« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

今日は穏やかな日曜日。しかし政治も経済も波瀾万丈。

寒い日が続いたがやっと予報通りの暖かな天気?音声を消してチラ見をしている競馬場(京都の淀、東京府中)の天気はまるで早春。天気予報も2月の厳しい寒さは無いと断言しているがどうなのだろう?但し政治と経済はそうは行かない?

先週の激震(甘利辞任、日銀マイナス金利政策)も殆どの国民だけでなくマスコミ迄も素知らぬ顔をしてとぼけている。理解も出来ないのだろう?間違いなく2月は天気予報とは全く違う政治と経済が展開する。そんな危機感も持ち合わせていない。

情報伝達は「どなたの思惑?」あの世耕発言の責任は誰も問わないのだろうか?(世耕発言?そんな物は知らない)政治と金の問題は何も改善されなくても有権者にその責任は問われないと思っているのだろう?

アベノミクスの継続?そんなとぼけた見通しが学者先生からも聞こえて来るのは、この国の悲劇に違いない?それともこの現実はこれからも何も変わらないのだろうか?それならばどんなにバカにされても孤高の叫びを続けなければならない?(アホ)

そのオバカさはこの競馬中継の予想を聞いていれば良く分かる。予想(よそう)ーうそよ。これで何時迄も飯が食えるのだから「結構毛だらけ猫灰だらけ」競馬の必勝法は馬券を買わない事。政治と経済の必勝法は無関心。

それは貧乏人の生き方に違いない。金持ちは本当に汚い?そうで無いと生き延びる事は出来ない?嘘をつけ。と言いながら年金生活者を続けている。しかし国が存在する限り国家と個人の契約は生き続ける事は当然の事。高齢者は長生きは保証されなくてもド厚かましく年金生活者に甘んじるのだろう?

Img_0191

Img_0197

Img_0200

等々(とうとう)と流れている様に見える川の流れもアングルを変えるとこの広い川幅の一部分。信じられない事に川の中の堆積土砂の上にこれだけの木が根を張っている。しかしこれはまだ可愛い?この先にはもっと大きな大木が森?を造っている。

それでもそんなオバカは何時迄も続かない?それともこれで川の役目は充分果たしている?何度も聞かされた河川管理の間抜けさ。ここだけの話では無い。今年の夏の大雨で間違いなくこの場所も綺麗に土砂が取り除かれるのだろう?

Img_0201

Img_0202

Img_0204

信じられない事にここも川の中。但しこの時期水は流れていない。左端が河川敷の堤防。本堤防は更にその後方に5m高い。だからこんな無様な河川管理が可能?今度の工事もここはこのまま?信じられません。アホです。アホ。その天罰は今年も受ける事は無い?

Img_0205

Img_0206

Img_0207

この左には河川敷グラウンドが広がる。大雨が降れば冠水するがその度に数千万円の金を掛けて補修工事を行う。(昨年も1昨年も2年続けて行ってもその対策はこの堆積土砂の取り除きは無い?)それともこの重機で取り除くの?それは無い?2月末になれば明確になる。(親父は怒っているけれど)

Img_0210

Img_0208

Img_0211

Img_0219

Img_0221

Img_0230

Img_0233

Img_0246

Img_0250

Img_0238

この先に堰がある。農業用水を確保していると河川管理者は平然とした顔をして説明しているがこの堰にこれだけの水を溜めなければいけない理由も終えている。(どういう事)それはこの先の写真を見れば良く分かる。親父も数年前迄は全く知らなかった間抜けさ?

この堰が大雨の時、左の河川敷のグラウンドを水浸しにする。その度にグラウンドは土を入れて整備し直さないといけない。その事は何も改善されない?用水路の水利権は一人でもその権利を持っている限り変える事は出来ない?何をバカな事を言っているのだろう?

その改善が出来ないのなら不利益を受ける納税者の利益はどうなるのかい?それ位の事も河川管理者は問えないのだろう?改善の方法を他で繰り返している事も否定するのだろう?この無様な姿。川の水位が3m上がる事は全く考えていない。

それともそんな事も否定するのだろうか?アホです。アホ。住民もその事は問う事は無い。素晴らしいグラウンドがこの横にある。「河川敷にグラウンドがある事が間違い」何処かの間抜けがそう言っていた。親父には関わり合いの無い事?そうなのだろう。

Img_0235

Img_0237

Img_0242

Img_0256

Img_0257

Img_0258

Img_0263

Img_0265

この堰が造られたのは何時の事か知らないがこれで河川管理が出来ている?
この堰は誰が管理しているのか知らないが、この固定堰の無様が問われる事は無いのだろうか?当然この右の河川敷にグラウンドが造られた時に、その事が問われなかったのだろうか?

そうだったとしてもこんな無様さは何時迄も続けさせてはいけない。(そんな事はアンタに言われなくても分かっている)河川管理者の責任は問われる事は無くてもこの堰はいずれ無くなる?そうなる事はこの現場を眺めれば誰でも分かる。殆どの人が知らないだけ?この現場に来る度に怒りの思いが込み上げて来る。

Img_0264

Img_0269

Img_0271

Img_0275

Img_0272

Img_0273

もっと多くの写真が有るがここ迄。画像がこうして眺めているだけでうんざりとして来る。競馬中継のオバカなコメント、予想を聞いているだけでもうんざりなのに。(ならば見るな)世の中の不条理にどんなに眼を背けても心地良い生き方は出来ない。(それでも見ているだけでうんざり)では止めましょう。

これから洗濯物を取り出して物干さおに干しましょう。それから近くの山歩き。意外に親父は健康的な生き方をしている。今日は心地好い山の空気が吸えるに違いない。オバカな競馬解説者が予想の弁解をしている。予想が当れば自慢をして外れればとぼける?アベノミクスも同じかい?間抜けな世の中です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月30日 (土)

昨日のまとまった☂は上がる。今日は晴天。でもお出掛け無し。

Img_0169

Img_0172

Img_0171

雨が上がり晴天の1日が終わる。今週はずーと続けていたお出掛け無し。理由は交通費削減?お金を節約しなければいけない?国内経済は回復基調?日銀総裁はそんなに豊かな生活が出来ているのだろう?国内経済は間違いなく縮小安定?そのスパイラルに陥っている?

そのスパイラルを止めるのは景気刺激策ではなく、個人所得拡大しかない。その方法が見つからないのではなくやる気が無いのはどうしてだろう?それは日銀総裁の所得を見れば分かる。月給300万?その収入で景気回復の旗が振れる?根本的に何かが違う?そうは多くの人が思っていない。

甘利辞任もその程度にしか感じていないのだろう?自分達は違う?仮にそうだとしてもレベルが違う?権限が違う?立ち位置が違う?嘘をつけ。この国の組織の在り方。1人、1人の政治と経済の知識、生き方、人間の尊厳すらも問われる事が分かっていない。

それでも案じるな。上には上が居る?全てを捨てれば迷う事は無い。と言われてもそれは出来無い。ならばどんな生き方が出来るのか?その足がかりさえも手には出来ない?御心配なく。切開いてみせる。ご期待あれ。(無理だな)

Img_0175
Img_0176

Img_0179

Img_0180

Img_0181

昨年の3月整備され7月の大雨で埋まっていた川が一変している。昨年晩秋に始まった川床の掘り下げで川原の景色は様変わりしていた。それでも皮肉な事にこれ位の工事も大雨が流れると跡形も無くなる。

同じ事を繰り返してもその責任は問われない?「結構毛だらけ猫灰だらけ」今は相当古い田舎の家で無いと「暖炉」は無いがこの言葉の意味は寅さんに教えてもらわないと理解する事は出来ないのかもしれない。尤もらしく偉そうな事を言っても自分の事を棚に上げているだろう?他人事の様に語りながら何も学習をしていない。

Img_0182

Img_0185

Img_0186

昨日の☂でここ迄水が流れているが大雨が降れば跡形も無い。その均された川原を歩いています。ここは今では歩けるが以前はチョロチョロと水が流れていた。飛び石でも歩けなかった。その川原が今はブルドーザーで均されているが何時迄保つのだろう?

Img_0187

Img_0188

Img_0189

Img_0190

この後でこの工事の看板と工事図面をお見せするが、この場所はこのまま?

Img_0209

Img_0212

この図面を見ると川底が掘り下げられるのは川の中央部?いずれにせよ2月の終りにはこの「河川掘削工事「は終わる。その時この工事の評価が出来る。しかし、そんな事もどうでも良いのだろう?何故ならどんなに大水が出ても河川敷のグラウンドが冠水するだけ。

その時は河川敷のグラウンドの管理者(市役所)が補修工事をすれば良い。その程度に河川管理者は考えている。?ウソでしょう?では聞いてみますか?アホな親父はそんな事を考えていた。しかし、そんな事もどうでも良いのだろう。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弘法大師が嘆いている?舌を出して笑っている?それは無いだろう?

何だこの無様な姿。高野山奥の院で空海は生きている?本当にそうならばその事を証明して見ろ?出来る筈も無いオバカな教えが今でも通用すると思っているのだろう?(意味が分からない?)(そんな罰当たりのことを言うな?)(だから宗教なんて信じられない)信じようと信じまいとそれはその人の勝手。ただ今日でも多くの人が熱心にお参りをして「空海」偉業を讃えている。

知らない人の為に簡単に事の次第を紹介すると(しなくても良い)ならこの先読むな。(まあまあ)高野山の経理(金庫番)(前)がお寺の金を7億円金融市場で(投資)損失。その責任が問われている。この話は良くある話。その損出金額の報告が不明朗(隠蔽?)それで金庫番の職を解かれ(クビ)訴えられている。

損出が出なければその経営(金繰り)手腕が讃えられ、損失が出ると責任問題になり多額の損出は損害賠償の対象になる。今、インチキ?競馬中継の映像のみ見ながらこのブログを書いているが資金運用(利益を出す)と言う事は反対にその責任も問われる事がある事ぐらい金融機関は何で説明をしないのだろう?

その事を問われると大手の証券会社、金融機関でもノーコメント。アホやろう。そんな商売が罷り通っている。(法律違反はしていないし何ら問題は無い)確かにその通り。何処かで聞いた言葉。「騙される方が悪い」バカヤロウ。そんな商売がそんな凌ぎ(しのぎ、かせぎ)が何時迄も出来ると思っているのかい?

(出来ているじゃねえか)これが現実。その程度で高野山を眺めれば良いのだろうか?冗談では無い。(空海が眼を剥いている)所詮、宗教、金融機関と言ってもその程度かも知れない。今回の甘利辞任でも先日の日銀政策決定会合のマイナス金利発言でも同様の事が感じられる?

これだけの大問題でも世間の反応は間抜けとしか言い様がない?(意味が分からない)親父も段々賢くなりました?その難しい問題もそんな事は全く無い?オバカな政治家と評論家?専門家?が難しく(自分達を正当化する為に)解説しているだけに過ぎない。その事を証明してみせます。

(既にその片鱗を見せている?)お世辞でもありがとうございます。(しかし日銀のマイナス金利の予測は出来なかったじゃないか?)その通り。その程度の親父のボヤキです。弁解しなくても株価下落、円高基調は何も変わっていない。

それを日銀総裁の偏見で歯止めをかけただけ。オイルマネーの下落と中国経済の失速。加えてアメリカ。ヨーロッパの経済不安定はこれからもダウンブローの様に日本経済を痛めつけるに違いない。そんな世の中をどう生きるかその事が問われている?

そんな事を考える変人は少ない。どうにかなると思っているのだろう?どうにかなります。そしてどうにもなりません。それがこの世の習わしです。生活弱者の保護?それが税金のバラマキ?そんな事が何時迄も出来る訳がありません。

これからの生活弱者は自らの力でその環境を変えるしかありません。それが出来なければタダ生き長らえるだけ?何の希望も生きがいを見出す事も出来ないでしょう?それでも他に生きる道は無い?それはそれで仕方ありません。そんな人がこれから加速して行くのでしょうか?そんな気がする。ぼやいていないで自らの道を自らで切開け。その事が問われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月29日 (金)

おばかな中国のインターネット書き込み。甘利辞任が中国では当たり前?

このオバカな中国人のインテーネット投稿記事の紹介。
甘利辞任の金額が中国では「村長」クラス?確かに端金で辞任するのかと笑う気持は分からないでもないが、アンタ達の国はそれだけ腐敗が日常的と言う事だろう。

言われる迄もなくこの国の政治家や役人、官僚達の腐敗は中国以上に違いない。
そんな金権腐敗の体質を尤もらしく語りながら処罰、改善も出来ない国民は最低に違いない。しかしアンタの国はどうなの?自分達の国はそれ以上?そんな事を笑っていられるのかい?こんなバカバカしい話は無い。

中国とか日本とかそんなレベルの話では無い。それ位の記事も書けないこの報道機関(レコード、チャイナ)。大体尤もらしい言葉を並べながら中国共産主義国家の矛盾。その事を考えなはれ。その程度の事も出来んのだろう?ゲス。下品。日本だけでなく中国人にもそんなオチャラケは多いのだろう?

人の事をお笑いにする風潮は最近多い。自分の事迄笑いのネタにする芸人も少なく無いがそれはその人の勝手だろう?ただその事は自分の存在感を自他共に認めていると思っているからだろう?情けない事だとは思わないのだろう?

それはその程度の事が認めれられると思っているのだろう?世の中には何でも人を笑い飛ばす事で自分を正当化出来ると思っているのだろう?チャイナとジャパンはその程度の批判では分から無い文化がある事を理解出来ないのだろう?

ただ今回の甘利発言のマスコミ報道を見ているとフジテレビのコメンテーターの発言はひどい。これがこの国の常識。非常識極まりない。政治と金の問題は「説明責任」ではない。タカリの様な秘書の存在はその時点でアウト。現在の政治家はその程度の判断も出来ないのだろうか?

甘利大臣の辞職でもアベノミクスは些かの陰りも無い?そんな事は言えない事が来週になれば証明される。それが出来なければこの甘利辞任の意味は無い。それ位の危機感すら総理は持ち合わせていない?公共放送のこの間抜けさはどうした事だろう?それだけ国民が間抜けだと思われているのかも?

本日の日銀の「金融緩和」の決定も経済政策に首を傾げる。今回の決定が無ければ株価は大幅低下?昨日何処かの金融機関の経済解説者が言っていたが、確かに今日の株式市場は大きく上昇。しかし乱高下したのも事実。それは何を意味しているのか?やっと理解出来る様になる?(市場の投資関係者はこの先の見通しが出来ないだけ)

その事は何を意味するか?オイルマネーの価格と中国経済の見通しが立たないと景気の先行きが見えない。来週から始まる日本と世界の景気見通しは良くない。その根拠は消費が盛り上がらない。日銀が金融緩和政策を取れば消費が盛り上がる?この話がそもそもオカシイ。2月は消費の回復は無い。3月は様子を窺う。

経済界も労働界も賃上げを期待しているがその期待に応えられる企業は少ない。ニンマリと出来るのは一部の高収益を叩き出している会社と公務員。大部分の働く人の収入は増えない。正規社員より非正規社員の数が多くなって、どれだけの人が消費にお金を廻せるのか?金融緩和で住宅、車、高額商品の購入が増える?

日銀や経産省の経済の舵取りの役人達の感覚は「アベノミクス」の成功体験が続くと思っているのだろう?彼等の感覚はどんな現状分析で研ぎ澄まされているのだろう?どんなに立派な経済理論で原稿を書いても消費の現場を知らなければ机上の空論。それ位の事も分から無いのだろう?アベノミクスの見直しは意外に早いかもしれない。

マスコミがどんなにTPPの批准を叫んでもアメリカで承認出来るか分からない。日本でもその詳細は何一つ知らされていない。道路公団民営化を主導した(実現した)石原大臣としても国会の論戦では何一つ明確な答弁は出来無い事を知らないのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名塩道路 昨日の続き 命懸けの道 歩くオバカは1人もいない。

Img_0030

Img_0033

Img_0034

この道は何度も歩いているので「危険な個所」は体に染み付いている。現在はこの道を多くの車は通らなくて街中を通り抜ける事が出来るが、以前はこの狭い程を歩く事も出来なかった。(親父は平然と歩いていたが)嘘をつけ。後ろを気にしながら歩いていた。

Img_0035

Img_0036

Img_0037

この坂は以前は歩けなかった。(流石の親父でも地元の有力者に止められた)
この道の左に昔からの生活道路がある。その道をキョロキョロしながら歩いた時その事を痛感していた。しかしその道も地元の人しか歩かない。その狭い道は車の心配は無いが車の通行禁止ではない。

気を付けて歩く事に変わりはない。(轢かれる心配が殆ど無いだけ)その道を通らなくてもこの集落を蛇行しながら流れている「名塩川」がこの坂の右にある。その道が昔の街道?丹波街道を歩く人達の道。荷車も通っていたのだろう?その道も歩く人も殆ど居ない。日本全国にそんな道は沢山有るにちがいない。

Img_0038

Img_0045

Img_0047

Img_0050

以前は(名塩道路)が昨年7月開通してこの道が整備される?以前は正面で右側に抜けて居た。その右側に直進するバイパスが出来ている。しかしこのバイパスが完成して半年経過してもまだこの路肩工事は終わっていない。何時迄に終わるのかその表示も無い。誰も困らないから?これが国道工事の現実。

Img_0048

Img_0052

Img_0060

この名塩道路はこの先、工事が進展していない。その理由は地元の人しか分からない?正確に言えば地元の人でも分から無い。その事を神戸迄行って国交省兵庫国道事務所の説明を受けるが良く分からなかった。この区間西宮山口から宝塚栄町迄の10、6キロ足らずを3工区(12区間)に分けられ30年以上掛けて行われている。

ところがこの先の3、6キロと名塩の先と生瀬(なまぜ)の1、3キロは工事の目処すら立たない。その理由を明確には答えてくれなかった。この先は歩道すら無い所が続き、最後はその先に進めず苦笑して引き返す。この道は歩く必要も無い?歩いてはいけない?

Img_0064

Img_0065

Img_0066

歩くバカもバカだが(こんな道を歩かなくても他に古い街道が右にある)それにしてもこの道路を管理している国道事務所。地元警察。看板位立てるべきだろう。それだけでなく何時迄にどう改善する。それ位の丁寧な案内が何で無いのだろう?

それがお役所仕事。ここだけでない。全国至る所でこんなオバカな現場は眼にする事が出来る。その責任も問われない。こんな現実をどう説明するのだろう?とぼけるだけです。(それでどうしたの?)流石にこの先は歩けない。少し引き返して下道に降りる。

この道も歩いているので勝って知りたる道。この道も何の道。残土捨て場がある。この光景を何時迄晒すのか?誰がどう管理するのか?その看板も何も無い。このひどい現場はこの先にもあった。そこはもっとひどい。大雨が降っても関係無いのだろう?

Img_0072

Img_0073

Img_0074

Img_0076

Img_0077

Img_0080

再び国道に合流。前来た時にはこの残土置き場に工事車両が出入りしていたのでが、交通誘導の警備員のおっちゃんが居た。優しい気さくな人だった。親父に声を掛けて呉れながら国道を誘導してくれた。(この右を進んだの?)いくら何でもそれは出来無い。

この道は一日中多くの車が通り抜ける。その車の流れが途切れた時に反対側に渡らせてくれた。(何で反対側?)それは写真を見れば分かる。あの時の叔父さん。今も元気に仕事をしているのかな?)一億総活躍社会。何をとぼけているのだろう?甘利大臣の辞任を引き止めた政治的責任は免れると思っているのだろう?バカタレが。(コラ)

石原大臣にそれを期待する?バカヤローだろう。この大臣は過去の人だろう?しかも小泉改革のインチキ。郵政民営化。道路公団民営化。その誤摩化し。殆ど知られていない?国民はそれ程にオバカなのだろうか?(言われる意味が分からない)郵政事業、道路公団事業、が現在どれだけ民営化されているのか?学習したまえ。

Img_0081

Img_0084

Img_0087

左がどうやら歩けるがそれもここ迄。この先は少しの間だけど車の流れ(後方)を見ながら途切れた時に足早に進むしか無い。右上のカーブの先に安心して歩ける?歩道がある。しかしその歩道もほんの数m。その先に名塩川?(小川)に架かる橋が在るがその橋にも歩道は無い。これが国道かい?これが整備中の名塩道路?です。

その証明もこの先にある。間抜けな道路行政は何故か部分的。この11キロ足らずの山間部の道がこんな無様な整備しか出来ない国道の道路管理。マスコミはどうしてそれ位の報道が出来ないのだろう?彼等が尤もらしく口にする「報道の社会的責任」はここに無い?

そんな事もどうでもいいのだろう?親父も最近迄知らなかったのだから偉そうには言えない。それ程に何も知らないのだろう?アベノミクスの経済政策の破綻がこれだけ明確になっても信じる人は変わら無いのだろう?これもマスコミの報道の結果?それも違う?国民の政治批判は既に失せていると言う事なのだろう?

国土交通省とは名ばかりの行政改革。この官僚達の厚かましさは「地獄」にたたき落とされても分から無いのだろう?大体自分達が役目を終えても尚(なお)天下りを繰り返しながら豊かな生活を送る?そんな世の中が何時迄も続くと思っているのだろう?何時からこんな下品な国になったのだろう?それは他人事では無い。

Img_0095

Img_0098

Img_0099

Img_0102

道路工事の看板は有るが何の工事か分からない。ここは歩道は無いのでご丁寧に柵が作られている。こんな柵を作らないで何で歩道を整備しないのか?いずれこの道は工事でルートが変わる。その為に左のガソリンスタンドが廃業(用地買収)している?但しこの前後の道が整備される時期は明確にはされていない。(未定?)違う?

計画が未定?決まっていても発表は出来ない。発表をするとその工事が遅れた時に責任が問われる?何とオバカな道路管理だろう?計画が承認されていないと言った方が分かり易い。これは日本全国何処でも同じなのだろう?

国土強靭計画?何を尤もらしく口にしているのだろう?利害が絡めば突貫工事で建設が進んでいる新名神工事を見れば良く分かる。その壮大な工事現場も工事の進捗状況も殆ど知らない。ネットで検索して見なはれ。(そんな事はどうでも良い)これが道路公団民営化の現実。

この道路建設工事費用は誰が負担するのか?アンタ達では無い。子や孫、その先の世代。その事も関係無いとは言えないだろう?一度現場を見て見なはれ。何処かのダムと全く同じ現場が其処にはある。それ以上?それ以下?そんな事もどうでもいいのだろう? マスコミの伝える公共事業の実態。このお金は天から降って来るとでも思っているのだろう?(関係無い)確かに。

Img_0105

Img_0107

Img_0108

Img_0110

本当に情けない道路管理です。この道は道路から一段上がった田んぼのあぜ道。
小さい頃の記憶が甦り心の底から何とも言えない喜びが湧き上がる。しかしこの道は通行禁止。(どうして?)だって私有地の畦道(あぜみち)。道路からも勝手に上がってはいけない。

この先の看板の先に叔父さんが軽トラックの中から「不審者」を眼で威圧していた?しかしそんな事には負けない。言い訳を考えていた。カメラを突き出して取材中。それでも叱られれば「国土交通省」の道路交通量調査?それ位の事を考えていた。

叔父さんはこの道を半分も歩かない内に立ち去る。この田んぼの所有者では無かったのだろう?良くある事。大概は無視されるか注意される。親父も太々しい。この右の側溝のフタも右下で途絶えている。ホンマにどういうこっちゃ?

Img_0111

Img_0113

Img_0116

美味そうなラーメンの看板をチラ見して先に進む。ここは直線道路に整備されているが歩道は片側しか無い。その歩道は立派に整備されている。しかしこの歩道の左の草むらはもっと歩道に迫り出していた。この場所は親父のクレーム?で綺麗に清掃されていた。半月前の兵庫国道事務所の担当官が指示してくれたのだろうか?

Img_0115

Img_0118

Img_0120

その綺麗になった道にゴミが投げ捨てられている。本当に情けないドライバー?
綺麗に清掃されても平然とゴミが捨てられる。それでも綺麗にしないといけない。
その理由が間抜けなドライバーには分からない。こんなドライバーは天罰が当る。

車の運転が巧かった親父が言うのだから間違いは無い。その親父もゴールド免許しか手にしていない。(クルマの運転は出来無くなっている)6月の北海道の移動手段は電車とバス?(タクシーには乗るなよ)トホホ。 歩くのは無理だな。

Img_0121

Img_0123

Img_0124

ここ(右側)は名塩道路の1−2工区(3、6キロ)の未供用区間(工事が進んでいない)何時に成るのかその見通しも付かない?それでも用地買収は一部区間済んでいる?だからこんな無様な姿(残土置き場)を晒せるのだろう?この先、右側は再び歩道が無い。車の流れが途切れるのを待って反対側に渡る。

Img_0126

Img_0127

Img_0130

しかしいくら何でもこれはひどい。道路標識も何も無い。この写真を見て始めて気が付いたが「横断歩道」がある。何処のオバカがこんな所を渡るのだろうか?いくらこんな白線を引いても車の流れを止めて迄も渡れない。それ位の事が道路管理者にも安全管理のお巡りさん(そんな期待はしていないけれど)にも出来ない。流石にそれ位の事は誰でも分かっているのだろう?

Img_0131

Img_0137

Img_0138

この先は名塩の端。名塩東久保(とうくぼ)の峠道に掛かる。この先を歩くのは始めて。バスで何度も通っているがとても歩ける道ではない。更に歩いてこの先に行くにはこの峠道を通らなくても安全な旧丹波街道が右にある。その道を歩くと心が和む。

この先にバス停が有るが昨日はこの坂を登っていた。その先にはこれ迄歩いて来た片側にしかない歩道の意味が端的に示されていた?この道は地元住民の歩道。親父の様なアホが歩く道ではない?その証拠をお見せする。

Img_0140

Img_0144

Img_0146

Img_0149

Img_0151

Img_0152

左の階段は個人のお宅。歩道のガードレールはその階段に迫りその先(道路沿い)には歩けない。「ウソでしょう」本当です。色んな国道を歩きましたが歩道のガードレールが個人のお宅に繋がっている道を始めて見ました。どうしてこのガードレールこの先に延びていないのでしょう?

良く見ると車道の左には側溝がある。その縁をガードレールは通るべきでしょう?そんな事はどうでも良い。この先は歩けない。いくら何でも石垣とガードレールの狭い隙間を通り抜ける事は無い。この先少し歩くと広い道に繋がる。そこは12年以上前に整備されている。

信じられない事にこの道の改良工事事業化は今から30年前に始まり残す区間は2区間4キロ足らず。その工事が完成する目処は立っていない?それでも多くの人の利害が絡むと中々思う通りにはならない?この名塩道路。ネット検索も出来る。興味が有れば見て下さい。そして笑ってやって下さい。親父も生きている間にその完成を眼にする事は出来ない。(分から無いよ)東大阪線はもうすぐ開通する。(なんのこっちゃ)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の名塩道路。名塩市内の交通量は激変。しかし?ご覧あれ

Img_0002

Img_0003

Img_0005

久々の西宮名塩駅前。JR福知山線が正面の山をトンネルで突き抜けたのは30年前。
その時からこの冬枯れの薄汚さは予測されていた?違うだろう。この駅前にはこんな景色は見えていなかった。もう少し若々しい勢いがあったに違いない。今から30年前。親父は既に役目を終えていた。

それでもその事が分からなかったのはどうしてだったのだろう?あの時、新たな道を歩いていたら今日の寂しさは無かったに違いない。それでも一遍上人の教えを知れば親父如きの生き方は哀れでもある。現在人は豊かさを手にしたと言われているが本当にそうだろうか?これからその事を噛み締めれば良い?生きる事とはそう言う事を言うに違いない。(カッコいい)

Img_0006

Img_0007

Img_0009

この駅が開業したのは1986年(昭和61年)翌年国鉄からJR西日本に変わる。
親父が現役の時、この時は既に当初の役目を終えて最後の「ご奉公」をしていた。
ただ当時はそんな事は微塵も考えずに、協力会社のネットワークを固めていた。

その思惑も利害関係で踏みつぶされた時、何を思っていたのだろうか?その当時の勝ち組も今は惨めな人生をも踏みしめては居ない。何たる皮肉。何たる無常。この街も例外ではないのだろうか?その街にも又、冬枯れの時が巡っていた。

Img_0010

Img_0011

Img_0014

半年前に開通した「名塩トンネル」のお陰で名塩の街中は車の渋滞は解消していた。
その道は整備が一部終わっていたが、歩道は何も変わっていなかった。この正面の右側から「名塩大滝」を見てバス停を見つけた時、その停留所には小学生がグループで居た。聞くとバス通学。何で歩かないのかと聞くと首を傾げていた。その訳を知ったのはしばらく後だった。この道を見ればその事が良く分かる。

Img_0016

Img_0017

Img_0018

この道は江戸時代からの道。しかし今はこの道を歩く子供達は少ない。その道を女の子が歩いて来て挨拶をしてくれる。「こんにちわ」「こんにちわ」。江戸時代の終りに青年達が「蘭学」を学んだ街。そんなハイカラだった道も今は訪れる人は殆ど居ない。その価値も無いのだろうか?

知らないしその事を語る人もいない?行政の取り組みも全く無い?地方創生?一億総活躍社会?そんな掛け声も全く関係無い。地方は既に見捨てられている。その取り組みは中央でなく地方にある事を誰も知らない?マスコミも成功例は伝えるけれど多くの厳しい現実は関係無いと思っているのだろう?

親父も昨年色々学習したが、時の流れは如何ともし難い。この景色が何時迄もは続かない事を何時、誰が気づくのだろう?その時迄傍観者になるしか無い?まだ春は遠い。今日はこの通りの右側の国道176を歩く。バイパス工事開通直後より車の数は多い。何でだろう?ただ地元も車はどれくらいだろう?それは分から無い。

Img_0020

Img_0021

Img_0022

歩道を左から右に変えているのは歩道が無くなるから。小学校の子供達がバス通学になる理由は車の通行量が激変しても変わら無い。この先、小学校の生徒が校内で行列をしていた。その子供達は近くの団地の子供達。彼等も数年すると激変する。そうなると自転車通学?それはこの道の狭さでは無理だろう?余計な心配をしていた。

Img_0023

Img_0024

Img_0025

Img_0026

Img_0027



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月28日 (木)

この総理大臣。アウト。経済再生を語るな。石原は道路公団民営化で無策だった事を許す事は出来ない。

このバカは(総理大臣の事を指している)政治的責任問題を何も感じないのかい?
小渕優子元経済産業大臣の辞職と同じ轍を繰り替せると思っているのだろう?
これで安倍政権は終り。ただ多くの有権者が他人事の様に感じるのはこれが政治の現実と思っているから?そんな政治に何が期待出来るのかその問い掛けさえも無い。

この無様な事実を総理大臣は何と説明が出来るのか?その後任が石原伸晃。この政治家の無能さも殆ど検証されていない。道路公団民営化担当大臣として何が出来たのか?殆ど知らない。道路公団民営化の現実はこの無能の政治家の影響だった事も殆ど知らなかった。こんな無様な政治が何時迄も許されるのかい?それならば鉄槌を下すしか無いだろう?閻魔大王の怒りは聞こえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地獄に落ちろ。ゲスの極み?この言葉の意味をバカ共は分かっているのか?

このバカMac Pro。サクサクと親父のボヤキを書き込めない。
今日は(今日だけでは無いだろう)本当に間抜けな文章になるのでそのつもりで読んで下さい。不快に感じる事間違いないのでここで読むのを止めても構いません。

最近、気になっていたオバカなニュース。政治と経済のニュースと芸能ニュース。
最近のマスコミ報道、オチャラケ番組は全く面白くないが、この世間の間抜けさは何とした事だろう?こんな親父の思いが既におかしい?そう思いながら自問自答を繰り返していた。

ところがそうでは無い。親父がまともで世の中がオカシイ?これも違う。世の中の情報は色んな形で伝えられているが、それを真に受け止めて感情を露にするのがオカシイのだろう?そう考えれば平然として生きられるのだろう?

オバカな親父は「ゲス」の意味を確認してみる。親父の思っていた通り。「ザマーミロ」ゲスとは「品性が最低」親父が現役の時、一番嫌いだった性格。生き方。人間の有様?そのゲスの極みと言う名前が批判されない?これが開き直り?そうではない。言葉がアッピールすれば何でもあり?そのうち穴(けつ)の極みでも批判されないのだろう?

このボーカルが紅白に出場した時からNHKの紅白の品格が最低だと思ったが、そんな年末の馬鹿騒ぎが何とも思われないで続けられている。この国の音楽業界の品格のゲスの極み?多くのCDショップ、レコード店は廃業に追い込まれてもこんな間抜けなバンドが支持される。若者達がばか者達になってもそれを指摘も出来ないバカ大人。

何たる下品な世の中だろう?大企業、中小企業の経営の在り方も「ゲスの極み」法律違反の経営者も「告発」も出来無い監督機関。それでも政治家はも少しマシかと思っていました。政治家もゲスの極み。本当に政治と金の問題を尤もらしく追求したマスコミもゲスの極み?

「記憶に無い」「知らない」告発の事実を否定すると言う事は事実無根と言う事を争うと言う事が分から無いのだろう?何時迄も否定して下さい。そして任命責任を果たさせて下さい。この内閣はこれで終りです。(そうならないだろうが)

それでも世の中そんな甘くはない?それ位の事が分から無いのだろう?その為には国民一人一人がもう少し品性を高めなけれならないがそれも無理だろう?アメリカの大統領選挙の共和党候補者の言葉を聞いても同じ事が感じられる。アメリカも同じ事なのかも知れない。

親父の怒りは間抜けに違いない。しかし今夕の甘利発言でどれだけの人が納得するのだろう?自民党、公明党の支持者でもそれ位の事は分からんのだろう?信じられない。(信じて下さい。)これが現実。創価学会もその程度の教え?日蓮上人の怒りの鉄槌を覚悟しなければならない。

(それも間違いなのだろう)親父は予言者になります。これでTPPもアベノミクスも終りです。(なる訳が無い)日本の政治と経済の舵取りがこれ程にゲスになると誰がその間違いを指摘してくれるのだろう?それは予言者です。ガリレオガリレイが口にした「それでも地球は廻る」ベート−ベンが歓喜の「第九」を作曲した。現在は誰がその事を教えて呉れるのだろう?偉大な伝道師を探さなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月27日 (水)

本当に最低の政治家。最低の経済評論家。経済見通し。悪くない?アホやろー

「記憶を確認して説明責任を果たす」この言葉が如何にインチキで政治家のごまかしであるか?それとも無いか、明日の甘利大臣の説明(釈明)を聞けば良く分かる。
親父的にはこんな馬鹿にされた説明は無いと思うが、世間の常識(正確には政権与党の政治家の常識)はそうでは無いのだろう?もっと厳しい言葉(これが常識だと思うが)で言えば「疑惑を招いた」責任は辞職に値する。ところがそうはならない?

許せない事はこれだけ否定出来ない証拠(親父は週刊誌を読んでいないし検察もそうは思わない?)を突き付けられても否定出来ると思っているのだろう?(否定します)否定しないと小渕優子元経済産業大臣と同罪。大臣辞職(クビ)となり、安倍総理の任命責任が問われる。

そして週刊誌の報道は否定しない?そんな誤摩化しをどう説明するのだろう?先のブログに書いたが世耕発言は自民党の常識?彼も政治家失格だろう?(当事者の責任は否定し秘書の責任は先延ばし。何時に成るか分からない)?どんな感覚でこんな言葉を口に出来るのだろう。

そこ迄コケにしますか?彼の選挙区は何処?和歌山の有権者はどんなつもりでこの発言を聞いているのだろう?(失礼な言い方をすな?)失礼とは誰の事を言っているのだろう?親父の事か?アホ抜かせ。

明日は少し早起きして駅の売店でこの週刊誌報道を良く読んで見ます。週刊誌報道はいい加減な記事が多いと思っていたがそうでは無いのかも知れない?本当に甘利発言が正しいのなら週刊誌報道の責任は発行停止処分に値する。それ位の事も政治家の圧力でどうにでもなると思っているのだろうか?

大手の新聞、マスコミの報道でその解説も出来ないのは、自分達も同じ事をしているのかい?そんな問い掛けもされないのだろうか?本当にひどい政治家とマスコミの社会的勢力?そんな批判はオカシイのだろうか?

頭がこんがらがっている。(アホ)お主には関わり合いの無い事。そうは行きまへん。これは閻魔大王のお告げです。(言葉もありまへん)

次は最低の景気見通し。原油の大幅下落は日本経済にとって悲観材料にはならない?「確かにその通り」しかし経済界の思惑とは違って株式市場が「乱高下」するのはどうして?その解説が出来る解説者が居ない?(そんな事は無い)ではどんな解説が出来るの?出来ないだろう?(そんな事もどうでも良い)そう。そう言われて来ました。

ところがそうでは無い。それが実態経済。ところが殆ど多くの間抜けがそんな事を尤もらしく語る。その理由がようやく分かる。(分からんだろう?)そうして間抜けで無視され貧困の極みを味わっても無抵抗が何よりと思っていたのだろう?

そんな生活ともそろそろ縁を切らないといけない?(切れないのだろうのだろうけど)そうだとしたら上手に付き合えば良い?そんな生活も何時迄も続かんだろう?政治家がどうしてこんな間抜けな景気見通しをするのかも良く分かる。何故だと思います?明るい見通しなら誤摩化す事が出来る。それがアベノミクス?アホのミクスです。

金融緩和でデフレ脱却?消費者物価2%アップ?嘘をつけ。収入も増えないで物価が上がればどうするの?それ位の事も政治家には分からなくても日銀や政策のプロ、評論家はそれではアカンやろ?未だに「骨太の方針」とかが尤もらしく語られるが、それこそがブラック企業だろう。何でそれ位の批判がマスコミに出来ないのか?

その事も今回の軽減税率の対象に「全国紙」の定期購読料が入る事で分かりました。インチキが罷り通る。これは親父の独断と偏見ですから気にしないで下さい。消費税を何故上げなければいけ無いのか?その事が低所得者にも理解されていない。

生活保障世帯は医療費もタダ。知っていますか?間抜けな医者はその医療費を行政から間違いなく手に出来るので薬も言われる以上に大盤振る舞い?そんな批判もどこ吹く風。医療費の削減は保険料をしっかり払っている保険者が負担する。バカだろう。

その保健料も滞納者が多くなり保健財政も赤字。その対策をどうしまんのや。新年度の保険料通知を受ける度にやり切れない思いをしながら諦めている?政府は医薬品のゼネリック化とか医療費の削減に聖域は無いとか言っているが、医療費の削減には色んな方法がある事も知らんのだろう?

(例えば)健康管理。健康維持。高齢者の保健指導。掛り付け医者の指導。オバカな親父でも一杯やっている。それ位の事がどうして出来無いの?そんな問い掛けを行政の担当課長に聞いた事がある。はっきり言われましたよ。

「それは個人的な意見でしょう」そう個人的な意見。そんなアホな事を一つでもやれば医療費の削減はまだまだ出来る。その程度の事だろう?アホンダラ(コラ)

景気は間違いなく良くはならない。笑ったのはエコノミストの景気見通し。そんな事もどうでも良ければ親父の偏見を聞く事も無いが2月と3月は金融市場は現状より良くならない。株価の乱高下の原因はしばらく続く。間違いない。

世界経済を長い間牽引して来た中国経済は実態が良く分からない。断片的な情報でなく正確な情報公開が出来ないエコノミスト達。実態は間違いなく悪い。何とか美味しい情報で誤摩化そうしても無理だろう?そう思わないのだろうか?そうだとしたら思い知るしかない?

オイルマネーの下がり方も当然。思惑で上がればその反動は大きい。アメリカの思惑も良く分からないがイラン原油の禁輸が無くなれば供給量は大幅に増える。ロシアのシリア空爆も何時迄続けられるのだろう?

ロシアの財政が悪化すれば(原油の値下がりで)プーチンはどんな外交カードが切れるのだろう?日本を北方領土の返還カードをちらつかせるだけで誤摩化す?(北方領土の返還?何処迄出来るのだろう?)安倍総理は長く続かなくても外務省の官僚にはそんな判断も出来ないのだろう?

オバカなエコノミスト(いい加減にしなさい)は原油価格の値下がりは日本経済にとって悪い事ばかりでは無いといくら尤もらしく言った処で株価はそんな事はどうでも良い。思惑で乱高下するだけ。今週末に日銀が金融緩和をすれば株価は上がる?

日銀もそこ迄アホでは無いだろう?今の株価の乱高下はそんな思惑が原因だとは分から無いのかい?仮にそんな事をしても別の悪材料で帳消しになる。株価を政策で買い支える?そんな間抜けさはそろそろ止めないとその尻拭いは誰がするのだろう?税金です。

Img_9998

Img_9999

Img_9988

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巧言令色鮮(すくな)し仁(じん) 難しい言葉を思い出している。

Img_9988

Img_9989

Img_9991

この坂の正面右側に街の図書館がある。親父は本は一杯持っているが本屋さんで買えない本は図書館を利用する。最近は本屋さんで本を買う人も限られていると言われているが、どうなのだろう?親父の感覚では本を読まない人が多くなっている。そんな感覚がする。そしてオバカが多くなっている気がする。

それはテレビを見れば本当に良く分かる。テレビが娯楽とは思わないが放送局の「下品さ」はその「放送番組」を見れば良く分かる。放送倫理とかを尤もらしく口にしながらこの下品さはテレビが社会的責任を放棄した事が良く分かる。

そのテレビ局が尤もらしく語りかける「報道の責任」とは一体何だろう?その事がこれ程に明確になっても何とも感じない社会?その天罰は何時受けるのだろう?仏様、神様、日蓮様、多くのお寺さんもその事を教えては呉れないのだろう?

タイトルの言葉も語る人が無く総理大臣迄もが社会的責任を認識しない?そんな世の中が続けば続く程貧しさは拡大するのだろう?今どんな物質的に豊かになったとしても、人の稼ぎを食い物にする様な生き方が続く訳が無い。

私の責任ではなく秘書の責任。私の不徳の致す所ではなく部下の所為?そんな記憶の確認で済まされるととぼけるのだろう?政治家がこの様な無様を晒してもオバカな国民は支持する?違うだろう?マスコミが支持しているだけだろう?その事は放送を聞きながら痛感する。

こんな言葉で騙される方が悪い。確かにそうとも言えるだろう?しかし本当に献身的な生き方をしている人の思いが何時迄も踏みにじれると思っていたらそれも大間違い。人の思いは死んだら終りでは無い。何時迄も人の心の中で生きている。

その事を忘れてはならない?(無理だな)何時からこんな時代になったのだろう?京都北野天満宮が「学問の神様」菅原の道真公が舌を出して笑っている。バカ言わないで下さい。道真公は京都のオバカな権力闘争で九州に飛ばされて不遇の死を遂げただけ。

その怨念を恐れた朝廷がその遺恨を沈める為に天満宮をお祀りしただけ。現在人も後世の人にそんな笑われ方をするのだろう?京都人がどんなに尤もらしく京の都の伝統を口にしても「応仁の乱」の歴史は語れない。京の都は乞食があふれ戦乱の世が続いていた。御所の生活も荒れ果てていた。

そんな都は今でも深夜は怨霊が闊歩(かっぽ)すると言われている。嘘だと思うでしょう。それは本当の京都を知らないからだろう。京都の街はこの世の地獄だった時もそんなに古い話では無い。(尤も昔々の戦乱の世の話だけれど)中国人観光客も自分の国の明日が危うい事を感じていないのだろう?そんな事もどうでも良い事なのだろう?

Img_9992

Img_9993

Img_9995

| | コメント (0) | トラックバック (0)

報道の責任を問う。UR賃貸の役割。都市再生機構?なんじゃそれ?

日本住宅公団が役目を終えてUR賃貸?そうじゃねえだろう?
近くの公団住宅が名前だけ変えて役人の天下り先になっている?
小泉元総理が声高に叫んだ「郵政民営化」のインチキ?道路公団のインチキが良く分かる?本当にオバカな国民です。その息子が沖縄の宜野湾では尤もらしく「基地の固定化」は出来ないと叫び支持を集める?

確かにその通り。しかしその基地の移転先は同じ沖縄?現在、沖縄県民の民意を政府は無視をしている。(そんな事は絶対に言わないが)そんな事も殆どの国民にとってどうでも良い事なのだろう?大阪では元橋下大阪市長が「関空に基地機能の受け入れを表明」して猛烈な反対を受けた。そんな大阪市民でも沖縄の事は殆ど関心もない。

親父が住んでいるこの町にもUR賃貸の団地はある。この団地の在り方も何も変わっていない?独立行政法人都市再生機構。住宅難の戦後の復興期ならいざ知らず今でも住宅整備を国がやらなければならない理由は何処にあるのだろう?

そんな問い掛けがなされていない。「民間が出来る事は民間がやる」あの声高に叫ばれた言葉はこんな形で引き継がれている。お役所仕事。その仕事を国土交通省の天下り先として全国でどれだけの税金の無駄遣いが行われているのか(それとも住宅の整備として役に立っているのか)そんな検証は誰がどこで行っているのだろう?

1週間誌でいきなり報道された甘利大臣の現金授受、口利き疑惑は28日本人が「記憶を整理して説明する」らしい。その大臣の役職は「経済再生担当大臣」。何たる無様な姿だろう?その金権体質は何も問われない。そんな事が罷り通ると思っているのだろう?

多くの一般国民は政治にも経済にも関心が無い?そんな事は無いだろう?ところが最近のマスコミの報道はそんな世の中の批判も出来無くなっている?どうしてだろう?その方が心地好いのだろうか?その方が無難。その方が皆が巧く行く?そうして長い間誤摩化され続けたのだろうか?

今こそその在り方が問われなければない?(無理だな)しかし間違いない事は今回の問題は安倍総理の任命責任が問われる。前回の総理辞任の教訓を何も学習していないのだろう?ただその事を問う民主党にもそれだけの支持が無いのは「同じ穴の狢(むじな)」なのかもしれない?

「大山鳴動してネズミ一匹」そんな諺(ことわざ)が思い出される。(知らんだろう)ネットで検索して見なはれ。マスコミももっと真っ当な取材と報道をしないとその責任を果たす事は出来ない?それ位の見識のある人もいないのだろう?そうで無いとこんなとぼけた事は言え無いに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

「記憶を整理する」そんな言葉が通用するの?通用します?

Img_9971

Img_9972

Img_9974

子供が喜ぶ顔が見える。子供と言っても3歳児御用達。早く歩かせないと「こうたん」も嬉々とはしないかも。始めて見た時は何とも感じなかったが、アングルの中を歩く幼児の眼は完全に飛んでいた。心配している親父を完全に無視していた。少し大きくなると赤い細い穴を滑り降りる事が出来る。「コウタ」は無理だな。

Img_9975
Img_9981

Img_9986

この椅子に座る事は本当に少なくなったが、失意の時(自分ではその意識すらなかったけれど)励まされた事はいまでも忘れていない。あれから干支がひと廻りしているがどれだけ人間的に成長したのだろう?

生活は安定したけれど人間的には退化しているのかも知れない。自分でどれだけの正論を口にしてもそんな物は何の役にも立たない事をそろそろ学習しなければならない?そうすれば人生が変わる?それも違う。他力本願の言葉の意味も分からなかった愚かさは無くなっても、物質的執着心が無くならないのは心の貧しさだろう?

しかしそれさえ捨ててしまえばホームレスのおっちゃんと何処が違うのだろう?現在を生きると言う事はそう言う事かも知れない?現在は人の生き方を自分で見つけるしかない?その生き方の誤りも財力と権力と肩書きがあれば踏みつぶす事が出来る?

そんな世の中が何時迄続くのだろうか?(くたばる迄です)その寂しさも至上の喜びとした生き方がとても理解出来ない。(アンタが理解しょうとしまいと関係無い?)混迷の時と言われて久しいがそろそろその打破も実現しないと老い先は短い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は今日は晴天。寒さも1段落。しかしこのオバカさはどうしたの?

Img_9944
Img_9945
Img_9946

昨日は大阪も寒い一日だった。グズグズしていたので出掛けるタイミングを失い(本当の理由は違ったが)家を出たのは3時半を過ぎていた。流石にこの時間になると遠出は出来ない。目的地を近くの山でのトレーニング(山登り)に切り替えて歩き始める。しかし実際に歩いたのは一番楽な河川敷。どうして?

Img_9947

Img_9948
Img_9949

歩き始めて間もなく靴底の凹みが不快感を増幅させる。歩き始めると最近、股関節が文句を言い始める。(調子が悪い)(歩くのは止めよう)そのシグナルは痛みで感じる。それでも何とか誤摩化しながら歩き始めると500mも歩かない内に何とも無くなる。(ザマーミロ)。昨日もそう考えていた。ところが靴底の凹みは如何ともし難い。靴を変えないといけない。しかしこの靴は半年も履いていない。どうしょう?

Img_9950

Img_9951

Img_9952

決断は早かった。「靴下が薄い」靴下を厚くすればマシになる。そう考えると行動は早かった。近くのスーパーの衣料品売り場で昨年買った靴下(2足で500円)を買う。これが現実。このスーパーの衣料品売り場も買い物客は疎ら(まばら)。

従ってレジも疎ら?アホだろう?これで日本経済は回復基調?(関係無い?)お役人は自分では靴下は買わないのだろう?どんなにふんどり返って偉そうなコメントを口にしても、オバカな一般庶民が何時迄も批判をしない(賢くはならない)と思っているのだろう?

信じていないがこんな政治と経済はお天道様が鉄槌を喰らわす。琴将菊は優勝を信じて手を合わせていたが、このオバカな国民も手のひらを返した様に支持政党を変える事が分からんのだろう?その原因も見え見えです。何時迄もマスコミのインチキ世論調査とやらが続く訳がない。そうは思わないのだろう?

Img_9954
Img_9956

Img_9958

靴下を買ってスーパーの入り口のベンチで履き替える。すぐ履くからとレジで2足の結束を切ってもらうと無愛想に「返品は出来ない」と言われる。セールストークか正直に言ったつもりだろうが感じが悪い。それでも靴下を変えて正解だった。靴底の凹みはマシになる。しかし左のふくらはぎの固さ(突っ張り)は変わら無かった。山登りは諦める。それでも散歩は諦めなかった。痛みもひどくはない。そうなると歩く所は決まっていた。

Img_9960

Img_9961

Img_9966

河川敷は寒くはなかった。それでも鼻水は止まらない。この先、もう少して歩いて引き返す。同じ様な景色だから何も感じないかもしれないが、川底を掘り下げて水の流れを良くしている?信じられない事に昨年の夏、大水で昨年の春整備?した水路を復元させようとしている?

川の中に水路を作って川遊びが出来る環境を作る?この尤もらしいインチキが支持されている?バカだろう?そのオバカさは今年の夏、砂上の楼閣だったと洪水で流されなければ分からないのだろうか?それでもとぼけるのだろう?

Img_9957

Img_9962

Img_9965

「笑止千万」この程度の事はどうでも良い。しかし経済再生担当大臣が口利き料を手にしてその仕事を全うする。国際会議にも出席する。何たる恥さらしだろう。そんな事が出来るのも政府与党の自浄作用が働かない。

政府自民党がそんな「恥さらし」を行っても公共放送も民間放送も批判も出来ない。そして世論調査とやらを垂れ流す。こんな政治にお墨付きを与える。そんな非常識が何時迄も続けられると思っているのだろう?

何処かのオバカが言っていましたなあ。「自民党をぶっつぶす」そんな自民党はオバカな国民に支持されている?その理由は世の中は綺麗事では通らない?だったら尤もらしい事を言うな。反社会的勢力。テロとの戦い。自分達で自分達の愚かさを変えれないなら支持者が変えさせなければいけない。

その支持者がそんな事はどうでも良いと思っている?嘘をつけ。政治家が口利き料を手にして何時迄もそんな事が通用する訳がないだろう?それ位の事が出来無くて何が出来ると言うのだろう?皮肉にもその事が「株式市場」から問われている。情けないね。本当に地獄を見ないと分からないのかも知れない。

今日日(きょうび)の罰当たり。地獄の閻魔大王の怒りの鉄槌が振り下ろされないと分からないのだろう?そんな経済が良くなる訳が無い?(何とぼけた事を言うてまんねん)そんな厳しい世の中も春は待ち構えている?そんな春を探しに行きましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

反戦。平和の思い。その理想と現実。

Img_9901

何事も無かったかの様に夕陽が六甲の山並みに沈んで行く。世の中は眼に見えない力で変わっても関係無いと感じている人は少なくない。それだけ豊かな生活が出来ているのだろうか?そうでは無くても関係無い。そんな事を考えなくても世の中は大きく変わっている。

その世の中も突然の災害や出来事で一瞬にして全てを失う事も、当事者にならないと分からないのだろう?そうでなければこんな無様な生き方は出来無いに違いない。政治家が沖縄嘉手納の基地を廃止して、同じ沖縄に軍事基地を建設しょうとしても反対するのは沖縄県民だけ?それだけでは無い。沖縄県内でもその意見は割れる。

しかし本当に哀しい事は自分達の苦しみを同じ県内の人がこれから半世紀以上味わう事は「政府に決める事だから仕方が無い」と笑いながら言い切る心。そして選挙結果に万歳を叫ぶ。本当に現在の嘉手納の軍事基地が廃止されるのは自分達が生きている間でなくても「万歳三唱」なのだろうか?そうでは無いだろう。自分達のこれ迄の発言がこれ迄の利権が保証された事が「万歳三唱」何たる無様な姿だろう?

嘉手納の軍事基地の後には「テーマパーク」が出来る。その事を自民党、公明党政権が支持する。殆どのオバカは知らないが奈良にあった「ドリームランド」が廃園になり見る影も無くなって久しい。テーマパークの発想を政治家が持ちかけても成功するか否かは経済の論理が左右する事が分からないのだろう?

軍事基地がどれだけ生活を脅かしているか?その事が分からなくて尤もらしいことを言うな?確かにその通りだろう。しかし本当にそう考えるならば同じ沖縄に半世紀以上使える軍事基地を提供出来るのだろうか?その事は今度の選挙の争点にはなっていない。その事は政府が決める事だからと争点を避けただけに違いない。

これで辺野古沖の埋め立て工事は進展するとどれだけの人が信じるのだろうか?沖縄県民の民意を否定し、工事を進められると本当に考えているのだろうか?そうでは無い。そんな事はどうでも良い?既成事実を積み上げて行けば政府の方針は変わらない?多くの事がそんな考えで良いのだろうか?

憲法改正して自衛隊を軍隊として認める?そんな事には反対でも自民党と公明党、おおさか維新の会迄も支持される。そんな国に本当になるのだろうか?反省平和の願いは理想であり現実の厳しさを知らない?尤もらしく語られる言葉。

自主憲法ではなくアメリカから押しつけられた憲法と声高々に語る人も、70年前のこの国の焼け野が原は知らない。親父達も知らない。当時の事も関係無いのだろう?そしてそれが現在の多数意見?そうなのだろう。ところがそうでは無い。

安倍総理がどんなにこの国の「自主憲法」を求めてもこの国は軍事力で他国を攻撃する事は出来ない。若者達が銃を手にしても、戦前の過ちは誰も許す事は無いだろう?それ位の事もジジババ達には分からないのかも知れない。

北朝鮮が核兵器で日本を攻撃したらどうするの?この手の言葉は良く言われたけれど、その時は北朝鮮も破滅です。独裁者がどんなに声高に他国を滅ぼそうとしても、それに対抗する手段迄誰も否定は出来ないでしょう?それ位の事は当たり前です。

しかし安倍総理の説明する「救出作戦」は歴史的に見ても最初に逃げるのは「軍人」です。民間人が満州に何も知らずに取り残されてどれだけの屈辱を体験したのか?その事実だけは知らないといけない。間違いなく同じ事が繰り返される。それ位の認識が出来ないのはマスコミの情報が間違っているからでしょう。

これは理屈ではないのかも知れない。信じるか?信じないのかの問題?それも違う。殆どの人が無関心。その事は最近土曜日に再放送されている「釣りバカ日誌」を見て居ると本当に良く分かる。現実には在りもしないお笑い映画が、長い間続いた理由が良く分かる。

多くのキャスト(配役)が今は生きていないが、彼等の演技の巧さは徹底している。それが今日のオバカさを作り上げたのだろうか?そんな事は無い。人の生き方はそれ程に愚かなのだろうか?時代の流れとはそんなに間抜けな物なのだろうか?

哀れな生き方を誰が笑えるのだろうか?人の生き方は「物事に執着しない生き方」と教えてくれた賢人達も、現在人の生き方を見ながら「とぼけているのだろうか」?物事に捕われない生き方ではなくて、あるべき姿を追い求めてどれだけの共感が得られるか?その事が問われている?(難しい)

予言者にならないといけないのかも知れない?(アホ)空海の生き方はその事を教えている。最澄はその事を自らが探して惨めな晩年を送っている?(それも違うかもしれない)結果的に空海は最愛の弟子を失い最澄は自分が出来なかった事を多くの弟子達が次の時代を切開いている。

法然、親鸞、日蓮、一遍。多くの人達の教えも天下太平の「江戸時代に」文明開化の明治以降になるとその教えは「信者」にしか影響を及ぼしていない。現在もそうだろう。多くの宗教の熱烈な信者とそうでない人。宗教を知らない人。無視する人。そんな人も少なく無い。

それでも多くの仏像はそんな現代人に何かを指し示している。その事を教えるべき指導者は居ない。(親父が知らないだけ)そんな事はこの国だけの愚かさ?しかしそんな時代も最近の事であり江戸時代に日本に来た外国人は決してそんな事は感じなかったと言われている。

多くの外国人が感じたと言われる「微笑み」。現在はその理解出来ないゴマカシの心が信じられないと言われている? どうして本当の事を語り真剣な議論がされないのだろう?真剣な議論を好まない?反対意見は無視される?それだけでなく排除される?

そんな事を平然と行いながら民主主義を語り「1億総活躍社会」を語る。何たる「裸の王様」だろう?何の事は無い。第1次安倍内閣の政権投げ出しの教訓は何も生かされていない。これで彼に再びのアベノミクスは無い。しかしそんな事を予言出来る人はいないに違いない。

話は全く違うが京都北野天満宮は「菅原の道真公」をお祀りしている。現在は「学問の神」として有名だが安倍総理が歴史に名を残す総理に成るのは間違いない?しかし彼が成した事は国民の為に何が貢献出来たのではなく2回の総理大臣だった事に違いない。(これは関係無い話です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

予想外れの沖縄宜野湾市長選挙?予想通りの結果?それでも沖縄の事をもっと知らないといけない?

Img_9930

Img_9931

Img_9884

Img_9899

一昨日の「さっちゃん先生」の遺体引き上げ現場。久し振りに訪れて「渡船桟橋」が南にズレていた。前、来た時にはこの工事はまだ始まっていなかったと思ったが、それも間違いなのかの知れない。この工事は看板に依ると昨年の1月末から始まっている。そんなに来ていなかったのだろうか?それも違う気がしていた。

最近、歳の所為で記憶が曖昧になっている。しかしいくら何でも「証拠写真」と「証拠のテープ」を残されていたら記憶を整理して説明するとは言わないだろう?言わないのではなく言えない。そんな事は誰でも分かる。それでも「はめられた」ととぼけるのだろうか?

この工事現場の工事費も看板を見て驚く。358、452、000円。この緑の杭を打ち変えたのだろうか?前からあった様な気がするがそんな事もどうでも良いのだろう?東南海大地震の大阪湾河口に打ち寄せる津波の想定高さは3〜4m。その対策にどれだけの工事費が必要なのか行政は理解しているのだろうか?その事は工事発注者に聞けば良く分かる?

Img_9914

Img_9883

Img_9939

3枚目の写真は昨日の散歩コースの「お琴の師匠」の家の前の物。寒さにめげないで春の到来を待っていた。横目で見ながら通り過ぎようとして呼び止められる。「何も期待する事はない。期待が大きいと失望も大きい」世の中、人生は色々ある。

嬉しい事、楽しい事は少なくなってもぼやく事は何も無い。そうして歩ける事に感謝すれば良い。どんなに辛い事も時が過ぎれば楽しくもなる。そう言われていた。信じないけれど。(信じなさい。信じれば救われる。)

他力本願の本も本当かも知れない。阿弥陀の力をただ念仏を唱えるだけで救われる。そう教えた一遍上人のお札「南無阿弥陀仏」を手にする事はあるのだろうか?この世の中で神仏の力を信じる様に慣れた時、本当に怒りの思いは消えるのだろうか?その事はもう少し学習をしないといけない?

Img_9940

Img_9941

Img_9942

Img_9943

暖かい日が続いていたが流石の関西も今日は寒い。夕方暗くなって近くのスーパーに行くとめちゃくちゃに寒い。17〜8年前に体感した北陸敦賀の寒さを思い出す。あの時も前日迄の暖かさが一夜にして雪景色になっていた。

あれから雪景色を見る事も減ったが、自分が見聞きして得る知識は本当に知れている?その事を考えれば生き方は全く違って来るに違いない。「冬来たりなば春遠からじ」。誰の言葉か知らなかったがこの言葉はイギリスの詩人「シェリー」の言葉。大辞林。

(厳しい冬の寒さに耐えてこそ春を迎えられる)苦難を耐え偲べば幸福、繁栄の時期を迎えられる?この解説も間違い。苦難を耐えてこそ生き延びる事が出来る。その先の幸不幸は分からない。それでも生きてこその可能性。悲観する事はないもない。

琴将菊の優勝がその事を物語っている。彼は何度もカド番(負け越したら大関陥落)を迎えていた。その彼を変えたのは体調の変化。怪我との戦いで最低の大関と言われていた彼が変われたのはトレーナーのお陰に違いない?体の調子を一番良く理解していた彼が手にした栄冠は必然だったに違いない。しかし勝負の厳しさを本当に問われるのは春場所に違いない。更なる強さと安定さを期待出来るのは全て体調次第に違いない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「罠を仕掛けられた」そこ迄言いますか。自民党高村。そこ迄書きますか。読売新聞

確かにそんな感じもしないでは無い。しかし天下の自民党の副総裁と読売新聞にそこ迄言われて(書かれて)甘利大臣はスイスのダボス会議で何を語るのか?そんな言葉をどれだけの人が信用するのか?それ位の言葉が語られない?何たるこの国の政治家とマスコミだろう?

記憶が確かでないので記憶を整理してきちんと説明を果たす?当事者のこの発言も政界の常識?小渕優子元大臣の政治資金法記載違反も訳の分からない決着だったが。この週刊誌報道も同じ論理で決着するのだろうか?何たる政治家、何たる政権与党だろう?読売の報道はマスコミの政権癒着?こんな政治とマスコミ報道を許すのだろうか?

何度も親父の怒りを爆発させたが、親父如きの怒りの思いは何時でも踏みつぶす事が出来る。それ位の思いもないだろう?読売の報道、高村発言、昨日の世耕発言に付いて全く批判も出来ない現実が何時迄も続くと思っているのだろう?

甘利大臣の口利きの報道は否定されてもそんな事は信じる事は出来ない。それも承知の上で説明責任を果たすのだろう?そして責任も果たさない。そんな報道をどうでも良いと思うのだろう?しかし本当に事実でなければ名誉毀損。その対応も取れなければ報道は事実。

しかも日常茶飯事と言う事だろう?事実を否定しなければ自分達の責任を果たす事が出来ない?何たる愚かな政治家とマスコミの報道だろう?そんな政治を行いながら「一億総活躍社会」この内閣もこれでお終いです。その託宣を突き付けられてもとぼけられるのだろうか?

Img_9864

Img_9865

Img_9866

Img_9867

一昨日の続き。風は感じなかったがこの時、トイレを探していた。街中に公衆トイレを探すのは難しい。一番簡単な方法はコンビニ。次はパチンコ屋さん。三番目はスーパー。スイスのツェルマットでtakeさんにトイレを探してもらった事を思い出していた。

外国では駅の公衆トイレ。次は何処なのだろう?日本では上記の3カ所。これだけ押さえておけば先ず間違いない。関係無い話ですが大阪はJRと私鉄、地下鉄のトイレがきれいになりました。長い間汚かっただけにその素晴らしさは言葉になりません。

しかしその清掃作業は民間委託に委託。親父が余りの綺麗さにトイレットペーパーを差し入れた時、JR駅の古株には親父の感謝の気持が中々通じなかった事がありました。今はそんなお方も居ないかも。外人さんが日本で一番感激する事はこの綺麗さに違いない?(ただ何処もトイレは改札の中)トイレだけの利用は出来ない。

Img_9870

Img_9871

Img_9865_2

立派な団地がある。大阪に戻って3番目にアルバイトをした時の事を思い出す。「訪問販売の仕事」換気扇のフィルターの販売だった。換気扇の油汚れの掃除は大変。今ではその多くの換気扇の油汚れの掃除が簡単なフィルターが販売されているが、その訪問販売だった。

毎朝、先日の売り上げ実績が報告され実績さえ上がれば多くの報償金が手に出来ていた。それだけでなくグループの責任者。親父達の様な新人でも実績さえ上げればすぐにでも責任者になれた。ところがこの商売は「悪徳商法」そんな事を気にしていては仕事にならない。オバカな親父はそんな事は出来なかった。

悪徳商法と言っても不良品を売りつけたりクーリングオフを拒否したりそんな事はしなかった。一月に1枚程度の使用頻度のフィルター12枚入りのパック(1年分)を格安割引として10個、20個、30個と売りつけるそんなインチキが出来なかった。

コツコツと(アホ)1パック。どれだけの人に買って貰っただろう。長くは続かなかった。散々コケにされ、人格を踏みつけにされ40日で退職。あの時は所長と若いガキを本当に叩き潰してやろうと思っていた。

その会社も行政処分を受けて営業停止を何度も言い渡されたが?製品は悪くないので今でも会社は続いている?(ネットで検索して見ると大阪阿倍野の本社は出て来ない)あのブラック体質は今でも形を変えて生き延びている?

この団地では実績を上げる事は出来なかったが運命の皮肉さを痛感していた。このままでは終わらない。この屈辱を忘れない。そんな生き方をしなければならない。「さっちゃん先生」の遺体が引き上げられたのはこの団地の向こう側。この近くで殆ど見かけない小学生の女の子に挨拶されたのも何かの因縁に違いない。何時迄もこんな思いは続かない。必ず「日は又昇る」そんな生き方をしないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月23日 (土)

何だこの発言。そしてこの全国放送。世耕発言。これが現実?

世耕発言?なんじゃそれ。殆ど聞いていない?
ネット検索して見ると色々オバカな発言をしているけれど、流石に今日の発言はニュースにもならない?そんな事はネエだろう?この発言は許せない。

「甘利経済再生担当大臣の週刊誌の報道は必ず間違いであった事を証明して、説明責任を果たす。来月のTPP大筋合意のニュージーランドの会議には総理は出席させる」何たる言葉。何たる無礼。何たる間抜け。この政治家が官房副長官?

その言葉を公共放送が定時のニュースで尤もらし放送する。この国は本当に法と秩序が支配しているのか?それともこの文春の放送がガセかい。そうだとしたらこの週刊誌。発売禁止だろう。そうなるのかい。なる筈がない。

そうすると告発者が嘘を言っている?そうだとしても出版社の責任は免れない。そこ迄言い切れるのかい?それ位の報道が出来んのかい?そんな常識も非常識になるのだろう?これでこの政治家もアウトです。ハイそこ迄。次行きましょう。

Img_9816

Img_9817

Img_9818

昨日歩いた大阪市西成区。この交差点何となく見覚えがあると思ったのは流石でした。この交差点左から右に歩いている。この交差点は「さっちゃん先生」に会う度に何度も南に向かってあるいた道。(バスもあったじゃねえか)そう。バスもありました。その交差点。中開(ちゅうかい)と平気な顔をして読んでいた。

中開(なかびらき)じゃあねえか。確かに。そう思いながら見上げていた。この先に大きな橋がある。ひょっとして先生はそこから放り込まれたののでは無いか?それとも警察の発表通り飛び込んだのか?しかし先生のお父さんも医者。警察の初期捜査の過ちを「鑑識」は何故間違ったのか?」しかしそんな事は何も考えていなかった。

Img_9819

Img_9822

Img_9825

Img_9827

バスに乗れば10分も掛からない道を黙々と歩いていた。(ウソ)トイレが出来るお店を探していた。以前来た時も感じたが道路がすっかり綺麗になった居る。(これもウソ)歩道が何故かこれ程広くなっても長くは続かない。これは一体どういう事?そう言う事です。(用地買収が出来ない?)お役所仕事。無計画。それでも誰も困らない?

Img_9829

Img_9828

Img_9831

この空き地。何処の所有地で何でこんな使われ方しか出来ないのか明示がない。それが関係者だけしか分からなくても何も問題ではない。それが現実。この広い柵の廻りを一周する。何処にもそんな表示は無い。何で処分しないのだろう?それも分からない。

Img_9834

Img_9835

Img_9836

空き地の廻りは住宅地が密集しているがここしか通りに出る道はなかった。地域の名誉の為に住所は明示出来ないがこの少し先は広い道。親父が若い頃、この近くの通りには市電が通っていた。今はその道は綺麗に舗装されている。歩道も部分的だが広い。

Img_9839

Img_9841

Img_9843

Img_9845

これだけ歩道の拡張が出来ても肝心な処で途切れている。しかし歩く人も殆ど居ない。だから誰も困らない?市電が走っていた中央の高架部は片側1車線の2車線。普通車しか通行は出来ない。信じられない事に下の道を大型の貨物、バスが通るが一部の車が踏切を一時停止をしない。その車の取締もなにも無い。大阪府警は関係無いと思っているのだろう?それとも人員不足?嘘をつけ。

Img_9847

Img_9848

Img_9849

右は下水処理場。この柵が何の為にあるのか看板も何も無い。何の為にこれだけのスペースが在るのか?看板も何も無い。大阪市だけでは無いが歩いて見ると本当に無様な歩道の形が見えて来る。一番道路管理者のアホな所はこの看板。

何時迄にどうするのか、肝心な事が明示されない。先日国道176の名塩道路の工事計画について聞いた時も同じ説明を受ける。計画を明示すると出来ない時に責任が問われる。何時に成るのか分からない。それがお役所仕事。民間の常識は彼等に無い。

Img_9850

Img_9851

Img_9852

Img_9858

ガソリンスタンドが廃業している。今日のニュースでは奈良県ではCDショップがほぼ全滅?レコード店もガソリンスタンドも日本全国で無くなる?そう言えば最近CDも買っていない。車は手放して15年を越える。当然ガソリンを買う事もない。

Img_9860

Img_9859

Img_9862

歩道の中にポールが立っているのは車の通行禁止?この頃トイレを探していた。この先はもうすぐ目的地?そう思いながら後どれ位見れるか分からない道を、記憶をひも解きながら歩いていた。前来た時より道は確実に綺麗になっている。

ただ街に年寄りと子供達の姿が見えない。それでも路地の自販機で暖かいコーヒーを買っていると女の子に挨拶をされる。「こんにちわ」そのさりげない言葉に驚く。ありがとう。優しい娘になってね。嬉しい気持になる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

何だかんだ言った処で結局は「金余り」そんなもんかい?

NYダウ原油価格上昇で210ドル高?昨日の東京市場で株価は1000円弱の戻りを見せたので来週は更に上がる?このギャンブル株価。これがこの国の経済の実態?誰もそんな事は信じないが、インチキマスコミは株価の乱高下を尤もらしく報道している。殆どの低所得者だけでなく多くの国民にとって「実感無き経済成長」?

その要因はなんだかんだ言った処でこの国だけでなく世界的には金余り。そんな人が全体の数%、ごく一握りの人が有り余るお金を振回しているだけ?世界の事は良く分からないがこの国の実態も本当は良く分かっていないのだろう?

この国もなんだかんだ言った処で経済成長も低迷も下降も一部の金持ちが政府(国)のお金を自分達の思い通りに振回しているだけ?そう考えれば最近の経済界の混乱が良く分かる?(それ位の事が分からなかったのか)そんな声も聞こえるが何の事は無い。彼等も何も分かっていない。

何時迄もこの現実が続くと思っているだけ。現実の企業の実態を「内部告発」が何時迄も押さえ込まれる?その流れが一気に変わる現実も少なく無いがまだまだこれから大きく変わる。その兆しがあちこちに見える。何時迄も「東芝」のインチキは続かない。会社が信用を無くしたどうなるか?その結果を思い知るのはこれからに違いない。

テレビのコマーシャルで遠藤の「だっこチャン」が消えました。会社のイメージを損ねてどんなに商品を宣伝しても売れる筈が無い。その事を大企業?の経営者達が思い知るに違いない。テレビの放送倫理委員会。この無策もこれから思い知らなければいけ無い。自民党にとって都合の良い放送だけが「放送倫理に適う」?

そんな馬鹿な事が何時迄も続く訳が無い。小渕優子の政治資金法違反が刑事罰も下されずにうやむやにされた。同じ事が経済再生担当大臣でも出来ると思っているのだろう?TPPの訳の分からない貿易交渉もこれでアウト。それ位の事がお馬鹿なマスコミにも分からないのだろう?

消費税10%の来年実施も先延ばしにされ、自民、公明、おおさか維新の党が議会の三分の2を占める。そして憲法改正。念願の軍事力の正当化(今でも立派に出来ている。それ位の事も知らない。核兵器廃絶?何をとぼけた事を言っているのだろう?)

日本は核を持つ理由は何も無い。アメリカが持っているのだから。それ位の事も理解されていない?)そうは行かないと誰が言えるのだろう? 北朝鮮の核実験を許さない。(核拡散防止条約違反)確かにその通りだが世界の軍事大国の核兵器の削減はどうなっているの?

そんな事も知らないで北朝鮮、イランの核開発を停めさせようとしても無理だろう?それ位の深刻な問題もマスコミは全く伝えない。それでは北朝鮮もイランも核兵器の開発をやめる訳が無い。核兵器は兵器としては使えない。

それ位の事をロシアもアメリカも分かっている事をどうして教えてやれないのだろう?それはプーチンロシアのボスが一番知っている。脅しに使えるから。脅しです。実際に使えない事は歴史が証明している。(未来は分からないけれど)

テロとの戦いで仮に勝利出来なくても。テロとの戦いで勝利すれば皮肉な事にテロリストに核兵器が使われるそんな恐ろしい事をアメリカの軍事、治安の専門家も予想出来ないのだろう?テロの原因を作ったのは何だったのか?その事も学習しないといけない?

今回の株「暴落」の原因は中国上海市場の「暴落」が引き金と言われているが、日本株の外国人投資家、機関(ファンド)買っていた日本の株を売っただけの話。その中でもオイルマネーの大国。サウジアラビヤの財政が原油価格の大幅低下(ピーク時の3割?)これだけ下がると手にして笑いが止らなかった日本株を手放さない理由は何も無い。

それだけが理由でないが株も所詮思惑。大体金融政策と政治の思惑だけで株価が何時迄も上がる訳が無い。それ位の事も語れない金融のプロ?彼等の予想も所詮そんな所だろう?来週は日銀の金融緩和に期待する?アホだろうこの金融界?金融緩和をしても何処の誰が何を買えると言うのだろう?喜ぶのは金融界だけ?アホやろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

口先だけでは何とでも言える?ホントに悲しい実態を思い知らされる。

Img_9808

Img_9809

Img_9810

懐かしい地名が見える。そしてこの先に悲しい「現場がある」「千本松渡船場」
この言葉を聞いてもすぐ反応が出来る関西人は少ない。大阪に無料の渡船場が数カ所ある事も殆ど知られていない。そんな事は大した問題ではない。ここには忘れてはいけない悲劇の現場がある。その写真を先にお見せする。この事実は何時迄も語り継がなければいけ無い。どんなに尤もらしい事を言ってもこれは許せない現実です。

Img_9875

Img_9878

Img_9879

Img_9905

親父が多くの言葉を語る事は無い。少し読みにくいかもしれないが画像を2回クリックすれば親父さんの悲痛な言葉が聞こえて来る。この悲しい出来事が起きて6年が経過しました。そして大阪で起きたこの事件は何も明確にはなっていません。

警察の初動捜査のミス。「さっちゃん先生」が働いていた関係者達の言葉も時の経過と共にかき消されようとしています。どうしてこんな悲しい事件が起きたのか?ご両親、家族の皆さんの無念さを考えると言葉がありません。許せない事はこれが現実です。

どんなに関係者が社会的責任を口にしても間違いなく事件は風化して、大阪西成の生活弱者の問題は何も解決しません。それでも大阪が活性化する?何たる思い上がりでしょう。親父には何も出来ませんがこんな世の中で何が「挑戦」出来るのでしょう?

政治家はもっと自分の言葉に責任を持つべきです。政治家だけでなく国民の一人一人がもっと厳しい現実を直視しないとこの国はアウトです。そう考えながら冷たい風の中を川面を見つめていました。さっちゃん先生の遺体が引き上げられた現場近くの桟橋は防災工事の影響?で南に約100m移動していました。この献花もいずれ無くなるのでしょう?

Img_9914

Img_9922

Img_9926

Img_9886

Img_9920

無料の大阪市営渡船。近くにループの高い橋が架かって久しい?がこの高い橋を自転車と歩行者はしんどい?渡船が大阪で残っているのはこの川の上流と下流の3カ所?利用者は結構多い。しかし時代の流れと共にいずれは消えて行くのだろう?

Img_9898

Img_9916

Img_9925

暖かくなったら又来ます。手を合わせる事無く引き返す。人知れず献身的な努力が報われなかったのは利害が絡んだから?生活保護者の医療費が全額無料と言う政策が薬の横流しの様な貧困ビジネスに繋がっていないと誰が言えるのだろう?

医療費の削減が叫ばれて久しいが生活保護者の医療費0は誰が負担しているのか。その事が全く理解されていない。医者が患者の医療を献身的に支えながら医療費の削減に努力する。その当然の行為がどうして大阪では行われていないのか?

それは医療関係者だけの問題ではない。大阪市民、日本国民が真剣に考えなければいけない事だろう?そんな事も考えられないで長生きが出来ると思ったらトンデモナイ。「さっちゃん先生」の真実は本当にこの国に神と仏が、存在するのであれば明確になる。神様、仏様に手を合わせると言う事はそう言う事だろう。

ところが一方で外道(げどう)「人の道に外れる」様な生き方をしながら偽りの言葉を口にする輩がいる。そんな生き方が何時迄も出来る訳が無い。人の上に立つと言う事はそう言う事だろう?ところが現実は違う。近くの神社も境内を歩きながら「どうして助けてくれなかったのか」聞いていた。

答えは何も無かった。警察の対応もこの程度の事なのだろうか?何処かで聞いた言葉は嘘なのだろうか?「信頼される警察」それにしては警察の不祥事も少なく無い。人間の愚かさはその程度の物なのだろうか?女性の社会進出とはこの程度の物なのだろう。

男達は一体何をしているのだろう?女々しい男は多くなったが格闘技を本当に身に付けないといけない。合気道は年長けても身に付けられる。近くの山を歩くだけでなく武術を身に付けなければならない?(アホ)刺されるよ。太極拳で叩き潰せますか?(無理だな)もう一度心と体を鍛えないといけない。(いい加減にしなさい)

Img_9853

Img_9854

Img_9856

ここでオマケ。(オマケになるかな?)
今年になって株価が「暴落」している。株を手にしていない「貧乏人」には関係無い話だが景気の見通しとなるとそうはいかない?景気は緩やかに回復していると日銀が言っている根拠は「希望的観測」「我田引水」とも言われている。

その日銀が来週更なる金融緩和と安倍総理の景気刺激策を金融市場は期待している?金融界の非常識が何時迄続くのだろう?経済政策の重要?閣僚が「週刊誌」の告発にきっぱりと否定が出来ないと辞職だろう?そうなると金融界はパニック?アベノミクスの支持も一気に崩れる。そんな危機感はないのだろうか?

甘利経済再生担当大臣は、小渕優子前財務大臣の政治資金法違反と同様の幕引きを考えているのだろう。しかし、事の重大性の認識が全く欠けている。大臣がどんなに否定しても週刊誌にこれだけの証拠を突き付けられたらアウトだろう?

それとも「記憶にない」と否定出来ると思っているのだろうか?そうだとしたら安倍政権の存在が問われる。結局この内閣は禁じ手の金融政策で大企業と金持ち優遇の政策しか持ち合わせていなかったのだろう?

こんな政治を支持したマスコミの責任も小さくはない。支持者も同じだったのだろう?それでも何とかなると思っているのだろうか?それとも何とかします?こんな政治と経済は何時迄続くのだろう?明日から暖冬気配の関西も寒くなる。

殆どの日本本土の国民は知らない沖縄宜野湾市長選挙が今度の日曜日投票。安倍政権の沖縄政策が否定されても無視?ただそうなるとダメージは決定的になる事は、総理自ら認識している事を殆どの国民は知らない。その程度の事だろう?

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカが寒波に襲われている。アメリカの情報が本当に理解出来ているのだろうか?

日本だけでなく世界に情報を殆ど知らない。
テレビニュースだけが全ての情報源?その情報すら殆どが断片的?
日本のテレビ局の報道部の一部の幹部の思惑で伝えられている?

一番良い方法は世界のテレビ局のニュースが何時でも何処でも聞けたら良いのだが、残念ながら字幕スーパーが無いと言葉が分からない。この字幕も同時通訳では無い?どれだけ正確に訳されているのか?それも分からない。

ただテレビの映像は誤摩化せない。日本の地上波の映像がこれ程にオチャラケと食い物、旅番組が多くなったのはテレビも娯楽?暇つぶし?テレビ放送技術は格段に進歩してもその内容は最低。大事な時間をもっと違う方法で有効に使わないと「情報」その物が価値を失う。否、既にその多くな流れは深刻な問題を引き起こしている。

テレビの影響が問題視されて政治家、総理大臣迄が国会でオバカな顔をして人気グループの解散コメント迄する。その総理大臣が「決める時には決める」と大見得を切っても決められない多くの「改革」その一番は「議員定数の削減」「公務員削減」

大事な事は訳の分からない「第三者委員会」とか「何とか諮問委員会」に丸投げして尤もらしい決め方をする。そんな政治と経済が支持される。高齢者対策とか少子化対策とか景気対策とか地方創生か、農業対策とか多くの事を尤もらしく語りながらその実態はどう改善されているのか誰が評価しているのだろう?

その実態をきちんと評価して改善を行うのが政府、行政の役目だが彼等は何をどう改善しているのだろう?国土交通省はバス運行会社の立ち入り調査?何を尤もらしく報道するのだろう?この間抜けなテレビ局。事故が起きて深刻な社会問題が起きないと行政、監督官庁の指導、監督は強化されない。アホでしょう。

そんな実態が日常茶飯事。問題が発生するとその悲惨な事故の現場と被害者の葬儀迄伝えてもそれで終り。何も変わらない。本当に馬鹿だと思うのはコストのしわ寄せを当事者に押しつけながらそれでもインフレ2%の達成?

大体、何処の何方(どなた)が高い物を買いまんのか?偉そうにブログを書いている親父でも「格安航空券」を探し、新幹線の割引チケットを探している。買い物では安い物しか変えない。政治家は口利きの寄付金を手にし政治資金規正法違反を問われても「知らなかった」と言えば罪を問われない。バカヤローだろう?

そんな政治家がこの国を取り仕切り経済の舵取りをする。自民党が政権を失った時。口汚く政権与党を批判した女性議員が環境大臣。そんな政治が何時迄も続けられると思っているのだろう?それもこれも全ては間抜けな有権者。どんなに野党の議員が間抜けでもそれよりも自分達の間抜けさには気が付かないのだろう?

アメリカでも本当にクレイジー(熱狂的、狂気の沙汰、馬鹿げている)な大統領候補者が支持を集めている。そんな事もどうでもいいのだろう?自分だけが安泰ならそれで充分。人の事はどうでも良い。地域の事も国家の事も。

そうは行かない事を私達はどうして歴史に学べないのだろう?アメリカは今、深刻な寒波に襲われている。そんな事もどうでもいいのだろう?アメリカの株が上がれな日本の株価も上がる?そんな株式市場の乱高下は気にする事は無い?

何ととぼけた政治家である経済人だろう?この国の政治と経済の舵取りはその事を国民が思い知る迄続くに違いない?それともマネーゲームの条件が変われば流れは一気に変わる?それも今月末迄に思い知るに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

出掛ける時間が遅くなる。お出掛けはやめる。それも又良し。

Img_9792

Img_9793

Img_9794

雪は降らなかったが寒い一日だった。関西人でもこの時期みんな寒い。当たり前だろう?しかし雪国の冬の景色を知っている親父には関西人の弱さが本当に良く分かる。そんな事を言うと本当に多くの関西人から叱られる。

自分達の悪口を言われるのは許さないと言われた事もあるが、そんな人とは二度と話はしない。相手も親父の様な人間は相手にしない。どっちもどっちだけれど関西人が間抜けな事は政治の世界でも経済の世界でも良く分かる。

一番賢い人達は「長野県民」と思うが、お友達に長野県人はいない。長野の「善光寺」にも行きたいとは思わない。どうした事だろう?長野県から偉大な先人は出ていないがそれも親父が知らないだけだろう?長野県民が賢いと思うのは生き方かも知れない?しかしその実態は殆ど知らない。知りたいと思わなう事はどうした事だろう?

Img_9795

Img_9796

Img_9797

間抜けな工事が着々と進行していた。間抜け間抜けと言うけれど何がマヌケなのだろう?それはこの先の景色を見れば分かる。この工事の目的は川の流れを良くする事では無い。工事の名目はそうなっているけれど全くの違う目的?

川の中に水路を造り親水の憩いの広場を造っても大雨で一気に流される。昨年7月。それを教えられても分からない?これは間抜けではなくてアホでしょう?そんな批判をする人は誰も居ない?この先下流には堰がありその堰で川の流れは一気に悪くなっている。大雨が降ると左の河川敷(グラウンド)は一気の濁流に洗われる。

Img_9798

Img_9799

Img_9800

昨年の春。この堰(河川管理の専門用語ではそうは言わない。床固め。)箱の堰はこの高さに下げられて川の流れは良くなった。その川の流れが昨年7月の大雨でこの堰を一気に埋める。その対策としてこの堰の下流が川床を掘られ堰は復活。今年、大雨で濁流が流れ下ってもこの堰が埋まる事は無いのだろうか?それは何とも言えない?

Img_9802

Img_9803

Img_9804

堤防の上を歩いていると一気に暗くなる。出掛けなかったが近くを歩かないとメタボなお腹が納得しない。歩き始めると近くの道が水道工事を終えアスファルトで綺麗に舗装している。ガードマンに行き先を聞かれる。

「まっすぐ」と言いながら歩き出すと「通れない」と停められる。?「オカシイやろう?「市役所にクレームが付くよ」嫌な親父。現場の監督が配慮して通してくれる。煩い親父。最近高齢者の扱いが難しいと言われるが高齢者だけでは無い。その事がどれだけの人が理解出来るのだろう?(無理だな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株価乱高下 その原因は本当に中国の景気低迷?違うだろう?

昨日は大阪万博跡地に長い間放置されていたエクスポランドに昨年秋完成した「大型ショッピングモール」に行きました。三井不動産の経営戦略を見に行きましたが本当の処は何も分かりませんでした。それも当然です。

親父如きが数時間でその事が理解出来ればそれはアナタ「経営の神様」です。この国には八百万(やおよろず)の神様が居ると言われていますが、日々の生活の中でその実感が出来る人は余程の「何とか」でしょう?

親父達が若かった頃にはその「余程の何とか」と言われる人が大勢いました。今はどうでしょう?経済が上向いていると言われてのその実感は限定で、「実体経済経済は悪くない」?国の経済の舵取りをしている日銀も経済産業省もその無策さが問われてもとぼけるだけ?

その過ちを指摘も出来ない学者先生達。彼等は一体何をしているのだろう?そんな事はどうでもいいのだろう。それで納得出来まんのか?そんな事も良く分からない?分からなければ勉強をしないといけないがその時間も能力もない?

違うだろう?しかし、そんな事もどうでも良い。世の中はどんなに賢い旗ふりが尤もらしく何かを主張しても、それは所詮「異端児」。そんなオバカな事を考えるなら少しでも賢い人の生き方を学ぶべきに違いない。これ迄の価値観が根底から見直される。

そんな時を迎えられるのは本当は幸せ?それも違う。それでもこれも何かの因縁。徹底的に変人、奇人、現在の多くの人の生き方とは違うその精神を、これから学ばなければならない?(アホ)一年で一番寒いと言われる時にこんな体験が出来る事は本当は何よりの贈り物だろう?

今年こそこの喜びを生かさないといけない?(訳分からん)そう。頭で理解出来ない事を平然と繰り返している愚かさは何時迄も続ける事は出来ない。(うそをつけ)その証明もする必要は何も無い。長い間の失われた精神が甦る時、どんな景色が見えて来るのだろうか?現在尤もらしく語られる多くの「価値観」もその程度に違いない。

政治家の説明責任?何を尤もらしく言っているのだろう?経済再生担当大臣。地方創生担当大臣。財務大臣。経済産業大臣。国土交通大臣。厚生労働大臣。総務大臣。まだまだ多くのお大臣が居るが彼等は一体何をしているのだろう?そんな事もどうでもよろし。その実態は殆ど知らない。それでもこの国は安泰?トンデモありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月20日 (水)

関西のマスコミが殆ど伝えない光景。これが地方の現実?

Img_9715

Img_9716

Img_9717

Img_9718

Img_9719

Img_9720

万博が開催されたのは親父が24の時。あれから半世紀弱の時が流れている。
万博が閉幕して残された広大な敷地は殆どが「花と緑の公園」として整備されたが、長い間無駄な使われ方もして来た。その土地の一部がが大型ショッピングセンターとして昨年生まれ変わる?

その実態は殆ど関西人でも知らない。何でだろう?何でこんな大切な情報が伝わらないのだろう?それでも凄いと感じたのはこのパワー。これだけの広さで平日でも多くの客が買い物と物見遊山?で押し寄せていた。親父は工事中にこの外周を歩く。その道を悠然と暗い道を歩いていた。信じられないお役所仕事が続けられていた。

Img_9727

Img_9728

Img_9729

この敷地面積公開されているが殆ど知られていない。どれだけ広いかネットで調べて見る。ネットの記事は今日歩いているので良く分かる。その説明は親父がする前にネット検索して下さい。検索は三井不動産EXPOCITY.

「LaLaport」この商業施設(ショッピングセンター)を知ったのは最初は「甲子園」その次は静岡の磐田(いわた)その成功体験の秘策を探らなければならない。何処に聞けば良いのかな?教えて。(アホ)自分で調べなさい。

Img_9731

水族館を越えたミュ−ジアム?どういう意味?ニフレル?大阪天保山にあるジンベエザメで有名な海遊館の2代目?入場料が2000円弱。いくら何でも高過ぎる?それともデートコースなら安いのだろうか?パス。見ただけ。貧乏人?カモメ。

「感性にふれる」それだけの価値が有っても大阪人それだけ金持ち?2人で3800円。海遊館こんなに高かったかな?(大人2300円。)シニア割引300円。但し証明書必要。こんな時マイナンバーカードが有効?(アホ)高過ぎる。

Img_9732

Img_9740

Img_9741

Img_9742

広い。左上にスーパーもある。阪急西宮球場の跡地が現在西宮ガーデンパレス。南海球場跡地が難波パ−クス。近鉄(現在は楽天)の藤井寺球場はその面影も無くしている。大阪では夢よもう一度ではあるまいが東京オリンピックの柳の下を狙っている?

Img_9743

Img_9744

Img_9745

とにかく広い。感じとしては西宮ガーデン。しかしそこより広くないだろうか?車の駐車場がとにかく広い。これだけの駐車スペースを確保しても商売は成り立つのだろう?関空近くのアウトレットモールに行った時の事を思い出す。14年ぐらい前の事。今では外国人(中国)観光客がお土産と日本の思い出に多くの人が利用している?

Img_9752

Img_9757

Img_9758

Img_9764

この反対側にはガンバ大阪のサッカースタジアムが地元企業とサポーターの寄付で完成していると言われているが本当の事は良く知らされていない、総工費140億円。その内訳は分からない。地元吹田市に聞けば分かる。その程度の事だろう。当然サポーターは喜んでいるがそれに見合う経済効果は分からない。

それも関係無いのだろう。暗くなって写真は撮れなくなっていた。ここも万博開催の時、千里の山が崩されて拓かれた土地なのだろう?近くに名神と中国、近畿自動車道のインターチェンジがある。色んな思いが走馬灯の様に流れていた。エキスポ遊園地のジェットコースターの事故も殆ど忘れ去られていた。知らんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

昨日は神戸。今日は大阪。でも大阪駅前と堂島のジュンク堂迄。

Img_9665
Img_9668
Img_9667

大阪駅前の東口広場(今は南口と言っている)横の回転饅頭屋さん。一個から売ってくれる。一個85円。行列は出来ないが味は保証します。(美味くないと言う人は聞いた事が無い)それでもテレビ取材も無い。狭いので無理かもしれない。

それに比べてこの殺風景な連絡橋の工事。完成予想図は悪くないが何で今頃?その説明は何も無い。この場所は長い間広場だった。半世紀前迄はお盆と正月の帰省のテントが出来ていた。大阪に来て間も無い時(2年間ぐらい)このテントの中で臨時列車を待っていた。夜行列車で17時間。それが今では新幹線と在来線を乗り継いで5時間。それでも帰る故郷の我が家はありません。

Img_9669

Img_9670

Img_9671

何度もお見せしたこの大阪駅前の無様な工事?ナント後7年続く?そうすると大阪駅前の地下街が一新する。暗くて狭かった通路が広くなる。親父が大阪に来た半世紀前よりもっともっと前に完成した地下街が綺麗になる?乞う。ご期待?生きているかな?まだまだくたばりはしないだろう?人間万事塞翁が馬。何が幸か何が不幸か?その事がはっきりして来る?

Img_9673

Img_9674

Img_9677

Img_9678

Img_9679

Img_9680

外人観光客は大阪でも多いが殆どが関空から大阪入り?JR大阪駅はお呼びでは無い?当然大阪府、大阪市の観光局の取り組みも積極的だがその実態は殆ど関係無い?おおさか維新の党もその成果を大々的に宣言しているが、この景色を見せつけられると言葉が無い。

大阪の何処が見どころなのだろう?そんな所はありません。?大阪城?真田丸?心斎橋?道頓堀?新世界?通天閣?住吉大社?一杯あるけれどバスツワーで無いと無理かも知れない?個人観光はガイド無しでは無理だろう?それが楽しい?先ず無理だろう?

Img_9675

Img_9681

Img_9684

Img_9685

Img_9686

大阪駅西口(桜島口)前の大阪中央郵便局は解体されて訳の分からない架設の建物が出来ている。この場所は殆ど更地になり中央郵便局も奥の奥に仮設の建物で営業をしている。この場所は大阪駅前の一等地。いずれオフィスタワービルが立ち上がる。

しかしその前に大阪駅北口の2期工事が残されている。大阪駅周辺はこれからも大きく変わる。それでも大阪の再生は難しい?何でだろう?その答えを見出せる人はいない。大阪初の新ビジネス。それが見出せないのだとしたら今ある活力をどうしてもっと大きくしないのだろう?

いくら外国人観光客の大幅増を嬉々として語ってもそれでどれだけ経済の底上げが出来るのだろう?それ位の事もお役人やマスコミには出来ない。大阪人よ。何時迄も間抜けな東京初の情報に惑わされる事は無い?いずれ思い知らなければならない?無理だろうな?吉本のお笑いでオバカになっている。

東大阪の物造り。大阪の繊維問屋の商人。近大のマグロ養殖。サントリーやパナソニックの「やって見なはれ」どないなってまんねん。経済界も東京を見て仕事をしている。アホやねん好きやねん。公共放送に迄馬鹿にされている。「芥川賞」「直木賞」何時迄そんな事を言うてまんねん。

Img_9712

Img_9713

Img_9714

目的の本屋さん到着です。探し求めた本はありませんでしたが、お気に入りの本を手にしてニンマリです。今年はしっかり本を読んで生きる糧を手にします。これ迄も多くの本を読みましたが、最近痛感する事は「無知」です。

知らないと言う事はこれ程に馬鹿にされると言う事。無視されると言う事。コケにされると言う事。その最たる現象が物事の判断の愚かさ。自分がこれ程に情けない生き方をしている事に気が付けば失う物は無い?バカヤローだろう。

本日駅の売店で眼にしたタブロイド紙の見出し。「SMAP公開処刑」何と愚かな解散撤回だろう?何時迄も何処迄もジャニーズの延長線上ではない事が分からないのだろう?この国はそれ程にオバカなのだろうか?そんな事はどうでも良い。自分が変わらなければ話にならない。そうすれば考え方だけでなく生き方が変わるに違いない。その事を教えてくれるのだろう?(誰が)それはアナタにも言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SMAP謝罪 視聴率31、2% この間抜けさが現実?

Img_9573

Img_9576

Img_9578

神戸の街は大きく変わっている。昔(と言ってもそんなに昔の話では無い)ここは市電が走っていた。多くの日本人は知らないがスイスのチューリッヒ市内ではその反対の交通施策が実施されている。東京、大阪では地下鉄が交通の大動脈になっているが、京都、神戸の地下鉄は利用する度にうんざりする。

そんな批判が聞かれないのはどうした事だろう?便利な路面電車の便利さが理解されていないからだろう?路面電車は車の渋滞を引き起こす?アホやろう?車が便利な路面電車を廃止に押しやっている事が分からないのだろう?地下鉄が深い。

長い長い階段を歩かないとホームに降りる事は出来ない。年寄りだけでなく若者達迄もがエスカレーターに行列している。年寄りはエレベーターを探さないと行けない。その場所も限られている。この地下で地震に遭遇すれば先ずアウトだろう?その覚悟が出来ているのだろうか?出来て居る訳がない。

Img_9579

Img_9580

Img_9661

この階段の看板の意味が分からなかった。「上りのエスカレーター、エレベーターはホームの一番前(新長田)」そう言う意味だった。つまりここには下りのエスカレーターしかない。この階段を歩くのがしんどい人は反対側にお廻り下さい。

そう言う意味。バカヤロー。年寄りと車いすの人はこの階段を利用出来ない。考えて見ると東京、大阪で気にならないのはそれが当たり前だと考えているからだろう?都市で(田舎でも)年寄りや車いすの人が生活をすると言う事はそう言う事です。

Img_9582

Img_9583

Img_9585

昨日の目的地は「真光寺」一遍上人が息絶えた所。上人は全てを捨ててこそ「阿弥陀仏」の加護を受ける事が出来ると教えている。この教えは他の宗教とは違い壮大な伽藍を建立していない。この神戸の真光寺も信者が彼の死後その教えを守り質素な物だった。但し境内は予想以上に広く立派だった。参拝者は1人(彼は中国の若者だった)。全く知らなかったお寺さん。静かな時が流れていた。

Img_9629

Img_9628

Img_9625

「旅衣 木の根カヤの根いづくにか 身の捨てられぬ 処あるべき」一遍
名を求め、財を求めて必死に生きている人も少なく無い。その反対に何の為に生きているのか?分からない生き方をしている人も少なく無い?宗教人、政治家、経済人、学者先生、多くの人とて例外でない。(SMAPの謝罪会見が国会でコメントされる)

別にそんな事がオカシイとも何とも思われない。政治が一部の支持者しか関心を持たれないのが当然だろう?それでも今年の夏の参議院選挙では総理大臣は圧勝を確信している。何たるオバカな有権者だろう?何たるオバカのこの国の宗教観だろう?

尤もらしい言葉が口にされ何時迄もこんなオバカが通用する。そんな社会にどんな未来が待ち受けているのだろうか?一遍上人を開祖と仰ぐ時宗の総本山は神奈川県藤沢市にある。俗称「遊行寺」正式には「藤沢(とうたく)山無量光院清浄光寺。

遊行寺を開山したのは「呑開(どんかい)上人」遊行上人4代目。一遍は名だたる宗教の開祖と違いささやかな廟所(お墓)しか残していない。その墓も信者が残したもの。藤沢の「遊行寺」を呑開上人はどんな思いで建立したのかはこれから学習する。

Img_9591  

Img_9592

Img_9633

全く知らなかった「兵庫の港」平安の昔から神戸の港はこの国の歴史を切開いている。多くの先人が多くの思いで多くの歴史を築いている。栄枯盛衰は世の常だとしても余りに知らないこの港の景色を見ながら、一時のタイムスリップをしていた。

現代人は歴史を知らない。帰りの電車は夕方のラッシュと重なりうんざり。大阪に戻って宝塚線は久々の寿司詰め。それでもオバカは携帯から手を離そうとはしなかった。肘が背中に当る。それ程迄にスペースを確保して見る携帯にどれほどの価値があるのか?

そんな事は全く考えていない。こんなオバカがこの国をどんな形で支えるのだろう?暗澹としていた。この歳になるとそんなオバカな時間は外さないといけない。SMAPの謝罪会見の視聴率が30%をこえる。どんだけの人がそんな生き方をしているのだろう?(関係無いだろう?人の生き方)その程度の事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本経済は足腰がしっかりしているから株価下落は大丈夫?

オイオイそんな事をどんなつもりで言っているのか知らないが、その言葉をそのままコメントも無しに報道するマスコミも「戦前のマスコミ」と何も変わらない?何時からマスコミはこれ程オバカになったのだろう?どんな権力者でも見識者でも間違いはある。その批判も甘んじて受け入れなければ政治家は務まらない?

総理大臣、日銀総裁と言えども経済判断を間違う事がある?そうは思わないのだろうか?それとも今年半月足らずで経済評論家の今年の株価見通しを既に下廻った株価下落の原因をその程度にしか考えられないのだろうか?それなら辞職しないといけない。国の大事な経済の舵取りを謝れば深刻な痛手を受けないといけない。

大体、この官房長官。沖縄辺野古沖埋め立ての沖縄県民の民意の無視もひど過ぎるが政治と経済の舵取りに瑕疵(かし)がある。この言葉は余り使われないが経済運営の認識の甘さ、欠点、不合格を問われても素知らぬ顔をするのだろうか?

総理大臣、財務大臣、官房長官。彼等がいくら株価の乱高下は「外敵要因」ととぼけても株価はその大半は外的要因で動いている。その程度の事も知らないととぼけるのだろうか?そして多くの国民はそんな政府と日銀のアベノミクスとやらを信じる?

アホでしょう?ただ飲み屋のネエちゃんやアンちゃんと話をする程度の話では無い。国のお金の話。株価が乱高下してもまだまだ大丈夫。確かにそうでしょう?しかしオイルマネーの逆流は間違いなく半端では無い。その分析を出来ているのかい?

中国の株価下落も中国の景気見通しとは関係ない?そんな事は無いだろう?日本の間抜けなマスコミは中国観光客の動向を華々しく報道するけれど、それも一時の事。中国の深刻な経済の実態は本当の関係ないの?確かに大阪の街も外国人観光客で凄まじいけれど。それも一時の事。ブームが去れば宴は終わる。

それ位の事も分からんのだろう?そうでは無い。これからも続く?バカタレ。浪花の事は夢の又夢。秀吉の辞世の句を教える人もいない真田丸。こんなバカタレなオチャラケのドラマが平然と垂れ流される。驕れる平家は久しからず。そんな言葉もオバカは知らない。清盛君の頭を叩きながら現在人の愚かさを嘆いていた。(アホ)

Img_9587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

久々の神戸 色々あったけれどさすが親父です?意味分からん?

Img_9524

Img_9525

Img_9528

Img_9530

Img_9531

でもこの景色は近くの親父の散歩コース。神戸の写真に行く前に公開です。この坂は親父の体調が一発で分かる医者要らずの坂。有難い坂です。「最近の体調はどうですか?」良くない。(偉そうに言うな)

それでも最近痛感する事は運動不足。同年齢には負けないがあっちこっちが痛い。でも対策は考えている。(教えて)ラジオ体操、首の運動、ゴルフスイングゆっくりと息が上がる迄?(アホ)先日も眼科検診行きましたが「眼球」は健康のバロメーターです。

Img_9535

Img_9536

城跡公園のトイレの中。トイレの竹筒に春が来ていた。正面の写真を見ながら自画像を写したがアップは止める。こんなに太りましたか?我ながら愕然としていた。これで今年の目標は決まり。ひょっとして減量?メタボ体質脱出。

(年たけて又越ゆべきと思いきや命なりけり小夜の中山)西行 静岡小夜の中山は掛川から金谷に抜ける峠です。今でも歩いて越える人は少ない。東海道あるき旅もまだ鈴鹿峠の手前。今年中に行きたいけれど行けるかな?問題はお金だな。(アホ)

Img_9539

Img_9540

Img_9542

それではお待たせしました。今日は久々の神戸です。神戸は親父の住んでいる町から1時間半で来る事が出来る。しかし神戸の町は哀しい町です。今は震災後20年が経過して街の景色は一変しているけれど、心の傷跡は何も変わっていない。その街を歩いたのが昨年の春。その時の景色が甦る。

Img_9543

Img_9544

Img_9546

神戸は後ろは山。前は海。その間に細長く市街が連なっている。このアーケード街は三宮商店街に繋がる元町商店街。この商店街の実態を親父は良く知らない。大阪を代表する心斎橋商店街でもマスコミの評価は定かでない。端的に言えば分からない。同じ事がこの商店街についても言える。余計な事を考えていた。その事を正確に読み取れる人はいない?

Img_9547

Img_9548

Img_9549

Img_9553

Img_9550

この看板を見るとようやく神戸の道が見えて来る。神戸は大阪、京都とは違う町の風景があると言われているが、本当の良さは殆ど知られていない。その一番大きな要因は異文化。関西と一口に行っても全く違う趣がある。

その情報が殆ど伝わらないのはどうしてだろう?その事も考えていた。本当に分かるにはしばらく通わなければならない。そう感じていた。この先、懐かしい風景が見えて来る。その景色は少し休憩をしてから。(コーヒータイム)

Img_9554

Img_9555

Img_9556

Img_9558

ようやく懐かしい場所に出る。最初に来た時は市電が走っていた。大事な得意先が近くにあった。その得意先も今は社名を変えもう一社は骨肉の争いに負け、弟の会社が日本を代表するコーヒーの卸しメーカーになっている。

新婚の時、何度か利用した関西汽船の船は今でも運行している。それも昔、昔になっている。どれ位昔の話?手足の指が足りない?(アホ)その田舎には今は新幹線と在来線の特急で5時間で帰れる。帰省の時も久しく絶えているがそろそろ墓参りもしないといけない。

Img_9561

Img_9568

Img_9572

国土交通省兵庫国道事務所で西宮名塩道路の「未整備区間」の今後の見通しを聞く。以前電話で名塩道路の整備状況を聞いていたが、この工事区間は昭和60年に事業が計画され10、6キロ足らずの事業計画が3、6キロと0、8キロ、0、5キロ計4、9キロが未完成。

その為完成区間の殆どは片側2車線が半分しか使われていない。信じられない事にこんな工事は良くある事と言われる。説明は丁寧だったがこの工事の評価はこの程度でも殆ど問題にならないのは地元以外の人間は知らないからだろう?

国道の整備が全国何処でも行われているが「お役所仕事」はこんな物なのだろうか?優先順位。地元の利害。この言葉は何時迄も通じるのだろうか?公共工事の在り方。評価の仕方。地元の利益だけが決して優先しない事を政府はどの程度認識しているのか?

説明を聞いても納得はできなかった。しかしこれは実務者の問題ではない。国道管理の在り方。税金の使われ方。多くの一般人の関心が問われていた。そんな事もどうでもよいのだろう?立派な道路が出来ても一部の未開通区間の所為でその目的は蔑ろにされても関係無いのだろう?

日本各地の地方の生活道路はまだまだそんな道が少なく無い。もう一度この10、6キロを歩いて見ると違う見方も出来るのかも知れない?歩いて見ますか?関係無いのでやめときます。徒労は好き好んでやる必要はありません。その程度の事です。次の目的地。「真光寺」ここは予想以上でした。明日。お見せします。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気の回復基調は変わらない?日銀のとぼけた景気見通し?

テレビニュ−スで未だに見る事が出来る間抜けな画面?
殆どのマスコミが当然の様に見せつける日銀の全国の支店長会議。
(それがどうして間抜けなの)全国の支店長が東京日銀本店でこれだけの人が集まる意味?その税金の無駄遣いが彼等には認識出来ない?その事が指摘も出来ない?

東京一極集中が大阪でも尤もらしく口にされるだけでなく、間抜けな大阪人は今だに「大阪都構想」を口にする。もうそんな時代ではないのに何でそんな事が言われるのか?それは大阪だけの問題ではない。日本全国津々浦々。東京霞ヶ関の税金、補助金を充てにしなければ「公共工事」も行えない?

アベノミクスの成果を多くの人が高々に語る。そのカラクリがこれだけ明確になっても素知らぬ顔で景気見通しが語られる。日銀の全国の支店長が東京に集まらなくても全国の経済見通しは「文明の利器」コンピューターで瞬時に日々刻々、経済情報、分析は出来る。

支店長の役割は東京に集まってそんな報告をしなくても充分に果たせる。それ位の事が分からない?そうでは無いだろう?日銀が何時迄もこんな時代遅れのセレモーニーで全国の景気見通しをしていると考えている間抜けさだろう?

親父如きの無知で無学の年金生活者でもそれ位の事は分かる?根拠がないと批判される事を承知で言わせてもらえばアベノミクスの経済政策は「最初から間違っていた」日銀の金融緩和政策は「想定外」の事でその恩恵は確かに計り知れなかった?

しかしその多くの利益を享受した日本経済、大企業。その効果は余りにも偏り過ぎていた。日本経済、大企業が手にした大きな利益は、時の経過と共に国民全体に行き渡り更なる経済成長を生む筈だった?だが現実はどうだったのだろう?

この判断が間違いだった事が軽視されている。本当にそうなっていたらこれ程の個人消費の落ち込みは無い。景気の見通しも日銀の判断とは異なり回復基調どころか景気は悪くなる。多くの経済指標を分析しているその専門家の景気判断の誤りは、金融の当事者(証券、銀行、生命保険)だけでなく中央銀行日銀自らの経済政策の誤りに他ならない。

その事はこれから(今年の初めから)証明される。景気判断が株価に繁栄されなくなって久しい?がその事を承知の上で株価の見通しを立てていたエコノミスト(経済解説者)の今年の株価見通しは最低でも17000円だった。それが今日の株価で既に下廻っている。

そろそろこんな経済界と金融のプロ達の予想がアテにならない事を知らなければならない。その程度の事だろう?株価は今月末迄は一進一退。アメリカと中国、ヨーロッパの株式市場に振回されるだけだろう?その原因は原油価格の下落。

いくら何でもこれ以上の下落は無いと思うが、サウジアラビヤの投資マネーが大幅に引き上げられると世界の株式市場は深刻な危機に見舞われる。それでもお前は株を持っていないからそんな無責任な事が言えると言えるのだろうか?

親父如きの景気判断は論外。しかしこの期に及んでこの日銀総裁の発言は無いだろう?この人と総理大臣が高笑いをした「想定外の金融緩和対策」から2年。皮肉な事にアベノミクスの成長戦略は見事に破綻している?その時その政策の恩恵に預かった関係者はどんな言い訳をするのだろう?

しばらくはその事が問われる。それでも「日本経済のファンタメンタルズ(基礎的条件)は悪くない」ととぼけていられるのだろうか?とぼけるのだろう?親父の様な考えは問題外。根拠が無いと相手にもされないのだろう?

このインチキ手品の種明かしは誰もしてくれないに違いない?そして貧しさは何も変わらない?身を切る改革も出来ないで景気回復を高らかに宣言する。鉄槌が下されないと一般庶民も分からないのだろう?景気が本当に回復基調に転じるのはしばらく先になる?

それともしばらく続くのかも知れない。経済学者は一体何をしているのだろう?(冬眠中です)彼等は何も困らない。アベノミクス恩恵者も同じかもしれない。その事は日本経済新聞を読むと良く分かる?(読んでいないくせに)バレたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

メタボ対策。腹を締めろ?無様な体型を姿見に晒せ?そして歩け?

Img_9456

Img_9457

Img_9458

この無様な看板。書いている文字が読めない?「明治の森箕面国定公園」画像を拡大しないと読めない。アホだろう?アホ。しかし本当のアホはこんな行政をさせている私達に違いない。この素晴らしい緑の森もこんな素晴らしい車道が半世紀前から出来ている?

環境問題を尤もらしく語り、春先になると杉花粉の被害をどんなに嘆いてもそれは何も変わらない。山を歩くとその事が良く分かる。それでもそんな事もどうでも良い。大切な事は自分の体の事を考えて見ると良く分かる。この無様はメタボの体質はダラシのない食生活。

贅沢な食生活が出来ていないとは言え大食いだけは止めないといけない?(それも無理だな?)どうして?(そんな体質になっている)それなら諦めるか?今の体質を続けていたら間違いなく高血圧と高脂肪、肥満体質でアウトだろう?それも良しとするか?(それはイヤです)

ならば簡単な方法がある。昨年末手にした革のベルト。この穴を詰めろ。穴一つ変われば人生が変わる。(それはオーバーでしょう?)ならば2つ詰めろ。腹回りが108ではお話しにならない。目標はせめて二桁?(アホでしょう)言葉がありません。

ただこの親父の凄い処は決意は変わらない。腹回りを20センチ詰める。それでも独身の頃に比べると10㎝多い。(お話しにならない)長生きは価値が無いが健康体質はこれからの生き方にマイナスにはならない?禁パチ。禁煙。この歳になって独身20年。お見事と言うより余りに情けない。今年は親父の当たり年?そんな暗示がビシビシと感じられる。(アホやのう)

Img_9461

Img_9462

Img_9463

この道が谷を下り滝道に出る。この降り口に案内看板が在るが分かりにくい?
「箕面駅」その前に何処に降りるかが分からない?親父は勝手知りたる道。降り口の横で同輩?がタバコを吸いながら一服していたが無視。相手も同じだった。

自分が禁煙をしているとタバコを吸う人が馬鹿に見えて来る?それだけ禁煙の喜びは大きい。但し実行は容易では無い。余程の決意を迫られないと「あの一服」は止められない。ストレス解放?この宣伝は嘘?ストレスを麻痺させているだけ。

体の中を開いてみればその事は良く分かる。ただ人間の体の神秘は誰にも分からない。そのうち内視鏡で肺の中が見える様になるとどんなオバカでも煙草はやめられるに違いない?親父が現役の時、言い放った馬鹿な言葉が思い出される。

「煙草をやめるくらいなら人生を辞める」何とオバカな単細胞だったのだろう?それでもこれだけ太ったのはどうする?それはそれだけ自己管理が出来なかっただけ。その事が自覚出来れば再びの体型に戻れる?その事を実践しなはれ。そうすれば人生は変わる?それは無い。

Img_9466

Img_9467

Img_9468

Img_9469

この上に車道はある。雨が降れば車道の上から怒濤の水が流れる?それは梅雨時の一時かもしれない?これだけの大岩は何処から落ちて来たのだろう?「地獄谷」そんな面影は何処にも無い?それも間違いです。自然の力は人間の思惑を遥かに越える?

その程度の事も分からないアホが居る。(写真には取っていないが右の谷にゴミ袋がゴロゴロしている)こんな輩は車を運転する資格が無い。 ゴミ位どうして決められた所に捨てられないのだろう?ロクな生き方も出来ないとは思わないのだろう?

Img_9470

Img_9471

Img_9472

Img_9473

ただ唯一ここだけ気持ち良く歩く。この上は車道。この下は下の滝道迄ダラダラとした下りが続く。それでも先人がきちんと散策の道を整備している。この道を整備してくれた人の思いはどうだったのだろう?実際はこの谷の防災の道だったのかも知れない。その道を現在人は「地獄谷」と言っている?そうではありません。この道が出来る迄は「役行者」様でないと歩く事は出来なかったに違いない?

Img_9474

Img_9475

Img_9476

Img_9477

一番上は車道。この道が完成したのは半世紀前?それからこの土砂崩れは始まっている。写真では良く見えない車道の上の崖も最近側壁が崩れている。この滝は晩秋の12月。素晴らしい紅葉を見る事が出来る。一昨年そんな宣伝をした気がするが、昨年も見ていない。今年はどうだろう?今年も無理な気がする?今年は地獄ではなく天国の谷を見つけないといけない?(アホ)

Img_9480 Img_9479

Img_9478

Img_9482

Img_9483

凄いね。この生命力。逆境に棹さして懸命に根を張っている。誰にも注目されなくても関係無い。口先だけの地方創生?口先だけの景気回復?口先だけの政治家が支持されてそんな時代に期待をする?世の常はそれ程甘くない。その事をそろそろ思い知るしかない。そんな事も関係無い?見向きもされなくてもしっかりとその事を主張していた。

Img_9484

Img_9485

Img_9486

Img_9487

Img_9488

Img_9490

ここ迄降りて来ると滝道はすぐ下に見える。しかしこの道は滝道の対岸。この道の右を歩くと大分先で合流するけれどこの道も歩く人は多くない。どうして?道が狭くてアップダウンが多い。(成る程)事程左様に現在人の歩きは弱くなっている。

この谷が地獄谷と呼ばれる意味も強ち(あながち)否定出来ない。ところが世の中何がどうなっているのかびっくり仰天?そんな事もある。(どんな事?)昨日歩いて降りた道を2年前歩いた時、平気な顔で登って来た人に遭遇。その人はキョトンとした親父の顔を眺めていた。その人は何と外人。親父の顔を見て無言で笑っていた。

あの外人。今でもこの谷を登っているのだろうか?信じられない事にこの谷を登ってもその先は遠い。道案内の看板も何も無い。あの時の外人もこの谷を登り詰めたら平気な顔をして車道を駅迄歩いたのかも知れない。

そんな歩きが出来るのは日本人ではおばちゃんのグループぐらいかも?四国観自在寺近くの娘も平気な顔をしていたがあの娘も幻だったのかも知れない?ところが昨日も幻を見る。この下の近くの赤橋の先で服装を整えていると、下の川原で若い女性が岩の上を足を延ばして歩いている。素知らぬ顔をして振り返る事は無かった。

Img_9491

Img_9494

Img_9498

Img_9499

Img_9502

Img_9503

ここ迄来ると滝道のほぼ中間。1人で歩くと遠いが体の疲れは癒してくれる。ただ足元の舗装された歩道は山道の方が心地好い。時々後ろからグループの大きな声が心を逆なでる。足を停めて先に行かせると大体後ろ姿で人間の程度が分かる。(コラ)

Img_9505

Img_9506

Img_9507

明日は関東も大雪。関西も雪不足のスキー場はこれで一息吐けるだろう?♨に浸かって雪見酒とは行かなくてもそろそろそんな生き方をしないといけない?(無理だな)スキー場に向かうバスがスピードの出し過ぎ(原因はまだ明らかにされていない)?で大変な事故を起こしている。

オバカな経済官僚達は規制緩和とか尤もらしい事を言いながら業界の管理も出来ない?警察の交通取締も違反を検挙するだけ?事故の大きさを新聞テレビが大々的に報道してもその実態はどれだけ改善しているのだろう?

明日の朝は車の運転。安全運転で頼みます。自転車もね。アインリッヒの法則お忘れ無く。そんな生き方をしても事故の確立は0ではない。安全を犠牲にしたバスツアー。何とも悲劇と他人事の様な顔をしているとトンデモナイ?そんな生き方をしないといけない?本当に哀しい現実です。明日は神戸に行けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

1年ぶりの「地獄谷」しかし親父は箕面の谷でヨタヨタと歩いているだけだった?

Img_9367

Img_9368

Img_9369

Img_9370

久々の箕面滝道。暖かい日差しの中を快調に歩いていたと言いたい処だが、ここ迄歩いても腰の調子が良くない?今日は週末。いつもなら家で競馬中継を見ながらぶつぶつ言っているのに?体も正直でふて腐れていたのかも知れない?腰が痛いのに無理をする事は無いとこの先、坂を登って山の中を歩くのを諦める。

Img_9371

Img_9372

Img_9373

Img_9374

Img_9375

Img_9376

Img_9378

Img_9379

Img_9380

Img_9382

Img_9386

カメラマン気取りで腰の痛みに耐えながら歩いていると何故か気が変わる。この先で展望台に登る石段と急な登りがある。何を思ったのか平然とした顔をしながらその石段を登る。この石段は手強い。腰が丈夫でも息が切れる。その急な登りを始める。

Img_9387

Img_9389

Img_9391

滝道は今は1年の中で一番歩く人が少ない時。それでも多くの散策のカップルも流石にこの階段は歩かない。歩く人は余程の変わり者?それとも体力自慢の人達?親父の場合は何だったのだろう?腰の痛みはこの時は全く感じなかった。覚悟を決めていたのだろう?

Img_9392

Img_9393

Img_9395

カメラを左右に振っている親父の横を「外人」がさり気なく登って行く。無視されているのではなく気にしていなかった。気にしたのは親父の方だったのだろう?覚悟を決めてゆっくりと登り始める。何度か登った道だったがその中で一番、鈍い歩き方だったに違いない。何度も何度もカメラを構えながら立ち止まる。

Img_9397

Img_9398

Img_9399

Img_9401

Img_9403

大木が切り倒されている。その株から若木が芽吹いている。この大木が切り倒されたのは数年前。と言う事はそれだけのキャリアを積んだのか?しかし反対に体力はすっかり衰えている。せめて後10年はこの程度の坂は難なく越えたいが、その保証は全く無い?この株同様に朽ち果てるしか無いのだろうか?

Img_9405

Img_9406

Img_9407

大木が切られているのはこれが原因。幹の中が空洞。樹が成長しこれ迄の大木になるのにどれだけの歳月が流れているのだろう?そして倒木と害虫対策として人間の都合で切り倒される。しかしそれもこの広い雑木林の中ではほんの一部分に過ぎない?

Img_9409

Img_9411

Img_9412

400m足らずの登りも一気に登ると楽では無い。息を整えていると静寂の時が流れている。何故か鳥の声も聞こえない。昨年は冷たい雪と風が吹き付けていたに違いない。それともここはまだ尾根では無いから変わらぬ景色だったのかも知れない?

Img_9414

Img_9415

Img_9416

ここでまだ中間点。信じられないと言われていた。何だかんだ尤もらしい事を言った所で体力の衰えはイカンともし難い?その為には体を労りながら鍛えなければいけない?歳と共に間違いなく老いて行く体力。その体を健康に保つには汗を流さないといけない?

Img_9417

Img_9420

Img_9421

Img_9422

Img_9423

到着です。カップルなら歓声をあげる処?この上に展望台(屋根つき)があるが先客が2組居たので腰を降ろす事は無かった。ここ迄来るとこの先を歩かない訳はない?本当はもっと歩くつもり(林道を通り抜ける)だったが、それだけの元気が無かった。苦笑しながら少し歩いただけで「地獄谷」をヨタヨタと降りる。

Img_9425

Img_9426

Img_9428

Img_9429

Img_9431

箕面の滝道の先には北摂と左が大阪、右が神戸方面が見える。(見えねーじゃねえか)天気が良ければ大阪湾と泉州の山並み、淡路島も見える。明日は☂?空気は乾燥しているが汚れている。役行者がこの山で修行したと言われる時代には「絶景」の空間が広がっていたに違いない。

その時から多くの時が流れて今、大きな曲がり角に来ている。その事を教えてくれる人は居ない。天下太平?そう見えるだけ?これからどんな生き方が出来るのだろう?世の中はアメリカの絶対的支配力が弱くなり、ロシアと中国の影響力が強くなる?

それも違う?オイルマネーの流れが変わると世界の金の流れは逆流を始める。ロシアと中国も資源大国で無くなると何で金を手にするのだろう?中国は貿易でまだまだ大きな影響力が手に出来るが、ロシアは何で国の財政を支えるのだろう?

シベリア開発?北方領土の返還?それは無い。日本外交の影響力もアメリカの出方を窺う様では相手にされない?そうは思わないのだろう?そんな事も誰も教えては呉れない?オバカな生き方をしていると世界が見えて来ない?そんな事もどうでもいいのだろう?

Img_9433

Img_9435

Img_9436

Img_9440

この先に立派な林道がある。しかし今は殆ど歩く人が居ない。理由は行き先が分からない?親父の様な丁寧?なガイドは殆どいない?(そんな事はありません)きちんとしたボランティアがガイドがいます。ただ行政の取り組みは殆どお粗末?観光課はあるが原則グループの事前申し込み。一人歩きは止めて下さいと念押しをされる。

Img_9443

Img_9444

Img_9448

この先で林道と合流。この林道も行政の管理が行き届かずに紅葉シーズンを除いて車の通行禁止。歩行者は歩けるが土砂崩れで通れない時がある。この道は素晴らしいが歩いている人は殆ど居ないのでガイドが要る。歩く距離も長い。その先も引き返すか勝尾寺迄歩くかしかない。

距離は正確には分からないが4キロは軽く越える。勝尾寺からバスがあるが、そうで無く滝道に引き返すには同じ距離を歩くから8キロ?そんなガイドは何処にも無い。行き先さえも聞かないと分からない?聞いても分からない?ハイキングマップもあるがこれが又ひどい。(何が)所要時間が書かれていない。

Img_9449

Img_9451

この先を歩くと帰りが暗くなる。体の調子も良くないし(これだけ歩ければ文句は無い)左の階段を降りる。その先に「地獄谷」はある。四国の娘と歩いた道。冬枯れの道には昨年の紅葉の落ち葉が枯れて滑り易くなっていた。「地獄」を見ながら足元に気を付けていた。

Img_9452

Img_9453

Img_9455

この道は県道。紅葉のシーズンには多くの紅葉狩りの車で渋滞するので一方通行になる。曲がりくねった道だけで車で走るには快適?スカイラインで何度か飛ばした事がある。今はそんな豊かさは無い?何時でも出来るよ。ただゴールド免許では運転は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝負の世界を舐めるな。怪我をしたらしっかり直せ。景気も同じ?

午前中は季節外れの暖かい日差しが降り注いでいたが午後はどうなのかな?
昨日歩かなかったので今日はしっかり歩く?(歩けるかな?)

最近は(今年になって)少し歩き方を変えているがそれも又楽しい?
昨年の後半、一生懸命勉強?した「地方創生」。しかしその現実は全くの宣伝?

親父の歩き方が悪かったのだろうが信じられない事に近くに上等なガイドが居なかった。それだけでなく近くの役所、大阪府庁、国の大阪出先機関でも適当な人に巡り会う事が出来なかった。更に苛立を感じたのは親父の様な問い掛けが馬鹿にされた事? 「何でそんな事を考えるのですか?」現役の時にも良く言われた言葉。

国にしても地方にしてもリーダーが号令をかければ全員が従う?そんな時代がどれだけの間違いを引き起こすか?そんな問い掛けは全く無かった。一番許せ無かった事はその間違いや問題点、改善の方法を一番客観的に判断出来る人達が居なかった事?

実際はそんな事も無いのだろうか、自分が経験した事はそんな情けない体験だった。春になればそんな現実も少しは変わるのかも知れないが、基本的には東京一極集中は何も変わらないのだろう?地方の素晴らしい自然の中で豊かな暮らしが出来てもその価値をこれだけ多くの人が知らなければ、それも止む終えない止むのだろう?

これからどんなに安倍総理が高らかに「景気の回復基調」を宣言しても現実は厳しい。それ位のあたり前だの事を批判出来ないマスコミの論調?これが不思議でならなかった。経済解説の専門家?のコメントも真剣に聞いたがいずれも的外れ?

その原因が分からなかった。専門家とはその道のプロ。その人達の知力、体力。その素晴らしさは日々努力だけでは足りない。それ迄積み上げられた弛まぬ(たゆまぬ)努力。それだけでも足りない。人並みを外れた才能。それが一時の堕落で一気に他に蹴落とされる。それ位の事が分からないのだろう?

分からなければ屈辱を味わうしか無い。十両に落ちて出直せ。だっこちゃんの宣伝も封印しろ。永谷園。金融機関の評論家達も政府の経済政策の原稿を書いている官僚達も同じ屈辱を味わうしかない。それでも彼等は他の言い訳を考えている。

「自分達は間違っていない」間違いは外的要因?オイルマネーの下落。シリア情勢。サウジアラビヤとイランの対立。資源価格の暴落?グローバル経済と言って来たのは何処の誰かいな?国会論戦と言っても優秀な官僚?が書いた原稿を読んでいるだけだろう?

その原稿も揚げ足を取られない様に若手の官僚が心血を注いで夜遅く迄書いている。それにケチをつけるしか出来ない高級官僚。そんな社会が何時迄も続く筈が無い。それ位の事が分からなければ「天の声」を聞くしか無いだろう?

そんな時が迫っている?それでもこの国は変わら無いのかも知れない?その時が来ないと誰が断言出来るのだろう? しばらくはテレビのニュースもそれ位の気持で眺めれば良い?おチャラケのお笑いも本当につまらなくなりました。

名の知れた芸人がつまらないことを言っても人気番組は続く?旅番組も人気の落ちた暇な芸人?美味しい高級食材の誰が食っても(実際はなかなか食えない)何たる間抜けな番組制作だろう?

そんなテレビが見向きもされなくなる時も遠くない。NHKの紅白も歌番組も大河ドラマ「真田丸」もジジババと暇つぶしのお間抜けにしか見られなくなる?そう感じている。(アホ)今月は文庫本を読んで音楽を聴いてニンマリとしています。(何時迄続きますやら?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月15日 (金)

ここ迄アホかいな?「真田丸」NHKの馬鹿宣伝?公共放送?嘘をつけ

Img_9332

Img_9333

Img_9334

Img_9335

今日はお出掛けはお休み。予定は神戸だった。今、勉強しているのは「一遍」上人の生き方。親父は言う迄もなく現在人の殆どはこんな壮絶な生き方は出来ない。それだけでなくその生き方を見習う事も出来ない。一遍上人の生き方は素晴らしいが残念ながらマネは出来ない。

せめてお墓参りだけとは思っているが本人は「弔う」と言う事も否定した。こんな教えを説いた宗教家はいない。「自分のマネはしないで良い」お墓参りをすればそんな言葉が聞けるかもしれないが、そんな言葉を期待している訳では無い。

お墓は要らないと弟子達に教えたが信者が火葬をして墓を造る事は否定しなかったと言われている。兵庫県神戸市兵庫区「真光寺」このお寺さんも阪神淡路大震災で倒壊。3年後に復興、再建されている。しかし神戸のこの辺りは兵庫の港。一見の価値はあるに違いない。栄華を誇った藤原の平家もここから滅亡の道が始まっている。

Img_9336

Img_9337

Img_9338

夕方迄ブログを整理していたので大相撲遠藤が負けるのを確認して近くの散歩コースに出掛ける。この堰が完成した時、このハシゴ?と渡し板は無かった。流石にこれが無いとこの先の「河川管理施設」は渡れない。そう思ってニンマリしていた。

ところがこの堰(河川管理施設)が完成間もなくクレームが付く?落ちたらどうする?落ちたらではありません。看板を見て下さい。通行禁止です。如何してそう言わなかったのだろう?言い切れなかったのだろうか?

それでもこの階段?足を踏み外したらイチコロです。(見下ろしただけだろう?)いいえ渡りました。(アホ)しかも下から三段目ぐらいでバランスを崩す。カメラを押さえて座り込む。(最低)廻りを見渡していた。

(そんな問題ではない)川に落ちたらシャレにならない。(大丈夫)そこが普通のジジイでは無い。(アカン)川の流れをよくする為にこの堰(河川管理用語では床固め)は昨年3月低く造り替えられた。そして昨年夏の大雨で何と埋まる。

その対策工事が行われて当初の形を取り戻していた。今年の夏、大水が出たらどうなるのだろう?それはその時の事。自然の力は想定外です。お役人の認識はその程度です?ただこの近くの水は一見綺麗。水が臭くない。水の流れはそれ程に正直でした。

Img_9339

Img_9340

Img_9342

Img_9343

Img_9344

Img_9347

下流を掘り下げて川の流れを良くしているのでこの先は少し深い。今年の春、暖かくなって泳ぐ事の出来ない子供達が水遊びをする様になると気をつけないと行けない?昨年の夏の大雨でこの堰と同時に整備された右側の親水公園は再び整備されるのだろう?

Img_9349

Img_9353
Img_9354

人間の思惑が川の流れを変える?まさかそんな事は考えていないのだろうが「性懲りも無い」とはこの事を言うのだろう?昨年の大水で見事に崩された川の中の公園?が再び造られていた。この右側の水路で子供達が水遊びが出来る。ホタルが戻って来る?それが環境に優しいNGOの取り組み?その間違いは誰も指摘出来ない?バカヤローだろう?

Img_9358

Img_9356

Img_9361

すっかり暗くなる。流石のカメラも夜景には勝てない。最近は真っ暗でも写せるカメラがあると言われるが親父のレベルでは無理なのか?ピンボケもご愛嬌?にもならない。最近、流石に寒くなっているが本格的な寒さは来週になってからだろう?

風邪を引かない様に体を動かして節々(ふしぶし)を柔らかくしないといけない。肩が凝る。優しい手で揉んでもらわないといけない? 肩こり、筋肉痛、腰痛対策は体の柔軟体操。ストレッチ。イヤイヤ一番よいのは炭酸♨。近くの銭湯の大きな湯船で肩を廻せばイチコロです?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域活性化?これが現実だ。しかも地域は何も困っていない?

Img_9262

Img_9263

Img_9264

Img_9265

Img_9266

Img_9267

Img_9268

Img_9269

Img_9270

Img_9271

Img_9272

Img_9275

Img_9276

旧冨田家邸宅。現在は猪名川町が町の文化施設として譲り受けているが、この屋敷は「冨田熊作」氏が出身地のこの地に昭和7年から10年に掛けて完成させている。京都の棟梁斉藤宗田郎が建材に多くの銘木(北山丸太、丹波松、尾州檜、唐木)を用い、精魂の限りを尽くして完成したと伝えられている。(静思館パンフレット抜粋)

江戸時代からの民家の様式を用いている様に見えるがこれは贅の限りを尽くした大邸宅。貿易会社退社後京都で美術品のコレクションで財を成した冨田氏の遺産である。当時この在所は「中谷村上野」今はその面影を窺い知る事は出来ない。

Img_9277

Img_9281

Img_9282

これが地方の町役場。半世紀前迄は田舎の役場がこれ程に立派になっているのは地域が豊かになったから。日本全国の地方の市町村が「平成の大合併」を強いられても、どっこい生き残っている。その原因は合併をして行政地域を大きくしなくても財政が豊かだから?来年には隣町に新東名のインターが完成。

今、その立派なアクセス道路が造られている。地方創生?近くに多くの住宅団地があり何も困らない?ところが高齢化、過疎化、少子化は進行しトンデモナイ未来を抱えている。そんな事もどうでも良い?そんな事は政府にお任せすれば自分達は関係無い?

観光客の取り込み?働く場所の確保?近くの日生中央駅から阪急の「日生エキスプレス」で大阪迄30分。何も困らない?バカヤローだろう。これがこの地域の地方創生の実態。一億総活躍時代?地域は座して滅びて行くだけ?そんな事もどうでも良いのだろう?

この先猪名川の堤防でひどい光景を眼にする。それでも河川管理者はどうでも良いのだろう?この堤防の有様は数年前にも体感した。それから何も変わっていない。この場所はそんなに山奥では無い。行政の怠慢。河川管理を地方に任せると言う事はこう言う事?堤防から地元の道に抜ける標識も何も無い。田舎の景色はこんな物?地域防災担当はいないのだろう?

Img_9283

Img_9284

Img_9286

綺麗な川で文句ネエじゃねえか?と思うでしょう?この先の景色を見ればそんな事も言えない事が良く分かる?そんな事もどうでも良い?なら見るな。アホンダラ。(何でそんな事を言われるの?)関係ネーじゃねえか?確かに。しかしこれが日本各地の現実である事も知りなはれ。(これは悪い方かも?)親父の田舎でも天然の竹やぶが堤防にはなっていない。

Img_9288

Img_9287

Img_9289

数年前にこの道を歩いた時に地元の人から「何しに来た」とうっとおしい顔をされた事がある。大水が出るとこの川は氾濫すると言われていた。それでもその対策は為す術が無い?そんな事は無い事は地元の人達も良く分かっている事だろう?

それでも優先順位がある。順番に対策を取っている。そう説明される。しかしその言葉を嘘である事が現場を歩けば良く分かる。近く川に掛かる橋を渡る。その先には田舎の景色が続いていた。この豊かな田畑が洪水で被害を受けなければ堤防工事は行われない?

Img_9290

Img_9291

Img_9292

Img_9293

Img_9294

Img_9295

Img_9296

Img_9297

この橋の名前。読めないだろう?どうでもよい?確かに。答えは「かしうだ」この地域の道を最初にグーグマップで調べた時に白地になっていた意味が良く分かる。これも関係無い話だが初めての場所、ネットで見るとまだまだ紙の地図に負ける。

その紙の地図もこの地域は道が川沿いに整備されて居ない?その理由が歩いて見ると良く分かる。信じられない事に堤防がこの下流に無い?どういう事?天然の堤防。その道無き道を歩く事が出来なかった事を思い出していた。

どうしたの?当然引き返して道を探す。そうすると立派な抜け道がある。都会に住んでいるとそんな事も知らない。田舎に住んでいるとそんな道は歩かない?確かに。地方創生とか尤もらしい事を言っても国の出先機関はその体制(人員、お金、組織)を整えていない。

その知恵を出せ?担当大臣でもそれ位の認識です。この大臣。次期総理候補?誰がそんな事が言えるのだろう?口先だけなら何とでも言える。こんな事が言えるのも親父ぐらいだろう?地方創生の手足となるべき国の機関が今、何をしているか?それも関係無いととぼけるのだろう?そんな事がこの国の重要な施策?馬鹿コケ。

Img_9298

Img_9299

Img_9300

ドブ川だろう?これが一級河川猪名川。この川が淀川より綺麗?誰も知らないこの現実。どうしてこんな姿を晒すのか?地元の人達はどうして恥だと感じないのだろう?それは行政がマヌケだからです。最近、マスコミでもこんな批判はしなくなった。

Img_9301

Img_9302

Img_9303

川が汚れる原因は少なく無いがこの500m足らずの所に農業用水の堰がある。そこで多くの水が塞き止められて川の流れが渇水期にはこの程度しか無い。当然汚れた水の流れが悪くなれば川底には汚れたコケが付着する。その対策は無い。

川は増々汚れる?(それは無い)如何して。流石にこれ以上の汚れは環境破壊に繋がり悪臭がして来る。流石にそれは地域住民が許さないだろう?それともそこ迄行きますか?この川を管理している役所もこの現実は知らない?

しかし、この先の景色はそれでは済まされないだろう?それとも済まされるのだろうか?親父はどうしたの?引き返しました。掻き分けて進む事は出来ない。距離は短か買ったけれど。これも前回知っていたからだろう?あれから何も変わっていない。

Img_9305

Img_9307

Img_9309

Img_9310

Img_9311

この先の地権者が堤防の整備を拒否している?堤防の私有地?何処かの洪水事故でもそんな事を言っていたけど草ぐらい枯れよ。それとも用地買収が出来ない。一番悪いのは何の標識も無い。何時迄に誰がどうするのか?この町にはこの川にはそれ位の法律が無いのか?そうでは無い。知らないだけ。問題の先送り。行政の責任者はどんな見識を持っているのだろう?

Img_9314

Img_9315

Img_9316

引き返す。

Img_9318

Img_9320

Img_9325

Img_9326

廻り道をして反対側の道から写す。これは良くある景色?河川管理の常識が通用しない?それともこの堤防が整備されるのも時間の問題?それは無いだろう?地方の間抜けな所?地方だけでなく何処にでもこんな非常識が通用する?そうだとしたら(しなくても)管理者は何をしなければいけ無いか?それは自明の論理だろう?

Img_9327

Img_9328

上に見えるのが堰。その上には当然川の流れが塞き止められている。この堰は農業用水の為?しかし今は農閑期だろう。どれだけの水が必要とされているのか?そんな事も関係無い?確かにこの堰が無くても川の汚れは如何ともし難い。しかしこのままでは更に悪化する。

そんな危機感は無いのだろう?この町の素晴らしい自然と環境をどう宣伝するのか?その事を観光課の担当に聞いた事があるが何も変わらない?それも当然だろう?彼等を管理している管理者にその程度の考えが無い?これは日本各地の地方に共通する問題。地域創生とはそんな事も大切だとは思わないかい?

Img_9329_2

Img_9330

Img_9331

昨日はここで引き返す。初めてこの地を歩いた時、この地名が読めなかった。(今でも下のフリガナ?を読まないと読めない)紫合と書いて(ゆうだ)と読む。ネットで調べて見ると分かり易い解説がある。完全な当て字。当て字にもならない?

近くのお寺さんの老松に猪名川から立ち上がる霧が掛かり、紫色に輝いていたからと言われているがそれも定かとは言えない。元々の地名は共同で耕作されていた結田だったとも言われている?それも諸説ある。

国道12号線はこの交差点で左(西)から来た広いバイパスが、昔からの道12号線に合流して北進する。右に行くと日生中央。68号線になる。正確には一庫ダムの手前で国道173に合流して京都亀岡に抜ける?今日はここから北上する予定だったが取りやめ。神戸兵庫区の一遍の墓がある「真光寺」に行く予定も来週に変更。これから近くを散歩です。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

少しずつ寒くなる。それでも体調は変わらない?馬鹿だろう?

Img_9221

Img_9222

Img_9223

大阪北部川西池田から更に北に向かう道。この辺りは半世紀前迄は静かな農山村だった?親父は知らない。この広い片側2車線の道も正式なルート名は無い。嘘でしょう?本当です。通称国道12号バイパス。昔からの12号線は親父が先日歩いた猪名川沿いの道?その渓谷の上に多くの住宅地が開かれてこのバイパスが結んでいる?

Img_9224

Img_9225

Img_9228

前来た時には気が付かなかったがソーラーパネルが設置されてその横では家庭菜園が行われている。この畑の横には中華と餃子の美味い店がある。その店の横の道をニコニコしながら歩いているとその先の道には出れない。行き止まり。

仕方が無いので引き返す。別に気にしていない。良くある事。そんな事を気にしていたら田舎道は歩けない。(確かに)都会の道でも山道でも人生でも同じだな。やり直しは出来ないが引き返しは誰にでも出来る。その簡単な事をやらないから決定的な誤りを引き起こす。

それ位の事が分からないのだろう?株価下落も気にならない?関係無い?何とオバカな政治家と経済家?日本経済は今年はトンデモナイ経験をしなければならない。その危機感の無さ。指導者の見識が問われる。

指導者だけでなく一般市民もその多くが「塗炭の苦しみ」を味わうに違いない。そんな事を誰が予感しているのだろう?関係無い?そんな事を誰が言えるのだろう?景気は回復基調とインチキ情報に振回されて生活弱者を踏みつけにしたその罰が当る?

生活弱者も何時迄も誰かが助けて呉れると思っていたら大間違いだろう?ではどうするの?今野菜が安い。野菜だけは食えないが野菜中心のベジタリアン(菜食者)生活費を押さえる生活をしないといけない?そんな生活は出来ない?

景気も良くならない?景気を良くするのは歳出を抑える事。そんな時代になっている。今は反対の事を当然の様に行っている。出来るかな?殆ど無理だな?世の中の常識が変わる。そんな危機感は全く感じられない。

少し難しい話になるが原油が30ドルを切ると産油国の財政は破綻する?ロシアが偉そうな面をしてシリア空爆を続けているがそのお金も莫大な費用が掛かっている。そんな事も殆ど知らない?テロとの戦い?何をとぼけているのだろう?テロリストを無くすには戦いを止めるしかない?その程度の事も分からないのだろう?

Img_9231

Img_9232

Img_9233

Img_9234

この川は猪名川では無い。猪名川の支流。最初歩いた時その事も分からなかった。この川沿いの道が昔からの道。今は舗装されているが道幅は拡張出来ない。理由?山と谷が迫っている。この道を歩く事は出来ない。どうして?この先で歩道が無くなる。変わりにこの橋を渡り川の左岸に歩ける道がある。車も通れるが地元の生活道路。

Img_9235

Img_9236

Img_9237

川が汚れている原因はこの先に在った。昨日のブログで猪名川の汚れは新名神の工事が原因と決めつけたがそうでは無かった?今日、猪名川を迂回しているので正確には言えないがこの先で川の中にブルが入って掻き回していた。

Img_9239

Img_9240

Img_9242

山間を抜けると視界は一気に広がる。しかし大工事が進んでいた。上下線、どうして分離されてこれだけの用地が必要になるのか分からない?新名神の工事はこの先中国自動車道と繋がるが、工事現場がマスコミで伝えられる事は殆ど無い。

これもどうしてだか分からない。壮大な工事が来年の3月迄に部分的に開通する。その経済効果は殆ど知られていない。国土強靭化?皮肉な事にその破綻の時は遠くない?借金に借金を重ねてそれを先延ばし?過剰反応?借金は踏み倒せるの?

Img_9243

Img_9245

Img_9246

この道は今では余り見向きもされていなかったが、猪名川沿いに登って来た道がここを抜けて丹波篠山に向かう。道は広くならないで寂びれていたが新名神の開通で再び活気が取り戻す?でも単なる通過点に成る事はどう避けるのだろう?その戦略は見えて来ない?この地域の行政を司る「猪名川町」の戦略は殆ど聞かされない。

Img_9247

Img_9248

Img_9250

Img_9251

Img_9254

Img_9261

猪名川町立「静思館」(せいしかん)旧冨田家住宅を譲り受けて文化に向上する目的で一般に公開している。見学は無料公開。静思館と言う重々しい名前は「深い緑と清々しい空気に恵まれた自然環境の中にたたずみ、来館者に憩いと静思の場を提供する」そんな思いが込められている。(静思館パンフレット)しかし見学案内も休憩の接客もなにも無い。町の観光課の職員が1人ぐらい常駐しても良いのでは?そんな考えは出て来ない。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の実態経済は悪くない?そんなもんは関係無い?それ位の事が分からないのかい?

オバカなお笑い芸人が「希少天然南マグロ」の宣伝をしている。
「美味いだろうな」(アホ)食いたいか?(それは勿論)
最近ろくな物しか食っていない。こんな美味い物が食えるジジババは何処にいるのだろう?そんな情けない考えしか出来なくなっている?トンデモありません。

Img_9153

Img_9157

Img_9158

殆どの人が知らない猪名川の渓谷を久し振りに歩く。しかしこの道も車が楽には離合出来ない。対向車が来れば歩行者でも立ち止まらないといけない。そんな道を歩く人は疎らだがこの道は太古の昔から続く北摂と丹波地方を結ぶ交通の要衝だった。

Img_9161

Img_9162

Img_9163

Img_9164

一昨日右下から写真中央「多田院」の少し上の多田大橋迄歩き、昨日は写真中央の川の合流点を左に歩いている。その距離およそ5キロ。これ位の距離を歩いても自慢にもメタボ対策にも何にもならないが一番の喜びは歩く事の喜び?

正確に言えば「歩ける喜び」それは何よりの財産に違いない。今日はこの先を歩く?川の合流点を右に歩けば「一庫ダム」猪名川は左。ここから少し上流で新名神の高速道路が造られている。その影響で川が汚れている?猪名川は淀川より綺麗?嘘をつけ。

Img_9165

Img_9166

Img_9167

Img_9168

Img_9170

ここはまだ合流点の少し手前。ただ地名が珍しい。全国でもこの地名は多くない。それでも全国に80軒ぐらいの人がいる。親父の名字は20万人前後。大分、宮崎県民が多い。一遍上人の家系に繋がる?全て(住居、家族、豊かさ)を捨てて「南無阿弥陀仏」の念仏札を全国に配り歩いた「遊行の聖」は何故か北陸、東北、北海道にはその足跡は刻まれていない?

Img_9171

Img_9172

Img_9183

まとまった雨も降っていないのに川が汚れている。「何でやねん」
その原因はすぐに分かる。この川が猪名川。ここ迄来ると広かった川幅が一気に狭くなる。前見たときはもっと水量が多く水も綺麗だったがその面影も失せていた。

Img_9184

Img_9185

Img_9186

今はこの川が大雨の時は激流に変わる等信じられないが、この先しばらくは谷間の静かな川の流れに沿って歩く。上流に向かって歩くのは初めてだが反対には一度歩いているのでこの先の状況は分かる。夕暮れが迫っていたので足早に歩いていた。

Img_9188

Img_9192

Img_9197

Img_9198

Img_9201

Img_9203

Img_9206

Img_9212

Img_9215

Img_9217

Img_9218

Img_9220

バスは出た後だったので少し待つ。この道は新しく開発された住宅地を結ぶバイパス。この道は日生中央のニュータウンに続く。最初にこの道を歩いた時はバスの終点からこの右のバス停迄歩いて来た。この右に「猪名川町」に続く旧道がある。その道はバスが1時間に数本のバスが通っている。多くのバスはこのバイパスを走っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

2度ある事は3度ある?この株価の乱高下。暴落の予兆?

Img_9078

Img_9079

Img_9080

久し振りに能勢電「多田」の駅から本日の目的地迄歩く。本当は隣の駅からバスで昨日引き返した停留所迄行く予定だったがナントバスの待ち時間20分。速攻で予定変更。電車にする。しかし電車は2キロ強歩かないといけない。この道を最初に歩いた時は「結構遠い」と思ったが今回も変わらなかった。

理由は田舎道。狭い。車も一方通行でないので歩き難い。何で通行規制を掛けないのだろう?警察にそんな権限は無い?最近どんな顔をしてこんな言葉が言えるのだろう?交通安全の取締りは警察の仕事だろう?それとも警察は地域の交通安全は仕事ではなくなったのかい?お巡りの姿は何処に行ったのだろう?

Img_9081

Img_9082

Img_9083

この時間帯は3時過ぎ。人影が全く無い。子供達や年寄りは何処で何をしているのだろう?この街はまだ過疎地では無い。ところが通りに人影がない。日本全国が人口減少?親父達はそれでも精々長生きが出来て後20年。その時この國の形ちはどうなるのだろう?行政の責任者だけでなく政治家はどんな未来を描いているのだろう?そんな事もどうでもいいのだろう?

Img_9084

Img_9085

Img_9087

Img_9088

「多田神社」到着。この門の由緒、その重要性が書かれているが門の価値は良く分からない。ただこの境内の広さは半端では無い。武士の頭領の力の大きさが思い知らされたのも信長の天下賦武で叩き潰されている。

その信長も明智光秀に滅ぼされ秀吉が天下を握る。その秀吉も栄華の限りを尽くして1代で滅びる。結局知略、計略、策略力の限りを尽くして家康が太平の世を造りあがるが武士の世も長くは続かなかった。(続いた方だよ300年)

どれだけ多くの人が無念の思いでこの世を終えたのだろう?その事は今でも続いている。それでも満足出来る人生をどれだけの人が手に出来るのだろう?大好きなベートーベンのピアノソナタ「熱情」を聞いていると人の思いの果敢なさが胸を打つ。

この曲は是非聞いて下さい。不思議な気持になって来る。ベートーベンもそんな思いの丈を鍵盤にたたきつけたに違いない。生きていると色んな事が重なるけれどこの曲は親父の全ての思いが重なっている。これからも青臭い事を言いながら生きて行く様で実はそうでは無い。そんな事が切々と胸に迫る。その事が分かれば案ずる事は無い。?

Img_9089

Img_9090

Img_9093
平日の夕方。広い神社の境内の人影も殆ど感じない。白い椿の花が静かに迎えてくれる。椿と山茶花の花は似ているが椿の花は時が来ると一気に落ちる。山茶花は花びらを散らす。ハラハラと花びらを落として行く。御存じか?こりゃ又失礼しました。

Img_9094

Img_9096

Img_9097

この紅の橋は今でも一歩通行ではない。車が行き来出来る。しかし流石に橋の上ですれ違いは出来ない。正面から歩いて来た時、この手前で車が鉢合わせになり行き来が出来無くなった事がある。その原因は右から向こうに行こうとした車の頭が欄かん(ぎぼし)の先迄頭を出していたので橋を渡って来た車が通り抜けられなかった。

当然頭を出した手前の車が後退すれば良かったのだが運転手はアンちゃん。素知らぬ顔をしていた。そして前後の車も顔を見合わせるだけだった。そこで親父が仕切る。右手前で顔を出しているアンちゃんの車を下がらせ、橋の上の車を通す。当然、アンちゃんに睨まれるが無視。余計な事をしたと思ったが親父でなければ出来なかった?

Img_9098

Img_9099

Img_9101

アンちゃんからこの止まれの標識を指差されて文句を言われたが、さすが親父。警察官でもないのにウムを言わせなかった。日曜祭日はもっと多くの車が殺到するのにどうして一歩通行にしないのだろう?鉢合わせにならないのだろうか?(なりません)嘘をつけ。その時誰が仕切るのだろう?

Img_9100

Img_9102

Img_9105

Img_9103

半世紀前に一度だけこの橋の上迄大水が出た事がある。その対策はこの橋の上流の川底の岩盤を掘削しなければならないが、そうするとこの橋の橋桁も補強しなければならない。それで何とか半世紀過ぎている。次の記録的大雨は上流にダムが出来ているので何とか凌げる?これは希望的観測に過ぎない?

Img_9106

Img_9108

Img_9109

立派な堤防工事が進行していた。天然の竹やぶがなぎ倒されて立派なコンクリートの堤防が完成していた。この先の左の国道が大雨で冠水し少し高い処に付け替え工事がされていたが堤防はその反対側。これだけの工事にどれだけのお金が掛かるのか?殆ど知らない。

そんな事もどうでもいいのだろう?日本各地で国土強靭化計画が進行している。この工事の主体者は兵庫県。地方の借金はどれだけあるのか?殆ど知られていない。今日の国会で大阪維新の会の質問者は高らかに大阪府政と市政の財政赤字削減の成果を強調していたが勘定科目を付け替えただけ?

橋本維新の会もその程度かい?安倍政権の補完勢力は公明党だけで充分だろう?それ位の事も分からない。それとも公明党とも手を握るのかい?アベノミクスの成果は今年も大きくなり夏の参議院選挙は更に躍進する?それ程に景気対策は甘いのかい?間違いなくそれ迄に地獄を見るのは創価学会でも分からないのかい?

Img_9110

Img_9111

Img_9113

昨日はバスの時間が迫りゆっくりと写真に撮れなった処。この場所は数年前から護岸と堤防工事を進めている。ただ工事を見ていると右岸が削られていない?右側の道路は更に右側に移動して高くなっている。当然使われなくなった道路は不要となるがしばらくはここはそのまま?その程度の改修しか出来ないのだろう?

Img_9114

Img_9115

Img_9123

さあこれから久し振りの道を歩く。この先猪名川は信じられない光景を見せてくれる。しばらくは川の上の道を歩くが道がバス通りから別れると川は急に近寄って来る。渓谷の道。その川の対岸の上には住宅地の屋根が見える。道はセンターラインの無い1本道。しかしこの道は昔からの猪名川沿いの道。今は殆ど忘れ去られている。

Img_9125

Img_9126

Img_9127

Img_9128

Img_9129

Img_9131

この先しばらくは右側には歩道は無い。山側の速攻の右衛を歩く。写真を良く見ないと分からないが歩道に段差が有る。山側の歩道はここ迄。後ろを気にしながら歩く。タマに自転車が通る。この正面迄歩けばその先は右側にも立派な歩道がある。バスの停留所もある。勝手知りたる道。得意げな顔をしながら歩いていた。初めての時はそうでは無かったが。

Img_9132

Img_9133

Img_9134

Img_9135

バスはこの交差点で左の住宅地の坂を一気に駆け上がる。(降りて来る)但しそのバスの間隔は30分。親父が歩く道は川沿いに直進。しかしここから川は遥か下。直接見る事は出来ない。この先、左の坂の上に立派な建物がある。ただ貧乏人は入れない有料介護施設。民間の特別介護施設。介護の沙汰も金次第を思い知る。(コラ)

Img_9138

Img_9139

特別養護老人ホーム。環境は抜群。しかし出歩く事は無理だろう?元気な人はこんな不便な処には住まない?何をおっしゃる親父さん。お金があれば何でも出来る。それでも要介護になるとそれも無理かも?健康寿命がどんなに延びてもお金をどんなに積まれても厳しい現実が待ち構えている。

それを忘れるな。清和台 ぷらす館 やわらぎの里 待機者190人 (おいおい)安倍さんは介護の実態を知らないのか?知っていてとぼけた事を言っている事をアホが知らないだけ?他人事では無い。介護離職0。それは目標だろう。必ずやれるとでも思っているのかい?何でも自分で出来無くなると地獄が待っている。その事を忘れるな。公明党。創価学会もそれ位の事を口にしなはれ。

Img_9140

Img_9141

Img_9144

久し振りに見る桜の大木も泣いていた。「エドヒガン」桜の野性種。彼岸の頃に花を咲かせると言われているがこれ程に粗末に扱われると枯れるのもそう遠くない。本当に何も出来無いけれど保護活動はされていないのだろうか?木が本当に泣いていた。

この保護活動の愚かさは必ずその代償を受けるに違いない。必ず今年の春、もう一度来ます。馬鹿がゴミをばらまいていた。ロクな生き方が出来無い事を思い知らないと分からないのだろう?ただこの下には降りるのは難しい。

Img_9142

Img_9149

Img_9145

Img_9150

Img_9152

Img_9151

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恥を知れコマーシャル。企業イメージが低下しても関係無いってか?

Img_9020

Img_9021

Img_9022

Img_9023

Img_9024

Img_9025

昨日歩いた道。(歩けない)歩く人は居ない。近くに阪急傘下の能勢電鉄が走っているがその右側が住宅地として開発されている。その住宅地の下に歩く道があると地元の人に言われたがそれも間違い。信じられない事に歩く人がほとんどいない?

Img_9027

Img_9028

Img_9029

この場所は左が崖。右が猪名川。その狭い間をこの県道が走っている。この道は交通量が多くて昔から交通の要衝。それでも行政には為す術が無い?こんな歩道の無い道はここだけでなく全国至る所にあるが殆ど知られていないのはどうした事?その答えも簡単。

歩く人が居ないから?それも違う。文句(苦情)が少ないしマスコミも尤もらしい事は言っても素知らぬ顔をしているだけ。交通安全協会はこの街には無い?(あります)しかし彼等も如何ともし難い。次歩く事は無い?歩くと言う事は死ぬと覚悟を求められる?行政と警察の見解を聞く人は居ないのだろうか?(ありません)

Img_9031

Img_9033

Img_9036

ここで右側を歩くのを止めて左を歩く。道路標識は何も無い。まさか道路管理者、交通安全を指導する警察?が「歩行者は左通行」とは言えない?この道路状況は50年前と何も変わっていない?それとは反対に車の通行量は飛躍的に多い。

常識的に考えてこの道幅では一方通行だろう。しかしそんな事は行政や警察には出来ない。バスも通っている。そうなると左の崖を崩すか右の川の上に橋を架けるしかない。それも出来ない。正面には能勢電車が走っている。問題は先送り?大事故が起きないと何も変わらないだろう?歩くのは止めて下さい。本当に迷惑です?

Img_9037

Img_9038

Img_9039

側溝の上を歩いていても後ろから来る車は体のすぐ横を通り抜ける。体が少しでも車道に傾くと撥ねられる。さすがの親父でも後ろに眼がないので車の気配で気を付けるしかない?しかしそれも駄目。車の気配を感じたら先ず立ち止まる。そして後ろを見ながら山側に体重を傾ける?それ位の配慮が求められる。何たる県道だろう?

Img_9041

Img_9042

Img_9045

ここも昔は綺麗な景勝地?だったに違いない。しかし猪名川の流れはここで一気にくびれている。現在は左は昔ながらの農村の風景が残っているが右は完全な田舎の都市の風景。広い国道と能勢電が北に伸びている。

大雨で川が増水すれば一気に川が氾濫する?その心配は無いのだろうが堤防は整備されている。だが考えて見るとこの下流の流れを良くする事が先だろう?そうは思わない?それとも出来ない?それは分からない。この工事が完成するのは数年先になるが?その時にもう一度この工事の是非が問われる?そんな事は誰も思っていない?

Img_9049
Img_9050

Img_9051

やっと歩道を歩ける。ここから目的の多田神社迄1、7キロ。2キロ足らずの道にニンマリとしていたが気持とは裏腹に意外に遠い。その理由も単純明快。歩道が無くなると命の保証が無い?良く見ると田舎道は別にある。その案内が無い?(あったのか知らないが不親切)どうしてだろう?それは歩くオバカがいないから?かもしれない。

Img_9061

Img_9062

Img_9063

Img_9064

Img_9065

ここは以前同じ道を池田から歩いて来て「多田神社」迄の道を聞いた交差点。優しい高校生だったが最寄りの駅を紹介してくれる。多田神社の場所は遠くなかった知らなかった。最寄りの駅は能瀬電「多田駅」その駅の方が遠かった。

ただこの先多田神社迄500m足らず。そこ迄行くと駅迄は遠くなる。しかし親父はこの道にバス停がある事を学習していた。但しそのバスの時間は30分に1本。歩く事は道を知らないと出来ない。

Img_9066

Img_9067

Img_9068

Img_9069

目的地到着。近くのバス停でバスの時間を確認すると20分待ち。この橋を渡り神社の階段を上がり参拝すれば時間は潰せたが、調子に任せてもう一つ先のバス停迄足を延ばす。そこも懐かしい所だった。何が?それは以前バス停を探した所。当時進められていた猪名川の堤防工事は着々と進行していた。今日はその続きを歩く。

Img_9073

Img_9076

何だこのガードレール。右はモーテル。行政と警察は何を考えているのだろう?常識的に歩行者の安全を考えるのが彼等の仕事だろう?違うのか?側溝にフタをしてガードレールは側溝の右端に何で付けないのだろう?そんな感覚は何も無い?ひょっとするとこのガードレールモーテル側が付けた?何と間抜けな行政と警察だろう?

Img_9077

こんな立派な歩道もある。ここは手前にバス停があり川の縁から立派なコンクリートの壁を立ち上げている。しかしこの手前はいくらもこの歩道は続いていない。その道を今日歩く。この道は猪名川沿いの道。この道はその手前。先には橋が拡張されている?(良く分からない?)今日、ゆっくりと写真に撮れる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

春のうららの隅田川?いくら何でもそれは無い?

Img_8915

Img_8916

Img_8914

昨日の猪名川堤防の季節外れのコスモス?信じられません。東京は今日は初雪?
大阪は昨日より寒かったけれどまだまだ季節外れの天気が続いています。お馬鹿なマスコミは大阪城公園の早咲きの梅を嬉々として伝えていますが、この暖かさも今日迄?明日からは少し寒くなる。

そうならないとスキー場はトンデモナイ景色を見ないといけない。一般庶民は寒い方が良いととぼけている人も少なく無いが、寒い時に寒くならないと景気は更に低迷を続ける。それ位の事が分からんのだろう?何時迄も他人事の様に深刻な経済の実態を知らないと、関係無いでは済まなくなる。

(ではどうすれば良いの?)その答えは自分で見つけないといけない。答えは簡単です。指導的立場の人もそうでない人も「全くの経済無知」を恥じないといけない。そしてどうしてこんなギャンブル市場が続くのか?真剣に考えないといけない。

(無理だな)とぼけたコメントしか出来ない政治家と経済評論家?株価が一時的に回復しても原油が下げ止まらなければ株価は更に下落する。景気回復の実感?何をとぼけているのだろう?決める事をあれ程高らかに宣言しながら、議員定数削減、お役所仕事の効率化も出来ないで何をとぼけているのだろう?

Img_8920

Img_8921

Img_8922

今日の散歩コースは久々のロングコース。(と言っても猪名川を約7キロ遡るだけ)
山茶花にエールを贈られながら白鷺に無視されながら先ず目指したのはここ。ここは何処だ。ここは堤防の上に善意の桜の苗木が寄付された処。

ところが昨年草ぼうぼうになっていた。お役所仕事。人の善意を全く無視していた。親父から怒鳴られて綺麗になっていたが今年も草は伸びている。何も言われないと又、元の木阿弥かい?情けないと思わないのだろうか?思いません。それが仕事ですから。仕事は丸投げ。職員の仕事では無い?

Img_8924

Img_8926

Img_8927

Img_8929

Img_8932

苗木を植えた場所は固い堤防の上の土を掘り起こしているので雑草も生え易い。当然の事。そうで無いと桜苗木の根も張らない。草も条件的には全く同じ。その対策は根から抜かないといけなかったのにそれをやるのは大変で草刈りをした。その結果、強い雑草の根が残り完全に根が残る。今年の夏は草刈りが当たり前になる。

Img_8939

Img_8940

Img_8942

この時期にこれだけの雑草が伸びていると言う事はどういう事?
そう言う事です?どんなにその状態が良くないとしてもその現実と上手に付き合わなければいけ無い?そう言う事です。しかし多くの人は本当にそんな生き方が出来るのだろうか?そんな事は無い。知らないだけ。

知らない事はお任せするしかない?その選択はこれからの景色を見れば愕然とするしかなかった。久し振りに見る景色は何も改善?されていなかった。なんだこの様は?この景色は誰が管理しているのだろうか?河川管理とはこの程度の物?

河川管理がこの程度の物だとするならば?そう考えると本当に哀しかった。それでも関係無いと考えればどうって事は無いのだろう?嫌な物は見ない事にして黙々と歩く。嬉しかった事は以前歩いた距離を遥かに超えて歩けた事。まだまだ諦める事は無い?

Img_8945

Img_8946

Img_8947

Img_8949

可動堰が固定堰になっている。この堰が本当に灌漑(かんがい)様?洪水対策用?
鵜(ウ)も固まっていた。魚が捕れない。このまま留まるべきか?そう考えていた(うそをつけ)親父さんと同じ。むげねえのう(可哀相)人の事を考えるより自分の事を考えなさい。(おっしゃる通り)うなだれていた。

Img_8957

Img_8963

Img_8966

信じられない事だが川幅が広いのはこの正面迄。更に信じられない事は堤防は左で更に左に曲がる。(支流が流れ込んでいる)この正面は天然の岩盤。その上に大水の度に堆積した土砂が溜まりその上で不法耕作が長い間黙認されていた。

昨年春、それは流石に行政の指導で廃止されたがその後はそのまんま。責任の役所の張り紙はマスコミに何も批判されない。新聞、テレビの災害報道はこの現場を見ると「アホ」です。その事を宝塚の土木事務所にクレームを付けたが担当責任者はとぼけていた。

久し振りに張り紙を見ると日付だけが更新されていた。彼等はその責任の重さをどう認識しているのだろう?優先的に行うとか言われた言葉を思い出す。ここは洪水の心配が無い?警察と同じだな。重大事故が起きないと役所は行動しない。

Img_8976_2

Img_8979

Img_8983

Img_8984

「この河川敷は順次整備して行きます。しばらくの間ご迷惑をおかけします。」
誰が誰に迷惑を掛けているのだろう?宝塚土木事務所が河川管理をしているの?
そうです。ここはその境界のちょうど上。だからこれ迄長い間手が入れられなかったのだろう?そうだとしたら河川管理の実態もいい加減?そうは言えない?

Img_8985

Img_8986

Img_8987

Img_8990

それでもいくら何でもこれはアカンやろう?この場所で不法耕作が行われていた残骸が取壊されたまんま。荒れ地となり木々と雑草が生い茂る。それでもこの状態が放置されるのは予算が付かないから?

この数キロ先で大きな堤防改修工事が行われていた。その工事が終わってから?そんな表示は何処にも無い。今年大雨で川幅一杯の洪水になり災害が起きないと放置されるのだろう?それでも困る人は誰も居ない?

Img_8991

Img_8992

Img_8993

Img_8995

歩道が無くなる。この先通行禁止?違います。道路標識も何も無い。どういう事?親父は以前ここに来た時、立ちすくんでいた。「どうしょう?」進むしか無い。正面から来る車の切れ目を狙って走り抜ける?親知らず子知らずの現在版?ここの道路管理の責任者に聞いて見ると「管轄は県です」唖然としていた。それでどうしたの?右の狭い道を歩くと堤防?に出る。(実際は住宅地のコンクリートの下)

Img_9002

Img_9003

Img_9006

Img_9007

御心配なく。しっかりしたコンクリートの道を歩いている。ここは半世紀前は綺麗な水泳場でした。(当然親父は知らない)のんびりとした時が流れていた。それがここに堰が出来てすっかり景色が変わる?違う。堰は農業用水路。違う形であったのだろう?

Img_9013

Img_9015

Img_9017

これでこの川が淀川より綺麗な川でない事が分かるでしょう?南河内を流れる「恩地川」をドブ川と言って河川管理者から怒られた事があるが、確かにあの川とは比べ物にならない。それでもこの様は胸が張れるとは言えないだろう?川を汚さない取り組みは彼等には出来ないのだろう?彼等とは誰ですか?河川管理者です。そんな人は居ない?(ウソを付け)彼等はこんな現場を見た事も無いのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年早々の株価下落。関係無い?そうは行かないよ。おばかさん。

Img_8881

Img_8882

Img_8883

昨日散策の最後の締めにオバカな河川管理の工事再開?現場を見に行く。
親父の様な馬鹿でないとこんな現場を見て嘆く人はいない?
「どうしてだろう?」この現場は昨年の春この姿以上に綺麗になっていた。

それが昨年7月の大雨で一気に土砂で埋まる。その土砂も上流から流された分だけでなく、工事で左側に積み上げられていた土砂が逆流?してこの現場を埋めていた。その堆積土砂が今掘り上げられてこの姿に戻っている。「なんのこっちゃー」

「そう言うこっちゃー」しかもご丁寧に昨年の夏の大雨で流された正面下流の公園が懲りもしないでもう一度整備?されている。この右側の水路は近くのNPO法人がホタルを呼び戻す運動をしているので仕方が無いとしても、ここは川の中。その事が分からないのだろう?そうでは無い。いくら増水した川に流されても「川に親しむ公園は造る」銭金の問題ではない?お役所の感覚はそれが常識です。?

Img_8888

Img_8892

Img_8891

Img_8893

この工事は来月末完成するので水温む春、この場所では多くの家族連れで賑わう。ただその多くは近くの人出は無い。他所から来てバーベキューを楽しみゴミを放置する。そのゴミを自分達では綺麗に出来ない。

川の中に親水公園を造る国土交通省池田河川管理事務所園田出張所の責任者はそんな事はどうでも良い?その程度の事です。本当にこの川を大切にする人はいるのでしょうか?その人達の思いがこれから問われる。?

Img_8890

Img_8907

Img_8909

堤防の土手の上に綺麗な花が風に吹かれていた。本当に川を大切にすると言う事はこう言う事に違いない。川の水の流れを良くしてゴミを溜めない。堤防や河川敷には花が咲いて多くの人がゆったりと散策を楽しむ。馬鹿騒ぎでは無い静かな語らい。

それ位の余裕がどうして生まれないのだろうか?心が本当に寂しい。(エエカッコをすれば卑しい)そんな生き方に鉄槌が打ち落とされる。そんな事も考える事は無いのだろう?大相撲幕内力士「遠藤」人気に調子に乗っていると落ちるのも早いよ。

(余計なお世話です)そう余計なお世話。人の事より自分の生活です。その生活も今年は変えないといけないよ。今年は経済評論家にも慣れるかもしれない。(アホ)昨年末の経済評論家の経済と株価の見通しは既に外れている。これからもっと悪くなる。今年はも少し賢くならないとオバカな政治家と官僚達に引きずり回されるよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

遠藤。だっこちゃんじゃネエだろう。本業で「ごっつあん」だろう?

Img_8795

Img_8796

Img_8798

今日は少し肌寒いがそれでも北風小僧がまだ眠っている。去年は今頃、既に寒かった記憶があるが今年は暖冬?お間抜けな経済評論家だけでなく、経済界も政界にも景気の見通しに深刻な危機感が無いが厳しい現実に打ちのめされる事は本当に無いのだろうか?」白鷺が小魚を狙っている。

Img_8805

Img_8807

Img_8808

Img_8809

川の流れはすっかり薄くなっているが信じられない事に500m足らず上流には堰がある。この写真の中にもある可動堰。空気圧で耐水強化ゴムチュ−ブが膨らむと水を塞き止める。どうしてこれだけの水を塞き止めなければいけないのか良く分からないがその所為で川の水は本当に汚い。そしてその事を誰も知らない?どういう事?アホだと言う事だろう?

Img_8810

Img_8811

Img_8813

この川の何処が汚いの?川底が見えてきれい?猪名川の水は淀川とは比べ物にならない?(どういう事)猪名川の水は綺麗で淀川の水とは大違い。「あんな水が飲めるか
」そんなゴマカシの言葉を聞いた事がある。殆どの人が知らないが川を塞き止めるとこれだけの汚れが溜まる。堰が無くてもこの川の上流にも泳げる所は無い?

Img_8816

Img_8817

Img_8818

Img_8819

今は渇水期で川の流れも底が見えている?そう思うでしょう?ところがこの原因はこの上に堰があるから?その堰の本来の目的は「農業用水」?ところが現在はその目的の農業用地が住宅地に変わりその面影は無い?

(少しは残っているのでなくす事は出来ない)?その替わり上水道の取水口になっている?その水の確保の為?本当の事は関係者でないと良く分からない?その程度の河川管理しか出来ていない。信じられない事だがこれは事実です。

深刻な現場をお見せします。この現実を知らないと何も変わらない。今年度の景気見通しを銀行、証券会社、生命保険のエコノミストにいくら語らせても駄目だろう?その事を思い知らされる。?意味が分からない。余りにも川の流れも景気の流れも知らな過ぎる。

その事は明日の経済指標で思い知らされるだろう?それでも彼等は一時的と思うのだろう?デフレ脱却?何処のオバカが安い物より高い物を買うのだろう?親父は安くて自分が納得出来る物を買うけれど、流石に高い物はご褒美として買うしか出来ない。

Img_8821

Img_8822

Img_8826

この写真では良く分からないが(アップすれば分かるかな?写真を2回クリックすると画像はアップする)この堰で3m近い水の流れが塞き止められている。これだけ川下の水の流れが少なくなれば可動堰の高さが下げられて当然だがそうでは無い?もっと流れが少なくならないと堰は下がらない?そんなルールがあるのだろうか?

Img_8830

Img_8831

Img_8835

カラスのカーちゃんが嘆いている?猪名川の水が綺麗?飲めねーじゃねえか。
ところが一般市民はそうは思わない。この上の♨マークの様な建物(浄水場)で堰に溜められた水を浄化設備で綺麗にしている。関係無い?カーちゃんも杜に帰らないといけない?

Img_8828

Img_8829

Img_8834

堤防の上には綺麗な花壇がある。カラスのカーちゃんも場所を変えればきれいな水が飲める。だから河川管理には何の問題は無い。ただ言われる様に川の水はそのままでは飲めない。これはこの街だけの問題でなく日本全国の共通の問題。水質の管理はきちんと行っているのでカラスが飲んでも大丈夫です?本当にそれで良いのかな?

Img_8839

Img_8840

Img_8845

この川底を見れるのは川下の可動堰で川の流れが塞き止められないこの時期だけ。農業用水が必要になる春になるとここは何と数mの川底になる。この写真を見ると一見清流?(そうは見えない)確かに。川底は黒ずんでいる。それでも魚は住んでいる。その生命力に何時迄感嘆の声をあげる事が出来るのだろう?それは白鷺も感じている。

Img_8844

Img_8849_2

Img_8850

対岸の河川敷の堤防にこの川が満水時(川下の堰が立てられて時)の後が白く残っている。本堤防はその更に5m奥に更に5m高い。洪水の対策は万全。しかしこの時期に河川敷の堤防間近はこの様を晒している。本流の流れに取り残された水溜まりはもう暫くすると完全に干上がる。それが川の浄化に繋がる?そんな事は無い。

Img_8860

Img_8863

Img_8864

Img_8868

初めてこの光景を見た時、役目を終えた可動堰と思っていた。ところがこの堰は春になると立ち上がる。そしてここには3mの水が塞き止められ、その一部は限られた農業用水として利用される。水利権は確立している。都市部の農業用地はどんどん少なくなって専業農家は限られても農繁期の水は確保しなければならない。

これは理屈でないが他の方法が求められても変えられないのだろう?川を綺麗にすると言う事はそれ程に難しい?それも違う気がする。これだけ川が汚れるとそんな事も言えなくなるだろう?農家の水はもっと違う方法で確保すれば良い?例えば?農業用水もタダではなくなる?(無理だな)だろうな。

Img_8869

Img_8874

Img_8877

Img_8880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方創生?介護離職0?1億総活躍社会?政治家がマヌケでは無い?

Img_8748

Img_8751

Img_8752

昨日の猪名川。昨年7月の大雨で冠水して崩された親水公園?が再び整備されている。この工事が無駄だと言う事は今年もう一度大雨が降れば証明される。それ位の事が分からないのだろうか?そうでは無い。その時はその時。想定外の自然の猛威?てな事を言いながら再び税金を使う?それが洪水対策の河川管理?何時迄こんなオバカな事を続けさせるのだろう。

Img_8754

Img_8755

Img_8792

六甲の山並みの向こうに陽が沈むと一気に暗くなる。それでももう少し歩く。この先の左の河川敷のグラウンド。そこには昨年の夏、背丈程に伸びた草を抜いた花壇がある。1つは寄付されたもの。もう一つは行政が造ったもの。愕然としていた。

何でそうなったのか?行政のお役所仕事は言う迄もなく一般庶民の無関心?それよりもこの素晴らしい運動公園が、大雨の度に冠水してその度に多額の税金が使われている事すら知らないのだろう?そんな事はどうでも良い?そうかもしれない。

しかしそんな税金が払えなくなる人が多くなったらどうするのだろう?そんな心配は無い?そんな事は誰にも言えない。この国も地方も信じられない程の債務を抱えている。それでもそれを上回る債権がある。この国の債務は自国の債権で充分カバー出来る?

この考えは間違いです。その事も知らないジジババ、おっちゃん、オバチャン達は自分達の老後は誰が支えてくれると思っているのだろう?介護離職0?この厳しい現実でこんな言葉を口に出来る総理大臣。いくら自分は関係無いと言ってもそれでは余りに無責任。ところが信じられない事にそんな現実を殆どが知らない?

知っている?嘘をつけ。介護の心配が無い公的有料老人介護ホームの入居待機者が全国で50万人(実際はこの倍とも3倍とも言われている)この問題を解決出来る術は無い。この問題は政府に任せるのではなく、地域の自治体と一般庶民が知恵を出し合わないと行けない。そんな地域が何処にあるのだろうか?それすら知らない。

都市の人々はこれから迫り来る厳しい高齢化と介護地獄をまだ殆ど知らない。間抜けなマスコミで日常的に報道される悲惨な介護の実態。ところがそんな殺人事件も他人事の様に思われている。殆ど知られていないが半端な蓄えでは「有料老人ホーム」には入れない。

今、自分達が住んでいる街でどれだけのお金を用意すれば間違いなく介護してもらえるのか調べて見なはれ。とてもそんなお金は準備出来ない。その備えは唯一つ。そうならない様な健康管理。ところが残念ながらその確実な対策を取れる人は限られている。殆どの人が介護難民予備軍。

それでも何気なく生きて行けるこの現実。何たる福祉政策だろう?それでも自民党、公明党、共産党。その他の野党共闘?そんな時代では無い事を何時思い知るのだろう?それは当事者になってから?その時では遅い。お金のある人はそれなりに?そうでない人は健康管理?それでも予期しない出来事には為す術が無い。その事を思い知らないといけない。(1億総活躍社会?)どんな顔をしてそんな事が言えるのかい?

Img_8790

Img_8793

Img_8794

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

昨年ぼやいた猪名川。今年はどうかな。お些末な河川管理?次第?

Img_8736

Img_8737

Img_8738

Img_8739

昨年3月に完成し7月の大雨で完全に埋まった堰(河川管理の専門用語では床固め)が見事に復活していた。その原因は左の川しもの川底が掘り下げられていた。しかし今年の夏、又大雨が降ったら元の木阿弥?そうはならないのだろうか?河川管理者に聞いても分からないだろう?

Img_8741
Img_8743

Img_8744

この川底掘削の工事が終わるのは来月末。その時迄に何度見れるか分から無いがこうした工事が何時迄続くのだろう?基本的には河川内に余計な構造物を造らない。河川内の堆積土砂は速やかに取り除くのが原則だと思うが、そうでは無いのかも知れない。

Img_8761
Img_8762
Img_8763

Img_8765
Img_8766
Img_8767

Img_8768

Img_8769

Img_8770

「川底を掘り下げて水害に強い川にする」是非。しかしこの看板のお題目は正確では無い。この川はこの外に高い堤防が築かれ既に水害の心配は全く無い。問題と言えばこの河川内のグラウンドが大雨の為に冠水して復旧工事をしなければならない事。
その為の工事でない事だけは間違いない?おかしくないのかい?誰もそんな疑問を問い掛ける事は無い?そんな事はないだろう?そんな問い掛けはそろそろ終わりです。

Img_8772

Img_8774

Img_8780

Img_8781

昨年の夏草まみれになっていた2つの花壇が少しはマシになっていた?(全然)
その原因はお役所仕事。花壇は造っても寄付をされてもそのの管理は丸投げ。その結果は河川敷の花壇では無くなっていた。近くでは子供達がサッカーで汗を流しその親達が応援に来ても見向きもされない花壇。(草ぼうぼうの荒れ地)になっていた。

それでもクレームをつけられてもここ迄しか出来ない感覚。今年の春はどんな花を咲かせるのだろう?期待はしていないけれど。その程度だろう。何もぼやく事は無い。今年はブックマークに「原油価格」を追加にしました。今年の景気指標。注目しなはれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は昨日の続き。滅び行く里山?どっこい。生き延びていた。

Img_8650

Img_8651

Img_8652

Img_8653

街中近くの里山?大阪北摂地域でも少ない自然環境。この素晴らしい環境もその恩恵を受ける人は多くない。医者通いをする人は多くてもこの山に通う人は親父ぐらいかもしれない?(アホ)これからの高齢者だけでなく若者達でも「歩けない人」は少なく無い。

80、90のジジババが車を運転しなければ日常生活が出来ない?そんな時代になっても足腰が悪ければ「どんこん」(どうにもこうにも)出来ない。余計なお世話?確かに。それでもアクセルとブレーキの踏み間違いしか出来ないドライバー?他人事ではおまへん?

自動運転?自動車メーカーの社会的責任が問われる?(問われた事はありません)笑い事では済まなくなるだろう?アクセルとブレーキの踏み間違いを起こさない車の改善も出来無くて自動運転は無いだろう?それ位の事が問われないのだろうか?

Img_8654

Img_8655

Img_8657

最初の登りはきつい。しかしこの登りは長くは無い。この登りを越えるとこの先は信じられない里山風景が広がる。しかもバランスを失うと笑い話では済まない。ただイチコロとは行かない。気持の良い道も体調を考えながら歩く事が出来る。(休憩ポイントは3カ所にある)昨日は全てで休憩。メタボな体は正直です。

Img_8661

Img_8663

急な登りをジグザグに整備されている道を歩けるが、この道を整備してくれたボランティアの人も最近はくたびれたのだろうか?整備されていた道も荒れて来ている。体重を山側に掛けながら歩かないとふらつくと下迄落ちて行く。苦笑いをしていた。

Img_8665
Img_8666

Img_8667

Img_8668

Img_8670

昨年は小雪が舞ってこの道もうっすらと白くなっていたかもしれない?昨年は少し離れた中山の尾根を歩いていた。嬉々として雪道を歩いていたのは一時で尾根に出ると強風に右の頬を叩かれて涙を流していた。それに比べると今年のこの暖かさは何とした事だろう?

吉兆の予感?そろそろ倍返しをしないといけない?それにしても政治と官僚達の景気見通し。経済界とエコノミストの景気楽観論。叩きのめさなければ分からんのだろう?それとも日銀の金融緩和で復活?彼等は経済の本質をどれだけ理解しているのだろう?何時迄も金融政策で経済成長を期待出来ると考えるのだろうか?いずれ思い知る。

Img_8671

Img_8675

Img_8676

10年以上も前の土方仕事で見た北陸敦賀、島根木次、兵庫温泉町の雪景色を思い出す。夜間の寒さは半端では無かったが、同じ季節とは到底思えない。北国でも同じだろう?全国放送の公共放送でも民放でも殆ど伝える事のないローカルニュース。日本の地方の活性化を尤もらしく語る前に、その厳しい現実を知らなければならない。

政治家もマスコミ関係者もそれ位の事が分からないのだろうか?殆どの人が知らない地域活性化の税金の使われ方。一時は次期総理と期待された担当大臣も全くの期待外れ?関西の担当部署で関西の取り組みを聞いて見なはれ。そんな報道は全く無い。

Img_8677

Img_8679

Img_8683

そろそろ登り詰める。ここは大きな松が松食い虫にやられて切り倒されている。以前はうっそうとしていたが里山保全のボランティア活動で明るくなっている。しかし、どれだけの人が関わりを持ち、どれだけの影響を廻りに与えているのだろう?本当は大事な事が蔑ろにされている?意味が分かる人は少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 9日 (土)

昨年は冬山。今年は里山。人生もそうありたい。

と行きたいけれど人生そんなに甘くない?(かもしれない)

Img_8607

Img_8608

Img_8610

関西は春です。春?まだまだ早い。近くのスキー場は雪不足で大変だと言うのに。いい加減にしなさい。(ごめんなさい)本当に今年はどんな年になるのだろう?オバカなマスコミはそんな事を何も伝えないけれど、このままではどんこん(どうにもこうにも)なりません?(と言われても)御心配なく。余計な事を考えないで自分の事を考えて下さい。(かもしれない)

Img_8611

Img_8612

Img_8613

城跡公園も冬景色?うんにゃ(いいえ)春景色?(小春日和と言いなさい)
腰を下ろす事無くひと廻りして目的のコースに向かう。体調が良くないとここで引き返す事も少なく無かったが、ここからが親父の隠れ家に向かうコース。こんな贅沢も今年どれ位感じる事が出来るのだろうか?(元気があれば何度でも)確かに。

Img_8614

Img_8615

Img_8617

Img_8618

山麓の緑のガーデン到着。イヤホーンでジャズを聴きながら思い切り背伸びをしながら枯れた芝生の上を歩いていた。掛川の親父を慰めてくれた芝生には一杯砂を入れて踏み固めたが、今年はどんな芝生が見れるのだろう?

アメリカジョージア、オーガスタ、マスーズゴルフは今年もテレビ観戦になるだろうが、その時は今年も5月になっている?今年の春は素晴らしい武田尾の笹部新太郎演習林の山桜が見れるに違いない。

Img_8619

Img_8620

Img_8621

Img_8623

Img_8624

Img_8622

近くでカップルの話し声が聞こえるが無風、晴天。耳障りな歓声もイヤホーンの音楽がかき消してくれる。最近電車の中では手放せないこのIpod(音楽プレヤー)も手放せない。昨年末の電車のトラブルもこれからは日常茶飯事。それでも人に偉そうに意見するのは止めた方が良い?

見猿、聞か猿、言わ猿。本当の意味は理解されていないけれど、そんな事もどうでも良い?眼と耳と口を慎み禍を避ける?そんな生き方でどんな世の中を渡るのだろうか?人の意見も聞けない人に総理大臣が務まると思いますか?

日光東照宮の三猿はそんな事は教えていない?悪い事をしっかりと見つめて聞いて口にしなさい?そんな教え方をしていれば家康の評価も変わるに違いない。江戸時代は素晴らしかったと言う歴史人も少なく無いが、時代劇が最近全く見向きもされない事がその事を証明している。

「士農工商」の身分制度の定着はそれ程素晴らしかったのだろうか?そんなオバカな考えが今でも変わらない?何たる無様な姿だろう?今年はその事も問われる。徳川家康の知略、計略にまんまと引っ掛かった間抜けな妾。その間抜けな豊臣の為に戦った真田幸村?その大河ドラマが明日から始まる。

どれだけのジジババが尤もらしい戦国ドラマを見るのだろう?もっと深刻なドラマを造れない公共放送?その思惑が外れる事は無いのだろうか?人気者を揃えれば視聴率が稼げる?浅はかな思惑は見事に外れるに違いない。

ジジババ達もしっかりとした生き方をしないと老後地獄が待っている。介護の実態はそれ程に厳しい?介護離職「0」。どんな面をしてそんな事が言えるのだろう?政治家はもっと自分達の言葉だけでなく現実を直視しなければならない。(無理だな)

他にまともな政治家が居ない?何時迄も天にツバしているとロクな生き方しか出来ない?(余計なお世話です)確かに。人の事より自分の事を考えなはれ。おっしゃる通り。そんな事は全く考えないで今の自分の体力を見て来ました。

Img_8625

Img_8631

Img_8637
緑のガーデンは優しく静かな時が流れていました。3月の様な景色だが芝枯れの庭はその事を思い知らせて呉れる。庭が緑に変る時、春がやって来る。春が来る前にやるべき事を考えていない。昨年もそうだったが冬の厳しさは一時。その時を乗り越えればどんな景色が見れるのだろうか?

今年は暖冬の予想だが人々の生活は豊かになるのだろうか?なる訳が無い。この国の経済体質は強い?その予想は競馬の予想に似ている?そんな言葉を口にするエコノミストは居ない?どうしてだろう?それはこの国の国民性かも知れない?案ずる事は無い。これからも何も変わらないのかもしれない。

Img_8638

Img_8639

Img_8641

これから歩くコースは「親父の隠れ家」コース。正確には「炭焼き小屋コース」。
この道を歩く人は殆ど居ない。理由は殆どの人が知らない。この里山には多くのハイキングコースがあるが、その全てを難なく歩ける人は少ない。信じられない事だがそれだけ余裕が無い人が多いのだろう?余裕とはそう言うことを言うのだろうか?

Img_8642

Img_8643

Img_8644

この辺り道の左側、山裾は落ち葉で一杯になっていたが綺麗に右の谷にかきおとされている。この先で谷に降りる。谷は水が枯れていた。この山がこの街の上水道の一翼を担っているがその大部分は「猪名川」。その川の大切さは殆ど知らない。

Img_8645

Img_8648

Img_8649

見えて来ました炭焼き小屋。親父の終の住処はもっと良いもの?これから元気である限り人里離れた山里で暮らして行く事が出来る。しかし体が丈夫でないとそんな生活も出来ない。最近の年寄りはそんな生活は出来まいと思っていたがそれも間違い。信じられない程の人が都会を離れた田舎で「桃源郷」の様な生活をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西は久々の晴天。それにしてもこのオバカな経済の舵取りの船頭は誰だ。

関西は久々の晴天。今日はお出掛け無し。近くの親父のトレーニング。山登り。
400m足らずの山だけれど歩くと息が切れる。元気な若者には物足りないが親父達には丁度良い。その時の体調とメタボな状態に合わせて幾つかのコースがある。

今日は年末から正月休みの不摂生で体重がリバウンドしているので、少しきつめのコース。それでものったりと(のっそりとゆったりと)歩くので余り効果無し?それでも充分です。この歳になると高い金を出して生島(いくしま)の様な体になる事は無い?(貧乏人の痩せ我慢)?そうかもしれない?

それでもどう見てもあの体?マヌケでしょう?そうは思わない人も多いのかもしれない。人間は自分の行動に否定的になったら終りかも?それも違う。昨年迄見向きもされなかった生き方が今年は大きく変わる?(そう考えているのは自分だけだろう?)

かもしれない。しかし昨日、思いがけなく京都長楽寺でお墨付きを頂きました。今年は何と言われても自分の信念を行動に移さないと行けない。(支持されないと駄目だな)そんな気持も全く無い。一遍上人の壮絶な生き方(破滅的な生き方)は出来ないがせめて今年は藤沢の遊行寺には辿り着かないといけない?

(出来るかな?)それは分からない。(無理だな)そうかな?オウムは犯罪行為で叩き潰されたが現在人の生き方が否定される時は何時の世も変わらない。軍国主義日本がアメリカの無差別じゅうたん爆撃でこの多くの都市が焼け野が原になったのが70年前。その時代を知らない世代がどんなに尤もらしい言葉を口にしてもこの国を守る事は出来ない。

その証拠が現在のアメリカ。難しい事は分からないと言わないで難しい事を理解しょうと努力しないといけない。アメリカは今、スタインベックの「怒りの葡萄」の終りが間違いだった事を証明しょうとしている。移民国家が移民を排除する?そんな事が出来ると思っているのだろうか?

銃の悲劇を無くす?西部劇の国にそんな事が出来る訳が無い?アメリカの経済成長はまだまだ続く?そんな経済理論は一度も証明されていない?その程度の事も関係無いととぼけているのだろう?今年は第三次オイルショックで国の経済の舵取りが問われる。日本経済のファンタメンタルズは悪くないからその心配は無い?

経済の基礎的条件も消費の低迷で失速しても「この国の経済は回復基調」?そんな政府が支持される?そんな国民も自分達の考えを見直さないとトンデモナイ未来を迎えるしか無いのだろう?この国は自由で民主主義国家?トンデモありません。大学でどんなにペーパーテストで優秀だったとしても、これからの経済は全く違う。

その事を官僚達が思い知るのは何時の事でしょう?私達は余りに馬鹿でした。自分達が一生懸命働けば政治家や官僚達がその期待に答えて呉れる。そう考えていました。ところが現実はどうでしょう。マスコミは尤もらしく社会の不条理を口にするけれどその当事者が政治家の意向に反する記事も書けない?そんな時代になってもオチャラケのお笑いで「難しい事は分からない」何たる事でしょう。

それでも人の事はどうでも良い。歴史を学べばこの国は政治的には美しい国でもなんでもない。美しいと叫んでいる人はこの国の醜い権力者の覇権争いを何も知らない。知っていても知らない振りをしているだけだろう?多くの貧しい人達がどんな思いをしながら来世に期待をしたのだろう?その来世を生きている私達がこんな生き方をしていると知っても何の導きも出来ないのだろうか?そんな事はあるまい。

そんな事を考えなから近くの山を歩く?ウンニャ(いいえ)冬枯れの山はそんな寂しい事は何も語る事無くメタボの親父の歩木を見ている事でしょう。今日は風も無く絶好の散策日和。何も考えないでゆったりと心と体をリラックスさせる。何たる贅沢な事でしょう?その恩返しは必ずしないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都長楽寺二日がかりでやっと念願が適う。副住職ともお話しが出来ました。

Img_8562

Img_8563

Img_8564

Img_8565

昨日に続いて四条大橋を渡り東山山麓の「長楽寺」に向かっていた。この時4時前。
昨日はお休みだったが今日は拝観時間のタイムリミットが気になっていた。終りの時間が4時ならば今日もアウト。とにかく急がなければならなかったが急いで間に合う時間では無かった。

Img_8568

Img_8569

Img_8570

八坂神社の境内を抜け円山公園を抜け辿り着いた「長楽寺」拝観時間は5時迄だった。到着したのが4時を過ぎていたので今日も駄目かと覚悟をしていたので思わずニンマリ。入り口の甘味処も営業中だった。ここはデートコースに入れて下さい。

Img_8571

Img_8573

Img_8575
客殿「双龍舞閣」先代の住職には独身の頃、お目にかかっているが優しい気さくな人だった。この看板の文字もその人柄が良く出ている。今日は念願の金の草鞋のお守りも手に出来たし、副住職と話が出来たし一遍上人木造を眼にする事が出来たし最高でした。副住職も立派な人でした。親父さんと先代の遺伝子を良く引き継いでいました。親父も今年はしっかりと「一遍上人」の生き方を学びます。

一遍上人の木造はこのお寺の収蔵庫で大切に保管されていますが全て重要文化財。一見の価値があります。ただ長楽寺と一遍上人の接点は無い。このお寺さんは最澄(伝教大師)が延暦24年(西暦805年)桓武天皇の勅命に依り建立。自作の観世音菩薩を本尊としている。御本尊は天皇即位の時のみ御開帳される秘仏の観音様。

初めは比叡山の別院だったが室町時代の初期、当時の名僧国阿上人に譲られ時宗に改まる。その後明治39年、時宗の総本山格名刹七条道場「金光寺」と合併。その時「遊行上人像七体」が収蔵されている。(長楽寺パンフレットより)ホームページもあります。参道入り口の甘味処は「紅葉庵」長楽寺宿坊は「遊行庵」こちらも宿泊料、サービスを確認出来ます。親父は知りませんでした。流石です。

Img_8576

Img_8579

Img_8581

御本尊は秘仏で天皇即位の時で無いと見れないので前立ち観音様。最澄が平安京の安泰を祈念して「観世音菩薩」を本尊として自身で造られている。その為長い間歴代天皇の帰依が深い。ただ悲劇も残されている。平家滅亡の時、入水して源氏に助けられた建礼門院がこの寺で出家され、大原寂光院で一生を終えている。悲しい歴史を知る人も少ない。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 8日 (金)

日経平均株価上昇?このギャンブル相場?関係無いけど?

Img_8531

Img_8532

Img_8534
昨日の知恩院。知恩院の案内看板を見て南門を潜る。円山公園から少し歩くだけ。
しかし、初めて歩いた時はこの場所が分からなかった。知恩院は法然上人が比叡山を下りて京都東山で布教活動を始めた拠点と言われているが、この壮大な敷地にこれだけの門構えが出来たのはそんなに古い話では無い。その事をもう少し学ばなければならない?
Img_8535

Img_8536

Img_8538

Img_8542

Img_8543

昨日は知恩院も休業日。法然上人も驚いている?信じられない事に京都だけで無く大阪、奈良、神戸、和歌山、関西だけでなく全国各地の寺院、仏閣はその多くが観光寺院、仏閣になっている。その現実はこれからも続けられると誰もが思っているのだろう?長楽寺と同様には参拝出来ずに引き返す。それでも素晴らしい大木を見る事が出来る。

Img_8545
Img_8546

Img_8547

Img_8548

京都の四条通り鴨川から西の歩道は広くなっていた。四条烏丸通り迄歩く。京都観光に大きく影響するこの政策は殆ど知られていない。マスコミの反応はお粗末と言う他に言葉が無い。歩行者には便利になったとか言われているが、そんな事は全く無い。

Img_8549

Img_8550

Img_8551

歩道の幅が一定でない。タクシー乗り場。荷捌き貨物の停車場所。その他多くの制約がありそれもやむを得ないのかも知れない。しかし、折角広げた歩道の中に何故か大きなボックスがある。オバカにも三角コーンが置かれている。

これだけの工事をしても車の通行規制?は何も無い?(あるのだろうか?)その説明と案内は何処にも無かった?(バス停に案内人はいるが、どうして通行エリアのガイド、整理は日常的に行われないのだろう?)いずれ車の通行規制が叫ばれる。

そんな認識は行政にも住民にも無いのだろう?当然マスコミの報道は何も無い?春の京都観光は見直しが求められる。親父は関係無いが京都の観光ガイドも商売になるかもしれない?(そう考えますか)外人観光客の取り込みを考えている行政、経済界、観光業界、寺院、仏閣が考えている事はそれ以下に違いない?

Img_8553

Img_8554

Img_8555

結婚前に住んでいた下宿の近くの食堂に、当時夕食の何よりの楽しみだった「肉鍋」を食いに行く。これも京都観光の定番。これは親父からの情報ですが京都も市電が廃止されて地下鉄が南北に1本、東西に1本走っています。個人的な京都観光にはこの市電を上手に使って下さい。

しかし南北は京都駅から北大路迄。終点迄行くとバスの乗り換えが不便になる。そこからのアクセスは全く取られていない。(ではどうするの?)親父は歩くけれどガイドはタクシーを利用するしかない)京都の本当の自然を満喫出来るのはこの先です。

Img_8556

Img_8559

京都の地下鉄烏丸線は四条通りを阪急京都線が地下を走って居るので、その更に下を抜けている。その為地下鉄の乗り場が深い。当然高齢者や足腰が不自由な人には地獄の1丁目1番地となる。こんな京都の実態は殆ど知られていない。

バスもバリアフリーで空いている車は殆ど無い。ではどうしているの?タクシーの利用しかない?それとも京都にはお年寄りも足腰の不自由な人は居ない?(そんな事は無い)その人達はどうしているのだろうか?そんな案内は何処にも無い。

地下鉄のホームにはエレベータ−が1っ個所だけある。しかしそこは地上では無い。改札口。そこも1っ個所。ホームから改札口迄四条烏丸駅にはエスカレーターがあったがそれも1っ個所。ラッシュを過ぎても行列が出来ていた。

改札口もエスカレーターも当然、駅の前、中、後に三個所だろう。それがバリアフリーの社会を目指す行政として当然の取り組みに違いない?最後にお見せする階段を見上げながら溜め息を吐いていた。京都はこんなひどい街になっている?

Img_8557_2

Img_8558

Img_8561

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の京都。長楽寺はお休みでした。目的のお守り手に出来ず。一遍上人に合う事出来ず。

Img_8485

Img_8486

Img_8488

久々の南座。久々の鴨川。京都も暖かかった。この時期の京都の印象は「寒い」
しかし四条大橋から見える風景はキリッと締まった京都の年明けの景色では無かった。平日の3時過ぎだと言うのに人通りは少なく無い。この様子だと今週末の3連休も大勢の人出となるのだろう?うんざりとしないのだろうか?しません。京都は観光地ですから?

Img_8489

Img_8494

Img_8495

八坂神社の中も参拝客が多いが目的地があるので先を急ぐ。でもこの絵馬と戎大黒さんはきっちり確保。今年は目出たい目出たいとどれだけニンマリ出来るのだろうか?今年はしっかりと多くの本を読んで「あやかりたい」「あやかりたい」そろそろそうありたい。しかし目的の長楽寺。木曜は定休日。嘘でしょう?本当でした。

Img_8497

Img_8500

Img_8496

それでも新婚の春。お花見をした枝垂桜の場所を探し当てる事が出来ました。円山公園の外にある大きな枝垂桜。ここだと思い込んでいたら違っていました。それも偶然発見。あの時は会社の後輩が偶々カメラマンをしていて「思い出の一枚」その写真も何処かにしまい込んでいる。見たいとも思わない。それも当然かも?

Img_8501

Img_8502

Img_8503

Img_8504

坂本龍馬と中岡慎太郎の像がある所。ここにも立派な枝垂桜がある。坂本龍馬も中岡慎太郎も新政府樹立を見る事無く新政府の手先に暗殺される?明治維新の新政府を批判する人は少なく無いが、この二人の偉大な日本の歴史を変えた人物はテロリストに暗殺されている。明治維新を尤もらしく宣伝する人もその程度の人達です。

Img_8505

Img_8506

Img_8507

Img_8508

Img_8509

Img_8510

長楽寺到着です。円山公園を抜けると石段を登ると車道がありその道を少し右。
その奥を行くとこの山門に突き当たる。ところが木曜日お休み。拝観は出来ない。ここで足のお守りを頂いているので出直さないと行けない。

この境内に一遍上人の仏像がある。一遍上人の事はネットで検索すると詳しく分かる。この様な壮絶な生き方は現在でも過去でも恐らく未来でも出来る人は居ないと思われる。享年51。死因は過酷な遊行に因る過労と栄養失調と言われているが当時の寿命に違いない。

Img_8511

Img_8513

Img_8512
長楽寺の横の東大谷寺に立ち寄る。今迄知らなかったがここには親鸞上人のお墓がある。門徒の墓もあり春と秋のお彼岸とお盆のお参りはテレビのニュ−スにもなる。この境内の多くも以前は長楽寺の敷地だったと言われている。その長楽寺の関わりは独身の頃から。当時の住職は無くなっているがこの境内の思い出は尽きない。

Img_8517

Img_8518

Img_8520
境内を一周して山門を振り返ると夕日は木の葉が影になり親父を見送ってくれる。
ありがとうございます。今日は感謝の言葉も言えませんでしたが、今年はしっかり自分の行き先を見定めて又、報告に来ます。

まだまだ自分の行き先も分かりませんが、最近やっと「他力本願」の意味が分かりました。ただまだまだ「自力」を信じる愚かで浅はかな考えは変わりません。もう少しお守り下さい。しっかり知識を検証して報告に来ます。そうつぶやいていた。

法然、親鸞、一遍の教えはそれぞれその布教活動は違う。ただ現世の救いは求めていない。親父を今でも気に掛けてくれる現役時代の先輩は、親父が新婚の頃から信じる宗教は決まっていたが親父はそうではなかった。親父だけでなく殆どの人達がそうだった。

今でも初詣、お盆、正月の墓参りはしても罰当たりな生き方を多くの人がしている。それだ普通だろう。その普通の生活にそろそろ決着をつけないと、一般ピープルは心豊かに生きる事は出来ない?(そんな事はネエだろう?)そう考えている。

Img_8521

Img_8522

Img_8523

夫婦とは何でしょうか?生きるとはどういう事でしょうか?半世紀ぶりの景色を見ながら何を考えていたのでしょうか?(なんにも)何にも考えないで新婚の時を思い出していた。残りの人生はその半分も無い?それでも坂本龍馬や中岡慎太郎が生きた人生より遥かに生きている。

彼等は剣道の達人だったがそれでも更に上がいた。剣の道を外れた極道。それでも当時の新政府はその始末もつけては居ない。尤もらしく語られる明治維新。何がどう変ったのだろう?それはペーパーテストの成績だけで世の中を変えられると言う事?そんな馬鹿な事は無い。

無能な武士の世の中が官僚の時代に変わっただけでリーダーの資質等どうでも良いのだろう?そんな事もこれから思い知らされる。覚悟して掛かれ。それにしても宗教の本質は何処に行ったのだろう?何時迄も絶えない争いと偽善。現世ではそれ程に為す術が無いと言う事だろうか?そんな事はあるまい。その証明をしないといけない。

Img_8526

Img_8524
Img_8529

Img_8530

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 6日 (水)

足のお守りをもらいに行きました。素晴らしい景色を見ました。

Img_8457

Img_8458

Img_8461

今年もしっかり歩かないといけない。お陰様で昨年は一杯歩く事が出来ました。歩けると言う事は本当に嬉しい事です。その価値の大きさを現在人は正確に認識出来ないのはその代わりに車が自分の足になると勘違いしているのだろう?

Img_8463

Img_8464

Img_8465

服部天神様には菅原道真様も立ち寄っている。権力闘争に負け京の都から九州太宰府に追放される途中、今みたいに新幹線がある訳ではなく山陽本線がある訳でもなく、歩いて九州迄行かなければならなかった?これもウソっぽいが大阪には梅田の「お初天神」と豊中の「服部天神」に立ち寄っている。

京都から西国街道を歩くとここ迄2日ではしんどかったと思うが、その道を失意の思いで歩いたのだろうか?それは無い?権力闘争に負けたとは言え京の都の有力者、駕篭ぐらいには乗れたでしょう?そう考えるとこのお宮で体調を整えながら九州迄の長旅を覚悟したに違いない。当時の九州太宰府はどれほど田舎だったのだろう?

その太宰府で惨めな生活を強いた都の権力者の栄華も長くは続かない。朝廷、公家、藤原の生活もその後、源氏に因って叩き潰される。その源氏も北条、足利に因って叩き潰され最後は京の都が焼け野が原になる。(応仁の乱)

その時代はどれ位続いたのか中学の歴史で学んでいるが親父も知らない。現在人の生き方もその程度だろう?尤もらしい事を言いながら、今を知らないとこの国は間違いなく滅びるに違いない?問題はその時を知る人は全く居ない事だろう。

(応仁の争いも最初は些細な跡目争い。その争いが大きくなり当時の2大勢力が11年間放火と略奪を繰り返し、朝廷、公家、為政者の権力は地に落ちる。それでも争いは止めなかった。何とか争いが治まったのは当事者のジジイ達が死んでから。朝廷も日々の生活が出来ずに乞食同然の生活をする。そんな歴史を殆ど知らない)

Img_8466

Img_8468

Img_8469

Img_8470

となり駅「庄内」駅前の通りの真ん中に鉄柱が並んでいる。異様に感じる人も居るが親父は以前の放置自転車の景色を知っているから、別の意味で圧倒されていた。ただそれだけではなかった。置き場所が別の場所に用意されていた。それだけでなかった。監視人がいる。しばらく見とれていたが声を掛けられる

Img_8471

Img_8478

Img_8473

親父が最初に住んだ街はすっかり変わっていました。この街に住んだのは20になる迄。その時はこんなに綺麗な街並ではなかったけれど、立ち止まってベストアングルを探していると色んな人が通り過ぎる。しかし親父の目つきに素知らぬ顔をしている。

Img_8480

Img_8481

Img_8483

それでも1台も停められていない。その写真を撮っていると監視員の叔父さんに声を掛けられる。最初は日常会話。親父も駐車場の誘導をした事があるので言う事を聞かないオッサン、おばちゃん、アンちゃん、多くの非常識の対応を聞いて見る。

一番大事な事は「監視員では無い事を理解してもらう」ゴミ拾い。(煙草の吸い殻。空き缶。ティシュ)人は素知らぬ顔をしているが、見て見ぬ振りをしているが、しっかりと見ている。放置自転車の監視をしているのでは無い。私達が監視されている。素晴らしい言葉を聞く。

それでも一台でも自転車を置かれると一気に自転車が置かれる。それだけに眼が離せない。親父さんは淡々としながら話をしてくれた。1人で仕事をしていたが総勢7人で交代で仕事をしていた。一日の仕事の時間は4時間。週に4日の仕事と言われていた。親父の街でも同じ様な放置自転車の管理をしているが実態は全く違う。

Img_8484

Img_8476

Img_8475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の景気見通し。財界人の経営者の判断はおかしくないか?

Img_8443
Img_8444
Img_8445
Img_8446

今年は田舎の風景も見飽きた?ので大阪駅前の風景。(これは嘘です)
今日の目的地は「さっちゃん先生」だったが、大阪駅前に着いたのは3時45分。
目的地の木津川渡船場は大阪駅から電車、バスを順調に乗り継いで1時間弱はかかるので諦める。西成の風景はすっかり変わっているけれど、深刻な貧困、生活保護、街の活性化は何も進まず貧困ビジネスを行政と警察は何も変える事が出来ない?

Img_8447

Img_8448

Img_8453

大阪は間違いなく大きく変わっています。そしてその多くを殆ど知らない。昨年は近くの田舎をしっかり歩きましたが出来た事は健康が保てただけ。しかしそれはそれで大きな収穫でした。ただ多くの人と話をしても意外に「地方は豊か」でした。

実際は深刻な高齢化と過疎が進行しているのだけれど、肝心のマスコミがそんな事は全く問題にしていない。そんな状況でも誰もが願う事。それが地方の活性化でした。過去形で話をするのではなく未来形、出来れば現在進行形で地域を変えないといけない事は誰も理解せず地道な活動は殆どありませんでした。

これは本当にショックでした。それでも今年はその進め方を見直して新しい取り組みが必要だと感じています。その為には大阪駅前を見る。大阪駅前は間違いなく変わります。その時、どれだけの人がこの街の素晴らしさを実感出来るのでしょう?そんな事もどうでも良い事なのでしょう?

大阪は東京同様外人観光客で溢れても大阪人は何も自慢が出来ない?そんな情けない街造りしか出来なくてもどうでも良い?そんな事は無いでしょう?ひょっとするとそんな事もどうでも良いのかもしれない?そうなったら本当に山の中で生きて行けるのだろうか?御心配なく。その時は閻魔大王がお迎えに来る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

「もはやデフレでは無い」「1億総活躍社会」何処かで聞いた気がする?

昨日から国会が開会。多くの政治的、経済的課題が議論されるがそれも関係無い?
今年は北日本を除いて春の様な天気が続いているがそれも今週一杯?来週からは寒くなる?それも関係無いと思われているのだろう?多くの事が自分とは全く関係無い所で動いている。それでもそんな現実が大きく変わる?そんな事も関係無いと思われているのだろう?

どうしてこんな生き方をしているのか良く考えて見ると、そんな事を考えて見た所で何の役にも立たない。何の解決策にもならない。自分が積極的に関わらなくても多くの事は成る様にしか成らない?その程度に考えているのだろう?確かにそうかもしれない?その是非を問われてても如何ともし難い?それでも人間の生きる証は何なのだろう?長い間考えていた事にそろそろ決着をつけないといけない。

今年は申年。親父も6回目の年男になりました。気持的にも外観も同世代とは全く違うと自負していましたが鏡に写る姿は全く無様。どんなに威勢の良い言葉を口にしても、若いものには負けないと思ってみた処で所詮年には勝てない?

アメリカの詩人「サミュエルソン」の言葉を今は亡き会長に教えてもらいましたが、その言葉とは裏腹に人間は年相応の生き方をしないといけない。その事を痛感します。「年たけて又越ゆベきと思いきや命なりけり小夜の中山」この大好きな西行法師の言葉も身の丈に合った生き方をしないと無理なのかも知れない。そう感じる様になりました。

それにしても安倍総理の言葉を聞きながら感じる事は、この国の指導的立場の人達の愚かさ?です。その理由はタイトルの言葉。「もはやデフレではない」この言葉の意味は非常に難しいけれど簡単に言えば「物の値段は下がらない」。嘘でしょう。

この国の経済を大きく左右すると言われている消費者の財布の中味。昔から「懐具合」とも言われるがどれだけの人が暖かいのだろう?今年の初売り、福袋の売り上げは良かったと言われるがその人達は全体のどれ位の割合だろう?その程度の事も分析出来ないこの国のマスコミ情報?国の経済分析もその程度かい?ごますりのお友達がオイシイ情報しか伝えない?それでは裸の大将だろう?そんな事も関係無い?

「一億総活躍社会」この言葉も「地方創生」と全く同じ言葉?イヤイヤそれより比べ物にならない?今年はこの言葉を「錦の御旗」にしてどれだけの税金がバラまかれるのだろう?殆ど知られない税金の使われ方。その実態を親父も知らない。それが誰でも分かる様にならないと「1億総活躍社会」は政治家のごまかしです。それは事実で検証しなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

阪急富田駅。JRの摂津富田の駅は懐かしいがここは初めてだった。

Img_8394

Img_8395

Img_8403

新年最初の目的地は「教行寺」このお寺さんの名前を知ったのは昨年、西宮名塩の滝を探した時だった。西宮観光協会発行のパンフレット見た時、初めて名塩川と「名塩大滝」の名前を知る。最初に行った時にはその場所が分からず、新興住宅地の入り口から公園を抜け川沿いの谷を探していた。

それでも分からず近くの「支所」で聞いても分からなかった。その滝を探し当てて山道を抜けた先にこのお寺さんは在った。しかし正確には名塩御坊「教行寺」だった。ここは高槻市手前の富田御坊「教行寺」こちらが本家本元?蓮如上人が布教活動の拠点としている。名塩御坊は名塩で蓮如上人が布教活動をした事から繋がりがある。

Img_8413

Img_8404

Img_8405

Img_8406

Img_8407

Img_8408

今年はしっかりこの国の宗教について勉強します。現在自民党政権は公明党の創価学会の力を借りて政権の安定を高らかに宣言しているが、そんな現実を多くの人は知らない?どうでも良くない事をどうでも良いと考える感覚。そんな認識は情報を正しく理解すれば変える事が出来る。そんな布教活動をした為に宗教家は弾圧され、現在は保護されている?それ位の事も何も知らなかった生き方を今年は替えて見せる?

Img_8410

Img_8411

Img_8418

Img_8419

近くの「本照寺」。こちらも蓮如上人御旧跡。お寺さんはこちらの方が大きい。ネットで検索して見ると北陸の地を離れて西宮名塩の草庵に立ち寄った後、このお寺に滞在し布教活動を行いながら近くの「教行寺」を建立している。その時、このお寺も荒れ果てていたが当時の松を支えた「石柱」が残されている。松は近年枯れてしまったがその大きさは枯れた古株の大きさで偲ぶ事が出来る。

Img_8423

Img_8425

Img_8420

Img_8421

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

お正月も3日。明日からは仕事始め。親父は始めたよ。

Img_8382

大阪中之島建設中のフェスティバルタワーウエスト。一気に背丈を伸ばしたがまだまだ伸びる。最終的には通りを隔てた左側に完成しているタワーと同じ高さになる。朝日新聞大阪本社の持ち物?朝日新聞の報道のあり方についてなんだかんだ言われて来たがこの建物を見ていると「三文芝居」「田舎猿芝居」?そんな気がしてならない。

朝日新聞が正確な報道をしていない?政治家はどんな面をしてそんなとぼけた事が言えるのだろう?自民党、公明党が正しい?誰もそんな事は信じていない。そうでなければこれだけの建物が建てられる訳が無いだろう?

朝日新聞と竹中工務店が共同事業者。竹中工務店は施工者でもある。高さは今、完成しているタワーと同じ200メートル。完成は来年の春。完成すればここで1万2000人が働く?信じられません。土木技術の粋を集めたこの工事は本当に東南海大地震に耐えられるのだろうか?

大阪のオバチャン達もそんな現実は関係無いと思っているのだろう?(詳しい工事と完成予想図はネットで検索すればすぐ分かる)大阪フェスティバルタワーウエスト。ただ問題はそのお金。企業の内部留保はそれ程に大きいのだろうか?一般庶民には関係無い事?そうは行きまへんえ。今年その事も問われる。

Img_8387

Img_8388

Img_8389

水の都大阪。ここは堂島川に架かる大江橋。大阪商人の威勢の良い甲高い声が聞こえたのは江戸時代。今は副都心構想とやらで大阪維新の景気の良い掛け声が聞こえて来るが、当時の威勢の良さはそんなせこい話では無かった。大阪の地盤沈下は政治家の掛け声だけではどうにもこうにも出来無い事を、何時に成ったら思い知るのだろう?

Img_8390

Img_8391

Img_8393

少し歩いただけで汗をかいていた。テレビのニュースでは商売人の悲鳴が全く聞こえて来ないが、これだけ暖かいと「冬物衣料」「鍋」「魚」「大根白菜」迄も商売にならない。そんな事もどうでも良いのだろう?政府自民党、公明党、経済界迄もが「デフレ経済の実現」?馬鹿だろう?これだけ物が売れないのにどうやって売値を上げるの?お金をばらまく。金持ちはどれだけお金が使えるのだろう?

政治家も明日から仕事始め。多くの政治的経済的な問題が山積しているが、国会論議では緊張感のある白熱した議論は期待出来ない?どうしてだろう?大事な政治と経済の事を多くの人々は理解出来ない?一部の保守と政治団体、圧力団体で無いと政治家に意見が出来ない?

経済界、金融機関、支援団体は政治献金をして自分達の利益を確保する?そんな政治が何時迄も続くのだろうか?テロとの戦い同様に公正な生き方の戦いが求められるに違いない?(無理か)そろそろスーパーマン、キン肉マンの登場とは行かないのだろうか?(無理だな)

どうしてだろう?それが分かれば打出の大鎚(おおづち)を振れるに違いない。(アホか)アホでーす。これから今日、ジュンク堂で手にした「この国のかたち」司馬遼太郎を読みます。「聖」の話。聖人と呼ばれた人は少ないが、現在の聖人と言われた人は多くは知らない。この話を聞くと如何に身分の差の大きさに愕然とする。

それは今でも何も変わらない。「社員と我々とではその身分の差は月とスッポン。偉そうに対等に話をするな」真剣な顔つきで説教をしてくれた警備会社の先輩は近くのスーパーで今も働いている。その社員のおばちゃんは今はいない。

東京オリンピックではどんな警備でどれだけ儲けるのだろう?民間企業の在り方とはその程度のもんかい?企業の社会的責任を思い知らされても分からないのだろう?トヨタ創業者の子孫の不祥事。殆どのマスコミが伝えないのも何でやねん。

そんな事も関係無い?確かに。今年は政治の在り方も大きく変わる。何時迄もとぼけた事を言わせないでしっかりと責任を果たさなければその程度の生き方しか出来ない。親父が体験した教訓は今でも生きている。その事を忘れてはならない。

「私は何時も本気、本物、本当、本心、本願の本を心掛けて生きて行きます」守谷語録を絶叫して30年近い歳月が流れている。守谷の親父も生きているのだろうか?どんなに尤もらしい事を言っても実行が伴わなければ、何の役にも立たない。

その事を当事者がどれだけ認識するのだろう?先日何気なく見ていたテレビでフジテレビのリモコンの位置が悪いとオバカが言っていた。フジテレビの凋落はその番組の中味だろう?お笑いは3流。韓国ドラマの垂れ流し。番組制作の手抜き?それは他のチャンネルでも変わりはない。それでも彼等の思い上がり。

忙しい人はテレビを見ない。賢い人は本を読む。最近は活字離れと言われているがそれだけアホが多くなったと言う事だろう?(コラ)その反対の行動をすれば今年は明るいに違いない。宗教団体で創価学会が急成長した理由が良く分かる。彼等のえげつなさを知らない親父世代は少なく無い事を理解しているのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主主義の在り方が改めて問われる1年?難しいね?

正月休みも今日で終り?明日から新年が始まる?これもウソです。
新年は1月1日から?それも違う気がする。今年の多くの課題を教えて呉れる人も本当は何も分かっていない事に気が付くのは何時の事だろう?

今年の最大の課題はこのお間抜けな現状認識?(お前が言うな)
そんな閻魔大王の言葉が聞こえて来るが、その閻魔大王自身が「お前も同じだ」と言われている事に気が付いていない?(そんな言葉を誰が言えるのだろうか?)

新年。多くの人が初詣に出掛けて多くの願いを神様、仏様にお願いしたが、一番大事な自分自身の健康と飛躍(現状維持?)は「他力本願」ではいけないと偉そうに口にしたが、昨日司馬遼太郎の本でその考えも間違いだと思い知る?

どういう事?他力本願は「自分の願いを神様、仏様にお願いする事と違うの?」
他力本願と言う言葉をネットで検索して見ると多くの人がこの言葉を正しく理解していない。この言葉は浄土真宗の開祖「親鸞上人」によって広められた仏教語。

他力とは自力の反対だが親鸞の言葉は「阿弥陀如来の仏の力」を言っている。
(どっちでも同じじゃねえか)と思う心は「天に向かって唾する様な物」そのツバは己に降り掛かる?それでも最近は多くの人がそんな心を無くしている様な物かも知れない。(これは親父の言葉)

「本願」とは阿弥陀仏が善人、悪人を問わず生命の在る全ての存在を極楽浄土に往生させようと言う誓願。他力本願の本来の意味は「自分の修行の力では無く阿弥陀仏の本願の力で成仏出来る事」間違った使われ方をしているのはその事を知らなかったから?

本来の言葉の意味は他人の力をアテにする事では無いが、そう思われてしまった親鸞の教えを浄土真宗の関係者はどう考えているのだろう?京都に行けば西と東の本願寺。宗教がどれだけ現在人の心の支えになっているのだろう?

司馬遼太郎の「浄土」季刊 アスティオン 第2号 1986年 」談話速記の言葉は親父の全く知らない世界でした。日本で一番信者が多いと言われている?親鸞の教えはその殆どが「蓮如上人」によって作り上げられていると言う言葉も非常に重い。

今年はその事をもう少し学習すれば最近の仏心と年末年始の初詣の落差が理解出来るかもしれない。これ程の「他宗教」「他宗派」の国でも「1億総活躍」と総理大臣が高らかに胸が張れる?そしてそんな国が国際貢献を口に出来る?

近代になって多くの宗教家、哲学者は出ているが、どうして貧困の克服が出来ないのだろう?それが分かると今年の生き方は変わるに違いない?それともそんな事はどうでも良いのかも知れない?今年は間違いなく自分自身の人生最後の大きな転換点の様な気がする。

昨年、西宮名塩で出合った「蓮如上人」名塩御坊を知る為に高槻の「教行寺」を訪ねなければならない。それが親父の初仕事。高槻教行寺については何も知らないがネットで調べて見るとそれだけで凄い。阪急京都線冨田駅から徒歩10分。これは行くしか無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

正月2日。もうUターン始まる。ホントにホントにご苦労様です。

Img_8365

Img_8366

Img_8367

Img_8368

今年初めのニュースを聞きながら遣る瀬無い(心が晴れやかでは無い)思いがするのは何故だろう?田舎に帰省していた頃、自分も同じ事をしていたからその苦労が良く分かる。やり切れないのではない。やりこなしていた。

その年中行事に不満を感じた事は一度も無かったが、あの渋滞だけは我慢が出来なかった。それでも雪の名神タイヤチェンも巻かずに、渋滞の中を走り抜けたのはシビックだったから?もう一度と言われても出来ない。しかし今年はその心配だけは無い?

Img_8370

Img_8372

Img_8373

初詣は「厄除開運」他力本願。トンデモありません。人の力を頂いて願いを叶える。その可能性は殆ど無いから全く期待はしていないけれど、オバカなテレビを見て馬鹿笑いをするのがお正月。それ位に考えていた。どんなにお願いをしても成る様にしか成らない。

Img_8374

Img_8375

Img_8378

最初にここ迄左から来て直進する。この看板良く見ると(看板だけでなく石柱も)能勢街道は右折。その道を間違えていた。しかしよく考えてみると強ち(あながち)それも間違いではなかった。直進すると確かに道なりには左、左に曲がって西国街道に出る。その道を進むと京都方面。

寧々(ねね)は大阪には住んでいなかったと言う事?大阪には直進して左に行かずに更に直進すれば良い。その道が昔々の能勢街道。その道がここで曲がったのは大阪から荷馬車の往来が多くなってから。直進すると刀根山の坂が大きく立ちはだかる。

しかし歩いて通るにはこちらが近い。それ程に坂道は大変だったのだろう?ただしこれは親父の考え。そんな説明は殆どしてくれない。人の暮らしとその街道筋も大きく変わる。何度も歩いた道も今ではその解説が出来る人は多くない。探し求める道も同じに違いない。

Img_8381


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お年玉。大学生は1万円?子供のもらったお年玉を山分け?

今年は申年。年男。万歳。(ちっとも嬉しくない)
住吉大社も今日は天気に恵まれて大勢の参拝客が押し寄せたに違いないが、そんなニュースは殆ど流れない?ニュースの価値が無い?そうではない。TVの取材が鈍いだけ?足の軽い行動力が無いだけだろう?そんなニュースはちっとも面白くない。

明日は箱根駅伝。ジャカマシイ絶叫中継も音を消せば迫力に欠ける?その替わり自分でドラマを見る事が出来る。車で下った箱根の山も駆け上がるには大変な事だろう?今年は雪の無い暖かな駅伝コース。しかしこんな陽気が今年の消費低迷に勢いを付ける?

新年の景気見通しはどのエコノミスト(経済専門家)の話を聞いても変わら無いが間違いなく全て外れる? 年の初めの例(ためし)とて、終(おわり)無き世の目出たさを、松竹(まつたけ)立てて門毎に祝う(いおう)今日こそたのしけれ。一月(いちげつ)一日(ついたち)の小学校唱歌も知らない人が多い。そんな懐かしい時代は過去の産物になってしまっている。あの頃に戻る事は無いのだろう?

エコノミストの予想がどうして外れるのか?これは競馬の予想と全く同じかもしれない。「木を見て森を見ず」という格言があるが、目先の事に捕われ過ぎて少し先の事が分からないと言う事かもしれない?違う?経済評論家と言ってもその殆どがひも付き?証券会社、銀行、シンクタンクに所属。それでは客観的な判断は出来ない?

景気見通しが長い間冴え無い?3年前の安倍政権の登場で日本経済は大きく変わったがそれも当初の予想を大きく変えた「想定外の金融緩和」。その結果日本経済は急速な景気回復?株価が上昇した。ただ一般市民。多くの金融資産を持てない人の生活基盤は何も改善はしていない。(例外はあるが)

その人達の生活が改善しないと景気は良くならない。(これは多くの人の支持は得られていない)政府も経済界も今年の前半は成り振り構わない景気刺激策を取るだろう?それは選挙対策?それでも効果が期待出来ないと衆議院も解散してW選挙. 

一気に多くの支持を集める?(それだけの筋書きが読めれば間違いないだろう?)ところがそこが肝(キモ)。この筋書きを描く前に深刻な消費不振で張り倒される。この1年で一番寒い時に3月並の異常気象に襲われたら、日本経済もショックは大きい事を読み解けないのだろうか?

その対策は唯一つ。政府の景気対策はバラマキでなく無駄の削除。しかしこの強力な安倍政権は抵抗勢力には全く弱い。その批判も出来ない新聞テレビの論調は「大本営発表」と何も変わらない。最近の若者達でなく企業のトップでさえそれ位の判断が出来ない。

来年度予算の審議が始まる来週。野党がどんな論調で国会審議が始まるのか?そんな事は全く注目されないだろう?テレビを見ながらそんなつまらない論議は見向きもされないだろう?その結果は覚悟しないといけない。それとも野党の追求も腰砕け?その代償は小さくない事を市場が思い知らせて呉れるだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

穏やかな年の始まり。それにしてもお間抜けなTVの情報。ぼやくな。

Img_8349

Img_8350

Img_8355

Img_8356

穏やかな年の初め。幼い時には学校に行って校長先生の新年の言葉と来賓者の挨拶を聞いて紅白の饅頭をもらって帰っていた。お正月の歌も歌ったし気持は新たまっていた。今はどうなのだろう?今年は暖かい正月で景気見通しも良くない筈だがそんな緊張感もなにも無い。

TVはあいも変らない正月番組。新年早々の厳しい政治と経済の現実も全く関係無いと思っているのだろう?そんな事もどうでも良い?思い知らされないと分からない?思い知らされても関係無い?そんな時代が何時迄も続かない?やるべき事。やらなければいけない事は明確。知らないだけ?知らされていない?それも痛みを伴うは自らの改革。

それが出来る人はそんなに多くない。政府自民党、経済界の思惑はそれでも何とか出来ると思っているのだろう。それ程に企業の内部留保は大きい?ある処はね。無い処は?誤摩化すしかねえだろう?(嘘でしょう?)本当です。もっと深刻な事態は遠くない?皆でどんなにとぼけても厳しい現実は何も変わらない?今年はそんな生き方をしないといけない?(嘘でしょう?)そう願いたい。

Img_8357

Img_8358

Img_8363

Img_8364

明日は箱根駅伝。大学駅伝も読売の実況が伝える様に綺麗事では済まない。大学で何の為に厳しい練習を続けなければいけないのか?そんな事もどうでも良いのだろう?勝負の世界は厳しい?今日は実業団の駅伝が在ったが日本の陸上界もどれだけ将来が期待されているのだろう?大切な事は怪我をしない事。スランプに陥らない事。何時迄も勝ち続ける事はそれ程に厳しい。その事がどれだけ分かっているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年 今年の課題 今年の「前進」後ろを見ずにどれだけ出来るのかな?

Img_8330

Img_8331

Img_8332

昨日の住吉大社。今日は大勢の初詣の人出だろう?1日早いお参りをして来ました。
今年は久し振りに大きな決意が出来ましたが「無言実行」あるのみです。考えて見ると長い間本当に無意味な生き方をしていたと思っています。しかしそれがこれだけの長生きと若さ(馬鹿さ)を内包してくれたのかもしれません。淡々とお参りをしながら無事年の瀬を迎えられる様に水晶のウサちゃんを撫で回していました。

Img_8335

Img_8334

Img_8336

Img_8337

今年はどれだけ多くの困難に戯れる事が出来るか分からないが、今成す事は明確に視界に捉えられている。多くの戯れに跳ね返されながら己の無力に叩きのめされても雄々しく歩きを止める事は無かった。その歩みが止まる時人生が終わる。その楽しみをそろそろ抱きしめなければ残された時間は無限ではない。

Img_8338

Img_8340

Img_8341

帰りは阪堺電車でなく南海本線(和歌山線)。ところが高架下迄来ても駅の場所が分からない。何たる無様な案内だろう?しかし考えて見るとJRの駅でも他の施設でも同じ。この問題を解決するには文明の利器?を活用するしか無い?それは携帯の位置情報(地図)しかしその情報も親父達には簡単に手に出来ない?(努力が足りない)

Img_8342

Img_8343

Img_8346

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »