« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

梅は咲いたか?桜はまだかいな?弱い者いじめしか出来ない社会に明日は無い?

Img_0400

Img_0403

Img_0405

Img_0406

昨日訪ねた安威川ダムの山が削り取られている。この下にダムサイトが出来るがこの山の地盤は綺麗な山砂。殆ど大きな岩盤がない。この地域では地震は全く問題にされていないがこの地域も当時大伽藍を誇っていた「大門寺」が大きな被害を受けている?

だからこの地域の地盤は決して良く無い。その為に?山の上から山砂が削り取られている。その土砂が置かれる土地(農地)が見れる。(既に用地の買収は済んでいる)先祖代々の農地もこんな運命を辿るとは全く考えられていなかったに違いない。

Img_0407

Img_0408

Img_0410

昨日歩きたかった「自然歩道」。しかし9キロ弱。親父の足で3時間掛かる。天気も粉雪が舞って寒そうだった。このダムの工事現場に来たのは半月前だったが、この歩道を歩くにはバスの終点「車作」(くるまつくり)から降りて来るかここから登る。

も少し暖かくなれば絶好の山歩きが出来るに違いない。このコースの名前「武士自然歩道」の言われは明智光秀が切開いた戦略の道に由来。「ぶし」街道と思っていたが「もののふ」街道。歴史好きの親父の好奇心が騒ぐ。

ネットで調べると歩いた人が詳しく解説している。歩く時はこの記事を参照しなければいけない。朝が弱くなっている親父には2時間遅れの11時のバスに乗る?(アホ)興味があれば「茨木紀行 武士街道」で検索。(勝手に紹介していいのかな?)

Img_0413

Img_0423

Img_0417

帰りはこの先にあるバス停「安威」で16時14分のバスに乗る。山は粉雪が吹雪(ふぶ)いていた。無理して歩いていたら又、嘆いていたに違いない。ダムの工事現場を見て「大門寺」で足止めをくったのはお大師さんのお導きに違いない。

暖かくなったら出掛けよう。弱い者いじめしか出来ないオバカが本当に多い。反社会的勢力に立ち向かえなくても自分より弱い者には「陰湿」いじめを平然と行なう。関係者もそれを見逃している。関わりたく無い?話したく無い?それで済めば警察は要らない。ところが総理大臣迄もが違法行為であっても知らなければ法に問われない?

何たる有権者を舐めた言葉だろう?知らなければ法令違反では無い?そんな政治家が支持される?そんな言葉が何時迄も通用する?国のリーダー達がそんな認識で国が良くなる訳が無い。それでもそうは思わないのだろう?

その事が良く分かる。こんなつまらない事を大事な国会の予算審議で追求するな?それではこんな政治屋が大手を振って政治改革を口に出来るの?文部大臣の資質もこれで良しとするの?学校教育の現場がどうなっているのか?

日教組の所為にしてその管理責任は調査をする?教育の現場は出来る子と出来ない子の区別が明確になっている。それを一緒に教える事の間違いを正さなくて何をどう変えると言うのだろう?それ位の事をやれなくて教育水準を上げる?教育委員会はどうなっているのか分かっているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

人の命を何だと思っていたのか?それ位の事を親が、社会が、地域が教えていない。バカヤロウだろう。

「中1殺害 3少年の逮捕状請求」そして逮捕されても尊い若い命は戻らない。
そして犯人達は「殺意」を否認して「少年法」で裁かれても殺人事件の事実は時と共に忘れ去られる。何たる無様な社会だろう。一番情けないのは当事者を放置して来た地域と警察、教育者達。彼等は尤もらしいコメントを出しながら何も変えられない。

怒りを爆発さえも出来ない社会。教育の在り方が問われて久しいがこれが現実。学校に行くべき少年達が学校に行かなくても義務教育でなければ関係無い?バカヤロウだろう?中1の少年が学校に行かなくてもその状況が放置される。

教育相談で今だに学校にいけない子供達が少なく無いが、彼等を放置している教育者達はどんなに尤もらしい言葉を口にしても、その言葉に説得力はない。教育委員会にその力がなけれな誰が子供を守ってやれるのだろう?大人達は一体何をしているのだろうか?

自分の子供でないから関係無い?自分には関わりがない?学校の外の事は教員には口出しが出来ない?殺された彼の学校にもPTAはあるだろう?その大人達は何をしていたのだろう?自分達は関わりたく無いと殆どが思っていたのだろう?

これがこの学校だけの問題ではない。都会の殆どの学校でこんな悲惨な事故にはならなくても「いじめ」「無視」が日常的に教師迄もが行なっている?そんな社会でどんな子供達が育つのだろうか?日本各地の学校で登下校の見守りが行なわれている。

けれど、このガキ達が市中にたむろして遊び回っている姿を見て見ぬ振りをしていた大人達。何たる無様な地域住民だろう?但し不良達はその事を充分理解している。そのマヌケさを叩き潰すのが警察の役目だろう?最近のお巡りさんは忙しい?

違法行為が横行しても人が殺されなければ補導は出来ない?ウソをつけ。違法駐車が行なわれても取締も出来ない。親父がいくらほざいても何も変わらない。そんな社会を何時迄大人達は見過ごすのだろう?

逮捕される少年の親はマスコミの取材に対して「弁護士に聞いてくれ」?何たる親だろう。これがこの国の親の言葉?世界一安全な国?亡くなった少年はどんな思いでこの社会を見ているのだろう?その事を思うと怒りは収まらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月26日 (木)

雨水の時は過ぎ次は啓蟄(けいちつ)。そんな事を言われても分からない?

今日は大阪は天気予報が当り(最近は珍しくない)雨。その理由もはっきりしている。?この雨が止むと又寒くなると言われているが三寒四温。(何とも心地の良い言葉)それでもこの言葉も意味も知らないオバカは少なく無い。(コラ)

関係無いと言われたが株価の上昇は景気の良さを反映している?何度も書いたが(言っているが)景気は良くならない。(但しこの言葉も間違い)正確に言えば多くの人の生活感は経済的には良くならない。賢い生き方はそんな生き方を「是」とする生き方に違いない。

ところがそうでは無い。株価が景気の指標として頻り(しきり)にテレビのニュースとして取り上げられる。今の様に政治が経済対策に関わりを強くする様になって(昔からと言われるが昔の政治家は経済の事を問題にはしていなかった?それも違う?かもしれない)多くの国民がその事を期待している。

政治と官僚は経済とは一線を引かなければ政治問題の解決は難しいが(その事は歴史が証明している)政治家が一番、国民の意見を聞くポーズがとれるのは経済政策、地域振興だろう?その事は地方に行くと本当に良く分かる。

国の借金は1000兆円を超えているがそれを越える資産がこの国にはあると言われているがこれも首を傾げなければいけない?そんな事も分からない人が多いがそれも仕方が無い?同世代の人より多くの政治的、経済的知識があると自負している親父でも本当の事は分からない。

しかしこの国の財政は(借金)は1000兆円である事は間違いない。それだけでなく毎年の歳入は歳出の半分にも満たないのだから、先ず歳入を多くして歳出を抑えなければならない。その事を約束した政権は有権者の支持が無い?

政治と金の問題がいつまで経っても解決しないのは当たり前。政治に口出しをする圧力団体は尤もらしい理由を正当化して自分達の業界、組織、自分達の懐を豊かにする為には手段を選ばない。ウソだと言われる。井戸端の程度の低い戯言と馬鹿にされる。

どんなに喚いても何も変わらない。?そうかもしれない?ならこのままでなる様にしかならない?それも違うだろう?歴史をひも解けばその過ちは良く分かる。盤石の政治体制も時の流れに翻弄(ほんろう)される。その事を知らない。何時の世も時代の流れに購う(あがなう)異端児はツマハジキにされる。

万引きを強要されて断った少年が裸にされて打ち捨てられる。その不良グループがイモズルの様に引き立てられるのも時間の問題だが、少年の尊い命は戻る事は無い。この地域の大人達。子供達を守る教育者、警察官は何をしていたのだろう?

「証拠も無しに検挙は出来ない?」この犯人検挙に時間が掛かれば掛かる程、警察の信頼は失墜する事は認識していないのだろう?それだけではない。尤もらしい事を言いながらこんな無様な姿を晒した都会の愚かさ。

この事は氷山の一角に過ぎない事を行政の責任者も治安の責任者も多くの国民も認識していない。「可哀相」ふざけんじゃないよ。アンタ方何処さ。熊本さ。熊本何処さ。肥後さ。肥後何処さ。少年は笑っているに違いない。

哀しい事に田舎で暮らしていたらこんな事にはならなかったと思っているの違いない。アプリの通信記録で犯人逮捕は時間の問題?ホンマかいな。他人事では無い。自分達の未来が問われている。そんな事を問い掛ける報道は無いも無い。オチャラケで何時迄も飯が食えると思っているのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

完食したけれど豚肉「細切れ」では歯に詰まる。もっと良い肉買いなはれ。トホホ。

Img_0305

Img_0306

Img_0197

春の陽気に誘われて出掛けようとして愛用のサングラスが無い。takeさんから貰った大切にしているメガネ。チョイワル親父の必需品。これが無いと歩けない?心当たりを探すが出て来ない。仕方が無いので大掃除。ところが出て来ない。仕方が無いのでサングラス無しで出掛ける。暫くは辛抱してサングラス無しで歩くしかない。(トホホ)

今夜の夕食は「ブタしゃぶ」ところが豚肉、高くなっている。近くのスーパーの肉、野菜は不味くて高い。そんな食料品が売れるのは駅前で競合店が無いから?それも違う?便利だから買い物をしているだけ?近くの八百屋で安い白菜を買ってその半分を使う。半切りで100円。その半分で50円。白菜は本当においしい。

コンニャクも一丁?100円。これも美味かった。不味かったのは細切れ肉。ラベルを良く見ると炒め物、豚汁用と書いている。ブタシャブの肉は200円高かった。その値段をケチる。味は味付けでどうにもなるが歯ごたえと満足感が大違い。

「貧(ひん)すれば貪(どん)す」。上等の豚肉を食える身分にならないといけない?(泣いている)パンジーが。(お前だろう)それでも白菜とコンニャクとえのきのお陰で完食。ザマーミロ。(バカタレ)眼鏡は出て来ないが今日はお陰でお掃除と布団を干す事が出来ました。明日は雨です。黄砂で汚れている空気がきれいになる?と

Img_0260

Img_0251

Img_0253

菜の花も見納め?遠くの山は霞み近くの山は春の到来を心待ちにしている?

Img_0200

Img_0216

Img_0217

今日も近くの河川敷を歩く。暖かくなって来たので若いカップルも河川敷の堤防に腰を降ろしている。浅くなった川の流れも鳥達に取って絶好のエサを口に出来る?しかし、良く見ると川底には既に茶色の藻が張り付いている。この川の汚れがこれ程にひどくなっていても、鳥達には関係無いのかも知れない?

Img_0264

Img_0267_2

Img_0257

布団を干しているので余りゆっくりとはしていられない。それでも3キロは歩く。

Img_0248

Img_0252

Img_0256

水が温み子供達が水遊びをしているが橋の上から見下ろしてみると魚釣りの真似事?をしていた。一応短い竿と糸を用意しているがこの川には魚が居ない?信じられない川になっている。その訳を明確に語れる人は居ない?理由は単純明快。

川が汚れている?それでも水鳥はエサを口にしている?川の汚染対策は進んでいるがそのレベルは魚が住める環境では無い。その他に多くの堰が魚の生育を妨げている?環境に優しい水辺をどんなに尤もらしく口にしても川の中を覗き込めばそこには魚は居ない?

大阪市内にも多くの川があるが皮肉にも自然が回復しているのは「淀川」。環境を語る多くの人もその事を知らない。我、街でも「ホタルの飛び交うせせらぎの水路」を猪名川の河川敷に造っているが、昨年同様の大雨が降れば折角の施設が流される?

それ位の事を知りながら今、堰の整備が進んでいる。この無駄な公共工事。3月には完成する?信じられません。こんな河川管理何時迄続けられるのだろう?マスコミは全く報道しない。完成したら報道するのだろうか?関係無いと思っているのだろう?

Img_0269

Img_0280

Img_0289

Img_0290

Img_0293

Img_0299

今は川底の土砂をすくい取って水位を下げているので堤防の下が良く見える。以前はここは完全に水面の下だった。この下流の堰を低くしこの近くの川の中の土砂を取り除かれてこれだけ水位が下がっている。これでこの下のグランドが冠水する事は無い?それは昨年同様の雨が降らないと分からない。

Img_0297

この写真の中央部にも堰があった。その堰は防水ゴムの可動堰。それが今は水中に沈んでいる?(取り外されているのかも知れない?)その堰が在った時の水位が堤防の色が変わっている所。その時と今の水位が良く分かる。

地域振興のNPO法人の会長からはここにも堰が作り替えられると聞かされ、激怒した事を思い出す。彼等の地域振興とは補助金目当て?いくら何でもそこ迄アホではないだろうか?地域が活性化するには補助金頼り?そんな政治が何時迄出来るのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は給料日?暖かい日も今日迄?お金を使わないで近くを歩く?アホ。

Img_0125

Img_0126

Img_0127

「春のうららの隅田川。上り下りの舟人が、櫂(かい)の雫(しずく)も花と散る、眺めを何に例う(たとう)べき」小学校唱歌。「春」。最近はこんな歌も知らない人が多くなっている。電車の中でスマホとにらめっこしか出来ないオバカが多くなっている。

昨日も書いたが川崎の中1の惨殺事件。東京の治安は良い?何をとぼけているのだろう?恥だよ恥。恥を知れ。都会で生きると言う事はこんな事では無いだろう?その間抜けな犯人を捕まえられない警察。都会の治安はこんな物?政治家も頭を下げろ?

(関係無い?)それでは教えてやろう。これが都会の間抜けさだよ。株価は今日も上がる。総理大臣は口先だけで政治と金の問題を語る。経済界は素知らぬ顔をして景気回復を高々宣伝する?利益誘導には大声を上げても人が殺されても批判も出来無い。

間違いなくそんな生き方は自分達の身の上に降り掛かる。そんな社会を許してならない。犯人は地域のゴキブリ達だろう?今頃になってまともな生き方が出来る訳が無い。地域の安全は地域で保て。何たる地域住民だろう?

それでも自分達は関係無いと素知らぬ顔が出来ると思っているのだろうか?罪を憎んで人を憎まず?ふざけるな。同じ罰を与えなければ惨殺された青年は浮かばれない。警察は犯人を一日も早く逮捕してその罪の重さを思い知らせろ。

大阪でも警察官が不貞を働かせて女性を殺している。組織の責任は何も問われていない。彼は優秀な警察官として東北の被災地に派遣された剣道の有段者だった。そんな事も忘れ去られると思っているのだろう?

警察とはその程度の組織。違うだろう?もっとしっかりしろ。犯人検挙を1日も早く。その事が問われている。そんな事も関係無いってか?バカヤロウだろう。テレビを見ていてもうんざりする。(なら見るな)アンタにそんな事を言われる筋合いは無い。(あるのかもしれない)ふざけんな。親父は怒っている。今に見てろ。?

Img_0133

Img_0137

Img_0138

六甲の山並みも黄砂に霞んでいる。季節の変わり目。眼がチカチカ?週末には定期検診で眼科に行かないといけない。これから暖かくなると花粉がニュースになるが、大気も汚れる。親父達が大阪で一生懸命働いた時代の大気の汚れを思い起こさせる。

Img_0139

Img_0140

Img_0145

この先の橋迄歩いて対岸を帰る6キロの散策の道を歩いていたが途中で気持が変わる。うんざりとする同じ景色を見ながらぼやいていても進歩は無い。この歳になると考える事が暗いと言われるが、この景色を見ながら歩いていると明るい気持にはとてもなれはしない。

それでも自分の生き方を変えるには明るい部分を見て前向きな生き方をしなければならない?何とも情けない話だが元気に生きるとはそう言う物かも知れない?堤防の上がる階段の一番上でバランスを崩す。転げ落ちたらシャレにならない。悪たれを言っているから罰が当たる。この親父にそんな言葉は無いのかも?

Img_0147

Img_0149

Img_0155

Img_0159

Img_0163

中山の峰々が語り掛けている。「心に怒りの波が打ち寄せれば何時でもおいで」「そんなくだらない思いを鎮めてあげる」頭を下げながら首を左右に揺らしていた。そんな気持で神聖な山を汚してはならない。山は汚れ無き心の故郷。

オバカな人間の憂さ晴らしをする所では無い。多くの仙人が道を訪ねて命懸けの修行をした所。それ位の気持は持っている。大阪にも春が来る1月先にはおにぎり弁当持参で出掛けます。キャンプ情報で今年の活躍が期待されている選手もシーズンになれば話は別。勝負の世界は本当に厳しい。

Img_0172

Img_0177

Img_0182

Img_0183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

暖かさも明日迄。月末は寒い?報道の間抜けさは変わらない?

Img_0075

Img_0080

Img_0088

抜かないと駄目だと言われていた下の奥歯が、優しい歯医者(女医)可愛い(コラ)先生のお陰で抜かずに処置が出来ている。最近はマスク越しの顔しか見れないが歯も喜んでいる。それは歯磨きの時良く分かる。痛みと出血が無くなる。

最近(昔から?)痛感する事は「相性」。相性が良ければ全て上手く行く。その反対をこれ迄、思い知らされて来たが、そろそろ流れを変えないとゴールは近い?今日は暖かい日差しの中を近くの河川敷を歩く。無駄な河川管理の工事?

来月末に本当に完成するのかな?完成してもこの様を替えないと次の大雨で元の木阿弥?でも管理者はそんな事はどうでも良いのだろう?こんな仕事をしても批判されないのだから?今、民間のサラリーマンは仕事の成果を問われている?

(この言葉も経営者が都合良く口にしているが)仕事の成果は、昨年並の大雨でこの川下の河川敷のグラウンドが押し流さずに済むかどうか?そんな事を期待する人はどれだけいるのだろう?行政の仕事の在り方が問われて久しいが、変わった事と言えば訳の分からない組織が多くなり?本当の仕事の成果は見失われている?

そんな事で仕事の評価を誰が出来ると言うのだろう?も少し賢くならないとこの国の未来は暗い。ところがそんな問い掛けがマスコミに無い。株価が上がれば景気回復?何をとぼけているのだろう?今の様な政策を何時迄続けられると思っているのだろう?

円安で中小零細企業が立ち行かなくなる?何をとぼけているのだろう?政府が円安誘導の政策をしながらその心配は無い?そんなとぼけた経済政策を経営者達は「是」としている。消費の回復は着実?ホンマかいな?そんな統計資料を何処で誰が作り上げているのだろう?

そろそろレッドカードを突き付けないと分からないのだろう?イイエ。突き付けられても「分からない人には分からない」ととぼけた顔をして舌を出して笑っているのだろう?そんな間違いは何時迄も閻魔大王が許さない。この総理大臣も失格です。

猿でも出来る反省が口先ばかり?本当に何が間違っているのか「お友達」は指摘出来ないのだろう?経済政策で国の安全保障を誤摩化して行く。沖縄の人達から問われている「辺野古沖埋め立て工事反対」の声を何時迄無視出来ると思っているのだろう?工事が終われば反対の声も収まる?何たる考えだろう?

Img_0093

Img_0092

Img_0094

左に見えるのは河川敷の堤防。この上に散策の道と工事車両の道があり、その上に河川敷のグラウンドがある。大水の時には当然、この上の道を乗り越えグラウンドは冠水する。その為にこの上流では川底を掘り下げ堰を低くしている。当然水の流れは良くなる。その下にこの堆積土砂。下は完全な砂地。初めて足を踏み入れる。

Img_0098

Img_0100

Img_0103

この写真は何度もお見せしているが何も変わらない?その理由が良く分かる。この先に堰が在る。この上流1キロ足らずの堰は低く造り直されているが、この先に見える堰はそのまま。その上の土手がこれ。何たる河川管理。それでも放置されるのは予算が足りない?この先の堰をやり直すのは数年先?その時にこの土手を堤防にする?これが尤もらしい河川管理の一面です?

Img_0105

Img_0107

Img_0112

Img_0109

Img_0112_2

うんざりする景色が続くが今日はこれ迄のブログのトラブルがやっと解消出来ました。親父の拙いブログは殆ど毎日更新。それだけなら現在契約中の記憶容量が満杯に成る事は無かったが一眼レフの写真の情報が桁違いに多く2年で一杯になる。

この侭ではブログの更新が出来ないので一杯になった写真のデータを消すしか無い。「削除」それは勿体無いとも言われたが、親父にその選択の迷いは全く無かった。調べて見ると(その方法も知らなかったが)52000枚。こんな人は居ない?

その方法。(写真の削除の方法)恥ずかしながら全く知らなかった。どんなに記事を削除しても写真の記憶は消えていなかった。3回目のプロバイダーの説明でやっと分かる。これでディスク(記憶容量)一杯のトラブルは解消。ストレスは又一つ解消。やったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の治安。世界一?ホンマかいな?川崎の中1殺人。警察は何をしているのか?

Img_9936

Img_9937

Img_9938

もうすぐ弥生3月。気分が落ち込んでいた。そうだ。久し振りの京都。思い立ったら何とか。家から京都河原町迄1時間半?阪急電車十三(じゅうそう)で京都線乗り換え。特急とは名ばかりの停車駅が多くなっている。

だからこの電車は始発駅からで無いとラッシュ時には座れない。当然、そんな時間には利用出来ない。この私鉄の感じが良いのは親父が利用している宝塚線のみ。それも各駅停車のみ。この会社は関西の私鉄では優良企業だが、利用者の便は余り考えていない?

考えている事は会社の利益?この私鉄の創業精神は完全に失われている。その事は経営者に取って大した問題では無いのだろう?利用客もそんな事はどうでも良いのだろう?必然的に京都に行く事も少なくなっている。京都の街は本当につまらない。見方を変えればこれ程、すばらしい街は無いのかもしれない?

Img_9940

Img_9941

Img_9942

Img_9944

Img_9945

Img_9947

Img_9948

阪急河原町駅が京都線の終点。そこから鴨川を渡り南座の前を通りブラブラ歩くとここに突き当たる。ここから境内を直進すると円山公園。その円山公園をどんどん突き抜けると親父の好きな「長楽寺」このお寺さんを知る人も少ない。今回はパス。理由は内緒。(一人では勿体無い)?

Img_9951

Img_9952

Img_9954

八坂神社は観光客で多い。これから観光シーズンになると修学旅行と卒業旅行?そして中国と外国人観光客、団体旅行、オバチャン達で東京の観光地の風景と変わら無くなる。ここから円山公園。ここ迄歩いて来る人は少ない。この老木の桜の見頃になる来月末になるとそうは行かないが。........

Img_9955

Img_9964

Img_9965

新婚の時見上げた枝垂桜の樹はすっかり老木になっていた。あの時から42年。これから見上げる時はいくら多くても20年足らず。そんな事は全く考えていなかった。心に込み上げて来る万感の思いも無く、淡々と眺めていた。今年の春、同じ景色が見れるか分からないが、それもこれからの春かもしれない。?

Img_9967

Img_9968

Img_9970

何をとぼけた事を言っているのだろう?神奈川県警の威信は失墜している。中学1年生の尊い命が奪われても即刻逮捕も出来ない。犯人が特定出来ない?何をとぼけているのだろう?この地域の不良達を全くマークも生活指導も出来ていなかったのか?

彼等は地域の何を守っているのか?そんな批判もマスコミは出来ないのか?とぼけた事を何時迄も言っていないで不良達の当日の行動を調べろ。それが国家権力だろう?そんな事も出来ないでテロとの戦い?何をふだけているのだろう?世界一の治安?自分達の間抜けさが問われて居る事が分かっているのだろうか?桜の老木は怒っていた。

Img_9976

Img_9977

Img_9978

外人に道を聞かれる。青年はスマホのマップを見せながら最初は前を歩いていた女性に尋ねるが言葉が通じない。親父の顔を見ると親父に聞いて来る。「ヤバい」「俺に聞くな」と思ったがスマホを手にして説明を求める。話を聞いて見ると目的地はこのお寺だった。親父は澄まし顔で「this, temples」と言いながら指差す。通じた。

Img_9983

Img_9984

Img_9982

夜の拝観が出来る?灯りに照らされた境内は素晴らしい?でも道案内も出来たし通り過ぎる。「青蓮院門跡」(しょうれんいんもんせき)外人の青年はこのお寺さんの何に興味を持ったのだろう?詳しい事は何も聞いていない。天台宗のお寺さん。皇室との繋がりが深い。親父は中を一度も拝観していないので分からない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

京都に行って来ました。ブログがストライキを起こしている?

Img_0004

京都に行って来ました。円山公園から懐かしい景色を見ながら山麓の「長楽寺」をパスしたのが悪かったのだろう?折角ブログの画像がアップ出来ていたのに?少し位のブログを削除しても焼け石に水?プロバイダーのコールセンタ−とやりとりをしながらデカイ声を出していたが怒りは敵と思え。家康から馬鹿にされていた。アホ。

暫くはセッセと溜め続けたブログを削除しなければならない。記憶容量は10ギガバイト。(10000メガバイト)少し位の削除では焼け石に水かも。今夜はこれだけかも?笑って許して。

Img_0007

Img_0017

Img_0019

金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)このお寺さんんを知っている人は「浄土宗」と会津の関係者。その人達でも知らないかもしれない。浄土宗 大本山と言われても最近は知らない人も多い。それだけ宗教が堕落したのか?それともオバカな人が多くなったのか?法然上人を知らなくても飯が食えると「ぬかす」のだろう。(コラ)

会津の関わりは明治維新直前の京の街の「テロとの戦い」。京の街は倒幕の勤王の志士で溢れていた。その治安を保つ為に会津の藩主(松平容保)が京都守護職としてこの寺を本陣にして常時1000人の藩兵が1年交替で駐屯した。

それだけでは高まる倒幕の動き(薩摩、長州、土佐、肥後)を押さえる事が出来ず新撰組、見回り組の武力を借りるがそれも時代の流れを押さえる事は出来なかった。しかし、その歴史を殆ど知らない。

その時、時代を動かした大きな力は明治新政府の官僚と役人に叩き潰される。何時の世でも同じ事が形を変えて繰り返されているのだろう?新撰組の華々しい刀の力は鳥羽伏見の戦いで完全に叩き潰される。その時でも命を賭けて戦ったのは下級武士達。その墓がここに残されている。お墓参りもしなかった罰が当たった?そんな事は無いだろう?歴史は本当に非情。静かな境内に音も無く多くの魂が語り掛けていた。

Img_0029

Img_0039

Img_0033

誰も知らない京都の風景。春になると京都の街は一気に多くの観光客でむせ返る。今日は八坂神社と円山公園で多くの着物の女性を見る。でも歩き方を見ると京の人で無い事がすぐ分かる。明日はお馴染みの景色をお見せします。少しずつ溜めた記事をまとめて削除していますが意外にディスク(記憶媒体)の容量は減らない。でも少しずつ賢くなっている親父が居る。ザマーミロ。(コラ)又、罰が当たるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

三寒四温。今日は日差しが無いので寒そう。でも歩いて来るよ。

「三寒四温」何とも心地好い言葉だが信じられない事にこの言葉も知らない人が少なく無い。こんな言葉を知らなくても何にも生きる事に関係は無いが、これからこの言葉が感じられる季節になるに違いない。

それでもそんな事も関係無いのかも知れない。最近は人気の無い所を選んで?歩いているので電車に乗ると異様な光景にうんざりとして眼を瞑る。それだけでは気持が和らがずtakeさんから頂いたサングラスを手放す事が出来ない。(アホ)

人の生き方は時代と共に変わるのは必然だが、国会の討論で総理大臣が関係ない言葉を口にする。(野次を飛ばす)信じられない下品な行動が問題にならない?何たる間抜けな国権の最高機関だろう?この国の法律を決める議員を選挙で選出し、その過半数を自民党と公明党が占めればそれも当然の結果?

誰がやっても同じだと言われてもこの緊張感の無さは、電車の中の光景と大差は無いのかも知れない。先の大戦で無くなった多くの人達はこの光景を見ながらどんな想いで眺めているのだろう?そんな事を考えるのがおかしいのだろう?

電車の中で携帯から目が離れない生き方を若い子達だけでなく、良い歳をしたネエちゃん、ニイちゃん、オカンにオッサン迄もがクギ付けになってもそれが普通?そんな人がこれからの明日を切開く?そんな時代に誰が期待出来るのだろう?

棺桶に足を突っ込む迄、国会議員?経営者?学者先生?そんな人達がこの国の未来を語る?そんな事はどうでも良いのだろう?そんな事に目くじらを立てなくても自分の生き方には何も影響は無い?そんな生き方をしないといけない。

株価が14年ぶりの高値水準で景気も回復する?本当にそうなると信じているのだろう?14年前のITバブルの崩壊、7年前のリーマンショック。そんな経済の歴史は検証出来なくても再びの株価上昇に浮かれているが、景気は間違いなく腰折れがしている?その最大の要因は厳しい為替。(円安118円)消費者の収入の下落。

その現状認識がマスコミの報道では出来ない?その事を思い知るのは寒さの厳しい2月と思っていたが先延ばし?その原因も明確です。日銀の金融緩和政策に年金資金の株式投資の拡大?これは政府の政策?しかし、株式市場のコントロールは政府には出来ない教訓を多くの関係者が認識していない?(その反対です?)

今月末に株の調整安が無ければ3月は平均株価が2万を越える?それはブラックジョークでもないのかも知れない?景気の実態は政府、日銀当局の市場分析以上に悪い。この事は間違いない。その事を経済学者は分析出来ない?

自分達の思惑がこれ迄見事に外れた事は無かったとでも言うのだろうか?お金持ちが増えると言う事はそれ以上の貧乏人が増えていると言う事。それ位の経済解説が出来ない学者が多くなっている?サブプライムローンの教訓をもう一度学習しなければならない。少し難しいけれでネットで見てみますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

見る番組が無い?嘆く事は無い。そんな生き方を変えれば良い。

今朝は長い時間色々ありがとう。お陰で勉強になりました。
嘆く事は何も無い。これ迄もブログは毎日書いて来たがその労力は全く気にしていなかったけれど、その保存の為にプロバイダーの記憶媒体が悲鳴を上げていた事が良く分かりました。(何を今更)。そう、そんな当たり前の事が分からないなんて?

文七元結(ぶんしちもっとい)。三遊亭円朝の創作落語。登場人物が多く人情話にその感情を重ねるのが難しく、この話が出来れば落語家として一人前と言われているがその話に登場する「文七」の言葉を思い出していた。

今朝の話の中で確認した事を競馬中継を見ながら学習しました。書き溜めた多くのブログは一つづつでなく複数を一気に消せる事が分かりました。内容を全て確認するのは無理ですがこれだけ貯まればそんな事は言ってられない?これで又、一つ難問解決です。ありがとうございます。

何のプラスにもならない競馬中継を見るのは早めに切り上がて、近くの堤防をしっかりと歩いて来ます。さっぱりした気持でどれだけ間抜けな工事(コラ)を眺められるのかな?それでも昨日歩いた後遺症?(左の膝関節の痛み)は取れるかも?(無理はするな?)無理はしません。風に吹かれて眼を剥きながらガニ股で歩くだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月20日 (金)

心に迷いおこらば困窮したる時を思い起こすべし。(家康遺訓)

Img_9636_2

ブログの整理ををしていなかったのでプロバイダーのディスク(記憶媒体)が一杯になって記事を送信出来なくなる。契約は10GB(ギガバイト)だったのでタカを括っていたが2年で満杯になる。送信が出来無くなると契約打ち切り?そうなると全てのブログが消えてしまう。その事をプロバイダーのコールセンタ−で説明され思案に暮れる?(ぶち切れて文句を言ってもぬかに釘?慇懃無礼(いんぎんぶれい))そこで親父は無い知恵を絞って考えた。

今、写真のデーターを圧縮して送信しているがそれを更に圧縮する。ところがそれをして見ると画像が荒い。元に戻す。その対策としてパソコンでペイント処理を進められたが教えてもらわないと分からない。それ迄は一杯になったブログの古い方から消して行くしかない。このやり方を教えてもらったが時間が掛かる。とても短気な親父には出来そうも無い。(それでもやらないと送信出来ない。データが溢れているのだから)トホホ。良い知恵を教えて下さい。

この写真は芦屋川に掛かる国道2号線の業平(なりひら)橋。在原業平(ありわらのなりひら)は平安初期の貴族だが天皇の争いで「伊勢物語」の歌人として名前を残している。平城京と平安遷都の話は華々しく語られるが「薬子(くすこ)の変」の醜い権力争いは殆ど知らない。親父が知ったのは「空海の風景」司馬遼太郎の本を読んでから。人の醜さは権力者でも何も変わらない。その事を貴方も知らない?

Img_9639

Img_9641

Img_9642

それでどうして「芦屋」?芦屋の街で国道2号線のスーパーで5ヶ月足らず。コケにされながら働いて居ました。「人間万事塞翁が馬」と言う言葉の意味を思い知ったのここでした。ボイラー室の通路に腰を降ろして食事休憩。そんな最悪の仕事も全く苦にならず夢中で働いたのも生きる糧を得る為でした。

今、思い出してみると、あの時の喜びと怒りは正にスタイベックの「怒りの葡萄」その物でした。久し振りに訪ねてみると街は綺麗になっていましたが、歩道が何とも歩き難かった事と「神戸」が遠かった事でした。途中でふくらはぎが痛くなり進路を西から南に変える?そこも思い出の地でした。

Img_9644

Img_9646

Img_9647

この道もよく見てみると阪神大震災でボコボコになった道とそうで無い道。車道から歩道の緩やかな傾斜が何とも歩き難い。これだけの傾斜だから何でも無い様で長く歩いていると片方の足に負担が掛かる?その反対に地震でびくともしなかった道は歩き易い。この道は国道から左(南)側。阪神青木(おおぎ)の駅に向かっている。

Img_9649

Img_9650

Img_9653

ところがこの工事、行政が国の補助を受け高架工事が行なわれているが、ようやく片側の路線が完成間近?そうなると神戸方面の電車が高架。大阪方面は3年は先?この看板にはその事は明記されていない。ネットで調べて見ると下り線が高架に切り替わるのが来年の3月。上り線はそれから3年後。壮大な計画です。

事業費640億円。その殆どが国の負担?その明細は調べないと分からない。関西の私鉄で多くの高架工事が行なわれているが行政と鉄道会社の負担は本当に少ない。国の補助?それは多くの国民の負担で行なわれている事を殆ど知らされていない。

その事業費を誰が負担しているのか?踏切が無くなれば便利になるから文句は無い?ただこの看板を見るとムカついて来る。阪急京都線の淡路の駅の工事も中途半端な工事では無い。近鉄奈良線の花園駅周辺、南海電車の浜寺公園付近。多くの工事が進行している事を殆ど知らない。

これだけの工事を行なっても地域が活性化しないのは何故だろう?それだけの価値しかないのだろうか?一番の原因は地域が参加していない事だろう?踏切が無くなっても地域は活性化しない。その事はお役人には関係のない事だろう?便利になればそれで良い?閑古鳥が鳴いてもか?マスコミが全く役に立っていない。

Img_9654

Img_9656

Img_9657

この駅の看板は綺麗になり1年後には下り線(神戸方面行き)が高架になる。上り線はその3年後。その時は間違いなく大阪には住んでいない?(経済的に余裕が無ければそれもできない?)その公算も低く無い?(頑張れよ)そんな生き方をします。

親父が大阪に来て間も無い頃、営業の仕事で先輩とこの近くの工場(大きくは無かった?)に来た事がある。その当時とは駅前の様相が一変していた。その事を知ったのが数年前。その頃からこの高架工事は始まっていた。これから4年後にこの工事が完成すると阪神電車の本線は全て高架になる?地域はどれだけ活性化されるのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

円安で株価が上がる?何ととぼけた金融市場?

円安で株価が上がる?親父は株を持っていないので勝手な事が言えるが、株を持っている人は笑いが止まらない?株価の値上がりは今後も続き平均株価は更に上昇?そんな見方がエコノミストから聞こえて来る。ただこの何となくカッコ良い専門家、市場の専門知識はあるが悪い言葉で言えば「予想屋」。競馬に例えると語弊があるが予想はあくまで予想。結果は全く違う事を「予想が外れ」なければ分からない。

最近が株式市場の参加者が激変し6割以上が外国の投資ファンド。残りも国内の金融大手。最近は官制相場と揶揄される年金基金迄もが大きな影響力を与えている。そんな現実は殆ど知らない?(本当はそうでは無いが)マスコミがオイシイ情報(株価が上がる)を垂れ流す。

こんな事では株式市場が到底、経済指標にもならないが多くの金融関係者はそうは思っていない。(ウソだと思うでしょう?)しかしこの事は何度も歴史が証明している。最近はリーマンショック。知らないでしょう?2008年アメリカの投資ファンドが倒産。日本は影響は大きく無かったと言われているがそれでも株価は暴落。その時の平均株価が12000円。それが半値に落ち込む。

その時もアメリカの景気は「サブプライムローン」のお陰で絶好調と言われていた。しかしこのインチキローン。不良債権を優良債権?に混ぜ込んで世界にバラまいていた。その債券の金利を査定していた格付会社は今でも尤もらしい情報を世界にタレ流している。そんなアメリカ経済の好調?を反映に世界の株価は上昇を続ける?

そんな事が何時迄も続く訳が無い。その事を明確に語れる人も居ない?日本の経済学者が評価されるのは金融と政治の世界だけ。彼等がこの国の貧しい人達に指し示した言葉は「努力すれば報われる」この国にどれだけ努力しても報われない無い人がいると思っているのだろう?そんな事はどうでも良い。

ただ間抜けな事は明るい未来を予測出来ない。競馬の予想と全く同じです。違う事は彼等の経済専門知識。しかしどんなに賢くても「想定外」の出来事迄は予測は出来ない。当たり前だろう?どう考えてもおかしい「円安で株価が上がる」株式市場の好調?がアベノミクスの成果?この思惑は叩き潰されないと思い知る事は出来ない。

それでも彼等の情けなさはそれでも自分達の考えは間違いでないとうそぶく事。これから間違いなく株価は伸び悩む。その対策として政府、日銀、年金の株式運用の比率は下がる事は無いだろう?それでも世界は激動の試練を受ける。その時、株価を外人投資家は簡単に見切る。それ位の見定めを彼等はしているのだろうか?

親父の独断と偏見。ヨーロッパのウクライナとギリシャの問題は簡単には解決しない。ヨーロッパの金融大国ドイツとフランスと債務は払えないギリシャの対立。ウクライナはソ連との対立。お互いの利害と主張は妥協点を見出すのはむつかしい?

大阪は今日ははっきりしない天気。出掛けるにはカッパが必要かも?それでも雪国の事を考えると大違い。殆ど伝えられる事はない雪国の冬ももう少しの辛抱?暖かい沖縄のキャンプ情報はうっとおしい位に伝えられるが、辺野古の海の厳しさは伝えられる事は少ない。

沖縄の人がどんなに反対しても「嘉手納の基地負担を減らす為に辺野古に基地を造る」これは法律に基づいて行なわれている?何時迄そんな事が出来ると思っているのだろう?そんな政府が支持される?このオバカな認識。沖縄の基地反対の思いは何時迄踏みにじれると思っているのだろう?

私達はその事を忘れてはいない。多くの人がそんな事は知らない?関係無い?決まった事?反対しても仕方が無い?そんな事が言えなくなる事を歴史に学ばなければならない。ベトナム戦争反対でどれだけの人の生きる権利を国家権力で叩き潰しても、その戦争にアメリカは勝てなかった事を殆ど知らない。

それと同じ事を再び繰り返そうとしている。本当のその覚悟があるのだろうか?戦争で命を失う人は若者である事をジジイ達はそろそろ思い知らないといけない。「テロとの戦い」テロに勝てなかった事を何時学習するのだろう?テロ行為は許されないが国家、国民の為の戦争行為は自衛の為には必然?何たる歴史を知らない考えだろう?

靖国神社参拝を他国に批判される事は無い?その考え方で中国、韓国と関係改善を計る?日中、日韓友好連盟の議員達は一体、何を考えているのだろう?韓国を訪問して関係改善を計る?その前に我が国が問われている事。慰安婦問題。何時迄戦争責任を問われなければならないのだろう?その責任を問われるべきジジババは全く関係無いとでも思っているのだろう?

これからお出掛けです。今日は巡礼街道を歩いて来ます。目的地は中山観音。電車で行くと10分?6キロ足らず?それでも歩くと2時間は掛かる。この道はまだ歩いていない。四国の遍路道。スペインの巡礼街道に比べると箱庭の様な物。それでも感動は一杯に違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

大阪中之島。余り知られていない。光と影。久し振りの対面。

Img_8767_2

Img_8770_3

Img_8775_3

ブログを書いていると悪戯をされる。折角書いた原稿が送信出来ない。それでも書き直せば良い。(内容は変えるけれど)段々おかしな奴が多くなるけれどそんな事は全く気にならない。ただ書き直す手間は腹立たしい。その対策も考えている。(流石です)

Img_8778_2

Img_8779_2

Img_8795

大阪を代表する交通の大動脈。ところが信じられない事に南行きの一方通行。その訳は右左折の車が対向車線を曲がるので渋滞をする?しかし現在はこの通りの両端の車線には駐停車の車が平然と道路を占有している。信じられない事に外国大使館の前に警備車両が一日中停車している。大阪の犯罪が減らないのは警察の取締りと行政の間抜けさに在ると感じないのだろうか?

Img_8798

Img_8800

Img_8801

Img_8802

Img_8803

淀屋橋を振り返っている。夕陽が輝いている。この後中之島公会堂の中に久し振りに入る。自動扉が観音開き。初めての体験。寒くてトイレを探す。大講堂では共産党の集会が予定されていた。警察の警備車両が北側に待機していた。それでも関係無い。初めてこの公会堂を寄付した明治の偉人の銅像に頭を垂れる。

Img_8821

Img_8822

Img_8823

Img_8826

若い頃この公会堂で「ベトナム戦争反対」のべ平連の集会に出席した事がある。それだけの事。それだけの事をこのブログで批判された事がある。その戦いもアメリカは北爆から地上戦に引き込まれゲリラに勝てなかった。

親父達はその頃仕事で忙しく日本もアメリカの爆撃機の出発基地を提供するだけで、韓国の様に戦いに参加する事はなかった。今韓国から日本の戦前の戦争責任を問われるけれど、ベトナム戦争でアメリカ、韓国の戦争責任は問われる事は無い?

何たる無様なこの国の歴史認識だろう?積極的平和主義?テロとの戦い?安倍首相がどんなに尤もらしく多くの言葉を口にしても自衛隊が戦場で戦闘に参加出来る訳が無い?それともその事を可能にする覚悟本当にしているのだろうか?

口先だけでは何とも言える。命懸けの殺し合いに自分の命を賭ける人がどれだけいるのだろう?明治の経済人のこの心意気。大阪北浜、株の相場師のこの人の生き方は現在人には理解出来ないだろう?大阪経済の地盤沈下はここに来ると本当に良く分かる。

それだけではない。大阪の政治家。日本を代表する政治家の戦争責任の認識。マスコミは何を伝えているのだろう?尤もらしい言葉で無く厳しい現実を語らないと戦前と全く同じマスコミの戦争責任が問われる。それでももう手遅れかも知れない?

Img_8809

Img_8811

Img_8825

Img_8829

Img_8838

中之島公会堂の詳しい解説はウィキペディアで読む事が出来る。廻りを一周して引き返す。春になればこの先に恋人のメッカと言われた「中之島公園」がある。今は老人でも楽しむ事が出来る。それでも歩く人は限られている。観光客は余り来ない?

Img_8848

Img_8854

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月13日 (金)

音も無く粉雪が降っている。大阪も今日は寒い。

昨日の暖かい天気がウソの様に今日は寒い。
粉雪が舞うではなく音も無く曇り空から落ちて来る。
外に出て見上げてみると顔に当たる粉雪が一瞬にして消える。そして冷たい。

さすがの親父も今日は動けない。雪国の人に笑われるが路上に雪が積もる事は殆ど無いが、音も無く風も無く曇り空から落ちて来る粉雪は意外に冷たい。今日は茨木の川を歩く事も無く近くの観音様に体調回復のお礼参りと考えていたがそれも危うい?

洗濯機に洗濯物を放り込んでいる間、暇つぶしに拙いブログを書いているが毎日殆ど欠かさず書き続けたこの行動も、最近は多くの人に首を傾げられるが当人は全く意に関していない。理由は明確。これが親父の全てと感じているから?それも違う気がする。これが毎日の記録?それは当りかも知れない。仕事を辞めてやる事が無いだろう?と馬鹿にされてもこれだけは止められないに違いない。

人の生き方は様々ですが10年後の生き方を考えながら生きている人は殆ど居ない。10年後の生き方どころか親父は長い間自分の生活信条が「1日1生」だった。この言葉の本当の意味は「一生は一日一日の積み重ね」?しかし親父の考えていたこの言葉の意味は今日一日に全力を尽くす。満足が出来ればそれで充分。

同じ様な言葉でも決定的に違っていました。比叡山で「千日回峰」の修行を2度も成し遂げた坂井大阿闍梨(あじゃり)は一日を大事に生きる事の大切さを説いているが彼も壮絶な生き方をしている。

テレビのドキュメンタリーでその修行の凄さは見たが自分の生き方は変わる事は無かった。「一日一生」ではなく「死ぬ時が一生」そんな生き方をしなければならない?どんなに威勢の良いことを言っても心豊かに生きる事が出来なければその一生は無。これは親父の独断と偏見ではない。

「般若心経」を読むとその事が良く分かる。悩み苦しむ事は何も無い?人が人らしく生きる。それは全て自分の心の実像と虚像。光と影。陰と陽。一面だけを見て尤もらしく人を語る事は無い。ただ最近、そんな人が多い。

そんなオバカに惑わされる事は何も無い。景気が良くなると言う事も全く同じ事に違いない。自分達に都合の良い情報だけで景気を判断していると間違いなく判断を間違う。それでもその時は「想定外の出来事」と言い訳を考えるのだろう。

この国のリーダー達に一番欠ける事。それは結果責任に違いない。原発の再稼働が尤もらしく語られるがこの国に原発から発生する廃棄物の最終処分方法さえ決められていない事をどれだけの人が理解しているのだろう?

テレビの地元住民の声が何とも虚しい。孫、ひ孫達はそんな過疎地にどれだけ残るのだろう?今でも福島の現地は避難生活をしている。その責任は誰がどれだけ明確にしているのだろう?それでも原発が無ければ生きて行けない?ろくな生き方は出来無いに違いない。(アナタに言われたく無い)そんな生き方を変えなければならない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

神崎川の源流は淀川。摂津市の南から吹田の南で安威川に水路が造られていた。

Img_6799

Img_6802

Img_6808

Img_6813

阪急蛍池から大阪モノレールにのり摂津南で降りて神崎川の源流に向かう。奈良の平城京から京都の平安京に都が移された事は中学の社会で学んだが、その間僅か10年京都と大阪のほぼ中間にある(京都寄りだが)長岡京があった事は学んでいない。

司馬遼太郎の「空海の風景」にその話が出て来るが、歴史で学んでいなかったので話が良く分からなかった。しかし神崎川は当時に淀川と安威川を運河で結び、水運の利便を図った壮大な交通の要衝であった事を知る。

今は全くその面影もないが淀川とこの神崎川、そして全く知らなかった北摂の大河「安威川」。それだけでなく現代の神崎川は明治の初めに外国人土木技師によって新しく直線的に拓かれた運河である事を知る。

ただ皮肉な事に明治維新の大偉業、鉄道の貨物輸送が盛んになるとこの運河は役目を終えて見向きもされなくなる?そして戦後の高度成長の時、ドブ川になってしまう。そして現在、水質は改善され淀川の水が流れ込んでいる所は水が流れていた。

川の水が流れる。その当然の事が河口近くで行なわれなくなると川は澱む(よどむ)その当然の結果に都会人は為す術もなかったのだろう?今は環境基準が厳しくなり川から発生する悪臭は殆ど無くなっている。これから次の世代にどう引き継がれるのだろう?

Img_6821

Img_6822

Img_6829

淀川に架かる鳥飼大橋(とりかいおおはし)左がモノレール。右が近畿自動車道と主要県道は走っている。その橋の下がこの有様。左はすぐ車の駐車場になっているがここから右は暫く何処を歩けば良いのか分からない。しかし道はある。

勝手が分かっている地元の人は好きに歩いている。何故こんな河川管理をするのか?国土交通省河川管理の役人(エリート達)は下請けの管理者に任せているから?それとも違う理由があるのだろうか?聞く必要も無い。次に来る時はもう在るまい?

Img_6832

Img_6837

Img_6843

Img_6844

Img_6845

堤防に立派な階段がある。上に上がって辺りを見回せば親父のボヤキが吹き飛ぶ。状況が良く分かる。この事は日々の生活でも同じに違いない。余りに状況が悪過ぎて余りにどうしょうもないと考えて、それでも自分を押し殺しながら生きているのだとしたら一度、その場所から高みの見物をして見れば問題が良く分かる。そんな体験をしました。

Img_6846

Img_6847

Img_6848

Img_6849

淀川の河川敷を歩いた事が無い人が殆どだろう。親父は大阪に来て初めて働いた職場が福島区。その後の4年が大淀区で淀川には慣れ親しんでいた。ところがその当時は淀川の河川敷を歩く事は全く無かった。

歩いたとしても今の様に綺麗ではなく住んでいた所が近くでもなかった。初めて歩いたのは現役を引退して(首になって)から。数年前の事だった。大阪十三から歩いて京都伏見迄。木津川の木津。下流は中津から大阪北港のヨットハーバーの先迄。

Img_6852

Img_6853

Img_6855

この正面の右側が神崎川の運河が切開かれた所。但しその表示は何処にも無かった。明治の初めにオランダの土木技師の指導で切開かれた神崎川の改修はここだったのか?それも分からなかった。でもこの水門は想像以上の水量が流れていた。このスーパ−堤防が完成した時、この落差は造られたのだろう?

Img_6856

Img_6857

Img_6868

Img_6869

これからこの国の在り方が問われている。この国は「美しい」と多くの人が語る。確かに自然の風景は美しい。夕日の中を近くの伊丹空港に着陸する飛行機が見える。この国の豊かさを築いた多くの人の思いが、今、問われている事をどれだけの人が切実に感じているのだろう?

世の中の変化は良きにつけ悪しきにつけその事を黙認している多くの生き方につけ込んでいる事を知らなければならない。マスコミが声高に語る言葉とその中味。深刻な格差社会を他人事の様に考えていると当事者になる事を忘れてはならない。

Img_6889

Img_6891

Img_6894

Img_6895

Img_6898

Img_6904

Img_6905

Img_6906

Img_6907

ここから神崎川が始まっている。この川を切開いた人達の汗を涙を語る人は居ない。この右側では現在の建築技術の粋を集めた大阪の空調メーカーの建て替え工事が行なわれていた。大型クレーン三基。明治の初めの河川工事は淀川の毛馬でも行なわれているが当時の難工事を知る人も殆ど居なくなっている?

Img_6900

Img_6919

Img_6913

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

日曜日。神崎川を三国から相川迄歩く。予想以上の景色を見る。

Img_6597

Img_6598

Img_6599

先週見た三国橋。それ以前にも何度も見ているが今日は神崎川上流に進む。親父が若かった頃、この川が淀川に繋がっている歴史を知る由もなかった。この川が淀川に変わって水運の主流になったのは平城京から平安京に変るその時から。

何でそうなったのか?歴史を知るとこの川の上流相川で当時の土木、寺院建設の第一人者行基が3キロ余りの運河を切開いたと伝えられている。相川から淀川に向かう運河が神崎川。本流はそこから北上する。川の名前は安威川。この名前も古くからの名前だったのだろうか?

Img_6601

Img_6602

Img_6604

この道が能瀬街道。明治の時代になってこの道が能瀬街道の主流になったと言われているがそれは物流の話。人の流れはもっと上流だった事が歩いて見ると良く分かる。それではこれから右側の堤防を歩く。神崎川上流に向かって左岸。その河川敷の散策の道は快適でした。

Img_6609

Img_6610

Img_6611

Img_6612

Img_6614

Img_6616

Img_6617

この川のイメージは汚い。臭い。そんなイメージしか無かったがそんな過去は何処にも見る事が出来なかった。この川は調べて見ると歴史的に淀川に負けない。ただ川幅は確かに負ける。それでもこの川が歴史的に重要視され途中の村や街が繁栄した事を全く知らない。

そして今、この川に合流している本流?安威川で多目的のダムが建設されている事は殆どの関西人も全く知らない。どうでも良い事なのだろう?その程度の生き方しかしていないのだろう?
Img_6631
今日は堤防の下を歩いたので小便の心配は何も無かった。立ちションしたのだろう?当りです。腹が減ると歩けなくなるのでおにぎりは用意していた。気持の良い道を歩いていると思い掛けないご褒美を貰う。それは最後のお楽しみ。

Img_6621

Img_6627

Img_6629

後ろを振り返っている。遠くに見える橋が渡って来た橋。この先で小曽根の渡しが見えると思いながら堤防に上がる。

Img_6632

Img_6637_2

目いぼの渡し?初めて聞くけったいな名前。ネットで検索してみる。渡し船の船頭さんの右目の上にイボがあったからそう呼ばれている。ここが「小曽根の渡し」に違いない?この渡しが無くなったのは当然この川に橋が架けられたから。橋が出来て周辺もすっかり変わっています。しかしその歴史は殆ど知られていない。

Img_6639

Img_6642

Img_6645

意外に生駒の山は近い。それでも20キロは離れている。大阪平野は江戸時代の1704年に大和川の付け替え工事が行なわれる迄は大和川が正面の生駒山と大阪の中心部上町台地の間を無数の川が流れ、雨期には河川が氾濫し現在の姿は無かった。

Img_6646

Img_6648

Img_6650

 

Img_6654

Img_6657

Img_6661

Img_6663

Img_6670

Img_6668

行政の看板。一番見ておかしいのは「何時迄に」の文言とこの看板を建てた日付が無い。「ガキの使いやあらへんで」この言葉も古くなったが、この看板を建てるだけで目的は達成されると思っている?居ないだろう?グルやで。この大阪弁を知らないのだろう?耕作者の常識は社会の非常識と言う事を見せつけなはれ。それがアンタ等の仕事です。この様は一体何だろう?(余計なお世話です)

Img_6672

Img_6678

Img_6680

Img_6683

Img_6684

Img_6685

Img_6686

段々歩くのが疲れて草むらを歩いている。同じ様な人が多いのだろう?雑草が踏み固められている。元気な親父が颯爽と走って行く。この先で先日歩いたおおさか東線を貨物機関車だけが走る。ニンマリしてカメラに収めると横を若者が遮る。

折角のナイスショットが台無しになる。それでも神は見捨てなかった。放出駅東の公園でチビさんに教えてもらった「桃太郎」が通過する。ベストショット?ありがとうございます。その写真はもう少し先です。
Img_6687

Img_6688

Img_6689

Img_6693

Img_6700

Img_6699

Img_6702

先日渡った橋。この橋を渡って右に進めばJR東淀川の駅は近い。ここ迄4キロ弱。この橋の先は進めないと思っていたが、河川敷の道は続いていた。この先を進むと先日歩いたおおさか東線の工事現場に出る。よせば良いのに一旦橋の上に出てその先の狭い階段を下りて再び歩く。

Img_6706

Img_6707

Img_6708

JR東海道本線(愛称京都線)上りと下りの鉄橋。この間に新幹線が走っている。おおさか東線はこの間を走る。鉄橋も架けるのかな?よく見なかったけれどスペースは有るのかな?

Img_6709

Img_6711

Img_6712

正面の建物は府営住宅。この先おおさか東線の橋桁が造られている。次に来る時には鉄橋は完成しているだろうか?その前に春風に誘われながら同じ道を今度はガイドをしながら歩いているかもしれない?三国から阪急京都線相川駅迄のこの道は絶好の散策の道に違いない。

Img_6717

Img_6721

Img_6724

Img_6726

左が現在の貨物路線。真ん中の工事中の橋脚がおおさか東線の物。ここで旅客線は緩やかに右に旋回しながら東海道線に合流する。工事計画では東海道線の中に新路線が出来る?

Img_6727

Img_6730

Img_6733

貨物線を走る「桃太郎」の写真を撮りたかったが時間が分からない。諦めて歩き出していたら音が聞こえる。逆光になるけれどカメラを嬉々として向ける。夢中になってシャッタを切ったが出来映えはどうだ。

Img_6735

Img_6736

Img_6738

うーん。残念。それでも確率的には低いタイミングだったので満足です。もう少し辛抱して狙った場所で全体を捉えていたら上出来だったけれど。それでも神様の本日のご褒美に感謝していました。この先、もう少し歩くと神崎川は淀川に繋がる運河になる。その道を明日歩きます。(今日です)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和な日本?テロとの戦い?何時迄そんな事を言えるのだろう?

Img_6563

Img_6568

Img_6569

哀しいニュースを聞きながらこの国の平和と安全が曲がりなりにも保たれた半世紀の歴史を考えている。この国の軍国主義がアメリカの工業力、軍事力に叩きのめされて焼け野が原がここ迄の姿になったのは「東洋の奇跡」と呼ばれている。

しかしその歴史を学校では教えていない。この国の歴史認識が間違っていると声高に語る人もこの事実だけは何故か「教育の間違い」と論理をすり替える。戦前の軍国主義がどれだけ間違っていたか?国民の自由な政治的、経済的、社会的発言を国家権力でどれだけ弾圧したかを語ろうとはしない。何たる歴史認識だろう?

テロとの戦い。アメリカ、イギリスは簡単にこの言葉を語るがその歴史的対立の根源は多くの人は知らない。親父達が若い頃、洋画で見た「アラビヤのローレンス」心躍らせた「西部劇」。でもこの国の義務教育は深刻なイスラムの戦いをどれだけ教えて来たのだろう?

日本史は言う迄もなく世界史を全く知らないで一方的に戦いを宣言しても、この国の政府に為す術が無かった事を認識しなければならない?人道的と言いながら難民を助ける支援は当然であるが、その原因に関係無いとは言えなくなっている。地上の戦いを放棄しながら空爆で民間人を巻き添えにしながら何時迄も「テロとの戦い」が出来ると思っているのだろうか?本当に哀しい現実です。

Img_6570

Img_6571

Img_6572

Img_6573

Img_6578

Img_6579

Img_6580

Img_6582

Img_6584

Img_6588

Img_6589

Img_6590

Img_6591

多くの人が多くの言葉で多くの事を語る。大切な情報を一方的に流されながら、その情報を鵜呑みにしても自分達の生活は何も変わらない。自分の生き方は多くの人に助けられている事を忘れてはならない。それでもそれが全てでは無い。多くの間違いもある。法律で決められているからその事は間違っていない?

ではその法律を変えよう。それが投票行動である事を思い知らされる。「選挙に行かない」投票率の低さがこれから思い知らされるに違いない。政治家も真剣にその事を考えないと自分達の誤りを自覚出来ないに違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »