« 雨が降る前に歩いて来る。猪名川の川床の掘り下げは凄いの一言。 | トップページ | 骨太の方針 成長戦略 まだそんな事が言える余裕がある? »

2014年5月13日 (火)

サッカー世界一をめざす?レベルが違い過ぎる事を思い知れ

Img_0948

Img_0947

Img_0950

サッカーのサポーターならトラキチと同じかもしれないが、サッカーだけでなく勝負の厳しさは「馬鹿騒ぎ」では決まらない。ワールドカップの選手名簿の偉大さも分からないではないが、戦う前には先ず1勝。それから予選突破。今回もそれがどれだけ大変な事か?分かっているのか?

世界のレベルは「神頼み」では話にならない。それ位の事が分からないのだろうか?前回のフィファ世界大会。スイス行きの飛行機の中だった事を思い出していた。あれから4年。この国のサッカーのレベルはどれ位上がったのだろう?大差はない気がするが?熊野大社で八咫烏に必勝祈願。馬鹿じゃネエのか?

神風が吹けば日本は勝つ。神風が吹いても吹かなくても勝負の世界は非情。それ位の事が分からねえのだろうか?日本人のこの盛り上がり。サッカーの本場ヨーロッパと南アメリカでも同じなのだろうか?優勝チーム?そんな予想は出来ない。

Img_0951

Img_0952

Img_0970

Img_0971

Img_0973

堤防の上を歩いていると☂が段々強くなるが土砂降りでは無い。雨足が弱い間に家に戻らなければならない。堤防の下の家で家の前を花で飾っている人が少なく無い。☂に優しく包まれながら音の無い風景が続いている。明日は暑くなる?恵みの雨に違いない。

Img_0975

Img_0977

Img_0991

Img_0992

Img_0995

|

« 雨が降る前に歩いて来る。猪名川の川床の掘り下げは凄いの一言。 | トップページ | 骨太の方針 成長戦略 まだそんな事が言える余裕がある? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカー世界一をめざす?レベルが違い過ぎる事を思い知れ:

« 雨が降る前に歩いて来る。猪名川の川床の掘り下げは凄いの一言。 | トップページ | 骨太の方針 成長戦略 まだそんな事が言える余裕がある? »