全く同じだな?休むほどの☂も降っていない?

Img_1816

Img_1817

Img_1818

Img_1819

以前行政にクレームを付けた歩道横の植え込み?隣町でも他の全国殆どの街で雑草、植え込みの手入れは出来ない。地域の住民で綺麗な歩道横の花壇を整備している所もあるが大体がこの有様。文句を言えば(殆どの人は見向きもしないが)行政は専門の民間業者に委託する?

しかし管理の部署はきっちり定められている。彼等の言い分は「予算が無い」「人員が足りない」警察と同じ様な弁解だけ。どうしてナイナイづくしの発想を変えられないのだろう?ところがそうでも無かった。その現場も宣伝しときます。やり方は丁寧ではなかったが(草を刈っただけ。その草が既に伸びている)やる事はやっていた。

Img_1820

Img_1821

Img_1822

花壇の中は定期的に季節の花が植えられ、この場所の庭木がきちんと剪定されている。(プロの仕事には程遠いけれど?)ただこの花壇もいずれ無くなる?近くのお店の前の放置自転車の整備に常時2名のシルバーのオジさんが張り付いている。このオジさんの仕事を見直せばもっと街は綺麗になる?

ところがそんな発想が無い。何時迄も同じ事を繰り返している。お役所仕事の業務の見直しは何処の街でも行われない?何でやろう?問題とは思われない無いから?役所の仕事はこの程度のもんだろう?

Img_1823

Img_1824

Img_1825

行政の看板があるが定期的なパトロールはしていない?住民のクレームがあれば対応はする?それが自分達の仕事だと思っている?歩道横の植え込みの中がどうなっていようと関係無い?それは隣町でも同じ。地方の時代とか言われてもその程度の事が出来無くて何が出来ると思っているのだろう?

Img_1826

Img_1827

Img_1828

左は猪名川の堤防。この草も定期的には刈られない。草刈りにシルバーのオジさんを使えばどれだけの日当が掛かるのか知らないけれど、そんな予算は無い?そうでは無いだろう?この程度の仕事で問題は無いととぼけているのだろう?(責任部署に聞いて見ると言われる言葉は決まっている)「何が問題ですか?」その程度の事です。お役所仕事の見事な見本?

Img_1829

Img_1830

Img_1831

Img_1834

ここは堤防の上。綺麗に草を刈らないと何が問題なのか?お見せします。河川管理者はこんな無様な姿は知らない。人間は本当に情け無い。人に言われないとその是非が分からない?自分のケツも拭けない?そうはサラサラ思わない。

Img_1840

Img_1842

Img_1843

この先右側に善意の桜の若木の寄付がある。その善意を大切にしなければいけない管理者が、若木の廻りを草ぼうぼうにして親父からボコボコに言われる。その時も担当は言われている場所を知らなかった。今回はどうかな?そんな事は余り期待していなかった?

Img_1844

Img_1845

Img_1846

ぬ?草は伸びているが刈られている?草は手で抜くのが本当だがそれだけの丁寧な仕事は出来ない?業者の薄笑いが聞こえて来る?それでもこれくらいなら上等?どんな思惑でここに善意の桜を植えたのか?そんな事もどうでも良い?

Img_1853

Img_1848

Img_1854

Img_1857

Img_1858

Img_1860

桜の若木も大きくなっているが何故か枝分けれしている。当然と言えば当然?添え木の立派さも目立つ。最初からこんなに高くはなかった。桜木の成長と共に付け替えられた?この若木が立派に花を咲かせる時も近い。唯、生い茂る様になる迄見る事は出来無い?

Img_1862

Img_1863

Img_1866

これから梅雨の末期。☂がたっぷり降ると草は勢いを増す。それから始まる暑い夏。人間様は悲鳴を上げるが雑草は嬉々とする。それが自然界。ここは狭い堤防の上。その狭い場所に見事な桜の並木が広がる。その時は何時になるのだろう?

Img_1868

Img_1869

Img_1870

これだけ時間を掛けて足を止めたのは久し振り?草が刈られていたから嬉しかったのかも知れない?この先は少し歩いてバスに乗る。これは想定外。何だかんだ言いながらこの蒸し暑さの中を歩く意思の強さは失せている。(当然です。無理をする事は何も無い)

Img_1882

Img_1884

Img_1885

阪神高速池田線の延長。木部線?利用者は少ない。何故?この先は下道になる。その高架の下にある看板。この看板も殆ど目にする人もない。その看板をアップで写す。昔は(ほんの100年前)ここは寂しい池田の街外れ。それでも街道の交差点。行き交う人も多かった。今はその道を車がひっきりなしに走っている。100年先はどうなるの?それは現在人は殆ど生きていない?

Img_1886_2

Img_1887

Img_1889

手前のバス停で降りて再び歩く。3キロ弱ズルをしてバスに乗ったので疲れは全く無い。この先に静かな集落がある。人の往来が全く無い。時が止まっている?うんにゃ(いいえ)時は終わってはいない。都会の喧騒が無いだけ。車が通る県道?は集落の外を通っているだけ。その道は歩けない?(歩道が無い)

Img_1891

Img_1892

Img_1893

本日(昨日)の予定はここ迄歩いて来る予定だった。ここ迄歩くと市内から親父の足では2時間は掛かる。距離にして約4キロ。昔の人は親父の半分の時間で歩いていた?それでも仕方が無い。昔の人は歩くのが目的だった。今はそうでは無い。その証拠にバスでは7〜8分。その距離をノッタリと歩きながら写真を撮る。これが何よりの親父の贅沢。減量には殆どならないけれど。

Img_1894

Img_1895

Img_1896

Img_1897

Img_1901

到着です。久安寺。花の寺、真言密教の錬成道場。一般の在家信者以外でもお参りが出来る。親父は写真を撮るだけで大和尚から「お参りをしなさい」と戒められた事がある。親父は弘法大師は天才だと思っているが信者では無い。

来週、四国八十八ヶ所の21番札所太龍寺をお参りするが、空海の教えは何も分からない。そのお寺さんは空海が19歳の時、100日間山岳修行をしたと伝えられている。「西の高野山」と現在では呼ばれている。

以前は手前の札所鶴林寺からの6キロ足らずの道程を3時間以上掛けて歩いたと言われている。今は見事なロープウエイが山麓駅から10分で運んで呉れる。(親父は高度恐怖症で下は見れないが素晴らしい絶景が歓迎してくれる。)その山麓駅近くの民宿に泊まる。3年ぶりかな?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やって良い事と悪い事。それ位の事も分からない?

Img_1811

Img_1813

Img_1814

昨日は終日☂。この写真は一昨日の近くの猪名川河川敷。気持の良い風に吹かれていた。最近不快に思う事も少なく無いしブログにもそんな記事が多いと批判されるが全く気にしていない。どんなに人から批判されてもこの歳になると聞く耳さえ持ち合わせていない?何たる情け無い生き方と思う事も少なく無いが最近はその事を自慢している気がする?

ところがそんな無様な生き方の上を行く政治の世界?経済の世界?日々の生活?数年前にどう考えてもオカシイと思っていた「異次元緩和」。日銀の黒田総裁が2倍、2倍と得意げに語っていた金融政策が破綻している?

経済の事が分からないと馬鹿にされていたが、そうでは無い事を痛感している?どう考えてもおかしい事がこの国の金融政策の元締め?(日銀総裁)が言えば円安が進み株価は上がる。ところがこれは禁じ手を使っただけの政策だった事をこの国の経済界は批判をしなかった。日銀が国の金融政策を政府の思惑通りに行う。それは誤りだと批判する人は少なかった。

そんな難しい事は分からなかった?その代償を払わされてもそう言い切るのだろう?アベノミクスは成功?実態経済は悪くない?景気は緩やかな回復を続けている。雇用は回復してこの国の経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は悪くない。それは数値が明確に証明している?何たるゴマカシ?

その事が来週の木曜日(23日)迄問われる。この日はイギリスのEU離脱の賛成、反対の国民投票がある。その日迄円高は進み100円を切る?株式市場の平均株価は15000円を割る?そうなると日銀の金融緩和の打出の小槌も空振りに終わる?そうなってもこの国の経済政策は何も変わらない?そうは行かない事も殆どの人は理解出来ない?その程度の事だろう?

やって良い事と悪い事の判断基準もそれぞれ違う?昨日お勉強をしたアメリカのノーベル賞受賞経済学者の「アメリカ経済の間違いの分析と提言」は素晴らしいが国民の知識は「難しい事は分からない」その程度だろう?

その事は私達の国でも同じに違いない。多くの国民はそれ程賢くない。多くの失敗を学べない人でも手に出来る選挙権。その重みを今こそ思い知らないとこの国もアメリカ同様の指導者を求めるのだろう?先日大嫌いな放送局のテレビ番組で「ミッドウェイ海戦の教訓」を見る事が出来ました。

今では語られる事も無い悲惨な戦争の教訓。そんな事も知らないで自主憲法制定?戦争体験も戦後70年で全てが変わる?神風が吹くとか大和魂で戦いに勝つ事が出来ると思わされた歴史をコブシを握り締めながら見ていた。これからどれくらい生きれるか分からないけれど、そんな政治は許してはならない?(無理だな)かもしれない?そこ迄マヌケかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

異次元緩和の評価は誰がしているの?一般人は無理だとしても学者先生でも出来ないの?

大阪は今日は雨模様。大した☂では無いから出掛けられない事も無いが、今日はしっかり経済のお勉強?先週気合いを入れて手にしたアメリカノーベル賞受賞学者の「これから始まる新しい世界経済」。この本は教科書と銘打っているが親父レベルの経済知識では多くの事が理解出来ない。

まだ現状の問題分析しか読んでいないがいないが、解決策の提言が予想出来る。「多くの問題分析が出来てもその解決策は国民の意識の変革?」そんな事を提言して問題が解決出来る訳が無い。それ位の事がノーベル賞受賞の学者先生でも分からない?

この先生が安倍総理の消費税増税延期の政策決定を助言している。その間違いは間もなく明確になる?それでも多くの国民はその決定を支持している?その結果どうなるの?財政悪化。国の財政引き締め。経済の深刻な後退?その程度の過激な発言は期待出来ない?

今度の参議院選挙でも安倍政権が行った経済政策(いわゆるアベノミクスの成果)が争点になると言われているが、そんな事を考える事が出来る人は多くはない。その多くは「現状維持」(誰がやっても同じ)安倍さんはよくやっている。その程度の評価に違いない。

安倍政権の誤りは皮肉にも「異次元の金融緩和」「異次元の財政出動」そして決定的な誤りは約束した「議員定数の削減」「身を切る改革」「役所、既得権益の引き剥がし」が出来なかった事。今度の選挙でも現政権の国民の支持は変わら無いとマスコミは報道している。

その方が自分達の仕事をする上で都合が良い?その程度の事だろう。このままでは国内からの批判は大きくならず安定政権が続く。その事は国民にとってもマイナスにはならない?そう誤摩化されるのだろう?そう巧く行きますかな?無理だろう?ただそんな考えは多くはない。

殆ど国内のマスコミが公共放送?を除いて放送しないアメリカ、イギリス、欧州、ロシア、アラブ世界、インド、中国、その他多くの外国の国内事情。その大きな流れが深刻な社会問題を引き起こしている。イギリスのEU離脱問題。アメリカの大統領候補者の過激な支持者達。

全く放送される事のないロシアの経済問題。中国、韓国の深刻な経済格差。それでも自分達は関係無いと思う?それも違う?知らないだけ?そして深刻な問題を突き付けられても政府が何とかしてくれる?その程度かもしれない?

この国の経済学者の国際的評価は低い。多くの経済理論は古典的と言われる経済理論。安倍政権を支える経済学者の多くが国際的には全く評価をされない経済学者?その理由は現在の経済問題を「古典的経済学」の理論でしか説明出来ない? 国際的には評価が高い?(誰もそんな事は問題にすらしない)

それでも安倍政権の経済政策は多くの人が支持している?安倍政権の支持基盤はそう信じて世論調査結果でもその事が証明されている?これはトンデモナイ間違い。経済政策が間違っても自分達に都合の良い数字で誤摩化して行く?

その尤も分かり易い例が経済成長?民主党政権の経済政策の間違いを声高に叫ぶ事は出来ても、自分達の間違いには何一つ答える事が出来ない。そしてそんな政権が公明党の支持でこれからも続く?公明党は創価学会の宗教団体。

経済の事は何も分からない。それでも自分達の利益は守られる?(そうは思わないが)これから加速される高齢者の生活保障。低所得者対策。子育て世代の支援策。消費税増税はその為に行われると言っていた事が、選挙の為に先延ばしされる?(そうは言わないけれど)想定外の経済政策が見当たらない為?

難しい経済理論は分からなくても今何が求められているのか?それ位の事は考えないといけない?そう考えてこの本を読んだけれど結論から言わせてもらえれば?その事がアメリカでもイギリスでも日本でも問われている。

だが無理だろう。アメリカもイギリスも中国もロシアでも原油産油国でも現状を変えたくない人がその事を認める事は無い。だが悲観する事は何もない。自分は関係無いとどんなにとぼけていても他人事では無くなる。

異次元の金融緩和を得意げに語っていた日銀総裁の「苦渋の決断」は円高を加速している。この動きが止まるのは来週のイギリスの決断。「EUからの離脱の是非」その投票結果の予断は専門家でも分からないと言われるほど国論は分かれている。

若者達は残留希望者が多く高齢者は反対が多い?それも違う気がする。この投票結果は世界経済に大きな衝撃を与える?それはこの本を読み終わった最大の収穫かもしれない?何も変わらない?それでも地球は廻る。これはガリレオガリレイの言葉と言われている。

ガリレオは歴史上の偉人。しかし生きている時には厳しい弾圧を受け不当な裁きを受けている。親父さんもガリレオになりますか?それは到底無理。知識のレベルが違う。ただこの国の学者先生にそんな人を紹介出来ないマスコミ関係者?これは知らないといけない?舛添辞任。その程度の事しか報道出来ないのだから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日は暑かったけれど実感は無し?エアコンの効いた部屋でブログを書いていた?

Img_1786

Img_1787

Img_1788

それでも夕方は近くのお気に入りのお手軽な散歩コースを歩く。最近手にしたメイドインジャパンのミズノのウオーキングシュ−ズをお店で指導された様に靴も紐をしっかり締めて歩き始める。歩き方は父親から小さい時に軍隊の歩き方を聞いていたので悪くない。

ただガニ股だけは如何ともし難い。ところが不思議な事その歩き方迄もが変わる?靴の先端が開いていない?まさか?内股になっている?ジジイのオカマかい?(コラその言葉はハラスメントになるよ)大丈夫。何時迄もは続かない。

Img_1789
Img_1790

Img_1791

Img_1792

関西でも関東ほどでは無いけれど今年はまとまった☂は少ない。それでもこれから梅雨も末期。間違いなく☂は多くなる。それでも叩き付ける様な☂はあるのかな?最近よく聞かれる想定外。想定の範囲が限られているだけでなく自分の固定観念で平然と使われている。

この河川施設も工事が完成した時も今でも通行禁止。ところが多くの人が平然と渡っている。これから夏を迎えると格好の子供達の遊び場となる。水難事故が起きないと通行は禁止出来ない?日常の生活でも多くの事がもっともらしく口にされるけれど、多くの問題は都合よく解釈される。それが想定外になった時、どんな判断が出来るのか?問われている。その程度の事だろう。

Img_1793

Img_1795

Img_1796

この写真で見ると綺麗に見える猪名川の水が綺麗になっている?悪臭がしない?この数百メートル先に可動堰が立ち上がり水を3メートル塞き止めているが放水路からしっかり水は流れているからだろうか?

それも関係無い。そうだとしたら原因は何だろう?それでも水は汚い。それをこの流れが隠しているのだろうか?それは匂いを嗅げば良く分かる。その悪臭が消えている?これだけ水の流れが綺麗に見えると格好の子供達の遊び場になる。タダでこれだけの環境が揃えば文句は無い?ただ危険は手をこまねいている?
Img_1798

Img_1799

Img_1800

この浅瀬の先は結構深い。大人は立つ事は出来ても子供は立てない。この深みを大人がどれだけ眼を光らせる事が出来るのだろう?も少し堰を流れ下る水かさが多いと簡単に流される?(余計な心配?)かもしれない。

Img_1802

Img_1803

Img_1804

平日の夕方。幼い子供達はいない。1組の親子が遊んでいた。その先は整備されている広場。大雨が降ればこの場所は完全に冠水する。その対策が取られない事が不思議でならない。それも想定外?信じられません。

Img_1806

Img_1807

Img_1809

Img_1810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

政治家の批判。辞職。それでも何も変わらない?

Img_1778

Img_1779

Img_1780

東京都知事が辞職して次の知事が注目されている。有権者の投票行動は何も変らない?他人事みたいに批判しているがその人を支持した政党、組織、団体は責任も問われない?それだけでなく同じ事を又繰り返す?そんな事が許されると思っているオバカな政治家達。

アベノミクスは失敗してはいないと明言しても誤摩化せると思っているのだろう?事実そんな世論調査結果をマスコミは宣伝している。結果はそうかもしれない。国内ではその程度の評価しか出来ないのだろう?ところがアメリカの投資家は既に見方を変えている?

そんな危機感を持てないエコノミストが尤もらしく経済解説と景気見通しを語る?どう考えてもおかしな状況にツッコミが出来ない一般庶民?オカシイだろう?おかしくありません?そう言われてアメリカの経済学者(日本の消費税増税延期を安倍総理の熱く語った人)の本を買ったがこの本が又理解出来ない。

今、日本人に欠けている事はアメリカ人、アメリカのノーベル賞受賞の経済学者でも同じなのかも知れない。アメリカの経済政策の誤りを語りながら日本の誤りは語れない?そうでは無いのかも知れない。今、本当にこの国に求められている政治と経済政策。それは景気を良くする事ではなく不平等を無くす事。

その方法は共産党が言う金持ち、大企業から税金を取るだけでなく、全ての生活レベルに税の負担を公平に行わせる事だろう。企業の多くが利益を出せなくて法人税も払わなくて経営者は高い報酬。生活保護者は税金も医療費もタダ。そんな経済の仕組みが何時迄も続く訳が無い。

それ位の指南も出来なくても評価がされる。消費税増税延期賛成?だったら財政再建はどうしてやるの?それ位の事も分からんのだろう?肝川の行き止まりから淡々とした思いで引き返していた。次の戦略を考えていた。明日は天気が良くないので今日と同じお出掛け無し?又太るよ。

Img_1781

Img_1782

Img_1783

Img_1784

戻って来ました。でもバス停迄はまだ遠い。ここは人の手が足りなくて段々、農地が荒れている。この地主の人と話をして綺麗な田畑を甦らせる?(余計なお世話です)山も近いがその下刈りも段々地主は出来無くなる。その対策は難しい?(後継者が居ない?)居てもそんな手間は掛けられない。そして地域は崩壊して行く?何でか立ち入りが出来ない電流が通っている電線が張り巡らされていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舛添知事辞任。ただその経緯は党利党略?何たる無様な姿?

Img_1729

Img_1731

Img_1732

何たる看板だろう?昨日の続き。この奥は猪名川町「肝川」。正式には上肝川。この地域が下肝川。この先は「集落はあるけれど正真正銘の限界集落」と言われて自分の眼で確認。この看板を見せつけられると流石に悲しくなる。

時代の流れは如何ともし難い?それならば何故今「地方創生」を政府が叫ぶのだろう?言っている政策は何を根拠にしているのだろう?それは交通網の整備?それも違う。単なる人気取り。その人気にもならない山村過疎の村々は道路も整備されない?

違うだろう?政治家がダラシが無いとこの様になる。そしてこの現実は親父も全く知らなかった。これからの高齢者は街中で住みたい人が多いと言われている。その理由も単純明快。歳を取ると「がんねんが適わなくなる」?(体が思う様に成らない)病気をしても田舎暮らしでは駄目だろう?

ところがこの発想はこれからは通用しない。その事が分からない?歳を取るとこの国の政治、経済、福祉、介護の実態を知らない。昔から多くの人々はそんな事には疎い?少し考えれば政府のゴマカシに気が付くと思える事が平然と思われている。

嘘だと思うだろう?親父もそうだった。信じられない事に多くの高齢者はこれからは安心して公的介護を受けられない? 今、どれだけ多くの人が大変な思いで身内の人を介護をしているか?間抜けなマスコミは殆ど知らせない?何でや?自分達の利益にならないから?

どんなにマスコミが尤もらしく政治家を批判してもこの国の高齢者福祉、若い世代の子育て支援を正確には伝えられない。?なんでや?そんな事を分かり易く報道すると困る人がいる?自分達の利益が少なく成る?その為に口利きをしながら政治家を支援している?

それ位の事をこれから考えないと地獄を見なければならない。いいえ、既にそんな地獄を見ている人も少なく無い。オチャラケのテレビを見ながら笑っていると他人事では無くなる。そんな危機感があるのだろうか?無いだろう?

これからその厳しい現実を目の当たりにしないといけない。東京都知事辞任は他人事では無い?辞任が当然と他人事の様に言っているが、その知事を選んだ人は誰だったのか?自民党、公明党の支持者達には無関係だったのか?もっと言わせてもらえばこれがこの国の政治と金の問題だろう?

身を切る改革、議員定数の削減の約束を守れない政党を支持している人も関係無いのかい?そんな改革が出来ない国が国際的に支持される訳が無い。アメリカ、イギリス、中国、他国を他人を批判しながら自分達は正当?そんな時代は何時迄も続かない?日本の官僚は優秀と言われて来た。ところが先日の総務省の無様なタレント募集?アホだろう?その責任は誰も取らない。

Img_1734

Img_1735

Img_1738

確かの道は狭い。右は山。左は崖。その下は肝川。この道は何時造られたのだろう?この道を広くするには左の杉を切り倒して崖をコンクリートで補強しなければならない。そんな事はこれから先も出来ない。そして何時かはこの先には人の生活が無くなる?それも自然の成り行き?しかもこの事は日本全国で当たり前の様に進んでいる?

Img_1739

Img_1740

Img_1741

Img_1742

Img_1745

打ち捨てられたお地蔵さん?今でもきっちりお参りをされている気配は残されていたが人気は全く無い。近くの川の流れは素晴らしいが行き交う人も全く無い。奥の集落に出入りする車に稀に出くわすだけ。静かな道は2キロ足らず。

その道を淡々と歩いていた。四国八十八ヶ所。山の中を自転車を押しながら歩いた道を思い出していた。あの川は広く深かったが橋の上から眺めた清流は今でも変わら無いに違いない。ダムが無ければ清流は何時迄も変わらない。?

Img_1746

Img_1747

Img_1749

Img_1751

Img_1753

Img_1755

Img_1756

山間の道を抜ける。少し盆地になるが山は遠くならない。道はこの先完全に集落の道になる。この先に車の転回場所がありその先は狭い集落の道。車は地元の人しか入れない?ただその看板は無かった気がする。集落は親父の田舎より少なく道は整備されてはいなかった。歩ける所迄歩く。

Img_1759

Img_1760

Img_1761

Img_1762

この道を登る。案内看板は何も無いからこの道は集落の人が通る生活道路。軽トラしか通れない。この先は完全に道が無くなる?行き止まり。何処迄が公共の道で何処からが私有地なのか分からない。親父の田舎より行政の管理は出来ていない。その理由も分からない。人気は無く不気味。これが田舎の典型的な現実だろう?地方のよくある光景?それでも地方創生?バカだろう?

Img_1763

Img_1766

Img_1767

ここで完全に公道は終り。もっと前に終っているのか分からない。ここ迄歩いて来ても無駄と言われた意味が分かる。集落がある限り行政のサービスは欠かせないがその気配は無い。この先はも少し歩くと山の中に入るがその先は宝塚市。その1キロ足らずの道が歩けない?

その道を民間のボランティア?がマウント自転車が通れる道を整備していると聞いていたが行政の支援が無いと無理だろう?その話はまだ聞いていない。その話は面白いに違いない。山道を整備するのもお金が掛かる。そのお金の出所が問題です。答えはまだ分からない。意外や意外かも?

Img_1768

Img_1770

Img_1771

Img_1772

流石にこの先は進めない。道が整備をされていないと言う事は立ち入り禁止と言う事だろう?そうでは無い?その事を教えて貰えばこの先進むべきか、そうで無いかが分かる。昨日の感じではその答えは出ていた。それ以前にここ迄来る価値すらなかった。青年から教えられた言葉の意味が良く分かる。

ただこの先を抜けて宝塚の北東に出るハイキングコースは整備する価値は在るかもしれない。その価値すら無いのかそれも分からない。この東に少し離れているが「多田銀山」がある。その奥に抜けるハイキングコースを久し振りに歩きますか?その道は整備されているのでこんな心配は要らない。

Img_1774

Img_1775

Img_1777

帰りの道は来た道を計算しながら歩いていた。この道をもう一度来る事は無いだろう?そう考えると何故か無念でもあった。これだけの素晴らしい景色がこれだけ近くで見れてもその価値が無い?そんな事は無いと思いながら有りだった。

行政は猪名川町。兵庫県。国は地方創生。地方は深刻な過疎が進んでいた。こんな処で涼しさを満喫する。そんな贅沢は銭にならない?銭に替えられない「健康」そんな時代は必然では無いのだろうか?ならば自分で手にすれば良い。そう考えていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

人事で女性活用?考える事がセコくないか?人事の肝は人材の活用だろう。アホ。

Img_1691

Img_1692

Img_1693

Img_1694

Img_1695

先週始めて訪ねた「肝川」。バイパスを走るバスの停留所から坂道を下ると音の無い風景。正面の棚田を見に行く。家は一軒しか無いので細い道しか無い。それでも軽自動車は通れる?暑い日差しの中を眼を輝かせながら歩いていた。

Img_1701

Img_1702

Img_1705

近くに来てみると意外に田んぼは広い。稲も見た感じ田植機で植えられていない感じがする。このご時世そんな事は無いだろうが手植えの感じがする。それ程に整然としている。プロの仕事。アタリ前田のクラッカーと言われそうだがそんな事を言われても分からない。

この上のお宅で農作業の話を聞きたかったが焦る事は無い。少しずつこの地域の様子を窺いながら話を聞けば良い。そんな人に出合う事が出来ました。今日は色々教えて頂いてありがとうございました。又、よろしくお願いします。

Img_1710

Img_1708

Img_1707

親父の故郷と同じ風景が広がっていた。しかし全く雰囲気が違う。親父の故郷は近くに日豊本線が通っている。国道10号線が通っている。共通点は過疎。それでも親父の故郷の方が開けているかも?ただ間違いない現実は「地方創生」とは程遠い。そんな現実にも眼を向ける人もいない?

女性活用を口にする政治家達。こんな現実は知らないのだろう? それでも内閣官房の仕事にTPPの仕事は終わっていない?農業のあり方が問われて久しいが、この厳しい現実と政府の間抜けさは何も変わっていない?

「地方創生とは何?」その事を思い知らされていた。この集落の奥は行き止まり。抜け道は無い。その途中の道も整備は全くされていない。地方創生の進め方はこの街には無い?猪名川町。消えいく集落より新興住宅地の整備?その方がどれだけマシだか分からない?

あなたの知らない厳しい現実を思い知らされていた。親切な青年に教えられた「何にも無い集落」は本当に何にも無い村でした。この集落のまとめ役は未来の設計図は手にしていないのだろうか?これは聞かないと分からない?

教えてもらえる人もいないのかもいないのかも知れない?役場に聞いてみますか?止めましょう。馬鹿にされるだけです。自分で考えて見ましょう?色んな村や町が日本の各地で消えて行く。それでも「地方創生」来週の四国那賀町の地域活性化の取り組み?楽しみにしている。太龍寺の空海の遺跡は何を教えて呉れるのだろうか?(余り期待しないで下さい。失望されると困るから。)

Img_1712

Img_1715

Img_1716

先日お参りをした神社の近くにある曹洞宗のお寺さん。「陽泉寺」。正面の急な階段が男坂。現在は安全対策としてチェーンと柵が設けられている。左から登って行くと立派な坂が続いていた。この小さな村にこれだけのお寺さんと神社があると言う歴史に言葉が無かった。

Img_1717

Img_1719

Img_1720

お寺の中はひっそりとして誰にも会う事は無かったので話を聞けなかった。先週訪ねた隣の神社は無人だったが、このお寺さんは住職は後継者が健在。静岡掛川の大雲院さんと同じ経過。何時の日か話が聞ける事を楽しみにしている。

Img_1721

Img_1722

Img_1723

Img_1724

Img_1725

Img_1727

お寺の山門を後にしてもう一度目の前の棚田を見る。これから梅雨の大雨に耐え夏の暑い日差しを受けて苗は一気に成長をする。そして収穫の秋。黄金色の稲穂が首を下げる。稲刈りの前にこの景色を何度見れるかな。この肝川集落はこの先1、5キロ先にも集落がある。その先は行き止まり。

(実際はマウンティンバイクなら通り抜けられる)と聞いていたが引き返す。その道を通った人がいる。そのブログも「猪名川肝川」で検索出来る。しかし基本的には1人ではお薦め出来ない。色々話をしてくれた青年も足を踏み入れてはないと言っていた。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この間抜けな役人達。マスコミ関係者。そしてその支持者達

役人達が国の為に税金を使って宣伝活動をする。どんなつもりか知らないが、その事が国の為になると思っている?嘘をつけ。自分達の政策を宣伝する為なら何でも有り?それでもそんな政府が支持される?アホやろー?アホです。

しかしそれが現実。地方創生の言葉も殆ど聞かれなくなったと嘆いていたら、情報発信の若い女の子募集?若い年齢制限迄付けて身長、体重、写真迄要求?アホか。アホです。総務省の役人。批判が多くて計画は中止。

何たる無様な役所だろう?そんな役所の改革も出来ない政治家が支持される?世論調査とやらのマヤカシでこんな人達が支持される世情?ところがそんな事もどうでも良いのだろう?東京都知事も世論の批判の高まりで辞めさせられる?誰に?それも選挙に与える影響の大きさからだろう?

そんな批判はうっとおしい?何たるオバカな国民だろう?自分達で自分達の問題を解決出来なければ、他国から激変を求められる。そんな事も関係無いと思っているのだろう?我が国は単族と言われているがそれもこの国の歴史を知らないだけ。

現在の素晴らしいと言われているこの世の中は大陸(中国)のみならず半島(朝鮮)の影響だけでなく、多くの民族の集合体である事を知らないだけだろう?この国の権力者だけでなく多くの歴史を知らないオバカがヘイトスピーチを口にしても、それは本当に歴史の侮辱である事すら理解出来ない?

今度の参議院選挙の争点はそんな選挙である事も殆ど知らない。そしてこれからもこんな政治が続く?島国で泰平の世の中が何時迄も変わらない?そんな歴史が江戸時代でも続かなかった事をマスコミすら伝えられない。

アメリカ、ヨーロッパ、中国、多くの地域で世界は今、大きく変わろうとしている?それでもそんな事は何も知らないでオバカに生きられると思っているのだろう?いずれそんな生き方に鉄槌が下る。

その証を求めて来週の前半は四国を旅する。短い日程では何も分からないだろうが、親父にとってそれがせめてもの慰めかも知れない?弘法大師空海が19歳の時100日間の山岳修行をしたとして知られる「太龍寺」。そこから更に車で1時間山奥の「ゆずの村」

中央官庁のオバカな政策とは全く関係無い世界がある?そんな情報をしっかりと脳裏に刻まないと親父もオバカの仲間入りをしないといけない?四国の吉野川は知られているがもう一本の大川「那賀川」は殆ど知られていな。その情報を発信しないといけない?(そんな事はどうでも良い?)だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

消費税増税延期が支持される。その反対に社会保障は後退?

Img_1687

Img_1688

Img_1689

大阪梅田阪急駅の一階。この場所を知る人は関西人でも多くない。久し振りに足を踏み入れる。夕方、夜の賑わいが始まる少し前だから行き交う人も多くない。アメリカのノーベル賞経済学者「スティグリッツ」新しい世界経済の本を買い、この通路を通って1週間先の徳島行きの高速バスの時間と料金を確認する。

予定では始めての北海道東部の観光旅行を計画していたが、熊本、大分の地震で頭を殴られた気がして行き先を変更する?(意味が分からない?)説明が難しいが親父でも良く分からない。世論調査では政府の被災地救援、地方の活性化の対策は支持されている?何処を見てそんな事が言えるのだろう?

観光旅行で梅雨の無い北海道の素晴らしさを知る事も大事だが、そろそろ人生の終りを意識しなければならない。競馬で言うと(競馬は知らない?)ゴール前?その手前の直線半ば?地方は今、本当に厳しい。親父の田舎と同様に四国徳島の那賀川流域。広い山村の限界集落の取り組みを勉強しないといけない?どうして?それが分からない。アンタ1人で考えた処で何も変わらない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

蒸し暑い気温を爽やかに感じる城跡公園の満開の百合

Img_1619

Img_1620

Img_1621

夕方傘を差して小雨の中を近くの城跡公園のユリを見に行く。雨模様で夕方だったので見物人は居ないとニンマリしていると、眼の前でオバちゃん二人が歓声をあげていた。「気持は分かるけれど」と思いながら少し間隔を空ける。

Img_1623
Img_1624

Img_1626

これより城内。見事なユリが満開の時を迎えていた。手前のユリは琴のお師匠さんの鉢植えの物。これも又素晴らしい。城跡公園にはこの太鼓橋を渡る。京都三条大橋とは比べ物にならないが、静かな時が迎えてくれる。

Img_1627

Img_1629
Img_1630

カラスのカアチャンが親父の気持を推し計っていた。少しの間、対話をしているとオバちゃんとの感覚が一気に開く。遠くからユリを写していると少しピンボケ。それも愛嬌です。(誤摩化してはアキマヘンえ)

Img_1632

Img_1633

Img_1634

Img_1635

Img_1636

Img_1638

何も親父が自慢する事は無いが何処かの百合子さんとは大違い。(コラ)ユリの花言葉は「純潔」「威厳」。しかし言葉の印象とは裏腹にそんな人は殆ど居ない?男でも最近の男はダラシが無いから同じ様な物かも知れない?(アチャー)

Img_1639

Img_1641

Img_1643

Img_1644

もっと素晴らしいユリ園が大阪にも少なく無いが、毎年楽しみにしているユリを誰にも邪魔をされないでみる事が出来たのは何よりの歓びだろう。明日も大阪はうっとおしい天気が予想されるが、心は何も妨げられる事は無い。

Img_1645

Img_1646

Img_1649

今日は久し振りに天守閣に登る。天守閣と言ってもそんなに高くない。この池田の城はこんな立派ではなかったに違いない。?戦国時代のこの城の評価は高くない。戦略上の重要拠点はここから西南の伊丹だった。伊丹の「有岡城」荒木村重の武士の風上にも置けない間抜けさを知る人もいない。

Img_1655

Img_1656

Img_1658

Img_1660

天守閣から見る夕暮れも静寂の時に包まれていた。天気が良いとこんな訳にはいかない。大概カップルか子供連れの家族が上がって来る。そしてジャカマシイ。そんな空気は何処にも無い静けさを独り占めにしていた。

Img_1663

Img_1666

Img_1669

Img_1666_2

Img_1670

夏になるとこの舞台で薪能が行われる。しかしこの街の文化事業団は金を取る。文化事業団とは慈善事業では無い?それでも親父的感覚は折角の文化事業を有料でしてほしくない。この街の文化事業は殆ど見る処はない。

せめてその罪滅ぼしに寄付を募りボランティアで行事を進められないのだろうか?その程度の感覚は無い。だから一度も見たいとも思わない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン食って本読みますか?オバカな競馬中継を見ててもつまらない?プロ野球?ソフトバンクの強さに恥を知れ。

Img_1528

Img_1529

Img_1530

日本各地の農村の現在の風景。都会人の多くはこんな景色を簡単には見る事が出来ない。東京の中央官庁のエリート達もその多くは子供の頃には地方で過ごしているが、東京大学、有名市立を優秀な成績で卒業すると関係無い?

多くのマスコミと政治家、経済界、学者先生、エコノミスト達が尤もらしく今にも実現するかの如く発言していた貿易の関税の撤廃。その結果米の値段は安くなり消費者には多くのメリットがある?ウソ八百?それでも農業の改革は進め?どんな改革か知らないが総理大臣は全国遊説でその話が出来ない?

何たる無様な姿だろう?何で?多くの人が知らない自民党の支持基盤。地方の農民票。そして都市の伝統的な保守基盤。東京都知事のみっともない税金の公私混同。その支持者の多くは自民党と公明党の支持者。彼等は今他人事の様に知事の辞職を口にしているが、支持をした自分達の愚かさは全く恥じていない。

舛添知事は自民党、公明党、政府の支持で東京との知事に当選している。その思惑は都政の刷新でも何でもない?東京オリンピックの成功?その程度の公約だけで支持された知事にどんなに非難の声が上がっても、何とか頭を下げてその場を凌ぐ?その程度の事しか出来ないだろう?ザマーミロ。

同じ事が米の関税引き下げにも言える。政府は長い間農家を保護して来た。その理由は簡単。自民党の支持基盤は地方の農村部が圧倒的に強い。なんだかんだ言った処で都市では反自民の有権者が多い。それだけ不満が大きい。

その不満を吸収して大きな勢力になったのが公明党。この党は長い間、反自民野党勢力で自民保守政策を厳しく追及した事も過去の話になっている。公明が自民党の補完勢力になった背景は皮肉にも自民、保守勢力の後退。

公明党は今度の選挙でも全員当選?創価学会の支持者達は現在の多くの批判をどう受け止めているのだろう?その事を追求出来るのは皮肉にも共産党しか居なくなっている。その共産党を支持しない多くの無党派層は今度の選挙でどんな反応を示すのだろう?

選挙に関心を無くす?それだけは何としても防ぐ?そんな受け皿はまだ無い?しかし嘆く事も喚く事も苛立つ事もなにも無い。太平の世も何時かは脆くも崩れる。アベノミクスの成功とか失敗とかもどうでも良い。

自分達の生活でどうとも言える。今は経済的にも政治的にもこのままで良い?そうはいかない事を外的要因で思い知るしかないのだろう?今年初めの金融ショックがやって来る?マスコミが殆ど伝えない世界の厳しい現実。その火が吹いた時、評論家達はどんな弁解をするのだろう?読売と同じだな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

野党共闘は野合?ならば自公は何?共産党は許せないが公明党とは許せる?オバカだろう?

Img_1605

Img_1604

Img_1606

今日は昨日の暑さは無かったがお出掛け無し。テレビを見ながら本を読んでいた?(そんな読書があるのかい?)ありません。どっちも中途半端?競馬中継も馬券を買って居ないし先日手にした「天平の甍(いらか)」は読めない漢字が多過ぎる。小さいルビが振られているがとても楽しくは読めない。

Img_1599

Img_1600

Img_1601

昨年の春完成し夏の大雨で埋まったこの堰。国土交通省猪名川河川事務所の工事課長はこれは堰ではなく「床固め」河川工事施設と呼んでいた。しかし、誰が見てもこれは堰だろう?この河川工事の施設が夏の洪水で見事?に埋まる。

それでもそれは想定内?昨年の暮れ、この堆積土砂は大型重機で取り除かれる。川底を掘り下げ水路を作り多くの土砂が取り除かれた。当然現在の土砂は全く無かった。それが今年の数回の増水で様子が変わっている。これで今年の大雨で洪水が流れ下れば様子は一変する。それも想定内なのだろうか?

Img_1607

Img_1611

Img_1613

こちらが河川敷内。対岸が堤防。その下に河川敷の広い通路があるがグラウンドは無い。堤防はこれだけしっかりしているので氾濫の心配は無いが、手前のグラウンドは簡単に冠水する。その原因がこれ。殆ど問題にされていない。

Img_1614

Img_1616

Img_1618

この道は堤防から街中に戻る道。右に墓地。市営の葬儀場がある。どんな人でも早い遅いはあるけれどお世話になる。そんな当たり前の事をこの散歩コースは意識させてくれる。この道の左は住宅地。その住民も千差万別。ただ年寄りのオバチャン達の感じは余りよくない。挨拶を交わせる人は居ない。

Img_1617

Img_1609

Img_1612

この景色は大好きな一コマ。背景に見える山は天下の「六甲山」阪神タイガースの低迷もどこ吹く風?人間様は本当に愚かです。野党は野合。自公は協力?その違いが良く分からない?六甲山が笑っている?阪神タイガースが笑っている?一番笑われているのは貧乏人かも知れない?

選挙で変われ?太鼓を叩いても無理だろう?保守と宗教団体が笑っている?なんだかんだ言った処で何も変わらない?それは歴史を知らないから?それも違うかもしれない。何故なら本当の歴史を知る人は居ないに等しい?

日本がアメリカに国土を焼け野が原にされた事すら殆どの大人は知らない?アホやろう?アホです。それでもこの国は自由で民主主義で住み良い国。それが常識です。ただ保守と宗教団体、右翼と共産党は好きには成れない。

現状の既成事実、既成概念をぶち破るには色んな方法があるが、現実的には過激な考え方しか現状の改革は出来ない?その典型的な事例が公明党、創価学会の自公連立。こんな誤り?が全く批判されない。野党対立を無くして一本化しないと自公とその他の賛成勢力で憲法改正が実現する?

そんな事は許されない。野党は連携をする?それが野合だと批判されている。確かにそうかもしれない。そしてその言葉に乗せられて何も分からない人は安倍さんを支持し、公明党は創価学会員が支持し、共産党は共産党員と支持者が支持する。

特定の政党を支持しない無党派の人達はその時の思惑で個人に投票する。そして有権者の三分の一は投票権利を行使しない。それで何が変わると言うのだろう?自分達で自分達の国を変えられない?戦前の間違いを学習出来ないで同じ事を繰り返すのかい?

それでも関係無い?情け無い生き方に懺悔の気持すら持ち合わせる事が出来ないのだろうか?そんな事は許されない。その事はこの国の歴史が証明している。何時迄も無責任な無知と間違った思い上がりは通用しない。

その事を思い知る事が無ければ再びアメリカに国土を踏みにじられなければならない。否、それは既に始まっている。それが沖縄の基地だろう?日米協力?都合の良い言葉に何時迄誤摩化されるのだろう?それ位の事も分からない輩は少なく無い? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先日勉強をしたハラスメント。(日本語で言いなはれ)

先日勉強をしたハラスメントの定義。良くナントかの一つ覚えの様に言われる言葉?(その言い方も言葉のハラスメント?)それにしても日本人には余り意識されない言葉?日常普通に口にして態度に現わして平然としている?

ハラスメントの定義?その事もよく理解されていない?親父もそうだった。この言葉を聞きながら「自分はそんな行動をしていない」と断言出来る人は少ない。先ずその事を思い知らないといけない?親父が痛感したのはその事だった?(何を今更?)そう。その程度。大好きな人の本心も聞かないといけないな?

ハラスメントとは「色んな場面での嫌がらせ」。他者に対する発言、行動が本人の意思に関係無く相手を不快にさせたり、不利益を与えたり、尊厳を傷つけたり脅威を与える事。そんな事は日常的にどんなに優しい人でも平然とやっているだろう?だから多くの企業、組織、団体でも「協調性」が求められる?

協調性。人が人を推し計る時に平然と口にされる。現在でもこの言葉の本当の意味を知る人は少ない。(自分達の都合良く解釈されている?)日本企業が高度成長の時と今の様に低成長の時ではその意味も異なる?日本は元々人を差別しながらその存在感を現わしていた?

個人的にもそうだろう?そこがよく理解されていない。ハラスメントは人が不快に思う事を意識的にしなくても弁解は出来ない?その事を理解出来る人は少ない?「イヤなら辞めろ」親父も平然と口にしてその事を批判されたが、現在でもそんな企業、組織、団体は我が物顔でのさばっている。

その対策が先日パワハラが続いている大津市役所(だけでは無い。たまたま表面化しているだけ?何処でも日常茶飯事。別に馬鹿騒ぎをするほどの事では無い)で公表されたが、その話がふざけている。これがこの国の恥部?どんなにデカイ事を尤もらしく自慢しても恥ずかしいとは思わない?

ハラスメントは加害者と被害者だけの問題ではない。職場全体で防がなければならない。その為には問題を共有しなければならない。その為に所属長の報告義務は大きい。これが対策。アホかいな。ハラスメントの責任者は所属長。彼が自分に不利益になる様な報告をする訳が無い。対策は内部通報。

ところが多くの企業、組織、団体ではその事が握りつぶされる。内部通報を受けた責任部署が無責任にも第三者でない。だから責任部署に制裁が科される事は無い?この問題を放置したまま報告義務を課して問題解決を計る?

それならばどうしたら問題解決が図られるのか?それは公正で制裁処罰を科す事が出来る行政機関。ところが今この問題を解決出来る組織は無い?そんな組織を作らなければならない。ところがそれが容易では無い?だから大企業でも国や地方の行政機関、大学、高校、義務教育の場所でも陰湿ないじめは無くならない。

その事を正すべき大人にもバカ親がいる。自分の事は棚に上げて人の所為にする。学校の先生達の実情は殆ど報道されない。今、現実の社会でどんなにひどい「いじめ」が罷り通っているか知らないでしょう?親父も知らない。

その光と影をもっと知りもっと改善する事が出来れば世の中はもっと良くなる?そうは思わない?ならば自分でやるしかない。小さい波紋。小さい問いかえ。小さい支え合い。小さな思いやりの心。小さな抵抗が大きな社会のうねりになるに違いない?(甘い)かもしれない?それでもそんな社会貢献も有りでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

大阪は完全な夏日。さすがの親父も歯医者で歯のお掃除だけ。

半月に1度の歯のお掃除(衛生士の歯磨き、歯の点検)を行っている。1月に一回の点眼液。掛り付けの先生が廃業して変わった先生が話好きの先生。眼の診断書を持って行った時、ぶっきらぼうに言われたが、性格的には相性が合った。これからの高齢者は元気でないといけない?

何処かのプロレスラーで今は参議院議員の先生に言われる迄もなく元気だけでは何も出来ない。その事を殆どの人が知らない?(余計なお世話です)本当の事を知れば消費税増税延期に激怒するのが常識?そうでも無い。アベノミクスがまだ支持される?

そんな事もマスコミは分かり安く解説も出来ない。読売の世論調査では6割近くの人が増税延期賛成。そりゃそうでしょう。誰でも減税は賛成。増税は反対。増税延期で高齢者、少子化対策は益々厳しくなる事が分からない?

全国紙で報道された大津市のパワハラ。管理職?に大勢の人の前で叱責された部下は自殺をしている。市の調査ではパワハラの因果関係は認められないとして減給処分?ところがこの市役所これ位の事は珍しくない?市長が管理職を集めて対策を訓示している?報告書の提出を義務づけ?おかしくない?お役所仕事はパワハラの宝石場所?叱られるよ。

そう言う訳でハラスメントについてお勉強しました。これで対策は充分?トンデモありません。こんな事が罷り通る世の中。人の上に立つ人の人を思いやる心がこれ程あさましい事を思い知る?(アンタも同じ事をしていた)親父はその罰を受けている。その罰の大きさを思い知れ。仕事のミスは担当者の所為では無い?その仕事を任せた人の責任?その事を思い知らない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

ええ加減にしなはれ。組織のタガの緩み。ブラック体質。

Img_1565

Img_1566

Img_1567

高架橋の下は昔のマンマ。この橋の上からこの静かな風景を窺い知る事は出来なかった。昨日は偶々(たまたま)この村を歩く事が出来たが、それはほんの一部分。この奥にもっと多くの人々の生活はある。しかしこの集落の道もこの先行き止まり。その道を来週歩く。(歩けるかな)

帰りはこの坂道を上がるとバス停は近くだった。この前は何度も通った事がある。ただ歩道両側の草は手入れされていない。この街の財政は恵まれていると聞いているが本当の処はそれ程でも無い?田舎も広域行政で目が届かない?それも嘘だろう?

Img_1569

Img_1571

Img_1573

Img_1574

この道は以前歩いた事がある。その時感じた事。歩道横の草はなんで刈られないのだろう?これだけ伸びると草刈り機で刈らないといけない?当然、民間業者に委託しないといけない。そのコストを押さえる為に元気な年寄りにお出ましを願う?そんな行政サービスは出来ないのだろうか?そんな知恵はありません?

今日は梅田の書店に出掛けてお気に入りのおにぎりを買って、大阪駅に出掛ける。何度も書いているが大阪駅迄は今、大掛かりな工事をしている。何を今更?と感じさせる大工事。これが大阪の表玄関。これだから大阪人はバカにされるのだろう?どうしてもっと計画的に上品な工事が出来ないのだろう?

出かける前に比叡山で40歳の責任ある僧侶が、部下である僧侶、修行僧3人を殴り1人の鼓膜が破れるとニュースを聞く。その対応がマヌケている。対策委員会を設ける?何処かの知事と同じじゃねえか?

何処の大臣と同じじゃねえか?先日クレームを大津市役所の管理職と同じじゃねーか?大阪の部活の顧問と同じじゃねーか?企業、組織の役職者のする事かい?その処分は減給?厳重注意?戒告?アホやろう?」バカ丸出しだろう?

大津の事件は部下が自殺をしている。この国の組織的犯罪?それはゴマカシだろう?それでも国民に支持されれば一度約束した事でも簡単に保護に出来る?何たるふざけた政治屋さんだろう?そんな人が支持される?人の噂も一時?

役人の人事でも不祥事のもみ消し?そんな事が許される訳が無い?知らないだけだろう?知っていても正当化する?選挙に勝てば文句は言わせない?宗教団体も同じかい? マスコミは一体何をしているのだろう?そんな時代になっている?

Img_1580

Img_1581

Img_1582

大阪駅前の無様な工事。何時迄続くの?3年先迄?この無様な看板。なんて書いているのか?立ち止まって読む人は居ない。それだけ無視されている。こんな看板を立てなくても見れば分かる。完全に通れない。

何で親父がこれだけ怒るか?意味が分からんだろう?この場所は近くに食堂街の建物が在りそれを取壊して間も無い。何時迄こんな無様な工事を続けるのだろう?そんな怒りの声は聞かれない?関西のマスコミも無頓着?アホやろう?アホです。

Img_1584

Img_1586

Img_1588

大阪を訪れた外人観光客はこの工事の光景を見てどう思うのだろう?大阪は観光都市?大阪には多くの見所がある?ところが大阪駅前はこの有様。観光ガイドは何処にもこの工事現場には居ない。それでも外国人旅行者は何も困っていない。ガイドが居なくても目的は達している?それは治安が良いから?外国の観光地と何処が違うのだろう?そんな配慮は何処にも無い。

Img_1594

Img_1590

Img_1597

Img_1583


| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンそろそろ登場?夜だけでなく朝でも蒸し暑い?

Img_1510

Img_1511

Img_1512

Img_1513

山間の静かな小川の流れ。そのすぐ横に狭い田んぼで今年も早苗が風になびいていた。最近全く報道されないTPP. 甘利担当大臣が秘書の不祥事で担当を辞職して「貿易の関税撤廃」は過去の話となっている。

あれだけすぐにでもまとまる様に報道されたニュースはすっかり忘れ去られている。日本の山間過疎の地域ではこんな狭い所でも稲作が行われている事も最近は全く報道されない。消費が低迷している?消費税の増税は2年半先延ばし。それで財政の赤字はどうなるの?

そんな事は関係無いと思っているのだろう?景気が回復して税収が増える?もうすぐ国民健康保険料の通知が来る。親父達年金生活者でも所得を申告して保険料はきっちり払わないといけない。その保険料も払えない人も少なく無い。

生活保護者が多くなり国民健康保険財政も赤字。企業の保険料と国の財政援助が無ければこの制度も破綻する。それでもこれから更にその状況は厳しくなる。長生きをしても悲惨な生き方しか出来ない事を殆ど知らない。何でだ?そんな事もどうでも良いのだろう?これから一番大事な事。それはこんな環境で生きる事?

そんな事を言われても現役世代にはそんな事は出来ない?仕事をしないと生活の糧を手に出来ない。通勤の苦労はこんな田舎では関係無い。(出来ない)こんな環境で生活が出来るのは親父達だけ?元気な年寄りがこれから地方の活性かは計る?それも無理だろう?そんな事は誰も考えていない。

Img_1514

Img_1515

Img_1516

Img_1517

Img_1518

いきなり視界が開けて立派な高速道路の高架橋が見える?そう思っていた。新名神の高架橋?ところがそうでは無かった。何度かバスで通ったし歩いても渡っている県道のバイパス12号線。一度しか歩いていないが右手前のバス停で行き先を確認して歩いた事がある。その橋の下を通っている。

Img_1519

Img_1520

Img_1522

奥から歩いて来ているが疲れは全く無く眼を輝かせていた。ここは正に桃源郷。全く知らなかった。電車とバスで1時間足らずで来れる。一昨日の奈良西ノ京は少し遠いがそれでも2時間弱。ここはもっと気軽に来れる。素晴らしい発見。目的の「戸隠神社」はもう遠くはなかった。

Img_1523

Img_1527

Img_1528

Img_1529

Img_1530

Img_1531

池田の街からこんなに近くでこんな静かな田舎を見れるとは全くの予想外でした。宝塚の駅から北に行くと西宮名塩の集落があるが、その方向が大体この正面の山又山の先?しかしこの先、この山を越えるには獣道しかない。この先の集落の人達のお年寄りは全くの田舎暮らしだったに違いない。

Img_1532

Img_1533

Img_1534

素晴らしいモミの大木がある。看板を写したが読めるかな?ここの行政区は兵庫県?兵庫県川辺郡猪名川町。川西市、宝塚市、三田市、篠山市、大阪府豊能郡能勢町に隣接している山間の街。高度成長期以後多くの新興住宅地が開発され大阪市内に通勤する人も多い。

財政は豊かで人口の増加率も高い。しかし山間部は限界集落も多い。ここはその典型的地域かも知れない?町の観光課を数年前に尋ねた事があるが、この町の歴史は古く「多田銀山」は有名。そんな観光資源も殆ど知られていない?

ネット検索をすると素晴らしい町のホームページはあるが、観光宣伝は全国の地方同様上手では無い。それでも何も問題にはならない。それが地方の現実。地方創生。1億総活躍の宣伝にどれだけの税金が無駄に使われているか?

そんな事はどうでも良いのだろう?このとぼけた政治を告発しなければならない?そんな輩は殆ど居ない。政治家は公私混同?そんなもんでは無い?政治家が経済に大きな影響力を及ばす?そんな事もどうでも良いのだろう?

通勤電車の中で駅のホームで真剣に携帯の画面とにらめっこをしてもそんな情報は何も無い。そして間抜けな生き方を重ねて行く。消費税増税が出来なくても経済は活性化する?そこ迄経済の基礎的条件を蔑ろにした時代を親父は知らない。

政治は駄目でも経済は1流と言われた時代は終わる。その事を覚悟出来る人も少ない?信じられない?その事がアメリカでは政治家が問われている?日本ではそんな事も関係無いってか?主を失った祠と神社はひっそりとその事を語り掛けていた。何時迄もあると思うな支持基盤。無いと思うな時代の流れ?

Img_1535

Img_1536

Img_1537

この階段は狭く急でした。足を横にして慎重に降りる。足を踏み外すとシャレにならない。近くの自販機の近くでおババが座って様子を窺っている。その傍に空き缶の大きな袋を置いている。階段を下りて声を掛けるが不審者扱いをされる。お婆も近くで見るとそんな歳では無い。しかし会話は通じなかった。

Img_1538

Img_1540

Img_1542

Img_1543

紫陽花が綺麗に咲いていた。近くの花の寺の紫陽花もそろそろ見頃かも知れない。今年は雨が少なくて綺麗な紫陽花を見る事は出来ないが、そんな気持を癒してくれる。この狭い境内で村人が豊年満作の宴を開いたのは何時の事だろう?

Img_1541

Img_1544

Img_1546

Img_1547

このバイパスの橋が架かる前は正面の歩いて来た道を、集落の人達は歩いて町に出たのだろう?猪名川の渓谷沿いの狭い道を歩いて1日掛かりの買い物に違いない?そんな不便な生活は今は無い。

それでも多くの若者達は仕事を求めてこの集落を後にしている。残された高齢者が老い朽ちるとこの村は後継者がどう変えて行くのだろう?余計なお世話です。そしてこれが全国共通の地方の現実です。

そんな現実も時代の流れと共に押し流されている。また来ます。そして多くの歴史遺産を知らせなければいけない?(関係無いな?)違いない。それでもこの親父はやりますよ。これから暑くなる。それでもこの静かな村は気持の良い空気が流れていた。

Img_1548

Img_1551

Img_1552

Img_1553

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

猪名川町素晴らしい風景 ご覧あれ 肝川「戸隠神社」

Img_1482

Img_1483

Img_1484

Img_1485

阪急川西駅からバスは県道12号(バイパス新道)を通って猪名川町に向かう。始めてこのバスを利用したのは皮肉にもバスの乗り間違い。県道12号は旧道がある。しかしこの道が正真正銘の川西(北摂)と丹波篠山を結ぶ道。

旧道は猪名川沿いの道を進む。途中迄はバスが通っているがそのルートも猪名川渓谷の狭い道は走れない。途中から新興住宅地の坂を登りこの場所で再び旧道に合流する。そこがここ「石道口」です。先日引き返した所。

Img_1486

Img_1487

Img_1488

左がバイパス。右が旧道。バスは両方走っているが便数は圧倒的にバイパスが多い。(と言っても10分に1本?)旧道は人家も少なく(乗降客も少なく)バスは30分に1本?しかない)猪名川町役場は町内に大規模開発の新興住宅地が開けているがその場所とは少し離れている。

この町は広くて多くの自然と見所が一杯あるが、殆ど知られていない。本日の目的地はその猪名川町内の旧道を歩いて役場の前を通って「紫合」(ゆうだ)迄歩く予定だった。それが途中で気持が変わる。それは優しい人のお陰だった。

Img_1489

Img_1490

Img_1491

この住宅地は川向こうの丘の上にある。Googleマップで見て見ると広い。何時か歩いて見ますか?しかし見所はこの団地の下の道にありました。県道12号線は昔の丹波篠山の人が出稼ぎに池田の街に来ていた道?

その道は今は車が多くて途中から歩道が無くなる。そんな道は歩けない。川を渡ると川沿いに昔からの生活道路がある。その道を知っているので今日はその道を歩くつもりだった。

Img_1492

Img_1493

Img_1500

逆光で看板が見難いが前ここで交通警備をしている叔父さんに「戸隠神社」の事を聞く。長野県の戸隠と関係があるのかな?どれくらい歩くのかな?その先で猪名川町役場に出れるのかな?地元の人間でないので分からないと言われていた。当然だな。

この左に橋が在りその橋を渡ると立派なお宅がある。そこの庭先の菜園で畑仕事をしているおかみさんを見つけて話を聞く。綺麗な人だった。田舎暮らしで都会の人の様に垢抜けしていないと言われていたが、穏やかで都会人が忘れてしまった生き方をしていた。道を聞く。

Img_1501

Img_1502

Img_1495

この川は県道12号丹波街道に沿って流れているがこの少し上流で大きく左に曲がる。猪名川は右を流れているのでこの川はこの下流で猪名川に流れ込む。川の名前は「野尻川」肝川はこの橋の先でこの川の流れ込んでいる。今日、始めてこの川を遡る。戸隠神社を見る為。結構歩いたが素晴らしい道でした。

Img_1503

Img_1504

Img_1505

立派なお宅の菜園で畑仕事をしていたおかあさんにこの先の神社の話を聞く。思いの外若い奥さんはしっかりとした口調で説明してくれた。ここからそんなに遠くはないと言われたが実際に歩いて見ると結構歩く。しかし道は開けていた。喫茶店もある。立派なお店だった。お店のママさんも若かった。

Img_1506

Img_1508

Img_1509

この道は素晴らしい。幼い頃の田舎の道だった。親父の田舎の道も今では広くなり便利になっているが深刻な高齢化が進んでいる。この先でもそうだった。今日は「戸隠神社」迄だった集落はまだ先。その地域もそう遠くない時に限界集落になる。その対策は何も無い?

それでも嬉しかったのは喫茶店の女性はしっかりと店を守っていた。これからこの地域の活性化は容易では無い。それでも地域を愛する人の輪が大きくなればこの地域も変わるに違いない。そう信じていた。又、この道は歩きたい。

そして宣伝しないといけない。ところが驚く事にこの道を抜けている人がいる。ネット検索で見る事が出来る。猪名川町肝川(きもかわ)で見る事が出来る。ここの喫茶店。ただ者では無い。ネットで見ると鉄人がいる。

Img_1564

Img_1563

Img_1560

神社の事は明日書きます。この豊かな地方の景色が一部の人しか知られていない。親父が偉そうに言う事が恥ずかしくなりました。地方創生を尤もらしく多くの人が語りますが間違いなく地方の限界集落は、中央の役人には理解出来ません。

近くに住んでいてもその実態は何も知らないのだから。本当に恥ずかしくなりました。もっとこの素晴らしい自然とお米の大切さを理解しないと罰が当たる。(既に当っている事が都会人には分からない)ロクな生き方(死に方)は出来ない。?カフェ&トレイルスポーツステ−ション「山の駅」又寄らせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は昨日と違って蒸し暑い天気 それでも景気は回復基調?うそだろう?

Img_1387

Img_1389

Img_1390

奈良西ノ京唐招提寺は最寄りの駅から2時間弱。到着は3時過ぎだった。途中乗り換えは奈良手前の「西大寺駅」この駅は京都と天理、橿原神宮行きの乗換駅。大阪難波から奈良行き急行で一気に来れる。

昨日は久し振りだったので「鶴橋」のホームで駅員に聞くが「唐招提寺の最寄りの駅では分からなかった。最寄りの駅は「西ノ京」。事前に行き先の乗り換え場所を確認しておかないと近鉄電車は路線が多いので途方に迷う?

不慣れな人は一人ではおぼつかない?この看板は西ノ京駅近くの「薬師寺」の案内図。唐招提寺は左1キロ弱?唐招提寺からの帰り道でも道に迷っていた叔母さん二人組に道を教えるが礼も言われなかった。不審者と間違えられる?

Img_1391

Img_1400

Img_1401

Img_1402

到着です。この地図を見ると薬師寺と唐招提寺、西ノ京の駅の地理関係が良く分かる。道を間違えていたオバチャン達は唐招提寺の前の道を右に直進しょうとしていた。折角教えてやっても「分かっている」とでも思ったのだろう?良く見ると典型的なオバちゃん。(言うな)アンタはジジイだろう?おっしゃる通り。清々しい人に出合う確立は高くない。

Img_1404

Img_1405

Img_1410

唐招提寺の砂利道横の庭。以前はこれ程整備されていなかった気がしたが、どうだったのだろう?己の生き方は棚に上げて多くの事を尤もらしくボヤイているが、そんな生き方を変えないといけない?人の事を批判するのではなく自分の為に何かを語りなさい。多くの人からそう批判されてもとぼけている。

Img_1437

Img_1444

Img_1447

「とぼけている?」それは違う。阿吽の呼吸でない事を直感的に感じている。多くの人が自分の間違いを自覚出来ない?自覚で来たとしても自分の嫌いな事は受け入れようとしない?そして自分の都合しか考えられない生き方しか出来ない。

それでも全てを受け入れる。そんな絶対的な鐘を鳴らす出合いをしなければいけない。(無理だな)そう思う。全てを受け入れる心は持てないのだろう?「鐘突き禁止」の表示がされていた。余命を知るにはまだ早いのだろう?

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

2年ぶりの唐招提寺 鑑真和上は淋しげだった 言葉は無かった

Img_1480

Img_1474
Img_1428

唐招提寺、鑑真和上が安置されている御廟は静寂の時が支配していた。鑑真和上像は御影堂に収められているが現在建物を修復中。5年間掛かるので暫くは「新宝蔵」で公開。写真は撮れない。公開の写真は絵はがきから。実物は年に一回しか公開されない。本日が最終日。

今年も力を頂きましたと言いたい処ですが、現在の愚かな政治家の振る舞いに寂しげでした。帰りの電車も若者が煩い。人として気品のある態度が本当に少なくなっている。1億総活躍時代?そんな時代が来る訳が無い。心の貧しい人が多くなる。

それだけでは無い。生き方すらも貧しくなる。和上が教えてくれた「戒律」の厳しさ。それは僧侶の世界だったが人間の心はどれだけ豊かになっているのだろう?地獄を見ても分から無いのだろう?その事を伝えてくれていた?

Img_1440

Img_1441

Img_1445

静かな境内。実際は修学旅行の子供達が多かった。修学旅行で来るには場違い?それでも中学生?整然としていた。一番煩いのはジジババの団体。次はおばちゃんの団体。ガイドのオジさんの話ではそれでも今日は少ないと言われていた。「若葉して御目の雫拭ばや」芭蕉のこの句を解説出来る人も少ない。

Img_1435

Img_1431

Img_1430

この見事な苔の海は「玄海灘」の厳しい大波を現わしている?鑑真和上の日本渡航は弟子達が命懸けの渡航を辞退した為。現在人には考えられない事だろう?当時の中国は世界の大国。日本は島国。相手にされない国だった。

そんな国の仏教の戒律は無きに等しかった。この国の僧侶の資格を厳しく求めた偉業は今では殆ど知る人も少ない。政治改革がどんなに問われても平然と無視する政治家。それは支持者がそれで良しとしているからだろう?

Img_1394

Img_1397

Img_1398

唐招提寺に向かう道。近鉄奈良線で奈良の手前「西大寺」で橿原神宮行きの電車に乗り換え。西大寺から2つ目の駅「西ノ京」から少し戻る。正面に薬師寺。修学旅行、団体旅行はこちらがお薦め?こちらは天皇が皇后の病回復を祈願した華やかさがある?

東大寺で5年。役目を終えた和上はこの地で隠居はしなかった。この地を選んだのは土の匂いが中国のお寺と似ていたと言われている。甘い香りが漂っていた。ここから奈良若草山が見える。その麓に東大寺がある。この地を散策しながらどんな思いで和上は東大寺と遠く中国の大地を重ねていたのだろう?

Img_1458

Img_1459

Img_1463

おにぎりを手にしていたがここでは口にしなかった。雨上がりの天気は正面に家が無ければこの国の始まりの頃と何も変わっていなかったに違いない。久し振りの景色に満足していた。これからどの位この場所に立てるか分からないが願わくば今年の様に気侭に歩きたい。

Img_1464

Img_1465

Img_1466

Img_1468

西ノ京駅前の桜の老木。老木と言うのは少し違う?この力強い姿はどうだ。淡々と久し振りに唐招提寺を無事に見学して西ノ京に戻って一番感激したのはこの桜木だった。人が命を繋いで行く。そのあるべき姿を教えられていた。

Img_1403

Img_1404

Img_1408

唐招提寺は通りから南大門を潜れば正面に金堂がデンと構えている。その建物迄砂利道が続く。その左右にこの庭がある。殆ど気付く人は少ない。それ程に正面の建物はデカイ。井上靖が天平の甍(いらか)と表現している。(どういう意味?)それは小説を読まないと主人公と作家の思いは分からない。

Img_1412

Img_1413

Img_1438

Img_1439

「東室」従来は僧侶が起居していた僧坊だったと伝えられている。今は殆どのお寺さんに修行僧は居ない?どれくらいの人が居るのか?聞いてい無いので分からない。京都の多くの寺院でも同様の事が言える。この現実を空海はどう見ているのだろう?(ワシに聞かれても答えられない)と答えるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小雨が降っている。唐招提寺行けるかな?鑑真和上に合わないと。

Img_1296

Img_1298

Img_1299

Img_1300

Img_1301

Img_1302

Img_1303

Img_1304

昨日の猪名川の散歩コース。この道は一昨日のコースとは違って上流に向かう。この道は対岸の綺麗な堤防の上の散歩コースとは違ってご覧の通り、それでも川の様子が良く分かる。親父ほどこの川の事を語れる人は多くないかもしれない。

農業用水の可動堰が起こされて猪名川の水が3メートル強、溜められているがその原因は農業用水の取り入れ口の高さの関係?良く分からない。そんな事は殆どの人にとってどうでも良い?それでもこのゴミは何だ。様は無い。

それでもこの堰の管理者は誰?行政の担当が尤もらしく語るこの堰の必要性。それならばこの堰のゴミぐらい片付けなはれ。ここは用水路の取り入れ口では無い。放水路の大きな木の枝が引っ掛かっている。何処かでも見た風景。

親父の最後の職場の近くを流れていた用水路にもゴミが溜まっていた。今はどうなっているのだろう?農業用水路と言っても行政だけでなく大切な水を手にする農業水利組合すらこの様。だからこんなオバカな貯水は止めろと思っている。そんな事も誰も知らない。

Img_1307

Img_1306

Img_1309

Img_1311

Img_1312

この看板を見てもここが「井堰水路取水ゲート」が何処に在るか分からない。勢いよく流れている水路は堰に溜まった水を放水しているだけ。この急流をどれだけの魚が遡れるのか?そんな事もどうでも良いのだろう?

Img_1323

Img_1317

Img_1324

親父の姿を見て鳩が近寄って来るがエサは無い。よく街中でも鳩に餌をやる人を見かけるが糞害を考えると止めた方が良い。それ位の事も分からんのだろう?鳩もすっかり人に慣れているが人と鳥が共存出来る社会。そんな生き方も簡単ではない。

Img_1328

Img_1330

Img_1335

水を溜めると言う事はゴミも溜めると言う事。川の流れが塞き止められると水が汚れる。そんな事も農業用水の為なら仕方が無い?誰がそんな許可を与えているのだろう?農業用水は大事な水利権?昔から認められている?

だからといってその実態は殆ど知られていない。この農業用水。どれだけ役に立っているのだろう?帰りに調べて見る。ところが全く分からない。暗渠(トンネル)の出口が分からない。この用水は何処でどれだけ使われているのかい?

Img_1338

Img_1339

Img_1340

数百メートル先にはもっと大掛かりな可動堰が在る。この先は隣町が管理している農業用水の堰。この堰も役目をほぼ終えている。実際は右岸(上流に向かって)で我が街の上水道用水が取水されている。この堰は農閑期でも水道水確保の為?堰が倒される事は無い。常に満水にしておかないと断水の危険が発生する?

Img_1343

Img_1345

Img_1349

対岸の堤防の上を引き返している。気持の良い砂利道が続く。きちんとローラーで圧縮された道に程よく砂利が転がって足に気持ちが良い。近くの住宅地があるので花壇がありその上には桜の樹が葉を広げている。何とも心が穏やかになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

「違法な点は無い」東京都知事 これが自民党の体質?

Img_1239

Img_1240

Img_1241

軍行橋の上から下流を見ている。左が大阪空港。不思議でならないのはどうしてこれだけの緑が川の中のあるのだろう?橋を渡って行くと同じ光景が見えて来る。川幅の三分の二に水が流れていないのは水量が少ない渇水時。大雨が降れば景色は一変する。この川幅一杯に濁流が流れ下る恐怖は殆ど知らない。

Img_1242

Img_1243

Img_1245

軍港橋左岸。(猪名川下流に向かって)ここは川の中?この草むらを何で刈らないの?河川管理者の声を聞いてい無いが「刈らなければいけない理由は何も無い」?うそでしょう?大雨で濁流が流れ下ってもか?何処かの土木事務所(茨木)で聞いた事がある。

川の中を最高流量(洪水時)の水が流れた流量計算で問題が無い。これもセコい考え。クレームをつけられないだけ。その証拠に茨木の安威川は洪水の心配を強調され?中断していたダム建設が進んでいる。

その壮大な公共事業は殆ど知られていない。猪名川にはその心配は無いが一庫のダムが大雨の時、貯水に耐えられなければ堤防決壊の危機は皆無では無い。そんな危機感は何処にも無い。あんなに毎日の様に報道された関東の八ッ場ダム。何時完成するのか殆ど知らない。親父も知らない。その程度の事?

Img_1248

Img_1250

Img_1251

軍港橋を渡って引き返している。ここ迄歩いて来ると流石に足が疲れて来る。その気分を変えるには空を見上げると良い。飛行場から飛び上がった飛行機が間近に見える。子供の時から何も変わっていないが、物の見方は見方を変えればどうでも考えを変える事が出来る。

それでもそれを平然と口にしてはいけないだろう?それ位の事が分から無くて政治家が務まるとしたら、この国は何を誇りにするのだろう?それ位の事が分からなくても自民党は支持される?何たる情け無い世の中だろう?そんな事が許される訳が無い。それ位の事も分からんのだろう?

Img_1254

Img_1259

Img_1266

西国浄土の教えを殆どの人は知らない。人間は全て満ち足りた生き方は出来ない。それでも真面目に真剣に生きれば死んだ後極楽に行ける。その世界が西国にある。このインチキな教え?考え方?今こそ、現世で心豊かに生きなければいけない。

国会が終わったら政治活動再開?そんな政治家が地元だけでなく全国的に影響力の大きな政治家として支持される?マスコミの存在感は失せている?そんな事が許されると思っているのかい?選挙で支持されれば何でも出来る?

最低の政治家?最低の有権者?そんな選挙がもうすぐ行われる。偉そうな事を言っても政治と経済の改革も出来ない。そんなニュースも見方を変えれな非常に面白い。?今夜は久し振りにアルコールを口にする。

大分県故郷の鰯(いわし)の丸干しをフライパンで野菜炒めニラミックスと蒸し焼きにする。お気に入りの「プロが使う白だし」を大さじ一杯。目分量だったので少し辛いが最高のお味。最近宣伝している缶チューハイを口にする。

口当りは爽やかな「もぎ立て24時間」ところが久々のアルコールで顔は真っ赤になり眼は充血。何とも情け無い。1人でビールも殆ど口にしていなかったので少し、今年の夏は飲みますか?大好きな人も口説きますか?もう歳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費税増税延期で支持される。何たる政府。薄笑いは長くは続かない?

Img_1178

Img_1179

Img_1182

この前方にガタガタになった固定堰が在る。この堰の目的も農業用水の取水。上流の可動堰の様に水を溜める必要が無くなってもそのまんま。従ってこの辺りは年中水が溜まっている。溜まっていると言えば聞こえは良いが川底はヘドロ。それでも年に一度の大雨で全て流されるので何も問題は無い?嗚呼。

Img_1183
Img_1184

川岸の大木の影で夫婦が釣り糸を垂れて居る。(樹の影になっている)その大きな枝分かれした幹が1本切られている。この外に堤防の下のコンクリートの道があるがそこ迄は大水の時冠水する。本堤防はその上5メートル?洪水の心配は何も無い?そんな問題ではないと思うがそんな事もどうでも良い?

Img_1186

Img_1187

Img_1188

Img_1189

Img_1190

大阪伊丹空港を飛び立った飛行機がこの先大きく左旋回をする。旋回をしてそのまま直進すれば神戸上空。更に左に旋回をすると奈良の上空から伊勢湾に出る。今年楽しみにしていた北海道の旅は四国徳島に変更。北海道の素晴らしい6月の景色は見れないが、徳島和食太龍寺で弘法大師に合えるかもしれない。

Img_1191

Img_1192

Img_1193

河川内の荒れ地が近くの年寄りが整備している。以前声を掛けたら警戒される。「子供達が草野球を出来る場所をボランティアで作っている。」「河川管理者の許可を取っている」「アナタに言われる筋合いは無い」何たる無礼。親父からどやしつけられていた。

善意の行為は法律違反でも許される?ここは川の中。どんなに整備をしてもここはいずれ堆積土砂を取り除く。親父から脅されても「そんな事はさせない」といきりたっていた。いずれ大雨で元の木阿弥になる。そんな問題ではないと思っているのだろう?

川の管理はどうなっているのだろう?役人のする事はその程度の事かいな?この先、マヌケな看板がある。何度もお見せした看板。「何が悪いの?」ととぼけた人も少なく無い。環境問題を誤解している人が多い。

川の中に緑が多いのは環境問題でも何でも無い。川は大雨の時水位が一気に上がる。それ位の事はしっときなはれ。その為には川の流れを第一に考えなければならない。当然の事がおかしな環境関係者?がおかしくしている。

Img_1194

Img_1196

Img_1197

こんな看板が川の中に在る事を殆どの人は知らない。猪名川の大堤防が整備されて大水の洪水、堤防決壊の心配は0になったが、それはそんなに古い事では無い。これだけの川幅があれば川の中に緑地があっても大丈夫?ここ数年の大雨でその考えが間違っている事を教えられている。濁流でこの看板も流されてもその危機感は共感されない?それは間違いである事を思い知らされる?

Img_1202

Img_1206

Img_1208

白鷺が真剣に狩りをしている。人間様と違ってお金で買い物は出来ない。自分の足と眼とくちばしを使わないと命をつなぐ事は出来ない。人間様は平均寿命が女性では80を越えると言われているが男性ではどうなのだろう?それでも人の寿命も千差万別。

平均的に医療技術が進み食生活が改善されても、人の生き方に平均的な生き方は無い。豊かな高齢化社会は期待出来ない。適当な処で手を打たないと哀れな生き方だけでなく、介護する人の犠牲も少なく無い。人の一生は重荷を負いて遠き道を行くが如し。

これは家康の遺訓だが「狸ジジイ」に言われなくてもそれ位の事をそろそろ覚悟しないといけない。消費税増税を決めた時には「高齢者福祉の為」。延期した時には景気の腰折れを加速してはならない?そんな問題先送りの政策が支持される?

ジジババだけでなく多くの大人達もそろそろ、自分達の生き方を見直さなければいけない?そんな時代になっている事も分からんだろう?「何時迄もあると思うな親と金」?では無く生きると言う事もそう言う事だろう?何ともやり切れない生活を迫られている現実を全く知らないオバカもいる。

人の事はどうでも良い。自分の生き方を問え。いずれ物事の是非が分からなくなる。それ迄に自分をどれだけ追い込んで仙人の境地に立てるかだろう?(山に籠らなければ駄目だな)そう思っていた。最近はその考えも失せている?

何故なら人間は一人では生きて行く事は出来ない。近くにスーパーが無ければ生きて行く事が出来ない?近くに大好きな人が居ないと山には籠れない?水洗トイレが無いと用を足せない?アホやろう?その程度の生き方しか出来なくなっている。

それでも紛れない事実は「老い」は非情です。その為に何を為すべきか?その事が問われている。昨日は17000歩歩く。下痢ピーでも肛門は閉まっていた。(アホ)正露丸と目薬が手放せなくなっているが、最近は月2回のデンタルクリニック(歯のお手入れ、歯磨き、点検)がプラスされている。

Img_1219

Img_1221

Img_1220

2年前に整備された堰。何処かおかしくない?堰の先端が昨年の洪水で川底が凹んで崩れている。今年の大雨で洪水が流れ下ればガタガタになる。川の中に何故かコンクリートブロックの段差がある?手前が本流?河川管理者の洪水時の濁流の流れの計算はこんな物?結果は今年の大雨で証明される?

Img_1217

Img_1226

Img_1232

Img_1235

正面に引き返しの「軍港橋」が見えているが望遠レンズで写しているので、実際はまだまだ遠い。足が段々疲れて来る。ここ迄8000歩。まだまだ目標の半分弱。ウオーキングシューズの履き心地は悪くないが足裏の土踏まずの外側と踵がまだ疲れる。もう少し中敷の微調整が必要かも。来週もう一度出掛けますか?その時☂用のトレッキングシューズも探さないといけない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

オナラで下痢ピー。(やめなさい)それでも17000歩歩く。ザマーミロ。

Img_1131

Img_1136

Img_1138

流石二刀流。レベルが違う。物が違うと言う事はこう言う事だろう?プロ野球は野球の技で飯を食う処。その飯の報酬は桁が違う。それでも同じ土俵で勝負が出来る。しかも勝負の世界は勝ち負けがはっきりしている。

早々にテレビを消して元気に歩く。これからの年寄りは歩くのみ。介護保険料は上がっても介護に期待は出来ない。公的介護は順番待ち?違います。希望者が多過ぎて入れない。年老いた元気な片方が相方を介護をする。その介護に疲れて首を絞める。何たる社会だろう?

それでも社会保障のお金は国の財政を圧迫をする。これからの高齢者は本当に惨めです。お袋から言われた言葉は忘れていない。「長生きをしてもロクな事はない」今日、お葬式が行われたお寺の和尚は親父より干支が一廻り若かったがガンで無くなる。親父は子供が二人いるが何とか自分の力で生き抜かなければならない。

その為には歩く事だろう。先日、高いウオーキングシューズを手にしたが、歩く力でもう一度体の組織を若返らせなければならない。(無理だな)それでも多くのジジババよりはマシだろう?消費税増税延期で安倍総理を支持する?こんな嘘つきの言う事を多くの人は支持する?それだけは間違いだと言う事がこれから思い知らされるに違いない。

Img_1141

Img_1142

Img_1144

田植えのシーズンが始まり可動堰が立ち上がっている。これだけの水を溜めなければ必要な農業用水を確保出来ない?何十年か前の農業が今でもこの街で行われている?そんな事はありません。これだけ溜められた水が農業用水路を流れてどれだけの農地を潤しているのか?殆ど知られていない。

そんな事もどうでも良いのだろう?この堰で川の水がどれだけ汚れるか?そんな事もどうでも良いのだろう?天罰を喰らわなければ分からんのだろう?この可動堰はゴムチュ−ブ。破損の心配は無いのだろうか?破れたら大災害になる?

当然この堰は洪水の時には倒される。その時当然傷は付く。それは点検しているのだろうか?(御心配なく)親父は関係無い。これからこの下流500メートル足らずの堰(床固め)公園では子供達が遊んでいる。

Img_1143

Img_1150

Img_1152

堤防の上の小径?カメラを構えていると正面にライトが見える。オートバイがやって来る?カメラを収めて道を譲るとバイクのニイちゃんがガキ。会釈もしない。当然親父から眼を飛ばされる。それでもサングラスをしているので無視。「バカヤロー」と舌打ちをしても素知らぬ面をしていた。最低。車道は下にある。

Img_1154

Img_1156
Img_1160

この工事が完成したのは昨年の春。昨年の夏の増水で堆積土砂に埋まる。昨年の暮れ。この右側の川底を掘り下げてこの河川管理の施設?は復活したが、こうして見ると夏の水難事故は自己責任と河川管理者は言い切れるのだろうか?

Img_1161

Img_1162

Img_1163

ここが親父がボヤイている猪名川の流れ。堤防は右前方に見える。(左は見えない)左の橋脚(上は阪神高速)の下が河川敷のグラウンド。猪名川が増水すればここは冠水する。当然グラウンドはボコボコになり使えなくなる。その補修工事は5000万円を越える。

その度に思う事はこの河川敷き外、川の中の堆積土砂と草むら。何で取り除いて川の流れを良くしないのだろう?その理由を河川管理者は公表しない。河川敷のグラウンドの事は関係無いと思っているのだろう?この下流に固定堰がある。その堰が壊れるからだろうか?何とも間抜けな話です。

Img_1165

Img_1166

Img_1172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝負の分岐点。絶対的王者は少ない。アンタはどうだ?

Img_1090

Img_1091

Img_1092

Img_1093

昨日は屁タレな野球と競馬中継を見ていたので出掛けるのが遅くなる。6時を過ぎてウオーキングシューズを履いて出掛けたが、小雨がポツポツしてきたので速攻で引き返す。新品の靴は防水では無い。これから夕立が多くなるので完全防水のトレッキングシューズも買わないといけない?

Img_1095

Img_1096

Img_1098

この写真は一昨日の夕暮れ。近くの城跡公園。芝生広場の端にある枝垂梅の実を探していると、雀がご機嫌を伺いにやって来る?枝垂桜は珍しくないが枝垂れ梅は少ない?実を探すとありました。梅林の梅と違って鈴なりでは無いがきっちりと子孫を残していた。

しかし、残念ながら実は成熟すると落ちてしまう。梅の種からも発芽して新しい苗木が出来るのだろうか?ネットで調べて見ると梅の苗木は園芸店で売られている。1本では実が付かないと言われているがこの枝垂梅は1本?

家の庭で梅を育てている人は少ない気がするがどうしてだろう?そんな事は全く考えないで静かな時を体感していた。桜も梅も人間も手入れは大変です。ろくに手も掛けないでロクな果実が実る訳が無い?梅は咲いたか?桜はまだかいな?

又来年です。アンタはどうなのかな?それは何とも?(アチャー)天気は良いし何とも心地好い風に吹かれていると、大の字になって近くの平らな木製のベンチに仰向けになっていた。タオルを顔に掛けクビの下にもタオルを敷いていると風が吹き抜けて行く。

そんな時間も一時だった。芝生の上で子供と親の声が聞こえて来る。起き上がると歩き出していた。女の子と親父さん。親子の会話は何時迄続くのかな?帰りは思いがけなく素晴らしいアヤメを見る事が出来る。これも何かのご褒美?生き方は哀れでも心の持ち方は豊かになりたい。最近はそれさえも貧しく卑しい?(そんな事はございません)自分で言うな。

Img_1105

Img_1107

Img_1108

Img_1112
Img_1115

Img_1121

Img_1127

Img_1130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

何が中高年頑張れかい?加山。セサミンで元気を取り戻そう?

Img_0897

Img_0898

Img_0902

先日歩いた道。猪名川と大路次川の合流部。水質はよく見えるが清流では無い。汚水でもない?しかし親父達が幼い時に泳いだ川には程遠い。親父の故郷の川も同じ川になっている?何でだろう?川は生きている。これでも綺麗な川?家の近くからここ迄どれ位遡っているのだろう?

鯉が泳いでいる。誰が放流したのだろう?大阪のド汚い川「恩地川」にも鯉は居たな。魚釣りもしていた。河川管理者に水質の汚染を文句を言ったら開き直られた事を思い出す。「水質汚染規制法に基づいて管理している」あのとぼけた言葉は今でも繰り返されているのかな?

大阪の川の比べると確かにマシかも。それは当然だろう。ここは山の中。それでも崖の上は住宅地。生活排水は垂れ流されてはいないが、雨が降れば住宅地の汚水は一気に流れ込む。猪名川の源流はここから40キロ弱。大路次川は4キロ足らずで一庫ダム。ダムが出来ると川は一気に汚れる?なんでや?

Img_0903

Img_0904

Img_0905

このハイキングコースの標識は左に進む。猪名川は左手前。始めてここ迄歩いた時がこのハイキングコースだった。ところがこの道は更にひどい。対向車がまともに離合出来る所が無い。歩いていると正面から車が来る。道路の拡張工事と共にハイキングコースの整備等行政には全く計画もない。この道がハイキングコース。笑って許して?殆ど歩く人は居ない。

Img_0906

Img_0907

Img_0908

静かな川も大雨が降ると激流が流れ下る。ここから暫く上流に遡ると集落はあるが、始めて歩いた時は本当に寂しい道だった。来年春になると近くに新名神のインターチェンジが出来る。そうなると立派な取り付け道路が出来るが、この道の通行量は減らない?この道は昔の丹波街道。新名神が出来ても何も変わらない。

Img_0911

Img_0915

Img_0916

この道は猪名川沿いの道。この道を歩く人の姿を観た事は無い。車の通行量も少ない。その少ない車が歩行者に気づくのが遅い。ぼんやりしていると轢かれる?車の運転手もこんな山の中で歩行者の姿を見るとは予測してい無い?

Img_0917

Img_0918

Img_0919

これだけ天気が続くと川の流れも浅い。カヌーは下れない。でもその心配も無い?この川をカヌーで下る人はいない。も少し川の水が綺麗に流れているとゴムボートの川下りも面白いかもしれない。そんなレジャー始めますか?

Img_0920

Img_0922

Img_0923

Img_0924

Img_0926

バス停はこの先猪名川から分かれる。この先に同じ国道12号線(バイパス)に合流して少し歩くと又、旧道は右を進む。その道は先人の多くが歩いている。違う事は親父の様に遊びと健康の為では無い。生きる為。生活の糧を得る為。厳しさと考え方が全く違う。この日はこの先のバス停で予定変更。バスの時刻を確認しておにぎりにかぶりついていた。

Img_0934

Img_0935

Img_0936

Img_0937

バス停手前の道。この道国道だと思っていたが村道かい。(親父さんアンタは鋭い。しかしこの道は村道だけれどアンタが歩いている道は国道?)道には歴史がある。人の歩きにも歴史がある。この道を100年先にどんな人が歩いているのだろうか?間違いなく道は続いているのだろうか?

Img_0938

Img_0941

Img_0947

まっすぐ延びている道がバイパス。旧街道(それでも今だに立派な国道。バスも通っている。便数は1時間に1本になってしまったが)はこの先で右に曲がる。その道を歩いて行くと猪名川町役場の前を通り、紫合(ゆうだ)でバイパスと合流し北上して丹波篠山と続く。これは昔からの街道です。

Img_1083

Img_1085

Img_1086

大阪も昨日から梅雨入り。紫陽花の時は少し先だけどうっとおしい天気を吹き飛ばして前を向いて歩かないといけない。先日微調整をしてもらった自慢のウオーキングシューズは本革だが防水ではない。雨が降ると履けない。どうしょう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっとおしい梅雨空。うっとおしい生き方?それは己で変えよ?

Img_1052

Img_1053

Img_1054

Img_1055

心斎橋Appleストアー。最近は殆ど来なくなったが1階は商品の展示と販売。2階は修理と取り扱いの説明。パソコンの人気は高いので事前予約をしないと相手にもしてもらえない。以前は顔パスだったが今はそれも出来ない。

それでも店の対応が分かれば怒りが爆発する事は無い。基本的には親父の様なジジイが通う店では無い。国産のパソコンメーカーの対応はもっとお話しにならない?それも実態を知らないだけかも?物が売れない原因は本当は何なのか?

商売人は分かっているのだろうか?大阪も商人の街?昔の夢物語かも?大阪には多くの商人(あきんど)がいました。今でも居ます?テレビで繰り返し繰り返し商品の名前が絶叫されるけれど名前が売れるだけ?本当の満足感は無い?

ならば自分で探せ。与えられるタダの情報ではなく、貧乏人の安物買いでもなく、自分の価値を高める商品を手にしないといけない?そんな事を考える賢い人は居ない?ところが世の中は広い。色んな人が居る。その中で心地好い生き方を共有しなければいけない。

Img_1057

Img_1059

Img_1060

コテコテの大阪心斎橋。多くの人が目にする景色はこの方向からでは無い。ここは御堂筋。左に「戎橋」がある。その橋の上から見る景色がこの景色。暗くなるとネオンサインが一気に輝き、道頓堀の水面に映えて大阪の夜は賑わいをます。最近は外国人観光客や若者も馬鹿騒ぎも少なく無い。そんな大阪は見たくない。

Img_1061

Img_1062

Img_1063

まだ日の入り前で西日が当たりネオンが輝いていない。夜に成ると多くの観光客が眼を輝かせる。親父が始めて眼にした夜の光景は素晴らしいものだった。その賑わいも最近は気品?が失せて薄汚い?どうしてだろう?

夜の繁華街の賑わいはそんなもんかもしれない。大阪に観光客を呼び込む?行政の取り組みも人気取り?大衆迎合が見え見えです。切れ味鋭い刃物の商売をしている外国人のお店の紹介。そんな事は出来ないのだろう。

Img_1073

Img_1075

Img_1076

御堂筋難波終点。直進して来た広い道は右に曲がって堺、和歌山方面に向かう。左は狭い道を通って堺筋に出る。親父が大阪に来た頃、この東西を市電電車が走っていた。右に行くと関西線の終点の駅があるが当時は綺麗では無かった。今はすっかり綺麗になり様相が一変している。当然市電もない。

Img_1078

Img_1079

Img_1081

右は旧歌舞伎座。長い間放置されていたが現在解体中。新しい建物はホテル、催し会場、テナントビルとして利用される?冠婚葬祭大手の会社が所有。19年秋開業予定?その頃になるとこの辺りも再び大阪南の玄関口として再び脚光を浴びる?外人観光客MP関西空港から難波迄は便利だが、大阪市内の観光は貸し切りバスが必要。その整備も出来るのだろうか?どうでも良いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

本日も天気快晴。何処を歩きますか?考えています。

Img_0997

Img_0999

Img_1000

Img_1001

親父が18の時、田舎から出て来た時に仕事で、先輩に連れて来てもらったガス会社。当時とすっかり変わっていない。変わったのは親父?ナントも哀れな姿に変わり果てている。それでも当時の課長さんは居ないだろう?

人の寿命はそんなもんだろう?後どれくらいこんな生き方が出来るのだろう?それはこれからの生き方が決める。何だかんだ言われても個人的な意見だろうと無視されても関係ありません。昨夜は警察の悪口を書きましたが個人的な意見です。無視して下さい。(言われる迄もない)アッハハ

Img_1002

Img_1004

Img_1005

Img_1006

久し振りの見る彼女?やめて下さい御堂筋は親父が若かった頃はこんなにオシャレではなかった?車の通りも6車線が一方通行。何でこんな不細工な交通行政?大阪は今、南北の通りがそれぞれ一方通行。しかし両端の車線の車が堂々と違法駐車。警察は取り締まらない。

民間に委託。それも徹底されていない。アホやろう?アホです。大阪だけでは無い。何処の都市でも同じ。最低な事が最低では無い。親父が昨夜ぼやいた意味はそこにある。そんな事もどうでも良いのだろう?大阪は本当は楽しくて安全な街?違うのかい。そう言われていた。

Img_1007

Img_1009

Img_1008

大阪の街は寺内町(じないちょう)から始まる?嘘をつけ?大阪の街の始まりはもっと古い。この辺りは海だった事を知る人は少ない。難波宮はこの場所より東の上町台地。そこから南に細い大地が繋がり天王寺から生駒、葛城山地に向かう道が大阪の始まりだった。大坂本願寺。この立派な境内はこれからの大阪の発展をどう見守るのだろうか?ジジババしか見守れない?そんなアホな。

Img_1012

Img_1015

Img_1017

大阪のど真ん中を東西に貫く「中央通り」この高架の下に「洋品店街」がナント1キロ近く続いているが今は昔の面影は無い?(親父が知らないだけかも?)大阪には親父が若い頃は「丼池」と呼ばれた繊維街が有名だったが、時代の流れはその様相を大きく変えている。

大阪繊維。大阪の玩具。まっちゃ町(松屋町)街の賑わいはどうなっているのかい?それでも大阪副都心構想。大阪の街は完全にその勢いを失っている?大阪商人はどうしているのだろう?大阪のお笑い吉本興行に占領されて見る影も無い。さんまがいるやないか?吉本芸人がいるやないか?枝雀さんが呆れている。

Img_1021

Img_1022

Img_1024

結婚式場。以前は教会?それは分からない。建物の様式は古い。この結婚式場は全国展開?一生に1度のイベントは親父の場合はお葬式。しかし肉体が滅んだら精神的に何が残るのだろう?何も残らず何も語る事は無い?そう信じられているが実際はどうなのだろう?その事も証明しないといけない。(アホ)

Img_1025

Img_1021_2

Img_1026

南御堂。真宗大谷派難波別院。南御堂は通称。難波の名前の由来は旧地名。(摂国西成郡上難波村)御本尊は阿弥陀如来。同派の大阪地区布教場?この寺も親鸞上人の教えも今はその原点を窺い知る事は出来ない?布教活動は信者が集まって来るだけで充分と思っているのだろう?親鸞が教えた「他力本願」の教えも殆ど心に響かない。(他力本願の意味をネットで調べてね)

この南御堂と北御堂(浄土真宗本願寺派本願寺津村別院)を繋ぐ道が御堂筋の名前の由来とされている。今はこの道を歩く人もそんな事は殆ど知らない。知る必要も無い。この先は道頓堀。この堀は今でも埋め立てられていないが、川の流れは汚い。

おおさか維新の会の知事と市長はこの川の一部をプールにする計画をぶち上げたが中止になっている。その程度の大阪活性化案ではどんこんなりません。大阪の活性化案は色々計画されているが、大阪市民の関心は殆ど無い?

Img_1028

Img_1031

Img_1041

南御堂の先の難波神社の大木。大阪大空襲にも耐えて元気な姿を見せている。大阪大空襲、東京大空襲を知らない若者達。その悲惨で無惨な有様を語り継げないジジババ達。その学習も出来ない大人達。日本はもう一度悲惨な戦いを自衛の為なら行える?何たる愚かな政治家だろう?

そんな政治家が支持される?いかなる理由ががあろうとも軍事力で国際紛争は解決出来ない。アメリカもロシアもその事を証明しているのが分からんのだろう?北朝鮮から核攻撃をされる?いくら追い込まれても彼等にその選択は出来ない。それ位の事が分からんのだろう?

トランプが大統領になったら日本は自分の力で自国を守れるのだろうか?その為の憲法改正?その覚悟が本当にあるのかい?戦争の愚かさと無惨な戦いはシリアを見れば分かるだろう?大統領は反政府勢力を武力で攻撃し、テロとの戦いを口実にアメリカ、ロシアの軍事大国が無差別の空爆をしている。

そんな事もどうでも良いのだろう?テロとの戦いは軍事力だけでは解決しない事を何時になったら学習出来るのだろう?病院や民間人を攻撃しながらテロ組織を追いつめる?何時迄そんな事が言えるのだろう?

シリアの国は内乱の後どんな平和が訪れるのだろう?そんな事は誰も語れない。それがこれからの未来?何たる政治家だろう?今こそ立ち上がりますか?止めなさい。ジジイの出る幕では無い。ジジイはブログでぼやくだけで上等?

かもしれない。ただ親父は違うよ。それは空海様の登場を願う事と同じ。だったら無理だな?アホ。弘法大師の教えは現世では通用しないのかもしれない?それはあなたの生き方の生き方次第です。それはゴマカシだろう?

だから宗教は信じない人が多くなっている。本当に偉大な宗教家達がこの国の救いがたい人達をどう導いたのだろう?政治家が全てを決める。そんな事が許される筈が無い。この世で仏に成れる。空海の教えは政治家の言葉かもしれない。どんなに人間的過ちを犯しても謝れば済む?

そんな事を誰が教えたのだろう?東京都民?大阪府民?全国津々浦々の人達?このまま批判の熱り(ほとぼり)を待つ?1億総活躍時代で誤摩化す。消費税増税延期で誤摩化す。そんなことをさせてみろ。祈りの気持は怒りと無視、無関心となってしまう。

そうなれば思うつぼ。そんな政治が何時迄も続けられる訳が無い。(甘い)甘利も舌を出して笑っている。都知事だけでは無い。経済産業省出身のおおさか維新の会の足立とて同じ思いだろう?野党をアホだと散々罵っても経済政策の失敗は認める事は無いのだろう?

有権者はそんな政治家達を殆ど知らない。親父もその程度です。どんなに頭が良くても成長戦略さえも多くの反対で何も出来ない?1億総活躍社会?どんな面をしてそんな事が言えるのだろう。戦火を免れた大木を見ながらただ頭を下げていた。

Img_1032

Img_1033

Img_1036

Img_1037

親父の下品な想いを境内に置かれてたアヤメは無言で受け止めていた。神社の関係者と眼を合わすが言葉を交わす事は無かった。戦争の話は神社の人とはしたくない。靖国の神社の思いが強いからだろうか?宝塚線岡町駅近くの原田神社で若い青年にどやしつけられた事がある。

親父が立ち入り禁止の神聖?な所をうろついていた時。あの品格の無さはヤクザと変わらなかった。同じ口調なら負けない。コブシを握り締めていた。フェンスは有ったが入り口に鍵は掛けられていなかった。

「写真を撮りに来た」「立ち入り禁止の明示が無い」ここの職員は優しそうだったが、あの時の不愉快な思いが思い出される。神社の間抜けさは一概では無い。大好きな住吉大社。遠州森の小国神社。岡町の原田神社の寂れようとは比べ物にならない。「貧すれば貪す」神社にもその言葉は通用するのだろう?

Img_1044

Img_1045

Img_1046

Img_1047

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

最高のウオーキングシューズの中敷の微調整。その後履き心地を確かめる。

Img_0948

Img_0949

Img_0950

初夏を感じる日差し。久々の御堂筋を歩く。大阪人は御堂筋をキタとミナミで表現するは流石にこの間を歩き通す人は少ない。先ず居ないだろう?関西を始めて観光する人でも殆ど地下鉄を利用する。お金持ちはタクシー?それは殆ど少ない。なんだかんだ言った処で大阪にそんな金持ちは少ない。

本当の金持ちはそんな金の使い方はしない。何処かの知事と同じ?ハイヤー?公用車(お迎えの車)政治家さんは誰のお金で仕事をしていると思っているのだろう?国会議員の定数削減も出来無くてアベノミクスは成功?消費税も上げられなくて選挙に勝つ?勝てば文句は無いだろう?

何たるふざけた論理だろう?そんな論理が支持される?文句があるなら選挙で態度を示せ?今度こそ思い知らせましょう?無理だな?どうして?そんな判断で選挙は行われない?精々考える事は「誰がやっても同じ」今度の選挙もそんな思いは通用しない?ふざけた話です。

Img_0951

Img_0952

Img_0953

そう此処は梅田新道。思い出の場所。ここに来る度に一緒に歩いた秋の景色を思い出す。あれから多くの年月が移り過ぎても何も変わっていない。ここは国道1号と2号の分岐点。ここからスタートした東海道あるき旅も鈴鹿の峠の手前で止まっている。その先を歩くには日帰りは出来ない?当たり前。

Img_0954

Img_0957

Img_0959

高架の歩道橋と地下のトンネルを造って歩行者を階段で歩かせる。こんな交通安全対策?が全国で罷り通ったのは車の通行優先の交通政策?一見尤もらしく聞こえるが足腰が不自由になるとどうするの?車いすの人はどうするの?

オバカな役人はどんな答えが出来るのだろう?とぼけるだけです。そんな役人が都市交通の在り方を何時迄語れるのだろう?これからはこんな道路政策が見直される。きちんと交差点にも横断歩道を作る。当たり前の事。

そんな声は京都、神戸の深い地下鉄の階段を降りる時に思い知らされる。交通局に尋ねるとエレベーターがあると答える。但し中央に1カ所だけ。年寄りや体の自由が利かない人には本当に不親切。(死ぬ迄達者で歩けよ)それくらいの思いだろう?

それでも親父は考えた。これからの一番大事な物。それは達者で歩ける事。その為には自分に投資しなければいけない。自分に投資をする?その事は夢中に生きていた時でも忘れた事は無かった。何とか20年1人で生き延びて来たが流石に後20年は難しい。そんな時本当に優しい(勝手に思っているだけ?)歯医者の女医と出会う。

1年と半年前の事だった。それから長い間の不満だった靴。大事な歩きを支えてくれた靴達は本当に哀れだった。そんな関係を変えてくれた?まだ?マークが付くがMIZUNOウオーキングシューズ最高クラスとの出合い。

中敷でも3000円。この出合いを大事にしないといけない。親父のブログ。いいねのお返しは出来無くなるが増々面白くなる。間違いない?今、もう一つの快感は銭湯の深い湯船で足の指だけで相撲の爪先立ちが出来る事。これは良いよ。これに足を揉んでくれるマッサージ器があれば最高でしょう。ハイ。次行きましょう。今日は難波迄歩きました。10000歩達成おめでとう。

Img_0962

Img_0963

Img_0964

Img_0966

Img_0969

Img_0972

Img_0979

天気は快晴。遠くに生駒の山がくっきりと見える。生駒の山頂のテレビ塔も見える。大阪は水の都と言われているが中々実感は出来ない。ここから生駒の山頂迄どれくらいあるのだろう?淀屋橋の橋の上でぼんやりとそんな事を考えていた。(まだまだ続く)

Img_0976

Img_0977

Img_0982

遠くの景色はズームアップ出来るけれど、近くの景色はその必要は無い。反対にピントは望遠レンズで合わせる事はむつかしい?現在は親父の写真は1本のレンズで間に合わせているけれど、本当はもっと多くのレンズを使い分けないと美しい景色を切り取る事は出来ない。

それでもそれはプロの仕事。親父の写真は自分の心の裏返し?それ以上でも以下でもない。1人でも多くの人に知らない景色をが伝えられたらそれで充分かも?久し振りの御堂筋は綺麗になっていました。しかし放置自転車。どうして規制されなければ無くならないのだろう?

そうだとしたら徹底的にやりなはれ。そう痛感していた。大阪人の間抜けさ。悲しさ。寂しさ。彼等にそんな思いは無いのだろう?行政も中途半端な事はするな。警察も違法駐車はするな。それ位の批判もされないのかい。

外国領事館前の警察官の多さ。車道の警察車両の駐車。自分達で勝手に許可するな。何様だと思っているのかい?

Img_0986

Img_0987

Img_0988

Img_0989

Img_0991

Img_0992

Img_0993

Img_0995

御堂筋は銀杏並木でも有名。しかし難波の手前の韓国領事館。大阪梅田のアメリカ総領事館。車道に護送車を停めて警護をしているのはネットで見ると面白い。右翼の宣伝カーの排除の為にこれだけの警備をするのは殆ど知られていない。警察は外国領事館の警備をこれだけの人で行っている事が異常とは思っていないのかも知れない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国内の支持は変わらない?約束も守れなくても?も少し賢くなりなはれ。

Img_0845

Img_0848

Img_0851

Img_0852

昨日歩いた風景。ボヤキの話が多かったが今日はその反対の景色をお見せする。なんだかんだ言った処で「選挙に勝つ為なら何でも有り」?この国は素晴らしい。自由で何でも出来る。自由に物が言える。よく聞かされる言葉。

本当にそうだろうか?郵政民営化が声高に叫ばれて元小泉総理が圧勝した選挙は11年前の事。何だかんだ言われてもこの国の政治と経済がおかしくなったターニングポイントだった気がする。あの時は「小泉劇場」と言われたが当時の尤もらしく叫ばれた言葉は今は見る影も無い。

それどころか「民営化」のメリットを国民は殆ど手にしていない?美味しい思いをしたのは最近やっと名前を思い出せる様になった経済学者。政治家としてももてはやされたが、政治家を引退しても人材派遣の経営者。経済学者。大学教授。その影響力は今でも衰えていない。

そして今度の選挙で再びその成果が問われる「骨太の方針」。何処が骨太。成長戦略が見出せなくても「1億総活躍社会」政治家がオカシイのか?経済界がオカシイのか?学者達がオカシイのか?それを伝える新聞、テレビがオカシイのか?そうでは無い。

投票用紙に政治家の名前を記入する有権者。投票にも行かないで政治家をバカにしている有権者だろう?一番のマヌケは誰なのか?そんな事もどうでも良いのだろう?色んな人から色んな事を言われたがこれが最後のチャンス?(イエイエくたばる迄の闘いです)あほやのう。

Img_0853

Img_0854

Img_0857

政治に関心がある人。無い人。親父がどんなにぼやいても何も変わらない。親父自身前回投票をした野党の政治家も支持出来ない。どうしてこんなマヌケな社会になったのだろう?多くの人の価値観が変わり、変化を望まない人が多くなったと言われるがそれも違う。

余りにも社会の変化に鈍感な人が多くなったと言う事だろう?政治家、企業、行政の横暴に無知?色んな差別(セクハラ?パワハラ?)が口にされても法律も守れないブラック企業が指導も責任も問われない。

そんな社会を許しているのは一体誰?介護施設の充実?保育施設の充実?何処を見てそんな事が言えるのかい?それでもこの国はすばらしい?アホやろー。自分達の問題を自分達で改善しょうとすれば排除される。こんな社会はアメリカからもう一度叩かれなければ改善は出来ないのだろう?

憲法改正。アメリカから押しつけられた?自分達でこの国を潰した国民に一体何が出来たのだろう?この国に歴史を学べ。そうすれば安倍総理の間違いが良く分かる。ジジババ達はいずれくたばる。

このままでは多くの人が惨めな死に方しか出来ない。この国の未来を子や孫に誇り高く受け渡して行く。そんな選択をしなければいけない。(オイオイ話が違うぞ)御心配なく。景色は間違いなく素晴らしい。天気は良くて車に注意しながら歩いていた。しかしこの道はハイキングコースでは無い。お薦め出来ない。

Img_0859

Img_0860

Img_0861

川の水は綺麗に見えるが実際は両側の崖の上には住宅地が広がっているので綺麗では無い?生活排水は流れ込んでは居ないが、丘の緑はなぎ倒されて宅地が造成され環境は変わっている。この川の流れは静かでも一旦大雨が降ると激流になる。

その時に川は一気に汚れる。それがこの川の現実。カヌーで下る人もいない。それだけの価値も無い?猪名川にはダムは無いがこの川も源流数キロ手前迄人の手が加えられている。泳ぐ事も出来ない。人々の生活が豊かになっても自然が豊かになる事は無い。そんな光景が全国に広がっている。

Img_0862

Img_0863

Img_0864

Img_0867

Img_0868

この看板は行政が建てているのだろうか?ハイキングコース?冗談ではありません。アスファルトの狭い国道。車の通行量は少ないがそれだけ危ない?車の制限速度が明示されていない。運転手も歩行者に対して徐行もしない。流石に大型の車は道が狭くて通らないが、4tのトラックが激走する。信じられない。

Img_0869

Img_0871

Img_0872

Img_0873

この先に名前の読めない集落の跡がある。今でも数軒の家があるがここも交通の便が悪い?いずれ限界集落になる。景色は素晴らしいがそれだけでは人は住めない。この地域が賑わいを取り戻す事はないのだろうか?

Img_0878

Img_0883
Img_0885

Img_0886

急流の崖の上の大木が歓迎してくれる。今でも近くに犬の訓練センターがあるが犬の気配が感じられない。愛犬を鎖で散歩する人は多くても犬が人の役に立つ需要は少ないのかも知れない。大型犬を屋敷内で飼う人が居てもその躾も不要になっているのだろうか?

これから盲導犬だけでなく介護犬、警護犬は不要なのだろうか?親父が散歩中犬に吠えられると口にする言葉。「コラバカ犬」飼い主に睨まれる。それでも鳴き止まないと再び怒鳴られる。「こら馬鹿飼い主」やめなさい。

Img_0887

Img_0888

Img_0890

Img_0892

ここが一番の急流。これから暑くなってもここで水遊びをする人は居ない?カヌーで遊ぶには面白いかもしれないがどうだろう?(水が汚い)大阪北部を流れ下るこの川はこの上流猪名川町でも川は汚い。その原因は整備が全く無い。

まだまだ道は続く。これから梅田に出掛けてウオーキングシューズの微調整をするのでこの続きは夜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

猪名川渓谷を堪能?カヌーで下れるかな?それにしてもお粗末だよな?政治屋さん。

Img_0781

Img_0782

Img_0783

Img_0785

久々に猪名川渓谷を歩く?。?マークが付くのは親父が勝手に言っているから。旧国道12号線。昔からの重要な北摂と丹波篠山を結ぶ道。昔と言ってもそんなに古くはない。この道は現在はバイパスが出来ているが、今でも交通量は多い。それでも猪名川が横を流れているので広くする事は出来ない。

左は崖。右は対向車が来るので歩けない。左の側溝のフタの上を歩いている。それでもここはハイキングコース。しかし歩く人は殆ど居ない。親父で無いと歩けない? 間抜けな行政。間抜けな警察。交通標識が殆ど無い。

住民の感覚もオカシイ。この先で大きな屋敷のおばちゃんがホウキでペットボトルを道路に掻き出していた。信じられない光景。捨てるアホウに掃くアホウ。静かな田舎でも都会と同じ光景?最低だね。車道に掃かれたペットボトルは車のタイヤで破裂していた。

立派な屋敷でも住む人の心は貧しい?この先でも最低の竹林を見る。私有地なら何でも有りかい?無様な姿を晒していた。この竹林の持ち主も竹の有効活用を知らない?(偉そうに言うな)それでは御覧在れ。(どうでも良い)かもしれない。その程度の事でござるよ。

Img_0790

Img_0792

Img_0791

Img_0794

以前見た時はうっそうとしていたが、少しは伐採されている。関係者以外は立ち入り禁止?外からのぞくと結構広いがタケノコを取っているのだろうか?いずれこの竹林も荒れ果てる。持ち主も老い朽ちる。そう物語っていた。

Img_0795

Img_0796

Img_0798

バスはここで左の住宅地の坂を登りしばらくバイパスを走る。旧12号線は右を直進する。その道が昔からの道。それにしてもこの道は運転の下手なジジババは走ってはならない。車の離合が出来ない狭い所はある。その時、咄嗟の判断が出来ない。その場所に今年は見れなかった「エドヒガン」の桜の大木がある。

Img_0799

Img_0800

Img_0801

何たる無様な道路行政。この道は歩いてはならない?よく田舎道で見られる光景。道路管理者はこの光景を知らない。行政(あえて公表すれば何と言う)も警察も責任をタライ廻しにする?よくある景色?これでも地方創生?

はっきりと言いなはれ。この先の草は刈れても歩道は造れない。この先は一気に落ち込んで川が流れている。歩けません。ガードレールを跨いで反対側を歩く。反対側にも歩ける道は無い。親父で無いと歩けない。轢かれてもしょうがない?それでも車に注意して歩きなはれ?それは止めた方が良い。

Img_0803

Img_0804

Img_0805

何時建てられたのか分から無い看板がある。「猪名川は私達の大切な水道水源」それだけでは無いだろう?川を大切にする。それはタダでは出来ない。その事を行政だけでなく地域の人達が真剣に考えなければいけない。勿論地域だけでない事は言う迄もない。それ位の事が分からないオバカが多い。

Img_0806

Img_0807

Img_0809

この崖があるので道を広くする事が出来ない。今迄はそうでした。これからもそれは変わらない?その事はこの道を歩けば良く分かる。この2キロ前後上流で猪名川は左。右は大路次川。と分かれる。そのいずれの川沿いの道のひどさを知る人は少ない。どうでも良いのだろう?それがどうしたと開き直られている。

Img_0814

Img_0817

Img_0818

今年の満開の花は見れなかったがこの「エドヒガンサクラ」の移植が問われている?誰もそんな事は知らない?この大木が何時から多くの人の眼を楽しませてくれているか?親父は知らない。しかしそんな人は多くはない。

この大木がこの猪名川の流れに流されなかったのは「ほんの偶然に過ぎない」?その事がいずれ明解になる。毎年この樹の根元迄大雨が降れば増水する。それでもこれだけ大きく育ったのは樹の生命力だったに違いない。

それでもそろそろ安住の地を考えないといけない。そんなお金持ちは居ないのだろう?笑われていた。対岸の上の丘は住宅地になっている。その対岸は地元の一部の人達が散策の道を整備しているが、その取り組みに是非加えて頂きたい。そう語り掛けられていた。本当に「荘川桜」に負けない偉業は道路の拡張が進まないと無理かも知れない。無理だろう。また来ます。

Img_0821

Img_0822

Img_0823

これからどれだけ生きられるか分からないけれど、この桜木に負けない生き方をしないといけない。いずれこの「エドヒガンサクラ」も老い朽ちる。どちらが先でも後でもそれは恨みっこ無し。アンタの方が先だなと言われて笑っていた。この親父。後10年は今と変わらず悪たれを言っている?

それでも今の政治家や知事達よりはマシに違いない?アンタにやれるかと言われてもやれる訳が無いと開き直りながらそれでもアカンとほざいている。消費税増税延期は多くの人が歓迎?政治家のインチキにレッドカードも突き付けられないその天罰は間違いないと思わないのだろう?

戦争はイヤだけど憲法改正は賛成。どれほど多くの人達が死んで行ったのか知らないとは言わせない。その事が分からんのだろう?自衛隊の幹部候補生の入学式を見ながら爺ちゃんの無念の思いをヒシヒシと感じていた。

軍隊が国を守る。それが出来無い事を知らない若者はしょうがないとしてもジジババ達がその事をどうして語り継げないのだろう?静岡の山の中で近くの名塩の山の中でも国力の強化は軍事力と言っている人がいた。トランプ次期アメリカの大統領候補がどんなに勇ましい事を言ってもベトナム戦争の教訓は学習出来ないのだろう?

アメリカの悲劇。軍事大国の悲劇。ベトナムのナパーム弾の悲劇。どうして人はこれ程に愚かなのだろう?安倍総理は参議院選挙で勝つ為に消費税の再延期?これ程の政治家を後世の人はどう評価するのだろうか?そんな事もどうでも良いのだろう?

ロクな生き方が出来る訳が無い。貧乏人が豊かになるには学ぶ事?それも間違いに違いない。これから覚悟しなければならない事は経済破綻。消費低迷は消費税増税を先送りしても改善しない。老後や子育てに不安を抱えてどうして消費が盛り上がるのだろう?

そんな贅沢が出来る人はお金があり余っている人?そんな事もどうでも良いってか?この先、2キロ近く素晴らしい渓谷は続く。歩道の無い道をガードレールに身を寄せながら歩いていると、お間抜けなドライバーが車のスピードを緩めずに走り抜けて行く。カメラを向けながら「死ね」と叫んでいた。アホ。

Img_0825

Img_0826

Img_0827

これが見納めになるかもしれない(なりません)エド彼岸桜は親父の写真の撮り方にソッポを向いていた。露出が合っていない?それでもこれは親父の所為では無い。?カメラの所為?焦点の背景が白飛び。愛嬌です。(とぼけるな)

Img_0834

Img_0833

Img_0835

それではこれでどうでしょう?暗いな。アンタの心の有り様のまんま。も少し自慢のショットを見せて下さい。笑われていた。仕方がありません。夢中になってシャッターを切った割には出来映えは今イチ。こんなもんでしょう?とぼけるな。それでは気分を変えて川の流れを見てみましょう?開き直っていた。

Img_0841

Img_0843

Img_0844

これからもっと素晴らしい川の流れをお見せします。この川も大雨が流れ下ると激流と化す。私達のこれからの生活も同じだろう?その事を優しく丁寧に教える人は居ないのだろうか?学者先生達は何をしているのだろうか?

アベノミクスの成功とか失敗とかそう言う話では無いこれからの生き方。そんな話は自分で手にするしか無いのだろう?この続きは明日。10000歩足らずで嬉々として手にしたシューズの効果今イチ。明日不具合を微調整出来るかな?それが出来たら宣伝します。そうでなければそれだけの価値だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25000円+3000円の中敷の評価

先日気合いを入れて手にしたウオーキングシューズ。安物の靴を買いながら満足出来ない気持がどう変るのか?楽しみにしている。日常の生活で全く意識されない「足裏の悲鳴」も語る人は殆ど居ない。親父のブログも暗いと言われても何も変わらないが、そろそろ楽しい話もネタにしないといけない。

それにしても楽しいネタは少ないが唯一、明るいネタは自分の足で好きな所に行ける事。先月末、減量の成果を確認するため体重計と歩数計を手にしたが、食い過ぎ(食欲旺盛)の生活習慣が変わっていないので期待した成果は出ていない。それでも腹の出っ張りを撫で回しながらニンマリとしている。(アカンワ)

これから腹を凹ませる実践を記録すればそれで長生きが出来る)まさか?バアちゃんから言われた言葉は忘れていない。これから思い知るに違いない「長生きをしてもろくな事は無い」。本当に申し訳ないと思っている。年長けて(たけて)惨めな思いしかさせられなかった親不孝をこれからの生き方で償うしかない?(それも出来ないが)

ただこの幅広、甲高、べた足、蟹股(ガニマタ)の足を眺めていると、これからの生き方で何を為すべきかが良く分かる。ただ真面目にバカ正直に生きるだけでなくもっと自分の体を大事にしなければいけない?現役世代の時には必死の思いで仕事をするだけだったが、現在はそんな仕事も無い。

親父達の仕事一筋の生き方は今のこの国の政治と経済、日々の生き方さえもその土台になっているがその結果は様は無い。それも自己責任?それも親父達が必死に働いた成果とは思えないがそんな事もどうでも良い。

今更どんなにぼやいた処で何も変わる事は無い。これからの生き方が全て?その事は間抜けなテレビを見ていると本当に良く分かる。テレビが最大の娯楽と嬉々として語ってくれたおばちゃんのお気に入りは「韓国ドラマ」。

おばあちゃんに放送局の思惑を説明する気持は無かった。人のささやかな楽しみを否定出来る理由は何も無い。韓国ドラマの筋書きははっきりしていると不自由な体をくぬらせながらめを輝かせていた。

放送局の番組制作の責任が放棄され、安いコストで韓国ドラマを垂れ流す?そんな事も問われる事は無い。尤もらしい言葉を口にする政治家も深刻な社会問題には眼も向けず、そんな放送をするテレビ局を放送法で批判する。

世の中はそんなにまともな社会では無い。福沢諭吉が明治の時代に口にした「人は人の上に立たず人の下に立たず」。その言葉も政治家、官僚、企業家だけでなく殆どの人が知らない。近くのスーパーで警備員をしていた時に警備会社の先輩に言われた言葉は信じられない言葉だった。

「スーパーの社員様は我々とは身分が違う。対等な口の聞き方をするな」そんな親父は目障りだった。そんなスーパーも今は親父がお客さん。その警備員達は親父と眼が合っても眼をそらす。ザマーミロ。その程度のもんだろう。

(オイオイ。何時ものパターンに戻っている)何が言いたいの?その程度の物。それ以下かも知れない。そのスーパーも今日からポイントカードが親会社の物に替わる。今夜安倍総理の記者会見がある。消費税増税先送りの説明。その話を良く聞いて下さい。(そんな暇は無い)その程度のもんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »