« 消費税増税の影響は限定的?TPP交渉妥結賛成?安倍内閣の支持率回復?なる程 | トップページ | サッカー世界一をめざす?レベルが違い過ぎる事を思い知れ »

2014年5月12日 (月)

雨が降る前に歩いて来る。猪名川の川床の掘り下げは凄いの一言。

Img_0897

Img_0898

Img_0902

この堰を無くすと思っていたが、地域振興のボランティア会長から言われた様に堰を低くするのだと河川事務所で説明された。この絵を良く見てほしい。上流に堰が見える。この写真の下流同じくらいの距離に堰がある。これが工事の為の工事でなくて何だと言うのだろう?

右前方の大型ショベルカーは川床を掘り下げている。その土砂を運ぶダンプ。これが凄かった。初めて見る景色。30分以上見ても飽きる事は無かった。☂が強くなっても橋の下で何時迄も見ていた。

処が散歩中の親父にベンチに置いていた傘を拾い上げてもらったので、礼を言っても反応がない。言葉が通じないのか?聞こえないのか?親父もそれ以上関わりを持たなかった。情けない生き方。気さくに声を交わす事が出来ない輩も少なく無い?

Img_0903

Img_0904

Img_0905

Img_0906

Img_0908

Img_0909

Img_0911

Img_0914

Img_0912

Img_0916

堤防の上には住宅地が迫っている。川幅が広くなり堤防の下にはコンクリートの護岸工事がされているので洪水の心配は無い。それでも500m足らずの下流域は河川敷のグランドがある。そのグラウンドは昨年10月の大雨で冠水。それでこの工事が行なわれている?それが表向き。その看板もお見せするけれど笑ってしまいました。これから梅雨時は工事を中断。秋から工事再開。オイオイ。いい加減にしなはれ。

Img_0954

Img_0953

Img_0955

この堰は造られてどれ位の年月が経っていたのだろう?この堰も取壊される?しかし工事はこの後中断?誰が考えてもおかしいだろう?今年の梅雨、今年の夏、台風シーズン大雨が降ったら全てが流されるだろう?そしたらこの工事もう一度初めから?税金泥棒?地域の為に?冗談じゃない。多くの人が知らないからこんな事が出来るのだろう?

Img_0957

これだけの堰を造って又取壊す?

Img_0958

このコンクリートの残骸は今回取壊される堰の前の物。このままにして大雨で下流に流す?冗談でしょう?

Img_0960

河川改修工事の実態はこんなもんじゃねえだろう?大雨が降る前に川の流れを妨げている障害物を取り除く。処が下流域ではそれが行なわれているがここは何故かこの有様。今年は天候が不順だと言われても関係無いと思われている?それともこれでも綿密な流量計算が為されている?想定の範囲を超えないと誰が保障するのだろう?

Img_0962

Img_0963

Img_0965

対岸に何故か水辺の公園がある?但し子供の遊び場として公認されていない。川を塞き止めて溢れた水が流れているだけ。地域のボランティア活動?は蛍の飛び交う小川をイメージしているが、大雨で川が濁流と化せば跡形が無くなる。その対策として川床を掘り下げている?何たる矛盾?何たる誤摩化し?何たる河川事業?

Img_0967

Img_0968

Img_0969

オバカなボランティア活動の会長に言われた言葉。河川敷のグラウンドは不用。大雨の時は水没して当然と言われた言葉は怒り心頭だった。確かに河川敷のグラウンドは大雨が降れば水に洗われる。だからその被害を少なくする為に川床を掘り下げている?

違うと言われた。対岸に川西市の河川敷のグラウンドがあるが、昨年10月の大雨で被害を受け3000万円と半年以上の歳月でやっと今月から使用可となる。それでも関係無いってか?ボランティア活動ってそんなに間抜けなの?どうでも良いけれど?

Img_0979

Img_0981

Img_0982

馬鹿野郎。ここはまだ工事中の看板があるじゃねえか?ここは池田市の運動公園。その整備のお金。ボランティア活動で集めていると言うのか?中央に見える川幅が簡単に溢れる事は誰が見ても分かる。ここにも左に堰がある。本当に税金は誰の為に使ってまんねん。親父の怒りはまだ治まらない。この街の防災対策のこの程度です。

Img_0986

Img_0988

Img_0989

Img_0990

街中に引き返して来る。☂も本降りになって来た。この相棒も左のお宅が取壊されて広い敷地の工事が始まれば、間違いなく切り倒される事だろう?長い間お疲れ様でした。この青葉もこれが見納めになるのだろう?最後に今日飽きずに見ていたダンプの勇姿アップでもう一度?(見たく無い?)中々見れない光景でした。

Img_0932

Img_0933

Img_0935

Img_0937

Img_0940

この川床の砂が何故か白く無い。川砂に泥が堆積しているのだろう?この川の汚れをこの土砂を見ていると良く分かる。川砂と土砂の違い。そんな事もどうでも良いのだろう?人の生き方が川を蔑ろにした時その報いを受ける。

そんな倫理観も無くなれば高齢化対策も少子化対策も無い。これから激増する高齢者の受け皿は何処にも無い事を痛感していた。これはまるでこれからのこの國の形。それでも重機の圧倒的な力を見せつけられていた。人の力は何と弱くて果敢ないのだろう?何とも皮肉と思える光景に見とれていた。同じ景色を静岡工場近く茶畑の駐車場造成で見た事を思い出していた。

Img_0943

Img_0944

Img_0938

|

« 消費税増税の影響は限定的?TPP交渉妥結賛成?安倍内閣の支持率回復?なる程 | トップページ | サッカー世界一をめざす?レベルが違い過ぎる事を思い知れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降る前に歩いて来る。猪名川の川床の掘り下げは凄いの一言。:

« 消費税増税の影響は限定的?TPP交渉妥結賛成?安倍内閣の支持率回復?なる程 | トップページ | サッカー世界一をめざす?レベルが違い過ぎる事を思い知れ »