« 日差しは初夏。お出掛け先が中之島「バラ園」? | トップページ | 猪名川沿い「農業公園」五月のバラ 猪名寺廃寺から近い? »

2014年5月 8日 (木)

五月の風 猪名川制覇?途中で道に迷う(アホ)もっと歩け

Img_0440

Img_0442

Img_0444

Img_0445

Img_0447

Img_0449

Img_0451

JR宝塚線猪名寺駅から猪名川に出る道で道に迷う。この地区は昭和の30年代迄は完全な農村地帯。その後住宅と工場が建てられている?区画整理が出来ていない。1度来た道を途中で間違う。畑で仕事をしているおばさんに堤防に出る道を聞く。立派な農家の横の道を抜けると堤防はすぐ近くだった。

Img_0456

Img_0464

Img_0460

堤防の中にこれだけの土砂を残している意味がようやく分かる。河川敷にグランド、運動公園を作る必要は無いと言う人もいるが、それならば堰も要らないだろう?処がどちらも要る?その意味がようやく分かる。数年前に歩いた時と川の流れが変わっていた。

Img_0471

Img_0472

Img_0474

堤防の右側に阪神水道企業団猪名川浄水場がある。神戸、尼崎、西宮、芦屋各市に水道を供給している。淀川の水なんて呑めないとオバカが言っていたが、大阪の水瓶は琵琶湖である事を知らないのだろう?猪名川の水源迄歩く事は無い?これで終りです。

Img_0476

Img_0477

Img_0478

Img_0481

ここは数年前から堆積していた川の中をブルトーザーで整地をして川の流れがすっかり変わっている。川は中州の大きな樹で二手に分かれていた。その小高い丘が無くなっている。これで対岸の洪水の心配は無くなるに違いない?

Img_0482

Img_0483

Img_0485

Img_0486

Img_0496

Img_0501

Img_0502

Img_0503

Img_0505

Img_0506

Img_0508

Img_0509

Img_0510

上流から流れて来た猪名川がここで二手に別れる。右が本流。左が藻川。水量が偏らない様に小さな堰が埋め込まれている。この川は50年前に大改修が行なわれているがそれ以来洪水はない。今は殆ど注目されないこの川も大雨が降ると様子は一変する。

帰りは目の前の橋が渡れない。約1、5キロ引き返し猪名川橋を渡り阪急宝塚線曽根駅をめざす。どれくらい掛かるかtakeさんに浜松で教えてもらった携帯の地図で確認する。処が巧く使えない。現在地と目的地が上手く表示出来ない。

良く考えて見ると右に直進すると大阪空港。出来る訳が無い。その事に気付くと対岸を北上。最終的にこの橋を渡る。この橋を渡らず北上すれば空港の地下トンネルを通るバスに乗れた?伊丹−豊中の路線バス。一度は乗ってみますか?

 



|

« 日差しは初夏。お出掛け先が中之島「バラ園」? | トップページ | 猪名川沿い「農業公園」五月のバラ 猪名寺廃寺から近い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月の風 猪名川制覇?途中で道に迷う(アホ)もっと歩け:

« 日差しは初夏。お出掛け先が中之島「バラ園」? | トップページ | 猪名川沿い「農業公園」五月のバラ 猪名寺廃寺から近い? »