« 暑い日差しの中を歩いて来ました。(ウソ)森林浴をして来ました。 | トップページ | 暑き日を海に入れたり最上川 芭蕉 »

2014年5月29日 (木)

眼のかゆみ掛り付けの眼科診断 瞼に脂肪の固まり有り 針で除去?

Img_2330

Img_2332

Img_2334

昨日の続き。ここから一気に谷を降りる。谷に降りるとこれだけの日差しは無い。それでも上を見上げると谷の両側から深緑のカエデが空を覆い隠していた。道は一気に下るが反対に登って来ると息が上がるに違いない。紅葉の時、この谷を早朝に歩くと絶景が見れるに違いない。

Img_2333

Img_2336

Img_2338

Img_2340

Img_2343

Img_2348

この谷の出口は思いがけない所にあった。箕面滝道の対岸。先日引き返した先だった。この谷が地獄谷と呼ばれている訳も良く分かる。この谷の暗さは木立の美しさを見上げている間は分からないが地獄を信じない人は一見をお勧めする。

ただ足腰が丈夫でないとこの谷道は歩けない。それ程に急だった。人間、早い遅いはあるけれどいずれは寿命の時を迎える。そんな時、来世は無いと罰当たりな事を言っているとろくな生き方は出来無いに違いない。人間万事塞翁が馬。そんな生き方をしていても体力の衰えは如何ともし難い。足腰を鍛えて精々歩きなはれ。

Img_2352

Img_2353

真ん中の橋を渡り右に行くと滝に向う。ただこの道は平坦ではないので多くの人は対岸の広い道を歩く。ただその道は大きな声で歩く人も少なく無い。後ろから聞こえるカップルの話ほど聞き苦しい物は無い。自分達の空間しか保てない輩も又哀れです。

Img_2354

Img_2359

Img_2367

滝道に戻る。錦秋の秋はこの道は東京の表参道以上の混雑?浅草の仲見世参道の混雑が延々3キロ弱続く。そんな混雑を避けるにはこの谷を遡るのが一番かも。但し上は車道。この道を滝上迄歩くにはシーズンオフの時が一番に違いない。

Img_2368

Img_2369

Img_2371

龍安寺(箕面寺)修行の道場。赤い橋を渡ったこの道場には一般客は立ち入れない。役小角(えんのおづね)が開祖と言われ空海、日蓮、蓮如が修行したと言われている。この山の上には今でこそ車道があるがその道も曲がりくねっている。

Img_2375

Img_2377

Img_2378

Img_2381

Img_2382

Img_2383

Img_2385


|

« 暑い日差しの中を歩いて来ました。(ウソ)森林浴をして来ました。 | トップページ | 暑き日を海に入れたり最上川 芭蕉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼のかゆみ掛り付けの眼科診断 瞼に脂肪の固まり有り 針で除去?:

« 暑い日差しの中を歩いて来ました。(ウソ)森林浴をして来ました。 | トップページ | 暑き日を海に入れたり最上川 芭蕉 »