« 法人税減税?その財源は?財政諮問会議具体案は先送り。ふざけるな。 | トップページ | セパ交流戦 何たる無様な試合をしているのだろう?リリーフでストライクは入らず それでもプロか? »

2014年6月14日 (土)

アホは何時迄もアホ?アホな監督では試合に勝てない?そんな言葉も死語になっている

関西の親しげな言葉に「アホか」と言う言葉がある。
親父が若い頃は先輩上司どころか同期にも言われた。
流石に後輩や知らない人から言われたら張り倒したが。

前にも書いたが関西のローカル放送で「アホ」を売り物にしてその後に「好き」と言葉が続く。公共の電波だとかテレビの社会的責任とかでデジタル放送の快適な映像画面?色んな事が言われるが全てまやかし?関西の社会的、経済的再生も絵空事?

それでも景気回復?雇用状況の改善?消費税アップの消費落ち込みの変動も小さい?全て情報が操作されている?信じられない事に関西の景気回復の実態をマスコミは報道出来ない?東京の虎ノ門ヒルズ、関西のアベノハルカス。景気の良い建物の紹介は絶える事が無くてもその実態がどれほどの物か?そんなものはどうでも良いのだろう?

最近大阪の街もすっかりつまらなくなりました。すっかり昔の面影が無くなりこれが大阪?と感じる所も少なくありません。いずれ写真でお見せしますが立派な建物と道路が整備されてもその地域で生きている人の生活の襞(ひだ)が感じられない?

「襞」この言葉の重みが忘れ去られて入る。知らないと平然と答える人もいる。のっぺらぼうの生き方。恥知らず。アホでは無く馬鹿そのもの。そんな生き方を昔は親しい人が「たしなめて」くれたが今は相手にもされない。何と寂しい大阪だろう?

「そんな事はない」「君は本当の大阪を知らない」「大阪の悪口を言うなら大阪に住むな」「国の悪口を言うのはとんでもない」何処かで聞いた言葉。長い間そんな言葉は否定されて来たが、時代が変わっている。

自分達の村はよそ者に掻き回されたく無いのだろう?そんな人の繋がりを否定したら集団生活は出来ない?かもしれない?そんな社会、そんな会社、そんな人との繋がりはその程度の発展しか無いがその事を否定する人は少なく無い。

関西テレビで親父達が若い頃、夜の八時の皆がテレビを見る時間に「若者達」と言うドラマがあった。このドラマが「反社会的」と否定されて長くは続かなかった。それでもそんな時代を生きた親父達は幸せだったに違いない。

今の夜の番組のオバカさは「反社会的」では無いのだろうか?そんなテレビは見ないと平然と言われるが、そんなもんではない事を理解されない事に苛立を感じる。それこそ「アホやねんスキゃねん」に違いないがそうでも無いのだろう?

|

« 法人税減税?その財源は?財政諮問会議具体案は先送り。ふざけるな。 | トップページ | セパ交流戦 何たる無様な試合をしているのだろう?リリーフでストライクは入らず それでもプロか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アホは何時迄もアホ?アホな監督では試合に勝てない?そんな言葉も死語になっている:

« 法人税減税?その財源は?財政諮問会議具体案は先送り。ふざけるな。 | トップページ | セパ交流戦 何たる無様な試合をしているのだろう?リリーフでストライクは入らず それでもプロか? »