« 行政改革 人員削減 スリムで効率的な組織 それが出来ない政府が支持される? | トップページ | 爆弾低気圧 大阪は昨夜一時 今日は一転日差しが強い  »

2015年10月 1日 (木)

久々の中山従走路。侮っていた。その事を思い知らされる。

Img_1395

Img_1396

Img_1397

この道は何度も歩いている。最初に歩いた時はこの坂をゆったりとして下っていた。腰を抜かす様な崖を何とか這い上がって気分はルンルンだった。しかしこの先は長い長い道が続いていた。その事をこの時点では知る由もなかった。それ以来、この道を完全走破(歩破)していない。その替わり途中で下に降りる道を自分で探す。その道は全て地元の限られた人しか知られていなかった。今、その道を反対に歩いてい

Img_1402

Img_1404

Img_1405

遠くに見える山並も歩いている。あの時は箕面の滝道から谷筋を抜け山道を彷徨い(さまよい)やっとの思いでドライブウエイに出て足が上がらなくなっていた?山道で緊張していた足がアスファルトの道に出て下から突き上げられる衝撃でストライキを起こしていた。

苦笑しながら上がらなくなった片方の足を引き摺りながら歩いていた。途中でゴルフ場から出て来る車に乗せてもらう事を考えていた。(結局歩き通したけれど)人間の底力を感じていた。あれから流石に同じ思いはしていない。

失敗は成功の元?この言葉も正確では無い。失敗を成功に変えられる人は本当に少ない。多くは同じ事を繰り返す。その最たる例が何処かの総理大臣です?安保法制の次は経済対策?お主何様だと思っているのかい?

第1次安倍内閣の教訓は生かされていない?経済界、政界も同じだけれど?株価が反発?日本もアメリカもヨーロッパも中国さえも経済の底割れは無い?底が割れる迄そんなオバカが言えるのだろう?

中国の観光客の爆買いで消費は思った程悪く無い?何時迄そんな事が言えるのだろう?来週には日銀が金融緩和?何処迄貧乏人はバカにされるのだろう?食い尽くされる迄だろう?何処迄そんな余力があるのだろう?この先急な下りが続く。

Img_1407

Img_1409

Img_1413

Img_1415

Img_1417

登る時は下から見上げながら溜め息を吐いていたけれど、下る時には息を呑み込んでいた。足を滑らせても滑落の心配は少ない?高さが知れている?しかし落ちたらしばらくは動けない。先を急いでいた。モタモタしていると暗くなる。暗くなると崖は下りれない。この時4時を過ぎていた。崖到着迄40分。時間的余裕は少なかった。

Img_1420

Img_1423

Img_1427

この従走路は健脚コース。殆ど人に出合う事は無い。それだけに色んな事を考える事が出来る。久し振りに自分の弱さを痛感した時に歩いて見ると邪念の無い自分に気が付く。余計な事を考えていると足が止まる。足が止まると時間に余裕が無くなる。焦る事は無かったが気が付くと急いでいた。


|

« 行政改革 人員削減 スリムで効率的な組織 それが出来ない政府が支持される? | トップページ | 爆弾低気圧 大阪は昨夜一時 今日は一転日差しが強い  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の中山従走路。侮っていた。その事を思い知らされる。:

« 行政改革 人員削減 スリムで効率的な組織 それが出来ない政府が支持される? | トップページ | 爆弾低気圧 大阪は昨夜一時 今日は一転日差しが強い  »