« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

歳末の西成と一日早い初詣(終詣)

Img_8271

Img_8272

Img_8273

Img_8275

このアングルで写真を撮るのは初めて。阪堺電車(大阪−堺 路面電車)の南霞町駅。今は停留所で駅の名前も新今宮?に変っている。この駅の左が堺筋線。今日はこの右の通りを歩く。この道を歩くと西成の姿が垣間見える。

それでも今は綺麗になり労務者の簡易宿泊所が生活保護者のアパートになり以前の姿は見る事は出来ない。それでも住民をカメラで写す事は出来ない。人の顔は勝手に写す事は出来ないのは当然だがここでは特に注意をしないと安全は保証出来ない?

Img_8276

Img_8281

Img_8282

西成釜ヶ崎の三角公園。歳末の歌声が聞こえていたので写真が撮れる。穏やかな年の瀬。風もなく暖かでゆったりとした思いで年が越せるが、良く見ると皆がそうでは無い。関西の放送局の何処もが放送しないやり切れない貧困。この現実は彼等だけの自業自得?そうとも言えるがそうでも無い。

等しく人は年を重ねる。若かった時、体力に任せて働けた人も、歳を取ると肉体労働は出来ない。そんな人が働ける場所は何処にも無い。そんな人はこれから更に多くなる。そんな人を社会はこれからどう支えるのだろう?

社会福祉の在り方がどんなに問われてもその答えを見出せる人は殆ど居ない?オバカな公共放送が今している事はそんな事でないと誰が言えるのだろう?今年は先日手にしたイヤーホンでズービンメーター指揮第九を聞いている。何と幸せな年の瀬だろう?これだけで今年の苦労が癒される気がして来る。新たな船出は近い?

Img_8283

Img_8284

Img_8287
ここは西成区でも商店街。それでも昔の賑わい?はない。この道の両側には多くの人が住んでいるが、買い物は近場でする事は殆ど無い。これは日本全国何処でもそうだろう?地方創生は何処に行ったのだろう?今度は一億総活躍?安倍総理の悪口を今年散々言った気がするが(しました)それでも現実を誰が見ているのだろう?

この地域の人も支持政党は自民党、公明党なのだろうか?それとも橋本維新?これはこれで良いのかも知れない。最近、そう考える様にしています。地域は創生どころか髪の毛がすっかり抜けて禿げてしまったのだろう?ところがどっこい生きている?地方は豊かなのかも知れない?

Img_8289

Img_8292

Img_8294

Img_8296

Img_8297

Img_8299

Img_8301

Img_8302

Img_8303

南海高野線?今年の夏歩いた時にはここで電車に乗っている。しかしこの駅左にあるが何と近く迄行っても駅が分からなかった。理由は駅の看板が外に無い?普通、駅の近くに行けば駅はすぐ分かると思うでしょう?ところがそうでは無い。歩いて見て何処の駅でもそうだった。まさか関係者もそこ迄は考えていない?だろうな。

Img_8304

Img_8306

Img_8308

Img_8309

この広い道は住吉大社の先迄続く。この道が出来た時、地元の人はこの広さに驚いた事に違いない。戦前から在った道か分からないが、この先の大きなお寺さんの位置から考えると阪堺電車開業時からかもしれない。

Img_8310

Img_8311

Img_8312

Img_8313

Img_8314

Img_8315

Img_8316

Img_8317

Img_8318

Img_8319

もうすぐ住吉大社。大阪人は住吉さんと親しみを込めて言われるが、明日は多くの参拝者で身動きが取れなくなる。境内はそれ程でも無いが入り口と出口が狭い。交通誘導の警備員の腕の見せ所だがこれ迄雑踏の事故が無いのは奇跡に近い?

この工事現場の垂れ幕は今では珍しくないが親父が初めて眼にしたのは、静岡工場操業の時。工場が完成して徹底的に通路を綺麗にして整理、整頓、清潔、清掃、躾を徹底した。それ迄の印刷工場のイメージを一新した。通路を一番清掃したのも親父だった。

そんなイメージを散々馬鹿にして「ゴミ無し、汚れ無し、オーダー(仕事)なし」と笑っていた奴らが態度を変えた時を思い出す。その彼等はマネをするだけでは無く存在感さえも変えた。あれは何時頃の話だろう?昔々の話です。ところが最後のしつけは言うは易し行うは難し?今、しつけを押しつけるとトンデモナイに違いない?

Img_8320

Img_8321

Img_8322

Img_8324

Img_8327

Img_8328

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

今年の最大のゴマカシ?それが安倍政治と日本経済だとすればどう答えるのだろう?

Img_8250_2

Img_8251_2

Img_8253_2

Img_8254_2

江戸時代は多くの造り酒屋があったと言われているが、現在は1軒?少なくなっている。しかしその実態は公開されていないので殆ど分からない。市内の観光客の大半は近くのインスタントラーメン館。多くの中国人観光者と日本人も少なく無い。

Img_8255_3

Img_8257Img_8259

この街には私達の予想、予測、思惑を大きく越える歴史がある。先人の想像を超える歴史が残されている。しかしその記録は殆ど眼にする事はない。その記録は郷土歴史を調べれば分かると思っていたが、市役所の担当課でも心もとない。親父の方が詳しいのかも知れない。

Img_8260

Img_8261

Img_8263

Img_8262_2

街の歴史。村の歴史。国の歴史を本当に語れる人は少ない。今年初めて「西宮名塩」の郷土史を読んだが親父の生まれ故郷の郷土史は読んでいない。大分県佐伯市直川。大分県佐伯市と言われても関西人の殆どが知らない。その反対に故郷の多くの人は西宮名塩は知らない。これだけ多くの情報が全国津々浦々に通じてもその程度?

それでも何の疑問も無く生きて行ける。おかしい事でも何でも無い?嘘でしょう?本当です。この国の情報の伝わり方はその程度。(それで何か?)多くの尤もらしい情報はこの間抜けな公共放送のV6の「WAになって踊ろう」を見れば分かる。

これで明日は紅白?全国の津々浦々でその程度の生き方が当たり前だと思われている。馬鹿だろう?明日は年末の最後。大阪の西成を歩く。今年、この街で何がどう変ったのか?マスコミは何を伝えたのだろう?その程度の事です。

「WAになって踊ろう」この馬鹿どもに見せてやらんかい。そんな写真を撮りまくった所でどんこんならん?確かに。この国は平和そのもの?そうではない。尤もらしく報道されるそのお間抜けさはいずれ鉄槌が下される。もっと切実に明日を切開いている厳しい現実を誰がどれだけ伝えているのだろう?

Img_8264

Img_8267

Img_8268

佐伯の銀天街の賑わいも最近はどうなのだろう?若い頃、帰省して見上げていたあの賑わいも若かった人々の姿は何処にも無いだろう?近くの商店街も正月用品を揃えていたが買い物客は殆ど居ない。この近くにどれだけの高齢者が住んでいるのだろう?

これからの商店街の生き残り作戦は、ジジババ頼りと言う事がどれだけ理解されているのだろう?来年の景気対策は政府の補正予算に掛かっている?経済エコノミストの思惑はその程度だろう?そのお金。天から降って来るとでも思っているのだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月29日 (火)

今年も後2日。どんな年だったかい?最悪。(嘘でしょうとくたいし?)こら。

Img_8187

Img_8189

Img_8191

Img_8193

今年も後2日。色んな事がありましたが親父的には進歩の無い1年でした。この歳になって進歩してもしょうがないが多くの欲望は幾つになっても変わら無い。変わった事と言えば自分で自分を納得させる事を学んだ事。学ばされたのかもしれない。

「アンタは何も変わらない」そう言われた時、大体は不満をぶつけれていた。変わら無いと言う事はある意味素晴らしい事だが、自分にとって変わってほしい事を変れない人に苛立と寂しさ落胆の言葉をに重ねていたに違いない。それ程に性格、考え方、生き方を変えると言う事は難しい。

しかしよく考えてみれば、それでアタリ前田のクラッカーと思えば良いのかも知れない?「俺がこうして強いのは「アタリ前田のクラッカー」と日曜の6時半?になると前田のクラッカーを突き出して宣伝していた「藤田まこと」も今は居ない。

知らんだろう?独身の頃、豊中庄内の会社の寮で皆で見ていた白黒TV。「てなもんや三度笠」まこっちゃんと言われていた人気者も今はしらんQ。(シャランQ)も解散して久しい。(なんのこっちゃ)そういうこっちゃ。

TVもデジラル化されてもオチャラケの番組で総務省が宣伝していた効果は何も無い。それでもこれから今年の何とかニュスを見せつけられるのだろう?TVのデカイ画面が小さくなっている。多くの政治的課題も政府のプロパガンダ。宣伝電気紙芝居かい?

Img_8199

Img_8200

Img_8202

白鷺があっちむいてホイととぼけている。お前に言ってもしょうがないが本当に今年の世情は「あっちむいてホイ」だったのかもしれない。権力者、コメンテーター、多くの情報に振回されないで大事な生き方をしなければいけなかった気がする。

「どうしてそんなに暗い見方しか出来ないの?」そう言われる度にムカついていた。反対にどれだけ明るいニュースがあったのだろう?親父にとって野球もサッカーもラグビーも宇宙ステーションのニュースでさえ同じだった気がする。その程度の生き方しかしていなかったのだろう?

Img_8203

Img_8205

Img_8206

今年3月。ここはもっと綺麗な堰が完成していた。しかし河川管理者は堰とは言わなかった。河川管理の専門用語では「床固め」。川の流れで川底が深くなるのを防ぐ為の施設。堰ではなかった。ところがこの施設。今年の夏の大雨で土砂に埋まる。

それがこの姿に回復?していた。うんにゃ(いいえ)只今、工事中?うそだろう?工事現在進行中。それはあかんやろー?何処からお金出ているの?そんな事は誰も問いません?これがこの国の公共事業の実態?違うと信じている馬鹿な親父です。

Img_8212

Img_8217

Img_8220

これで今年も終わり?イヤイヤまだ2日あります。ジタバタする事は無い。来年の事を言えば閻魔大王に笑われる。今年は何度も眼を剥かれたが来年は心の底から歓んでもらいたい?(無理だな)しかし年末にこんな夕日を見れたのは人生の転機に違いない。まだ来るのは早いと言われていた。ありがとうございます。期待に応えられる様に頑張ります。今年、クレームを付けた荒れた花壇はようやく片付けられていた。

Img_8226

Img_8232

Img_8234

この花壇。親父のブログで何度も嘆いたがようようこれだけになる。来年の事は分からないがこれが今年の親父の成果に違いない。花壇を造った人の気持。それは当事者でないと分からない。造られた後の管理も下請けのその下請けに任されている。

それだけならしょうがないとしてもここはそうでは無かった。草むら。その無惨な姿は何とも哀れで仕方が無かった。来年の春は菜の花が見れるのだろうか?(無理だな)花壇はそれでも仕方がこの國の形と己の生き方はそれではイカンだろう?

志を立てて田舎を後にした時、親父からは何も言われなかった。無我夢中で働いて馬鹿に成れずに色んな人にコケにされたがこのままでは親父に会えない。最近のオバカなドラマを見るつもりは全く無いが、最後の最後で波瀾万丈の締め括りを決意している。(これが今年の締めくくり?)まだ2日あるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月28日 (月)

来年のカレンダー。今年は自前で揃える。しかし100均。

Img_8118

Img_8120

Img_8122
年末になって大阪梅田のお出掛けが多くなっている。原因は本屋通い?
結構毛だらけ猫灰だらけ。今年の年末、来年年始は「読書三昧」?の気がする。
もっと本を読まないといけない。今年、この歳になって痛感した事はTVがこれ程に人間をオバカにする?民放はオチャラケの合間のCMの長さにうんざり。

NHKは公共放送と言われる度に「これで?」と開いた口が塞がらない。その極め付けは年末のオバカな国民的歌番組。「だったら見るな」と言われて数年間(もっとそれ以上)見ていないが公共放送の中味が問われて久しい。

年を重ねる度にこの国の醜さが露になっている。歌手と選曲。何処の誰がこんなオバカな歌番組を見るのだろう?そろそろ鉄槌が下される無いのだろうか?そんな馬鹿な事を考えながら年末の暇な時間を潰している?

大阪南口(東口)駅前広場整備工事。何時迄こんなオバカな工事を続けるのだろう?この場所は親父達が大阪に来た半世紀前は広場だった。そこに食堂街の建物が立ち、そこが取り払われてバスのターミナルになり今、又、連絡通路。完成は来年の冬?

このスペースをこの程度の有効利用しか出来ない大阪の間抜けさ。工事が完成すれば再び地上はバスのターミナル。次の100年を見据えた工事をしているのだろうか?マスコミにはそんな問い掛けは何も無い。無様な姿御覧在れ。(見たく無い?)なら見るな。東京もこれからオリンピック関連の工事で騒がしくなる?人々がゆったりとした生き方が出来るのは何処にも無いのかも知れない。

Img_8123

Img_8127

Img_8128

Img_8125

大阪駅前の景色が工事現場と化している。こんな通路を造っても100年は持たない?それ位の事が分からない大阪の都市計画?この連絡通路の下は地下通路でどうして駄目なのだろう?半世紀前からそうだったではないか?

流石にその通路も狭く汚い。その通路が正面の建物阪神百貨店の立て替えで綺麗になる。そんな事も関係無いのだろう?いずれ数十年先には取壊す。その程度にしか考えていないのだろう?この工事の主催者は大阪市建設局?その問いかけにどう答えて呉れるのだろう?

Img_8130

Img_8131

Img_8129

この看板を見ると工事の主催者はJR西日本。と言う事は大阪市建設局は関係無い?但しその前の地下通路の拡張と新装は大阪市が行っている。国道の地下。その先は阪神百貨店。この工事は二期に分けて行う。一期の工事現場が現在更地。

これから建物が立ち上がる、完成予定は一期工事(現在取壊されている阪神百貨店東側とその南東の新阪急ビル)は4年先。二期工事が完成するのは更に4年先。その時になると大阪駅周辺は大きく変わる。どれだけの人が生きているのだろう?

親父を含めて8年先の偉容を眼に出来るジジババは少ない?(コラ)生きるとはそう言う物だろう?情けない事に如何ともし難い?その時大阪は副都心。そんな事があるもんかい。大阪維新の会と大阪経済界が喚いてもそれだけはあり得ない?

それ位の事が大阪人には分からないのだろう?大阪の地盤沈下は東京都は違う形で防ぐしかない?その施策を誰が描けるのだろうか?期待は出来ない。副都心は1000年の時を経て奈良に戻る。それ位の関西経済圏を口に出来ない大阪の政治家に何が期待出来るのだろう?

大阪の自民党は何時迄維新の党に負けるのだろう?それは皮肉にも安倍政権に擦り寄る限り無理だろう?安倍政権は長くは続かない。大阪にダブル選挙で自民党候補者は見事に負けたが、大阪人は維新の改革に期待するのだとしたら大阪の再生は無い。それ位の事を関西人は語れないのだろうか?大阪に再び万博を?何をとぼけているのだろう?

Img_8136

Img_8137

Img_8139

知らない間に立派な通路が出来ている。この通路が出来たのはこれ迄の通路が通れなくなるから。この通路は阪神電車乗り場の西側に出来ている。但し通行量はご覧の通り。この通路が来年1月の16日から一杯になる。人の流れはうまくコントロール出来るのかな?

Img_8142

Img_8143

Img_8144

これ迄ここは通り抜けが出来なかった。それに慣れる迄は大変かも。しかし慣れたらこちらの方がスムーズかも。但し最近の歩行者のマナーは最低。人の直前を平気に遮る。以前は考えられなかった事を平然とガキとジジババが行う。こいつら立ち止まる事が出来ない。互譲の精神。そんな物は知らない。そのうち突き飛ばされるだろう。

Img_8145

Img_8148

Img_8151

旧毎日新聞跡地。正門の一部が記念碑として残されている。後ろのビルに入っている書店が今日の目的地。目的の書棚を見つける。この棚のどれだけの文庫本を読めるのかな?今年もう一度来る様な気がしていた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハローワークがブラック企業の求人をしない?アホか?

アホではありません。本当です。嘘をつけ。
ハローワーク。この名前がふざけている?(どうして?)
昔は職業安定所と言われた失業者に仕事を紹介、斡旋したお役所?

郵政民営化で尤もらしい言葉を口にし圧倒的な支持?を得た何処かの政治家?
今はその息子がイケメン、爽やかで明解?な論調で親父以上の支持を受ける?
名前迄もがふざけている?(コラ)

この親父が尤もらしく絶叫して多くのオバカな有権者(ジジババだけでない。本当にアホな有権者)は当時の自民党の政治家を支持した。その風潮は今でも何も変わっていない。それがこのオバカな厚生労働省と監督官庁(内閣府、総務省)の通達?(監督官庁は厚生労働省だけ。内閣府、総務省は関係無い?)バカヤローだろう?

違法行為を平然と行使してもそれはブラック企業?ブラックでは無い。違法行為をすれば企業は立ち入り調査。個人なら警察の取り調べだろう?ところがそうでは無い。違法行為をしても監督官庁の立ち入り調査もしない?労働基準監督署にはそれだけの人員もない?警察は刑事事件で無いと捜査は出来ない。指導も出来ない。アホンダラ。

誰がそんな事を決めたのだろう?監督官庁の責任者?政治家?(政治屋さん)
企業は不法労働行為をしても監督官庁は取締も出来ない。業務改善命令を出したとしてもその企業は社会的責任も受けない。そんな社会の現実を誰が見過ごしているのだろう?

先日、見猿、言わ猿、聞か猿の話を書いたがこの国の常識はオバカ三羽がらすかい?違うだろう。来年は申年。猿は人間と違って言葉を口に出来ない。しかし、人間はその言葉で社会を変える事が出来ない?そのオバカな見方を変えないといけない。

親父が偉そうな事を言ってもその影響力は小さい。確かにそうだろう。今年、多くの批判を繰り返したが何も変わらない?そんな事は無い。歴史を知れば多くの劇的な変化は小さな出来事から変わっている。現在人の非常識はそれ位の事も知らない。

ハローワークはブラック企業の求人を来年の新年度から行わない。何をとぼけた事を言っているのだろう?それが安倍政権が新たな目標として掲げる1億総活躍社会?こんなとぼけた政策の為のどれだけの大事な国の予算が使われるのか?ブラック企業の実態を公表すれば即、叩き潰す事が出来る。(そんな事が出来る筈が無い)

それがこの国の実態。厚生労働省のこの政策は多くの有権者の眼にも留まらない?今年多くの政策を打ち出して支持率が40%を超える政権与党。その政治と経済の実態はこれ程にお粗末。それでも大晦日は紅白歌合戦。何たる国民だろう。そんな生き方を否定しなければ明るい年は迎える事は出来ない?(あほやのう)閻魔大王が眼を剥いて怒っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

今年も後4日。予想通りの1年?それとも予想外れの1年?

有馬記念の馬鹿騒ぎが終わると今年も終わり?
現役の頃はもう少し仕事をしていた気がするが、今は毎日が日曜日?
そんな情けない生き方をしているとくたばる時もそう遠くは無い?

司馬遼太郎の「夏草の賦」(上)(下)巻 一気に読み終わる。
今多くの若者が「歴史」を知らないと言われるが、親父達も大差ない。
親父は大学には行っていないが大学で学問をどんなに学んでも「長宗我部元親」を知る人は少ない。(それがどうしたの?)平然ととぼけられる。そう確かにどうでも良い。

ただ親父は四国の覇者「長宗我部元親」を知ったのは中学2年の頃だった。歴史の先生で面白くこの国の歴史を教えてくれた先生。徒然草と言う漢字を黒板に書いて「どう読むか」と聞かれた時、同級生は誰も答える事は出来なかった。偉そうに手を挙げて答えたのは親父だった。

徒然草(とぜんそう)バカタレ。しかし先生はそうは言わなかった。さり気なく仮名をふる。(つれづれぐさ)親父の顔を見ながらうなずいていた。恥をかく事も無かった。100満点を取って名前も書かずに0点と言われた事もあった。答案用紙を返してくれながら対外的な試験では駄目だよと教えてくれた。

部活のキャプテンをして対外試合で負けた時にも真剣に応援してくれた。半世紀以上も前の話。しかしその先生も流石に「長宗我部元親」の名前は教えてくれたが、その人の生き様迄は教えてくれなかった。4年前四国遍路旅で偶然桂浜から階段で丘を登りその先の道を下る。

その先は家族で一度車で走った道だった。その先に「長宗我部元親」の凛々しい槍の銅像があった。雪渓寺の道すがら。その時でも「元親」の生き様は知らなかった。その歴史小説を一気に読み終える。人の生き様は本当に哀れです。親父もそんな生き方をしている。ただ全く違うのは身分が違う。

この小説のタイトル「夏草の賦」司馬遼太郎はこの小説をどんな想いで書き上げたのだろう?初版は半世紀近く前(正確には47年前)に書かれている。親父は当時は何をしていたのだろう?大阪空襲に耐えた汚いコンクリートの建物の一角で黙々と働いて居た。万博の年だな。(違います。万博は1970年)

大阪ではその万博招致を大阪維新の代表は口にしている?彼等に期待される事はその程度の事?政治を変える?嘘をつけ?嘘では無い。政治を変えると言う事はそう言う事だと真剣に考えているのだろう?秀吉が口にした辞世の句。「浪花の事は夢の又夢」その事を思い知るのは何時の事だろう?

大阪も外国人観光客の増加で笑いが止らない人も少なく無い?中国の経済が破綻してもかい?そんな事もあり得ない。大分トリニータ、大分サッカーの戦力を踏みつぶした官僚は今、大阪の観光局長官。中国人観光客の爆買いで気勢を上げている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

久々のエドウイン。8000円のズボンを手にして喜んでいた。

Img_8075

Img_8076

Img_8078

Img_8079

先日お見せした大阪北ヤードの2期工事の予定地。国鉄時代の梅田の貨物駅跡地が更地になっている。この土地の所有者は国(国鉄)だったがそこが民営化されその成功美談は多く聞かされるが、この土地の所有者は誰になり国鉄時代の赤字はどうなったのか全く知らない。(インターネットを見れば分かる?)アホンダラ。

どれだけの国民にそれだけの知恵と時間があるのだろう?(なら文句は無いだろう?)政治家と国鉄民営化の成れの果て?を見ている気がしていた。大阪に最初に来てタクシーで向かった会社はこの道の先に在る。今でも日本を代表する印刷会社。

新人の頃、大阪の中小企業のおっちゃん達に「間に合っている」と散々馬鹿にされた事を思い出していた。大阪の再生?大阪の副都心か?何をとぼけているのだろう?東南海大地震が来た時には大阪梅田は水没する?そんな危機管理は出来ない?

大阪の堤防は10mを超える津波はおろかその半分でも完全に津波を防げない事を知る人は少ない?大阪は水の都。その大部分は海抜0mに近い。その事すらも知られていない。以前記事にした埋め立てられた川を公園化する計画はどうなっているのだろう?大阪に問われている事は災害に強い街づくり。それは東京でも同じだろう?

Img_8080

Img_8083

Img_8085

大阪御堂筋地下鉄淀屋橋駅の一番前(南)で出口から外に出る。何故か東出口からは出れない。西出口から出て御堂筋を東に横断する。「三菱、東京、UFJ銀行」大阪ビルの工事が行われていた。こんな場所で新たな自前のビルを建設する。

この国の金融機関が深刻な経済危機を迎え、信じられない合併、統合をしても立ち上がれなかった歴史は過去の話になっていた? お金は天下の廻りもの?企業は空前の利益を出しても個人の多くは貧困の蟻地獄?それでも安倍政権は支持される?それも長くは続かない?

Img_8087

Img_8089

Img_8092

Img_8093

Img_8094

御堂筋から堺筋に向かう。タワーマンションと古い家と低いコンクリートビルが混在しているが、高い建物が多くなっている。親父が新人だった頃の低い家並は少なくなっている。近くに緒方洪庵の関塾跡が残っているが残念ながら路地が違う。

Img_8095

Img_8096

Img_8097

堺筋に出る。この道は大阪中之島渡辺橋、高麗橋から堺に続く道。親父が大阪に来た頃、ここも市電が走っていた。その道が今では道一杯が北行きの一方通行。地下鉄が走っているがこの道の歩道は狭い。それにしてもこの落ち葉の道路清掃。大阪市にはブラシが回転する道路清掃車を持ち合わせていないのだろうか?

Img_8098

Img_8099

Img_8100

この道も市電が通っていた大阪の中央を東西に縦断する道。今はこの道の少し南を中央線の地下鉄と高速道路が走っている。この道はご覧の通り。この時間の渋滞は無いが賑わいもない。左に自転車の専用道路がこの先に在るのかな?でも車も走る?停まっている。警察の指導は無い?有るのかな?

Img_8101

Img_8103

Img_8104

もうすぐお正月。プレゼントは無いけれズボンが汚れている。1本を敵の様に履いているので余りに可哀相。今日奮発してお気に入りだった「エドウイン」の8000円のパンツを買う。割引とポイントが溜まっていたのでお財布からは3000円。久々に「ニンマリ」していた。

が店員の1人(レジに3人居たけれど)しか喜んでくれなかった。1人は親父ギャグを無視する。ムカつくが黙っていた。この衣料品売り場が忙しいのはこの時期だけ。その程度の事が分からないのだろう?でも流石エドウイン。腹回りのサイズがデカイ。サイズ表示がインチでセンチ換算が出来ない。困っていると店員と眼が合う。

優しく教えて呉れる。親父サイズはナ、ナント42。それでも悪く無い。
はだ触りと仕立てが違う。メイドインジャパン。親父達はその程度の考え方しか出来ない。今年の買い物は他にもあるがどれだけ買えるのかな?

経済は回復基調?どんな面をしてそんな景気予測が出来るのだろう?政治家の所得。それが当たり前だと思っているのだろう?身を切る改革も出来無くて。それでも自民党、公明党の与党は支持される?嘘をつけ。読売の報道を間違いである事が巨人の体たらくで良く分かる。優勝出来なかった打てない打線。

今年の様(ざま)を間違いなく来年も続ける。守れなかったお粗末な投手陣。外人2人がいなかったら今年は2位にも慣れなかった?それ位の危機感も無いのだろう?ナベツネの親父さん。今年はそれでも飯が食えた。来年は箱根駅伝で又、絶叫放送で自己満足?恥を何時迄晒すのだろう?その時も長く無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このアホたれ。有馬記念のコマーシャル。今年最後の競馬も見るだけ?

競馬をやらない人もやる人も明日は注目の有馬記念。
親父も長い間勝ち馬投票券(馬券)とやらを買っていた。
その親父が馬券も買えなくなって久しい。否、買わなくなって久しい。

その理由は殆ど当らない。勝ち馬投票券を手にしたのは20年以上も前。それ以来どれだけのはずれ馬券を手にしただろう?それでも年末最後のファン投票のドリームレースの馬券は外れても満足していた。

しかしどんなにオバカでもこれだけ大事なお金をドブに捨て続ければ馬券は買わない?買えない?ドリームレースでも何でも無い。今年もそんなレースを見せてくれるだろう?そんなレースの宣伝を日本中央競馬会(JRA)はど厚かましく宣伝をする。

この組織は国(農水省)の天下り団体。バカヤローだろー。地方競馬は廃止になっても中央競馬の人気は衰えない?それはこんなお祭騒ぎをしているから?今年のレースで北島三郎の持ち馬(キタサンブラック)が勝てば持ち歌の「祭」を歌う。

そううまくはイカンだろう?勝負は時の運?やってみないと分からない。馬券が買えない生活。そんな寂しーい生活は何時迄続くのだろう?この屈辱をバネに最後の大勝負を賭けますか?もうそんな元気は無いのかも知れない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月25日 (金)

大阪南北の通り四ツ橋筋を南下する。凄い建物が伸びていた。

Img_8038

Img_8040

完成は再来年の春。右側のタワーは完成している。この右側のビルで5000人の人が働いていると言われているが、左のタワーにはホテルも入る。何と言うホテルかは知らない。大阪中之島の景色も大きく変わる。その建物は一気に背丈を伸ばしていた。

この中之島地区は地盤が良く無い(土佐堀川と堂島川の中州)と言われているがその心配は全く無いと言われている。工事の施工者は竹中工務店。建物持ち主は朝日新聞グループ?朝日の報道のあり方についてなんだかんだ言われるがこれが現実。こんな建物を所有する新聞社に報道の偏向なんてありまんのか?

慰安婦問題も事実では無い?そんな事をどんな顔をして言えるのだろう?帝国陸軍だけでなく軍人が戦争をするのにそんな綺麗事が通じる訳が無い。歴史認識が「自虐的」ではない。事実をどう認識するかだろう?そんな報道が今の朝日に期待出来るのだろうか?

来年は新聞、TVからの情報では無くもっと多くの本を読まないといけない。今読んでいる司馬遼太郎の「夏草の賦」眼から鱗(うろこ)です。小説家 見て来た様な嘘を言い?それでも四国の覇者長宗我部元親の人生はもっと知らないといけない?

どうして?とにかく多くの人から聞かされた(安倍総理からも聞かされた)美しい日本。和を持って尊しとする。その言葉が如何に嘘だったかが良く分かる。そしてその事を見事に成し遂げた元親がどれほどに哀れであったか?もっと言えばこの国の地方はどれだけ都の支配者に踏みつけにされたのかが良く分かる。

信長も秀吉も家康も現代人が語る程賢人でも偉人でも天下人でもない。その事は現在でも通じるのだろう?安倍政権がどんなに尤もらしい事を口にしても100年先の人から見れば「最低」の総理大臣かもしれない。そんな事は関係無い?

原発も関西電力高浜原発で来年には最稼働?これだけ福島の教訓が無視されても原発はベースロード電源?100年後の人からどんな批判を受けるのだろう?それとも国が形を変えているかもしれない。それ程の危機があっても関係無いととぼけていられるのだろうか?

Img_8041

Img_8031
Img_8037

渡辺橋の上。雨上がりのオタフクナンテン。雨は上がってはいなかった。この先で再び☂を広げる。通りはきれいになっているが街に活力が感じられない?どうしてだろう?それは人々の移動が無い?そんな事は無いだろう?

ビジネスマン、ウーマンが気忙しく行き交うじゃねえか?良く見ると子供達と年寄りの姿が見えない。ここはビジネス街だからしょうがない?淋しいもんだね。オタフクナンテンがどんなに路肩を飾っても賑わいが無いのはそれが原因かも知れない?

再来年。フェステバルタワー、ウエストがオープンしてホテルが開業すればそれも変わるかもしれない?ただ近くのマンションの子供達と年寄りは何処で生活しているのだろう?お店の子供達や主は何処で息をしているのだろう?そんな息吹きが途切れていた。

Img_8043

Img_8044_2

地下連絡通路の工事で再来年の春迄ご迷惑をお掛けします。口先だけじゃねえか?信じられない事にこの下の地下鉄は以前から開通している。その当時は連絡通路が必要ではなかったの?信じられない間抜けな工事は今頃行いそれが1年以上続いても何の支障も無い?工事中だから仕方が無い?

Img_8052

Img_8053

Img_8056

大阪のど真ん中に公園は意外に少なく無い。それでも憩いの場所としての利用出来る人は限られている?テニスコートがあるがどれだけの人が利用しているのだろう?この広い公園でも高齢者の姿は殆ど見かけない?元気な年寄りは郊外に出てしまったのだろうか?

大阪の再生が尤もらしく語られるけれど高齢者は何処で何をしているのだろう?お部屋の中でTVの番人になっている?そんなアホな?大阪市内は雨に煙っていた。大阪副都心構想?大阪市民は自分達の未来にどんな理想を描いているのだろう?

マサカ東南海大地震で水没する未来では無いだろう?大阪は副都心になれない。それ位の事が橋本には分からないのだろう?大阪は水の都。それは歴史が証明している。大阪は東南海地震で東北並みの大津波の襲われると壊滅する。その対策は逃げる事しか無い。そんな街にどうしてその対策が取れるのだろう?

Img_8051

Img_8055

Img_8057

信濃橋。ここは東西に大阪市電が走っていた。野田阪神から緑橋、玉造行きの市電が走っていた頃親父は新入社員だった。見習いの営業からすぐに大きな仕事を任されたが期待に答える事は出来なかった。今から考えて見ると大型電子計算機の聡明の時。

親父の担当は手書きのレジ、フォーム(連続洋紙)。このフォームはアメリカでは大ヒットしたが日本ではヒットしなかった。当時事務の合理化と電算化は急ピッチで進み大型電子計算機、タイプライターでアウトプット(計算データを洋紙に打ち出す)

連続フォームは爆発的に伸びる。(電気、ガスの請求書)当時は携帯電話もパソコンも無かった。手書きの伝票の複写方式はワンタイムカーボン紙ではなく裏カーボン方式(現在の宅配伝票)で爆発的に伸びる。その頃は親父は工場の製本技師になっていた。その頃子供達は大きくなる。仕事人間だった。それでも家庭は大事にしていた。

Img_8063

Img_8064

Img_8068

大阪の街もすっかり変わる。新北野?何処だろう?看板で見ると野田阪神の方向?ネットで調べて見ると淀川を越えた十三(じゅーそう)の少し西。確かにここはあみだ池筋だからこの地名表示で正解なのだろう?ただこの道に市電が通っていた頃にはこんな表示はなかった。北津守も懐かしい所だが今は当時の面影は全く無い。

Img_8024

Img_8025

Img_8026





| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい事もあったけど今年1年の総括は進歩無し?

この歳になって満ち足りた生活は若い時から考えていなかった?
将来の事は全く考えないでその日その日の積み重ねだった?
その結果がこの様?嘆きの言葉を重ねた1年だった。

親父を心の底から支えてくれた人に巡り会う事は無かったが、それも自業自得?
こんな生き方をしていたらそんな事は全く期待出来ない。それで良しとしていた自分が哀れで悲しい?そんな気持も無くそれでも多くの不満を口にしていた。

どうしてそんな1年だったのだろう?その原因もはっきりしている?
自分の狭い価値観を正当化し、世の中の不条理をどんなに馬鹿だ阿呆だと罵しった処で、自分の生き方は何も変わらない。反対に無視される。

無視されるのは親父だけでなく多くの生活弱者と組織(圧力)を持たない一般市民。新聞、TVは尤もらしく「世論調査」とやらを今年も何度も繰り返したが、そんな事でどれだけの事が誤摩化されたのだろう?自民党、公明党政権が今年行った多くの政策をきちんと評価をすればその事は良く分かる。ところが断面的な情報で誤摩化されている。(間違った情報を手にしている)そんな事は無い?

昨日の電車の車内のトラブルもそうだが、常識的に考えて人間の行動は本当に愚かです。親父の昨日の注意の仕方も全くのマヌケ。電車の中で携帯で話をする様なオバカはその行動自体の是非を判断出来ない。

そんな人間が他人から偉そうに注意をされるとどんな行動をとるのか?そんな事は火を見るより明らか。それ位の事が分からないマヌケ。それでも天は親父に味方をする。車内でなくホームに出てもあのばか者は自分の非礼を詫びる事は無かっただろう?

そうすれば口論では済まない。力でも負ける気はしなかったが、先日の自転車のトラブルでも警察は「民事不介入」。親父か相手が怪我をして告訴されれば親父の負け。告訴されなくても殴られれば痛い思いをするだけ。そうならなかっただけでも感謝しなけれならない。

バカヤローだろう。そうです。世の中の多くの問題は「是」とか「否」ではない。「和を持って尊しとす」嘘をつけ。力勝負です。会社では上司に逆らえない。当然?それが間抜けなマスコミは「パワハラ」とか抜かす。以前は「セクハラ」昨今は「マタハラ」?

アホやろう。何処の世界でそんな言葉が通用するのだろう?東芝の組織ぐるみの不正。原発ムラと言われる政治家と官僚、企業、学者達の利権体質。例を挙げれば限りがない。女性の社会進出と言われてもその女性の管理監督者自身が男性管理者と何も変わらない?それ以下のお局様。

そんな現実を誰が批判しているのだろう?年末になって自民党の若手国会議員が「イクメン休暇の申請」そんな事が女性の社会進出に繋がる?一億総活躍社会に繋がる?これはもう最低。自分達が率先して社会の常識を変える。

この若手議員は自分達が今、何を優先しなければいけないのか?それ位の事が分からない。ところが信じられない事にそんな考え方を政府が後押しをする?官房長官に至っては国会の総意で決められるとか。確かにそうだろう?

それならば国会議員の定数削減はどうして出来ないのか?国の財政赤字はどうして計画的に削減出来ないのか?(計画的に削減しています?)そんな戯けた事を考えていた。しかし、親父レベルで考える問題ではない。そう考えれば来年の生き方は決まる。

人の事より自分の事。それ位の事はどうして気づかなかったの?正義感?義侠心?男の美学?全て違う。戦略が無かっただけ?長期的な展望も作戦も戦略さえなかった。人生50年が今や80年。もっと生きてもてはやされる人も居るが、本当の人生はどんな生き方が出来たが問われる?

そう考えればこれからの1年はもっと賢い生き方が問われるに違いない。今年も大病を患う事無く過ごす事が出来た。永年楽しみにしていた「御母衣ダムと荘川桜」を見る事が出来た。来年はどんな所でどんな人と景色が見れる事だろう?願わくば5年前のスイスの絶景と楽しかった語らい。そんな願望はもう無理かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月24日 (木)

見猿 言わ猿 聞か猿 馬鹿猿 三猿にもう一つ着いている?

Img_8019

Img_8021

Img_8022

クリスマスイブ?仏教徒は関係無いととぼけていると罰が当る?
ケーキも無い。プレゼントも無い。おいしいご馳走も無い。
見猿、聞か猿、言わ猿?三猿にオバカな猿が多くなる?(偉そうに言うな)

自分のプレゼントに最近喧嘩をしたばかりの梅田の本屋にお気に入りの本を買いに行く。「司馬遼太郎の夏草の賦」書店のレジの中を取り仕切っているボスに些細な事で怒鳴りつけたばかり。その人がいた。「どうする」と思いながら案内を待っていると近寄って来る。「ヤバイ」

それでも素知らぬ顔をして検索依頼をする。ネットで調べているのでお取り寄せと言われると思っているとありました。「嘘でしょう」と思いながら内心「ニンマリ」上、下巻ありまして下巻も間もなく揃います」といわれてもうなずくだけだった。

最寄りの駅から折角、普通各停の空いている電車に乗ったのに隣の駅で乗り込んで来た若者が携帯で話を止めない。しばらく黙っていたが親父の「三猿」が素知らぬ顔をしている。言うよ。言うよ。言うよ。囃し立てる。お前猿に言われなくても黙っている訳が無い。「オイ」後の言葉はあごをしゃくるだけ。話を止めろ。サングラスの奥の眼が光る。

ところが注意された相手が開き直る。良く在るパターン。「なんやオッサン文句があんのか」「文句は無いけど電車の中だからマナーをわきまえろ」これで相手はぶち切れる。ガラケーを閉じて親父に喰って掛かる。電車の中は空いていたがそれ位の啖呵で怯む親父では無い。声が段々大きくなり親父を威圧する。そうすれば親父は謝ると思ったのだろうか?そうでは無い。タダのオバカ。親父は流石に声をひそめる。

そこで終わりにすれば良いものを親父に無礼を認めさせようとする。その声を聞く迄もなく親父の反撃が始まる。「電車の中ではお客に迷惑が掛かるので次の駅で降りよう」「上等じゃねえか」若者もいきりたっていた。次の駅で先に降りる。ところが何を思ったのか降りて来ない。反対に親父の背中に手を掛ける。その時だった。

振り向き様に拳を固める。しかし諍いが起きた時、先に手を出してはならない。相手に手を出されてもフェイントでかわし、自分が手を出す時は身に危険を感じた時だけ。その事は忘れていなかった。ホームで決着がつく常識は持ち合わせていなかった。

口先だけ。電車から降りては来なかった。それでも降りて来たらどうしたのだろう?話が付かなかったらどうしたのだろう?拳で話をつける?つきません。?その時はどうするの?殴られるだけ?そんな事はありません。その為には身を守る武術が必要。相手を黙らせる力。それは合気道の他に無い?(コラ)それを使ったらただでは済まない?

それで見て見ぬ振りをする?見猿、聞か猿、言わ猿は日本古来の処世術と思っている人も少なく無いがそれも間違い。日本人は長い間(現在でも)強い者、権力者が「やって良い事といけない事」が分からないが、それに逆らうと組織の中では生き残る事は出来ない?そんな事は誰も言わない。嘘をつけ。

東芝の経営者、管理者、社員のアホ達はそれ位の事が出来ていない。この事は東芝だけの問題ではない。近くのスーパーでも上司の批判は出来ない。それがこの国の形。司馬遼太郎が嘆いたこの國の形は何も変わっていない。

信じられない事に警察、検察、裁判所でも同じ。どうしてこんな間抜けな社会が罷り通るのだろう?聖徳太子が教えた「和を持って尊しとす」和とは何ぞや?その事すら問われていない機動隊がある。若者が虫けらの様に扱われて自殺。

その同僚、機動隊長は厳重注意。バカヤローだろう。機動隊と言っても弱い者虐めしか出来ないこの社会。どんな面をして尤もらしい訓辞が出来るのだろう?それ位の事も分からないかい?今でも怒りは収まらない。しかし、嬉しい事も在りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

国会議員 自民党 若手 男性議員 育休

このニュースを聞きながらTVに向かって怒鳴っていた。馬鹿だろう?アホだろう?
馬鹿でもアホでもありません。れっきとした自民党、国会議員、若手、男性。霊歴を調べて見る。京都3区選出と言えば新婚時代を過ごした大山崎町が地盤。言葉を失う。

今迄散々若者達の政治意識を口にして来たがこの程度の青年が多くの人に支持されるこの国、地方の現実。自民党、保守政治はそれ程に素晴らしいのだろうか?親父達の政治感覚が古すぎるのかも知れない?国会議員になるべき人はこの程度(失礼)で充分なのだろう?

この国でどれだけの人が仕事も出来ずに苦労していると思っているのだろう?そんな事は関係無い?今年多くの人に平然とした口調で言われたがそうでは無い事を最後の最後で証明しなければならない?勿論今年は残り少ない。

来年の事を言うと鬼に笑われるが来年は正月早々から国会が始まる。間抜けな野党議員にも愛想を尽かして自ら行動しなければいけない?(屁の突っ張りにもならないね)それでもこんなオバカにのさばらせてはいけない。

安倍政権がどれだけ子育て支援をしているのか?高齢者対策をしているのか?現場を知らないとお話しにならない?その為に政府、自民党、役所、官僚、政治家は頑張っている?マスコミは全く何をしているのだろうか?

偏向報道は問われるが事実すらも正確に伝えられない報道にどれだけの意味があるのだろう?その事も深刻な問題に違いない。もうすぐお正月。小さい頃はあんなにワクワクしていた年の瀬の気分が全く無い。

強いて言えば綺麗な年賀状が出来て綺麗なお姉さんに宛名書きのペンを決めてもらった事だろうか?いよいよ来年は名刺を作らなければならない?関係無い?あるんですよ。そんな出合いが始まる。(あほやのう)昨日、そんな出合いがありました。(いい加減にしなさい)

Img_8013

Img_8014

Img_8016

今夜の夕食。今年はエンゲル係数が高かったので来年は「質素倹約」?
今年は景気は良くなっていると言われているが、親父的には限られた年金生活者。
それでも食事に苦労する事は無かった。好き勝手事を言いながら一日も欠かさず?ブログを書いていた。そんな生き方もそろそろ変えないといけない。

何時迄もそんな生き方が出来る訳が無い。そう思いながら1人になってそろそろ20年。情けない生き方をして来たが助けて呉れた人にそろそろ恩返しをしないといけない。ツルの恩返しは出来無いけれど親父の恩返しはどんな恩返しになるのだろう?

今日も天気予報はバッチリと当り天気はスッキリとはせずに雨模様。しかし、小雨。夕方、買い物に出掛けた時もまだ降っていました。今は止んでいるので明日は☀?少し早い年末の大掃除をしました。と言ってもテーブルの上を片付けて汚れを拭いただけ。明日は部屋中を綺麗にします。(どれ位出来るかな?)成り行きだな。(アホ)

Img_8017

Img_8018

司馬遼太郎没後20年。もうそんなになりまんのか?親父が若かった頃、週刊誌で始まった「街道を行く」。あれから多くの本を読ませてもらったが、この雑誌を改めて手にすると本当に嬉しくなる。失意の時に訪れた高知で眺めた「長宗我部元親像」。

槍の名人でイケメン。四国を統一したが豊臣秀吉に領地を没収される。それでも秀吉の為に尽くして晩年は京都で老い朽ちる。この本を読んでいない。「夏草の賦」この本を読めば彼の男の美学が分かるかもしれない?

あの時は秋の爽やかな日差しの中と言いたいが暑い天気だった。四国桂浜から33番札所「雪渓寺」迄の道の途中にその像は在る。建立が1999年。もう一度眼にする事は無理だろう?雪渓寺から次の札所迄は6、5キロ。歩き2時間。(歩いたのか?)

そんな元気は無くバスも不便で出た後。結局タクシーでこの日は36番札所青龍寺迄行く。その時泊った国民宿舎は支配人が無愛想。最低だった。今でも勤めているのだろうか?あの態度では駄目だな。(コラ)お前の態度が悪い。(もう時効)。諍いの原因はパソコンのインターネットの電源差し込みだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は肌寒い。それでもまだまだ暖かい?師走の木次を思い出す?

Img_7956

Img_7958

Img_7959

Img_7960

昨日歩いた道。ここから住宅地に降りる。左の道を直進すれば従走路。この先、大きな下りが待っている。下りと言っても尾根の窪地。雨が降ると雨水が流れ下る。大雨の時には歩けない。この道を休みの日には多くの人がハイキングを楽しむが、決して楽な従走路では無い。尾根道を降りても最寄りの駅迄の距離は遠い。

最初に歩いた時はその情報を全く手にしていなかった。「行き当たりばったり」ところがそんな甘い道ではなかった。この反対側。左から歩いて来ると最初に大きな崖を登り、その先はなだらかな登りと平坦な道を繰り返す。ところがその距離が2時間。

いくら楽な道とは言え結構な登りもあるので初心者は途中で下の住宅地に降りる道を知っている方が良い。しかしご覧の様に案内看板は何も無く柵もあるので、ガイドが無いと無理かも知れない。この従走路歩き通すには2時間。最寄りの駅から1時間。

最寄りの駅に出る迄1時間。休憩時間を入れると5時間。ガイドブック(近畿の山歩き)の紹介では健脚コース。しかし、お手軽コースを知ればこれ程に楽しい山歩きのコースは無い?この中山は最高峰480m足らずの山。ところが侮ると出て来れない?

Img_7961

Img_7964

Img_7966

快適な下り道。しかし足元に枯れ草と小石が浮いているのでガニ股でゆっくりと降りないと滑って転ぶ。ここから下迄遠くないが足を挫くと降りる事は出来ない。この道を歩く人は殆ど居ない?この下で手にして来たお弁当を立ったまま口にする。座る岩はあるが尻が冷たい。奮発して手にした豚生姜の弁当は冷たかったが期待以上だった。

Img_7967

Img_7971

Img_7972
下界を見下ろすと住宅地開発は前見た時よりも更に進んでいた。この住宅地は永年開発が続いているが土砂崩れの対策が良く出来ている。当たり前と言えば当たり前だがこの新興住宅地最寄りの駅から大きく山麓が切開かれている。(約4キロ)

その中には大きな谷がある。その谷がキチンと残されている。これが広島の間抜けな土地開発と違う処だろう?昨年発生した広島の災害は今では殆ど忘れ去られている?この中山丘陵の住宅開発はその点だけでも注目されても良い。ところが全国からの見学は殆ど無い?これが当たり前なのだろうか?

Img_7979

Img_7980

Img_7981

オイオイ。ここを降りまんのか?大丈夫。重心を低くして落ちない様に右側を降りれば大丈夫。しかし手掛かりの岩はもろいので手で押さえるだけ。摑んではいけない。高さは2m弱だからバランスさえ崩さなければ大丈夫。でも落ちたらアウト。気を付けて下さい。
Img_7985

Img_7986

Img_7988

この先はしばらく気持の良い道が心を癒してくれる。それも一時。少しすると又一気に下る。この道は近くの団地の人達が初日の出を見に来る所と聞いたのは昨年の秋?街中に住んでいるとこんな景色は簡単に見れない。そんな景色を見る事が出来る?

Img_7990

Img_7991

Img_7998

従走コースはこの尾根を下りその先の尾根を越えて行く。そんなに長い距離では無いが短くも無い。真ん中の写真、右端は崖。ロープを手掛かりに下る(登る)最初、登った時は下を見下ろしながら固まっていたが、下りは左程の高度感は無かった。

それでもこの崖を降りられない人は少なく無い。人間万事塞翁が馬。偉そうな面をしてもその程度だろう?(その程度です)ただこの道を眼の手術(レーシック)で不自由な生活をしている御婦人を旦那さんと一緒にガイドをした事がある。

登り降りだけでなくあの崖を降りた体験は今でも生かされているだろうか?仲の良いご夫婦だったが不自由な生活は改善しただろうか?しばらくは恨まれたかもしれない。それとも今でも体調は良く無くても旦那さんが何でも協力しているのだろうか?

Img_7992

Img_7993

Img_8001

Img_8003

Img_8004

松の枯れ木が最後の力を見せている。全国の山で多くの若い松の木が枯れているが、そんな事も殆ど知らない。山が荒れ生命力の強い雑木林ばかりになるとどんな山になるのだろうか?「松の木ばかりが松じゃない?」そんな歌も知らない輩が少なく無いが松や杉の木材が少なくなる山はどんな山になるのか?

そんな森林管理も蔑ろにされている。「杉花粉で困る」?都会人の間抜けな悲鳴が来年も聞かされるのだろう?杉花粉で都会人が困る様になって地方の森林資源がどう生かされているのか?その事がどれだけ問われたのだろう?

豊かな山はどんどん少なくなっている。山が荒れれば都会人の生活がどうなるのか?それ位の事を語れる人も少ない。森林資源がこれ程に疎かにされても人々の生活は何も困らない?アホやろー。田舎の豊かな山も今は価値の無い手入れの行き届かない杉山になっているのだろうか?

15年前の島根木次の山を思い出す。あの山も今は高速道路が通り山陰と山陽は3時間足らずで結ばれている?それでも地域の人は豊かになったのだろうか?車で検証する事は出来無いに違いない。地方創生のインチキ。それでも地方の人達の生き方は豊になっているのはどうしてだろう?地方の政治家の影響力?それは有りかもしれない?

Img_8008

Img_8009

Img_8010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月22日 (火)

近くの山に登る?ズルをして?それでもこの景色見て下さい。

Img_7872

Img_7875

Img_7879

大阪は年の瀬と言うのに小春日和。しかしこの言葉の意味は多くの人が感じる季節感とは違う?今年の今頃の穏やかな一日?家康の遺訓に「心に迷い起こらば困窮したる時を思い起こすべし」とあるが今迄この言葉に得心した事は無い。何たる可愛げの無い生き方だろう?

そうでは無い。自分に厳しすぎるのだろう?そんな時、親父が向かう所。それはお寺さん。近くで最近迄全く足を向けなかった中山観音。貴男のこころの重しが必ず軽くなるに違いない?(重くなったと言われるかも)それはありません。保証します。

Img_7883_2

Img_7885

Img_7886

Img_7887

こころに迷いおこらば「閻魔大王」の顔を見るのが一番良い。最近叱られてばかりいるこがするけれど実際は親父から脅されている。空海が伝えた真言密教の教え。人は誰でも生きたまま仏になれる。この嘘つきと平然と口にする親父を見て眼を剥いている。

ところが空海はそんな頃は何も言っていない?修行をしなければ仏になれない。その修行の厳しさが凡人には分からないだけだろう?分かりません。真言密教の教えは仏門で修行をしても分からないと空海自身が教えている。

仏教の教える人の生き方。それは人に問うのではなく自分自身で探し求めなければならない。それ位の心の広さと奥の深さがないと現世で仏等成れる訳が無い?心に余裕がなければ諍いの思いが強まるだけで自分自身を救う事も出来ない?

Img_7888

Img_7889

Img_7890

Img_7891

Img_7892

勢至観音(知恵の神様)「知恵を持って遍く(あまねく)一切を照らし」と言われている。戦後70年。今多くの事が問われているがその中で一番欠けている事。それは余りにもオバカが多い。その事に一人一人が気付かないとトンデモナイ未来が待ち構えている。その事を知らないといけない。

千手観音に心を合わせていた。どうかお守り下さい。それでも無理だと思える。それだけの知恵しか持ち合わせていないのだろうか?中山観音様の参拝はここ迄。目的の散策の道はバスでズルして歩いた距離は短かった。明日は祝日?関係無い人も少なく無い?

Img_7904

Img_7905

Img_7907

年の瀬とは思えない風景。イヤこれが今年の年の瀬であり平和そのもの?そんな世間の風を無視しながらこれから山の中に分け入る。市街地の近くにこんな散策の道がある事はある意味何よりの贅沢だが、その道を実際に歩いて見ると殆ど人に出合う事がない。そんな生き方をしていてどんな健康を手に出来るのだろう?

Img_7912

Img_7913

Img_7915

Img_7916

この道は中山従走路を歩くのに一番楽な道。看板がないので殆ど知られていないが、近くの住民はこの道を通って中山奥の院の参拝をしている?初めてこの道を歩いた時誰にも教えてもらえず自分で探した?正確に言えば途中で出合った叔父さんに教えてもらった。

Img_7917

Img_7918

Img_7920

先日歩いた道がこの左の尾根の下にある。下の道は谷筋の道で薄暗くて気味が悪いがこの道は尾根道で日差しも差し込んで気持ちが良い。それでも殆ど人に会う事はない。あっても軽く言葉を交わすだけで立ち止まる事は無い。気持の良い空気をゆっくりと吸い込んでいた。

Img_7921

Img_7922

Img_7925

年末になって体調は回復しているが「老い」は如何ともしがたい?(オイ)自分ではまだまだ若いものには負けないと思ってもそれはウソ?全く意気地の無い体になっている。独り身の生活で、もうすぐ20年。独身生活の倍も生きている。

それも仕方が無い?どんなにエエカッコをしても鏡に写る体型は完全にジジイ?まだ背筋が伸びているけれど山歩きをしながらふらついている?(オイオイ)もう一度肉体は再生すると言われてもそれは外見だけだろう?本当の若さはそんな物では無い。

Img_7921

Img_7923

Img_7924_2

従走路に出る。看板は何も無い。この道が下の住宅地に降りられる事を知られるとまずい?どうして?そんな事は無いのだろうが看板が無いのは公認のハイキングコースでは無い?これもウソ。この中山従走路も公認のハイキングコースでは無い。?

Img_7926_2

Img_7927

Img_7928

この先もう少しで中山山頂。昨日はこの道を歩きながら行く先を考えていた。山頂から北に降りれば宝塚の奥。そこから目的の山迄1時間前後。そこから山を下りて武田尾迄1時間弱。合計2時間前後の山道を歩くか?考えていた。結局ズルをして楽な道を選ぶ。(アホ)

Img_7927_2

Img_7930

Img_7932

この道が先日途中迄下った道。下迄降りると5時半のバスを待つか目的の山に登るかしか選択肢は無い。この時2時半。行けない事はも無かったが楽な道を選ぶ。何だかんだ偉そうな事を言ってもやっている事はその程度の事かい?ところがその道も楽ではなかった。従走路の途中で下の住宅地に降りる。夏以来の道だった。

Img_7945

Img_7952

Img_7953

この先で従走路から住宅地に降りる。この道は一番楽な道だけど歩いて見ると分かるが楽な道ではない。近くに小学校があるが子供達がこの道を登る事は無い。その事の是非を問う親達も教育委員会のメンバーもいない?学校の裏山でも子供達は立ち入る事は出来ない?それが子供達の安全。?山を歩くと言う事はそう言う事になっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にそこ迄アホですか?自民党の歴史検証本部立ち上げ。

どんなに権力(圧倒的多数)を手にしてもやって良い事、悪い事がある事を知らないのだろう?反対に言えば多数であれば何をしても良い?世の中に多くの不条理があるがその多くはどうでも良い事?この国の最大の汚点は戦前の軍国主義と言われているが?その検証も出来ない保守、自民党が戦後の歴史を検証する?何たるマヌケだろう?

このブログを読んで呉れている多くの人から今年も多くの意見を聞かせてもらいましたが、残念ながら「先の大戦」を正しく教えて呉れる人は殆どありませんでした。今年安保法制の考えも大きく変わりましたが、憲法改正も多くの政治家が口にしています。

憲法を改正して「自衛隊を正当化する」それだけでは足りないでアメリカと軍事同盟を強化して国の安全を守る?そんな事が尤もらしく安倍総理は強調しました。そしてそんな勇ましい政策が年寄りだけでなく若者達からも支持される?

それだけでは足りずに自民党政調会長の稲田氏は女性。主婦。母親。そんな彼女も本心から安倍総理を支持して来年の憲法改正の環境を整備する?この国のジジババ達の考え方を仕方ないとしてもこの国がもう一度国際紛争を武力で解決する?

そんな事が若者や女性も本当に考えているのだろうか?そんな事は無いだろう?難しい事は分からないだろうが中東のシリアでテロとの戦いを口実にしてどれだけ多くの民間人が犠牲になっているのだろう?そんな事はどうでも良い?嘘をつけ。

日本が武力で国民を守る?守るどころか軍人が逃げた満州の関東軍。負ける戦いを強いられた若者達。負け戦の責任も取れないで国民を誤摩化し続けた陸軍参謀本部。そんな歴史を本当に明確に出来るのかい?この報道を聞きながら敢えて言いたい。

この国の自民党、保守の政治家はそこ迄アホなのかい?それでも国民はアホであってはならない。多くの人から今年、多くの批判を受けたが自分の考えは間違っていない事を痛感する。親父達は親から戦争の過ちを何も教えられていない。

しかし教えられなくても戦争の悲惨さと軍国主義指導者と戦前のマスコミのマヌケな宣伝は絶対に許す事は出来ない。どれだけ多くの尊い若者達と民間人が犠牲になったと思っているのだろう?靖国神社参拝でその御霊に手をどんなに合わせてもあがなう事の出来ない間違い。

それを繰り返そうとするのだろうか?そんな事は絶対に許してはならない?それ位の事が分からないのだろうか?親父達はそんなに長く生きる事は出来ない。子供達も半世紀。孫達にこんな政治をどう伝えるのだろう?自分達は関係無かった?そんな言葉は許されないだろう。来年はもう少し違った生き方をしなければならない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

そこ迄アホかいな?紅白。東芝の大幅リストラ。誰が経営の責任を取ったのかい?

Img_7829

Img_7830

Img_7831

大阪は今日は小雨。肌寒い一日。年末だからこれ位の寒さで当たり前?ところが今年は後10日足らずでお正月?そんな雰囲気は何処にも無い?外国では今週はクリスマス休暇。日本では来年度の予算案が審議されているがそんな事も関係無い?官僚達が好き勝手なコメントを口にしているが一番大事な事が分かっているのかい?

それは全て国民の税金だけでは足りず国債と言う名の借金をしている。その事が分かっているのだろうか?国民総活躍社会?訳の分からない担当大臣が笑顔で高齢化、少子化対策を口にしているが、こんな政策が支持される。何ととぼけた有権者だろう?

来年の事を考えてもそんな余裕は無い危機感は誰が教えて呉れるのだろう?そんな物は何処にも無い。お間抜けなマスコミはオチャラケ番組を見ながら新年を迎える?何たる間抜けな生き方だろう?来年は新年早々、そんな生き方に鉄槌を振り落とされる?

そんな事はとても信じられ無いに違いない。来年の事を言うと鬼が笑う。来年の予測はせめて明るく楽しく元気よく「笑って許して」「赤いスイートピー」「ギンギラギンにさり気なく」バカヤロウ。閻魔大王が眼を吊り上げて怒っている。

Img_7834

Img_7842

Img_7843

大阪駅前の工事は何時迄続くのだろう?大阪が観光客を迎える時、大阪駅前は関係無い?JR西日本の責任者はそんな事は全く考えていないのだろう?大阪駅前の地下通路の工事はナ、ナント平成35年迄。大阪市の都市開発はこんなペースで何時迄出来るのだろう?後7年。バカヤローだろー。それ迄こんな無様な姿を見せつけられるのだろうか?大阪副都心構想?全く関係無いのだろうが?

Img_7845

Img_7849
Img_7851

Img_7856

Img_7861

Img_7863

Img_7871

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白歌合戦?馬鹿騒ぎだろう?それで来る年に何を期待するの?

Img_7820

Img_7818

Img_7823

昨日の猪名川の散歩帰り、高い猪名川大橋の上から下界を見下ろしていた、夏目漱石の「草枕」はちっとも面白く無くて少しも読書が進んでいないが、そんな事もどうでも良いのだろう?その替わり先日TVで「いとうせいこう」氏から紹介された「供述によればペレイラは」を読む。イタリアの作家。ポルトガル文学の研究者。これも今イチだった。(関係無いか?)

ただ「いとうせいこう」氏の姿を久し振りに見る。編集者、小説家、お笑い芸人、ラッパー?歳は意外に若い?54歳。ただ最近のお笑い芸人と違うのは流石、早稲田?多くの本を読んでいる。そうで無いと多くの事は語れ無いに違いない。

今更そんな事を思っても遅い?ただこの国の「和を持って尊しと教えた聖徳太子」の言葉はどう思っているのだろうか?その事を聞いてみたい気はする。この国が外国人に理解されないだけでなく日本人にも意外に正しく理解されていない?

聖徳太子は本当は実在した人物では無いとも言われているが、その考えが正しいのかも知れない。戦争の教訓も生かせない?福島原発事故の教訓も生かせない?この国の人達は来年こそ、その生き方が問われる。それもこのアホな国民には無理なのかも知れない?(コラ)景気が良くなる?それ位の事が本当に判断出来ないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

今年も残り11日。久し振りの猪名川。川原を歩く。信じられない光景を見る。

Img_7716

Img_7719

Img_7717

この川原を歩くのは初めて。ここは以前は川の中?汚い水が流れていました?
それが歩ける。好奇心が急な河川敷の堤防をガニ股で駆け降りる。途中でバランスを崩すと転げ落ちる。誰も見ていないから大丈夫?トンデモありません。タダでは済みません。ジジイのくせにオバカな事を平気な顔をしてやっていました。

Img_7718

Img_7720

Img_7721

何だこの清流。デカイ目を剥いていた。以前はここは汚い水が澱んでいた?今年の春に堰(河川管理上は床固め)が低くなり水面が下がったが川原はこれ程広くは無かった。と言う事は更に水の流れが少なくなったと言う事?その原因はすぐに分かる。

Img_7722

Img_7723

Img_7724

今年の春完成した堰(床固め)は三ヶ月もしない7月の増水で土砂に埋まる。その無様な光景が様変わりしていた?堰の下に溜まった土砂が掘り上げられている。その影響?で川の流れが甦り清流が流れていた?河川管理の基本的な事。川に清流を取り戻す。その原型がここにはあった。

しかしこんな当たり前の事がどうして全国何処でも実現しないのだろう?それも原因は単純明快。それは澱み。川があちこちで塞き止められている。そしてその結果が殆ど知られていない。川の水が澱み悪臭がして水の中の小石にヌルヌルの藻が付いても殆どの人は関心が無い?川が汚れても関係無い?そんな生き方が何時迄出来るのだろう?

Img_7726

Img_7727

Img_7729

Img_7731
この川底を掘り下げる工事が完成するのは今年同様?来年の春。そしてその後に大雨が降ってここが濁流で洗われると又同じ結果になる?そんな事は無いだろう?しかしそうなったとしても又同じ工事を行う?そうして河川工事は何時迄も続けられる?

嘘だと思うでしょう?ところが今年の工事の時、こんな結果を誰も予想はしていなかった?そんな説明は何処にもされていない?お役所仕事。この工事の責任者はその説明を誰にしているのだろうか?そんな事をマスコミは何も報道をしない。

Img_7733

Img_7735

Img_7739

今年も後10日足らず。雲一つない快晴。無風。それでも罰当たりな心は苛ついていた。「どうしてそんな生き方しか出来ないのか?」その答えが長い間自分の心の中で誤解されていた。誤った理解。「アナタは我が儘」と言われてふて腐れていたが、この歳になっても何も変わっていない。

強ち(あながち)己の所為だけでは無いと未だに弁解している。それだけなら可愛いが、正当化して言葉を荒げるのはそろそろ終わりにしないといけない?この先、川は一気に汚れる。その風景に苛ついていた。それでももうすぐ年は改まる。そろそろ生き方を変えないといけない?(無理だな)

「行く川の水は絶えずして元の水にあらず」鴨 長明 日本の豊かさ それは自分とは違う物を受け入れる?空海は本当にそんな事を教えていたのだろうか?京都仁和寺の管長の言葉は「和」空海が教えた事はそうでは無い気がしてならない。

「真理」「あるべき姿」この国の仏教界の堕落を嘆いた平安時代の歴史は中国に教えを乞う。「貧しい人の救済」そんな言葉があるのだろうか?京都の大寺院が廃墟になった「応仁の乱」の教訓はどう学習しているのだろうか?そんな事はどうでも良いのだろう?

Img_7742

Img_7753

Img_7756

Img_7758

Img_7760

Img_7761

Img_7765

Img_7775

Img_7759

この間抜けな看板は国土交通省猪名川河川事務所と行政が建てている。NPO法人 環境にやさしいまちづくり推進会 今歩いている河川敷の清掃を自主的にこの推進会が行う事は何も問題はない。結構な事です。しかし河川管理は彼等には出来ないし、お金も権限もない。そんな当たり前の事が蔑ろにされている。(そんな事は無い?)嘘をつけ。大体川の中にドラゴン自然緑地。その言葉がこんな様になっている?

Img_7774

Img_7779

Img_7781

Img_7783

これだけのゴミが集められてもすぐには片付けられない?ここは猪名川に流れ込んでいる最明寺川の合流の少し上。最明寺川も上流には立派な滝があるが、雨が降らないと水の流れは殆ど無くなる。この川も通常は無用の川?それでも雨が降ると怒濤の流れとなる。

Img_7790

Img_7792

Img_7793

Img_7794

Img_7795

Img_7799

今年の夏の大雨でめくれあがっていた木の橋が整備されていた。これはボランティアの人の仕事に違いない。人の善意を踏みにじるつもりは全く無いが、河川管理者が行うべき事は明確にしなければいけない。それともそれ位の仕事も出来ないのかもしれない?

Img_7785

Img_7786

この堰も作られて久しい?農業用水を治水している。しかしこの堰も役目を終えているいる。(水利権を手にしている農家の人はそうは言わないけれど)しかしよく見たまえ。この川の汚れ。(川を塞き止めた結果)大水が出れば対岸の河川敷のグラウンドは冠水。この取水口の様。そんな事はどうでも良いのだろう。

Img_7789

Img_7803

Img_7805

Img_7807

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

大阪副都心構想?大阪維新の党の間抜けさ?それとも関西人の間抜けさ?

東京都知事を辞職した猪瀬元東京都知事を大阪維新顧問の要請、そして受諾。
大阪ではこの政党が一番勢いがある。その理由も良く分かる。いくらアホだと言われても関西人は東京は好きになれない?どうして?本音と建前が使い分けられる?

ところが大阪も橋本維新の会の登場で本当におかしくなりました。物事の本質に鋭く迫る?東京一極集中、中央政権の弊害を口汚く罵りながらやっている事は安倍政権の大阪版?そんな政党が保守政治を変える?そんな事が出来る訳が無い。

多くの大阪2重行政、既成政党、大阪府、大阪市の政策、行政を批判しながら全国的な支持が無いのは「アンタらが悪い」確かにそうかもしれない。しかし「アンタらもおかしくないのか」自分達の政策の誤りを認めると言いながら「大阪副都心」は無いでしょう?

流石に大阪都構想の大阪市と大阪府の役割分担に矛盾を感じても大阪市民にはそれだけの決断は出来ない?その事が感じられると次は「大阪副都心」構想?そしてそのアドバイスをあろう事か東京都知事失格の猪瀬氏にお願いをする?これでこの党は終りです。関西のマスコミはそんな批判も出来ない?(そんな事も無い?)

Img_7710

Img_7711

掛り付けの内科で血圧を下げる薬と心臓の負担を和らげる?薬を処方してもらう。
血圧は130−80の標準値?に下がっている。血圧については色んな人が色んな事を言うけれど大事な事は自己管理?自分の体の事は自分で管理しなければいけない。情けない事に薬を飲まないとふらつきが出て来ている。薬を飲むと安心が出来る。そんな生き方は変えないといけない。(無理だな)薬と上手に付き合って下さい。

Img_7713

Img_7714

Img_7712

初めて知った椿の名前。「タチカンツバキ」。漢字で書いてみると良く分かる?「立ち寒椿」成る程 寒椿の一種。ネットで調べて見ると原種の寒椿は背が低い。(1、5メートリ以下)それより背の高いツバキをタチ寒椿と言う?

もっと正確に説明すると枝が上に広がる物を「タチカンツバキ」と言い、横に広がる物を「寒椿」と言う。成る程。但し山茶花(サザンカ)と寒椿(カンツバキ)の区別は難しい。山茶花は花びらが1つずつ落ちる。椿は一度に落ちる。

だから江戸時代は縁起が悪いと言われて屋敷内には植えられなかった。今でもその風習は変わらない。家、屋敷。工場内の花は山茶花。椿は墓地や街道、山中?それも最近は変わっている。「椿咲く春なのに貴方は帰らない。」そんな歌も流行した事がある。(関係ありません)音声を消して見ている競馬中継もそろそろ終わりです。オチャラケの競馬中継。この放送も完全に間抜けになっている。今日は関西も寒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

東京オリンピック開催費用が当初予算の6倍?ナンボになるの?

親父は東京オリンピック開催には反対だから発言の資格無し?
バカ言っちゃ困るよ。親父は東京都民では無いけれど日本国民。国籍を手にしている。国籍があれば何人からもオバカを言われる筋合いは無い。

ところが最近は本当におかしな世の中になっている。オリンピック開催が決まった時、手に手を取って喜び合ったオリンピック招致の関係者達。この無様なニュースを聞いてどう思っているのだろう?それでもオリンピック招致の効果は計り知れない?銭金の問題ではない。国の威信が掛かっている?何様のつもりだろう?

たかがスポーツ関係者?アマチュアスポーツがどんなにすばらしいと叫んでも、最近の金まみれのフィファ(国際サッカー連盟)と大差ないと言われても、関係無いと叫ぶのかい?マスコミも博識が無くなりましたな?そう思いませんか?

プロ野球も高校野球も新年早々の箱根駅伝ですら補強には金が掛かる。それ位の事はどんなマスコミ関係者だって分かって誤摩化している。それ位の事が分からないと思っているのだろうか?ええ加減にしなはれ。

オリンピックも予算規模に近づけないとそんな物は止めろと言われるだろう?そんな事は無いと素知らぬ顔をしまんのか?ホンマに最低の輩。インチキ野郎です。地方分権、地歩活性化と叫びながら中央省庁の地方分散も出来ない官僚達。

信じられない事に過去の官僚達の不祥事の関係者はどんな面をして民間の会社に天下っているのだろう?税金もマトモに払えない会社で偉そうな面をしている?そんな社会に未来があると思ってはいないだろう?そんな事はどうでも良いと無様な生き方をしているだけだろう?

今日、又、梅田の紀伊国屋で本を調べてもらいました。昨日TVで教えて貰ったイタリア人が書いた本。日本の作家で社会の堕落を問い掛ける人はどれだけいるのだろう?(それはあなたが知らないだけ)そうだとしたらもっと勉強しないといけない?

Img_7682

Img_7683

Img_7687

大阪駅北口グランフロント大阪前の広場に出来た氷ではないスケートリンク。オープンの時はNHKでも大々的に報道されたが入場者はご覧の通り。しかも彼等は係員?何でそんなに少ないの?その理由は料金?いくら何でも大人1人1500円は無いだろう?時間料金30分500円で何でやらないのだろう?そんな事はどうでも良いのだろう?

Img_7692

Img_7691

Img_7699

スケートリンク「つるん、つるん」大阪梅田にも常設のスケートリンクは無くなったがスケートでなくても若者達は手をつないで歩いている。若者だけでなく親父達でも例外では無い。(気持が悪い)1500円払うと言う事はカップルで3000円。いくら若者達でも金は稼げると言ってもドケチな関西人はアホらしきくて見物人も多くは無かった。

Img_7700

Img_7694

Img_7708

Img_7709

ラッピング電車のウオンバット君。実物は最近見ていないが臭かった気がする。五月山動物園は日本で2番目に小さい動物園ですが入園料無料。大きな滑り台もあるし幼児には人気の公園。ただ最寄りの駅からは商店街を抜けるのでちょっと遠い。幼稚園児迄なら親子で楽しく遊べるに違いない。

今夜はテレビを見ないで読書です。「良心とは何か」その事を考えて見ます。信じられない事に親父達はその事が本当に保証されたのだろうか?その事も考えてみるのも良いだろう?今更そんな青臭い事を言うな?

そんな言葉には全く聞く耳を持たない。親父が多くの人に嫌われた理由が良く分かる。しかし今、その事が逆転しかけている?それも有りだろう?(無いか?)閻魔大王が昨日眼を剥いていた。「驕れる(おごれる)平家は久しからず。」そんな教訓も教えて呉れる人もいない。そんな世の中になっている?今更スターウオーズも無いだろう?
Img_7706_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去は語れるけれど未来は語れない?語れる知識も無い?

このタイトルの記事は8/12に書いている。もう一度読み直してみて良い事を書いている?どうでも良い事?(うまい?皮肉かも。)自民党税調の評価を語れる人が本当に少ない?再来年の消費税10%の軽減税率を評価する世論調査の結果にも唖然とするがその程度の事かもしれない?どんなに尤もらしい事を口にする総理大臣でさえもこの国の未来を語れない?それでもそんな事は無いと多くの人は信じている?

あれ程チェンジを叫んで支持されたアメリカオバマ大統領ですら、アメリカの未来を大きく変える事が出来たのと100年後のアメリカ人に問われれば「NO」だろう?それ以上にこの国の未来は厳しい?ところがそんな事は分からんだろうと平然と開き直られる。

確かに。我が国の100年前の人が考えていた未来と現在を全く違っている。しかしその半分前に経験したこの国の輝かしい未来はこれ程、薄汚かったのだろうか?そんな事は無い?それはアナタがこの厳しい現実の当事者に慣れていないからだろう?

そう言うと殆どの人が「それはお前だろう」何を暗く何を破壊的に見るのかと開き直って来る。その言葉に苛立の激情が込み上げていた。今になって見るとその間抜けさが良く分かる。何も問い掛ける事は無い。自分の現在、過去を直視すれば未来が見えて来る?

それも違う。現在の延長線が未来に続いている。その事に気づけばマヌケない今の政治がよく見えて来る。難しい事は分からない?確かに。親父も漱石の「草枕」を読みながらそのペースが少しも上がらない。彼が明治の文豪だったと言われる所以(ゆえん)は現在人の評価が正しいのかも知れない?こんな小説は親父でも読めない?

Img_7637

Img_7641

Img_7642

Img_7644

Img_7645

Img_7646

中山最高峰到着。本日の目的地はここでは無い。この山を北に下って次の山(大峰山)を目指す。(予定だった)ハア?予定は未定。バス1本乗り過ごしたのでこの景色の左に下り、もう一つの峰を目指すには時間が遅かった。それでも鼻水を垂らしながら弁当を食っていても食う事しか集中していなかった。(情けない)トンデモナイ。すばらしい。こんないい加減な気持を持ち合わせていないと山歩きは出来ない?

Img_7650

Img_7652

Img_7654

Img_7656

この散策の道はハイキングコースではない?山陽自然歩道?そんな名前も行政に聞いてみても「知らない」と言われる。近くに「近畿自然歩道」はあるがその道も部分的に区切ってで無いと距離が長過ぎて歩けない。自分の体力に合わせて自分の責任で無理をしない。それが山歩きの鉄則。現在人の脚力ではとてもそんな事は出来ない?

ネットで調べて見ると先の言葉を訂正しないといけないかも知れない。最近山歩きをしていて不思議に思う事。それは道はあるけど定期的な保守、点検が行われていない。この事は国有林の管理の在り方と関係している?多くの人は知らないが国有林を歩いて見ると山の管理は充分では無い。その原因は山の資産価値が無くなったから?

その事は上の写真の斜面に置かれた看板を見れば良く分かる。山陽自然歩道は無いと思っていたが道はある。正式名称は近畿自然歩道「山陽ルート」?管理者はいない?名前は環境省が着けた?道は昔の人が行き来した山道?そして森林管理に林野庁の人が歩いた道。現在は地方の出先機関が細々と管理している?(それも道ではなく森林保全の為)?正確には聞いてみないと分からない。?その程度の事?

Img_7657

Img_7658

Img_7659

Img_7660

Img_7661

Img_7663

本当は引き返すつもりでよせば良いのにここ迄降りて来る。この看板が落ちていなければ?更に下るつもりだった。その先は完全に山を出る。バス停がある。ただしそのバス乗り遅れると後は無い。その時は歩くつもりだった。

帰って宝塚迄のバスの時間を見ると30分。歩いていたら1時間?トンデモありません。バスの時速は遅くても山道1時間40キロは走る。その半分で20キロ。途方に暮れていた?それでは済まない。ヒッチハイクをしないととても帰れなかったに違いない。左に進む。歩き易い道。ニンマリしていた。しかしそれも束の間。分岐に出る。

Img_7664

Img_7665

Img_7666

上に登る道と谷に向かう道。どちらを選ぶ?当然そのまま進む道でしょう?ところが違う。標識が無ければとにかく尾根に戻る。そう。登る。きついけど登れば来た道に戻れる。正解だった。ちょっとだけと覗いて下り始めた道に出る。その道を更に戻ると来た道(中山従走路)に戻る。帰りの道も昨日帰った一番楽な道だった。

Img_7669

Img_7671

Img_7672

Img_7677

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

中山最高峰以前引き返した谷筋を登る。その先中山最高峰(487)

Img_7571

Img_7572

Img_7574

中山最高峰へのルートはハイキングコースが色々あるが、信じられない事にそのコースのマップは殆ど手にする事は出来ない?初めてこのコースの従走路を川西市方面から歩いたが、驚く事にそこのお寺さん(満願寺)周辺の飛び地。そこから宝塚市清荒神(清荒神)又は中山観音駅前に抜けるコースは5時間掛かる?

更に南東側の登り口(降り口は絶壁)心根(こころね)迄もが試される。非常に興奮と度胸が試される健脚コース。歩ける人は限られる。初心者は歩けない?コース途中にルート案内看板が殆ど無い。極め付けは中山最高峰の標識すらない。

あるのは三角点のみ。その訳を宝塚観光協会に聞いた事がある。その時、言われた言葉は今でも忘れていない。宝塚市がお勧め出来るコースは山麓の公園。中山山中、山頂、従走路は自己責任で歩いて下さい。「ほほう」こいつら馬鹿だなと思っていた。

ただ彼等を弁護するならば行政の責任はそれ程重い。軽々しく健脚コースの案内は出来ない?そうだったのかも知れない。今日歩いた道も正にそれだった?ただこんな道がタダで歩ける。そんな贅沢をしていた。

しかし呉々も注意しなければいけない事は標高500メートル足らずの山と侮れない。途中でリタイアしても助けては呉れない。谷に落ちたら無事には済まない。それ位の覚悟は必要。それ位の事が知らないから歩ける人も少ないのだろう?

本日はその道を歩く。ただこの山裾は長い。山麓から歩くと山頂迄4キロを越える。昨日も歩いているので途中迄昨日同様バスに乗る。そのバスが出た所。次のバス迄の時間30分。中山寺の山門の仁王様と閻魔大王に会いに行く。

Img_7578

Img_7579

Img_7580

Img_7581

閻魔大王は現世(今生きているこの世界)で何を為したか?三途の川を渡るとすぐに問い掛けられる?現在のオバカな老いも若きも男も女もそんな事を言われても信じる者はいない。しかし間違いの無い来世。その生まれ変わりを否定は出来ないが、そんな事すら信じられない人も多い?小さい頃良く言われた言葉。地獄極楽の審判を受ける閻魔大王は昨日同様目玉を剥いていた。どれ程「むげねえ」可哀相な生き方をしているのだろう?

Img_7587

Img_7588

Img_7589

30分の待ち時間もアッと思う間もなく過ぎて行く。最初は30分もバスを待つくらいなら歩くとエエカッコをしていたが、そんな事もすっかり忘れてバス停に引き返す。見事に鈴なりのピラカンサと2色の愛らしい椿の葉っぱに笑われていた。

Img_7595

Img_7596

Img_7598

ここ迄来るとバスの偉大さが分かる。昨日は満員だったバスも今日は空いていた。しかしバスの利用者も高齢者が多くなっている。親父はまだまだ歩けるがそのうちバスにも乗れなくなる?(歳を取るという事はそう言う事)その時どんな生き方が出来るのだろう?出来ません。そうなった時でもかくしゃくとして歩ける様に?(それは無理)後10年間で決着を付けれるかだろう?(無理だな)

Img_7599

Img_7600

Img_7602

昨日降りた道を今日も降りる。先日この谷の先であった叔父さんは今日は居なかった。しかし昨日教えてもらった中山山頂への道を今日は歩く。その道も以前、途中迄歩いていた。谷筋の道。この道は少し先で谷と交差を繰り返す。

谷が浅くなり谷筋の道の高さと変わら無くなる。それで道はそこ迄と思っていた。ところがそれは間違い。最後は一気にマッタテ(まつたけではない)「壁の様な道」を登る。叔父さんが階段をつけてくれていた?(昨日の叔父さんではないかもしれない)

Img_7604

Img_7606

Img_7607

Img_7608

この階段は今日は登らない。昨日叔父さんが落ち葉を掻き出していた。その道が綺麗になっている。この道を登ると尾根伝いに聖徳太子の「天宮塚」に登る。叔父さんは「てんぐうづか」と言っていたがネットで検索して見ると山歩きの人は「てんぐつか」と呼んでいる。親父的には「あまみやづか」どっちゃでもよろし。

Img_7609

Img_7610

Img_7612

右、谷の上には車道がありその横には立派なお屋敷がある。そこのベランダに居る番犬に吠えられる。びっくりするが予想はしていたので反応はしない。近くで吠えられると無視しない。声を掛ける。「馬鹿犬」それでも犬には通じない。

更に吠えられる。こうなると親父の声もデカくなる。「馬鹿犬」それで終り。本当の馬鹿犬は飼い主に止められる迄吠えるか、親父に無視される。犬も人間も同じで喚き散らす間は声で黙らせれば良い。気をつけなければいけ無いのは無言で寄って来る輩。こいつは気をつけないと危ない。格闘の構えをしないといけない?(ヤメなさい)

Img_7613

Img_7615

Img_7617

ここで谷は終了?しかし水の流れはまだ終わっていない。大雨が降るとここも濁流が谷を埋める。ところが右側の住宅地は全く関係がない。これが広島の土砂災害とは大違い。間抜けなマスコミは広島の土砂災害を一時の天災の様に伝えたが、この中山の宅地開発はそんなマヌケを犯していない。

そんな教訓を何も学習していないのだろう?こんな谷でも大雨が降れば激流が流れ下る。広島の間抜けな宅地開発はそれ位の事も学習していない。信じられない事にそれ位の事も言われていない。責任者はどう始末をつけたのだろう?

核兵器廃絶?出来もしない事を繰り返すだけで、出来る事には素知らぬふりをする?広島には政治家も土砂災害の権威も居ないのだろう?恥を知れ。(無理だな)マスコミも広島の土砂災害の教訓を何も語らない?それでも国民の生命と財産を守る?阿呆抜かせ。

TVもそんな報道はスポンサーが興味を示さない?バカヤロー。そんな企業の製品を誰が買ってくれると思っているかい?有名人が宣伝すれば売れます?これからは徹底的に財布を紐を締めましょう?そんな事も関係無いと思っているのだろう?

今夜のおかずはお気に入りの五木食品の「鍋焼えび天うどん」(具がおいしい)冷凍ハンバーグ(AJINOMOTO)キャベツ4ッ切れ湯煎、肉無しのごましゃぶ掛け(ミツカン)サバ缶ごまみそ味。これでおいしい食事が出来ました。

ザマーミロ。(誰に?)景気は良くなる?それは確かでもどれだけの人が実感しまんのか?政治屋さん。農家の所得保証をあれ程馬鹿にしていたのに?あれ程TPPには断固反対と言っていたのに?軽減税率は生鮮食料品だけと言っていたのに?

それよりも何よりも景気は間違いなく悪くなります。(どんなに株価が上がっても?)株価と景気は全く関係が無くなっている?そう思いませんか?第一、株が上がって豊かな生活が出来る人はどれだけ居ると思っているのだろう?

他人事では無い。万一の備えがある人でもそうだからあなた。俺は私は関係無いとはとても言えないよ。それ位の事も言えなくなってもマスコミの関係者は豊かな生活が出来る?親父達はとてもそんな生き方は出来ない。その事をこの先痛感する。

Img_7618

Img_7621

Img_7622

ここ迄来ると今は水は流れていない。しかしここは紛れも無く谷。左と右は尾根に続く。初めてこの谷を歩いた時は本当に不気味だった。今日は昨日叔父さんに道は途絶えていないと聞いていたので安心して進む事が出来る。それでも不気味。何度も後ろを振り返る。以前気味が悪くなって引き返したのはもう少し先だった。

Img_7623

Img_7624

Img_7625

前回歩いた時、何と薄気味悪い道かと思った理由が分かる。ここは両側が尾根で暗い。今日、平気で歩けたが正直平気ではなかった。何とも言えない暗さ。歩く事を拒否されていた?イヤホーンの聞き慣れた曲を止める。静けさの中で監視されている音を聞き漏らさない様にしていた。何とも不気味な空間。空気が張りつめる。

物音に集中しながらゆっくりと息を吸い込みながら歩いていた。しかしそんな時も長くは続かなかった。前回、引き返した場所が近づいて来る。よそ者の侵入に山の神が息を潜めていた。「大丈夫。怪しい者では無い。」それでも監視の眼はびしびしと感じる。気を付けてなるべく立ち止まらない様にしていた。

Img_7627

Img_7628

Img_7629

ここ迄来ると昨日の叔父さんの言葉がウソでない事を実感していた。「階段がある」「その階段を上がれば中山従走路」そこから右に歩けば中山最高峰(487)は近い。ここ迄来ると不気味さから解放される。その代わりに急な階段に苦笑していた。

Img_7633

Img_7635

Img_7636

この次は又明日。従走路は明るい日差しが差し込んでいた。今年の一月一日にこの道の左から登って来て「奥の院」をお参りして帰る。最初は関西では珍しい粉雪に感激していたが、この先の尾根を吹き上げる風は右の頬に遠慮なく吹き付けていた。流石のオバカもあの後風邪でダウンしたが咳が止まらないだけだった。今年ももうすぐ終了。元気に歩けた事に感謝しなければいけないに違いない。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均大幅続伸?円安になれば株価が上がる?ウソでしょう?

米経済回復の兆し?アホやろー?阿呆ではありません。
世の中なんだかんだ言った処で「金余り」?
アメリカ経済が堅調とマスコミは尤もらしく伝えているが、実態経済はどうなのだろう?そんな事もどうでも良いのだろう?

アメリカの金融環境が改善している?
政府までそんな事を言って良い?良いんです?経済再生担当大臣迄がそこ迄言いますか?この国はその程度の経済再生?外国人観光客が多くなり経済再生?爆買いの中国人が多くなり経済再生?こんな政府は支持される?

アホな国民が経済の「格差」を思い知らない様にマスコミには政府批判をさせない?中国共産党と何も変わらない?中国だけではありません。アメリカにもそんな空気が出て来ている?共和党大統領候補者の発言が「テロとの戦いで支持される」

アメリカと言う自由で民主主義な国も西部開拓史の頃と何も変わっていないのだろうか?「怒りのぶどう」の小説家スタインベックが暗示した未来はこの程度だったのだろうか?日本にも確実に押し寄せている「格差」。その是非は別にしても私達が手に出来る情報迄もその程度であるなら全く別の生き方をしないといけない。?

しかし間違いの無い事は難しい言葉ですが「グローバル」。この言葉の意味は「世界的」「全体的」「地球規模」多くの知識人、学者、政治家、経済人迄もが口にする言葉がここでは無視されている?日本でも良く言われる言葉。

その一方では東京一極集中。地方分権、地方創生がどんなに叫ばれても進まない原因も殆ど知られていない?無視されている?東京は5年後の東京オリンピックに向けて更に過密になり間違いなく「格差」の都市になる。

それで大阪では副都心構想?大阪都構想の次は猪瀬元東京都知事を大阪維新の会の顧問に迎える?全く考える事はその程度の事しかおまへんのか?そんな政党が大阪では支持される?大阪も情けない街になっている。アホやねん。すっきやねん。大阪も「らしさ」を失えば「東京」と変わら無くなる。それ位の事が分からんのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調管理 眼から鱗(うろこ)眼医者行って来ました。歯医者でマイナンバーの壁新聞を見る。極め付けは布団乾燥器。

Img_7517

Img_7518

Img_7520

最近ブログが面白く無いと言われる。それはそうだろうと思う。ただそれは親父にとって非常に聞き捨てにならない言葉。その度にコメントを削除して来たが最近はそのコメントも限られている。そろそろ親父のブログも面白い事に挑戦?そんな気持は全くありません。ただタイトルだけは工夫して下さい?それも考えています。

Img_7522

Img_7524

Img_7525

Img_7526

この尾根を登ると聖徳太子が修行したと言われる「塚」がある。聖徳太子と言えば歴史上の偉大な人物と教わったが、色々聞いて見るとその歴史は正確では無い?それでも現在の間抜けな政治家、経済人、ノーベル賞受賞学者さんでもその足元には到底及ばない?そんな事も知らない?1000年後この國の形ちはあんのだろうか?坂道を喘ぎながらそんな事は全く考えていなかった。息が切れる。苦しい。

Img_7527

Img_7528

Img_7533

Img_7534

どうにか目的地到着。違います。今日はこの先、中山山頂から一旦山を下って「笹部新太郎演習林」の武田尾迄行かないといけない。しかし、途中で話を聞いた親父さんから「この時間では無理」3時間掛かると教えられる。この地点で既に諦めていた。

Img_7537

Img_7535

Img_7539

中山従走路に出る。今年の一月一日。粉雪の中を右に行かないで左の「中山奥の院」にお参りをした事を思い出す。あの時は右から吹き上げて来る冷たい風と粉雪に少し興奮していたが、その後風邪を引く。「馬鹿は風邪を引かない」これもウソだなとぼやきながらそれでも寝込む事は無かった。これからはそうはいかない?

Img_7540

Img_7542

Img_7543

この道は看板も何も無いが、この中山従走路から一番楽に下の住宅地に降りれる道。看板の案内が無いのはこのハイキングコース、行政も国も地域の人も誰も歓迎していない?嘘だと思うでしょう?本当です。信じられない事に道案内看板は何も無い。(有ったじゃねえか?)そうありましたね?しかしあれだけです。中山山頂の写真見て下さい。

Img_7544

Img_7547
Img_7549

Img_7550

Img_7551

Img_7555
天宮塚でお弁当を食っていたのでここでは柿のお供え。柿を皮を剥かないで食ったのは高校のクラブ活動の帰りに盗んだ柿を食って以来?イヤイヤ京都大原三千院で食って以来?あの時は大阪に戻って最初の秋?干支は一回と2つ(14年)前の事か。

Img_7556
Img_7559

Img_7560

この時4時半を過ぎていた。足元は暗くは無かったが足元の石に足をひっかける。それでもこの道が一番歩く距離が短く楽。今年は良く歩いたので道を知り尽くしている?今日歩けなかった道はこの尾根の反対側に降りる。その先はバス通りに出てもう一度山を登らないといけない。明日歩きますか?止めときます。

Img_7562

Img_7563

Img_7564

山道の出口にも案内板は何も無い。この舗装道路は市水道の建物がこの先に在るから作られている。一般車両は立ち入り禁止。そんな看板も何処にも無い。この下は大きなお屋敷が広がる。こんな山の上迄宅地開発が進んでいるが一区画100坪以上の高級住宅しかありません。貧乏人はお呼びではありません。その下にはお手頃な住宅もある。

Img_7565

Img_7566

Img_7569

昨日は出かける前に眼医者に行って来ました。定期検診はもう少し先だったけれど左目がうっとおしかった。診断の結果瞼の裏にアレルギー反応?それが悪さをしていた。処方されている目薬をコマメに差しなさいと言われて「この眼薬駄目」と文句を言う。(コラ)

前、余計な事を言って叱られたがこれは大事な事。前回クレームを付けた時、処方された薬「ゼネリックでない」と言っていたがそうでは無かった。成分が変わっていなかっただけ。「元に戻すから明日取りに来なさい」やっぱし。言ってみるもんだ。

ゼネリック成分は変わら無くても体が覚えている。すばらしい。親父の肉体的弱点。「眼」「お腹」(下痢)首の骨の曲がり?全て自己診断が出来る。自分の体を知れば明日が見えて来る。後10年。50代の体力を。(無理だな)頑張る。

マイナンバー。医療には役に立つのかな。自分の健康管理。カードで出来ると便利だが掛り付けの医者のパソコン迄が精一杯に違いない。マイドクター。眼医者と内科医と歯科医。何処迄大事にしてもらえるか?それはマイナンバーでは分かりません。

最近煎餅布団に布団乾燥機が活躍して呉れる。イヤホーンで落語桂三木助の「芝浜」を聞きながら暖かい布団の中に潜り込む。何よりの一日の終りです。今年の暮れ迄いよいよ半月。風邪を引かない様、怪我をしない様、事故に遭わない様に気を付けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

オチャラケの生き方が何時迄続けられるのかな?

Img_7468

Img_7469

Img_7474
Img_7479

Img_7484

Img_7485

連続でお見せした写真近くの景色。もうすっかり冬景色と思っていたがそうでは無かった。もうすぐ今年も終了だけれど世の中はそんな気配は感じられない。良く言えば平和?悪く言えばピンボケ?(やるべき事が明確になっていない?)親父の様な悲観的な見方は少数派?それでもパニック障害は他人事では無い。

突然襲われるパニック。(息が苦しくなる。胸が締め付けられる。胸がドキドキする。)そんな時の対応は意外に知られていない? これ程、医学が発達しても精神的なパニック障害の克服は容易で無い。簡単な方法を見出す為にその対応を考えて置きましょう?(無理だろう?)無理ではありません。お教えしましょう?(アホ)

Img_7486

Img_7489

Img_7491

Img_7492

Img_7493

Img_7494

大阪人でもこの谷は殆ど知らない。信じられない事にこの道は登り降りする事が出来る。今は上から見下ろしているが大雨が降ると当然通れない。今はチョロチョロ流れている水も大雨が降れば怒濤の様にこの谷を流れ下る。(そんな事は当たり前)

そう。そんな当たり前の事がアナタは知らない。知らないで尤もらしく自分の考えを喚いている。その思いが聞き入れなくなった時、パニックになる?ならない人は鈍感な人?その程度の事です。今、世の中で偉いと思われている人、自分達でもそう思っている人、良く見ると最低の生き方をしている?そう思いませんか?

その事を最近痛感する。国の財政が赤字だから消費税をお願いする。消費税を10%にして足りない福祉のお金に使う。そう言いながら一方では軽減税率。生活弱者の為?ウソでしょう?公明党の選挙公約実現の為?前の政権を散々批判した人達はこんなオバカな政策を支持する?身を切る改革も出来ない政府自民党。

公明党は野党の時、どんな口調で政府、自民党を攻撃したのか?とぼけている。そんな事を知らないオバカさが良く分かります。この先で山の主に合う。人の生き方は「奉仕の心」政治家がどんなに尤もらしい事を口にしても彼等にどれだけのそんな気持があるのだろう?

Img_7495

Img_7496

Img_7499

Img_7500

Img_7501

Img_7502

昨日この手前の東尾根コースを歩いた時に保安林の看板が合った。そのコースは以前歩いた時より立ち枯れの木が少なくなり明るくなっていた。その時、お金を掛けて手入れがされていると感じていました。しかしそれは半分以上は間違い。

国有林の管理は当然国の機関と地方の出先機関(中国、近畿森林管理局)が行っている?そんな事もどうでも良い。ところが落ち葉を掃除している叔父さんは「奉仕作業」この階段も叔父さんが作っていた。その事を聞きながら貴男どう思います?

山を歩くと心が洗われる。その維持管理はどう行われているのか?知らないでしょう?そして保安林の大切さは見失われている?それでもどうでも良い?しかし精神的に疲れた時、その体を癒してくれるのはオチャラケの情報ではない事も知って損はしない。その事を知ると人生は本当に捨てた物ではなくなるに違いない。

Img_7503

Img_7504

Img_7506

叔父さんは77歳だった。この大きな樹を運んだ時が一番大変だったと教えて呉れる。この大きな樹も朽ち果てた木を置いているので長くは持たないとつぶやいていた。それで親父の疑問は解ける。この階段は行政の手作りではなかった。叔父さんの奉仕作業。この先の道できちんとして案内看板が無い事も良く分かる。

Img_7507

Img_7508

Img_7510

人間世界では当たり前でも生態系(山の中でも)信じられない光景が進んでいる。流石の親父も知らなかった最近の山事情?里山の風景。親父さんに教えて貰う。親父達が小さかった山は「価値が計り知れなかった」国有林も民有林も大事にしてその恩恵を受けていた。その山の価値は現在でも変わらないが人々の認識が変わっている。

その結果、大事な松や杉、檜の価値が無くなり雑木が多くなっている。山が持つ保水性、新鮮な自然環境が放置されている。春になると杉花粉が問題にされるが、今、進行している全国の山の崩壊は、今、何とかしなければ(何とかしても)将来に禍根を残す。それでも私はこれ位の事しか出来ない。それで充分でしょう。そう言われていた。

口先ばかりで能書きもこけないと増々山は荒れて行く。その時人間様はどんな生き方をするのだろう?里山が大事にされる。そのうねりを大きくしなければいけない?(そんな事は全く考えていなかった。)世界が環境問題を考える。環境省はそんな事を本当に考えてはいない?自分の国の豊かな森林資源をもう一度大切にする。

それ位の事も出来ないのだろう?来年の伊勢志摩サミットのテーマは「保健」?それ迄安倍さん体力が持ちまんのか?(余計なお世話です)仮にそうであれば?是非森林資源の保護、保全、保安も入れなはれ。それが伊勢志摩の大事なテーマです。

Img_7511

Img_7512

Img_7515

ここからしばらく尾根を登る。ゆっくり歩いても息が切れる。足元も良く無いが下を見ながら一歩、一歩、又一歩。夏目漱石の「草枕」読み直しているがこんなに難しい事を書き記す表現力うんざりしている。それでも分からない処を跳ばしながら読んでいるとあらすじだけは見えて来る。山登りも同じ様な物かも知れない。(お腹を凹ませて下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

年末狂想曲?と言っても殆ど見向きもされず。

最近の天気予報恐るべし?それに反比例してこの景気予測?(関係無いか?)
そうはイカのキン玉。(コラ)今でも当らない競馬の予想並み?(競馬の予想新聞買わなくなって久しいが今ナンボするんやろう?馬券も買えなくなれば競馬の予想紙も関係無くなる。?

それにしても自民党税調?ひどいもんだね。新聞迄もが低減税率の対象?新聞の尤もらしい「社会正義」とやらもこれでお終い?新聞定期購読をしていないから関係無い?これからは本当に質素倹約?(捨てるつもりだった10年以上愛用のジャンバーを引っ張り出して電車に乗る。)

行き先は梅田の本屋さん。夏目漱石の「草枕」もう一つの活字の大きい文庫版を買いに行く。ところが乗り込んだ普通の電車に途中で学校帰りの学生が乗り込んで来る。電車の中は空いていたが親父の横に二人組の体格の良い学生が座ると流石に狭い。

ゆったりとした気分で本を読んでいた親父が段々苛つく。気が付くと左のヒダの外に学生の傘が当っている。横目で見ても知らん顔をしている。それで許してやる親父では無い。「傘が当っている」「分からんのかい」親父の威嚇した低い声に甲斐らしい兄ちゃんは頭を下げる。

それでも「言われんと分からんのかい」と親父のドス声。(最低)ホンマに不愉快。廻りの人に睨まれる。素知らぬ顔をして本に眼を落とす。これが女の子なら反対に開き直られる。「オッサン、文句あんのかい?」ありません。失礼しました。「アホンダラ。ジジイのくせに。」相手を見ながら文句を言う様では最低です。

梅田について目的地の本屋の入り口迄来ると何か喚いている。大きな鐘を打ち鳴らしながらお客の注目を集めている。無視しながら神経が逆なでされる。目的のカウンタんで用件を言いながら書籍の検索を求めると「もう一度言って下さい」と若い女性店員に言われる。見慣れない顔。明らかに役不足。ここで又親父の怒りが爆発する。

「同じ事を言わせるな?」仕方が無いのでもう一度繰り返すが予想通り、何を言われているのか分からない?この本を探して下さい。それだけの事が出来ない。カウンターの外で腕章を付けたベテランに店の入り口のわめき声を注意する。ところがこのオッサンは何を勘違いしたのか?親父の言葉が理解出来ない。ここで更にぶち切れる。

それでも親父の言っている事に理屈が通っている。「ややこしい話では無い」。女性店員がジジイの言う事を理解出来ない。売り場の管理をしているアンタがお客の苦情を理解していない。知り合いの前回対応して呉れたベテランが顔を出して話を引き取る。

目的の本を手にして久し振りにカレー店に顔を出す。食券を買う時にまごまごする。注文の仕方を忘れている。レギュラーですか?ルー大盛りですか?生タマゴ要りますか?「レギュラーです」カウンターは2つ空いていたのでそこに決める。

先客は無視?片方はカップル。片方は中年の親父。どちらにしようかなと思って様子を窺うがどちらも素知らぬ顔。譲り合いの気配がない。仕方がないので親父の方の席半分に腰をかける。カウンターの中の女性も見て見ぬ振り。親父もとぼけていた。

ただカメラを首に掛けているのでそれだけは手で支える。久し振りのカレーは美味くも不味くも無かった。次の機会は両隣が空いて居る時にしよう?ホンマに情けない。チョイワル親父にならないとイカンのカイ?親父の肩が小さく見えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走も後半月。年の瀬のドタバタ。その代償は計り知れない?

Img_7361

Img_7362

Img_7363

今月の始めに手にした夏目漱石の草枕。読書が進まない。それだけではなく読む気にもならない。理由は面白く無い。読者の気持を鷲掴みにするのではなく作者の豊富な知識を羅列している?こんな文学小説?を明治の人達はどんな思いで読んだのだろう?

有名な書き出し。「山道を登りながらこう考えた。」この有名な書き出しの後に続く言葉。「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世はすみにくい。もう少し紹介すると「住みにくさが高じると、安い所に引き越したくなる。何処に越しても住みにくいと悟った時、詩が生まれて、画が出来る。」

この辺りからおかしくなる?最近でも田舎の一軒家でなければ、オバカな隣人の生活騒音でストレスが溜まる。詩が生まれて画が出来るなんての変人はこの作者位だろう?大抵の凡人は諦めるか自分の怒りと苛立を押し殺すか、気分を変えるだけ?

気を紛らわす事を考えるか、それが出来なければ耳にイヤホーンを差し込むか?それも長く続く様だと本当に出て行くか?それ位の事しかできないだろう?ここからこの作者の精神異常が見えて来る?それでもこの辺りの書き出しは本当にうんちくを感じる。

ところがこの先になるともううんざりとして来る?言葉が理解出来ない。「着想を紙に落とさぬとも(書かなくても)きゅうそう(Macのパソコンでは漢字変換も出来ない)この漢字は現在は使われていない?「きゅうそうの音は胸裏に起る」なんじやそれ。

流石に注解がある。玉で作った磬(けい)の鳴る美しい音。磬とは中国古来の楽器で、曲がった長方形の板をつるして打ち鳴らす。ここからこの文章の間抜けさが見えて来る。(それでも何とか理解をしょうと無駄な抵抗を試みる)それでも長くは続かなかった。アホらしくなる。この作者が精神的におかしくなった理由が分かる?)

Img_7364

Img_7365

Img_7367

Img_7368

山道を登りながら考える事。それはこの先の風景?この先の絶景?この尾根は登りはきついがその時も長くは無い。日々の生活でも同じかもしれない?何時迄もダラダラと胸を締め付けられる苦しみも無い事は無いが、多くの悩みや苦しみはそうでは無い?それ位の表現では文学的な価値が無い?

最近の若者達が本を読まなくなったと言われるが、それは世の中がそれだけマヌケになった事だろう?坂道を登らなくてもそんな事を痛感する。親父自身最近読書をしていない。もっと本を読んで賢くなれ?そうすればもっと賢い生き方が出来る?

賢い生き方とはどんな生き方だろう?若い頃から盛んに言われた「世間の迎合」(難しい言葉だな)調子を合わせる。自己主張をしない?馬鹿になる?そんな生き方をして手にする物はどんな喜びなのだろう?

仕事をさせてもらう?生活をさせてもらう?相手のお気に入りになる?お引き立てを頂く?親父の一番軽蔑していた生き方?それが現在の自分の生き方を現わしている?それで満足か?(うんにゃ)イイエ。それならも少し間抜けに成りなはれ。

手遅れじゃな。世間がそう言っている?。山を登りながらそんな事は全く考えていなかった。漱石は明治の文豪と言われているが長年多くの精神異常と肉体の異常で苦しんでいる。だからこそ多くの名作が残せているのかも知れない。享年49歳。

Img_7372

Img_7373

Img_7375

Img_7379

Img_7381
「保健保安林」そんな言葉ありまんのか?言われてみると大事な言葉かも知れないが辞書を引いてみると(引いてみなくても)現在人に一番欠けている言葉である事は間違いない。人間の信じられない程の生命力を引き出せるのは自分自身。

その事が忘れ去られて久しい。保健の為にこの林がある。この尾根を大切にしなければいけない?そんな事を考えているのはこの看板を建てた役人だけかも知れない?

昭和48年林野庁長官通達でこの言葉を使っている。あれから30年以上経過したこの尾根を知る人は少ない。その事はこの道を歩いて見ると良く分かる。歩ける人は限られている?その事はこの先の写真を見れば良く分かる。因に現在林野庁は何をしているのだろう?その事も山を歩けば良く分かる。山の価値がこれ程に蔑ろにされても私達は生きて行ける?環境が改善される?何をとぼけているのだろう?

Img_7382

Img_7384

Img_7386

Img_7389

Img_7391

Img_7392

Img_7393

Img_7394

Img_7395

Img_7398

汗をかきながら黙々と歩いているが歩き始めてまだ2キロ足らず。この道の終点は中山山頂。しかしそこ迄はまだ半分地点。この先は更に登りが厳しくなる。情けない事にこのメタボな体では途中でリタイアするしかない。それでもその地点迄もまだ1キロは歩かないといけない。この先で休憩する。嬉しい事に弁当は食ったがバナナが2本と飲み物が残っている。(アホ)

Img_7399

Img_7401

Img_7402

Img_7403

Img_7406

Img_7409

Img_7410

Img_7411

何度も歩いているので騙される事は無いが足元が落ち葉で滑り安い。短い尾根を何度も越えながら段々高度を稼ぐ?と言っても谷は左。右側が新興住宅地の宅地がまだ眼の高さより上にある。ただ広島の集中豪雨の被害がこの住宅地では起きないのは谷筋(谷の出口、谷の中)には住宅どころか車道すらない。

それ位の住宅開発も出来なかった広島。その責任は今でも何も問われていない?行政の責任も全く問われない?その程度の国です。新聞やTVでさえもその事を語れない?オチャラケのお笑いと時事放談で飯が食える?

大河ドラマの視聴率が悪くても大晦日は紅白歌合戦?馬鹿な国民です。どんな生き方が出来るのか?どんな死に方が出来るのか?考えた処で仕方が無いととぼけている。そんな生き方に鉄槌が喰らわされる事もないのだろう?

弘法大師の教えも親鸞上人、日蓮さんもその程度の今年か教えていないのだろうか?消費税が10%になったら生活弱者は生きて行けない?何たるとぼけた教えだろう?生活弱者は何時迄も施しで生きて行けると思っているのだろう?バカヤローだろう。

Img_7417

Img_7418

Img_7419

この下に小学校がある。オバカな看板が在るがこのハイキングコースからこの道に降りる事は出来ない。近くの小学校の教頭にその事情を聞いた事があるが「児童の安全」が何よりも大切と言われていた。彼等教育者??

児童の安全とこの山を歩く人の安全の共有等、頭の片隅にも無いのだろう?ありません?その程度の教育で自然環境を大事にする心が育まれると考えている?親父の問い掛けに返って来た言葉は余りに浅はかだった。

「これが現在の教育です。自然環境との調和?」この国の子供達の山に親しむ心?そんな事もどうでも良いのだろう?「無断で立ち入りをご遠慮下さい」お断りをしてもこの道に出る事は出来ない。宝塚市の行政はそんな問い掛けは出来ないのだろう?聞いてみますか?止めなはれ。貴男には関わり合いの無い事?そうかもしれない。

Img_7420

Img_7423

Img_7424

この看板も新しいが嘘つきです。シンボル広場迄1、8キロ?数ヶ月前に歩いたが道は全く整備されて居ない。親父でも何とか歩けるが崖を下る道は崩落寸前。そのスリルが何とも言えないと表示したまえ。山頂展望台迄1、1キロ。

これは正解ですが一度登りそして谷に下る。それから又一気に登らなければならない?そんな解説は何処にも無い。山頂展望台の先は左に抜けると中山奥の院。右は中山従走路。その道は又厳しい。

Img_7426

Img_7427

Img_7432

初めてこの道を歩いた時、上から老人が軽々と降りて来た。この先の道を尋ねるとニンマリとしながら「ワシでも歩けるから大した事は無い」そう教えてくれた。聞けば奥の院の参拝を欠かさないと言われていた。ところがその言葉は信じられなかった。この先の尾根と谷を越える道は半端では無かった。

Img_7433

Img_7434

Img_7437

Img_7438

ようやく尾根を登り詰める。トカゲがお出迎え?しかしこの先に谷があり一度降りてその先に聖徳太子が修行したと言われる「天宮塚」がある。その先に中山従走路がある。そこ迄は下から歩いて3、5キロ。たかが3、5キロ?しかし尾根道を上り下りするので健脚でも1、5時間。親父では休憩を入れながらでも一気に登った事は無い。

Img_7440

Img_7443

Img_7444

この先、一気に谷に降りる。道無き道を降り掛かるがずり降りると一気に落ちる。流石のオバカでもそれは無い。最初に歩いた時、谷の水音が怒濤の様に響いていた。その谷沿いの道も水の流れが少ない時には通る事が出来る。しかしそこは岩場を下る道。初めて通る時には覚悟が求められる。

Img_7445

Img_7447

Img_7448

初めてこの看板を見た時嘆いていた?案内板にもならない。この先右側の谷沿いに上る階段がある。その道の先に中山山頂がある。それでも流石にその道を登る事は出来なかった。(どうして)その時既に5時を過ぎていた?まだ明るい時だったがその道を登る元気は失せていた。正解。この右手前に上に抜ける階段がある。その先は住宅地だった。この間抜けな看板にはそんな案内は何処にも無い。

Img_7454

Img_7455

Img_7457

復活です。バス通りはこの先の長い階段を降りると下の通りをこの住宅地循環のバスが走っている事を教えてもらっていた。その時、出合ったカメラマンはその後出合った大学生の様にマヌケではなかった。?

大学生の彼は車でその場所で下界の写真を撮っていたが、親父のうんちくに怒りの表情をあらわにしていた?あの時、話した公共工事の在り方は今でも何も変わっていない?大阪の大学も大した事を教えていないのだろう?(アホ)

それとも親父の考え方が間違っているのかも知れない?税金の無駄遣い?そんな事は無いと道路族の先生達は言っている?殆どの人が知らない公共工事の実態。その効果の大きさを親父も否定はしない。確かに便利に成る。

しかしそのお金何処から出て誰が負担するのか考えた事があるのだろうか?それが語れなくて怒りをあらわにすることもあるまい?馬鹿だろう?

Img_7460

Img_7463

Img_7466

バス停には女性が時刻表の前に立ちながら携帯をいじっていた。さり気なく近づいてバスの時間を確認するが無頓着?横顔を見ても無表情?それでも親父の存在は意識していた。声を掛ければ反応はしたと思うが親父も無視。バスの待ち時間は長くは無かった。1時間に4本のバスが走っている。その事は確認していた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

こんな政治は止めさせなければならない?そうは思わないのだろう?読売報道 ?

菅官房長官が消費税10%の時の食料品、加工食品の軽減税率が財政再建に全く影響無いと明言している。それなら一層の事消費税10%も止めなはれ?そんな間抜けな論議が出て来るとは思わないのだろうか?来年の事を言うと鬼が笑うと言われているが来年の参議院選迄は軽減税率の財源は決められない?

それどころか選挙に勝つ為にはなんでもあり?そんな政府が支持される。公明党もこれで終りです。野党の時には散々尤もらしい事を言いながらこの党は所詮利権集団です。国民の為と言いながら公明党の勢力維持の為なら国民受けの政策を平然と認める。?財政のバラマキで破綻する迄は自民党の補完勢力を貫くのだろう?

そんな政治が支持される。福祉の為にと言いながら消費税を8%にして政権が否定された民主党はこれで為す術が無い?そんな事もどうでも良いが景気対策の為と言いながら低所得の年金生活者には3万円の支給?まともに所得税、住民税を払っている人は関係無い?アホでしょう?そんな政治を支持しまんのか?

他の政党でも駄目?と言う事は認めまんのか?認めないけど仕方が無い?信じられません。反対野党は維新しか無い?嘘をつけ。この政党も安倍政権支持?大阪市長を止める橋本元大阪維新の代表はその事を来年証明するに違いない。ホンマにこれだけコケにされても何も出来ない。中山観音で嘆いていた。

Img_7294

Img_7295

Img_7296

大阪は今日も穏やかな晴天。しかし親父の心は晴れやかでなかった。この国がおかしくなっている?そんな事を言うと殆ど人に笑われるが日本だけでは無いのかも知れない?世界の平和と民主主義のリーダ−(親父はこれ程嘘つきな国は無いと思っているが)の国がおかしくなっている?

テロとの戦いも日本との太平洋戦争と何も変わらないのかも知れない。イスラム国の人々を排除してアメリが成り立たない事をこのオバカな大統領候補の支持者達は分からないのだろうか?そんな事もどうでも良い。そんな報道しか出来ないアメリカのマスコミもオカシイのだろう?そんな批判も出来ない日本の公共放送?こんな物は無視するしか無いのだろう?閻魔大王の面接を受ける。笑われていた。

Img_7299
Img_7298
Img_7297

Img_7300

Img_7301

Img_7303

椿の花もしおれていた。嘆く事は無い。怒る事も無い。笑う事も無い。時が来れば全てが終わる。どんなに尤もらしい事を口にして熱狂的に支持されても、日本は敗戦国となりアメリカのじゅうたん爆撃で日本の殆どの都市は焼け野が原になったのは70年足らず前の事。

そんな時代を知らない多くの若者がこれからの国を支える?ホンマかいな?たかだか70年前のこの国の悲惨な状態もその原因も問わないで何が出来るのだろう?それ位の事が分からないなら思い知らされるしか無いのだろう?人の思いはそれ程にオチャラケ?その原因は戦前と何も変わらないマスコミかも知れない。

Img_7304

Img_7306

Img_7308

まだ美しい紅葉が残っている。人の愚かさと浅はかさを多くの賢人はどう思っているのだろう?この世の中で賢い人が「学識者」?それは違うだろう?本当の意味で賢い人は現在人の間抜けさをどう見ているのだろう?その事を問い質していた。(アホやのう)

Img_7312
Img_7310
Img_7311

椿の花が舌を出して笑っている。しかし横から見ないと分からない。(左を上にしてみて下さい)画像処理で右に回転すると良い?(やりません)椿にまで馬鹿にされる事は無い。(確かに)椿もそろそろ見納めです。椿咲く春なのに?そんな歌もありましたが韓国も今は反日で国が豊かになるのだろうか?(余計なお世話です)確かに。

Img_7313

Img_7314

Img_7315

本当に暖かい日が続いている。この後奥の院の参拝のルートで汗をかく。基本の参拝ルートではなかった尾根を歩く道は意外に暑かった。今年は残り17日。明日の雨の後は寒くなると言われているが、気候変動も生活に大きな影響を与える。その事を思い知らされるのだろう?政治の世界と経済だけでなく天気迄もがおかしくなっている?

Img_7318

Img_7319

Img_7320

Img_7321

Img_7322

Img_7324

突き当たりの石段(見えない)を上がれば本堂。その横に閻魔大王が待ち構えている。ところがこの右の社務所横を抜けようとしていた。目的の中山寺奥の院に行くには途中迄のバスがある。その停留所に向かっていた。ところが以前は抜ける事が出来た境内に垣根(フェンス)が出来ている。出れない。ザマーミロ。閻魔大王様に叱られていた。

Img_7328

Img_7329

親父の唐突な質問に閻魔大王も眼を剥いていた。「親父以上のマヌケな政治家が居る。何とかなりませんか?」(政治の世界は担当外だが、命尽きればきっちり成敗いたす)「ホンマですか?」と見上げると閻魔大王に向かって右側の脇侍に頭が高いと手で払われる。お前の方が偉そうにしている。親父も負けずにカメラを向けていた。

Img_7330

Img_7331

Img_7332

Img_7333

Img_7334

Img_7335

Img_7336

Img_7338

お参りを済ませて心が落ち着いて来る。今年は大黒天も千手観音様も関係無い生き方をしたけれどお陰様で大病無く過ごす事が出来ました。もう一度田舎を後にした頃の志を思い出しながら人生の締めくくりをしたいと考えています。

お守り下さい。お力をお貸し下さい。知恵を授け下さい。勝手なお願いをしていまた。何と心豊かで優しい仏様でしょう。とても嬉しい気持がしていました。これ迄の多くの徒労がすっかり流された様です。信じる者は救われる。

ただただ観音様の力を信じて頑張ります。そんな思いがしていました。元気が何より。体を労る(いわわる)事を大切にしなはれ。そう言われていた。嫌な事は自分に大切な事を教えて呉れる道標(みちしるべ)。今迄はそんな事は考えてもいなかった。これからは更に老が加速する。その対策はありまんのか?そう問われていた。

「はい。来年から巨人ファンを辞めます。」関係無いだろう?多いに関係あります。こんなとぼけたチームを応援していたのかと思うと情けない思いです。今の惨めな生活も自分の撒いた種。そろそろその成果を確認しながら実りを手にしないといけない。

Img_7343

Img_7344

Img_7345

Img_7346

Img_7348

Img_7349

Img_7350

Img_7353

Img_7354

ここは梅林。人気が全く無い。お地蔵さんと梅林を見ながら手にして来た弁当を開く。だし巻きたまご。醤油を少し垂らしたい。おにぎりを2個頬張っていると上からおばちゃんグループが降りて来る。顔を合わす前に早々と腰を上げる。これから山道です。1人で歩くのは骨が折れる。?

Img_7355

Img_7357

Img_7359

Img_7360

マウンテインバイクが降りて来る。登りは無理だが下りは可能?最近の自転車恐るべし。しかしこの東尾根ルート最後に大きな谷がある。あの谷の登り。この自転車を担いで登ったのだろうか?自転車は担げないとこの尾根ルートは通れない?ではこの次は又明日。明日はお出掛け無いかも?

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オバカなニュース そろそろ見切りましょう そうすれば明日が変わる?

日銀短観?知らない人も少なく無いが景気の先行きの判断の聞き取り調査?
日銀の景気見通しはその程度?その程度の景気見通ししか出来ないで景気の判断が出来るのかい?その程度の問い掛けも出来ないアホな経済情報?

景気見通しは政府の判断も悪く無い?政府の経済判断は何処がしているのかそれも良く分からない?民間の経済見通しも企業の思惑が優先されて国民の貧しい生活は何も変わらない?それでも生活弱者の為の経済政策?そんな政策が支持される?

今週後半から寒くなる天気予報。それでも暖冬基調は変わらない?と言う事はどういう事?冬物衣料は売れない?暖かい冬は嬉しい?何たるオバカな考え方?寒い冬が暖かいと言う事がどれだけ深刻な問題かが分かっていない。

軽減税率で生鮮食料品、加工食品が増税据え置き?そんな政策が歓迎される?それだけでなく消費税増税が更に延期される?税金は上げなくても国の財政赤字は先送りにすれば良い?とにかく今は景気対策優先?景気が良くなれば当然税収も増える?

財務省、経済産業省、国の経済政策はどの省庁が担当しているのだろう?それよりも1000兆円を超える財政赤字をどうするのか?そんな事も考えられる政治家はいない?そんな政治家が尤もらしく多くの言葉を口にしている?そんな事も一般国民はどうでも良いのだろう?

今年も後、3週間で終わるけれど親父もそろそろ充電期間を飛び出して新たな飛躍をしなければならない。年金生活を返上して自分で生活の糧を得る?(無理だな)それでもオバカなつぶやきの発信から時代と生き方の先取り位は出来るかもしれない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

まだまだ紅葉?思いがけない所でナイチンゲール像。ところが公園でガキがその景色を台無しにする。

Img_7226

Img_7227

Img_7231
Img_7230
Img_7229

久々の近くのおにぎり屋。長い間(4年近く)常連だったが最近は殆ど行かない。理由は親父の喋りと店の親父の対応。味は悪く無い。米屋のおにぎりだから米が美味い?昆布、梅干し、高菜、ちりめん、入れ物?も悪くは無かった。

それでも買い物をして不愉快な思いをしていたのは問題外。アホだと思って足が遠のいていた。久し振りの味?悪くは無かった。しかしこれからも足が遠のく事は間違いない。それがお客の勝手?物が売れない時代。おにぎり屋や米屋は関係無い?

そうなのだろうか?親父も不愉快な思いをしない?させない話し方をしなければいけない?関係無いと思っているけれどそれが仕事になるとそうは行かない?それ位の事が分からないアホが多い。相手の為と思いながら平然と悪たれを垂れていたら相手にされない?これも間違い。

会社や組織、友達関係でも自分より強い人には逆らえない?その事をもう一度思い知らなければならない。大好きな人でも同じなのだろうか?嫌われる迄分からない?今日の散歩道でも間抜けなガキが女の髪を撫でていた。バカやろう?人目の無い所でやれ?(無視しろ)言われる迄もない。素知らぬ顔で素晴らしい紅葉を写していた。

Img_7232

Img_7234

Img_7235

昨日と同じ所に来ていた。本日の目的はこの右の道を登る。右下に広い道路176号線が出来たのは何時頃の事だろう?当時はその頃は田んぼだったと先日、隣のおばあさんに教えてもらう。その横には福知山線が通っているから100年近く昔の話?そんな事もどうでもいいのだろう?

この道は以前はこの北2キロ近く先にあるお寺さんの参道だったと聞かされる。木の葉の落ち葉の清掃が大変。それでもこの大木は切り倒される事も無い?しかし何時迄も続かないかも知れない?その時は梢の先から剪定されるのだろう?(枝落とし?幹の輪切りかも?)デカイお宅でした。

Img_7236

Img_7238

Img_7245

Img_7246

どうだ貧乏人。思い知ったか?それでも全く知らなかった景色があった。ナイチンゲール像。何でこんな所にあるのか分からなかった。その理由が分かる。先人の偉業。宗教法人の強かさ(したたかさ)今でも岡山では影響力を発揮しているのだろうか?
Img_7264

Img_7263

Img_7262

Img_7257

知らないと言う事は本当に恥ずかしい事です。ナイチンゲールの生き方がどうだったのか?クリミヤ戦争とはどんな戦争だったのか?そんな事は調べれば分かるがそんな事も知らなくても生きて行ける。ただ日々の生き方の中に困っている人の為に何かが出来る?そんな気持すら失せてしまったらどんな未来を手に出来るのだろう?

政治家や金持ちはそれ位の事を考えないのだろうか?宗教人さえも現世の利益が優先する?軽減税率が低所得者の為になる?それでは何の為の消費税なの?そんな事を平然と口に出来るのならどうして身を切る改革が出来無いの?それ位の事が本当に分からないのだろうか?

大阪維新の会が安倍総理の憲法改憲を支持する?アメリカの共和党候補者がイスラム教徒を排除する?それ位の事が出来る訳が無い事をアメリカ人は知らないのだろうか?これは全てマスコミが正しく事実を伝えないからだろう?その新聞購読料も軽減税率の対象?そんな報道が公正、中立。そんなオバカさが見せつけられても関係無いととぼけられるのかい?馬鹿は死ななきゃ直らない?寅さんも死んでしまいました。

Img_7256

Img_7258

Img_7259

今年最後と思いながら何時迄も何処迄も今年は紅葉に追い掛けられる?それでも長くは続かない。今週の後半から寒くなる。北国では厳しい寒さが続いていると報道されるが多くのスキー場は雪不足。これだけ暖かいと困っている人がどれだけ居るのだろう?

その人達に取っては恵みの雪になるのだろうか?12月も後半。どんどん寒くなれ。そうしないと季節感の無いピンボケの暮らしが続いて行く。福島では原発の汚染水処理に全く目処も立たないが除染対策はそれでも確実に進行している?

総理大臣はインドとの原発推進に協力を高らかに宣言しても批判もされない?何たる国民だろう?原発がまだまだベースロード電源?福島の現実を知ってもまだそんな事が言えるのだろうか?インド国内の電力不足はインド人の知恵でどうして改善出来ないのだろう?それもインドの指導者、経済人の問題ではないのか?

Img_7260

Img_7261

Img_7268

Img_7269

今医療の世界も深刻な人手不足が進行している。看護の世界も金次第?ナイチンゲールが生きた時代からどれだけの時代が経過しても深刻な医療の現場は何一つ変わっていない?親父は幸いに深刻な病気に関わりがないが、今この時間でも日本の各地で多くの人が生きる為に病と闘っている。

そんな深刻な現実はお間抜けなテレビドラマでしか伝えられる事は無い。医療のあるべき姿が問われてもその実態が見えて来なければ変わり様が無い?それくらい事も分からんのだろうか?熊本の血液製剤製造病院の実態も当事者達は問題の何を語ってくれたのだろう?そんな事もどうでも良いのだろう?

そんな医師達の手でどれだけの人が救われ、そして闇に消えているのだろう?マスコミはそんな事も何一つ伝える事は無い。それでも自分達は社会的責任を果たしている?そんな新聞を毎日読まなくなって久しい。(経済的に読めなくなったのが事実)

TVもそうなるのだろう?番組向上、倫理委員会?当事者が何をどう変えるのだろう?夜の番組がこれ程ひどくなっても番組は向上している?倫理は保たれている?そんな言葉が信じられている?昨夜は益になる番組を見る事が出来たが?(どんな番組?)

肩こり、眼の乾き、自律神経失調?対策。首の運動、首の保護。親父は暗示に弱いからすぐ信じる?アホ抜かせ。(そうかも)しかしそれで体調が改善出来ればそれ程有難い事は無い。もう一つあったな。84の親父の言葉。

3年前に奥さんを亡くしていた。今は長くは生きられないと言いながら本当に元気だった。14年先の自分の姿(生きていたら)がそこには在った。10年一昔と言われるけれど20年二昔になっている。現役の無視された哀れな時から合算すると30年を越える。

何の為の生き方だったのだろう?これからその答えが出る。増々体を鍛えて心を大きくしないといけない?(無理だな)本当にそう思うなら屈辱の日々を思い出せ。そうすれば何をしなければいけないか?やる事が明確になる。

仙人ではなく鬼にならないと行けないのかも知れない。赤鬼、青鬼、どっちだ。近くの中山天神の閻魔大王に聞いてみないと分からない?(アホ)近くの道を歩きながらそんな事は全く考えていなかった。昨日同様暖かな年の瀬は何時迄もは続かない。

Img_7272

Img_7274

Img_7276

Img_7282

Img_7285

Img_7275

多くの人の思いは本当に果敢ない。Appleの台湾の仕事の下受けをしている同じ名前の会社が市内にもある。その会社は彼の偉業には比べ物にならないが親父が派遣の会社の担当としてお世話に?になった事がある。

派遣の人達は色々だったが会社の対応は最低だった。今ならこんな事を書いても時効だろう?派遣の人達はひどい待遇だった。それは雇用関係がなかったから当然。今でもそんな事を平然と口にしているのだろうか?

その改善を申し入れた時、即刻担当から外される。そんな人の使い方は今では当然許されない?労働基準監督署は厳重注意位は出来るのだろうか?そんな話は聞かない?それでも景気は良くなる?ふざけるな。労働者は消費者でもある。それ位の事も分からんのだろう。役人達がふんどり返っている?そんな事はありません?嘘をつけ。

Img_7283

Img_7286

Img_7289

Img_7291

目的地迄は坂道が続く。歩けない事は無かったもっときれいな景色が見れただろうが気持は左の駅に向かっていた。今日は競馬のG-1阪神ジュビナエル(阪神牝特)子供達が小さい頃、外に遊びに出掛けてもこの時間に帰っていた。おっかあに嫌みを言われていた。どうして黙って聞いていたのだろう?

親父の何よりの楽しみだった。今でも変わら無いのだろうか?それも無い。老いたるとはそう言う事かも知れない。(むげねえ)可哀相だね。哀れだね。そんな事は何も思わずに駅に急いでいた。もう一度人生取り戻しますか?どの頃の人生?考えるね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月12日 (土)

入るを量(はかり)て出る(いずる)を制す 知らんのか?

Img_7225

Img_7223

Img_7224

これ迄何度もこの駅に来ているがこのお屋敷と看板を見るのは初めて。阪急宝塚線雲雀ヶ丘花屋敷駅。長い名前の由来は2つの駅が一つの駅になったから。(ホンマかいな)本当です。今でもここは高級住宅地。二つの団地がそれぞれに駅を持っていた?信じられない?駅の構造も面白い。出入り口(改札)も二つある。

Img_7221
Img_7219

Img_7216
これは全て個人のお宅。公園では無い。今年は暖冬でなんだかんだ言われているが、季節の移ろいはそんな事は全く関係無い。世間ではそろそろ今年の総括が尤もらしく語られるが、そんな世界とは全く関係無い現実もある。あくせく生きるのも人生だろうがそんな世界とは全く違う世界もある。

どちらがどちらとも言えないのが何とも皮肉?軽減税対象品目自公で合意。その財源は改めて決める。TPPの大筋合意と全く同じ?そんな事では財政赤字の削減は先延ばし?そんな事もどうでも良い?改めて問題意識の合意?「拉致問題担当大臣」何がどう変るの?ではない。何時迄こんなだらしない事を言い続けるのだろう?死ぬ迄です。

Img_7217

Img_7213

Img_7212

この景色は既に紅葉の盛りを過ぎている。そう感じないのはカメラのトリック?私達が毎日聞かされる(眼にする)情報も同じかもしれない。景気は回復基調?アメリカ経済は堅調?中国経済の落ち込みも小さい?ヨーロッパは関係無い?そうなの?それでも実態は見方で大きく変わる。それよりも知らないだけだろう?

今、国にも個人的にも求められている事は収入に見合う生活。それが出来た時どうにか先に進めるに違いない? 来年の事を口にすると鬼に笑われるが来年の始めには沖縄の宜野湾市長選挙が行われる。そんな事は殆ど知らない。

その為には財政再建は二の次?公明党に支持されないと選挙に勝てない?その為には何でもあり?何の為の消費税10%?政治家は言う迄もなく高級官僚もそんな事は問題ではない?どちらにしても厳しい現実が待ち構えている。

Img_7157

Img_7158

Img_7159

Img_7160

行く川の水は絶えずしてしかも元の水にあらず。流れに浮かぶ泡沫はかつ消えかつ結びて久しく留まり足る試しなし。人の世も又かくの如し。鴨 長明「方丈記」猪名川の汚い川の流れも先日の大雨できれいな水は流れている?ところがこれから水は更に冷たくなり水が温むのは来年の5月?その時はどんな水が流れているのだろう?

相変わらずの汚い水。ところが間抜けな地域のNPO法人はそうは考えていない。猪名川にホタルを呼び戻す?猪名川の清流を取り戻す?彼等は四国鮎食川(あくいがわ)の清流を知らない。その川も相当上流に遡らなければホタルは見れない。

今、全国の多くの河川からホタルが見れなくなって久しい。その原因は川だけではない。その川に流れ込む水質が汚染されている事を知らないのだろう?この雨上がりのきれいな水も川の生き物が快適に生きて行ける環境ではない事を知らないのだろう?

川を綺麗にする方法は簡単。川を汚さない。堰を少なくする。澱みを少なくする。川岸に柳の木を多くする。その程度の事だろう?ところがやっている事と言えば川の中に親水公園を造る?バーベキューをしてゴミを捨てる?アホやろう?

Img_7163

Img_7164

Img_7165

永年欠かさなかった近くのおにぎり屋に行かなくなって久しい。味は悪く無かったがいつもお客に対して無礼だった。大阪は商いの街として全国的に有名だが商いの大事な事が最近おかしい?お客は千差万別。色んな客が来てくれる。親父の様な無礼な客でも常連に対して平然と無礼に対応?そんな店にはどんなに味が良くても他を探す。

隣町のJAのお店。お客は多く開店時間は10時〜15時。店内でも席がある。米はJA兵庫六甲管内の農家が大切に育てたお米?ひとつひとつ心を込めて握っているとPRしていたが食ってみるとインパクトが無い。今イチ。米の質?炊き方?握り方?朝10時には一杯並んでいると言われたが3時で終了ではこんなもんかも知れない?

Img_7169

Img_7172

Img_7174

先日の道を歩く。この道は昔からの道。意外な所に続いている。その事を隣のおばあさんに教えてもらう。残念ながら耳が遠くて話が少し通じなかったが元気なおばあちゃん。親切に教えて呉れる。明日はこの道を遡るとバスで登った道を歩く事が出来る。結構な散歩コースが期待出来る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月11日 (金)

消費が盛り上がらない?当然だろう?賃上げ効果?無い人がどれだけいると思っているんかい?(続き)

Img_7123

Img_7124

Img_7125

Img_7126

関西は昨夜から午前中に掛けて暴風雨が季節外れの暴れ方をしたが、全く気が付かなかった。生活スタイルがすっかり夜型に変わっている。仕事をしている時はこんな生活は出来なかったが生活が始まるのはお昼前。こんな生活をしていたら長くは生きられない?それは充分理解している。しかしこれからのジジババはそんな生活も出来ない?(開き直ってどうするんかい)

Img_7127

Img_7128

Img_7129

今年は暖冬で綺麗な紅葉が見れないと嘆いていたが、それでも季節はさり気なく移り行く。この場所は隣町の駅前。何時もはこの上にある連絡通路を通るのでこの景色を見るのは初めて。それでもこの景色を見れるのは少ない。理由?人の流れが途絶えている。どうして?殆どの人が連絡通路を黙々と歩くだけ。

Img_7131

Img_7141

Img_7143

人間はどうしてこれ程にマヌケだろう?環境対策?フランスで世界の各国の環境担当大臣?が集まって世界の温暖化対策を検討する?その主催国がフランス。世界の温暖化の原因ははっきりしている。産業革命以後の化石燃料(石油石炭)の大幅消費の為世界の年間平均気温は上がりっ放し。

それではイカンと言っても経済成長を成し遂げた国にはそんな権限は無い?発展途上国インド迄もが温暖化規制には異を唱える?そんな交渉がまとまる訳が無い。(ところがまとまる)深刻な各国の対立が骨抜きにされる。それでも交渉担当大臣は高らかのその合意に拍手を送る。アホでしょう?

違うと叱られる。この対策に異議を唱えて積極的でなかったアメリカ、中国、オーストラリアでも深刻な異常気象と大気汚染に悩まされている。悩みは深刻で中国の大気汚染、アメリカやオーストラリアの森林火災はその対策の術すら失われている。

それでも自国の対策だけ無く発展途上国、海面上昇国の追加援助?玉虫色の決着で問題は何も解決しない?日本をアホみたいに攻撃していた各国はどうして日本の環境対策と技術を学ばないのだろう?そんな議論は何処で行われているのだろう?日本の大気汚染対策、環境汚染対策と言ってもその程度かい。そこには安倍総理の世界に発信する情報力は何も見えて来ない。国民はそんな事は関係無いと思っている?

Img_7144

Img_7145

Img_7146

歩道の先は行き止まり?看板も何も無い。隣町の道路行政は全くお粗末。この先は歩けない?御心配なく。駐輪場の中を歩くか反対側に歩道がある。ただ許せないのは行政の看板も警察の交通安全の表示も何も無い。この街の行政のお粗末。警察の無策を批判する人もいない?

以前歩道の無い道の管理についてこの街の道路管理者に聞いた事がある。「私達だけではどうしょうもありません」その言葉を聞いて愕然としていた。2枚目の写真は老舗のお店が廃業していた。1階は売りに出されても2階3階には自分達の生活基盤がある。マスコミの全く伝えない現実。地域創生とは全く裏腹の現実。

これも関係無い現実なのだろう?3枚目の写真。天気が急速に回復している。この先にこの道が改修される前から、この景色を見続けて来た大木が待ち受けていた。「今年も来ました」?親父が嬉々としてカメラを向けても泰然自若としていた。

Img_7147

Img_7149

Img_7153

近くの人は木の葉のお掃除が大変に違いない。昨夜来の風雨にもめげずまだ一杯の葉っぱを身にまとっていたが、後少しで冬支度を終える。人間さんは勝手な物で葉っぱの掃除が大変だから木を切り倒せとか枝先を落とせとか煩いけれどこれだけ大きな木になると、そんな事は言えないのだろうか?それとも持ち主が大事にしているのだろう?聞いてみないと分からない。聞いてみますか?止めなさい。

Img_7154

Img_7155

Img_7156

どんよりとした雲の晴れ間から日が差して来る。カメラを向けて悪戯をしていると電池が無くなる。電池が切れるとこのカメラはオートフォーカス(自動焦点)が作動しなくなりシャッターが降りない。まだ少ししか歩いていないが今日の処はこんな処で又明日。電池充電が出来たので明日はこの先を歩く?何よりの健康法?これでこれだけの文章が書ければ文句は無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強い南風 暖かい年末 年の瀬の厳しい現実が忘れ去られている?

Img_7059

Img_7060

Img_7061

Img_7063

Img_7064

Img_7065

Img_7069

昨日見た素晴らしい広さのインターチェンジ。完成予想図。このインターが出来ると大阪北部地域の人々の生活と物の流れが大きく変わる。地域経済、人々の生活に与える効果は計り知れない。一方で見事に破壊される生活環境は全く無視されている?

難しい話でもなんでもないが季節外れの強風。南風。東京の気温は年の瀬とは思われない暖かさ。しかし北国ではどうなのだろう?原油価格の下落でガソリン価格は下がっているが、今年の灯油の値段はどうなのだろう?北国では厳しい寒さを迎えても全国ニュースさえにもならない。

この国の人々の思いはそれ程に間抜けになったのだろうか?最近はTVのニュースも殆ど映像を眺めて想像するだけ。どんなつもりでコメントしているのか?そんな事にイチイチ反応する自分がアホらしく見える。

その反対にオチャラケの芸人の番組は一部を除いて殆ど見ない。(一部教えて?それは有料です)ウソ。親父とてその程度のおマヌケです。最近タマに報道される放送倫理何とか?正確には放送倫理、番組向上機構(通称BPO)この組織の構成者の経歴を見ると今日のテレビ放送のオチャラケの原因が良く分かる。?

そんな事もどうでも良いのだろう?放送は娯楽である?その程度に考えればちょうどいいのだろう?娯楽にもならない?そうこれは完全な権力と企業の宣伝かもしれない。社会の公正?そんな事は保てる訳が無い。

何処かの馬鹿が言っていたが政府の政策に異をとなえるのはけしからん。放送免許を取り消せ?今にTVを見るのはジジババと何となく時間を持て余している貧乏人だけになるのだろう?(そう言いながら親父もそのお仲間)TVの商品が売れない理由が良く分かる。

これからはTVで日常の買い物が何時でも何処でも出来る時代になる?(今でもそうなっている?)ところが高齢化社会と女性の社会進出で買い物が簡単ではない。TVに話し掛ければ買い物が出来て配達してもらえる。そんな時代は来ないのだろうか?

(無理です)しかし山間僻地、都会の新興住宅地の高齢者は深刻な現実としてのしかかっている。経営不振を伝えられているTVメーカーはそんなTVを開発出来ないのだろうか?難しい?だから介護サービス事業に転換?しかし本業を大事にしないと本末転倒だろう?(そうだとしてもTVメーカーとしての時代は終了?)面白い?

Img_7082

Img_7083

Img_7087

天気予報が当る。最近は衛星画像の雲の流れで天気予報が正確。ここ迄は小雨で傘を差す事が無かったがこの先でカメラが濡れる。ハゲ頭は帽子を被っているので濡れる事は無いが大事なカメラはそうはいかない。この先で工事現場と別れる。

Img_7093

Img_7098

Img_7101

晩秋の景色に誘われて草むらの中に足を踏み入れるが長くは歩けなかった。小高い丘の上に上がろうとするとそこはゴルフ場の敷地だった。当然鉄線が足元に張られている。電流が流れてはいなかったので大事には至らなかったが、苦笑しながら引き返す。当然看板も何も無い。

何処かの神社で扉が空いていたので境内に入って体育会系(ヤクザ風)の管理者にどやされた事を思い出す。豊中岡町の寂びれた神社だった。当然今はその商店街も寂びれている。日本各地の地方の活力は失われてもその当事者に問題意識が欠ける。

その事を政府はどうして教えてやれないのだろうか?それも単純な答え。地方はその程度で飯が食えると思われている。事実地方はジジババで充分豊かです。来年の事を語る気持は全く無いが軽減税率に生鮮食料品と加工食品迄入れる。それだけではなく新聞の購読料迄入れる。

公明党と安倍総理の思惑が一致する?この人の頭の中は財政赤字より次の選挙の事しかないのだろう?そうなると消費税10%の公約も更に先延ばし。一般庶民も大歓迎?国の財政赤字が自分達の社会保証すらも危うくしている?そんな事も創価学会すらどうでも良いのだろう?

景気が上向く為にはそんな考えを変えなければならない?財政再建は自分達の生活を良くする為に大事な事をどうして理解出来ないのだろう?それは誰も身を切る改革はイヤだから?だからといって独立法人でどんどん高速道路を造る?新幹線を造る?赤字を垂れ流しにする?

それは違うだろう?それが殆ど問題にされない。それは何でなのか?その事が最近良く分かる。親父達が若かった頃、社会の若者(主に学生達)、彼等は社会の矛盾を共産主義思想で解決が出来ると信じていた。その為に激しいデモ、武力闘争が行われたがそんな物は社会の支持を得られなかった。

国家権力は強くなり今では国民の圧倒的な支持を背景に権力の暴走が平然と行われている。(警察組織内の嫌がらせ、いじめ、排除)その実態は殆ど見えて来ない。そんな事が何時迄も続けられると思っているのだろう?違います。

そんな事実は何処にもありません。そう言われるのだろう?それが現実。その実態が明らかになる前にどんな生き方が出来るのか?その事が問われている?社会が公正である訳が無い?そんな厳しい現実は太古の昔から行われている。歴史を知れば人間の生き方の愚かさに愕然として来る。

素晴らしさを口にするのは良い。ただその真逆の事を平然と認識していると悲しい未来しか手には出来ないだろう?(相変わらず暗い?)そろそろ洗濯物を引き上げて干さないといけない。親父如きがどんなに多くを語ったとしてもそれは間違いです。

Img_7105
Img_7108

Img_7119

この先で雨が本降りになる。ところが不思議な事に汗をかいている。天気予報が当っている。雨は降っても寒くはならない。暖かい格好をして歩いているからだろうか?この先のバス停で時刻表を見ているとマイクロバスが来る。路線バスの色をしていないが路線バス。乗客は1人もいなかった。この地域の巡回バス。ラッキーでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月10日 (木)

軽減税率賛成?公明党は財政再建をどうするのか語れ。人気取りの政策しか語れないのか?

Img_6994

Img_6995

Img_6996

Img_6997

Img_6999

Img_7001

よく見て下さい。この看板。「川西インター線道路工事改良工事」.

数年前迄ここは大正時代の終りに村道が整備されていた。この道を初めて歩いた時にはこんな看板も影も形も無かった。不案内の道を不安な思いで歩いていた。この先に猪名川が流れている。その猪名川沿いの道は今でも細い。その道が整備されるのはまだ先の事だろう?高速道路が出来ると取り付けの道路は即、整備される。しかもこの金額。これは国の負担ではない。地方の負担。地方は国の補助を受けるのだろうか?

Img_7002

Img_7003

Img_7004

Img_7005

Img_7006

Img_7007

Img_7008

来年度末に開業が予定されている川西インターの取り付け道路の改修はこの道では行われない。この道はこの先武庫川沿いに川西、池田方面に抜ける。道は狭いしバスも通らない。拡張も出来ない。それなら取り付け道路はどうなるの?御心配なく。

この上の農作畑を潰して広い道を造っている。この工事費。見たか。これは高速道路の工事費とは無関係。神戸市が地方債を発行して道路を造っている。その工事費とは比べ物にならない新名神の道路工事。その金は何処から降って来るのかい?

税金は取れる所から取り立てて法人税は減税。生鮮食料品、加工品迄も公明党に配慮して生活弱者救済?バカヤローだろう。その分を宗教法人に課税しなければいけない。宗教法人はそれ程の既得権益を手にしている。

空海、法然、親鸞、日蓮。天理教。その他多くの宗教団体は土下座をしても許されないだろう?役行者はどう思っているのだろう?(彼は実在していない?)その証明をしなければならない。尤もらしくテロとの戦いを口にする前に己の生き方を正せ。そうしないとこの国は間違いなく財政破綻をする。その証拠をお見せする。

Img_7010

Img_7011

Img_7024

Img_7025

Img_7023

Img_7026

この付近の工事現場。俯瞰図。空から鳥の眼で見ている。完成予想図ではない。大分繋がっているがその工事の手法が説明されていた。この中央に左から右に抜ける地元道がある。半年前に通っているので通り抜けの心配は無かったが右端で道を間違えガードマンに注意される。その途端に親父からどやされる。

「看板が分かり難い」更に説明をしようとする言葉を無視して「監督に伝えろ」と偉そうに怒鳴る。馬鹿だね。親父が仕事をしていた頃にもこんな輩がいた。ただ親父の言う事が正解。感謝はされなかったけれど。(当たり前)次に通るのは来年の五月の頃?生きているかな?

Img_7030

Img_7033

Img_7036

工事の騒がしさが無い。山を切り崩して走り廻る大型車両の音すら聞こえない。この地域の工事が完成するのは来年の今頃。関西のTVが全く伝えない工事現場。信じられない事に上下線が別れている。何でこんな工事をしなければいけ無いのか?説明は無い?

この左ずっと先に武田尾、道場の工事現場が在る。どれだけの土木技術でどれだけのお金が掛かっているのか?多くの納税者は知らない。どうせ自分達は関係無いと思っているのだろう?そんな生き方をして咎められる事は無い?その代償は誰が払うのだろう?便利になれば良いじゃん?馬鹿だろう?そない思う事は無いのだろう?

Img_7037

Img_7027

Img_7028

Img_7029

最新の橋桁工事技術。大型のクレーンで掛けられていると思っていたがそうでは無い。工事現場近くで組み立てられ押し出されて行く。工事が飛躍的に進歩している?この素晴らしい技術があるからこそ、この国の高速道路は全国何処でも造られるのだろう?

道路公団が西日本、中日本、東日本と分割されても、その道路建設は独立行政法人が造っている。民営化のごまかし?そんな事も殆ど知らない?それでも生きて行ける。難しい事は分からない。何時迄そんな事が言えるのだろう?(死ぬ迄です)

Img_7030_2

Img_7042

Img_7044

道路が完成すると関西の物流は大きく変わると言われている。本当にどうだろうか?確かに名神と中国自動車道の交通量は分散され、年末、年始、お盆の時期に交通渋滞を引き起こす宝塚インター前後の流れは良くなるだろう?ただ問題はこの高速道路のルート。大阪と京都の市内を通らない。

現在部分開通をしている新東名の評価はどうなっているのだろう?そんな事もどうでも良いと思っているのだろう?確かに便利になるだろう。その工事費を通行量で償還出来る時迄殆ど生きていない。そんな事もどうでも良いのだろう?景気が良くなる?冗談はお墓の中で言って下さい。

Img_7051

Img_7052

Img_7055

ここはインターチェンジが出来るので広い。山が崩されている。山の土地代は安い?山の上迄切り採られている。この素晴らしい山砂は貴重な建設資材になる。これも知らないでしょう?コンクリートは最近需要が多くて川砂が足りない。絶好のすな。

(これも漢字変換が出来ない。Macの間抜けな文字変換。ホンマにワープロ機能受け継いで居るのかい?)砂が変換出来ないとぼやいていたら「すな」では出来ないだけ。「砂が」と打ち込めば良い。(アホ)川砂。出来るじゃねえか。調子に乗って「くに」は駄目。「こく」は良し。(こくー国)アホやんけ。

Img_7039

Img_7062

Img_7063

Img_7065

これだけ広いインターチェンジは理由がある。その訳を知らないからおかしな事を言っているのかもしれない。その説明が足りない?その事を明日教えてもらう。そこ迄やるのが親父の素晴らしさに違いない?(オバカさです)それで自分が納得出来ればそれで充分。

親父の批判に代案を出せと良く言われるがたかが親父。されど親父です。笑ってはいけないが地方創生は口先ばかり?どうでも良いと言われると言葉が見つからない。笑って許して?そんなつもりは全くオマへん? いずれ時間の問題です。

Img_7078

Img_7079

Img_7080

Img_7076

ここにもゴルフ場がある。高速道路の工事に敷地は掛かっていないが、アクセス道路の関係でいつの間にか道が広く整備されている。日本のゴルフ場もこれだけ多くなれば集約されるしかない。しかしこのゴルフ場は名門コース。そんな事は関係無い。

経済界の重鎮が接待ゴルフで大切にしている?貧乏人には関係のない歴史と伝統がある?歴史と伝統。プレーフィ(料金)も安くは無い。接待だからタダ。タダより高い物は無い。(アホ)最近の医者と役人はゴルフはしない?そんな事はおまへんえ。

Img_7086

Img_7088

Img_7089

ゆりかごから墓場迄。何処かの国で行われていた社会保障。今は子育ても介護も自己責任?嘘をつけ。この国がどれだけの社会保障と言う名の税金の無駄遣いをしているか知らないだけだろう?そう言ったら具体例をと言われる。アホやろう。

この国の子育て支援、介護の支援は丁寧で優しくは無い。分からなかったら教えてやろう。子育ても介護も現状は金次第。銭が無ければタライ廻しをされるだけ。綺麗になった墓地でお地蔵さんが顔をしかめていた?どう生きるか?どう死ぬか?それが問われている?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽減税率決まる?国民はこれ程にアホなのか?国家の赤字は底なし?

Img_6880

Img_6881

Img_6882

Img_6884

Img_6886

Img_6888

馬鹿な国民だな?一億そう火の玉とか一億そう玉砕とか言われたのがたかだか70年前。当時を知る人多くのジジババをそんなマヌケな国の歴史を後世に伝えるも出来ないで今度は何をしょうとしているのだろう?日本は豊かな国?東京や大阪、名古屋の大都市だけでなく地方の何処に行っても素晴らしい道路と新幹線?

そんな豊かさは眼にしても多くの国民は組織政党の横暴に全く無視されている。公明党、創価学会が親父達が若かった頃、その組織入会(入信)の勧誘が社会の批判を浴びた。現在では考えられないえげつなさ?ところがその新興宗教が今、行っている事。殆どマスコミから批判されないが「人気取りの政策」?知らないだろう?

自民党は公明党と政権を獲得しているが公明党の支持無しでは政権を維持出来ない?安倍総理がどんなに尤もらしい大見得を切っても、この年末の大事な時に大事な国の政治的課題、経済問題を国会審議しなくても許されるのは公明党の支持があるから?

そうでは無い?国民に指示があるから?政府、自民党はこれ程に有権者を馬鹿に出来るのは安倍政権になってから。これ迄の政権をマスコミはどれだけ尤もらしく口汚く攻撃したか?それが今はどうだろう?政府の広報誌になっている?

最近、若者達は新聞を読まないと言われているが彼等が手にしている情報はそんな事はどうでも良い?先日のインターネット検索の一番が何だかご存知か?若者だけでは無い。多くの社会的リーダー達、年配者もそんな事はどうでも良い?

どんなに社会的弱者が居てもそれも自己責任。彼等の面倒なんて見ていられるか?ところが税金がどれだけ社会的経済弱者に使われているかそんな事も何も知らない。来年は参議院選挙が行われるので消費税10%はとんでもない?しかし国の財政赤字も何とかしないといけない。

それで人気取りの政策として持ち出されたのが公明党の軽減税率。公明党はこの成果を大々的に宣伝をして自分達の存在意義を高らかに宣伝する。創価学会の池田大作は素晴らしい?宗教を信じると言う事はそう言う事?宗教に無関心ととぼける輩も少なく無いがその結果がこの有様?空海が伝えた真言密教の教えは何処にもない。

そんな事もどうでも良いのだろう?この罰当たりな生き方。間違いなくもう一度国が滅びるしか無いのだろう?その時でも先の敗戦同様に巧く生き残る輩がいる。人間の愚かさも又その程度で再生されるのかも知れない。

空海の教えもその程度だったのかも知れない。空海が嘆いた奈良時代の仏教界。現在も大差ないのかも知れない。オバカな現在人はそんな事もどうでも良いのだろう?鉄槌が撃ち落とされるのは経済の失速?

その時、政治家と経済人は現在の中国の様に外国に安住の地を求めるのだろうか?多くの宗教人にその事が問われている。それとも宗教が政権批判をする事は人心が混乱。空海もそう教えたのだろうか?

箕面の山で終焉の時を迎えた修験道の役行者にその事を問い掛けていた。「山に登れ」「そうすればその事がわかる」そう言われてその気になっていた。(登らなかったけれど)もっと猿の様にスリムにならないと無理だろう?それとも途中で転落して無様な姿を晒すかい?そう言われていた。(まさか)本当です。

Img_6891

Img_6909

Img_6902

Img_6913

何もそこ迄己を追いつめる事は無い?そうでない。若い時からそうであったが要領の良さは今でも変わっていない。横の素晴らしい紅葉を見ていると別の想いが差し込んで来る。「そんな馬鹿な生き方をする人用は無い」いずれ老い朽ちる。その時にそんな生き方を哀れに思えば良い?今年最後の素晴らしい錦絵を見ていた。

Img_6893

Img_6892

Img_6906

今年は箕面の滝道の紅葉見物をする事は無かった。しばらくは暖かい陽気が続くのでこれが本当の見納めかも?世間を嘆き政治の世界を否定的に見る事は無い?そうは思わないけれどそれでもそれが現実?それも違う。多くの歴史がその事を証明している?

天下太平の鎖国の世の中がどんなに簡単に終わったか?そんな歴史も知らないだけだろう?ところが明治維新の時代がどれほどに後世の人を不幸にしたか?帝国主義のアメリカとの戦いがどれほどに悲惨だったのか?そんな事も何も学習をしていない。

Img_6901
Img_6902_2
Img_6903

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

いい加減にしなはれ?TVのコマーシャル?いい加減にしなはれ 親父のブログ?

Img_6754

Img_6752

Img_6758

昨日の武田尾−名塩ハイキングの続き。ここは稜線。気持の良い風を体に感じながら歩いていた?ベンチが在るのに?手にして来た本(草枕)を開いて読書?それ位の贅沢は出来たがこの前に休んだばかりだったので、腰を降ろす気分にはなれなかった。この先で枯れ木の皮を剥きながら遊んだけれど。枯れ木の抵抗も受けたけれど。

Img_6762

Img_6763

Img_6765

最近近くの山でも大木が枯れている。原因は害虫の所為?虫にして見ると俺達は生きる為と言われそうだが対策は切り倒すしか無い?この木は山の尾根で運が悪かった?しかも朽ちた木を親父に悪戯をされて剥ぎ取られる。それでも完全には朽ちていなかった。次に来た時には完全に朽ちている?親父にそれだけの元気があればね。

Img_6766

Img_6767

Img_6768

ここからしばらく窪地を歩く。しかし偶然出来た物では無い?人工的に造られている。四国の遍路道でも高知窪川の山道でもそうだったが、昔は山の中でも人の仕事場があった。林業。今はその価値も激減し日本各地の山は荒れ果て植林もされない?

Img_6769

Img_6770

Img_6771

ようやくゴルフ場の外周道路に出る。足元は良いが舗装されているので足が疲れる。ハイキングコースの半分も来ていない。しかもハイキングコースの出口からバス停迄は更に歩く。その事を考えるとうんざりしていたが昨日のハイキングはそれが目的。足が上がらなくなる事は無かった。お見事です。ザマーミロ。自分に喚いていた。

Img_6772

Img_6773

Img_6777

この道がハイキングコース?です。しかしこの辺りは右に日本を代表する西宮名塩読売チャンピオンコースがある。開場したのは昭和36年。当然親父はまだ高校生。間違いなくまだ何度かこのゴルフ場の外周を歩く事はあってもプレーする事は無い?

もう10年以上ゴルフ場でプレーをしていないが、練習場でみっちり3月練習をすればコースを廻れるに違いない?やりたいか?(もう一度仕事をしないと無理だな)2度とゴルフもやる事は無いと思っていたが、年寄りの健康法はゴルフかも知れない?

それも違う。ゴルフ場近くのあばら屋で田舎暮らしが出来る身分は、もう一度バリバリの仕事が出来ないと無理だろう?現役時代のゴルフのうまかったオチャラケ達は今でも元気にコンペに参加しているのだろうか?生涯現役の政治屋さんと企業の管理者と官僚のゴキブリ達と医者、経営者達で無いと安くは無いゴルフは出来ないか?

Img_6778

Img_6779

Img_6812

ここはハイキングコースではない。ゴルフ場には18ホールあり、ここは15番ホールのティーグラウンドの後。最高の気分でドライバーを振回す所。ハイカー如きは絶対に立ち入り禁止。見つかったら不法侵入でつまみ出される?

Img_6813

Img_6814

Img_6817

今はゴルフクラブもボールも性能が良くなっているのでドライバーでも軽く300ヤード(270m)近くをプロは飛ばせるが、親父クラスの年寄りは250ヤード正確に曲がらずに飛ばせれば上級者。それでもゴルフのセンスは簡単には手に出来ない?

お金が掛かるしお金を掛けてもヘタはヘタ。それが面白いのかも知れない。正確と心意気が正直に出る。スコアーも原則自己申告。何度も誤摩化した事を思い出す。(コラ)最低。本当にそう思う。親父は何だかんだ偉そうに言っているが、言えた柄では無い。(ごめん)

ただTVで頭を下げている政府や官僚、警察、検察、医師、政治家、経済人とはレベルが違う。謝って済むと思ってネーだろう?取合えず頭を下げて熱り(ほとぼり)の冷めるのを待つ。その程度にしか考えてないアホ達とは比べ物にならない。

Img_6816

Img_6806

Img_6803

ハイハイ。コースに戻りましょう。この道は一度歩いているから迷う事無く歩ける。初めての人は泣き出すかもしれない?このハイキングコースを知る人も少なくなったいる。その理由は宣伝不足もあるがガイドが居ないと歩けない?

そんな事も無いが楽しく無い事は間違いない。そんなコースを2回も歩く。アンタは偉い。まだまだ続く。コースは違うが今日歩いた見事な紅葉。オマケです。ちょこっとだけ。お見せします。見事な「歓喜天」降臨です。

Img_6992

Img_6974

Img_6965

Img_6990

それではハイキングロードの続きに戻りましょう。これからの道の方が長かった気がするが相変わらずの好奇心が足の疲れを吹き飛ばしていました。意外だったのは体力?疲れを感じずに歩けたのは後半が下りだったからかもしれません。競走馬のゴール前の坂が壁に感じると言われる騎手の気持が少し分かる気がしていました。

Img_6777_2

Img_6830

Img_6821

天気が良くて無風。最高の天気でした。明日からは関西の天気は暖かい。天気は崩れる?それにしても中国の大気汚染?これが中国の現実?石炭と稲ワラの煙?何たる無様な国だろう?自分達の国土が大気汚染?人の国の事を尤もらしく言えないだろう?

この国の情報のコントロール。TVのニュースの惑星探査機「はやぶさ」にも同じ事が言えるだろう?自分達の国の探査も出来ないで金星の事を知る?自分の体の事が分からなくて健康サプリを口にする。生きるとはそう言う事では無い。歩きながらそんな事を考えていた。日本の科学者の間抜けさ。それはテレビを見ていると良く分かる。

夏目漱石の「草枕」読みこなすのは難しい。注釈が無いと意味が分からない。この作家の知識の豊富さは良く分かるが、こんな文章を書いて多くの人が読みこなしていた。明治の人は本当に頭が良かったのだろうか?それでも日露戦争の後は成功体験しか認めなかったのはどうしてだろう?現在人にそんな事を聞いても何も分からない?

Img_6797

Img_6785

Img_6786

その事は海図の無い航海の様な物かも知れない。何一つ役に立つ事を指し示す事が出来ない親父達。これからの残りの人生で後世の人達の為に成すべき事は喜びであり嘆きでは無い。その事をもっと真剣に自分の生き方に投影しなければ成らない。そんな生き方が出来るとこんな道を歩きながら先を急いでいた。

急ぐ事は無い?急がないと日が暮れる。山の中の道は日が暮れると全く歩く事が出来ない。その事を痛感していた。昨日は1時半から行動を開始していた。いつもより1時間早い行動。これは正解だった。余裕を持って行動をしていた。

Img_6790

Img_6791

Img_6793

この辺りはハイキングコースが全く整備をされていない。前回歩いた時はその事が嬉しかったが初めての人は歩けないだろう?歩く人に出合う事は無かった。親父が歩く事が出来たのは処どころで見慣れた景色を眼にする事が出来たから。

このコースも谷を上がると(降りる前は)ゴルフ場の外周を歩く。コース案内ではゴルフ場の中と書かれているが正確には外。この道がゴルフ場が出来る前から歩かれていた事が良く分かる?しかし何度も言いますがそのうちこのコースを歩く人は居なくなるに違いない?

それはどうしてだろう?楽しく無いからに違いない?ただ自分の体力と知力を知るにはぴったしだろう?少ないだろうが?親父の気持が変わったのはあのTVの番組を見てから?歩けなくなると親父も介護を受けなければならなくなる?歩いていて帰れなくなったどうするのだろう?行方不明で捜索出来るのかな?(無理です)

Img_6824

Img_6792

Img_6809

ハイキングコース ゴルフ場と反対側の山の所有者は西宮名塩財産区共有林?何処が管理をしているのだろう?このハイキングコースもこの山がしっかり管理されればこんなに大廻りをする事は無い?もう一度コースを確認するとこんなコースになったのは何時からなのだろう?この地域に詳しい長老に聞かないと分からない?

Img_6819

Img_6826

Img_6827

Img_6829

「名塩財産区」どんな立派な組織かと興味を持ったが西宮名塩地域の共有林(財産)を管理している組織?山は植林、枝落とし、間伐もされていない。先人が残してくれた地域共有の山林価値が失われ、荒れるがままになるのも全国の山林と同じなのだろうか?この谷も深い。名塩村が残したこの森林資源をどう活用して行くのか?そんな事は大した問題ではないのかもしれない? 教えてもらわないと分からない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お間抜けな年の瀬。公明党の軽減税論争?そんな事もどうでも良い?

Img_6721

Img_6722

Img_6724

Img_6726

昨日の武田尾東尾根の登り。首に掛けていたカメラと布のカバンの重みで肩が痛くなっていた。しかしそのお陰?で綺麗な写真が撮れている。この尾根は意外に短かった。今年の初夏(ツツジの頃)下った時には登る事は無いと思っていたが、黙々と歩いていた。息が上がると立ち止まって辺りの景色を見渡してニンマリとしていた?

Img_6728

Img_6729

Img_6731

Img_6732

Img_6733

ニンマリと出来た理由。急な登りは予想した程ではなかった。何度も立ち止まっていたらその証拠写真が残っている筈だがそれが無い。ここは既に登り切っていた。下の通りから見上げると500m近い尾根も実際はそれ程の高さは無いのかも知れない?

Img_6734

Img_6735

Img_6736

これから快適な尾根歩きが始まる?ところがその距離は長くは無かった。右の谷から吹き上げて来る気持の良い風を感じながら歩いていたのはほんの少しの間だけだった。その先は再び窪地の中を黙々と歩く?何で窪地の中か?

落ち葉の上を足を滑らしながらこの道を切開いた先人の偉業に感謝していた。しかしその道もいずれ埋まってしまうのだろう?殆ど歩いている感じのしない道は不気味でさえあった。信じられない事にこの道はオチャラケのハイキングコースではない。先人達の山仕事の道?西宮名塩と武田尾を結ぶ生活道路だったに違いない?

Img_6737

Img_6739

Img_6740

尾根道は整備されている。しかし足を踏み外せば簡単には這い上がる事は出来ない。この谷が一気に落ちている事が良く分かる。最初に歩いた時にも感じたが、大きく山麓を廻り込みながらこの道が造られている意味が良く分かる。それでもこの先の道はいずれ歩く人は途絶えるだろう?どうして?今でも歩く人は殆ど居ない。

その理由は再び歩いて見て納得していた。それにしても勿体無い?そう考えるなら自分だけで楽しめば良い?次の機会は若葉が芽吹く来年の5月?半年先か?その時どんな面をしているのだろう?何時迄も元気で生きて行く保証は何処にも無いが、半年先なら確立は高いかもしれない?ホンマでっしゃろか?

そうでなければ哀れに違いない。その事を感じただけでもこのコースの一人歩きは価値が有ったに違いない?今年の生活は信じられない程に平穏でした。しかし、そんな日々が何時迄も続く保障は何処にま無い。その事は現実を知れが本当に良く分かる。

政治の世界も経済界も私達の日々の生活もどうしてこんなに「貧しい」のだろうか?どうして豊かな人が優しい心で貧しい人に少しの施しが出来ないのだろうか?政治家が寄って集って生活弱者を食い物にする?再来年の消費税10%に軽減税率を取り入れる?(食料品の消費税据え置き?)

何たるオバカな公明党の政策を自民党が何処迄受け入れるのか?マスコミの報道は尤もらしいが消費税10%にしなければ成らない理由が何も説明されない?税金は安く公的介護施設は拡大して下さい?そんな事が出来る訳が無い。それ位の事が分からないオバカ達?その上手がいる?

何と低所得者には2万円の還付?住民税が免除されている低所得者にどう考えればそんな事が出来るの?こんな政治家とマスコミの報道が常識?バカヤローだろう?そんなオバカな政策が指示される?何時迄そんな事が続けられるの?この国は何時からこんなに薄汚い国に成ったのだろう?まだまだこの先の道は長い。

Img_6741

Img_6742

Img_6743

しばらくは快適な尾根歩きが続く。遠くに新名神の工事現場が見える。殆どの人が知らない壮大な工事が来年度末の完成を目指して着々と進行している。先日、道路公団の民営化は正解だったと言うネットの記事を読んだが全くの間違い?(見解が違う?)この工事費を誰が負担しているの?高速道路公団は民営化されても道路工事の建設は国が行っている。(正確には独立行政法人日本高速道路保有、債務返済機構)

民営化された道路公団は東日本、中日本、西日本の3社は通行料金とサービスエリアの運営で利益を上げ民営化以前の累積債務を分割して返済しているだけ。そうでなければこんなに全国各地に壮大な高速道路を造る事は出来ない。

そんな事は全く関係なとでも思っているのだろう?こんなインチキが罷り通るのは事実を知らないからだろう?この壮大な工事費は子や孫の世代だけではあがなう事は出来ない?それでも工事は続く?どうして?国の繁栄が何時迄も続くと思っているからです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

思いがけないハイキング。改めて自分の体力に感謝。

Img_6612

Img_6613

Img_6615

JR宝塚駅ホームから眼にしたマンション。シンデレラ城?スイスのサンモリッツの風景とは比べ物にならないが宝塚のマンションもこうして見るとオシャレ?しかしどんな人が住んでどんな生活をしているのだろう?どうでもいいか?確かにどうでも良い。大切な事は自分に体力。その事を確認しながら生きて行く。

マジでそう決意していた。どうして?アタリ前田のクラッカー(古い)オバカなニュースが全く放送しない高齢者の厳しい介護の実態?テロとの戦いより深刻な事態?それが更に深刻になる?その問題の大きさをどれだけの人が認識しているのだろう?そんな事を考えても仕方が無い?アホ抜かせ。

それが問われている事を先日のテレビで思い知る。無認可の介護施設を行政が取り締まる事が出来ない。この国はそんな高齢者をこれからもっと抱える。そんな事をどれだけ深刻に考えているのだろう。対策は簡単です。今から自分の事は自分で考える。それだけの事です。

Img_6617

Img_6618

Img_6619

Img_6620

親父の心をワシ摑みにしたのは今年の5月。それを確実にしたのは「笹部新太郎演習林」を知った初夏の時。元気で山を登れる時にこの山を這い上がらないといけないが登り口は立ち入り禁止。関係者と仲良くなるにはまだ時間が掛かる?

Img_6620_2

Img_6621

Img_6623
本日登る東方の峰?この武田尾の峡谷は下の武庫川から直登の道は無い。その為にこの尾根を登るしか無い。この武田尾の山に上に読売のゴルフ場が日本経済高度成長の時開場されているが、その道は簡単に通り抜ける事は出来ない。今回反対方向西宮名所迄歩いたのは体力確認の為。予想通り大変な道中でした。しかしアンタは凄い。我ながら感嘆の声を挙げていた。「ザマーミロ」これから倍返しだ。

Img_6625

Img_6628
Img_6629

まだ下のバス通りを歩いている。出迎えの人が居るので声を掛ける。「有名人」?
マサカ?(バードウッチングの00さん?)違います。これから体力測定です?そうは言わないでとぼけていた。これから武庫川を渡るが唯一の民家がかさ上げ工事中?

Img_6634

Img_6635

Img_6636

Img_6637

親父の水の住処の願望がお分かりでしょう?親父が育った田舎の風景と同様の景色が一気に立ち上がる。何たる贅沢だろう。1人で歩くには道が遠いので相棒を捜すが1人で歩くのも悪くは無い?ところがそれだけは間違っていた?どうして?足元がふらつく。(ザマーミロ)空の上から笑われていた。しぇからしか?大分弁ではチョと違う。

Img_6639

Img_6640

Img_6645

武庫川はここから峡谷になり大雨が降ると暴れ川になる。左の売店、民家が立ちのきになり護岸工事が進められている。前にも書きましたが親父の終の住処と決めていましたが現実は厳しい。今、日本各地で行われている村起こし?その村はこの先の谷を駆け上がらないといけない。

Img_6654

Img_6655

Img_6657

名塩.武田尾ハイキング道。今は(昔も)この道を歩ける人は少ない?その理由はこの道を初めて反対側(名塩)から歩いて良く分かる。道が整備されて居ない?その理由も分かる。道が厳しい。あと5年もすれば間違いなく通れなくなる?

そう成らない様にする為に何を為すべきか?その事も問われていたがその事が理解出来る人は多く無い?理解出来たたとしてもどうしょうも無い?それも親父にとって関係無いのかもしれない。良く歩けました。自分で自分に感謝していました。

写真を一杯撮りました。見てやって下さい。でもその前にサウナです。何故か足ではなく肩が痛い。肩に欠けていたカバンとカメラの重みは意外に軽くは無かったのかも知れない。なんだかんだ言いながら体の老化は如何ともし難い。太極拳をしっかりやらないと仙人にはなれない?確かに。まだ100人だな。まだまだ半人前だろう。?

Img_6663

Img_6665

Img_6667

登り始めてすぐ下る?何かおかしく無い?おかしくありません。今年の5月。上から降りて来た時にはここを歩いていない。どういう事。この先で下に降りていた。しかしそこは道ではなく川原だった。今日はその歩かなかった道を歩いている?

Img_6672

Img_6673

Img_6674

前回渡らなかった橋が見えて来る。左で真下に降りる。しかしその道はこの橋の下を流れている谷だった。幸いにも川原は楽ではなかったが歩く事が出来た。今日はこの橋を踏みしめながら渡り、この先で間違えた道を横目で見ながら先を急ぐ。その先はガレ場。道は通れるが山側に体重を掛けないとバランスを失うと一気に落ちる。

Img_6675

Img_6700

Img_6694

Img_6701

笹部新太郎演習林が対岸に見える。道は相当前に整備された侭?大雨が降れば通れなくなる?雨が降らなくても道は整備されないと歩けなくなる。このハイキングコースの大切さを誰が教えているのだろう?健康増進で体力向上?そんな高齢者はどれだけ居るのだろう?

いずれこの国は高齢者の介護で破産する?そんな心配は要りません。自己責任?低所得者は無認可の介護施設で哀れな介護すら受けられない?その時、どんな世の中が実現するのだろう?一億総活躍社会?どんなつもりでそんな事が言えるのだろう?そこ迄コケにされても政権は支持される?そんな事は誰が言えるのだろう?

関係無いと思われている深刻な現実が目前に迫っている。この先、歩きながらそんな事は全く考えていなかった。考えていた事は「落ちたら今日は帰れない?」今日だけでなく怪我をして動けなくなったらアウト。そう成らない様に確実に歩を進めていた。

Img_6703

Img_6704

Img_6706

Img_6708

Img_6709

Img_6710

Img_6714

Img_6716

ここで休憩。お弁当。ここから東尾根を一気に登る。約300m?この尾根を降りた時は登る事は無いと思っていたが意外に楽に登る?その替わりその先は予想通りの道だった。長い。足が上がらなくなる事は無かったが誰にも会う事は無かった。一度、歩いて道を知っていたから歩けたのかも知れない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

明治の文豪「夏目漱石」義務教育と高等学校の教育で全く役に立たなかった国語 何を学んだのだろう?

Img_6454

Img_6455

Img_6456

Img_6457

城址公園の若いイロハモミジ。今年のモミジの色は全国的に今イチ?それは12月と言うのに寒さが緩い(ゆるい)から。紅葉狩りはその程度で済ませられるが商売人はそれでは歳が越せない?そんな会話も最近は余り聞こえない?景気は緩やかに回復?

アメリカの金利引き下げで更なる円安が期待出来る?(アホだろう)この国は輸出で成り立っていると思っているのかい?輸入だって円安で何も問題ない?難しい経済?が分からないとそこ迄誤摩化せると思っているのかい?日銀は来週末にも更なる金融緩和?貧乏人は何処迄コケにされるのかい?そんな事で景気が良くなる訳が無い。

それでも関係無い?決算報告を誤摩化す?問題の先送りをする?そんな経済活動が何時迄も続けられる?そう考えているのだろう?馬鹿だろう?この尤もらしいテレビ放送の真意は分からない?そんなオバカがどれだけいるのだろう?そんな経済活動が何時迄も続けられる訳が無い?それ位の事もあり得ない?来年もそんな年にはならないのだろうか?

Img_6458

Img_6460

Img_6461

晩秋?初冬?嘘でしょう?冷たい風が竹林を吹き抜ける事も無く「小春日和」?明日も関西は☀マーク。今日行く予定だった武田尾の登りと長い西宮名塩迄のハイキングコース。明日は気合いを入れて少し早めに出かけないといけない?

怒りは収まらないが考え方を変えれば自分の体は自分で管理する。要介護者に成らない為に何を為すべきかその事を教えられている。その事を余りに知らない。情報の間抜けさ、情報の受け止め方、その事を180度変えないと大変な事になる。

その事を思い知らなければならない。2020年東京オリンピックのエンブレム(図案)の一般公募締め切り。それがこれだけのニュースになり北海道や沖縄、全国各地のニュースは全く伝えなれない?これは本当に正しく現実を伝えている?公共の利益とは何なのでしょう?

Img_6465

Img_6468

Img_6471


今日、目的地の武田尾の谷を登らずに近くの城跡公園とこれからお見せする山麓の見事な紅葉はオマケ?ただでお見せするのは勿体無いくらいの紅葉。(コラ)何処の紅葉の名所にも負けないが、決定的な弱点はその広がり?奥行き?それでも充分にお見せ出来る色合いは親父のカメラのテクニックかも?

(いいえキヤノンの画像処理の技術)?それも違う。猫に小判と言うことわざも在る。写真も撮る人の心を写している?(巧い)自画自賛だな(お粗末)梅田の紀伊国屋で文庫本「草枕」を手にして、おにぎり屋でおにぎりを手にしていざ出陣。そう思った時間が3時半。それからではいくら何でも遅過ぎ。てなわけで明日になる。

Img_6473

Img_6475

Img_6477

城跡公園の左上空をJALの小型機が飛んでいる。大阪伊丹空港着陸の飛行機?それにしては航路が違う。風向きで飛行機の離発着の方向が逆になるがこの角度は良く分からない?それにしても抜ける様な空の碧(あお)風は無風。この時だけの離発着の方向かもしれない。公園の紅葉も葉先が白く成って枯れている。手を差し出して葉っぱを引いてみると綺麗に抜けて来る。紅葉の葉っぱの白髪(白葉)です。

Img_6479

Img_6483

Img_6492

Img_6494

見事な紅葉を三脚を建てて写している人も居るがそれはマナー違反。今日は人出が少ないが公園内の散策の道は広く無い。邪魔になる。邪魔にならない場所は立ち入り禁止の場所。それ位の事も考えながら写真も撮らないといけない?それでは見事な紅葉をお見せします。これで最後と言いながらあと2、3回は引っ張れるかもしれない?

Img_6497

Img_6500

Img_6501

先日迄は今イチの紅葉の名所も枯れた美しさを見せていた。親父が怒りを口にした無認可の介護施設の行政の黙認。そんな紅葉?を見せていた?今年は紅葉も貧しい?介護の実態は政治のゴマカシ?行政の怠慢?そうではありません。

それだけ人が老いて自分の力では生きて行く事が出来ないと言う現実。その事を知らなかったに過ぎない?体を鍛えよ。腸を鍛えよ。歯と歯茎を綺麗にせよ。そして心も。そうで無いと暗澹たる未来が待ち構えている。錦の秋ももうすぐ終了です。

Img_6502

Img_6506

Img_6510

何時もは静かなこの休憩所も今は平日でも人の気配は少なく無い。カメラを構えている同輩に声を掛けてもシャレた反応はない。そんな事は気にしていないからどうでも良いが、親父の気持を葉の落ちた幹は見透かす様にポーズを取っていた。サンキュウです。頂きました。

Img_6511

Img_6512

Img_6513

段々紅葉見物も佳境です?(宣伝すな)写真は綺麗に見えるが実物は色褪せている。今年の紅葉はこれが精一杯かもしれない?温暖化対策を世界で議論しているがこれからの気候変動対策は先進国も後進国も無いだろう?発展途上の国にはその対策は免除される?

ある時は世界の大国?ある時は世界の後進国?世界のリーダー達が自国の利益を代表する限り温暖化対策に進展は無い?環境破壊の先進国?日本が果たす役割が調整役?オチャラケの元アナウンサーではどんこん(どうにもこうにも)ならんだろう?環境大臣とは名ばかりだろう?

そんな世界会議が成果を出す訳が無い?そんな厳しい見方も出来んのだろう?中国やインドの環境破壊。こんな国がどう世界の環境破壊を防げると言うのだろう?インドの厳しい格差社会。金持ち達は何をしているのだろう?国が滅びないと分からないのだろう?

Img_6515

Img_6516

Img_6517

紅葉が今年の気候変動を物語っていた?信じられない事に間抜けな報道は今年の暖かさを歓迎している?ところが北国の寒波は何も伝えない?関西は暖かい冬でも北海道北国は寒い。12月のこの時期、こんな暖かさは異常?そう思わないのだろうか?寒い時は寒くならないと物が売れない?貧乏人はそれが有難い?バカ言っちゃ困ります。それ位の事も分からないのだろう?

Img_6521

Img_6522

Img_6523

そろそろ終わりです。写真は一杯撮りましたがどれも代わり映えしません。今日、本屋で手にした「草枕」は漱石39歳の作。中学の時、国語の時間に輪読で吃っていた事を思い出す。吃りと言っても輪読の時だけ。言葉に詰まり言葉が立て板に水の様にすらすらと流れなかった。無策な担任教師は何の役にも立たなかった。

それは今ではどうだい?喋り出したら言葉が止まらない。それでも訥弁(とつべん)話は巧くは無い?人間は本当にくだらない事にコンプレックスを感じる。自分の欠点を意識してそれをカバーしょうとする。そんな事は全くの徒労。無駄。

それよりも自分の良さを出せば良い。自分の良さを自慢出来る生き方。それが指導者の役割。その事がどれだけ分かっているのだろう?あの時の指導者も今は居ない。(コラ殺すな)それが人の世の定めです。偉そうな生き方を口にしてもいずれ老い朽ちるだけです。

読売の渡辺。元東京都知事の石原慎太郎。夏目漱石すらも肉体的にも精神的も恵まれては居なかった?だからこそ偉大な文人に成れたのだろう?草枕の筋書きは漱石の考え方が良く分かる。現在人が全く理解出来ない考え方。その思考回路が全く理解出来なかった。半世紀ぶりに読んでみれば現在人の間抜けさが良く分かるかもしれない?

Img_6524

Img_6530

Img_6536

それではこれ位で。この後親父の隠れ家を覗く。10年度どんな生き方が出来るか?その事を考えながら明日(本日)は武田尾の谷を登る。どれだけの体力があるのか?長い尾根の先の平坦な道はゴルフ場の外周?どんな足取りで名塩の坂を下る事が出来るのだろう?運が良ければゴルフ場前からバスに乗れるが期待はしていない。

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は今日も穏やかな1日。しかし親父の心は怒りで打ち震えている?(アホ)

Img_6438

Img_6444

Img_6445

昨日の散歩の帰りいつものお寺さんの鬼瓦を見上げていた。その時はズームアップして写していたので表情を窺い知る事は出来なかったが、改めて眺めてみると泣いている。本当にしっかりしないとこの国は間違いなく「銭を手にしていない貧乏人」には哀れな末路しかない。

そんな事は全く知らなかったが今、要介護になった時(自分で自分の身の廻りの事が出来無くなった時)公的介護施設には入れない?(全国でその待機者が50万人?)我が街の周辺でも数年先?民間施設は費用に応じて何時でも入れるがまとまったお金が必要?(無い人はどうするの?)

無認可の介護施設?認可されていない介護施設がどれだけあるの?それは市役所の担当課に行かないと分からない?行ってもタライ廻しをされるだけだろう?その事を知れば生き方が変わる?知った処でどうにもならない?間違いない事はこのままの生き方をしていると更に惨めな介護の実態が加速する?何たる社会だろう?

それでも政府自民党の支持率は高い?平和な日本?嘘をつけ。その実態を知らないと(知っていても手をこまねいていると)惨めな晩年を迎えるだけだろう?今日は厳しい道を歩く。その道を歩きながら自分の体力を考える。(推し計る)

夏目漱石は山道を歩きながら多くの言葉を口にしているが親父はどんな言葉をつぶやく事が出来るのだろうか?これは期待出来るに違いない。「智に働けば交われば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。」「兎角に人の世は住み難い」夏目漱石 草枕を手にして武田尾の谷を登れるかな? 梅田でおにぎりを手にしてさあ出掛けよう?

Img_6446

Img_6447

Img_6448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

地域創生?その次は1億総活躍社会?違う?高齢化、少子化対策?それも違う

Img_6399

Img_6400

Img_6413

まだまだ錦秋の秋が続いている?しかし今年も残りは4週間足らず。若かった頃はもっと寒くそれでも年の瀬は痛感していた。今年、やり残した事を考え少しでも片付けようと走り廻っていた。それが今はどうだろう?そんな危機感も失せている?

Img_6417

Img_6421

Img_6423

昨年はもっと輝いていた紅葉も今年は今イチ。季節変動が尤もらしく語られて久しいが今年の夏は本当に暑かった。紅葉の葉先が丸まっている。枯れている。それに今年の暖冬が重なっているからだろう?親父達が生きて居る間の季節変動は知れている。

しかし今の様な生き方をしていると間違いなくこの世界は厳しい気候変動に突き動かされるに違いない?その事は1000年前の明日香の時代を考えてみれば良く分かる?(知りもしないくせに)確かに。しかし、だからこそそれ位の事を考えないといけない?

Img_6426

Img_6429

Img_6430

見事な紅葉とは裏腹の最低の介護の実態を見せつけられる。親父が馬鹿にしているこの国の介護の実態。関係者の献身的な努力とは裏腹の哀れな介護の実態。このくにの豊かさを尤もらしく口にする政治家と福祉の実態。無認可の介護施設を行政が見て見ぬ振りをしている?

そうでなければ多くの介護者は座して死を迎えるしか無い?そんな福祉を誰が求めたのだろうか?仏教界のリーダー達はどんな顔をして天上界に登るのだろう?自民党政治が尤もらしき口にして来た福祉とはこの程度の物?それは公明党、既成政党でも言えるのだろう?

池田の選挙も自民党、既成政党支持の前職が負ける。当然だろう?ただ問題はこれからも続く?自民党、民主党の体たらくを笑っているのは誰なのだろう?親父は分かっているけれど?(ウソをつけ)

Img_6433

Img_6434

Img_6442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吸う人も吸わない人も心地好い世界?読売オープンスポンサー?

Img_6383

Img_6385

Img_6388

現住所の地方選。前職と元職の保守同士の戦い。選挙の論点はそれぞれが明確にしているが有権者の支持は好き嫌い?本当に最低の選挙です。それでも権利の行使は当然?多くの有権者から無視されてもどんなに選挙戦で候補者の名前を連呼しても、結果が出ればどうでも良い?

今回の選挙戦を見ながら感じた事は公明党と維新の党の支持者の争い?前職の支持者達は名前の連呼。その前職に前回市長職を譲り渡し大阪府長選挙に負けた元職が再挑戦?何の為に?池田市民の為?愛する池田の為?嘘をつけ?自分の政治生命を繋ぐ為?政策論争では勝てない前職は元職の人格を問う?後継者に指名して置いて?

それでどちらに投票したの?マシな方?マシ?そうマシです。その程度の選択しか出来ない間抜けな選挙です。これで来年の参議院選挙結果は決まりでしょう?ただ大阪は自民と公明、維新と共産の戦い?民主党は消滅です。

何たる無様な政権選択でしょう?これからは自分で生き方を決まるしか無い?何を今更?本当にオバカな生き方をしていました。それでも気が付いただけでもマシに違いありません?山麓の紅葉が慰めてくれました。

「人の時を想う」日本たばこ産業。今でも煙草の宣伝が出来る?ニコチンの健康被害。何時、思い知るのだろう?それでもこの宣伝許せない?そんな事もどうでも良いのでしょう?この会社が民営化されても健康被害は認識されませんか?

石川遼。久々の復活?日本ではね。それでも国内メジャーに勝つ。その素晴らしさは認めなければいけない?彼はゴルフ界の天才?それでも簡単には国内でも勝てない。その理由は彼には解らない?それが天才の天才たる所以かもしれない。勝負の世界ではゴマカシは通用しない?政治の世界では?経済の世界では?インチキが当たり前?

Img_6395

Img_6402

Img_6403

Img_6404

Img_6406

Img_6407

流石にこれだけ見事な紅葉は街の近くでは見れない。それでも今年の紅葉もこれで見納め。来週、箕面の谷を歩けばもっと綺麗な紅葉を見る事が出来るかもしれないが、それはオマケ?です。期待はしていません。足腰を鍛える為には文句ないかも?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

久々の「近くの猪名川」今年の春完成した堰は見事に埋まっている?

Img_6324

Img_6325

Img_6326

近くの五月山も晩秋の気配?赤い紅葉が少ないのはこの山は雑木林だから?右上の展望台は「秀峰台」名前通りの素晴らしい絶景を眼にする事が出来る。その先は杜の中を歩く事が出来る。信じられない自然の豊かさ。しかしその素晴らしい環境を満喫する人は少ない。何故だろう?現在人は本当に歩けない。

それでも自分達は健康で文化的な生き方が出来ると信じている。何たる無様な生き方だろう?(コラ)人の事をそんな風に言うな?市役所のマネージャーからそう言われた事がある。ケアマネージャー?トンデモありません。福祉の担当課長。

この課長も革新的な施策は打ち出せない。明日の選挙で市長が変わっても彼等の仕事は何も変わらない?そう思っているのだろう?消費税、介護保険料は増えてもその税金の使われ方は何時迄も変わらない?足りなければ綺麗事を言いながら税金と保険料を増やすだけ?

明日の選挙ではそんな事も問われる事は無い?最後のお願いを前職ががなり立てている。地方で保守が強い理由が分かる。既成政党は地方には無いのかい?選挙で政策論争も出来無くて何が野党?中央政界では民主党が巻き返しを計る?

冗談ではありません。この政党は前回の圧倒的支持を見事に台無しにしてくれました。國の形を変えると言う事がどれだけ困難であるか見せつけて呉れました。マスコミから寄って集って綺麗事を言われながら、見事に勢力を失いました。それが現状。

しばらくはその代償を払うしか無い。マスコミの無様さをこれ程に思い知る事もどれだけの人が意識しているのか?それも見えて来ません。それならば思い知れば良いのです。最近そう感じる様になっています。明日の選挙がその事を教えて呉れる事でしょう?

独裁政治家を批判するだけでなく自分達の政治意識、政治知識をどれだけの人が持ち合わせているのでしょう?それが問われています。何も親父が偉そうに言う事では無い?その通りです。そう考えれば何もオカシイ話ではありません。

Img_6327

Img_6328

Img_6329

Img_6331

Img_6334

今年の春。この少し上に有った堰を低くした。ここはその堰の下の深みだった。ところが今年の夏の大雨で濁流が流れ下り、正面奥に積み上げられていた土砂が流れ出す。当然低くなった立派な堰も埋まる。その対策が今、又行われている。

流石に河川管理者のお詫びの言葉は再度の工事だけ?それも丁寧な説明は何も無い?お馬鹿なマスコミはその事実さえも知らせていない。それでもマスコミの社会的責任は果たして居る?何処迄そんな間抜けな放送が続けられるのだろう?これが現実?

そんなTVを見て何を得るのだろう?娯楽?冗談ではありません。コケにされているだけです。景気は今年のボーナスで年末商戦は盛り上がる?アホ抜かせ。それは自分達の事だろう?どれだけの人がそんな特別賞与を手にしていると思っているのだろう?見せつけてやれ。なけなしの財布の中味を。貧しい年の瀬を。

Img_6336

Img_6337

Img_6338

この堰が埋まった時、最寄りの河川事務所(国土交通省猪名川河川池田事務所)の説明を受けた時、ここは堰では無いと言われた、?堰では無い?それでは工事完成直後の写真をお見せしましょう?何度もお見せしたけれど保存されているかな?

Img_2047

Img_2050

Img_6337_2

同じ場所。この堰は河川事務所では「堰」とは言われていない。「床固め」川底が水の流れで掘り下げられる事を防ぐ事が目的と言われている。しかしここにはもっと高い「堰」があった。その堰が低く作り替えられたのが今年の春。それが数ヶ月も持たなかった。この下流が今掘り下げられている?そうすれば3月に完成した「床固め」復活する?白鷺がエサを探しながら振り返っていた?

Img_6346

Img_6353

Img_6347

川が自然と調和して人々の日常が快適に過ごせる。その為に河川敷の中に堆積土砂を残す?こんなオバカな河川管理が今でも行われている。信じられない国土交通省の河川管理の考え方?日本全国の1級河川で平然と河川敷と同等の様に堆積土砂が残されている。

その川底が今、掘り下げられてその土砂が運び出されている?この工事が何時終了するのが明示されていない?年度末で区切りをつける。来年3月。乞うご期待?出来んのかい?無理だな?どうして?この下流には農業用水の堰が改修されていない。(意味不明)

Img_6356
Img_6352

Img_6367

2台のパワーシャベルの間に叔父さんがいる。叔父さんが川床の深さをキチンと指示している。勝手にパワーシャベルは動いていない。じっとその動きを見ていると飽きる事は無い?(飽きて下さい)オバカが手前の河川敷の通路でテントを張ってバーベキューをしている。

先日見た山里のバーベキューの場所は知らんのだろう?この場所でなんでバーベキューをしてはいけないのか?それ位の事も分からない。言われるとそんな規則があるのかと開き直るのだろう?ベーベキューが出来る場所は限られている?それ位の事が分からない?(平気でゴミを捨てる馬鹿)当然眼を合わせない。ムカつくから。

Img_6368

Img_6372
Img_6377

堤防から降りると反対側は公園。その先は住宅地。初めて歩く道。公園の中に女の子がパパと遊んでいる。静かな時が流れていた。近くに住んでいても全く知らなかった風景。集合住宅があり何処かの官舎だが看板が出ていないので分からない。

Img_6378

Img_6379

Img_6381

お疲れまさでした。邸宅。池田の紅葉が嬉しい。こんな邸宅で池田の春夏秋冬を見てきた人も人生の終りは遠くは無い?悲しいけれど寂しいけれどそれも人生。嬉しい事、楽しい事ばかりが人生では無い。それ位の事も語れない人が多くなりました。人生の節目を重ねながらそろそろその終点が見えて来る。そんな身支度をしないといけない。昔の旅人はそれが当たり前だった?現在人はどうなのだろう?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西は穏やかな天気 それでも間抜けなニュースを見ていると首を傾げる?

Img_6297

Img_6298

Img_6299

親父に風流な才覚が少しでもあれば、気の聞いた言葉が口をつくのだろうが、寒くて横目で眺めていただけだった。食糧難の時代ならこんな「勿体無い」事は許されない?今どきのカラスも「熟柿」を突つく事はないのだろう?里の秋は終りこれからは年の瀬の寒い景色の中に新年の準備をしていた?(うそをつけ)今年も静かな師走です。(確かに)人影は全く無い。

Img_6300

Img_6304

Img_6303

Img_6305

舗装されたバス通りは正面にあるが、この農道も枯れた雑草の道も足に心地好い。しかし夕暮れが迫り気持的には余裕のない歩き方をしていた、背筋を伸ばして手を振って歩かなければいけないがその反対だった。ジジイ歩きをしている。それも意識しないでマイペースで歩いていた。

この川はホタルが飛び交う?信じられない。川の流れはとてもそんな感じでは無い。信じられないと言えばこの付近の稲作はすっかり省力化が進み田の草取りは無人ヘリで除草剤の撒布だと聞く。そんな川にホタルは飛び交うのだろうか?稲作も片手間の農業?マスコミも取材不足?農業の現実は本当に厳しい?

この地域も間違いなく米作りだけでは生活は成り立たない?それでも行政は政府が言う「積極的な農政」は出来ない?何でだろう?政府の言う農業政策は未来を見据えた物では無い?それでもTPPで安い米が買える?馬鹿だろう?

その程度の暮らし方しか出来なくなる。お袋から言われた言葉。「長生きをしても、ろくな事は無い」そんな言葉を親父も口にするのだろうか?今週から近くの阪神競馬場で「師走競馬」。親父達に出来る事はその程度の事だろうか?この国の政治家達はその程度の事しか考えていない?

その事を思い知るのは生活が破綻しないと出来ないのだろうか?(暗い)親父は良く勘違いされるが本当は全く違う性格でした?(うそをつけ)それこそ信じられない? それでもまだ時間は残されている。生き方を変える事は難しい事では無い?

Img_6306

Img_6307

Img_6309

Img_6310

バスで33号線を武田尾からこの先の交差点に来ると、この丁字路に出る。この交差点には信号は無い。その程度の交通量。運転手は一旦停止をして安全を確認して目的地に向かう。この道を直進すれば以前歩いた猪名川沿いの国道は近い。道の駅「猪名川」も遠くない。歩いて見ますか?この近くにハイキングコースの案内看板と休憩所がある。

Img_6317
Img_6312

Img_6318

この地域は歩いて見るとのぞかな田園風景(里山風景)を眼に出来る?しかし廻りは山。田舎の景色と重なる。全く知らなかった日本の原風景?大阪駅から1時間と少しでこんな風景が広がる事をマスコミは何も伝える事はない?何でだろう?

行政がマヌケ?宝塚市役所の行政は何処に向いているのだろう?それは全国共通の地方の現実に違いない?この厳しい?現実は何も変わらない?その原因は「無知」と「無関心」?「北摂里山街道」間抜けな行政が出来る事はこの程度の命名?この道をどれだけの人が認知して心豊かな生き方が出来ているのだろう?

Img_6311

Img_6316

Img_6319

この先で一気に暗くなる。バスで10分足らずの道を1時間近く掛けて歩くと流石に疲れる。アスファルトの道は思いの外歩き難い?そんな道を歩かなくても平行して綺麗な農道があるがその行き先案内看板がない。ハイカー、散策の人が歩く道ではない。農道。

この道を整備して(舗装はするな)心地好い散策の道。その道が憩いの道になる事はないのだろう?賑わいがこの里山に有っても地域の活性化には何の益もない?それでも「北摂里山博物館」?お役所仕事も全国共通かい?目的地の西山支所迄はもう少し歩かないといけなかった。

Img_6320

Img_6321

Img_6322

来年度末(再来年3月)迄に新名神が開通しこの南の武田尾の上にスマートインターが出来る。そうなるとこの地域にも観光客が期待出来る?その為に宝塚市もこの地域(宝塚北部地域)の活性化を図る?どんな取り組みが為されているのだろう?

地域開発、地域の活性化は叫ばれても「容易」ではない。実際に山間の過疎地に足を運べばその事が良く分かる。そしてその事が容易で無い事も痛感させられる。とにかく働きの場所がない?その事も違う?ただ間違いでは無い。

働きの場所が失われている?豊かな自然。豊かな食生活。そんな社会にもどうしょうもない閉鎖された年寄り社会が在る。ジジババ達は間違いなく何時かは老い朽ちる。その先は関係無いと思っているのだろう?

その地域が子供や孫の時代にどうなっているのか?そんな事もどうでも良いのだろう?都会の企業家、政治家、官僚、自衛隊、警察、行政組織のボス達も同じ?何たる国家だろう?自衛隊の幹部が国家の利益をロシアに売り渡す?

そんな国の政治家に国の安全を語る資格が有りまんのか?その程度の事です。ホンマに情けない思いがしていました。他の女と仲良くなって付き合っている人を墓場に捨ててその罪が執行猶予?何たる法治国家だろう?証拠が無い?黙秘を貫けば罪は問われない?そんな事が許されると思っているのだろうか?地獄に落ちろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 4日 (金)

宝塚上佐曽利から西谷支所迄歩く。バスでは10分足らずの道。

Img_6259

Img_6261

Img_6262

JR武田尾の尾根(おね)。下を武庫川が流れている。この付近の川の流れはそこそこだがこの下流は渓谷となり大雨の時は濁流が牙を剥く。この下流左側に「笹部新太郎演習林」が今は宝塚市が譲り受けてボランティアが管理しているが、その紅葉も終りこれから静かな冬山となる。左の奥に「大峰山」があるが大阪南部の熊野古道の道とは比べ物にならない。それでも健脚で無いと簡単には歩けない。距離が8キロ前後?

Img_6264

Img_6265

Img_6266

本日の目的地。宝塚市西谷上佐曽利。バス停の横を「波豆川」が流れている。今は用水路の様に護岸が固められているがそれもこの田んぼの中だけ。今日はこの川沿いに少し歩くが山沿いの流れは昔のまんま?波豆川源流はここからどれ位上流なのだろうか?

先日歩いた香合(こうばこ)新田には2つの溜め池があったがその更に上から流れ出している?今日はこの下流を歩く。寒い風の中を鼻水を垂らしながら歩く。全く楽しく無かった。それでもバスの待ち時間2時間。その半分の時間を持て余したのが歩いた決め手だったのかも?

この川は途中で神戸市の上水用ダムに流れ込む。その道も歩いて見ると面白い?しかし冬の間はさすがの親父もサボりそう。今日歩いて見て本当につまらない田舎だと言う事が良く分かる。この地域が見捨てられている?その理由も良く分かる。

この地域を活性化するのは無理かも知れない。無理だろう?諦めますか?ジジババが車の免許返上が出来ない理由がよく分かる?歩いての移動は無理?その事を思い知る。(アホ)どんなに自然が豊かと言っても車が無いとお話しにならない?

Img_6268

Img_6269

Img_6270

Img_6271

Img_6272

Img_6275

この観光案内図を見ると武田尾と西谷上佐曽利、香合新田(ここで行き止まり)この先は丹波篠山。(道は左に行くと三田。右が猪名川町六瀬(むつせ))香合新田の迄は狭い舗装された道が通っている。その先は山が立ちはだかる。

Img_6273

Img_6280

Img_6276

Img_6277

ここからバスで来た道を引き返す。一度歩いて見たかったが実際に歩いて見るとうんざり。歩く道ではない。幼い頃の田舎の貧しかった日々が思い出される。18の時、田舎を飛び出して大阪で13年。静岡で18年。そして大阪に戻って18年。一体何を手にしたのだろう?それがこれからの生き方で試される?

Img_6281

Img_6282

Img_6283

Img_6286

この時は歩き始めて間も無い時。ゆっくりと歩いていると体が冷えて来るので急ぎ足になっていた。最近、歩き方が短いので(しっかり歩いていない)体重が増えている。それでも血圧の薬を飲んでいるので体のふらつきは無い。足取りも悪くは無い。

Img_6288

Img_6289

Img_6290

人気のない景色を眺めながら歩いていた。田舎の風景は思いがけない瞬間が在る。誰にも見られないで存在を主張せず花は咲き、夕暮れは迫っていた。季節も師走。あと4週で正月の2日。来年の事はまだ分からないが今年とは何が違うのだろう?

Img_6293

Img_6294

Img_6295

Img_6296

もうすぐ日が暮れる。秋の日はつるべ落としと言われるが初冬の山間の田んぼを吹き抜ける風は冷たい。何が面白くてこんな道を歩いているのかいと囁かれながら2度と歩く事のない川縁の道を歩いていた。親父が生まれた頃と大きく変わらない?

景色を見ていると何故が不思議な気持になっていた。この地域は何も変わら無いに違いない?地方の時代と言われても農業の活性化と言われてもこの地域は何も変わらないに違いない?替わり様がないのだろう?それで何か?と問われていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンメーカーのマック対策?(と言われてもジジババは分からない)

Img_6253

Img_6254

Img_6258

人影の絶えた風景。一番上は宝塚市西谷香田(こうばこ)新田。ここが宝塚地域のどん詰まり。真ん中の写真は阪急田園バスの折り返し地点。宝塚市西谷上佐曽利。一番下はJR武田尾の駅。この駅の大部分はトンネルの中。無人駅。ホームの先端一部は武庫川の上。一日の乗降客の殆どは西谷の住民。通勤、通学で利用している。

これ位の地域情報を今年の春迄殆ど知らなかった。TVのニュースで武田尾の自然の素晴らしさは知っていたが足を向ける事は全く無かった。その素晴らしさを知ったのは皮肉にも西宮名塩からハイキングコースを歩いてこの駅を利用した時。

その時初めて素晴らしい「笹部新太郎演習林」をハイキングコースの看板で知る。全く知らなかったこの国の桜の博士。そして生き方。親父の大好きだった、そして一度も訪ねた事が無かった岐阜と富山の国境御母衣ダムの荘川桜の植え替えの親。4年前に訪ねた岐阜の薄墨桜の支援。演習林の植木職人のドラマ。何も知らなかった。

それでも何も困らなかった。今でも困らない。それでも最近のつぶやきの大部分が「ボヤキ」「非難中傷」親父それで何が言いたいの?人を嘲り(あざけり)人を不快にさせて何が楽しいの?そんな不毛の言葉を投げつけられても開き直っている?

その生き方もそろそろ代えなければいけない?(無理だろうけれど?)無理に違いない。正義感と義侠心の塊の九州男児にそんな生き方は出来ない?トンデモありません。人の生き方ほどいい加減な物は無い?考え方が変わればコテコテの共産主義者でも資本主義者に代わる?(その反対は少ないが)

しかし資本主義者の面をして共産主義者顔負けの指導者も少なく無い?補助金を尤もらしく手にしながら尤もらしくその正当性を主張する政治家、経済界のリーダー達。殆どの国民がどうなっているのか分からないTPP法案がその典型的な例?この法律まだ国会審議で何も明確にはされていない?TPP農業法案対策?こんなインチキな政治が問題にされない?その理由も単純明快。無知と無能?為す術を手にしていない?

その対策がやっと分かる?(うそをつけ?)ただ実行しても無駄?それでも良い。自分だけでもそんな生き方をすれば悔いは無い?(うそをつけ?)かもしれない。ただ間違いない事は人の生き方は自分だけしか決められない?(これもウソ)その多くは偶然と必然の逆転?それも違う。多くが運命の悪戯?残りの人生を開き直りで生きて行けばそれも有りかもしれない?

本日の教訓。不正会計の東芝とアメリカのパソコンメーカーMacに完全に水を開けられた富士通がパソコン部分の経営統合?そこにソニーの落ちこぼれ(失礼)が加わる?それでパソコン市場の巻き返しを図る?本気でそう考えているの?

ジジババ達はどうでも良い話だが若者達やこの国のリーダー達はどう考えているのだろう?そんな事はどうでも良い?国の経済産業政策は今でも官僚の掌(てのひら)でどうにでもなると思っているのだろう?パソコン市場がこれからどうなるのか?そんな事もどうでも良いのだろう?自分達には関係無い。アメリカのパソコンメーカーに市場を席巻されても国内産業を保護すれば自分達は飯が食える。その程度の考え方かもしれない?違う?それではお手並み拝見。そんな気持は全く無い。

これからの高齢者がボケずに元気に生きて行くには是非パソコンを手にして情報を発信して下さい。これは親父も全く知らない世界でした。7年前、ボケ防止に買い与えてくれた息子に感謝している。ただアメリカのパソコンMacを使い始めてこの多くの優秀な機能の殆どが要らない?なら使うな。(アホ抜かせ)この高いパソコン。国産メーカーでは太刀打ち出来ない?(これも親父の無知?)

親父のレベルではもっと文字入力が簡単。(キー入力から音声入力)(文字変換が正確、簡単)このMac。微妙な日本語と難しい感じの変換が出来ない。親父の使い方がヘタと言われるとムカついて来る。日本メーカーはどうして日本語の微妙な言い回しを生かせないのだろう?

Macに勝てる機能は他にあるのかい?それ位の事がどうして分からないのだろう?ジジババ達が求めている事は日本メーカーで無いと分からん事が何で学習出来ないのだろう?それでは何時迄もMac?の機能に勝てないだろう?

親父のパソコンのニーズはブログ作成とネット検索。それさえMacに勝ればそれで充分。(それが難しい)だろうな。勝てる訳が無い?(文字と写真入力の簡単、綺麗、早さ)これは何時迄も勝てないのかも知れない?それでは勝負に勝てる訳が無い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 3日 (木)

宝塚西谷上佐曽利生協の売店はお休み。これは想定外。その代わりそれに勝る良い出会いがありました。

Img_6207

Img_6208

Img_6211

JR武田尾駅前は既に初冬。見上げる山の上は1度歩いている。しかしこの谷を一気に登る事は出来ない。どうして?写真で見るとそうでも無いがこの谷はほぼ垂直に立ち上がっている?正確に言えば垂直ではない。ただほぼ垂直の谷に道は無い?

ではどうして這い上がるの?左の山裾を横歩きをしながら緩やかに立ち上がり左端の尾根を一気に登る。しかし登りは厳しく登り切ってもその先は長い。次の機会は何時に成るのだろうか?意外に近いかもしれない?(それは無い)どうして?10キロ弱歩かないといけない。それだけの脚力が失せている。その事が問われる?あっそう。

Img_6212

Img_6213

信じられない事に谷の上は少し奥に歩くとゴルフ場が広がっている。その広さは日本の名だたるチャンピオンコースに負けない名門コース。そんな立派なコースが切開かれたのは日本経済が高度成長を始め掛けていた昭和36年。今から半世紀前の事。

その頃は福知山線も武庫川沿いの単線をSLが煙を上げながら走っていた。親父が色気づいていた中学2年の時。直川の木造校舎も今は建て替えられている。木造校舎は一部2階建て。その頃の親父は吃りのコンプレックスに負けないで優等生だった?

Img_6215

Img_6216

Img_6217

この時刻表は上佐曽利の物。4時台は無いので帰りは5時半。今日は売店に立ち寄って取材?を済ませて集落を歩く。バスは殆どがここで引き返し。一部のバスの終点はこの停留所を左に進む。集落はまだ左と上にある。しかし上は行き止まり。今日はそこ迄歩く。そこは素晴らしい「桃源郷」だった。しかしこれからは冬の寒さだけで何も無くなる。

Img_6218

Img_6219

Img_6224

ナ、ナント休み。ダリア花の里生協売店定休日。休みの日を聞いていなかった。考えてみれば定休日があってもおかしくない。このお店はこの近くの人達の「生協」の売店。日用品、パン等の生活必需品がある。最初来た時がダリアのシーズンだったのでその人達の休憩所位にしか考えていなかったがそうでは無かった。

この近くの人達の売店。その人達の生活について聞くつもりだった。お休みでは話も聞けない。道の反対側の田んぼに向かって「立ちション」をしていると自販機のオッサンに「毎度」と声を掛けられる。一瞬、小便が止まる。(アホ)寒いので暖かい飲み物を買うともう一度「毎度」と冷やかされる。気を取り直して田舎道を歩き始まる。

Img_6223

Img_6225

Img_6227

Img_6230

Img_6231

後ろを振り返ると売店が見える。この集落で人影を見るのは難しいがその売店にも都会から戻って来た若いママさんがいた。それは全く想定外だった。生まれたばかりの子供を育てながらこれからこの村でどんな生き方が出来るのだろうか?

それは親父達が問われている生き方とは違う喜びと苦しみの日々に違いない。生きて行く事は楽しい事ばかりでは無い。苦しみを困難を乗り越えて行く楽しさ。それは容易な道ではない事を誰も教えては呉れない?自分で切開いて行く。でも自分だけでは何も出来無い事を忘れてはならない?

Img_6232

Img_6233

Img_6234

Img_6235

Img_6237

この先左は集落が無くなるがその先に「桃源郷」があった。道は一気に狭くなるがここから見るとそうは見えない。点々と大きな家が点在しているが人影が殆ど見えない。家に近づくと飼い犬に吠えられる。鎖で繋がれているので飛び出して来る心配は無いが大概は親父から睨まれると声が小さくなる。ならない奴は親父から叱られる。(コラ)

Img_6239

Img_6240

Img_6241

本日の目的地はこの手前で引き返すつもりだった。ところがこの看板を眼にしたからは引き返す事は出来ない。宝塚ダッシュ村。名前はTVで聞いた事があるが実際に来てみるとそこは親父達が育った田舎。そのものだった。都会の子供達が知らないワンダーランド?そのものだった。

ただこの先の道は狭くて生活道路だった。その整備が求められていた。しかし地元の親父達はその事が理解出来ない?それを調整し説明し理解させる。その役割が行政には無い。地域の活性化?それは政府の人気取り?口先ばかりの宣伝。

支持を誰がしているのかい?税金はそんな使い方しか出来ないのかい?政治家もマスコミもオチャラケです?この集落がこの国の断片だとは誰も思わないのだろう?ご覧あれ。この突き当たりが車道のどん詰まりです。昔からの道が拡張されていない。左に災害時の道が整備されていたが拡張されていない。日常は通行禁止?

Img_6243

Img_6244

Img_6245

冬期は休園。それでも村長さんがクリスマスの飾付けをしていた。看板の文字が小さくて良く見えないが10年前と比べて常連さんが多くなったと言われていた。それでも道が狭いので地元の人とは些細なトラブルも少なく無いと言われていた。地域を活性化すると当然考えられる問題。その解決方法は行政の積極的な関わり。

ところが現実はその反対。その現実は何も伝えられない。これから親父がその旗ふりをします?(止めなさい)どうして?その事を政府と地方に聞かなければならない。聞かなくても答えは分かる?とぼけるだけ?尤もらしい綺麗事を並べるだけ?

それが地方創生?「1億総活躍社会」?それで支持される?オバカな現実です?そんな事はありません。見事に変わってもらいます。(無理だな)親父もそう思う。しかしこれが最後の仕事です。健康で生きがいの在る社会参加。それは誰もが出来る仕事です。

Img_6246

Img_6247

Img_6248

Img_6249

きれいな景色。綺麗な風景を車で案内してくれた宝塚ダッシュ村の村長さん。本当にありがとうございました。帰りはご丁寧にバス停迄送ってくれました。親父の全く知らなかった自然豊かな所で生きている人がいる。そんな事を知る事が出来ました。

宝塚ダッシュ村はネット検索でホームページを見る事が出来ます。近くの方で興味がある方は是非見て下さい。家族や友達と来年春バーベキューを楽しんで下さい。バスの便は少ないけれど武田尾から20分。上佐曽利から歩いて30分。豊かな自然の中で楽しい1日間違い無しです。時間と費用はネットで確認して下さい。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化学及び血清療法研究所 なんじゃそれ?この医療機関の不正?これが医療機関?血液製剤 ワクチンの製法が正しく造られていない?こんなのが医療機関?何だこの国のお役所。

Img_6189

Img_6190

Img_6191

Img_6192

アメリカで「銃乱射」間抜けな国だよ。それ位の批判も出来ないで同じ事をお昼の全国ニュースで深刻に報道するこの間抜け。それよりもそんなニュースに反応も出来ない私達?公共放送とは何ぞや?考えて見るとその程度の物だと言う事が良く分かる。

Img_6193

Img_6194

Img_6196

昨日歩いた武庫川の三田市内の風景。この川はもう少し(市内北東部)ダムが源流?この川は宝塚市内迄流れ下ると大きな川幅になるが、ここでは平凡な川?ところがこの川も一度大雨に見舞われると激流が流れ下る?雨が少ないこの時期は穏やかな顔をしている?お昼のニュースで全く報道されない「化血研」のニュース。この事件が明るみに出た経緯は全く知らない。間抜けな情報の得方?その程度の問題かい?

Img_6198

Img_6200

Img_6201

正面の電車は神戸電鉄。三田と神戸新開地を結ぶ電車。この電車は有馬温泉「太閤の湯」の日帰り入浴の時に利用した事があるが、神戸市北部を運行しこの先の三田市内を結んでいる。その歴史は古い?開業は大正12年。神戸市の当時の中心部新開地と有馬温泉を結んでいた。

今では三田市内の北部にも路線が延びて神戸市内通勤の足にもなっている?但し所要時間は1時間弱?(今度利用してみますか?)のどかな田園風景が見れる?ここ迄来るとJR三田の駅は近い。そう思っていた。ところがその思惑は外れる。駅は右ではなかった。広い道路は右を大きく迂回して(バイパス)いた。駅は正面。ただ案内板を見つけられなかった。

Img_6202

Img_6203

Img_6204

Img_6205

ようやく到着です。駅前は大きな商業ビルが立っていたが区画整理が全く出来ていない。駅前の無様な歩道、ガードレールには苦笑していた?何の為のガードレール?歩行者の為ではなく誰の為?バイパスから駅方向の道も昔のマンマ?看板も見当たらなかった。

この時お腹はトイレを探していた。掛り付けの内科医に出してもらった整腸剤は今イチ?それでもお尻の筋肉を締めて駅のトイレを探していた。(アホ)ここから電車に乗って引き返す。夕方のラッシュの時間には少し早かったが電車の乗降客は少なくは無かった。丹波路快速。

一番前の車両でもボックスシートの為、空いている席は少なかった。4人掛けの席。若い女性の斜め前に座る。カメラの写真を確認しているの若い女性の足が貧乏揺すりを始める。信じられない?横目で改めて見ると体迄揺すっている。目障り。液晶画面を見るのをやめて帽子を深めにして眼を閉じる。ホンマに最低です。

タイトルの血液製剤研究所の不正。内部告発?されないと監督官庁の摘発は出来ない?これがこの国の監督官庁の実態?そしてその無様な監督責任も問われない?報道機関は何をしているのか?「知らない?」「分からない?」「関係無い?」

事件が起きれば(起きている)尤もらしく監督責任が問われてもそれは一時的?こんな会社が医療機関?しかも熊本。その実態とこの不正が40年も前から行われていた?薬剤エイズの問題が大きく報道され「血液製剤」の問題が尤もらしく報道されてどれだけの問題が改善されたの?そんな問い掛けも出来ないで飯が食えるの?

医療の問題が問われて久しい。今でも医療費の問題は深刻な社会問題になっている?なっていないのか?政治家、医療関係者、もっとはっきり言えば熊本大学の医療関係者は何をしていたのだろう?これは熊本だけの問題ではなくて全国の医療機関の問題?

今頃厚生労働省のお役人が立ち入り調査?そんな事で又ごまかすのかい?これが本当の恥知らずだろう?医者のモラルも地に堕ちている。くそ坊主と言われても病気になったら手を合わせるしか無いのだろう?これが法治国家?報道の自由?嘘をつけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

毎晩寝る時にイヤホーンで聴いている古典落語「天災」が現実になる?

Img_6133

朝パンとベーコンとカット野菜を買って帰る時にここで後ろから来た自転車に当てられる?正面から車が来たので左に寄るとその左後方を走っていた自転車に当る。スピードは出していなかったので転倒も怪我をする事も無かった。それは日頃の行い?それも違う?親父のママチャリではスピードは出ない?

自転車が後ろから来ている自転車に当てられる可能性は無い事は無い。信じられない事に最近の自転車走行のマナーは最低?右側走行。狭い道の追い抜き(今回のパターン)スマホ操作の前方不注意。危険の可能性は高くなっている?

それでも前の自転車が自分の進路を塞いだとしても前の自転車に当るか?それがおかしいだろう?それだけでない。自転車のサイドミラー?こんなのがあんのか?それが破損して弁償しろ?アホやろう?ここでぶち切れる。ただ怒鳴り合い。ここで親父の賢さが出る。話を近くの交番で付ける?ところがお巡りさん。言い分は聞かない。

それはどちらも自分が正しいと思っているから。双方で話合いなさいと言われる。話にならないから来ているんやないか」と思いながら途方に暮れる。朝の忙しい時間お巡りさんも途方に暮れる。最近の多くのトラブル。もめ事。警察では処理出来ない?

それが先ず思い知らされる。この程度のもめ事で双方が自分の主張を通すと裁判になる?そんな事を心配する。交番でお互いの主張を繰り返し埒(らち)があかないので親父が頭を下げる。(そんな気持は毛頭なかったが時間の無駄?相手の常識の無さに諦め?)

それは無かった。親父の気持は変わらないが1000円だけは差し上げると提案。それも拒否される。テヤンデー。ふだけるな。怒りを抑えて1500円で手を打つ?(情けない)お昼が過ぎているのに朝飯をまだ食っていなかった。

最近の若者は(年寄りも)最低です。常識が無い。話が通じない。青年もそう考えていたのだろう。ただ古典落語のオチは何度も聞いているので分かっている。いくら正論をアホクサく言った処で相手が聞く耳を持たなければ無駄。

自分が主張を収めて1500円払えば無かった事になればそれも仕方が無い。1万円を両替する為にパンを2個買う。それで終り。今でも思い出しただけでムカついて来る。年末慌ただしくなるけれど呉々も気を付けないと何処でどんな災難に巻き込まれるか分からない。怪我をしたと思えば安い授業代だったに違いない。

Img_6134

Img_6135

Img_6136

本日の目的地。道場。しかしその先は未定だった。大西食堂の親父と雑談?おかあさんのおにぎりをお土産にするか?そんな事を考えていた。ところがお店はお休み。定休日は木曜日だろうとぶつぶつ言いながら武庫川の橋の上から川原のススキをながめていた。

「今日は天気が良いし川沿いに次の三田の駅迄歩くか?」そんな事は考えていなかった。左の桜の散策の道を歩く。この道は1月位前の暗くなった道を歩いている。その道をユッタリした気分で歩いていた。意外だった事はこの下流の荒々しさが全く消えていた。それにしても堤防の上の放置された雑草?道が埋もれていた?

Img_6137

Img_6138

Img_6139

「桜切る馬鹿。梅切らぬ馬鹿。」と言われるけれど根元からの若い枝葉はこれだけ大きくなる最初の年に剪定しないといけない?この桜並木は知らなかったけれど、この先に壮大な看板がある。しかし管理は行き届いていない?

桜の街道?口で言うのは簡単。行政の取り組みもそこ迄行き届かない?嗚呼。無常です。桜が満開の時もう一度愛する人と歩けるだろうか?(それは無理だろう?)失礼しました。春爛漫の時、この道をどれだけ多くの人が愛でるのだろう?全く知らなかった二人だけの老いらくの道?まだ早いと言われていた。

Img_6152

170キロか。一日20キロ歩いて8日と10キロ。(無理だ)折りたたみの自転車で4日。(それも無理だ)福知山線とその続きの路線を探して1泊2日の旅。それは可能かも知れない。ルートを探して訪ねて見ますか?道場町さくらづつみを守る会。聞いてみますか?看板に日時が無いから今は活動を終えているかも?

Img_6143

Img_6149

1月前に歩いた夕暮れ時は左の坂を下って来た。しかしこの先でその時歩いて来た道を確認出来る。この堤防沿いの道だった。この横で有馬川と武庫川が合流する。有馬川は有馬から流れ出してここ迄流れ下る。昔はこの川も景色の良い所だったに違いない。その川はこの正面で左に曲がる。武庫川は直進。

それでも荒々しさは全く無くなる。意外に源流は三田盆地の北東?そこ迄歩くのかな?この地域が豊かな農村地帯であった事は歩いて見ると本当に良く分かる。今、この地域が新名神の来年度末の開通に向けて大きく変わろうとしている?

唯、「本当のそうなの?」その思いも変わらなかった。どうして?其れはこの先の景色を見ると良く分かる?地域の活性化と言われても地域変貌の中心になる人は若者達。その優秀な若者達は都会に進学し就職をする。地方の優秀な人材は地域限定?

行政も地方分権を口にするだけでは何も変わらない?それではアカンやろう?ところがそんな危機感は電車に乗ると全く失せる。若者達に覇気が全く感じられない?この地域が活性化するのは関西と山陽、北陸、丹後の固い結びつき?しかしそんな事を考えている人はどれだけ居るのだろうか?どうでも良いと思っているのだろう?

Img_6154

Img_6155

Img_6156

ここで正面の福知山線電車を見ながら「今来た道を戻るか?」「次の駅迄歩くか?」一瞬考える。まだ2キロ足らずしか歩いていないので足は元気だが次の駅とは丁度中間?携帯を見ながら道を探すが正面には道は無い?「あるじゃねえか」と思いながら左に歩いていた。この先で正面の土手に上がる。ところが道ではなかった。何で草ぐらいから無いのだろう?そんな事をぼやいていた。

Img_6157

Img_6158

Img_6160

堤防の上。右に武庫川が流れているが土手は久しく手入れをしていない。それでも歩く人は居るのだろう?草が踏みならされていた。この先は竹やぶの竹が切り倒されていた。この場所に竹が無いのはどうしてだったのだろう?それは堤防の整備と関係があるのだろう?ここ迄来ると前に進むのみ?すぐ草は刈られていた。

Img_6163

Img_6162_2

Img_6165

Img_6166

Img_6167

後ろを振り返っている。ここ迄来ると竹やぶが残っている。この堤防の上も竹やぶの跡。田舎の竹やぶでちっちゃいタケノコを採っていた事を思い出す。早春の味覚でした。ここから先はサクサクと歩ける。再び歩く事は微妙。車窓から眺める事は在るかもしれない?帰りの電車では帽子を深めにかぶって寝ていた。

Img_6168

Img_6169

Img_6171

Img_6170_2

城崎温泉行きの特急「こうのとり」この新型車両になっても車両の編成は5両?特急料金が居るので温泉客しか利用はしない?それでもこれから雪の♨。しっぽりと暖まりながら雪見酒。たまりませんなー。(無理だな)現役バリバリの時、会社の慰安旅行で高級旅館「西村屋」さんに泊まった事が自慢です。

Img_6173

Img_6174

Img_6176

ここから先は車道。標識は何も無い。宝くじ桜植裁地?この無粋な石碑。もっとつつましく木の看板位に出来ませんのかいな?品格も何もあったもんじゃない。宝くじの下品さが良く分かる。どれだけの確立で当選者が出ているのか知らないのだろう?

Img_6177

Img_6178

Img_6182

Img_6185

Img_6186

この橋の刻印を見てこの川が「武庫川」である事がやっと分かる。その程度の川幅になっている。ここで厚い長袖を1枚脱ぐ。風もなくゆっくり歩いていても汗ばんで来る。三田の駅は近いがもう少し歩かないといけない。この道を2度と歩く事は無い気がしていた。愛しさも感慨も何も無かったけれど偶然の時は否定出来ない?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

今年見納めの紅葉?もう一度見れるかな?ご覧あれ。

Img_6086

Img_6087

Img_6088

箕面滝道入り口の橋を渡らず右の坂を登ると西江寺がある。毎年、このお寺の紅葉を見ているが今年はアキマせん?夏の暑さが厳しく秋の冷え込みが緩くて紅葉の葉っぱがボケている?(それはあなたの事でしょう?確かに今年の紅葉は今イチでもアナタに言われたく無い)まあまあ。きれいに撮らせていただきます。

Img_6089

Img_6090

Img_6091

Img_6092

Img_6094

今年も多くの紅葉の名所を巡ったけれどここが一番です。京都高雄の神護寺、東山の曼殊院の紅葉とは趣が違う。山頭火がこの寺を訪ねた時は何時頃だったのだろう?残されている句にはその事は詠まれていない。

「みんな洋服で私1人が法衣で雪が降る降り」句碑の解説をしてくれているブログを読むと親父のオバカさが良く分かる。孤高の俳人と言われている山頭火はそんな一般人を馬鹿にしていたのかも知れない。この句が詠まれた日は3月の初め。当時でも名残り雪だったに違いない。

Img_6096

Img_6097

Img_6098

同じ様な紅葉の梢を見上げているとフラフラして来る。最近血圧降下の薬が効いて120−50。掛り付けの先生に「下がり過ぎでは?」と聞いても「これから寒くなるので心配ない」と言われている。

ただ首が太くなって血管が狭まっている事は間違いない?それも聞いて見ると「それは何とも」。そう言われるとアキレス腱の両側の凹みも無くなっている。メタボ。オス。(押忍では無いだろう)

Img_6100

Img_6104

Img_6105

西江寺は聖天宮とも言われている。役行者が建立。この境内で歓喜天の化身と言われる老爺と対面したと言われている。聖天宮西江寺。本堂は大聖歓喜天(てんしょうかんぎてん)。1300年の歴史があり現在でも地域の氏神さん(聖天さん)として親しまれている。現在人の多くが知らない(親父も知らなかった)大聖歓喜天。

古代インドでは知恵、幸運の神(ガーネーシャ)。日本には金銀融通、縁結びの神として伝えられている。知りませんでした。知っていたらそして信心していたら人生は変わっていたに違いない?今からでも遅く無い。信じる者は救われる?(もうそんな歳では無いだろう?)うんにゃ。うんにゃ。(いやいや)もう一花咲かせなはれ?

象頭人身の男女が抱き合っていた。夫婦和合、安産、子宝の神様でもある。宗教もその程度になったのだろうか?空海が嘆いている。大事な弟子を失って嘆き悲しんだ言葉。「悲しいかな、悲しいかな、悲しいかな、悲しいかな。重ねて悲しいかな。」現在の間抜けな人の生き方を見て更なる哀しみを重ねているに違いない。

Img_6107

Img_6127

Img_6131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市長選挙 今週末投票 政策の違い?そんな物はどうでも良い?

今週末わが町「池田市長選挙」前職と元職の戦い?共産党も候補者を出しているが問題外?前職は前評判は良く無い。元職は大阪府知事選で前回維新の候補者と対決して大敗。その時、政界引退と思われたがそうでは無かった。政治の世界はそんなにイサギの良い社会では無い?それとも、たかが市長?されど市長?それだけ影響力が大きい?

一般市民にとって分からない事は、共産党と保守系無所属、民主、公明支持の対決はお馴染みの地方選挙の対決だが今回は前職を自民党、公明党、民主党が支持をし元職を維新が応援する?(その維新も支持を明確にはしていない?)

加えて前職は元職が大阪府知事選に出馬の時、後継者として元職から推薦された人?ところがそれは違っていた?前職の4年間の業績評価は芳しく無い?それで前職が再出馬。戦前の予想は関係者しか出来ないが競馬の予想と全く同じ?(やってみないと分からない)

親父の予想は行政手腕は元職。人気も比べ物にならない。ところが自民、公明、民主の既成政党は前職支持。(このパターンも良くある構図)それ程に政治の世界は地方選挙でも飯が食える。中央の政治で自民、公明がどれだけ美味い飯が食えているかが良く分かる。

今日から師走。株価は2万円を越えると言われているが、一般市民の懐具合もさどかし暖かいのだろう?親父は今年は暖かい羽毛のジャンバーを買えない?表面がナイロン生地では山は歩けない?しっかりした木綿の綿のジャンパー買いますか?止めなさい。今年はセーターとコートで辛抱するのかな?

(山歩きは風防、防寒、防水のジャンパー?)寒さに負けないで歩け歩け。最後にものを言うのは元気な体に違いない?今日、嬉しいニュースを聞きました。今年の夏、takeさんと行った御母衣ダム、荘川桜を高山からバスが走る。雪の飛騨路と温泉宿。楽しみが出来ました。その為に何を為すか?その事が問われている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »