« 秋が進み夏が終わる?まだ早い。 | トップページ | 広島の土砂災害。避難勧告解除。行政とマスコミと私達が問われた事。 »

2014年8月30日 (土)

久し振りに早起きをする。と言ってもPM8、30。(オイ)

Img_9915

Img_9917

Img_9918

昨日の散策のコース。ゴールは遠くない。秋の気配を感じながら歩くこの道は田舎の風景を思い出させてくれる。人生の終りは田舎に戻る。そう考えていたが今の親父にとって田舎は「特定の場所」ではない。満ち足りた日常で「故郷」を思うのではなく喘ぎ苦しみながらそれさえも愛おしく思いながら、生きて行く事がこれからの故郷に違いない。

Img_9919

Img_9921

Img_9922

Img_9926

Img_9927

実りの秋。最近、栗のイガを踏みつけながら栗拾いをする事は全く無くなった。地産地消。美味しい物は産地でないと口に出来ない事を痛感する。今年はうまい桃を口にしていないが、手で皮がむける様な瑞々しい桃をスーパーでは口に出来ない。

これからの果物、農産物の売り方は「産地と生産者の顔が見える間違いのない物」しかない?大都市では地方のアンテナショップが出来ているが、食い倒れの街大阪に安くて美味しい物が意外に無い事を多くの人は知らない。

これもマスコミの所為だろう。芸の無い芸人?が伝える「美味しい物が安く食える店」にどれだけの人が行けると思っているのだろう?先日、近くのスーパーで買った秋刀魚。お店で焼いていたのをフライパンで野菜と炒めたが拙くて食えなかった。

(食ったけれど)秋刀魚も新鮮な物を七輪で網で焼くしかないのだろう?静岡掛川で隣のアホが煙を上げ匂いを撒き散らしていた事を思い出す。あのブタも今はトンカツになっているのだろう?(生きていない?)秋になると涼しくなるが親父にとっては哀愁が胸を突き上げる季節です。

Img_9923

Img_9924

Img_9928

Img_9930

Img_9934

Img_9935

Img_9936

Img_9939

Img_9941

Img_9940

Img_9942

Img_9961

Img_9956

目的地到着。バスは出た後だった。最大30分の待ち合わせ。ダイヤを見ると25分だった。このバス停の横にベンチが在るが目の前が車道。座れる物では無い。(と言いながらこの前は座っていたが)正面の多田神社には参拝をせず近くの猪名川を見ていた。この橋の川下は何故か堤防が天然の竹やぶ。この前写真を撮りながらぼやいた所。今日は流石に無視。災害は忘れた頃にやって来る事を無視している。

|

« 秋が進み夏が終わる?まだ早い。 | トップページ | 広島の土砂災害。避難勧告解除。行政とマスコミと私達が問われた事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに早起きをする。と言ってもPM8、30。(オイ):

« 秋が進み夏が終わる?まだ早い。 | トップページ | 広島の土砂災害。避難勧告解除。行政とマスコミと私達が問われた事。 »