« 念願の道を歩く。そこは思いがけない所だった。素晴らしい出合いも在りました。 | トップページ | 肌寒い一日。政治も経済情報も寒いね?今日は何処に行きますか? »

2015年11月25日 (水)

久々の住吉さん。「住吉の杜に銘菓あり」さっちゃん先生お参り。

Img_5619

Img_5620

Img_5622

Img_5625

大阪南の恵比須町と天王寺から堺を結ぶ阪堺電車。多くの路面電車が姿を消した大阪京都、神戸で此処と京都の一部で健在。乗車率は悪く無いが経営的には堺市の補助を受けている。大阪天王寺の停留所は交差点の一角。いずれこの場所は見直さなければ区画整理は完成しない?

Img_5626

Img_5628

Img_5629

正面の杜は「住吉大社」上りと下りの電車が鉢合わせ?この交差点は天王寺上町線と堺筋恵比須町線が分岐している。左手がその分岐。右は堺に続く。乗り換えと乗り換え無しの電車がある。但し終点迄同じ210円。利用者の多くはここから左。通学の子供達がジャカマシイ?(親父には耐えられない区間?)

Img_5630

Img_5631

Img_5632

住吉大社境内。ここに来て「さっちゃん先生」の想いを偲びながらどら焼きを2個食うのが習慣になっている。「さっちゃん先生」と言われても殆ど知らないが大阪の貧困地域「西成」の生活困窮者の生活を若い女医として支えていた。そんな若い女医が自殺と検死された事故が起きたのは2009年11月14日。7周忌が過ぎる。

警察の検視では自殺として処理されているが彼女の両親は医者。西成警察の事故処理に不審な点を指摘されたが死因は変わっていない。そしてこの悲しい現実は全く社会的反響を引き起こしていない。何たる大阪人の生き方だろう?

そんな事件が忘れ去られる?そんな事は親父の男気が許さないに違いない。それでも出来る事はお参りだけだった。ヒスイの兎の鼻を撫でなから若き女性の無念の思いを感じていた?大阪西成を子育ての街にする?この街の貧しさは何処に移すのだろう?

Img_5661

Img_5660

Img_5663

Img_5655

Img_5657

Img_5658

今年も元気でお参りをする事が出来ました。さっちゃん先生はこの大社をお参りした事があるのか分からないけれど、この門を見上げた事は無いに違いない。大阪の再生が叫ばれて久しいが大阪の眩しさをどれだけ感じたのだろう?

大阪の在り方が問われて久しいがこの街の生活保護の実態は何も改善されていない?この街だけでは無い。東京の山谷。地方の多くの町や村は今、多くの若者が消えている。その実態をどうすれば知る事が出来るのだろう?さっちゃん先生が問い掛けた事。「私は疲れました」その言葉を忘れないで這い上がらなければならない?

Img_5635

Img_5670

Img_5693

 

 

 

|

« 念願の道を歩く。そこは思いがけない所だった。素晴らしい出合いも在りました。 | トップページ | 肌寒い一日。政治も経済情報も寒いね?今日は何処に行きますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の住吉さん。「住吉の杜に銘菓あり」さっちゃん先生お参り。:

« 念願の道を歩く。そこは思いがけない所だった。素晴らしい出合いも在りました。 | トップページ | 肌寒い一日。政治も経済情報も寒いね?今日は何処に行きますか? »