« 風評被害?その責任を果たしていないからだろう?違うのか? | トップページ | 福島の風評被害拡大?現状はそんなに問題無いのか? »

2014年5月18日 (日)

お腹がたるみ下痢と便秘を繰り返す 食い過ぎをやめましょう?

Img_1323

Img_1324

Img_1325

テレビを見て肩を落としながら散歩に出る。(ウソ)
自分の事は棚に上げて「2軍に落ちろ」とテレビに向ってぼろ負けの試合にチャンネルを替えて競馬中継を見ていた。競馬も予想は外れ。それでもただだから文句は無い?駅前を通り過ぎて猪名川の散歩コースに向う。

Img_1326

Img_1327

Img_1328

Img_1329

Img_1330

Img_1335

猪名川の橋を渡る。この橋は昔からの重要な交通路。そこから見る堰の工事。流石に今日はお休み。こんなペースで今年の梅雨のシーズンに間に合うのだろうか?そんな事は問題ではない?工事の為の工事。猪名川の河川管理の工事?

それが見れば見る程に首が傾く。こんな事が許されるのは河川管理の現実を知らない人が多いから?河川の環境整備が「ボランティアに任される」違うでしょう?堤防、洪水対策は「国土交通省の河川事務所」?何時からこんな事が始まったのだろう?

Img_1348

Img_1350

Img_1353

Img_1355

Img_1358

この堰は上流の堰から300mも離れていない。昨年の大雨で対岸の堤防が「緩んだ」?ので補強工事が行なわれている。この堰の役目は無い?その堰が改修されたのはそんなに昔の話ではない?川の流れを良くすればこんな堰は必要無い?ところがここには河川敷の水辺?が造られていた。ご丁寧な看板がある。多くの子供達と大人が水辺で遊んでいた。その為にこの堰は必要?流石にそんな説明は出来ない?

Img_1357

Img_1362

Img_1363

Img_1365

Img_1346_2

Img_1367

堤防の草花は爽やかに揺れていた。しかし人間の思惑はその自然環境とは違っていた。河川内の緑地。河川内のせせらぎ。尤もらしい事を言いながら川のあるべき姿をぶち壊している。多くの人が楽しんでいるけれどそのゴミの清掃活動はボランティア活動?違うだろう?

河川で楽しむにはそれなりの義務が伴う事を河川管理者は教えてやらなければいけない。それが河川の管理だろう?対岸の河川敷のグラウンド。昨年の大雨で水没。改修工事が済んだばかりだが同じ洪水が起これば同じ事が繰り返される?そんな事にならない様に河川工事をしている?確かに下流ではね。ここ迄は予算と業者が足りなかった?かもしれない。

Img_1369

Img_1370

Img_1371

Img_1373

Img_1377

Img_1379

Img_1380

昨年の大雨でここ迄水位が上昇している。今年は昨年と同様の雨が降ってもここ迄は水位が上がらない?それは下流の川床を掘り下げているから?その説明は机上の空論。その事をもう一度思い知らされなければこの間抜けな看板は無くならないのかも知れない?川の中の緑地帯?ドラゴン水路?何をとぼけた事を言っているのだろう?オバカにはその程度の認識しかない。その危険性は河川管理者が一番認識している?

Img_1425

Img_1396

Img_1395

Img_1389

Img_1409

ここは何処?川の中の自然緑地?これだけの大きな川床の緑地は長い歴史の中で形成されている。両岸の堤防が整備され強化されて洪水の心配は無くなったが、河川敷のグランドは昨年冠水をして対岸のグラウンドはようやく復旧。その費用は行政が負担している。何たる事だろう?今年はその心配は無いと言い切れるのだろうか?

Img_1411

Img_1394

Img_1407

ここは何処?猪名川に近くの川が合流している。(ウソでしょう)本当です。

Img_1430

Img_1431

Img_1412

ここも川の中。看板で言う自然緑地。しかし整備をされていないので足を踏み込む事は出来ない。それよりも怒りを通り越して笑ってしまう。これは役人が長年行なって来た河川管理。堤防から水が溢れる心配は無くなって久しいが、こんな事をしていると想定外の大雨で一気に危険に晒される。親父が辿った一庫のダムもその時は一気に放水をするしか無い。その時川の中の緑地帯も当然水を塞き止める。それ位の危機感は無いのだろうか?その心配は無用?その根拠は乏しい?

Img_1432

Img_1433

Img_1435

六甲山にも夕暮れが迫る。でもまだ明るい。堤防を降りて猪名川大橋の歩道上がり口を探す。こんな所を歩く人は殆ど居ない。橋を渡る車道しか無い?と思っていたが自転車で通っている人がいる。回り道をして階段を探す。

Img_1436

Img_1437

Img_1439

こちらは反対側の階段。案内の標識も何も無い。土木事務所の看板も大事ですが歩道の階段の案内も有りでは?ぶつぶつ言いながら登る。国道43号線の歩道もセコかった。階段を登り詰めると高い。高所恐怖症の親父は車道側を歩いていた。(アホ)

Img_1444

誰も守ってはいない。橋の上を自転車を押して通る?その危険性が理解されていない?

Img_1446

Img_1449

Img_1454

車道側にも立派なコンクリートの壁?安心して歩く事が出来る。この橋を歩くのは初めて。この橋の横に中国自動車道が走っているので歩道は無いと勘違いしていた。堤防からのアクセスは無い。対岸の池田市側は整理されていた。

Img_1455

Img_1456

Img_1460

親父が散々ぼやいた緑地帯が左に見える。これだけの川床が堆積し洪水時の水を妨げても広い堤防から水が溢れる事は無い。反対にこの緑地帯が洪水時の水を急に川下に流さない緩衝地になっている?それは河川管理者の言葉では無い?違うのかも知れない?

Img_1461

Img_1469

Img_1470

流石に疲れる。良く歩きました。ここからまだ2キロは歩かなければいけない。これ位の歩きで弱音は吐けないが最近脚力の衰えを痛感する。それでも同年輩の10年は若い?これからの高齢者は足腰達者で自分で何でも出来ないといけない。

その事を考えるとまだまだ鍛錬が足りない。最近ふらつくし、すっかり意気地が無くなった。こんな事では仙人の足元にも及ばない。もう一度体を鍛えてバランスの取れた生活をしなければいけない?(無理だな)食い過ぎをやめてお腹を凹ませましょう。(トホホ)

|

« 風評被害?その責任を果たしていないからだろう?違うのか? | トップページ | 福島の風評被害拡大?現状はそんなに問題無いのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お腹がたるみ下痢と便秘を繰り返す 食い過ぎをやめましょう?:

« 風評被害?その責任を果たしていないからだろう?違うのか? | トップページ | 福島の風評被害拡大?現状はそんなに問題無いのか? »