« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月30日 (日)

明日から9月。今年の秋はどんな顔を見せてくれるのかな?

Img_8736

Img_8739

Img_8738

今年の夏は暑い日差しの中を歩いていた。ふらつきは無かったけれどお腹の調子は良く無かった。親父は最近肉を余り口にしていないので下痢をしても「正露丸」で収まる。同じ正露丸でもラッパのマークの「正露丸」でないと駄目だけど。

最近は体の調子を気遣い「粗食」に努めているけれど、お腹と脇腹、背中の脂身は中々落ちない。その原因も単純明快。どんなに粗食と言っても最近の食べ物はカロリーが高い。毎日の食物から体が元気に行動出来る栄養価は適量でなければならない?

若い時には少々の食い過ぎ、飲み過ぎでも簡単に体外に排出されるが、老化が始まるとそうは行かない。太り過ぎは体の変調の前兆。その事が今年は思い知らされる。歩きながらその事を痛感する事は少なかったが、家の中で素早い行動が取れなくなる。

これは正直に言って笑って済ませられる事ではなかった。最近、これだけ歩いても尚老いを感じるのは食事の取り方に問題がある。その事に気づいても実行は容易では無かった。簡単に出来ると思っていた減量。夏が終りに近づいて体重計に乗るのが楽しみになったけれど、数字は少し減っていない。それでもお腹の調子は改善している。

それは下痢ピーが少なくなった事。まだ完全では無いがどれだけ体に自信を持っていても内蔵の負担は軽く無い。自分の体験でその事が良く分かる。あと5キロ痩せてもまだまだ標準を大きく超えている。どんな人でも元気に生きて行く条件はスリムな体。その事はプロの野球選手を見れば良く分かる。それでもオチャラケは少なく無い?

Img_8745

Img_8748

Img_8755

雀が番(つがい)で巣ごもりの準備をしていたが、堤防の草は刈られて充分な材料がある。ただ人間様の寿命に比べて彼等の時は長くは無い。この国の健康寿命は世界一と言われているが多くの人が勘違いしている。これからの年寄りの残された人生は信じられない程厳しい。蓄えも無く介護施設施設で余命を全う出来る人が順番待ちになる?

どうしてその準備をしなかったのかいと言われても、まさかそんな世の中が来るとは思えなかったのだろう?今、間抜けなマスコミは待機児童、0歳児保育の問題は語るけれど公的介護が厳しい状態にある事はほとんどニュースにもならない。

更にこの状況が悪化する。現在公的介護の問題、介護施設の在り方、人員不足の問題は語られるがその入居者の自立はほとんど問題にされない。姥捨て施設。オジ捨て施設。公的資金で介護を任せるしか無い子供達。その事を誰が非難出来るだろう。

それでも親父達も後10年もすればその仲間入り?いいえお仲間にも成れない。親父は仙人を心掛けているけれどそんなオバカは例外。現在高齢者だけでなく働き盛りの人でも貧困者が多くなっている。それでも景気は回復する。消費は持ち直す?

寄生虫の用に税金で?皆様の受信料で?大企業の既得権益で?成金で小金、大金を手にした人?には関係無い?そうも言えないだろう?一寸先は闇。どんなに豊かな生活も既得権益も明日の保証は無い。中国上海市場の株価乱高下。日本、アメリカ、ヨーロッパ、産油国の経済も経済評論家が語る程明るくは無い。

お前の見方は暗いと散々言われて首を傾げ、怒りをあらわにしていたお間抜けな生き方。これからその事が間違いでない事を証明しなければならない。それでも国益の為、東芝の上場廃止は無い?そこがこの国の資本主義のインチキに違いない。

これだけの経理の不正をやっても社会的制裁を受けない。それはどういう事か分かっていないのだろう?自らの不正を裁けないで何が「社会的責任」と言えるのだろう?法律を解釈で変える。法律の番人も政治的圧力を受ける。そんな国でどう生きるか?その事が問われている。それでも集団的自衛権は認める?この国はその程度の国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

聞き慣れない言葉「技術力」ところが巨人の体たらくの原因?

Img_8616

Img_8619

Img_8623
Img_8624

Img_8625

暑い日が既に終わっている?経済的には暑い日は消費を日本全国で000億円押し上げると言われている事を多くのオバカは知らない。(コラ)今年は今月の中旬迄は毎日の様に「熱中症」がバカの一つ覚えの様に報道されていたが、これだけ涼しくなると消費は更に落ち込む。

経済評論家、コメンテーターがほとんど伝えない現象?それでも消費の落ち込みは想定内?どんな面をしてそんな事が言えるのだろう?そんな政治、経済政策が支持される?景気は大手企業の賃上げで間違いなく上向き?東京の霞が関の常識はその程度かい?この国のエリート達の間抜けさは中国の指導者と同レベルかも知れない?

ヨーロッパもアメリカもマスコミが伝える様な成長力は無い。ヨーロッパは成長力の期待されたドイツ迄も深刻な難民対策が迫られている。アメリカは金融引き締めが迫られている。日本経済はその舵取りは右寄り?

車でも右寄り運転は危険だと言う事が常識?これからは質素倹約?爪の先に灯を灯せ?(そんな事は出来ない?)それが出来ないと哀れな日々を耐え忍ぶしか無い?失意の時は本当に哀しいよ。

この国の宗教の指導者はそれ位の事をどうして語れないのだろう?理屈を言うな?理屈を受け止めながら優しくあるべき姿を指し示す。そんな灯明を蓮如上人もかざす事は出来なかったのだろうか?権力者の末路も本当に哀れです。一般市民は言う迄もない?

Img_8628

Img_8630

Img_8631

ここ迄登って来ると住宅地も途切れる。これだけの急な坂道にどうしてこれだけ多くの人が居を構えたのか?それは分からない。ただ実際に歩いて見ると日本の原風景が見える。この国は瑞穂の国(知らん?)農業、稲作の国と言われてもここには近くに田畑が無い。

ところが昔の人はそんな環境を逆手に取っていた?その生活は貧しかったけれど豊かだったに違いない?現在は豊かな時代と言われているがそれが嘘である事がここに来れば良く分かる。本当の豊かさとはこんな風景に違いない。

Img_8633

Img_8634

Img_8636

上の畑から顔が崩れた(コラ)地元のおばちゃんが降りて来る。道を譲りながら挨拶をしても無視される。鳩が豆で打たれた様な顔をしていた?ここ迄登って来る余所者は少ない。「何しに来たのか?」そう思われていた。田舎道を歩くとこのタイプの人は少なく無い。親父が地元民だったら同じ思いをしているに違いない。「不審者」?一眼レフを首から下げているのでそれは無い。

Img_8637

Img_8641

Img_8642

この坂を登り詰めると平坦な場所に出る。初めて来た時にはこの先右に曲がり広い舗装道路に出る。その先には静かな公園と体育館、そして分譲住宅があった。その先にバス停。その地域がニュータウンの外れ?だった。

バス停は武田尾のハイキングコースを歩いた時に来ていた。そこから広い道が伸びていた。その道の右側がUS賃貸の企業分譲地。ほとんど売れていない。その地域が昔の稲作地だった?西宮名塩ニュータウン。多くの人が住んでいるがその多くは関西通勤通学?多くの関西人が知らない住宅地?おやじは一周しているが歩く人は殆ど居ない。

Img_8645

Img_8646

Img_8648

以前お見せした農作業小屋?玉ねぎが吊るされている。玉ねぎは親父の栄養源。近くのスーパーで手にする安売りの玉ねぎは中が腐っているのがあるが、この玉ねぎにはそんなカスはないだろう?見るからに立派な玉ねぎ。

巨人のオチャラケの高給取りとは大違い。昨年迄の活躍の成果は何時迄もは通用しない。その事が分からなければ思い知るしか無い。打てない。守れない。走れない。結構毛だらけ。それでも文句は言わない。肝心な処で仕事ができれば良い。

それが出来なければプロでは無い。「みんな一生懸命やっている」坂本。アホか。一生懸命やる必要は無い。あまちゃんではないのだから。お前らプロだろう?それともボロかいな?ヤクルトに3連敗した原因を語れ。

肝心な処で仕事が出来ないくても言い訳を抜かす。それだけの技術力しか無い事を思い知れ。優勝?出来る訳が無い。去年の阪神の用に2位から1位になってもソフトバンクに叩きのめされるに違いない。そんな認識が無くても応援して下さい?

いい加減にしろ。巨人、読売に思い知らせてやらないといけない。この立派な玉ねぎはその事を教えていた?嘘をつけ。教行寺の鬼瓦に叱られる。お前、鬼の面をしてネエじゃねえか?親父の悪たれを睨みつけていた。これから坂を降りる。期待していた人には今日も会えなかった。それでも家を訪ねる事はしなかった。

Img_8650

Img_8669_2

Img_8681

ぶつぶつ言いながら歩道が確保されていない国道を歩く事は無い。車が気になれば近くに旧道がある。この道は写真では分からないが緩やかに曲がりながら登っている。S字の正真正銘の歩道も確保されない道でした。

その道が今は集落を通り抜けるだけの大型車は通らない。それでも登りは歩くのを止めた方が良い?どうして?車道を歩いていると眼の前に車が現れる?ゲー死ぬじゃねえか?アナタはね。親父は気配を感じながら歩いていた。(アホ)

Img_8682

Img_8684

Img_8685

上が先月末開通した「名塩道路」ただ正確にはこの合流地点を見れば良く分かるが仮開通?その言葉を聞いた時、言葉の意味がおかしいと思ったがおかしくなかった。この無様な側壁の地固め?何時になると綺麗な姿を見せてくれるのだろう?それでもその時は遠くない。お前の立ち上がりの時より間違いなく早いと言われていた?

Img_8687

Img_8690

Img_8691

それでもこの道は確実に整備されていた。そこにはほとんど目の当たりにする事の出来ない現場の力が積み上げられていた。久し振りに見たこの道路は確実に「仮」の看板を外しかけていた。それに比べると何と鈍い亀だろう。

兎と亀。兎には馴れないけれど亀には慣れる?何たる思い上がりだろう?亀にも成れない。亀どころか再スタートのスタートラインにも立てない?そう考えるとこの景色を見た事は無駄ではなかった。この景色は更に変わる。

最終的にどんな姿になるのか分からないけれど、自分の今の姿を重ねると「その先」が見えて来るに違いない。名塩道路10、4キロもまだ道半ば。この先、西宮山口迄の改修工事の目処すら立っていない。

自分の人生の終りを告知された時、この先の工事の進展と重ねあわせてみれば良い。そんな事は全く考えていなかった。久し振りに西宮名塩の未来を語ってくれたKさんの声を聞く。夢は幻になってもその想いを諦めなければ前を向いて歩けるのかも知れない?

「人は年を重ねただけで老いる事は無い」この言葉は嘘です。気持だけではどうにもならない。その為には飽くなき挑戦をしなければならない。それが出来なくて能書きを垂れても何の癒しにもならない。

今年の夏は本当に良く歩きました。それでも歩くだけでは何の肥やしにもならない。人間は成長を止めた時間違いなく老いる。それだけは忘れてはならない?夢を語り眼を輝かしながら相手に語りかける。そんな生き方をしなければならない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

里はまだまだ暑いけれど山は確実に秋の気配が感じられる。

Img_8496

Img_8498

Img_8500

Img_8501

Img_8502

Img_8503

Img_8506

Img_8509

緑のガーデンを後にして目的地の展望台を目差す。このコースは最近ほとんど登らない(登れない)。その訳は単純明白。「楽では無い」片道2キロ足らずの道だが登りがきつい。体がしんどい時(楽な時では無い)敢えてこのコースに挑戦して自分の体力を計る。今迄途中で引き返した事は無いがそれも長くは続かないだろう?

Img_8510

Img_8512

この坂を越えたなら?そんな歌があったが今の親父には「幸せは」あんのだろうか?その事を実感出来るのは目的地の展望台で「大阪平野を一望出来る時」他に勝る幸せはこれからもある訳が無い。どんなに苦しい思いをしてもその先には予想外の結果がある。その事を確認したくてこの道を歩くのだろうか?それも違う。今回は展望台の変化を確認したかっただけ。結果は?変わっていました。それもセコい行事の為?

Img_8513

Img_8518

Img_8519

五月山のハイキングコースは色々ありますが、この「高原コース」が一番しんどい。展望台は2つあるが大文字と日の丸。今回の目的地は大文字なので距離的には600メートル足らず。しかし侮るな。大概の人は歩けない?ウソだろう?では御覧在れ。

Img_8520

Img_8524

Img_8525

Img_8526

Img_8531

Img_8532

遠くに六甲の山並みが見える。この山の従走コースを完全に歩くと神戸から宝塚迄50キロ弱。親父の足で軽く5日は掛かる。「歩いて見ますか」?ウオーキングラリーが行われるがその制限時間は12時間。とてもメタボは歩けない。
歩きたいとも思わない。自分の体力に合わせて楽しく歩く。それで充分です。

Img_8533

Img_8534

Img_8535

この道は半世紀以上前にこの街のリーダーが多くの思いを込めて、自衛隊(当時は違う名前で呼ばれていた?)の協力も得て、失業対策の意味も込めて造られている。しかしその記録がほとんど残っていない。戦後のこの国の復興の歴史は素晴らしい物があるが、その中でも地方のリーダー達の果たした役割は小さく無い。

その足跡、大事業もほとんど知られていない。これだけの道を作って後世の人達が自分の健康管理に役立たせる?何と素晴らしい考えだろう?ところが現在の多くの人達は健康管理は他人事の様に考えている。

この道を歩いてもほとんど元気な高齢者には会わない。自分の健康は自分で守る。医療の現場でもそれ位の事が教えられる医師も少ない?その事を伝える。そんな伝道者にならないといけない。親父達に残された道は唯一つ。その事に尽きるに違いない。

今日は家で寝てばかり居たがそんな話が出来ただけで充分だった。人を見てあるべき姿を語る。そんな人がいるだけで何よりの歓びに違いない。今治のバスタオル。大事にして下さいね。「心に迷い起こらば困窮したる時を思い起こすべし」これは家康の遺訓だが今一番大切な事。それは理屈を越えた阿吽の呼吸に違いない。?

Img_8536

Img_8537

Img_8538

Img_8539

写真では明るく見えるが今にも雨が降りそう。何の因果でこんな所を歩いているのか?そんな事を考えながら何度も歩みを止める。蝉の声もアブラゼミの勢いは無く無いミンミンゼミが哀愁の声を響かせている。耳を澄まして立ち止まると相手も声を潜めるのでさり気なく風になる?

ここ迄来ると目的地は遠くない。しかしここからが息が切れる。目標が視界には入ってからが遠い。自分にとって大切な物。それも同じに違いない。簡単に生き方を語るな。簡単に未来を語るな。そう言われていたのかも知れない?

親父は現役の頃、本当に訥弁(とつべん)でした。立て板に水の用に言葉を口に出来る人が羨ましくてならなかった。(ウソだろう?)本当です。吃りでした。ところが今はうんちくを尤もらしく語る。その違いは何なのだろう?

それは訓練?開き直り?違います。自分に暗示を掛ける事。その程度の事で見方が全く変る?考え方が全く変る?それも違います。何も変わりません。自己満足を手にしているだけです。そろそろそんな生き方を変えないといけない。変えてみせますよ。(期待してないよ)して下さい。

Img_8540

Img_8541

Img_8542

展望台が見えて来る。下界の城跡公園から望遠レンズで見た人の動きが何をしていたのか?ここ迄来ても分からなかった。ここから登る事が出来るのか?それも違っていた。この階段は違う目的で造られていた。それはこの上に上がってから分かる。

Img_8543

Img_8544

Img_8545

登って来た道を振り返る。ゆっくり登ったので息苦しさは無いが流石に汗はかく。すぐ左に親父の好きな「炭焼き小屋コース」の案内プレートがあるが、このコースも楽では無い。横目で見ながら最後のスパートを掛ける。ここ迄来ると目的地は近い。

Img_8546

Img_8547

Img_8549

Img_8550

到着です。今日は大阪平野にスモッグが掛かっていないので淡路島が見える?こんな天気は雨上がりの風が強い台風一過の秋の空でも多くは無い。残念ながら望遠レンズが250㎜ではこれが一杯一杯。タダで貰っているのでそんな事は思っていません。(思っているくせに)プロになればもっと鮮明に見えるカメラを手に出来る?

Img_8551

Img_8553

Img_8556

河川事務所で説明を受けた埋まった堰が見える。説明は丁寧だったトボケた話だった。今年の春、この工事を担当した責任者は春の人事異動で変わっていた。新任の担当課長もそんな間抜けた説明は一切無く、堰が埋まってしまった事を深刻には受け止めていなかった。国の河川管理の在り方は他の公共事業と大差は無いのかも知れない。

何処かの引退した自民党の総理大臣が声高に大見得を切った「郵政民営化」「道路公団民営化」民で出来る事は民でやる。この言葉を熱狂的に支援した「オバチャン達」今、その民営化がどうなっているのか?そんな事はどうでも良いのだろう?

この国の民主主義とはその程度のもんかい?安保法制も今国会で間違いなく成立する。どんなに国会の廻りで大声を張り上げても無視されるだけ。自民党がこれ程の支持を受け公明党が協力すれば憲法解釈で国の方針が変わる。その事をもっと思い知れば良い。

その厳しさが無ければこの国は変れない。戦う事は命懸けである事をオチャラケの政治家、女性議員は知らない。もっと分かり易く言えばその程度の事もどうでも良いのだろう?そんな生き方が何時迄も出来ると思っているのだろう?宗教団体が戦前の軍国主義を否定せずに靖国神社参拝を正当化する。情けないとは思わないのだろう?

生駒の山頂が綺麗に見える。新婚の時、車で生駒ドライブウエイ?を走ってくれた親戚の叔父さんは元気で生きているのだろうか?美味しいハンバーグを作って呉れた叔母さんは今上の人では無い。親父も叔父さんも我が儘な生き方をした引導を今、渡されているのかも知れない。それでも立ち上がらなければならない。それが親父が信じて疑わなかった「九州男児」の生き方に違いない。

Img_8559

Img_8569

Img_8570

展望台下の構築物を見定めて親父お気に入りの炭焼き小屋コースを引き返す。
昨年迄は無かった展望台下のこの円筒形の構造物は「大文字」かがり火を焚いた所。大の一?人の部分は階段状になっていた。がんがらの火祭りの時、大のかがり火が焚かれる。今年はその為の整備が行われた?

それにしてはセコい工事。折角の眺望も台無しにされています。本当にこの山を大事にして来た先人の想いを平然と踏みにじっている?そうは思わんのだろう?山を下りながらそんな事は全く考えていなかった。どうでも良い事だったのだろう?

Img_8571_2

Img_8572_2

Img_8573_2

この道歩く人は更に少ない。親父もこの道を下に下る事は少ない。知られていない道とは言えなくなったけれど歩く人は殆ど居ない。このベンチは登りの時は利用するけれど横目でパス。道は年々歳々整えられているがこれも個人のボランテイアのお陰。

Img_8575

Img_8576

Img_8579

炭焼き小屋はもう少し先。今日のブログはここで終り。今夜は冷凍食品の中華丼ぶりを早めに食って負けられないヤクルトのナイターを見ていた。折角先週阪神に3連勝して首位との距離を詰めたのに広島に1勝2敗。そしてヤクルトに2敗。今夜負ければ3連敗。それだけは出来ない戦いところだった。

ところが打てないオチャラケ打線。その原因は色々言われているが断言すれば「ハングリー精神が無くなり巨人の名前に胡座(あぐら)を描いている」?「選手は一生懸命やっている」アホかいな。プロだろう。プロとは何か分かっているんかい?読売の間抜けさが見えて来る?

この道も平坦に見えるが決してそうでは無い。左を踏み抜けば一気に転げ落ちる。それ位の事は子供でも分かる。間抜けな勝負をしても飯が食えるのか?こんなに弱いチームが巨人?恥を知れ恥を。明日からの中日3連線で腹を決めて戦え。原。責任が問われる。球団の方針で今シーズン限り?それでも優勝する?ふだけるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月23日 (日)

今年の春に低くした席が埋まる。反対にゴミは多くなる。

Img_8155

Img_8156

Img_8157

今年の春低く作り替えられた堰が先月の増水で水没。この堰が低く造り替えられて罰?が当る。堰を低くして川底を掘り下げ水の流れを良くする。その工事の結果がこの様。それでも工事の責任者は想定外ととぼけている?(コメントは聞いていない)

Img_8625

これが今年の春完成した当時の堰。その時、もっと多くの写真を撮っているが残念ながら簡単に取り出せない。それでもすっかり様変わりした自然の力が良く分かる。この工事は当然数千万円の工事費を計上している。この堰の下に土砂が溜まりこの堰と同じ高さになる。この対策はすぐには難しい?しかしその対策は難しい事では無い?

Img_8139

Img_8144

Img_8147

その事はサギに聞けば分かる。?(それって詐欺?)いいえ真実です。ただそれをやるには河川管理者の賢さは必要?(おちょくるな)田舎の方言。(うんにゃ)これも田舎の方言。いいえ。違います。?関西でもおちょくるは通じる?

からかう。バカにする。サギが首を竦めていた。(すくめていた)人間様はもっと川に学ばないとイカン。(確かに)この堰を埋めた土砂を下流に流すのはこの下流の堰を低くして川底を掘り下げる。

つまり今年の春、この堰だけやって数百メートル下の堰をしなかっただけの話?間抜けな河川管理者には想定外だった事?そうでは無くて下流の堰は農業用水の関係で出来なかった?それが間抜けな証明だろう?(言い過ぎ?)いいえ当然の事に違いない。その堰を良く見なはれ。アホとチャウか?これは関西弁。アホでーす。

Img_8193

Img_8195

Img_8140

Img_8141

Img_8142

恥知らずとはこう言うことを言うのだろう?ここは橋の下。ここでオバカがバーベキューをしていた。それが数日前。情けないとも何とも感じないのだろう?どんな生き方をしているのだろうか?そしてこの恥知らずの看板。

「環境に優しい街作り」どんな面をしてそんな事が言えるのだろうか?国土交通省河川事務所の現場知らず?明日ゴミ袋とゴミ摑みのブリキのハサミを持って行きますか?ヤメなはれ?どうして?ゴミだらけになればバーベキュ−も出来ない。

行政のコメント聞きますか?それもヤメなはれ。天罰を喰らわなければ分からない貧乏人。無視するのが丁度良い?明日は猪名川は歩かないのでこの汚い景色を見る事は無いけれど、これ位の始末が出来なければロクな生き方は出来ない?

Img_8143

Img_8165

Img_8164

Img_8166

Img_8172

Img_8174

Img_8158

これだけのゴミが出る様になったのは水没した堰を造った時に、この水路と左の親水公園(正式名称も誰が管理するのかそれも明示されていない?)が出来てから?造ったのは国土交通省河川管理者。ところがその責任部署はこの使えなくなった公園の復旧を明確にはしていない。

大体川の中に水路を造り広場を整備して環境に親しむ?ホタルが甦る?何とお間抜け。その結果がこれ。それでも近場で水に親しむ事が出来る。心と経済的にも貧しい輩が集まる。大体川の中でそんな事が出来ると考えるのおかしくない?

ゴミ位持ち帰りなはれ。それが出来ないなら遊びに来るな?それ位の指導監督が出来ない?情けない行政とNPO法人です。心が貧しいとゴミは行政が始末するのが当たり前と考えるのだろう?本当に最低です。これから川の水が更に少なくなれば子供だけでなくオバカな大人が多くなる。天罰が当るとは思わないのだろう?

Img_8133

Img_8134

Img_8135

Img_8136

先日喜んだ可動堰が立ち上がってまた水を塞き止めている。これだけ水を塞き止めてもその上から水は流れているので、水質には全く影響は無いと言われるのだろうがそれは全くのごまかし。大体この堰で何で水を溜めるのかが分からない。この写真では良く分からないと思うが先日お見せした写真では3メートルの水を塞き止めている。

Img_8129

Img_8130

Img_8131

Img_8132

なんだかんだ言いながら今日の散歩コースは8キロ。心に迷い起こらば(起こらなくても)歩け歩け。ぶつぶつ言いながら歩いていると後ろ姿の綺麗な女性に追い抜かれる。正面からの写真は撮れないが後ろ姿が余りに美しくパシリ。(コラ)今日はバッタの写真も撮れました。心に秋の気配を感じながら歩いていました。

Img_8199

Img_8351

Img_8349

Img_8354

Img_8356

バッタ君最後迄親父のリクエストに応えてくれました。最後は親父に労いの言葉を掛けられて草むらに飛んで行きました。今夜は思いがけなくズービン、メエターさん指揮のウインフィル夏のコンサートを聞く事が出来ました。インド人の日本を想い東日本大震災の鎮魂の演奏してくれた世界的名指揮者。その若々しさに肖らないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

余りにオチャラケな無惨な事件。親は何をしていたのだろうか?

Img_8021
Img_8022

Img_8023

Img_8024

阪急宝塚線石橋駅のホーム。鳩もへたり込んでいる。今日は久し振りに箕面滝道で森林浴?ただ親父の滝道は多くの人が散策する滝道では無い。少し上の道。この道は殆どの人が歩かない。その理由は楽には歩けないから?その代わり静かな道が歓迎してくれる。今日は更に厳しい道を歩く?(道無き道?)その先は思いがけない処だった。

Img_8026

Img_8027

Img_8028

滝道はこの階段の右を行く。親父の散歩コースはこの道。この道は最後は滝道に合流するがその場所は滝道のほぼ中間。桜広場はそのずーと手前。広場とは名のみの空き地?その代わり展望台は気持の良い空気を吸う事が出来る。その期待は外れる事は無かった。

Img_8029

Img_8030

Img_8031

Img_8033

Img_8034

Img_8035

Img_8036

Img_8040

下に滝道が見えるがこの道は殆ど歩く人が居ない。理由?足元が悪いから?ただそれだけでない。オチャラケでは歩けない。それなりの足元。それなりの健脚。それなりの探究心が求められる。そのそれなりの力は誰でも持ち合わせているが、乗り越えなければ行けない事。それは少しの苦労に違いない。

人間は本当にダラシのない生き物になりました。まともに道無き道を歩けない?人が拓いた道をぶつぶつ言いながら歩いている。そんな生き方が何時迄も出来る訳が無い。それくらいの事が何時から分からなくなったのだろう?

オチャラケの生き方をしながら涙を流す?それは神様は許してくれない。神、仏を否定しながら身の安全を乞い願う。その気持は理解出来ない。夜の夜ん中。中学1年のガキが商店街をうろつく。どう考えてもおかしいだろう?

いくらこの国が安全な国だと言っても、おかしなオッサンは何処にでもいる。本当にバカだと思うのはこの国の監視カメラの威力を知らない事。これだけの素晴らしい文明の利器を交通の取締にもなんで生かさないのだろう?

交通違反は犯罪でないと思っているのだろう?警察の間抜けさは犯罪の未然防止が出来無い事。民事不介入?誰がそんな事を決めたのだろう?商店街のカメラに夜の夜ん中ガキがうろついている。何で補導が出来ないのだろう?

そんな事は警察の仕事では無い?親の仕事。確かにそうかもしれない。しかし夜の街。朝の街。ひるの街にお巡りさんの姿が殆ど眼にしない?何時からこんなおかしな世の中になったのだろう?

自分の身の安全は少林寺拳法で守るしかないのだろうか?街の安全。地域の安全。家庭や学校の安全。日々の暮らしの安全を地域で守る。それくらいの事も出来無くなっている。人の事は無関心?自分の子供でも生活指導が出来ない?携帯をどんなにいじくり回しても自分を守る事は出来ない。身を守ると言う事。それは規則正しい生活。その事も教訓にしなければならない。

Img_8043

Img_8044

Img_8049

Img_8051

Img_8052

Img_8055

ここ迄登って来ると息が切れるが、休み休み歩きながら息を整えていると息は弾まない。血圧が高い親父は加齢と共に全くダラシのない歩き方しか出来ない。奈良時代の修行僧「役の行者」はここ箕面の山中で息を引き取っているが、この杜を駆け巡りながら何を未来に伝えたかったのだろう?そんな物は何も無かったのかも知れない?

Img_8061

Img_8062

Img_8063

到着です。桜広場は「笹部新太郎」演習林を見ているのでここは見る価値もない?その代わり展望台の絶景は久し振りの景色と静けさと森林浴(谷から吹き上げる風)は期待を裏切らなかった。数日前の雨の影響は昨夜の雨で更に空気を綺麗にしていた。

Img_8064

Img_8067

Img_8071

Img_8073

対岸の山も活き活きとしていた。この中腹から頂きに掛けて歩く事も出来る。昨年秋四国愛媛観自在寺近くの娘を案内した事があるが、この山の向こう側には立派なドライブウエイが通っている。しかし山中に足を踏み入れるにはガイドの案内が要る。最近は変なガイドもいるから不気味な道は歩かない方が良い?

Img_8074

Img_8075

Img_8076

涼しい風に吹かれながらおにぎりを口にして静かな景色を独り占めにしていた。そろそろ腰を上げないと思いながら立ち上がって元来た道を帰るかと思いきや、ナナント山道を登り始める。ただこの先には道は無いと思っていた。ところが昔は人が歩いていた道が残っている。よせば良いににその道を登り始める。

道らしき道があったのはホンの少しだった。その先はシダが繁っているが歩けない事は無い。そのまま進む。その先には何と思いがけない光景が広がっていた。但し崖になっているので降りる事は出来ない。右の緩やかな崖を横に降りる。足を滑らせない様に慎重に降りる。その先はゴルフの練習場。

立派な設備で打ちっ放しの席はほぼ満席。ところがその横に道に出るには伊豆で事故のあった電流の鉄線が張られている。「ヤバイ」どうしょう?良く見ると電線が細くて古い。どうにか体を潜らす事が出来そう。電線に体を当てない様にしてくぐり抜ける。(アホ)流石です。

その先は練習場の通路。何気ない顔をして通り抜ける。ところが出口が分からない。それでもカメラマンの顔をしてさり気なくショップの娘に道を聞く。「滝道はどう行くの?」娘は首を傾げながら車では行けないと言いながら「歩くのなら」と教えて呉れる。

ただその道は温泉施設の中を通り抜ける道で実際は通れなかった。仕方が無いので車道を歩く。この道は一度車で来ているので方角は分かる。アスファルトの道は結構遠かった。今は通行禁止の道を平然と歩く。その先が見慣れた滝道の入り口だった。

Img_8077

Img_8078

Img_8079

Img_8080

Img_8082

Img_8085

Img_8086

Img_8087

Img_8088

Img_8089

Img_8090

静岡袋井見附のゴルフの練習場を思い出す。「あんな時もあった」今はゴルフも出来る身分では無いが1月みっちりと練習すればコースに出れるに違いない。今は練習場で練習もしないでコースを廻るオバカも多い?ゴルフは紳士のスポーツ。静岡川奈でゆったりとした思いでコースを歩く。そんな贅沢はもう出来ないのだろう?

Img_8091

Img_8092

Img_8093

Img_8094

Img_8095

ゴルフ場ショップの娘に滝道の道を聞いた時、首を傾げられた意味が分かる。この道を歩いて下る人は居ない。親父がカメラマンの様な格好をしていたから教えてくれたのだろう?この先もしばらく歩かないと滝道には出れなかった。

優しい娘が滝道で出るなら温泉施設のエレベーターを利用すれば良いと教えてくれた理由も分かる。ただホテルも通り抜けはお断りの張り紙を出していた。当然です。その下の旧道。(今は通行禁止)を歩く。中々風情のある道。ただ今は別の迂回路が出来ているので車は通れない。歩行者も原則通行禁止。もっとも歩く人は殆ど居ない。

Img_8100

Img_8101

Img_8103

Img_8106

生駒の山頂が見える。ここから生駒の山迄どれ位あるのだろう?30〜40キロ。親父の(ジイちゃん)の戦艦の大砲の弾が届いた距離?ただそんな軍事力もアメリカの工業力の前には叩き潰される。そのアメリカも威勢が良かったのはベトナム戦争迄。

そのベトナム戦争の教訓は生かされたのだろうか?テロとの戦い?言葉は代わり無人のロケット攻撃で軍事施設は攻撃出来ても民衆の怒りは押さえ込む事は出来ない。そのアメリカの国債を一番買っているのは今迄は日本。今は中国。

その中国の経済がおかしくなっている。共産主義の経済が資本主義に変わる?そんな事が出来る訳が無い。それくらいの事は安倍さん自身が良く分かっている。知らないのは戦争法案反対と叫んでいる日本共産党だけだろう?

中国は日本すら敵国として対立する事は出来ない。武田尾の山の中の狭い畑を耕している親父から言われた言葉。「国家は強くならないと侵略される」今だにこの国にアメリカの軍隊が駐留している事がこの国を強くする?安保法制で国を守る?

日本人はこの程度の考え方しか出来ないのだろうか?(ではどうすれば良いの)国を守ると言う事は家庭、個人を守ると言う事。アメリカのチビに成る事ではありません。アメリカに基地を提供する事でもありません。

自分の国は自分で守る。それが独立国家です。そのコストは警察に掛けるコストと同じです。その事が出来ないで平和国家?戦争をしない国家?共産党に言われたく無い。何時迄もアメリカの軍事力でこの国は守られる。そんな幻想は捨てた方が良い。それくらいの事も報道出来ないマスコミ。それくらいの事は学ばなければならない。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奢れる者は久しからず。調子に乗るな。

Img_8014

Img_8015

Img_8016

Img_8017

今年の春。それ迄の堰を突き崩して低くした堰が見事?に埋まる。この堰の数百メートル川底を掘り下げ堤防横の土砂も取り除いた結果がこの様では、河川管理者としての責任も問われる?ところがこれも想定外?

この下流7〜800メートル下流に古い堰が在るがそこからやり直さなければならない?今年の秋、今年最高の大雨で景色は更に変わる?「舐めたらアカンで猪名川を」そう言われている。これ迄の洪水の教訓を生かしてスーパー堤防は完成しても、この程度の河川管理しか出来ないのかい?そう言われている。

Img_8019

Img_8018
Img_8020
今日は大阪は薄曇り。最近体調は可も無し不可も無し。でも下痢は解消していない。食った物がストレートで排出される?そんな事は無いと思うが(体重は減らない)それでも健康管理は出来ている?(出来ていません)親父が何とか体調を保てるのは歩いている事?体の調子が良く無いと8キロは簡単には歩けない?

そんな事は自慢出来ない。これからの高齢者が(高齢者だけでは無いが)問われる事は元気で社会貢献が出来る事。元気で生きている人は少なく無いが社会貢献出来る人は多くはない?ところが大上段に社会貢献を構える人がいる。そんな必要は何も無い。些細な事で良い。人知れず道端の草むしり。人知れず自分の為に生きる。そんな生き方をしないといけない?

中国の株価が下降している。共産主義国家が経済統制をしながら経済大国になる。資本主義の経済理論が中国の経済成長で大きく変わったと言われていたが、それも間違いだった事が証明されている。為政者の思惑で経済を変える?市場経済に禁じ手を使う?そんな事が何時迄も出来る訳が無い。

我が国も例外では無い。軍事力の強化は押さえて(実際には押さえていないが)軍事大国にはならなかった?(成れなかった。その代わりアメリカには軍事基地を提供し独立国としては最低の安全保障を正当化している)経済大国として奇跡の復活を遂げたと言われてもその恩恵をどれだけ手にしているのだろうか?これからその事が問われる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日 (金)

感謝の生活 ふざけんじゃないよと思っていた間抜けさに気づく?

Img_7950

Img_7951

Img_7952

国道176号線。福知山迄98キロ。親父の足では10日掛かる。昔の人はこの道をその半分で歩いた。ただ大阪梅田からは更に16キロプラス。その道は今の様に整備されてもいなかった。現在はこの道を歩くには一週間では無理?歩くのは考えていない。そんな事を考えてながら猪名川に出るとナ、ナント可動堰が下がっている。どうして?(親父さんが文句を言ったから)それはありません。

Img_7953

Img_7954

Img_7955

3メートル近く溜められていた可動堰が提げられ水が流れている。水質は良く無いが明らかに川の流れが活性化?されている。これが川のあるべき姿だろう?ただこの上流1キロ足らずの所に下げられる事の無い?不動の堰がある。この堰のあるべき姿は何時問われるのだろうか?そんな事を問う人は居ない?水質なんてどうでも良いのだろう?

Img_7957

Img_7959

Img_7960

Img_7961

可動堰のタイプは色々ある事を知らなかった。それよりも堰は今でもこんなにある事が理解出来なかった。(川を塞き止めてその水を農業用水として利用する?)その為にこれだけの堰が必要?それは全くの間違い。

川がどれだけ汚れるか?その事が全く考えられていない。同じ事(レベルが違うが)ダムにも言える。日本を代表する黒部のダムが下流域と富山湾をどれだけ汚しているか?そんな事は殆ど知られていない?

この可動堰で3メートルの水を溜める。それは全く意味がない事をこの景色が証明している。塞き止められない川の流れ。その流れは活き活きとしていた。川が笑っている。川が息をしている。川が喜んでいた。大雨が降らないとこの堰はまた立ち上がる?

Img_7964

Img_7968

Img_7969

見たまえ。ここにも堰はあった。(今でも在る)但し今はその役目を成していない?そんな事はありません。これでも立派な堰です。こんな無用の堰をどんなつもりで造ったのか?そして大水でガタガタにされたのか?そんな事はどうでも良いのだろう?

この壊れた堰も下流の可動堰が3メートル水を溜めれば完全に水没。(頭を残すだけ)このコンクリートブロックの堰は次の大雨で更に下流に流される?河川管理のお役人はどうするつもりだろう?ジャマになっても片付けるには予算を取らないといけない?それでもこの様を批判される事は無い。これがこの国の河川管理?

Img_7966

Img_7967

Img_7970

オイオイ。感謝の気持はどうしたの?ベランメー。こんな無様な河川管理を感謝するオバカでは無い。感謝の気持で大切な事は自分の生き方。考え方。どんなに腹立たしい事にでも感謝出来る気持?そこ迄は死ぬ迄無理だろう?あるべき姿。あるべき生き方。あるべき健康管理。それ位の事しか感謝出来ないだろう?

バカの一つ覚えではあるまいし「ありがとうございます」「ありがとうございます」それでは乞食だろう?(コラ)どんな事にも感謝出来なくてよい?ただ気持だけは忘れない。その事が分かれば充分。罪人に感謝する事は無い。

罪人には罪の償いをさせれば良い。そんな生き方をしない様に自分を生んで呉れた親に感謝しなければならない。自分を育ててくれた親に感謝しなければならない。罪深い生き方をした自分に厳しい感謝の言葉を償わせなければならない。その事がやっと見えて来る。

Img_7972

Img_7973

Img_7978

Img_7981

今年の春寄付された桜の若木。若気の至り?違います。今年の夏には草が一杯になり親父から管理者は叱られる?まだ盛り土の廻りの草は手で抜けたが機械で一気に刈り取られる?お役所仕事に苦笑しながら少しだけ木の廻りの草抜きをする。此処は市の公園課の管理?その下請けの業者が綺麗にしていた。しかし感謝の気持はこんなもんでは無い?桜の樹を寄付してくれた人に申し訳が立たない?そうは思わんのだろう?

Img_7979

Img_7982

Img_7984

Img_7990

親父が桜木の根元の草を抜く。それでも綺麗にはならない。堤防の上も雑草が刈り取られていたが、業者任せに違いない。堤防の上に捨てられていた灰まみれの土はキャタピラで踏みつけられてもいなかった。それでも綺麗に成っていた?

Img_7992

Img_8001

Img_7995

この先で再び河川敷に降りる。ぐるりとひと廻りしていた。この堰で3メートルの水が溜められると澱んだ水しか見れないが今日は気持の良い流れが見れる。河川敷の雑草も刈られていた。しばらくは気持の良い河川敷が見れる?

Img_8003

Img_8004

Img_8005

Img_8006

Img_8007

Img_8009

この堰が立ち上がるとここ迄水を塞き止める。数字の赤い3。3メートル。水は塞き止められてもここから(魚道)下に流れる。下流の水量は確保される。それでも水の流れは少なくなる。川の流れは汚れる。当然だろう?その当然の事を何故やるのか?それが分からない。

Img_8010

Img_8013

Img_8012

ワシも分からん。サギが頭を振回していた。これが本当の詐欺に違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子園決勝戦視聴率20%?そんな事どうでも良いやろう?

Img_7921

Img_7925

Img_7929

昨日見た大阪駅。ここから阪神電車で20足らずの甲子園球場で高校野球の決勝戦。そんな事はどうでも良かった。高校野球の夏の大会。色んな先週をマスコミは取り上げていたがその大会も終わる。そうなると次の興味は何?テレビのチャンネルを廻しても見る番組は無い?

株価は大幅に下がっているが来週になれば尤もらしい事を言いながら又、値を戻す?それ位にしか考えられていないのだろう?その程度の事を尤もらしく同じ様なメンバーがコメントをしながら放送を垂れ流している。

こんな放送に一喜一憂する事は無い。親父のブログも最近面白く無くなったと言われるがそれも親父の所為では無い?(反省が足りない)バカヤロー。何を反省するの?(コラ)多くの人は知らないが大阪の漫才に「ボヤキ」が受けた事がある。人間の愚かさ。人間の間抜けさは自分では分からない。本当の賢さは「ボヤキ」にある。?その天才と言われた横山やすしはマスコミに叩かれながら失意の最期を過ごす。

相方のきよしは政治家に転身し今は引退して芸人に復帰。面白くも無い人情を売り物にして人気に陰りは無い?関西のお笑いは今、若者達の支持を受けている?それも違うだろう?テレビの影響?彼等のレベルの低いお笑いは芸の領域とは程遠い。?

Img_7933

Img_7938

Img_7939

阪神百貨店は今、建て替え工事中。工事は1期と2期に分けられ今、左側を閉鎖して工事中。(百貨店は営業を続けている)この左側の隣のビルが今完全に取壊されて建て替え工事が行われ完成すれば、そこで百貨店の営業を行いながら右側の建物が解体される?この工事が完成するのは計画では5年先。

その時大阪駅前の景色は半世紀ぶりに大きく変わる?乞うご期待?誰が期待しているのだろう?新婚の時サングラスを探しながら結局買わなかった事を思い出す。おっかあに完全に馬鹿にされていた。このビルの裏には大阪の再開発で立てられた4つの大阪駅前ビルがある。その最初に立てられたビルもいずれ建て替えられる?

Img_7942

Img_7944

先日紹介したたこ焼き屋さん。今物が売れない時代と言われているが平日でもこれだけの行列。人の気持は昔も今も変わら無い。美味しい物。手頃な値段。そして待ち時間だと思うがこれだけ行列が伸びて来ると通行の邪魔になる。

大阪の商人。それ位の事は考えているのだろうか?(それは全国共通かも)行列しても食いたい?親父には無理。お友達になった青年はそろそろ転職を考えていないだろうか?聞いてみないといけない?(余計なお世話です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月20日 (木)

大阪堂島ジュンク堂で「神道感謝のこころ」葉室頼昭を求める

Img_7881

Img_7884

Img_7886
元桜橋?現在は桜橋交差点はもう少し北。このビルの2階と3階のフロアーに親父御用達の本屋はある。同世代に比べて本は読むけれど最近はここ迄来なくても、阪急梅田の「紀伊国屋書店」で用を済ませている。久し振りに足を運んだのは自分の眼で本を探したかったから。事前にネットで検索していた本は全て揃っていた。

Img_7889

Img_7885_2

Img_7892

読み易そうな本を手にして桜橋交差点に戻る。ここは思い出の地。親父は入社間も無い頃、何度もこの地に立っていた。当時はこの交差点東西南北に市電が通り大阪駅はここで乗り換えだった。(東西線)この交差点近くのサンケイホール。今は建て替えられている。景色も様変わりしている。道路は綺麗になっているが違法駐車の取締も出来ていない。左端の1車線が通れなくなる損失を警察は無視している?

Img_7903

Img_7908

Img_7913

大阪だけでは無いが片側4車線の広い国道2号線。この先は梅田新道交差点。国道は1号線に変わる。この道に市電が走っていた。交通量の増加で市電は廃止されたが道路はフルには使われていない。その最大の理由は左車線には車が違法駐車しているから。しかも取締りは殆ど行われない。お巡りさんは何処で何をしているのだろう?

Img_7905

Img_7906

Img_7907

ここは交差点の左側。右に南北の大通り(四ツ橋筋)がある。この通りは北行きの一方通行。その左を走る車がこの交差点で右折して来る。その車がこの左端の車線を走れない。警察は知らない事は無いだろう?知っていて知らない素振りをする。最悪です。

しかもこの違法行為は取締が無い事を確信している。大阪だけでは無い。名古屋でも今でも無視されているのだろうか?監視カメラも無い?今日手にした春日大社元宮司葉室頼昭氏の言葉「感謝のこころ」は何処にも無かった。これも現実です。

Img_7917

Img_7918

Img_7920

大阪駅前に戻って来る。その手前にある丸ビルに止まったのは20年以上前の事。その丸ビルに今、蔦(つた)が伸びている。これも関西を代表する建築家のアイディア?関西の街路樹の手入れは難しくてもこの蔦の管理は出来る?その感覚が関西の間抜けな所なのだろう?(コラ)

Img_7924

Img_7926

Img_7928

大阪駅前は正面の阪神百貨店の建て替え工事(営業はしている)と地下通路の拡張整備、大阪駅東口の整備やり直し?ガタガタになっている。大阪観光客はこの姿を目の当たりにした時どう感じるのだろう?大阪駅に着いたら是非北口においで下さい。

Img_7937

Img_7935

Img_7940

親父が半世紀以上前に見た景色はここには何も無かった。左の高架の歩道橋も無かった。今日歩いて先日の足元の揺れの原因が分かる。ふらつきではなかった。何と歩道橋が揺れている。松下幸之助氏が寄付した歩道橋も寄る年波には勝てない?

Img_7941

Img_7945
Img_7948

ここは大阪駅が一望出来る。近くの美味しいたこ焼き屋さんは何時でも長い行列が出来ている。最近この場所でたこ焼きを食う贅沢は出来ていないが、このたこ焼きは冷めても美味い。そんなたこ焼きを大阪人は自慢している?でも本当はもっと大事な事も自慢してもらいたい?そんなものは無い?それでは大阪はつまらんと思わんのだろうか?阪神が勝てばそれで良い?関西は本当にあきまへんわ。

Img_7949

関西では関西人の悪口を言うと弾き飛ばされる?それでも大阪は第二の故郷。生まれ育ったのは九州大分。仕事のやり方、生き方を教わったのは大阪。その大阪の体たらくは何とも哀しい。ところがそんな言葉は関西人には届かない?

何時迄も何処迄も関西は関東に勝てないのだろうか?その関東も雲行きが怪しい?そうは思わんのだろうか?日本人の誇りと魂は何処に行ったのだろう?そんな思いで本を読んでいる?感謝の気持。確かに失せている。ただその事に気づけば生き方が本当に変わるのだろうか?その事はまだ分からない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考え方を変えろ。生き方を変えろ。そうすれば自分が変わる?

大阪は今日は曇り空。今にも泣き出しそうな天気です。
今日は差し当たって目的地が決まらないし、あごひげの白髪を引っ張りながら無精髭にニンマリとしている。それでも2時前になると出掛けるに違いない?どちらに?

そんな事はどうでも良いが昨日Kさんに教えてもらった春日大社の元宮司「葉室頼昭」(はむろよりあき)の事をネットで調べました。現在は家柄なんて関係無いと言われるがそうではありません。人間生まれながらにしてれっきとした家柄がある。

それでも等しく手にしなければならない運命。最近この言葉も余り口にされないが人間生まれてから死ぬまでの定めは偶然では無い。努力すれば何でも出来るとどんなに尤もらしい言葉を口にしても避ける事が出来ない家柄。その風習は明治維新、先の大戦でたたき壊されたと言っているが、この国の姿形は何も変わっていない。

親父の様な職業軍人戦艦の砲手だった父も戦争に負ければ何の評価もされない。ただその事を恥辱と感じた事は無い。ただ父の戦後は余りに悲惨だった。その事をバネにして生きて来た親父もおっかあが死んでしまうと全てを失う。

ところが昨日教えてもらった賢人の家柄は親父とは天地の差。月とスッポン?ただ生き方が比べ物にならない。(比べるな)1927年生まれ。17年先輩。大阪大学医学部卒業後医師として活躍。整形外科の第一人者から通信教育で神職官位、明解(伊勢神宮以外の宮司なら何処でもなれる。但し誰でもと言う訳には行かない)を所得。

親父は罰当たりな生き方をして来たので今の生活は自業自得の罰を受けている。長い間そう思っていた。ところがそんな生き方もそろそろ抜け出さないといけない。人間は考える葦(あし)これは有名なフランス人哲学者パスカルの言葉だが、親父の心には何も響く物は無かった。今親父の体を支えている物。それは不撓不屈(ふとうふくつ)しかしそろそろもっとしなやかな生き方をしないといけない。

その為にはもっと自分の考え方、生き方を変えなければいけない。長い間言われた言葉。「どうしてもっとアホな生き方が出来無いの?」「どうしてもっとアホになれないの?」「どうしてもっと楽観的な見方が出来無いの?そう言われ続けて来た言葉の意味が分かる。これからは自分を代える?そんな生き方は出来る術も無いが心の中にニュ−トナル(中立、偏らない)ストレス解消法を学ばなければいけない?

ところがこの言葉のいい加減な処は「どっちつかず」政治的に中道的左派、中道的右派。そんな言葉があるが「是々非々」この言葉程いい加減な言葉は無い?最近政治に関心が無いと答える人が多くなったのは自分の政治的無知を晒している事だとは感じないからだろう?

多くの事を知らなくても行きていける。多くの事を尤もらしく口にしてもそのいい加減な事に気づかない?それよりはマシなのかも知れない。ただ間違いない事はそんない生き方は長くは続ける事は出来ない。

高槻の少女の無惨な事件。これがこの国の全く恥ずかしい子供の育て方だろう?何も出来ない子供を守れない親達。そして警察。この国の間抜けな所。そんな生き方は天罰を食わないと分からないのだろう?世の中の大人はこれ程に間抜けになったのだろうか?

何だ今日の株価の乱高下。中国上海の株式市場に中国政府が介入して株価下落を押さえようとしているが、そんな事をすると市場は余計に信頼感を失う。同じ事がこの国でも起きている?日本の株式市場は世界的に信頼されている?多くのエコノミストが口を揃えて言っていた事がマヤカシである事が良く分かる?そんな事も関係無い?

そんな事は無い。アベノミクスのマヤカシは実態経済の把握の甘さ?経済政策の舵取りをしていると言われる日銀とその政策の決め方は余りに無策。大企業の賃上げ効果が中小零細企業に及ぶ?その数値は何処で見る事が出来るのだろう?

日本を代表する電機メーカーの決算報告が出来ない?その対策に外部から監査取締を7人にする。そんなごまかしが通用する日本経済?企業の監査法人が見抜けなかった(指摘出来なかった)決算報告を監査役を多くすれば無くす事が出来る?

それでもこの企業は再生が計れるのだろうか?企業体質が腐れ切っても何も変える事が出来ない?そんな経済体質を誰が支えているのだろう?東芝はこれで市場からレッドカードを突き付けられる?その危機感があるのだろうか?先代の会長はこんな事を許すのだろうか?(いい加減にしなさい)アンタには関わりの無い事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

借りた本を返して久々の中山寺 山門の阿吽像、閻魔大王、空海様、NPO法人Kさんに合って来ました。

Img_7853

Img_7854

Img_7855

隣町で借りた本を返し数駅先の駅から久し振りに最明寺の滝を見て、崖を登り中山従走路を歩くつもりだったが生憎の小雨。合羽でなく傘を持ち出したので予定変更。それでも滝は見るつもりだった。ところが電車の中で気持が変わる。☂の中を傘を差しながら歩くのはお寺さんの境内。☂が似合う。勝手に納得していた。

Img_7856

Img_7860

Img_7861

久々のご対面。「何をしていたのか」と一喝される。「私も忙しくて」ウソをつきながら山門をくぐろうとすると「待たんかい」と待ったをされる。しばらくは毎日の用に通っていたので顔なじみ?になっている。あいやしばらく。愛やしばらくと誤摩化しながら山門を潜る。

Img_7862
Img_7863
Img_7864

菩提樹の木の横で閻魔大王にご無沙汰の無礼を詫びる。「最近、世の中おかしいがどうしたのか?」そんな質問されても分からんと素知らぬ顔をしているとどやされる。「舐めとんのか」俺に聞くな。反対に怒鳴り返していると眼を剥いていた。閻魔大王様。アホな指導者をどやし付けて下さい。そして思い知らせて下さい。お願いします。「なんやこいつら」菩提樹の木の横で久々の会話を続けていた。

Img_7867

Img_7868

Img_7869

中山寺は安産祈願。子宝祈願。子供の健やかな成長祈願。多くの子供の多幸を願う親子が詰めかけているがこの寺の起源は聖徳太子の時代に遡る。お寺の本堂も今は駅から歩いても近いがお寺の始まりは山の上。今では奥の院と呼ばれているが山道を2キロ歩く事がどれほどの難行だったのか?今では知る由もない。

Img_7872

Img_7873

Img_7874

この本堂は豊臣秀頼が片桐且元に命じて1603年に完成したと言われている。

Img_7875

Img_7876

Img_7878

Img_7880

大師堂の中に入れるのは嬉しい。西国三十三カ所の「お砂足踏み」が出来る。500円。ただお参りだけは無料。空海の前で座禅を組んで(あぐらをかいて)生き方の審判を受ける。本当は写真は撮ってはいけない。

そんな親父を慈悲の眼が捉えていた。「人間はどう生きるかを問われてはいない。どう信じるか?その事が問われている」「無限の力を信じなさい。出来ないのでは無い。信じる心が足りない」そう言われていた。信じる心。親父の場合は愛する心。それが足りないに違いない。無上の愛。それは誰にも通用する物では無い?

大師堂を出て眼の前に建設予定の五重塔の高さを見上げていると、大師堂の前で般若心経を唱えていた人が帰って来る。「中に入れましたよ」と声を掛けると「外からでも太子像は見れる」と無愛想な答えが返って来る。良く見ると話が合いそう。

肩を並べて階段を下りていると面白い言葉が聞ける。「お大師様はそんな言葉は口にしない」親父が「空海様から罰当たりな生き方をしている」と言った言葉に対する答え。それから小雨の中を立ち話。近くのベンチで雨を避けながら色んな話をする。近くの団地でボランテイア活動をしていた。

親父の失礼な言葉にさり気なく丁寧な反応。いくら話をしても尽きる事は無い。本当は奥の院までの往復4キロの山道を歩く予定が時間が無くなる。それでも有意義な話が聞ける。親父が一番関心を持っている高齢者介護の問題。高齢者が生き甲斐を感じる社会の実現。その実践活動をしていた。名刺を頂く。親父は名刺が無い。

替りにブログのアドレスを教えたが見られる事は無いだろう?それでも世の中には色んな人が居る。色んな人が色んな生き方をしている。自分の生き方に何も疑問を感じずに生きていく事も出来るが永遠の命は無い。

何時か老い朽ちる。その日の為に今を元気に生きる。精神と肉体の健康。言葉で言うのは簡単だがそれが出来る人が本当のウイナーに違いない。どんなに偉そうな事を言っても最後は本当に惨めです。安保法制。国の安全を語る前に個々の人が幸せに満ち足りたささやかな生活が手に出来る。それが政治だろう?違うのかい?



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の大阪は☂模様?季節が変わる?消費も同じかい?

Img_7812

Img_7813

Img_7814

Img_7815

Img_7816

Img_7818

もうすぐ堺筋も終り。この道は大阪高麗橋(北浜)から堺に向かう大通りとして明治の終りに拡張されている。ただ広い道路もこの先行き止まりになる?当然、車は左右の道に別れる。その場所はこの後お見せする。この道を市電が通っていたがその面影は何処にも見る事は出来ず、この道の歴史も語れる人は殆ど居なくなっていた?

Img_7819

Img_7820

Img_7821

Img_7822

Img_7823

コテコテも通天閣。古き大阪を懐かしむ地方の人達ばかりでは無い?日本ばかりではなく多くの外国人が多い。数年前に難波のホテルから歩いて来た事を思い出す。あの時は展望台に登っていないが、現代は近くの天王寺駅近くに近鉄アベノハルカスがある。この展望台は高過ぎて高所恐怖症の親父には無理。そのビルも下から眺めるのが関の山。

Img_7824

Img_7825

Img_7826

Img_7828

汗を滴らせながら歩いているがこの近くは親父が大阪に来た頃は、路面電車が不気味に走っていた?歩道には酔っぱらいが日中からたむろし歩道に横たわっていた。今はそんな親父は1人もいない。

道は綺麗になり近くにデカイパチンコ屋がオープンしていた。この場所も大阪市が第三セクターで遊園地を開設した所。当然採算が取れずにパチンコ企業に売却。最初は韓国のテーマパークが検討されていたがそれも取り止め。

その時(売却の時)条件にされていたパチンコ店にはしない約束?は何故か何処かに消えていた?そうでは無い。こんな場所は生活保護の人達に憩いの場所?にしかならない?橋下市長はこの地域の活性化を考えているが無理だろう?それは歩いてみれば良く分かる。

Img_7829

Img_7830

Img_7832

この建物がアベノハルカス。日本一高い商業ビル?近鉄百貨店が低層階にあるが期待された売り上げの達成は無い?このビルの最上階には素晴らしい展望が約束されているが入場料が安くは無い。とても1人では勿体無い?カップルでは余程の人で無いと無理かも?恋人?そんな感じで今イチの盛り上がり?ただ天気がよければ大阪平野、奈良盆地、和歌山の一部、神戸、淡路島、四国の一部迄見る事が出来る?

余談ですがパチンコ業界の話。パチンコの出玉が換金されるのは完全なギャンブル。違法行為。ところがそんな事は全く問題にされない。最近はテレビのCMで郷ひろみが「エンターテイメント」とか訳の分からない事を絶叫するが、これがこの国のごまかし。そのパチンコを朝から晩までやっていたオバカが今は全くやる気もしない。

ギャンブル依存症とか言われるがそんな病気は無い。パチンコは今は1万円でもすぐに失う。その反対もある。その反対を体感するとその快感は喜びに変わる。それがパチンコ。パチンコの出玉は景品と交換で現金には換えられない。これをやると違法行為。

ところがパチンコ屋の近くに景品交換所がありここで平然と現金に交換される。当然25%の手数料は取られるが。警察から摘発されないのはパチンコ店が関与していないから?同様の事が競馬でも行われている。競馬は馬産地の保護?

馬券の売り上げは社会福祉に貢献するから?これが法治国家のする事かい?テレビのCMで中央競馬のCMはおかしいだろう?そうは思わない人が多くなっている。何処かのバカが入って居たが「額に汗して働く人が報われる社会」そこまで誤摩化されても信じるのかい?

ところが今はもっとひどい。行政改革。財政健全化。国の安全を守る。嘘をつけ。何もやらないでとぼけている。そしてそんな総理大臣が指示される。官僚と話をしてみたまえ。彼等はまともに一般市民は相手にしない。そんな事は全く問題にもならない。お間抜けなマスコミが尤もらしいコメントを垂れ流している?

Img_7833

Img_7838

Img_7837

Img_7841

Img_7842

Img_7843

Img_7845

Img_7846

よく歩きました。堺筋終点です。この先の用地買収は何故出来なかったのか?それは明治の歴史をひも解かないと分からない。車は右左に分かれ更に南に向かえば堺は遠くない?親父も右に向かいその先の細い道を南に向かう。この道は旧堺街道?今は道幅が狭いので北行き一方通行。車はもう少し先の26号線を南下する?

Img_7848

Img_7849

Img_7850

Img_7851

Img_7852

天下茶屋駅前商店街の手前で流石に足に疲れを感じる。昨日歩いた距離は8キロ弱。目的は堺筋を歩き通す事だったので良しとする。本当はあと4キロ。12キロは歩きたかった。この先、もう少しで大和川を越える。そうすれば堺。本当の堺筋はそこが終点。

堺の街は南蛮貿易が盛かに行われたと言われているが今はその面影は全く無い。鉄砲鍛冶、刀鍛冶の伝統は受け継がれているが観光客がその文化に親しく触れる施設は無い。(あります。アナタが知らないだけ?)

駅前の観光案内所ではそうは感じなかったのが数年前。今はどうなのだろうか?その続きを歩けば分かる。?しかし今日は歩かない。今日は近場の散歩コース。背中と脇腹の贅肉を落とすにはもっとハードな歩き方をしないといけない。(無理だな)脂肪のかたまりがびっしり付いている。 

それでもシェイプアップのレクチャーを口にして叱られる。アナタに言われたく無い?確かに。親父も相手を見て話をしないといけない?今治タオルの「バスタオル」ホワイトで風呂上がりの汗を拭く。そんなシーンは見られない?(コラ)ただバスタオルだけはプレゼントしないといけない?(止めなさい) 下品な下心丸見え。大丈夫。もうそんな年では無い。(趣味が悪い)そんな事は無いだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

大阪堺筋 久々の再開 街は老いていた?それはアナタです。

Img_7715

Img_7717

Img_7719

地下鉄堺筋線は大阪梅田からは乗り換えなければ直通の地下鉄は無い。谷町線で南森町乗り換え。この乗り換えが簡単ではない。一度階段を上がりホームを移動しなければならない。慣れていないと大阪地下鉄の乗り換えは出来ない?東京はもっと大変?

Img_7720

Img_7722

Img_7725

堺筋に出る前に大阪北浜には緒方洪庵の関塾跡が残されている。大阪大学が管理しているが大阪大学とは直接の関係は無い。江戸時代の後期。大阪で蘭学者であり医学者であった緒方洪庵は多くの優秀な門下生を育てる。

彼等は明治の文明開化に大きく貢献するが、今の大学は違う貢献の仕方をしている?その事が最近痛切に感じる。学問は己の為でもあるが社会の為でもある事を余りに粗末にしている?そうは思わないのだろうか?余りに情けない人の道に外れた生き方が正当化されている?それとも学問もその程度の物なのかも知れない。

Img_7726

Img_7727

Img_7728

Img_7729

ここから堺筋を南に歩く。今この道は北行き一方通行になっているが片側2車線。4車線の道。この道を市電が南北に1車線ずつ走っていた。今ではそんな歴史を知る人も少ない。ただ許せないのは両脇の1車線に車が違法駐車している。

堺筋6キロ歩いている間に1回だけ警察が違反切符を切っていたが何で徹底して取締をしないの?違法駐車の取締は民間委託したのでは無いの?大阪は日本一ひったくりが多い。その理由が分かる。警察は何をしているのだろう?大阪市民の間抜けさが分かる。

Img_7730

Img_7731

Img_7732

Img_7738

Img_7740

Img_7741

街路樹が大きくなっていた。ただ落ち葉の手入れが全くされていない。これは橋下市長も知らないのだろう?(細かい事は知らない?)大阪のオバチャン達も何とも思わないのだろう?この通り(筋)の周辺には住宅地は殆ど無いけれど大阪どころか日本を代表する企業もある。彼等はどんな思いをしているのだろう?大阪を代表する大通りがこの様でも恥ずかしくないのだろう?秋になると流石に行政は綺麗にするのだろう?

Img_7742

Img_7743

Img_7746

道路の清掃車を大阪市は持っていないの?ブラシでゴミを巻き込みながらその後を散水する。これだけの道路を管理するのは大阪市に清掃車が無い訳が無いだろう?大阪市民でないので分からないが清掃車を見た事が無い?ひょっとしたらひょっとするのかも知れない?

Img_7747

Img_7748

Img_7750

Img_7751

今はResona Bank. バブル崩壊前は大和銀行 このビルが完成した時の記念碑。多くの銀行が再編されたのはバブル経済崩壊後。あれから日本経済は立ち直ったと言われているが今。再び同じ剣が峰に立っている?そうは感じないのだろう?

Img_7752

Img_7753

Img_7754

Img_7755

Img_7756

Img_7759

ここは東西にも市電が走っていた。この左に行くと大阪上町台地。大阪城がある。右は中之島の南はずれ。大阪中央卸売市場がありこの前を電車でよく通りました。親父が就職した印刷会社は福島区海老江。その会社の前を阪神電車の路面電車が野田から天六(天神橋六丁目)まで走っていた。懐かしい風景はすっかり変わっている。

Img_7760

Img_7761

Img_7762

阪神高速中央大通りが高架で堺筋を跨いでいる。この高速道路も色んな思い出がある。九州鹿児島志布志の港から大阪南港迄フェリーで戻りこの道を通って静岡竜洋の家に戻ったのは25年前の事だったのだろうか?これから25年は無い?それも当然の事に違いない?ここは船場。この高速道路の下に1キロ近い繊維関係のお店が軒を並べていた。今はどうなのだろう?繊維の街も今は時代が変わっているのだろう?

Img_7763

Img_7765

Img_7771

Img_7776

Img_7778

ようやく長堀橋跡。半世紀前既にこの川は埋め立て中で橋は残されていなかった?川は半分以上埋め立てられて無惨な姿を晒していた。その跡その川の下には大阪市第三セクターでショッピングモールと駐車場を造るが赤字でその管理を民間に明け渡す。

その損失はどれくらいだったのかは大阪のオバチャン達もしらない。ただそのハコ物は今でも民間が運営している?大阪市の第三セクターは全て失敗している?ただこの事は何も大阪だけの話では無い。全国各地で行われている事。

地方の役人は地方分権と叫ぶけれど中央も地方もどっちもどっち?最近は地方分権ではなく地方創生?その言葉の意味も良く分かる。地方の知事、市長の多くは中央役人の天下り。大阪の橋下市長が中央の役人を貶す(けなす)意味も当然かも。

しかしアンタももう少ししっかりしなはれ。そうで無いと維新の存在価値を問われる。(既に問われている?)しかしそれ以上に問われなければならないのは既成政党。それももっと深刻な問題を突き付けられなければ無理かもしれない。

これ以上に深刻な問題?それは危機。クライシスです。そんな事は起こらない?そんな事はありません。歴史を見ればそんな事は夢幻である事が良く分かる。歩き旅はまだ半分です。サウナで汗を流して来ます。

Img_7781

Img_7782

Img_7783

Img_7784

Img_7785

Img_7786

Img_7787

この薄汚いドブ川。大阪の恥だろう。そう思わんのかい。橋下がどんだけ偉そうな事を言っても道頓堀を開築した「道頓」さんには適わんだろう?この川にプールを造るとか大風呂敷を広げる前にこの川を綺麗にしなはれ。

この川を綺麗にするには大阪市内の川を全て綺麗にしなければならない?そんな事が出来る訳が無い?それ位の事しか言えないだろう?大阪の街が水都と言われたのは過去の話になりました。大阪都構想も無くなっても水都構想は続けなはれ。そしてもっと地道に道を綺麗にして下さい。川を綺麗にして下さい。それ位の事で結構です。

Img_7788

Img_7789

Img_7790

この放置自転車。何とか出来ないのかい。大阪人のマナーは最低。警告されても開き直る。注意されても無視をする。撤去されたら怒鳴られる。何様だと思っているのだろう?自転車排除条例を造って1時間以上の放置は即撤去。それしか無いだろう?それをしても駄目。それは我が街の八百屋と薬屋の前を見ても分かる。「停める所が無い」当たり前に思っている。そんな生き方は何時迄もは出来ない。ホンマ最低。

Img_7791

Img_7792

Img_7793

大阪の台所?黒門市場。美味い物が安く手に入る?何時かこの商店街を隅から隅迄歩きますか?堺筋より西に在るとは思わなかった。大阪で長い間生きているけれど本当に美味しい所は知らない。それは飽くなき探求が足りない?おっしゃる通り。

Img_7797

Img_7798

Img_7799

ようやく日本橋筋商店街到着。しかし多くの通行人が中国人。日本人買い物客は少ない?その理由は明解。以前の電気街では無い。中国人向けの電気街?それも違う。フィギア(漫画の人形)ゲームセンタ−、部品、パーツ屋さん。その他色々。ワンルームマンションだけでなくビジネスホテル。外人旅行客のホテル迄出来ている。

Img_7802

Img_7803

Img_7806

日本橋3丁目には難波高島屋本店の別館がある。これは半世紀前と変わらず。元々はここが本店?この別館に資料室があるのでそこに立ち寄れば分かる。今日は時間の都合?でパス。(本当は興味が無かった)でもこの資料館は無料。デートコースにはお勧めかも?この先で休憩。前から気になっていた福島上等カレーを食う。上等。でも待ち時間が10分を越える。これはマイナス。この半分の時間が限度。(ミジかー)

Img_7810

Img_7809

Img_7811

上等カレー500円では食えない。ビーフカレー750円でした。待たされてイライラ。待たされた甲斐はあったけれど伊丹の西君のカレー、鶴橋の淡路玉ねぎカレーには負ける?梅田のインディアンカレーには勝つけれど?お店を出る時無視される。その代わりとフィギアに衛礼される。親父も敬礼をしていた。(アホ)まだまだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費の落ち込みまだまだ実感が無い?消費の現場を見れないのだろう?

今日は久し振りに大阪市内堺筋を歩きます。大阪には南北の大きな通りが多くありますが、その中で代表的な通りが御堂筋と堺筋。親父達が大阪に来た半世紀前は堺筋に路面電車が走っていました。今は車の南からの一方通行。(その替わり御堂筋が北からの一通)堺筋は天神橋1丁目から西成区天下茶屋東1交差点迄の6キロ強。

歩き通すのに親父の足で2時間掛かる。途中見所が少なく無いので寄り道をすれば3時間。親父の散歩コースとして丁度良いが靴の底が凹んでいるので微妙。この通りの地下に地下鉄が走っているのでリタイヤしても何の問題は無い?(アホ)

せめて難波の西側日本橋商店街迄は歩きたいがこの商店街も今は昔の面影は全く無い?(昔は大阪を代表する電器販売店が軒を連ねていた。親父が大阪に来て初めて電化製品ラジオを買ったのもここ。今は大型家電のお店にお客を奪われて多くのお店が商売替えをしている)

この道は今はマスコミでも殆ど取り上げられず全国的には見向きもされない。しかし、この道を歩くと大阪の今が本当に良く分かる。大阪の街の再生が問われて久しいがその勢いは全く無い?それは歩かないと分からない。

歩くだけでも分からないのかも知れない。お役人はとぼけた景気判断をしているが統計資料とは全く違う大阪がそこにはある。(嘘だと思うでしょう?)ウソです。でも本当の景気に実情は誰にも分からないのかもしれません。それでもあなたの知らない大阪をお見せします。消費の落ち込みはまだまだ続きます?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

この世論調査(FNN)は許せない。内閣支持率持ち直し?

フジテレビのプライムニュースを見ている。
内閣支持率回復?どんな世論調査をしているのかフジテレビがどんなに安倍内閣を持ち上げてもこの内閣は長くは続かない。そんな事は絶対に無いと言い切る人も少なく無いがこの調査の胡散臭い所は安倍総理の戦後70年談話を支持する人が多い?

世論調査では色んな人が色んな考えを述べる。それは否定してはならないが近隣諸国に軍隊を派遣し多くの人命を殺傷し多くの財産を破壊し銃剣で威嚇した事実は否定出来ない。ところが最近そんな歴史を知らないのだろうか?そんな認識を「自虐的歴史感」と公然と主張する政治家、経済人、学者、評論家も少なく無い。

今日は甘利経済担当大臣がTPPの交渉経過を説明するのでチャンネルを合わしているが政治的話だけは聞きたく無い。ところがコメンテーターは何を考えているのか、その聞きたく無い政治的な問題、国立競技場の問題迄語らせる。アホだろう?

TPPの問題は農業問題と言われたがこれは嘘だったのだろうか?番組がスタートして24分してようやく始まる。そして24分間の応答で終わる。結局見通しの甘さは何も反省は無い。ニュージーランドだけでなくアメリカも自国の利益優先。自国の利益優先をどれだけ押さえて自国民に説明が出来るか?それが出来ない限りこの交渉妥結は無理。それ位の事を説明出来ない担当大臣ではお話しにならない?

その大臣が景気回復策を語る。構造改革?ふざけるな。政治家は一体何を国民に約束したのか忘れているのだろうか?「身を切る改革」「議員定数の削減」「行政改革」俺達はこれだけの事をしたと自慢した猪瀬東京都知事の不始末。政治家の政治規制法違反。そんな始末も付けれない内閣の支持が上がる?冗談では無い。

ところがこの国の間抜けさは靖国神社参拝をマスコミが否定出来ない。国の為に尊い命を犠牲にした英霊に感謝するのは当然。親父もそう思う。しかし国の為に全ての人が自らの意思で死んでいったのでは無い。オバカな軍国主義の国の方針で死んでいった人も少なく無い。それ位の事も分からんのだろうか?韓国、中国の政治指導者から何時迄も何故批判されるのか?それは総理自身の行動にある事が分から無い?

このままでは子供達だけでなくその先迄もこの国は中国とは友好国になれないだろう?ところがそれも違う。政治家レベルでは日中友好議員連盟がある。日本と中国が友好国?それならば何で対立が生まれるの?それを考えてもらいたい。それを政治家は分かり易く説明しなければならない。本当はこの役割はマスコミに違いない。

プライムニュースの面白さは経済解説。ところがその解説は最近当らない。景気は回復基調にあるとどんなに笛吹けど消費者は踊らず?それは一体何故?その事を考えてみれば良く分かる。親父も今日、久し振りに下着を2着買いました。本当に久し振りです。それでも1着842円のイオン、トップバリュー。着た感想?(高級感は無い)そりゃーそうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費、設備投資は盛り上がらなくても株価は上がる?

大阪は今日は雨模様?午後から天気予報は☁のち☂。
昨夜は秋雨前線?の前触れで☂が止まなかったが大した雨量にはならなかった。

今朝は注目の(殆どの人は関係無い?株式市場も無視?)4〜6月期の経済指標(国民総生産)が発表されたが注目されず。消費が落ち込んでも企業の収益は良いので関係無い?政府、景気の舵取りをする(そんな役所があんのか?)担当大臣もとぼけた事を言っている?

この大臣TPPの貿易交渉でも楽観的見通し、交渉妥結の言葉を繰り返して居たが結果はアウト。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)なんのこっちゃさっぱり分からない。この協定を結ぶ加盟国は最初は4カ国(シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド)2005年6月。今から10年前にスタートしている。

最初はその程度の貿易自由、連携(関税撤廃交渉)組織。そこにアメリカ、オーストラリア、マレーシア、ベトナム、ペルーの5カ国が加盟交渉国として加わり9カ国で拡大交渉が行われていた。貿易の自由化と言ってもただ輸出入の関税を下げる事だけでは無い。その対象は多岐に渡る。その殆どを理解出来る人は本当に少ない。

改めて交渉の経緯を紐解いてみるとこれでは合意が難しい事が良く分かる。その困難な交渉の過程を楽観的に報道し続けたマスコミと政府交渉責任者。何故、政府と経済界が一体となって賛成しこの交渉に全力を尽くしていたのか?そして交渉が失敗しても他人事の様に一部の国にその責任を転嫁しているのかが良く分かる。

少し難しい解説であるがネットで検索すると良く分かる。環太平洋戦略的経済協定と大上段に構えてもその内容は自国の利益が優先する。日本の交渉団の様にアメリカの圧力に屈しても余りある利益が期待出来ない貿易小国が、経済大国アメリカのごり押しを認める訳が無い?

それが偶々(たまたま)農業国?ニュージーランドが農産物で譲らなかっただけ?その事が理解出来る人は殆ど居ない。交渉妥結の為に国内的にも対外的にもその重要な問題を開示せず、何をどうまとめるのか全く分からなくてもマスコミ(読売と日経)は大筋合意と何度も楽観的?見通しを報道した。そして交渉が合意に至らなかった原因、責任はうやむやにされ外交交渉とはこんな物と自己満足している?

長々とTPPの事を書きましたがこれは親父の独断と偏見。よく叱られるが事実は小説より奇?しかし自由と民主主義の国と言われるアメリカでも国益は守る。当然の事だろう?アメリカが軍事大国、経済的大国と言われても絶対的な覇権は失われている?その事が証明された貿易交渉だったと言える。そんな解説は何処にも無い?

我が国もアベノミクス(安倍総理の経済政策?)を評価する人は少なく無い。安倍政権が誕生したのは民主党政権が余りに経済政策がお粗末だった?と批判する人は少なく無い。それでは安倍政権は経済政策が上手だったのだろうか?その事を考えてみれば良く分かる。経済政策は何一つ成功していない。しかし殆どの人はそうは思わない。

安倍政権が行った事は「金融緩和」但しこの政策は禁じ手?(どう言う事?)政府、金融当局が絶対やってはならない「日銀に因る国債の引き受け」これをやるとお金の市場原理が狂ってしまう。(どう言う事)考えても見たまえ。

借金を日銀が引き受ける?その反対に国の財政赤字は国の歳出削減で計る。この当たり前の事が安倍政権では全く行われていない。ウソだと思う?ウソではありません。ウソでは無いと多くの言葉を重ねているがよく考えて見て下さい。

安倍政権が約束した「歳出削減」「議員定数の見直し」そんな事は完全に無視されて歳出の大盤振る舞い。そんな事をすれば公共工事の削減でストップされていた高速道路も工事復活。道路公団民営化の話もどこ吹く風。その財源は赤字国債?

親父達が若い頃国債は国の財政を悪くするから建設国債と赤字国債に分けて管理していた?それが今はそんな区別は無い?国債償還費は20兆円。ところがこのお金は借り換えの費用。つまり繰り延べ。こんな事をしていると何時かは財政が破綻する?

ところがその危機感が無いのは「経済成長が続いているから」?続いているのでは無い。そう見せかけられているだけです。そんな政府を支持している多くの高齢者はそんな事は何も分かりません。この国の経済の舵取りをしている役所は何処なのでしょう?経済産業省?そうでは無いでしょう?

本当にこの国の経済の在り方を考えないと間違いなく惨めな老後を送るにに違いありません。金は天下の廻りもの?これも全く過去の話になりました?消費が落ち込んでも企業の増収増益は史上最高?これは完全に何時か来た道?バブル崩壊前夜です。バブルが崩壊しても全く関係無かった一般市民の日常?そんな生き方、暮らし方が求められている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

お盆休みも終わり明日からは激動の休み明け?阪神独走?

Img_7665

Img_7666

Img_7667

近くの猪名川の堰。今年の春に改修された面影は何処にも無い。何度も写真で工事直後と先月の台風の影響?で埋まった結果をお見せしたがこの始末をどう付けるのか?見ものです。しかし多くの人はそんな事はどうでも良いのだろう?

この堰の500メートル足らずの上流に可動堰で3メートル前後の水が溜められているが、その水も次の洪水迄水を流す事は出来ない。反対にこのまま日照りが続いても堰の横から水は流れているのでこの浅瀬が干上がる事は無い?

結局この土砂に埋めれた堰はこの下流の土砂を取り除いてその下の堰を低くしない事には工事直後の堰には戻らない。?昨夜この付近の花火会場で打ち上げられた花火。親父は見ていないがその祭の後は何ともやり切れない景色だけが残っていた。

Img_7668

Img_7669

Img_7670

この川は異臭も無く一見綺麗に見えるが河原に降りてみるとその汚さが良く分かる。この浅瀬で子供が泳いでいるのを見ると何とも言えない気持になる。この川がこれ程に汚くなったのは全て人間の所為?この川が整備されたのはそんなに昔の話では無い。たかだか半世紀前。その当時の清流を取り戻す努力は何処にも見られない。

それが哀しいと思うのは豊かな生活の否定?そんな事は無いだろう?浅くなった川底は茶色のヌルヌルした藻が繁殖していた。この汚い川は当然水質も悪く泳げない。その浅瀬で子供が水遊びをしている。綺麗な川を知らないからそんな事が出来るのだろう?

Img_7674

Img_7675

Img_7676

一見豊かに見える川の光景。でもこの堆積土砂は何時かは取り除かないといけない?川砂。川砂利。これはコンクリートの大切な資源。天が与えて呉れた日本の貴重な資源。それをきちんと取り除けば洪水、氾濫の対策になる。言わば一石二鳥。

しかもその採掘の権限は河川管理者が独占している。こんなに美味しい仕事は無い?これ程の堆積土砂が放置され近くの河川敷のグラウンドは大雨が降ると冠水する。何たる間抜けな河川管理?そんな事も殆ど問題ではない?

日曜日の夜のゴールデンタイム。テレビの番組は見る番組が無い。こんな時は読書に限る。これから残暑の時が後1月。その後は灯火親しみの秋?今年はテレビを見るのを止めて読書と行きますか?粋だね。

Img_7677

Img_7678

Img_7682

ここは河川敷では無い。川の中。草を刈り取れば立派な川砂が出て来る。この砂は見事な物。この草に守られて洪水の時でも流される事は無い。この草むらをオバカな河川管理者とNPO法人の環境を口にする人は大事に保全していると言いたいのだろう?

ところが保全とは程遠い「放置」?川と環境が共存している?何たるオバカな認識だろう?川は綺麗で洪水の心配が無ければ充分。文句は無いだろうと平然と言い放つ。近くの河川敷のグラウンドが冠水してその整備費にどれだけの税金を使ってもとぼけていられるのだろう?「想定外」嘘をつけ。これこそ職務怠慢。犯罪だろう?

Img_7683

Img_7685

Img_7687

今年7月の増水の残骸。片付けられる事は無い。次の大雨で流してくれる?どうしてこんな事が許されるのだろう?それは単純明快?スーパー堤防で河川の氾濫の心配は無いから?それも違うだろう?河川管理者が現場を見ていない?現場の問題点を速やかに解決する。そんな事は組織ぐるみで問題にしていない。問題にするのは利権だけ?お役所仕事とはその程度の物では無いでしょう?

Img_7688

Img_7689

Img_7692

これも全て川の中。この左は河川敷のグラウンド。大雨が降れば当然増水した水はこの上を越える。その事が分からなくて放置しているのでは無い。分かっていてやらない。これは悪質な河川管理の怠慢だろう。それでも今年昨年以上の被害が出てもここが綺麗になる事は無い?綺麗になったとしても完全な手遅れ?その責任は誰にも無い?

Img_7712

Img_7713

Img_7711

遠くに見える中山従走路もしばらく歩いていない。満願寺近くの崖を下から登った時の恐怖感はもう無いのだろうか?近くの駅から最明寺の滝を見てこの従走路を歩くと3時間は掛かる。ハイキングコースの所要時間は5時間。コース距離12キロ。余程気合いを入れて歩かないと無理。親父は途中で下に降りる道を見てけているので何時でも歩く事は出来る?それでもこの道は体力確認だけ?歩く魅力に欠ける?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「偽りの民営化」田中一昭 読み始めている。親父の思った通り。

Img_0409

Img_0410

Img_0412

何度も歩いた満願寺−多田神社のハイキングコースを途中から逆に歩いている。このコースは満願寺から多田神社迄歩いて3キロ足らずの道。しかし初めて歩いた時、その景色は感動だった。今自分が住んで居る街から電車で2駅足らず。そこからバスで10分足らずでこんな素晴らしい景気が見れる。それは新鮮な喜びだった。

でもその道も最近は全く歩いていない。途中の住宅地で仲良しになったNさんとも最近は全く合っていない。人はそれぞれ生き方が違う?考え方が違う?それも最近は良しとしている。どんなに親しい人でも「阿吽」の呼吸は交す事が出来ない。

全てを受け入れる無上の思いやり。そんな思い上がりを死ぬ迄続けるのかも知れない。それでも去る者は追わず。それは子供でも同じかもしれない。孤独?そんな言葉をかけられても九州男児の心意気は変わら無い?(バカヤロウ)そう。馬鹿は死なないと直らない。

Img_0413

Img_0414

Img_0417

この道は多田神社に居を構えた清和源氏の強者(つわもの)達が、馬で満願寺に駆け上がった道?今では歩く人も少ないがゆったりとした気分で歩くにはもってこいの道。今は毎日が日曜日だから心にストレスが溜まる事は無いが、健康管理の散策にはもってこいの道。ただ最近はその役割も名塩通いに奪われている?

Img_0420

Img_0422

Img_0423

ただ折角の散策の小道も長くは続かない。この上はゴルフ場。そこに無粋な看板がある。この道はこの街のハイキングコース?これも嘘?勝手にそんな看板を立てているだけ?ゴルフ場のフェンスに貼られている看板を見ると寂しくなる?

これ位の配慮しか出来ないゴルフ場。最近はゴルフも親父達が現役の頃の勢いは無い。当然だろう?地域に溶け込めない商売に繁栄は無い?それ位の事も分からんのだろう?地域には元気な年寄りがまだまだ多い。

シニアの取り込みが出来無くてゴルフ場の活性化は無い?それ位の事も分からんのだろう?ゴルフは見るとやるとでは大違い。一度、虜(とりこ)になるとこれ程楽しいスポーツは無い。ところが今のゴルフ場にはそんな取り組みも無いのだろう?

親父がゴルフな何よりの楽しみだった頃の思い出は今は無い。再びそんな生活を取り戻す?それは仙人になってゴルフ場の空を駆け巡る時?それだけはやりたくない。年たけても元気に芝生の上を歩く事が出来る。ところが今のゴルフ場はカートで移動?

静岡の名門コース「浜岡カントリー」伊豆川奈の「川奈ゴルフコース」も同じなのだろうか?もう一度ゴルフバックとゴルフクラブ、ゴルフシューズを揃えてゴルフ場を闊歩(かっぽ)する。そんな御大名には慣れない気がする。ゴルフはそんな金持ちのスポーツです。

Img_0425

Img_0427

Img_0428

Img_0429

Img_0430

Img_0431

Img_0432

このグリーンはコースに出る前の練習グリーン。パターの練習。その日のグリーン上のボールの転がり方をチェックする。ただこの練習はパターでボールをきっちり打てる(弾く)練習。コースのグリーンでは余り役に立たない。

ゴルフの思い出は尽きない。ヘタの横好きをそのまま通した気がする。ゴルフは性格がそのまま出る。今は知らないがゴルフの接待も仕事の大事な武器?その接待ゴルフの実態も殆ど知られていない?マスコミは何を尤もらしく語るのだろう?

この国の実態は彼等が語る程、清廉潔白ではない。但し何時迄もそんな時代は続かない?そう言われてどれ位経つのだろう?何も変わらず何も進歩は無いのかも知れない。東京知事を辞任した猪瀬。彼が道路公団民営化で為した役割をマスコミは全く検証していない。

国交省の役人と道路族と言われた政治家の「偽りの民営化」その現実をマスコミは何も検証していない。「便利になれば良いでしょう」「地方の道路網が良くなれば良いでしょう」「国土強靭化」この話になっても「その莫大な工事費は誰が負担するの?」そんな当たり前の話がかき消されている。

国の財政は1000兆円を越す借金。高速道路は全国津々浦々。この国の財政が破綻する事は無い?何故なら外国からの借り入れは無いから?日銀が国債をどんどん引き受けられるから?そんな考えもそろそろ終わりにしないと国の信用を失う?

その時、どんな暮らしが待っているのか?それ位の事はもっと勉強しないといけない。お盆休みも終わり明日から暑い仕事が始まる?そんな事は関係無いと高笑いを続けられる人はどれだけ居るのだろうか?その厳しい答えが求められている。

それでも難しい事は分からない?難しい事を分かり易く解説する。そんなヒーローは出ないのだろうか?今日は大竹が久々の登板。今日巨人が負けると明後日からの阪神線で負け越すと巨人の優勝は無い?これからの半月は政治も経済も一寸先は闇に違いない?

Img_0433

Img_0434

Img_0435

満願寺参道。正面が山門。最近罰当たり?の生き方をしているので本堂にお参りをしない。静岡掛川でおっかあが死んだ後、お参りを欠かさなかった大雲寺の大和尚も大往生をして久しい。失意のどん底で親父の心を慰めて呉れた優しさは忘れていない。

Img_0438

Img_0440

Img_0441

昨日は一眼レフの電池が切れて写真は携帯。その差は歴然?これから携帯の画像も一眼レフと遜色が無くなると言われているがどうだろう?この駐車場を出た処にバス停がある。このバス停もこの奥の山道から出て来た時、近くに居た子供に教えてもらった。あの優しい子供達が輝く未来を期待していた。バスの待ち時間は数分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月15日 (土)

終戦記念日では無い。無条件降伏の日。分かっているんかい?

Img_7660

Img_7661

Img_7662

70年前の惨めな戦い。その悲惨な結末を親父も知らない。故郷大分佐伯は軍港だったので軍事施設と宿舎は徹底的に破壊された。昨日の総理談話は聞く迄もなく皆で靖国神社参拝を国会議員の与野党で行う?「国の為に尊い命を捧げた英霊に感謝の気持を捧げる」?何たる若者に対する侮辱だろう?ところが現在の彼等にその認識は無い?国の為にどんな理由をつけても死ねるか?それ位分からんとは言わせない。

Img_0389

Img_0390

Img_0393

実りの秋が近づいている。日本の農村で収穫の喜びが感じられる時、親父達の20年足らずの先輩達は、愚かな国の指導者(軍人、軍国主義者、その多くの協力者)の所為で尊い命を失う。その愚かさを私達は痛切に教えられた。

ところが現在は愚かにもその歴史が殆ど学校では教えられない?社会では政治屋さん迄もがその歴史を正確には語れない。南の島でどれだけ多くの先輩達が惨めな戦いを強いれられるのか?南のジャングルで補給線も立たれてどれだけの人が餓死したのだろう?そんな事も知らないで罰が当たると思わないのだろうか?

近くで花火が打ち上げられている。数年前に眺めた花火も最近は見る事も無い。花火の美しさは戦死者の哀しみである事も忘れてはならない。子供達が幼かった頃、真上に打ち上げられた花火は今は見る事は出来ない。磐田の花火。甚八さんの鰻。杉川の川遊び。夏の年中行事も途絶えて20年になる。デカイ花火が空気を震動させている。

Img_0395

Img_0397

Img_0398

本日の目的地は川西飛び地?満願寺から多田神社迄のお手軽ハイキングコース。久し振りの彼女に会う気持だった。(そんな時もありました)ところが先日大阪の大手2店の本屋で手にする事が出来なかった、道路公団改革「偽りの民営化」田中一昭の本を隣町の図書館で借りる事が出来て気持が変わる。多田神社ではなく多田銀山跡にしょう?(何でそうなるの?)それ程に嬉しくなっていた。

Img_0399

Img_0400

Img_0402

久し振りのバスに乗りバスが出発する迄の間、昨日手に出来なかった本を大事にめくる。作者は道路公団民営化推進委員会委員長代理。親父がこの本を読みたかったのは小泉総理が国民に信を問うと大見得を切った郵政民営化、道路公団民営化が現在どうなっているのか知りたかったから?

それだけでは無い。多くの行政改革が何度も叫ばれてなんで出来ないのか?その事も理解する為?そんな事はどうでも良い?その事がこの本を読めば良く分かる?作者は国鉄の民営化を評価しているが、その為にどれだけの労働者が惨めな思いをし、ひいては鉄道の安全迄無視したJR西日本の責任は殆ど問題にしていない?

(まだ本を全て読んでいないので正確には言えない?)ただ作者も道路公団民営化が何でオバカに評価されたのかは明確にはしていない?(これもまだ序説しか読んでいないので分からない)殆ど知られていない特殊法人の親方日の丸体質。頭が良いと言う事はこう言う事が出来ると言う事だろうか?

そうでは無い。無知と言う事はこれ程の税金の無駄使いが出来ると言う事だろう?道路公団民営化の最大の目的は債務の削減?ところが今はそんな事は全く問題にしていない。近くで行われている新名神の高速道路工事。マスコミは殆どその壮大な工事を伝える事は無い。

マスコミも偉そうに国の借金が1000兆円を超えたと報道しているが、その削減に付いては関係無いと思っているのだろう?自分達が高い給料を手にしながらそんな事が言える筈が無い。そんな疑問が今、この本を読もうと親父にけしかけている?

バスが動き出したので本を閉じ前に立っている女性の仕草が眼に入る。何気なくサングラス越しに見上げると最近久しく眼にする事が無い美人(こら)親父は座席に座っているので横顔と手先しか見る事は出来ない。そんな馬鹿な事を考えていると降りる停留所が偶然同じ。先に降りた女性の後ろ姿は綺麗な顔とは違っていた。(ええ加減にしなさい)

Img_0404

Img_0405

Img_0406

川西市ハイキングコース?どっちの看板が正しいの?どっちも。看板が右に立っている。しばらく歩くとここは左。このお地堂さんの左を行くと有料老人ホーム。親父はしばらくはお世話に成れない。その為にはしっかり歩かないといけない?(歩いても駄目だな?)仙人の生活をしないといけない?晴耕雨続?その為には体重を減らさないといけない?(どん位)最低30キロだな。ゲー。お地蔵さんが横を向いていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中にもお腹にも贅肉が付いている。国の在り方も同じかい?

Img_7596

Img_7597

Img_7598

親父達が大阪に出て来た頃、この場所は区画整理も出来ていないドヤ街?だった。
初めて阪神百貨店の裏で食事をした時、大阪にもこんな場所があるのかと驚いていた。その場所が整備され目新しいビルが4棟も立ち上がったのは奇しくも「もはや戦後では無い」と言われた昭和40年代。

それでもこの四つのビルの所有者は大阪市。目新しく見えるこのビルも今は地の利を生かしているだけ。大阪市の役人がビルの既得権を手にして美味しい思いをしているだけ?ビルの入居者も世代交代が始まっている。

このビルを取り壊すのは何年先になるのか知らないが、その工事は上から崩していくのだろうか?それとも下から「ダルマ落とし」にする?このビルの入居率がどれ位なのか?殆ど知られていない?親父も勿論知らない。このビルの「探索」をすると色んな大阪の現実?が見えて来る。そんな暇人も殆ど居ない。

Img_7612

Img_7605

Img_7613

大阪の光と影が見える。ビル街が輝くのは昼間。繁華街が輝くのは夜。大阪の街は夜が面白い?それでもこの歳になるとそんな元気は無い。専ら早寝早起き?それも違う。最近は夜も朝も遅い。午前中どころか動き出すのは午後2時前後。でも帰って来るのは早い。そんなに遠くには出掛けない。行動パターンはほぼ決まっている。

Img_7615

Img_7617

Img_7619

Img_7621

先日掛り付けの眼科の女医(おばさん)(失礼)健康管理のついでに体型の事を口にして叱られる。確かに若くは無い人に(若い人でも)体型を他人に言われたく無い。反論の言葉を聞きながら口を押さえて居たが後の祭り?

これでしばらくは余計な事は言えない。他人事では無い。最近背中の贅肉が気になる。腹や脇腹は当然でも背中に脂肪が付いている事を人には言われたくない?ただ余程親しい人でも言えないから醜い体型に変わっていく?

その事を最近痛切に感じる。それだけでは無い。最近こんなに歩いても体がよろめく?地面が揺れている?違います。アンタの自律神経がおかしくなっている?先月から減量作戦を意識しているが成果は無い。それも当然。食い過ぎ。好きなだけ食欲を満喫していては減量は出来ない。食事の量を減らす。それが出来ていない。

今日は終戦記念日?ちがう。オバカな戦争責任を追及する日?多くの若者達は関係無い?謝りを口にしないで良い?何たるオバカな政治家だろう?女性大臣迄もが堂々と靖国神社を参拝し中国、韓国の批判は的外れ?その程度の戦争だったのかい?

大体靖国神社の性格を誤摩化している。戦争で死んでいた若者達が神様として祀られている?冗談では無いだろう?彼等の多くは国の為に死んでいるが、それが国策だった間違いをどれだけ認識しているのだろう?それも個人的見解?

そんな政治家は許せない。彼女等はそれでも選挙区で有権者に支持される?天理教とはそんな宗教団体とは誰も考えていない。そんな追求はされないのだろうか?そんな女性が活躍する社会?安倍総理は昨日の戦後70年の痛切な反省を口にしているがそれは単なるスピーチではないだろう?それ位の事が分からなくても後3年総理大臣?

そこ迄やりたい思いは何なのだろう?その事を多くの有権者に問われている。それでも政治の事は分からない?他の総理候補者よりマシ?野党にそんな立派な人がいるんかい?とぼけた事を平然と口にされる。政界は一寸先は闇。それ位の事も分からない人が多くなったのもこの国が安定しているから?それもウソです。マスコミのごまかし?その事が証明されても分からんのだろう?それが今の中国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

道路公団の民営化から10年?そのまやかしの現実?その実態を知らない?

Img_7546

Img_7548

Img_7652

Img_7653

10年一昔?イエイエ50年一昔です。大阪環状線のオレンジ電車。大阪駅は一新したけれどこの陸橋と電車は何も変わらない。国鉄は民営化されて親方日の丸から黒字企業になったと自画自賛されているが、そのお粗末さは殆ど指摘されない。

Img_7634

Img_7635

Img_7636

Img_7640

Img_7647

来年秋完成予定の工事が行われている。ただこの場所は食堂街の2階建ての建物が取り壊されて一度工事は完成していた。ただ中途半端な解体工事でタクシー乗り場とタクシーの待機所は残され、残りが何故かバスターミナルになっていた。その場所が再び手を着けられる?その工事を又行う?どうでも良いがいい加減にしなはれ?

Img_7556

Img_7551

Img_7603

本日の目的地は紀伊国屋書店梅田店。10年前の道路公団民営化(もうそんなに前の話になるのか)郵政民営化を絶叫して圧倒的な支持を手にした小泉元総理のパフォーマンス。しかしその後は殆ど知らない。親父はその全てを評価しないが口先の改革で実態が伴っていない?

その根拠を示せと言われてその勉強資料を買いに行く。「偽りの民営化」その本は在庫が既に無くなっていた。それでも諦める事は無い。どうしても手に出来な刈れば図書館と言う手がある?本屋をハシゴしたが答えは何処も同じだった。

Img_7553

Img_7561

Img_7552

中之島の朝日新聞大阪本社ビルは着実にその工事背丈伸ばしていた。工事が完成するのは2年後。その時は通りを隔てて現在完成しているフェスティバルタワーとツインタワーとしてそびえ立つ?大阪中之島にそれだけのオフィスビルの需要がある?これだけ大阪のビジネスが低迷しても?(これは親父の皮肉)最近完成したオフィスビルをお見せします。

Img_7566

Img_7568

Img_7564

3杯の写真は同じ建物。「新ダイビル」取壊されたビルもオープンした時は大阪を代表するビルだった?同じ名前を引き継いでいる31階建て。オフィスフロアーは5階から。一度見学に行きますか?みすぼらしい格好では駄目だな。カメラを下げて行っても駄目かな?(お金を提げて行きなはれ)

Img_7569

Img_7570

Img_7575

日銀大阪支店。大阪市役所。大江橋。この観光コース?も案内して呉れる人は限定?大阪市内観光バスも廃止され大阪市内は観光客が外国人限定?大阪市内も見所は多い?それでも観光局の取り組みは外人観光客中心?アホやろう?アホです。

Img_7581

Img_7586

Img_7577

梅田新道交差点が多くの国道の起点、終点になっている事を知らない人が多い。
改めてそのモニュメントを見ていると何故かニンマリとして来る。東海道のあるき旅も鈴鹿土山の手前で中断している。もう少し余裕を作って先に進まないといけない。

Img_7588

Img_7591

Img_7589

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節は変わる。政治も変わる。人の生き方も変わる。

Img_7503

Img_7504

Img_7505

Img_7506

森を抜けるとそこには実りの秋の予感。暑い、暑いと言っている間に秋は着実に里に降臨?今年もお盆のお墓参りは出来無いけれど静かな道を歩きながら、眼を輝かしていました。栗拾いもマッタケ狩りも出来無いけれど今年の秋は美味しい新米ぐらいは食いたいな?

秋刀魚もすっかり季節感のない魚になったけれど、カボスをたっぷり掛けながら夏バテを振り払わなければならない?なんだかんだ言いながら最後に物を言うのは体力。体力の衰えは食べ物だけではカバーする事は出来ない。質素な物でも貧しかった時の事を考えれば「罰当たりな事」は言えない。?

Img_7507

Img_7508

Img_7510

Img_7511

Img_7512

お盆に旅行するのは馬鹿?そうは思わないけれど。世の中いろんな考え方をする人が居るのは良しとしてもどうしてこんな言葉を取り上がるのだろう?余計なお世話だろう?ホリエモン自身が馬鹿だと言う証明。世の中いろんな事情でこの時にどうしても移動しなければならない人も少なく無い。

その苦労はアンタには分からないだろう?故郷とはそう言う一面もある。お盆の時しか故郷に帰れない人。そのご苦労はお前には分からんだろう?間抜けな奴だ。盆にも連絡の無い罰当たり。そんな間抜けさも当たり前になっている?

Img_7513

Img_7514

Img_7515

この川も名塩川?この右の石垣の上で畑仕事をしていたおばちゃんに「罵声」を浴びせた事を当然の様に思い出していた。その時言われた言葉。「ここは個人の土地」「難しい事を聞かれても分からない」「私は忙しい」。そんな言葉を口にされて黙って引き下がる親父では無い。

「忙しいのなら最初から話し掛けるな」親父の剣幕に怒りの表情を押し殺しながら畑の所有者は引き下がっていた。ザマーミロ(コラ)ところがこの写真には映り込んでいないが右端で名塩川の支流(本流?)が流れ込みその所に小屋が出来上がっていた。おばちゃんが親父がカメラを持って近ずいた時、警戒した理由が分かる。

ところがおばちゃん。この川は私有地では無い。まさかこの改修された綺麗な石垣は自分ちの物だとは思っていないだろう?その先の今にも崩れそう石組み。今年の夏か秋の初めに豪雨に洗われればひとたまりも無い。それ位の事が分からんのだろう?

この川はこの少し下流から整備?されている。この上流は川の改修がほとんど出来ていない?その訳は聞いてみたけど西宮市役所でも分からなかった。今度の大雨で石垣が崩れると拍手喝采?(コラ、人の不幸を喜ぶな)大雨が楽しみ。(シメルド)

Img_7516

Img_7517

Img_7518

写真では綺麗に見えるがこの辺り迄来ると近くに振興住宅地がある。但しこの旧道を歩く人は殆ど居ない。この近くの路肩の石垣が崩れて補修工事は済んでいるが道幅は広く無い。その道を近くの住民?が軽で走り抜ける。

オバカは徐行しない。親父から怒鳴られながら運転手を見ると大体が年寄りかオバちゃん。生活道路でもない事が分からんのだろう?反対に道の左、川沿いを歩くなと睨まれていた?この道の崖の上に「村の墓地」がある。この村に紙すきの技術を伝えたと言われる「東山弥右衛門」の墓もあるがそれも伝承。事実は小説より奇なり?

Img_7519

Img_7521

Img_7522

Img_7524

紙漉(かみすき)の技術は江戸時代門外不出。それだけにこの地で紙漉が行われる様になったのは奇跡でもあった。今では紙はお店に行けば簡単に手にする事が出来るがこの国の紙漉の技術は「家内工業」であり地域限定だった。

それがどうしてこの地に紙漉の技術が伝わったのか?その歴史的記録が残っていない。「東山弥右衛門」が伝えたと言われる根拠は明治時代、この地の紙漉組合が伝承に基づいて記念碑の墓を立てている。

しかしその明確な根拠は何処にも残されていない。この滝はその弥右衛門を越前五箇の里から訪ねた妻おしんが身を投げたとも言われている。水上勉短編「名塩川」当時の日本の山村は貧しかったのだろう?紙漉の技術を手にする為に夫婦にならないと余所者には技術は教えられない。種子島の鉄砲伝来の技術もそうして伝えられたのだろうか?今は和紙は伝統工芸品。鉄砲も限られた目的でないとむやみに所持は出来ない。

Img_7529

Img_7530

Img_7531

Img_7532

Img_7533

Img_7534

Img_7535

Img_7536

Img_7537

名塩道路(バイパス道路)が完成して集落の中を走り抜ける車の量は激変。それでもこの信号は反応式ではない。押しボタンは歩く人専用?車だと一度来るから降りないとボタンを押せない。(当たり前)そのボタンが車の停止位置から少し離れている。

この地域の道路行政はそれ位の対応も出来ない。この信号が出来ただけでもありがたい?地域の人の住民サービスは誰が考えているのだろう?この地域の人が暮らし易い生活が出来る?そんな事は行政に取ってどうでも良い事だろう?

この信号はそのバロメーター?何時になれば反応式になるのか?それも楽しみ?何時になるかそんな事は分からん?お役所仕事とはそんなもんです。地域のボスが一喝すればすぐ変わる。そんなボスもいなくなりました。関係無いけれど?

Img_7538

Img_7540

Img_7542

近くの通りの花壇(植え込み)のツツジも枯れている。雑草は勢いを増していた。この花壇も信じられない事に管理が市の公園課。苦情が無ければ木が枯れても草が伸びてもそのまんま。市内にどれだけの植え込みがあるのか知らないが、その管理マップさえ手にしていないのだろう?口先だけの花と緑の街。それでも批判される事は無いImg_7541
Img_7543
Img_7545

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

名塩赤坂峠から名塩バス停散策。実りの秋の気配?

Img_7429

Img_7430

Img_7431

名塩赤坂峠。名塩道路の4車線の工事は昭和の終りから進められているが、ここから東久保を経て名塩山荘迄は全く工事が進められていない。その訳は分からない。現在この区間の工事は10、4キロのうち半分は曲がりなりにも完成しているがその殆どが暫定2車線の供用。(半分の2車線は満足には使えない。)

信じられないお役所仕事。この道は国道。その道がこんなお粗末な使われ方をしている。こんなオバカな道路管理を許しているのは「知らないから」。目の当りにすれば怒りがこみ上げて来る?しかもこの道路歩道を歩けば間違いなく撥ねられる?

Img_7433

Img_7434

Img_7437

上に見えるガードレールが国道。その道はとても歩けない。この道は旧道?国道から一気に降りるが昔の人はこの道を往来していたのだろうか?この坂を登ると山口村。その先は丹波篠山に続く道。この上の国道が完成した時にこの道は街道の役目を終える?歩いて見ると本当に懐かしい心が安らぐ道です。

Img_7440
Img_7441

Img_7442

Img_7443

故郷の景色が見えて来る。独身の頃、新婚の頃、子供達が幼かった頃のお盆の帰省の景色が見えて来る。あの頃今の景色は全く見る事は無かったがそれでも淡々としていた。まさかこんな形で1人で彷徨うとは思いもしなかった。

それだけオバカだったのだろう?それでもホントの決着は棺桶に入る迄は分からない?それが人生と言う物だろう?そんな事も何も考えないで無心で歩いていた?有り体に申せばサギを追い掛けていた。(アホ)

Img_7444

Img_7445

Img_7452

Img_7455

最近近くの汚い川で見るサギと違って見事な表情をしていた。これも吉兆の兆し?
夏のこの時期くちばしが黄色のサギを見るのは珍しい?青々と成長している稲穂がその美しさを際立たせていた。この歳になると肉体的衰えは如何ともし難いが、精神的には成長が出来る。そう暗示されていた?(うそをつけ)

Img_7450

Img_7451

Img_7462

栗が撓わ(たわわ)に実っている。小学生?の頃、弟と栗拾いに行って猟銃で撃たれた事がある。栗拾いと言っても人の持ち物の栗を盗んでいた?そこのバアちゃんに見つかり近くの山に逃げ込んだ時、馬鹿息子に猟銃で威嚇射撃された。

当然草むらに隠れていたので当る筈も無い。ところが弾が近くに飛んで来る。身を低くしながら下の様子を窺っていた事を思い出す。あの馬鹿息子。今はもう居ない?人間万事塞翁が馬(意味が違う)当然、栗を盗まれたぐらいで(コラ)猟銃を引っ張り出す単細胞ではロクな人生は送れなかった?(人の事が言えるのかい)おっしゃる通り。 栗を見るとあの幼い日々が走馬灯の様に脳裏を駆け巡る。

Img_7468

Img_7465

Img_7469

この地図は位置関係をよく現わしている。国道176が一番上の道。旧街道が真ん中の道。その道を右から左に降りている。「名塩史」を読むとここには旅籠があり多くの旅人が足を休め、大阪、丹波篠山、福知山、京都の宮津に向かったと言われている。現在の国道176が整備されたのが何時の頃だったのだろう?

その頃は車の通行量も多く無かったから地元の人は驚いたに違いない。その道も今は車の通行量が多くて拡張工事が行われているが、この地域は全く手つかず。その理由はこの地図を見ると良く分かる?一番下の道路が中国自動車道。

更にこの地図には載っていないが一番下(欄外?)に新名神が堂々の工事中。この道が来年度開通。そんな状況で国土交通省が「名塩道路」10、4キロの完成を目指しても工事完成は何時の事やら分からない。

高速道路が完成しても無料の国道が地域の生活道路になっている現実を殆どの人は知らない。新名神高速道路は民営化されたネクスコ西日本が建設しているが、この凄まじい?工事現場はほとんど報道されていない。

関西人は既に完成している新東名の高速道路を知らないしマスコミもほとんど報道しない。こんな高速道路を作っていればとてもじゃないが国道の整備等、国が出来る訳が無い。それでもそんな事は自分の眼で見ないと分からない。

道路公団の民営化の成れの果て。国土交通省の官僚の天下り先になっている。そして膨大な工事が「国土強靭化」「地方創生」の名の元に尤もらしく行われている。それがアベノミクス?もっと賢くならないといけない。親父の無知が笑われていた。

Img_7470

Img_7471

Img_7472

この先、歩道は道路を横断しないと無い。写真では車の往来も無い様に見えるが実際はそうでは無い。車の往来が途絶えるのは一時。親父はこの道を何度も歩いているからガードレールの付いている歩道が確認出来る。この道は国道。誰が管理しているの?そんな事は誰も問題にしない。問題になるのは通行止めになった時?障害が発生しないと関係無いと思っているのだろう?その写真をお見せする。

Img_7475

Img_7476

Img_7477

Img_7478

Img_7479

この先はマジで歩くのは危険。安全な歩道は反対側にしかない。この道を歩く馬鹿は殆ど居ない?警察もその程度の認識だろう?この区間の国道の安全を守る警察は居ない。それでも標識ぐらいは立てなはれ。

この地域の子供達も大人もこの道は絶対に歩かない。その事が当然の常識になっている。そんな道路管理が批判されない?(歩くのが間違い)なら偉そうな事を言うな。交通事故はここでは起こらない?当然です歩く人が居ない。

Img_7480

Img_7481

Img_7482

流石に山間部。気温も27℃。車の流れを見ながら道路を横切る。ここは下りだから車のスピードは速い。一瞬の判断ミスと横断中に転べば車にはね飛ばされる。道を歩く事。車を運転すると言う事はそう言う事。

一瞬の判断ミスが一生をフイにする事を歩く人も車を運転する人も知らない。渋滞で携帯を見ながら運転するオバカ、行き先案内を携帯を見ながら運転するオバカ。何よりもアクセルとブレーキを踏み間違えるオバカ。

車は凶器。車は走る棺桶でもある事を車メーカーもディラーももっと考えなはれ。そうでなければこれから企業の社会的責任が問われる。(今迄問われないのはマスコミの所為?)オバカなCMがいつまで続けられるのだろう?

Img_7483

Img_7484

Img_7485

何処かで見た横断歩道。昔関西のボヤキ漫才で笑いを取っていた言葉。「責任者出て来い」マスコミが尤もらしく語る社会問題。これ位の草刈りも出来ない?最近多くの人が歩かない様になる。それでも道路がどう維持管理されているか?パトロールも出来ないのだろうか?そんな事はありません。きっちりやっています。しかし歩道はこんなもんです?ばかやろーだろう。奈良でも和歌山でもこんな歩道を見た。

Img_7488

Img_7489

Img_7490

Img_7491

Img_7493

Img_7492

ここ迄来ると懐かしいコンビニもバス停も見えて来る。近くに新興住宅地があり多くの小学生がバス通学をしているが、この子供達が中学を卒業するとこの近くは子供達の数が激減する?それ迄後10年。その頃になるとこの道路も拡幅(片側2車線)されているだろうか?それよりもアンタ自身の生活がどうなっている?その事を考えなはれ。

Img_7494

Img_7495

Img_7496

Img_7498

Img_7499

Img_7502

こちらが旧道。街道。右が国道。こちらも歩いた事があるが歩道がない。歩けない事は無いがゆったりとした気分になれるのはこの道。この先は森を抜ける。その先は豊かな棚田と畑がある。その景色を眺めながら歩く贅沢は何者にも替え難い?ただそんな贅沢が出来る道をほとんど知らない。

この道を歩いていると地元の人にも合うがほとんど言葉を交わす事は無い。相手は完全に不審者として見ている。そんな時、カメラは無言の身分証明になる。「この印籠が眼に入らぬか」太々しい態度を剥き出しにしている?ここ迄歩いて来ると流石に疲れる。ただこの先もう少し歩かないと目標達成にはならない。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬鹿かこいつら(コラ)接待費の金額調査 マスコミもいいかげんにしなはれ?

アベノミクスのお陰で景気は上向いているけれどこの先分からない?
オバカなサラリーマンが喚いている。そんな言葉を公共の電波で「接待費の金額調査」?何たるオバカな経済ニュース?こんな事を平然と垂れ流す放送局の感覚。これが現在の経済界の実態?厳しさも真剣さも全く感じられない企業体質?

東芝の企業風土はこの企業だけでは無い事が良く分かる。決算を1000億以上も誤摩化しても問われない企業風土。経済界が腐れ切っている。得意先の担当者を接待して自社の利益を計る。企業としての恥部をテレビの前で堂々と語る。

この間抜けさはテレビのオチャラケ番組より悪い?経済ニュース、政治ニュース、スポーツニュースでも報道の役割は事実を淡々と語れば良い。但し公共の電波である事を忘れてはならない。それ位の事も分からないのだろう?

接待とは商売の恥部?そんな感覚が日本経済新聞社、テレビ東京の番組制作者には無いのだろう?接待は民間の企業同士では法的に全く問題にない?但し許認可を与えるお役人は駄目。それ位の事が分からんのだろうか?大体民間同士でも酒や飲食を提供して親しい関係を作る?その無駄な努力が分からんのだろう?

東芝の決算報告の偽装?この放送局は徹底的な原因究明が出来ているのだろうか?そしてその風土は歴代の社長だけの問題?幹部社員の責任は全く問われない?株式市場でもこんな会社は取引停止だろう?そんな事も出来無くて日本企業の株式の透明性は担保されている?何たるとぼけた認識だろう?

そんな企業風土を正す為に社外取締を多くする?アホだろう。企業統治が出来ない経営者が社外から取締を呼んで来ても不正は無くならない?それ位の事も分からんのだろうか?企業の決算報告書(財務諸表)は公認会計士の認可を得る。

その会計士が企業の不正を見抜けない?そんな会社に社外取締をどんなに多くしても何も変わらない?それ位の事が分からない?それ位の事が許される?そんな企業は信用をなくす。それ位の厳しさを投げ掛けられない経済ニュース。

情けないと思わないのだろうか?思いません?それで放送が成り立っている日本経済新聞社、テレビ東京の見識もそれ位の物?テレビのコメンテーターもそれ位の認識を持ちなはれ?あれ程飛ぶ取りを落とす勢いだった中国経済がおかしくなっている?

その原因は正確な経済情報ではなかった?経済の報道も政治と全く同様になってしまったのだろうか?そんな経済ニュースは何の役にも立たない。見るだけでムカついて来る。あれ程尤もらしく伝えられたTPP交渉がまとまらなかったのもニュージーランドの要求が厳しかった?何をとぼけているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月12日 (水)

携帯の更新 携帯料金の見直し 携帯の使い方

Img_7416

Img_7417

Img_7419

今月は携帯の更新月。親父の携帯もガラケーからスマホになっているが料金は格安の4500円。2年前の契約の時にいろんな特典が着いていたから。見難い?料金内訳明細書を見て見ると3つの無料特典が着いている。乗り換え割引(930円)Wi-Fiスポット(467円)テザリングオプション(500円)月月割(1982円)何と合計3800円?全てが無くなる?携帯ショップの説明はそこ迄は無かった。

Img_7420

Img_7421

Img_7423

携帯ショップの説明は今イチ。お客が何を求めているのか?素早い対応が出来ない。それでも平日の午後でもお客は多かった。携帯は本当に便利になったがその便利さも多種多様。その事がショップ経営者に理解されないのはどうしてだろう?Appleの携帯が売れに売れて笑いが止らない理由が良く分からない。

それ程に日本の携帯メーカーの技術は市場に評価されないのだろうか?国産メーカーの巻き返しは期待出来ないのだろうか?携帯の見直しは今月の21〜来月の20迄。その間じっくりと考えて見よう。 景気は着実に回復している?アホだろう。

消費者は限られた生活費で日々の生活をやりくりしている。自分達が税金を食い物にしているからそれ位の事も分からんのだろう?景気が良くならなければ更なる金融緩和?どんなに日銀がお金をばらまいても消費者の財布が緩まないと景気は良くならない?それ位の事も分からんのだろうか?ならば思い知らせてやるしかない?

それも出来無くなる貧乏人が多くなる?ギリシャの教訓、中国の教訓、そんな事も関係ねー?アメリカの経済がクラッシュ(壊れる。崩れ落ちる。)しないと分からない?リーマンショックも忘れたのかい?バブル経済崩壊から25年。間抜けな政治家と経営者。何時迄も美味しい思いが出来ると思っているのだろう?バカタレが。

Img_7424


| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去は語れるけれど未来は語れない?語れる知識も無い?

福島の原発事故が発生して4年。発生当時は何も心配は無いと言われていたがトンデモナイ。安全神話。原子力が開く未来?それが全てマヤカシだった。あれから4年。福島原子力発電所は廃炉も目処すら立たない。(計画、工程表は出来ている)

事故が起きても安全?こんな言葉が全てウソだったがその責任は誰も取らない。そして国の政策として原子力発電はベースロード電源としてこれからも続ける?そんな事が福島の事故で全て吹き飛んだと思っていたらそうでは無い?鹿児島川内で原発が再稼働。福島事故の教訓を生かして再びの事故は無い?どんな面をしてそんな事が言えるのだろう?日本の南の外れだから関係無い?責任は九州電力に取らせる?

鹿児島県民の覚悟だけでなく日本人の覚悟が問われるが、マスコミの覚悟は完全に失せている?他人事。原発再稼働に反対しても安倍総理は支持する?一番大切な事は出来なくても(議員定数削減)(身を切る改革)憲法解釈で集団的自衛権を認める?原発再開を認める?そんな馬鹿な事は無いと思っていたがそうではない?

もっとこの国の「戦後史」を知らないといけないと思って今日、代々木ゼミの公民科No.1講師の本を買い求めたが現在の判断で首を傾げる?結論が平凡。全くの期待外れ。塾の講師だからこの程度の話でまとめられるのだろうが「多くの国民が憲法改正=九条改正と決めつける」当たり前だろう。

その憲法改正が難しくて憲法解釈で何故変えなければいけ無いのか?そのコメントが無い。更に9条改正は軍国主義になると言うイメージその物が貧困?確かにそうも言えるけど戦争放棄の考え方は既に定着している。

その考え方を変えるにはこんな考え方では駄目だろう?その位の事が分からんのだろう?独立国家として国の守りをどうするべきか?それは反戦平和の考えがどんなに甘っちょろいと言われても国是として貫かなければならない。

その為の自衛隊だろう?この国の軍事力はそれ程の力になっている。それ位の事が語れないのだろうか?本当に歴史を学べ。そしてアメリカの手先になる事だけは止めてもらいたい。中国も韓国も北朝鮮も日本の敵では無い。

北朝鮮や韓国がどんなに喚いても日本と戦う事は出来ない。中国に占領される?南の島が?それも無い。それ位の判断も出来ないのだろう?反対に日本国内のアメリカの基地。こんな国が他にあるのだろうか?

自民党の政調会長の発言を聞いていると女性の地位向上もこの程度と首を傾げる。お詫びは一度済ませたらそれで終り?そんな事が許される訳が無い。戦前の軍国主義の侵略と破壊は何時迄も歴史から拭い去る事は出来ない。それ位の事も分からなかったら政治家を辞めろ。本当に政治に関心が無ければこんな言葉を平然と口にするのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

大阪駅前 地下街工事?無様な姿を晒していた?

Img_7382

Img_7384

Img_7385

大阪駅前東口広場はバスターミナルに変わっている?ところがその工事が一段落したと思ったのも束の間。今度は阪神百貨店と大阪駅前の地下通路の拡張工事。そしてこの無様な歩道橋の取り壊し工事?何時迄掛かるのか?何も表示が無い。(ネットで調べれば分かる?)バカヤロウだろう。

Img_7387

Img_7404

Img_7405

阪神百貨店の建て替え工事が完成するのは1期工事と2期工事に分けられ、その間百貨店は規模を縮小しながら営業を続ける。工事が完成するのは8年後。その時迄生きているか分からないが大阪駅前はその時は景色が一変する。ただその恩恵に預かれる人は限られている。しばらくは本当に不便です。流石に外人観光客の姿も見られない?国内の観光客も大阪駅前は外した方が良い?

Img_7391

Img_7393

Img_7389

親父達が大阪駅前に立ったのは半世紀前。その頃と何がどう変ったのだろう?あの頃は市電が走り右の建物は無かった。こんな無様な歩道橋を造ったのは横断歩道を無くす為?仙台駅前の立派な歩道橋を見たのは30年前?大阪駅前の無様な都市計画?こんなスクラップ&ビルドを何時迄繰り返すのだろう?本当に恥さらしだとは思わないのだろうか?

Img_7394

Img_7397

Img_7398

Img_7395_2

しばらくはこんな無様な工事が続く。外人観光客に大阪が人気が無いのが良く分かる。高いお金を出してこんな現場は見たく無い。東京駅も丸の内側が綺麗になったが駅前の道路工事は済んだのだろうか?日本が大阪が観光宣言?工事だらけじゃねえか?

Img_7399

Img_7400

Img_7403

陸橋の上でぼやいていると足元が揺れる?地震かい?そうでは無かった。松下幸之助氏から寄付された頑丈な歩道橋が揺れていた?それも違う。親父の足元がぐらついていた。「ヤバイ」いくら暑いからと言ってこんな所でふらつく訳には行かない。急いで地上に降りる。正面の工事現場は阪神百貨店と隣の新阪急ビル。このビルは既に解体されていた。阪神百貨店改築の1期工事は着々と進行していた。

Img_7406

Img_7407

Img_7411

親父が大阪に来る数年前に完成していたビルは完全に取壊されていた。この場所に阪神百貨店とその上にオフィスビルが完成する。(阪神百貨店改築一期工事)その後、現在の百貨店が取壊され地下通路は広くなり新阪神百貨店が8年後にオープンする?

その時に貴方の人生はどうなっている?今と変わりはない?それは無理だろう?その時迄に間違いなく東南海地震は来る?地震が来ればこの地下街も津波で水没する?そんな姿は見たく無い。東京オリンピックが5年後。東京も他人事では無い?

現在尤もらしく未来を口にしても厳しい現実は何も変わらない。それ位の覚悟がどれ位あるのだろうか?福島の原発事故から4年。あの事故から何を学び何を教訓に出来たのだろう?安全に絶対は無い。それ位の事も分からんのだろう?人間はもっと歴史を学ばないといけない?

Img_7413

Img_7414

Img_7415

今日は梅田に出て紀伊国屋書店で本を手にして大阪駅前をぶらり。歩道橋の上で足元がふらつき苦笑しながら地上に降りて歩いて帰りました。阪急百貨店の上に完成したオフィス棟。この最上階のレストランで食事をしながら大阪駅前を見下ろす。親父の夢は何時適うのだろう?

早く実現しないと夢幻に終わるかも?それはそれで良いのかも知れない?高所恐怖症だから。この高いビルでどれだけの人がどれだけの仕事をしているのだろう?関西経済の地盤沈下が叫ばれても関係無い?そうはいかない事を何時思い知るのだろう?大阪駅前のビッグプロジェクトはまだまだ出番を待っている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消費が盛りあがら無い最大の理由?買いたい物が無い?嘘をつけ。

4年前のあの衝撃的な福島の原発事故。誰もが信じられなかったあの天災。そしてその時、正確な情報が流されなかった、摑めなかった政府は国民の信頼を失い現在はその存在理由すら無くしている。その教訓を学ばずに現在の政権はこれ迄行って来た「情報操作」を平然と行い支持を不動にしてきた。

その圧倒的な支持の大元は「難しい事は分からない」「難しい事はお上に任せておけば良い」「関心が無い」それでも生きて行ける。どんなに時代が変わり情報化社会と言われてその恩恵を手にしても、そんな情報は大したもんでは無い。それ位の事も分からない。

今、手にしている多くの情報は「どうでも良い情報」。その証拠は公共機関を利用すれば良く分かる。電車やバスに乗らなくても日常眼にするテレビ、街の風景、親父が先日出掛けた「市民病院」でも。?

テレビの娯楽化は最近の事では無いが、今のテレビが日々の生活に全く役に立たない事を多くの人は知らない。時間の無駄。生活の質が低い人ほどテレビを見る時間が長い?これ程のくだらない番組が垂れ流されてもテレビの音と映像を耳にしないと落ち着いて生活が出来ない?

これも嘘です。テレビ放送に文句があれば見ない。これは自分の貴重な時間を有効に使えるもっとも効果的な方法?最初はこんな簡単な事も出来ない。そんな人は音声を消して見る。(そんな事をするとドラマは見れない?)確かに。

刑事ドラマ。韓国ドラマ。再放送のドラマ。好きな人にはそんな事は出来ない。親父はドラマは見る気もないし韓国ドラマは最低だと思っている。この事実も多くの人は知らないが韓国ドラマは最初はフジテレビの専売特許だった。

それが今では何処の放送局でも垂れ流している?何故?放送コストが安い。お金を掛けて真剣に社会の問題点を切り取る必要が無い。次に放送局の幹部が考えている事は視聴率。多くの桜を集めて歓声を上げさせる。

オバカなトーク番組でオバカな内容の話をしても関心を集める。公共放送?オチャラケの民放以下のモノマネを平然とパクっている。放送内容の向上?そんな物はどうでも良い?そのくせ問題が表面化すると幹部が頭を下げる。その程度の物です。

大体、高校野球のテレビ放送を公共放送と民放が同時に放送する。こんな電力の使い方が批判されない。エアコンはガンガン掛けながら高校野球を垂れ流しながら「原発の再稼働」のニュースを放送する。こんな国にどんな未来があるのだろう?

「見方が暗い」よく言われました。先日、立派な市民病院に入院の見舞いに行って今の考えが間違いでない事が良く分かりました。世の中の常識が非常識。立派な病院で病気を治す事は大切ですがそのコストは誰が払っているの?

税金で補助しなければ成り立たない政策は常に見直しを計る。それがいつの間にかお役人、医師、政治家、経済界、知識人に出来無くなっている。そんな間違いを正して行く。そんな大切な事がマスコミには全く期待出来なくなっている。

この国の財政破綻がどんなに問われてもそんな事は全く問題ないとどうして言えるのだろう?それは豊かな生活が当然と考えているから?ところが今日、そんな生活が出来ない人がどれ位居ると思っているのだろう?

親父も例外では無い。部屋干しをしている下着も白さと香りが失せて久しい。人の事はどうでも良い。自分の生活を豊かにする為に生きて行かないといけない?ズボンも久しく買っていないし、仕事をしていた時にはきちんとクリーニングに出していたシャツも今はシワクチャ。それでも親父はこぎれいな身なりをしている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

お出掛けが遅くなる。目的地変更。骨折り損のくたびれ儲け?

Img_7319

Img_7320

Img_7323

Img_7322

Img_7324

昨日巨人の3連敗を見せつけられてムカムカしながら近くの堤防を歩く。夕方歩く事は殆ど無いけれど気分転換にはもってこい?ここはこの上の堰を低くする迄はこんな景色では無かった。今年の春、それ迄の立派な堰を取壊し低くしたのが先月の増水で埋まってしまう。ウソでしょう?本当です。

立派な堰を何度もお見せしたが間抜けな河川管理?巨人の3連敗とは比べ物にならない。夕涼みをしていると不快な思いがめくられて行く?この先、明るい河川敷を歩いて近くで寒い夏祭りを見る。盆踊りの弾ける息吹きが感じられない?その原因は主催者が若く無かったから?それはないでしょう?

Img_7325

Img_7328

Img_7329

バッタも暑さで固まっている?そうでは無くて蟻と格闘をしている?一見バッタが制圧している様に見えるが一匹の蟻を振り払う事が出来ない?権力者を見る様だった。どんなに権力を振回して薄ら笑いを浮かべても「裸の王様」。先の政権をどんなにあざ笑っても自分達が何時迄も支持される保証はない。それ位の事も分からんのかい?

この問い掛けは何も権力者だけでは無い。「憲法学者の言う事を聞いていたら自衛隊を合憲にする事は出来なかった」「自衛隊があったから戦争に巻き込まれる事は無かった」「安保条約反対の最も大きかった理由(戦争に巻き込まれる)は取り越し苦労だった」そんな考えが支持される。この国はその程度の国なのだろうか?

Img_7333

Img_7336

Img_7346

Img_7348

何度も首を傾げた近くの川の多くの堰。全ては農業用水の為?それにしても堰が多過ぎる?どう考えてもこれだけの堰は要らない。これはこの川の洪水対策の歴史を見れば良く分かる。この川がこれだけの広い川幅でスーパー堤防を築いたのはこの川が何度も信じられない水位を記録したから。その事は誰も否定出来ない。

ところがこれだけのお粗末な堰の改修が出来ない理由は全くふだけている。農業用水の水利権は確保しなければならない。当然の事です。但しその事と堰の改修が全く関係無い。河川管理者は川底を掘り下げて水位を下げる。河川内の堆積土砂は速やかに取り除く。堰が高過ぎて水の流れが悪くなれば堰は低くする。その工事が今年の春、この上の堰で多くの工事予算を使って見事に完成した。

ところがその数百メートル下の堰がこの様。結局低くした堰は土砂に埋まり完成時の面影は無い。その時の写真をもう一度見せる。この堰が今は土砂に埋まっている。その原因がこの堰。これは河川管理者は認めない。どうして?自分達のミスを明確のされたく無い?

今年は天気が不順と言われているがそんな事は無い。昨年は1時間に100㎜のたたきつける雨が降ったが、今年はそんな心配は要らない?馬鹿だろう?今年同じ事が繰り返されれば河川管理者は首にしないといけない?

ところが国の行政の仕組みはその責任は問われる事は無い。そんな事を考えていると折角クールダウンした心地好い気持が一気に加熱する。この川は猪名川。親父がいま歩いている名塩の川は武庫川に合流する。そのいずれの川もこの近くでは泳げない。近くの堰の近くは人工の水路と浅くなった本流で泳ぐ子供も居るが水質は最悪。その原因も多くの堰。水を塞き止めると川は汚れる。それ位の事も分からんのだろう?

Img_9562

Img_9561

Img_2050

これが完成当時の堰。堰の下にはこれだけの落差ががあったがこれが全く無くなる。その原因は先月の増水でこの堰の中央に河川内の大きな木が流され引っ掛かったから?其れも一因かもしれないがこの堰は殆どが土砂で埋まる。この形にするにはこの堰に溜まった堆積土砂だけでなく下流の堆積土砂だけでなく堰もやり直さなければならない。その工事費は来年度の予算でなければ捻出は出来ない?

Img_7338_2

Img_7340

Img_7341

Img_7362

Img_7367

Img_7369

そして昨日。目的地は名塩だった。ただ出掛けるのが遅かった。遅くなった理由はグズグズして居ただけ。余りに暑い日差しの中を歩く気力が何故か失せていた?なんだかんだ言いながら肝心の処で手を抜いている。それが持ち前の「要領の良さ」?だからこの暑さでもケロリとしているのだろう?

Img_7372

Img_7373

Img_7374

阪急電車終点は宝塚。名塩はここでJRに乗り換えるが電車の中で気分が替わる。名塩で最初でお世話になったKさん。先月名塩道路の開通式を見ずに宝塚病院に入院している。「見舞いに行こう」そうは思ったが携帯に電話しても出ない。

Img_7375

Img_7376

Img_7377

仕方が無いので直接病院に出掛ける。ところが同じ名前の病院が2つある。最初に訪ねた病院には入院していなかった。病院の見舞いは相手の都合もあるので直接出向くのも良く無い?でもそんな思いは全く感じていなかった?それが間違い。合っては貰えなかった。気持の押し売りはいけない?でも内心「もう行かない」そう思っていた。入院して薬で最後の治療?と言っても体力勝負に変わりはない?

Img_7378

Img_7380

Img_7381

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も猛暑日?大阪の暑さはもう少し続く?暑さに負けない体力?

Img_7261

Img_7262

Img_7263

Img_7264

昨日歩いた名塩の「国道176」これが国道?多くの車がひっきりなしに通っていた道は先月末の「名塩道路」の開通で様変わりしている。ただ開通した区間は正式な「名塩道路」ではない。全く知らなかったこの現実。山間と谷間の静かな集落のど真ん中を通っていたこの道の厳しい現実はようやく昔の面影を取り戻していた?

Img_7265

Img_7267

Img_7268

ひっきりなしに通っていた車の面影が消えている。それでも歩道は狭く正面から来る車には気をつけないといけない。これからこの歩道が整備される事は無い?全国の田舎の街で見られるお粗末な道路行政。この街に交通安全の取り組みは全く無い?

駐在さんもこの街には居ない?時々パトカーが通り抜けるが警察と地域ぐるみの交通安全は春と夏の「交通安全週間」しか行われない?駅前で一旦停止の取締が行われていたが警察は違反を取り締まるのが仕事になっている。

もっと地道な取り組みは出来ないのだろうか?それは実際に国道を歩いてみれば良く分かる。そんな警察の取り組みを批判する人は居ない?我が街でも違法駐車が横行し警察官の交通安全の指導は全く無い。珠に交差点に立っているお巡りに声を掛けると不審者扱いをされる?何時から警察はこんな「交通安全」の取り組みを始めたのだろう?

Img_7270

Img_7271

Img_7272

国道176沿いの民家。人の気配は感じられないが長い間多くの車の震動と排気ガスですっかりくたびれている。こんな建物も見向きもされない。それでもこれからは違う?これからはこの真ん前の道も地元の車しか通らない。この道を街道の道にして多くの人がリラックスした思いで未来を語る。

そんな賑わいを取り戻す事は出来ないのだろうか?そんな事を考えていた。(無理だな)もっと面白い事を考えろ?それではもっと切実な健康相談(体と心)悩み相談、出合い相談、やりますか?それも無理?それでは江戸時代の終り、若者達が勉学の道に勤(いそ)しんだ「蘭学」未来塾を開きますか?(いい加減にしなはれ)イエイエ最初で最後の真剣勝負です。

Img_7277

Img_7281

Img_7282

これから求められる事。それは子供や孫達に次の時代を支えて貰う事。年寄りの生き甲斐を支えるのは何も経済的な負担や介護制度の充実ではない。現在の年寄りの嘆きや哀しみが尤もらしく伝えられるけれど確かにそれも厳しい現実。でもそれ以上にニュースにならない人達が元気で幸せに生きている。その事を知らなければいけない。

そしてその人達もこれから間違いなく歳を重ねる。この国の多くの宗教家は多くの事を教えているが今でも多くの人が悩み苦しんでいる。そんな人に手を差し伸べる多くのボランテイアも最後の最後迄は面倒は見れない。一番大切な事は自立支援。今でも多くの人がその献身的な活動をしている。しかし無償の支えにも哀しい終りがある。その時、心の底から喜びの気持が湧き上がる?そんな行動を起こさないといけない?

Img_7283

Img_7284

Img_7287

小学校では素晴らしい校長先生に出合う事が出来たが、名塩和紙学習館ではゆっくりと名塩和紙の歴史を聞く事は出来なかった。親父の全く知らなかった名塩和紙の歴史。その栄枯盛衰はこの国の地方の歴史を知る上でも大きな出来事だが、その事を知るには「名塩史」(郷土史)を読むしか無かった?

それでも一度ぐらい読んだだけでは何も分からない。紙漉(かみすき)の歴史は興味を持てばこの国の歴史を知る事が出来る?和紙の需要は激変してもこの国の伝統産業を語る上では欠かせない?人間国宝谷野武信さんの紙漉の実演はその事を教えてくれる。

Img_7292

Img_7293

Img_7294

ここは「蘭学通り」もう少し歩くと歩き始めた所に戻る。ゆっくり歩いて約1時間。駅からは1時間半。休憩しながら歩いても2時間のお手軽な散歩コース。しかし日差しはきついので心臓はパクパクしていた。「暑い日は歩くのを止めなさい」と言われても田舎で夏になると近くの川で1日中遊んだ頃が思い出される。

涼しい所で体を休めていると本当に歩く事は出来無くなる。10年前は暑い日差しの中でスーパーの車の誘導係をしていた。あの時の事を自慢しても何時迄も若くは無い。後10年もしたら間違いなく今の体力は無くなる。それ迄に仙人の体力を身に着けなければならない?(無理だな)

それはこれからの生き方が決める?(それも違う?)人間の寿命は生まれた時から決まっている?太極拳の真似事をしながら今日もこれから名塩です?(死ぬなよ)アホ。血圧の薬は飲んだが意識が朦朧(もうろう)としている?

オイオイ。大丈夫。まだまだくたばりはしない。これからソーセージと卵焼きのスタミナ食を食ってお出掛けです。大阪の暑さは京都に比べるとまだマシ。京都の暑さは冬の冷え込みよりきつい?京都人の夏の過ごし方を考えるとこれ位の暑さに弱音は吐けない?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

暑さも明日が山?先日の続きを歩く。息苦しい。(アホ)

Img_7165

Img_7166

Img_7167

西宮名塩駅上?(駅は下)この下は谷。名塩川が流れているが駅はその上にありトンネルとトンネルの間。その上はこの有様。自然豊かと言えば聞こえは良いが足を踏み入れる道も無い?行政はこれで良しとしている?もっと綺麗な街づくりは出来ないのだろうか?ここだけでは無い。近くの道の雑草ぐらい刈り取る事も出来ていない。

Img_7303

Img_7307

Img_7309

Img_7305

近くに西宮市塩瀬の支所はあるが住民サービスしか出来ていない?それで充分?この近くに住宅が無い?人が住んでいない?第一、歩く人が居ない?それでもこの地域には敬老会も町内会も中学校もあるだろう?奉仕作業の出来ないのだろうか?

(出来ません)オバカな政治家に見せつけたい。これがアナタ達が尤もらしく口にする地方創生?地方がどう変れば地域は活性化されたのかと言えるのだろう?道が出来た?「名塩道路」1、4キロは完成してもこれ位の草取りも出来ていない。

そんな事を問い掛けるのがおかしいのだろうか?そうかもしれない。親父はこの街の住民では無いから関係無いとも言える。地方の山村が賑わう事が無くても何も関係無い。それでも自分達の住んで居る駅前の道が草と蔦(つた)で荒れ果てるのは止めなければならない?(アホやのう)アホがもっと多くなる。巨人3連敗?何たる無様。

Img_7171

Img_7169

Img_7172

綺麗な道もあるけれどこの階段を上がる人は殆ど居ない?それでも草ぐらいは刈りましょう?今は階段でも刃を傷つけないロープの草刈り機がある。そんな事もこの階段を管理する人は知らない?(そもそもこの階段は出来たが維持管理は必要ない?)その程度のとぼけた事しか言えない?

Img_7174

Img_7175

Img_7177

Img_7180

「名塩道路」が開通して集落を通り抜ける多くの車が無くなる。今日は先日歩いたこのトンネルの先から立派な測道を歩く。この測道は名塩道路の西の出口迄出来たのかと思えたがそうでは無かった。何の為にこんな2車線の道が造られたのか不思議だったがその道を歩く。全くの税金の無駄?公共工事の間抜けさ?その事を思い知らされる?

Img_7184

Img_7188

Img_7290

「蘭学通り」と言われても殆ど人影がない。江戸時代の終りに「オランダ語」を学んだ先生と弟子達。緒方洪庵先生の奥さんがこの村の出身だった。八重夫人は内助の高だけでなく弟子達の面倒を良く見たと言われている。「関塾」の秀才と言われた伊藤慎蔵の奥さんも名塩の人。

最初の奥さんを病気でなくし2番目の奥さんも体調は良く無かった。その奥さんの病気回復の為伊藤もこの村に移り住み近隣の子供達に蘭学を教える。この通りの西の出口に八重夫人の胸像がある。しかしこの通りも忘れ去られている。当時の教室は今はJA西宮名塩支店の建物に変わっている。(名塩蘭学塾ネット引用)

Img_7289_2

Img_7189

Img_7190

ここは蘭学通りの上の道。この左に開通した「名塩道路」がある。この道もこの集落の生活道路。この先にトンネルから出て来た歩道が測道に沿って在る。この道も初めて歩いた時は田舎の道を歩いている様だった。しかしその感激も今は無い。それは次の景色を見ると分かる。

Img_7191

Img_7192

Img_7194

Img_7201

名塩道路の測道?が立派になっている。以前はどんな道だったのか知らないが新しく道を作る為についでに?地域の生活道路を整備する?そんな地域の思惑が見て取れる?信じられない事にこの立派な道もこの突き当たりを登った所で行き止まり?

何の為にこんな道を整備したの?それは関係者でないと分からない。この道が全く使えない道でも地域の生活道路として必要だったのだろう?道路整備の典型的な無駄な工事?そんな検証は誰もしないのだろう。

Img_7205

Img_7208

Img_7209

Img_7213

Img_7216

何かおかしい標識がある。直進は出来ない。道が無い。(道は歩けど軽も通り抜け出来ない)結局この立派な測道は正面上のサービスエリアの従業員駐車場用?左に行くと中国自動車道の狭いトンネルがあるが殆ど利用はされない?狭い坂になっている。

この測道は何の為に造られたのか聞いている。相手は公表出来ない。答えはサービスエリア利用の為?普通高速道路のサービスエリアは高速道路利用者しか利用出来ない筈だが?流石に車の出入りは出来ない?車止めがある。但しエリアの外に駐車場がある。何ともふだけた話。関係者以外は立ち入り禁止?そんな看板も無かった。

Img_7218

Img_7219

Img_7221

「この先通り抜け出来ません」この間抜けな看板。誰が誰に表示しているのだろう?この集落の人なら分かるが、この先は車は通れない事をもっと確実に何で表示しないのだろう?先月末完成した道路の通行量は多かった。(写真は車の流れが少ない所を撮っている。)

Img_7223

Img_7228

Img_7229

この先は軽でも通れなくなる。田舎の路地裏?歩くのは全く問題は無い。それでも集落の人と眼が合うと軽く頭を下げる。狭い道を歩かせて頂いてありがとうございます。それでも無視する人も居るがそれはこちらも無視です。歩く人は全く居ない。夏休みでなければ近くの小学生には合う事が出来る。

Img_7230

Img_7233

Img_7234

暑い日差しの中を好奇心だけで歩いていると少し息苦しい。水分補給は怠っていないので熱中症の心配は無いが、血圧の薬は飲んで血管の血液の流れをよくしないといけない。こんな暑い日差しの中を歩くのはアホと言われても、一息吐きながら歩けばどうと言う事も無い。

それでも明日から(今日から)掛り付けの医者から処方されている血圧の薬を飲まないといけない?最近体調は良くなっているがさすがの親父もこの暑さには用心が必要かも?自分の体調を自分でコントロール出来ないと能書きは垂れる事は出来ない。

Img_7235

Img_7236

Img_7237

公民館の敷地の日陰に入り綺麗に刈られた草刈りの後を見ていた。親父の田舎でもこんなに狭い水田は無いがその畦(あぜ)と入り口の草が綺麗に刈られていた。この左は短いS字の坂道。名塩道路が出来る前は大型車両の通行が多くとても歩けなかった。その道を挙も歩いて帰る。

前歩いた時、名塩道路は完成していたので道は閑散としていたが歩道の整備は全くされていない。この道も国道176。道路管理者はそれでも全く問題にもしていない。この草刈りの後と比べて何ともお粗末。後でお見せする。それでも道路管理者は素知らぬ顔をしてとぼけるのだろう?そんな道を歩く人は居ない。

Img_7238

Img_7239

Img_7241

名塩道路の西。これ迄はこの道が左に延びていたが、先月末の開通でこの先坂を下りループ橋を登って信号で十路ロで合流する。その側壁の工事が終わっていない。現在の開通は仮?とても先月末の開通は難しいと思ったのも間違いではなかった。

Img_7242

Img_7245

Img_7246

それでも以前の大型車とひっきりなしに通っていた車は全く通らなくなる。これが全国何処でも見られる田舎の道です。これからこの地域を活性化する知恵を出さなければいけない?誰が?地域の人です。しかしこの集落は戸数が少なくなっている。どの程度だろう?数百?過疎は加速する。年寄りが多いとそんな事もどうでも良い?

全国共通の問題はそのリーダーが居ない事?地方創生の1丁目1番地はそこだろう?政府の言う「地方創生」言葉だけが踊っている?担当大臣は何処を見てどんな取り組みをしているのだろう?そんな気配も熱気も全くここには無い。

それが全国共通の認識だろう?地方の組織にその事を聞いてもほとんどお話にならない。どれだけ自分達で旗が振れるかが肝(きも)。肝入りドンの取り組みを観客席も白けている?そして過疎は豊かになる。人が少なくなり残った人は車があれば何も困らない。何とも皮肉な話です。人が少なくなると不便になる?不便になっても道がある?

Img_7249

Img_7254

Img_7256

これがこれ迄の国道。これからは歩道を整備して人が歩ける様にしなければいけない?ところがそうはならない?これ位の草を刈り路肩の歩道を整備するのにどれだけの金が掛かるのだろう?それがこれから求められる国道の整備。それでも交通量が多くてこれ迄は歩けなかった。これからは気持ち良く歩いてもらう?

そんな事は道路管理者も地域の人も全く考えていない。それが地方の実態。国土交通省の公明党の大臣はそんな事は全く知らない。公明党ってその程度の政党?政治もこれから変わら無いと地方は惨憺たる姿に変わる?

人の住まない地域が拡大する?こんな道を歩けるのは親父ぐらいに違いない。年寄りが歩けなくなったらお終いです。信じられない事にこの地域の子供達は多くがバス通学。その理由は道を歩けないから?そんな馬鹿な事は無いだろう?それが本当です。多くの子供達が数キロ離れているニュータウンから通学している。

Img_7258

Img_7259

Img_7260

Img_7257

この違いを見比べて下さい。こんな坂道を歩かなくても古い道はある。ガードレールを乗り越える草をアップしたのは何も殊更に歩道のひどさを誇張した訳でもない。(誇張している)確かに。ただ草は刈ればこれだけ綺麗になる。

坂道の路肩の砂利は足を取られる。危ない道を歩かないで下さい。よく言われた言葉。ただこれからはそんな道路管理は許されない?マスコミのお粗末な事故の報道の背景には原因がある事を見定めなければいけない。

それが出来ないと「危険予知」は出来ない。平気な顔をしてジジババが信号無視をするのを見て馬鹿にしている。こいつらは危険予知の法則を知らない。いずれ重大事故に合う。それがアインリッヒの法則。(知らない)ネット検索しなはれ。損にはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

思い出のメロディー?何時迄こんなオバカが続きまんの?

公共放送の思い出のメロディー?久し振りに見る歌手。人の事は言えないが「歳とりましたなー」最近、若者達に声を掛けても反応が無い。その原因も分かる。今日、2ヶ月に一回の「眼科検診」に行っていつも親しげに会話をしている医者に無視される。親父の毒舌にうんざりしていた?

このブログでもそうだが心地好い思いで見てくれる人が少なくなった?でもその事も全く気にしていない。有料サイトならなそれではいかんがこのブログは見るのはタダ。不愉快になる話はするなと言われても全く余計なお世話。ボケ防止に始めたこのブログももうすぐ8年?(調べてみよう)

「アホや」「アホや」と言っていた息子から買って貰った「シャープのパソコン」パソコン教室で一回6000円の個人レッスンを23回受けてどうにかキーボードが左右の2本指で叩ける様になって無料のブログを開いてもらってから8年の歳月が流れている。最初はたどたどしい指使いで入力していたがそれは今でも変わら無い。

何度か息子から両手10本の指を使ってキー入力をしなはれと言われたがその必要に迫られていない。ただ自慢出来るのは写真の画像入力を見よう見まねで出来る様になった事。写真が綺麗と褒められるが本人はまだ満足していない。ただ写真はウソをつかない。

一眼レフのカメラで撮った写真は一眼レフの迫力があり、携帯のそれには便利さと輝きがある。欲しかったカメラを息子にプレゼントされて本当に嬉しかった。そのカメラを首に提げて多くの写真を撮り続けて来たが、そんな生き方を死ぬ迄続けるに違いない。その時、今より人の心に打つ写真と文章が書けたら何よりの歓びに違いない。

今日は休足日。さすがの親父も今日はおとなしくしていました。最近は殆ど名塩に通っているが新しい道路が出来て集落は本当に静かになりました。年寄りがひっそりと歳を重ねている?そんな言い方をすると又怒られる?しかしこれが地方の現実。

地方ばかりでは無い。東京でも高齢者の3姉妹がこの暑さで息を引き取る。何と哀れな事だろう?この国の福祉制度のお金が掛かると言うけれど、その恩恵にも預かれなくて地域からも見捨てられて行く。そんな哀しい現実も殆ど伝えられないお馬鹿なマスコミ。「思い出のメロディー」半世紀前と大きく様変わりしている現実をどんなツラをして見ているのだろう?そんな老後を誰が期待したのだろう?

嘆く事は無い。悔やむ事も無い。幸いにして今日の眼科の検診でも「特に異常なし」眼も間違いなく老化をしているが自分の心掛けで失明を防ぐ事は出来る。今は眼だけでなく体の不調を感じれば医者は適切?な処置をしてくれるが一番大事な事。それは自己管理。突然の診断で余命を断定されても「淡々」と生きる事が出来る。そんな生き方をしないといけない?出来るのだろうか?それが問題です。

歯のお手入れも優しい先生?に巡り会えて歯茎からの出血は無くなりました。歯も命。だんご鼻の00と言われた若き日は遠い過去の出来事になっても、自分の体の衰えを歩いて歩いてカバーするしかない。その事を教えられているのだろう?

今年もお墓参りが出来ないがもうすぐお盆です。1人で生きて行く寂しさは無くなりましたが結婚したのが29歳。しかし18歳迄は親元で過ごしていたのでそれ以上の長さを生きて来ました。後4年も続けると2倍の長さとなります。

それ迄にはこの生き方を変えないといけない?それも無理に違いない。波瀾万丈。他人事と思っていた生き方を何時迄続けられるのだろう?ああ無情?近くで夏祭り。今月末には花火大会?夏は縁側で線香花火を見ながら夕涼み?そんな夏は蝉の鳴き声と共に耳の遠くで聞こえる様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浴衣着て盆踊り?東京小唄。ああフランク慕情。

Img_7152

Img_7156

Img_7158

麻布、赤坂、灯消えて 君は東に僕は西
今夜つかんだ幸せを胸に抱いてさようなら
1人で1人で歌おうじゃないか。あー東京小唄。

こーたん。喋れる様になりましたか?
浴衣を着てうちわを腰に差して花火を見に行きましょう?
隅田川の花火は済んだのかな?宝塚はもうすぐです。

暑い日が続いているが泣き虫にならないで風邪を引くなよ。
爺は真っ黒になって暑さを吹き飛ばしています。
フランク永井の「新東京小唄」をリピートで聞いています。

Img_7159

Img_7160

Img_7161

ドコモで携帯お引っ越し検討中。ソフトバンクもスマホの機能が全くお呼び無し。学習機能がこの歳になると失せている?それも正確では無い。好奇心は旺盛。それも自分の興味のある事だけ。携帯は電話とメールとパソコンのインターネットが無線で使えれば良い。

親父は同世代より情報機器を使いこなしていると自負しているが、それも間違いかも知れない。親父のブログを良く見てくれている関係者にお願いしたい。これからの年寄りは宝の山です。何時迄も殿様商売しか出来ないアメリカのメーカーもお呼びではありません。(と言いながらこのパソコンもApple。

唯、年寄りは学習しないので使いこなせない?必要最小限の漢字変換も出来ない。(それはあなたが誤った使い方をしていると言われても正しい使い方を学習する気持も無い)本当に我が儘です。

こんな我が儘に答えられる商売は出来ないのだろうか?そんなジジババの対応をジャパネットタカダなら答えて呉れる?国産パソコンメーカーは何でAppleに対抗するのだろう?(余計なお世話です)東芝のパソコン商売はそれ位の事も分からんのだろうか?

どんなに立派な社員でも経営者が決算を「水増し」したらアウトだろう?それ位の事も分からのかい?(お前に言われなくても分かっている)。なら出直しだな。それ位の事も出来ない証券取引委員会?日本の経営の信頼度は低い事を経営者はどう考えているのだろう?それでも日本経済の透明度は高い?自画自賛しか出来ないのかい

「関係無いだろう?」確かに。関係ありません。親父は現役引退。年金生活者。それでもこれから叫び続けるに違いない。この国を代表する電機メーカーがこの体たらく。株券が紙くず同様の事が平然と行われてもトップが交代するだけ?そんな事が許される。それでは社会的責任は果たせない。そんな事をマスコミも言えない。何たる恥知らずな責任の取り方だろう?人の噂も85日。この言葉も死語になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 7日 (金)

携帯のドコモ。市役所の地域活性化。野暮用で名塩には行けず。

Img_7087

Img_7088

Img_7089

久々に見る夏の雲。残念ながらせり上がる勢いは無い。今年も全国各地で猛暑日がニュースになっているが親父が見た子供の頃の夏の沸き立つ雲では無い。今年の夏もこれで終り?そうはイカのキンタマ。(イカにはキンタマが無い)コレ。品格が問われる。暑いけれど足の裏が引きつるけれどまだまだ元気だね。

Img_7093

Img_7095

Img_7096

俺の縄張りに足を踏み入れるな?サギに言われている?全く気にしていない。この少し下流に先日の大水で埋もれた堰が在る。今年の3月に今迄の堰を突き崩して立派な低い堰を造ったが、皮肉にもその堰が土砂で埋まる。

その堰を完成当時の姿に戻すには下流の堆積土砂を掘り下げるだけでは済まない。ではどうすれば良いの?それは見物(みもの)です。親父の感覚では次の大雨で濁流が流れ下る迄放置される感じがする?

この500メートル足らずの所にある古い堰を低くしなければならない?もっと賢い河川管理は出来ないのだろうか?(お前が言うな)親父ゴトキに言われなくても分かっている?それでは責任を取ってもらいましょう。(これは犯罪です)?

Img_7097

Img_7098

Img_7099

堰は完全に水没。これ以上水量は少なくならない。(この500メートル上流にある可動堰の高さは一番上?この水量は殆ど堰の横から流れている。その堰を下げて水量を多くしても堰を埋めた堆積土砂は流す事は出来ない?次の大雨の後が見物(みもの)です?(お前が言うな)

Img_7102

Img_7105_2
 
Img_7108

自然の猛威。川の流れは1度(たび)の大雨でこれ程に変る。これだけ堰の下が浅くなる事を誰が予知したしただろう?その原因は何処に在ったのだろう?それは聞いてみないと分からない?

河川管理者は「想定外」と言うだろうが、今年の春の堰の改良工事が引き金になった事は間違いない。もっと水量が多かったらこんな結果にはならなかった?その替り対岸の公園は跡形も無く流されたに違いない。

Img_7107

Img_7109

Img_7110

河川敷の草が刈られて歩くのが気持ち良い。今は草刈りも大型機械で行われ刈り取られた草も大型機械で片付けられる。アスファルトの上を歩いているとカクカクする足も草の上は心地好い。おにぎりを食いながら風に吹かれていた。

Img_7111

Img_7113

Img_7115

親父が市役所に文句を言った花壇が見えて来る。こちらは寄付されたもの。寄付されて管理を任された行政が丸投げをしている?親父に怒られて行政に怒られた当事者はクワを入れている。今日見ると種が撒かれて黒のビニールが被せられていた。(ただ一部)

Img_7119

Img_7120

Img_7121

Img_7122

ここは市の公園課の直轄?それがこの様?一度ならず二度注意しているので厳重注意?(余計な事は止めなさい)ただこの仕事の仕方はお粗末。折角の公園の管理がこんな有り様でも許されると思っているのだろう?それだけは駄目だろう?

Img_7123

Img_7124

Img_7125

暑い日差しの中。今日は花壇の草抜きはしない。これからもやるつもりは無い。夏空を切り取りながら、草ぼうぼうの花壇の事は何も考えていなかった。この先サッカーのグラウンドを横切りながら恒例のジャズフェスティバルの会場設定を見ていた。

Img_7135

Img_7134

Img_7137

この先天気は一変する。この先の球技のグラウンドのベンチでストレッチをしていた青年に声を掛ける。ヤンキーの様な青年だったが人は見かけに寄らない?親父の偉そうな言葉?に耳を傾ける。これ迄もこれからも次世代を支えるのは彼等です。

オバカな政治家にはそれ位の事も分からない?政治家だけでは無い。この時期にならないとなんで核軍縮の事が語れないのだろう?非核三原則。そんな物も知らないだろう?核軍縮を叫べば世界の平和は実現する?そんな間抜けさでも市長は務まる?

Img_7141

Img_7143

Img_7148
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

暑い日が続く。電気代中小企業圧迫。それでも円安で株価は上がる?その原因何故分析しないのか?

Img_7024

Img_7025

Img_7029

出かける前にたたきつける雨。でも長くは続かなかった。百日紅の花は西宮名塩。3枚目の写真は完成した「名塩トンネル」こちらは宝塚側出口。この写真では分からないがここは交差点。信号がある。

トンネル内から勢いよく出て来た車はこの信号でブレーキを踏まないといけない。更に信号は青でもその先のカーブで車線が2から1になる。スピード制限は50だろう?トンネル内を走り抜ける車のスピードはそんなもんでは無い。警察の取締は無い。お巡りさんもパトカーも見当たらない。

Img_7035

Img_7037

Img_7039

危険予知。この言葉を多くの人は知らない。先月末完成したこの道路はトンネル内が何故かアスファルト舗装では無い。コンクリート。トンネル内の通り抜けるタイヤの音が煩い。その事はドライバーに何らかの注意を喚起しているのだろうか?

トンネル内は下り坂。しかも片側2車線。このトンネルを出るとすぐ車線を1にしているのに何を考えているのだろう?危険予知の考えは無い。重大事故の危険予知能力の欠如?交通事故の悲惨さは体験しないと分からないのだろう?車は走る棺桶とは誰も思わない?この写真目に焼き付けなはれ。

Img_7042

Img_7043

Img_7044

トンネルを抜けると歩道は防音壁の外に出る。そこには立派な測道迄出来ているが、その道はこの先の中国自動車道西宮名塩サービスエリア従業員用?殆ど地域住民には無用の立派な測道が造られている?この完成した道も2車線で走らせる意味が分からない?(すぐ先で車線規制。1車線になる。この間1キロ足らず。アホです)

Img_7045

Img_7048

Img_7050

この西側にもう1本トンネルがある。歩道は一旦下に下りそれから測道の横を上に延びる?この道は一度歩いているが突き当たりに住宅地がありそこには道は無い。それは明日お見せします。(見たく無い?)では坂を登りましょう。?

Img_7052

Img_7053

Img_7057

Img_7055

蓮如上人が越前を追われ大坂に移動した時に名塩に立ち寄っている。ただ親父は蓮如上人の事はよく知らない。大坂石山寺一向宗信徒を支配。その後秀吉が大阪城を建設。その大阪城も徳川が大阪城を落城させた後埋めてしまう。今の大阪城は鉄筋コンクリートの3代目)その程度の事しか知らない。日本の偉大な宗教の教祖。その人と教えに付いてしっかり学習しないといけない。

Img_7060

Img_7061

Img_7062

Img_7064

Img_7065

Img_7067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円安で株価が上がる?中小企業の悲鳴は関係無いのか?

Img_6949

Img_6954

Img_6950

最近殆ど眼にする事の出来ないイモ畑を見る。畑の廻りにネットが張られ電流が流されている。何ともやり切れない。そこ迄しないとお百姓さんが苦労して育てた作物が盗まれるのだろうか?先月、伊豆半島で事故のあった作物保護の電流。近くの田畑でも良く見るが、農村ののどかな風景も様変わりしている?

良く見ると水田の稲も水の管理が出来ていない。この国の米作りが問われているが、この地域の水田が耕作放棄地になるのも遠い先の事では無い?TPP(環太平洋パートナーシップ)関税の引き下げ交渉がまとまらない?まとまる訳が無い。

そんな事が分からない政治家が支持されている?もっと賢くなりなはれ。もっと生産者の事を考えなはれ。もっとこの国の地方の活性化を考えなはれ。日本の農村を歩いて見なはれ。素晴らしい景色と暗澹たる景色を見る事が出来る。政治家は口先で支持されると思っているのかい?口先だけで尤もらしい事を言うな。この現実を見ろ。

Img_6956_2

Img_6957

Img_6958

このままでは稲は枯れる。水は近くの水路を流れているが引き込まれていない。見るに見かねて親父が水を入れようとして思い留まる。ここは水田。畑では無い。稲作で一番大切な水の管理も出来ない高齢者が稲作をしている?いずれここも荒れ地になる?

Img_6961

Img_6963

Img_6964

農村の地域を抜けると坂を登る。ここからは山麓の景色が広がる。この道は「農道」?昔から「植木栽培」が行われて来たがその土地の手入れも行き届かなくなっている。?その事はこの道を歩いて見ると本当に良く分かる。年々山が近くなっている?山が近くなるとはどう言う事?殆ど人が足を踏み入れなくなる?この道の行き先の看板をと言って久しい。何も変わっていない。初めての人はとても歩けない。

Img_6966

Img_6967

Img_6969

大型ゴミ不法投棄のけしからん輩は少なくなっている。本当に情けない事にこんな所にゴミを投下する輩は「処罰」されるとは思っていない。こんな看板を立てられても何とも思っていない。一番の対策は定期的なパトロール。その事が出来なければ問題は何も解決しない?細川地区コミュニティ推進協議会?彼等にそんな権限があるのかい?

Img_6970

Img_6971

Img_6972

Img_6973

市内から少し足を伸ばしただけで素晴らしい散策の道がある。この道はハイキングコースにもなっているが歩く人は殆ど居ない。写真で見るだけでは良く分からないが人気が無いので腕に自信が無いととても歩けない?腕に自信があっても1人では危ない?それ位の事を行政は何も分かっていない?だから歩かない?それも違う?

Img_6975

Img_6976

Img_6977

Img_6978

この道を初めて歩いた時は夕暮れだった。さすがの親父も薄気味悪い思いをして居たが今回もそうだった。この道は軽トラが農作業の途中に利用するがここは谷の水が流れている。水量は多く無いが大雨が降れば一気に流される?道は古くて地盤は堅いが大水が流れればひとたまりも無い?

Img_6979

Img_6981

Img_6982

ここ迄来ると視界は開ける。それでもこの先にもっと不気味な道が待っている。そう考えながら振り返ると大きな杉の木が苦笑していた。「アンタの方が怖い」確かに。ただ立派なカメラを首から下げているのでそれを狙われると危ない?(アホ)昔の旅人は本当に怖い思いをしたに違いない。遊びで歩いていても用心していた。

Img_6983

Img_6984

Img_6985

雑木林のトンネル。この道は棒切れを手にしないと不気味?後ろを振り返りながら歩く。ただこのトンネルも長く無い。そう思いながら歩いていると道は直角に左に曲がる。まっすぐには立ち入り禁止のチェーンが下がっている。カーブミラーが不気味。

Img_6986

Img_6987

Img_6989

ここから下りになる。この先に右に行く立派な道があるがその道は農道?最初にこの道を歩いた時その道を選択する。正解はまっすぐ下る。そこにも看板が無い。久し振りに歩くと看板は無かった。この道がハイキングコースとして失格の意味が良く分かる。この道は歩かないで下さい。その事を右に歩いて証明する。

Img_6990

Img_6991

Img_6992

標識は何も無いが普通これだけの道があれば下に降りられると思うでしょう?親父も最初歩いた時そう思っていた。ところがこの道は農道?この先で何と行き止まりになる。その先に集落が見えるがそことの繋がりはない。その事を以前聞いた事がある?

誰に?地域活性化のNPO法人会長。彼が言うには広い道は無くなるが細い道がある?その道も見つける事が出来なかった。溜め池で蛙が飛び込む音の大きさに悲鳴を上げる。アホ。かいらしいカエルではなくてデカイヒキガエル。バクドン。(大分の方言)久し振りの歓迎に驚いていた。それだけ緊張していたのだろう?

Img_6994

Img_6996

Img_6997

Img_6998

ここで行き止まり。この事は前来た時に確認していたので驚きは無かった。今は付き合いの無いNPO法人の会長から聞いていた細い道を探す。上に上がる山道が在るのでその道を選択する。しかしその道もこの先を越える事が出来なかった。改めて地形を確認するとこの先は谷になっている。その谷に橋を架ける事は農道ではあり得ない?

Img_7001

Img_7003

Img_7005

上に上がった道が突き当たりで右に曲がっている。その道を歩いてみるのも面白いが又の機会にする。こんな道を歩いていると幼い頃の思い出が甦って来る。ただあの頃でも1人ではなかった。遊び仲間と連れ立って見知らぬ所を駆け回っていた。1人で歩くのは面白く無い。引き返して道が途絶えた所に戻る。

Img_7007

Img_7008

Img_7009

細い道の先は谷だった。引き返す事を考えたその時山道がはっきりと見える。昔の人が下の集落からこの谷沿いに山仕事で利用していたのだろうか?谷を渡る事は出来なかったが下る事が出来る。それでも親父だから歩ける道?はるか下に谷が見える。

Img_7011

Img_7012

Img_7013

Img_7014

やっと安心して歩ける道に出る。降りた所は意外な所だった。何時も更に下の道を歩いていた。結局谷を渡れず手前の道に降りていた。この道もブルで切開いただけの車道。傾斜が急で転ぶと下迄落ちる?この道も2度と歩く事は無い?

Img_7015

Img_7016

Img_7017

Img_7018

Img_7019

余野川。この川も右から流れているがこの少し上流で大きく左に曲がりこの正面を上に向かう。その川沿いの道を探したが道が無い?旧街道が今は途切れていると言われているが確認はしていない。機会があればその道を探るのも面白いかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

地域活性化?地方の時代?猛暑日?免罪符?関係無いか?

Img_6885

Img_6886

Img_6888

大阪も暑い。昨日歩けなかった道を歩く。バスが平行して走っているが見向きもしないで国道沿いを黙々と歩く。空を見上げると入道雲にも勢いが無い。仕事を首になる前に見上げた夏空のもくもくと湧き上がるあの雲の勢いはどうしたのだろう?そんな事もどうでも良い。今年の暑さも今週末で一段落?それでも政治と経済の失速は関係無いと思えるのだろうか?

Img_6890

Img_6891

Img_6894

老舗のお店も厳しい競争に晒されている?どんなに味で勝負と思っても今時の消費者は何を考えているのか分からない?そんな事は無いと思っても消費者自身がろくな買い物をしていない?この暑い時に熱いうどんを食って冷や奴で生ビール。そんな贅沢をしないといけない?

Img_6895

Img_6896

Img_6897

Img_6898

この道が旧街道?右側が私有地?左が住宅地の細い路地。歩く人は先ずいない。「古きを訪ねて新しきを知る」?今時の地方の役人にはそんな言葉は通じない?この道もいずれ通れなくなる?それは無い?通れなくなるのではなく通るオバカがいなくなる?地域を活性化する術を知らないのだろう?そんな事もどうでも良い?一度聞いてみますか?何を?この道の事を?誰に?地域活性化担当部署。止めなはれ。

Img_6899

Img_6900

Img_6901

Img_6902

カメラのイタズラで同じ道かと思えるが同じ道です。家が途切れると道は一気に草が覆い被さっている。山(五月山)が住宅地の裏に迫っているが、急傾斜地は木々が勢いを失っていないので崖崩れの心配は無い?ただ手入れは必要になっている?

Img_6903

Img_6904

Img_6905

Img_6907

空を見上げると完全な夏空。汗がだくだく眼に染みるが頭に巻いたタオルが日よけの効果抜群。インド人がターバンを頭に巻く理由が良く分かる?本当はデカイ頭をすっぽりと収める麦わら帽子がほしい?田舎のお百姓が被っていたあのゆるい帽子は何処に行けば手に出来るのだろう?

Img_6908

Img_6909

Img_6910

古い道が一旦国道に合流するがこの先すぐ右に曲がると旧道に戻る。ここ迄市内から約1キロ。ここ迄歩く道は国道沿いの歩道以外は案内板が殆ど無い。これも無策だろう?この時親父は元気だった。この先も勝手知りたる道。迷いは何も無かった。

Img_6914

Img_6916

Img_6918

旧街道が波線になっている。道は残っているが本当の道(昔からの道)では無い?途中に高齢者の施設?がある。介護が必要でも介護施設にこれからは全ての介護者を受け入れる事は出来ない。その事が殆ど多くの人に知られていない。介護は他人事では無い。長生きしても元気でなければ幸せでない?これからその事を思い知らされる?

Img_6917

Img_6919

Img_6920

花見の時は春だけでは無い?その事は先月末御母衣ダムの荘川桜が教えてくれたが、流石にこの時期の桜は喘いでいた?今年の暑さの原因に雨が少ない?少ない雨の対策は無い?それでもこの集落は水は豊富?その原因は近くの川から?上手に川を塞き止めて取水をしている?それでもこの集落に活気がないのはどうしてだろう?

Img_6921

Img_6922

Img_6923

神社横の家。主を失い廃屋。紀部神社も歴史は古いが今は神主も常駐していない?
以前境内に足を踏み入れたがすっかり荒れ果てていた。菅原道真が主祭神では信心する人が居ないのかな?そんな事は無いだろう?服部天神の賑わいを考えればそれはない?

神様を大事にしないと地域の発展は無い?八百万の神(やおよろずのかみ)と言われても最近の罰当たりな輩には分からない?多くの神々に見守られて生きている?そんな事も関係ねーと思っているのだろう?それでも地域創生?それは無い?

Img_6924

Img_6925

Img_6926

昨日声を掛けて呉れたおばあちゃんは今日は家の中?歩いている人は1人も居なかった。暑さは中途半端では無かった。それでも行商で親父達を育ててくれたおふくろの苦労を考えると「比べ物」にならなかった。この先、集落を抜けると山麓を歩く。この道は「ハイキングコース」になっているがガイドが居ないと歩けない。案内板は無いし林道?は親父でも不気味に感じていた。何で整備しないのだろう?

Img_6931

Img_6928

Img_6933

Img_6936

Img_6941

この地域は「植木の街」植木の街は全国各地にあるが、残念ながら大きな盛り上がりは無い?植木の商品を買える個人が少なくなったのでは無い?少なくなりました?大規模な公園建設も少なくなり植木の商売も多角化?が求められている。

Img_6942

Img_6943

Img_6945

これから再び山麓に向かう。この道はハイキングコースとして紹介されているがガイド無しではとても歩けない。この続きは明日(今日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も猛烈な暑さ?暑さに戯れよ?猛暑日も長くは続かない?

Img_6867

Img_6868

Img_6872

昨日暑い日差しの中を頭にタオルを被せて歩いた道。途中で汚い川を見ながら顔をしかめていたので目的地に辿り着く事は出来なかった。有り体に話をすれば余りの暑さに体が弱音を吐いていた?無理をすれば行けない事は無かったがそれ程の価値も無かった?この時期大切な事は体力に見合った行動。

この暑い時期にこれだけ歩ければ充分。人通りの全く無い道で出合ったおばちゃんに笑われていた。それ程の暑さ。その程度の暑さ。オバカなマスコミは「猛暑日」「猛暑日」と騒ぎ立てているがこの暑さで「ウハウハ」の人がいることは殆ど伝えていない。

冷たい飲み物、食べ物、喫茶店でサボっていたあの暑い夏の外回りの仕事。オバカな買い物客のスーパーの駐車場で真っ黒になりながら車の誘導をしていた夏の日は過去の話になっている?この歳になると全くの用無しになっているが、あの頃のフットワークを考えるとこの程度の暑さは問題ではない。(無理をしなければ)アホ。

Img_6874

Img_6876

Img_6877

右は五月山。左は少し歩くとバス通りの幹線道路。その間に殆ど忘れ去られた道がある。この道を歩く人は地域の住民だけ。その人達も最近は少ない。殆どが車を利用する。幼い子供達は殆ど見かけない。住んで居る人が高齢化し若い夫婦はこんな不便な所には住まない?そのうちここも限界集落になる?まさか。その対策は何も無い?

Img_6878

Img_6880

Img_6881

Img_6882

Img_6883

この小学校もいずれ統合される?ところが近くに小学校は無い?行政はその対策を考えなければならないが「知恵」を出す事が出来ない。行政だけでは無い。本当は地域住民が自分達の子や孫の為に「知恵」を出さないといけない。近くに親父も通った地域活性化のNPO法人の事務所があるが「地域活性化」策は本当に淋しい?

親父達が育った時は地方には多くの子供達の歓声が響いていた。今でも四国徳島の山間部でも多くの子供達は居る。でもその子供達はバスを利用しないと通学出来ない。それ程に学校は遠くなり高校、大学ともなれば地域を出るしか無い。

そんな地域に残る若者は限られ高齢者は長生きをする。この国の地方再生を尤もらしく語られる理由はそんな処にある?ところが間抜けな政治家が考える事は地域に補助金をバラまき人寄せ施設を造る事?若者達をアイターンさせる?アイターン?(都市から地方に移り住む)その為の環境造りを誰がやってまんのか?それが問われている。

Img_6884

遠くに足を引き摺りながら歩いた山塊が見える。ここは手入れの行き届いていない?県道があり歩き通す事は出来るがそんな道を歩く人は殆ど居ない?気持の良いハイキングコースもあるが距離が長くてとても歩けない。一度歩いて死にかかったが。

その全く関係無い冗談がこれから求められる?この素晴らしい環境は誰で手にする事が出来る。ところがその事に多くの人が気づいていない?福祉にお金が掛かる?医療費にお金が掛かる?介護施設にお金が掛かる?それではその対策はどうしているの?先日市役所で驚いた話を聞く。夏のラジオ体操の必要性が無視される。

親父自身も朝起きるのは10時半。夜寝るのは2時過ぎ。そんな不健康な生き方をして年寄りがどうするのだろう?親父の場合。体内時計は何時でも変えられると自慢しているがそのうち間違いなく、その時計も錆び付くに違いない。

それ位の事がどうして分からないのだろう?早寝早起き?都会では無理?山奥で人間らしい(仙人らしい)生き方が出来るのは段々可能性が小さくなっている?これから暑い日差しの中を歩いて来ますがそれも自己満足?そうかもしれない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 4日 (火)

暑い。暑い。暑い。でもこの暑さも今週がピーク?甘い?

Img_6784

Img_6785

Img_6787

暑い日中。よせば良いのに歩き始める?(歩かないと反対に体調が良く無い?)近くのスーパーの買い物かごを乗せる車をこんな所に置いている?ここはスーパーから500メートルは離れている。最近、こんなオバカが多い。こんな生き方は長くは出来無い事に何時気づくのだろう?死ぬ迄無理だな。

今日は近くの「日本の原風景」?を歩く予定だったが堤防の上からこの景色を見ると気持が変わる?数日前、この堰の中央部に引っ掛かっていた近くの木の大木が片付けられている。好奇心が気持を突き動かす。木は堰から引き上げられ堤防の下で細切れにされていた。「流石」と思いながら業者に声を掛けてみると「銭にならない」とぼやいていた。

Img_6788

Img_6789

Img_6790

今年の3月に造り直された堰は完全に「水没」。堰を低くして川底を掘り下げ水の流れを良くしたが、先月の増水で皮肉にも土砂が堆積して堰が埋まる?この堰を生かすには川下の堆積土砂を掘り下げるしか無いが、それをやるのかは微妙?

この工事の想定外をどう始末を付けるのだろう?次の増水迄様子を見る?その時は完全に土砂で埋まる?しばらく様子を窺って(うかがって)いた。女の子仲良し3人組も暑い夏の日差しを気にしていなかった。

Img_6791

Img_6794

Img_6796

堰の下には勢いよく流れていた水が今は川底に堆積土砂が溜まって堰の面影が無くなっている?この堰が完成したのは今年の春。当時は見事な堰と対岸の川の中に水路と公園が造られたが、その結果がこれではどんこんならんだろう?

「想定外」何かそんな判断をする気がする?それももう一度大水が出ればこの川下を掘り下げる?その為には下流の堰からやり直し?そこ迄出来んだろう?そこ迄出来たら。無理だろう?来年度の計画で予算取り?(余計なお世話です)確かに。

Img_6792

Img_6795

Img_6801

大雨で流された木がこの場所で残されていた。手前の土砂も堰が完成した時はここ迄伸びては居なかった。この上流の土砂も多くは取り除かれてスムーズに流れていたが堰の下に溜まった土砂はもっと上流から流れて来たのだろう?

Img_6806

Img_6810

Img_6807

水の流れが悪くなると一気に川は汚れる。一見綺麗に見える川の流れはこれだけに汚い。猪名川の水質は淀川より良い?この街のNPO法人会長から言われた言葉は忘れていない。よく見なはれ。これがこの川の現実。「ヘドロ」だろう。ヘドロ。この上流に可動堰が在る。その堰で3メートルの水が溜められている。水をそれだけ溜めればこれだけの汚れが残る。それだけ水質は悪い。この現実をよく眼に刻め。

Img_6812

Img_6815

Img_6830

この川は一級河川。この川の水質を殆どの人は知らない。その実態を見せつけられる事が殆ど無い。この川が綺麗?何処を見てそんな事が言えるのだろう?綺麗な川とはどんな川か?知らないのだろう?この川で泳ぐ?今年は綺麗な堰が更に浅くなりこの川で泳ぐ子供が多い。親はどんなツラをしているのだろう?もっと綺麗な川を見せてやれ?

Img_6818

Img_6820

Img_6822

橋の下に沈められたペケの補強ブロック表面が茶色になっている。何でこんなに川が汚れているのか殆ど分からない?その原因がこれ?川を塞き止めて水を流す?その結果がこうなるとは河川管理者は分かっていない?この少し上に理由も無く水を溜めている。何を考えているのだろう?その理由も分かる。その堰の上につぶれた堰が在る。その堰を隠す為?これはアカンやろう。

Img_6824

Img_6825

Img_6835

Img_6836

Img_6837

Img_6838

堰は可動堰。堰の高さは変えられるが3メートルのほぼ満水。それだけ意味の無い事を何故するの?全く分からない。信じられない事にこの上で浮き袋を使って水遊びをしているオバカが居た。声を掛けるが目付きもおかしい。

先日名塩で声を交わした青年とは大違い。他愛も無い言葉で反応を探るがお話しにならない?ガキ達もそう思っていただろう?写真をリクエストされるが断る。理由を聞かれるが親父から脅される?(ここは遊泳禁止。証拠写真になる。)ウソ。

Img_6843

Img_6844

Img_6846

Img_6845

バカヤロー。だれも渡れない。アンタらはこの程度の河川管理しか出来ないの?アホだろう?アホです。この堰も先月の洪水で沈下?その前にこの堰も役目を終えている。その無惨な姿を隠す為に下流の堰で水を溜めている。水の流れが悪いと水面に汚れが浮いている。折角水の流れが良くなっていたのに無念?違うのかい。

Img_6850

Img_6854

Img_6857

この堰も何度も紹介しているが、一部しか堰を越えて水が流れていない景色を見るのは初めて。それでも下流に流れる水量には大きな変化は無い?手前横の水路を勢い良く水は流れている。これだけの水を蓄えなければいけない理由も良く分からない?これだけ水を溜めれば川の汚れは最悪になる?それも河川管理には関係無い事なのだろう?この堰の高さが下げられる時は次の大雨を待たないといけない?

Img_6858

Img_6859

Img_6860

ハイ。川のボヤキはここ迄。この先田舎の景色を見ながら暑い道を歩く。懐かしい景色が見えて来る。しかしその景色の中に子供達の歓声は何処にも無い。この集落もいずれ人影が無くなる?多くの人が生きる為に懸命に耕した田畑は殆ど住宅地に変わっている?その住宅地も主が歳を取り廃家になって行く?そんな事もどうでも良いのだろう?

Img_6861

Img_6862

Img_6863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「法的安定性なんて関係無い」この言葉の意味は殆ど分からない?

首相補佐官が首相の足を引っ張る?そうでは無い。それなら首にすれば良い。
ところが国会で頭を下げる。言葉を取り消す。そうすれば辞めさせる事は無い。
世論もこのくそ暑い時、そんな事はどうでも良い。この暑い時、一番の関心事は「爽やかな事」「涼しい事」「バカンス」。シャレにもならないが「バカでヤンス」。

色んな人と話をして一番感じる事は「この国の歴史を知らない」この国が軍部のオバカで「天皇陛下万歳」の国になり自分達の一番大事な人の命迄も「馬」以下の扱いをした。その程度の事も知らない。その程度の国民にこの国の未来が語れる訳が無い。

アメリカはそんな日本国民をこの地上から「抹殺」しょうとした。その程度の歴史を知らない。戦後70年。国土が廃墟となり多くの大切な人の命が粗末にされ、天皇陛下万歳と叫び死んで行った事も知らない?地方の墓地に今年の夏、どれだけの人が足を向けるのだろう?そしてどれだけの人がその無念の思いを共有出来るのだろう?

そんな事が出来なくてもこの国の安全保障を語る。国が軍事力で国際紛争を解決出来ないのはベトナム戦争でアメリカは思い知ったが、いま又テロとの戦いを口にしている。テレビゲームの様にアメリカの国内で無人攻撃機でテロ集団を攻撃してもテロとの戦いは終わらない。それ位の事が分からないアメリカの戦い。

同じ仲間に日本も入る?アメリカに軍事基地を国内に提供しアメリカの極東軍事作戦に協力しながら平和を語る。そんな事が国際的に認められる事は無い。広島、長崎の原爆投下の日を答えられない人が多くなったたお馬鹿なマスコミは伝えているが、それは自分達の報道の在り方、伝え方にも起因しているとは考えない。

核、拡散防止を声高に語り掛けても、アメリカの核の傘の下では、どんなにその悲惨さを口にしては中国、北朝鮮は聞く耳を持たない。近くのお握り屋の親父から「ではどうすれば良いの?」と問われる。それは憲法9条に明記されている。

その憲法はアメリカから押しつけられた?自分達が決めた法律ではない?何たる言葉だろう?仮に(親父はそうは思わないけれど)そうだとしてもこの憲法のお陰で(これも違うが)多くの戦死者のお陰でこの国は戦争の当事者になる事はなかった。

自由で民主主義の国。ところが実際は形だけ?憲法で軍隊を否定してもそれは他国を攻撃する軍隊。自衛の為の軍事力は当然国際常識。そんな憲法解釈で自衛隊は「合憲」?こんな間違いをこの国は選択した。何を今更戦争反対?その程度にしか考えていない?戦争の悲惨さを知らない30そこそこのガキが自民党の若手議員?

安倍総理が支持されて自民党が衆議院で圧倒的な支持を受ければ何でも出来る?こんな思い上がりを叩き潰すには自民党支持、安倍総理の支持を減らす。それしか無い。安倍総理は一度期待された総理を辞任している。

その時多くの事を学習しては居なかったのだろうか?世論を敵に回せば総理は出来ない。その事を思い知ったからマスコミと仲良くする。(朝日、毎日とは仲良くしなくても読売と日経、サンケイがある)その程度に考えているのだろう?

野党も問われている。韓国の大統領に安倍総理との首脳会談を求める?アホだろう?韓国の日本政府批判をどう受け止めているのだろう?安倍総理が日本の歴史認識を変える事は無い事ぐらい分からんのだろうか?何とも情けない。そんな野党が支持されるとでも思っているのかい?

これから暑い日差しの中を歩いて来ます。名塩をしばらく休憩。近くの素晴らしい光景を見て来ます。日本の原風景です。最後に分かり易い言葉の解説(インターネット検索)を見つけました。親父もこれで難しい言葉を分かり易く解説出来る?
(HUFFINGTON POST)ハフインポスト(通称ハフポ)

法的安定性。このわからない言葉も見事に解説してくれます。これで親父も理論武装が出来る?(受け売りじゃねえか)ただ言葉を知らないとお話しにならない。政治、経済、社会の問題を分かり易く解説してくれる?今迄なんで知らなかったのだろう?(公正な意見ではない?)しかし法的安定性をコトバンクで見事に解説してくれる?

法的安定性はコトバンクでは難しい言葉で語られているが「法に依る社会秩序の維持取り決め、ルールで社会秩序、日常生活が維持される。」つまり法に因る支配。そんな物は関係無いと言い放った政治家がしおらしい顔をしてその言葉を取り消す。そんな政治家が首相補佐官。こんな人がこの法律を支えている。安倍総理とはこの程度の人?

安保法案。この言葉で検索するとハフインポストで丁寧に分かり易く?解説。皆様のNHKでもこの程度の解説は出来ない?オバカな番組を垂れ流す民放のニュース解説では到底無理?そんな事はどうでも良い?アンタがその程度の人間になっている?(コラ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

暑い。暑い。暑い。夏だから当たり前。都会の暑さが異常?

Img_6634

Img_6639

Img_6640

近くの今年の春、整備された堰と親水公園。見るも無惨な姿になっているが全くニュースにもならない。河川管理?川底を掘り下げて洪水対策?堰迄低くする為に立派?な堰を造り直した結果がこの様。それでもニュースにもならない。

これがこの国の現実。「公共放送」「皆様のNHK」「放送の社会性」?この暑さの中をエアコンの効いた部屋で「間抜けなTV」をどれだけの人が見ているのだろう?現実の厳しさを尤もらしくお笑いで誤摩化して行く?こんなTVをこれから益々見向きもされないと思いきや。そうでもないのだろう?その結末は誠に哀れでもそんな事もどうでもいいのだろう?

今日はこれから神戸に行きます。神戸は懐かしい街だけれど本日の目的は「名塩道路」?兵庫県西宮山口から兵庫県宝塚市栄町迄の10、4キロの工事のこれからの見通し。この道が渋滞と異常気象時の通行規制解消、交通安全の確保、沿道環境の改善の為事業化されて30年近くが経過している。

その間、計画は4区間に分割され整備が進んでいる。ただこの道路整備を殆ど知らなかった。親父が知ったのはホンの数ヶ月前から。関係者の切実な願いは先月末「名塩道路」1、4区間(名塩八幡トンネル)開通して名塩の集落の渋滞と日夜を問わない道路通行騒音から解消されるが、殆どの区間が暫定2車線の供用。半分は全く使われていない。その理由は一部区間(1、3キロ)の道路の2車線が原因。

これ迄の経過と今後の見通し。そんな事を聞いても何の足し?にもならない。国道の事業計画担当部署に聞いても今後の見通しはむつかしい?ただその理由は親父が聞くのではなくマスコミが聞かないといけない?その事を聞いて見る?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

暑き日を海に入れたり最上川 芭蕉 大阪は今日も暑い

Img_6598

Img_6615

Img_6616

昨日の猪名川。そして今日の阪急池田駅前。最後は近くの猪名川。先月の大雨で流された川の中の大木が今年の春にの完成した堰に引っ掛かっている。川の水の流れは汚くてもここは浅いので子供達の格好の遊び場になっている。この堰は高い堰を取壊して低い堰に改修されたが4ヶ月足らずでこの有様。

堰を低くして川底を掘り下げ水の流れを良くしたが皮肉な結果となっている。堰はまだ水没して見る影も無い。まさかこのまま(水没のまま)次の大雨を待つ?近くの間抜けな親父がそんな予測をしていた。河川の改修工事がこんな有様ではどんこんならん?(どうにもこうにもならない)それ位の事もどうでもいいってかい?

Img_6617

Img_6618

Img_6619

Img_6626

本日の予定はこんな景色を見るのではなく久し振りにこの下流、伊丹迄歩く予定だった。池田から伊丹のカレーの美味い「西君のナゴミヤ」迄約2時間。7キロ足らずの道を気合いを入れて歩く予定だった。しかしこの景色を30分見とれている間に気持が変わる。

数百メートル下流の河原に降りてこの堰の完成当時の復旧作業の方法を考えていた。それをやるにはパワーシャベルの大型を入れないといけない。そこ迄やるのだろうか?破壊された対岸の「親水公園」共々その復旧工事の方法を思案していた。(アホ)

近くのお握り屋のアホなオッサンが言う様にこのままと言う事は無いだろう?その結末は今月末になれば分かる?後1月もすれば9月。暑さはまだ続いているが秋風を感じる様になる。残暑は厳しいだろうが?その事を蝉が教えていた。

Img_6681

Img_6685

Img_6686

Img_6691

これだけ食えたら夏バテはしない。しかし体重も減らない。減量のポイントはいくら歩いても食事の量を減らさないと駄目。その事を改めて学習する。せめてカレーの魚沼産こしひかりを半分にしなさい。それだけで目標達成間違い無し。今月は汗をかくので5キロ減量間違い無し?(甘いな)糖尿病予備軍。頑張りなはれ。アイアイサー。

Img_6644_2

Img_6647

Img_6676

この堰を元の姿に戻す?その為にはこの下の川底を掘り下げる?その工事はやるのだろうか?やらないと今年の3月の工事が無駄になる?しかしそんな事はどうでもいいのだろう?この汚い川でも子供達の格好の遊び場になっている。しかし本当の川の美しさはこんなもんでは無い事を彼等の親を教えられないのだろう?そんな事もどうでもいいのだろう?

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も暑い。猛暑日。もっと暑くなれ?体重が減らない?

Img_6505

Img_6506

Img_6507

Img_6508

Img_6509

Img_6510

昨日の散歩。暑い日差しの中を平然と歩いていた。近くのお握り屋の親父は外に出している温度計が38℃を越えていると嬉々?としていた。親父に暑いから歩くのは辞めろと言いながら顔では笑っていた。そんな嫌みは全く関係無い。

大体、温度計の温度はガラスの影響もある事を分かっていない?堤防の下は意外に暑さを感じなかった?熱くなっていたのは親父の頭だけだったのかも知れない。それでもこの川の汚れ。怒りの鉄槌を振り下ろされなければ分からないのだろう?「誰に?」お役人はとぼけていた?お役人だけでは無い。こんなひどい川面を殆ど知らない?「誰が?」アンタもとぼけるか?

Img_6511

Img_6515

Img_6516

ここにも可動堰がある。この堰は形は変わっているが江戸時代の昔から農業用水として使われている。それでもこれだけの水を溜めなければならない理由は分からない。この上に上水道の取り込み口があるがこれだけ水を溜めなければいけない理由は何も無い?その説明を聞いた時、行政の担当の言葉は完全にとぼけていた?

いろんな行政の疑問を感じた時オバカな質問をしていたが、答えはそれ以上に間抜けだった。意味が分からない?聞いて見なはれ。聞いて見ると「必要だから」。何で必要なのか?細かい説明を求めるとそれ以上の答えは殆ど無い?

Img_6517

Img_6518

Img_6519

この堰は可動堰とは名のみ?大雨で水位が上がれば当然下げられる?最初、この堰を見た時、何でこれだけの水を溜めなければならないのか?分からなかった。今でも分からない。地域活性化?NPO法人会長は「猪名川の水はキレイで淀川の水は飲めない」と言っていたのは昨年の春。

それがこの様です。この汚れた水も高度な?水処理技術で「美味しい水」?になっている。「この堰を下げろ」そんな問い掛けは無い?これだけ水を溜めないと市民に水道水の安定供給は出来ない?それもウソです?

Img_6522

Img_6524

Img_6525

これだけのゴミと水質の汚れ。これは何もここだけの有様では無い。日本全国の川がどんどん汚れている。そんな自然環境は全て人の生き方で左右される。そんな事を問い掛ける人は殆ど居ない。

生活用水を確保する為に川を塞き止め、これだけの汚れを平然と見過ごす?何たる醜い生き方だろう?それでも平然と人の生き方を語る?そんな生き方は何時迄も許される?暑くなれ。地上の多くの汚れを焼き尽くせ。(コラ)

Img_6545

Img_6546

Img_6547

ここが市の浄水場。最初この建物を見た時♨マークのホテルと思っていた。罰当たり?ここから豊富な猪名川の水を取込み飲料用に水処理がされている。お陰でこの街に住んで12年。水不足で不便を感じた事は無いが喜びはない。(コラ)

水道水は殆ど飲んでいない。水はサントリーの天然水。缶ビールモルツは飲まなくなって久しい。(関係無い?)かも?水はただではない。体の水分が体を支えている?もっと水を大切にしないといけない?この先を歩くと愕然として来る。

Img_6543

Img_6542

Img_6553

この先は左の堤防が無くなる。正確に言えば天然の要塞?川の中に扇状地が昔のまんま。その外にコンクリートの壁がありその上に住宅地がある。長い間、その扇状地は不法耕作地。何でそんな事が許されたのか分からなかったが、そんな河川管理も昨年改められる。(不法耕作は出来無くなる)

しかしその後はそのまんま。これは管理者(宝塚土木事務所)に聞いた事がある。その時の言葉に「唖然」としていた。「そのうち綺麗にします。」「しかしここだけでないので期待しないで下さい」バカヤロー誰が期待するか?そのオバカさは現在も続けられていた。こんな河川管理を怒る人は居ないのだろうか?

Img_6551

Img_6554

Img_6555

ここが川の中でも河川管理者は永年どうしょうも無かった?地方が河川管理をするとはこう言う事?その事も聞いたが国でも同じ?もう少し自分達の近くの川を知らないといけない。川は生きている。人間だけが快適な生き方が出来れば関係無い?そんな生き方が何時迄も許される訳が無い。この先堤防が無くなり県道を歩くがその道にも歩道が無くなる。これも昔のまんま。警察も行政も何も出来ない?歩く人も居ない?

Img_6559

Img_6558

Img_6560

Img_6563

この張り紙のお粗末さ。この河川管理のお粗末さ。余りに恥ずかしいと注意をした時、管理者は何故かそんな認識は全く無かった。感じられなかった。あれから暑い夏を迎えたが何も変わっていない。「しばらくの間、ご迷惑をおかけします。」河川敷の整備を誰が迷惑と考えているのだろう?

ここが河川敷?川の中?その事を問い掛けた時「ここだけでは無い」と言い放った言葉の意味が良く分かる。何様だと思っているのだろう?この役所に河川管理の能力は無い?それでもこんな張り紙を平然としたツラで張り出している?

今年も暑い。それでも想定外の大雨で川が溢れないと彼等は何も出来ない?川が溢れても「想定外」ととぼけるのだろう?地域の人もこれで当たり前と思っているのだろう?この上を走る県道が冠水した事は無い。天災が起きないと何も出来ないのだろう?

Img_6566

Img_6567

Img_6568

Img_6570

Img_6573

笑って下さい。歩道が無くなる?この先に民間の土地がある。これも行政の見解を聞いた事がある。管理者の話は聞けなかったがこの先は歩行者通行禁止?まさか?左は阪急電車の駅。名前がふだけている?「鶯の森(うぐいすのもり)今から半世紀前のまんま。

電柱もこの壁の外に立っているので親父はその陰を歩く?(この道は一方通行?)。とんでもありません。対向車が来ます。何時迄こんな間抜けな道路行政が出来るのだろう?それは事故が起きてからだろう?これ迄事故も無いのだろう?川は右。

Img_6574

Img_6577

Img_6600

川に出る。ここにも固定堰がある。この堰も古いがこの上流は水が綺麗で水泳場だったのは半世紀前?その時の堰はこんな物では無かったに違いない。今はとても泳ぐ事どころか水遊びも出来ない?コンクリートを越える水は一見綺麗に見えるが、コンクリートにはヘドロ同様の藻(も)がこびりついている。汚くて子供達の姿は無い。

Img_6589

Img_6591

Img_6592

川は何も綺麗になっていない。何で?その訳も単純明白。管理者にその事が求められていない。管理者は数年で異動。自分の任期中に求められる事は「問題を掘り起こさない事」?このフェンスが建てられたのは昨年の秋?それからどう変ったのか?そんな事も何も問われる事は無い。兵庫県議会も全く問題とは考えていない?

Img_6593

Img_6595

Img_6606

この先は行けない。ここは堤防の下。上には住宅地がある。その住民からこの草木を刈れと言われないのだろうか?言われたとしても無視?そんな事は出来ない。国土交通省の河川管理でも同じ事が許されるのだろうか?同じ川をここは宝塚土木事務所が管理している?彼等の管理能力が問われる?そんな言葉は聞かれない?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

大阪も猛暑日。近くの猪名川は無惨な汚れ。堤防の草ぐらい刈りなはれ。

Img_6451

Img_6452

Img_6453

最近のお役所仕事。文句を言われないと草も刈れないのかい?ここは堤防の上。この先は国道176。堤防の上だが歩く所では無い?堤防を整備して川の氾濫のリスクは殆ど無くなってもこの様は頂けない?言われないと分からないのかい?

Img_6456

Img_6457

Img_6458

Img_6459

このヘドロの溜まりが川の中?オバカな河川管理?すぐ上に増水した時下げられていた可動堰が立ち上がって貯水を一杯にしている。一度聞いてみたいがこの堰は何の役目を果たして入るのだろう?洪水時の水量調整?水を溜めると言う事はこれだけ川が汚れる事を河川管理者は理解していない。

そして地域の人も全く問題にすらしない。この川が淀川よりキレイ?NPO法人の会長の言葉です。完全にアホです。その証拠をお見せします。暑い日差しの中をカメラを片手に川の汚れと相対していた。親父達が幼い頃田舎で泳いだあの川の流れは何処にも見る事は出来なかった。

それだけでは無い。川遊びも出来ない。この堰の上は水深3メートル。堤防に人影も無かった。ところがこのホンの下流では水遊びが出来る?その差は何?この堰が在るだけの違いです。この堰の上を歩きながら怒りがこみ上げて来る。何だこの汚れは?

Img_6476

Img_6477

Img_6481

近くの雨水。用水路の水が流れ込んでいる。この汚れ。定期的な清掃は無い。そんな事は出来る訳が無い?お役人の薄ら笑いが聞こえて来る。彼等は日常の仕事に「現場を見る」そんな仕事は無いのだろう?これからお見せする。そしてこの程度の汚れを改善出来なければ河川管理の重要性を語る資格は無い?無理だな?日本全国何処でも同じです。

Img_6484

Img_6487

Img_6491

この汚れ。何処かで見たな。そんな事を考えていた。茨木川。その川は神崎川に合流して居たが川の長さと川幅は問題にならない程大きかった。その川は醜い程に川の中にヘドロと堆積土砂があった。何でヘドロと土砂を取らないのか茨木土木事務所に聞いた事がある。

「川幅が広くて氾濫の心配は無いから」ここは可動堰で水を溜めているから?要するに川の汚れは問題ではない?でもそんな考えが何時迄許されるのだろう?暑い暑いと顔をしかめる前に川は汚れて泳ぐ事も出来ない?そんな姿になったのは最近の事?

四国八十八ヵ所焼山寺から自転車で一気に下った所で見た川の美しさは今でも変わら無いに違いない。「鮎食川」知らない?この川で魚を釣る人の気持が理解出来ない?
魚もこんな川では住みたく無い?親父は昨日歩いて武庫川も全く同じ水質なのだろうか?魚も住まない川で何時迄人間様も快適に暮らす事が出来るのだろう?

Img_6491

Img_6492

Img_6495

最近川の汚れを見る事は無い?ここもすぐ上に壊れた堰が在る?その堰を隠す為にこれだけの水が溜められている?下流の堰で水が塞き止められなければ澱む事は無い?水を溜めると言う事はそう言う事。そんな事は全く問題にしていない?これは犯罪です?

Img_6497

Img_6498

Img_6502

バカヤロー誰が渡る?中央部はまだ水没しているので渡れない。何度も言うが下流の可動堰で3メートル水を溜めている。その意味は分からない。その堰が下げられていた時ここはせせらぎだった。それが「あぶない わたるな」馬鹿だろう?それ位怒りが込み上げていた。水を溜めると言う事がどれだけ川を汚すかが分かっていない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPP「大筋合意」至らず?アメリカのごり押し?日本の間抜け?

Img_6404

Img_6405

Img_6406

昨日の「亦楽山荘」。笹部新太郎演習林。この桜の演習林を植木職人「北弥吉」が管理していたのは太平洋戦争末期迄。日本の軍人指導者がこの国を「神の国」と間抜けな事を言いながら「天皇陛下万歳」を口にしながらアメリカの経済力、軍事力に叩き潰される。

北弥吉は背が低くて徴兵検査では最低の評価。それでも戦争末期に徴兵される。京都伏見で「軍馬」の世話をして南方に送られずに終戦。その後、戦後の焼け野が原、大阪では為す術が無く京都で闇の野菜、米を売りながら生き延びる。

戦後はこの山に足を踏み入れる事は無かった。それでも山は立派な山桜が見事な姿を見せていた。前にも書きましたが現在国会で今月末には成立が確実と言われている「安保法案」。安倍総理は憲法解釈で成立を信じて疑わないが首を傾げる。

水上勉の文庫本「櫻守」で語られている作者の言葉。此処で書き出してみます。是非手に取って戦前の軍隊。戦争の間抜けさを感じて下さい。国会の論議で親父達が何度も問われた言葉が今だに尤もらしく口にされる。

「日本が攻撃されたらどうする?」「自分の国が攻撃されてもアメリカに守ってもらうだけか?」バカヤロウだろう?日本がそんなインチキでどれだけの若者が死んで行ったと思っているのだろう?

そうならない為に政治はどう在るべきか?軍隊(自衛隊)はどう在るべきか?その事が問われ続けて来た。それ位の事が学習出来ないのだろう?その言葉のインチキを頭に叩き込んで下さい。(無理だな?)その為にはこれ位の本を読んで下さい。(偉そうに言うな)

「国を守る為、天皇陛下の為、命を捨てよ。日常生活でも軍隊生活でも同じで「教育勅語」がいつも頭の中に在った。不滅と信じていた国が負けて統制の眼をかすめ、闇米や野菜を食っている人が不思議な気がしていた。」

「統制の目をかすめて法にふれる事も平気で、法を破る者にも言い分が在った。政府の言う500円生活では生きてゆけない。十日も欠配の主食を待って、闇米も食わずに餓死せずにおられようか。真面目にしていれば損をすると誰もがいい、京でも大阪でも闇市場が出来た。

「警察自身が配給で食べて行けず、裏口で買い入れなければ、育ち盛りの子がやって行けない。手入れも上っ面(うわっら)これでは金が無ければ損。誰もが金を握ろうとして血眼(ちまなこ)になった。謙譲の美徳も無く、先に手を出さなければ、取られてしまうという、自己主張と拒否だけがまかり通る時代になった。」

これは今でも同じかも。偉そうな事を言っても何も変わっていない?

Img_6413

Img_6417

Img_6420

Img_6421

この散策の道は桜が満開のシーズンだけでなく、この暑い時期でも紅葉が素晴らしい秋でも、冷たい風が山肌を吹き抜けていく冬でも四季折々の表情を見せてくれるに違いない。今年の連休の前迄全く知らなかった「桜の里」。

西行法師は高野の山奥でその最後の時を迎えているが親父の最後の時は此処になる?(ところがこの周辺に住処は無い?)昔と違って勝手には住めない。一山越えた村に住処を構える事は出来るのだろうか?それは分からない。

「願わくば花の下にて春死なん。その望月の如月の頃。」西行。
西行法師の名前を知る人も少ない。親父の大好きな句は静岡掛川小夜の中山の峠越えを歌った「年たけて又越ゆベしと思いきや命なりけり小夜の中山」はその句碑が新幹線掛川駅の壁にある?(今はどうなのかな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »