« 日ざしは無いが蒸し暑い。一雨欲しいうっとうしい一日。爽やかな生き方が出来ない? | トップページ | 徳島那賀町大雨は大丈夫?大阪はお湿り程度。それでも散歩に出れず。 »

2014年8月 2日 (土)

大阪は久々のお湿り。でも台風や集中豪雨の被害には言葉を失う。

今、景気回復の足取りは固い?着実?そうなのかな?
こんなオバカな政治と経済政策が何時迄も続く筈は無いと思っていた親父の考えは見事?に否定されている。最近は子供達にも相手にされないがそれでもこの親父、めげていない。最近、お年の所為か残りの人生を考える。

親父がバリバリに仕事をしていたのは40年も前の話?当然これからその半分も生きる事は無い。今でもまだまだ若いと思っているけれど歳を考えるとそうではない。残りの人生を考えるとそろそろ身辺整理を始めなければいけないのかも知れない?(嘘をつけ)

これからの大切な日々はこれ迄考えていた以上に尊重?(何と良い言葉だろう?)尊くて重い。そんな日本語はあるのだろうか?最近、こんな言葉は余り聞かれないが憲法にも書かれている言葉。その尊い言葉が歌の世界、詩の世界でしか語られる事は無い。

相手を尊敬し相手を敬う。Respect. 尊敬する。何時か何処かで聞いた様な言葉ではない。人を馬鹿にして自分の存在感を強調する。そんな生き方をして人を殺めてもその人の人権は保障される?未成年者だから?権力者だから?政治家だから?冗談では無い。そんな思いやりの無い子供を育ててどんな面をして生きて行けると思っているのだろう?

ところがそんな人は少なく無い。憲法解釈を時の総理大臣が主導して内閣の総意として決める。そんな事が許される時代だからこそ反対しなければならない。そんな親父の意見も先日教育者(親父はそうは思わなかったけれど)から否定される。

街や会社の総務課長ですらそんな考えは全く無い?そんな社会人が多くなれば子供達もそれが常識と思うのだろう?そんな社会に唖然としていたら大阪府警は事故、事件の件数を誤摩化し大阪の治安の改善を平然と口にしている。

何たる恥曝し。何たる仕事のやり方だろう?その処罰が又、全くのお粗末。厳重注意。注意では無い。信用をなくす意味を理解していないのだろう?大阪検察の組織ぐるみの不祥事の顛末もほとんどの大阪人は知らない。

日本人は何時からこんなにオバカになったのだろう?これは司馬遼太郎の言葉です。中国や韓国から戦後半世紀を過ぎても問われる「歴史認識」その総括も出来ないのだろうか?親父達も全く知らない戦前の陸軍参謀達の戦争責任。

そんな歴史認識は「自虐的」とどんなに国内的に宣伝しても、そんな論理が国際的に通用する訳が無い。この国の外務省が果たした戦後の外交政策。その事も問えないマスコミに多くの外交問題を語る資格は失せている。その事を最近痛切に感じている。

|

« 日ざしは無いが蒸し暑い。一雨欲しいうっとうしい一日。爽やかな生き方が出来ない? | トップページ | 徳島那賀町大雨は大丈夫?大阪はお湿り程度。それでも散歩に出れず。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪は久々のお湿り。でも台風や集中豪雨の被害には言葉を失う。:

« 日ざしは無いが蒸し暑い。一雨欲しいうっとうしい一日。爽やかな生き方が出来ない? | トップページ | 徳島那賀町大雨は大丈夫?大阪はお湿り程度。それでも散歩に出れず。 »