« 暑き日を五月の山に笑われる 今年の夏も暑い?どうでも良い?確かに | トップページ | 雨が止む。しかし箕面の山は歩けなかった。それでもひどい景色が待っていた。 »

2014年7月 6日 (日)

寝苦しい夜。肌掛け布団をポイントで手にする。

今週は明日が小暑。これから暑くなるが大阪は既に夜が寝苦しい。
当然エアコンを掛けなければ寝れない。以前住んでいた所は山が近く高台だったので窓を開けると涼しい爽やかな風が吹き込んで、「天然クーラー」だった。今住んでいる所は駅から近くで有難いが夏は暑い。それも暫しの辛抱と思っていたが里山生活は見通しが立っていない。寂しい気持と開き直りの気持が交差している。情けない。

「感謝の気持」を教えて呉れた前会長も失明寸前になりそれでも懸命に生きていた。今は昔の話になり感謝の気持も口先だけになり「ありがとうございます」の言葉だけが虚しく響くが今、天上界からどんな想いでこの国を見ているのだろう?

心血を注いで親父達を育ててくれた情熱は半端では無かった。この国では今、尤もらしい事を言いながら、税金(補助金)無しでは何も出来ない事を政治家、官僚、経済人迄も当然の様に口にしている。

経済特別特区?この国の官僚達が寄って集って(たかって)税金を食い物にして来た事例は何も変わらず、景気回復を錦の御旗にして改める事も出来ない。それでも財政改善?日本企業の7割が法人税も払えずに偉そうな事を言っている。

経済界の団体は多いが何処も企業利益の追求団体。あれ程問題になった政治献金も復活?そんな事が何時迄も続けられる?と思っている。法人税も払わない経営者がどんな暮らしをしているのか?マスコミは一体何をしているのだろう?

会長が生きていたらこの経済界をどんな言葉で批判するのだろう?それは無いのかもしれない? それ程にこの国の経済は落ち込みがひどい?それでもこれほどに格差社会が加速して誰が豊かさを体感出来るのだろう?勝ち組とか負け組とか言った処で何時その立場が変わるのか?分かっていないのだろう?

安保法制担当大臣新設。公務員削減なんてこのお坊ちゃまには爪の先にも考えが無い。それでも支持される。他に俺の変わりは居ない?平然と政府専用機で外遊?その税金なんてどうでも良いと思っているのだろう?来週、乞うご期待です。

|

« 暑き日を五月の山に笑われる 今年の夏も暑い?どうでも良い?確かに | トップページ | 雨が止む。しかし箕面の山は歩けなかった。それでもひどい景色が待っていた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝苦しい夜。肌掛け布団をポイントで手にする。:

« 暑き日を五月の山に笑われる 今年の夏も暑い?どうでも良い?確かに | トップページ | 雨が止む。しかし箕面の山は歩けなかった。それでもひどい景色が待っていた。 »