« 何時迄も変わりのない幼さ それが人に求められている? | トップページ | 暑き日を五月の山に笑われる 今年の夏も暑い?どうでも良い?確かに »

2014年7月 1日 (火)

日本国憲法第9条を読み返せ。何処をどう読めば戦争が出来るのか?

この国は憲法も守れない国?
憲法解釈で時の政権が勝手に憲法違反を行なう?
そんな事は出来ないだろう?それが出来る?

憲法9条の条文を知らない人も少なく無い。
自衛隊を軍隊では無いと誤摩化されて来たこの国の保守政権。
保守とは国を守る事?戦後70年戦争に加担出来なかった事が時代の流れに乗り遅れた?何たる指導者だろう?

憲法解釈でアメリカのポチになる?そんな事を許すのだろうか?公明党の平和を守ると言って来た公約はこの程度の言葉のやりとりで認められる?公明党が言い続けて来た多くの言葉がこの「合意」でまやかしだった証明になる?

この国は法治国家とどんなに尤もらしい事を言っても憲法解釈で法律が変えられた事はその程度の国だった事を思い知らなければならない。そんな危機感も緊張感が無くても北朝鮮と拉致問題の交渉?この間抜けな外務省の役人達は何をどう交渉するのだろう?マスコミも完全に情報をコントールしたら何でも在りか?

多くの日本人だけでなくアメリカ人でも何時迄もアメリカが世界の警察に成れると思っているのだろう?オバカなオチャラケの娯楽?番組迄見ているとその程度の事しか分からないのだろう?(偉そうに言うな?)偉そうではアリマセン。事実です。

今、アメリカと日本の株価が絶好調?まだまだ上がり経済成長もバラ色?公務員のボーナスもホクホクと言われているが、アメリカ経済もこれ以上の成長が続けばインフレ成長が確実になる。その程度の事もマスコミは何も伝えない。

アメリカの経済危機は何度も日本経済に多くの教訓を与えている。その深刻な影響は計り知れない事をこの国の政治と経済の指導者はどうして学習しないのか?その理由は明確です。親父も信じて疑わなかった「日本経済の限りなき成長」そんな事が何時迄も続く訳が無い。痛みを分かち合いながら歳出を削減する。

民主政権が政権交替の期待に添えなかった最大の原因を、安倍政権は何も学習していない。アベノミクスで経済成長戦略を完成させる?経済の常識を誰に教えてもらっているのか知らないが、東大のエリート達は経済理論の基本的な知識を自分達の思惑でどうにでも変えられると考えているのだろう?

その間違いを市場から突きつけられた時どんな対応が出来るのだろう?素知らぬ顔をして「市場の暴走」とでも言うのだろう?どう最悪な状態になっても平然と舌を出して笑っているのだろう?それ位の事を誰も口に出来ない?嘘だと思うでしょう?経済再生?何処を見てそんな事が言えるのだろう?

|

« 何時迄も変わりのない幼さ それが人に求められている? | トップページ | 暑き日を五月の山に笑われる 今年の夏も暑い?どうでも良い?確かに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本国憲法第9条を読み返せ。何処をどう読めば戦争が出来るのか?:

« 何時迄も変わりのない幼さ それが人に求められている? | トップページ | 暑き日を五月の山に笑われる 今年の夏も暑い?どうでも良い?確かに »