« 株価下落もどこ吹く風?問題の深刻さを思い知るのはこれから? | トップページ | 「天気晴朗なれど波高し」日本海開戦 知らんな? »

2016年2月15日 (月)

株価下落下げ止まり?何だこの間抜けな金融市場。

Img_1969_2

Img_1974_2

Img_1975_2

Img_1979_2

昨日は季節外れの陽気でした。親父が散歩に出掛けたのは夕方でしたが、一昨日のまとまった☂で川の流れは勢いを増していました。それでも何も変わりはなく静かな時が流れていました。大雨が降らないとこの先の景色は何も変わらな無いのでしょう?

イイエ再び河川敷のグラウンドが使えなくなったとしても地域住民は何も声を上げる事はありません。景色を見ながら溜め息を通り越して笑っていました。今の世の中も同じでしょう?「国破れて山河あり」この言葉を知らない人が本当に多くなりました。

何の為に生きるのか?そんな事もどうでも良い人が多くなった時、先人に問い掛けられた「生きる糧」はどうでも良いのでしょう?そんな政治が支持される。そんな経済が求められる。そんな日々の生活が当たり前になる。

トンデモありません。誤摩化されているだけです。(誰に?)そう。その事が理解出来ないと「平和な日常」の認識は何も変わらないのでしょう。国会の安倍総理の言葉を聞いていると本当に国民は哀れです。政治的、経済的、人間的常識が全く感じられない。そんな事もどうでも良いのでしょう?

この思い上がりはマスコミの世論調査のマヤカシです。多くの国民は今の政治と経済に満足していません?(それも違うのかな?)他に変り様が無い?誰がやっても一緒?だから今のままで良い?混乱は御免だ?これが現在の常識かも?

それでも一番大事な事が政治の世界でも国民の生活でも失われている。「批判を受け入れる」「批判に謙虚に耳を傾ける」「口先だけでなく行動を優先しその結果はきちんと受け入れる」それ位の事が出来なければ何時迄も人の支持を受ける事は出来ない。そんな当たり前の事を平然と無視出来る。何たる奢り、高ぶりでしょう。心配ありません。時の流れはそろそろ限界です。

Img_1980_2

Img_1981

Img_1983

おう相棒。今日は暖かいな。エサは取れたかい?親父の問い掛けに無視される。(これだけ川の水が濁るとエサが捕れる訳が無い)素知らぬ顔をして全く反応してくれない。こんな日は何を食って生きているのだろう?大切な事を教えてくれていたのだろうか?

スーパーに行けば何でも買える?しかしその大事なお金もすっかり目減りして多くの年寄りはどう生きて行くのだろう?年寄りばかりでは無い。働き盛りの人も若者達ですら手に出来る所得が目減りしてどうして豊かな生活が手に出来るのだろう?その答えを教えてくれていた。

「食費を減らせ」「1日の生活費を減らせ」「そのメタボな体を何とかしろ」そう言われていた。政府と日銀の経済政策は「デフレ脱却」その実現の為に日銀は何でもやる?そこ迄言われればその言葉を信じる?

川の流れは上流には流れない。それ位の経済知識も無いのだろう?値上げされた商品を買える豊かな人がこれから多くなる?それは誰に聞いてみても否定される。それ位の事が分からない訳は無いだろう?それともそう信じているのだろうか?

エリート達は東大で何を習ったのだろう?学問だけ?陳腐な知識はこの激動の世界には通用しない。市場の反乱に何時的確な舵取りが出来るのだろう?それは期待出来ない。ならば自分に出来る事をやるしかない?貧しい生活に耐える志は何時迄も何処迄もコケにされるだけ?それも又よろし?相棒に言われていた。

Img_1988_2

Img_1991

Img_1995

|

« 株価下落もどこ吹く風?問題の深刻さを思い知るのはこれから? | トップページ | 「天気晴朗なれど波高し」日本海開戦 知らんな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 株価下落下げ止まり?何だこの間抜けな金融市場。:

« 株価下落もどこ吹く風?問題の深刻さを思い知るのはこれから? | トップページ | 「天気晴朗なれど波高し」日本海開戦 知らんな? »