« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

久々の武田尾?暑い日差しの中を汗びっしょりで歩く。

Img_6289

Img_6290

Img_6292

暑い日中涼を求めて?避暑地?に向かう。大阪も今日は猛暑日。メチャクチャに暑い。それでも山と川にに出掛ける。「武田尾」は遠くない。阪急宝塚でJRに乗り換えて3ッ目の駅。旅館が数軒。民家は少し谷を坂をバスで登らないと無い。

Img_6293

Img_6295

Img_6296

この看板の主語は何?この道路の管理者は誰?警察は何をしているの?この道は信じられない事にこの先行き止まり?この道は元々JR福知山線廃線跡。この看板正確には「車は歩行者に注意」?それ位の事も教えられないお粗末な県道?その証拠をお見せする。

Img_6298

Img_6300

Img_6304

トンネルの中は車の通行は出来るが近くの旅館がその通行を独占している?(蛍狩り)一般車はこの先トンネルを左に出て右と左の数軒の旅館に向かう。信じられない事にこの先長くは道は無い?ウソでしょう?本当です。親父はその道を右に歩いて最後は歩く道すら無くなる。武庫川の猛威?道路整備の間抜けさです?堤防の無い川がこの先にある?

Img_6306

Img_6307

Img_6308

Img_6310

猪名川の水は汚い。ここは瀬になっているが澱みを覗き込むと茶色の薄汚れた藻?が石やコンクリートブロッグにこびり付いている。上流に民家は無いがその先に中核の街がある。人の生活があれば川はこんなに汚い?今は生活排水は流れ込んでいないから流域の市町村が協力しても清流を取り戻す事は出来ないのだろうか?

Img_6309
Img_6313

前来た時はここから引き返しているが、今日は「笹部新太郎」がヒイキにしていた旅館を見に行く。この先は初めて見る景色。数軒の旅館はシーズンオフで?閑古鳥?が鳴いていた。対岸の1軒の旅館は新しいのでその心配はないのかもしれない?

Img_6315

Img_6316

Img_6319

大雨が降ると右から流れて来た激流は左岸の旅館の露天風呂を直撃する。その現場を見たかったが旅館の敷地内で残念ながら見る事は出来ない。フロントに声を掛ければ見れたかもしれないが馴染みでないので諦める。

Img_6320

Img_6322

Img_6324

笹部新太郎の愛した?旅館はひっそりとしていた。確認していないので尤もらしい事は言えないが現在は温泉宿としての繁昌は無い?建物が古くなっている。関西の奥座敷として財界人が使うのは無くなってしまったのだろうか?ネットで見てもやる気があんのかと首を傾げる?(コラ)

Img_6325

Img_6326

Img_6328

この温泉は天然温泉。右岸一番奥。但し道が狭いのでマイカーの時は事前に確認が必要。JR武田尾駅から歩いても遠くない。迎えのマイクロバスもあり?確認して下さい。宿泊プランはネットで確認出来る。建物は古い?が温泉が出ている。

Img_6329

Img_6332

Img_6331

谷は整備され谷底がコンクリートで何故か平らにされているので風情は全く無い?何でこんな整備を行ったのだろう?道は狭く谷川にガードレールを整備していないので奥の旅館迄車で乗り付けるのは何とも危ない?そんな配慮も出来ないのだろうか?

京都の清滝で狭い駐車場に入れられた事を思い出す。あの時は本田のシビックだった。車が小さいと心配ないが大きいとこの道は止めた方が良い?この先の道はホテルで行き止まり?本当はもう少し谷の奥に行きたかったが正面に旅館が立ちはだかる。

Img_6334

Img_6335

Img_6336

Img_6337

対岸のホテルの道は広いがその道も旅館の先で行き止まり。信じられません。舗装されていない道は川沿いに先に進めるがその先は通行止め。Uターンも出来無くなる。その先は完全な獣道?以前はハイキングコースだったと思われる道も最後は歩く事も出来無くなる。その道の整備はどないなってまんねん?

車は川沿いにはこの先行けない。人の歩く事も出来ない。行政はこの川の左が西宮市。右側が宝塚市。地方創生なんて言葉はここにはありません。在るのは左の山のずっと先に国道176と中国自動車道。右は山を大きく迂回して一駅先の「道場」と来年開通の新名神。

「地方創生なくして日本経済の再生無し」そんな事が何時迄言えるのだろう?国民の理解を深める?今年の夏は政治屋さんに取っても暑い?そんな政治家を何時迄もどんな人が支えるのだろう?ここではまだ汗をかいていなかった。暑い、暑いと言う前にこの國の形が完全に曲がっていた?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛暑日。年寄りは山に行け?冷房の効いた部屋でオバカなテレビ?

先週の高山は雨模様だったが大阪に戻ると暑い日が続いている。でもその暑さの中を頭にタオルを巻いて近くの名塩に出掛けているの顔はすっかり陽に焼けている。高山の宿でもそうだったが、階段の登り降りがよろけている?

若い頃は(つい最近迄?)階段をまっすぐ上り下りして居たが、今はその面影が全く無い。最近7〜8キロは楽に歩ける?それでも階段はゆっくりでないと昇り降りが出来ない。流石に駅のエレベーターは使わないが気が付くとエスカレーターを探している?

これからの年寄りに求められる事。(年寄りだけでは無いが)それは背筋を伸ばして軽やかに大股で歩ける事。何が大切か?多くの人が尤もらしく語るが、答えは自分の歩く姿を姿見の鏡(ガラス)に写してみれば良く分かる?男は度胸?女は愛嬌?

それも違う。どんなに志が高くてもどんなにお金持ちで綺麗な顔と体型をしていても元気で歩ける価値に勝る物は無い?反対にどんなに元気でもその生活を自前で支える経済力が無いとそれはそれで哀しいけれど?

昨日、久し振りに大阪梅田の工事現場?を見たので今日は武田尾の山と川を見て来ます。先々週と先週の増水の跡形は見る事は出来なくても涼しい空気に触れる事は出来る?それも無理です。本当の避暑地はもっと深い山間の渓谷?大阪市内から1時間足らずの所ではそれは適う事は無いでしょう?暑い空気の中に涼しさを感じるにはもっと足を伸ばしなさい?と言われてもそんな余裕の無い生き方をしている?

それでも先日は歯科の先生からお世辞でも「口の中が綺麗になっている」と言われてニンマリしていました。これからの年寄りの大切な健康管理は「歯」と「歯茎」頭と足腰。そして腰とバランス感覚?多くの事が求められても実行が伴わない?

いくら総理大臣が切れ目の無い安全保障と多くの言葉を口にしても、一番大切な事は防衛費の削減。廻りの国々と仲良くして国の進むべき道を明確にする?中国、北朝鮮を名指しで批判しながらその一方で外交交渉を重ねる?そんな2枚舌外交を何時迄続けられると思っているのだろう?

間抜けな外交評論家がオチャラケの芸能人?なんたるテレビのニュース解説だろう?安倍総理の支持率は下がっても野党の存在価値が無い?それも言うならアンタの価値はどうなのだろう?それ位の問い掛けも出来ていない。同じメンバーがどうでも良いコメントしか出来ない。そんなテレビが何時迄どんなおばちゃんに見られると思っているのだろう?今日も暑い1日。暑さに戯れる歓びを体感しなければならない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

名塩一服?久々の大阪梅田。大阪駅前は工事中。

Img_0336

Img_0346

Img_0348

大阪駅前は地下道を広げる地上の工事?地下街の狭い通路を広げる為に地上から掘り起こす?この壮大な工事は何時完成するの?ネットで調べても分からない?今日は地下街に入っていないが地下街の人の流れを妨げないでこの工事を完成させるのは容易では無い?完成は平成35年?そこ迄生きているだろうか?生きていて下さい?

Img_0349

Img_0350

Img_0353

Img_0355

大阪駅前のみっともなかった放置自転車は排除され何故か迂回路が造られている?近くのガードマンに歩道を確認すると無言で指示される。「口は聞けないのか?」と思いながら指示に従う。いくら暑くてもプロらしい仕事はして下さい。監督者はいないのかい?多くの人が黙々と仕事をしている?熱中症の心配?そんな事を言っていたら仕事にならない?

Img_0358

Img_0359

Img_0362

こちらは工事も終りすっかり綺麗になった西口。ただ人通りは殆ど無い。多くの人は地下を歩いている。大阪に来て驚く事は地下街の広さ?地下街を歩かなければ目的地に辿り着けない?地下街のナビを手にしてもガイドが無いと歩けない?

Img_0363

Img_0365

Img_0368

これだけの車道を潰されると流石に右から奥に進む東行きは混雑する。車の渋滞も激しいがタクシー乗り場が東口(奥)から西口(手前)に変っているので左程の混乱は無い?これからこの有様はしばらく続く?

タクシー乗り場が西口になった事もどれだけ周知徹底されているのだろうか?大阪駅周辺のタクシーの乗り降りは本当にえげつない。横断歩道の中に平気でタクシーは停まる。警察は殆ど取締をしない?どないなってまんねん。

大阪の警察は何処で何をしているの?そう問われている。(それは違う?)大阪駅前東口の交差点に立って見なはれ?ウソでない事が本当に良く分かる。大阪人はこれ程にオバカです。警察の人手が足りない?それは嘘です。そんな事では大阪の治安は守れる訳が無い?

Img_0370

Img_0372

Img_0374

Img_0375

国道176号の起点 梅田新道交差点は近い。ここから大阪池田迄は旧道のまま。それでもこの道は古くからの幹線道路。整備されている。池田から宝塚迄は大阪万博の時、バイパスが造られその先の山間部の道が部分的に整備されている?(皮肉です)

Img_0377

Img_0378

Img_0384

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は暑いのかな?名塩卒業?今日は「梅田」徘徊?

Img_6264

Img_6270

Img_6266

猪名川河川敷グラウンド近くの花壇。大小2つの円形花壇。1つは日清スポーツ振興財団?から寄付されたもの??マークが2個も付いたのは親父に言われる迄惨憺たる状況でした。ようやく草ぼうぼうだった花壇が掘り起こされているがそのまんま?

Img_6277

Img_6280

Img_6281

Img_6283

見事な向日葵が風に吹かれていたがこれはホンの花壇の一角。今年の春。おばあちゃんと幼い子供が苗を植えていた。夏のこの時期、見事な花を広げていたが夏の花は他には無いのだろうか?そうだとしても寄付された花壇の管理も出来ない?間抜けな人の生き方です?

Img_6284

Img_6285

Img_6263

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

暑き日を猪名川が笑っている?親父は怒っていた?

Img_6114_2

Img_6115_2

Img_6116_2

近くに残されていた木が先週の増水でこの堰で止まっている。先週見た時「堰が無くなっている」ところが堰は残っている。しかし堰は埋まっている?水量はまだ多いがこのまま下がった時、驚く自然の猛威を見せつけるかもしれない?

Img_6117

Img_6119

Img_6120

オバカな河川管理者は川の中に「親水公園」を造っていた?右のオレンジ色のジャンバーを着た叔父さんはNPO法人の人。流されなかった丸太を引き上げている?猪名川の本流は左側。子供が遊んでいるこの流れは細い水路だった。その跡形も無い。先週の台風の増水がもう少し多ければ左の公園も同じ結果になったに違いない?それ位の事も「想定外」と言い切るのだろうか?アホだろう?(コラ)

Img_6121

Img_6122

Img_6123

右に水没しているコンクリートの枠内が「親水公園」の水路。右が本流。工事が完成した渇水時には1メートル近い落差があったが上流からの堆積土砂でその差は殆ど無くなっている。増水の時堰を流れ下る小石が一気に堆積したのだろう?以前あった堰はもっと高くて水の勢いで一気に押し流した堆積土砂が一気に溜まっている?低くした堰の工事予算はいくらだったのだろう?水が引いた時、完成時の姿には戻らない?

Img_2047_2

Img_2050_3

Img_2051_2

この責任?誰が取りまんのや?堰は埋もれてもこの上にも可動堰で水を溜めているので関係オマヘン?ウソでしょう?本当です。4ヶ月足らず前に完成した立派な堰は一体何だったのでしょう?それはもっと水位が下がれば分かります?完全に壊れた公園は?それも応急処置をして復旧します?ウソでしょう?本当です?完璧に破壊されないとアカンのカイ?お役人の仕事は結構毛だらけ?ハイ。これがお仕事です?バカヤロー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も暑い。名塩道路今日はお休み?暑い夏。真っ黒になっている?

Img_6015

Img_6017
Img_6019

旧福知山線から「木ノ元」の集落に上がる道がある。昔は藁葺きの家が多かったのだろうが現在はこのお宅だけ。民家として維持して行くのは大変だろうが、案内看板は何も無いので中を拝見する事は出来ない。写真を撮る事も躊躇するが人の気配は感じなかった。近くにバス停があるがこの道を歩くのは地元の人だけです。

Img_6018

Img_6021

Img_6024

少し歩くと拡幅工事の済んだ国道176(改良工事中の名塩道路)に出る。最初にこのバス停を降りた時、何でこんな形で拡幅工事の済んだ4車線の道が2車線しか使われていないのか分からなかった。それを調べて見るとこの区間の工事が終わったのは今から4〜5年前。その間このまんま。

現場を見るとその理由が分かる。この先(宝塚側)1、3キロの工事が全く手が付けられていない。その理由は分からない。その道を歩く。暑い日差しの中を目的を持って歩いていたので暑さは気にならなかった。

この渋滞を解消する為に行われて来た「名塩道路」の区間は10、4キロ。工区は四つに別れて行われているが残された区間はこの1、3キロと赤坂峠〜名塩山荘間の3、6キロ。全線開通の目処は立っていない?

信じられない幹線道路山間部の道路拡幅工事?色んな人の意見を聞いても他人事に聞こえていた。マスコミが全く検証しないこの道はマスコミに「社会的責任」なんて言える筋合いが全く無い事を思い知らせていた。通行しないから関係無い?かもしれない?しかしそれがこの国の実態。国道の交通量が増えても道路の拡幅は一気には難しい?地方創生の言葉も全くのごまかしです?

Img_6027

Img_6028

Img_6029

Img_6030

右側が拡幅された部分。しかしこの先はトンネルになる?その工事の予算が付いていない?この先に旧福知山線のトンネルがあるがその左を新しい道は通る?この先は左は武庫川。右は昔から交通の難所だった所?その狭い所を整備して道を広げたのは江戸時代前期だった?

Img_6038

Img_6039

Img_6040

近くの公園でウオーキングの準備体操をしている叔父さんに話しを聞く。最初は邪魔くさそうに話をしていたが親父の「ヨイショ」が効く?。丁寧?な言葉を使いながらこんな状態が何時頃から続いているのか聞いて見る。

地元の親父の言葉は痛烈な道路行政の批判だった。「役人は出来る事しかやらない」?「長期的な展望は何も無い」?その言葉に相づちを打ちながらいろんな話を聞き出す。最後はオリンピックの東京開催批判迄していた。

全くその通り。東京でオリンピック?どんだけの工事をしてどんだけの過密が加速する事を東京都民は理解しているのだろう?東京が崩壊する?そんな危機感は微塵も無い?そしてこんな無様な地方の道路工事が続けられる?もっと賢くならんと国の威信等語れない。

Img_6042

Img_6043

Img_6044

これだけの広い道が整備されたのは何時の事だろう?それでも片側1車線。現在の多くの車の通行量に対しては足らない?(交通量が多く無い?)それは親父のカメラワーク。車の流れが途切れた時を写している。しかし驚くなかれ?右上に明治の時代に鉄路が敷設されている。今は廃線跡。名塩道路拡幅工事はこの跡地を利用する?

Img_6046

Img_6053

Img_6056

親父も初めて現認出来た旧福知山線のトンネル。但しこのまま利用は出来ない。計画では2車線の道路幅を確保し、車の通行は上下線に分けて2車線ずつ4車線を確保する?工事予算さえ付けば1年足らずで完成する工事?ただその目途は立っていない?

Img_6061

Img_6063

Img_6064

この先に「有馬」に向かう幹線道路がある。(この道もバスが走る幹線道路だが道は険しい)その先にトンネルは抜ける。ただ近くを新福知山線のトンネルが通っているので工事はその影響が心配される?(最先端の土木技術と地盤調査を駆使すれば問題ない?)親父的にはこの川の上に橋脚の少ない吊り橋を架けた方が工事は早かったのでは無いかと思っていた。(余計なお世話です?)じゃかましい。

Img_6067

Img_6069

Img_6072

歩道は狭いが歩く人は殆ど居ないのでストレスは全く無い。地元の人は殆どバスを利用する。子供達も歩かないので最初は疑問に感じて居たが、これでは通学自転車も通れない。この先、広い場所で後ろから来た大人(にいちゃん)の自転車に擦られる。

Img_6075

Img_6079

Img_6081

Img_6082

Img_6084

Img_6086

Img_6090

Img_6096

この先500メートル足らず迄拡幅工事は終了している。その時期は何と平成13年。それから干支が一廻りしている。その事が全く知らされていないこの現実。知らない事は本当に間抜けと言われていた?この有様を問題にしないマスコミ?彼等が尤もらしく語る現実の矛盾?ここはその対称ですらない?知らないと言う事はこう言う事なのだろうか?多くの人にその事を問い掛けても切実な話は聞けなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

国民の理解を深める?憲法解釈で集団的自衛権を認める?アホか?

安倍内閣の支持を不支持が上回る?それでも国会では「安保法制」の審議?
こんな内閣を支持する人はどれだけ居るのだろう?親父は世論調査の数字その物に疑問を感じている。その根拠は質問の仕方。意図的に本音を引き出していない?

こんな考えは多くは無いが現在の安倍内閣の憲法解釈は明確な憲法違反。それでも必要であれば内閣の判断で変える事が出来る。こんな事が可能になれば(なっている)この国は法治国家ではなくなる事をどれだけの人が理解しているのだろうか?

この国を代表する大企業が決算報告書が出せなくてもその処罰も出来ない監督官庁。そんな事が許されても簡単な交通違反はびしびし取り締まる。国民は完全に舐められている。どんなに尤もらしい顔をして安保法制の必要性を口にしても、アメリカのチビになる事をどれだけの国民が歓迎すると思っているのだろう?

アメリカのチビに成る事では無い。国を守る為には主体性を持って行動する。何をとぼけた事を言っているのだろう?北朝鮮や中国の脅威に軍事力で対応する。それも一国では出来ないからアメリカと切れ目の無い軍事力で対応する?

そんな事が本当に出来ると思っているのかい?本当にそんな状態になればこの国はミサイル一発で崩壊する?それ位の事が分からないのかい?分かっている?そのミサイルを撃墜する?中国の東シナ海の軍事進出に軍事力強化で対応する?

こんな総理は即刻退陣させないといけない?そんな世論は盛り上がらないと薄ら笑いを浮かべられない事がようやく分かり始めている?これから本格的な夏を迎える。暑い暑いと顔をしかめる前に「安保法案」の白紙見直しを突き付けなければならない。一部の政党の勢力拡大も見苦しい。

昨日のブログでタイトルの説明が出来ていないのでお叱りを受けました。昨日の話は介護保険の実態に付いて書く前に名塩の道路行政のお粗末で終わりました。その話も分かり難い話になりましたが、その事に付いては夜のブログで明確にします。

介護保険制度が始まったのは意外に新しい。法律が成立したのは平成9年。制度がスタートしたのは平成12年。たかだか15年前。親父が55歳の時?当時は悲惨な生活をしていたのでそれどころでは無かった?(それどころとはどう言う事)この制度の問題点。(そんな事はどうでも良い?)ところがこれからは深刻な社会問題になる。(いまでも当事者は深刻な悩みと葛藤している?)アンタは知らないだけ。

最近その事を痛感する。そして間違いなく到来する「介護保険の危機」その時、公的介護を必要とする人、介護をしなければならない当事者(夫婦、子供、兄弟)は深刻な問題に直面する。その現実は遠い先の事では無い。

その対策は誰でも出来る簡単な事だがその事を実感しても実行は容易ではない。どうしてそんな簡単な事が出来ないのか?行政の実務者と話をする。1時間を越える貴重な時間を手にしてもその問題の深刻さは容易では無い。多くの関係者、当時者は「出来ない理由」は語ってくれるが「問題回避」の施策について打開策が無い?

信じられない事に高齢者の介護の費用はこの制度がスタートして15年の歳月は過ぎても増加の一途を辿る。殆どの人が当事者にならないとその深刻さは分からないが、現在の国の政策は公的介護の割合を減少させ家庭の介護を増やしている?

殆ど知られていないこの厳しい現実。多くの人は知らないが介護は公的機関では限られている。それもこれだけ介護される人が多くなればやむを得ない事かも知れない。介護の実態は殆ど分からない。その理由は既得権益で守られているから?

公的介護施設で働く人の待遇も社会的評価も厳しい。多くの人が恵まれない待遇で働かなければならない。介護施設の虐待がニュースになってもその背景は殆ど知られていない。もっと分かり易い話をすれば介護制度の理解が殆ど為されていない。

これから多くなる「認知症」「要介護者」その負担を誰がするのか?その基本的理解も殆ど出来ていない。60歳迄は他人事と思っていた介護の問題はいまではそうでは無い。介護保険料をいくら払っても介護が必要になった時、自分の思い通りの介護は受けられない。

それでも介護保険料を払わなければその時の負担は実費。そんな費用は払える訳が無い。そうなるとどうなるのか?身寄りも無ければ介護施設のタライ廻し。現実はもっと厳しい事を誰も教えてくれない?昨日の学習で再確認した事。それはこれからの健康管理。予期せぬ事は仕方ないにしても自分の体の事は自分で守らなければならない。

最近多くの人が長寿を全うしている。しかしこれからの年寄りの生き方で長生きが出来るのは地方の人?良い空気を吸いながら自然の食べ物を口にしながらよく歩く。都会では全く出来ない?そんな人が長生きをする?それでは高齢化社会を支える事は出来ない。偉そうな事を言っている親父でも最近はふらつく。そのうちによろけて体を打ちつけるに違いない。その事を自覚すればその対応も必然的に変わって来る?

これからはそんな生き方が求められている。家康の長寿の秘訣をもっと知らないといけない。これからそんな生き方が問われる。これは親父だけの問題ではない。国の安全保障を尤もらしいごまかしを重ねないで考えなければいけない。そしてそれ以上に自分の健康管理に心を配りながら次のステップを踏まないといけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月27日 (月)

健康管理の在り方が問われている?そんな事はどうでも良い?ウソでしょう?

Img_5885

Img_5892

Img_5900

名塩道路の東の出口は下り傾斜のトンネルから出ると、この先のカーブの手前で1車線になる。車のスピードは出ているので見ているだけで事故の心配をする。この手前の「名塩道路」は路面が何故かコンクリート。トンネルの中にも歩道はあるが車の音は凄まじい。

この先の車線変更を考えるとトンネルの手前からスピードダウンさせなければならない?この先何故車線が1車線になるのか?それはこの先に行けば分かる。全く同じ光景がこの先の反対車線にある。宝塚市内を出て生瀬(なまぜ)の街に入るとすぐ武庫川の上を片側2車線の立派な橋が完成している。

その橋は緩やかな登り。その坂を一気に登るとその先はここと全く一緒。事故にならないのが不思議?何でそうなるの?その理由も単純明快?中間に1、3キロが道が拡張されていないから。これはお笑いです。何たる無様?ところが当事者にその認識が無いのはどうした事なのだろう?

名塩道路は10、4キロの狭い道の拡幅を計画して30年近く経過している。それでもこの有様。全線2車線になる目処すら立たない?それだけでは無い。既に完成している区間も半分しか使われていない。こんな無様な姿を殆ど知らない。親父も偉そうに言えない。この現実を目の当りにしたのは今年の連休?たかだが数ヶ月前の事に過ぎない。

Img_5908

Img_5916

Img_5919

今回開通の「名塩道路」1、4キロはこの先。この部分は何と平成3年12月に完成?この手前はそれから14年後の平成17年に完成している。しかし先に述べた理由?で4車線の道路が暫定で2車線しか使えない?何たる無様。何たる道路工事?この先の写真を見たら「アッと驚く為五郎?」古い。これは驚き、桃の木、山椒の木を通り越して開いた口が塞がらない。

Img_5922

Img_5928

Img_5930

Img_5933

Img_5934

Img_5936

立派な橋が10年前に完成しているが使われているのは半分だけ(片側1車線)当初この橋が完成した時、国土交通省は暫定2車線の供用は考えていなかったのだろうか?この橋を2車線で供用してもこの先で1車線の所で車線変更しなければならない?そんな間抜けな理由?将来的には4車線で供用する。

ところが10年経ってもそれは実現していない。この先もっとひどい光景を見て愕然(がくぜん)としていた。その景色はこの先のバス停を利用した時(連休前?)不思議に感じていた。この拡幅工事完成した所から何で使わないの?

その理由もこの先の景色で良く分かる。拡幅工事が止まっている。その理由は地元の同意が得られない?何たる馬鹿げた理由だろう?ここ迄工事を進めてそれは無いだろう?その拡張で来ていない距離は1、3キロ。

これからその工事が始まる?でも何時の事や分からない?国土交通省兵庫国道事務所に聞けば分かる?でも聞くつもりは無い。工事が始まれば分かる?親父的には近くの猪名川阪神高速の吊り橋?(猪名川の中に橋脚は建てられない?嘘をつけ)

Img_5937

Img_5940

Img_5942

歩道は広いがこんな道を歩くオバカは居ない?この歩道の外側に片側2車線分のスペースは充分ある。(現在は片側1車線しか使われていない)。

Img_5944

Img_5947

Img_5949

Img_5950

立派な橋が出来る迄はこの道が通る橋があったのだろう?その跡形は見る事は出来なかった。これだけの立派な道が残っているのだから探せば見つける事が出来るに違いない。しかしここは木々が茂って深い谷。(尼子谷)下の川を渡る橋はいまでも生活道路になっている。今日はこの先でバスに乗ったので拡幅されていない狭い道は明日?お見せします。

Img_5952

Img_5953

Img_5958

Img_5961



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

今日も暑い?今日も「名塩」本日「名塩道路」開通式 但し1、4キロ

Img_5783

Img_5784

Img_5785

全く知らなかった名塩集落を流れる「名塩川」しばらくは集落を蛇行して流れる川もこの上流と下流は殆ど川沿いには歩けない?この川はこの集落で紙すきが始まり最盛期には殆どの家で行なわれたと言われる紙すきの大切な水だった。今でも清流?それでも紙すきは殆ど廃れているが僅かに2軒。その伝統を伝えている。そのうちの一軒谷野さんに紙すきの技を見せてもらったのはそんなに古い事では無い。

Img_0462

Img_0471

Img_0499

Img_0510

谷野さんは紙すき職人として人間国宝に指定されている。突然の訪問にも丁寧の見事な技を見せて呉れた。他にその技を目にする人が居なかったが夢中でシャッターの音すらも気にしていなかった。作業が終わる迄一言も口にしなかった現在の名工は作業が終わると「こんなもんです」とにっこりしていた。この写真は親父の「宝物」です。

Img_5786

Img_5787

Img_5788

名塩上滝?看板も何も無いので親父が勝手に呼んでいる。「水上勉」の短編小説「名塩川」ではこの地に紙すきの技術を伝えたと言われている(伝承)東山弥右衛門の妻が身を投げた淵と言われている。(小説では場所は書かれていない)。

水上勉のこの小説も「短編集」に収められているので殆ど眼にする事は出来ない。でもこの短編名作選はお勧めです。絶版になっているので興味があれば発行元(株)構想者にお問い合わせ下さい。親父は戦前の軍隊は最低だと思っているのでこの短編小説「草隠れ」は水上勉の印象が全く変った作品でした。

悲惨な戦争の歴史も知らないで「攻められた時には自衛の為の軍隊が当然」と、この名塩でも語るオバカが居たが、今この国の総理が同様の事を語る。多くの若者がこの国を守る為にどれほどの命を奪われたのか?それ位の事が学習出来ないのだろうか?

自衛の為の軍隊なら相手の攻撃が無くても先制攻撃が出来る?戦前の軍隊と何処が違っているのだろう?こんな政府と公明党がこの国を守る。名塩の地でも多くの若者の墓があるが彼等はどんな思いでこの国の現在を見ているのだろう?今夜その写真をお見せする。

Img_5789

Img_5790

Img_5791

今日2時に「名塩道路」バイパスが開通するとこの交通量が激変する?これからその写真を撮りに行きます。但し開通式には全く興味はありません。この道は永年のこの地域の人の悲願だったと近くのお寺の大和尚も口にしていましたが、この道路が完成しても名塩道路10、4キロは半分近くが未整備です。その完成は数十年先?何たる地方創生でしょう?来年、この集落の更に山奥に新名神高速道路が完成します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

名塩道路明日14時開通式 しかし工事はまだ続いていた。

Img_5755

Img_5756

Img_5757

右が明日開通する名塩道路。しかし予想通り路肩工事は完成していなかった。それでも明日は開通式。これは公式発表だから変更出来ない。正確に言えば明日の開通は仮?この後右側の道がバイパス道路となり集落を通り抜ける車は激減する?計算?

Img_5758

Img_5759

Img_5768

本当かウソか今日からこの整備された道を集落を通る車は通行する予定だった。この道も明日の14時迄は渋滞する?14時からは集落を通り抜ける殆どの車が右のバイパスを走る。この道をバスと集落の車が通る。その写真は又明日。

Img_5769

Img_5771

Img_5777

すぐ下を流れる名塩川。この川に流れ込むすぐ近くの川が草ぼうぼうだったので勘違いしていたがこちらが本流。これなら親父がガタガタ言う事は無い。近くの畑仕事をしているおばさんにその事を聞いて見ると警戒される。

「アンタ何処の人?」(写真を撮りに来ました)(川の事を教えて下さい)そう言葉を掛けても「忙しい」と言葉にトゲがある。そこで親父から反撃される。(なら言葉を掛けるな)ここでおばさんも無視すれば良いものを怒りをあらわにする。

こうなると親父も引き下がらない。相手にならない。親父の形相に勝てる訳が無い。(自慢すな)すごすごと背を向ける。今日は近くを歩いている人にも恵まれなかった。それが現実。殆どのパターンがこのケース。人の事などどうでも良い?

Img_5779

Img_5778_3

Img_5781
 
名塩川は名塩の集落を流れて武庫川に流れ込む2級河川?一級河川との違いは良く分からないがこの川を知ると多くの事が見えて来る?(どう言う事)名塩史の本を図書館に返したがこの川の事をもっと知らないといけない?名塩にはここ数ヶ月10回以上通っているがこの川の全てはまだ殆ど知らない。?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

名塩山荘近くの176号線道路付け替え明日。そして日曜日開通。

Img_5711

Img_5712

Img_5713

地元集落を走る国道176は今度の日曜日「名塩道路」が出来る。バイパス道路?多くの人は知らないがパイパス道路が出来ても国道名の変更は無い?親父も知らなかったが同じ国道が2本ある。これはここだけでは無い。渋滞解消の為に作られたバイパス道路は日本全国何処でも同じ取り扱い。これは一体どうして?

それでも明日から正面に見えるバスの通行は無い。明日から地元集落を走る車はこの下の道を走りこの下を通ってその先でループ橋を上がり右の国道に出る。ややこしい説明になるが地元の集落を通過するだけの多くの車は正面から左には走れない。(バイパス名塩道路に誘導される)その工事は明日行なわれる。その写真も明日お見せするのでそれを見れば良く分か

Img_5717

Img_5722

Img_5723

これ迄この道を多くの車が右から左(登り。丹波方面。)左から右(下り。宝塚方面)に通行していた。左にバイパス道路(名塩道路)が出来るのでその通行は出来無くなる。明日朝、画面左にガードレール付きのブロックが置かれて通行が直進となる。(説明が分かり難い?明日写真でお見せします)関係無い?そうかもしれない。

今日訪ねたお寺の大和尚からもそう言われた。「何を言いたいのか?」「何を聞きたいのか?」大した理由は無い。ところがその程度の事が簡単には出来ない?その事を多くの人は知らない?その訳を地元の人に聞いても怪訝(けげん)な対応をされる。ところが皆がみんなそうでは無かった。さり気なく言葉を交わした親父さんの奥さんから冷たいお茶をごちそうになる。又、素晴らしい人とお友達?になる。

Img_5725

Img_5726

Img_5727

Img_5729

集落の中を歩く。昔からの道。今は車が1台どうにか通れる。それも軽自動車。

Img_5730

Img_5732

Img_5733

国道176のバス通りに出る。この停留所に初めて来た時小学生がバスを待っていた。2、3キロの道を何で歩かないのかと思っていたがその理由はすぐ分かった。歩道が安全が確保されていない?子供達(大人は当然)が安全に歩けない?そんなアホな?アホではありません。歩いて見ると意外に安全な歩道は限られている?

Img_5735

Img_5736

Img_5737

バス通りは今度の日曜日バイパスが開通しても変わら無い。この狭い道でバスが停まると後続の車は追い越す事が出来ない。片側1車線の道は対向車が途切れない。その多くの車がバイパスに流れるとこの集落の交通量は減る。どれ位減るかは来週にならないと分からない。そんなこの街の歴史をお寺さんの大和尚に聞く。

支所のKさんに紹介してもらった大和尚は85歳。血色は良かったが突然の訪問に戸惑っていた?不愉快に思っていたのかもしれない?それでも相手の気持を無視して訪問の目的を一方的に喋る。当然その反応は良く無かった。会話が弾まない。

それでも聞きたかった答えは引き出していた。この狭い集落に大きなお寺さんが3つある。その棲み分けはきちんと出来ていた。そんな話も大和尚にとっては話したく無かった事だったのかも知れない。しかし人の相性はその程度の事では何も変わらない?

Img_5738

Img_5742

Img_5746

この場所で出合ったキリスト教の信者のお母さんは凄い人だった。その人との再会を期待したがそんなに物事は上手く行かない。名前を聞いていなかったので支所のKさんに聞いた時「知らない」と突き放されていた。その時、親父と介護の在り方に付いて口論する。公的介護と身内の介護。これから国と地方の行政から求められる介護の在り方。そのあるべき姿を語れる人も多くは無い。

キリスト教徒のお母さんは旦那さんを30年以上介護していた。親父はそんな生き方に献身的な心を感じて居たがそれは立派でもなんでもないと言われて親父の怒りが爆発していた。それも間違いに違いない。介護施設、介護制度のあり方についてもこれから多くの事が問われている。

Img_5751

Img_5747

Img_5748

集落の上に上がるとその先に畑があり本日の目的地は更にその上のニュータウンだったが気持が変わって引き返す。登ってきた時雑談をした親父さんは近くの女子高生と話をしていた。しかしそれは勘違いで大きなスダレの立てかけられた向こうには奥さんが居た。旦那さんに声を掛けていると奥さんの反応が聞こえる。

少し、後戻りをしてスダレの向こうの奥さんに挨拶をする。優しい人だった。冷たい麦茶を最初は断るが最後は手にして一気に飲み干す。近くの娘も口数は少なかったが写真のコンテストに優勝していた。親父の本日の傑作を見せる。それからバス停に向かう。何時もは殆ど人影を感じない道でしばらく雑談をする。又お友達が出来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土用の丑の日。鰻が食えた人は幸せ?食えない人はどうなの?

静岡掛川に住んでいた頃のこの頃の思い出は「甚八」さんの鰻と磐田の花火。当時の事を思い出す事は殆ど無くなったが、流石にこの時期になるとあの頃の風景が鮮明になる。甚八さんの鰻の大きさは小さくなり、磐田の花火は袋井の花火に変わったけれど最近は食べる事も見る事も無い。

関西でも鰻のおいしい所は一杯あるが殆ど知らない。教えてもらったとしても1人では流石に行きたいとも思わない。東海道を鈴鹿の峠の手前迄歩いた時、京都と大津の境にある逢阪の峠で「日本一」?のうな重を食った事を思い出す。あの時も1人だったがくたばる前に愛する人と再びの時は無理だろう?それ程に素晴らしいお店です。

食べ物の美味しいお店は日本全国何処にもあるが、どんなに美味しい食べ物でも一人では満足出来ないのはどうしてだろう?食事の不平、不満はその人の心の有り様を正直に現わすと言われているが、親父の様な我が儘な人間はどんなに美味しいと思われる料理を出されてもその思いは変わら無いのかも知れない?

今日も暑い日差しが照りつけていますがどんなに暑い日が続いても平気?です。鰻が専門店で食えなくても、近くのスーパーでお手頃価格の鰻の匂いを嗅かされても平然と通り過ぎる哀れな?姿が眼に浮かぶ?(お寿司も買わずに何を食うのかな?)

昨日新幹線の中で就活中の爽やかな女性と相席になりました。親父的には最近の若者達とは相容れない物がありましたが例外もある事が良く分かりました。多くの事を相対的に見て客観的な見方をしていると過信している事を思い知らされていました。

親父のブログも最近、面白く無いと言われても平然としていましたがそれも間違いでしょう?面白い事に人の関心は移りますが大事な事はその反対?ところが最近は面白く無ければ人の関心を集める事は出来ません。その客観的評価が出来なくても当然の様な顔をして人を批判する。これは何とも頂けない。そんな生き方をそろそろしなければならない?その事を教えてくれた気がしていました。それでも変わら無いけれど?

人間は多くの事を学習しながら賢くなる?これも間違いです。人間は「考える葦」この言葉も有名な言葉ですが最近はそんな事も知らないオバカが殆どです。人間は考える葦?この言葉は難し過ぎる?そうでは無く言葉として語れる人が殆ど居ない?そんな生き方は全く不要?価値も無いのでしょう?

「人間は考える葦」この言葉をネット検索して見て下さい。フレーズ.パスカルの言葉。パスカルの言葉と言われても最近は義務教育の中でも教えられていない?フランスの哲学者、思想家、数学者? 早熟の天才と言われその才能は多岐に及んでいる。39歳で亡くなっているがその偉業は数学者として多くの定義を残している。

彼は人生の勝利者では無い?天才的な考え方はその後の多くの賢人者に多大な影響を及ぼしているが「オバカ」には全く評価されていない。その訳も単純明快?話が哲学的?現在多くのリーダー達が口にする言葉。「道徳」とかを全く否定しているから?人としてあるべき姿を教える事も出来ない「道徳教育」それすらも否定されれば政治家、官僚に支持される訳等あるはずが無い?

「人間は考える葦である」人間は弱い生き物。植物(葦を例にしている)の一部分に等しい?しかし大きな違いは考える事が出来る。人間には無限の可能性があり同時に何も出来ない「ゴミ」「チリ」でもある。

哲学的な言葉で語れば時間的空間的劣勢を、考える事とその精神で打ち負かす事が出来ると説いている?(正しくはその言葉を正確に読み解いて下さい)最近、オバカな人が多いのは強ち(あながち)偶然の結果ではなくそのようなテレビ番組と報道の責任でもあるに違いない。

親父が信じていた可能性の挑戦。若き頃のあの志を今一度、たぎらせなければならない?無理だな?それでもやらないといけない。「荘川桜」と「御母衣ダム」はその事を教えて呉れていた。飛騨川の怒濤の流れはそんな親父を叱咤激励していたのかも知れない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月23日 (木)

大阪無事帰着。旅行中は元気だったが一気に疲れが出る。でもありがとう。

Img_5649

Img_5653

Img_5654

Img_5655

4年前に(実際は5年前かも?)長良川鉄道終点の北濃駅前からバスでここ迄来た。この先は今は路線バスは廃止されている。この先に御母衣ダム、「荘川桜」を見る事が出来る。前来た時は残念ながらここで引き返しだった。それが再び再会。

ここで食ったアイスクリームの味を忘れていなかった。前来た時には会えなかった親父さんにも会う事が出来た。親父さんはこの地で生まれこの地で育っていた。もう一つのドラマ佐藤さんの話も聞く事が出来た。親父さん又お合いしましょう。元気でお過ごし下さい。

(旧国鉄バス車掌の佐藤良二さんの話はネットで検索すると良く分かります)今回の旅で再発見出来た事。それは偉大な人の生き方でした。そんな人の万分の一でも良い人生を刻まないといけない。本当にありがとう。佐藤さんも奥さんも子供さんも本当に苦労を重ねた事でしょう。その道は今は車でないと辿る事は出来ない。

Img_5656

Img_5658

Img_5660

雨が優しく多くの事を語りかけていました。前回ここ迄来れた事に感謝の思いを重ねていましたが、今回はこの先の永年の夢を実現する事が出来ました。国鉄バスが通っていた道は殆どが整備をされていました。厳しい生活の痕跡は殆ど見る事が出来ませんでした。

これからは更に多くの人に忘れ去られるかもしれません。それでも時間を作って一度車で訪ねて下さい。厳しい道の先には感動の景色を見る事が出来ます。雨の中で見る景色は親父の期待を裏切る事はありませんでした。最初で最後の体験にならない様に念じていました。

Img_5668

Img_5672

Img_5674

高山の古い屋並み。親父が若い頃(30代前半)見た景色は何も変わっていなかった。あれから多くの年月が流れて今は外人観光客が殆どだった。ヨーロッパ系の人は静かで中国系は煩かった。

これからこの景色も彼等に占領されるに違いないが、静かな環境を維持する事の必要性を痛感していた。彼等のマナーの悪さは他の観光地でもこれから目立つと思うとうんざりだった?訪日観光客の増加はプラスの面だけでなくマイナス面もある事を関係者は思い知らされる?

Img_5676

Img_5678

Img_5679

Img_5683

Img_5684

30数年前に家族で泊まった宿は経営者が変わっていましたが、面影は残っていましら。次の30年はどう変るのでしょう?高山の街は何も変わらない様ですっかり変わっていました。高山の駅も取壊されて現在改築中。架設の駅の待合室は外人観光客で一杯でした。今回行けなかった上高地と奥飛騨温泉郷は次回のお楽しみ?

Img_5685

Img_5686

Img_5687

Img_5698

Img_5699

Img_5707

高山駅ホームも外人観光客団体で溢れていた。でもヨーローッパ系。中国人の様なジャカマシさは無い。次の機会は何時?それは無い気がしていた。それでも寂しさも感傷も無かった。帰りの電車の車窓から見える飛騨川の流れは大雨の影響で怒濤の流れになっていた。ありがとう。そして又会う日迄。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月22日 (水)

長年の思いが適う。「荘川桜」は予想以上に大木でした。

Img_5551

Img_5552

Img_5553

飛騨古川から高速道路で「荘川桜」の御母衣ダムに向かう。ハイウェイ管理カーの後を車間距離をおいて追走。この時はまだ雨が降っていなかつたが目的地に近づくと雨が本降りになる。傘を持っていなかったので目的地を通り過ぎて白川郷に向かう。

Img_5554

Img_5555

Img_5556

白川村の合掌造りを先に見に行く途中御母衣ダムサイトに立ち寄る。親父はダム建設のいきさつ?を知っていたつもりだったが充分とは言えなかった。大雨の中ダムサイトに立ち寄る。案内パネルを見ながら先人の「ご苦労」に頭が下がる。

Img_5557

Img_5558

Img_5559

Img_5560

Img_5561

Img_5562

Img_5563

Img_5564

Img_5565

Img_5569

Img_5574

Img_5576

Img_5578

Img_5579

白川村の合掌造りは一つの集落でした。展望台からの景色です。意外に景色は限られていました。真ん中の通りを車で戻りました。ゆっくり歩いて見なかったので印象は期待外れ。興味があればゆっくりと歩かないとダメです。

Img_5581

Img_5582_2

Img_5584

集落を抜ける通りは基本的には通行禁止。集落の入り口(上側)に村営の駐車場があるがそこには車を止めずに展望台からの写真。平日だったので車で通り抜ける事が出来たが日曜祭日は出来ない?村のはずれで山菜うどんを食って引き返す。

Img_5583_2

Img_5586

Img_5587

Img_5588

集落を上から見下ろせる場所は分かりにくい。レーターカーのナビでは分からず。集落の案内図もよく分からなかった。食事の場所も歩いていれば選択が容易?車は集落の中は原則通行禁止の為適当な駐車場はなかった。

Img_5590

Img_5596

Img_5606

Img_5600

この桜の大木は雨の上がった合間に見る事が出来る。多くの人の想いを越えて実現した大事業。この桜の大木がどれだけ多くの人に感銘を与えたのか?想像を遥かに超えていた。当時このダムが計画された時、この湖底に集落が沈む人達に対して電電開発の責任者はその必要性を懇切丁寧に説いて説得した。

そしてこの桜の大木を湖底から湖上のこの場所に移植を計画した。その壮大な計画を手助けした桜の博士。笹部新太郎。名古屋の植木職人丹羽兄弟。こんなドラマに立ち会えた事に感謝していた。それだけでない。

この前は今は路線バスが走っていないが国鉄バスが運行していた時、バスの車掌佐藤さんは「太平洋(名古屋)から日本海(富山)桜並木で繋ごうと自費で苗木を植えていた。その道を4年前に途中の「ひるがの公園」迄来ていた。その地を再訪出来る。

Img_5608

Img_5612

Img_5613

Img_5614

Img_5617

Img_5619

Img_5621

今年の春の桜花の芽吹きは今イチだったと聞いたが、それでも老木はその偉容を見せつけその予想以上の幹の勢いに完全に圧倒されていた。名ごり惜しい思いも全くなかった。次の機会は期待出来ないがそれでも嘆きは無かった。

Img_5624

Img_5628

Img_5632

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛騨古川「八ツ三館」(ヤツミ館)静かな夜。高山無事到着。

Img_5480_4

Img_5481

Img_5482

名古屋のデパ地下ですき焼き弁当買ったが「上げ底」安物買いの銭失い?
飛騨路の特急グリーン車。グリーン車最高。2時間半退屈せず。景色は予想外に明るかった?飛騨路の旅は車の記憶しかなかった。これが最初で最後?(それを決めるのもアナタの体調)体調が復活して感謝です。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

大阪は梅雨明けの模様?どういうこっちゃー?こう言うこっちゃー?

Img_5363

Img_5364

Img_5365

Img_5367

昨日はよく歩きました。最近少し体調が良く無かったけれどこれだけ歩ければ文句はありません。最初はこんなに歩くつもりは無かったけれど思いがけない健脚?でした。どん位歩いたの?10キロは越えたな?ウソでしょう?本当です。足が棒になったけれど靴が良ければもっと歩ける?メイドインチャイナの安靴はこれが限界?

Img_5370

Img_5371

Img_5373

ここは堰が改修されている。改修された時の感じは「何でこんなに多くのコンクリートブロックを敷き積めたの?」そんな感じだったがその成果は出ていた?それでも何度も言ってきたが堰の下に何でこんなに堆積土砂の森?があるの?

その思いは何も変わっていない。その堆積土砂と森が突き崩されていた?それも計算通り?「嘘をつけ」堰の上に引っ掛かっている木はこの堰のすぐ上の端に在ったもの。もう少し水位が高ければ一気に流されたに違いない?堆積土砂と森はそうは行かない?

Img_5375

Img_5378

Img_5379

Img_5380

意外にここ迄濁流が流れている。実際は一時だったに違いないが、折角堰を整備した成果が発揮されていない。そんな事もどうでも良いのだろう?河川工事とはそんな物だろう?河川敷のグラウンドはここが一番低い?もう一度土を入れて整備するのだろうか?(やりそうな気がする)ここは我が街のグラウンド?なら決まり?

Img_5384

Img_5382

Img_5387

これだけ無様な姿を晒しても税金投入(グラウンド整備)も仕方ない?親父如きがいくら喚いても何も変わらない。このグラウンドも少々の冠水では整備をするだけで何も変わらないだろう?人間様の舐めた?河川管理を何時思い知らされるのだろう?(いい加減なことを言うな?)それではこれではどうだ?何も感じない?アホだろう?

Img_5396

Img_5395

Img_5401

この木は先日見せた上流の堰。この堰も今年の春低く改修されただけでなく、対岸にはオバカにも親水公園を造っている。川の中に造った堰に川の中に残した大木が流れて引っ掛かる。何たる間抜けだろう。こんな河川管理が批判されない?

公共放送のニュースにもならない?低く造られた堰は全く見えない。流されたのかと思いながら対岸で確認する。水没していた。近くでオバカが膝枕で耳掃除?これが現実かい?低い堰に引っ掛かった木の後ろを良く見て下さい。この下に堰が埋まっている。(流されたのかとびっくりしていた)

Img_5399

Img_5400

Img_5404

Img_5439

Img_5450

Img_5435

サギも途方に暮れて身動きもしない。エサが無い。オバカな人間様が多い。バーベキューはしているが魚は投げてくれない?オイラは川の中の魚を狙っている?右の流れは人工的に造られた水路。そこが大きくえぐられている。水が少なくなれば左の陸地は整備されるのだろうか?ここの管理は隣町。環境に優しい街作り?やる事が違う。

Img_5462

Img_5459

Img_5463

Img_5467

この流されて木の下に堰は残っていた。水位がもっと下がらないと堰は見えない。その時どんな姿を見せてくれるのだろう?上流から多くの砂利が流されてこの堰に溜まっている。これも自然の力?水が引いた時その事は良く検証しなければならない?やらないだろう?(アナタがやりなはれ)お役人が任命しないだろう?(アホ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お日ーさんが「クワッーと」枝雀さんがオバカなお笑いを笑っている?

Img_5160

Img_5162

Img_5163

Img_5164

ローカル放送の間抜けさ。全く伝えない近くの「猪名川」増水の結果。親父が何度もぼやいた「河川管理」の現状。これは何もローカルの出来事では無い。日本全国の現状?公共放送?民間放送?その社会的責任の大きさは当事者でも尤もらしく語るけれど「地に落ちている」?そんな事も全く感じられない?その代償を誰が払うのだろう?(そんな事はどうでも良い?自分達が当事者にならないと関係無い?)

Img_5166

Img_5168

Img_5169

Img_5170

何処でも見られる?この間抜けな看板?多くの人は「こんな取り組み?」が素晴らしいと思っているのだろうか?川の護岸をコンクリートで固めている大阪市内のドブ川に比べると確かに「自然が残っている」?但しその絶対的条件をどの程度理解しているのだろう?言葉は汚いが実態は「酷過ぎる」?「ドラゴン自然緑地」?どんな顔をしてこんな間抜けな事が言えるのだろう?(意味が分からない?)お見せします。

Img_5175

Img_5176

Img_5178

Img_5179

Img_5180

Img_5181

以前お見せした写真でこの光景よりももっとひどい写真をお見せした事がある。この地域は国土交通省の地方河川事務所が管理しているが、その場所は地方の土木事務所河川管理が管理している?その管理者から言われた言葉。

「河川内の洪水時の流量調査はきちんと計算している」嘘をつけ。先日の雨で昨年並の豪雨が在ればこの程度では済まない?ただ河川管理者がこんなとぼけた事が言えるのはスーパー堤防が完備され想定外の大雨にも洪水の心配は無いから?

そんな考えが何時迄も続けられる訳が無い事は彼等が一番理解している。それでもやらない理由?それもお見せする?(見たく無い?)だろうな?大阪は今日は猛暑日。親父は出掛けないので只今洗濯中。(それもどうでもいいか?)明日から高山です。(自慢すな)

Img_5186

Img_5189

Img_5190

Img_5192

Img_5195

信じられないだろうがここは堤防の中。堤防はこの右側に堤防中のコンクリートに固められた道がありその上にある。この大木が水没しても氾濫の心配は無い?流石にそれはない?この樹がこれだけ大きくなったのはそれだけ洪水の心配は無いと言う事?河川管理者はそう考えている?そんな事は無い。?これも全国の一級河川何処にでもある光景?

Img_5198

Img_5200

Img_5201

Img_5205

Img_5206

ここで堤防下の道は歩けない。理由?堤防から川に降りる道があるから?(何でそんな道があるの?)川の整備の為にブルドーダーが降りた事がある?ドラゴン自然緑地も管理されている?ただこの堆積土砂はいずれ無くなる?理由?

対岸のグラウンドは毎年冠水してその度に整備の税金が使われる。しかしそんな事も国土交通省猪名川河川事務所は全く問題にしていない。だからこんな間抜けな看板が堂々と建てられている?自然の猛威がどんなに強くても数年に一度の大雨では批判は高まらない?お役所仕事はその程度の事?行政改革なんてチャンチャラ可笑しい?

Img_5209

Img_5211

Img_5224

Img_5226

この堰も今年の春整備?された。堰を低くして川の流れの中心に多くの大きなコンクリートブロックが入れられたがその為に川の流れは大きく塞き止められた。その堰が完成して最初の増水。景色は見事に変わっていた。コンクリートブロックはしっかりと急流に耐えていた。

しかし堰の下の放置されていた堆積土砂とその上の木は大きくなぎ倒され一部は流されていた。人工の力でなく自然の増水の水の力で増水した流れは景色を変えていた。これも計算通りだったのだろうか?この下流には右岸に川西市と伊丹市のグラウンドがある。その一番下のグラウンドは冠水していた。それも増水した水が直撃したから?

Img_5255

Img_5349

Img_5262

Img_5265

Img_5275

Img_5286

Img_5290

Img_5301

Img_5303

Img_5309

軍港橋近くのグラウンド。昨年秋の大水で冠水し今年やっと整備されたのにこの有様。最初はグラウンド整備の土が悪かったのかと思っていたがそうでは無かった。完全に冠水している。その原因も橋の上から見下ろしてみると良く分かる?

Img_5325

Img_5329

Img_5333

川の流れがおかしい?水の流れが下流に向かって横に流れている?この写真の左がグラウンド。行政は国(国土交通省)に対して左の河川敷のグラウンドの堤防の補強を何で求めないのだろう?事実を確認していないが河川管理者は川の中心部を掘り下げて水の流れを直進させないのだろう?それも関係ネーと思わせている?Img_5343

Img_5346

Img_5351

川の中の堆積土砂。この上の堰は補強されている。そのすぐ下がこの様。これは犯罪でしょう?」罪名は河川管理法違反?そんな法律は無い?嘘をつけ。この状況を良く見ればそんな言葉は口に出来ない。何でこんなデタラメが許されているのか?それはどうでも良いから?そんな事は無いだろう?知らないから?知らない事は本当に情けない事です。幸いにも人的被害も物的被害も無いから文句は無い?違うでしょう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

久し振りに足が棒になる?犬に歩けば棒に当たる?親父が歩けば怒りがこみ上げて来る?

Img_5075

Img_5080_2

Img_5086_2

対岸に残されていた?大木が増水で流され堰で泊っていた。ここは今年の春、堰が低く改修され川底が掘り下げられこれだけ水位が下がっていた。昨日の大雨でも白く乾いた堤防の水位の跡を見ても余裕があった。

ところが予想通り?この下に作られた「親水公園」は自然の猛威に完全に破壊されていた。跡形も無く流されていたら工事関係者はどう弁明したのだろう?この先、上流を歩いて対岸を歩く。その時、無様な姿をお見せする?(見たく無い?)なら見るな。今日は怒っている。

Img_5091

Img_5095

Img_5097

この可動堰が下げられてこの可動堰のすぐ上流に在った固定堰が取壊され、そのコンクリートの残骸がこうして再利用されているのは何とも粋?この再利用も馬鹿にされた。堰がこんな形になる事は無い?バカヤロウだろう?地域活性化対策は無駄な堰の作り替え?何時迄もそんな事で飯が食えると思っているのだろう?

Img_5099

Img_5100

Img_5102

ここに在った堰は御用済みでした。それでも飛び石で水位が下がれば渡る事が出来たが今回の増水で完全に破壊されている?これが水圧?自然の猛威?分かったかと言われても分からんだろう?後、1週間もすればその事が分かる。飛び石は無理だろう?

Img_5107

Img_5108

Img_5109

驚いた事に先日の雨でもここ迄水が流れている。自然の猛威を思い知る。この下の堰は何の為に造られたのか?全く分からない。今回の増水で飛び石のコンクリートの塊が倒れているので渡れなくなる?河川管理者はニンマリしているかも?それは無い?

Img_5111

Img_5112

Img_5113

上流の可動堰を見て絹延橋を渡り引き返して来る。この橋は橋脚間が長いので吊り橋型になっている。阪神高速猪名川大橋?(正式では無い)この形が宝塚生瀬の先の未整備の道がこの形になる?(別の方法は旧福知山線のトンネル?この場所は確認していない)

Img_5128

Img_5133

Img_5137

Img_5138

Img_5139

ここが今年の春整備された川の中の「親水公園」どれだけの税金でどれだけの結果を考えたのか?工事の責任者に問われる事は無い?今回の増水は昨年程ではなかったがそれでも完全にアウト。水が引いたらどんな応急処置をするのだろう?まさかやり直しはしないだろう?しかし補正予算は必要?余計なお世話?バカヤロー。

Img_5148

Img_5154

Img_5157

川の中に人工の公園?馬鹿だろう?どうして川の中の堆積土砂を綺麗にしないのだろう?ここはまだマシ?そう思うかも?それでも正面の先に河川敷のグランドがある。今回は冠水していないがその先の低いグラウンドはアウトだった。今年の夏は間違いなく今回の増水を越えるに違いない?どうして?天候は人間の思惑を越える?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

支持率減でも安保法制必要?よく言って呉れますね?

「世論とやらに耳を傾けていたら自衛隊も安保条約も出来なかった?」ここまで言い切りますか?親父も全く同感?ただ親父はだからこそ「それではいけない」と若い頃から考えてきたがそうでは無い?よく言って呉れました?自民党高村副総裁。

「政権の支持率を犠牲にして迄もこの法律を何としても成立させる」こんなとぼけた言葉も支持されると思っているのだろう?親父の政権批判を多くの人から笑われたがこの国の政治意識、国民の政治批判はこの程度だと本当に考えている事が良く分かる?

「そんな事はどうでも良い?」自分が政治家として経営者として組織の親分として考えている事が絶対的不変?そう考えているのだと言う事が良く分かる。これ迄多くの事が議論され「国民の理解を得る」と言われている言葉が全くの詭弁(きべん)?方便?言葉のごまかし?ウソも方便ってか?この政治家何処が選挙区?選挙区の人達はそれでもこの親父を支持する?それがこの国の民主主義?

全く同じ事が行なわれてもマスコミさえも最近全く報道しない政治家の政治資金規正法違反。小沢一郎の政治と金の説明責任を連日報道して「政治のあるべき姿」を正した?そのマスコミが今やその責任者の説明責任を問う事は無い。何で?ニュースとしても問題にされない?この国の検察が口にした「正義と秩序」それもこの程度ってか?

ただ嘆く事もボヤク事もなにも無い。これがこの国の民主主義とやらのレベル?「いじめ」だセクハラだパワハラだと騒いだ所でこの国の政権与党の責任ある立場の人がこの程度?高村さんアナタの選挙区は山口。安倍総理も山口。山口県民はそんな政治家を支持する?この国の地方創生が声高に叫ばれる本当の事が良く分かる?

政権与党の支持率が30%を切ればこの法律は成立しない?高村氏がどんなに「支持率を気にしない」と啖呵を切った所で支持率が回復しない総理大臣は裸の大様。何時迄もその地位にしがみつく事は出来ない?それ位の事が分からないのではなくそんな事は絶対に無いと思っているのだろう?それも時間の問題?

これから難問が山積している?TPP交渉、戦後の歴史認識、経済成長戦略、北朝鮮拉致問題。何一つ容易い問題は無い。これ迄禁じ手と言われてきた金融緩和、為替介入で大企業とその関係者(労働組合迄も)美味しい思いをしてきたがこれからはそうは行かない?東芝の問題は第三者委員会が明日正式に原因報告?そして幕引き?

ギリシャ問題、中国上海市場の株価暴落対策、そしてこの東芝の利益操作。本当の原因は何処に在るのか?その事を明確にすれば「市場は持たない?」政治の世界も同じだと言うのだろうか?これから梅雨が開け暑い夏が始まる?熱中症にご注意?その程度の問題ではない事を思い知る事は無いのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月18日 (土)

宝塚から福知山線「武田尾」行けず 予定変更 

Img_4983

Img_4984

Img_4987

電車は不通?バスは間引き?予定変更。宝塚駅の裏側(武庫川の対岸)を歩く。この道は宝塚から生瀬(なまぜ)に向かう旧道?歩き始めた時は意外に広い道に戸惑う?しかし、それも一時だった。武庫川も以外な急流だった。江戸時代の渡しはここでは無理だった事が良く分かる。?

Img_4992

Img_4993

Img_4995

現在はS字の立派な橋が掛かっている。この橋を渡るのは初めて。近くに大阪に戻って初めて力仕事をしたマンションの現場があるが、景色はすっかり変わっていた。この先は高級住宅地?それにしては急傾斜地が迫っている?

Img_4997

Img_4998

Img_5001

橋を渡ると老舗の煎餅屋さんがある。この真向かいに「宝塚温泉」がある。鎌倉時代快癒と言われている天然温泉。現在の温泉は1884年開湯。栄枯盛衰を繰り返し現在は高級ホテルとスパランドがある。ホテルは余程稼がないと泊れない。1人で泊まる価値も無い?

Img_5002

Img_5004

Img_5007

武庫川上流に向かって右岸。宝塚駅近くでこれ程の景色が見れるとは思わず。これが本当の天然の要塞?それでも昨夜はこの岩の半分までは激流が迫っている?信じられない事にこの川は2級河川。しかしこの川の荒々しさは大雨が降ると一変する。

Img_5008

Img_5010

Img_5016

Img_5018

Img_5020

Img_5022

この先は道がもっと狭くなる。どうして一方通行にしないのか?そんな地元の要望は無い?この川の右に広い道がある。だから拡幅はしない?これは全く知らない現実だった。皮肉な事にこの先、行政の境が宝塚市から西宮生瀬に変わると歩道が出来る。

Img_5028

Img_5030

Img_5046

Img_5047

道は狭くなるが信じられない事に歩いて来る人がいる。親父一人でも対向車が来ると立ち止まらないといけない。今回は用心深く進む。対向車も歩行者を無視する事は出来ない。この道はいずれ事故が起きる?そうならないと歩道は出来ないのだろう?

Img_5038

Img_5049

Img_5050

ここから行政区が変わる。この先に武庫川を渡る橋があり「西宮名塩」の集落を通り抜ける阪急バスがその橋を渡る。その橋を今日は歩いて帰る。この橋を渡らなくても「西宮名塩」には武庫川を直進する立派な橋が出来ている。しかしその橋もまだ充分活用されていない。その先の道が拡幅されていないから?

Img_5051

Img_5052

Img_5053

この広い道は平成10年に完成している。これだけの広い道を作るのにどれだけの人が住まいを追われどれだけの無念の思いをしたのだろう?そのお陰でこれだけの立派な道が出来ている。その時から多くの歳月(としつき)が流れている。

それから3年後平成13年に立派な橋が出来ている。それから14年この橋の先1、3キロが道幅が広げられていない。川と山麓が住宅地に迫り片側1車線のまま。その為この先工事を終えた道が片側1車線のまま。今月末開通する名塩道路も1、4キロ。その先3、6キロは工事の目処も立っていない。

Img_5054

Img_5056

Img_5057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

競馬のコマーシャルかい?アホだろう?アホはアナタです

 台風一過。昨夜は遅くまで雨が降っていたが今朝は爽やかな天気?蝉の初鳴きを聞く?テレビでは親父が新婚の時を過ごした「大山崎」で、JR西日本の快速が4時間以上停止して多くの人が気分が悪くなり救急車が出動と報じているが何たる間抜け。

大雨で安全確保の為に4時間以上も電車を止めるのかい?こんな事は信じられない。今回は大雨だったが大きな災害では無い。4時間も電車を止めてどんな安全確認をしていたのだろう?会社の指示命令が機能しないからこんな無様な結果を引き起こす?

それよりのそんな遅く(終電間際)の電車に多くの乗客が乗っている?その事も異常だろう?大雨で安全確保しなければならない事が分からなかった?JR西日本の危機管理。そんな電車に夜遅く女、子供が平然と乗っている?その事がおかしいと思わないのだろう?自然を舐めている?台風を舐めている?大雨と強風を舐めている?

そんな報道は無い?今回の河川の氾濫も河川管理のお粗末さを問う声は少ない?親父がぼやいている近くの猪名川、武庫川の河川管理。それと全く同じ事が全国区の河川で行なわれている?和歌山は今、道路が地元有力政治家の影響力で整備されている?河川の整備はそれでは追いつかないのかい?

土曜日は毎週欠かさず競馬中継を見ている。(アホ)それでも最近は面白くも何ともない。競馬はレジャー?うそをつけ。命の次に大切?なお金を賭けていないと全くつまらない。もうそんなお金もない。ドブに捨てる様な勝ち馬投票券。その事が分かれば必然的に見向きもされない。それ位の事もこのオバカなコマーシャルは無視?

「夏競馬」福島、九州、北海道。美味い物が食える。馬鹿だろう?そんな経験は一度もした事は無い?(それはアナタの馬券の買い方?)アホ抜かせ。ギャンブルでどれだけの人が「トータル」で美味しい思いをしていると言うのだろう?殆ど居ない?中央競馬の胴元が丸儲け?そのお金は社会に還元されている?馬鹿だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月17日 (金)

安倍総理 新国立競技場建設 白紙で見直す?

安保法制 衆議院の議決は白紙見直しは出来ないが、国立競技場の建設案は見直す?支持率が下がるとこんな「姑息」(こそく)な手を使うのだろうか?もっとも最近のオバカは姑息と言われても分からないかも?姑息な手。言葉の本来の意味は「合いやしばらく」?現在的な表現をすれば「ちょっと待ってね。ちょっと休ませて」?

ところがこの言葉はそんな意味では使われていない。本来の言葉の意味はそうであっても実際には全く違う意味で使われている?その真逆の使われ方に驚くがそれ程の間違いの意味も気にならない言葉かもしれない?実際の使われ方は「ごまかし」「卑劣」「その場凌ぎ」しかし強ち(あながち)それも間違いではないかもしれない?

その言葉がぴったしの安倍総理のこの決定。あの自信満々の薄笑いは何処に行ったのだろう?多くの支持者は何の疑問も感じていない?「公共工事の垂れ流し」信じられない事にあれ程連日当時の政権を批判したマスコミも「八ッ場」(やん場)ダムのその後の報道は全く何も無い。馬鹿だろう?こんなマスコミが信頼に足りる?

民主党政権の公共工事の見直しで工事が中断されたあのダムは今、どうなっているのか?その事を知れば安倍総理の見直し発言は立派な決断?そうは甘く無い?(ヤンバダムの件は詳しくは説明出来ないが現状を知れば怒りがこみ上げて来る。是非ネット検索して下さい。これがこの国の有権者の良識?こんな工事がここだけでは無い)

国立競技場の建設費が2520億円で当初計画より大幅に高い?八っ場ダムはそんなもんでは無い。今、関西で着々と建設されている第二名神もそんな物でもない。全国津々浦々で工事が進行している公共工事?その必要性が全く問われなくなったのはアベノミクスの所為では無い?マスコミが批判しなくなったから?

安倍総理が今回、国立競技場の見直しを表明したのは支持率が下がったから?親父が全く信用しないマスコミの「世論調査」とやらも意外に深刻に受け止めているのだろうか?安保法制の見直しは出来なくても国立競技場の建設は見直す?

オバカな公共放送は台風11号の被害を深刻に伝えているが、自然の猛威はそんな事はお構いない?親父が一昨日歩いた武庫川の武田尾では「氾濫危険水位」に達している。しかし旅館が2軒あるだけ。何の問題も無い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝の現実。多くの人が知らない現実。この国を代表する?企業の実態?

上司の顔色を窺う?上司の意見には逆らう事は出来ない?当然だろう?
当然で無い?何を馬鹿な事を言っているのだろう?会社でも組織でも親しい仲間達でも「最低のボスが居る」本当のボスは仲間を守り自分達の存在を否定する相手に対して立ち向かうのだが、最近のボスは本当にセコい。最低。

こんな輩はボスでも何でも無いがところがそうではない。人の意見も聞けない?議論も出来ない?相手を諭す事も出来ない。力関係で相手を罵倒する?相手を叩き潰す?相手を追放する?何様と思っているのだろう?しかしこんな輩が本当に多い?

日本を代表する電機メーカー「東芝」東京芝浦電機。その歴史は古い。ネット検索してみると「大手総合電機メーカー」とある?大手電気総合メーカー?大手電機八社(日立、パナソニック、東芝、三菱電機、ソニー、シャープ、日本電気、富士通)の一角? 

重電八社(日立、東芝、三菱、富士電機、明電舎、日新電機、ダイヘン、東光高岳)の一角?(知らない会社がある)大手重機三社(日立、東芝、三菱電機)の一角?(過去の話だろう?イエイエ)半導体メーカーで国内最大手?日立製作所に次ぐ総合電機メーカー2位?売り上げ高(6兆5000億円)営業利益(2908億円)純利益(508億円)いずれも前年度。

ところがこの決算発表に異議が申し立てられている。それも会社の絶対的な信用を失う内部告発。この問題が表面化したのが今年の決算報告書?現在その見直しが第三者委員会で行なわれその結果はまだ公表されていない?

こんな事が許されてもこの企業の社会的責任は守られている?そうです?この会社の決算処理は正確ではなかった?この時点でこの会社は信用失墜。日本を代表する企業は解体される?その原因を第三者委員会で調べる?バカヤロウだろう?

ところがそうでは無い?マスコミの報道では「不適切な会計処理」そしてその責任は経営者の辞任で彼等は多額の退職金を手にして関連企業に天下り?それも無しで悠々自適の生活?何たる間抜けな国だろう?この企業の従業員20万人。彼等には何の責任も無い?株主もその多くが金融機関と生命保険会社と従業員の持ち株?

これがこの国の尤もらしい現実?内部告発を行なった人は排除され東芝の存在は何も変わらない?この国の財界は何時からこんなにおかしくなったのだろう?昔からです?それではこの国の在り方は何も変わらない?それは何処でも同じです?そんな時代は何時迄も続かない事を歴史が証明している事を知らないだけです?

国立競技場の建設費と言い、集団的自衛権の憲法解釈と言い何処までコケにされるのだろうか?も少し多くの人が賢くならないと駄目だろう?馬鹿ママに罵倒された位で「死ぬな」。可愛い子供達の為に毅然として立ち向かえ。その日々はどんなに苦しくて愛する子供の未来の為ならそれ位の事は容易い。

どんなにコケにされても自ら命を立つ事は無い。残された子供の事を考えるとそんな事は許されない。苦しい時、哀しい時、絶望した時、必ず近くに手を差し伸べてくれる人が現れる。そう信じて下さい。それ位の事は親父にも出来るに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風直撃は免れる。それでも自然の猛威を思い知る。知らない?

Img_4978

Img_4956

Img_4946

昨日の近くの猪名川。今年の春に改修?(従来の堰を低くして対岸の川の中に親水公園を作る)された堰とその下の川の流れをしばらく眺めていた。どんだけの税金を使ってこんな無駄な工事をするのかと思う人は少ない?

流石に台風前の夕方で誰も居ない。大雨が降り激流が河川敷に迫ればこんな人工の構造物は一気に流される?そんな事はどうでも良いのだろう?今回は幸いに台風直撃とはならなかったが洪水の危機は何も変わっていない?その認識は河川管理者には無い?その事を痛感していた

Img_4962

Img_4973

Img_4966

親父とは違う思惑?でサギは狩りをしていた。しかし残念ながら小魚の気配は無い。これだけ水かさが増えてもこの低い堰を遡る魚もいない?サギもサジを投げ出していた。この川にホタルを呼び戻す?そんな取り組みをしているがその前に小魚を。サギにそう言われていた?

この川の西に武庫川が流れている。西宮名塩はその上流の支流だがその川も魚が殆ど居ない?そんな川でもホタルを呼び寄せていた?狭い川?用水路の中は草だらけ?その草を刈るとホタルの幼虫が育たない?そんな馬鹿な事を行政は尤もらしく語っていた。環境に優しい河川?それがこんな形?サギが何時迄も固まっていた。

Img_4921

Img_4918

Img_4914

どう言うつもりか川をこんなに塞き止めて魚が住めない川にしながら、その一方でホタルが飛び交う川にする?環境に優しい「ドラゴン緑地」を作る?馬鹿だろう?綺麗な川の流れの絶対的な条件を無視しながら、その反対の事を尤もらしく宣伝する。それで「国民の理解を求める」ってか?

この堰は可動堰。堰の高さを変えられる。しかし上流で大雨が降り激流が流れ下れば堰の高さは関係ねーだろう?そんな事は無いのだろうか?考えても見たまえ。この堰の下流の水位が上がればこの堰を下げても関係ネーだろう?

それも違うのだろうか?一時凌ぎにはなる?うそをつけ。因にこの堰は農業用水にも水道用水にも使われていない。何の為に塞き止めているの?その説明はどうでも良い?下流の堰を低くして川底を掘り下げ川の流れをよくして水位を低くした時にはこの堰も完全に役目を終えていた。ところがいつの間にか水が溜めたれこの有様。その意味は聞いてみないと分からない。聞いて見るつもりも無いが。

Img_4903

Img_4906

Img_4907

Img_4908

毎日欠かさず歩いているが体重は安定。 今月末の一区切りは目標達成ならず?まだまだ諦めるのは早い。食事の量を減らせば間違いなく達成が出来る?そんなに甘く無い?背中の傷みはストレッチ(真似事)出なくなったが背中とヘソから上の脂肪のマワシは全く変わらない。ゴルフ現役のあの体に戻しましょう。無理だな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

大阪は台風直撃?芦屋で駐車場警備員していたの時の事を思い出す?

Img_4794

Img_4795

Img_4798

ここまで登って来ると右の谷から吹き上げて来る風が心地好い。この先にこの演習林の作業小屋、笹部新太郎の研究室があった。(現在は建物のみ)この演習林を管理していた植木職人の「弥吉」はこの道を歩いている?笹部新太郎もこの道を多くの客人を案内している。

Img_4799

Img_4802

Img_4804

ここ迄登って来ると山桜は少なくなって来る。その替り山は更に深くなる。

Img_4805

Img_4806

Img_4807

この東屋(休憩所)は多くの道が交差している「育樹の丘」。何時来ても先客が居る。そんな時、何時でも誰にでも声を掛けるが心地好い反応ばかりでは無い。殆どの人が男女を問わず複数の人だから他人から声を掛けられても反応は鈍い。それが当たり前だろう。それで充分。そう考えていた。昨日は誰も声を掛ける事は無かった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風の余波はまだ無い。影響が出るのは今夜から?

Img_4736

Img_4737_2

Img_4738

Img_4739

久し振りに歩いた福知山線廃線敷。平日なので人影は全く無かったが引き返す時、不気味な音と人影を感じる。強面の親父でも警戒?良く見ると馬鹿親父だった。ラジカセを響かせながらトランペットの練習を始め掛けていた。トンネルの中だから音響効果は良い?その気持は分かるけれど何とも考えが貧しい?

親父から横目で見られると流石に演奏は止めていた。近くの河川敷で練習をしている人は知っているが、トンネルの中では初めて。いろんな価値観はあっても当然だがこれはアカンやろう?そう感じていた。親父さんもそう感じていたのだろう?親父がトンネルを出ても演奏は聞こえなかった。

Img_4740

Img_4741

Img_4742

Img_4743

この先のトンネルを抜けると「桜の園」亦楽山荘(えきらくさんそう)がある。初めて歩いた時は、その素晴らしさと関係者のご苦労は何も分からなかった。今でもこの廃線敷を歩く多くの人でも知らない。その程度の事です。

これがこの国の現実。知らない事は恥ずかしい事でも何でもないが、それでは生き方として大切な物を見失っている?それも余計なお世話に違いない?今日は久し振りにお出掛け無し。珠にはゆっくりとした時間(ダラシのない時間)も必要に違いない。

来週は待望の御母衣ダム。荘川桜を見る事が出来る。?桜が見れる?桜は桜花だけでなく青葉とそれを支えて来た大きなドラマがある。是非荘川桜ネットで調べて下さい。永年の悲願に今年出合う事が出来たこの先の笹部新太郎「桜の演習林」その重なりに想いが込み上げて来るに違いない?

Img_4752

Img_4755

Img_4756

5月の連休の前後に何度も来ているので殆どのルートを歩いている。この山で桜の品種改良の支持をした「桜の博士」笹部新太郎と実際にその作業をした植木職人北 弥吉。その偉業を偲ぶ事が出来る。今回の目標は一番楽な「散策コース」それでもびっしょり汗をかいていた。

Img_4757

Img_4758

Img_4759

この桜の園「笹部新太郎演習林」で一番しんどいコースは入り口から一気に尾根を登る右下のルート。この道は覚悟して挑戦したが厳しかったのは最初の登りだけ。息苦しかったけれどその先は素晴らしい景色が広がっていた。

右下から尾根を進み右中央に出ると眼下に絶景が広がっていた。次の機会は秋。半日掛かりでゆっくりと歩きたい。不安を感じたのは中央左からの赤い道。「滝道」この道は厳しかった。一番上の道は歩いていないが整備されていない。

Img_4762

Img_4765

Img_4767

晩秋の時素晴らしい錦絵を見せてくれるに違いない。これまで箕面と京都高雄の紅葉は何度も眼にしているが、勝るとも劣らない景色が優しく体を包み込んで呉れるに違いない。今年もそんな時は近い?その前に暑い暑い夏を乗り越えなければならない。

Img_4769

Img_4776_2

Img_4777

空高く伸びている山桜の大木。こんな桜を見た事が無かった。山桜のイメージはひょろひょろとしているが桜の本当の姿はこの有様に違いない。笹部新太郎と植木職人「弥吉」の声が聞こえる気がしていた。

その彼も戦争末期赤紙招集ではなく白紙で招集される。赤紙招集もひどい話だが白紙招集はもっとひどい。そんな話は全く知らなかった。兵隊検査で文句なく合格は名誉の赤紙1枚。不合格者であっても戦争末期には戦争に駆り出された。

その紙が白紙。軍国主義、天皇絶対制度とはそんな時代。「弥吉」は背が低く戦争末期に徴兵されるが南方に送られる事は無かった。敗戦は京都伏見で迎えるが戦後の生活はひどいものだった?それがこの国の歴史。

そんな歴史を繰り返さない。そんな歴史を忘れない。70年経つと戦争を知らない政治屋と屈辱的な敗戦を経験しているジジババでもそれ位の事が語れない?何たるオバカな国だろう?集団的自衛権を行使出来る国になる?何たるオバカな歴史認識だろう?そんな政府が支持される?そんな内閣が国の在り方を語る?そんな事は許される訳が無い?そうは思わないのだろうか?空を見上げながら溜め息を吐いていた。

Img_4783

Img_4785

Img_4791

Img_4792

Img_4793


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

オチャラケ?オチャラケ?オチャラケ?ホイホイ?安保法制?

Img_4703

Img_4704

本日の目的地。「十万辻」ここから山道を歩けば大峰山。そこから武田尾の「笹部新太郎演習林」桜の園に出る事が出来る。今年の春迄は何度も歩いた中山山頂からこの道を歩いた「おばちゃん」二人組から叱られた事を思い出していた。

(何で叱られたの?)健脚に感心して歳を聞いた時「お母さん」と言ったから?オネエさんと言いなさいと言われた日には「唖然」としていた。「無理」とは言えなかったが心の中では失言を詫びていた?(嘘をつけ)

久し振りの路線。阪急田園バス。この路線は便数が少ない。その事をすっかり忘れていた。この路線を利用する時間は午後には13、10分しかない。今日この看板を見た時が2時過ぎ。4時迄待つか?(それは無い)電車で武田尾に向かう。

Img_4710

Img_4711

Img_4715

久し振りに見た心の故郷。こんなに近くでこんなに素晴らしい自然を眼に出来るとは意外だった。テレビでは何度か見たけれど電車を降りたのは連休前。あの時は小雨が大雨になる。この駅を降りて福知山線廃線跡を歩いた時は心に余裕が無かった。今日は勝手道。余裕綽々(しゃくしゃく)。それでも足元には注意していた?

Img_4716

Img_4718

Img_4719

バスの運転手が手を振りながら出て行く。この先、人家は谷を登らないと無い。その途中の山間の地を新名神の大工事が行なわれている。マスコミが全く報道しない「大工事」どんだけの工事費が掛かっているのか?殆ど知らされていない。これで中国自動車道宝塚−西宮山口間の盆と正月、ゴールデンウィークの渋滞緩和が期待出来る?

Img_4720

Img_4721

Img_4724

JP廃線敷。この先短いトンネルが2つ迄は問題なく歩けるがその先はこの廃線敷を所有しているJR西日本が通行を許可していない。その看板がこの先とこの反対側にもあるが多くのハイカー?は無視している。これは事故が起きても誰も保証してくれない事を知らなければならない。

(多くの人はそんな事は考えていない?そして万一の事が起きたら保証を求める?)この廃線敷を歩くのなら武田尾からこの先の「桜の園」迄。これが最低のハイカーとしてのマナーです。それ位の事をJR西日本と宝塚市はどうして徹底出来ないのだろう?その程度の組織です。

そして一番のお間抜けはそれを知らないで嬉々としているオバカです。(コラ)巨人同一カード3連敗。オチャラケで勝てる程勝負の世界も甘く無い。この暑い時、多摩川のグラウンドでもう一度出直せ。それとも惨めな戦いを後半戦も続けるか?どうもそんな気がする。勝負の厳しさを思い知らないとこいつらは分からないのだろう?

政治家も経済界も金融の世界も教育の現場も同じか?いじめの問題は絶対に無くならない?どんな取り組みをしても?強い奴が弱い奴をいじめる限り?世の中がそうなっている?そう思わんのかい?

「戦争法案絶対反対」?口先だけでは何も変わらない。共産党が喚いても安倍のオッサン?痛くとも痒くともない?こんな政党に投票をしたアンタが悪い?それも違う?こんな政治をしていたら有権者に支持されない?そんな危機感は自民党だけでなく公明党にも無い?創価学会は一体何をしているのだろう?

それともこれが本当の姿かも?集団的自衛権は憲法でも否定していない?そんな考えを自民党支持者だけでなく公明党支持者でも考えている?トップが決めたらその意に逆らう事は出来ない?そんな政党?そんな宗教団体?何とも情けない国になって行く?

そんな事もどうでも良いのかい?この国が再び武器を手にして戦う?そんな事が本当に出来るのだろうか?拉致被害者も取り戻せない国が?これで安倍政権も終りです。ところが信じられない事に支持者はそうは考えていない?

ギリシャ問題は何も解決していなくてもなにも無かったかの様に思われている?アホだろう?金融危機が差し迫ってもそうは感じないのだろう?そして狡い奴が生き残る?世界経済は生き物?それもどうでも良い事なのだろう?

今日の(実際は昨日書いたが)ブログ本当に良く出来ている?これだけのコメントは中々お目にかかれない?(自己満足?)それでも良い。こんなうんちくをどんなに時間を掛けて書いたとしても意味は無い?そう。意味はありません。悪しからず?

Img_4727

Img_4728

Img_4726

雨が降ると怒濤の様に流れ下る川の流れも暑い日差しの中で情けない姿?を晒していた?でも案ずる事は無い。今日から明日に掛けて台風が直撃?この川幅一杯に怒りの丈をぶちまけてくれるに違いない。本当に天にツバする輩にその力を見せつけてくれ?この川は信じられない事に2級河川。何で?と役所で聞いた時担当が違うと教えてもらえなかった。この川の上流にはハイキングコースも流されている。

Img_4729

Img_4730

Img_4732

このトンネルの中は短いので懐中電灯は要らない。足元は枕木が一部朽ちて無いので要注意。このトンネルの中でSLをやり過ごした時、笹部新太郎と弥吉は煤(スス)だらけになっている。水滴で汚れた壁にへばりついたからだと言われている。しかし弥吉はその所為で武田尾の温泉旅館で汚れを落として「園」と知り合い結婚している。

「水上勉」櫻守より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戦争法案絶対反対」?その為にはもっと多くのパワーが必要?

国民の理解があろうと無かろうと選挙の民意は如何ともし難い。
どんなに国会の廻りで「戦争法案絶対反対」と叫んでもこの法案成立を阻止する事は出来ない。それ位の事は分かっている?ちっとも分かっていない。?

この国はその程度の国です。自由で民主主義の国だと言ってもその本家本元が、平気で人々の思いを踏みにじる。反対に民衆の力を背景に成立した国家が民衆を弾圧する。アメリカと中国の利害が対立すると言ってもこの国は共産主義の国にはならない?

その理由も単純明快。自由であるからこそ「戦争法案絶対反対」とプラカードを建ててお祭り騒ぎが出来る。中国、ロシアの議事堂前でやってみろ。即逮捕。それ位の事は考えろ。軍国主義をどんなに否定しても共産主義は否だ。

右翼でも左翼でもない中道を叫んだ公明党も自民党と政権を維持している。それはどう言う事か分かるか?権力とはそれ程に強い。権力を否定するには民主主義の絶対的原則。民衆の力。共産党の影響を受けない個人の意志、個人を重視する政策は難しいのかもしれない?

その意味で国の自衛、防衛を論議すればアメリカの手先(他に適当な言葉が無い)、やられる前に張り倒す?しかしそんな事が本当に出来ると思っているのだろうか?こんな政権が支持される?何たる政治的無知?この国が70年前に味わった屈辱を何も学習をしていない?

マスコミも尤もらしく多くの事を語るけれど、こんな国になったのは新聞テレビの間抜けさが大きい?ギリシャ問題解決?中国上海市場の落ち着き?そして日経平均株価は再び上昇?もっと本質に切り込む賢さは要らないのだろう?

その事を最近思い知る。それでも親父達は後、数十年しか生きる事は出来ない。それ以内かも知れない。そう考えると自分の納得が出来る生き方をすれば良い。その自己評価がこれからの生き方に違いない?これから待ち構えている介護される時代。その時をどう乗り越えて行くか?それ位の自己責任を果たすしか無い?

Img_4641

Img_4642

Img_4643

「名塩史」(西宮名塩の郷土史)図書館からの借り出しも明後日迄。一応?読み終わったので今日返却します。本音を言えば速読しただけでこの地域の歴史的な出来事と背景は何も分からなかったに違いありません。でもそれだけで充分です。

これから何度も足を運びながらこの地域に詳しくなれば、親父の終の住処は意外に近かったと実感出来るに違いありません。親父の故郷国道10号線と日豊本線の開通。そして衰退はこの地域とは違った苦難の歴史だったのでしょう?

この道は日本海宮津に迄続いている。この街道が関西の人から「丹波街道」とよばれ丹波地方の人からは「大坂街道」と呼ばれたのも良く分かります。この地域の道が発展した歴史的背景、名塩と生瀬の利権の対立。この道が廃れ掛けた時、その危機を救ったのが徳川綱吉の「生類哀れみの令」?

何とも皮肉。道は今でも多くの利権が絡んでいる?どうして生類哀れみの令?馬や牛が楽に通行出来る道が決め手になる。現在でも地方創生の名の元に公共工事が行なわれている。全国津々浦々に繁栄をもたらす高速道路網?この近くでも第二名神が来年開通?そんな事をしなくても現在ある道をどうして整備しないの?その事が問われる事は無い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月14日 (火)

暑い日差しの中を眼を輝かして歩いていた。(宝塚ー西宮名塩)

Img_4558

Img_4561

Img_4562

何時もはこのバスに乗っている。西宮名塩の集落を抜け「山口営業所」迄?その終点はバスターミナル?営業所とは?その疑問は有馬経由の別路線で間違って行った時に分かる。流通センタ−。倉庫街の一角。街外れの何も無い所?だった。

Img_4563

Img_4564

Img_4566

Img_4567

Img_4568

この区間は片側2車線。平成10年に完成?それでもこの先の信号で右折すると武田尾に行く道?があるので右の車線は平日でも車は少しだけ渋滞。武田尾の何処に行くのだろう?Googleマップで見てみよう。成る程。しかしこの標識おかしいだろう?

どうして?この道は武田尾には行かない?武田尾に行くにはこの道しか無い?途中で時計とは逆方向に廻り込まないといけない。しかし車で行くにはこの道しか無い?この道の途中から大峰山に登る停留所がある「十万辻」?ここから歩いて見ますか?

Img_4572

Img_4573

Img_4574

とにかく今日の目的地は西宮名塩。この山村に今、ハマっているがその事も一時の気紛れかもしれない。日本全国何処でもそうだと思うがこの景色を見ていると「その事」を痛切に感じる。親父の田舎。九州大分佐伯直川。故郷は誰にでもあるが他人にとってどうでも良い所に違いない。

ここから宝塚、尼崎、西宮、大阪、神戸は近いがこの景色を見た人は意外に少ない。そう。そんな事はどうでも良いのだろう?この先、国道176は非情な道路行政に弄(もてあそ)ばれている。今夜の巨人と同じ?こんな無様な姿は見たく無い?(見てしまいました)

知らない人はこんな道を飛ばしてはいけない?いきなり片側2車線の立派な道?が1車線になる。(ウソだろう)本当です。ギリシャ危機、中国上海の株式市場、そしてアメリカもヨーロッパも日本も同じかも?その場凌ぎ?何時迄そんなインチキが通じると思っているのだろう?

(インチキでは無い)これが正常?馬鹿だろう?よく見たまえ?問題は何も解決していない?21世紀は中国の時代と思っていましたがとんでもありません。アベノミクスの経済成長もその恩恵に預かれる人はホンの一握り?それでも他よりマシ?

何たるお間抜けだろう?安倍政権はこのまま続く?こんなオバカな政権が続くと言う事はそれでも巨人が一位と思う事と同じかもしれない?それは関係無い?憲法解釈でこれ迄出来なかった事が出来る?そんな法律が成立しても本当に自衛隊は他国からの武力攻撃に対抗出来るの?

この国は戦争は出来ないと憲法で定めて居ないの?自衛の為の戦争は本当に出来るの?そんな事を本当にあなた達は認めるの?警察官は命を賭けて国民を守るけれど、自衛官は本当に他国の攻撃に命を賭けて国民を守るの?そんな事を本当に信じるの?そうだとしたら憲法にその事を明記しないと駄目だろう?

どうしてそれをやらないの?こんな事をしていたらこの国は戦前の軍国主義と何処が違うの?そう聞いて見ると「自ら武力攻撃はしない」と。嘘をつけ。国家の存亡の為にはその危険を感じれば軍事力を行使するのだろう?

歴史を学べ。戦前の軍隊は最初からも最後の最後でも「侵略戦争」とは言っていない。国家存亡の危機の為アメリカと戦う。そう言ってこの国はアメリカの絨毯(じゅうたん)爆撃を受ける。この国は叩き潰された事を2度とはナイトスクープ?

オチャラケもいい加減にしなはれ。安倍さん。百田のオチャラケ。北朝鮮の拉致問題は解決出来なくてもアメリカの手先には成れる?恥を知れ恥を。巨人の戦い方と同じじゃねえか?(一緒にすな)頭が燃えている。この先をお願いします。(ここで終わる) そんな訳は無いだろう?(休憩です)スイカを食いましょう。(下痢ピー)

Img_4575

Img_4576

Img_4577

Img_4580

横断歩道橋の上から整備された国道176を写している。しかしこの橋は左の旧道の渋滞緩和の為に平成13年に完成している。ところがこの橋の向こうは下りで車線が半分になる。その理由はその先が拡幅されていないから?何で拡幅されないの?

それはアナタが考えて下さい。地形的に難しい?用地買収が難しい?地元の協力が得られない?親父は分からない?その結果がこの様です。行政は何をしているのだろう?聞いて見るとこの工事の主管部署は「国土交通省」近畿地方整備局 兵庫国道事務所。 

部分的に出来る所から行なっている?今月末名塩の集落の南側1、4キロが開通する。残りはこの先1、3キロ?何時の事やら分からない。親父も偉そうな事を言っているが数ヶ月前迄は何も知らなかった道路。この道が何故これだけの長い間。渋滞緩和が出来ない?それはどうでも良いから?それも違う気がする。

Img_4586

Img_4587

Img_4588

Img_4590

Img_4592

Img_4595

右の中央分離帯に「右に寄れ」の標識がある。「左だろう」と思っていると前方左車線を疾風している車がブレーキランプを点灯される。?右に寄れの標識が何で中央分離帯にあるの?不思議に思いながら坂を登り摘めると緩やかに左に曲がる?その先に車線変更の表示が路面にありその先はガードレールで1車線に狭まられていた。

Img_4598

Img_4601

Img_4603

これは知らないと怖い。快適な2車線が突然1車線になる。その原因はこの先の道が拡幅されていないから?その直前迄2車線で飛ばされると事故が起きるから?それでもこれは怖い。この道を走り慣れていないとホンマに怖い?

Img_4608

Img_4619

Img_4622

この先を拡幅するには右の武庫川の上に道を広げるしか無い?それともこの先の私有地の崖を削る?それでも片側2車線は無理?この区間はそれで棚上げされている?この区間は1、3キロ。地方創生とはそんな事は関係無いってか?この先の地形も今日の土木技術なら大した事は無い?そうは言えないのかも知れない?

Img_4624

Img_4626

Img_4627

Img_4631

Img_4632

Img_4634

Img_4636

Img_4629

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚到着 2年弱通った階段は工事中だった あの時の思いを感じていた

Img_4452

Img_4458

Img_4462

この道は初めて歩く。何でかこの先は歩道がだんだん狭くなり最後は無くなる。ふざけた?看板が出て来るがナアンでか警察と行政の名前は無い?雲雀が丘の道で見たあの看板とは違う?(デカイ)ただ書いている意味を理解するのに時間が掛かる?

Img_4464

Img_4465

Img_4466

この街には「交通安全協会」はおまへんのか?これでは歩けない?(親父は堂々と歩いていたけれど)しかし流石に正面から来る車の運転手は顔をゆがめる?(当然だろう)親父も今は運転をしないけれどハンドルを握っていたら「ぶつぶつ」言うに違いない。良く見ると反対側に歩道がある。その標識も何も無い。正面に宝塚の高い建物が見える。この街の道路行政。この街の交通安全。この程度です。良く御覧在れ。

Img_4468

Img_4469

Img_4474

文句を言う事は何も無い。立派な歩道があるじゃねえか?ところが誰も歩いていない。自転車が前から後ろからも来ない。それでも後ろを振り返りながら確認しながら歩いていた。この先、この歩道も無くなる。許せない事にその標識も何も無い。

Img_4476

Img_4477

Img_4478

車は大事な交通手段です。現在社会は車無しでは成り立たない?歩行者の交通安全も確保しなければならない?警察のその取り組みも春と秋に尤もらしく紹介されるがこの様をマスコミが伝えた事は無い。そんな現実が全国の至る所にある。その事を知ればあなたの交通事故の認識は大きく変わる。それを知らないからこの国は世界一安全とオバカな事が言えるのだろう?(それはアンタの個人的な考え)かもしれない?

Img_4479

Img_4482

Img_4484

この先は通行禁止かい?まさかそんな事は言えない?その代わりおかしなアーチのガードレールがある。たじろぐ事は何も無かった。そろそろこの道もこの先で広い道(国道176)に合流。この道は片側通行の1車線にしなければならない事を痛感していた?

それでも地域住民の反対を行政と警察は押さえ込む事は出来ない?宝塚の暗部を見せつけられていた。この先景色は一転する。2年弱仕事で通った懐かしい広い通りに出る。「楽しかったかい?」と問われても複雑な思いがしていた。

暖かな人とえげつない人の思いが交錯していた。生きる事はそう言う事を呑み込みながら泰然自若(たいぜんじじゃく)落ち着き払って物事に動じない生き方だろう?あれから3年。そろそろ飛躍をしないといけない?覚悟は出来ているのだろうか?

Img_4485

Img_4486

Img_4487

この標識も半分は正しく半分は間違い。国道176は2本ある。この看板に表示されている道は正式には新しく作られた176のバイパス。道路行政の間抜けさはその事を明確に出来ない。同様の道は全国至る所にある。その事を知らないだけ。

Img_4491

Img_4492

Img_4495

国道176はこの先国道176(バイパス)に合流する。その場所はバス通勤の時何気なく眼にしていた道。ぼんやりとバスの外に眼をやりながら眺めていた事を思い出す。あの時、この道が176である事を全く知らなかった。

それ程にこの道は終わっていた。ところがぎっちょんちょん?宝塚の市内を抜けその先、生瀬(なまぜ)の先で一気に狭くなる。旧道が拡幅されていない。その道を今日歩く?昨日歩いた宝塚市内は歌劇場前の遊園地が住宅展示場に替り、広い遊休地が整備され次のステージが開くのを待っていた?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月13日 (月)

山本−宝塚 暑い日差しの中をゆったりと歩く 王者の貫禄?

Img_4384

Img_4385

Img_4386

Img_4387

阪急電車山本駅前。反対側のロータリーからバスに乗ったり滝に向かって歩いた事はあるが、こちら側に降りたのは初めて。昨日この駅から引き返しているが「夏の花」?がエールを贈ってくれていた?彼女?達は個人の持ち物?豊かな生活をしている人も居る

Img_4388

Img_4389_2

Img_4390

この上流の滝は見事 ここ迄流れ下るとお粗末?ドブ川?しかしこれも現在人の成れの果て?この川の有様は川の清掃が為されていないから。当たり前と言えば当たり前だが余りに哀しい?それでも地域の人達にとっては如何ともし難いのだろう?

Img_4391

Img_4392

Img_4394

近くに大きな溜め池がある。昔から農業用水として溜め池が作られていた?この地域は大きな川とは離れているが、近くに中山があるので水不足の心配は無い?それでも長い間こうして水は大切に溜められて来たのだろう?この近くで思い掛けない公園を見る。

Img_4396

Img_4397

Img_4398

誰も居ない公園?いいえ親子連れがいる。母親は鳩にパンくずを与え幼子は鳩を追いかけている。遠くからジャマにならない様に通り過ぎる。写真で見ると緑豊かで素晴らしいがそれは間違い。親父のカメラワークの素晴らしさかも?(ウソorホント)どっちや?どっちも?巨人の新人君もメッキが剥げたな?もう一度初心を思い出せ?それともプロの厳しさを思い知れ?そう簡単に新人王は取れないよ。

Img_4400

Img_4401

Img_4405

近くにベンチがある。休憩して手にして来たおにぎりを食べますか?でもまだ歩き始めたばかり。景色はいいが余りに早い。思い直して先を急ぐ。この先「中山観音」の駅迄は歩いているがその先は初めて。のんびりと歩いていたがそんなに甘くは無かった?

Img_4406

Img_4407

Img_4408

ダリアの見頃は4月末。宝塚北部の西谷上佐曽利のダリア園。今年は行けなかったが来年はどうだろう?武田尾に終の住処を見つけていればその願いは適うかも?ただ武田尾には集落は無い?今、毎日の様に通っている「名塩」に替わりの場所を見つけられるだろうか?

Img_4410

Img_4412

Img_4413

甘味処を横目に見ながらひょこひょこと歩いていた。この辺りは歩道が広くなり気持ち良く歩ける。まだ歩き始めたばかりで疲れは無い。蒸し暑さも風があるのでさほど感じない。この辺りがどうして区画整理が進み道が広くなっているかと言えば人家が無かったからだろう?

Img_4414

Img_4415

Img_4420

Img_4422

この川も殆ど水が流れていないが大雨が降れば濁流が流れ下る。暑い昼下がり。ベンチで休む人も居ない。この先が以前引き返した「中山観音前」。勝手知りたる道。元気さは変わら無い。何気なく右の広い歩道に眼をやると同じ駅から歩き出したアンちゃんがいる。親父が言うのもおこがましいがそれ位の歩きでは減量は出来ない?

Img_4424

Img_4425

Img_4426

最近すっかりご無沙汰している「中山寺」。その代わりこの道を直進した宝塚の先に「名塩」がある。今、歩いているこの道とは違う「176」もある。万博の時に出来た国道176号バイパス。(但し正確には国道176)

この道はその当時から宝塚以北(宝塚−西宮山口)名塩道路の渋滞解消が問われている。その距離は10、6キロ。今月末1、4キロの「名塩道路」が開通しても残りは1−2工区(3、6キロ)と3工区の0、5キロはまだ見通しが立たない。

Img_4433

Img_4434

Img_4435

これだけの広い歩道を歩いていると暑い天気が全く気にならない?それは足が悲鳴を上げていないから?歩いている人も全く居ないがそんな事も全く気にならない。眼を輝かせながら歩いていた。疲れて来るとそうは行かない。目的地はまだ遠い。

Img_4437

Img_4441

Img_4443

Img_4446

Img_4448

この駅を利用した事は無いがすっかり綺麗になっている?阪急とJRの駅は少し離れているがこの近くは更に発展するのだろうか?歩いていても区画整理が進んでいるが更なる発展は微妙?本当はこの地域に高齢者がもっと住めば良いのでは?ところが最近の年寄りは「もっと便利な方が良い」?そう思うのだろう?お寺さんは近いし山は近いし健康で長生きをするには最適?そうは思わないのだろう?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均一時2万円大回復?どう言う事か分かっているんかい?

Img_4379

Img_4380

昨日の歩き。今年の春?歩いた時はまだ工事中だった歩道が架設だけれど?出来上がっていた。しかしこの先、建て売り住宅が歩道一杯迄玄関先が迫り、歩道にガードレールも段差も造れない?そしてその先は国道176と旧道が分岐する。

Img_4381

Img_4382

その旧道も暫くすると国道に合流。右に進むと昨日の目的地「中山観音」の駅は近い。ここ迄歩いた距離は4キロ足らず。日差しは夕方で強く無かったが国道横の歩道は安全を確保しながら歩くので疲れる。一つ手前の駅で引き返す。

今日は大阪も暑い。朝からエアコンがフル稼働。しっかり歩いて汗をかかないといけない。全国ニュースでは各地で夏日?が伝えられているが親父的には「関係無い」?夏は暑く冬は寒い。春は桜が咲き秋は紅葉を愛でる。この国の素晴らしさは四季がある事。その歓びを体感しないで何を語るのだろう?

電力不足?原発再稼働?温暖化対策?多くの人が色んな事を言っているが、本当の事は何も分かっていない?オチャラケのテレビを見ながらオチャラケの人気?芸人のオバカな発言を鼻で笑いながらお間抜けに生きて行く?そんな生き方が出来無い事を何時思い知るのだろうか?「名塩道路」は昨日完成祝い?ローカルニュースでも伝えられなかったが今日はその手前の道(宝塚)迄歩く?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

宝塚の道は一度歩いている。今日の目標はその途中迄?

Img_4350

Img_4351

Img_4355

Img_4356

Img_4358

親父が何度も嘆いた堰とその下流を見比べながら「巡礼橋」を渡る。昔はこの橋も無かったし勝尾寺から中山寺迄の距離はどれ位あるのだろう?そんな事を考えながら看板を眺めていた。現在人は車を使うから容易に足を伸ばす事が出来るが、昔の人は凄かった事を思い知る。

Img_4359

Img_4360

Img_4361

この道は宝塚から「名塩」を通り福知山を抜け日本海側に至る近畿を南北に貫く。今完全にハマっている名塩は谷間の狭い山村だがその歴史は古い。その偉大な歴史を何も知らなかった。もうすぐ500ページを越える「名塩史」を読み終わる。

「どうして名塩ですか?」と問われると答えは決まっている。「名塩には日本の縮図がある」その答えに殆どの人が首を傾げる。その反応は親父の苛立(いらだち)を掻き立てる?それでもこの郷土史は凄い事を教えてくれる。

この国の貧しさ。この国の支配者のえげつなさ(搾取。年貢の取り立て)この国の格差の原点。そして人々の嘆きと悲しみ。これからやるべき事。次のステップを踏まないといけない?何となく感じていたが親父達の現在の生き方を偶然では無い。その事を考えれば生き方は当然変わらないといけない?この道を歩けばその事が良く分かる?

Img_4362

Img_4363

Img_4364

Img_4365

最初にこの道を歩いた時、この大木を見て感激していました。理由?何だろう?最近自分が老いた事を自覚する事が少なく無い。その時大きな樹を見ると何故だろう?何とも言えない癒しの思いに駆られる。

「心に迷い起こらば困窮したる時を思い起こすべし」これは家康の遺訓だが、辛い時、哀しい時には愛する人の胸の中だけでなく大木を眺めているだけで心が安らぐ事を思い起こすべし?ギリシャ問題、中国上海株式問題、日本の安倍の独裁?そんな事が全て幻である事が良く分かる。

幻を画策して人の思惑をどんなに変えても大木にしてみれば「一時の幻想」に違いない。マスコミが尤もらしく語る事もそれは一部分。人間は指導者程謙虚でなければいけない事を学習させられる。その事を忘れてはならない?そんな事もどうでも良いのだろう?

Img_4366

Img_4367

Img_4369

前歩いた時にも見た光景。この学校は子供達に何を教えているのだろう?この道が歩道でなく私有地であるならその事を警察に通知して、警察と行政にその表示をさせないのだろう?それ位の事が教育者にどうして出来ないのだろう?

私立の一貫教育?何たる恥さらし?この手前に横断歩道があり反対側に広い歩道がある。行政も何をしているのだろう?隣町のオバカさ?日本各地のオバカさ?誰も苦情を申し立てないのだろうか?この道は国道176号線00学園の前。

Img_4370

Img_4371

Img_4372

Img_4373

Img_4374

Img_4375

前歩いた時はこの高架が何なのか考えたが今回は考える事は無い。どうして?知っているから。この線路は阪急電車の車庫に繋がっている。この先に阪急宝塚線の車庫があり宝塚線の普通車はこの手前の駅「雲雀ヶ丘花屋敷」が終点?ホンマかいな?ホンマです。宝塚市に入る。しかし終点はまだまだ遠い。

Img_4376

Img_4377

Img_4378

前歩いた時にはこんなキレイな花は見る事は無かったけど見覚えのコンビニが見えて来る。この時はまだまだ元気だったがこの先で車に撥ねられそうになる?親父が運転手を睨みつけると優しそうなおじさんが信号を指差している。親父が信号無視。気づいていない。目的地の宝塚駅を諦める。明日この先を歩く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪は蒸し暑い。親父は腹筋通販の器具にクギ付け(アホ)

Img_4341

Img_4310

Img_4312

夕焼け小焼けで日が暮れて堤防の草むしりを何時迄やってまんのか?そろそろ引き返さなければならない?昨日は出掛けたのが5時を過ぎていたので近場でメタボな体をいじめる?「アホ抜かせ」この程度ではお話しにならない?

それでも歩かないよりマシ?今月末迄に減量5キロ。目標達成迄には通販の健康器具を買わないといけないかも?そんな事を考えながら深夜放送の番組を見ていた。「番組終了後30分以内のご注文なら6900円引き」その言葉についついその気になっている自分に苦笑していた。

そんな器具に頼らなくても5キロ位は簡単に痩せられる?それ位の決意が試されていた?1日も欠かさず書き続けて来た親父のブログも最近マンネリ?そんな事はどうでも良いが何処かの誰かと違う処位は実行しないといけない?そんな事もどうでも良い?(確かに)

人に見せつける為では無い。自分の為。この侭では間違いなく「トド」になる?トドは絶倫と言われているが人間様のそんな姿は見たく無い?(おっしゃる通り)ただ健康的な痩せ方をしないといけない。心迄貧相になっては何の事やら分からない?(ごもっとも)

Img_4275

Img_4276

Img_4277

Img_4285

これだけ多くの人がこれだけの善意を寄せても所詮、ここは国土交通省管理の堤防の上?草刈り位は行政がきっちりやりなはれ?親父から指摘されて綺麗に成っていた桜の樹の下も草刈りだけではすぐに雑草は伸びて来る。

草の生命力侮るな?後1月もすれば元の木阿弥(元通り)その時又同じ事を言わせるのかい?そう考えながら腰を落とす。この外は国道。草抜きをしていると車の助手席から視線を感じる?そんな事もどうでも良い?ただで減量が出来ると思えば良い?

Img_4278

Img_4279

Img_4282

Img_4284

テレビの宣伝。CM。何のつもりか?健康食品とビール、車、住宅、その他。宣伝効果は馬鹿にならない?物が売れない時代だと言われてもこれだけ毎日宣伝されるとその刷込み効果は大きい?ホンマに消費者を舐めている?オバカな役者がオバカな宣伝?その時代も終わるよ?イチローさん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

掛かって来んかい?腹筋30回。膝を上げてズルをしたのにアキマへん。最後はひじ迄使う。(最悪)

Img_4238

Img_4239

Img_4240

Img_4241

「災い転じて福と為す」英語で言うと何と言うのだろう?アメリカ人でもヨーロッパの人でもアジア、アフリカ、ロシア、北欧、その他の国の人でも同様の考え方をするのだろうか?日本に初めて西洋の文化を伝えたキリスト教宣教師はどんな言葉で「災い」を慰めたのだろう?

今読んでいる「名塩史」では大阪の適塾でオランダの医学と文化を伝えた「緒方洪庵」は当時のこの村の女性が奥さんであった。その結びつきは全く知らなかった当時の関西人を遥かに凌ぎ、日本の文明開化に大きな役割を果たしている。

その偉大な文明は今、見事に打ち砕かれている?信じられない?嘘をつけ?文部科学省のお役人がこの国の教育行政を司る?新国立競技場の建設費が2520億円?馬鹿だろう?これ迄一段高かった中国の開会式の会場でも660億円。シンプルで簡素。コンパクトなオリンピック。

そのメインスタジアムの建設費の決め方。全く知らないと言う事はこう言う事?誰がこんな会場建設を望んでいるのだろう?分からない?ネットでこのデタラメ?を検索してアナタも考えて下さい。(興味無い?)こんなオバカが本当に多くなりました。明治の偉人達はこんな未来を予想したのだろうか?

[災い転じて福と為す」簡単な英訳はGood coming out of evil(いぼ)ホンマかいな。今日は宝塚迄歩く予定が野球の決着が付くのが遅く(こんな物)腹筋と近くの散策と草むしりで誤摩化す。最近体調不調の原因を思い知らされる。

体脂肪は付いても肝心の筋肉が落ちている。膝を上げないで足先をベッドのフレームに掛けて一回も出来ない?オイオイウソでしょう?本当です。膝を上げてズルしても30回出来ない。最後はひじを使いながら誤摩化していた。まあ最初は仕方が無い。

情けない思いを誤摩化していた。これから半月で体脂肪をどれだけ落とせるか?楽しみです。因に今は?それはもうアナタ。トド顔負け?そこ迄は行かないでしょう?(トホホ)まあ。自分の体を知ればもっと健康に生きられるに違いない?(ちげーねー) アナタも他人事では無いよ。「災い転じて福と為せ」

Img_4242

Img_4245

Img_4246

サギが魚を狙っている。この川には殆ど魚が居ないと言われているがウソ?魚は居る?しかしその環境は人間様が破壊している?嘘だと思うだろう?例えばこの堰?魚が遡上するハードルが高過ぎる?勿論右には用水路があるが魚がこの強烈な水圧にどれだけ耐える事が出来るのだろう?

そんな事は関係ねー?これが環境に優しい河川管理?ふざけんじゃねえよ?それ位の啖呵が切れる人は居ない?その代償は計り知れない事を思い知る人は居ない?因にこの堰は可動堰。堰の高さが変えられる。500メートル下流の堰同様全く無用の堰?やる事が無ければこんな事をやるのかい?信じられない河川管理です。

Img_4247

Img_4249

Img_4250

Img_4251

サギもこの堰がサギだと言っている。(座布団1枚)この堰は可動堰。耐水ゴムチュ−ブ(強化ゴム?)を空気圧(圧縮空気)で膨らませている。洪水の時はこの堰の高さを低くすると言われているがその効果は定かでない?

その証拠にこのタイプの堰は全国標準では無い?ネットで調べて見るとそれは違う?意外にも最上川河口から28キロ近くの堰がこの方式(ラバーダム)。正確に言えば多くは無い?。ただこの堰はその意味が無い?あるとしたら何なのだろうか?その明示(看板)が無い。

Img_4254

Img_4255

Img_4262

Img_4264

Img_4263

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は暑い?それでも歩けるかな?これからもっと暑くなる?

オチャラケの競馬中継?司会者と解説者が「浴衣」姿?勝負の世界。お金がかかった世界。真剣勝負の世界がオチャラケかい?こんな中継?こんなお遊び?どんな人がどんな思いで見ているのだろう?そんな事はどうでも良い。

「文句があるなら見るのをやめろ」?そうします。最近ハマっているのは「ツールドフランス」?ヨーロッパの自転車レース。これはまさに「男の真剣勝負」そして自転車企業の真剣勝負。日本ではサイクリング市場は小さいがヨーロッパでは全く違う事を日本人は知らない?

手な事を言いながら2時からは伝統の一戦?巨人ー阪神をみている。王者?巨人の体たらくでセリーグは稀に見る激戦?ちがう。低レベルの足の引っ張り合い?昨夜の男?村田の男泣きを見ているとこれからは違う?勝負の世界はそんなに甘く無い?

昨夜は疲れが出たのだろうか?ベットで横になっていたら朝になっていた。これからどれだけこんなダラシのない夜を繰り返すのかと思ったら急に寂しくなる?(アホ)大した仕事もしていないのに最近は疲れを感じる。体調も良く無い。その原因も良く分かる?(うそをつけ)

疲れの原因は体脂肪の定着?永年の不摂生(炭水化物の取り過ぎ?)で内蔵に脂肪のマワシ?が付いている。その事はお腹を指でつまんで見ると良く分かる?おへその上の脂肪がスマホの携帯の縦の長さより長い?(ウソだろう?)本当です。

その対策は簡単だけれどもやっていない。対策教えて?腹筋毎日30回。たったそれだけで?無様なお腹の出っ張りが3ヶ月で無くなります。(ウソをつけ)それが分かっていて何でやらないの?

その答えも単純明快。強請されないから。強制とどう違うの?強制とは押しつけられる事。自分の意志が無視される。強請とは強く求められる。おねだり、強くせがまれる事がないのは哀しい事かも知れない?(アホ)

それでも流石のアホでも何時迄も自分の肉体の限界に無知で居る事は出来ない?無知では無い。それくらい事は誰でも分かる。その誰でも分かる事が体に異変が起きないとそんな生き方を改める事は出来ない?逆に改め様としてもその時は手遅れ?

その事をデッドゾーン(死の領域)に踏み込まない間に気が付かないといけない?気が付くだけでなく実行しなければならない?それが出来るかどうか?その事はうんちくを語る程容易い物では無い?ただその事は親父だけでは無い。アナタも同じ。

全ての人が全ての事を問われている。来週成立すると言われている「安保法制」も何の事やらさっぱり分からないととぼけている人も少なく無い。反対している人は法案絶対と叫んでいるが数の力は如何ともし難い。その数を与えたのも有権者。

ただ間違いない事はこの国は軍事力では単独では中国の脅威に立ち向かう事は出来ない?中国どころか韓国には竹島を不法占拠されるし北朝鮮にはミサイル攻撃で足元を見られている。「拉致被害者の早期帰国」そんな事も何時になるのか分からない?

明日がギリシャ問題の最終期限と言われても、ギリシャの財政危機は何も変わらない。自国で自国の財政が立て直せなくても、ヨーロッパ各国に支援を求めてその成果を「民主主義の勝利」と叫ぶ?何たる間抜けは国だろう?その程度の事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月10日 (金)

久々の夏日。目的地変更。久し振りに花壇を見る?

Img_4174

Img_4175

Img_4176

Img_4178

涼しい日が続いていたが今日は蒸し暑く完全の夏日?今日の目的地は昨日歩けなかった西宮名塩ニュータウンの下(名塩新町)。ところが電車に乗る前に寄り道。歯医者で次の診察の確認をする。ところが休憩中。入り口は閉まっていた。諦めてエスカレーターを降りていて先生を確認する。エスカレーターを引き返す。(これは止めましょう?怪我をする?意外に上がれない?)

Img_4180

Img_4182

Img_4183

低く造り直された堰。原則通行禁止だが工事が完成した時何故かその原則が変わる?最初は対岸(手前にもある)の掛けられている板は無かった。ところが何処かのオバカからクレームが付いたのだろう?すぐ河川管理者の方針は覆る?

しかし心配されるこの堰からの転落事故。も少し水かさが増した時、大人の真似をする子供達が足を滑らすに違いない?その時でも「自己責任」と関係者は言い切れるのだろうか?それとは全く関係無い事だが水がいつの間にか汚れている。

(写真で分かるかな?)その原因はこの数百メートル上の可動堰?水は塞き止められると汚れる証明?ただそんな事もどうでも良いのだろう?可動堰で塞き止められた水の深さは3メートル。オバカの証明?こんな批判は聞く事は無いのだろう?

Img_4184

Img_4185

Img_4187

堰の下に土砂が見事に堆積している。堰が完成した時には全く無かった。その堆積砂利の先で「鵜」が羽ばたいている。親父がカメラを向けると何度もポーズを取ってくれる?(まさか)この堰が完成してまだ濁流が流れ下っていないが、間違いなく対岸の河川中の「親水公園」は叩き潰される?河川管理者にそれ位の事が分からない?

それだけでは無い。親父の見立てが馬鹿にされる。「いろんな考えがあるから」?
だからどうだと言うのだろう?大雨で一気にこの公園が潰されても税金だから関係無い?こんな形で河川管理をやられても批判されない?結構な案配(あんばい)です。

Img_4188

Img_4190

プロバイザーの記憶容量(写真)が一杯になりました。写真がアップ出来ないのでこれから削除を行ないます。巨人-阪神。オマヌかな巨人のピッチャー。チャチャとストライク取れんのかい?お前らプロかい?情けないと思わんのかい?勝てば良い?アホンダラ。

Img_4193

この様(ざま)全国のお花見の後に見られる光景。この親水公園は何の目的で作られたの?貧乏人の安上がりのバーベキューの為?今年春の我が街の統一地方選挙で落選した議員さんは対岸の街のこの公園の協力に拍手していたがホンマに情けない。

そんな事もどうでも良い。しかしこの看板良く見たまえ。ゴミは持ち帰れ?そうでは無いだろう。こんな広場を造れば格好のゴミが出る。それ位の事が分からんのかい?ゴミ収集を徹底的にやりなはれ。そしてこの場所でゴミを出す事を徹底的に取り締まりなはれ?

それ位の事が出来ないオバカが居ると言う事?この間抜けさもこの公園が大雨で流されるとそんな事も無くなる?河川敷にこんな公園は駄目だと言う端的な姿?これ位の事では親父のボヤキは「屁のつっぱり」?このゴミの山が大水で流される事だけは止めてもらいたい。

Img_4195

Img_4196

Img_4198

人の気配が全く無い河川敷をのり巻きを食いながらゆっくりと歩く。今日は金曜日。昨日に続いて西宮名塩に行く予定だった。手にしていたおにぎりをあげたので予定変更?近場を歩く。(意味が分からない)そうこれだけは教えられない。最高の一日?

Img_4199

Img_4200

Img_4201

大阪も今日は暑い一日だった。30年以上前に行った香港の熱気を思い出す。違うのはそれだけ年老いた体?でも心は何も変わっていない。大好きな人の想いを重ねる事が出来るのは、後、どれくらい続けられるのだろうか?だんだん体が老いて来る?

Img_4202

Img_4203

Img_4204

目的地到着。インスタントラーメン前会長が寄付した花壇はやっと雑草が刈られていた。これからその根を掘り起こして秋の花を植えなければいけ無い。それ位の事を言われなければ出来ない?言われてもすぐには動けない?人の善意も時が経てばこんな物かも知れない?

Img_4205

Img_4207

Img_4206

それでも雑草が刈られただけ。鍬(クワ)で掘り起こしながら草の根を取り除かなければならない。その仕事を誰がやるのか?この花壇を寄付された所?話を聞いて見るとこの花壇は「ボランテイア」に管理を行政が丸投げ?

まさかこんな無様な姿になるとは誰も知らない?この先にもっと大きな花壇がある。ここも親父が殆ど草を抜いている。ここは市の管理花壇。無様な姿を批判する人は居ないのか?親父に文句を言われて親父が抜いた草が一部片付けられたが、後はそのまんま。今日は嫌み程度に草抜きをする。(アホ)

Img_4216

Img_4219

Img_4210

もちっとしっかりやりなはれ?(やる気が無い)親父がやる理由が何も無い。嫌みにやっているだけ?(そんな事はありません)今日は暑くて真剣にやるには暑過ぎる。それでもやり掛かると夢中になっている。汗をかきながらこの先の転回を考えていた?もう一度担当課の腰の入れ方、しばいてやらないといけない。(止めなさい)

Img_4218

Img_4208

Img_4212

夢中に草抜きをしながら廻りの花を見ていると息切れ?を感じる。今日は暑い。頭にタオルを巻いているが何しろ段取りが悪い?本当はスコップを突き刺しなが掘り起こすのが一番良いが、冷やかし半分にしているので始末が悪い。適当に切り上げる。

Img_4209

Img_4222

Img_4224

Img_4225

近くのグラウンドの隅に水道の蛇口があるので手と顔を洗い、高速道路の橋の影で一休みをする。今日は西宮名塩新町に行けなかったがそれもご愛嬌。それ以上の楽しい時間を手にする事が出来た。名塩道路も今度の日曜日がオープニングセレモニー。但し開通式は26日。開通後の写真はお見せします。

Img_4227

Img_4230

Img_4233

本格的な夏ももうすぐです。今年の夏も暑い?もくもくと湧き上がる入道雲の下で時を忘れて泳ぎに夢中になっていたあの夏の日の思い出。10年前に歩いた西表(にしおもて)のマリウドの滝は台風の☂で怒濤の水が流れているに違いない。あの時の清原の新婚さん。大阪でガンガン生きているのかな?(アホ)

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海株下げ止まり?「もっとも困難な時は過ぎた」?ウソをつけ?

上海の株が下げ止まり「もっとも困難な時は過ぎた」?こんなおマヌケな報道を現地特派員は伝えている。(読売)本当にそうなの?読売新聞は読んでいないがこんな報道を見ると「そうなの?」と感じる読者も少なく無い?

この事は日本の株式市場でも同じ事が言える?「アベノミクスは成功している?」多くの人がそう評価している?このコメントも間違い。安倍政権の金融緩和政策が経済界に大きな利益を生み出し、その結果その恩恵を受ける人は多い。これは一部正解。多くは間違い?一般国民の生活は本当にそうなの?この問い掛けにも賛否両論がある。

一番の認識不足は自民党、公明党の保守(現状維持?)政権は民主党政権に大きく負け政権交替があった。事実が忘れ去られている。なぜ、自民党、公明党は政権を明け渡したのか?その報道が今では全く無い。その原因は政治、経済、社会に対する問題が知られていない事だろう?それは誰の責任?

この様なトンチンカンの中国報道が尤もらしく伝えられるからだろう?中国経済の実態は殆ど知られていないが、今回の上海株式市場の暴落か暴騰の裏返しである事は間違いない。中国の市場は世界一大きい。これも事実であり同時にこの国は自由で民主主義の国ではない事も事実。

それ位の事を伝えられないお間抜けな報道?今回の上海株の反発は成り振り構わない政府の介入である事も間違いない。この国の指導者は我が国の指導者同様「経済の発展」が国民の不満を和らげる最大の手段とでも思っているのだろう?

今度の日曜日、ギリシャの財政支援が決まると予測されているが、そうなったとしてもギリシャの財政破綻は避けられない?反対に財政緊縮政策に反対している。それ位の事が分からんのだろうか?ギリシャが選挙で「財政再建」の施策は問われても、財政負担強化に反対。その国民が他国の支援無しには生活が成り立たない。

それだけの事。ただそれだけの事が何時迄も続けられる訳が無い。それ位の事が分からなかっただけ。そしてこれからもそんな国をヨーロッパの国々は支援する?そんな事をしていたらヨーロッパの国々が貧しくなる。夢と現実は本当に厳しい?

中国上海株式市場、東京株式市場の株価は投資家の思惑で乱高下している。そんな株価の動向を一般国民がコメントする必要は何も無い。ただ公共放送、民間放送はそうは行かないだろう?その意味でこの読売のコメントは「冗談」では済まない?

安倍総理のシンパ?(同調者、共鳴者)正確には応援者?がマスコミ批判をしてとぼけているのは何とも情けない。放送作家の「百田」さん。アナタはABC朝日放送人気長寿番組の「探偵ナイトスクープ」の放送作家である事も忘れてはならない。放送局の見識が問われる。(関西の民放もオチャラケで飯が食えている)?と言う事は?

「関西人」の資質が問われる。関西は「食い倒れ」の街として名高い?が本当は「商人」(あきんど)の街として発展を続けて来た。オバカでオチャラケでそれでもみんな懸命に生きて来た?そんな歴史を忘れた時ホントのオバカになる。それでも文句は無いのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この思い上がり。(それはお前だ)ウンニャ(いいえ)レベルが違う?

Img_4145

Img_4150_2

Img_4151_2

ここは何処?ここはスペイン?それとも地中海沿岸の街?それにしては海が無い?ある訳が無い?ここは西宮名塩。駅東側にUR賃貸が開いた?ニュータウン?最近迄殆ど知らなかった街はJR宝塚の駅から2駅目。時間にして7〜8分?大阪駅迄は40分足らず?

それでも通勤、通学は大阪迄は楽では無い?今、この街にハマっている。理由は多くのこの国の過去と未来が見えて来る?確信が自信に繋がっているが、この街を研究すればこれ迄の多くの疑問が紐解かれる?こんな街がこんなに近い所にある事を知らなかった?

(それも一時の思い違いに違いない)親父の考えている「終の住処」はこの次の駅。温泉旅館数軒の他には人家の少ない「武田尾」かも?ただしそこも違う気がしている。本当に心地好い住処はもっと山奥?人が住めない処かも?(アホ)

Img_4155

Img_4156

Img_4157

この駅が出来たのは福知山線が武庫川沿いの単線から、山をトンネルで最短距離を直進、複線電化された1986年11月開業?30年前。この崖の上のニュータウンはそれから5年後の1991年完成。しかし当時の広い分譲住宅地は庶民では買えない高値(1億円近く)と言われている。(推測)今ではそんな価格で取引はされない。

ただ何でこの住宅開発がUR賃貸(独立行政法人)だったのか?それは分からない。この国で日本住宅公団が高度経済成長期に住宅供給に果たした役割は大きい。しかし、その役目を終えてもこの組織の役目は終わっていない?役人の天下り、公務員の組織の改革が叫ばれても公団から独立行政法人に名前を変えて更に生き続けている?

自民党の経済成長戦略を多くの人が支持するけれど、これ位の改革?すら出来ていない現実をこの国の人達は変える事が出来ない?内閣総理大臣は高らかにこの国の経済成長を「この道しか無い」と宣言するけれどそれは全くのウソである事をこの街を見ながら痛感する?これからはその思いが更に加速するのかと思うとそれは許せない。

Img_4160

Img_4168

Img_4170_2

Img_4171

Img_4172

この斜行エレベーターの横には信じられない事に階段がある。その階段は「非常用」と思いきや日常的に歩く若者がいる?(但し流石に下からは無理?)車は右から広い道が登っているが高齢者、車を運転出来ない人はこのエレベーターを利用する。

Img_4173

池田の街に帰ると「夏空」が広がっていた。今年は冷夏?とか言われているがそれは無い?都会に住んでいると季節感が無くなると言われているがそれもウソです。少し足を延ばせばそこは田舎。幼い時に見た「原風景」が広がっている。知らないだけ。分からないだけ。

政治家が経済政策を口にする理由がやっと分かった気がする?ギリシャや中国、そしてこの国の経済問題。もっと関心を持たないととんでもない事になりまっせ?(デタラメを抜かせ?)と笑われていた。それでも親父の確信は変わら無い?(アホ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

梅雨明けはまだだけど季節は夏。名塩旧道を歩く。そして介護を議論する。

Img_4108

Img_4109

Img_4110

木の本のバス停を降りて道を渡り引き返して来ると福知山線「廃線跡」を見る事が出来る。その道を土日になると多くのハイカーが「能天気」?で歩くがそのコースは原則的には通行禁止。土地の所有者JR西日本は通行禁止の立て札を建てて通行は黙認?

今日はこの道を降りて旧道を歩く。現在は左に国道170号が整備されているがここから南(宝塚)の数百メートル先が拡幅されていないので、整備された道路の半分(暫定2車線)しか使われていない。旧道は立派だったがこの道は江戸時代の道?

Img_4111

Img_4112

Img_4113

Img_4114

Img_4117

Img_4118

都会では中々お目にかかれない「トカゲ」ちゃん。お尻を向けてポーズを取ってくれる?この下を「名塩川」が流れているが左に竹林があるのでその気配は全く感じない。今日の目的は対岸の住宅。実際に歩いて見ると木の本のバス停から見える白い建物は昨日歩いた丘の上の住宅地だった。賃貸では無い分譲。但し2000万弱?

Img_4115

Img_4120

Img_4122

Img_4123

Img_4124

Googleマップで事前予習した感覚ではこの先川を渡る?と感じていたがその橋が見えて来ない。川と平行して歩く。道を間違えたのかと思っていたがそうでは無かった。その橋はこの先に在った。この道は上の整備された道を歩いた時に見ているが、今でも生活道路になっているトは想定外?だった。ゆっくり歩いていても汗が眼にしみる。

Img_4125

Img_4126

Img_4127

Img_4128

Img_4129

Img_4130

いよいよ橋が見えて来る。この橋は名塩川を渡ると思っていたが橋の名前は「尼子」川は名前が違うのだろうか?もう一度マップで確認する。マップで見直して見ると道を間違えている。全く気が付かなかったが手前に川を渡る橋がある。その橋を渡ると目的の「名塩新町」に出る。その上が先日歩いた道。明日もう一度出直し?

Img_4140

Img_4138

Img_4135

頭上を見上げると高速道路の橋脚。驚いた事にこの先には住宅地がある。実際に歩いていても低周波の騒音を感じる。健康被害は無いのだろうか?余計な事を心配していた。この先に中学校があり子供達が陸上の練習をしていた。何となく見ていると足の上がり方が違う。走りも速い。この学校が走りに力を入れている意味は何なのだろう?

Img_4141

Img_4147

Img_4148

Img_4149

Img_4150

木の本(このもと)のバス停から眺めた白い建物は先日歩いた名塩ニュータウンだった。白い建物はその殆どが分譲。その販売は民間ディベロッパー(土地建物販売業者)が行なっている?宅地はUR賃貸が開発して建物は民間業者は造り分譲?

良くある話?ネットで調べて見ると3LDKの間取りで中古で1700万円で売り出し。環境は抜群でも通勤は大阪市内迄40分?これからのお客さんは現役引退の元気な高齢者?ところがそんな年寄りが少ない?生活の便利さを求めるとお呼びで無いのかも?この素晴らしい生活環境は終の住処にならないのだろうか?

Img_4152

Img_4151

Img_4153

歩いた終点は西宮名塩の駅前だった。初めてここから武田尾に向かう最寄りのバス停を聞いて運転手に無視される?それでも懲りずに年配の運転手に聞いて優しく教えてもらった事を思い出していた。今ならその意味が良く分かる。ハイキングコースとは名前だけ。その多くは一般道とゴルフ場の中を歩かないといけない。

Img_4166

Img_4165

Img_4170

帰る前に駅前に在る支所、Kさんに昨日のお母さんの話をする。旦那さんの介護を30年以上している事をどう思うか?余計な事を聞いて見る。答えは意外だった。Kさん自身、身障者の子供さんの事で苦労しているから介護の実態をよく知っていると思っていたが親父の考えの甘さを思い知らされる。

公的介護を受けない事はそれ程大した事では無い?むしろ積極的に利用すべきだ。そう言われていた。おっしゃる通り。しかしそのお母さんは「公的介護では元気にならない」「公的介護には限界がある」そう言われていた言葉を伝えるとなじられる?

「ではどうすれば良いんですか?」「限られた予算と人員の中で精一杯やっているではありませんか?」そう言われると親父も黙っていない。「現状の介護の実態は知らない」知らない事がその問題の理解に繋がらない?訳の分からない事を言い始める。

立ち話でする話では無いのでお互いに論点を棚上げにする。2度と話をしたく無いと思ったがまだまだ親父も知らない事が多い。もっと教えてもらわないといけない。それでもこれがこの国の介護の実態。介護だけでなく政治問題も経済の問題も同じだろう?

問題の本質。問題の原因。色んな要因が絡み本質を外した議論をしている。多くの人が関係無いと思っている介護の問題も現在、深刻な社会問題になって来ている。その事は当事者にならないと分からない。ただその時になって嘆き苦しみ、途方に暮れても手遅れである事は知らないといけない。

その時どうすれば良いの?地獄の沙汰も金次第?お金が無いと惨めなたらい回しすら受けられない?これは他人事では無い。これからの福祉は自分自身の健康管理です?政府は今、お間抜けな?「集団的自衛権」法案の成立を眼出しているが、彼等は間違いなく国民の信頼を失うに違いない?

今一番早急にやらねばいけない事はそんな事では無いだろう?全国でどれだけ多くの人が介護で苦しんでいるか?そんな事はどうでも良い事では無い。介護施設の実態は殆ど知られていない。国がやるべき事は何なのか?介護の仕事で利益を上げる?病院経営と同じ?今、医療の在り方と介護の在り方が危機に瀕している?そんな事もお役人が決める事?冗談ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緊張感を持って政治を行う?アホ抜かせ?緊張感どころか危機感が無い?

Img_4046

Img_4050

Img_4054

Img_4052

ここは何処?全く知らなかった高級住宅地?(実際は車無しでは生活が出来ない?)
初めて歩いた西宮名塩のニュータウン?しかしこの街が開かれて25年を越える歳月が流れている。ネットで調べて見るとこの住宅地を切開いたのは何故かUR賃貸。

この独立行政法人の在り方は以前から問題になっている?何が問題?その事が良く分からない?それならば問題ネエじゃねえか?ところが実際に歩いて見るとこの住宅開発は税金が使われて行なわれている事が何も問われていない?

この国の住宅事情が悪かった(今でも決して良く無いが)今から半世紀前?日本住宅公団が日本各地に賃貸住宅を日本各地に建設した。所謂(いわゆる)団地。大阪では千里丘。大阪南では泉南の大規模開発が有名。その後、住宅公団はその使命(官がやるべき仕事)を終えたと批判され独立行政法人になった。その後の事は殆ど知られていない。

ところがこの組織。役人天国?多くの組織がそうだった様に(多くの役目を終えた公団組織)名前を変えて公団当時考えられなかった「民業」(民間で出来る事)を大々的に行なっている。その事が殆ど知られていない。その結果はどうなったのか?

その検証をマスコミは何もしないのは彼等も又、同じ穴の狢(むじな)と言われて当然だろう?デタラメを言うな?この住宅開発を知りなはれ。企業用団地は殆ど売れていない。その地域の立ち入りはフェンスが張られている。

Img_4055

Img_4056

Img_4057

Img_4060

Img_4062

Img_4063

Img_4065

この上が企業用?分譲用地?何時からこんな状況で何時迄にこの投資を解消するのか?そんな事もどうでも良いのだろう?この用地を開発した当時の役人は何処かに天下り?定年退職金を手にして悠々自適の生活?こんな事が許されていいのだろうか?

良いんです?オバカな国民は何処迄コケにされるのだろう?(それは言い過ぎです)?そうだろうか?この現実を目の当りにすれば決してそうは思わないに違いない?私達はもっと多くの事を知らないといけない?

今、国内で起きている事?知らない事?ギリシャ問題は決して対岸の火事では無い?危機感の足りない政治と経済?その原因は「無知」「無関心」である事を知らないといけない?中国の株価下落も当然の事。上がれば下がる。この国も全く同じ。その事をどれだけ理解しているのだろう?

Img_4068

Img_4071

Img_4072

Img_4073

Img_4074

Img_4075

Img_4077

Img_4078

Img_4070

Img_4081

お腹の「下痢ピー」が気になるが疲れたので一休み。この道は下の集落から登っているので勝手知りたる散策?の道。大きなコンクリートの椅子?に腰掛けながら辺りを見渡していた。この下から歩いて来た時、この立派な散策に道に圧倒されていたが、その道を下る。この先で素晴らしい景色と出合いが待っていた。

Img_4087

Img_4092

Img_4093

Img_4095

この坂道の下には集落の人が耕している畑がある。最初に歩いた時に声を掛けた叔父さんからは思いがけなく「国土強靭化」「国が軍事的に強くなる」?そんな話を聞かされた。この山村でも先の戦争で多くの若者が戦死しているが「その教訓」が無視されている?

ジジ、ババがどんなに威勢の良い事を言っても「戦争をする」のは若者達。その悲惨さは再び繰り返される?そんな事が出来る訳が無い?そんな親父の考えを「問答無用」と吐き捨てていた。こんな自然豊かな所にもこんなオバカが居る。これがこの国の実態?ところがそうでも無い人にこの先で出合う。

Img_4096

Img_4097

Img_4101

親父と同世代の女性だったが綺麗な人だった。顔形ではなく心が澄み切っていた。「見慣れない顔ですね」と声を掛けられて「名塩に興味を引かれて写真を撮っています」と答える。その言葉が意外だったのだろう?色々話をしてくれる。

クリスチャンである事。この地域に永年住んで居る事。旦那さんを30年近く介護している事。その他色々。親父が一番聞きたかった事にもさり気ない言葉で語っていた。これから地方でも都会でも多くの人が直面する「介護の負担」それでもそんな事は全く気に掛けていなかった。

しかしどれだけ苦労している事だろう?一番下の娘さんが手を貸してくれるのが「一番嬉しい」と言っていた。話は尽きる事は無かったが又の機会を期待する。でもその機会は「一期一会」に違いない。その事を考えると何も憂うことはない。人生は誰もが手に出来る「試練」の重なりに違いない。

Img_4098

Img_4103

Img_4106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 8日 (水)

西宮名塩 ニュータウン 制覇?格差を思い知らされる。

Img_3994

Img_3998

Img_4004

初めてこの上の住宅地に来た時、この斜行エレベーターに乗る。スイスのサンモリッツではエスカレーターだったが上の住宅地の趣(おもむき)は全く違っていた。歴史が違う。サンモリッツの市街が出来たのは200年前?

名塩の集落に比べると若いがこのニュータウンの歴史は25年足らず。25年先にはどんな形になるのだろう?そんな街造りは誰も考えていない?スイスとは比べるのが無理だろう?この街を切り開いたUR賃貸。この独立行政法人の役割が全く見えて来ない?

この住宅地は素晴らしい宅地開発が行なわれているが、同じ規模の整備された企業誘致の為の用地は全く売れていない?その地図からお見せする。その責任の自覚は何処にも無かった?何でやねん?マスコミが全く報道していない風景がそこには在る。?

Img_4066

Img_4067_2

Img_4065

UR賃貸と言っても独立行政法人。その仕事の評価は国民の審判を受けないといけない?違うのか?大体これだけの土地を企業用に分譲する方針を決めた責任者は何処で何をしているのだろう?この土地は今は一般人立ち入り禁止。関係者の車がパトロールしているだけ?お役所仕事。身を切る改革?ふざけるな。

Img_4005

Img_4008

Img_4007

UR賃貸の現地事務所が役目を終えてその敷地をコンビニとして活用?この坂の下にはスーパーがあるが他にお店が無いので繁昌するかも?ただコンビニは何処のお店になるのか?何時開業するのか明確な表示は無かった。西宮市の開発指導課の文字が踊っていた?

Img_4009

Img_4010

Img_4011

表示が無いので何処が賃貸か?何処からが分譲か良く分からないがこのマップから見える風景はニュータウンの南側。中国自動車道と国道176(左上)が小雨煙る景色の中で歓迎してくれる。現在地の下に白い建物が在るがここが賃貸住宅地?ここは改めて訪問する。そこはこのニュータウンの下。(確認しないと断定は出来ない)

Img_4016

Img_4017

Img_4018

この場所からは遠くて良く見えない。明日は予定が変わらなければこの地を歩く。この写真でも良く見えないが「名塩川」が流れている。この川もこの先(左)で広くなるが最後は武庫川に流れ込む。そこ迄歩かなければいけない?

Img_4019

Img_4020

Img_4024

Img_4027

この下は深い谷。この先でニュータウンは左に大きく回る。正面のマンションの先は深い谷になり住宅地はそこで左に延びている。その両側は広い分譲住宅地。この住宅地をUR賃貸が分譲したの?民間の住宅地開発と何処がどう違うのだろう?

「民が出来る事を官がやる事は無い」?何処かのオバカが絶叫して実現した「郵政民営化」その実態と何も変わらない?これは貧乏人のヒガミ?この事実を何と説明するのだろう?最近になって景気が良くならない理由が良く分かる?

それはこんな税金の使われ方をしている事が分からないからだろう?それでも世の中凄い人がいる?時計と逆回りにニュータウンを歩いて、最後に降りた坂道で出合った老いたマリア様?(クリスチャン)。旦那さんを30年以上介護していると平然と口にしていた。

それだけでなく姑(しゅうと)さんもその前に介護したと言う。どんな人生だったのだろう?それでも笑顔を絶やす事は無かった。親父が尤もらしい屁タレを口にしているのが恥ずかしくなっていた。それでもこの親父。キリスト信者では無いと平然と口にしていた。本当に素晴らしい人との出合いでした。まだまだ修行が足りない。

Img_4035

Img_4039

Img_4048

このニュータウンが開発されたのが平成の初めから。それ迄はこの丘は信じられない事に「水田」だった。丘の上に開かれた新田はこの上に豊かな山があったからだろう?その丘陵地をニュータウンに開発?その思惑は成功したと思われている?

残りは明日。お休みです。詳しくは「西宮名塩ニュータウン」で検索して下さい。しかし詳しくは親父のブログで。(宣伝するな)素晴らしい景色と出合いがありました。マリア様お元気で。又会えるかな?(無理だな?)名前を聞いていない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の爆買いも止まる?中国人観光客も止まる?アホなのは日本のマスコミと観光局?

大阪のターミナルにも中国人観光客が多くなる?
以前の様に観光バスをデパートや商店街の近くに横付けをして、買い物に集中する。流石にそんな景色は少なくなったが、耳元でどでかい声で喚かれると流石に不愉快?

中国人観光客のマナーの悪さが日本だけでなく、世界各国で問題になっているがこれも日本人が団体で我が物顔で世界各地をカッポ?したその繰り返しかもしれない。「成金」「成り上がり」国内でも今だにそんな言葉を金持ち?が口にするけれど、お馬鹿なマスコミはそんな批判の言葉は口にしない?しかし、そんな時代も転換期?

日本のマスコミが殆ど伝えない中国経済と政治体制の疲弊?21世紀は中国の時代である事をどんなに否定してもその事実に変わりはない?ただ中国の指導者、日本の経済界(政治家は言う迄もなく)マスコミ、エコノミストの認識には違和感を感じる?

余計なお世話だが、そして何も知らないと笑われる(馬鹿にされるけれど)中国の貧富の差は計り知れない?中国の政治指導者が何時迄も日本の軍国主義と中国侵略の歴史的事実を引き合いに出すのも「その事実」の隠蔽(いんぺい)に他ならない?

この事は日本のマスコミがこれ迄全く意識的に避けて来た?韓国、北朝鮮、中国、台湾、東南アジア諸国の日本に対する認識をマスコミは正確に伝えていない。この国がアメリカの軍事力で国内の全ての都市を絨毯(じゅうたん)爆撃をされた事実。

屈辱的な無条件降伏の歴史すら知らない。その国民が支持した軍部の侵略の歴史をマスコミがどれだけ正確に伝えたのだろうか?その事が今、問われている?その事が最近「自虐的歴史認識」と言われてもその間違いが批判される事は無い?

その間違いが今、皮肉にも中国、韓国、北朝鮮、その他の国々で行なわれている?中国の繁栄はまだまだ一部の人しか手にされていない。多くの人が貧しい生活をしている。それも自業自得と考える人も少なく無いが、そんな国の株式市場が何時迄も上昇を続ける訳がない?それ位の事をエコノミストはどうして警告しないのだろう?

それも自分達にとっては美味しい事?そんな思い上がりが何時迄も続く訳が無い。その「不偏の経済常識」が今、中国の上海で起きている?信じられない事だが株式市場3割の上場銘柄が取引停止?これは何を意味するするのか?それ位の解説が日本経済新聞でも出来ない?

ギリシャ問題と言い中国上海市場の株式暴落と言い、決して他人事でない事をこれ迄の多くの「経済危機」から学ばなければいけ無い?無理か?経済はマネーゲーム。貧乏人には関係無い事を今回も思い知らせて呉れるのだろうか?それも違う気がする。

一番損をするのは「貧乏人」。なでしこジャパンとか東京オリンピックとか馬鹿騒ぎをしているがこれからの生き方は「質素倹約」だけでは生き残れない?人がやらない様な事をしながら生き延びる手段を手にしなければいけ無い?それも無理だな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

大阪は出かける時は雨。西宮に着いた時は上がっていた。

Img_3960

Img_3964

Img_3966

大阪梅田は☂。本日の目的地は西宮市役所で「名塩川」の勉強?
しかし実際の河川管理は西宮土木事務所。話を聞いた担当部署(水路、治水課)の説明は良く分からなかった。本当かどうかよく分からないがこれも地元の要望?ホタルの幼虫保護?いくら何でもそれは悪い冗談でしょう?親父的には首を傾げていた。

Img_3951_2

Img_3954_2

Img_3955_2

これが先日疑問に感じた「河川管理」ここは溝では無い。用水路でもない。これが整備されない理由は「ホタルの環境を守る」?違うでしょう。ここは排水路で整備をされたのは何時の事やら分からない?今年も大雨が降ると水はあふれる?それでも洪水の心配は無い?家は高台にある。道は通行止めになる。それで良しと思われている?

この区間「名塩道路」10、6キロ区間。今月末に開通する「名塩道路」は1、4キロ。ややこしい。この10キロ強の区間は3区間に工区を分けて昭和の終りから工事が始まり残す区間は峠道の3、6キロと武庫川が崖に迫っている500メートル。

この区間は山間地域で短時間大雨が降れば通行止めになる。その理由が良く分かる。大雨が降るとこの排水路から道路に水があふれる。その事が良く分かる。他の場所では道路上を濁流が洗うのはこの地域の一番低い所集落の中心地だろう?

Img_3970

Img_3971

Img_3972

阪神西宮駅を降りると雨は止んでいた。阪神の駅は高架。その駅を出ると公園?ただ空き地の廻りに花壇が無造作に作られている?空き地もただの空間。芝生も禿げている。いずれこの場所も建物が建つのだろうか?それは分からない。

Img_3973

Img_3974

Img_3976

Img_3978

市役所に向かう前に美しい花にカメラを向けていた。今日の勉強はこれだけでも充分?これから「名塩川」の話を聞く前に「そんな事」はすっかり忘れていた。親父も全く知らなかったこの川はこの集落を流れる清流だった。

その豊かな水で「紙すき」が行なわれていた。和紙の歴史は古い。紙は文化のバロメーターとも言われているが昔は北海道と一部の県を除いて殆どで紙作りが行なわれている。親父の故郷の近く弥生(やよい)でも佐伯和紙が漉かれている。(これは知らなかった事です)

Img_3979

Img_3980

Img_3983

多くの現実と矛盾。多くの行政の足らざる処。今迄殆ど気づかなかった現実は眼にする事が無かったから?マスコミは一体何をしてきたのだろう?報道の自由と尤もらしい事を言いながら現実はどうなのか?その自己批判さえ出来ない。

これから内部の告発が無ければ何も変わらないのだろう?いいえ内部告発があったとしてもその事実は封じ込められる?国立競技場の建設費2520億円?当初の予算を大幅にオーバーしてもその責任は問われない?

この国は本当にギリシャの財政破綻をまともに批判出来るのだろうかか?ギリシャと日本は違う?そんな事は言われなくても分かっている。ただこの修正案を承認した責任者は誰?建築家の常識ではなく指導者の常識がこれ程に劣化しても批判さえもされないのだろうか?

大体、東京オリンピックをやる事自体が間違いだったと批判されないと誰が言い切れるのだろう?その事は5年後ではなく現在人が墓の中に入ってから批判されるとは思わないのかい?国家の財政が厳しくなっても年貢を(税金を)取り上げれば良しとしていた武家社会と何も変わらない?名塩の歴史を読みながらこれが親父の田舎でも同じだったと思うと哀しくなる。50年後のこの国も同じかもしれない?

Img_3984

Img_3987

Img_3988

ふと横に目線を振ると若い男性(高校2年生)が携帯で接写していた。「良い写真が撮れた?」と声を掛ける。ニキビの顔が照れていた。「しっかり勉強をしてこれからの親父達を支えて下さい」勝手な親父ギャグを飛ばしていた。それでも彼は真顔で答えていた。

色んな人が尤もらしいコメントをしても(アンタもその内の1人)これからのこの国を支えるのは彼等に違いない?ギリシャでは若者達の多くが失業。それでも民衆主義の勝利と高らかに宣言している?彼等は何を未来に残せるのだろう?この国も例外では無い?そんな事は無いと誰が言い切れるのだろう?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

株価反発?その理由も市場関係者の思惑?世界の金融の潮流は?

世界のお金の流れ?自分の懐具合も分からない?そんな事は無いだろう?
世界のお金の流れも日本のお金の流れも自分自身のお金の流れも、何処かのオバカが言った様に「額に汗して働く人が報われる?」そんな時代では無い。

「そんな事は誰でも分かっている」?そうだろうか?この言葉は正解では無い?
「ギリシャ危機の問題は本当は誰も理解していない」この言葉が正解に違いない?
世界の株式市場はアメリカの金融関係者の判断で左右されているが、アメリカも日本もヨーロッパも中国さえも今、深刻な経済危機、金融危機の岐路(分水嶺)に立っている事を殆どの人が理解していない?この現実をどう考えれば良いのだろう?

その答えも単純明快です。「問題の本質は危機的状況」ギリシャ問題を簡単に説明すれば「ギリシャと言う国がヨーロッパ(ユーロ)の金融支援無しには財政が破綻している」この事は5年も前からその問題が明らかになっていた。

しかし国の指導者はその厳しい現実の改革が出来ない侭、ヨーロッパの支援を受けていた。殆どの人が知らない現実。今日の株式市場はこの場に及んでもヨーロッパの金融支援が続くと楽観視し大きな金融危機には至ら無いと判断しているがそれも違う。

ギリシャが財政破綻をしてヨーロッパが貸し込んだ資金が全く返済されないと困るから何とか繋ぎ資金で支援しているだけ。IMF(国際通貨基金)のギリシャ融資基金は世界の国々が出資しているのでいくらでも貸し出しは出来る?

そんな馬鹿な事は無いが世界の金融市場はそうタカをククッテいるのだろう?それもちがう?IMFの代表がギリシャを支援する?そう金融関係者は判断している?そうして問題が先延ばしにされる?ただギリシャの借金返済は来週、再来週も続く。

いずれギブアップの時が来る。その時、ヨーロッパ、世界の金融界はどう判断するのだろう?その時でも問題の先送りしか無いのだろう?それでも株式市場は関係無い?そんな事は無いだろう?それもありかもしれない?

殆ど理解出来ないギリシャの財政危機?他人事では無い?自分達の暮らしも間違いなく厳しくなる?それ位の考えを持てば政治は分からない、経済も分からない、政治家に任せるしかない?そんな考えには成れない事が良く分かる。

それでも景気が良くなる事を願う?それはアナタの勝手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

少し難しい「ギリシャ問題」ヨーロッパ経済危機?その認識があんのか?

Img_3865

Img_3866

Img_3867

体調が良く無いので掛り付けの医者で健康診断して来ました。先生に背中の傷みと内蔵の関係を聞きましたが「精密検査」をする前に、先月行なった検査結果の報告を聞く。結論。脂肪が見た目(外観)だけでなく内蔵にも付いている。

体重を減らさないと合併症を併発する。真剣な顔で言われる。それは充分分かっています。ならば実行あるのみ。結果が全てです。言い訳は出来ない。その決意があれば体質を変えられる?そんなに甘くは無いが今月末もう一度体重の変化と血液検査を行なう。

親父が何とか元気で居られるのもこのお米の所為?食べ物、主食は元気の源です。多くの人が勘違いしているが人間のスタミナ源は食事。ただそれだけでは無い事も事実。しかし、なんだかんだ言い訳をしながら体調の変化に気づいていない?どんなに健康管理を口にしても食事の管理が出来ないとお話にならない。体の中から健康になる。そんな食事をしなければいけ無い?

Img_3871

Img_3873

Img_3881

名塩道路の本体工事は完成し付け替え工事が着々と進んでいる。3週間後には完成。名塩の集落を通り抜ける多くの車は右の「名塩道路」に誘導され、左の道は直進出来なくなる。集落の道は下の道が整備されこの手前でループ橋に誘導される。

Img_3875

Img_3877

Img_3882

このループ橋完成して7年。これ迄はこの下の集落しか利用されていなかったが?これからはこの道が地元の生活道路になる。バスも走る。この道の替わりはないので?万一このループ橋で事故が発生すると大変になる?このループ橋を通らなくて直進する道は検討されているのだろうか?

Img_3879

Img_3884

Img_3885

今日の目的はこの川を遡る。目的はこの右側はこの地域でも数少ない耕作地だったが現在は後継者問題(耕作しても現金収入にはならない)で細々を高齢者が耕作を続けている?(本当の事は良く分からない)そのうち聞き取りが出来る?

その為にはもっとここに通わないといけない?行政はこの実態をどう考えているのだろう?(そんな事はどうでも良い?)ならばもっと知れ?(知った処でどうにもならない?)そんな事を考えながら歩いていた。

有り体(正直)に言えば誰かに「何でそんな所を歩いているのか?」と叱られる事を待っていたのかも知れない。誰にも出会う事は無かった。その代わりに凄い景色が出迎える。突き当たりは谷になり沢登りの服装と靴で無いと進めなくなる。(どうしたの?)川を渡り棚田の丘を登る。

Img_3889

Img_3893

Img_3895

この川は2級河川。どうしてこんなに荒れ果てているのか?こんな有様では大雨が降るとこの川は一気に溢れる?そう思いきや?そうでも無いのかも知れない。これから梅雨の末期。そして台風シーズン。昨年は我が街でも1時間100㎜の豪雨があった。

ここでは過去それだけの大雨があっても川から水が溢れる事は無かったのかも?そんな事は無いだろう?その答えは見つける事が出来なかった。この右側には狭い水田がある。その水田が冠水してもそれはそれで仕方の無い事と割り切られているのかも知れない?

Img_3896

Img_3897

Img_3899

Img_3908

左に川が流れているがそこは進めない。一つ上の道を歩いている。この道が旧道と思っていたが違う。立派な旧道は更に右上にある。この道の倍の道がこの集落と次の集落を結ぶ道。ただこの地域の子供達は四国の山間部で見た子供達の様にバス通学しか出来ない?

旧道と新道が重なっている所があり歩道が無い所があり、在っても安全に通行出来ない。この道もこの先で見事に行き止まり。それでも先に進む。(アホ)最後は谷になり流石にその先には進めない。親父的には残念。それでも満足していた。

Img_3911

Img_3912

Img_3914

意外な景色だった。石垣で川の土手が整備されていた。但しこの部分のみ。この部分は川が氾濫して土手が崩れたのだろう?その部分のみ整備をして他は又、次の予算で?そんな感じがしていた。この先、本当に歩けなくなる。土手を手にして来た傘をステッキ替りにしてよじ登る。

Img_3920

Img_3924

Img_3926

Img_3927

Img_3929

Img_3930

Img_3932

Img_3934

この岩をよじ登ろうとして思い留まる。この先は谷。右上に旧道がある。その道を歩いた時に覗き込んだ谷。流石にこの先には進めない。左の棚田の土手をよじ登る。草は刈られて斜めに歩けば何とか左の国道(峠道)に出れると思っていた。

Img_3936

Img_3938

Img_3940

Img_3943

突き当たりは国道176。この道を左から歩いた事を思い出す。(そんなに古い話では無い)この道は緩やかな登り。右側で坂は登り詰める。大きくカーブしているがそこにも歩道は無い。この道が何時になるのか分からないが拡幅される?

Img_3945

Img_3947

Img_3948

この信号で旧道と新道(国道176)が合流する。最初に歩いた時ここから旧道を歩いて下ったのは正解だった。今日はその谷を登りたかったが流石にそれは出来無かった。(谷が深くアドベンチャーの格好で無いと無理?)そんな道を歩ける訳が無い。

Img_3950

Img_3951

Img_3952

この正面の左が谷。左が名塩川?この川の中にどうしてこれだけの草があるのか分からない?今年の夏の大雨でキレイになぎ倒される?これでも2級河川?行政にはそんな認識も無い?この上も川の中は草が生い茂る。その写真で本日のボヤキはお終い。

Img_3954

Img_3955

Img_3956

Img_3959

正面の高架が中国自動車道。右の新興住宅地の小学生はバス通学。学校迄の距離は2キロを超える。その通学路も車の通りが多くて歩く事は出来ない。この住宅地のバスは本数が少なく子供達は寿司詰め?学校前の停留所に10分は止まる?

その間、後続の車は待機するのみ。大きな渋滞になっていた。その道が今月末の「名塩道路」の開通で大幅に渋滞が改善される?この草ぼうぼうの土地も道路が拡張された時の用地?但しその時期は分からない?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

テレビの番組はどうしてこんなにつまらないの?

Img_3782

Img_3783

Img_3784

Img_3786

今日は雨は降っていないけれど夕方から雨?気温もそんなに高く無い?
テレビで見る番組が無いから「スイスの録画番組」を見ている。
5年前の楽しい思い出が甦る。ツェルマットのリゾートホテル「リュッフェルアルプ」

2度と泊まれない5星ホテル。格安ツアーもあるけれどお金を貯めて是非体験して下さい?(余計なお世話)2泊もして正面にマッターホルンの絶景を眺めて。もう無理だな?日本がどんなに観光立国と声を大にしても勝てない景色と生き方?日本の素晴らしさをオバカなテレビ番組が伝えても勝てないのは一度体験してみると分かる?

Img_3787

Img_3788

Img_3789

Img_3790

Img_3791

Img_3792

Img_3793

この景色は全て川の中?水が流れている部分はこの先の一部。これだけの樹が繁っているのだから洪水の心配は無い?河川管理者はそう考えているのだろう?最初にその事に疑問を感じた時、管理者に聞いてみたがとぼけた言葉しか返って来なかった?

どうして?この地形は古くからの岩盤の上に堆積土砂が溜まり、その上の樹や植物が生い茂っている。昨年迄はこの豊穣?の土地が「不法耕作」されていた。今年の2月にその関連施設(小屋)は壊され、耕作地も無くなっているが肝心の「整地」は何も進んでいない?

これは河川管理者の完全な怠慢?ところがそうでは無い事がこの景色を複雑にしている?その事はこの後お見せする写真を見ると良く分かる。この景色はこれ迄何度もお見せしている。それでも何も変わらないのは地域住民が「これで良し」としている?

それも正しくは無い。一番の問題はこの様な状況を放置しても何も批判されない事?それも違う気がする。多くの人が知らないだけ?マスコミの報道責任が問われても当事者の認識はこの程度です?大水でこの地域の生活環境が破壊されても「想定外」の言葉で片付けられる?

その程度の事?白鷺が笑っていた。魚が居るのだろうか?この場所が半世紀前迄、地域を代表する夏の憩いの場所(水泳場)だった面影は何処にも見る事は出来ない。この環境を変えるのも変えないのも地域住民?そう考えると無理だろう?何故?現場を見れば分かる?

Img_3794

Img_3795

Img_3796

この先私有地で歩道を無くなる。この先を歩くにはどうすれば良いのか?道路標識も行政の看板も無い?この先歩くのは車道を壁沿いに歩く?自転車は狭い車道を対向車を避けながら進む?以前、左の駅の待ち合い室で地元のおばさん?に聞いた事がある。

「歩く人は居ない」「住宅地は線路の上(左側)」しかしその道も1車線。歩道は無い。歩道は無くても車線は確保?オバカな道路行政。そして河川管理です。この先、猪名川沿いの道はバスも通る。大型車両も通行禁止では無い。歩道は無い。歩く事は親父でないと無理?(オバカが歩いている)

Img_3798

Img_3800

Img_3801

ここにも堰が在る。この堰は古い?農業用水が取水されている?ところが笑って下さい?(笑うな)堰の前に杭が打ち込まれその杭に木材が横に置かれている。(農業用水を確保する為)?こんな堰を河川管理者は認めているのだろうか?とぼけるに違いない?

Img_3805

Img_3816

Img_3807

Img_3803

Img_3815

ここは大水が出ると冠水する?左の上にはコンクリートの建物が迫っている。その壁がこの川の堤防になっている?これでこの川の氾濫はこれ迄無い?その為にこんな無様な状況が放置されている?分からない?それでは見て下さい。

Img_3819

Img_3820

Img_3821

Img_3822

Img_3823

ここが農業用水路。この水がどれだけ農業用水として利用されているのか分からない。この地域の下流域を歩いていないのでどれだけ農地があるのか分からないが何時迄この用水路が必要になるのだろう?しかしそれとは別にこの堰の管理の仕方も問われる?

Img_3824

Img_3826

Img_3827

Img_3828

ここは川の中の中州。これだけの堆積土砂が島を形成したのは大きな岩、岩盤が在ったから?これだけ大きな障害物があっても川の流れは何も妨げられる事は無い?そうして放置されている?昨年の大水でこの下流の大木にゴミが引っ掛かっている。

ここ迄水が出ても問題ない?何時迄そんな事が言えるのだろう?この数百メートル下流迄は国土交通省園田河川事務所が管理し、ここは兵庫県宝塚土木事務所と対岸は大阪府池田土木事務所が管理している?管理者が変わればこれ程変わる?

Img_3837

Img_3838

Img_3843

Img_3844

Img_3847

何たる無様。右は一級河川。大水が出ればこのコンクリートの傍迄冠水する?
この先には進めない。左に下水の通路がある。大雨が降るとこの道も通れない。この道の先に歩道の無い道がある。道に出る時に右からの車に気をつけないとハネられる?

Img_3848

Img_3850

Img_3851

Img_3852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 4日 (土)

大阪は雨。競馬は夏競馬?国会は?そんな事はどうでも良い?

Img_3730

Img_3731

Img_3732

今日から夏競馬?そんなもんはどうでも良い。競馬も卒業?人生は?終りが近い?
プロ野球も見ているだけでストレスが溜まる。(お金は溜まらない)上手い?(アホ)こいつらプロかい?何か全く勘違いしている?一生懸命?アホか?プロなら見せろ?肝心の時に打てない?投げれない?守れない?ドンドコ節を歌っているんかい?

Img_3733

Img_3735

Img_3737

「名塩史」を読んで雨の中を歩く。土砂降りの雨ならさすがの親父でも歩けない。傘を指してカメラを持って「雨降り用」?の散策に道を歩く。この道を歩くのも久し振り。駅前から猪名川に出て堤防の上を少し歩く。(正確には堤防の下の道)雨で草が濡れている。草刈り位出来ないのかい?(予算がありません)ウソをつけ。そんな気持も無い癖に。(この言葉がウソでない事を最後に証明する)?

Img_3738

Img_3739

Img_3741

このすぐ下流の堰が改修され?(低くなり)河川敷の中に親水公園迄作られました。
川底も掘り下げられてこれだけ水位が下がりました。ところがこの数百メートル上流に可動堰が復活してその上は元の水位。お役人の考えている事はさっぱりわからない?(こんな間抜けな河川管理を誰も問題にはしない)?

今年の大雨で水位が上がり濁流が河川敷を冠水させても、河川管理は批判されない?その訳は「想定外」。そして又、同じ事を繰り返して行く。管理責任が問われる事は無い。河川管理の在り方は今、全国で問われているが問題の解決はどうしてこんなにお粗末なのだろう?

Img_3744

Img_3746

Img_3748

満々と水を溜めている理由が分からない。可動堰(堰の高さを変える)その堰が作動していない時(高さは0)の時はその下の流れが良くなったので、当然ここも浅い流れだった。ところが今は3メートルの水が溜められている。

当然、洪水時には堰の高さを下げるのでこの水位は高くならない?ウソをつけ。なら何で水を溜めるの?日照りが続くと干上がるから?その心配は無い。この1キロ弱にもっと大きな可動堰が在る。水は塞き止めると澱みが出る。ゴミが浮いて来る。不思議なもんだね。

Img_3749

Img_3750

Img_3752

Img_3753

堤防の上が綺麗になり桜が満開の時は眼を楽しませてくれる。その木の下には花壇がつながっている。ただこの素晴らしい景色もお金持ちの寄付では無い?堤防を整備した時に行なわれた事業?個人の寄付でも何でも無い?その事を何も明示していない。

Img_3756

Img_3757

Img_3758

Img_3760

五月山の幻想的?な写真を撮っているとすぐ横を散歩中の人が通り抜けて行く。どんなつもりか知らないが何も気にしていないのだろう?最近この手の輩が本当に多い。駅に行く道を歩いていても自転車に乗っていても人の事はどうでも良い?

違うだろう?親父も最近は避けない様にしている。それでも避けない。対面通行のルール等どうでも良いのだろう?鉢合わせになっても素知らぬ顔をしている。そして怒鳴られる(ザマー見ろ)コラ。爺(じじい)と言われてババアと平然な顔をして言っている。(止めなさい)止めないよ。それでも相手を見て対応している。(アホ)

Img_3761

Img_3762

Img_3767

信じられない事にこの先は左から流れ込んでいる川で堤防は無くなる。左は国道。正面は堆積土砂?違う?島?不法耕作地?それも今年の春に撤去。左の国道沿いにオマヌかな張り紙がある。恥を知れ。恥。そんな事もどうでも良い?ここも一度流されないと分からないのだろう?

Img_3770

Img_3772

Img_3775

Img_3778

Img_3780

何にも進んでいない。物事の改善は民間の会社なら何時迄に、どのように、誰が、どうする、どんな方法で。それを明示するのが常識。2月から5ヶ月経とうとしているが何も変わっていない?変わった事と言えば不法耕作の建物が潰され、不法耕作地が草ぼうぼうになった事?その事を河川敷の管理と言うのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

難しい本を一気に読んでいる。「名塩史」歴史を知れば現在が見えて来る?

「歴史を知れば現在が見えて来る」?
そんな物が見えても所詮(しょせん)ボヤキの種?うんちくの自己満足?かもね?
本当の賢さは「先見の明」?先を見通せないから「不満」が増幅する?

それも違う?オバカな人が多くなっているのは(語弊があるか)?物事の事柄(ことがら)が難しい?そうではない?事実は単純明快。その背景が分かり難い?それも違う。影響力のある人が真相(事実、事柄、内容)を脚色するから分かり難くなっている?

例えば今になって国立競技場(東京オリンピックのメイン会場)の建設費が問題になっている。その金額がべらぼうに高い? その経過が良く分からない。その経過はネットで調べて見ると良く分かるが、どうしてこんな間抜けな結果を招いたのかも公共放送は解説していない?(しているかもしれない?)その事実をこのブログを読んでいる人に聞いてみたい?そんな事もどうでも良いのだろう?

その考え方が今、読んでいる「名塩史」で良く理解出来る。私達のこの国の歴史を余りに知らない。多くの人が知らないこの国の歴史。私達は中学、高校で(親父はここ迄)この国の歴史を学んで成績優秀(自分で言うな)だったが、それでもこの本を読んでみると権力者(幕府、政府)の地方の農民の暮らしがどれだけ悲惨だったが良く分かる。(そんな事もどうでも良い)

ところが現代の暮らし向きを見ると大差が無い事が良く分かる?(そんな事は無いだろう?)確かに江戸時代、その前の秀吉の時代に戦乱の世は終わりました。「天下統一、天下太平」学んだ事はその程度の事でした。現在日曜夜8時大河ドラマが高齢者と一部の人にしか見向きもされないのも良く分かります?尤もらしい歴史認識?

親父が最近知りたいと考えていた「江戸時代の地方の人々の生活」。その事は明治の時代から昭和の帝国主義の時代迄何も変わらず現在に続いている?(そんな馬鹿な?)現在は「封建主義」「軍国主義」の時代でなく自由で民主主義の時代?

親父も長い間そう考えていた。ところが現実はどうでしょうか?千差万別?そしてそれが努力の差?何様だと思っているのだろう?この間抜けな格差の現実。豊かな人はより豊かに?貧しい人はもっと貧しく?そんな現実が当たり前?そんな現実は今に始まった事ではなかった。知らなかっただけ。その事実を知れば怒りが込み上げる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

色々あったけど隣町の図書館で「名塩史」を借りる。

Img_3726

Img_3725

Img_3727

何だかんだあったけれど隣町で「名塩史」を借り受ける。念願の本を手にして「ニンマリ」と言った処だったが館内で少し読んでいると字が見難い。本を傾ける等しても何となく違和感がある。結局図書館で読む事を諦めお気に入りの公園のベンチを考えるが「気力」の漲りが無い。念願の本が借りれたので緊張感が解けたのだろうか?

そうでは無かった。体の調子がおかしい?「下痢ピー」背中が痛い?オイオイ、大丈夫かい?そう考えながら家で読む事を考えて戻るが「集中力」が無い。ぼんやりとしながら横になると気が付いたのは夜だった。体の調子がおかしい?「正露丸」を飲んでも下痢が止まらない。幸いに動く事は出来る。

明日掛り付けの「内科」の松本さんに見てもらう。「下痢と咳は止めるのが難しい」といわれているが「安倍さん」もいい薬が出来たと喜んでいるが薬で体調を整えるのは一時凌ぎ?本当は体調を変えなければならない。その為に出来る事は「謙虚な生き方」その事が彼は分かっているのだろうか?(余計なお世話です)確かに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「名塩史」(郷土史)図書館で借りれない?そんなアホな?

Img_3669

Img_3670

Img_3671

Img_3672

名塩川は多くの沢から水を集めて名塩の集落を流れているが、ここ迄来ると流れが一気に厳しくなる。谷は深くこの道から降りる事は出来ない。この谷を知ろうとすると正面の道を下ってその先に開ける耕作地を廻り込まないといけない。この道は旧道。

この道は今ではこの地域の子供達の通学路になっているが、最近の子供達は殆どバスを利用するので歩く事は無い?自転車も殆ど使われない?その理由はこの旧道が新道(国道176)と重なるから?国道は自転車が安全に通れる分離帯は一部しか無い。

Img_3673

Img_3676

Img_3677

遠くに中国自動車道の防音壁が見える。その上の山麓も住宅地が開けている。ここにも阪急バスが運行しているから住民の生活には支障は無い?それでも都会人には不便だろう?住めば都と言われるけれどこんな場所で生活するには、それなりの覚悟と自然の中で暮らせる歓びが両立しているに違いない?

Img_3687

Img_3680

Img_3682

右上の道路が国道176号。右先で「名塩道路」が完成している?正式に開通するのは今月末(26日)この道が整備されているのは国道はその道に誘導される?状況が分からないと思うがこの道がこれ迄の集落に繋がる道になる?

Img_3681

Img_3684

Img_3683

Img_3679

このループ橋は近くの地元の人達の便宜を考えて?10年前に完成している。その時からこの道が国道から地元の集落に続く道になる事が考えられていた?凄いと言えば凄いがこのループ橋をバスが走る?大阪湾の上を走るバスとは違う景色になるのだろう?

Img_3688

Img_3689

Img_3690

全国何処でも行なわれている地方の道路工事。これが地方創生に繋がる?地域活性化に繋がる?都会人も地方の人達も全く的外れな見方しか出来ない?この1、4キロの道が出来ても地域は全く活性化はしない。ただ地域のど真ん中を貫く国道の渋滞は解消される。それだけでも充分の価値がある?そう思われている?

皮肉な事にそれだけでは地域の賑わいは戻らない。逆に地域は忘れられて行く?地元の人にとってそんな事もどうでも良いのだろう?今この集落に賑わいを取り戻す壮大な試みは誰もしていない?(そんな事はありません)

地元で長い間この状況を変えようとして変えられなかった親父さんと仲良しになりました。これから多くの人の賛同を求めて高齢者と子供達が元気に生きて行ける壮大な試みが展開される?(うそをつけ) 地方創生とはそんな地道な取り組みではおまへんのか?

国の安全保障?国の財政改革?国の社会保障政策の変革?多くの事を多くの人が口にするけれど、その改革の端緒を引き出す事は出来ない?(偉そうに言うな?文句があるなら自分でやれ?)そんな言葉を浴びせられても考えは何も変わらない。貴方もその程度の認識しか出来ない?いずれ老い朽ちる。その事を思えばどうって事は無い?

Img_3691

Img_3692

Img_3693

Img_3694

Img_3695

Img_3696

Img_3697

名塩西口のバス停を降りて少し先に進むと住宅地の先に名塩の集落に紙すきの技術を伝えたと言われている「東山弥右衛門」の墓がある。石碑には「紙職元祖東山弥右衛門之墓」と記されているが、この地方の紙すきの歴史はもっと古いと郷土史研究家のKさんは行っている。それ程にこの集落の紙すきの歴史は古い。親父も全く知らなかったが作家「水上勉」はその物語を短編「名塩川」で書き記している。

Img_3698

Img_3699

Img_3704

Img_3706

この墓地からの下道に下る道を歩きながら怒りが込み上げて来た。この写真に写していないがこの村から多くの若者が赤紙1枚で駆り出され無念な戦死を遂げている。「国の為に戦い名誉の死」何たる歴史認識だろう?

これは国家に依る戦争犯罪?現在の国の認識はそうでは無い。「靖国神社を参拝するのは当然の行ない」?国会議員で女性の政治家、閣僚が尤もらしく語る。国家が「国の為」と偽りどれだけ多くの戦没者の墓が全国にあるのか?

彼女達は理解していない?そんな事は無い?どんなつもりでそんな事が言えるのだろう?女性の地位向上と称してもその程度の事かい?戦後70年。この国は先の大戦の歴史を教訓として来たのではないのか?

間抜けな政治評論家は「自衛の為の戦いは許される」と公言している。戦前の帝国陸海軍も同じ様な事を言いながら他国を侵略をした。その天罰を受けた事も無かった事にするのかい?そんな事は出来る筈も無い。国会の間抜けな答弁を聞きながらそれ位の思いをどれだけの人が重ねるのだろう?(ほんの1部)何たる国家だろう?

Img_3708

Img_3713

Img_3715

Img_3717

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 2日 (木)

 地方創生?TPP交渉?景気回復?安保法制?アホやろう?

Img_3613

Img_3614

Img_3615

西宮名塩の外れ。「赤坂峠」このバス停の近くに弘法大師の湧き水として有名?な「独鈷水」(とっこすい)がある。?マークがついたのは私有地の中に在り現在、公開されていない。それでも以前は個人の好意で見れたが今は訪ねても断られる。

Img_3618

Img_3616_2

Img_3619

こちらは旧道。日本の田舎の風景を見る事が出来る。この右側を新道が出来ている。その道も今は交通量が多くて歩道も無い。それとは反対にこの道は人影すら疎ら。これが日本の原風景。知らないオバカがこの地方を活性化する?馬鹿だろう?オバカ。

Img_3621

Img_3622

Img_3624

この地域を活性化する方法は「知恵を出せ」?お金は補助金で賄うから?アホだろう?アホ。この地域は間違いなく20年もすると集落の存立が難しくなる。地域の人達も行政にもそんな危機感は無い?関係無い?どうしょうも無い?それが現状?

Img_3625

Img_3626

Img_3627

この野菜畑も棚田も現在作っているのは高齢者。その子供達は都会で働いている?高齢者が無くなればこの耕作地を引き継ぐ?それは分からない?大切な事はその手当。それが無い?その対策は個々に考えろ?政府の地方創生とはその程度の物?違うでしょう?違わないの?

行政にはそんな取り組みの必要性を誰が指導しているのだろう?(そんな所はありません)?誰も伝えない現実。親父も知らなかった現実がここにはある。そんな政策が支持される?山間地域で農業政策は誰が旗ふりをしているのだろう?

この現実で高齢者が元気に生きる。そんなファーム(農場)。それは全国の地方で求められている?都市の介護施設を地方に?そうでは無い。元気な高齢者を多くする。それがこれからの山間僻地の在り方だと思わないのだろうか?

Img_3628

Img_3629

Img_3630

この地域の名前を写し取る。この地域は広い。久保と言う地名は西があるのかな?
この道の右側に(登って来る時は左側)に新道が大きく迂回しながら高度を稼ぐ。この峠(赤坂峠)は長くは無いが歩道は殆ど無いので歩く事は出来ない?

Img_3631

Img_3632

Img_3633

オバカなテレビが「なでしこジャパン」の熱狂を伝えている。たかがサッカー?されどサッカー?一番大切の事を多くの人が見失っている。テレビの報道の在り方が問われて久しいが期待は無くなりました。

確かに世界一になる事は大変な事だが自分達の足元さえも見つめられない?テレビのコメンテーターが「ギリシャは4年前と何も変わっていない」とぼやいていたが、この国はどれだけ変わったのだろう?

あなた自身の生活もどれだけ変わったのだろう?そしてそれは誰のお陰だったのか?考えた事があるのだろうか?それ位の事が分からなければ思い知るしか無い?成長戦略もこれから?何時迄そんなとぼけた事が言えるのだろう?

ギリシャ危機は他人事では無い。その事が分かっていないのは報道関係者だけでは無い?アンタ達がどれだけ事実を正確に伝えたのか?アンタ達がどれだけの格差社会を拡大させたのか?その認識が全く無い?

オチャラケの政治批判で何時迄も飯が食える?そんな事は無い?(あるのかもしれない)?安倍総理の体調も激変しないのだろうか?(マスコミに圧力をかければ思い通りになる)?でもそれも1時の事。それは歴史を学べば本当に良く分かる。

沖縄の基地建設も沖縄の反対を無視する?この国の有権者はその程度の政治認識しか無いのだろうか?国が豊かになる為には何でもする?ウソをつけ。自分達の都合の良い国にする?(それも思い通りにはならない)?

Img_3634

Img_3639

Img_3640

Img_3641

Img_3646

アメリカのオバマ大統領に議会がTPP交渉の権限を与えた?それでアメリカと日本の2国間の交渉は進む?日本政府も歓迎?何たるオバカな発言だろう?この訳の分からない貿易交渉?どれだけの人が何がどうなるのか分かっているんかい?

アメリカの要求が無茶苦茶?そんな交渉を担当大臣はどうまとめる事が出来るのだろう?経済界がどんなに賛成しても農業団体はどこ迄賛成出来るのだろう?関税が下がれば安くて美味しい米が買える?マスコミの報道もその程度かい?

山間僻地の米作りは無用?バカだろう?(そうは思わない?)そうだろう?それが常識だろう?おいしいお米を安く買える様にする。それ以上に米の大切さ、食の安全保障、食育(しょくいく)の大切さを共に体験する。そんな取り組みを行政は全く考えていない?その事を思い知らされている。これから健康で生きる。そんな時は長くは無い?

Img_3647

Img_3648

Img_3650

Img_3651

ここで国道176に合流です。この峠は正面で大きく右に曲がり直進します。その先が赤坂峠。つづら折りの峠とは行かず一回だけ大きく曲がるだけ。それでも手前でも大きく曲がるので正確にはS字の大きなカーブが2回。

歩道も一部分しか無いので歩くのは危険?その案内標識は何も無い。この道は全く知らなかったが交通量はご覧の通り。この左をしばらく進むともう一度坂道がありその先で名塩の集落を抜ける。その1、4キロの区間が今月26日。バイパス道路(名塩道路)として完成する。

この区間の道は部分的に整備されているがこの区間は何時改善されるのかその見通しは無い?計画は出来ているが用地買収が済んでいない?この左手の山をトンネルで抜ける?計画の始まりは昭和60年。30年以上前。今月末開通する1工区(1、4キロ)の後は3工区(0、5キロ)だがこの区間の工事方法は最終的に決まっていない?更に今歩いている区間1−2工区(3、6キロ)は何時の事やら分からない?

Img_3652

Img_3653

Img_3656

これが政府の言う「地方創生」違うだろう?地域活性化対策?そんな物はどこにも無い。歩道もこの先右には無い。車の切れ目を見て左に渡らないと行けない。そんな標識はどこにも無い。この区間は阪急バスが運行している。

そのダイヤが小学生の足になっている。地方創生と言うのなら登、下校時にスクールバスを運行しても良いだろう?そんなお金はどこにも無い。四国徳山の高知県境の子供達も同じだった。地域が活性化するには子供と高齢者が安心して生活が出来る交通アクセス。

その対策を蔑ろにして地域の活性化?都会人は知らない現実。それでも地方創生?介護施設を地方に?こいつらはお縄に掛けないと行けない?罪状は?詐欺です。この素晴らしい環境。皮肉に聞こえるでしょう?ところが右の山麓には住宅地が開発されている。

田舎では車無しでは生活が出来ない。高齢者が車無しでは生活が出来ない?その現実に行政は為す術を持ち合わせていない。その現実を政治家は知っているのかい?そんな政治家が支持される?それはマスコミの情報?オチャラケでそんな事もどうでも良い?そんな生き方をしていたら必ず天罰を喰らうに違いない?

Img_3657

Img_3659

Img_3660

この道を歩くのも3回目?勝手知りたる道。歩道は片側にあるがいきなり反対側になるし草はこの有様。この歩道を歩く人も殆ど無い。歩く事を道路管理者は全く考えていないがそれでも草は刈らないといけないだろう?

それ位の事も文句を言われないとやろうとしない国道の管理。国土交通省兵庫国道事務所。管理者はそんな事はどうでも良いのだろう?何たる間抜け。何たるお粗末。何たる無策。奈良でも和歌山でも大阪でも見た気がする。それでも彼等の仕事は評価されている?地域の人達も歩かなければ関係無い?政治家は知らない現実です。

Img_3661

Img_3662

Img_3663

Img_3664

ここは川では無い?親父の田舎でもこんなデタラメな川は無かった。ここは川ではないのだろう?排水路?看板も何も無い。地域創生の為に整備しなはれ?この地域をこんな形で放ったらかしにしてもこれ迄水があふれた事が無い?

Img_3665

Img_3667

Img_3668

 

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャの国家財政は破綻しない?この金融危機の鈍さ?

殆どの経済解説者、コメンテーター、アナリスト?(分析家、評論家)の見解は「ギリシャのデフォルト(財政破綻)は世界的な金融危機にはならない」?
この見方に親父は違うと思うが麻生財務大臣も同様の見解を示している。

最近は多くの人が関係無いと知らない事を大変な事と認識していないが、経済の世界的繋がりも同様に無視されている。「知らない」と言う事は本当は大変の事だが、そんな事も知らなくても全く関係無い?処がそうでは無い?その事が親父も全く理解が出来なかった?ところが少し考えて見ると色んな事が見えて来る?

偶然付けた深夜放送でスイスアルプスの「山歩き」。これからアレッチ氷河を歩く。一回この番組は見ているが飽きる事は無い?今夜はギリシャ危機のこれからの見立て?をするつもりだったがやめる。又明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 1日 (水)

梅雨空の大阪 お出掛け無し 名塩もお呼び無し?

Img_3549

Img_3554

Img_3555

Img_3556

Img_3558

Img_3560

久し振りに「散歩コース」を歩く。このコースは体調が確認出来るコース。
体調が良く無いとこの登り坂が楽では無い。それ程の坂でもないが体調が良く分かる。今日は「可も無し不可も無し」?ゆっくり歩いているので汗をかく事も無い?

Img_3561

Img_3563

Img_3564

城跡公園前のマンションが暫く見ない間に完成間近い。これだけのマンションに住める人は年収どれくらいだろう?(大体分かるが)景気は回復基調と言われてもウソ?これ位のマンションに住める人は限られている?しかし時代は大きな転換期?全く知らなかった宝塚奥の武庫川の激流。あの流れを見せつけられる?昨夜の雨が上がり芝生は青々としていた。「隣の芝生は青い」?違う。「眼の前の芝生は青い」確かに。

Img_3565

Img_3566

Img_3567

Img_3569

池の鯉がスリムな体型を見せつけている?親父の体型が変わら無い事をあざ笑っている?それも今に見ている?(無理だな)体重は減らないがその原因もはっきりしている?問題はそれが出来るか?それが出来た時目標達成。分かっているのか?池の鯉に言われたく無い。エサを買わずに通り抜ける。

Img_3571

Img_3570

Img_3572

Img_3574

Img_3577

Img_3578

これから山麓の道を歩く。贅沢な時がある。昨夜の雨の後が感じられる。これから夏に向かってこの緑が更に深くなる。山が呼吸をしている。日々の生活に疲れて重い足を引き摺りながら歩いても、ここ迄来ると気持が一新する。それが何とも嬉しい。

Img_3580_2

Img_3581

Img_3582

Img_3583

武田尾の「桜の園」笹部新太郎演習林には到底及ばないが山桜が今年も夏を迎える。
桜の名所も日本全国数限りないが、それぞれがその美しさを競う時は春。しかし実際はこの時期の桜木の美しさを知る人は少ない?「花が咲いていねーじゃねえか?」
花は来年弥生3月の終り?それでも今着々とその準備を始めている?

Img_3584

Img_3586

Img_3588

紫陽花もそろそろ終わり。夏山のシーズンも始まる。親父は高所恐怖症だから高い所は駄目。若い頃西穂の独標に風雨の中を岩にしがみつきながら登ったのが最初で最後?槍の穂先に登りたい?とんでもありません。スイスのロープウェイでへたり込んでいた。あの絶景。もう眼にする事は出来無いに違いない。

Img_3589

Img_3590

Img_3591

山麓の「緑のガーデン」一廻りをして引き返す。気合いがあればこの先、隠れ家?に向かうがそれだけの気力は無かった。毎日、しっかり歩いているからかも?それはない。減量を真剣に考えるならばもっと歩かないといけない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »