« 大阪の見果てぬ夢。この地域は区画整理さえも出来ていない。 | トップページ | 風薫る時 若葉、青葉の森林浴をして出直しなはれ »

2014年5月 9日 (金)

近くを歩く 久々の水月公園 日中の架け橋も今は夢の又夢?

Img_0604

Img_0605

Img_0607

Img_0606

国も地方も財政の破綻が口にされて久しいがその見直しはどれ位行なわれているのか?女性の社会進出も問われて久しいが政府の行政改革担当大臣。何をどう改革しているのか?そんな事はどうでも良いのだろう?女性の社会進出は男社会の飾りに過ぎない?

行政改革も口にされて久しいがお役所仕事は何時迄も何も変わら無いのだろうか?これだけの建物で行なわれている「保健福祉」の仕事。その中味は当時者でないと分からない。そんな行政サービスが全国津々浦々で尤もらしく行なわれている。

Img_0608

Img_0609

Img_0611

久し振りに広々とした「独立行政法人」の敷地の外の道を歩いてお寺さん到着。このお寺さんもどれだけの人にどれだけの「功徳」を与えているのか分からない。それでもここは自由に立ち入りが出来る。

Img_0612

Img_0613

Img_0622

Img_0624

南無大師遍昭金剛。弘法大師が生きる証を求めて地方を行脚したのは多くは伝説になっている。今、仏教も密教も南無阿弥陀仏も知らなくても生きて行けるが、日本神道と創価学会のこの国の未来を預ける事は出来ない。それ位の事を考えていないとこの金剛杖が回転するに違いない?回転しなくてもトントンと鳴らされている事ぐらいは知らないといけない。この国は今そんな時代を迎えている?

Img_0628

 

Img_0623

Img_0625

人気の無い境内でぼんやりしているとお参りの親父が横の入り口から入って来る。会釈も無く無言。何のお参りか知らないが無礼。ここは真言密教のお寺だから許されるが禅寺では「問答無用」で切り捨てられる。そんな武家の世界を知らないお間抜けが本当に多くなりました。人ごみで人に先を譲る。そんな配慮も出来ない馬鹿も本当に多い。そんな世の中が当たり前と思われている。

Img_0633

Img_0634

Img_0637

これ迄数回来た事はあるがこの時期に来た事は無い。五月の風が爽やかだった。同世代の親父達と子供連れのママ、それと中年のカップルがいた。いずれも無視。親父も無視されていた。しかし心地好い風が吹き抜けていた。来月の初め菖蒲を見に来ないといけない?

Img_0638

Img_0639

Img_0640

梅の実に焦点を合わせていると後ろを通り掛ったカップルの男性に声を掛けられる。今年は梅は豊作とか?愛想の無い返事をしながらやり過ごす。梅もスモモも桃の内?今年の梅雨は忙しくなりそう?

Img_0648

Img_0645

Img_0643

花菖蒲は今月下旬から6月の中旬。大阪に戻って干支が一周するがこの公園に来たのは多く無い。花菖蒲も日中友好の証として植えられているがその見事な庭園も見る影も無い?市の職員が一生懸命に手入れをしているが、この街の活動の成果がこんな所で見れるのも何とも皮肉?日中友好の民間の取り組みもぶち壊されている。

Img_0656

Img_0655

Img_0653

今年の暑さは半端でないと言われているが池の噴水は涼やか?廻りの木々も緑が多くてベンチで読書をするには最適かも知れない。今年は5月からビールの宣伝が華々しいが、仲間と騒ぎながら呑む機会の無い親父にはビールも静かに呑みたい?しかし、家で缶ビールを空ける事は殆ど無い。今年の夏は汗をかきながら一気飲みをしますか?浜松、美味い鰻の後の戎は格別でした。

Img_0657

Img_0659

Img_0660

深緑の中で息をしていると10年以上喫煙していない胸も嬉々としている。公園の木々と言えば大木は少ないがこの公園ではその感覚が間違いである事が良く分かる。京都の御所の公園の樹には負けるが、見事な手入れを見逃す事は無かった。

Img_0661

Img_0663

Img_0665

ここから次の駅石橋迄歩く事を一瞬考えるがここから意外に遠い。引き返す。

Img_0666

Img_0668

Img_0670

前歩いた時に気が付いたが12年前に愛車を手放した中古車買い取りセンターが、携帯の販売会社に替わっている。あれから車を運転したのは南の島と静岡の御前崎。今はすっかりアホな親父になっている。空海大聖人はどんな想いで見つめているのだろう?(無視されています)そんな無慈悲な事はおまへん。

 


|

« 大阪の見果てぬ夢。この地域は区画整理さえも出来ていない。 | トップページ | 風薫る時 若葉、青葉の森林浴をして出直しなはれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近くを歩く 久々の水月公園 日中の架け橋も今は夢の又夢?:

« 大阪の見果てぬ夢。この地域は区画整理さえも出来ていない。 | トップページ | 風薫る時 若葉、青葉の森林浴をして出直しなはれ »