« 今週末から寒くなる?それでも今日は暖かい。今日はお休み? | トップページ | 大阪経済の再生?地域経済の再生?その前に自分自身の再生? »

2015年10月27日 (火)

最初で最後の大阪駅前の掘り起こし?明日は経済産業省でお勉強?

Img_3667

Img_3668

Img_3670

大阪駅前東口の前が掘り返されている。何の為にこれだけの土地が掘り返されているのか良く分からない。工事のビフォー、アフターの看板がその説明をしているが親父が見ても?よくわからない。この場所は親父が大阪に出て来た半世紀前は広場だった。お盆と年末には帰省客の為にテント村が出来ていた。

あれから色んな建物が出来て今、又、様変わりをしている。この工事が完成するのは数年先?その時親父はどんな姿をしているのだろうか?メタボな体質を改善してニンマリしている気がする?(嘘をつけ)ここは掘り起こされて地下街の通路が広がる。

アンタも変わりなはれ。時代がどんなに変わっても変わらない物がある。それが人間の愚かさでもあり賢さかも知れない?そんな言葉を囁かれていた。殆どの人が見向きもしない大阪駅前の工事現場。明日勉強する地方創生、地域の活性化も同じかもしれない?多くの人にとってそんな事はどうでも良いに違いない?しかしそれではこの国に明日は無い?(そんな事はねーだろう?)それをこれから証明します。?

Img_3671

Img_3673

Img_3676

大阪駅東口は親父の思い出の土地。半世紀と2年前に見た時と今はどれだけ変わったのか?パワーシャベルに掘り起こされる土は感動だった。これ迄この土はどれだけ掘り起こされる事があったのだろう?ここは昔は埋めた土地と言われていた?湿地帯?ところが掘り起こされている土に湿り気は全く無かった。それはなんでだ?そんなオバカな事を考えていた。

|

« 今週末から寒くなる?それでも今日は暖かい。今日はお休み? | トップページ | 大阪経済の再生?地域経済の再生?その前に自分自身の再生? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最初で最後の大阪駅前の掘り起こし?明日は経済産業省でお勉強?:

« 今週末から寒くなる?それでも今日は暖かい。今日はお休み? | トップページ | 大阪経済の再生?地域経済の再生?その前に自分自身の再生? »