« 今年も後2日。どんな年だったかい?最悪。(嘘でしょうとくたいし?)こら。 | トップページ | 歳末の西成と一日早い初詣(終詣) »

2015年12月30日 (水)

今年の最大のゴマカシ?それが安倍政治と日本経済だとすればどう答えるのだろう?

Img_8250_2

Img_8251_2

Img_8253_2

Img_8254_2

江戸時代は多くの造り酒屋があったと言われているが、現在は1軒?少なくなっている。しかしその実態は公開されていないので殆ど分からない。市内の観光客の大半は近くのインスタントラーメン館。多くの中国人観光者と日本人も少なく無い。

Img_8255_3

Img_8257Img_8259

この街には私達の予想、予測、思惑を大きく越える歴史がある。先人の想像を超える歴史が残されている。しかしその記録は殆ど眼にする事はない。その記録は郷土歴史を調べれば分かると思っていたが、市役所の担当課でも心もとない。親父の方が詳しいのかも知れない。

Img_8260

Img_8261

Img_8263

Img_8262_2

街の歴史。村の歴史。国の歴史を本当に語れる人は少ない。今年初めて「西宮名塩」の郷土史を読んだが親父の生まれ故郷の郷土史は読んでいない。大分県佐伯市直川。大分県佐伯市と言われても関西人の殆どが知らない。その反対に故郷の多くの人は西宮名塩は知らない。これだけ多くの情報が全国津々浦々に通じてもその程度?

それでも何の疑問も無く生きて行ける。おかしい事でも何でも無い?嘘でしょう?本当です。この国の情報の伝わり方はその程度。(それで何か?)多くの尤もらしい情報はこの間抜けな公共放送のV6の「WAになって踊ろう」を見れば分かる。

これで明日は紅白?全国の津々浦々でその程度の生き方が当たり前だと思われている。馬鹿だろう?明日は年末の最後。大阪の西成を歩く。今年、この街で何がどう変ったのか?マスコミは何を伝えたのだろう?その程度の事です。

「WAになって踊ろう」この馬鹿どもに見せてやらんかい。そんな写真を撮りまくった所でどんこんならん?確かに。この国は平和そのもの?そうではない。尤もらしく報道されるそのお間抜けさはいずれ鉄槌が下される。もっと切実に明日を切開いている厳しい現実を誰がどれだけ伝えているのだろう?

Img_8264

Img_8267

Img_8268

佐伯の銀天街の賑わいも最近はどうなのだろう?若い頃、帰省して見上げていたあの賑わいも若かった人々の姿は何処にも無いだろう?近くの商店街も正月用品を揃えていたが買い物客は殆ど居ない。この近くにどれだけの高齢者が住んでいるのだろう?

これからの商店街の生き残り作戦は、ジジババ頼りと言う事がどれだけ理解されているのだろう?来年の景気対策は政府の補正予算に掛かっている?経済エコノミストの思惑はその程度だろう?そのお金。天から降って来るとでも思っているのだろう?


|

« 今年も後2日。どんな年だったかい?最悪。(嘘でしょうとくたいし?)こら。 | トップページ | 歳末の西成と一日早い初詣(終詣) »

コメント

こんにちは

造り酒屋の御曹司政治家も減りましたね
我が住む町のすぐ近くに少年飛行学校跡地の大きな
記念碑がありますが最近知りましたそれをきっかけに
カミさんは今年からシルバー大学に入学し郷土歴史を
受講するようになりました歴史は身近な事でもヘーッと
思う知らない事が多いです・・・親父さんの博識を尊敬致します。

今年も残り数十時間となりました
今年は親父さんの素晴らしいつぶやきに出会える事が
出来ました、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。

投稿: いま | 2015年12月31日 (木) 14時08分

いまさん。こちらこそありがとうございます。
拙い親父のブログにお付き合い頂きましてありがとうございました。今年はボヤキが多かったので来る年は一人でも多くの人が幸せを噛み締められる様に明るい話題を提供しょうと思っています。(そうなると面白くないかも?)
それはない?世の中が明るくならないと無理でしょう?
(ならば明るくしましょう)ラジャー。良いお年をお迎え下さい。

投稿: くーちゃん | 2015年12月31日 (木) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213640/62969924

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の最大のゴマカシ?それが安倍政治と日本経済だとすればどう答えるのだろう?:

« 今年も後2日。どんな年だったかい?最悪。(嘘でしょうとくたいし?)こら。 | トップページ | 歳末の西成と一日早い初詣(終詣) »