« 背中にもお腹にも贅肉が付いている。国の在り方も同じかい? | トップページ | 「偽りの民営化」田中一昭 読み始めている。親父の思った通り。 »

2015年8月15日 (土)

終戦記念日では無い。無条件降伏の日。分かっているんかい?

Img_7660

Img_7661

Img_7662

70年前の惨めな戦い。その悲惨な結末を親父も知らない。故郷大分佐伯は軍港だったので軍事施設と宿舎は徹底的に破壊された。昨日の総理談話は聞く迄もなく皆で靖国神社参拝を国会議員の与野党で行う?「国の為に尊い命を捧げた英霊に感謝の気持を捧げる」?何たる若者に対する侮辱だろう?ところが現在の彼等にその認識は無い?国の為にどんな理由をつけても死ねるか?それ位分からんとは言わせない。

Img_0389

Img_0390

Img_0393

実りの秋が近づいている。日本の農村で収穫の喜びが感じられる時、親父達の20年足らずの先輩達は、愚かな国の指導者(軍人、軍国主義者、その多くの協力者)の所為で尊い命を失う。その愚かさを私達は痛切に教えられた。

ところが現在は愚かにもその歴史が殆ど学校では教えられない?社会では政治屋さん迄もがその歴史を正確には語れない。南の島でどれだけ多くの先輩達が惨めな戦いを強いれられるのか?南のジャングルで補給線も立たれてどれだけの人が餓死したのだろう?そんな事も知らないで罰が当たると思わないのだろうか?

近くで花火が打ち上げられている。数年前に眺めた花火も最近は見る事も無い。花火の美しさは戦死者の哀しみである事も忘れてはならない。子供達が幼かった頃、真上に打ち上げられた花火は今は見る事は出来ない。磐田の花火。甚八さんの鰻。杉川の川遊び。夏の年中行事も途絶えて20年になる。デカイ花火が空気を震動させている。

Img_0395

Img_0397

Img_0398

本日の目的地は川西飛び地?満願寺から多田神社迄のお手軽ハイキングコース。久し振りの彼女に会う気持だった。(そんな時もありました)ところが先日大阪の大手2店の本屋で手にする事が出来なかった、道路公団改革「偽りの民営化」田中一昭の本を隣町の図書館で借りる事が出来て気持が変わる。多田神社ではなく多田銀山跡にしょう?(何でそうなるの?)それ程に嬉しくなっていた。

Img_0399

Img_0400

Img_0402

久し振りのバスに乗りバスが出発する迄の間、昨日手に出来なかった本を大事にめくる。作者は道路公団民営化推進委員会委員長代理。親父がこの本を読みたかったのは小泉総理が国民に信を問うと大見得を切った郵政民営化、道路公団民営化が現在どうなっているのか知りたかったから?

それだけでは無い。多くの行政改革が何度も叫ばれてなんで出来ないのか?その事も理解する為?そんな事はどうでも良い?その事がこの本を読めば良く分かる?作者は国鉄の民営化を評価しているが、その為にどれだけの労働者が惨めな思いをし、ひいては鉄道の安全迄無視したJR西日本の責任は殆ど問題にしていない?

(まだ本を全て読んでいないので正確には言えない?)ただ作者も道路公団民営化が何でオバカに評価されたのかは明確にはしていない?(これもまだ序説しか読んでいないので分からない)殆ど知られていない特殊法人の親方日の丸体質。頭が良いと言う事はこう言う事が出来ると言う事だろうか?

そうでは無い。無知と言う事はこれ程の税金の無駄使いが出来ると言う事だろう?道路公団民営化の最大の目的は債務の削減?ところが今はそんな事は全く問題にしていない。近くで行われている新名神の高速道路工事。マスコミは殆どその壮大な工事を伝える事は無い。

マスコミも偉そうに国の借金が1000兆円を超えたと報道しているが、その削減に付いては関係無いと思っているのだろう?自分達が高い給料を手にしながらそんな事が言える筈が無い。そんな疑問が今、この本を読もうと親父にけしかけている?

バスが動き出したので本を閉じ前に立っている女性の仕草が眼に入る。何気なくサングラス越しに見上げると最近久しく眼にする事が無い美人(こら)親父は座席に座っているので横顔と手先しか見る事は出来ない。そんな馬鹿な事を考えていると降りる停留所が偶然同じ。先に降りた女性の後ろ姿は綺麗な顔とは違っていた。(ええ加減にしなさい)

Img_0404

Img_0405

Img_0406

川西市ハイキングコース?どっちの看板が正しいの?どっちも。看板が右に立っている。しばらく歩くとここは左。このお地堂さんの左を行くと有料老人ホーム。親父はしばらくはお世話に成れない。その為にはしっかり歩かないといけない?(歩いても駄目だな?)仙人の生活をしないといけない?晴耕雨続?その為には体重を減らさないといけない?(どん位)最低30キロだな。ゲー。お地蔵さんが横を向いていた。


|

« 背中にもお腹にも贅肉が付いている。国の在り方も同じかい? | トップページ | 「偽りの民営化」田中一昭 読み始めている。親父の思った通り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日では無い。無条件降伏の日。分かっているんかい?:

« 背中にもお腹にも贅肉が付いている。国の在り方も同じかい? | トップページ | 「偽りの民営化」田中一昭 読み始めている。親父の思った通り。 »